会員登録はこちら
フジTVスプリングS G2   日程:2019年3月17日() 15:45 中山/芝1800m

レース結果

フジTVスプリングS G2

2019年3月17日() 中山/芝1800m/16頭

本賞金:5,400万 2,200万 1,400万 810万 540万


レコード:1分44秒9
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 9

エメラルファイト

牡3 56.0 石川裕紀  相沢郁 454(+6) 1.47.8 27.1 10
2 1 1

ファンタジスト

牡3 56.0 武豊  梅田智之 484(+10) 1.47.8 アタマ 4.8 1
3 5 10

ディキシーナイト

牡3 56.0 石橋脩  国枝栄 524(0) 1.47.8 クビ 14.1 7
ラップタイム 12.6 - 11.4 - 11.8 - 12.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 12.1
前半 12.6 - 24.0 - 35.8 - 47.9 - 60.0
後半 59.9 - 47.8 - 35.7 - 23.7 - 12.1

■払戻金

単勝 9 2,710円 10番人気
複勝 9 590円 10番人気
1 230円 2番人気
10 410円 9番人気
枠連 1-5 1,670円 5番人気
馬連 1-9 10,290円 41番人気
ワイド 1-9 3,060円 44番人気
9-10 3,480円 46番人気
1-10 1,880円 26番人気
馬単 9-1 23,610円 90番人気
3連複 1-9-10 32,400円 122番人気
3連単 9-1-10 235,870円 831番人気

フジTVスプリングSのニュース&コラム

【次は買い】スプリングS4着・タガノディアマンテ
★スプリングS・9番人気4着 《レース》中団の後ろで馬場のいいところを選びながら追走。終始馬群の外を回ってはいたが、直線もジワジワ末脚を伸ばした。馬券には絡めなかったが、十分にTR仕様の競馬はできた。 《次走ポイント》勝負どころで上がっていく際、2着ファンタジストの外を走らされたのは痛かったが、ひと叩きと思えば上々か。「気分良く競馬ができれば上位に来られる能力があるし、着順ほど負けていない」と、田辺騎手の感触も悪くない。1F延長は間違いなくプラスで、出走がかなえば皐月賞でもチャンスはありそうだ。(東京サンスポ・片岡)★17日中山11R「スプリングS」の着順&払戻金はこちら
2019年3月18日(月) 11:26

 526

【スプリングS】エメラル、師弟愛に応えた根性V!
 フジテレビ賞スプリングステークスが17日、中山競馬場で16頭によって争われ、10番人気のエメラルファイトが中団から鋭く伸びて優勝した。相沢調教師、石川騎手の師弟はコンビでの重賞初制覇。1番人気で2着のファンタジスト、3着のディキシーナイトまでが皐月賞(4月14日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。 春の陽気に包まれた中山で、師弟の絆に勝利の女神がほほ笑んだ。大接戦のゴール前をアタマ差でしのぎ切った10番人気の伏兵エメラルファイト。引き揚げてきた検量室前で“ウォー”と雄たけびを上げた石川騎手は、馬から下ると師匠の相沢調教師とがっちり手を握り合った。 念願の師弟コンビでの重賞初制覇は、鞍上が完璧な流れでつかみ取った。課題のスタートを鮮やかに決め、道中は前を射程に入れる7番手の絶好位。直線も最高のタイミングで抜け出した。 「きょうはフルゲートだったので、他の馬をどうさばくかだけ考えていた。直線の坂で手応えが怪しくなったけど、他の馬が来たらまた伸びてくれた。馬の根性に勝たせてもらった。(所属する)相沢厩舎の馬で勝てたことが何よりうれしい」 2017年ラジオNIKKEI賞(セダブリランテス)以来2度目の重賞奪取となった殊勲のまな弟子を、笑顔で出迎えた相沢調教師は05年ダンスインザモアに次ぐ2度目のスプリングS制覇。師匠として普段は厳しい言葉もぶつけるが、さすがにこの日は孝行息子をたたえる言葉がこぼれる。 「(石川)裕紀人はきょう負けたらクビだったんだけど、最高にうまく乗ってくれた。毎日毎日、調教でもつきっきりでやってきたからね。(2000メートルに)距離が延びても問題ないと思うし、皐月賞までとにかく無事にいくことだけ」 年初に“二人で重賞を勝つ”ことを誓い合っていた師弟。このまま在厩で調整される愛馬とともに、さらなる高みへと、その絆を強めていく。(内海裕介)★17日中山11R「スプリングS」の着順&払戻金はこちらエメラルファイト 父クロフネ、母セトウチソーラー、母の父スペシャルウィーク。芦毛の牡3歳。美浦・相沢郁厩舎所属。北海道浦河町・金成吉田牧場の生産馬。馬主は高橋勉氏。戦績6戦3勝。獲得賞金8123万円。重賞は初勝利。スプリングSは相沢郁調教師は2005年ダンスインザモアに次いで2勝目、石川裕紀人騎手は初勝利。馬名は「冠名+戦い」
2019年3月18日(月) 05:05

