アーバンシック(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
アーバンシック
アーバンシック
写真一覧
現役 牡3 栗毛 2021年3月16日生
調教師武井亮(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 4戦[2-1-0-1]
総賞金6,424万円
収得賞金1,700万円
英字表記Urban Chic
血統 スワーヴリチャード
血統 ][ 産駒 ]
ハーツクライ
ピラミマ
エッジースタイル
血統 ][ 産駒 ]
ハービンジャー
ランズエッジ
兄弟 カームリー
市場価格
前走 2024/04/14 皐月賞 G1
次走 2024/05/26 東京優駿 G1

アーバンシックの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/04/14 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 185914.264** 牡3 57.0 横山武史武井亮 510
(-6)
1.57.5 0.434.1⑬⑬⑬⑩ジャスティンミラノ
24/01/14 中山 11 京成杯 G3 芝2000 15463.022** 牡3 57.0 横山武史武井亮 516
(+4)
2.00.6 0.133.9⑫⑪⑧⑩ダノンデサイル
23/11/05 東京 9 百日草特別 1勝クラス 芝2000 9444.131** 牡2 56.0 横山武史武井亮 512
(0)
1.59.4 -0.133.2⑨⑦⑦マーゴットソラーレ
23/08/13 札幌 5 2歳新馬 芝1800 10662.311** 牡2 55.0 横山武史武井亮 512
(--)
1.53.1 -0.034.2④⑤④④ヴィクトリアドール

アーバンシックの関連ニュース


5月26日(日曜)に行われる日本ダービー(G1)の出走馬の調教後における馬体重が、JRAより発表された。

史上8頭目の無敗での春二冠を目指すジャスティンミラノは前走比+2キロ、そのジャスティンミラノ皐月賞でクビ差迫ったコスモキュランダは前走比+11キロ。
そのほか、紅一点レガレイラが前走比+8キロ、3戦3勝のシックスペンスが前走比-6キロなどとなっている。


<馬番/馬名/馬体重/計量日/前走馬体重※参考>

サンライズアース  540 5月23日(木曜) 532
レガレイラ     464 5月22日(水曜) 456
ジューンテイク   494 5月22日(水曜) 486
ビザンチンドリーム 452 5月23日(木曜) 456
ダノンデサイル   510 5月22日(水曜) 504
コスモキュランダ  511 5月22日(水曜) 500
ミスタージーティー 462 5月23日(木曜) 468
アーバンシック   518 5月22日(水曜) 510
ダノンエアズロック 496 5月22日(水曜) 492
サンライズジパング 510 5月22日(水曜) 510
シュガークン    508 5月23日(木曜) 502
シックスペンス   486 5月23日(木曜) 492
シンエンペラー   484 5月23日(木曜) 482
ゴンバデカーブース 470 5月22日(水曜) 466
ジャスティンミラノ 514 5月23日(木曜) 512
メイショウタバル  502 5月22日(水曜) 500
ショウナンラプンタ 542 5月23日(木曜) 528
エコロヴァルツ   494 5月23日(木曜) 486


(JRA発表)

【日本ダービー2024】ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック) アーバンシック 逆転Vに向けて豪快リハ! NEW!2024年5月23日(木) 12:00


日曜日に行われる日本ダービーの登録馬の水曜追い切りについて、1頭ずつシンプルに考察していきます(回避予定馬を除く、追い切り映像が確認できた馬に限る)。予想の際にお役立てください。なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

アーバンシック【A】
美浦W併走。尾に若干力みが見られるが、それはいつも同じ。折り合いを欠く様子はなく、きちんとタメをつくることができている。皐月賞の中間時より直線での順手前が長続きしているのも良い傾向。体を大きく使った力強いアクションが目を引き、ゴーサインに対する反応やラストの伸びも鋭い。好調だろう。高く評価したい。

エコロヴァルツ【B】
栗東坂路単走。折り合い重視の内容。落ち着いてテンポ良く登坂。やや右に意識が傾くところは変わっていないが、ラチを頼るような感じだった前回の最終追い切りと比べれば、様子は良くなっている。鞍上の指示に対する反応や手前変換後の加速も悪くなく、おおむね自身のパフォーマンスは示している印象。及第点の仕上がりだろう。

コスモキュランダ【B】
美浦W併走。感触を確かめる程度の調整。1週前にしっかり攻めた効果もあってか、当時よりも脚運びが軽くなった印象。鞍上が手前替えを促すと素早く変換し、体を沈めてバネのあるフットワークに。その後もリラックスして走れていた。派手さはないが、操縦性の高さを感じる内容。悪くない仕上がり。

ゴンバデカーブース【B】
美浦W併走。舌を出していたが、集中力を欠いている感じはなく、スムーズな手前替え。フォームのブレも少ない。ピッチ寄りの走法ながらも、前走の最終追い切り(当時は坂路)と比べれば、体をのびやかに使えるようになったし、ラストの鋭さも増している。本来の走りをかなり取り戻してきた印象を持つ。

