ナランフレグ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ナランフレグ
ナランフレグ
ナランフレグ
ナランフレグ
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2016年4月5日生
調教師宗像義忠(美浦)
馬主村木 克成
生産者坂戸 節子
生産地日高町
戦績30戦[6-5-3-16]
総賞金33,065万円
収得賞金12,950万円
英字表記Naran Huleg
血統 ゴールドアリュール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ニキーヤ
ケリーズビューティ
血統 ][ 産駒 ]
ブライアンズタイム
ビューティークロス
兄弟 インプレスウィナーパブリックフレンド
市場価格
前走 2022/06/05 安田記念 G1
次走予定

ナランフレグの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/06/05 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1881852.1129** 牡6 58.0 丸田恭介宗像義忠 490
(+4)
1.32.7 0.433.1⑮⑬ソングライン
22/03/27 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 181227.881** 牡6 57.0 丸田恭介宗像義忠 486
(-12)
1.08.3 -0.033.9⑮⑭ロータスランド
22/03/05 中山 11 オーシャンS G3 芝1200 156108.242** 牡6 56.0 丸田恭介宗像義忠 498
(+4)
1.08.0 0.133.5⑬⑬ジャンダルム
22/01/30 中京 11 シルクロード G3 芝1200 185107.033** 牡6 56.0 丸田恭介宗像義忠 494
(+12)
1.08.3 0.233.3⑮⑮メイケイエール
21/12/18 阪神 11 タンザナイト OP 芝1200 15224.321** 牡5 55.0 丸田恭介宗像義忠 482
(+2)
1.08.5 -0.033.2⑫⑪レジェーロ
21/10/09 阪神 11 オパールS (L) 芝1200 163511.852** 牡5 55.0 丸田恭介宗像義忠 480
(-6)
1.08.3 0.133.1⑬⑮サヴォワールエメ
21/09/12 中京 11 セントウルS G2 芝1200 1771365.21110** 牡5 56.0 丸田恭介宗像義忠 486
(-6)
1.08.0 0.833.0⑮⑮レシステンシア
21/08/29 新潟 10 朱鷺S (L) 芝1400 18367.3310** 牡5 56.0 丸田恭介宗像義忠 492
(+6)
1.21.5 0.534.1⑮⑭カイザーミノル
21/06/26 札幌 11 TVh賞 OP 芝1200 14345.634** 牡5 56.0 丹内祐次宗像義忠 486
(+2)
1.08.0 0.233.4⑫⑩ロードアクア
21/05/09 中京 11 鞍馬S OP 芝1200 15354.112** 牡5 56.0 丸田恭介宗像義忠 484
(-12)
1.07.2 0.132.8⑪⑪クリノガウディー
21/04/11 中山 11 春雷S (L) 芝1200 1661210.956** 牡5 55.0 三浦皇成宗像義忠 496
(+10)
1.07.7 0.433.2⑭⑭ジャンダルム
21/01/09 中京 11 淀短距離S (L) 芝1200 161211.652** 牡5 56.0 丸田恭介宗像義忠 486
(+4)
1.08.4 0.233.8⑧⑦トゥラヴェスーラ
20/10/18 新潟 11 信越S (L) 芝1400 16479.447** 牡4 55.0 丸田恭介宗像義忠 482
(0)
1.21.4 0.533.7⑯⑮ジャンダルム
20/08/30 新潟 10 朱鷺S (L) 芝1400 18486.727** 牡4 56.0 丸田恭介宗像義忠 482
(0)
1.21.4 0.234.9⑭⑫カテドラル
20/07/26 新潟 11 アイビスSD G3 芝1000 183512.559** 牡4 56.0 丸田恭介宗像義忠 482
(0)
0.54.8 0.332.0--ジョーカナチャン
20/05/24 新潟 11 韋駄天S OP 芝1000 16484.525** 牡4 55.0 丸田恭介宗像義忠 482
(-8)
0.54.5 0.331.6--ライオンボス
20/04/12 中山 11 春雷S (L) 芝1200 16595.736** 牡4 55.0 丸田恭介宗像義忠 490
(+10)
1.08.5 0.234.0⑩⑩ラヴィングアンサー
20/02/02 京都 11 シルクロード G3 芝1200 1871514.883** 牡4 54.0 丸田恭介宗像義忠 480
(+4)
1.09.1 0.133.4⑱⑱アウィルアウェイ
19/12/15 中京 11 浜松S 3勝クラス 芝1200 17365.631** 牡3 54.0 丸田恭介宗像義忠 476
(+2)
1.08.2 -0.432.6⑪⑬プリディカメント
19/11/10 東京 10 奥多摩S 3勝クラス 芝1400 144517.887** 牡3 56.0 野中悠太宗像義忠 474
(+6)
1.21.8 0.432.5⑨⑫ライラックカラー

⇒もっと見る


ナランフレグの関連ニュース

安田記念2着シュネルマイスター(美・手塚、牡4)は、ノーザンファーム天栄へ放牧。次走は未定。9着ナランフレグ(美・宗像、牡6)は、北海道・日高町にある白井牧場へ放牧。秋はスプリンターズS(10月2日、中山、GⅠ、芝1200メートル)が目標。

★一宮特別(2勝クラス)を快勝したボルドグフーシュ(栗・宮本、牡3)は、神戸新聞杯(9月25日、中京、GⅡ、芝2200メートル)から菊花賞(10月23日、阪神、GⅠ、芝3000メートル)を目標にする。

★4日東京の1勝クラス(芝2000メートル)を快勝したサリエラ(美・国枝、牝3)は、1戦挟んで秋華賞(10月16日、阪神、GⅠ、芝2000メートル)を目指す。

★由比ヶ浜特別(2勝クラス)1着アネゴハダ(栗・佐々木、牝3)は、酒井騎手でCBC賞(7月3日、小倉、GⅢ、芝1200メートル)に挑戦する。

★北海道スプリントC1着ダンシングプリンス(美・宮田、牡6)、4着ヒロシゲゴールド(栗・北出、牡7)は、クラスターC(8月16日、盛岡、JPNⅢ、ダ1200メートル)に進む。

★松風月S1着オーロラテソーロ(美・畠山、牡5)は、クラスターCか、サマーチャンピオン(8月25日、佐賀、JPNⅢ、ダ1400メートル)。さきたま杯7着サクセスエナジー(栗・北出、牡8)は、サマーチャンピオンを目標に調整される。

