会員登録はこちら
高松宮記念 G1   日程:2019年3月24日() 15:40 中京/芝1200m

レース結果

高松宮記念 G1

2019年3月24日() 中京/芝1200m/18頭

本賞金:11,000万 4,400万 2,800万 1,700万 1,100万


レコード:1分06秒7
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 2 3

ミスターメロディ

牡4 57.0 福永祐一  藤原英昭 492(-4) 1.07.3 7.8 3
2 2 4

セイウンコウセイ

牡6 57.0 幸英明  上原博之 504(-4) 1.07.4 1/2 108.0 12
3 4 7

ショウナンアンセム

牡6 57.0 藤岡康太  田中剛 490(0) 1.07.4 アタマ 358.9 17
ラップタイム 12.0 - 10.1 - 11.1 - 11.4 - 11.2 - 11.5
前半 12.0 - 22.1 - 33.2 - 44.6 - 55.8
後半 55.3 - 45.2 - 34.1 - 22.7 - 11.5

■払戻金

単勝 3 780円 3番人気
複勝 3 320円 4番人気
4 2,210円 14番人気
7 6,410円 17番人気
枠連 2-2 33,310円 31番人気
馬連 3-4 30,530円 43番人気
ワイド 3-4 7,590円 47番人気
3-7 30,460円 100番人気
4-7 88,520円 136番人気
馬単 3-4 49,630円 75番人気
3連複 3-4-7 870,740円 476番人気
3連単 3-4-7 4,497,470円 2,312番人気

高松宮記念のニュース&コラム

高松宮記念4着のダノンスマッシュは放牧 今後はスプリンターズSが目標
 高松宮記念で1番人気に推されたものの4着だったダノンスマッシュ(栗東・安田隆行厩舎、牡4)は、放牧に出て春は休養。今後はスプリンターズS(9月29日、中山、GI、芝1200メートル)を目標に調整を進める。★ダノンスマッシュの競走成績はこちら
2019年3月27日(水) 09:33

 420

【古馬次走報】ショウナンアンセム、函館SSが視野に
 ★高松宮記念3着ショウナンアンセム(美・田中剛、牡6)は函館SS(6月16日、函館、GIII、芝1200メートル)が視野に。12着ペイシャフェリシタ(美・高木、牝6)も函館SSへ。11着ダイメイフジ(栗・森田、牡5)は鞍馬S(5月5日、京都、OP、芝1200メートル)を使い、状態次第で函館SSへ。 ★日経賞を逃げ切ったメイショウテッコン(栗・高橋忠、牡4)は、天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)を目指す。鞍上は未定。4着ハッピーグリン(北海道・田中淳、牡4)は、登録がある香港のクイーンエリザベスIIC(同、シャティン、GI、芝2000メートル)に選出されない場合、マイラーズC(同21日、京都、GII、芝1600メートル)へ。 ★東京新聞杯を制したインディチャンプ(栗・音無、牡4)は、引き続き福永騎手でマイラーズCへ。僚馬で高松宮記念15着モズスーパーフレア(牝4)は、放牧に出て秋はスプリンターズS(9月29日、中山、GI、芝1200メートル)を目標に。 ★マーチS2着ロンドンタウン(栗・牧田、牡6)は、アンタレスS(4月14日、阪神、GIII、ダ1800メートル)か、平安S(5月18日、京都、GIII、ダ1900メートル)を視野に入れる。8着ジョーダンキング(栗・藤原英、牡6)も平安Sへ。14着エイシンセラード(栗・今野、牝4)は、マリーンC(4月17日、船橋、交流GIII、ダ1600メートル)に向かう。 ★六甲S4着クリノヤマトノオー(栗・高橋忠、牡5)は、新潟大賞典(4月29日、新潟、GIII、芝2000メートル)が視野。7着ツーエムマイスター(栗・本田、牡7)は函館SSへ。8着スピリッツミノル(同、牡7)は新潟大賞典へ。11着アップクォーク(美・中川、牡6)はエプソムC(6月9日、東京、GIII、芝1800メートル)を目指す。 ★昨秋のカシオペアS7着後、戦列を離れているブレスジャーニー(栗・佐々木、牡5)は、メトロポリタンS(5月4日、東京、L、芝2400メートル)で復帰する。★ショウナンアンセムの競走成績はこちら
2019年3月27日(水) 05:00

