ハーツイストワール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ハーツイストワール
ハーツイストワール
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2016年2月18日生
調教師国枝栄(美浦)
馬主嶋田 賢
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績21戦[5-8-0-8]
総賞金14,173万円
収得賞金4,950万円
英字表記Heart's Histoire
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
レツィーナ
血統 ][ 産駒 ]
キャプテンスティーヴ
タニウインドタイム
兄弟 ヴェラヴァルスターアシャカダイキ
市場価格1億1,880万円(2017セレクトセール)
前走 2024/02/17 ダイヤモンドS G3
次走予定

ハーツイストワールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/02/17 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 107714.054** 牡8 57.0 田辺裕信国枝栄 482
(-4)
3.30.9 0.734.4⑤⑥⑤⑤テーオーロイヤル
24/01/14 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 1461029.8109** 牡8 57.0 田辺裕信国枝栄 486
(+8)
2.25.3 1.637.0⑭⑭⑬⑬ブローザホーン
23/11/05 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 1861239.4116** 牡7 57.0 田辺裕信国枝栄 478
(+2)
2.30.3 0.434.7⑭⑮⑬⑫ゼッフィーロ
22/11/27 東京 12 ジャパンC G1 芝2400 1851042.71211** 牡6 57.0 武豊国枝栄 476
(-2)
2.24.8 1.135.2ヴェラアズール
22/11/06 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 1881713.852** 牡6 55.0 武豊国枝栄 478
(+4)
2.31.3 0.233.9⑨⑨⑩⑨ブレークアップ
22/08/06 札幌 11 札幌日経OP (L) 芝2600 10223.311** 牡6 56.0 武豊国枝栄 474
(-6)
2.41.5 -0.035.0ゴールドギア
22/05/01 阪神 11 天皇賞(春) G1 芝3200 181231.7716** 牡6 58.0 C.ルメー国枝栄 480
(-10)
3.22.2 6.041.6⑦⑥⑤④タイトルホルダー
22/02/05 東京 11 早春S 3勝クラス 芝2400 14223.721** 牡6 56.0 田辺裕信国枝栄 490
(+2)
2.25.1 -0.033.5⑦⑦⑥⑧ワイドエンペラー
21/11/28 東京 11 ウェルカムS 3勝クラス 芝2000 167148.652** 牡5 57.0 C.ルメー国枝栄 488
(+6)
1.59.0 0.634.4⑤⑤⑤ジャックドール
21/07/10 福島 11 阿武隈S 3勝クラス 芝2000 138134.1111** 牡5 56.0 M.デムー国枝栄 482
(+8)
2.02.0 0.835.6⑨⑩⑨⑨エフェクトオン
21/05/02 東京 10 府中S 3勝クラス 芝2000 127105.032** 牡5 57.0 田辺裕信国枝栄 474
(-12)
1.59.1 0.133.4⑪⑩⑪ヤシャマル
21/02/13 東京 9 箱根特別 2勝クラス 芝2400 118103.321** 牡5 57.0 田辺裕信国枝栄 486
(+4)
2.24.2 -0.134.1⑥⑥⑤⑤エヒト
20/12/20 中京 12 尾張特別 2勝クラス 芝2200 11553.422** 牡4 57.0 団野大成国枝栄 482
(+2)
2.16.5 1.434.4ヒラボクメルロー
20/11/22 東京 10 南武特別 2勝クラス 芝2400 11783.422** 牡4 57.0 田辺裕信国枝栄 480
(+8)
2.26.6 0.235.0ブラックマジック
20/09/05 札幌 8 3歳以上2勝クラス 芝2000 16355.122** 牡4 57.0 C.ルメー国枝栄 472
(-14)
2.00.7 0.235.2④⑤④④コンダクトレス
20/07/12 函館 10 横津岳特別 2勝クラス 芝2600 138133.824** 牡4 57.0 池添謙一国枝栄 486
(-2)
2.43.0 0.335.7⑤⑤シンボ
20/05/03 東京 9 陣馬特別 2勝クラス 芝2400 9661.415** 牡4 56.0 D.レーン国枝栄 488
(+6)
2.24.8 0.234.6④⑤⑤カーロバンビーナ
20/02/09 東京 7 4歳以上1勝クラス 芝2400 12226.241** 牡4 56.0 田辺裕信国枝栄 482
(-2)
2.25.4 -0.234.3④④スマイル
19/06/30 函館 6 3歳未勝利 芝2000 11111.611** 牡3 56.0 C.ルメー国枝栄 484
(+2)
2.02.7 -0.036.9エクスプローシブ
19/05/26 東京 4 3歳未勝利 芝2000 11792.012** 牡3 56.0 田辺裕信国枝栄 482
(-10)
2.01.9 0.234.0モンブランテソーロ