★松風月S8着アーバンイェーガー(美・高橋文、牡8)は、天保山S(25日、阪神、OP、ダ1400メートル)が視野に。

鳴尾記念7着ショウナンバルディ(栗・松下、牡6)は、七夕賞(7月10日、福島、GⅢ、芝2000メートル)に向かう。

天皇賞・春12着ディバインフォース(栗・寺島、牡6)は、札幌日経オープン(8月6日、札幌、L、芝2600メートル)から丹頂S(9月4日、札幌、OP、芝2600メートル)を予定している。

ヴィクトリアマイルを除外されたエイシンチラー(美・田中剛、牝4)は、米子S(18日、阪神、L、芝1600メートル)を本線に、マーメイドS(19日、阪神、GⅢ、芝2000メートル)にも登録する。坂井瑠騎手と初コンビを組む予定。

【安田記念】レースを終えて…関係者談話 2022年6月6日(月) 04:55

◆藤岡佑騎手(セリフォス4着)「ソングラインの位置が理想でしたが、外枠からほぼイメージ通りのレースができました」

武豊騎手(ファインルージュ5着)「馬場の悪い内を通らされました。いい馬だし、(牡馬相手でも)通用しますよ」

◆川田騎手(ダノンザキッド6着)「とても健康に競馬場にこられたので、自分で進んでいく競馬を選択しました。着順は6着ですが、前回よりはるかにいい競馬ができました」

◆幸騎手(エアロロノア7着)「不器用なので前には行けないですけど、通用する脚はあります」

◆丸田騎手(ナランフレグ9着)「久々のマイル戦でしたが上手にこなしてくれました」

◆M・デムーロ騎手(ロータスランド10着)「いい位置が取れたけど、自分から進んでいかなかった」

◆横山武騎手(レシステンシア11着)「やっぱり(マイルは)長かったです。よく頑張ってくれました」

◆坂井騎手(ホウオウアマゾン12着)「きょうの馬場状態、メンバーで自分の力は出せたと思います」

◆浜中騎手(ソウルラッシュ13着)「直線は前が壁になり追えませんでした」

◆岩田康騎手(ダイアトニック14着)「結果的に迷いなくハナに行くべきでした」

◆岩田望騎手(ヴァンドギャルド15着)「外に出すタイミングがなくて、馬場の悪いところを走らされてしまいました」

◆菅原明騎手(カラテ16着)「自分から動きたかったのですが、内枠でそれができませんでした」

◆福永騎手(カフェファラオ17着)「芝だとトップスピードが足りないところは感じました」

◆戸崎騎手(カテドラル18着)「追ってからが良くなかったです」

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】安田記念2022 大久保先生、カンニング竹山さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人が真剣予想! 2022年6月5日() 05:30

※当欄では安田記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑭ソウルラッシュ
○⑯レシステンシア
▲⑮セリフォス
△⑦ファインルージュ
△⑧イルーシヴパンサー
△⑱ナランフレグ

【カンニング竹山】
◎①カフェファラオ
複勝


【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑩エアロロノア
複勝


【キャプテン渡辺】
◎②ヴァンドギャルド
単勝

馬連流し・ワイド流し
②-⑨⑬
3連複
②-⑦-⑨
②-⑨-⑬





【DAIGO】
◎⑮セリフォス
ワイドボックス
カフェファラオ
ダノンザキッド
ソウルラッシュ
セリフォス
レシステンシア

【井森美幸】
◎⑧イルーシヴパンサー
馬連流し
⑧-⑦⑨
⑧-③④⑬⑭⑮

【粗品(霜降り明星)】
◎⑬ソングライン
馬連流し
⑬-⑥⑦⑧⑨⑮

【林修】
注目馬
ソングライン

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑧イルーシヴパンサー
ワイド流し
⑧-①②④⑫⑭⑱
⑱-①②④⑫⑭

【レッド吉田(TIM)】
◎⑮セリフォス
馬連流し・ワイド流し
⑮-⑦⑧

【長岡一也】
◎⑧イルーシヴパンサー
○⑨シュネルマイスター
▲④ダノンザキッド
△⑦ファインルージュ
△⑬ソングライン
△⑮セリフォス
△⑰サリオス

【杉本清】
◎⑮セリフォス
○⑭ソウルラッシュ
▲⑧イルーシヴパンサー
☆⑨シュネルマイスター
△⑦ファインルージュ
△⑬ソングライン

【神部美咲】
◎⑧イルーシヴパンサー
馬連流し
⑧-⑨⑬
⑧-①④⑦⑭⑮⑰⑱

【田中裕二(爆笑問題)】
◎④ダノンザキッド
○⑧イルーシヴパンサー
▲⑬ソングライン
△③ロータスランド
△⑰サリオス
△⑥カラテ
△⑩エアロロノア
3連単1頭軸流しマルチ
④→③⑥⑧⑩⑬⑰

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑧イルーシヴパンサー

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑧イルーシヴパンサー
○⑨シュネルマイスター
▲⑮セリフォス
☆⑭ソウルラッシュ
△⑦ファインルージュ
△⑬ソングライン
△⑯レシステンシア
△⑰サリオス

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎⑧イルーシヴパンサー

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑧イルーシヴパンサー
○⑬ソングライン
▲⑨シュネルマイスター
△⑦ファインルージュ
△⑯レシステンシア
△⑰サリオス
△⑭ソウルラッシュ





【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ソングライン
シュネルマイスター
イルーシヴパンサー
カフェファラオ
ソウルラッシュ

【佐藤哲三(元JRA騎手)】
注目馬
ソングライン

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑧イルーシヴパンサー

【東信二(元JRA騎手)】
◎⑧イルーシヴパンサー

【吉沢宗一(元JRA騎手)】
◎⑨シュネルマイスター

【橋本マナミ】
◎⑦ファインルージュ
○①カフェファラオ
▲⑧イルーシヴパンサー
☆⑨シュネルマイスター
△③ロータスランド
△⑬ソングライン
△⑭ソウルラッシュ
△⑮セリフォス

【酒井一圭(純烈)】
◎③ロータスランド

【横山ルリカ】
◎⑦ファインルージュ

【旭堂南鷹】
◎⑭ソウルラッシュ
○③ロータスランド
▲⑦ファインルージュ
△⑨シュネルマイスター
△⑤ホウオウアマゾン

【稲富菜穂】
◎⑮セリフォス
○⑧イルーシヴパンサー
▲⑨シュネルマイスター
△⑬ソングライン
△⑦ファインルージュ
△⑫ダイアトニック
△⑩エアロロノア

【やべきょうすけ】
◎⑮セリフォス
○⑦ファインルージュ
▲⑧イルーシヴパンサー
△④ダノンザキッド
△⑭ソウルラッシュ
△⑰サリオス

【小木茂光】
◎⑤ホウオウアマゾン
3連単フォーメーション
⑤⑧⑮→①③④⑤⑦⑧⑨⑬⑭⑮⑰→⑤⑧⑮

【津田麻莉奈】
◎⑨シュネルマイスター

【駒場孝(ミルクボーイ)】
◎③ロータスランド

【内海崇(ミルクボーイ)】
◎①カフェファラオ

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑰サリオス
○⑨シュネルマイスター
▲⑧イルーシヴパンサー
△③ロータスランド
△⑦ファインルージュ
△⑬ソングライン
△⑯レシステンシア

