オタルエバー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
オタルエバー
オタルエバー
写真一覧
現役 牡2 黒鹿毛 2019年2月23日生
調教師中竹和也(栗東)
馬主住谷 幾久子
生産者レイクヴィラファーム
生産地洞爺湖町
戦績 4戦[2-1-1-0]
総賞金2,812万円
収得賞金900万円
英字表記Otaru Ever
血統 リオンディーズ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
シーザリオ
ルージュクール
血統 ][ 産駒 ]
Redoute's Choice
Sunday Valentine
兄弟 ロークアルルージュベイサイドブルー
前走 2021/11/21 秋明菊賞
次走予定

オタルエバーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/11/21 阪神 9 秋明菊賞 1勝クラス 芝1400 11222.011** 牡2 55.0 幸英明中竹和也 462
(-8)
1.21.7 -0.335.1ブレスレスリー
21/10/24 東京 6 2歳1勝クラス 芝1400 8551.912** 牡2 55.0 石橋脩中竹和也 470
(+6)
1.21.9 0.034.7キミワクイーン
21/08/29 新潟 11 新潟2歳S G3 芝1600 12564.023** 牡2 54.0 幸英明中竹和也 464
(-4)
1.34.1 0.333.9セリフォス
21/07/24 新潟 5 2歳新馬 芝1600 182315.551** 牡2 54.0 幸英明中竹和也 468
(--)
1.34.6 -0.733.5コリエンテス

オタルエバーの関連ニュース

 ★秋明菊賞1着オタルエバー(栗・中竹、牡)は、朝日杯FS(12月19日、阪神、GI、芝1600メートル)に挑む。

 ★赤松賞2着パーソナルハイ(栗・矢作、牝)は、阪神JF(12月12日、阪神、GI、芝1600メートル)を目指す。

 ★21日東京の新馬戦(芝1400メートル)を逃げ切ったラッピングカラーズ(美・高橋祥、牝)は、引き続き石川騎手でひいらぎ賞(12月18日、中山、1勝クラス、芝1600メートル)へ。

【秋明菊賞】オタルエバーが人気に応えて逃走V 2021年11月21日() 14:48

 11月21日の阪神9R・秋明菊賞(2歳1勝クラス、芝・内1400メートル)は、幸英明騎手の1番人気オタルエバー(牡、栗東・中竹和也厩舎)がスタート後じわりとハナに立ち、そのまま先頭で直線に向かうと、2番手追走から猛追した7番人気ブレスレスリーを振り切り最後は突き放してゴール板を駆け抜けた。タイムは1分21秒7(良)。

 2馬身差の2着にはブレスレスリー、さらにハナ差の3着に好位につけて直線伸びたエクロール(2番人気)が入った。

 オタルエバーは、父リオンディーズ、母ルージュクール、母の父Redoute’s Choiceという血統。戦績は4戦2勝。

 ◆幸英明騎手(1着 オタルエバー)「まじめ過ぎて、ずっと掛かっている感じでしたね。それでもしまいまでしっかりと走れていたのは能力の証し。道中をリラックスして走れれば、もっと力を出せると思います。能力で勝っているようなものですね」

 ◆中竹和也調教師(同)「掛かっていたね。難しいところをみせていた。課題だね。もうちょっとリラックスしてくれたら、もうちょっと力を出せるんだけど。次の競馬までに考えます」 ※次走は朝日杯FSが目標

★21日阪神9R「秋明菊賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【POG調査隊】オタルエバー 2021年11月17日(水) 04:54

 オタルエバーが21日の秋明菊賞(阪神、1勝クラス、芝1400メートル)で2勝目を狙う。2走前の新潟2歳Sで3着を確保。自己条件の前走はクビ差2着も、中竹調教師は「短期放牧に出して体を作り直して、うまくいっていると思います」と好気配を伝える。先週のエリザベス女王杯アカイイトで制した中竹厩舎&幸騎手の強力タッグが、今週も大暴れだ。

オタルエバーの競走成績はこちら

[もっと見る]

