ユーキャンスマイル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ユーキャンスマイル
ユーキャンスマイル
ユーキャンスマイル
ユーキャンスマイル
ユーキャンスマイル
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2015年5月3日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績13戦[5-3-1-4]
総賞金19,990万円
収得賞金5,600万円
英字表記You Can Smile
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
ムードインディゴ
血統 ][ 産駒 ]
ダンスインザダーク
リープフォージョイ
兄弟 ノガロチークトゥチーク
前走 2019/10/27 天皇賞(秋) G1
次走予定 2019/11/24 ジャパンカップ G1

ユーキャンスマイルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/10/27 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 163640.674** 牡4 58.0 岩田康誠友道康夫488(-8)1.56.8 0.633.7⑬⑬⑬アーモンドアイ
19/09/01 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 18476.321** 牡4 57.0 岩田康誠友道康夫496(+4)1.57.5 -0.033.6⑬⑫ジナンボー
19/04/28 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 13696.435** 牡4 58.0 岩田康誠友道康夫492(+8)3.16.5 1.535.5⑪⑪⑪⑦フィエールマン
19/02/16 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 108101.711** 牡4 54.0 岩田康誠友道康夫484(-8)3.31.5 -0.433.4⑥⑦⑧⑨サンデームーティエ
19/01/06 京都 10 万葉S OP 芝3000 9661.512** 牡4 53.0 武豊友道康夫492(+4)3.10.3 0.034.8⑤⑤④④ヴォージュ
18/10/21 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 184731.7103** 牡3 57.0 武豊友道康夫488(-2)3.06.3 0.233.9⑨⑨⑩⑩フィエールマン
18/08/19 新潟 10 阿賀野川特別 1000万下 芝2200 11224.021** 牡3 54.0 石橋脩友道康夫490(+8)2.10.9 -0.134.2④④⑦⑤ダブルフラット
18/05/05 京都 11 京都新聞杯 G2 芝2200 1761234.8136** 牡3 56.0 荻野琢真友道康夫482(0)2.11.4 0.434.2⑨⑧⑩⑫ステイフーリッシュ
18/03/24 阪神 11 毎日杯 G3 芝1800 10778.256** 牡3 56.0 武豊友道康夫482(-4)1.47.1 0.634.3⑤⑤ブラストワンピース
18/02/17 京都 9 つばき賞 500万下 芝1800 12564.431** 牡3 56.0 武豊友道康夫486(+10)1.49.0 -0.036.2⑦⑥ダークナイトムーン
18/01/06 京都 5 3歳未勝利 芝2200 13451.611** 牡3 56.0 武豊友道康夫476(-2)2.15.6 -0.334.7ノストラダムス
17/12/09 阪神 4 2歳未勝利 芝2000 14582.922** 牡2 55.0 武豊友道康夫478(0)2.02.5 0.235.5⑤④⑤④リュヌルージュ
17/11/05 京都 5 2歳新馬 芝2000 13573.722** 牡2 55.0 武豊友道康夫478(--)2.04.2 0.334.4⑫⑫⑥⑥スラッシュメタル

ユーキャンスマイルの関連ニュース

 《栗東》天皇賞・秋4着ユーキャンスマイル(友道、牡4)はCWコースで3頭併せ。僚馬2頭に遅れたが、6ハロン79秒4-12秒7の好時計をマークし、「きょうは気合を乗せる感じ。1回使って状態は上向きです」と友道調教師。僚馬で同5着ワグネリアン(牡4)はCWで単走。ゴール前で仕掛けられ、ラスト1ハロン12秒2(4ハロン82秒6)と鋭く伸びた。「併せるといくらでも時計が出るので単走で。中3週なのでそんなにやりたくなかった。1週前という動きでしたね」とトレーナーは及第点を与えた。

 7着スワーヴリチャード(庄野、牡5)は坂路で4ハロン52秒0-12秒0としまいを伸ばした。騎乗したマーフィー騎手は「すごくいい状態。パワフルで大きな馬で多頭数でも物怖じしないし、いい位置も取れる」と好感触を伝えた。

 アルゼンチン共和国杯4着ルックトゥワイス(藤原英、牡6)は、4ハロン54秒7-13秒0で登坂。「体調はいい。東京コースと距離は一番適している条件。デットーリ騎手に世界の技を見せてもらうしかないね」と藤原英調教師は期待を込めた。

 《美浦》新潟記念2着以来のジナンボー(堀、牡4)はWコースで一杯に追われ、6ハロン81秒8-12秒2で僚馬に1/2馬身遅れ。「前走は惜しい競馬でしたが、重賞でも通用するところは見せました。相手が強くなりますが、本格化してきた感じなので楽しみ」と森助手は期待を寄せる。

【ジャパンC】ユーキャンスマイル上積み十分 2019年11月14日(木) 10:18

 天皇賞・秋4着のユーキャンスマイルは栗東CWコース3頭併せで追いかけていったが、追いつけないままアドマイヤマーズ(3歳OP)に3馬身、ジュンライトボルト(2歳1勝クラス)に2馬身遅れた。

 それでも時計は6F79秒1-63秒8-49秒7-37秒1-12秒5と速く、納得の内容。「本格化してきた。前走を使っての上積みはある」と、友道調教師も語気を強めた。(夕刊フジ)

ジャパンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ジャパンカップ】特別登録馬 2019年11月10日() 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】ユーキャンスマイル、ジャパンCへ 2019年10月31日(木) 05:00

 ★天皇賞・秋4着のユーキャンスマイル(栗・友道、牡4)、同5着ワグネリアン(栗・友道、牡4)、同10着マカヒキ(栗・友道、牡6)はいずれも同じジョッキーでジャパンC(11月24日、東京、GI、芝2400メートル)へ向かう。

 ★天皇賞・秋3着アエロリット(美・菊沢、牝5)は、福島・ノーザンファーム天栄に移動。次走未定。同6着サートゥルナーリア(栗・角居、牡3)は31日にノーザンファームしがらきへ放牧に出る。次走は未定。同14着アルアイン(栗・池江、牡5)は、マイルCS(11月17日、京都、GI、芝1600メートル)に参戦する。

