カルロヴェローチェ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
カルロヴェローチェ
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2020年1月18日生
調教師須貝尚介(栗東)
馬主大野 照旺
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 4戦[2-1-0-1]
総賞金3,400万円
収得賞金1,700万円
英字表記Carro Veloce
血統 シルバーステート
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
シルヴァースカヤ
スサーナトウショウ
血統 ][ 産駒 ]
ロックオブジブラルタル
シーイズトウショウ
兄弟 キューバンマンボオグマンテ
市場価格2,200万円(2020セレクトセール)
前走 2023/03/18 中スポ賞ファルコンS G3
次走予定

カルロヴェローチェの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
23/03/18 中京 11 ファルコンS G3 芝1400 14222.912** 牡3 56.0 武豊須貝尚介 498
(-10)
1.22.6 0.035.5④④タマモブラックタイ
23/01/28 中京 9 白梅賞 1勝クラス 芝1600 7443.221** 牡3 56.0 福永祐一須貝尚介 508
(+18)
1.33.3 -0.534.2アルジーヌ
22/09/24 中京 9 野路菊S OP 芝2000 7661.517** 牡2 54.0 C.ルメー須貝尚介 490
(-4)
2.03.1 2.936.5ファントムシーフ
22/06/26 阪神 5 2歳新馬 芝1800 12334.721** 牡2 54.0 C.ルメー須貝尚介 494
(--)
1.50.2 -0.334.2チャンスザローゼス

カルロヴェローチェの関連ニュース

メテオリートは昇級したマイルの前走で4着。悪い内容ではなかったが、「時計が速かったし、左回りが合わなかったようだ」と田嶋助手。「今回は9ハロンに延びる分、レースがしやすくなると思うし、右回りもいい。少し時計がかかってくれれば」。前走の勝ち馬は先週のファルコンSでハナ差2着だったカルロヴェローチェだ。(夕刊フジ)

【3歳次走報】若葉Sを制したショウナンバシットは皐月賞へ 2023年3月22日(水) 14:35

★栗東・須貝厩舎の動向は以下の通り。若葉S1着ショウナンバシット(牡)は、皐月賞(4月16日、中山、GⅠ、芝2000メートル)へ。僚馬でファルコンS2着カルロヴェローチェ(牡)は、NHKマイルC(5月7日、東京、GⅠ、芝1600メートル)に向かう。2月19日阪神の1勝クラス(芝1400メートル)1着スカイロケット(牡)は、横山和騎手との新コンビでアーリントンC(4月15日、阪神、GⅢ、芝1600メートル)に駒を進める。

きさらぎ賞2着オープンファイア(栗・斉藤崇、牡)は、横山武騎手との新コンビで青葉賞(4月29日、東京、GⅡ、芝2400メートル)へ。僚馬で弥生賞ディープインパクト記念7着セッション(牡)は、ニュージーランドT(4月8日、中山、GⅡ、芝1600メートル)に向かう。

★19日阪神の1勝クラス(芝1200メートル)1着グランテスト(栗・今野、牝)は、葵S(5月27日、京都、GⅢ、芝1200メートル)に進む。

[もっと見る]

【ファルコンS】タマモブラックタイがハナ差の接戦制す 幸英明騎手は3度目のV 2023年3月19日() 08:21

18日の中京11Rで行われたファルコンステークス(GⅢ、芝1400メートル)は、幸英明騎手(47)=栗東・フリー=とコンビを組んだ8番人気の伏兵タマモブラックタイがあざみ賞に続く連勝で重賞初制覇。4番手追走から直線で最内を突いて力強く抜け出し、最後は1番人気のカルロヴェローチェの追い上げをハナ差で振り切った。次走はNHKマイルC(5月7日、東京、GⅠ、芝1600メートル)を目指す。デクラレーションオブウォー産駒は延べ15頭目のJRA重賞出走で初V。3着にはしんがり14番人気のサウザンサニーが入り、3連単はレース史上最高払戻金を更新する83万2950円の大波乱となった。