【POG調査隊】キミワクイーン 2021年10月27日(水) 04:52

 24日の東京芝1400メートル戦で2勝目をあげたキミワクイーン阪神JF(12月12日、阪神、GI、芝1600メートル)で2歳女王の座を目指すこととなった。「有力馬(新潟2歳S3着のオタルエバー)を最後できっちりかわしてくれた。馬混みに入る競馬をしたことが生きた」と内田騎手も学習能力を評価する実戦派。GIでの走りに注目だ。

キミワクイーンの競走成績はこちら

[もっと見る]

【2歳1勝クラス・東京6R】キミワクイーンがG前で捕らえてV 2021年10月24日() 13:07

 10月24日の東京6R(2歳1勝クラス、芝1400メートル)は、内田博幸騎手騎乗の4番人気キミワクイーン(牝、美浦・奥村武厩舎)が道中2番手を追走から直線で逃げ込みを図る1番人気のオタルエバーをゴール前でクビ差捕らえてV。2勝目を挙げた。タイムは1分21秒9(良)。



 2着馬からさらに1馬身半差遅れた3着にコムストックロード(2番人気)が続いた。



 キミワクイーンは、父ロードカナロア、母チェリーペトルズ、母の父ダイワメジャーという血統。通算成績は3戦2勝。

★24日東京6R「2歳1勝クラス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【新潟2歳S】上がり最速32秒8!セリフォス弾けた 2021年8月30日(月) 05:00

 新潟2歳Sが29日、新潟競馬場で12頭によって争われ、3番人気のセリフォスが快勝。中団からメンバー最速の上がり3ハロン32秒8の脚を使って抜け出し、デビュー連勝で世代2頭目の重賞ウイナーに輝いた。管理する中内田充正調教師はこのレース歴代単独トップの3勝目で、出走させた3頭が全てVの快挙。1番人気のアライバルは1馬身1/4差の2着、逃げた2番人気のオタルエバーが3着に粘った。

 ◇

 荒れた内めの芝をものともせず、栗毛の若駒がグングン伸びた。越後路の2歳王者に輝いたのは極上の切れ味を発揮したセリフォス。大粒の汗を光らせながら、川田騎手は冷静な口調で快勝劇を振り返った。

 「無事に結果が出て何よりです。前半にいい流れでなくても勝ち切れたのは能力の高さだと思います。このまま無事に育ってくれるといいなと思います」

 相棒と馬場の状態を見極めた鞍上のジャッジが光った。スタートで出遅れたが、すぐに挽回して中団を確保。直線を向くと開催6週目で踏み荒らされたインコースへ、果敢に突っ込んでいった。

 「またがったときからやたらと左に行きたがっていたので、内の馬場は良くないですけど、気持ち良く走らせてあげようと思いました。馬場に関してはこなせる自信がありましたし、問題なく走ってきてくれました」

 内ラチを頼ることで真一文字に伸びたダイワメジャー産駒は、上がり3ハロン32秒8とメンバー最速の末脚を発揮。2着アライバルに1馬身1/4差をつけ、デビュー連勝を飾った。

 「ジョッキーがこのレースに乗る前から馬場を見て考えてくれていました」と新潟で臨場していた片山助手は最敬礼。これで中内田厩舎は2016年ヴゼットジョリー、17年フロンティアに続き、当レースで3戦3勝。川田騎手とのコンビでは2歳重賞8戦6勝という大活躍だ。

 「気性が幼いので集中できるか心配していましたが、まだ遊んでいましたね。でも、この先のことを考えれば、すでに完成しているよりも少しずつ大人になってくれればと思います」

 片山助手は伸びしろの大きさを強調する。次走は未定だが、暮れには朝日杯FS(12月19日、阪神、GI、芝1600メートル)が控える。中内田厩舎&川田騎手のタッグは、17年ダノンプレミアム、20年グレナディアガーズと2戦2勝。2歳ベストマイラーの座は、はっきりと視界に入っている。(漆山貴禎)



★29日新潟11R「新潟2歳S」の着順&払戻金はこちら



セリフォス 父ダイワメジャー、母シーフロント、母の父ルアーヴル。栗毛の牡2歳。栗東・中内田充正厩舎所属。北海道安平町・追分ファームの生産馬。馬主は(株)G1レーシング。戦績2戦2勝。獲得賞金3843万4000円。重賞は初勝利。新潟2歳S中内田充正調教師が2016年ヴゼットジョリー、17年フロンティアに次いで3勝目。川田将雅騎手は13年ハープスターに次いで2勝目。馬名は「エーゲ海にある島名。母名より連想」。