 ★産経賞オールカマー4着レイデオロ(美・藤沢和、牡5)は30日に美浦に帰厩。ジャパンCへ向かうが、鞍上は調整中。

ユーキャンスマイルの競走馬情報はこちら

[もっと見る]

【天皇賞・秋】レースを終えて…関係者談話 2019年10月28日(月) 05:04

 ◆岩田康騎手(ユーキャンスマイル4着)「力はあるね。スムーズな競馬ができて、最後もよく伸びた。次が楽しみです」

 ◆福永騎手(ワグネリアン5着)「もう1列前で競馬をしたかったが、道中はリラックスして脚もたまってロスなく走れた。イレ込みは少しきつかったが、頑張ってくれたと思う」

 ◆庄野師(スワーヴリチャード7着)「道中はかかえていく感じで、ペースが速くなったときにもう少し反応できればよかったが、頑張ったと思います」

 ◆松岡騎手(ウインブライト8着)「いい競馬はできた。具合が本当によかったら、もっとやれたと思う」

 ◆幸騎手(ケイアイノーテック9着)「じっくりと行く競馬をして、最後もしっかりと伸びて脚を使っている。こういう形が板についてくれば」

 ◆武豊騎手(マカヒキ10着)「時計が速すぎて、脚をためる余裕がなかった」

 ◆北村宏騎手(ゴーフォザサミット11着)「スムーズに運べたが、強い相手でなかなか押し上げていけなかった」

 ◆丸山騎手(スティッフェリオ12着)「テンから出していったが、4コーナーで手応えがなかった」

 ◆藤岡佑騎手(カデナ13着)「しまいの競馬にかけたが、少し緩んだ馬場に脚を取られていた」

 ◆北村友騎手(アルアイン14着)「外枠で距離も多めに走って、直線に向くときはお釣りがなかった」

 ◆M・デムーロ騎手(ランフォザローゼス15着)「まだ馬が若いし、相手も強かった。この馬も伸びているが、他馬も伸びていたしね」

 ◆坂井騎手(ドレッドノータス16着)「流れに乗って進めたが、ペースが上がってついて行けなくなった」



★27日東京11R「天皇賞・秋」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【天皇賞・秋】ユーキャンスマイル最速上がりで4着 岩田康「次が楽しみ」 2019年10月27日() 19:01

 10月27日の東京11Rで行われた天皇陛下御即位慶祝第160回天皇賞・秋(3歳以上オープン、GI、芝2000メートル、定量、16頭立て、1着賞金=1億5000万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気アーモンドアイ(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)が優勝。タイムは1分56秒2(良)。



 新潟記念を制したユーキャンスマイルは、スタート後、右によれるも立て直して後方4番手のインを追走。直線に入ると勝ち馬をしのぐメンバー上がり最速33秒7の末脚で次々に前の馬をかわして4着に入った。



 岩田康誠騎手「力はあるね。スムーズな競馬ができて、最後もよく伸びた。次が楽しみです」



★【天皇賞・秋】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ユーキャンスマイルの関連コラム

閲覧 1,691ビュー コメント 0 ナイス 11



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


10月27日(日) 東京11R 第160回 天皇賞(秋)(3歳以上G1・芝2000m)

【登録頭数:17頭】(フルゲート:18頭)


<優先出走馬>

スティッフェリオ(C)中4週
休み明けの前走時は坂路でかなり良い時計を連発していて、当日のパドックでも太め感は全くなく、トモの踏み込みもしっかりしていて休み明けとは思えない良い仕上がりだった。この中間は前走時と比べると坂路での時計が物足りず、前走以上と言えるほどの上積みは感じない。

ドレッドノータス(B)中2週
4月から休みなく使われてきていての前走京都大賞典では、馬体が大きく絞れてパドックでの仕上がりはかなり良く見えた。この中間は間隔も詰っているが、先週金曜日に坂路で速い時計を出せているので良い状態をキープできているのではないか。


<賞金上位順>

アーモンドアイ(B)5ヶ月
5ヶ月間空いた休み明け初戦となる今回は、これまでと同じような時期にトレセンに戻り3週前から時計を出している。1週前の動きに関しては5ヶ月ぶりとなるためレースを使っている時と比べると迫力が少し足りない感じに見えるが、軽く先着していて動きは悪くない。あとは気合いが乗ってくれば。

ウインブライト(D)中4週
休み明けの前走は距離も長かったかもしれないが調教の動きも重く感じられ、本調子といえる動きではなかった。この中間も乗り込まれてはいるが、1週前追い切りの動きからは良い頃のような手応え抜群でコーナーを回ってくる動きにはなく、変わり身は感じられない。

サートゥルナーリア(B)中4週
前走の神戸新聞杯時と同じようにこの中間も単走で乗り込まれている。動きに関しても2週前の坂路、1週前のCWと折り合いもしっかりついていて、休み明けを一度使われてガス抜きができた感じ。行きたがるぐらいの気合い乗りがほしい感じもするが、レース前にテンションが上がり過ぎてしまうよりは落ち着きがある方が、レースでも乗りやすい。そういう意味で、これはこれで良い。

ワグネリアン(C)中9週
札幌記念を使われているので1週前追い切りの動きを見ても素軽く、仕掛けられてからの反応も良い。ただ首が上がり気味の走りで、良い時のような力強さがない。

アルアイン(D)4ヶ月
宝塚記念からの休み明けでかなり乗り込まれているが、1週前追い切りの動きが重い。良い時のような、持ったまま速い時計が出るくらいの走りにはまだない。

ダノンプレミアム(C)5ヶ月
安田記念からの休み明けで、3週前からCWを長めから追い切られている。動きのほうは、1週前追い切りでは、格下馬に楽な手応えで差し返されていて走りに力強さと迫力がない。