幸英明騎手(タマモブラックタイ1着)「最後は手応えがありましたし、内から抜け出してしのぎ切ってくれました。乗った感じでは距離はマイルぐらいまでもちそうです」

タマモブラックタイ 父デクラレーションオブウォー、母タマモイヤリング、母の父ブラックタイド。鹿毛の牡3歳。栗東・角田晃一厩舎所属。北海道新冠町・対馬正氏の生産馬。馬主はタマモ(株)。戦績7戦3勝。獲得賞金6392万7000円。重賞初勝利。ファルコンS角田晃一調教師が初勝利。幸英明騎手は2003年ギャラントアロー、21年ルークズネストに次いで3勝目。馬名は「冠名+タキシード用の黒の蝶ネクタイ」。

[もっと見る]

【ファルコンS】レースを終えて…関係者談話 2023年3月19日() 04:34

武豊騎手(カルロヴェローチェ2着)「行きたがるのをなだめながらでした。力はあるけど、最後の直線も前の馬をさばくのに手間取って、その間に勝ち馬にスッと抜けられました」

◆松若騎手(サウザンサニー3着)「出脚は付かなかったけど、かえって脚がたまりました。直線に向くときの手応えは良かったですが、少し踏み遅れる感じになりました。成長途中ですが、最後までよく走ってくれました」

◆鮫島駿騎手(ミルトクレイモー4着)「距離はギリギリなので、控える競馬をしたいと思っていました。リズム良く運んで、しまいは一瞬、勝ちそうな雰囲気もありました。最後の坂で苦しくなって左へモタれてしまいましたが、いい経験にはなったと思います」

◆北村友騎手(アームズレイン5着)「ゲートが速くて楽に好位に付けられて、マイペースで運べました。追ってからも一瞬は反応してくれたんですが、ラスト1ハロンで止まってしまいました。1400メートルはギリギリかなと思います」

◆坂井騎手(テラステラ6着)「雰囲気は良かったです。前半、少し力んだのですが、それ以外はスムーズでした。現状の力は出せたと思います」

◆菅原明騎手(バグラダス7着)「脚を取られていました。こういう馬場が影響したのかもしれません」

[もっと見る]

【ファルコンS】1番人気カルロヴェローチェはハナ差2着惜敗 武豊騎手「前の馬をさばくのに手間取りました」 2023年3月18日() 18:14

3月18日の中京11Rで行われた「第37回ファルコンステークス」(3歳オープン、GⅢ、芝1400メートル、別定、14頭立て、1着賞金=4000万円)は、幸英明騎手とコンビを組んだ8番人気タマモブラックタイ(牡、栗東・角田晃一厩舎)が直線最内を突いて差し切り、重賞初Vを成し遂げた。タイムは1分22秒6(重)。

武豊騎手との新コンビで挑んだ1番人気カルロヴェローチェは、初の1400m戦にもスピード負けすることなく好位を取り切ると、最後までしっかり伸びたものの勝ち馬との競り合いに惜敗。ハナ差及ばず2着に終わった。

武豊騎手「行きたがるのをなだめながらになったし、最後の直線も前の馬をさばくのに手間取りました。その間に勝ち馬に抜けられましたね、惜しかったけど、能力はありますね」

[もっと見る]

【ファルコンS】タマモブラックタイが8番人気の低評価を覆して重賞初V 2023年3月18日() 17:43

3月18日の中京11Rで行われた「第37回ファルコンステークス」(3歳オープン、GⅢ、芝1400メートル、別定、14頭立て、1着賞金=4000万円)は、幸英明騎手とコンビを組んだ8番人気タマモブラックタイ(牡、栗東・角田晃一厩舎)が直線最内を突いて差し切り、重賞初Vを成し遂げた。タイムは1分22秒6(重)。

ハナ差の2着はゴール前で鋭く追い詰めたカルロヴェローチェ(1番人気)。さらに3馬身差の3着にはしんがり14番人気のサウザンサニーが入った。

アームズレインが外からじわっと先行策に出たが、内からウメムスビが並びかけて2頭で先頭に立つ形。その後ろにカルロヴェローチェタマモブラックタイペースセッティングが続くが、流れが遅く、折り合いに苦しむ馬も見られた。淡々とした流れのまま進んで直線へ。最内に潜り込んだタマモブラックタイと、外から迫るカルロヴェローチェとの一騎打ちになったが、最後はわずかにタマモブラックタイがしのいでV。デクラレーションオブウォー産駒として日本で初の重賞勝ち馬となった。