サンライズアース【C】
栗東CW併走。リラックスして走れているし、完歩も大きい。ただ、抜け出してから気を抜き、鞍上が肩ムチを入れるも、気配は変わらず良くも悪くもマイペース。先着したとはいえ、ジョッキーがまたがっていたことを考えると、あと少し反応に鋭さがほしいところ。現状の走りを活かすには、展開や馬場などなんらかの助けが不可欠のように思える。

サンライズジパング【C】
栗東坂路併走。前回の中間より脚さばきが軽くなり、着地の力強さも増した。その一方、手前変換後はゴールに近づくにつれて、首の高さが目につくようになっていたのは気がかり。攻めは良く見せるタイプだけに、なおさらそう感じてしまう。併走相手の前に出ようとする勝負根性は好感が持てるものの、高評価するにはためらってしまう内容だった。

シックスペンス【B】
美浦坂路併走。強すぎず、軽すぎず、といった感じの内容。逆手前になるなど、やや不器用なコーナリングだが、直線に向いてからのフットワークは軽やか。折り合いを欠いている様子はなく、1週前に見られた口向きの悪さも改善されつつある。促しに対する反応や加速もスムーズだった。実戦に向けての下地は整ったように思える。

シュガークン【C】
栗東坂路単走。サラッと流す程度の調整。乗り役の問題もあるのかもしれないが、力みがちで硬めの走り。頭の高さが目立つのも気になるところ。1週前の動きは悪くなかったので、手慣れたジョッキーがまたがれば変わる可能性もあるが……。ごく軽めの内容とはいえ、もう少し気分良く走らせてほしかった印象を強く抱く。

ショウナンラプンタ【B】
栗東坂路単走。軽めの内容。序盤のペースが遅いぶん、若干行きたがる面を見せていたが、これでも以前と比べれば我慢がきくようになった。スムーズに手前の切り替えができているし、鞍上が軽く手綱を譲った際の反応やゴール前の伸びも悪くなかった。デキ落ちという印象はなく、いい意味での平行線だろう。

シンエンペラー【B】
栗東坂路単走。やや頭が高く、少し斜めに体が向く場面もあったが、それはいつものこと。ひと頃に比べれば、手前を上手に替えることができるようになったし、口向きの若さも治まりつつある。四肢の運びはなめらかで、バネも感じる走り。ラストの反応と伸びも悪くなかった。少なくとも、前走のデキを下回るということはなさそうだ。

ジャスティンミラノ【B】
栗東坂路単走。直線立ち上がりの段階で、すでに左手前だったあたり、前進気勢が良くも悪くも強くなっている様子。とはいえ、その後は軽快かつ力強いフットワークで登坂し、中盤以降の加速度合いも秀逸。これを見せられると、安易に低評価をつけることはできないように思える。判断に悩ましいが、今回はB判定としておきたい。

ジューンテイク【C】
栗東坂路併走。前半をゆったり入って、中盤から軽く伸ばす内容。手前変換の際にバランスを崩してしまったことは目をつぶるにしても、その後に手前をころころ替えていたのは気になるところ。いつもと比べて走りがやや硬く映るし、僚馬と競る気配も薄い。調子が上向きとは思えず、前回より相手が強化されるG1で勝ち負けまではどうか。

ダノンエアズロック【B】
美浦W併走。3頭併せの真ん中でも、臆することなく自身のリズムを維持。この馬とすれば落ち着きがあるほうだし、耳を絞って集中力を感じる走り。課題である手前の切り替えも、それなりにこなしている。ラストも比較的スムーズに加速していた。前回より状態は良くなっている印象。このあとの微調整でさらに上向くようなら、怖い存在になりそうだ。

ダノンデサイル【B】
栗東坂路単走。感触を確かめる程度の内容。直線序盤こそ物見がちだったが、ある程度落ち着いてからは集中して登坂。気持ち完歩が小さく映る点は気になるも、テンション面を考慮した抑え気味の調整だったことを思えば、酌量の余地はある。評価するに難しいが、今回は絶好だった1週前追い切りを加味してのB判定としたい。

ビザンチンドリーム【B】
栗東CW併走。しまいをサッと伸ばす程度の内容。あまり手前替えが上手ではなく、そのぶん直線でスピードに乗るまでに少し時間を要したが、加速するにつれ、のびやかなフットワークに。抜け出す際の反応やゴール前の動きも悪くなかった。1週前はラストの鋭さを欠いているように感じたが、かなり持ち直してきた印象。この馬なりに順調だろう。

ミスタージーティー【C】
栗東坂路単走。トビが低く完歩も小さく見えるが、軽め調整の坂路ではいつもこんな感じ。ただ、前回の最終追い切りのほうが余裕をもって登坂していたような気も。1週前にシンエンペラーと併せて、劣勢だったのも不安材料(前回の1週前は同じ相手に互角以上)。そのあたりを勘案すると、評価を上げるには躊躇してしまう。