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑬ソングライン
○⑦ファインルージュ
▲⑧イルーシヴパンサー
☆③ロータスランド
△⑥カラテ
△⑯レシステンシア
△⑱ナランフレグ

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑭ソウルラッシュ
○⑦ファインルージュ
▲⑱ナランフレグ
△②ヴァンドギャルド
△⑧イルーシヴパンサー
△⑨シュネルマイスター
△⑬ソングライン

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑭ソウルラッシュ
馬単流し
⑭→③④⑦⑧⑨⑬⑯⑱
3連単フォーメーション
③④⑦⑧⑨⑬→⑭→②③④⑥⑦⑧⑨⑪⑬⑮⑯⑰⑱
③④⑦⑧⑨⑬→②③④⑥⑦⑧⑨⑪⑬⑮⑯⑰⑱→⑭

【ギャロップ林】
◎⑬ソングライン
3連単フォーメーション
⑬→③⑧⑭→①②③④⑤⑦⑧⑨⑭⑮⑯⑰⑱

【恋さん(シャンプーハット)】
◎③ロータスランド
3連単2頭軸流しマルチ
③→⑬→①②④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑭⑮⑯⑰⑱

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑤ホウオウアマゾン
単勝

馬連流し
⑤-⑦⑧⑬
3連単2頭軸流しマルチ
⑤→⑬→②③④⑦⑧⑨⑭⑮⑯⑰⑱

【浅越ゴエ】
◎⑧イルーシヴパンサー
3連単フォーメーション
⑧→④⑬→④⑬
④⑬→⑧→④⑬
⑧→④⑬→②
④⑬→⑧→②
⑧→②④⑬→②④⑬
②④⑬→⑧→②④⑬
⑧→②④⑥⑪⑬→②④⑥⑪⑬
②④⑥⑪⑬→⑧→②④⑥⑪⑬

【月亭八光】
◎⑧イルーシヴパンサー
馬単流し
⑧→④⑬⑮
3連単フォーメーション
⑧→③⑦⑨⑭⑯→①②③④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑭ソウルラッシュ
馬単
⑭→⑧イルーシヴパンサー
⑧→⑭
3連単フォーメーション
⑧⑭→④⑦⑨⑬⑮→⑧⑭
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑮セリフォス
3連単フォーメーション
⑮→⑭→①④⑥⑦⑧⑨⑬⑯⑰
⑮→①④⑥⑦⑧⑨⑬⑯⑰→⑭

【下田真生(コウテイ)】
◎⑦ファインルージュ
3連単フォーメーション
⑦→⑨→①③⑰
⑦→①→④⑬⑭
3連単
⑨→⑦→①

【九条ジョー(コウテイ)】
◎⑰サリオス
複勝






【岡野陽一】
◎⑮セリフォス
○⑬ソングライン
▲⑨シュネルマイスター
△⑦ファインルージュ
△⑪カテドラル
△⑭ソウルラッシュ
△⑰サリオス

【船山陽司】
◎⑮セリフォス

【篠原梨菜】
◎⑧イルーシヴパンサー

【小泉恵未】
◎⑧イルーシヴパンサー

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑰サリオス

【大島麻衣】
◎⑬ソングライン

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑦ファインルージュ
○⑬ソングライン
▲⑭ソウルラッシュ
△③ロータスランド
△⑧イルーシヴパンサー
△⑨シュネルマイスター

【皆藤愛子】
◎⑯レシステンシア

【高田秋】
◎⑬ソングライン

【原奈津子】
◎⑦ファインルージュ
○⑭ソウルラッシュ
▲⑮セリフォス

【ほのか】
◎③ロータスランド
○⑨シュネルマイスター
▲⑦ファインルージュ
☆⑭ソウルラッシュ
△⑯レシステンシア

【熊切あさ美】
◎⑨シュネルマイスター
馬連ボックス
カラテ
ファインルージュ
イルーシヴパンサー
シュネルマイスター
ソングライン
セリフォス

【守永真彩】
◎⑮セリフォス
3連複フォーメーション
①⑦⑮-①⑦⑮-①④⑤⑦⑧⑨⑬⑭⑮⑯⑰

【天童なこ】
◎⑬ソングライン
○⑧イルーシヴパンサー
▲⑮セリフォス
☆④ダノンザキッド
△⑦ファインルージュ
△⑨シュネルマイスター
△⑫ダイアトニック
△⑭ソウルラッシュ
△⑯レシステンシア





ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【安田記念】ZBAT!イチ推し 2022年6月5日() 04:50

⑬ソングライン

国内外で重賞を勝った実力派牝馬は、美浦南Bコースでのハッキングから坂路へ。軽快な脚取りで4ハロン68秒1─15秒9をマークした。黒光りした毛づやのいい馬体から体調の良さは明らかだ。林調教師は「今まで一戦一戦間隔をあけて大事に使ってこられたので、心身とも成長してきました。そのぶん、今回初の中2週でも一歩踏み込んだ調教ができました。海外遠征を経験したことで精神的にもドッシリとしています」と感心する。

昨秋は東京マイルの富士Sを制し、今年2月にはサウジアラビアのGⅢを快勝。ヴィクトリアマイルは道中でつまずく不利がありながら5着まで盛り返した。心身ともたくましくなり、牡馬相手のGⅠでも好勝負になる。




④ダノンザキッド

中山記念7着からの巻き返しを図るジャスタウェイ産駒は、午前11時23分に東京競馬場入り。前々走のマイルCS3着と距離適性は十分。「マイルはいいと思います。先週も坂路でしっかり動けていましたし、今は本当に具合がいい。調教も攻めることができました」と安田隆調教師。




⑦ファインルージュ

美浦坂路を4ハロン64秒0─15秒3で上がった後、南Bコース(ダート)をゆっくりと半周した。「前走はああいう競馬(直線でつまずく)になり心配しましたが、ここまで特にトラブルもなく来られました。中2週でも毛づやや馬体の張りは良くなった感じがします」と太田助手。




