今週の重賞レース

2022年8月14日( 関屋記念 G3 小倉記念 G3

金鯱賞 G2

日程:2022年3月13日() 15:25 中京/芝2000m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 3 3

ジャックドール

牡4 56.0 藤岡佑介  藤岡健一 506(-2) R1.57.2 2.0 1 34.6 ①①①①
2 7 10

レイパパレ

牝5 56.0 川田将雅  高野友和 430(-4) 1.57.6 2 1/2 5.6 2 34.6 ④④④④
3 5 6

アカイイト

牝5 55.0 幸英明  中竹和也 512(-4) 1.57.8 1 1/4 17.8 5 34.7 ⑦⑦⑤⑤
4 4 5

ポタジェ

牡5 56.0 吉田隼人  友道康夫 466(-8) 1.58.0 1 1/4 8.7 4 34.2 ⑪⑫⑫⑫
5 2 2

ギベオン

牡7 57.0 西村淳也  藤原英昭 504(+4) 1.58.0 クビ 83.8 12 35.2 ③③②②
6 1 1

ショウナンバルディ

牡6 56.0 岩田康誠  松下武士 454(-4) 1.58.0 アタマ 38.5 11 34.6 ⑫⑩⑨⑦
7 8 13

サンレイポケット

牡7 56.0 鮫島克駿  高橋義忠 480(-6) 1.58.1 クビ 5.7 3 34.7 ⑦⑧⑦⑦
8 6 8

アラタ

牡5 56.0 大野拓弥  和田勇介 462(+4) 1.58.1 クビ 24.2 8 34.5 ⑦⑧⑩⑩
9 8 12

ランブリングアレー

牝6 54.0 藤岡康太  友道康夫 478(-4) 1.58.2 クビ 37.8 10 34.6 ⑦⑩⑩⑩
10 4 4

ソフトフルート

牝5 54.0 岩田望来  斉藤崇史 480(-6) 1.58.4 1 1/4 29.6 9 34.6 ⑬⑬⑬⑫
11 7 11

ステラリア

牝4 54.0 M.デムー  斉藤崇史 498(+8) 1.58.4 クビ 22.4 6 35.0 ⑤⑥⑦⑦
12 5 7

シャドウディーヴァ

牝6 54.0 福永祐一  斎藤誠 480(+4) 1.58.6 1 1/4 23.3 7 35.4 ⑤⑤⑤⑥
13 6 9

シフルマン

牡6 56.0 荻野極  中尾秀正 504(-2) 1.58.9 1 3/4 116.0 13 36.1 ②②②②
ラップタイム 12.5 - 11.0 - 12.2 - 11.9 - 11.7 - 11.7 - 11.6 - 11.0 - 11.3 - 12.3
前半 12.5 - 23.5 - 35.7 - 47.6 - 59.3
後半 57.9 - 46.2 - 34.6 - 23.6 - 12.3

■払戻金

単勝 3 200円 1番人気
複勝 3 130円 1番人気
10 190円 3番人気
6 370円 7番人気
枠連 3-7 560円 2番人気
馬連 3-10 830円 2番人気
ワイド 3-10 410円 3番人気
3-6 810円 8番人気
6-10 1,500円 19番人気
馬単 3-10 1,170円 3番人気
3連複 3-6-10 3,540円 6番人気
3連単 3-10-6 10,610円 16番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:340,033人(08月13日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【金鯱賞2022特集】道中外、直線も外の待機勢は劣勢!内めを上手に立ち回る馬が優位!

【金鯱賞2022特集】道中外、直線も外の待機勢は劣勢!内めを上手に立ち回る馬が優位!