アエロリット(A)中2週
毎日王冠のコラムでもかなり高い評価を与えていた馬で、レース当日も現地観戦の私の目の前を気分よく周回していてかなり良い出来に映った。この中間も、先週金曜日に南Wでしっかり時計を出しているので疲れはなさそう。中2週、中3週では3戦3連対。東京コースも相性の良い競馬場と好条件が揃っており、あとは距離の2000mが良い方に向けばレース展開を左右する馬だけに怖い存在になりそう。

スワーヴリチャード(A)4ヶ月
宝塚記念からの休み明けだが、昨年とは違って坂路、CW、坂路、CWと内容が良く、時計もしっかり出ていて今年の方が内容は良い。1週前には横山典騎手が騎乗して追い切られたが、初騎乗でも動きも良くしっかりコントロールできていて、相性も良さそうに映った。

ケイアイノーテック(C)中2週
この中間、1週前に時計を出している点は良いが、時計は平凡。最終追い切りでどこまで変わってくるか。

スカーレットカラー※出走回避予定。

ユーキャンスマイル(A)中7週
新潟記念を勝っての参戦で、この中間は乗り込み量も豊富で1週前追い切りでは3頭併せの内に併せてしぶとく先着。右回りの追い切りで動きにぎこちなさはあったが、これはいつものことなので問題ない。左回りは断然良く、長距離戦を勝つスタミナ、新潟の速い馬場にも対応できる馬で、オーナー3頭出しのなかでも最も適性がありそう。

マカヒキ(B)4ヶ月
前走の宝塚記念ではかなり乗込まれていて好評価した馬だったが、レースでは後方のまま見せ場なく終わってしまった。休み明けの今回もしっかり乗り込まれていて、1週前追い切りの動きも良いので、状態は良さそうだが……。

ランフォザローゼス(C)中2週
使われつつ良くなってはいると思うが、この中間も間隔が詰まっていてガラッと変わった感じはない。

カデナ(B)中7週
前走からは間隔が空いていてこの中間も乗り込み量は豊富。坂路での時計もしっかり出ていて、良い状態をキープできている感じ。

ゴーフォザサミット(C)中4週
乗り込み量豊富なこの中間だが、1週前追い切りの動きを見ると、首が高く走りに力強さがない。



◇今回は天皇賞(秋)編でした。
残念ながらベスト8で敗れてしまいましたが、日本チームの大活躍によりラグビーワールドカップが予想以上に盛り上がっています。今大会によってたくさんの人たちがラグビーに興味を持ったと思いますし、何よりも超満員のスタジアムで試合ができた選手、関係者たちはとてもうれしかったのではないかと思います。
私の地元静岡県でもラグビーワールドカップの試合が何戦か行われたのですが、ウマニティでもおなじみの競馬評論家・伊吹雅也さんが『スコットランド対ロシア』戦を観に、埼玉から静岡まで来てくれました。伊吹さんとは東京では何度もお会いしていていて、会うたびに静岡に行きたいという話をしてくれていたので、私の方も「お越しの際は観光案内しますよ」と約束していたのですが、今回念願叶ってご案内(というか、一緒に観光^^;)をさせていただきました。普段、一人でゆっくり観光することが多いと思われる伊吹さんを、半日で10ヶ所くらい車で連れ回してしまって疲れたのではないかと思いますが、ラグビーも食事も楽しんで頂けたようなので、またこちらに遊びに来て頂きたいです。静岡は競馬の施設がほとんどないのでこちらに競馬関係の人が来る機会はほとんどなく、私にとっても“ホーム”でお迎えする貴重な体験となりました。伊吹さんいろいろとありがとうございました。



競馬の世界も各国それぞれ伝統的な国際レースが行われていて、それらのレースに挑戦する日本馬は多くなってきましたが、世界選手権やワールドカップのようなレースはまだ行われていません。検疫や馬場の違いなどの問題もあったりして、各国足並みを揃えるのが大変な面はあると思いますが、『競馬ワールドカップ』のような毎年もしくは数年に一度持ち回りで、いろいろな国で行うレースがあっても良いのではないかと思います。持ち回りなら日本で開催される年もあると思いますし、サッカーやラグビーのように日本馬を日本中で応援していつもの競馬とは違う盛り上がりがありそうですが、いかがでしょうか。
さて、今週は週前半には天皇陛下の『即位の礼』が行われた流れから、週末には絵にかいたようなスケジュールで天皇賞(秋)が行われます。豪華なメンバーが揃い、競馬場を初めて訪れるという方たちもたくさんいるのではないかと思います。そんな人たちがもう一度競馬場に行きたいと思ってくれるような、記憶に残るようなレースになることを期待しています。私もこの天皇賞(秋)の第100回をテレビで観て競馬が好きになったひとりなので、ダービーの次に競馬場で観戦することが多いレースですし、今年ももちろん東京競馬場に観戦に行く予定ですよ。

それでは次回、エリザベス女王杯編(予定)でお会いしましょう。


天皇賞(秋)出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年10月23日(水) 15:30 覆面ドクター・英
天皇賞(秋)・2019
閲覧 2,822ビュー コメント 0 ナイス 12

菊花賞ヴェロックスが勝ち切れないのは折り込み済みでしたが、やはり武豊騎手の通るところが京都ならではの内から最後の直線で少しずつ外に出すという勝ちパターンで、非常に巧かったです。一時期、騎乗馬の質が落ちて成績も下がっていましたが、やっぱり巧いですね。

ニシノデイジーがルメール騎手でも厳しいであろうことも、穴人気のホウオウもヒシも評価を下げ、「来ない比較的人気馬」たちの読みは当たっているのですが……。コーフィールドCも3着抜けで的中ならず、WIN5も4つ目まで当たっていて最後5つ目でハズレと、単勝は比較的好調な週末だったんですが波に乗り切れませんでした。切り替えて今週こそはドカンと当てたいです。