⑧イルーシヴパンサー

4連勝中の勢いを誇る4歳牡馬は、美浦坂路を4ハロン65秒4で上がった。馬はやる気にあふれている。前日調整にも騎乗した久保田調教師は「活気があっていい感じ。この中間もしっかりと攻めて、馬がそれに応えてくれている。東京マイルは最も力を出せる条件」と大仕事を期待する。




⑨シュネルマイスター

昨年のNHKマイルC覇者は、美浦南Bコースを軽く1周してから坂路を4ハロン64秒8─14秒6で上がった。名畑助手は「去年と比べると少し動きに硬さを感じるけど、帰厩当初より良くなっている。馬体重は490キロ前後で使えそう。暑さもこの程度なら全く問題ない」と伝えた。




⑭ソウルラッシュ

マイラーズCの勝ち馬は午後4時16分に東京競馬場に入った。マイルでは4戦4勝と負け知らずで、初出走のGⅠで一気に頂点を狙う。「体質が強くなって、ブリンカーの効果や馬体の成長、騎手との相性など、今は全てがかみ合っています。仕上がりとしてはいいですよ」と兼武助手。




⑮セリフォス

午後4時15分に東京競馬場に到着。1984年のグレード制導入後では2011年のリアルインパクト以来となる3歳Vを狙う。「前走後もダメージが残った様子はなく、順調な仕上がりを見せています。追い切りと同じような雰囲気でレースでも走れるようなら」と福永助手。




⑯レシステンシア

GⅠ2勝目を狙うダイワメジャー産駒は午後3時57分に決戦の地に入った。前走のヴィクトリアマイル3着から中2週ながら「今まで使ってきた中でも体は一番よく見せてるし、状態も変わりなくいい感じ。この時期(6月)に使うのは初めてだけど、暑さも大丈夫」と金濱厩務員。




⑱ナランフレグ

高松宮記念を制した短距離王はマイルで2階級GⅠ制覇を狙う。レース前日は美浦坂路を4ハロン65秒9で1本。木曜発表の馬体重は前走比22キロ増の508キロだが、「体重は厩舎では普段からこんなもの。輸送で減る馬なので問題ない。前走同様に落ち着いているのがいい」と宗像調教師。

[もっと見る]

【安田記念】前走後の談話 2022年6月5日() 04:48

カフェファラオ「砂をかぶらない3番手の位置を非常にいい形で進められた」(福永騎手=フェブラリーS1着)

ヴァンドギャルド「いい脚で追い込み、もう少しだった」(バルザローナ騎手=ドバイターフ3着)

ロータスランド「マイルでも短いと思うくらいだったが、この距離にも対応できた」(岩田望騎手=高松宮記念2着)

ダノンザキッド「中山に嫌な記憶が残っているのか、全く走る気になってくれませんでした」(川田騎手=中山記念7着)

ホウオウアマゾン「こういう(渋った)馬場は得意」(坂井騎手=マイラーズC2着)

カラテ「3コーナーへ入るところで、他馬からぶつけられた」(菅原明騎手=マイラーズC7着)

ファインルージュ「直線で前の馬が外に出てきて接触したことでリズムを崩した」(ルメール騎手=ヴィクトリアマイル2着)

イルーシヴパンサー「使うごとに成長しているし、カッとする面も落ち着いてきた」(田辺騎手=東京新聞杯1着)

シュネルマイスター「直線で加速せずワンペースの走りで最後は(馬が)疲れてしまった」(ルメール騎手=ドバイターフ8着)

エアロロノア「きれいな馬場の方が脚を使ってくれる」(幸騎手=マイラーズC5着)

〔11〕カテドラル「直線では伸びを欠いてしまった」(戸崎騎手=ダービー卿CT9着)

〔12〕ダイアトニック「スタートをうまく出なかったのが全て」(安田隆師=高松宮記念14着)

〔13〕ソングライン「スムーズさを優先して引いたことで位置取りが悪くなったのが敗因」(池添騎手=ヴィクトリアマイル5着)

〔14〕ソウルラッシュ「4コーナーを回ってゴーサインを出すと、しっかり反応してくれた」(浜中騎手=マイラーズC1着)

〔15〕セリフォス「スタート直後にゴチャつくところがあった」(福永騎手=NHKマイルC4着)

〔16〕レシステンシア「この距離は長いかと思っていたが、この馬の根性に救われた」(横山武騎手=ヴィクトリアマイル3着)

〔18〕ナランフレグ「馬のリズムだけ考えてのポジション取りだった」(丸田騎手=高松宮記念1着)

[もっと見る]

【安田記念】シュネルマイスターら美浦勢が前日調整 2022年6月4日() 13:02

1200メートル、1600メートルの2階級GⅠ制覇を狙うナランフレグは美浦坂路を4ハロン65秒9─15秒7でゆったり1本。宗像調教師は「前回のレース前と雰囲気は変わらず、落ち着いているのがいいですね。これまでの競馬を見れば、マイルで折り合いに苦労することはないと思います。あとは距離がもつがどうかですね」と順調な仕上がりを伝えた。

ファインルージュは美浦坂路を4ハロン64秒0─15秒3で上がった後、南Bコース(ダート)をゆっくりと半周した。「前走はああいう競馬(直線で躓く)になって心配しましたが、その後、特にトラブルもなく来られて何よりです。追い切った後もここまで、不安なくきています」と太田助手。

4連勝中のイルーシヴパンサーは角馬場で体をほぐしてから美浦坂路を4ハロン65秒4─16秒8。馬はやる気にあふれている。前日調整にも騎乗した久保田調教師は「活気があっていい感じ。しっかりと攻めて、馬もそれに応えてくれて、いい過程でレースに臨める」と仕上がりに満足げだ。

ソングラインは美浦南Bコースでハッキングを行い、坂路を4ハロン68秒1─15秒9で軽快に上がった。「今まで一戦一戦間隔をあけながら大事に使ってこられたので、心身とも成長しています。そのぶん、今回初の中2週でも一歩踏み込んで調教することができました。海外遠征を経験したことで精神的にもドッシリとしています」と林調教師。

前年3着のシュネルマイスターは美浦南Bコースを軽く1周してから、坂路を活気十分に4ハロン64秒8─14秒6で駆け上がった。名畑助手は「去年GⅠを使っていた時と比べると少し動きに硬さを感じますが、年齢を重ねればそういう部分も出てくるのかもしれない。帰厩当初からすれば馬は良くなっていますし、走れる状態にはあると思います」と良化度を伝えた。

フェブラリーSを連覇したカフェファラオは美浦坂路を4ハロン64秒1─16秒4で元気に登坂してから、南Bコースを軽く流した。「前走後からずっと在厩調整。基本的な基礎体力の徹底的な強化をベースに、メンタル面のアプローチという形で仕上げてきている。十分仕上がっている状態だと思っています」と堀調教師。