[もっと見る]

⇒もっと見る

オタルエバーの関連コラム

閲覧 330ビュー コメント 0 ナイス 0



24(日)に行われたG1菊花賞ほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
23(土)新潟7R3歳以上1勝クラスを、「芝替わりでは買う価値を見出せなかったが、この距離延長は大いに食指が動く。資質はずっと買ってきた馬、大きく狙うならここか」とした◎サブロンカズマで的中(12万1000円払戻し)。さらにアクセル全開となった24(日)には、東京2R2歳未勝利エテルナメンテ的中(「強い勝ち馬(次走サウジアラビアRC2着)を除くと、末脚は際立っていた」)、東京3R2歳未勝利キャルレイ的中(「大きな変わり身がありそう」)、勝負予想東京6R2歳1勝クラスキミワクイーン的中(「1400mが良いのはオタルエバーでなくこちら。新潟2歳Sでも◎を打った馬に今度こその想い」)、勝負予想新潟10R柏崎特別シャンブル的中(「瞬発力勝負に持ち込めば勝機はある」)と絶好調。週末トータルでは回収率174%、収支39万5600円の大幅プラスをマークしています。また、同時に3週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
23(土)に新潟9R3歳以上1勝クラス(2,265%回収)、阪神11R大阪スポーツ杯(2,247%回収)などのスマッシュヒットで活躍を披露すると、24(日)も東京2R2歳未勝利新潟10R柏崎特別などで好配当を演出。連日のプラス収支を達成し、土日2日間トータルでは、回収率143%、収支15万3610円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →真田理プロ
23(土)を回収率179%で折り返すと、翌24(日)は新潟6R3歳以上1勝クラスビオグラフィア阪神12R天王寺Sジュランビルを仕留めプラス。土日完勝となった先週は、トータル回収率204%をマーク、2週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →山口吉野プロ
24(日)のG1菊花では、◎タイトルホルダーディヴァインラヴの予想で的中(443%回収)。他にも、この日の勝負予想2鞍東京11RブラジルC▲○◎722%回収、阪神12R天王寺S的中などで勝負を決めた先週。週末トータル回収率は166%をマークしています。
 
 
 
この他にも、伊吹雅也プロ(193%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(170%←2週連続週末プラス)、イレコンデルパサープロ(162%)、エース1号プロ(117%)、導師嵐山プロ(109%)、にしのけいごプロ(104%)が回収率100%超をマークしています。
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年9月8日(水) 11:49 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2021) ~第7回ワールド上位者考察
閲覧 1,440ビュー コメント 0 ナイス 3

 JRAの夏季競馬が先週をもって終了。今週からはいよいよ秋季競馬がスタートします。
 2021年の夏季競馬シーズン中に施行されたJRA、かつ2歳のレースは177競走。既に1300頭がデビューを果たし、約13%にあたる170頭が勝ち上がりました。重賞も既に4レースが施行され、7月17日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)をナムラリコリス(ナムラキッスの2019)が、8月29日の新潟2歳ステークス(2歳G3・新潟芝1600m外)をセリフォス(シーフロントの2019)が、9月4日の札幌2歳ステークス(2歳G3・札幌芝1800m)をジオグリフアロマティコの2019)が、9月5日の小倉2歳ステークス(2歳G3・小倉芝1200m)をナムラクレア(サンクイーン2の2019)が勝利。各ワールドのランキングにも大きな動きが出てきたところです。
 今回は、9月5日終了時点における各ワールドの上位プレイヤーと、その指名馬をひと通りチェックしていきたいと思います。まだスペシャル以外の各ワールドでは仮想オーナー募集枠が順次解放されていますし、そもそも最終的な順位を左右するようなビッグレースが施行されるのはかなり先。好スタートを決めたプレイヤーの指名戦略を読み取り、今後に向けた対策を検討しましょう。