天皇賞(秋)菊花賞とは打って変わって非常に豪華メンバーとなり、今の日本競馬のオールスター戦のようなメンバーとなりました。アーモンドアイを筆頭にG1馬がゴロゴロいて、楽しみです。私が競馬を始めた30年くらい前も、マイラー(というかスプリンターまで)もステイヤーも、秋の天皇賞を使ってきて、そこからマイルCSやJCに行って、年末はスプリンターズSだったり有馬記念だったりというローテーションが多く見られました。当時は秋天にぶっつけというローテもほぼ無く、毎日王冠なり京都大賞典を前哨戦に使ってきていたので、秋4戦目となる有馬記念の頃には搾りかすのようにもう余力無し、という馬もちらほら。そういう意味で、各馬ベストコンディションで迎える秋天が一番面白かったのですが、四半世紀以上経ってまたその秋天が一番面白い時代に回帰、となってきたのかもしれませんね。

それでは恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 アーモンドアイ安田記念は、このコラムでも触れたように向かない条件を使われてしまっての敗戦(安田記念は、切れ味よりマッチョで重い斤量を序盤ハイペースで前に行っても粘り切れるノーザンダンサー系が好走するレース)で気にしなくて良さそう。ぶっつけ本番となったが、2000mあれば比較的ゆったりと追走し、ズキューンと末脚伸ばす形に持ち込めるのでは。

2番人気想定 サートゥルナーリア菊花賞に行っても能力でやれたんじゃないかと思うが、ここに出てきた。前走は強い勝ち方で夏を越して更に強さが増してきた印象。来年はこの馬の時代となるのでは、と予感させる神戸新聞杯での強さだったが、正直そう強くないこの世代代表で、3歳でここでいきなり通用するかと言えば微妙か。3歳だけに56kgなのは大きいが。

3番人気想定 ダノンプレミアム:不利もあったが、レース前からゴトゴトしていて脚元不安もあっての最下位と思われる前走の安田記念。マイラー色が強くここは距離も適性より長く、前哨戦も使わずで、消す予定。脚元が無事ならマイルCSならやれると思うが。

4番人気想定 ワグネリアン:最近多い「ダービー馬だが、その後イマイチ」というタイプ。ただ、適距離のここは一番向く条件で、JCや有馬記念より、ここに全力投球の仕上げなのでは。

5番人気想定 アエロリット:ほぼほぼ東京でしか走らない馬で、今年も安田記念毎日王冠で2着と頑張っている。ただ2000m実績も無く、それなりに人気になるだろうから消して妙味の馬では。

6番人気想定 アルアイン:今年の大阪杯を制した皐月賞馬。昨秋の天皇賞でも4着には来ており、そう切れるタイプではないが常に人気にそれほどならずともそれなりに好走するタイプで、ヒモには是非入れたいタイプ。

7番人気想定 スワーヴリチャード:東京2000mという条件は得意の左回りで、距離もこのくらいあれば適合条件だろう。ただ、以前のような荒々しさが無くなり、大人しくなってきたのは大人になったというより老化現象で、ちょっとずつ衰えていそうでヒモ程度の評価が妥当か。

8番人気想定 ユーキャンスマイル:同じ左回り2000mの新潟記念を好時計で勝ってきた。ダイヤモンドS勝ち馬でもありステイヤーかと思われたが、中距離でも厳しい流れになれば出番ありそう。本格化の兆しあるピークの4歳秋で楽しみな一頭。

9番人気想定 ウインブライト:中山では非常にいい走りをするのだが東京は向かない。香港で頑張ったのがピークでゆっくりと下り坂では。

10番人気以下想定
カデナ:弥生賞勝ち馬だがしばらく低迷して、今年はG3なら好勝負できるところまで復調してきた。ただここで激走する感じでもない。

スティッフェリオ:前走はオールカマーで逃げ切り勝ちをおさめたが、東京2000m適性は高くないタイプと思われる。

マカヒキ:ダービー馬ながら4歳以降はひどく負けるわけでもないが、勝ち切れない状況が続いている。一昨年5着、昨年7着と東京2000mの適性はそれなりにあるのだろうが、衰えも少しずつみられ始めていそう。

ゴーフォザサミット:昨年の青葉賞以降勝てていない。瞬発力勝負以外のもう少し長ところでの活躍に期待の馬で、ステイヤーズSあたりが狙いか。

ドレッドノータス京都大賞典を11番人気ながら制し、自厩舎矢作厩舎の馬での坂井騎手による感動の勝利だったが、スタミナ寄りで瞬発力はあまり無く、秋の天皇賞向きではない。

ランフォザローゼス青葉賞勝ちがあるように東京だとわりといい走りを見せるのだが、ここでは実績が示す通りちょっと力がまだ足りない。

スカーレットカラー:府中牝馬Sを追い込んで勝って間隔が詰まっての参戦となる。本格化してきているがローテーションはきつい。

ケイアイノーテック毎日王冠では先行して失速したが、NHKマイルCを追い込んで勝っており、人気は落としているがうまくタメがきけばやれても良い。ただ頭打ち傾向のディープインパクト産駒の激走というのは、あまり見かけない。


<まとめ>
有力:アーモンドアイサートゥルナーリア

ヒモに:ワグネリアンアルアインユーキャンスマイル

[もっと見る]

2019年10月21日(月) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年10月21日号】特選重賞データ分析編(173)~2019年天皇賞(秋)~
閲覧 2,488ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 天皇賞(秋) 2019年10月27日(日) 東京芝2000m


<ピックアップデータ>

【“前年以降、かつJRA、かつG1、かつ3000m以上のレース”において連対経験がない、かつ前走の条件が“国内のレース”だった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(2015年以降)】
×4番手以内 [0-0-0-20](複勝率0.0%)
○5番手以下 [3-3-2-29](複勝率21.6%)

 近年は前走で先行していた馬が不振。前走の条件が“国内のレース”、かつ前走の4コーナー通過順が4番手以内だった馬は、2015年以降のトータルでも[1-1-1-20](複勝率13.0%)と安定感を欠いていました。今年は“前年以降、かつJRA、かつG1、かつ3000m以上のレース”において連対経験のある馬がいませんし、先行力の高さを活かしたいタイプはすべて過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→アーモンドアイマカヒキユーキャンスマイル
主な「×」該当馬→アエロリットアルアインサートゥルナーリア


