会員登録はこちら
日経新春杯 G2   日程:2020年1月19日() 15:35 京都/芝2400m

レース結果

日経新春杯 G2

2020年1月19日() 京都/芝2400m/14頭

本賞金:5,700万 2,300万 1,400万 860万 570万


レコード:2分22秒6
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 6

モズベッロ

牡4 52.0 池添謙一  森田直行 478(+8) 2.26.9 4.9 2
2 3 4

レッドレオン

牡5 54.0 北村友一  角居勝彦 456(-4) 2.27.3 2 1/2 8.1 5
3 5 8

エーティーラッセン

牡6 51.0 藤懸貴志  木原一良 518(0) 2.27.4 3/4 58.3 11
ラップタイム 12.6 - 11.2 - 11.9 - 12.9 - 13.0 - 12.9 - 12.1 - 12.8 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.8
前半 12.6 - 23.8 - 35.7 - 48.6 - 61.6
後半 60.3 - 47.5 - 35.3 - 23.5 - 11.8

■払戻金

単勝 6 490円 2番人気
複勝 6 210円 3番人気
4 280円 5番人気
8 940円 11番人気
枠連 3-4 1,540円 8番人気
馬連 4-6 2,070円 10番人気
ワイド 4-6 810円 9番人気
6-8 3,680円 41番人気
4-8 4,580円 44番人気
馬単 6-4 3,680円 15番人気
3連複 4-6-8 29,380円 89番人気
3連単 6-4-8 110,680円 365番人気

日経新春杯のニュース&コラム

【日経新春杯】モズベッロ重賞初V、格上挑戦で完勝!
 日経新春杯が19日、京都競馬場で14頭によって争われ、2番人気で池添騎乗のモズベッロが5、6番手から力強く抜け出して快勝。3勝クラスからの格上挑戦で、重賞初制覇を飾った。2着は5番人気で昇級初戦のレッドレオンが入り、武豊騎乗で1番人気のレッドジェニアルは7着だった。 3勝クラスから格上挑戦したモズベッロが、力強く抜け出して快勝。テン乗りで、2015年から6年連続のJRA重賞制覇を決めた池添騎手が胸を張った。 「強かったですね。ずっと内々を走っていましたが、勝負どころでうまく外に出せました。直線に向いて追い出すと、本当にいい脚を使ってくれました」 道中は5、6番手のインをリズム良く追走。直線は内にもたれながらも、メンバー最速タイの上がり3ハロン34秒5の末脚で抜け出し、後続に2馬身半差をつけた。JRA重賞3勝目を手にした森田調教師は「きょうのメンバーなら『もしかして』と思っていたけど、予想以上の走りでした」と目を丸くした。 高い素質を秘めながら、折り合い面や直線で内にもたれる面などの若さが出世を妨げた。陣営がハミを替えたり、舌を縛るなど試行錯誤を加え、能力をいかんなく発揮できるようになった。「徐々に矯正されてきている。去年などは追えないくらい、もっとヨレていたが、一瞬の脚が備わってきたぶん、スッと抜け出して追えるようになった」と師は続けた。 次走は未定だが、伸びしろの大きい4歳馬は、さらに高みを目指していく。 (斉藤弘樹)★19日京都11R「日経新春杯」の着順&払戻金はこちらモズベッロ 父ディープブリランテ、母ハーランズルビー、母の父ハーランズホリデー。鹿毛の牡4歳。栗東・森田直行厩舎所属。北海道新冠町・村田牧場の生産馬。馬主は(株)キャピタル・システム。戦績は11戦4勝。獲得賞金1億367万円。重賞は初勝利。日経新春杯は森田直行調教師は初勝利、池添謙一騎手は2010年のメイショウベルーガに次いで2勝目。馬名は「冠名+ハンサム(伊)」。
2020年1月20日(月) 05:05