サリオスは美浦Wコースでごくごく軽めの調整。「帰厩当初よりカイバ食いが良くなって、毛づやも良化。前走(高松宮記念15着)の敗因は距離よりも馬場(重)だと思っているので、とにかく良馬場で走らせたい」と堀調教師。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナランフレグの関連コラム

閲覧 2,605ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 安田伊左衛門生誕150周年記念 農林水産省賞典 安田記念 2022年06月05日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【生産者別成績(2017年以降)】
○ノーザンファーム [3-4-3-16](3着内率38.5%)
×ノーザンファーム以外 [2-1-2-47](3着内率9.6%)

 基本的にノーザンファーム生産馬が強いレース。なお、生産者がノーザンファーム以外だったにもかかわらず3着以内となった5頭のうち4頭は、“東京・中山、かつG1のレース”において“着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.0秒”となった経験のある馬でした。今年は関東圏のG1を制したことのある馬が少ないので、例年以上にこの傾向を重視すべきでしょう。

主な「○」該当馬→ソングラインレシステンシア
主な「×」該当馬→イルーシヴパンサーセリフォスナランフレグロータスランド


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“東京、かつ重賞のレース”において“着順が1着、かつ上がり3ハロンタイム順位が5位以内”となった経験がある」馬は2017年以降[4-5-5-20](3着内率41.2%)
主な該当馬→イルーシヴパンサーソングライン

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2022年4月1日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】2022年中京ダートの振り返り&馬塲傾向/大阪杯展望
閲覧 1,390ビュー コメント 0 ナイス 3



高松宮記念は7番人気のナランフレグが勝利。3着には17番人気のキルロードが入り、3連単は3年前の449万に続き、278万の大波乱となった。

ナランフレグの鞍上は丸田恭介騎手。丸田騎手は個人的にかなりお気に入りジョッキーの一人で、これまでも何度も馬券でお世話になっている。とにかく脚を溜めるのが上手く、今回のように自在に馬群を捌くことも可能。大舞台で有力馬に乗る機会は多くないが、馬の能力+αを引き出せる隠れた名手だ。ナランフレグのG1制覇は、丸田騎手を信じて乗せ続けた陣営の力も大きかったように思う。馬券は残念ながら外れてしまったが、ゴール後の涙にはこちらもウルっと来た。久々に感動のレースだった。

~覚えておきたい中京ダートの傾向

高松宮記念を終え、これで年明けから少しの休みを挟んで続いて来た中京開催はひとまず終了。改めて振り返りということで、今回は顕著な傾向が出ていたダートを少し振り返っておきたい。

よく見ている方ならご存じだと思うが、今年の中京ダートは総じて外有利傾向が続いていた。通常だとインを突いた組、逃げた組の活躍が目立つのだが、今年はむしろ逆。直線でのスピードが生きるシーンも多く、重賞・東海ステークスでもスワーヴアラミスの差しが届いた。

実際年明けから高松宮記念週終了までの中京ダートの枠別成績を見ると、勝率・連対率は8枠がトップ、複勝率も6枠に次いで8枠が2番目に良い。

とりわけコース取りの補正がしづらい短距離戦に限ると傾向は顕著で、中京ダート1200m~1400mに限定すると、1枠と8枠の差が非常に大きいことがわかる。

・2022年 中京ダート1200m&1400m枠別成績

1枠 勝率 6.7% 連対率 7.6% 複勝率 13.3%
8枠 勝率 10.2% 連対率 19.7% 複勝率 26.8%

ご覧の通り、連対率と複勝率はダブルスコア以上の差がついている。したがって今後馬柱を見る際には、ザックリ言うと中京ダートの内枠での戦績は見直し可能、逆に外枠での戦績は多少枠の恩恵があったとみることができる。過去の有利不利を記憶しておくだけでも予想をする上ではかなり優位に立てるので、ぜひ覚えておきたい。

では、先週の競馬から次走狙えそうな馬を今回も一頭挙げておきたい。

【次走狙い馬】メモリーエフェクト(土曜阪神10レース・天神橋特別/1着)

好位から楽に抜け出し完勝。これで8戦連続馬券圏内が示す通り、とにかくレースセンスが高く逃げても控えても問題ないのは強み。渋った馬場も馬群も苦にせず、順調に使えればクラスの壁はない。次走も軸でOK。

大阪杯展望

さて、引き続きG1戦線が続く。今週末は大阪杯エフフォーリアvsジャックドールの対決に注目が集まるが、今回は2頭以外から、この馬。

ステラリア福永祐一騎手)

久々だった前走は外枠のロスも大きくほぼ何もできずに終了、ノーカウントでOK。もともと叩き良化型で、久々をひと叩きされた効果は大きそうだ。阪神芝二千は忘れな草賞を制した舞台で、昨年のエリザベス女王杯では不利がありながらも最後押し上げて2着と能力の高さを示した。エフフォーリアは格上としてそれ以外はそこまで強力なメンツではないので、一発があっても驚けない。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年3月24日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 高松宮記念2022  
閲覧 994ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


3月27日(日) 中京11R 第52回高松宮記念(4歳以上G1・芝1200m)

【登録頭数:20頭】(フルゲート:18頭)

<優先出走馬>

ジャンダルム(前走510kg(-4kg)、中2週)<B>
前走が叩き2戦目で抜群の出来。この中間は軽めの調整で、当時の出来をどれだけキープできているかがテーマに。最終追い切りの動きに注目したい。

ダイアトニック(前走478kg(-2kg)、中3週)<A>
元来坂路で速い時計の出る馬だが、前走時は入念な乗り込みで仕上りは良かった。この中間も、1週前にはジョッキー騎乗で追われ、右にモタれる面を気にしながらではあるものの、終いまでしっかりと伸びていて、引き続き好仕上がりをアピールしている。


<以下、賞金上位馬>

レシステンシア(前走498kg(-8kg)、3ヵ月)<A>
休み明けも2週前、1週前と追われるごとに時計を詰めてきている。1週前の動きを見ると力強い走りで、仕上りは良好。

サリオス(前走542kg(-4kg)、3ヵ月)<A>
かなり大きな馬だが間隔を空けて使ってくることの方が多いタイプ。1週前の動きを見ても重さは感じさせず、重心が低い走りで仕上りは良さそう。

グレナディアガーズ(前走468kg(+2kg)、3ヵ月)<B>
休み明け。CWコースを、ジョッキー騎乗で長めから強めに追われた1週前は、好時計で先着と、いつも通りの調整で仕上りは順調。