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が4~5歳」だった馬は2015年以降[4-4-4-24](複勝率33.3%)
主な該当馬→アエロリットアルアイン

[もっと見る]

2019年9月6日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】不振脱出の兆しがみえるデムーロ騎手/セントウルS展望
閲覧 979ビュー コメント 0 ナイス 2

先週末は長く続いた夏競馬の最終週、土日で3つの重賞が行われた。

新潟記念は2番人気のユーキャンスマイルが接戦を制して重賞2勝目。各路線から上がり馬も多数参戦したが、天皇賞(春)以来の出走で57キロを背負った同馬が底力で退けた形だ。馬群を上手く突いて直線外に出した岩田騎手の好騎乗も光った。

2着には3勝クラスを勝ち上がって重賞初挑戦となったジナンボーが入り、金子オーナーの所有馬のワンツーとなった。なお、両馬は父母もともに現役時代は金子オーナーの持ち馬で、まさに「リアルダビスタ馬主」を地で行く決着でもあった。

小倉と札幌で行われた2歳ステークスの中では、やはり印象深いのは札幌だろうか。勝ったブラックホール、2着サトノゴールドともに新種牡馬のゴールドシップ産駒。8年前、父はグランデッツァに及ばず敗れた同レースだったが、初年度産駒が早速一発で答えを出した形だ。まだ産駒の全貌は見えないが、まずは順調な第2のキャリアのスタートといえそうだ。


~大不振…から復調気配あるデムーロ

さて、いよいよ今週末から秋競馬のスタートとなるが、個人的に気になるジョッキーが一人いる。ミルコ・デムーロ騎手だ。

何を今さらと言われてしまいそうだが、長らく不振を極めていた。デムーロがどれだけ不振だったかというのは、単純に今年に入ってからの単勝回収率=51%というのを見ても明らかだ。感覚的にもとにかく人気馬を飛ばしていた印象が強い。デムルメ…といえば昨今の騎手界のシンボルでもあるが、現状は明らかに成績、馬質も含めルメール騎手に押され気味である。

とりわけ7月のデムーロは僅か3勝と不振を極めた。特に2~4番人気馬に27回騎乗して未勝利という散々な時期で、レース内容を見ても明らかに精彩を欠いていた印象が強く、ダイメイプリンセスはデムーロから乗り替わった途端に北九州記念を制した。

今年は特に人気薄での活躍がまったく見られず、5番人気以下での勝利は2月のバレンタインS(サングラス)以来一度もない。当然デムーロ人気の中での5番人気以下ということはその程度の馬だともいえるが、それでも昨年と比べてみるとよくわかる。

2018年 デムーロ&5番人気以下(2-2-3-23)30戦
2019年 デムーロ&5番人気以下(1-5-6-58)70戦

ご覧の通り、成績もさることながら、そもそも5番人気以下に騎乗する回数が増えている。これが何を示すかというと、

1、かつてほどデムーロは人気しなくなっている(さすがに不振に気づかれている)
2、乗り馬の質が下がっている

主に以上の2点であろう。乗り馬の質の低下はデムーロの不振によるものか、あるいはエージェントの交代によるものか、はたまた両方なのか、という話になるが、ファンもさすがにデムーロの調子の悪さを察しているということだろう。

だが、デムーロはもともと「気分屋」の面がある。昔からどちらかといえば常に安定しているルメールと比べると好不調の波が激しい。昨年の秋、ルメールが立て続けにG1を制し我が世の春を謳歌していたが、ルヴァンスレーヴでのチャンピオンズC制覇から流れが一変。アドマイヤマーズ(朝日杯FS)、サートゥルナーリア(ホープフルS)、オメガパフューム東京大賞典)で、G1級レースを立て続けに制したのは記憶に新しい。

いわば、デムーロは”バイオリズムジョッキー”なのだ。戦略としては、調子が良い時に乗っかっていくのが良いし、今年もなんだかんだG1を2勝しているように大舞台にはめっぽう強い。今年はこれまで不振を極め、移籍後は必ず2ケタに乗せて来ていた重賞勝利数もわずかに3つ。だが、デムーロ株はそろそろ底をついてきた印象がある。

先々週は久々に(人気馬ばかりではあるが)4勝の固め打ち。ゴールデンレシオではデムーロらしい出遅れからじわじわ押し上げての差し切り、サトノダムゼルでは道中リズムよく運んでスムーズに抜け出していた。そして、先週末は土日メインでアガラスジナンボーといずれも伏兵馬を連対圏まで持ってきており、デムーロの持ち味である馬と一体になったリズムの良い道中の運びが見られるようになって来ている。

今週からは2場開催が続き、良い意味でローカルよりも目立たなくなり人気的には妙味も出て来るだろう。中山&阪神という得意の急坂コースでの開催が続くだけに、そろそろ復調のゾーンに入って来ても良いはずだ。

ちなみに今週末の京成杯AHではロードクエストに騎乗する。恐らく4~5番人気程度に収まるこの馬をどこまで持ってこられるだろうか。タイミング的にはそろそろ底打ちから反騰へと変化するころとみているだけに、上手く上昇のタイミングに乗っていきたい。


~直行ローテが増えた影響で手薄になりつつあるセントウルS

さて、秋競馬の開幕を飾るのは京成杯AH、そしてセントウルSだ。ココではスプリンターズSへ向けて重要な前哨戦となるセントウルSを考えてみたい。

人気は強行軍での参戦ながらサマースプリント制覇がかかりルメールが騎乗するタワーオブロンドン、そして高松宮記念を勝利し堂々スプリント王者として参戦するミスターメロディの2頭だろう。

だが、前者はスプリント戦未勝利、後者は久々と、人気でも十分に付け入るスキがありそうだ。何より今年はダノンスマッシュキーンランドCからの直行を選んだほか、モズスーパーフレアも間隔を詰めると良くないという反省から北九州記念をステップに選んだ。近年はあらゆる局面で直行ローテが主流になっており、本番まで中2週となるこの舞台に必ずしも主力が集結していない。だからこそ波乱の余地があるというものだろう。