メイショウタバル【B】
栗東CW単走。ハミから逃れるような感じだが、力みの強い走りで最後はバテバテとなった皐月賞を思えば、ガツンと噛むよりはいいのかも。脚運び自体は素軽く、フットワークにキレもある。調子は悪くなさそうなので、あとは落ち着いた状態で本番に臨めるかどうか。当日の気配には注意したい。

レガレイラ【B】
美浦W併走。折り合い重視の内容。3頭併せの真ん中でも、きちんと我慢がきいていたし、加速してからの可動域も広い。最後は併入のかたちとなったが、先着にこだわる調教ではなく、手応えにも余裕があったので、過度に気にする必要はないだろう。前回から劇的に上向いた印象こそないが、雰囲気は決して悪くない。いい状態をキープしている。


【調教予想からの注目馬】
アーバンシック


[もっと見る]

【日本ダービー2024】直撃取材!プロ予想家最速予想 「スガダイ」「にしのけいご」の狙いは!? 注目馬&妙味ある穴馬候補に迫る! NEW!2024年5月23日(木) 11:00


にしのけいごー西野圭吾 RETURNS ~2度プロになった男!


一度、プロ予想家から一般予想家へ転落するも、不屈の闘志で復活。“大局観”+独自指数の組み合わせで飛躍的な回収率向上を成し遂げた、にしのけいごプロに日本ダービーについてお聞きしました。

ジャスティンミラノが少し抜けたオッズになりそうですが、どのような見立てでしょうか。

堅くなりますけど、ジャスティンミラノレガレイラの2頭軸で考えています。

ジャスティンミラノ高評価の理由からお願いします。

レベルの高い皐月賞は持続力、共同通信杯は瞬発力と、適性の異なるレースを連勝しましたからね。そこは大きな長所だと思います。折り合いも利きますし、スタートもいいし、不安なく買えます。

―前につけるイメージですか。

そうですね。ただ、皐月賞の感じなら、ペースが速くなれば後ろからでも心配ないかなと。

ジャスティンミラノを目標に、差し切ってくるイメージの浮かぶ馬はいますか。

一応レガレイラになりますけど、可能性を追いたいのはビザンチンドリームですね。

―先にレガレイラについてお聞きしますが、前走の皐月賞は追い込みにくい高速馬場のハイペースを後方から6着でした。このレースは前と後ろどちらに向いたと見ますか。

後ろに向いたというか、ラストのラップなどを見ると、力のある馬なら差してこれるレースだったと思います。ただ、レガレイラは全然上手く乗られておらず、スタート後に接触し、1コーナーで外に出そうとするとフタをされ、向こう正面では行きたがり、勝負どころでは詰まってと……。ノーチャンスの状況で最後はアーバンシックよりいい脚を使いましたから。

―基本は前で残った馬が強く、控えた組で最も評価できるのはレガレイラという話ですね。ビザンチンドリームを除いて、ほかに皐月賞組で評価できる馬はいますか。

コスモキュランダを買い目に入れるくらいですね。

―ばっさり切りますね(笑)。ビザンチンドリームは、“可能性を追いたい”とのことでした。

2戦目に勝ったきさらぎ賞を評価していて、指数的にはサトノダイヤモンドの年と同じくらいなんですよ。ゲートに難がありますけど、そこに目をつぶれば東京は当然いいでしょうし、鞍上の西村淳也騎手も好きなので。

サトノダイヤモンドはダービー2着でしたか。この馬が来ると配当は跳ねますね。展開的にはメイショウタバルが行きますかね。

そう思いますけどねえ。ペースはあまり考えないほうがいいのかなと。皐月賞をハイペースで飛ばして大敗していますから抑えたいはずですが。

―スローでもハイでも、ジャスティンミラノは堅いイメージですか。

崩れるイメージが浮かばないです。

レガレイラビザンチンドリームはある程度流れてほしいですよね。

流れてほしいですけど、レガレイラはルメール騎手ですからねえ。

オークスも見事でしたよね。となると2軸は堅そうですね。皐月賞以外の路線はどうでしょう。スプリングSを勝ったシックスペンスからお願いします。

シックスペンスは消しますね。スプリングSのラスト2ハロン10.9-10.8をどう評価するか難しく、中山で似たような上がりを使った馬を探したんですよ。で、シュシュトディエスショーマンフリートの新馬戦に行き当たったのですが、2頭ともその後がもうひとつで、このラップタイムだけで過剰に評価はできないという判断です。

―なるほど。人気になりそうですし、消せると大きいですね。青葉賞から臨戦する2頭はいかがでしょう。

レースレベルは普通くらいです。シュガークンは直線少しフタをされていましたけど、ロスなく回っているので、外枠から行きたがっていたショウナンラプンタのほうが評価できますね。ただ、ひとつ前のゆきやなぎ賞の相手関係を見ると、そうでもないのかなとも。

