ポメランチェ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ポメランチェ
写真一覧
現役 牝2 黒鹿毛 2019年2月13日生
調教師牧田和弥(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績 2戦[1-0-0-1]
総賞金700万円
収得賞金400万円
英字表記Pomeranc
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
オレンジティアラ
血統 ][ 産駒 ]
サクラバクシンオー
オレンジブロッサム
兄弟 ヤマノブロッサムボーヴィヴィエンヌ
前走 2021/07/17 函館2歳ステークス G3
次走予定

ポメランチェの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/07/17 函館 11 函館2歳S G3 芝1200 11442.217** 牝2 54.0 藤岡佑介牧田和弥 402
(+10)
1.10.6 0.736.9ナムラリコリス
21/06/19 札幌 5 2歳新馬 芝1200 12677.131** 牝2 54.0 藤岡佑介牧田和弥 392
(--)
1.07.9 -0.634.3ナムラリコリス

ポメランチェの関連ニュース

 函館2歳Sが17日、函館競馬場で11頭によって争われ、3番手で運んだ3番人気のナムラリコリスが直線で抜け出し、世代初の重賞ウイナーに輝いた。鞍上の泉谷楓真(ふうま)騎手(19)=栗・本田=はデビュー2年目でうれしい重賞初勝利。1馬身1/4差の2着に2番人気カイカノキセキ、3着には10番人気の未勝利馬グランデが入った。1番人気のポメランチェは7着。

 ◇

 海の見える競馬場で、明るい未来を切り開いた。2019年生まれ最初のJRA重賞ウイナーは、ジョーカプチーノ産駒のナムラリコリス。好位抜け出しを決めた泉谷騎手は、同世代のジョッキーで初の重賞制覇となった。

 「最後は抜け出すのが早くなったけど、馬の力で勝てました。(重賞初勝利は)素直にうれしいです」

 会心の笑顔にあどけなさが残る19歳。タイトル奪取までの過程はプロに徹していた。重賞挑戦を見据え、前走ではムチを封印し、余力を残して勝利をつかんだ。最終追い切りでは馬の後ろで我慢を教え込ませるなど、描いた青写真通りのV。デビュー2年目とあって「自分の中では重賞を勝つのに時間はかかった。これからもっと頑張ります」と、さらなる向上心を燃やす。

 「(泉谷騎手と)2人で話した通りのレース。安心して見ていられた」と、大橋調教師はフレッシュコンビに最敬礼。「3回使ったので休養させます。距離が延びても大丈夫そうなので1400メートル、1600メートルも考えたい」と、今後のビジョンを語った。(内海裕介)



★17日函館11R「函館2歳S」の着順&払戻金はこちら



ナムラリコリス 父ジョーカプチーノ、母ナムラキッス、母の父マツリダゴッホ。芦毛の牝2歳。栗東・大橋勇樹厩舎所属。北海道浦河町・桑田正己氏の生産馬。馬主は奈村睦弘氏。戦績3戦2勝。獲得賞金3929万9000円。重賞は初勝利。函館2歳S大橋勇樹調教師、泉谷楓真騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+花の名前」。

【函館2歳S】レースを終えて…関係者談話2021年7月18日() 04:47

 ◆坂井騎手(グランデ3着)「初めてもまれる競馬になって、しかもこの相手ですからね。しっかりと脚を使ってくれました」

 ◆池添騎手(イチローイチロー4着)「スタートは良かったですが、他が速かったぶん、うながす形。最後までしぶとく脚は使ってくれました」

 ◆加藤騎手(カワキタレブリー5着)「速い馬がそろっていたので、ついていけなかった。3、4コーナーからはハミを取って、しっかりと持ち味のしぶとさを生かせました」

 ◆藤岡佑騎手(ポメランチェ7着)「きょうは馬場がマッチしませんでした。レース自体は落ち着いていましたが、最後は苦しくなってもたれていました」



★17日函館11R「函館2歳S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【函館2歳S】1番人気ポメランチェ軽快逃げも7着「今回は馬場がマッチしなかった」 2021年7月17日() 18:04

 7月17日の函館11Rで行われた第53回函館2歳ステークス(2歳オープン、GIII、芝1200メートル、馬齢、11頭立て、1着賞金=3100万円)は、泉谷楓真騎手騎乗の3番人気ナムラリコリス(牝、栗東・大橋勇樹厩舎)が好位の外め追走から直線で抜け出して勝利。世代最初の重賞ウイナーに輝いた。また、デビュー2年目の泉谷騎手はJRA重賞初勝利を飾った。タイムは1分09秒9(良)。



