会員登録はこちら
阪急杯 G3   日程:2019年2月24日() 15:35 阪神/芝1400m

レース結果

阪急杯 G3

2019年2月24日() 阪神/芝1400m/18頭

本賞金:4,100万 1,600万 1,000万 620万 410万


レコード:1分19秒5
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 17

スマートオーディン

牡6 56.0 藤岡佑介  池江泰寿 500(-6) 1.20.3 32.3 11
2 1 1

レッツゴードンキ

牝7 54.0 岩田康誠  梅田智之 506(+4) 1.20.5 6.0 4
3 2 3

ロジクライ

牡6 56.0 横山典弘  須貝尚介 518(-4) 1.20.7 1 1/4 5.5 2
ラップタイム 12.3 - 10.9 - 11.2 - 11.3 - 11.3 - 11.3 - 12.0
前半 12.3 - 23.2 - 34.4 - 45.7 - 57.0
後半 57.1 - 45.9 - 34.6 - 23.3 - 12.0

■払戻金

単勝 17 3,230円 11番人気
複勝 17 790円 12番人気
1 230円 2番人気
3 240円 3番人気
枠連 1-8 1,040円 3番人気
馬連 1-17 13,100円 43番人気
ワイド 1-17 3,770円 46番人気
3-17 3,780円 47番人気
1-3 700円 5番人気
馬単 17-1 28,580円 93番人気
3連複 1-3-17 21,950円 76番人気
3連単 17-1-3 207,070円 654番人気

阪急杯のニュース&コラム

【古馬次走報】ロジクライはルメールで高松宮記念へ
 ★阪急杯3着ロジクライ(栗・須貝、牡6)は、ルメール騎手で高松宮記念(3月24日、中京、GI、芝1200メートル)へ。 ★小倉大賞典1着スティッフェリオ(栗・音無、牡5)は、田辺騎手で大阪杯(3月31日、阪神、GI、芝2000メートル)に向かう。中山記念3着のステルヴィオ(美・木村、牡4)も福島・ノーザンファーム天栄での短期放牧をはさみ、大阪杯へ向かう。 ★ダイヤモンドS1着ユーキャンスマイル(栗・友道、牡4)は、天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)へ。 ★万葉S7着アドマイヤエイカン(栗・須貝、牡6)は、阪神大賞典(3月17日、阪神、GII、芝3000メートル)を予定。 ★仁川S7着ナムラアラシ(栗・牧田、牡6)は、アンタレスS(4月14日、阪神、GIII、ダ1800メートル)へ。 ★下関S1着で再びオープン入りしたメイソンジュニア(栗・渡辺、牡5)は、春雷S(4月7日、中山、リステッドOP、芝1200メートル)へ。 ★阪急杯9着スターオブペルシャ(美・藤沢和、セン6)は、京王杯SC(5月11日、東京、GII、芝1400メートル)へ。同15着リョーノテソーロ(美・武井、牡4)は、春雷Sが目標。 ★名古屋グランプリ4着の後休養していたセンチュリオン(美・田村、牡7)は、マーチS(3月24日、中山、GIII、ダ1800メートル)で戦列復帰。 ★バレンタインS3着エレクトロポップ(美・田村、牡6)は、ポラリスS(3月9日、阪神、ダ1400メートル)へ。
2019年2月28日(木) 12:02