―難しいところですね。プリンシパルSのダノンエアズロックはわりと楽しみなのですが。

この馬は買いたいです。アイビーSが強いですよね。アイビーSのレガレイラダノンエアズロックは、共同通信杯の内容とそれほど変わらないと思うんですよ。プリンシパルSの内容は全然なんですけど、調教師も弱気でしたから。

―上積みがあれば怖いですね。2軸の相手にコスモキュランダビザンチンドリームショウナンラプンタダノンエアズロックあたりですか。ほかに買う予定の馬はいますか。

あとは皐月賞組ですが、サンライズジパングを検討するくらいですかね。ホープフルS3着は展開不向きの中で強い競馬でしたし、皐月賞9着は「インでのめっていた」というジョッキーの言葉を鵜呑みにすれば。人気もないでしょうし、穴で押さえる分にはいいかなと。


取材後記:ビザンチンドリームが軸2頭を逆転する形も想定しているとのこと。頭で来たら熱いですね!


スガダイー全開催プラス収支を可能にする“予想神”


群雄割拠のウマニティプロ予想MAXで13年連続ランキングトップに君臨した殿堂入り予想家。他の追随を許さない、競馬予想界のキング・オブ・キングス、スガダイプロに日本ダービーについてお聞きしました。

皐月賞ジャスティンミラノですが、この馬をどう見ていますか。

おそらく人気薄から買うので、押さえはすると思うんですけどね。共同通信杯で上がりの速い流れを圧勝して、皐月賞は厳しい流れをレコード勝ちですから「強いよね」となるわけですが、前走は気になる内容でした。

―どのあたりでしょうか。

4コーナーに入る前から手応えは悪かったですよね。直線向く前に何発もムチが入っていましたし。レコード決着でもあり、消耗度の高いレースと見るのが自然かなと思います。

―疲労は中間の動きから感じられますか。

1週前追い切りを見たとき「おや」と。やはり反動はあるんじゃないでしょうか。

ジャスティンミラノに限らず、皐月賞を走った馬は怖くなってきますね。人気薄から買うというお話でしたが、どの馬を狙っていますか。

ダノンデサイルですね。

―かなり人気のないところですね。京成杯を勝ち、皐月賞はレース直前に除外でした。

これね、皐月賞は本命にしたんですよ。いいオッズでしたし、予想に自信もあり、けっこう勝負しましたが、まさか実質見学になるとは。皐月賞時に評価していた理由は、京成杯上位2頭のレベルの高さ、あと京都2歳Sは4着ですけど、内容は勝ち馬以上と見ている部分ですね。

―除外はまさかでしたね。京成杯2着のアーバンシックは、皐月賞で4着に来ましたよね。

そこをモノサシにしても、いい勝負になっていたんじゃないですかね。余計に悔しい反面、走らなくてよかったなとも。あの硬い馬場の速い時計の決着ですから、使ったことによる消耗はあると思うので。そこを回避できたと前向きに考えたいです。除外理由も深刻に考える必要はなさそうですしね。

―中間の動きをどう見ていますか。

1週前は「使わなくて良かったんじゃない」という良い動きですよね。それに、未勝利を勝ったときや京都2歳Sの最後の伸び方が、いかにも距離が延びて良さそうな馬の感じなんですよね。

―おいしいオッズのままでいてほしいですね。京成杯上位2頭のレベルを指摘されていましたが、アーバンシックも評価されていますか。

そうですね。皐月賞4着止まりという見方もできますけど、レコード決着をふまえると、ジャスティンミラノにしろコスモキュランダにしろ、アーバンシックより前に位置を取った馬は位置取りの優位性があったと思いますし、その2頭は4コーナー手前からステッキが入るような感じでした。決着時計を考えるとそういった騎乗が正解でしょうけど、アーバンシックは末脚を活かす形をとりましたから。時計や馬場の差だけなんじゃないかなと。

―東京替わりはプラスと見ていいですかね。

広いコースがいい走りですよ。走り方に改善の余地はありますけど、今回はクロス鼻革をつけたりしていますよね。これはけっこう効くケースもあるんで。コース替わりと馬具の上積みを見込めば、皐月賞上位組との逆転もあると思いますよ。あと、ノーザンファームはスワーヴリチャード産駒に勝ってほしいような……。種牡馬料1500万と、聞いたことない上がり幅ですからねえ。

レガレイラ皐月賞は控えて6着でしたが、こちらはいかがでしょう。

アーバンシックを推しているので(こちらも)推したいですね。理由としては血統構成で、100%同血ってやつですよね。皐月賞の着順に関しては、極端な馬場への適性もあったでしょうけど、ルメール騎手が乗れなかったのは大きいです。今回はルメール騎手ですし、東京の芝2000m以上だと他の追随を許さないですよね。