 デビュー戦をレコードで快勝し、1番人気に支持された藤岡佑介騎乗のポメランチェは、好スタートから前走に続いて逃げの競馬を選択。前半3ハロン33秒7のハイラップを刻んで押し切りをはかるも、直線半ばで力尽きて7着に敗れた。



 ◆藤岡佑介騎手「ある程度、外からくるとは思っていましたが、主張していきました。道中は落ち着いて運べましたが、今回は馬場がマッチしなかったです。最後は苦しくてモタれていました」

★17日函館11R「函館2歳S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【うわさの2歳馬】ヒルノロワール2021年7月17日() 11:20

 【函館5R】ヒルノロワールの動きの良さが際立っている。先週の函館芝コースで5F62秒6、ラスト1F12秒3の好時計をマーク。Wコースの最終追いでは、土曜の函館2歳Sに出走する有力馬ポメランチェと併入した。「先週の併せ馬が上々の動きだった。メンバーはそろいそうだが、好レースを期待」と鳴海助手は手応え。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】函館2歳S2021 現2歳世代最初のJRA重賞ウイナーが決まる一戦!あの人の見解は!? 2021年7月17日() 05:30


※当欄では函館2歳Sについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【原奈津子】
◎⑨メリトクラシー
○⑪ナムラリコリス
▲⑩リトス

【天童なこ】
◎⑪ナムラリコリス
○④ポメランチェ
▲⑧トーセンヴァンノ
△①グランデ
△②フェズカズマ
△⑤カワキタレブリー
△⑥カイカノキセキ
△⑩リトス

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑥カイカノキセキ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑥カイカノキセキ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】函館2歳ステークス2021 キャリアの浅い馬が多く指数泣かせだが1着馬候補は絞れる! 2021年7月16日(金) 18:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は函館2歳ステークス・U指数予想をお届けします!


U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

2歳世代最初の重賞競走。キャリア1~2戦の馬の出走がほとんどで、まだ能力の片りんを見せていない馬も多く、U指数の順位通りに攻略するのは難しいレースである。2017年2着のウインジェルベーラ(13位、12番人気)のように、指数も人気も二桁順位という馬の馬券絡みも頻ぱんに見られるため、馬券を的中させるにはひと工夫もふた工夫も必要になると言えよう。
 
ただ、1着馬に関しては指数上位の奮闘が目立ち、昨年は5位のリンゴアメが10番人気の低評価を覆して優勝した。また、2016年のレヴァンテライオン(7位、2番人気)や2018年のアスターペガサス(8位、2番人気)のように、やや指数に劣る馬が好走する際は、たいていが上位人気。このポイントを押さえ、今年の優勝馬に迫っていきたい。
 
前走、驚異的なタイムでレコードを塗り替えた1位の④ポメランチェ(84.9)には、当然ながら高い評価を与える必要がある。以下、ともに初戦はレコード決着の前に後塵を拝する格好となったものの、直後の未勝利を快勝してここに臨む2位の⑩リトス(81.8)と、3位の⑪ナムラリコリス(81.6)、指数は低いながらもルメール騎手起用で勝負気配が漂う7位の⑨メリトクラシー(75.8)まで押さえておきたい。

【U指数予想からの注目馬】
ポメランチェ ⑩リトス ⑪ナムラリコリス ⑨メリトクラシー

[もっと見る]

⇒もっと見る

ポメランチェの関連コラム

閲覧 1,620ビュー コメント 0 ナイス 4

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2021年7月17日()の凄馬!>
超凄馬
福島12R 3歳以上500万以下
グラウシュトラール(+3.9)

超凄馬
小倉1R 2歳未勝利
トーホウラビアン(+3.5)

超凄馬
函館11R 函館2歳ステークス G3
ポメランチェ(+3.0)

超凄馬
函館12R かもめ島特別
イカット(+2.8)

超凄馬
小倉7R 3歳未勝利
ブラビオ(+2.7)

超凄馬
福島7R 3歳未勝利
キラメキ(+2.5)

超凄馬
函館10R 湯浜特別
オセアダイナスティ(+2.4)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2021年7月18日、集計数:41,920レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は、ウマニティ会員登録(無料) することで受信できます。
凄馬メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<凄馬メール受信設定の仕方>
こちら から、ウマニティ会員登録を行ってください。
仮登録メール受信→確認リンク押下→登録完了メール受信、の手順で会員登録は完了です。
②ウマニティにログインし、各種メール設定 より、凄馬メール受信をオンに設定する。

日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!