 なお、2020年、かつJRA、かつ2歳のレースにおける競走馬ごとの本賞金額(9月5日終了時点)トップ20は下記の通りでした。

【1位】ナムラクレア(サンクイーン2の2019) 4880万円
【2位】ナムラリコリス(ナムラキッスの2019) 3890万円
【3位】ジオグリフアロマティコの2019) 3800万円
【3位】セリフォス(シーフロントの2019) 3800万円
【5位】トーセンヴァンノ(トーセンソニアの2019) 2860万円
【6位】ヴィアドロローサ(ロイヤルストリートの2019) 2300万円
【6位】ラブリイユアアイズ(オープンユアアイズの2019) 2300万円
【8位】ベルウッドブラボー(マチャプチャレの2019) 2290万円
【9位】アスクワイルドモア(ラセレシオンの2019) 2190万円
【10位】アライバル(クルミナルの2019) 1900万円
【10位】カイカノキセキ(カイカヨソウの2019) 1900万円
【10位】スリーパーダ(シンハリーズの2019) 1900万円
【13位】コムストックロードニシノムーンライトの2019) 1730万円
【14位】ヒノクニ(トワイスアップの2019) 1677万円
【15位】ブッシュガーデン(フリスコベイの2019) 1530万円
【16位】アネゴハダ(イニシャルダブルの2019) 1480万円
【16位】オタルエバー(ルージュクールの2019) 1480万円
【18位】エーティーマクフィ(テンシンランマンの2019) 1430万円
【19位】カワキタレブリー(カフジビーナスの2019) 1410万円
【20位】テイエムスパーダ(トシザコジーンの2019) 1340万円
【20位】ポメランチェ(オレンジティアラの2019) 1340万円

 重賞ウイナーが上位を占めているものの、8月14日のコスモス賞(2歳オープン・札幌芝1800m)を制したうえ札幌2歳ステークスでも3着に食い込んだトーセンヴァンノ(トーセンソニアの2019)など、地道にポイントを積み重ねた馬も少なくありません。こういったタイプの扱いにも注目しておきたいところです。

 スペシャルワールドでトップに立っているのは、1億2726万円を獲得したムーンシュタイナーさん。スリーパーダ(シンハリーズの2019)などを指名している長澤まさみさんが最終週に迫ったものの、1401万円差で夏季競馬シーズンのチャンピオンに輝いています。
 ムーンシュタイナーさんは第1回入札でセリフォスを獲得。本賞金額トップ20にランクインした指名馬はこの馬だけでしたが、9月5日のすずらん賞(2歳オープン・札幌芝1200m)で4着に食い込んだジョーブリッランテ(ジョーアラマートの2019)など、他にも3頭の指名馬が勝ち上がりを果たしました。また、新馬や未勝利で上位に食い込んだ馬も多数。これらの馬が順調に出世したら、獲得ポイントはさらに伸びてくるでしょう。夏季競馬に特化しての作戦勝ちというわけではなく、層の厚さや順調度の差で自然と首位に立った印象です。

 G1ワールドは1億5686万円を獲得しているよ~じさんがトップ。ジオグリフを第5回入札で、セリフォスを第3回入札で獲得し、この2頭が2週連続で重賞を制しました。デビュー戦を勝ち上がった後の馬、それも夏の2歳重賞で有力視されるような馬は、注目度が上がってしまいがち。未デビュー馬とは違った難しさもある中で落札した2頭がしっかり結果を出したのですから、お見事と言うほかありません。全体的なラインナップを見ても、将来性のある逸材が多数。今後もしばらくはよ~じさんが首位争いの中心となっていくのではないでしょうか。

 G2ワールドは1億1285万円を獲得している0d2fb65705さんがトップ。ナムラクレアアライバルをデビュー前に獲得していました。ナムラクレアは新馬こそ3着に敗れてしまいましたが、未勝利の身で出走した8月14日のフェニックス賞(2歳オープン・小倉芝1200m)、そして小倉2歳ステークスを連勝。指名できた方、特にデビュー戦前後の段階で獲得した方にとっては、会心の展開だったのではないかと思います。