⇒もっと見る


ハーツイストワールの関連ニュース

金鯱賞(3月10日、中京、GⅡ、芝2000メートル)で始動するプログノーシス(栗・中内田、牡6)は、その後、クイーンエリザベスⅡ世C(4月28日、シャティン、GⅠ、芝2000メートル)への遠征を本線に据える。

東京新聞杯6着マスクトディーヴァ(栗・辻野、牝4)は、サンスポ杯阪神牝馬S(4月6日、阪神、GⅡ、芝1600メートル)へ向かう。京都牝馬S5着シングザットソング(栗・高野、牝4)も同レースへ。

クイーン賞9着ゴールデンハインド(美・武市、牝4)は21日の調教後に左腰骨々折が判明した。全治は不明。

ダイヤモンドS4着ハーツイストワール(美・国枝、牡8)は、メトロポリタンS(5月4日、東京、L、芝2400メートル)が有力だが、目黒記念も視野。

中山記念に登録のあるグリューネグリーン(美・相沢、牡4)は、大阪城S(3月3日、阪神、L、芝1800メートル)へ回る。

★ニューイヤーS6着モントライゼ(栗・松永幹、牡6)は、東風S(3月10日、中山、L、芝1600メートル)を目指す。

【4歳以上次走報】ハーツイストワールはメトロポリタンSを視野 2024年2月20日(火) 20:47

ダイヤモンドS4着ハーツイストワール(美・国枝、牡8)は、メトロポリタンS(5月4日、東京、L、芝2400メートル)を視野に入れる。

小倉大賞典6着クリノプレミアム(美・伊藤伸、牝7)は、帰厩後の状態次第で中山牝馬S(3月9日、中山、GⅢ、芝1800メートル)か、福島牝馬S(4月20日、福島、GⅢ、芝1800メートル)を視野に入れる。同11着アサマノイタズラ(美・手塚、牡6)は、東風S(3月10日、中山、L、芝1600メートル)に向かう。

[もっと見る]

【ダイヤモンドS】レースを終えて…関係者談話 2024年2月18日() 04:36

◆ルメール騎手(サリエラ2着)「普段に比べると一生懸命に走ってくれました。長距離は合いますね。きょうは勝ち馬との距離経験の差が出た感じ。これから経験していけば、チャンスがあると思います」

◆菅原明騎手(ワープスピード3着)「前めに行きたかったのですが、ゲートを出てから寄られてしまい、勢いがつきませんでした。それでも力のあるところは見せてくれました」

◆田辺騎手(ハーツイストワール4着)「スタートを上手に出てくれました。左回りのほうが手応えが全然いいですね。距離もこなしてくれました」

◆丸田騎手(トロピカルライト5着)「スタートで後手に回って、スローペースであの位置だと厳しいですね。下手に乗って馬に申し訳ないことをしてしまいました」

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】ダイヤモンドS2024 さまざまなタイプのステイヤーたちがしのぎを削る一戦!あの人の本命は!? 2024年2月17日() 06:30


※当欄ではダイヤモンドSについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【長岡一也】
◎⑦ハーツイストワール
○⑨テーオーロイヤル
▲⑧サリエラ
△②ヒュミドール
△⑤ワープスピード
△⑥ニシノレヴナント

【原奈津子】
◎⑧サリエラ
○⑥ニシノレヴナント
▲⑦ハーツイストワール

【杉本清】
◎⑤ワープスピード

【山本直】
注目馬
トロピカルライト

【中野雷太】
◎⑨テーオーロイヤル



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】ダイヤモンドS2024 騎手重視予測からは1頭抜けた数値を叩き出したサリエラから勝負 2024年2月16日(金) 12:00

こんにちは。ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの劉備です。
土曜重賞のダイヤモンドS(G3)は、わたくし劉備が担当させていただきます。

わたくし劉備ROBOTIP設定は騎手を重視しますので「競走馬」30%、「騎手」70%を基本ベースとしています。適性については、レース条件に応じて、騎手の「距離」、「トラック」、「周回方向」、「G前の坂の有無」の各適性を配合していきます。補正は、レース条件に関係なく「斤量」「調教評価」の2点を補正ONにします。
これが劉備のROBOTIP設定の基本方針となります。

さて、今回のダイヤモンドSですが、舞台が3400mの長丁場。馬と騎手との折り合い、そしてペース配分が最重要ファクターとなりますので、騎手適性の「距離」に100%全振りといたしました。