登録済みの方はこちらからログイン

2021年7月14日(水) 16:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 函館2歳ステークス2021
閲覧 552ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



7月17日(土)函館11R 第53回函館2歳ステークス(2歳G3・芝1200m)


【登録頭数:12頭】(フルゲート:16頭)

<賞金上位馬>

イチローイチロー(牡馬、前走422kg、連闘)<C>
前走時しっかり乗り込まれていて、時計はそれほど目立たなかったが最終追い切りでは外を回って先行して粘り込む良い動きだった。パドックでは小柄な馬の割にまだ多少緩さが感じられ、連闘で馬体が締ってくれば上積みもあるかもしれない。

カイカノキセキ (牝馬、前走472kg、中4週)<A>
デビュー前は栗東で乗り込まれて、札幌移動後もダート、芝コースで好時計をマーク。パドックでは、太め感もなく馬体面からも好仕上りといった感じだった。今回、中4週で1週前には札幌の芝コースを馬なりで前走以上の好時計で駆け抜けており、上積みが期待できそう。

カワキタレブリー(牡馬、前走422kg、中1週)<D>
前走時は乗り込み量は少なかったが、最終追い切りでは3頭併せの内に併せて好時計で先着。小柄な馬で滞在競馬という点がプラスになった感じ。前走時のパドックではトモが寂しく映ったので、中1週での反動が心配。

トーセンサンダー(牡馬、前走472kg、中4週)<A>
デビュー前には美浦の南W(杉浦厩舎の馬だが外を回って好時計)で乗り込まれて、札幌での追い切りでも力強い動きを見せていて、調教通りレースでも強い競馬で新馬勝ち。この中間は函館での調整で、1週前追い切りでは併せ馬の外を力強く伸びて好時計と上積みは十分期待できそう。

フェズカズマ(牡馬、前走486kg、中3週)<C>
前走時の追い切りでは坂路で好時計が出ていた。動きを見るとスッとダッシュ良く好時計が出るタイプではないので、今回は芝替わりで速いスピードにどれだけついていけるかだろう。

ポメランチェ(牝馬、前走392kg、中3週)<D>
デビュー前には栗東でかなり乗り込まれていた。この中間も函館Wで乗り込まれているが時計平凡で、かなり小柄な牝馬、とくればプラスになる材料はあまりない。

メリトクラシー(牡馬、前走490kg、中4週)<C>
デビュー前は栗東で入念な乗り込みで、坂路での時計も優秀とあって仕上がりは良さそうだったが、パドックではかなり緩さがあった。この中間は栗東から函館に移動しての調整も、目立つ時計なし。

ナムラリコリス(牝馬、前走466kg(+2)、中1週)<C>
前走は叩き2戦目での上積みがあった感じだが、この中間は中1週が続き状態キープが課題。

ベルウッドブラボー(牡馬、前走462kg(-2)、連闘)<C>
前走時は南Wで2週連続好時計が出ていて、パドックでも出来はかなり良く見せた。今回連闘で函館への輸送もあり、2歳馬には厳しい条件が続く。

リトス(牝馬、前走404kg(±0)、中2週)<B>
小柄な馬だが、この中間は1週前に函館芝コースを併せ馬で追われ好時計。引き続き調子は良さそう。

グランデ(牝馬、前走458kg、中3週)<B>
前走時は乗り込み量乏しく時計も平凡で息が持たなかったが、この中間は札幌に移動して併せ馬3本を消化。いずれも好時計で上積みが見込める。

トーセンヴァンノ(牝馬、前走478kg(+4)、連闘)<C>
2着が続いたが、全体的に乗り込み量が少ないここまで。レースを使いながら仕上げていく、ということだろうが今回は連闘となる。疲れが取れるかが心配。


<地方馬>

ラブミードール(牝馬、前走470kg(-6)、中2週)<B>
門別で、世代最初の新馬戦を勝っている馬で、前走の栄冠賞は敗れたが先行力のある馬。この中間も門別坂路で好時計が出ていて仕上りは良さそう。あとは、初芝でどこまでこの馬のレースができるか。


