会員登録はこちら
東京優駿(日本ダービー) G1   日程:2018年5月27日() 15:40 東京/芝2400m

レース結果

東京優駿(日本ダービー) G1

2018年5月27日() 東京/芝2400m/18頭

本賞金:20,000万 8,000万 5,000万 3,000万 2,000万


レコード:2分22秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 17

ワグネリアン

牡3 57.0 福永祐一  友道康夫 450(-2) 2.23.6 12.5 5
2 6 12

エポカドーロ

牡3 57.0 戸崎圭太  藤原英昭 490(-2) 2.23.7 1/2 10.5 4
3 4 7

コズミックフォース

牡3 57.0 石橋脩  国枝栄 464(-2) 2.23.8 クビ 223.7 16
ラップタイム 12.7 - 11.0 - 12.3 - 12.4 - 12.4 - 12.3 - 12.2 - 12.0 - 11.7 - 11.2 - 11.2 - 12.2
前半 12.7 - 23.7 - 36.0 - 48.4 - 60.8
後半 58.3 - 46.3 - 34.6 - 23.4 - 12.2

■払戻金

単勝 17 1,250円 5番人気
複勝 17 410円 5番人気
12 390円 4番人気
7 3,640円 17番人気
枠連 6-8 3,190円 14番人気
馬連 12-17 7,950円 23番人気
ワイド 12-17 2,710円 28番人気
7-17 34,420円 113番人気
7-12 30,290円 108番人気
馬単 17-12 15,520円 49番人気
3連複 7-12-17 521,600円 453番人気
3連単 17-12-7 2,856,300円 2,229番人気

東京優駿(日本ダービー)のニュース&コラム

【覆面記者の耳よりトーク】安田記念
 先週、一番に推したコズミックフォースが日本ダービーで16番人気ながら3着に激走し、3連単285万円超馬券の“ヒント”となった『覆面記者の耳よりトーク』。今週は安田記念が対象だ。情報では理想的なローテーション、距離経験、前哨戦レコードVの充実度からサングレーザーがイチ推し。逆に“消し”の候補には初のマイルで発馬にも不安があるスワーヴリチャード、重め残りの心配があるペルシアンナイトの名前が浮上した。 記者A 先週の当欄では『ダービー血統で速い時計もある』とイチ推ししたコズミックフォースが16番人気で3着激走。3連単285万6300円の一翼を担った。今週もメリハリの利いた情報を届けようや。 記者B 任せてください!! イチ推しならサングレーザーです。「基本的に安田記念は前哨戦のマイラーズCから臨むのが理想のローテーション」と年配のJ調教師が話していました。 記者C 春の天皇賞をレインボーラインで制した浅見厩舎と、先週の日本ダービーを初制覇した福永騎手とのタッグ。「勝負ごとに最も大切な勢いがある。馬もマイル経験【1・1・3・1】が豊富で、志向も強くなっている」と、何度も対戦経験があるL騎手が強調していましたね。 記者D P助手は「前走は休み明けでレコード勝ちしたが、浅見厩舎は日曜追いが本流だから反動や疲れは出にくいと思う。逆に2走目の上積みがあれば」と話しとった。 記者B 一方、大阪杯でのGI初制覇から臨むスワーヴリチャードは不安点が多いようです。鞍上のM・デムーロ騎手は「ゲート練習をしても、出るときと出ないときがある」と少し顔をしかめていましたね。 記者C R厩務員は「何より、ずっと中距離以上を使ってきた馬が初のマイルやろ。GIともなれば道中のペースも全然違う。発馬が悪くて、ペースにも戸惑うと危ないな」と指摘しています。 記者A ペルシアンナイトは大阪杯2着からの臨戦やけど、池江調教師は先週まで重め残りを懸念していたな。 記者D 調教時にそばにいたX助手は「まだ重いのか、息遣いが荒かった。この馬もゲートがよくないケースが多い」と辛口やったわ。 記者C 大阪杯と同じ2カ月ぶりのローテなら、面白いのがダービー卿CTで初重賞勝ちのヒーズインラブ。「丹念に乗っているし、マイル経験が豊富でレースセンスもいい」と、Z助手は穴で推していました。★安田記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月1日(金) 12:05