幸英明騎手(1着 タマモブラックタイ)「最後は手応えがありましたし、内から抜け出してしのぎ切ってくれました。乗った感じでは距離はマイルぐらいまで持ちそうです。一度マイルで負けていますが、その時に比べて馬が良くなっていますし、今ならやれそうですね。きょうのような馬場も良かったと思います。あとはパンパンの馬場でどれくらいやれるかですね」

角田晃一調教師(同)「枠も枠でしたし、小倉でこういう馬場で勝っているので多分苦にしていないと思います。逆に得意なんじゃないかと思います。最後は外に出せなくて最内になりましたが、よくしのいでくれました。1400メートルがどうなのかと思ってみていましたが、勝ってくれましたからね。夢がありますし、NHKマイルCを目指していくことになると思います。競馬が上手でスタートも速いです」

※次走はNHKマイルCを目指す

◆ファルコンSの表彰式でプレゼンターを務めた、元中日ドラゴンズで現野球解説者の谷繁元信氏「競馬場は初めて来ましたが、広くて大きくてびっくりしました。生で観るレースはやはり迫力があっていいですね。表彰式はとても貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。ファルコンSを制したタマモブラックタイ幸英明騎手、改めましておめでとうございました。また、最終レース終了後のトークショーでは、競馬やWBC、ドラゴンズの話でとても盛り上がりましたね。競馬も野球もこれからさらに盛り上がっていくシーズンなので、どちらも目が離せませんね」

ファルコンSを勝ったタマモブラックタイは、父デクラレーションオブウォー、母タマモイヤリング、母の父ブラックタイドという血統。北海道新冠町・対馬正氏の生産馬で、馬主はタマモ(株)。通算成績は7戦3勝。重賞初勝利。ファルコンS角田晃一調教師が初勝利、幸英明騎手は2003年ギャラントアロー、21年ルークズネストに次いで3勝目。

[もっと見る]

⇒もっと見る

カルロヴェローチェの関連コラム

閲覧 1,305ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


7月16日(土)函館11R 第54回函館2歳ステークス(2歳G3・芝1200m)


【登録頭数:14頭】(フルゲート:16頭)


<前走:6/11、12>(中4週)
ロッソランパンテ(450kg初、芝⑭上り34.1、先行)<C>※新馬勝ち
前走新馬戦の追い切りでは、3週連続南Wで外めを走って好時計が出ていて好内容。パドックでは太め感はなく仕上り良し。この中間も、1週前に南Wで3頭併せ(外)で追い切られていて時計は優秀だが、内めを走っての併せ馬によるものであり、右回りで終いの時計もやや甘い。

ニーナブランド(420kg初、芝⑩上り33.9、逃げ)<B>※新馬勝ち
前走新馬戦の追い切りでは、美浦で乗り込まれて併せ馬での遅れも多かった馬。ただ、南Wでは5週連続好時計を出していて、パドックでも少し大人しく感じたが小柄な馬で仕上がりは良かった。この中間は、1週前に函館Wで速い時計が出ていて疲れはなさそう。スピードのある馬で、1ハロン延長で踏ん張りが利くかどうか。

クリダーム(468kg初、芝⑫上り35.2、先行)<B>※新馬勝ち
前走新馬戦の追い切りでは栗東の坂路、CWで好時計が出ていて、レース前の最終追い切りでは武豊騎手が騎乗して芝コースで好時計が出ていた。パドックでは多少お腹のあたりに余裕はあったものの、キビキビとした動きで力強い動き。この中間は乗り込み量は豊富で、1週前には函館Wで終い好時計で先着と状態は引き続き良く、上積みも期待できそう。



<前走:6/18、19>(中3週)
ゴキゲンサン(488kg初、芝⑫上り35.5、先行)<B>※新馬勝ち
前走新馬戦の追い切りでは美浦の坂路、南Wで好時計を連発していてレース直前の追い切りも函館芝コースで終い好時計で先着と好内容だった。パドックではまだ絞れそうな馬体も気合は乗って仕上がりは上々。この中間は、1週前に函館Wコースで併せ馬。時計は特に良くも悪くもないといったところだが、前走時まだ余裕がある馬体だったので調子が良ければ直前はビッシリ追ってくるだろう。