 1,061

【古馬次走報】ディアドラ、ドバイターフへ
 ★中山記念6着ディアドラ(栗・橋田、牝5)は予定通り、モレイラ騎手との新コンビでドバイターフ(3月30日、メイダン、GI、芝1800メートル)へ。5着エポカドーロ(栗・藤原英、牡4)は大阪杯(同31日、阪神、GI、芝2000メートル)に進む。 ★中山記念7着マルターズアポジー(美・堀井、牡7)は「1800メートルを超える距離は使わない」(堀井師)として次走を検討中。同厩で10着シベリアンスパーブ(牡10)は東風S(3月10日、中山、OP、芝1600メートル)などが視野に。8着ハッピーグリン(ホッカイドウ・田中淳、牡4)は日経賞(同23日、中山、GII、芝2500メートル)を目指す。騎手は未定。9着マイネルサージュ(美・鹿戸、牡7)は福島民報杯(4月14日、福島、OP、芝2000メートル)。 ★阪急杯を制したスマートオーディン(栗・池江、牡6)は京王杯スプリングC(5月11日、東京、GII、芝1400メートル)から安田記念(6月2日、東京、GI、芝1600メートル)の予定。2着レッツゴードンキ(栗・梅田、牝7)、7着ミスターメロディ(栗・藤原英、牡4)、8着ラインスピリット(栗・松永昌、牡8)は高松宮記念(3月24日、中京、GI、芝1200メートル)の予定。 ★阪急杯4着ロードクエスト(美・小島、牡6)はダービー卿チャレンジT(3月30日、中山、GIII、芝1600メートル)が選択肢の一つ。11着タイムトリップ(美・菊川、牡5)は京王杯SCが目標で、その前に春雷S(4月7日、中山、OP、芝1200メートル)を使う予定。 ★伊丹Sを勝ってオープン入りしたロードゴラッソ(栗・藤岡、牡4)はマーチS(3月24日、中山、GIII、ダ1800メートル)へ。
2019年2月27日(水) 05:01

 631

【次は買い】阪急杯5着・エントシャイデン
★阪急杯・7番人気5着 《レース》近3走がマイルだっただけに、7Fでの序盤は行き脚が今イチ。大外スタートのロス、直線入り口で挟まり進路を外に替える不利もあったが、前が開いてからは鋭く伸びていた。 《次走ポイント》「7Fにも対応できた。大外枠がこたえたけど、重賞でもやっていけると感じました」と、坂井騎手も手応え。しまいを生かす形が徐々に板についてきた印象だ。血統背景にも筋が通っており、伸びしろの大きい4歳馬。マイル以下なら重賞でも期待が持てる。 (大阪サンスポ・斉藤)★24日阪神11R「阪急杯」の着順&払戻金はこちら
2019年2月25日(月) 11:25

 791

【村瀬プレイバック】◎スワーヴ機動力不発
 中山記念の◎スワーヴリチャードは4着。直線で一瞬グッと差を詰めたが、そこからギアが上がらぬままゴールを迎えてしまった。ベストよりやや短い9Fに加え、プラス14キロでの休み明け。機動力を発揮するには流れも厳しすぎた印象だ。 一方、阪急杯の◎レッツゴードンキは2着。勝ち馬の激走は想定外で、力は十分に示した。高松宮記念でも当然マークは怠れない。(夕刊フジ)★24日中山11R「中山記念」の着順&払戻金はこちら★24日阪神11R「阪急杯」の着順&払戻金はこちら
2019年2月25日(月) 11:22

 811

阪急杯のニュースをもっと見る >

【阪急杯】ラインスピリット上々12秒5
 昨秋のスプリンターズSで3着に粘ったラインスピリットは、栗東CWコースで単走。森一騎手を背に、上がり重点に6F83秒1、ラスト1F12秒5をマークした。 まだ少し重さを感じさせる動きながら、「2週連続でコースで乗りました。その効果があればだけど、先週より動きは良くなっていましたね。これで、いいころの感じが戻ってくれば」と、ジョッキーはまずまずの手応え。先行しながら14着に終わった前走・シルクロードSからの巻き返しへ、上々のムードだ。(夕刊フジ)★阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月21日(木) 11:15