皐月賞2着のコスモキュランダはどうでしょう。

人気すると思っていましたけど、印は薄そうですよね。ビックレッドファームの馬は府中より中山やローカル向きで、この馬もそういう感じはしますよ。ただ、基礎的な体力はあるはずで、自分でスタミナが活きる形にできる馬だとも思います。人気がなければ押えてもいいかなと。

―穴っぽいところで狙えそうな馬はいるでしょうか。

大穴ならサンライズアースですね。皐月賞では大きな不利で、デムーロ騎手は即座に競馬をやめて流しましたけど、ゴール板を過ぎたあとにビュンと走っていました。不利がなく、しっかり追っていれば少し上の着順もあったはずですよ。

―かなり人気薄ですね。注目したいです。別路線で食指の動く馬がいればお願いします。

ダノンエアズロックは押さえが必要かなと思います。アイビーSでレガレイラに勝っていますからね。府中で強い競馬をしていますからそこに期待です。ローテも距離も微妙ですけど、モレイラ騎手が乗るっていうのは怖いですよね。プリンシパルSは外々を回って勝ちましたけど、さすがにダービーでそれは無理でしょうし、枠順と人気との兼ね合いになりますかね。

―最後にシックスペンスシュガークンなど、重賞を勝って参戦する馬の評価をお願いします。

シックスペンスは念のため押さえるか、買わないくらいですね。スプリングSは圧勝でしたが、超スローかつ強い南風のせいで上がりが速く、ラスト2ハロン10.9-10.8は“追い風参考記録”でしょう。シュガークンは買わないですね。青葉賞は人気馬が軒並み外枠で、枠に恵まれた印象なので。今回は見送りです。


取材後記:ジャスティンミラノの反動は気になるところです。盤石とまでは言えなそうですね。


以上、プロ予想家2名の日本ダービー見解と注目馬を紹介しました。人気サイドでお二方とも高評価はレガレイラでしょうか。人気薄からも複数の馬の名前が挙がり、配当的にも楽しみですね。

[もっと見る]

【日本ダービー】厩舎の話 NEW!2024年5月23日(木) 10:45

アーバンシック・横山武騎手「1週前は左にモタれる面があったが、改善していた。この距離だと折り合いがカギ」

エコロヴァルツ・牧浦調教師「皐月賞はリラックスして走れた。中間も気持ちを乗せて我慢できるようにやってきた」

コスモキュランダ・加藤士調教師「疲れを残さないようにやれた。自在性があるのが長所。距離が延びるのはプラスだし、大箱の東京もいい」

ゴンバデカーブース・堀調教師「折り合いがついたことで自分から反応し、余力を持ってこなせた。息づかいは今までで一番いいくらい」

サンライズアース・石坂調教師「精神面で幼さは残るが、順調にここまできた。皐月賞よりダービー向きだと思うし、力を発揮してほしい」

サンライズジパング・音無調教師「皐月賞は馬場の悪いところを通らされた。それでも脚を使ったし、馬場が良ければもう少しやれると思う」

シックスペンス・国枝調教師「乗りやすい馬なので、道中で折り合えば直線でいい脚を使える。川田君なので、うまく乗ってもらえると思う」

ジャスティンミラノ・友道調教師「皐月賞は思っていた以上に強いレース。オンとオフの切り替えができて、自分で競馬を作れるのが強み」

シュガークン・清水久調教師「青葉賞でいいレースをしてくれた。追い切りは申し分のない内容。どっしり構えているところがいい」

ジューンテイク・武英調教師「オーバーワークを避けたかった。57秒くらいを予定して完璧な調教ができた。一番いい状態で出走できそうだ」

ショウナンラプンタ・高野調教師「追い切りは整えることがテーマだった。左回りの広いコースがベストだと思う」

シンエンペラー・矢作調教師「皐月賞は状態が上がり切らなかったが、当時とはデキが違う。まったく引っ掛からないので舞台に不安はない」

ダノンエアズロック・堀調教師「心身ともいい状態。折り合いは完璧で、後ろから馬が来るとスイッチが入って余力を持ってこなせた」

ダノンデサイル・安田翔調教師「追い切りは予定どおり。現時点ではレースへ向けて、こちらが思っているような調整過程できている」

ビザンチンドリーム・坂口調教師「状態が上がってきた。心臓が強く、爆発力がある。ゲートに課題は残るが、皐月賞より条件は合っている」

ミスタージーティー・矢作調教師「東京2400メートルに替わるのはプラス。非常にいい状態で出せるし、決め手があるところが長所」

メイショウタバル・浜中騎手「皐月賞はハナへ行って掛かったが、ポジションを気にせずに折り合いをつけたい。逃げる考えは一切ない」

レガレイラ・木村調教師「スタートから元気良く出ていってくれた。道中のフットワークに彼女らしさが出ていたし、最後まで元気に走れた」(夕刊フジ)

[もっと見る]