土曜日の中京芝のレース結果、近年の金鯱賞の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

中京競馬場はきさらぎ賞が行われた2月6日以来の開催。芝コースは当時のBコースから、Aコースへ移動した。ここ最近にまとまった雨がなかったことや、芝の張り替え効果もあって、芝コースの状態はまずまず良好。土曜日は終日良馬場(JRA発表)で施行された。

ちなみに、JRAが測定した土曜日朝のクッション値は8.9の標準。土曜日早朝の含水率はゴール前が13.3%、4角11.7%。水曜日から間断なく散水作業を施したことに伴い、好天続きの良馬場としてはソフトなコンディションとなっている。

土曜日施行の芝競走4鞍における勝ち馬の最終4角通過順位は1、2、10、1番手。経済コースを上手に立ち回った馬の活躍が目を引いた。枠順については内~中枠がやや優勢。7~8枠の馬券絡みは2頭のみとなっている。

外めから進出した差し馬もそれなりに頑張ってはいるが、4角6番手以下の2着連対圏入りは1頭に過ぎず、中団より前めの位置に付けられる馬が優位であるのは確か。少なくとも外差しがガンガン決まるコンディションではない。

日曜日開催中の予報は曇りがち。だが、相当の雨量でもない限りは、土曜日の傾向を踏襲する可能性は高い。よほどの適性差または展開利でもなければ、道中外、直線も外という待機勢は苦戦を強いられることが予想される。

従って前日に引き続き、道中で内めをうまく立ち回った馬が有利という捉え方がベター。待機勢を狙うのであれば、内め追走から馬群を上手に捌けそうなタイプとなろう。枠順ベースで選ぶなら、真ん中より内(1~4枠あたり)を優先したほうが、好結果につながりやすいのではないか。

血統的には過去5年の金鯱賞を参考にすると、ディープインパクトおよびハーツクライの両産駒、キングカメハメハの系統産駒が堅調。ほかでは、父または母の父にロベルト系の種牡馬を擁する馬の健闘も目を引く。これらに当てはまる馬は高く評価してしかるべきだ。

とはいえ、出走馬と照らし合わせてみると該当馬が多い印象を持つ。もうひとつフィルターをかけて、2017年以降の金鯱賞の勝ち馬すべてに共通する、前走の馬体重が490キロ以上だった馬を重視したい。

今回の出走メンバーで、血統面と先述した馬場傾向(1~4枠)の要点をともに満たしているのは、②ギベオン、③ジャックドール。よって当欄では、この2頭を注目株として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
ギベオン ③ジャックドール
プロ
予想

【金鯱賞2022特集】昨年最低人気ギベオン推奨タッグ!「スガダイ」×政治騎手「ヒノくん」の注目馬大公開!

【金鯱賞2022特集】昨年最低人気ギベオン推奨タッグ!「スガダイ」×政治騎手「ヒノくん」の注目馬大公開!

プロ予想MAXが誇る予想神「スガダイ」×政治騎手でお馴染み「ヒノくん」が金鯱賞を大展望!トッププロ予想家のハイレベルG1トークをお届けいたします!

出演:スガダイ(予想神) ヒノくん(政治騎手) MC:岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

調教
予想

【金鯱賞2022特集】ジャックドールがトップ評価!サンレイポケットも差なく続く!-追い切りチェック(最終版)

【金鯱賞2022特集】ジャックドールがトップ評価!サンレイポケットも差なく続く!-追い切りチェック(最終版)

日曜日に行われる金鯱賞の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

①ショウナンバルディ【B】
栗東坂路単走。やや頭の位置が高く、少し右へ出る仕草を見せるも、この馬にはよくあること。道中の動きに硬さはなく、活気も程よい感じ。四肢のさばきも悪くなかった。絶好調ではないだろうが、ここ数戦の中ではデキがいい部類に入る。

②ギベオン【C】
栗東坂路単走。キビキビと登坂し、それなりのタイムを刻んできた。ただ、力強さと推進力に満ちていた昨春の走りに比べると物足りなさを覚えてしまう。実戦でヤメ癖が出てきているのも気になるところ。前年覇者というレース相性の良さで、どこまでカバーできるかが焦点になりそうだ。