 420

【日経新春杯】レースを終えて…関係者談話
 ◆藤懸騎手(エーティーラッセン3着)「うまく仕上げてくれてデキも良く、頑張ってくれました。ラストまで脚も上がっていませんでした」 ◆川田騎手(タイセイトレイル4着)「自分の競馬は精いっぱいやってくれました。良く頑張った4着と思います」 ◆藤井騎手(プリンスオブペスカ5着)「早め早めの競馬が合う。自分で動いていく競馬になるとしぶといですね」 ◆坂井騎手(サトノガーネット6着)「この馬も伸びているんですが、前が止まりませんでした」 ◆武豊騎手(レッドジェニアル7着)「ゲートの出が悪くて後方から。緩い馬場も気にしていたのか、行きっぷりも良くなかった」 ◆幸騎手(マスターコード8着)「最後のコーナーまで反応はあったんですが、ラストで同じ脚いろになりました」 ◆岩田望騎手(メロディーレーン9着)「いつも通り後ろからの競馬でしたが、もっと長い距離の方がいいですね」 ◆太宰騎手(ロードヴァンドール10着)「2番手からでしたが、むしろ雰囲気は良かった。ただ、ペースアップができなかった」 ◆福永騎手(アフリカンゴールド11着)「勝ち馬にパスされるとブレーキをかける感じで伸びなかった。今の特殊な馬場も響いた感じ」 ◆藤岡康騎手(チェスナットコート12着)「ジリジリと伸びていますが、いい頃と比べると…」 ◆岩崎騎手(スズカディープ13着)「久々で大幅なプラス体重だった分、追い出して伸びませんでした」 ◆小牧騎手(サイモンラムセス14着)「久しぶりの実戦だったからね」★19日京都11R「日経新春杯」の着順&払戻金はこちら
2020年1月20日(月) 05:04

 796

【日経新春杯】レッドレオン、2馬身半及ばず2着
 昇級初戦で5番人気のレッドレオンは好位から伸びたが、先に抜け出した勝ち馬に2馬身半及ばず2着に敗れた。北村友騎手は「久々でもデキは良かったんですが、4コーナーを回って外に切り替えるロスが痛かった。そこで勝ち馬に離されたのが…」と悔しそうな表情。ただ、キャリアはまだ8戦、今回の経験が先につながりそうだ。★19日京都11R「日経新春杯」の着順&払戻金はこちら
2020年1月20日(月) 05:04

 147

【日経新春杯】レッドレオン直線詰まり脚を伸ばすも2着まで 北村友「デキは良かったが…」
 1月19日の京都11Rで行われた第67回日経新春杯(GII、4歳以上オープン、芝・外2400メートル、ハンデ、14頭立て、1着賞金=5700万円)は、池添謙一騎手騎乗の2番人気の52キロ、モズベッロ(牡4歳、栗東・森田直行厩舎)が初の重賞タイトルを獲得。タイムは2分26秒9(良)。 前走の比叡Sを勝ってオープン入りしたレッドレオンは、道中、好位のインを追走。坂をリズム良く下って直線追い出すと前が詰まり、切り替えて脚を伸ばすも勝ち馬には遠く及ばず、2馬身半差の2着に終わった。 北村友一騎手「久々でもデキは良かったのですが、4コーナーを回って外に切り替えるロスが痛かったです。そこで勝ち馬に離されたのが…」★【日経新春杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2020年1月19日() 18:51

 396

日経新春杯のニュースをもっと見る >

【日経新春杯】アフリカンゴールド気合十分12秒1
 昨秋のアルゼンチン共和国杯3着以来のアフリカンゴールドは、栗東CWコースで単走。半マイル過ぎからペースアップして、鞍上から気合が入ったラスト1Fを12秒1で駆け抜けた。 「目一杯にやったわけではないが、気持ち良さそうに走っていた。これできっちり仕上がった。去年(15着)に比べて状態は全然違う」と、西園調教師は昨春に去勢した効果をアピール。 「前走は前半で噛むところがあったので、内枠に入って前に壁が作れれば。今年を占う試金石のレースだし、仕上がりもいい。楽しみ」と重賞初Vへ手応え十分だ。(夕刊フジ)★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2020年1月16日(木) 11:03

 959

【日経新春杯】レッドジェニアル落ち着き十分
 昨秋の菊花賞6着以来になる京都新聞杯馬レッドジェニアルは、栗東CWコースで単走。先週跨った武豊騎手が左に張ることを気にしていたので、左だけチークピースを着けて臨んだ。 「手綱はフリー。単走で前に壁を作らなかったが悪くなかった。乗りづらくなってはいないし、(チークの)効果はゼロではなかった」と中塚助手。装着するかどうかはレース当日まで分からないが、確かにフワッとした感じで動いていた。 いつもの直前は坂路で軽めだったが、「体力的に問題ないのでコースで長め。しっかり走れて、テンションも上がらなかった。とにかく競馬まで大人しくしていてほしい」と期待を込めた。(夕刊フジ)★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2020年1月16日(木) 11:00