【日本ダービー】アーバンシック鋭い伸び 軽い仕掛けでラスト10秒9 NEW!2024年5月23日(木) 07:29

アーバンシックは馬場入りをごねるシーンこそあったが、美浦Wコースに出てからの走りはスムーズ。軽く仕掛けられた程度でラスト1ハロン10秒9(5ハロン66秒9)と鋭い伸びを見せ、内ゴーゴーユタカ(OP)に併入した。横山武騎手は「1週前は直線で左にモタれるところがあったけど、改善していました。2400メートルで折り合いが鍵になるのでスムーズに運びたい」と好感触を伝えた。




[もっと見る]

【日本ダービー2024】トッププロ厳選の穴馬! 超人気薄! 前走2桁着順でも期待をもてる1頭は? 2024年5月22日(水) 10:00


年末の有馬記念と並び多くの競馬ファンの気合いが入るダービーが、今年もやってきました。ただ、私はまったくもってそういう気持ちはなくて(笑)、完全に12レースある内の1レースとしか見ていません。「ダービーだから買う」「有馬記念だから買う」という考えは皆無。競馬でプラスを目指すために、まず買う(予想する)レースありきで考えないのは当たり前です。逆に、狙い馬になっている馬が出走するなら未勝利だろうが、ダービーだろうが気合を入れて参戦しますけどね。果たして今年はどうなるか楽しみですね。

それでは早速ダービーの見解に移っていきます。毎年のことながら、ダービーはCコース替わりで行われるため、距離ロスなく運べる確率が高い内枠が有利と言われますよね。実際そうだと思うのですが、それでも隊列や流れ次第では外枠でも好走は可能です。2017年1番人気のアドミラブルのように大外に入り、スローなのに後ろからただ外々を回ってくるのであればかなり厳しくなります(それでも3着だったので、乗り方次第では勝ちもあったと思います)。2022年のイクイノックスは大外に入っても道中は終始内々を通って距離ロスはゼロ。直線は外から来ているので、ロスがありながら差してきたように見えるかもしれませんが、実際はルメールJの好騎乗での2着でした。こんな感じで、アドミラブルみたいに大外だからといって中途半端に乗ると勝負になるのもならなくなってしまいます。外枠に入った馬はメリハリをつけた競馬を期待したいですね。

人気の面からは常にガチガチで決まることもないので、ある程度配当を見込めるのではないでしょうか。ただ、人気のない馬たちは前走いろいろなレースを走っていて、これまたどの人気薄の馬を選ぶか難しくなりそうです。そういう難しい人気薄を選ぶときにこそ、私の予想の仕方が活きるはずなのですが、過去にこの予想の仕方でダービーを当てることができた試しがないんですよね(苦笑)。かろうじて思い出せるのが、2011年ウインバリアシオンに本命を打ち、その複勝が当たったかもというくらい。アグネスフライトのあたりから予想はしていたので、何十年も当たっていないですね……。

ま、そんなこんなで今年もまた外れると思いますが(笑)、いつもどおり上位人気想定の馬を見ていきたいと思います。

まずは皐月賞ジャスティンミラノ
皐月賞では、スローしか経験していないなど不安視する面もあったわけですが、たしか『プロ出馬表』内に書いたように、そもそもスローしか経験していない馬のほうが多いんですよね。過去に共同通信杯から皐月賞を制している馬もそうしたタイプがほとんどです。なので、対抗視したわけですが、レースでは好位外からの競馬で勝ち切りました。正直、直線半ばでは厳しいかなと思ったのですが、ジャンタルマンタルのほうが先に苦しくなったので、その分届いたようにも見える競馬でした。今回は距離が延びるわけですが、ジャンタルマンタルが苦しくなったところをしまいまで踏ん張ったわけですから、2400mになるのは大きくマイナスなると考えづらいですよね。おそらく多くの方も距離の不安はないと思っているのではないでしょうか。私も距離不安はないと思っているので、よほどのことがない限り、大崩れは考えにくいでしょうね。

2頭目はコスモキュランダ
京都2歳Sではまともなら上位だったので、次走本命にしたのですが、さらに次の弥生賞で勝ってしまいました(笑)。その弥生賞ではデムーロJの好判断で勝ったわけですが、シンエンペラーが次を見据えたつくりだったとしても、なかなか差が詰まらないなと感じまして。もしかしたら「今強くなってるんじゃね?」と思い、皐月賞では急遽印を打ったわけですが、レースではモレイラJが上手な立ち回りをしての2着。そのため、正直判断が難しく……。またモレイラJなら印を入れなければと思っていましたがデムーロJに戻るので、これまたどうしようかな……といった感じです。コスモの馬がダービーで想定以上に人気するイメージはないので、妙味がありそうなら買い目に入れておかなければというイメージですが、外枠なら無印もありかなと思っています。

3頭目はアーバンシック
もうだいぶ前からみなさんダービー向きと言っていましたよね。なので、私からは特に言うことはないですね(笑)。皐月賞でも「ダービーで買いましょう」みたいな負け方、新馬の内容も「そこから差すの!?」というもので、当初から能力を見せていましたね。買い目には入れておきましょう! って感じです。