 G3ワールドは1億2981万円を獲得しているムタオさんがトップ。よ~じさんと同じくジオグリフセリフォスを指名されていますが、いずれも獲得したのはデビュー前です。ムタオさんは全体的に入札が早く、第4回までに20頭すべての指名を完了。ラインナップを拝見したところ、当連載の第1回でも名前が挙がっていたような、POG期間中の成績が良い調教師を重視されているように見えました。所属ワールドのルールは異なれど、基本的な戦略はおそらく私とほぼ同じ。もっとも今後が気になるプレイヤーと言っても過言ではありません。

 オープンワールドは1億5813万円を獲得している銀の荼毘さんがトップ。ナムラリコリスを第4回の入札で獲得しているほか、8月14日のコスモス賞(2歳オープン・札幌芝1800m)で2着となったエーティーマクフィ(テンシンランマンの2019)らを指名されています。夏季競馬シーズンの重賞やオープン特別を積極的に狙ったと思しきラインナップで、思惑通りのスタートダッシュ成功だったんじゃないでしょうか。既に11頭の指名馬が勝ち上がりを果たしていますから、今週以降も着実に獲得ポイントを伸ばしてきそう。どこまで勢いが続くのか楽しみです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2021年8月26日(木) 08:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 新潟2歳ステークス2021 
閲覧 826ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



8月29日(日)新潟11R 第41回新潟2歳ステークス(2歳G3・芝1600m)

【登録頭数:14頭】(フルゲート:18頭)

アライバル(牡馬、前走474kg、中9週、前走時印×)<C>
前走時の追い切りでは力強く伸びて迫力があったが、パドックでは丸みのある馬体でまだひと絞りあって良さそうに感じた。この中間も2週前、1週前と南Wで追い切られて、前走以上の好時計が出ている(ただし、前走時は自動計測に変わる前でその辺を考慮すると時計的には前走時とは変わらない感じ)。併せ馬では遅れ、坂路での時計は特に良くなった感じもなく、上積みは感じられない。

ウインピクシス(牝馬、前走424kg、中7週、前走時印△)<D>
小柄な牝馬だが、前走時の追い切りでは終いバネのある走りでしっかりと伸びていた。パドックでは落ち着きがあり、馬体はまだ締まりそうな感じに見えた。この中間は、自動計測に変わったことを考慮するとやや物足りない感じ。1週前の動きを見ると悪い馬場に伸び脚を殺されて伸びきれていない。良馬場で時計の速い馬場のほうが向いていそうな感じ。

オタルエバー(牡馬、前走468kg、中4週、前走時印△)<A>
前走時の追い切りでは重心の低い走りで栗東の坂路を力強く伸びていて、パドックでは毛艶も良く無駄肉がなく好仕上がりだった。この中間は1週前にCWを長めから併せてアスターマリンバ(先週小倉の3勝クラスで大穴演出)に1秒先着と、引き続き仕上がり良好。動きを見ても重心が低く安定した走りで、抜群の伸び脚。

キミワクイーン(牝馬、前走424kg、中9週、前走時印△)<D>
小柄な牝馬でも、前走時の追い切りではしっかり乗り込まれていた。1週前に強めに追われ、直前は馬なりで併せ馬と仕上がり上々が伝わる内容。若干トモは寂しく映ったものの毛艶良く見せたパドックでも、好仕上がりが目立った。この中間は馬なりでの調整で、前走時とそれほど変わっておらず(この馬も、今回から自動計測に切り替わっている)、実質前走時よりも時計がかかっていると判断していい。小柄な牝馬であまりビシビシと追えないのかもしれず、上積みはなさそう。

クラウンドマジック(牡馬、前走496kg、3ヶ月、前走時印△)<C>
この世代最初の新馬戦を勝利してから3ヶ月ぶりの一戦。前走時には乗り込み豊富で最終追い切りでは併せて先着していたが、この中間は間隔が空いているにもかかわらず乗り込み量に乏しい。1週前追い切りでは芝コースで終い伸びきれず遅れており、やや調整不足では。