③ジャックドール【
栗東CW併走。右後肢を外側に投げ出すような癖の強い走りだが、それは前回のレースも同様。深刻に捉える必要はない。後肢の蹴り自体は力強く、トビも高い。ラストで手前を右に替えて鋭く脚を伸ばした点も、左回りの中京に臨むことを思えば好印象。上々の仕上がりだろう。

④ソフトフルート【C】
栗東CW併走。首の振り幅が安定しないのはいつものこと。それはいいとしても、前肢の回転鋭い動きに対して、後肢の力感が薄く見えるのは気がかり。そのぶんスピードに乗るまでに時間を要しているように映る。上がりがかかる展開になれば、という条件付きの狙いになろう。

⑤ポタジェ【B】
栗東CW単走。時計は地味ながらも、リラックスしており、鞍上の指示に対しても従順。前回の中間より後肢の蹴りに力感があるし、前肢の使い方も良くなってきた。もう少し素軽さがあれば文句なしだが、生真面目に前へ進もうとする姿は好感が持てる。ぞんざいには扱えない。

⑥アカイイト【C】
栗東坂路単走。しまいは勢いが鈍るも、これは毎度のことなので心配なし。首の使い方も悪くない。一方で、昨秋に比べると前肢のさばきが少し硬く、そのぶん推進力を欠いているように映る。このひと追いでどこまで変われるか、という塩梅ではないか。

⑦シャドウディーヴァ【B】
美浦坂路併走。掛かり加減の併走馬にアオられ気味も、エンジンがかかってからは、じわじわと脚を伸ばした。ゴールに向かって、1ハロンごとに0.2→0.4→0.9秒と加速し続けるラップを刻めた点は好感。万全には至らないかもしれないが、それなりに帳尻を合わせてきた印象を受ける。

⑧アラタ【C】
美浦南W併走。ブリンカーを着用した1週前追い切りの動きは良かったようだが、シャドーロールのみの今回は四肢と首の連動性が低く、スピードの乗りが良くない。見映えが悪いため、当欄の判定はCにとどめておくが、矯正用馬具装着の有無を含め当日の気配を注視したい1頭ではある。

⑨シフルマン【B】
栗東CW単走。ワンペース気味だが、ひと頃に比べると落ち着いて走れているし、折り合いも楽になった。そのぶん、体の使い方が良くなり、前後の連動性がアップ。集中力も高い。体調は良さそうなので、あとは実戦で気分を損ねず運べるか否か。そのあたりが好凡走のカギを握る。

⑩レイパパレ【B】
栗東坂路単走。併せ馬ではないが、前を行く馬の後ろにつける形の追い切り。ハミを噛み気味で口元は硬めも、それなりに我慢は利いていた。1週前追い切りで感じられた、硬さや手足の重さが薄れてきているのも好印象。海外帰りとすれば及第点をつけられる仕上がりだろう。

⑪ステラリア【C】
栗東CW併走。頭の位置がやや高く首の動きが硬い。そのため、この馬らしいキレと推進力は窺えず、刻んだラップほどの鋭さは感じなかった。1週前追い切りより上向いているのは確かだが、まだ良化の余地を残している印象。評価を上げるには躊躇してしまう。

⑫ランブリングアレー【B】
栗東CW単走。上がり重点の内容ながら、脚どりは力強く、背中の安定性も高い。体を柔らかく使えているし、制御もしっかり利いている。このくらいの動きは常に見せる馬なので過度の評価はしづらいものの、雰囲気は決して悪くない。侮れない存在だ。

⑬サンレイポケット【
栗東坂路併走。序盤こそスピードある併走馬に手ごたえ劣勢も、いい脚を長く使って最後はきっちりと先着を果たした。前回の中間より首と前肢を上手に使えているし、追われてからの身のこなしも柔らかくなっている。状態が上向きであることを十分に感じさせる内容だった。