オマツリオトコ(484kg初、ダ⑩上り35.3、先行)<C>※新馬勝ち
前走新馬戦時は、美浦で乗り込まれて1週前に函館に移動してレース直前は、ダート戦に出走も函館芝コースで追い切られていた。併走相手よりもかなり内を回っていたが、手応えに余裕はなかった。この中間も一旦美浦に戻っての調整で、1週前は美浦南Wでの3頭併せの内に併せるメニュー。外の馬には先着を果たすも時計は終いやや掛かり気味という過程で、函館への輸送を控える。前走時の芝での追い切りの動きを見ると、ダートのほうが向いていそうな感じはする。

スプレモフレイバー(470kg初、芝⑫上り34.5、逃げ)<A>※新馬勝ち
前走新馬戦の追い切りでは、美浦の坂路、南Wで終い好時計、函館移動後も芝コース、Wコースで好時計をマークしスピード感ある走りを見せてていた。パドックでは、無駄肉がなく柔らかみのある馬体で気合も乗って仕上りは良かった。この中間も1週前に併せ馬で先着していて終いの時計も良く、引き続き好状態で出走できそう。



<前走:6/25、26>(中2週)
ミシェラドラータ(478kg±0、芝⑫上り35.7、先行)<A>※未勝利勝ち
新馬戦の追い切りでは、栗東の坂路、CWで好時計が出ていたが、函館移動後のWコースでは時計平凡。強めに追われてのもので、パドックでも馬体に緩さが窺えた。その後中1週で出走した前走の未勝利戦でのパドックでも、増減なくまだ馬体に余裕を残していた印象。この中間は、1週前の金曜日に函館Wで一杯に追われて終い好時計が出ていて、馬体が締まってくれば更なる上積みにも期待できる。

オボロヅキヨ(422kg初、芝⑫上り35.3、先行)<E>※未勝利馬
中間目立つ時計もそれほどなく併走遅れも多かった前走時。パドックでは小柄な馬の割に緩さがあり、まだ仕上り途上という印象を受けた。この中間は、日曜日に馬なりで追われた時計が平凡、未勝利戦に出走しても勝ち負けになるかどうかというくらいで目立つところはない。



<前走:7/2、3>(中1週)
ブトンドール(486kg初、芝⑫上り35.6、先行)<C>※新馬勝ち
新馬戦時は、函館で調整されていたが乗り込み量も少なく、直前の芝での追い切りも時計は悪くなかったが硬さがあり、伸び脚も目立たないものだった。パドックでは大きめの馬の割には太め感はなく、動きは素軽かった。この中間は日曜日に軽めの調整。最終追い切りで強めに追えるようなら上積みが期待できそうだが、軽めで流すようだったら反動が出てしまっている可能性がある。

ニシノシークレット(472kg初、ダ⑩上り35.1、逃げ)<C>※新馬勝ち
美浦の坂路で好時計が出ていて、函館移動後も芝、Wと力強さのある走りで仕上り好印象だった前走時。パドックではガッチリした馬体で、まだ多少余裕があるようにも見えた。中1週となり時計は出ていないので、状態面は最終追い切りでの内容次第になるが、かき込む力が強い馬なので、ダートのほうが向いている感じがする。

ミスヨコハマ(460kg±0、芝⑫上り36.8、逃げ)<B>※未勝利勝ち
新馬戦時は、函館で調整され追われるごと時計を詰め好仕上がり、パドックでもキビキビした動きで出来も良く見せての出走だったので、勝ち馬が強かったということになりそう。前走時のパドックでも、馬体を大きく見せて柔らかみのある動きで出来は引き続き良さそうだった。この中間も中1週となり軽めの調整だが、前走が前に行って厳しいレースだったので疲れが取れているかどうか。

シンゼンイズモ(492kg+2、芝⑫上り36.0、差し)<C>※未勝利勝ち
初戦は、栗東で乗り込まれて函館移動後も時計こそ平凡だったものの併せ馬では2週連続先着と悪くない内容を見せていた馬。パドックでは大人し過ぎる感じで馬体も緩さがあった。それが、前走のパドックでは馬体が締まり、動きもゆったりからスタスタぐらいに変わり良くなっていた。この中間は軽めの調整。大きな馬なのでまだ馬体は絞れそうなところもあり、上積みがあっても良さそう。