この設定によって算出された勝率予測は以下の通りとなります。

劉備ROBOTIPが弾き出したダイヤモンドS全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑧サリエラ      28.48%
2 ⑥ニシノレヴナント  12.51%
3 ⑦ハーツイストワール 11.66%
4 ①ワンダフルタウン  10.87%
5 ⑩グランスラムアスク 10.02%
6 ②ヒュミドール    6.24%
7 ⑤ワープスピード   6.03%
8 ④メイショウユズルハ 5.47%
9 ⑨テーオーロイヤル  4.38%
10 ③トロピカルライト  4.35%

ROBOTIPの基本的な考え方は、平均勝率(10頭立ての場合は10.00%)を上回る馬のみを馬券対象としますので、今回のダイヤモンドSでは上位5頭までが対象馬となります。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

⑧>>>>⑥⑦>①⑩

ご覧のようにサリエラ(C.ルメール)が勝率予測で2位以下に15.97の大差を付けて抜けた1位と相成りました。以下、ニシノレヴナントハーツイストワールワンダフルタウングランスラムアスクの隊列となります。馬券は隊列通りの馬単・3連単の計10,000円(16点)で勝負いたします。

【劉備のダイヤモンドS勝負馬券】
馬単1着ながし
⑧→①⑥⑦⑩
4点×各1,000円=4,000円

3連単1着ながし
⑧→①⑥⑦⑩
12点×各500円=6,000円

**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【血統アナリシス】ダイヤモンドS2024 ステイゴールドに所縁ある馬が活躍、ハーツクライやエアグルーヴも好相性を示す 2024年2月16日(金) 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はダイヤモンドS2024・血統予想をお届けします!


近年はキングカメハメハステイゴールドハーツクライの直系で三つ巴状態にあり、2020年に最低人気となる単勝325.5倍のオッズをつけて勝利したミライヘノツバサ(父ドリームジャーニー)もステイゴールドの直系だった。ステイゴールドに所縁ある馬の好走例は多く、2016年に直仔トゥインクルが勝利するほか、2023年にはオルフェーヴル産駒のミクソロジーヒュミドールの2頭でワンツー決着。2014~2015、2018年と同一重賞3勝の偉業を果たしたフェイムゲーム(父ハーツクライ)も、その母がステイゴールドの従姉であることを気に留めておきたい。

また、2022年は2着に11番人気のランフォザローゼスが入線して高配当を演出していたが、同馬は伯父に2010年ダイヤモンドステークスの勝ち馬フォゲッタブルがおり、同じく伯父にあたるルーラーシップも種牡馬として2021年1着グロンディオーズを出している勢いがあった。ハーツクライを筆頭にトニービンの血を引く馬が活躍する傾向にあることを鑑みても、3頭は名牝エアグルーヴを介して同血脈を保持することに重きを置くことができるだろう。

ヒュミドールは、父オルフェーヴル×母アヴェクトワ(母の父チチカステナンゴ)。今年のメンバーでは唯一のステイゴールドに所縁ある血統で、本馬自身も21年5着、23年2着と過去に出走した2回とも掲示板に載る活躍をみせている。その昨年は12番人気という低評価を覆す激走だったが、鞍上のエスコートが巧みだったとはいえ、レコード決着で勝ち馬とクビ差は誇れるもの。セン馬は高齢ほど活躍していることを鑑みても軽視はできない。

ハーツイストワールは、父ハーツクライ×母レツィーナ(母の父キャプテンスティーヴ)。同産駒は通算で3勝を挙げたフェイムゲームの功績が大きいものの、13年1着アドマイヤラクティ、直近では21年3着ポンデザールなど実頭数で5頭が好走。長距離での瞬発力勝負に定評があるため、東京芝3400mに良績が集まることにも頷ける。本馬自身も全5勝のうち3勝が東京であり、今回は長欠明け3走目、コース替わりで見直す余地がありそうだ。


【血統予想からの注目馬】
ヒュミドール ⑦ハーツイストワール

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハーツイストワールの関連コラム

閲覧 2,259ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



11月27日(日)東京12R 第42回ジャパンカップ(3歳以上G1・芝2400m)
ジャパンカップは第12Rです。

【登録頭数:23頭(外国馬6頭)】(フルゲート:18頭)


<前走:天皇賞(秋)出走馬>(中3週)