 853

【東西現場記者走る】マカヒキ復調気配!ワグネリアン成長
 1週間の密着取材で勝ち馬を探るGI連載『東西現場記者走る』。GI昇格3年目を迎える大阪杯は、大阪サンスポの渡部陽之助記者(40)が担当する。連載初日はマカヒキ、ワグネリアンと日本ダービー馬2頭を送り出す友道厩舎に注目。叩いて上昇ムードの前者と、3歳時から心身の成長を遂げている後者。レースでは初の直接対決となるが、どちらも力を発揮してきそうだ。 波乱決着の高松宮記念をテレビで見届けてから栗東トレセンへ。山口記者の見事なホームラン(◎△的中)に比べ、自分は空振り。ため息が漏れたが、気持ちを切り替えて、今年最初の連載担当だ。昨年の年度代表馬アーモンドアイ、昨年の覇者スワーヴリチャードがともにドバイ遠征で不在だが、GI馬8頭と豪華な顔ぶれ。どの馬にもチャンスはありそうだ。 初日に取り上げるのは友道厩舎の2騎。ともに日本ダービー馬で地力は証明済みだが、それぞれ気になる点がある。京都記念で◎を託したマカヒキは後方から3~4コーナーで押し上げ、直線で抜群の伸び。0秒1差の3着に敗れたが、大外(12)番も影響したのだろう。レースぶりには復調気配が十分感じられた。 その点を大江助手に確認すると「前走は仕掛けどころが難しかったですね。ジョッキーも2回乗ってつかんでくれていると思う。馬は段階的に良くなっているし、上積みも感じます」と頼もしい答えが返ってきた。 中間は在厩のまま坂路、芝、CW、DPと様々なコースで入念な調整。負荷をかけ過ぎないよう、気合を乗せることに重点を置いての工夫で「馬の状態、馬場状態を見ながらやっています」と同助手。2016年ニエル賞(仏GII)以来の復活Vに、手が届くところまで来ているとみた。 ワグネリアンは神戸新聞杯V以来の一戦。予定していた天皇賞・秋を体調が整わずパスし、目標を早めに切り替えた。実戦は約半年ぶりとなるが、「3歳時は(調教で)速いところをやるとカイバ食いがよくなかったですが、今は残すことなく食べていますからね」と内臓面の成長を指摘。「精神的に大人になって、余計な力みが抜けてきた。順調に来ていますね」と同助手は心の成長を口にした。 中間はプール調教も取り入れ、疲れを残さないよう負荷をかけた。阪神コースでは2戦2勝。元々先行力があるタイプで、内回りにも対応できるはず。ミスターメロディが高松宮記念を制し、今年も存在感を見せる明け4歳世代。その頂点に立った逸材なら、今年初戦でいきなりやれそうな可能性を感じた。ちなみに、この2頭は初対決。新旧日本ダービー馬の競演にも注目したい。 今週末はドバイ遠征中のヴィブロスとシュヴァルグランにも期待がかかる。国内外でGI“4頭出し”の友道厩舎から、目が離せないぞ~。 (渡部陽之助)現場記者走るとは 2014年春に始まったGI限定の連載企画。東西サンスポの精鋭記者がトレセンで1週間の密着取材を行い、勝ち馬に迫る。結論を出すのはレース当日のサンケイスポーツ紙面。渡部記者は現場復帰した昨秋、担当したマイルCSで◎ペルシアンナイトが2着も、1着ステルヴィオが“抜け”。ホープフルSは◎サートゥルナーリア1着も相手が“抜け”で外しており、リベンジに燃えている。★大阪杯の特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月26日(火) 05:05

 2,502

【大阪杯】ダービー馬ワグネリアン復帰初戦負けられない
 今週31日は阪神でGI昇格3年目となる「第63回大阪杯」が行われる。中距離&マイルのGIホースが集結するが、最大の注目は約半年ぶりの登場となる昨年のダービー馬ワグネリアンだ。レベルが高い4歳世代の総大将が久しぶりのターフでどう弾けるか-。 4歳世代のレベルの高さは疑いようがない。ワグネリアンは昨秋の神戸新聞杯を勝って休養に入ってしまったが、ステルヴィオがマイルCS、アーモンドアイがジャパンC、ブラストワンピースが有馬記念、そして先週の高松宮記念をミスターメロディが勝って世代の強さを証明した。 ならばワグネリアンもダービー馬の威厳をかけて、復帰初戦のここで負けることはできない。 先週は芝コースで福永騎手が手綱を取って併せ馬。スーパーフェザーを追いかけて直線で内に入ると、ゴールは同入。終始馬なりだったが6F78秒3、ラスト1F11秒3と、シャープな身のこなしを披露した。 「ここまではプールとかいろんなコースを使って、太めを取るようにやってきた。1週前もしっかりやった。3角から4角にかけて力むところがあったが、気合乗りも良くなっているし、ジョッキーも満足そうだった。内容としては上々だ」と友道調教師。 1年前のクラシックシーズンはひ弱な面が目立っていたが、今は完成期に近づいた。「以前の馬体減を心配しながらの調整を思えば、今回は馬体重が増えていても、いい傾向ととらえることができる」とトレーナー。主戦のユーイチが高松宮記念を制したことも追い風になるだろう。強いダービー馬の復活は間近だ。(夕刊フジ)★大阪杯の特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月25日(月) 11:08