※このコラムからの推奨馬はトーセンサンダーカイカノキセキリトスグランデの4頭をあげておきます。



◇今回は函館2歳ステークス編でした。
東京オリンピック延期の影響で今年も北海道シリーズは、札幌→函館→札幌と変則日程となり、函館開催は来週からもまだ3週間開催されます。
この函館2歳ステークスは昨年同様に土曜日での開催に。......とここで、ちょっと違和感が。というのも、夏競馬では障害重賞と札幌2歳S以外は土曜日に重賞が組まれることはあまりなく、しかも今年の場合次週の函館で重賞があるわけでもなし。これなら、1週間遅らせても良いのではないかと思ってしまいます。
もともとが変則日程ですから、そこは臨機応変に開催を変更しても、1週違うくらいならそれほど他に影響は出ないと思うんですけどねぇ。日曜のメインレースのほうが注目度も高まって売り上げも伸びるでしょうし。
以上、「日曜に組んであげたらよかったのに」という函館2歳ステークスのお話でした。

※函館2歳S出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年6月24日(木) 13:08 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2021) ~第5回新馬勝ち馬レビューPart2~
閲覧 435ビュー コメント 0 ナイス 3

 前回に引き続き、JRAの新馬で優勝を果たした馬たちのプロフィールを紹介していきます。今回ご覧いただくのは6月13日(日)、6月19日(土)、6月20日(日)の勝ち馬です。

■2021年06月13日 札幌05R 芝1200m
【優勝馬】トーセンサンダー(U指数82.6)
牡 父トーセンファントム/母カグラグレイス 杉浦宏昭厩舎
→母のカグラグレイスは現役時代にJRAで1勝。近親にJRAで5勝をマークしたシンボリエンパイアがいます。単勝オッズ43.8倍(7番人気)と前評判は高くなかったのですが、勝ち時計の1分8秒9はこの時点における札幌芝1200mの2歳レコード。今後はしっかりマークしておくべきでしょう。

■2021年06月13日 中京05R 芝1200m
【優勝馬】メリトクラシー(U指数75.8)
牝 父シルバーステート/母メリオーラ 武幸四郎厩舎
→G1レーシングの所属馬で、募集価格は1600万円。母は現役時代にヴェルジェール賞(伊G3)2着の実績があります。なお、父のシルバーステートは新種牡馬。現役時代はデビュー2戦目から4連勝でオープン入りを果たしたものの、故障のためオープンクラスのレースを使うことなく引退しました。初年度産駒の血統登録頭数は百頭を超えていますし、今後は馬券的にも面白い存在となりそう。本馬はもちろん、他の産駒からも目が離せません。

■2021年06月13日 東京05R 芝1800m
【優勝馬】ヴァーンフリート(U指数71.4)
牡 父リオンディーズ/母ロスヴァイセ 手塚貴久厩舎
→キャロットファームの所属馬で、募集価格は3000万円。母のロスヴァイセは現役時代にJRAで3勝をマークしています。3代母は名繁殖牝馬として知られるソニンクで、近親にはディアドラロジユニヴァースなど活躍馬が多数。重賞戦線でも注目を集めそうです。

■2021年06月19日 札幌05R 芝1200m
【優勝馬】ポメランチェ(U指数84.9)
牝 父キングカメハメハ/母オレンジティアラ 牧田和弥厩舎
→社台レースホースの所属馬で、募集価格は2400万円。母のオレンジティアラは現役時代にJRAで4勝をマークしたほか、2009年の小倉2歳ステークスで3着となった実績もあります。勝ち時計の1分7秒9は、前週にトーセンサンダーがマークした記録を1秒も上回る札幌芝1200mの2歳レコードでした。ちなみに、母のオレンジティアラは私が一口出資していた馬。典型的な“夏馬”だったことをよく覚えていますが、この馬はどうなるでしょうか。

■2021年06月19日 阪神05R ダ1200m
【優勝馬】フェズカズマ(U指数78.8)
牡 父ドレフォン/母シナジーウィスパー 安田隆行厩舎
→2019年のセレクトセールで購買されており、価格は6480万円。近親にカンパニートーセンジョーダンらがいます。父のドレフォンは新種牡馬で、ハイアムズビーチが新馬勝ちを果たした前週に続き早くもJRA2勝目をマーク。引き続きマークしておきたいストームキャット系種牡馬の新興勢力です。

■2021年06月19日 東京05R 芝1600m
【優勝馬】アライバル(U指数77.9)
牡 父ハービンジャー/母クルミナル 栗田徹厩舎
→キャロットファームの所属馬で、募集価格は5000万円。母のクルミナルは2015年のエルフィンステークスを制したほか、同年の桜花賞で2着に、オークスで3着に健闘しています。半姉には2020年アルテミスステークス2着などの実績があるククナ。デビュー前から注目を集めていましたし、指名された皆さんはホッとしているんじゃないでしょうか。