ダノンベルーガ(3着、500kg(+6kg))<A>
前走の天皇賞(秋)時は、大柄な馬の休み明けらしく追い切りでモタモタしているようなところがあり、好評価にはしなかった。ただ、乗り込み量は豊富で、無理に馬を追い込むことをしていなかったので見た目以上に仕上がりは良かったのかもしれない。パドックではまだ余裕がある馬体だったので、100%に近い状態ではなかったとは思うが直線しっかり追い込んでの3着は能力の高さ。前走時にしっかり乗り込まれ、この中間には坂路にも入れての調整。1週前追い切りでは、ムーア騎手騎乗でダービーの1週前のように無理に馬を追い込むことはせず、馬なりで相手に併せていく内容と、理想的に状態を上げきている印象。前走からの上積みに十分期待が持てそう。

シャフリヤール(5着、456kg(前々走海外出走))<C>
前走時のパドックでは、馬体は仕上がっていたもののややテンション高さが感じられた。今回、芝コースでの1週前追い切りでもかなり行きたがる面を見せていて、不安が残る。今回は強力な逃げ馬もいないので、もう少しリラックスして走れていないと、レースでの折り合い面が心配に。

カラテ(6着、528kg(-4kg))<D>
かなり大きな馬だが、前走時のパドックでは太め感なく馬体はできていた感じだった。今回、距離延長で追い切りでは行きたがるところを押さえ込んでの調整となっているが、首が高くなってしまい走りに余裕がない。日曜日の坂路での時計も良い時には好時計が出ていたが、ここ2戦は平凡な時計で。

ユーバーレーベン(8着、476kg(-22kg))<C>
前走時は大きく馬体が減っていたが、通常に戻ってきた感じ。ただ、追い切りで強めに追われていることが多かったので当日のパドックではかなりテンションが高かった。この中間も1週前に強めに追われているので、直前は馬なりでの調整が理想的だが。




<前走:京都大賞典出走馬>(中6週)

ヴェラアズール(1着、518kg(+8kg))<B>
大型馬の休み明けで迎えた前走時のパドックでは、馬体こそ増えていたがそれほど太め感はなくドッシリと構えている感じだった。この中間も2週前、1週前とCWで好時計が出ていて、大きく良くなったという印象は受けないものの上積みは窺える。

ボッケリーニ(2着、472kg(+8kg))<D>
休み明けの前走時のパドックでは肩の出が硬く感じた。この中間、1週前追い切りでもモタモタした感じがあり、物足りない動きだった。




<前走:その他のレース出走馬>

デアリングタクトエリザベス女王杯:6着、486kg(+2kg)中1週)<C>
前走時は追い切りの動き、パドックでの馬の様子と決して悪くはなかった。ここ2戦は前半から力みがあり、その分終いの伸び切れなさにつながっている感じで、ペースが速くなって気分よく追走できれば直線の伸びも変わってきそう。

ユニコーンライオン福島記念:1着、530kg(-2kg)中1週)<B>
福島記念からの中1週でこの中間は軽めの調整。前走時のパドックでは、硬い感じも太め感はなく良い仕上りだった。

ハーツイストワールアルゼンチン共和国杯:2着、478kg(+4kg)中2週)<B>
この中間は、間隔が詰まっているため軽めの調整。前走時に目を向けると、追い切りは坂路で平凡な時計も動き自体悪く見せず、パドックではトモの筋肉こそ寂しく映ったが毛艶はかなり冴え、出来良く見せていた。

テーオーロイヤルアルゼンチン共和国杯:6着、458kg(-2kg)中2週)<C>
前走時の追い切りでは、モタれる面を見せていて終いの時計もかかっていた。こちらもこの中間は軽めの調整。坂路、CWと速い時計の出る馬なので、休み明け3戦目でどこまで上がってくるか。

ヴェルトライゼンデオールカマー:7着、494kg(-2kg)中8週)<B>
前走時も坂路で好時計が出ていたが、当時は走りやすそうな馬場で時計ほど伸びている感じはなかった。この中間は、乗り込み量も多く、1週前追い切りではジョッキー騎乗で終いの伸びも良好。変わり身が期待できそう。

シャドウディーヴァ(府中牝馬S:7着、486kg(±0kg)中5週)<D>
前走時の追い切りでは、重心が高く首も上がっている感じだった。この中間も、乗り込み少なく坂路での時計も平凡と評価しづらい。

トラストケンシン(オクトーバーS:11着、468kg(+4kg)中5週)<D>
この中間乗り込み量は多いが、併走遅れ、坂路での時計も平凡と大きな変わり身なし。

リッジマン(桂樹杯:7着、475kg(+7kg)中10週)<E>
JRA所属時は重賞勝ちもあったが、前走盛岡の芝でのレースで凡走と昔の勢いはない。


<外国招待馬>

オネスト(凱旋門賞:10着、中7週)<B>
終いの脚を活かす馬だが切れるという馬でもなく、スローの切れ脚勝負になると厳しそう。ただ、ルメール騎手が騎乗予定で日本の馬場、レースにあった乗り方をしてくる可能性もあり注意は必要。