【調教予想からの注目馬】
A判定は2頭。トップは③ジャックドールとする。癖のある走りだが、それ以上に後肢の力強さと広い可動域が目を引く。速いラップで運びながら、ラストで手前を右に替えて、もうひと伸びするあたりも左回りのレースに臨むことを考慮すれば好感度大。高く評価したい。

差のない2番手に⑬サンレイポケット。首と前肢を効果的に使った走り、そして柔らかい身のこなしが印象的。叩き良化型らしく、京都記念を使ったことで状態は順当に上向いている。

<注目馬>
ジャックドール ⑬サンレイポケット

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:340,033人(08月13日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【金鯱賞2022特集】ジャックドール「能力の高い馬でスピードもある」 レイパパレ「のびのびと走れるような展開になれば」

【金鯱賞2022特集】ジャックドール「能力の高い馬でスピードもある」 レイパパレ「のびのびと走れるような展開になれば」

アカイイト・中竹師「前走は折り合いがついて、しまいもしっかりしていた」

アラタ・田中助手「体の緩さが解消してよくなってきた」

ギベオン・藤原師「去年勝っているようにコース適性はある」

サンレイポケット・鮫島駿騎手「自在性のある馬。臨機応変に対応したい」

シフルマン・中尾師「ハナにはこだわらない。好位で競馬ができれば」

ジャックドール・藤岡師「能力の高い馬でスピードもある」

シャドウディーヴァ斎藤誠師「今週は動きや反応が良かった」

ショウナンバルディ・松下師「前走は斤量が重かったですし、距離も長かった」

ステラリア・斉藤崇師「初の中京ですが、上手にレースをする馬なので大丈夫だと思う」

ソフトフルート・斉藤崇師「もう少し前でリズムよく運べれば」

ポタジェ・友道師「いつもまじめに走る馬です」

ランブリングアレー・友道師「中京芝2000メートルは合っている」

レイパパレ・高野師「のびのびと走れるような展開になれば」

金鯱賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【金鯱賞2022特集】馬券内データ全クリアはジャックドール、ポタジェ、アカイイト、シフルマンの4頭のみ

【馬齢】

金鯱賞が大阪杯の前哨戦と位置づけられた、2017年以降の3着以内馬15頭の馬齢をみると、4歳から8歳までの範囲。ただし、7歳以上の馬券絡みは、当該コースの重賞で勝利歴があった馬に限られる。そのあたりには配慮が必要だろう。

(減点対象馬)
⑬サンレイポケット

【性別】

2017年以降の性別成績を検証すると、牡・せん馬【5.3.5.38】、牝馬【0.2.0.7】。連対率の面では後者が優位に立っている。一方、2着となった牝馬2頭はともにG1ウイナー。G1未勝利の牝馬は苦戦を強いられている。

(減点対象馬)
④ソフトフルート ⑦シャドウディーヴァ ⑪ステラリア ⑫ランブリングアレー

【所属】

2017年以降の所属別成績は、栗東【5.4.4.31】、美浦【0.1.1.14】。関西馬が優勢の状況にある。なお、3着以内に入った関東馬2頭には、左回りの重賞で3着以内の好走経験があった。相応の実績がない、関東馬に手を出すのはリスクが高い。

(減点対象馬)
⑧アラタ

【前走着順】

2017年以降の3着以内馬15頭中11頭が前走5着以内。前走6着以下からの巻き返しは前走G1組、または前走で単勝1番人気の高支持を集めていた馬に限定される。押さえておきたい傾向のひとつだ。

(減点対象馬)
①ショウナンバルディ ②ギベオン

【前走馬体重】

前走の馬体重(前走が海外戦で未発表の場合は直近の国内戦での馬体重)については、牡・せん馬なら460キロ以上、牝馬であれば450キロ以上が目安。2017年以降の1~3着全馬がこの条件をクリアしている。