クレイドル(牝馬、前走456kg、3ヶ月、前走時印▲)<B>
6月初めの新馬勝ちからの休み明け。前走時は馬なりでの調整も、3週連続長めから併せてしぶとさと素軽さを示す内容で、パドックでも仕上がり良好な馬体を披露していた。この中間も、馬なりでの調整だが2週前、1週前と南Wで併せ馬の動きを見るに重め感はなく仕上がりは良さそう。

サイード(牡馬、前走466kg、中6週、前走時印◯)<A>
前走時の追い切りでは、1週前に長めから3頭併せで追われてしっかりとした伸びを見せていた馬。そして直前は坂路で終いを伸ばす内容で仕上りは良かった。この中間は1週前に芝コースで3頭併せの外に併せる調整メニュー。悪い馬場も関係なしといった具合に、伸び脚は抜けて良く映り、仕上がり自体も良好だろう。

セリフォス(牡馬、前走480kg、中10週、前走時印◯)<A>
前走時は乗り込み豊富で2週前、1週前と強めに追われて直前は馬なりと、好仕上がり。動きにも力強さがあり、パドックでもやや重心が高めも毛艶がピカピカで締まった馬体だった。この中間も乗り込み豊富で2週前、1週前と併せ馬で一杯に追われて先着。動きを見ると、多少重さは残るが気合い乗り抜群で終いも伸びた。あと1週間あればさらに良化を果たせそう。

タガノフィナーレ(牝馬、前走484kg(+4)、中2週、前走時印◎)<B>
浅見厩舎の馬で新馬戦、前走と1週前の日曜日に速い時計を出しての仕上げ(直前は軽め)。これまでの2戦のパドックでは馬体は大きいがトモがまだ寂しく映る感じ。この中間は間隔が詰っているが、1週前、日曜と坂路で好時計が出ていて仕上りは悪くない。

グランドライン(牡馬、前走514kg(±0)、中7週、前走時印▲)<C>
この中間は坂路で乗り込まれて、時計は新馬戦当時と変わらず。時計に表れての通り、大きく変わったという印象はない。

コムストックロード(牝馬、前走434kg(+4)、中2週、前走時印◯)<B>
新馬、未勝利、ダリア賞と使われて中2週でのレースとなるが、1週前に速い時計を出していて調子落ちはなさそう。動きを見ても手応えに余裕があり、終いの伸びも良かった。小柄な牝馬だが使われる度に締まってきている感じで、前走時がいちばん好パドックに映った。

スタニングローズ(牝馬、前走478kg(-2)、中8週、前走時印◎)<A>
デビュー前から坂路で好時計の出ていた馬で、この中間も2週前、1週前と強めに追われて好時計は出ている。牝馬でも馬体はしっかりしていて前走時のパドックではまだ絞れそうな感じにも見えたので、上積みはまだありそう。

オカンモシャチョウ(牝馬、未出走)<D>
8月から坂路で乗り込まれて優秀な時計は出ているが、内容を見るとスピードが勝ったタイプという印象も。それ以前に新馬戦を勝ち上がってきた馬たちを相手に、初出走で勝てるほど相手も弱くない。

ピンクダイヤ(牡馬、未出走)<B>
この馬は乗り込み量がかなり多いが、併せ馬での遅れが多く終いの時計もかかり気味。経験馬相手では厳しそう。


※今回のこのコラムからの推奨馬はオタルエバーサイードスタニングローズセリフォスの4頭をあげておきます。



◇今回は新潟2歳S編でした。
前回のコラムでも紹介した美浦トレセンの南Wコースの自動計測に関してですが、運用が開始された週とその前の週では明らかな違いが出ています。
人間の手による計測と機械による計測なので違いが出てしまうのは仕方がないことですが、南Wコースに関しては7月27日以降の時計が速くなっています。
前走時の調教タイムと比較して予想する際には、そのことを前提に予想して頂きたいと思っています。
この新潟2歳Sに関しても、自動計測前の新馬戦を勝って今回が2戦目という馬が何頭かいますので、そのような馬に関しては調教内容や映像があれば実際に走っている姿を観て比較したほうが良さそうです。

※新潟2歳S出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

オタルエバーの口コミ


口コミ一覧

恥ずかしい馬予想2021.11.21[結果]