 600

【スプリングS】直線半ば力尽く…クリノガウディー6着
 朝日杯FS2着馬クリノガウディーは好スタートからハナへ。淡々とした流れで後続を引っ張ったが、直線半ばで力尽きて6着に敗れた。「スタートがいいので出たなりでハナへ。ラストで止まったのは久々のぶんかな。今回を踏まえて次の競馬を組み立てたい」と藤岡佑騎手は皐月賞での巻き返しを誓った。★17日中山11R「スプリングS」の着順&払戻金はこちら
2019年3月18日(月) 05:04

 446

【スプリングS】ファンタジスト2着、武豊50歳祝えず
 50歳最初の重賞は惜しくも2着。15日に誕生日を迎えたばかりの武豊騎手は、唯一の重賞優勝馬で1番人気のファンタジストに騎乗したが、アタマ差で涙をのんだ。 全3勝が1400メートル以下で、今回は1800メートルが懸念されていたが、スムーズに折り合って中団のやや後ろで追走。直線では差を詰めたが、僅かに届かなかった。 「やりたい競馬はできましたね。距離も問題なかった。でも、あそこまでいったら勝ちたかった。次は体(10キロ増)も絞れてくるだろうし、さらに良くなると思う」と武豊騎手は変わり身を期待。梅田調教師も「惜しかった。ユタカさんがうまく乗ってくれたけどね」と鞍上を絶賛した。次走はオーナーと協議するが、皐月賞が濃厚だ。★17日中山11R「スプリングS」の着順&払戻金はこちら
2019年3月18日(月) 05:04

 464

フジTVスプリングSのニュースをもっと見る >

【スプリングS】ドンキ級の器ファンタジスト 梅田師「操縦性も上」
 皐月賞TR「第68回スプリングS」は混戦模様となっているが、重賞実績ではファンタジストがNo.1。朝日杯FS4着からの巻き返しへ、梅田智之調教師(49)も自信を持っている。 --重賞3勝目へ、最終追いは坂路で余裕を残して4F50秒1 梅田智之調教師「先週はまだ重い感じがしたけど、今週の動きはまずまず。乗り手によると、前にも後ろにも馬がいなかったので遊んでいたそう。それでこの時計だから、攻め馬は走る」 --朝日杯FS4着以来、3カ月ぶり 「ここが最終目標ではないので馬体や精神面には余裕がある。ピークのデキとはいえないが、力は出せる仕上がりだ」 --デビューから6~7Fで3連勝したあと、マイルで4着 「1Fずつ距離を延ばしてきたが、手脚の伸びた走りなので、スプリンターかな、とは思う。ただ前走にしても、前に壁を作れなかったにもかかわらず、折り合いはついていたからね」 --さらに1F延びて1800メートルになる 「未知な面はあるが、中間は坂路入場前にEコースで長めから乗って、1800メートルに対応できるように調整してきた」 --距離さえ克服すれば、小倉2歳S、京王杯2歳Sに続くVチャンス 「今の時期の(桜花賞を制した)レッツゴードンキと比べても、能力は高いし、操縦性も上だと思う。まだ子どもっぽいところはあるけど、皐月賞が見えてくるレースをしてほしいね」(夕刊フジ)★フジテレビ賞スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月14日(木) 11:32

