クラージュゲリエ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
クラージュゲリエ
クラージュゲリエ
クラージュゲリエ
クラージュゲリエ
クラージュゲリエ
クラージュゲリエ
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2016年2月24日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績12戦[2-1-3-6]
総賞金9,299万円
収得賞金2,050万円
英字表記Courageux Guerrier
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
ジュモー
血統 ][ 産駒 ]
タニノギムレット
ビスクドール
兄弟 プロフェットクロワドフェール
前走 2021/07/11 七夕賞 G3
次走予定

クラージュゲリエの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/07/11 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 1651011.6613** 牡5 56.0 吉田隼人池江泰寿B 506
(0)
2.03.4 1.238.0⑥⑥④⑥トーラスジェミニ
21/06/05 中京 11 鳴尾記念 G3 芝2000 137117.547** 牡5 56.0 松山弘平池江泰寿 506
(+8)
2.01.7 1.034.6ユニコーンライオン
21/02/28 中山 11 中山記念 G2 芝1800 147115.039** 牡5 56.0 C.ルメー池江泰寿 498
(+2)
1.46.0 1.134.8⑨⑧⑩⑨ヒシイグアス
21/01/17 中京 11 日経新春杯 G2 芝2200 166117.643** 牡5 56.0 福永祐一池江泰寿 496
(0)
2.12.1 0.335.6⑥⑥④⑥ショウリュウイクゾ
20/11/21 阪神 11 アンドロメダ (L) 芝2000 158148.442** 牡4 56.0 川田将雅池江泰寿 496
(-4)
1.58.9 0.134.9⑦⑦⑦⑥アドマイヤビルゴ
20/11/01 京都 11 カシオペアS (L) 芝1800 185106.5410** 牡4 56.0 幸英明池江泰寿 500
(+6)
1.46.6 0.534.7⑦⑦ランブリングアレー
20/02/16 京都 11 京都記念 G2 芝2200 1033----** 牡4 55.0 川田将雅池江泰寿 ---- ------クロノジェネシス
19/05/26 東京 11 東京優駿 G1 芝2400 1851066.276** 牡3 57.0 三浦皇成池江泰寿 494
(+4)
2.23.2 0.634.7⑤⑥⑤⑦ロジャーバローズ
19/04/14 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1836109.4145** 牡3 57.0 横山典弘池江泰寿 490
(+2)
1.58.7 0.634.7⑥⑦⑦⑧サートゥルナーリア
19/02/10 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 7666.943** 牡3 57.0 武豊池江泰寿 488
(+12)
1.47.6 0.833.7④⑤④ダノンキングリー
18/11/24 京都 11 京都2歳S G3 芝2000 9112.811** 牡2 55.0 J.モレイ池江泰寿 476
(+14)
2.01.5 -0.133.8⑥⑦⑦⑤ブレイキングドーン
18/09/01 札幌 11 札幌2歳S G3 芝1800 14112.513** 牡2 54.0 M.デムー池江泰寿 462
(-6)
1.50.2 0.136.8⑧⑨⑫⑤ニシノデイジー
18/07/29 札幌 5 2歳新馬 芝1800 108103.021** 牡2 54.0 J.モレイ池江泰寿 468
(--)
1.54.2 -0.334.0④⑥⑨⑦レッドヴィータ

クラージュゲリエの関連ニュース

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は七夕賞・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


土曜日の福島芝のレース結果、近年の七夕賞の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間は毎日のように雨に見舞われ、土曜日も雲の多い空模様。芝コースは終日稍重(JRA発表)でレースが行われた。七夕賞と同じ芝2000mで行われた11R・阿武隈S(3勝クラス)の勝ちタイムは2分1秒2。前週に引き続き、時計の出づらい状態だったと推察される。

土曜日施行の3歳限定・3歳以上戦の結果を振り返ると、中~外枠優勢。一見すると内有利のように思えるが、それは1200mのお話。中距離戦(1800~2000m)3鞍の3着以内9頭のうち7頭が4枠より外。中~外枠有利の状況と化している。

脚質については、1200mが前、中距離は先行・差し互角といった印象。中距離戦の勝ち馬3頭(2歳新馬戦を除く)の4角通過順位は5、2、12番手となっている。コース取りや展開次第で、どの脚質でも上位進出可能な馬場とみて差し支えない。

日曜日開催中の降水確率は50~60%。雨量が多ければ内めの傷みが進み、中~外枠優位という中距離戦の傾向に拍車がかかる可能性もある。馬場に深刻な影響を与えるほどの雨がないとしても、それはそれで土曜日と似たような傾向に落ち着きそうだ。