 DEEB 2021年11月21日() 17:17

閲覧 62ビュー コメント 0 ナイス 6

東京 9R 赤松賞 2歳1勝クラス(混合)牝(特指)
◎ 9 スターズオンアース…3着
○ 1 モカフラワー…4着
× 8 ☆パーソナルハイ…2着
× 5 ☆コントディヴェール…7着
[結果:アタリ△ 複勝 8 280円、ワイド 8-9 450円]

東京11R 霜月ステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 2 レディバグ…4着
○ 7 ヘリオス…1着
▲14 ☆サンライズラポール…8着
△15 スマートダンディー…7着
× 4 ☆タイムフライヤー…8着
☆ 6 ニシノデイジー…11着
[結果:ハズレ×]

阪神 2R 2歳未勝利(混合)
◎ 5 ルアル…4着
○ 8 スリードレフォン…3着
▲ 6 レオインテンシブ…7着
△ 2 ☆オーロベルディ…12着
×11 レイビル…10着
[結果:ハズレ×]

阪神 6R 3歳以上1勝クラス
◎ 9 ダノンマデイラ…1着
○ 6 サンライズグリット…7着
▲ 2 タイスケフェイス…8着
△13 ☆フォルテデイマルミ…3着
[結果:アタリ△ 複勝 13 170円]

阪神 9R 秋明菊賞 2歳1勝クラス(混合)(特指)
◎ 2 オタルエバー…1着
○ 6 エクロール…3着
×10 ☆サイード…7着
[結果:アタリ△ ワイド 2-6 180円]

阪神11R マイルチャンピオンシップ GⅠ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 3 シュネルマイスター…2着
○12 グランアレグリア…1着
▲ 1 ホウオウアマゾン…5着
△ 9 グレナディアガーズ…13着
× 6 ケイデンスコール…10着
[結果:アタリ△ 馬連 3-12 370円、ワイド 3-12 190円]

阪神12R 姫路ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎14 サヴァ…1着
○ 8 シゲルタイタン…4着
× 4 ☆タガノプレトリア…12着
×13 ☆オレンジペコ…14着
[結果:ハズレ×]

福島11R 福島民友カップ (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎10 ホウオウトゥルース…12着
○ 1 ケイアイパープル…5着
▲15 サンダーブリッツ…7着
△ 5 ダノンスプレンダー…9着
× 7 ☆トップウイナー…13着
☆11 ショーム…10着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:8戦0勝4敗4分]
パッとしませんね。

 trance30 2021年11月21日() 08:38
今日の注目馬
閲覧 59ビュー コメント 0 ナイス 4

〇複勝おすすめ馬
・東京3R ⑦ストーリア
「必勝を期しての東京遠征。勝ち負け!」と複数の情報網から猛プッシュされているこの馬。
新潟のデビュー戦は、メンバー最速タイの末脚を発揮しながら3着。勝ち馬には水を開けられたが、
勝ち馬は先週のG2デイリー杯2歳Sで2着のソネットフレーズでは相手も悪かった。
ただ、それでも厩舎サイドは初戦から勝ち負けの期待を抱いていただけに、
「あの消極的な乗り方にはガッカリした」と全く納得していなかったのだ。
だからこそ、阪神土曜に牝馬限定の芝1800m戦があるにも関わらず、
敢えてG1裏で相手関係も楽な日曜の東京へ遠征させてきた事情もある。
福永→石川という乗り替わりは、一見鞍上弱化に映るだろうが、オーナークラブの『ロードHC』は
特に関東圏で石川を頻繁に起用し手腕を評価。負けられない一戦の今回の鞍上に指名してきたという訳だ。
「早くからココを目標に態勢は万全。競馬を経験したのと休養効果で、馬がシャキッとしてきたし、
未勝利ではもってる能力も一枚上のハズ。今度は取りこぼせない」と自信満々に送り出されている。

・東京5R ⑨ケイアイユニバース
追い込み馬が殺到した流れを先行勢で唯一踏ん張った前走が極上の中身。
ここは血統どおりにダート替わりで良さが出たこの馬の相手探しに専念できるレース。
厩舎関係者も「芝でもずっと悪い競馬はしていなかったけど、前走の内容を見ると結局、
適性はダートだったということだね。この中間も中5週のゆとりローテで馬は元気が有り余ってる
ぐらいだし、ウチパクさんも『ようやくこの馬のコツをつかんだ。メンバー的にも今度は順番だろう』
って。まぁ新馬からの折り返し組が相当ガラリ一変でもしない限りは、だいたい大丈夫だと
みているんだよ」と完全にソロバンを弾いている。