4頭目はスプリングSの勝ち馬シックスペンス
3戦3勝で負け無しです。スローの経験しかなく、父キズナ。なんか皐月賞で似たような馬がいた気がしますね。前走のスプリングSでは好位から抜け出して楽勝だったわけですが、相手がね……。今回は一気の相手強化ですが、内容的には悪くないのでなんとも言えません。鞍上も川田Jのようですし、枠次第では買い目に入れておきたい馬となってしまいます。

最後にレガレイラ
皐月賞のコラムでは、ホープフルSはルメールJがうまく導いてくれてハマってもいたので、皐月賞で人気だと怪しいと書いた馬です。鞍上も北村宏Jに替わっていたので、なおさら厳しかったですね。力だけで言うと何か恵まれないとまた厳しいと思いますが、今回は鞍上がルメールJに戻ります。もうそれだけで無印にはできなくなるので、一応3連系の押さえで入れておきたいくらいの気持ちです。

上位人気想定の馬の見解でした。今のところ、この中で確実に入れておきたい馬はジャスティンミラノアーバンシック。もしかしたらそれで久しぶりのダービーの的中になるかもしれませんが、私としては狙い馬がいたらそちらが優先。また外れ街道一直線のような気がします(笑)。


以上、レース見解でした。意外と言うべきか、わりと穴馬も走るレースですよね。今年は隙の少ない人気馬もいるようですが、穴馬に指名されるのはどの馬でしょうか。


※以下、注目馬は出走確定前に選定している為、当日上位人気になる可能性、出走取り消しの可能性がございます。又、枠が確定してから見直す場合もある為、注目馬に挙げていない人気薄をプロ予想MAXで本命にする可能性もございます。


■注目馬①サンライズアース
前走の皐月賞では4角での不利が痛かったです。その不利で外に行ってしまい、体勢が悪くなってからはデムーロJも無理をせず、追うのをやめていました。それだけでは評価しづらく狙い馬にするには物足りないところでしたが、直線では何もしていないのに馬は伸びようとしていました。あれならスムーズに運べればもっと上位だった可能性はあるので、人気がないなら面白い1頭になると思います。2走前にすみれSを快勝しましたが、そのとき2着だったジューンテイク京都新聞杯を勝っていることからも、まったくもって通用しない馬ではないはずです。あとは鞍上ですね。池添Jを予定ということですが、私の中では信用しづらい騎手のひとりです。条件によっては買いますが、その条件の1つに「一応G1ならまだなんとか買える」があります。よく見る、外々を回る距離ロスの影響で失速する立ち回りにならないよう願いたいところです。


以上、豚ミンCプロの注目馬とコメントをお届けしました。今週はサンライズアースの推奨でした。想定ですと……最低人気もありますか? これは楽しみですね! それでは、また来週お会いしましょう。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アーバンシックの関連コラム

閲覧 1,547ビュー コメント 0 ナイス 1

先週の小倉記念エヒトが勝利。1コーナーまでの位置の取り方が素晴らしかった。

「田中勝騎手→川田騎手というわかりやすい鞍上強化で人気を集めそうだが、ココは素直に信頼したい」

と当コラムで書きながらも、狙いを変更してしまった自らの判断力のなさはさておき、内枠を生かした川田騎手の騎乗も完璧だった。

その川田騎手、ここ数週間は本当に神懸かっている。先々週の新潟、そして先週の小倉でも随所に川田騎手らしさを見せており、馬場読み、コース取りともにため息が出るほど。週が明けて盛岡でもリメイクを見事に勝利に導いたように、もはや手が付けられない状態だ。今週末はプログノーシスでどんな騎乗を見せてくれるか、今から楽しみだ。

さて、手が付けられないといえば新種牡馬、スワーヴリチャードも素晴らしいスタートを切った。2歳戦線がスタートして2カ月半ほど、ここまで合計8頭が勝ち上がり、総合成績は(9-4-6-15)。複勝率は実に55.9%、つまり2回に1回以上好走している。コラソンビートがオープンを勝った他、素質のありそうな馬も続々と勝ち上がっている。

パワーホール
レガレイラ
アーバンシック

以上の3頭は特にレース内容も素晴らしく、今後長く期待して良さそうな素質馬だ。

確実に早熟型ではない点も心強い。スワーヴリチャード自身勝ち上がりは2戦目の未勝利戦で、G1初制覇は古馬になってから。4歳時に大阪杯を制し、5歳時にジャパンカップを制したどちらかといえば晩成型の馬だったが、産駒も総じて叩き良化型の印象が強い。 これまで2歳未勝利戦には7回出走し(4-1-1-1)。とりあえず何も考えずに買っていいくらいの素晴らしい成績だ。

また成功する種牡馬の特徴でもあるが、母馬の良さを引き出している点も見逃せない。芝ダート、短距離中距離問わず勝ち上がり馬を出している。当然、主戦場は芝のマイル〜中距離になるだろうが、ほかの路線でも活躍馬を出してくれそうだ。