グランドグローリー(凱旋門賞:5着、中7週)<C>
昨年好走してその後も好成績の1年だったが、日本のレースでは昨年以上は期待できそうもない。

シムカミル(ニエル賞:1着、中10週)<C>
ニエル賞ではドウデュースに先着も、フラつく場面もあり東京の馬場ではもっと甘くなりそう。

テュネス(バイエルン大賞:1着、中2週)<A>
デビュー戦で敗れているが、2戦目から5連勝。今年3戦は長距離のレースを使い、6馬身、8馬身、10馬身とタフな馬場を重い斤量を背負って先行しての圧勝続き。ヨーロッパでももっともタフな馬が多いドイツの馬で、日本馬に一番足りないものを持っており能力はかなり高そう。来年のヨーロッパでは、大きなレースをいくつか勝つ馬になっているか。今回のジャパンカップに関しては、馬場が向くかどうかに焦点が集まっているが、これだけ圧勝できる馬なので未知の魅力のほうが勝るとの印象。


<出走回避馬>
ブルーム、マジカルラグーン、ウインマリリンウインマイティーゴールドスミス


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ダノンベルーガ、テュネス、ヴェラアズールの3頭をあげておきます。


◇今回は、ジャパンカップ編でした。
ジャパンカップ過去10年の連対馬は関西馬15頭に関東馬5頭。それらの馬の調教内容を見てみると、連対した5頭の関東馬はカレンブーケドールの1週前追い切りが坂路だった以外、すべて南Wでの追い切りでした。その南Wでの追い切りも、1回目にアーモンドアイが勝った時の最終追い切りが終い仕掛けられていたのみで、あとは1週前、最終追い切りいずれも馬なりという調整過程。関東馬に関しては、休み明け2戦目で中間に南Wで追われ、そこで馬なりで好時計をマークというのが理想的な調教パターンと言えそうです。
そして、連対馬の多くを占める関西馬に関しては、坂路、CWが半分くらいずつではあるものの、勝利した8頭だけに絞ると坂路での追い切り6頭、CWでの追い切り2頭と、坂路調教馬の活躍が目立っています。ただ、坂路での追い切りも一杯に追われた馬はなく、馬なりもしくは終い仕掛けられて伸ばす内容となっています。関西馬に関しては、天皇賞(秋)同様に輸送を控えているため1週前までに仕上げておき、直前は馬なりもしくは軽く終いを伸ばす程度の調整というのが理想的なようです。
最後に近年不振が続く外国招待馬に関しては、シンプルに日本で追い切られている本数が多いか強めに追われて好時計をマークしている馬が好走しています。東京競馬場に検疫用の厩舎ができたことで、今年から来日後に東京での調整が可能に。追い切りの本数が多く好時計の出ている馬に関しては、注意が必要かもしれません。


※ジャパンC出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年11月20日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年11月20日号】特選重賞データ分析編(333)~2022年ジャパンカップ
閲覧 2,278ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ジャパンカップ 2022年11月27日(日) 東京芝2400m


<ピックアップデータ>

【“前年以降、かつ東京、かつG1のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
○あり [5-4-5-10](3着内率58.3%)
×なし [0-1-0-54](3着内率1.8%)

 コース適性が最大のポイント。2017年以降の3着以内馬15頭中14頭は、前年以降に東京のG1で3着以内となった経験がある馬でした。今年はこの条件をクリアしている馬が極端に少ないため、ある程度は柔軟に評価したいところ。それでも、中山・阪神のレースやローカル場のレースがベストと思しき馬は疑ってかかるべきでしょう。

主な「○」該当馬→シャフリヤールユーバーレーベン
主な「×」該当馬→ヴェラアズールデアリングタクトハーツイストワールボッケリーニ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【向かい風データ】

×「“同年4月以降、かつJRA、かつ出走頭数が12頭以上、かつG1・G2のレース”において3着以内となった経験がない」馬は2017年以降[0-0-1-44](3着内率2.2%)
主な該当馬→シャフリヤールユーバーレーベン

[もっと見る]

2022年10月30日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年10月30日号】特選重賞データ分析編(330)~2022年アルゼンチン共和国杯
閲覧 1,940ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 アルゼンチン共和国杯 2022年11月06日(日) 東京芝2500m


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2014年以降)】
○15戦以内 [7-2-6-18](3着内率45.5%)
×16戦以上 [1-6-2-83](3着内率9.8%)