ロータスランド(前走484kg(+18kg)、中4週)<B>
前走時は休み明けでもすべて馬なりでの調整だったが、この中間は1週前に強めに追われている。大きく先着もはたし、叩き2戦目での上積みに期待がもてる。

エイティーンガール(前走456kg(+2kg)、中3週)<C>
CWで調整されている馬で、休み明けの前走時は気分よく走らせながらも目立つ時計はでていなかった。この中間は、1週前追い切りでは行きたがるところを抑えながらの好時計。気合いが乗りすぎている面があるので、直前はテンションを上げ過ぎない調整ができれば。

メイケイエール(前走472kg(+2kg)、中7週)<C>
気性的に難しいところのある馬。この中間も、ジョッキー騎乗で追われた1週前は、力みと硬さが感じられる走りだった。

レイハリア(前走446kg(-6kg)、4ヵ月)<D>
休み明け。この中間は南Wでの調整に変えてきた。いつもと調教内容を変えてきた時点で何らかの不安があり。

トゥラヴェスーラ(前走492kg(+22kg)、中3週)<B>
前走は長期休養明けで+22キロ。反動も心配になるところだが、前走時にしっかり乗り込まれていたこともあってか、この中間も1週前にはジョッキー騎乗でスピード感ある走りを披露。上積みが期待できそう。

クリノガウディー(前走494kg(±0kg)、中3週)<A>
近走凡走が続いているが、中京コースは(降着の1昨年も含め)かなり相性が良い馬。この中間も坂路で好時計が出ていて、変わり身があってもおかしくない。

キルロード(前走506kg(+2kg)、中2週)<C>
大型馬の叩き2戦目で迎えるこの中間は、1週前に坂路で馬なりの調整。輸送もあるので、中2週で上積みまではどうか。

ライトオンキュー(前走512kg(+2kg)、4ヵ月)<D>
休み明けで、しっかりと乗り込まれて坂路で好時計も出ている。ただ、1週前追い切りでは、前半から速い時計でびっしり追われているので仕上がりに余裕はない感じ。

ファストフォース(前走518kg(-12kg)、中2週)<D>
この中間は中2週で軽めの調整。1週前は軽めだったとはいえ走りに勢いがなく、変わり身なし。

ナランフレグ(前走498kg(+4kg)、中2週)<C>
この中間は坂路で軽めの調整。最終追い切りを南Wで良い動きを見せてくれば、上積みも期待できそう。

サンライズオネスト(前走480kg(+10kg)、中3週)<C>
1週前追い切りでは、終い追われてバランスを崩すところも見せたが、しっかり伸びており、引き続き出来良好。

ダイメイフジ(前走528kg(-8kg)、中2週)<D>
この中間は軽めの調整。前走時のパドックでも元気がない印象を受けた。使い詰めでの疲れがあるかもしれない。

シャインガーネット(前走480kg(±0kg)、中7週)<A>
この中間は坂路でも好時計が出ていて、前走時よりも調教内容が良い。気合い乗り抜群に南Wコースで終いまでしっかりと伸びた1週前内容からも、上積み期待が高まる。


<以下、除外対象馬>

カイザーメランジェ(前走490kg(-6kg)、中5週)<D>
休み明けを2度使われているが、この中間も乗り込み量は豊富でも坂路での時計が良化せず。

ヴェントヴォーチェ(前走518kg(+6kg)、中5週)<D>
前走から間隔が空いているが坂路での時計がかなりかかっていて、出来はイマイチ。



※今回のこのコラムで中間の状態からの推奨馬は、ダイアトニックサリオスレシステンシアシャインガーネットクリノガウディーの5頭をあげておきます。



<出走予定馬の前走時の追い切りVTR>









◇今回は高松宮記念編でした。
先月サウジアラビアで行われたサウジカップデーでは、日本から遠征した馬が大活躍。特にルメール騎手の積極的な競馬が目立ちました。個人的に印象に残っているレースは、ステイフーリッシュの勝ったレッドシーターフハンデキャップ(G3)。2006年に新婚旅行で行ったドバイワールドカップツアーの日に行われた、ドバイシーマクラシックでのハーツクライを思い出すレース内容でした。同じ勝負服で同じような逃げる競馬で、鞍上もルメール騎手。当時は、武豊騎手がユートピアで勝利していて、初めての海外競馬観戦で日本の馬が2勝するところを観ることができました。あの興奮は今でも蘇ってきますし、日本では味わえない経験でした。今週はそのドバイワールドカップデーに日本の馬が多数参戦します。今回現地に行くことはできませんが、グリーンチャンネルで生中継されますし馬券も買うことができます。16年前の興奮を思い出させてくれるような熱戦を期待しています。そして、日本馬の応援に、高松宮記念にと、前夜から存分に楽しんでいきたいと思っています。

高松宮記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年7月24日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】荒れる重賞、12レース連続3連複万馬券継続中/アイビスサマーダッシュ展望
閲覧 3,646ビュー コメント 0 ナイス 6

重賞の波乱が止まらない。スイッチは安田記念でのアーモンドアイの敗退だっただろうか。その後の重賞はなんとすべて3連複から万馬券。

マーメイドS  18,460円 125,270円 7番人気サマーセントが勝利
エプソムカップ 739,440円 4,219,320円 9番人気ダイワキャグニーが勝利、18番人気トーラスジェミニが3着
函館スプリントS  13200円 64550円 10番人気ダイメイフジが2着
ユニコーンS  14,320円 36,360円 11番人気ケンシンコウが3着
宝塚記念  51,240円 183,870円 人気のサートゥルナーリアが4着、12番人気モズベッロが3着
CBC賞 242,890 2,444,630 13番人気ラブカンプーが勝利、11番人気アンヴァルが2着
ラジオNIKKEI賞  22,480円 173,020円 8番人気バビットが勝利
プロキオンS  140,380円 826,670円 8番人気エアスピネルが2着、9番人気ヤマニンアンプリメが3着
七夕賞  19,850円 111,330円 7番人気ブラヴァスが2着
函館2歳S  49,250円 577,430円 11番人気リンゴアメが勝利
函館記念  283,880円 3,432,870円 15番人気アドマイヤジャスタが勝利、13番人気ドゥオーモが2着
中京記念  382,480円 3,302,390円 18番人気メイケイダイハードが勝利、9番人気エントシャイデンが3着

現在重賞12レース連続波乱決着、その中で3連単100万馬券が3回と、歴史的波乱の真っ只中にいる。

関東甲信越の梅雨入りが6月11日だったことを考えると、ちょうど梅雨入りと同時に波乱が始まったことになる。これはただの偶然ではなく、現代競馬では「荒れ馬場=非日常」となる。