というわけで、ベタ褒めになってしまったが、馬券はもちろん、今後の競馬を見て行く上でもスワーヴリチャード産駒には注目したい。

それでは最後に先週からの狙い馬と、今週末の注目馬を。

【次走狙い馬】 8/12(土)小倉6R フォルテローザ 1番人気3着

前半差しに回るもラストは外からキッチリ伸びた。先行イン有利の展開や馬場考えれば上々の3着。開催後半の馬場ならすぐ勝ち上がれそうだ。サトノアラジン牝馬は芝1200mで特注。

〜今週末の注目馬〜

今週末はもちろん夏競馬の大一番・札幌記念から。

ヒシイグアス浜中俊騎手)

注目はヒシイグアス浜中俊騎手。

初の洋芝参戦となるヒシイグアスに注目。もともと実力の割に人気にならないタイプだが、中山記念連覇、宝塚記念2着など、強力メンバーに入ってもまったく見劣りはしない。札幌記念は堀厩舎の得意レースで、かつてはネオリアリズムモーリスでワンツーを決めた実績もある。今年はダノンベルーガとともに注目したい。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

栃木県出身、競馬予想家。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』(ガイドワークス)など著書多数。最新刊は『馬券力の正体 収支の8割は予想力以外で決まる』(オーパーツ・パブリッシング)。


登録済みの方はこちらからログイン

アーバンシックの口コミ


口コミ一覧
閲覧 17ビュー コメント 0 ナイス 0

京都新聞杯 1着

サンデーサイレンス 3×3
Hail to Reason 5×5・8・5
Turn-to 6・8×6・6

Lyphard 5×4

Northern Dancer 5×5
Almahmoud 6・7×6・7
Mahmoud 8・8×7・8・8
Nearco 8・7・8・7×8・8・8・8・7
Hyperion 7・8・7×8・8・8 
Native Dancer 8・7×7

サンデ―サイレンスのインブリードと
Lyphardのクロスということで、レガレ
イラ、アーバンシックらと似た形態と
なっている。

この形態では、Northern Dancerのクロス
も多く、Native Dancerのクロスが7~8
代目にびっしりと並ぶことになるのだが
当馬の場合、8・7×7と少なく、非常
にすっきりしている。

スタミナは母の母方にあるBull Leqがクロ
スしており、問題はないが、母父シンボリ
クリスエスのところが全く傾向が違い、ク
ロス馬がほとんどなく、ここが弱点となる。

別路線組では良い配合だが、夏にデビュー
し、ダービーまで8戦を使っているのがど
うか。

評価 ○(良い・・・が、使いすぎでは?)
  

 プルトラマン 2024年5月23日(木) 16:13
今週の馬券
閲覧 80ビュー コメント 0 ナイス 4

葵ステークス
アスクワンタイム
ナムラアトム

日本ダービー
アーバンシック
ゴンバデカーブース

GⅠ日本ダービー
ショウナンラプンタ

計1300円

[もっと見る]

 極駒eX 2024年5月23日(木) 15:00
【確定馬番】🔍日本ダービー
閲覧 131ビュー コメント 0 ナイス 1

日本ダービー G1
5月26日(日) 東京/芝2400m 18頭
1位   ジャスティンミラノ   98.3😀
2位   レガレイラ   96.1😀
3位   シンエンペラー   95.2🙄
4位   アーバンシック   95.2😀

😀軸候補
1 15 ジャスティンミラノ
2 2 レガレイラ
3 8 アーバンシック
4 12 シックスペンス

🙄紐候補
5 9 ダノンエアズロック
6 6 コスモキュランダ
7 13 シンエンペラー
8 11 シュガークン
9 17 ショウナンラプンタ

👩‍🎓基準予想【軸2頭→紐1頭】
👩‍🎓穴目予想【軸1頭→紐2頭】

[もっと見る]

⇒もっと見る

アーバンシックの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  YASUの小心馬券   フォロワー:36人 2024年1月12日(金) 15:17:03
京成杯2024
無敗の連勝馬ということを意識せずとも、前走百日草特別は強かった、スタート悪く挟まれての最後方と最悪の条件から最後の直線は加速ラップで差し切ってみせた。
新馬戦でも出遅れているので、多頭数の中山コースが心配材料だが能力の高さは歴然で人気でも買わねばなるまい・・・。
1:
  EVA2号機   フォロワー:3人 2023年11月5日() 14:50:03
勝ってガッツポーズ出たな、着差はないが期待馬がちゃんとオープン入りしたと。課題は多く軸にはしづらいが走る

アーバンシックの写真

アーバンシック
アーバンシック

アーバンシックの厩舎情報 VIP

2024年4月14日皐月賞 G14着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アーバンシックの取材メモ VIP

2024年4月14日 皐月賞 G1 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。