 キャリアの浅い馬は堅実。出走数が15戦以内の馬は相応に高く評価すべきでしょう。なお、出走数が16戦以上、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が5位以下・競走中止だった馬は2014年以降[0-2-0-57](3着内率3.4%)と苦戦していました。

主な「○」該当馬→キラーアビリティテーオーロイヤル
主な「×」該当馬→ハーツイストワールヒートオンビートマイネルファンロンユーキャンスマイル


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年、かつJRAのレース”において1着となった経験がある」馬は2014年以降[6-6-8-44](3着内率31.3%)
主な該当馬→テーオーロイヤルハーツイストワール

[もっと見る]

2022年4月28日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 天皇賞(春)2022 
閲覧 1,877ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


5月1日(日) 阪神11R 第165回天皇賞(春)(4歳以上G1・芝3200m)


【登録頭数:18頭】(フルゲート:18頭)


<前走:ダイヤモンドS出走馬>(中9週)
テーオーロイヤル(1着、456kg(±0kg))<A>
この中間も前走時と同様に、2週前、1週前と菱田騎手騎乗でCWを長めから好時計。動きを見ても終い重心が低くなり、前に伸びる感じで好調をキープしている。

ヴァルコス(4着、518kg(+8kg))<D>
菊花賞まではCW、DPコース、坂路と友道厩舎らしい調教内容だったが、その後3戦坂路のみでの調整に変わり、この中間も坂路のみでの調整。時計も特に目立つところはなく、1週前追い切りではまだ重さを感じる動きだった。

メロディーレーン(13着、346kg(-6kg))<E>
小柄な牝馬で毎回話題にはなるが、この中間も良好と言える時計は出ておらず、併せ馬でも遅れていて出来に不安あり。




<前走:阪神大賞典出走馬>(中5週)
ディープボンド(1着、510kg(+8kg))<B>【優先出走馬】
前走時のパドックではうるさい面を見せていた。この中間も乗り込み豊富で、2週前が坂路、1週前がCWで追われて前2走とほぼ同じ調整内容。1週前追い切りでは計測不能で時計は確認できないながらも、映像からは力強い走りで上積みが十分伝わってきている。

アイアンバローズ(2着、498kg(-2kg))<B>
この中間もCW中心に長めから好時計が出ている。1週前追い切りでは、前走時同様にでかなり行きたがる面を見せていて、動き自体は悪くないが、気性的に悪い面が出なければ......という印象。

シルヴァーソニック(3着、448kg(+2kg))<C>
近走差のない競馬が続いているが、勝ち切れていない。この中間もCWでは速い時計が出ているものの坂路では終いが甘くなっていて、そのあたりがレースで勝ちきれないところなのかもしれない。

マカオンドール(4着、492kg(±0kg))<A>
前走時はCW中心の調整だったが、この中間は連勝した時と同じ坂路中心の調整で好時計マークと、出来は前走以上。

ユーキャンスマイル(5着、514kg(+2kg))<B>
前走も悪くないレース内容だったが、この中間はコースと坂路を併用し、特に坂路での時計の良化が窺える。休み明けを一度使われたことでの上積み期待が見込める。

トーセンカンビーナ(7着、506kg(-2kg))<D>
この中間も特に良くなった感じはなく、大きな変化はなさそう。




<前走:日経賞出走馬>(中4週)
タイトルホルダー(1着、476kg(±0kg))<A>【優先出走馬】
今回は関西への輸送があるため、1週前に併せ馬でビッシリ追って先着。追えば速い時計の出る馬だが、それでもこれだけ強めに追えている時点で仕上りに問題はなさそう。

ヒートオンビート(3着、480kg(±0kg))<D>
もともと首が上がって重心が高い走りになるところがある馬。1週前追い切りでは持ったままの併走相手に遅れていて、前走時より物足りない動きだった。

クレッシェンドラヴ(4着、506kg(+2kg))<B>
前走時とこの中間と併せ馬での遅れがなくなり速い時計も出ていて状態は上向き。

ハヤヤッコ(5着、484kg(-14kg))<C>
1週前追い切りは左回で行われているが、5勝のうち4勝している左回りでの走りにしては動きが物足りなかった。右回りも芝も問題ないとは思うが、状態面での不安が残る。

ディバインフォース(11着、464kg(±0kg))<C>
追い切りでは速い時計が出る馬でスピード感はあるが、長距離戦を使われている馬の割には力強さがない走りで。




<前走:その他のレース出走馬>
マイネルファンロン(AJCC:2着、490kg(+4kg)3ヶ月半)<A>
休み明けも、この中間南Wで好時計を連発。1週前の動きを見ても回転の速い走りで勢いあり。