 2,253

高松宮記念のニュースをもっと見る >

【東西現場記者走る】ナックビーナス速っ!板津仰天の一番時計
 1週間の密着取材で高松宮記念の勝ち馬を探す、GI企画『東西現場記者走る』。東京サンスポの板津雄志記者(39)は連載3日目に美浦トレセンへ移動し、昨年3着のナックビーナスの最終追い切りを注視した。時計の出やすいPコースながら5ハロン62秒9の一番時計で、調教評価は最高の『S』。師弟であるトレーナー&ジョッキーから、大一番を前に景気のいい言葉を聞き出した。 追い切り日に合わせ、美浦トレセンに駆けつけた。昨年の3着馬ナックビーナスの動きを、どうしても確認したかったからだ。夕刊フジ賞オーシャンS2着後、「次はもっと良くなる」と陣営が口をそろえていたが、実際にはどうなのか。 最終追い切りは前走同様にPコース。2馬身前を行くプローシブル(500万下)に外から楽々と追い付き、直線入り口で半馬身ほど前に出ると、相手の反応を見ながら馬なりで流した。最後は併入だったものの、自分で計測した時計を見て「速っ!!」と驚いた。Pコース5ハロン62秒9(ラスト1ハロン12秒3)は断然の一番時計で、前走時より2秒3も速い。 動きを見守った杉浦調教師は「併せて、気持ちだけ乗せればと。時計は速すぎたけど、無理せず引っ張りきり。僕の目には良く見えた。間違いなく良くなっているし、昨年(3着)よりもいいかなという感じ。最近は気を抜く癖もなくなってきて気持ちも充実。自信を持っていける」と手応えを明かす。 ちなみにナックビーナスは重賞初制覇を飾った昨年のキーンランドCあたりから、レースで集中力を欠く癖がなくなってきた。心身ともに完成期といってよさそうだ。あとは大野騎手に託すのみ。かつて厩舎に所属したまな弟子には「初騎乗は名古屋(中京競馬場)で初落馬だったなぁ。恩返ししてもらおうかな」とニヤリ。独特の言い回しでエールを送った。 「ジョッキーの基礎を教えてもらった」師匠と挑むGIに、大野騎手も燃えないわけがない。ナックビーナスとは4度目のコンビ。前2戦はモズスーパーフレアに逃げ切りを許す2着が続いたが、「初めて乗せてもらったときより、体を使えるようになってバランスのいい走りになっている。馬に元気もあるし、力を出し切れば逆転は大いにあると思う」と気合が入る。チームのムードは最高潮。師弟によるVもある気がしてきた。 一方、短期間で東京→栗東→美浦と移動してきた私は、連載3日目でもうヘトヘト。アントニオ猪木ばりの闘魂ビンタというわけにはいかないが、最後は大野騎手に背中をバシッと叩いてもらって気合を注入。さぁ、また栗東に戻って密着だ。 (板津雄志)★現場記者走るとは 2014年の春に始まったGI限定の連載企画。東西サンスポの精鋭記者がトレセンで1週間の密着取材を行い、勝ち馬に迫る。結論を出すのはレース当日の日曜付の紙面。★高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月21日(木) 05:10

