会員登録はこちら
日経新春杯 G2   日程:2020年1月19日() 15:35 京都/芝2400m

レース結果

日経新春杯 G2

2020年1月19日() 京都/芝2400m/14頭

本賞金:5,700万 2,300万 1,400万 860万 570万


レコード:2分22秒6
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 6

モズベッロ

牡4 52.0 池添謙一  森田直行 478(+8) 2.26.9 4.9 2
2 3 4

レッドレオン

牡5 54.0 北村友一  角居勝彦 456(-4) 2.27.3 2 1/2 8.1 5
3 5 8

エーティーラッセン

牡6 51.0 藤懸貴志  木原一良 518(0) 2.27.4 3/4 58.3 11
ラップタイム 12.6 - 11.2 - 11.9 - 12.9 - 13.0 - 12.9 - 12.1 - 12.8 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.8
前半 12.6 - 23.8 - 35.7 - 48.6 - 61.6
後半 60.3 - 47.5 - 35.3 - 23.5 - 11.8

■払戻金

単勝 6 490円 2番人気
複勝 6 210円 3番人気
4 280円 5番人気
8 940円 11番人気
枠連 3-4 1,540円 8番人気
馬連 4-6 2,070円 10番人気
ワイド 4-6 810円 9番人気
6-8 3,680円 41番人気
4-8 4,580円 44番人気
馬単 6-4 3,680円 15番人気
3連複 4-6-8 29,380円 89番人気
3連単 6-4-8 110,680円 365番人気

日経新春杯の馬場予想


1回京都開催ならびに土曜日の京都芝のレース結果、近年の日経新春杯の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。


この中間は火曜日に0.5ミリの降雨があったが、その後は水曜日と土曜日の朝にわずかな雨が降ったのみ。それにもかかわらず、土曜日の芝コースは稍重(JRA発表)でスタートした(特別戦以降は良に回復)。含水に敏感なのは芝の状態が良くないという証左。洋芝の丈が長いぶん、見た目はさほど悪くないが、着実に芝の劣化は進行している。

加えて、路盤は前年4回京都のAコース使用の際に、道悪や雨中の開催が続いたダメージが残っている状態。そのうえ、年明け以降の内有利決着に伴う馬場の酷使も重なり、インベタで運んだ馬の優位性が薄まりつつある。対照的に直線で中~外に出した馬の好走頻度が高まっているので、そのあたりには注意を払いたい。

ただし、外差しがガンガン決まるというわけではない。道中外、直線も外という待機勢が苦戦しているのは先週と同様だ。つまり、道中で内~中の良好な部分をキープできる馬が有利とみるべき。確たる理由でもなければ、馬場の良いところを先んじて通る(通りそうな)馬、あるいは内めの枠(1~4枠あたり)を利して、うまく立ち回れそうな馬を優先したほうがいいだろう。

血統面については、1回京都開催で行われた芝2200m以上の結果を見直すと、ステイゴールドの系統産駒が4戦4勝と他を圧倒。父あるいは母父にキングカメハメハ系種牡馬を持つ馬も奮闘している。ほかでは、現役時に2400m以上のG1を制しているサンデーサイレンス系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬の上位入線が多い。

また、近5年の日経新春杯を検証すると、父サンデーサイレンス系が3着以内15頭のうち12頭を占める盛況ぶり。残る3頭は父ミスプロ系といささか極端な偏りが出ている。母父については、米国系のパワー型や欧州系の持久力型を中心にバラつき気味なので、固執する必要はなさそう。気にかけるとすれば、毎年のように上位を賑わせているトニービン内包馬。該当馬には相応の評価が必要だ。

直近の京都開催ならびに近年の当レースの傾向を合わせて考えると、そのまま日経新春杯の傾向に沿うのが正解か。ただ、今回の出走メンバーと照らし合わせてみると該当馬が多い印象。それゆえ、差し脚質の勝率が高いレース傾向を加味し、前走で上がり3ハロン上位(3位以内を対象)の末脚を繰り出している馬を重視したい。