タガノディアマンテ京都記念:2着、484kg(+4kg))<B>
休み明けの2走前から坂路のみでの調整に変えてきているが、この中間は乗り込み本数の割に好時計が少ないか。

ハーツイストワール(早春S:1着、490kg(+2kg)3ヶ月)<B>
下のクラスの馬で休み明けで迎えるが、南Wで好時計が出ていて1週前は持ったままで楽に前に出て追われてさらに伸びてと、状態面は問題なさそう。あとは相手が一気に強くなることと、関西への輸送をクリアできれば。

ロバートソンキー(御堂筋S:1着、482kg(+16kg))<B>
間隔を空けて使ってきた馬で、馬体重の増減が大きいところがあるタイプ。前走時は調教では強めに何本も追われていて、さらに関西への輸送もありながら馬体が大きく増えていた。パドックでも胸前からお腹のあたりに余裕があり、馬体が絞り切れていなかった印象。この中間も追い切りでは速い時計が出ていて、上積みも期待できそう。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、テーオーロイヤルタイトルホルダーマカオンドールマイネルファンロンの4頭をあげておきます。



◇今回は、天皇賞(春)編でした。
長距離レースは、騎手の腕が大きく左右するといわれています。
春の天皇賞を初めて観た(TV観戦)のが、スーパークリークが勝った第101回天皇賞(春)でした。前年秋の激闘から復帰し、前走の大阪杯をキッチリ勝ってこのレースに臨んできたスーパークリーク。昨年の覇者で有馬記念で負かされているライバルのイナリワンには、何としてでも勝ってもらいたいと応援にも力が入りました。レースは武豊騎手の落ち着いた騎乗で直線迫りくるイナリワンを退けての勝利。今考えてみると、競馬をしっかり観るようになってまだ半年ほどの当時は、馬が強いという思いのほうが強かったように思いますが、この時の武豊騎手の騎乗はかなり凄いものでした。これだけの人気馬で、二十歳そこそこの若い騎手ができる乗り方ではありません。それだけ馬の強さを誰よりも分かっていて、コントロールも自在にできるだけの自信(前年はイナリワンで内をピッタリ走り、この年は外々を走っているだけでも)と、何といってもジャパンカップ有馬記念とこの馬で勝てなかった悔しさと経験が、ここに繋がったのではないかと思います。加えて、前年はライバルのイナリワンでこのレースを勝っていますが、同馬はかなり乗り難しく、一方で昨年のようなレースをされてしまうと最も怖い馬だということを、武豊騎手自身が誰よりも良く把握していたからこその、相手の動きを見ながらのあのポジション取り。天才武豊ここにあり!! と言える、好きなレース(騎乗)のひとつです。
今年のメンバーを見渡すと、人気になる馬が前でレースをすることになりそうで、他の騎手がどのタイミングでどう仕掛けるか。ここが非常に見どころで、乗り役の手腕が結果を左右するこれぞ長距離戦、というレースが今から楽しみです。



天皇賞(春)出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

ハーツイストワールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 116ビュー コメント 0 ナイス 4

今日はミニバスの練習が夕方からなので、午前午後と

ゆっくりまったりとしている末三です。

 (;^_^A アセアセ・・・


では、ボチボチと。

 ヽ( ´ ▽ ` )ノ 


土曜 東京 11R 第74回 ダイヤモンドSより

【末三調教評価】

A評価 ・・・ 対象馬なし

B評価 ・・・ ニシノレヴナント ハーツイストワール ワンダフルタウン

C評価 ・・・ ごめんなさい、その他の出走馬たち


【末三予想】

◎  6 番 ニシノレヴナント

〇  8 番 サリエラ

▲  9 番 テーオーロイヤル

馬券は3連単5頭ボックス6-8-9-7-1番で

さぁ、それでは張り切っていってみよっ

 (* ̄0 ̄*)ノ オォー!!

 ちんぺー 2024年2月17日() 12:25
2月17日(土) ダイヤモンドステークス 
閲覧 97ビュー コメント 0 ナイス 5

◎09番 テーオーロイヤル
○08番 サリエラ
▲05番 ワープスピード
△06番 ニシノレヴナント
△07番 ハーツイストワール
△02番 ヒュミドール
×01番 ワンダフルタウン
×03番 トロピカルライト
×10番 グランスラムアスク

上位単複人気順位差が多いくらいなので、小波乱程度と想定する。

[もっと見る]

 しんちゃん52 2024年2月17日() 06:53
皿倉山特別&河原町ステークス&金蹄ステークス&小倉城ステ...
閲覧 164ビュー コメント 0 ナイス 26

おはよ~♪

2月17日ですね!

