会員登録はこちら
東京優駿 G1   日程:2020年5月31日()  東京/芝2400m

東京優駿(日本ダービー)のニュース&コラム

【日経新春杯】レッドジェニアル、得意京都で飛躍!
 今週の日曜京都メインは、伝統のハンデ重賞・日経新春杯。最近の10年間で7勝2着5回と圧倒的に好実績を残している明け4歳馬のうち、筆頭格といえるのがレッドジェニアルだ。昨年、重賞初勝利を挙げた京都コースで、ここに向けて乗り込みも入念。鮮やかに、飛躍の1年のスタートを切る構えだ。 飛躍の一年の幕が上がる。4歳馬レッドジェニアルは、13日に4ハロン54秒3-13秒1で登坂。復帰初戦へ、着々と態勢を整えてきた。 「坂路で14-14といったところ。昨年の秋と比べて大きな変化はありませんが、追うたびに良くなってきています」 全休日の14日朝、中塚助手が切り出した。昨年は日本ダービー(8着)、菊花賞(6着)とクラシックの舞台を経験。「体に緩さはありましたが(血統、馬体面から)最初から走りそうと思っていました」。好結果は得られなかったが、タフなレースの経験は財産となった。同助手も「まだ強くなると思いますし、完成されれば…ですね」と本格化した姿を楽しみにしている。 2走前の神戸新聞杯は不向きな瞬発力勝負の展開が響いて4着。菊花賞は0秒6差と勝ち馬と大差ない勝負を演じた。 「前回で“立ち位置”がわかりました。スタミナを生かす形がいいですね。伸び伸びと走らせる方がいい。1着と差はありませんでしたから」 日経新春杯で見逃せないのが、4歳勢の活躍ぶり。過去10年で7勝、2着5回と抜群の成績を残している。ジェニアルは、登録している世代3頭で、実績なら筆頭格。昨年5月の京都新聞杯で、のちの日本ダービー馬ロジャーバローズを差し切って重賞を初制覇した京都コースは、一年のスタートとして願ってもない舞台だ。 「メンバーを考えると、いい競馬をしてほしいですね。京都はよく走れているコース。調教を積んでいれば、間隔があいていても大丈夫だと思います」と、中塚助手は声を弾ませた。 過去10年の4歳勝ち馬7頭のうち、3頭はのちのGIウイナー。相性のいい京都から、素質馬が大きなステップを踏み出す。 (宇恵英志)★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2020年1月15日(水) 05:04

 1,785

四位、調教師でもダービー目指す!JRA新規調教師免許試験合格者8人発表
 JRAは5日、2020年度の新規調教師免許試験の合格者8人(栗東5人、美浦3人)を発表した。栗東トレセンでは、日本ダービー2勝の四位洋文騎手(47)が2度目の受験で合格。JRA通算1583勝の名手が新たな道を切り開いた。 黒のスーツに水色のネクタイを締めて臨んだ合格会見。四位騎手は安どの笑みを浮かべながら、新たなステージへの意気込みを語った。 「ホッとしています。(合格発表後は)鬼のようにメールがきて、日本ダービーを勝ったときより多いので、すごいなと思いました」 2度目の挑戦でのサクラサク。初受験だった昨年は一次試験で不合格になった。何度も折れかけた心を奮い立たせてくれたのは、騎手から調教師に転身した後輩たちの励ましだった。「40歳を過ぎて鉛筆を持つとなかなかうまくいかないけど、『がんばりましょう!!』と声をかけて勉強を教えてくれた。みんながいたからがんばれた」と感謝の思いを口にした。 立場が変わってもスタンスは変えない。「馬を大事にすることは常に思っている。大変だけど、結果が出ない馬のことをいろいろ考えて強くしていくプロセスに魅力を感じる。騎手として日本ダービーを勝ったので、調教師としても目指せる馬を預かって出走させたい」と熱っぽく語った。 そして次の夢を追いかけるため、残りの騎手人生に全力を尽くす。「もう二度と競馬には乗れなくなる。感謝の気持ちやいろんな思いを込めて乗りたい」。来年2月末の引退まであと約3カ月。ダービー2勝の名手が集大成を見せつける。 (川端亮平) ◆伊坂重信助手 「一頭一頭にいろんな人の思いがこもっているので、責任を持って全力を尽くしたい」 ◆杉山佳明助手 「庄野、沖、上村調教師から学んだことを生かし、従業員に熱意を持って働いてもらえる厩舎作りをしていきたい」 ◆鈴木慎太郎助手 「自分が魅了された馬の魅力をホースマンとして伝えていきたい」 ◆田中克典助手 「調教師全員を目標にしています。JRAGI、海外GIを勝ちたいです」 ◆茶木太樹助手 「ひとつひとつ結果を残し、ファンの方々に『この厩舎なら安心』と思ってもらえる厩舎を作りたい」 ◆辻哲英助手 「ワンチームの精神で、スタッフが同じ方向を向いて結果を出せるような厩舎を作っていきたい」 ◆辻野泰之助手 「角居調教師のように常にチャレンジしていきたい。ダービー、凱旋門を勝ちたい」
2019年12月6日(金) 05:03