(減点対象馬)
①ショウナンバルディ ⑧アラタ ⑩レイパパレ

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、③ジャックドール、⑤ポタジェ、⑥アカイイト、⑨シフルマンの4頭。最上位には③ジャックドールを挙げたい。2017年以降の年齢別で、勝率、連対率、複勝率のいずれもトップに位置する4歳馬に該当。前走白富士S組が【1.0.3.1】と高確率で馬券に絡んでいることも加点材料だ。

次位は前年3着の⑤ポタジェ。前走G2組の成績が芳しくない点は気になるも、当該距離では【4.4.1.1】と安定感が高く、G2以下の左回りでは【1.2.2.0】と大きく崩れていない。ぞんざいには扱えないだろう。以下、⑥アカイイト、⑨シフルマンらが続く。

<注目馬>
ジャックドール ⑤ポタジェ ⑥アカイイト ⑨シフルマン

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【金鯱賞2022特集】例年通りU指数上位勢が上位争いをする公算が大きい一戦!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

昨年の勝ち馬ギベオン(8位、10番人気)のような穴馬の激走がたまに見られるものの、例年は上位人気がしっかり結果を残しており、U指数的にも大きな波乱は少ないレースとなっている。2017年1着のヤマカツエース(8位、1番人気)、2018年1着のスワーヴリチャード(7位、1番人気)、2019年3着のエアウィンザー(11位、1番人気)というように、指数の伸びていない馬が激走する際は、ほとんどが上位人気馬。最初にU指数上位勢を評価し、そのうえで人気を集めそうな指数下位馬を押さえるかたちで馬券を組み立てるのが最善策となりそうだ。

まず注目したいのは、唯一の牡馬との混合G1優勝歴がある1位の⑩レイパパレ(101.1)。約1年勝利から遠ざかっているが、ハマッた際の強さはピカ一で、1頭だけU指数100以上をマークしている点も強調できる。あっさりがあっても、なんら驚けない。

これに次ぐのが、相手なりに走れるのが強みの2位⑤ポタジェ(99.9)と、走りに安定感が増してきた3位の⑬サンレイポケット(99.6)。いずれも戦ってきた相手と結果を考えれば、無様な競馬をする可能性は低いと考えるのが妥当だ。

最後に1頭、人気サイドから4連勝中と勢いに乗る5位の③ジャックドール(97.9)の名前を挙げておく。

【U指数予想からの注目馬】
レイパパレ ⑤ポタジェ ⑬サンレイポケット ③ジャックドール

出走予定馬のU指数をチェックする

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:340,033人(08月13日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【金鯱賞2022特集】昨年は最低人気馬が勝利、毎年のように上位を賑わすディープインパクト

【金鯱賞2022特集】昨年は最低人気馬が勝利、毎年のように上位を賑わすディープインパクト

10頭立てで行われた昨年は最低10番人気のギベオンが逃げ切り勝ちを収める大波乱。一方で、その父ディープインパクトは毎年のように馬券圏内に好走馬を送り出しており、昨年は3着にも同産駒のポタジェが入線していた。種牡馬傾向としてはディープインパクト、ハーツクライ、キングカメハメハの三つ巴状態にあるが、20年にはロードカナロア産駒のサートゥルナーリアも勝利しているので、今後は後継種牡馬の動向にも注目したい。

ほか、昨年はKris S.の血を引くギベオンとデアリングタクトで1・2着。19年1着ダノンプレミアム(母の父Intikhab)、16・17年と変則的に2連覇を達成したヤマカツエース(母の父グラスワンダー)などの好走例からも、総じてRobertoの血脈を持つ馬にも人気不問で気を配るべきだろう。

レイパパレは、父ディープインパクト×母シェルズレイ(母の父クロフネ)。父ディープインパクト×母の父Deputy Minister系という大まかな血統構成は昨年の1・3着馬と同じで、本馬においてはクロフネを介してRobertoの血脈を保持することも強調しやすい。近走は少しズブさを見せているだけに56kgの斤量は気になるところだが、中京芝2000mは好位で立ち回れる競馬センスが活きる舞台。全6勝をあげる川田騎手とのコンビで見直したい。