・福島6R ⑪タマモタップダンス
伊藤圭三厩舎にとって、母や兄弟も管理してきた、蜜月関係のオーナーとの縁馬でもあるこの馬。
産駒は9頭中7頭が勝ち上がっている、いわゆるクズを出さない血統馬であり、
実はその7頭すべてがダートでのみ勝っているというダート血統。
このタマモタップダンスも期待通りの動きをデビュー前から見せており、2週続けて格上の古馬相手
(3勝クラスのシゲルタイタン)に互角の動きを披露。しかもそのシゲルタイタンは同じ日の
阪神12Rに出走しているように、仕上がっている格上相手に互角だからこそ非常に価値が高い。
坂路4F51.1-37.8-25.2-12.5は全体でも5番目という非常に優秀なもの。鞍上には厩舎所属で
今年の新人賞(現在1位小沢とは1勝差)を獲らせたい永野騎手を起用と星勘定でもある一戦。
2週続けて追い切りにも跨りクセも掴んでいるだけに、これは鞍上にとって貴重な1勝をと
厩舎から用意された馬と見てまず間違いない。

〇軸おすすめ馬(複勝約1.1倍)
・阪神1R ⑦バハルダール ・阪神6R ⑨ダノンマデイラ
・阪神9R ②オタルエバー ・阪神10R ⑤プログノーシス

[もっと見る]

 DEEB 2021年11月21日() 08:11
恥ずかしい馬予想2021.11.21
閲覧 171ビュー コメント 0 ナイス 5

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

東京 9R 赤松賞 2歳1勝クラス(混合)牝(特指)
◎ 9 スターズオンアース
○ 1 モカフラワー
× 8 ☆パーソナルハイ
× 5 ☆コントディヴェール

東京11R 霜月ステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 2 レディバグ
○ 7 ヘリオス
▲14 ☆サンライズラポール
△15 スマートダンディー
× 4 ☆タイムフライヤー
☆ 6 ニシノデイジー

阪神 2R 2歳未勝利(混合)
◎ 5 ルアル
○ 8 スリードレフォン
▲ 6 レオインテンシブ
△ 2 ☆オーロベルディ
×11 レイビル

阪神 6R 3歳以上1勝クラス
◎ 9 ダノンマデイラ
○ 6 サンライズグリット
▲ 2 タイスケフェイス
△13 ☆フォルテデイマルミ

阪神 9R 秋明菊賞 2歳1勝クラス(混合)(特指)
◎ 2 オタルエバー
○ 6 エクロール
×10 ☆サイード

阪神11R マイルチャンピオンシップ GⅠ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 3 シュネルマイスター
○12 グランアレグリア
▲ 1 ホウオウアマゾン
△ 9 グレナディアガーズ
× 6 ケイデンスコール

阪神12R 姫路ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎14 サヴァ
○ 8 シゲルタイタン
× 4 ☆タガノプレトリア
×13 ☆オレンジペコ

福島11R 福島民友カップ (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎10 ホウオウトゥルース
○ 1 ケイアイパープル
▲15 サンダーブリッツ
△ 5 ダノンスプレンダー
× 7 ☆トップウイナー
☆11 ショーム

何もする気もなく、徘徊に出かけましょうかね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

オタルエバーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年10月24日() 12:50:06
鞍上の選択ミス。石橋脩は目標にされると満足な騎乗が出来なくなるのを気付けなかった調教師の大ミス。
1:
  TERAMAGAZINE   フォロワー:58人 2021年9月15日(水) 16:16:36
(募集枠:0名)かあ

逃げ馬はもっていたい…

オタルエバーの写真

オタルエバー
オタルエバー

オタルエバーの厩舎情報 VIP

2021年11月21日秋明菊賞1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

オタルエバーの取材メモ VIP

2021年11月21日 秋明菊賞 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。