そこで現時点での注目は、ダイメイプリンセス北九州記念では鮮やかに外からの差し切りを決めたが、決して平坦巧者というわけではなく、急坂コースもこなせる馬だ。実際昨年のスプリンターズSでも4着と健闘しており、何より前述のような近年のトライアル事情から今年の北九州記念は例年以上にメンバーが揃っていた。

そういう意味ではアンヴァルにも再度注目。ズブさが増しているのは気掛かりではあるが、毎度キッチリ末脚を使えるだけに、あとは流れ一つだろう。

大穴ならペイシャフェリシタも侮れない。近走はようやく行きっぷりが戻り復調気配がみられ、メンバーが揃ったキーンランドCでもそこそこ見せ場を作っていた。

いずれにしても、セントウルSはG1の前哨戦とはいえ、例年夏競馬の延長戦ともいえる舞台。一発狙うならば、夏場にレースを使っている組の中から選びたい。


※一部重賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。是非当日のブログをご覧ください。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2019年9月5日(木) 18:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(8/31~9/1)札幌2歳S・新潟記念◎W的中の山崎エリカプロをトップに計8名が週間回収率130%超を記録!
閲覧 770ビュー コメント 0 ナイス 4


 
31(土)、1(日)にそれぞれ行われたG3札幌2歳S、G3小倉2歳S、G3新潟記念ほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
31(土)札幌11RG3札幌2歳Sの◎ブラックホール的中を皮切りに、新潟11R長岡S小倉12R3歳以上1勝クラスと3戦3勝で土曜を折り返すと、1(日)には札幌11R丹頂Sでの12万3650円払戻し、新潟11RG3新潟記念での◎ユーキャンスマイル的中と好調予想を披露。週末トータル成績は回収率387%、収支20万950円の大幅プラスをマークし、2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →田口啄麻プロ
1(日)新潟11RG3新潟記念を◎ユーキャンスマイルからのワイドで的中してみせた先週は、他にも31(土)小倉7R3歳未勝利、1(日)新潟3R2歳未勝利などの好調予想を披露!土日トータルでは回収率153%、収支21万7510円プラスをマーク。2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
先週は、31(土)札幌11RG3札幌2歳Sを◎ブラックホールダーリントンホールで的中。同小倉7R3歳未勝利小倉10R玄海特別などで高精度◎を披露し、翌1(日)には新潟7R3歳以上1勝クラス新潟10R弥彦特別などの的中を披露しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
先週は、31(土)小倉6R3歳未勝利での24万9910円のスマッシュヒットを筆頭に、小倉12R3歳以上1勝クラス、翌1(日)には、札幌3R3歳未勝利小倉9R若戸大橋特別などの好調予想を披露し、週間トータル回収率138%、収支15万9710円の大幅プラスを記録。2週連続の週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →馬侑迦プロ
先週は、1(日)の勝負予想小倉1R2歳未勝利キメラヴェリテスマートラビリンス的中計7万8270円の払戻しなどを披露し、週間トータル回収率165%をマーク。同時に、4週連続週末プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、奥野憲一プロ(165%)、新参者プロ(134%)、岡村信将プロ(133%)、馬っしぐらプロ(131%←2週連続週末プラス)、金子京介プロ(117%)、導師嵐山プロ(115%)、あおまるプロ(109%←3週連続週末プラス)、ゼット1号プロ(106%)、【U指数】馬単マスタープロ(106%)、おかべプロ(101%←3週連続週末プラス)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年8月28日(水) 18:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019新潟記念
閲覧 1,265ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


9月1日(日) 新潟11R 第55回新潟記念(3歳以上G3・ハンデ・芝2000m)

【登録頭数:21頭】(フルゲート:18頭)


レイエンダ(B)57.0
前走エプソムカップで初重賞制覇。そこからの休み明けとなるこの中間は、早めに入厩して乗り込み量も豊富で、坂路での時計もしっかり出ていて仕上りは良さそう。初の新潟競馬場となるが、前走かなり速い上がりタイムで走っていることから、今の新潟の馬場にも対応できそう。

ブラックスピネル(B)57.0
前走時のパドックでは、+4キロでも2走前と比べるとお腹のあたりがタップリとして余裕があるように感じた。この中間も坂路で乗り込まれ、1週前には併せ馬で強めに追われ先着と好時計が出ているので、あとは馬体が締まってくるようなら変わり身もありそう。

クリンチャー(E)57.5
これまでのレースを見ても最速の上りがダービーの34.3秒となっていて、力のいる馬場で実績のある馬。この中間も乗り込み量は豊富もいつもと同じような時計しか出ていない状況で、相手以上にハンデと馬場が強敵。

ユーキャンスマイル(A)57.0
右回りだと内にモタれてしまう馬で、前走の天皇賞でも悪い面が出てしまった。2戦2勝の左回りでも追い出されると右にモタれる面は出るが、伸び脚が違うので明らかに左回りの方がレースはしやすく、昨年夏の新潟でも勝ち鞍があってと相性は良い。今回休み明けとなるが、3週前から1週前までCWを長めから併せ馬で追われ好時計が出ていて、調教内容は文句なく、良い状態で出走できそう。

ダッシングブレイズ(D)56.0
今回と同じコースの新潟大賞典以来のレースとなるが、この中間はCWで入念に乗り込まれている。ただ全体的の前走時よりも終いの時計がかかっていて、切れる脚が使えそうな感じはない。

ダイワキャグニー(C)57.5
東京でのレースを多く使われてきている馬で、6勝すべてが東京コースでのもの。この中間は2週前、1週前とPコースで速い時計を出しているが、内めを回ってのものでこの馬としては時計がかかっているのでやや物足りない。速い時計には対応できそうだが、トップハンデと初の新潟コースがどう出るか。

カヴァル(B)54.0
現在3連勝中と勢いのある馬。新潟でも2戦2連対と相性は良い。この中間も坂路での調整。元々調教ではそれほど速い時計が出る馬ではなく、1週前に前走時と同じような時計が出せているので、調子落ちはなさそう。