 6,218

日本ダービー出走馬の今後、6着プレミアム放牧→始動戦は未定
 1番人気の日本ダービーで6着に敗れたダノンプレミアム(栗・中内田、牡3)は今週中に千葉・ケイアイファームへ移動し、その後北海道の同ファームに放牧に出る。「馬の方は大丈夫です。夏はしっかりと休ませます。いいお休みになれば」と中内田調教師は語った。復帰戦は未定。 3着コズミックフォース(美・国枝、牡3)はひと息入れる公算が大。菊花賞(10月21日、京都、GI、芝3000メートル)への出否を含めて今後オーナーサイドと協議する。同厩で15着オウケンムーン(美・国枝、牡3)の今後は未定で「体を大きくしたく成長を待ちたい」と国枝師。 5着ブラストワンピース(美・大竹、牡3)は近日中に福島・ノーザンファーム天栄に移動して短期放牧。「ダメージはない」(大竹師)が、今後は未定。 7着ゴーフォザサミット(美・藤沢和、牡3)は秋まで休養。「東京コースはいいだろうから、毎日王冠(10月7日、東京、GII、芝1800メートル)から始動するか、天皇賞・秋(同28日、同、GI、芝2000メートル)からにするか考えたい」と藤沢和調教師。ジャパンC(11月25日、同、GI、芝2400メートル)を含む、東京の重賞がターゲットとなりそうだ。 13着サンリヴァル(栗・藤岡、牡3)は神戸新聞杯(9月23日、阪神、GII、芝2400メートル)から菊花賞へ。14着グレイル(栗・野中、牡3)は近日中にリフレッシュ放牧に出る見込み。次走は決まっていない。★27日東京10R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら
2018年5月30日(水) 05:01

 1,029

【日本ダービー】歓喜の瞬間 福永騎手の父・洋一さん自宅で見届ける
 第85回日本ダービー(27日、東京10R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝2400メートル、1着本賞金2億円 =出走18頭)福永祐一騎乗の5番人気ワグネリアンが好位から直線で力強く抜け出してGI初勝利。 福永騎手の父・洋一さんは妻の裕美子さんと滋賀県栗東市の自宅で悲願の瞬間を見届けた。 「私はずっとテレビを見ていたので、主人の表情はわからなかったですけど…。(洋一さんは)なかなかダービーをとれなかったですし、悲願のダービーですからね」と裕美子さん。洋一さんは1979年に落馬負傷して引退するまで日本ダービーは7回騎乗し、78年カンパーリの3着が最高着順。落馬の影響で現在も意思の疎通はスムーズではないが、息子がかなえた歓喜のゴールを目に焼き付けたに違いない。 福永洋一(ふくなが・よういち) 1948(昭和23)年12月18日、高知県生まれの69歳。元JRA騎手。68年3月に栗東・武田文吾厩舎から騎手デビューし、同期の岡部幸雄(通算2943勝)、柴田政人(同1767勝)らと馬事公苑(競馬学校の前身)の「花の15期生」と呼ばれた。70年から9年連続JRAリーディングジョッキーに輝き、“天才”と称されたが、79年の毎日杯で落馬し、脳挫傷のため引退。2004年に騎手顕彰者。JRA通算983勝、重賞49勝。福永祐一騎手は長男。★27日東京10R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら
2018年5月28日(月) 12:01