 1,597

【スプリングS】厩舎の話
 エメラルファイト・石川騎手「いい意味でピリピリしている。前走より段階を上げて仕上げた」 カラテ・高橋祥調教師「前走後も順調。だいぶ馬が良くなってきた」 キュアン・林調教師「メリハリが出て、以前とは別馬みたい。藤田騎手はスタートがうまい」 クリノガウディー・藤岡佑騎手「早めに動く形がいいが、前向きすぎるので折り合いがカギ」 ゲバラ・伊藤大調教師「体に緩さはあるが、一瞬の脚を生かしたい」 コスモカレンドゥラ・田中博調教師「体を使えていない面があるが、久々でも息はまずまず」 シークレットラン・田村調教師「ヨーイドンでは分が悪いが、動き出すといい走りをする」 タガノディアマンテ・梛木助手「しまいを伸ばした。難しい面は一戦ごとに解消している」 ディキシーナイト・国枝調教師「落ち着いていて自信が出てきた感じ。距離にも対応できる」 ニシノカツナリ・水野調教師「子供っぽい面はあるが、能力は高い」 フィデリオグリーン・根本調教師「状態は変わりない。前々の競馬を」 ユニコーンライオン・宮内助手「状態はいい。これぐらいの距離が合う」 リバーシブルレーン・高木調教師「成長が感じられる。中山ならこの距離もこなせていい」 リーガルメイン・橋口調教師「前走は外を回りながら最後に追い上げた。スタートがカギ」 ロジャーバローズ・辻野助手「挫跖で間隔は空いたが、前走より動きや反応はいい。重賞でも」(夕刊フジ)★フジテレビ賞スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月14日(木) 11:31

 1,436

【スプリングS】ファンタジスト、豪快時計4ハロン50秒1
 スプリングSの追い切りが13日、東西トレセンで行われた。栗東では朝日杯FS4着のファンタジストが坂路で4ハロン50秒1の好時計をマーク。調教評価で最高の『S』となる豪快な動きを披露した。美浦ではクロッカスS勝ち馬ディキシーナイトがWコースでラスト1ハロン12秒6(6ハロン81秒5)で併入し、こちらも調教評価『S』となった。 見据えるのは先でも、迫力ある動きが好仕上がりを物語っていた。今年初戦を迎えるファンタジストが底冷えの坂路を駆け上がり、4ハロン50秒1-12秒1を叩きだした。 「ここが最終目標ではないので余裕はもたせてあるが、力を出せるデキですよ。体も精神的にも余裕のある中でこの時計だからね。能力は相当高いと思う」 好気配に、梅田調教師の顔が自然と緩んだ。馬服を軽快になびかせながら単走でスタートし、ラスト1ハロンは前後に馬が密集。少し遊びながらだったが、馬なりでも軽く促すとグンと加速してフィニッシュし、調教評価は最高の『S』となった。 小倉2歳S、京王杯2歳Sと重賞2勝の実績は今回のメンバーでは断然。前走の朝日杯FSは4着で、デビューからの連勝は「3」で止まったものの、力上位は揺るぎない。武豊騎手は「マイルはこなしていた。前走は内枠有利のレースで外枠((14)番)ではレースがしにくかったけど、その中で頑張っていたし、ラストまでしっかり走れていた」と信頼は厚い。6日の1週前追い切りに騎乗し、坂路4ハロン51秒1。併走馬に1秒先着し、「相変わらずいい動きだったね」とデキに合格点を与えている。 「問題は距離でしょう」と話すように、鍵を握るのは初体験となる1800メートルへの対応だ。ただ「折り合いが難しいというタイプではないからね。やってみないとわからない」と、鞍上に悲観した様子はない。 陣営も認識は同じだ。中間、坂路へ入る前にEコースを長めに乗って、距離に対応できるように調整。梅田調教師は「中山のコーナー4つなら、道中息を入れながら競馬をしてくれれば。引っ掛かるイメージはないし、3歳の今の時期なら能力でなんとかならないかな」と期待を寄せる。 すでにGIで出走がかなうだけの賞金を持っているだけに「(次は)皐月賞に行きたいが、路線は結果次第。1800メートルでバタバタになるようなら考えないとね」と指揮官。距離の不安を吹き飛ばす準備は完了。重賞3勝目を全力で取りにいった先に、クラシックの晴れ舞台が見えてくる。(渡部陽之助)★フジテレビ賞スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月14日(木) 05:11