 903

【阪急杯】厩舎の話
 アドマイヤゴッド・須貝調教師「展開次第の面があるが、はまれば」 エイトシャイデン・坂井騎手「けいこの反応は良かった。末脚に期待」 コウエイタケル・山内調教師「インで脚をため一瞬の脚を生かしたい」 スターオブペルシャ・杉原騎手「押さえ切れない手応え。チャンスだ」 スマートオーディン・池江調教師「しまいを動かして伸びは良かった」 ダイアナヘイロー・原田助手「今は7Fのほうがレースしやすい」 タイムトリップ・菊川調教師「しっかり反応。流れに乗った競馬で」 ダイメイフジ・森田調教師「しまいをしっかり追った。リズム良く」 トウショウピスト・土田調教師「上向き。1400メートルになるのはいい」 ヒルノデイバロー・昆調教師「障害練習を取り入れ状態は戻ってきた」 ミスターメロディ・藤原英調教師「柔らかみが出た。この距離はいい」 ヤングマンパワー・手塚調教師「7Fを1回使ってみたかった」 リョーノテソーロ・武井調教師「前に馬を置いて壁を作って運びたい」 リライアブルエース・池田厩務員「上向き。7Fのほうが切れる」 レッツゴードンキ・梅田調教師「昨年の今ごろよりも状態は上だ」 ロジクライ・須貝調教師「パワーがついた。7Fがいいほうに出れば」 ロードクエスト・土明助手「7Fのペースがちょうどいいと思う」(夕刊フジ)★阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月21日(木) 11:14

 1,168

【阪急杯】ダイアナ、初の連覇へ武の“神”逃げ再び!
 阪急杯の追い切りが20日、東西トレセンで行われた。栗東では、レース史上初の連覇を狙うダイアナヘイローが坂路で好仕上がりを披露。近2走で好結果に結びついている、レースに向けてパワーを蓄えるソフトな最終仕上げで態勢を整えた。レッツゴードンキは坂路で好時計をマークし、サンケイスポーツ調教評価で最高の『S』となった。 連覇への熱意と本気の走りは、栗東を覆ったもやに隠した。ダイアナヘイローは、坂路で馬なりのソフト仕上げ。担当の原田助手は、納得の表情で切り出した。 「乗り手は『先週より良くなっている』と話していて、状態は良さそう。当週はサッとやって控えるのが最近のパターン。6歳なので最後まで追い込まなくていい」 もやにも戸惑うことなく、淡々とラップを刻んだ。ゆったりしたペースで折り合いをつけると、直線では馬場の悪い部分を避けてフィニッシュ。余力十分に、4ハロン53秒8-12秒8でまとめた。 1週前にCWコースで負荷をかけ、当週は坂路で息を整える。この調整パターンにした近2走が3、1着と好結果。2カ月ぶりでも、14日の1週前追い切りで6ハロン80秒1(ラスト1ハロン11秒9)を計時するなど乗り込み量は十分。パワーをため込む好走パターンで勝負をかける。 舞台も申し分ない。阪神芝1400メートルでは昨年の阪急杯、阪神Cと重賞連勝中。原田助手は「重賞レベルの1200メートルでは、先行するのに(手綱を)押しながらになるぶん、ラストが甘くなる。行きっぷりが昔ほどじゃなくなったので、今は1400メートルくらいが合っている」と分析する。 鞍上は武豊騎手。昨年のこのレースをまんまと逃げ切ったコンビが、3戦ぶりに復活する。 「この舞台では2回とも逃げて勝っていて、結果的に逃げたときの方がいい」と、名手はフェブラリーSに続き、2週連続の逃走劇に自信。グレード制が導入された1984年以降、このレースでの連覇はゼロ。これまで11頭の前に立ちはだかった連覇の壁を、ダイアナヘイローが乗り越える。  (川端亮平)★阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月21日(木) 05:05