ジナンボー(D)54.0
6月のジューンSからの休み明け。この中間は坂路で乗り込まれているが、終いの時計がかかっている印象。調子の良い時計はもっと時計の出る馬で、物足りない内容。

カデナ(B)57.0
ここ3戦福島、函館、小倉と好成績。北へ南へと移動距離がかなりあり疲れが心配ではあるが、この中間も1週前追い切りで終い速い時計が出ている。こちらが考えている以上に、調子をキープできている感がある。

サトノキングダム(A)54.0
休み明けを2回使われて2着、1着と好成績。この中間も3週前から3週連続坂路で好時計が出ていて、調子はかなり良さそう。勢いがありローテーションに軽ハンデ、コース適性と好走の条件は揃っている。

センテリュオ(A)53.0
前走マーメイドSからの休み明け。この中間は8月中旬にトレセンで時計を出し始めたが、すぐに坂路で速い時計が出せていて、牧場での調整がかなり良かったのではないかと思う。その後、1週前に坂路で一杯に追われて併せ先着。牝馬なので直前は馬なりでの調整で、終いしっかり伸びているようなら調整内容は万全。

フランツ(C)55.0
8月に入って坂路で毎週追い切られていて、乗り込み量は豊富。もともと速い時計の出る馬ではないので、この馬としては水準の時計で状態は悪くなさそう。

ショウナンバッハ(C)54.0
宝塚記念からの休み明けとなるこの中間は、函館競馬場で調整されている。調教では時計の出る馬なので、函館Wの時計はこの馬のものとしては物足りず、函館から新潟への輸送もあり条件は厳しい。

サトノワルキューレ(D)54.0
今回は3ヶ月半の休み明け。乗り込み量は豊富で時計は出ているが、1週前追い切りで一杯に追われている。休み明けで中間に強めに追われている時は好走実績がなく、使われてからの方が良さそう。

アクート(A)54.0
新潟は4戦3勝と相性抜群。近走、京都・中山で勝ち切れないレースが続いていたが、前走得意の新潟で久しぶりの勝利。この中間は1週前追い切りではそれほど目立つ時計は出してこなかったが、直前の日曜日に一杯に追われて速い時計を出してきており、ほぼ前走時同様の調整内容。小柄な馬で前走時のパドックでは仕上がりも良かったので、あとは最終追い切りで終いしっかり伸びる走りができていれば、かなり期待できそう。

ケントオー(E)55.0
今回は春の天皇賞以来の休み明け。鉄砲駆けするタイプではなく、この中間も坂路で乗り込まれているが終いの時計がかかっており、まだ仕上り途上といった感じ。

ゴールドサーベラス(C)54.0
2000mは3戦しているがすべて小回りコースでのもので、前走の七夕賞の4着が最高とコーナー2つの2000m戦は向きそうもない馬。ただこの中間は北Cコースで終いの時計が出ていて、調子自体は良さそう。

クラウンディバイダ(E)53.0
新潟では2戦して2度大敗。上りの時計もかなりかかっていて、向いている感じはない。この中間も特に目立つような時計もなく、ここは相手が強い。

コズミックフォース(E)56.0
休み明けの前走時はかなり入念に乗り込まれていて良い時計も出ていたが、後方からそれほど差を詰めることもなく9着。この中間はギリギリまで牧場で調整されていたのか、1週前に速い時計を出していない。余裕のある調整内容とは言えず、前走の反動が出て回復に時間がかかっているのかもしれない。

アドマイヤアルバ(D)54.0
休み明けの小倉記念を使われての叩き2戦目。この中間は2週前、1週前と併せ馬で先着しているものの、時計的にこの馬としては物足りず、大きな変わり身は感じられない。

ロードマイウェイ(E)50.0
6月の東京開催で2連勝しての休み明け。この中間は、間隔がある割に調教の時計がかかっていて物足りない内容。



◇今回は新潟記念編でした。
今年の夏はウインズやパークウインズに出かける機会は少しあったものの、競馬場での現地観戦にはほとんど赴くことが出来ませんでした。それでも中央・地方・海外と、家にいながらパドックもレースも普通に観られ、馬券も買えてと、便利な世の中になったものです。暑いなか行われてきた夏競馬も、今週が最後。馬も人も大変だと思いますが、今年も最後は新潟競馬場で熱い夏競馬を楽しんできたいと思います。

それでは次回、セントライト記念編(予定)でお会いしましょう。

新潟記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ユーキャンスマイルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 98ビュー コメント 0 ナイス 6

ジャパンカップ(G1)
日程:2019年11月24日(日)
東京/芝2400m

(登録馬・五十音順)

-- ウインテンダネス 牡6
栗 杉山晴紀
57.0 中2週

-- エタリオウ 牡4
栗 友道康夫
57.0 中6週

-- カレンブーケドール 牝3
美 国枝栄
53.0 中5週

-- シュヴァルグラン 牡7
栗 友道康夫
57.0 3ヶ月

-- ジナンボー 牡4
美 堀宣行
57.0 中11週

-- スワーヴリチャード 牡5
栗 庄野靖志
57.0 中3週

-- タイセイトレイル 牡4
栗 矢作芳人
57.0 中2週

-- ダイワキャグニー 牡5
美 菊沢隆徳
57.0 中4週

-- ダンビュライト 牡5
栗 音無秀孝
57.0 中6週

-- マカヒキ 牡6
栗 友道康夫
57.0 中3週

-- ムイトオブリガード 牡5
栗 角田晃一
57.0 中2週

-- ユーキャンスマイル 牡4
栗 友道康夫
57.0 中3週

-- ラヴズオンリーユー 牝3
栗 矢作芳人
53.0 中1週
※ラヴズオンリーユーは
『香港ヴァーズ』出走予定?

-- ルックトゥワイス 牡6
栗 藤原英昭
57.0 中2週

-- レイデオロ 牡5
美 藤沢和雄
57.0 中8週

-- ワグネリアン 牡4
栗 友道康夫
57.0 中3週


💬まだ印はつけないよ~😅💦
(枠順決まったら🆙更新するかな?)