 4,434

【高松宮記念】モズスーパーフレア、一番時計!4ハロン49秒2
 高松宮記念の追い切りが20日、東西トレセンで行われた。栗東ではモズスーパーフレアが坂路単走で自己ベストの4ハロン49秒2の猛時計。この日の一番時計をマークし、調教評価は最高の『S』と、万全の状態でGI取りに挑む。父ロードカナロアとの父子制覇を目指すダノンスマッシュも、坂路単走で素軽い動きを披露した。 春の陽気に誘われて、モズスーパーフレアが全開モードだ。初参戦のGIに向けた最終追い切りで、悠々と自己ベストを更新。動きを見届けた音無調教師は、納得の表情で切り出した。 「無理したわけじゃなく、いつもと変わらないよ。時計を遅くすると逆によくない」 序盤から行きっぷりがよく、2ハロン目に11秒9を計時。うなるような勢いで駆け上がり、馬なりでラスト1ハロンを12秒5でまとめた。4ハロン49秒2はこの日の栗東坂路の一番時計。昨年9月に叩き出した記録を0秒7塗り替える自己ベストで、充実ぶりを示してみせた。比較的速い時計が出やすい馬場だったものの、調教評価は文句なしに最高の『S』がついた。 調整役を務めた生野助手は「体全体を使って、いい走りをしていた。りきまないように意識して調整してきて、ムキになって走っていない。硬さもでていない。この感じならりきまずに走れそう」と好感触を伝えた。 自慢のスピードを最大限に生かし、前走の夕刊フジ賞オーシャンSで重賞初V。だが今回は【0・0・0・2】と好走実績がない中京に舞台が替わるうえ、コース改修後の2012年以降は逃げ切りVがないGI戦だ。 武豊騎手は「タフな芝で直線が長く、坂を上がってからも距離があるので、高松宮記念を逃げ切るのは至難の業」と分析。それでも「スタイルを変えるつもりはない。(逃げるモズに)付いてきた馬が残れていないのは強みかなと思う」と他陣営をけん制しつつ、けた違いのスピードで今回も押し切る構えだ。 50歳として最初のGIに臨む名手は「チャンスのある馬なので、全力で挑みたいですね」とフェブラリーSに続くGI連勝に向けて気合。充実一途の4歳馬モズスーパーフレアが、短距離界制圧へばく進する。 (川端亮平)★高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月21日(木) 05:09

 2,069

【高松宮記念】追って一言
 ◆アレスバローズ・角田師 「よくなってきていると思う。前回は外枠で少し太かった。CBC賞のようにスムーズにしまいを生かす競馬で」 ◆キングハート・星野師 「体調は上がってきている。GIで相手が強いので、ゲートを(五分に)出て、どこまでやれるか」 ◆ショウナンアンセム・田中剛師 「しまいだけ伸ばした。前走、この距離でスムーズに流れに乗れたのは収穫。雨が降ってくれれば」 ◆ダイメイフジ・森田師 「動きは抜群だし、元気いっぱい。引っ張らなければ、最後まで確実に脚を使える」 ◆ダイメイプリンセス・森田師 「前走後は体重を戻すことに専念。うまくスタートを決め、中団くらいで運べれば」 ◆ティーハーフ・西浦師 「状態はすごくいい。脚は使ってくれるので、自分の競馬をして展開が向いてくれれば」 ◆ヒルノデイバロー・昆師 「相手に合わせる感じでやったが、状態はよくなっている。あとは乗り役に任せる」 ◆ペイシャフェリシタ・高木師 「しまいまでいい動きだった。前走はポジションを下げたけど、脚を使っている。差のない競馬はできる」 ◆ラインスピリット・松永昌師 「先週コースで速い時計が出ているので今週は坂路で予定通り。スプリンターズSくらい走ってくれれば」 ◆ラブカンプー・森田師 「追い切った後にグンと張りが出てきたし、体がよかった頃の感じになってきた。今回は追っつけずに馬任せで運びたい」★高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月21日(木) 05:08

 3,244

【高松宮記念】ダノンスマッシュ、坂路12秒4
 京阪杯-シルクロードSと重賞連勝中のダノンスマッシュは、北村友騎手が騎乗して坂路を単走。素軽さ満点のフットワークで、最後まで手綱は動かず4ハロン51秒3-12秒4をマークした。 鞍上は「気持ちよくリラックスして走っていたし、本当に順調にきているなと感じました」と好感触。見届けた安田隆調教師は「トモ(後肢)の緩さや腰の甘さが徐々に解消されて、完成されつつある。偉大なるお父さん(ロードカナロア)が4歳時(3着)になし得なかった夢をスマッシュに託したい」と意気込んだ。★高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月21日(木) 05:08

 1,301

高松宮記念の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


高松宮記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

3月24日 15:38更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv128 
780円 78,000円
Lv114 
780円 78,000円
Lv113 
320円 32,000円
Lv98 
320円 16,000円
Lv96 
320円 3,200円