<前走:7/9>(連闘)
イコサン(460kg+4、芝⑫上り35.2、逃げ)<A>※未勝利勝ち
新馬戦の追い切りでは、栗東の坂路で好時計が出ていて、直前函館芝での追い切りも手応え抜群で伸び脚も良かった。パドックではゴツゴツした感じは見せていたが、力強く出来も良かった。前走時は追い切りでは併せて先着。パドックでは捌きが良くなり、動きが軽くなった印象を覗かせ上積みが感じられた。この中間は軽めの調整だが、使われて良くなっていたので連闘で出走してくる場合にはプラスに考えて良さそう。

アスクドリームモア(482kg初、芝⑫上り35.3、先行)<B>※新馬勝ち
先週の新馬戦に出走。追い切りでは函館芝コースで2週連続併せて好時計をマークし動きも良く、パドックでは馬体を大きく見せていたがまだ絞れそうな感じもあった。出走してくれば連闘となるが、先週のレースを芝でビッシリ追った追い切りと考えれば、相手は強くなるが好状態で出走してくる可能性は十分。




※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、スプレモフレイバーミシェラドラータイコサンの3頭をあげておきます。


◇今回は、函館2歳ステークス 編でした。
早いもので函館開催も今週が最終週となります。6週間と昔に比べれば開催日も少なくなっていますが、毎週使われていれば芝が傷むことはもちろん、函館や札幌の場合滞在している馬が追い切りで使うことも多く、今年は開幕週と比較すると先週時点で2秒ほど要していたのではないかと思います。
函館2歳Sに関しても、開幕週の良い馬場を勝って余裕をもって参戦してくる馬が良いのか? 連闘でも今週の馬場に近い状態を経験している馬が良いのか? それとも新馬、未勝利とレースを多く経験している馬が良いのか? データが少ない分、ある意味では新馬戦や経験の少ない馬同士の未勝利戦のような感覚に近いところがあり、2歳重賞で最も難解なレースと言っても良いのかもしれません(そんなこともあって、売り上げ的には期待できないため、近年は土曜日にまわされてしまっているのかとも思いますが)。
ただこういう時(レース)こそ、想像力を膨らませて臨機応変に頭を柔らかく望むことが不可欠で、私にとってはウズウズというかワクワクして予想するのが楽しいレースでもあります。競馬は何が起こるか分かりませんし、そんな予測不能かつ不思議な事態を想像できてしまうことも人間にはたまにあったりします。そして、それも競馬の面白さの一つだと思っています。




今年は暑い日が多いですが、馬も騎手もその中で頑張って競馬を盛り上げてくれているので予想するほうも暑さに負けないようにしたいものです。皆様もコロナと熱中症には十分注意して、夏競馬を楽しんで下さい。


※函館2歳S出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

カルロヴェローチェの口コミ


口コミ一覧
閲覧 193ビュー コメント 0 ナイス 6

おはようございます!(=^・^=)
いつも訪問される方々、ありがとうございます。

一雨ごとに暖かくなり、三寒四温の繰り返し!?
季節の変わり目なのでくれぐれもご自愛ください。

先週金曜(17日)、
この東海地方(名古屋)も桜(ソメイヨシノ)の開花宣言!!
ただ、今日から雨模様?? 
前線の停滞により週末も雨模様みたい??

相変わらず、我が懐だけ寒いのは、今でしょう?
では無く、昔からでしょう? (>_

 たぶお統括本部長 2023年3月20日(月) 18:11
今週の推奨馬+先頭の◎成績
閲覧 68ビュー コメント 0 ナイス 3


《今週の推奨馬》

★土曜日・中山10R・伏竜S(3歳オープン・ダート1800m)
・ユティタム
前走は12月に阪神ダート1800mの1勝クラス平場戦を3馬身差で圧勝して現在2連勝中と絶好調。
勝ちタイム1.53.9は、同日の古馬1勝クラスより0.7秒も速い優秀な時計であった。
中山は初めてだが、同じ右回りの1800mを2戦2勝なのだから問題なく勝ち負け必至。

★日曜日・中京10R・天白川特別(4歳以上2勝クラス・ダート1900m)
・スーパーチーフ
前走は3ヶ月ぶりで阪神ダート2000mの平場戦を僅か0.3秒差4着に惜敗。
休み明けにしては上々の内容で、当然叩いて上積みが見込める。
今回の中京ダート1900mは5走前に1勝クラスを勝っていて、中京ダート自体も〔1.0.1.0〕と着外が皆無なので叩き2戦目は勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・中山10R・韓国馬事会杯
3着レッドラパルマ
複勝150円