■2021年06月19日 札幌06R ダ1000m
【優勝馬】アーリーレッグ(U指数74.5)
牡 父マジェスティックウォリアー/母ピッチシフター 伊藤圭三厩舎
→2020年の北海道セレクションセールで購買されており、価格は1650万円。母のピッチシフターは現役時代に地方で12勝をマークしたほか、2014年にはダートグレード競走のサマーチャンピオンで2着に食い込みました。芝でどれくらいやれるかは未知数ですが、少なくともダート路線においては面白い存在となりそうです。

■2021年06月20日 札幌05R 芝1200m
【優勝馬】グランアプロウソ(U指数80.2)
牡 父Gun Runner/母Fiducia 松永幹夫厩舎
→母のFiducia(フィドゥーシア)は現役時代にJRAで7勝。2017年のアイビスサマーダッシュで2着となった実績もあります。父のGun RunnerはBCクラシックなどを制した馬で、現2歳世代が初年度産駒。この馬の活躍次第では、日本国内でも人気が高まるかもしれません。

■2021年06月20日 阪神05R 芝1600m
【優勝馬】ダノンスコーピオン(U指数75.3)
牡 父ロードカナロア/母レキシールー 安田隆行厩舎
→母のレキシールーは現役時代にナッソーステークス(加G2)などを勝っています。7頭立てとはいえ、いわゆる“POG本”で大きく取り上げられていた馬も出走していましたし、レース自体のレベルを疑問視する必要はなさそう。次走以降が楽しみな一頭です。

■2021年06月20日 東京05R 芝1400m
【優勝馬】キミワクイーン(U指数76.6)
牝 父ロードカナロア/母チェリーペトルズ 奥村武厩舎
→2020年のセレクトセールで購買されており、価格は2200万円。母のチェリーペトルズは現役時代にJRAで2勝をマークしています。先手を取ってそのまま押し切った形ではあるものの、上がり3ハロンタイム順位は2位タイ。今シーズンの2歳新馬で活躍が目立っている追分ファームの生産馬ですし、引き続き注目しておきましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

ポメランチェの口コミ


口コミ一覧

重賞回顧 函館2歳S

 組合長 2021年7月20日(火) 18:45

閲覧 25ビュー コメント 0 ナイス 6

早くも2歳重賞となったこのレースでしたが、優勝したナムラリコリスはデビュー戦で1番人気のポメランチェに完敗したものの、2走目となった函館の未勝利戦で勝ち星を挙げた勢いそのままに着差以上の勝ちっぷりでした。デビュー戦は負けたとはいえ、抑える競馬をしたのがここにきて生きたようです。

 2着には所長◎のカイカノキセキ。うまく流れに乗り直線で前をとらえたところを勝ち馬に並ぶ間もなく交わされたものの3着にはしっかり差をつけており及第点。今後の成長如何ですがセンスは見せてくれました。

 3着には上り最速で突っ込んできた未勝利馬のグランデ。前に有利なレースだっただけに、次走はキッチリ未勝利を脱出できると思います。そこから仕切り直しで上を目指してもらいたいです。

 なんとも残念だったのは1番人気のポメランチェ。スピードのあるところは見せてはくれましたが、まだ一本調子。途中から競りかけてきたリトスと共倒れでいいところが見られませんでした。それでもまだまだこれからの馬で、次走は調教内容次第では、再注目が必要です。

 ゼファー 2021年7月17日() 17:39
第57回農林水産省賞典 函館記念GⅢ
閲覧 163ビュー コメント 0 ナイス 12

累計:−1090(うぅ・・取り返せない(泣

ホームランを狙います!
巧くいけばヒットなんて考えず、狙い玉を絞って思い切って振ります。

<馬場状態>

土曜日の第53回函館2歳ステークスGⅢを観て
1番人気のレコードホルダーのポメランチェが、2.7秒も時計を落として7着へ
洋芝らしい時計が掛かる馬場状態

上がり34秒後半が限界な粘っこい洋芝な印象
ハイペースなら前がバテて後ろも届きそうだが、
ミドルペースより流れなければ、後ろが届かない先行有利な馬場状態!