ランブリングアレーは、父ディープインパクト×母ブルーミングアレー(母の父シンボリクリス)。昨年の勝ち馬と同様に母系でKris S.の血脈を持つディープインパクト産駒であり、母の父は昨年の2着馬の父系祖父でもある。前走は55.5kgの斤量を背負いながら、牡馬を相手に持続力勝負で引けを取らないしぶとさを発揮。今回は休み明けを一度使われているアドバンテージもありそうで、21年愛知杯で2着と好走しているコース実績も侮れない。

ジャックドールは、父モーリス×母ラヴァリーノ(母の父Unbridled’s Song)。父系曽祖父グラスワンダーは16・17年に2連覇を達成したヤマカツエースの母の父。また、同じ母の父からは18年の勝ち馬スワーヴリチャードが出た。本馬の直近4戦で4連勝という戦歴は軌道に乗ったRoberto系らしさがあり、やはり勢いが続いているうちは軽視しづらいタイプだろう。近親にG1馬が並ぶ血統背景も申し分なく、さらなる飛躍にも期待できる存在だ。

【血統予想からの注目馬】
レイパパレ ⑫ランブリングアレー ③ジャックドール

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

乗り変わり
勝負度

【金鯱賞2022特集】鞍上スイッチで人気落ち必至の前年3着馬を狙い撃つ!

【金鯱賞2022特集】鞍上スイッチで人気落ち必至の前年3着馬を狙い撃つ!

編集部(以下、編) 日曜日はフィリーズレビュー、金鯱賞と、大注目のG1のトライアル、前哨戦が行われます。

新良(以下、新) いずれも順当決着が少ないレースですので、配当アップに貢献してくれる馬をうまく指名したいですね。

編 メインターゲットはどちらのレースになりますか?

新 金鯱賞のほうを取り上げます。狙い目とみているのは、川田将雅騎手から吉田隼人騎手に乗り替わる⑤ポタジェです。

編 おお、そこを狙うんですね。ポタジェの主戦は川田騎手ですし、やや見捨てられた感もありますが……。

新 そう思うのが当然かもしれません。デビュー以来ずっと3着以内をキープしてきたのに、ここ2戦は6着、5着と成績を落としていますしね。

編 そうなんですよ。だから大丈夫なのかなと。

新 心配には及びません。着順から受ける印象は悪いですが、2走前の天皇賞(秋)は相手が悪すぎましたし、前走のAJCCについては適性のない右回りの2200mと敗因がハッキリしています。

編 なるほど。2走前より相手関係が楽になり、前走より条件が好転する今回は巻き返す余地があるということですね。

新 はい。天皇賞(秋)にしても、差し馬がズラリと上位に並ぶなか、先行して6着に健闘。馬券圏外に敗れた馬のなかで、最も強い競馬をしていました。今回のメンバーなら能力的にはトップクラスです。

編 わかりました。あとは肝心の乗り替わりをどう評価するかですが……。

新 川田騎手はかつてのお手馬であり、格上のレイパパレの陣営から騎乗依頼が来たからそちらを選んだだけで、ポタジェを見限ったわけではないと思います。だから、今回の乗り替わりを悲観する必要はないでしょう。

編 むしろ、川田騎手が降りたことによって人気落ち必至ですので、馬券的には面白い存在になったと。

新 まさにその通りです。吉田隼騎手は毎日王冠で一度騎乗し、4番人気3着と及第点の結果を残しています。この乗り替わりで人気を落とすのならしめたものです。

編 中京芝2000mというコースについてはいかがですか?