①U指数上位5頭は
シュヴァルグラン
スワーヴリチャード
ユーキャンスマイル
レイデオロ
ワグネリアン

②カレンブーケドール
 ラヴズオンリーユー
(『香港ヴァーズ』出走予定)
 斤量53.0は古馬相手でも
 有利じゃないかな?

③「幽霊👻」のサイン馬券😱
『幽(ゆう)』
「ユー」キャンスマイル
ラヴズオンリー「ユー」
『霊(れい)』
タイセイト「レイ」ル
「レイ」デオロ
3連複か3連単4頭BOX
イッとく?
※ラヴズオンリーユー
JC出走しないなら
ユーキャンスマイルと
レイデオロとタイセイトレイルの
3連単か3連複BOXにしようかな?

④「寿司🍣」のサイン馬券🍵
『寿(す)』
ウインテンダネ「ス」
「ス」ワーヴリチャード
ユーキャン「ス」マイル
ルックトゥワイ「ス」
『司(し)』
「シ」ュヴァルグラン
「ジ」ナンボー(濁音だけど)
6頭BOXはキツいかなぁ~😅💦
   

 しんすけ48 2019年11月10日() 08:09
エリザベス女王杯
閲覧 263ビュー コメント 0 ナイス 39

おはよ♪

ゴホッゴホッ。

あ~、つらい。

漸くまとまりましたよ。但し自信は全く無し子ちゃん♪

何となく荒れそうな気がするんだけど・・・。

京都11R エリザベス女王杯

◎⑫センテリュオ
〇⑥クロコスミア
▲②ラッキーライラック
△⑪ラヴズオンリーユー
△⑯スカーレットカラー
△⑮ミスマンマミーア
×➇クロノジェネシス

馬連⑫ー②・⑥・⑪・⑮・⑯への5点。
馬単⑫ー②・⑥・⑪・⑮・⑯への5点
三連複⑥・⑫ー②・⑧・⑪・⑮・⑯への5点。

本命候補は色々上がっては来ましたが・・・、いまいちピンと来なかったんでね。
週中は全く眼中に無かったセンテリュオが本命。全く自信はありませんがね。
前走は初の左回りに加えて出来も無かった模様。それでユーキャンスマイルにコンマ7秒差なら良しか。
過去にはメールドグラースと差の無い競馬をしているし距離実績もある。
32秒台で上がれる切れる脚も持ってるしルメさんが鞍上ならやってくれそうな気が。
結果は分らんが納得した予想となったんでこれで買うちゃりまっせ!

今日は重賞2鞍だけ買います。

昨日は一度は本命にしようとして切ってしまったワンダーリーデルに来られてしまうと言う情けない結果となってしまったんで今日こそは大当たりと行きたいもんですな。

[もっと見る]

 DEEB 2019年10月31日(木) 12:57
恥ずかしい馬予想2019.10.27[結果]
閲覧 29ビュー コメント 0 ナイス 2

東京11R 天皇賞(秋) GⅠ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 2 アーモンドアイ…1着
○10 サートゥルナーリア…6着
▲ 4 スワーヴリチャード…7着
△ 6 ユーキャンスマイル…4着
× 5 ☆アエロリット…3着
[結果:アタリ△ 複勝 5 270円]

京都11R カシオペアステークス (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎15 プロディガルサン…10着
○10 テリトーリアル…1着
▲ 4 サーブルオール…5着
△ 8 ソーグリッタリング…3着
×17 ☆ヴァルディゼール…13着
☆11 マイネルフラップ…12着
[結果:ハズレ×]

京都12R 3歳以上2勝クラス牝[指定]
◎15 シンコーメグチャン…11着
○ 1 バイザディンプル…6着
▲ 5 デュアラブル…2着
△13 アオイテソーロ…13着
× 2 ヴォカツィオーネ…3着
☆ 3 ブラックモリオン…12着
[結果:ハズレ×]

新潟 4R 障害3歳以上未勝利
◎ 6 ★コウキチョウサン…4着
○10 ビーハグ…1着
▲ 9 スプリングボックス…6着
△13 ユイノシンドバッド…5着
× 3 トレクァルティスタ…2着
[結果:ハズレ×]

新潟 7R 3歳以上1勝クラス(混合)[指定]
◎ 7 ショウナンサニー …4着
○ 2 メメランタン…6着
▲ 5 リヴィエラ…1着
△ 9 ☆スターリーパレード…3着
× 8 ☆ミラクルユニバンス…5着
[結果:アタリ△ 複勝 9 310円]

新潟 9R 3歳以上1勝クラス[指定]
◎ 8 ★アウステルリッツ…2着
○10 モレッキ…9着
▲ 3 ブラゾンダムール…11着
△ 4 ペガーズ…7着
× 9 ノストラダムス…6着
[結果:アタリ△ 複勝 8 160円]

新潟11R ルミエールオータムダッシュ (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎14 カッパツハッチ…7着
○ 7 ライオンボス…2着
▲11 ☆トウショウピスト…15着
△16 クールティアラ…17着
×18 アルマエルナト…5着
[結果:ハズレ×]

今日は、仕事です。
仕事をがんばれば、当たっていると思います。

[今日の結果:7戦0勝4敗3分]
情けない結果でした。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ユーキャンスマイルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  TERAMAGAZINE   フォロワー:40人 2019年10月24日(木) 16:53:32
第160回天皇賞・秋

社台の共同馬主クラブ(「キャロットF」「シルクR」「サンデーR」)同士の対決!vs金子真人HD(個人名義)

ロードカナロア産駒の最強馬同士対決!vsディープインパクト産駒ダービー馬同士の対決!

いずれにせよ
全て、ノーザンファーム生産馬の闘い!!
1:
  sshiinn   フォロワー:0人 2018年10月21日() 17:29:33
武さん惜しかったぁ!本命だったのに

ユーキャンスマイルの写真

ユーキャンスマイルの厩舎情報 VIP

2019年10月27日天皇賞(秋) G14着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ユーキャンスマイルの取材メモ VIP

2019年10月27日 天皇賞(秋) G1 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。