 1,557

【日本ダービー】師匠・北橋元調教師「かわせ!」声張り上げた
 第85回日本ダービー(27日、東京10R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝2400メートル、1着本賞金2億円 =出走18頭)福永祐一騎乗の5番人気ワグネリアンが好位から直線で力強く抜け出してGI初勝利。 1996年に福永騎手がデビューした際の所属先だった元JRA調教師の北橋修二氏(82)が、愛弟子の日本ダービー初制覇を祝って、サンスポにコメントを寄せた。    ◇ テレビ観戦していて、ゴール前は興奮した。「かわせ!」と、思わず声を張り上げていた。本当によかった。中間、「皐月賞はいろいろあって負けましたが、今回はデキはすごくよく、良馬場なら勝ち負けできます」とユーイチは自信を持っていた。外枠でもスタートがよく、好位にスッとつけられていたし、しかも人気どころが前にいたのもよかったようだ。勝つときは、すべてよくいくものだ。(お父さんの)洋一の悲願を19度目で達成したわけだが、本当に良かった。これでやっと、一人前のジョッキーになったようだ。おめでとう。★27日東京10R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら
2018年5月28日(月) 12:00

 1,178

東京優駿(日本ダービー)のニュースをもっと見る >

【日本ダービー】プレミアム中内田師「リズムを重視した競馬を」
 3歳馬の頂点を決める競馬の祭典「第85回日本ダービー」(27日、東京、GI、芝2400メートル)は混戦模様となっているが、もしこの馬が皐月賞に出ていたら、ここでも断然の人気となっていたか。朝日杯FS馬ダノンプレミアムはデビューから弥生賞までの4戦がまさに圧倒的な内容で、状態さえ整えばV5でのダービー戴冠も十分な実力馬。折り合いに一抹の不安が残るものの、やはり最有力候補であることに変わりはない。中内田充正調教師(39)も、毅然とした態度で大一番を迎える。 --弥生賞は見事に1番人気に応えた 中内田充正調教師「スタートはいつもどおりに良かったけど、1コーナーの入りで力んでいたので、道中は心配していました。ただ、4コーナーでは馬場のいいところを選ぶように走って、最後までしっかりと脚を使っていましたね」 --2着ワグネリアンとは1馬身半差でも、まったく危なげなかった 「中山の2000メートルはトリッキーなコース形態なので、期待より心配のほうが大きかったんですが、(川田)ジョッキーがうまくレースを教え込んでくれましたね」 --デビューから無傷の4連勝。皐月賞では圧倒的な存在になるはずだったが… 「皐月賞を目指していたけど、挫跖(硬い物を踏んだりして蹄の内側に内出血や炎症を起こすこと)のために2週間、調整ができなかった。だから皐月賞を回避して、ダービーを目指すことになりました」 --ここまでの調整過程は 「目標を切り替えてからは順調にきています。(挫跖明けなのに)日々のケアや普段の調教に応えてくれたことは偉いと思います。先週は川田騎手が乗ってCWコースで強めの負荷をかけて、ジョッキーも納得の動きをしてくれました」 --23日の最終追い切りは 「今週も川田騎手に乗ってもらって、5Fから半マイルくらいが時計になれば、と思っていました。引っ張り殺さずに、馬が気持ち良く、ギアをひとつずつ上げるような感じでやりました。順調にきているし、もう挫跖は問題ないですね」 --結局、弥生賞からは3カ月弱、間隔が空いている 「これまでも(4連勝の間も)間隔を空けて使ってきましたし、“結果的に”ということではあるけど、心配はしていません。休み明けは上手に走る馬だし。それより、不安が残るとすれば距離でしょう」 --不安はどういう面から
2018年5月24日(木) 12:23