★日曜日・阪神10R・鳴門S
11着レオノーレ

これで今年の推奨馬成績は
成績・[10.6.2.6]
勝率・0.416
連対率・0.666
複勝率・0.750

単複回収率(24戰)
単勝・80.8%(1940円)
複勝・98.3%(2360円)
総合・89.5%

《先週の重賞レース◎成績》

★ファルコンS(GⅢ)
2着カルロヴェローチェ
複勝180円

★フラワーカップ(GⅢ)
1着エミュー
単勝640円
複勝260円

★阪神大賞典(GⅡ)
2着ボルドグフーシュ
複勝110円

★スプリングS(GⅡ)
2着ホウオウビスケッツ
複勝210円

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔6.8.4.14〕
勝率・0.187
連対率・0.437
複勝率・0.562

単複回収率(32戦)
単勝・60.6%(1940円)
複勝・89.6%(2870円)
総合・75.1%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★若葉S
1着ショウナンバシット
単勝220円
複勝110円

★名古屋城S
5着ウィルソンテソーロ

成績・[12.3.3.16]
勝率・0.352
連対率・0.441
複勝率・0.529

単複回収率(34戦)
単勝・162.9%(5540円)
複勝・89.7%(3050円)
総合・126.3%

[もっと見る]

 競馬戦略研究所所長 2023年3月19日() 22:11
重賞回顧 ファルコンS
閲覧 65ビュー コメント 0 ナイス 3

2023年03月18日 中京 11R 中スポ賞ファルコンS(G3)

◎:5枠 8番 ペースセッティング

◯:2枠 2番 カルロヴェローチェ
△:1枠 1番 テラステラ
△:4枠 5番 バグラダス
△:6枠 10番 ミルトクレイモー
-----------------------------------
馬券  :単勝
購入金額:3,000円
馬/組番:◎
◎ (8)
3,000円
-----------------------------------
馬券  :単勝
購入金額:3,000円
馬/組番:◯
◯ (2)
3,000円
-----------------------------------
馬券  :馬単
買い方 :1着ながし(マルチ)
購入金額:8,000円
1着:◎(8)
相手:◯, △(2, 1, 5, 10)
各1,000円(合計 8,000円)
-----------------------------------
馬券  :3連単
買い方 :ボックス
購入金額:6,000円
馬/組番:60組
◎, ◯, △(8, 2, 1, 5, 10)
各100円(合計 6,000円)



人気薄の馬が先頭争いをして、その後に人気馬が待機する通常なら順当に収まるレースでしたが、中団に馬も伸びがイマイチの展開になりました。その中4番手で最後まで脚を溜めた人気馬カルロベローチェと人気薄のタマモブラックタイが最後までたたき合いを演じ、人気薄のタマモブラックタイがハナ差制せて優勝。ヤネの幸騎手と手が合うのかこれで2連勝。本番も楽しみになりました。

 2着には1番人気のカルロベローチェ。福永騎手からの乗り代わりになりましたが、武豊騎手は最低限の仕事はできたと思います。

 3着に後方から差してきたサウザンサニー。上位に3馬身離されましたが、がんばりました。

 所長◎のペースセッティングは少し折り合いを欠いた分馬郡に沈んでしまいました。外国人騎手の腕っぷしの強さで好走が続きましたが、疲労が残っているのかもしれません。

[もっと見る]

⇒もっと見る

カルロヴェローチェの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
4:
  HELPRO   フォロワー:0人 2022年9月24日() 14:32:36
ルメールはもう欧州に帰れ。やる気の無さが露骨に見られたら懸命に調整している厩舎に迷惑。流石は欧州都落ちの舐め騎乗する鞍上はジョッキーでは無い。帰れゴミ鞍上。
3:
  LS指数🖍️   フォロワー:74人 2022年6月27日(月) 03:36:56
新馬戦は!
勝つことが重要!!
2:
  LS指数🖍️   フォロワー:74人 2022年6月27日(月) 03:05:06
ローゼスに!
勝った!
強い馬だと思った!
これからが注目の戦いになる!

⇒もっと見る

カルロヴェローチェの写真

カルロヴェローチェ

カルロヴェローチェの厩舎情報 VIP

2023年3月18日中スポ賞ファルコンS G32着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カルロヴェローチェの取材メモ VIP

2023年3月18日 中スポ賞ファルコンS G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。