先週のメイケイダイハードの外からの差し切りも内が全く伸びなくなった最終週の馬場の影響が大いにあった。高速馬場、立ち回り戦が常態化した現代競馬では、外が伸びる馬場は波乱の一因となる。トーラスジェミニラブカンプーなど「人気薄の逃げ馬」はいつの時代も穴の主役だが、荒れ馬場になると「外枠の差し馬」にも注目したい。

アイビスサマーダッシュ展望

さて、今週末は年に一度の直線重賞・アイビスサマーダッシュ。このレースこそ枠順が大いに影響を与える一戦で、言うまでもなく外枠が断然有利。波乱が続く重賞戦線だが本レースは比較的堅めの決着が多く、過去5年で1番人気(4-1-0-0)とパーフェクト連対。今年は恐らく人気が予想されるライオンボスが断然の支持を集めそうだが、果たして今年も堅めの決着となるのか。はたまた、昨今の傾向通り波乱が続くのか。ココでは注目の穴馬を2頭挙げておきたい。

モンペルデュ
今回が初ダートとなるが、テンのスピードの速さは直線競馬では魅力的。ダート馬としては軽さのあるタイプなので芝もこなせそうだし、絶好の15番枠を追い風にスッと先行できれば侮れない存在になる。

ナランフレグ
差し追い込み型だけに展開待ちの面はあるが溜めた時の末脚は強烈。昨夏には直線競馬で差して連勝を決めたように適性は証明済みで、少し前がやり合う、あるいは上がりが掛かるような流れになれば侮れない面もある。週末の雨予報は追い風。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年7月19日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年07月19日号】特選重賞データ分析編(211)~2020年アイビスサマーダッシュ~
閲覧 2,646ビュー コメント 0 ナイス 1



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 アイビスサマーダッシュ 2020年07月26日(日) 新潟芝1000m直


<ピックアップデータ>

【性別成績(2015年以降)】
×牡およびセン [2-2-2-40](3着内率13.0%)
○牝 [3-3-3-23](3着内率28.1%)

 基本的には牝馬を重視した方が良さそう。2015年以降の過去5年に限ると、牡馬およびセン馬の3着内率は牝馬の半分未満にとどまっていました。なお、性が牡およびセン、かつ枠番が1~5枠だった馬は2015年以降[0-0-0-25](3着内率0.0%)と、まったく上位に食い込めていません。

主な「○」該当馬→ゴールドクイーンモンペルデュラブカンプー
主な「×」該当馬→ナランフレグミキノドラマーライオンボス


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が3着以内」だった馬は2015年以降[2-5-4-13](3着内率45.8%)
主な該当馬→ライオンボスラブカンプー

[もっと見る]

2020年2月7日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】短距離レースにおける決め打ちの重要性
閲覧 2,195ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は東京で根岸S、京都でシルクロードSが行われた。

根岸Sコパノキッキングの連覇が有力視されたが、直線早め先頭もラストで脚が上がってしまい、最後はモズアスコットの強襲に屈した。そのモズアスコットは6歳にして初のダート挑戦だったが、出遅れながらすぐに中団にとりつき、直線も力強い伸びを見せて差し切り。フェブラリーSに向けて、遅咲きの新星が誕生した。なお、2着のコパノキッキングはこの後フェブラリーSはスキップする模様。改めて1200m路線を歩むようだ。

一方、波乱の結末となったのが西のシルクロードS。人気を集めたのは内枠のレッドアンシェルモズスーパーフレアといった組だったが、6番人気馬までが単勝オッズひと桁台に収まる大混戦模様で戦前から波乱の香りが漂っていた。そんなレースを制したのは、道中は後方待機となった3番人気のアウィルアウェイ

アウィルアウェイはスタートで今回も後手を踏み後方からの追走となったが、連続開催で荒れて来た馬場も味方につけ、直線では鋭く伸びた。その後をなぞるように伸びて来た四位騎手のエイティーンガール、さらに大外を回した丸田騎手のナランフレグとともに、1200m重賞としては珍しい追い込み馬のワンツースリー決着だった。上位勢はこの後高松宮記念を目指すことになるだろうが、今回のレースのバイアスは頭に入れておきたい。


~Bコース替わりでも逃げ先行馬には厳しかった京都芝

さて、先週の当コラムではシルクロードSの注目馬をカラクレナイとしたが、その後枠順を確認し、また週末の馬場を確認した段階で大きく予想を変更した。というのも、土曜日からBコース替わりとなった京都芝だが、相変わらず…というよりもAコース使用時以上に外の伸びがよく、カラクレナイの2番枠、また近走先行力が出て来ている点はかなり不利に思えたためだ。

というわけで同馬は最終的に7番手まで印を落とし、本命には◎アウィルアウェイを抜擢、対抗に○エイティーンガールを据えた。有料配信・競馬ノートでお送りしている予想の中では今年初の勝負度【B】という自信ありの勝負となった。

レースは4コーナー付近の段階でまだモズスーパーフレアの余力があり、一方購入している馬たちは軒並み後方だったために、

「終わった…」

というのが偽らざる心境だったが、直線の入り口で上手く馬群を捌いて◎アウィルアウェイが外に出したのを見て、

「もしからしたら…」

という淡い期待に変わり、その後ラスト1Fあたりで加速がついたところで、一気に歓喜のゴールが見えてきた……と、こんな自慢話は面白くないと思うので本題に入るが、このようにとりわけ芝でもダートでも短距離重賞は極端な傾向が出る場合はまとめて来ることが多い。そしてそのようなケースではある程度決め打ちが重要になる。差しが届くなら差し追い込み、逃げが決まりそうなら逃げ先行といったように、馬場や枠順によって狙う馬が変わるのは当然として、狙う軸馬が変わればヒモもそれに応じて変わってくる。カラクレナイを本命候補→7番手という極端な評価変更を敢行した理由の大半も馬場と枠順によるもので、改めて短距離戦における決め打ちの重要性を感じさせられるレースだった。ちなみになぜ短距離戦は特にそうなりやすいのかということは長くなるので別の機会にしたいが、端的に言えば枠に準じたコース取りになりやすく、スタート後のコース取り補正がしづらい、またはコース取り補正をするとそのロスが大きくなり、いずれにしてもロスが致命的になる。出たなりで追走できるか、出た後に進路を変える、あるいは控えて外に出すか、といったこの差は極めて大きい。