 1,518

【日本ダービー】厩舎の話
 アドマイヤアルバ・須貝調教師「すべて3着以内に頑張ってきた。ここが今後の試金石になる」 エタリオウ・友道調教師「動きは良かった。ここへきてようやく真面目に走るようになった」 エポカドーロ・藤原英調教師「距離はやってみないと分らない。オルフェーヴルの血に期待」 オウケンムーン・北村宏騎手「皐月賞は位置取りが後ろすぎた。上手に流れに乗っていきたい」 キタノコマンドール・池江調教師「歩様は硬いが、コンディションはいい。この条件は合う」 グレイル・岩田騎手「先週より歩様が柔らかいし、リラックス。五分のスタートを切りたい」 コズミックフォース・石橋騎手「きれいな走り。いい感じの仕上りで距離の不安もなさそう」 ゴーフォザサミット・蛯名騎手「力みもないし、順調。自分の競馬をしてどこまでやれるか」 サンリヴァル・藤岡調教師「前走後はケアに努めた。前めの内で我慢が利けば直線で弾ける」 ジェネラーレウーノ・矢野調教師「予定どおりの追い切り。前走からのプラスアルファもある」 ジャンダルム・武豊騎手「前走はテンションが高くて出遅れた。今は落ち着きがある」 ステイフーリッシュ・横山典騎手「枠と当日の馬場、馬の状態を見てレースを組み立てたい」 ステルヴィオ・太田助手「帰厩後は順調にメニューを消化。伸び負けするイメージはない」 タイムフライヤー・松田調教師「時計が遅いので金曜に修正するかも。トモはしっかりした」 ダノンプレミアム・川田騎手「追い切りはやりすぎないように。皐月賞を回避した影響はない」 テーオーエナジー・藤岡康騎手「しまい重点でいい時計が出た。この条件もこなせると思う」 ブラストワンピース・池添騎手「フォームも息づかいも良化。レース当日にピークになりそう」 ワグネリアン・友道調教師「反応は良かった。中山は合わないと思っていたし、東京なら」(夕刊フジ)★日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月24日(木) 12:21

 3,370

【日本ダービー】タイムフライヤー余力十分
 タイムフライヤーは、内田騎手を背に坂路で併せ馬。最後まで余力十分に4ハロン55秒4-12秒4を計時し、ダノンロッソ(1000万下)に1馬身半先着した。 「皐月賞の前と違って、今回は回復が早いので、そのぶんもう少しやりたかった。金曜に修正しようと思います」と松田調教師。GI・ホープフルSの覇者は、巻き返しに向けて万全を尽くすつもりだ。★日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月24日(木) 12:06

 1,469

【日本ダービー】グレイルは躍動感ある走り
 グレイルは、岩田騎手を背にCWコース単走で躍動感ある走りを披露。大きなストライドでしまいを伸ばし、6ハロン86秒4-11秒5をマークした。 鞍上は「先週より今週の方が良くなっている。テンションが上がっていなくてすごくいいと思う」と好感触を伝え、「直線が長いコースはいいので、ゲートさえ五分に出れば」と皐月賞6着からの反撃を誓った。★日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月24日(木) 12:05

 1,471

東京優駿(日本ダービー)の直前追い切り情報をもっと見る >

東京優駿(日本ダービー)の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

5月27日 15:38更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv112 
390円 3,900円
Lv106 
7,950円 39,750円
Lv105 

34,420円
30,290円
323,550円
Lv104 
2,710円 135,500円
Lv103 
410円 4,100円

的中情報をもっと見る >

東京優駿(日本ダービー)過去10年の結果

2017年5月28日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2016年5月29日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2015年5月31日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

東京優駿(日本ダービー)のデータ分析とレース傾向

コース図東京芝2400m

すべてのホースマンにとっての目標とも言われる「競馬の祭典」、それが日本ダービーである。前走のステップ別では皐月賞組が2008年以降、8勝を含む15連対と圧倒的に優勢。ただし、皐月賞で6番人気以下かつ6着以下だった馬の馬券圏内はゼロ。ゆえに、5着以内もしくは5番人気以内のどちらかをクリアしていない皐月賞組は、大きな減点対象となる。ほか、騎手の乗り替わりも大幅な割引材料。勝ち馬に限定すると1985年のシリウスシンボリが最後で、優勝するためには継続騎乗が必須条件と言っても過言ではない。舞台となる東京2400mは、最後の直線が長いうえに坂もあるタフな形態で、実力馬が能力を発揮しやすいコースである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