<馬券>

マイネルファンロン:本命
ハナはこの馬、秋山 稔樹騎手が馬に任せて行く事を信じる
4角先頭なら馬場が味方して、後ろが届かない

バイオスパーク:単穴
第56回農林水産省賞典 函館記念GⅢの戦歴が魅力
函館得意な池添 謙一騎手なら、早めに捲くって粘り込む。

トーセンスーリヤ:対抗
番手から粘り込む

予算:80のハズが、挽回馬券を追加して、予算:90にしてしまった。
上記3頭の3連複に、5 入れて負けを取り戻します!

<<検証>>

決着時計:1.58.7
時計が掛かる洋芝らしい馬場状態で、この時計は凄い!
かなりレベルが高い

トーセンスーリヤ
ぽつんと3番手でゴールデンポジションで進めたのが大きいが、
この位置でもハイペースの流れで、2着馬を 0.5離した実力は本物。
第42回新潟大賞典GⅢもそうだが、スピードの持続力戦になれば、しぶとく強い
ただし、ペースが落ち着いて瞬発力を問われる戦いでは厳しいか

横山 和生騎手も、ドンドン巧くなっており今後も注目したい。

アイスバブル
14番人気で2着、この馬はどうすれば買えたのか?
内枠でじっと脚を溜められ、ハイペースにハマり、洋芝適性も高く、
そして、状態・調教が抜群だったとの事
夏は状態の良い馬を抑えておく必要と、穴は「内」から出る事も再認識。

バイオスパーク
小回りコーナー名人の池添 謙一騎手と手が合う
加速しながら、スピード持続力戦が得意
ハイペース向きで、こちらも瞬発力戦では厳しいか?

サトノエルドール
終始外を回って、大外からコーナーを早めに捲くって前に詰めて良く粘った
小回りでのコーナーの加速が巧い、どこかで狙いたい魅力有り。

マイネルファンロン
本命にしていたが、レッドジェニアルに競られて競い合うようにハイペースに飲まれた。
テン乗りの秋山 稔樹には番手で抑える余裕が無かったか?
本命に推す際は、騎手にも十分考慮する必要を反省。

[もっと見る]

 DEEB 2021年7月17日() 16:39
恥ずかしい馬予想2021.07.17[結果]
閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 5

福島11R ジュライステークス (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 1 ライトウォーリア…14着
○ 9 スマートセラヴィー…6着
×10 ☆ケンシンコウ…1着
[結果:アタリ△ 複勝 10 310円]

小倉 8R 3歳以上1勝クラス(混合)(特指)
◎ 3 ピノクル…1着
○10 ヘッズオアテールズ…2着
×11 ☆メラーキ…14着
[結果:アタリ○ 馬連 3-10 670円、ワイド 3-10 250円]

小倉 9R 雲仙特別 3歳以上2勝クラス(混合)
◎14 マイネルジェロディ…6着
○ 6 ミニーアイル…7着
▲ 3 ☆フォドラ…14着
△18 ファルヴォーレ…2着
× 2 ジャスパージャック…3着
× 9 メメントモリ…12着
[結果:ハズレ×]

小倉11R 不知火ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 2 クリデュクール…8着
○ 8 ダブルシャープ…1着
▲10 メイケイハリアー…5着
[結果:ハズレ×]

小倉12R 3歳以上1勝クラス(混合)
◎11 キャンユーキッス…7着
○ 6 コウバコ…1着
× 3 ☆ジャスティンリーチ…12着
[結果:ハズレ×]

函館 7R 3歳以上1勝クラス
◎ 5 アーバンヒーロー…5着
○ 7 ベラール…4着
▲11 コウイチ…1着
△ 3 ☆カズオ…10着
[結果:ハズレ×]

函館 9R 3歳以上1勝クラス(混合)(特指)
◎11 ★フォルテデイマルミ…11着
○ 5 サトノハンター…4着
▲16 シルキーヴォイス…10着
△13 パーディシャー…8着
×12 ダノンアポロン…14着
[結果:ハズレ×]

函館11R 函館2歳ステークス GⅢ 2歳オープン(国際)(特指)
◎10 リトス…8着
○ 4 ポメランチェ…7着
▲ 9 メリトクラシー…10着
△ 6 カイカノキセキ…2着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:8戦1勝6敗1分]
梅雨は明けたようですが、馬券はアキません。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ポメランチェの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ポメランチェの写真

ポメランチェ

ポメランチェの厩舎情報 VIP

2021年7月17日函館2歳ステークス G37着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ポメランチェの取材メモ VIP

2021年7月17日 函館2歳ステークス G3 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。