だから、仮に内枠先行決着になるような馬場だったらモズスーパーフレアが逃げ切りカラクレナイは2~3着…というような結末だった可能性もある。いずれにしても特に短距離戦においては守りに入り当てに行くよりも、どういうレースになるかというストーリーを頭の中で思い描いて、それに準じて思い切って印を打つのが大きな的中を生み出すコツになる。今回勝負度を今年一番高くしたのは、当たるかどうかというよりは脳内でストーリーを描くことができ、馬場とメンバー構成の中でそれが再現される可能性が高いと考えたからである。

なお、このようなことを日々自らの配信で書いていたら、最近は私自身よりも読者の方が馬券が上手くなってしまっているのが現実である。つまり、心がけ次第で予想力も買い方もすぐ上げて行けるので、私の有料媒体を無理に読む必要はない(一応末尾にリンクがある)が、当コラムにて是非今回のような考え方は参考にして身に着けて頂きたい。

↓優秀な読者の馬券例


それと余談ではあるが、シルクロードSに関しては騎手の力も大きかった。川田騎手が上手いのは今さら言うまでもなく、四位騎手が差し追い込みで技量を発揮するのは広く知られたところだが、何よりナランフレグの丸田騎手は”らしさ”を存分に発揮した騎乗だった。

丸田騎手のらしさといえば、スタートからレースの流れよりもリズムを重視し、馬の気分に任せて追走し末脚を引き出す技術の高さだろう。ナランフレグの前走や、最近の勝利でいえば昨年11月の福島ダート1150mのシルバーストーン、昨年3月中京のエミーリオなどで見せてくれた丸田スペシャルともいえる騎乗だ。こちらも今後まだまだ穴を量産してくれるはずなので、馬券検討の際には騎手の特徴として頭に叩き込んでおきたい。


~前走不利な馬場でも伸びたヴァンドギャルドは有力

さて、今週末は東西できさらぎ賞東京新聞杯が行われる。

馬券的に面白そうなのは東京新聞杯。昨年はココを制したインディチャンプがその後春秋マイルG1制覇を達成したが、今年も各路線からメンバーの層は厚くないながらも素質馬が揃った。

もしココを制するようなら今後一気に注目が集まるという意味では、3連勝中のディープインパクト産駒・ヴァンドギャルドだろう。前走のウェルカムSは昨年のジャパンカップ前の10レースだったが、ご記憶の方も多いと思うがジャパンカップ当日は道悪だったが、馬場の伸びどころはインが断然有利。ジャパンカップではスワーヴリチャードが内を伸びて勝ったように、その他のレースでも軒並みインが優勢だった。

そのような状況下でただ一頭外から伸びて差し切ったのがヴァンドギャルド。もともと重賞でも人気を集めていた素質馬だけに、改めての重賞挑戦でもクラスの壁はないだろう。

ただ、馬券的な妙味を考えると面白い馬は他にいる。特に注目しているのはクリノガウディー。近走はイマイチ結果を出せていないが、もともと重賞戦線でも好勝負を繰り広げていた実力馬でマイルCSでも7着健闘を見せた。その前の京成杯AH~富士Sはいずれも不利を受けており、スムーズなら今回は十分勝負になりそうだ。テン乗りとなる横山典騎手の手綱にも注目したい。

あとは大穴となるが、スウィングビートにも少しだけ注目。タピット産駒の芝初挑戦など常識的に考えれば買いたくはないが、走り自体は素軽く、芝でも…と思わせる。近走は1800mでやや掛かり気味なだけにマイルへの短縮はプラスだろうし、今年は相手関係を見渡してもメンバーレベルはそこまで高くないので、どのみち人気もないだろうし一枚押さえておいても面白いかもしれない。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナランフレグの口コミ


口コミ一覧
閲覧 302ビュー コメント 0 ナイス 8

今日は東京競馬場にて第72回の安田記念。

先週のダービーではありませんが、人気馬が飛んで少し波乱ムードが

少し感じる末三です。

 (;^_^A アセアセ・・・

では、さっそく。

 ヽ( ´ ▽ ` )ノ 


日曜 東京 11R 第72回 安田記念より

【末三調教評価】

A評価 ・・・ イルーシヴパンサー ナランフレグ レシステンシア

B評価 ・・・ シュネルマイスター セリフォス ソングライン

C評価 ・・・ ごめんなさい、その他の出走馬たち。

【末三予想】

◎  8 番 イルーシヴパンサー    久々も仕上がる。

〇 18番 ナランフレグ       引き続き好調キープ。

▲ 16番 レシステンシア      中2週でも。

△ 13番 ソングライン       前走度外視、改めて。

×  9 番 シュネルマイスター    ドバイの疲れなく。

× 15番 セリフォス        一度叩いた効果あり。

馬券は3連複6頭ボックス8-18-16-13-9-15番で

さぁ、それでは張り切っていってみよっ

 (* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

 ヒゲなべ 2022年6月5日() 02:42
安田記念の有力馬(^^)
閲覧 216ビュー コメント 0 ナイス 7

安田記念だけに⋯安田⋯田の字(^.^)の騎手(^.^)で狙ってみましょう(^.^)

ヴァンドギャルド 岩田望来

ダノンザキッド 川田将雅

イルーシヴパンサー 田辺裕信

ダイアトニック 岩田康誠

ナランフレグ 丸田恭介

[もっと見る]

 長風呂くん 2022年6月5日() 02:42
安田記念は雨模様???
閲覧 190ビュー コメント 0 ナイス 6

安田記念当日の東京の天気は午後から雨模様のようですね。
今回のG1も一番人気は危険かもしれません。そして、馬場によっては、思わね大波乱が予想されます。
そこで、思い切って穴馬に①カフェファラオ、②ヴァンドギャルド、③ロータスランド、重馬場でも最期切れる脚を使いそうな⑱ナランフレグ・・・。どうでしょうか?

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナランフレグの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
12:
  HELPRO   フォロワー:0人 2022年3月27日() 15:50:58
驚異の結果。一世一代の丸田恭介騎乗。劇的とは正にこの事。運よく最内を突けたのが全て。生涯最高で最後の勝利確定!
11:
  HELPRO   フォロワー:0人 2022年1月30日() 15:46:34
丸田最上の好走。(身分に相応しいとはこれ如何に!
10:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年1月9日() 16:20:44
丸田恭介に先着された関西馬は恥知らずと言われても仕方ないだろう。
関東人に負ける様では当然である!

⇒もっと見る

ナランフレグの写真

ナランフレグの厩舎情報 VIP

2022年6月5日安田記念 G19着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ナランフレグの取材メモ VIP

2022年6月5日 安田記念 G1 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。