 928

【阪急杯】追って一言
 ◆アドマイヤゴッド・須貝師 「年齢を感じさせない動きで具合は良さそう。はまれば」 ◆エントシャイデン・坂井騎手 「しまいを伸ばす形で反応が良かった。しまいを生かして」 ◆コウエイタケル・山内師 「年齢的に大きな変化はないけど、維持している。一瞬の脚を生かしたい」 ◆スマートオーディン・池江師 「折り合い重視の調教でラストは伸びていた。距離が短くなるのはいい」 ◆タイムトリップ・菊川師 「しっかりと反応していい動き。流れに乗った競馬がしたい」 ◆ダイメイフジ・森田師 「一杯にやっていい動き。パンパンの良馬場で走りたい」 ◆トウショウピスト・土田師 「使いつつ調子は上向き。1400メートルになるのはいい」 ◆ヒルノデイバロー・昆師 「時計は悪くない。障害練習を取り入れて体の動きがよくなった」 ◆ヤングマンパワー・手塚師 「1400メートルは一回使ってみたいと思っていた。輸送で体が締まってくればやれる」 ◆リョーノテソーロ・武井師 「前に馬を置いて壁を作った方がいいタイプ。ダイナミックな動きで状態はすごくいい」 ◆リライアブルエース・池田厩務員 「しまい重点で、予定通り。体調は上向きで1400メートルの方が切れる」 ◆ロジクライ・須貝師 「息を整える程度。ずっと(手綱を)引っ張り切りで具合はよさそう」 ◆ロードクエスト・土明助手 「少し行きたがっていたみたいだけど、1400メートルのペースならちょうどよくなる」★阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月21日(木) 05:04

 1,193

阪急杯の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


阪急杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月24日 15:33更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv112 

240円
230円
470円
Lv112 
700円 2,800円
Lv110 

700円
230円
12,750円
Lv109 
240円 240円
Lv107 
700円 700円

的中情報をもっと見る >

阪急杯過去10年の結果

2018年2月25日() 阪神競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
2017年2月26日() 阪神競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
1着 トーキングドラム 幸英明 1:21.4 25.7倍 100.9
2着 ヒルノデイバロー 古川吉洋 アタマ 16.1倍 100.9
3着 ナガラオリオン 国分優作 96.2倍 98.2
2016年2月28日() 阪神競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
1着 ミッキーアイル 松山弘平 1:19.9 3.8倍 102.7
2着 オメガヴェンデッタ 武豊 3/4 6.8倍 101.9
3着 ブラヴィッシモ 川田将雅 クビ 9.1倍 101.9

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

阪急杯のデータ分析とレース傾向

コース図阪神芝1400m

高松宮記念の前哨戦として位置付けられているレースで、勝ち馬には優先出走権が与えられる。前年12月の阪神カップに出走していた馬が強く、2008年以降の3着以内の約半数(4勝、2着8回、3着3回)を占めている。ただし、阪神カップの好走馬であれば、なんでも買えばいいというわけではない。特に勝ち馬には注意が必要で、阪神カップを制したのちに阪急杯を制した馬はゼロ。G2を勝てば、当然負担重量が加算される。そのぶん、パフォーマンスが落ちてしまうと考えても差し支えない。舞台となる阪神1400mは内回りコースを使用。直線は短めの半面、ゴール前に急坂が待ち構えているため、展開に左右されやすい形態と言えよう。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

阪急杯の歴史と概要


2016年の優勝馬ミッキーアイル

G1に昇格した高松宮杯(現・高松宮記念)の前哨戦に位置付けられた第41回(1997年)以降は一気にレースレベルがアップ。第41~48回(1997~2004年)は8年連続してG1馬(もしくはのちのG1馬)が勝利するに至った。その後も、第52回(2008年)のローレルゲレイロ、第57回(2013年)のロードカナロア、第60回(2016年)のミッキーアイルなど、勝ち馬欄には短距離界の名馬の名前がズラリ。第51回(2007年)は、重賞では珍しい1着同着決着となった(勝ち馬はエイシンドーバープリサイスマシーン)。

歴史と概要をもっと見る >

阪急杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年7月28日(
クイーンステークス  G3
アイビスサマーD  G3

競馬番組表

2019年7月27日(
1回札幌1日目
2回新潟1日目
2回小倉1日目
2019年7月28日(
1回札幌2日目
2回新潟2日目
2回小倉2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る