 741

【スプリングS】ディキシーナイト、文句なし!
 クロッカスS勝ち馬ディキシーナイトがWコースを豪快に駆け抜けた。6ハロン81秒5-12秒6の好タイムで、先行していた外セリユーズ(3歳500万下)と併入。文句なしの調教評価『S』だ。 国枝調教師は「先週もしっかりやっているし、順調にこられている。全体的に落ち着いていて、自信が出てきた感じ」と納得の表情。前走から400メートルの距離延長にも「乗りやすいし、十分に対応できる」と胸を張った。★フジテレビ賞スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月14日(木) 05:10

 980

フジTVスプリングSの直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


フジTVスプリングSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

3月17日 15:45更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv122 
235,870円 235,870円
Lv118 
32,400円 194,400円
Lv115 
32,400円 97,200円
Lv107 
1,880円 1,880円
Lv106 
230円 23,000円

的中情報をもっと見る >

フジTVスプリングS過去10年の結果

2018年3月18日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2017年3月19日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2016年3月20日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

フジTVスプリングSのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝1800m

2歳秋以降の重賞路線が整備された近年は、実績馬よりも勢いのある馬を狙うべきレースとなっている。2013年以降の前走条件別成績はオープン・重賞組の【2.3.4.34】に対し、500万下1着馬が【4.3.0.14】と優勢。その前走500万下1着馬のうち関西馬で勝利したのは2015年のキタサンブラックのみであり、該当関東馬は【3.2.0.7】と高いパフォーマンスを見せている。キャリア別では3~5戦が中心で、4勝、2着5回、3着4回。2戦2勝だったキタサンブラックとその年の2着馬リアルスティールは別格と考えたほうがいいだろう。舞台となる中山芝1800mは中山名物の直線急坂からスタートし、内回りコースを1周するコース。パワーはもちろんのこと、小回り適性などの器用さも必要となる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

フジTVスプリングSの歴史と概要


2015年の優勝馬キタサンブラック

本番より200m短い距離で行われる皐月賞トライアル。古くはシンザン、ハイセイコー、テンポイント、ハギノカムイオーミホシンザンらの名馬が勝っている。1990年以降の勝ち馬では、第41回(1992年)のミホノブルボン、第52回(2003年)のネオユニヴァース、第55回(2006年)のメイショウサムソンが2冠馬に、第43回(1994年)のナリタブライアン、第60回(2001年)のオルフェーヴルが3冠馬に輝いた。また、2016年、2017年と2年連続で年度代表馬となったキタサンブラックは第64回(2015年)を制している。

歴史と概要をもっと見る >

フジTVスプリングSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年7月21日(
トヨタ賞中京記念  G3
函館2歳ステークス  G3

競馬番組表

2019年7月20日(
2回函館5日目
2回福島7日目
3回中京7日目
2019年7月21日(
2回函館6日目
2回福島8日目
3回中京8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る