 129

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

東京優駿(日本ダービー)過去10年の結果

2019年5月26日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
1着 ロジャーバローズ 浜中俊 2:22.6 93.1倍 98.5
2着 ダノンキングリー 戸崎圭太 クビ 4.7倍 98.5
3着 ヴェロックス 川田将雅 2 1/2 4.3倍 96.5
2018年5月27日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
1着 ワグネリアン 福永祐一 2:23.6 12.5倍 97.8
2着 エポカドーロ 戸崎圭太 1/2 10.5倍 97.3
3着 コズミックフォース 石橋脩 クビ 223.7倍⑯ 96.8
2017年5月28日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

東京優駿(日本ダービー)のデータ分析とレース傾向

コース図東京芝2400m

すべてのホースマンにとっての目標とも言われる「競馬の祭典」、それが日本ダービーである。前走のステップ別では皐月賞組が2008年以降、9勝を含む18連対と圧倒的に優勢。ただし、皐月賞で6番人気以下かつ6着以下だった馬の馬券圏内はゼロ。ゆえに、5着以内もしくは5番人気以内のどちらかをクリアしていない皐月賞組は、大きな減点対象となる。ほか、騎手の乗り替わりも大幅な割引材料。勝ち馬に限定すると1985年のシリウスシンボリが最後で、優勝するためには継続騎乗が必須条件と言っても過言ではない。舞台となる東京2400mは、最後の直線が長いうえに坂もあるタフな形態で、実力馬が能力を発揮しやすいコースである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

東京優駿(日本ダービー)ステップレース

2020年5月10日() 東京競馬場/芝1600m
2020年5月9日() 京都競馬場/芝2200m
2020年5月2日() 東京競馬場/芝2400m
皐月賞   G1 
2020年4月19日() 中山競馬場/芝2000m

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

東京優駿(日本ダービー)の歴史と概要


2005年の優勝馬ディープインパクト

「競馬の祭典」と称される、日本競馬の頂点に君臨するレースで、その年の3歳ナンバーワンを決める大一番。皐月賞に続く、クラシックの2冠目としても知られる。名馬、名勝負の宝庫であり、そのすべてをわずかなスペースで語り尽くすことはできない。それほど偉大なレースである。過去にはセントライト、シンザン、ミスターシービーシンボリルドルフナリタブライアンディープインパクトオルフェーヴルの7頭が、1冠目の皐月賞に続きこのレースを制し、さらには秋の菊花賞にも勝って3冠馬となった。平成以降だけを見ても、約20万人の大観衆が集まり場内に「ナカノコール」が響き渡ったアイネスフウジンの第57回(1990年)、父シンボリルドルフに次いで親子制覇を達成したトウカイテイオーの第58回(1991年)、名手・柴田正人騎手が19回目の挑戦で涙の戴冠を果たしたウイニングチケットの第60回(1993年)、戦後初めてキャリア3戦目で頂点をきわめたフサイチコンコルドの第63回(1996年)、64年ぶりにして史上3頭目の牝馬による制覇となったウオッカの第74回(2007年)など、話題性にあふれる年は枚挙にいとまがない。

▼2007年はウオッカが64年ぶりにして史上3頭目の牝馬による制覇を果たした。

歴史と概要をもっと見る >

東京優駿(日本ダービー)昨年のBIGヒット予想家

去年の東京優駿(日本ダービー)を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2019年05月26日(日) 15:39更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 90 
9,310円 931,000円
Lv 92 
9,310円 931,000円
Lv 97 
199,060円 597,180円
Lv 108 

9,310円
2,280円
579,500円
Lv 97 
47,090円 565,080円
Lv 94 

9,310円
930円
512,000円
 

12,050円
1,990円
401,300円
 
199,060円 398,120円
Lv 83 

199,060円
199,060円
398,120円
Lv 84 

199,060円
47,090円
387,420円
Lv 95 
47,090円 376,720円
Lv 111 

11,200円
11,200円
336,000円
Lv 101 
12,050円 301,250円
Lv 92 

47,090円
12,050円
271,600円
Lv 99 

199,060円
11,200円
232,660円
Lv 86 
11,200円 224,000円
Lv 91 
199,060円 199,060円
Lv 104 
199,060円 199,060円
Lv 102 
199,060円 199,060円
Lv 100 
199,060円 199,060円

東京優駿(日本ダービー)の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年1月26日(
アメリカジョッキーC  G2
東海テレビ杯東海S  G2

競馬番組表

2020年1月25日(
1回中山8日目
1回京都8日目
1回小倉3日目
2020年1月26日(
1回中山9日目
1回京都9日目
1回小倉4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 スワーヴリチャード 牡6
89,132万円
3 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 ブラストワンピース 牡5
50,950万円
7 ワグネリアン 牡5
49,274万円
8 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 サンクテュエール 牝3
5,746万円
6 マイラプソディ 牡3
5,646万円
7 マイネルグリット 牡3
5,467万円
8 ビアンフェ 牡3
5,447万円
9 プリンスリターン 牡3
5,311万円
10 スマイルカナ 牝3
5,281万円
» もっと見る