的中情報をもっと見る >

高松宮記念過去10年の結果

2018年3月25日() 中京競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
2017年3月26日() 中京競馬場/芝1200m 天候: 馬場:稍重
2016年3月27日() 中京競馬場/芝1200m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

高松宮記念のデータ分析とレース傾向

コース図中京芝1200m

毎年3月下旬に行われる春のスプリント王者決定戦。短距離戦では「大型馬が強い」と言われがちだが、このレースも例外ではない。前走の馬体重が460キロ未満だった馬の好走例は、新中京で施行された2012年以降、2014年3着のストレイトガール(1番人気)の1頭だけ。連対馬は旧中京施行の2004年の1~2着馬を最後に出ていない。性別に関係なく小柄な馬は、それだけで大きな減点材料になる。あとは、前走の着順も重要なポイントのひとつ。2012年以降の連対馬はすべて前走5着以内。前走で大きく崩れていた馬は、たとえ実力馬だとしても「あって3着まで」と決めつけてもいいぐらいと言える。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

高松宮記念ステップレース

2019年3月2日() 中山競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 14 モズスーパーフレア C.ルメール 1:07.1 3.1倍 108.6
2着 12 ナックビーナス 大野拓弥 1 1/4 3.2倍 106.6
3着 6 ダイメイフジ 松岡正海 2 1/2 15.6倍 102.4
4着 2 ペイシャフェリシタ F.ミナリク 1 1/2 12.5倍 100.4
5着 9 ショウナンアンセム 津村明秀 1 1/4 82.3倍 98.3
阪急杯   G3 
2019年2月24日() 阪神競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 17 スマートオーディン 藤岡佑介 1:20.3 32.3倍 101.2
2着 1 レッツゴードンキ 岩田康誠 6.0倍 99.5
3着 3 ロジクライ 横山典弘 1 1/4 5.5倍 97.7
4着 11 ロードクエスト 川田将雅 1/2 11.5倍 96.8
5着 18 エントシャイデン 坂井瑠星 クビ 15.7倍 96.8
2019年1月27日() 京都競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 2 ダノンスマッシュ 北村友一 1:08.3 2.0倍 104.0
2着 8 エスティタート 浜中俊 1 1/4 45.1倍 101.9
3着 18 ティーハーフ 国分恭介 クビ 71.6倍 101.9
4着 16 アンヴァル 松山弘平 クビ 10.5倍 101.9
5着 17 アレスバローズ 川田将雅 1 1/4 37.1倍 99.8

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

高松宮記念の歴史と概要


2010、11年の優勝馬キンシャサノキセキ

もともとは夏の中京開催を彩る芝2000mの名物G2だったが、1996年のG1昇格にともない距離が芝1200mに短縮されるとともに3月に移動。春の最強スプリンターを決める一戦となった。G1昇格を受けて国内のトップスプリンター大挙出走するようになり、G1として最初に行なわれた第26回(1996年)の勝ち馬フラワーパークは、秋のスプリンターズステークスも制して春秋スプリントG1連覇を達成。この馬のほかにも、第31回(2001年)のトロットスター、第33回(2003年)のビリーヴ、第39回(2009年)のローレルゲレイロ、第42回(2012年)のカレンチャン、第43回(2013年)のロードカナロアらが、春と秋のダブルタイトル獲得に成功している。また、第30回(2000年)のキングヘイロー、第35回(2005年)のアドマイヤマックス、第37回(2007年)のスズカフェニックス、第44回(2014年)のコパノリチャードのように、クラシック戦線や中距離路線では花開かずも、短距離に矛先を変えてG1ホースに上り詰めた例も少なくない。過去に2連覇を果たしたのは、第40~41回(2010~2011年)のキンシャサノキセキのみとなっている。

▼2013年はロードカナロアが1番人気に応えて優勝。春と秋のダブルタイトル獲得に成功。

歴史と概要をもっと見る >

高松宮記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年5月26日(
目黒記念  G2
東京優駿  G1

競馬番組表

2019年5月25日(
2回東京11日目
3回京都11日目
2019年5月26日(
2回東京12日目
3回京都12日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,977万円
6 マカヒキ 牡6
51,710万円
7 アルアイン 牡5
48,870万円
8 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
9 キセキ 牡5
46,841万円
10 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
22,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
6 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
7 ファンタジスト 牡3
11,012万円
8 ヴェロックス 牡3
10,942万円
9 ニシノデイジー 牡3
9,910万円
10 ケイデンスコール 牡3
8,801万円
» もっと見る