にいなの日なんで僕のニーナを救い出しましょう。

ようやくやって参りました週末・・・、

なんだけど後1時間20分後くらいには会社に向けて出発。

嫌だなぁ~。

毎回言ってるけどせめて馬券を当てて自分へのご褒美としたいな(^^♪

小倉10R 皿倉山特別

◎⑦サトノシャローム
△➂サトノクローク
△④ホウオウユニコーン
△⑤フルール
△⑧ジェンヌ
△⑭カナオールウェイズ

馬連⑦ー➂・④・⑤・⑧・⑭への5点。

ここ2走は着順は悪いけど1秒以内には走れてる。まあ坂のあるコースでは一押し足りない感じだから。
今回はお得意の平坦コース。福島だったけど3走前は人気薄で2着してるし変わり身十分。

京都10R 河原町ステークス

◎⑤ブルーシンフォニー
△②ロードアウォード
△➂エルゲルージ
△⑥メイショウミカワ
△⑭スプラウティング
△⑯レディフォース

枠連③ー③と馬連⑤ー②・➂・⑭・⑯への5点。

初ダートだけど母系はダート系だから走れても不思議ない。前に行ける脚質も良いしね。
このクラスでももう一歩のところまで来てるんでダート替わりで一押し出来れば。

東京10R 金蹄ステークス

◎⑩ゴールドバランサー
△①コパノリッチマン
△⑦ルクスフロンティア
△⑧クールミラボー
△⑨アルムブラーヴ
△⑪ビップスコーピオン

枠連⑦ー⑦と馬連⑩ー①・⑦・⑧・⑨への5点。

ここ2走は6着続きだけどそこまで負けてる訳では無いからね。強い勝ち方をした左回りで一変を。
ウチパクさんも連続騎乗で癖は掴んでるだろうしね。この枠なら砂被らずに行けるだろうし。

小倉11R 小倉城ステークス

◎➂ロコポルティ
△①ゴッドブルービー
△④レリジールダモーレ
△⑥プリンスミノル
△⑪ハンディーズピーク
△⑯スマートムーラン

枠連②ー②と馬連➂ー①・⑥・⑪・⑯への5点。

前走は肝心な勝負処で下がってしまったのがもったいなかったね。4走前の様に差脚活かせたら。
スムーズな競馬が出来れば十分やれるんだけどね。

京都11R 京都牝馬ステークス

◎④テンハッピーローズ
〇⑫ナムラクレア
▲⑭ジューンオレンジ
△➂ドロップオブライト
△⑮ソーダズリング
△⑪モズゴールドバレル

馬連④ー➂・⑪・⑫・⑭・⑮への5点。
馬単④ー➂・⑪・⑫・⑭・⑮への5点。
三連複④・⑫ー➂・⑪・⑭・⑮への4点。

昨年はコンマ4秒差の6着。出来がイマイチで進路取りも上手く行かなかった割には良く走れたかな?
休み明けだけど出来は良いみたいだし今の外差し馬場も良いんじゃないかな?千四は一番走れる状態だし。

東京11R ダイヤモンドステークス

◎⑦ハーツイストワール
〇⑤ワープスピード
▲⑥ニシノレヴナント
△⑨テーオーロイヤル
△⑧サリエラ

枠連⑦ー⑦と馬連⑦ー⑤・⑥・⑨への4点。
馬単⑦ー⑤・⑥・⑧・⑨への4点。
三連複⑤・⑦ー⑥・⑧・⑨への3点。

前走は大敗したけど荒れた京都が合わなかったと言う事で。東京替わりは好材料。距離は未知数だけど。
まあ二五で走れてるからスタミナはあると思う。重賞にしてはイマイチの面子だからね。通用しても。

今日はここまでよぉ~。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハーツイストワールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  HELPRO   フォロワー:3人 2022年11月27日() 16:13:31
此奴が全ての元凶。武豊は世界の3流。親お陰の女たらしがレジェンドとは世界の笑い物。恥知らずのド下手を消さなければ中央競馬の競馬学校は縁故人間の集まりでしかなくなる。道理で素人女性がもてはやされる訳だ。
1:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年7月12日() 12:25:11
マーク、池添○、直線勝負、オープン級

ハーツイストワールの写真

ハーツイストワール
ハーツイストワール

ハーツイストワールの厩舎情報 VIP

2024年2月17日ダイヤモンドS G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ハーツイストワールの取材メモ VIP

2024年2月17日 ダイヤモンドS G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。