 872

【日経新春杯】サトノガーネット1馬身半先着
 中日新聞杯からの重賞連勝を狙うサトノガーネットは、栗東坂路で併せ馬。ラスト1Fしっかり追われて、クレパトに1馬身半先着した。全体的な手応えでやや見劣った感はあるが、気合を入れられたことで上向きそうだ。 「前走は距離的に少し忙しい感じだったが、よく勝ち切ってくれた。京都の2400メートルに替わるのはプラス。ただ、切れ味が武器なので、今の力の要る馬場がどうか」と宮内助手。どう持ち味を生かすかがカギだ。(夕刊フジ)★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2020年1月16日(木) 11:00

 755

【日経新春杯】レッドレオン充実ぶり顕著
 レッドレオンは栗東坂路でスマートアリエルにクビ遅れたが、フットワークは確か。充実ぶりがうかがえた。 ●小滝助手「先週負荷をかけたし、この馬なりにたくましくなり、成長を感じる。フレッシュなほうがいいし、時計のかかる馬場も合う」(夕刊フジ)★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2020年1月16日(木) 10:59

 800

日経新春杯の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


日経新春杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

1月19日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv112 
2,070円 20,700円
Lv111 
280円 28,000円
Lv111 
2,070円 18,630円
Lv107 
4,580円 59,540円
Lv106 
2,070円 6,210円

的中情報をもっと見る >

日経新春杯過去10年の結果

2019年1月13日() 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2018年1月14日() 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
1着 パフォーマプロミス M.デムーロ 2:26.3 3.7倍 103.3
2着 ロードヴァンドール 横山典弘 クビ 6.7倍 103.3
3着 ガンコ 酒井学 1 1/4 15.0倍 102.4
2017年1月17日(火) 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

日経新春杯のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝2400m

G1や条件クラスなど、さまざまな路線から集まった馬たちが激突する伝統のハンデ重賞。2008年以降、トップハンデは1勝、2着1回と不振傾向で、勝ち馬は前走有馬記念で3着に好走した2012年のトゥザグローリー1頭のみ。相当の実績と勢いを持ち合わせていないと好走は難しい。年齢別では、7勝、2着5回の4歳馬が中心。とりわけ、G1で上位入線できるような力量馬が出てきたときは、ほぼ崩れない。また、4歳馬が2頭しかいなかった2013年には10番人気のカポーティスターが優勝。人気の有無にかかわらず警戒は怠れない。舞台となる京都2400mは、最初のコーナーまでの距離が長く、流れが遅くなりがち。ゆえに、最後の直線では瞬発力勝負になりやすい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

日経新春杯の歴史と概要


2001年の優勝馬ステイゴールド

レース名の通り、新春の淀を舞台に争われる伝統のハンデ重賞で、勝ち馬のみならず負けた馬のなかにもG1実績を持つ大物の名前が散見される。第46回(1999年)は天皇賞馬のメジロブライトが59.5キロの酷量を背負いながらも貫禄勝ち。第48回(2001年)の勝ち馬ステイゴールドは、次走でドバイシーマクラシック(当時G2)を制し、年末には香港ヴァーズに勝って待望のG1タイトルを獲得した。ほか、アドマイヤモナークルーラーシップトゥザグローリーなど、勝ち馬欄には個性派の名前がズラリと並ぶ。

歴史と概要をもっと見る >

日経新春杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年1月26日(
アメリカジョッキーC  G2
東海テレビ杯東海S  G2

競馬番組表

2020年1月25日(
1回中山8日目
1回京都8日目
1回小倉3日目
2020年1月26日(
1回中山9日目
1回京都9日目
1回小倉4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 スワーヴリチャード 牡6
89,132万円
3 リスグラシュー 牝6
88,738万円
4 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
5 マカヒキ 牡7
56,210万円
6 キセキ 牡6
55,914万円
7 ブラストワンピース 牡5
50,950万円
8 ワグネリアン 牡5
49,274万円
9 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
10 フィエールマン 牡5
42,004万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 サンクテュエール 牝3
5,746万円
6 マイラプソディ 牡3
5,646万円
7 マイネルグリット 牡3
5,467万円
8 ビアンフェ 牡3
5,447万円
9 プリンスリターン 牡3
5,311万円
10 スマイルカナ 牝3
5,281万円
» もっと見る