出走馬で血統面と先述した馬場傾向(1~4枠)の要点をともに満たしているのは、①メロディーレーン、⑥モズベッロ。よって、当欄ではこの2頭を注目株として推奨する。



ウマニティ重賞攻略チーム

プロ予想家の日経新春杯予想動画

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

日経新春杯-厩舎の話


 ◆エーティーラッセン・木原師 「年末から乗り込んで仕上がりはいい。格上挑戦でも自分の競馬をするだけ」

 ◆サイモンラムセス・梅田智師 「骨りゅうの影響で休養が長引いた。ハナにこだわらない競馬で次につながれば」

 ◆スズカディープ・橋田師 「攻めの動きは良かった。休み明けで体が増えているのもいい。軽ハンデでどこまで」

 ◆タイセイトレイル・久保助手 「まだ太いかという感じだったので併せ馬でビッシリ。いい馬場でやりたい」

 ◆プリンスオブペスカ・松永昌師 「中1週で順調に調整できているが、前走以上に相手も強くなるからね」

 ◆マスターコード・吉村師 「前走後も厩舎で順調に調整。格上挑戦ですが、京都の芝2400メートルは一番合うと思う」

 ◆モズベッロ・森田師 「走るフォームは良くなってきている。条件的にもいいと思います」

 ◆レッドレオン・小滝助手 「休み明け2走目でまだフレッシュ。今の京都の馬場は合いそう」

 ◆ロードヴァンドール・太宰騎手 「前走と変わらない状態で出られそう。自分で動ける位置を取れれば」

日経新春杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

日経新春杯のニュース&コラム

プロ予想家の的中情報


日経新春杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

1月19日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv110 
280円 28,000円
Lv109 
2,070円 20,700円
Lv108 
810円 810円
Lv107 
4,580円 59,540円
Lv102 
2,070円 18,630円

的中情報をもっと見る >

日経新春杯過去10年の結果

2019年1月13日() 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2018年1月14日() 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
1着 パフォーマプロミス M.デムーロ 2:26.3 3.7倍 103.3
2着 ロードヴァンドール 横山典弘 クビ 6.7倍 103.3
3着 ガンコ 酒井学 1 1/4 15.0倍 102.4
2017年1月17日(火) 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

日経新春杯のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝2400m

G1や条件クラスなど、さまざまな路線から集まった馬たちが激突する伝統のハンデ重賞。2008年以降、トップハンデは1勝、2着1回と不振傾向で、勝ち馬は前走有馬記念で3着に好走した2012年のトゥザグローリー1頭のみ。相当の実績と勢いを持ち合わせていないと好走は難しい。年齢別では、7勝、2着5回の4歳馬が中心。とりわけ、G1で上位入線できるような力量馬が出てきたときは、ほぼ崩れない。また、4歳馬が2頭しかいなかった2013年には10番人気のカポーティスターが優勝。人気の有無にかかわらず警戒は怠れない。舞台となる京都2400mは、最初のコーナーまでの距離が長く、流れが遅くなりがち。ゆえに、最後の直線では瞬発力勝負になりやすい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

日経新春杯の歴史と概要


2001年の優勝馬ステイゴールド

レース名の通り、新春の淀を舞台に争われる伝統のハンデ重賞で、勝ち馬のみならず負けた馬のなかにもG1実績を持つ大物の名前が散見される。第46回(1999年)は天皇賞馬のメジロブライトが59.5キロの酷量を背負いながらも貫禄勝ち。第48回(2001年)の勝ち馬ステイゴールドは、次走でドバイシーマクラシック(当時G2)を制し、年末には香港ヴァーズに勝って待望のG1タイトルを獲得した。ほか、アドマイヤモナークルーラーシップトゥザグローリーなど、勝ち馬欄には個性派の名前がズラリと並ぶ。

歴史と概要をもっと見る >

日経新春杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年10月3日(
シリウスステークス  G3
2020年10月4日(
スプリンターズS  G1

競馬番組表

2020年10月3日(
4回中山8日目
2回中京8日目
2020年10月4日(
4回中山9日目
2回中京9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
62,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
58,365万円
5 フィエールマン 牡5
57,306万円
6 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
7 マカヒキ 牡7
56,210万円
8 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
9 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
10 ワグネリアン 牡5
50,624万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
52,786万円
2 デアリングタクト 牝3
29,389万円
3 サリオス 牡3
25,012万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
7 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
8 マルターズディオサ 牝3
13,300万円
9 スマイルカナ 牝3
12,395万円
10 ウインマリリン 牝3
12,321万円
» もっと見る