新 吉田隼騎手は2019年以降、このコースで単勝回収率127%という好成績をマークしています。馬は昨年の3着馬ですから、今回の舞台は人馬ともに望むところでしょう。

編 人気を落とせばプレッシャーがかからず、気楽に臨めると思いますので、騎手にしてはやりやすいでしょうね。

新 わりと肝の据わっているタイプのジョッキーですから、そのあたりは心配無用でしょう。

編 競馬をしやすい枠に入ったのもプラスですかね。

新 はい。ジャックドールを含む逃げ先行勢と、後方で脚を溜めたい差し勢とで位置取りが二極化しそうなメンバー構成で、ポタジェはその真ん中あたりでレースを運びたいクチ。理想的な展開になる可能性も高そうです。

編 条件は揃った。そんな印象を受けます。

新 まさに人気の盲点になりそうな存在ですので、絶対に買っておくべきです。

編 アタマ獲りというシーンも……。

新 あるでしょうね。単系馬券の配当を跳ね上げてくれそうで、本当に楽しみです。

編 ワクワクしてきました。川田騎手が悔しがるような結果になってほしいですね。

新 川田騎手には申し訳ないですが、そうなってくれるように祈りましょう。

【乗り変わり勝負度からの注目馬】
ポタジェ
過去10年の結果

【金鯱賞2022特集】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2021年3月14日() 中京/芝2000m
天候:晴 馬場:
金鯱賞2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 5 ギベオン 西村淳也 2:01.8 227.3 10 36.8 103.3
2 1 デアリングタクト 松山弘平 2:01.8 クビ 1.4 1 36.1 103.3
3 10 ポタジェ 北村友一 2:01.9 1/2 19.8 6 36.4 102.8
4 4 グローリーヴェイズ 川田将雅 2:01.9 ハナ 4.5 2 36.4 102.8
5 7 キセキ M.デムーロ 2:02.0 1/2 10.0 3 35.9 102.2
2020年3月15日() 中京/芝2000m
天候:晴 馬場:
金鯱賞2020
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 6 サートゥルナーリア C.ルメール 2:01.6 1.3 1 33.2 103.5
2 8 サトノソルタス 藤岡康太 2:01.9 41.3 8 33.8 101.8
3 4 ダイワキャグニー 内田博幸 2:02.0 3/4 24.3 6 34.2 101.2
4 7 ギベオン 福永祐一 2:02.0 ハナ 28.3 7 33.8 101.2
5 2 ラストドラフト 吉田隼人 2:02.1 クビ 11.4 3 33.5 100.6
2019年3月10日() 中京/芝2000m
天候:雨 馬場:稍重
金鯱賞2019
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 ダノンプレミアム 川田将雅 2:00.1 3.5 2 34.1 107.3
2 11 リスグラシュー A.シュタルケ 2:00.3 1 1/4 8.7 5 34.1 106.2
3 8 エアウィンザー 武豊 2:00.4 3/4 3.0 1 34.2 105.6
4 6 ペルシアンナイト M.デムーロ 2:00.8 2 1/2 7.0 4 34.7 103.3
5 10 アルアイン 柴山雄一 2:01.0 1 1/2 6.8 3 35.0 102.1

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【金鯱賞2022特集】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2016、17年の優勝馬ヤマカツエース
2016、17年の優勝馬ヤマカツエース

レース条件が目まぐるしく変遷してきた中京を代表する中距離重賞で、現在は大阪杯の前哨戦の役割を担っている。G3のハンデ戦時代は一線級には届かない脇役たちの主戦場だったが、別定G2になった第32回(1996年)を境に大幅にレベルアップ。第34回(1998年)のサイレンススズカ、第36回(2000年)のメイショウドトウ、第38回(2002年)のツルマルボーイなど、G1馬やのちのG1馬による勝利が多くなった。第39~41回(2003~2005年)はタップダンスシチーが3連覇を達成。2011年の第47回は、翌年に香港のQE2世ステークスを制して海外G1タイトルを獲得するルーラーシップが勝っている。

歴史と概要をもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:340,033人(08月13日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

金鯱賞特集 バックナンバー

トップへ