東京優駿(日本ダービー)ステップレース

2018年5月6日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 11 ケイアイノーテック 藤岡佑介 1:32.8 12.8倍 96.9
2着 9 ギベオン M.デムーロ クビ 5.2倍 96.9
3着 17 レッドヴェイロン 岩田康誠 アタマ 25.0倍 96.9
4着 16 ミスターメロディ 福永祐一 3/4 14.7倍 95.3
5着 5 プリモシーン 戸崎圭太 クビ 10.8倍 95.3
2018年5月5日() 京都競馬場/芝2200m
天候: 馬場:
1着 13 ステイフーリッシュ 藤岡佑介 2:11.0 12.8倍 100.3
2着 8 アドマイヤアルバ 岩田康誠 1 3/4 26.3倍 98.7
3着 15 シャルドネゴールド H.ボウマン ハナ 10.2倍 98.7
4着 2 グローリーヴェイズ 浜中俊 3/4 6.5倍 98.1
5着 6 メイショウテッコン 松山弘平 クビ 30.4倍 98.1
2018年5月5日() 東京競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 6 コズミックフォース C.ルメール 1:58.2 2.8倍 94.3
2着 13 ブレステイキング 石橋脩 アタマ 5.0倍 94.3
3着 9 イェッツト 蛯名正義 クビ 14.5倍 94.3
4着 8 ハッピーグリン 大野拓弥 1 3/4 6.7倍 92.5
5着 4 サトノシリウス 戸崎圭太 アタマ 4.8倍 92.5
2018年4月28日() 東京競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 9 ゴーフォザサミット 蛯名正義 2:24.4 14.6倍 97.8
2着 15 エタリオウ 石橋脩 19.6倍 96.3
3着 10 スーパーフェザー 福永祐一 ハナ 3.7倍 96.3
4着 17 モンテグロッソ 北村宏司 1 3/4 168.1倍⑭ 94.8
5着 11 トラストケンシン 柴田大知 ハナ 88.8倍 94.8
皐月賞   G1 
2018年4月15日() 中山競馬場/芝2000m
天候: 馬場:稍重
1着 7 エポカドーロ 戸崎圭太 2:00.8 14.5倍 100.9
2着 14 サンリヴァル 藤岡佑介 24.6倍 99.2
3着 10 ジェネラーレウーノ 田辺裕信 1 3/4 17.8倍 97.4
4着 15 ステルヴィオ C.ルメール クビ 3.7倍 97.4
5着 5 キタノコマンドール M.デムーロ ハナ 6.3倍 97.4

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

東京優駿(日本ダービー)の歴史と概要


2005年の優勝馬ディープインパクト

「競馬の祭典」と称される、日本競馬の頂点に君臨するレースで、その年の3歳ナンバーワンを決める大一番。皐月賞に続く、クラシックの2冠目としても知られる。名馬、名勝負の宝庫であり、そのすべてをわずかなスペースで語り尽くすことはできない。それほど偉大なレースである。過去にはセントライト、シンザン、ミスターシービーシンボリルドルフナリタブライアンディープインパクトオルフェーヴルの7頭が、1冠目の皐月賞に続きこのレースを制し、さらには秋の菊花賞にも勝って3冠馬となった。平成以降だけを見ても、約20万人の大観衆が集まり場内に「ナカノコール」が響き渡ったアイネスフウジンの第57回(1990年)、父シンボリルドルフに次いで親子制覇を達成したトウカイテイオーの第58回(1991年)、名手・柴田正人騎手が19回目の挑戦で涙の戴冠を果たしたウイニングチケットの第60回(1993年)、戦後初めてキャリア3戦目で頂点をきわめたフサイチコンコルドの第63回(1996年)、64年ぶりにして史上3頭目の牝馬による制覇となったウオッカの第74回(2007年)など、話題性にあふれる年は枚挙にいとまがない。

▼2007年はウオッカが64年ぶりにして史上3頭目の牝馬による制覇を果たした。

歴史と概要をもっと見る >

東京優駿(日本ダービー)の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年11月17日(
東京スポーツ杯2歳S  G3
2018年11月18日(
マイルチャンピオンS  G1

競馬番組表

2018年11月17日(
3回福島5日目
5回東京5日目
5回京都5日目
2018年11月18日(
3回福島6日目
5回東京6日目
5回京都6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 フィエールマン 牡3
17,886万円
6 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
7 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
8 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る