ゆえに、過度の内枠依存は危険のように思える。枠順に関しては引き続き、中~外(4~8枠あたり)を優先したほうが好結果につながりやすいのではないか。

血統面については、近年の七夕賞を検証すると、サンデーサイレンス内包馬が圧倒。過去5年の2着以内全馬が該当する。とりわけ、ノーザンダンサー系またはロベルト系の種牡馬を、父もしくは母の父に擁する馬の好走頻度が高い。条件を満たす馬は積極的に狙うべきだろう。

また、芝の重賞1着、もしくは芝の2000m戦で複数回の連対経験を持つ馬が幅を利かせているのも特徴的。過去5年の1~2着馬は、いずれもこの条件をクリアしている。血統面とセットで頭に入れておきたい傾向だ。

今回の出走メンバーで、血統面と先述した馬場傾向(4~8枠)の要点をともに満たしているのは、⑨クレッシェンドラヴ、⑩クラージュゲリエ、⑬プレシャスブルー。よって当欄では、この3頭を連軸候補として推奨する。


【馬場予想からの注目馬】
クレッシェンドラヴ ⑩クラージュゲリエ ⑬プレシャスブルー

【有名人の予想に乗ろう!】七夕賞2021 徳光和夫さん、キャプテン渡辺さんなどズラリ!競馬大好き芸能人・著名人が全力予想! 2021年7月11日() 05:30


※当欄では七夕賞について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【徳光和夫】
3連複ボックス
ブラックマジック
ショウナンバルディ
アールスター
クレッシェンドラヴ
クラージュゲリエ
プレシャスブルー
ワイド流し
⑤-②④⑥⑧⑨⑩⑪⑬⑯

【キャプテン渡辺】
◎⑪スカーフェイス
単勝

馬連流し・ワイド流し
⑪-③⑧
3連複
③-⑧-⑪

【DAIGO】
◎⑭ワーケア

【田中裕二(爆笑問題)】
◎②ロザムール
○⑯ヴァンケドミンゴ
▲⑤ブラックマジック
△⑨クレッシェンドラヴ
△③ワンダープチュック
△④トーラスジェミニ
△①マウントゴールド
3連単1頭軸流しマルチ
②→①③④⑤⑨⑯

【杉本清】
◎⑨クレッシェンドラヴ
○④トーラスジェミニ
▲⑯ヴァンケドミンゴ
☆②ロザムール
△③ワンダープチュック
△⑥ショウナンバルディ
△⑩クラージュゲリエ
△⑭ワーケア

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑨クレッシェンドラヴ

【レッド吉田(TIM)】
◎⑨クレッシェンドラヴ

【林修】
注目馬
トーラスジェミニ

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑯ヴァンケドミンゴ
○⑨クレッシェンドラヴ
▲⑥ショウナンバルディ
△①マウントゴールド
△⑬プレシャスブルー

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑯ヴァンケドミンゴ
○⑨クレッシェンドラヴ
▲④トーラスジェミニ
☆③ワンダープチュック
☆②ロザムール
☆⑩クラージュゲリエ
△⑥ショウナンバルディ
△⑭ワーケア

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ブラックマジック
クレッシェンドラヴ
ヴァンケドミンゴ
トーラスジェミニ

【橋本マナミ】
◎⑨クレッシェンドラヴ
○⑯ヴァンケドミンゴ
▲④トーラスジェミニ
△⑥ショウナンバルディ
△①マウントゴールド
△⑧アールスター
△⑩クラージュゲリエ
△⑭ワーケア

【神部美咲】
◎④トーラスジェミニ

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑪スカーフェイス
単勝


【安田和博(デンジャラス)】
◎⑨クレッシェンドラヴ

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑭ワーケア

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑥ショウナンバルディ
3連複フォーメーション
⑥-⑤⑦⑧⑩-①②③④⑤⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯

【ギャロップ林】
◎⑤ブラックマジック
単勝

馬連流し・ワイド流し
⑤-①②

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑧アールスター
3連単2頭軸流しマルチ
⑧→⑨→①②③④⑤⑥⑦⑩⑭⑯

【てつじ(シャンプーハット)】
◎④トーラスジェミニ
馬単流し
④→②⑤⑦
3連単フォーメーション
④→②⑤⑦→②③⑤⑦⑧⑨

【浅越ゴエ】
◎⑤ブラックマジック
単勝

馬連流し・ワイド流し
⑤-①⑥
3連単ボックス
①⑤⑥

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑮トラストケンシン
ワイド流し
⑮-①②⑤⑦⑧
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑩クラージュゲリエ
3連単2頭軸流しマルチ
⑩→⑤→①②③④⑥⑦⑧⑨⑬⑭⑯

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑤ブラックマジック
3連複フォーメーション
⑤-①②③⑧⑨⑫⑮-①②③④⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯

【リリー(見取り図)】
◎⑤ブラックマジック
3連複フォーメーション
⑤-①④⑧-①②③④⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯

【船山陽司】
◎③ワンダープチュック

【小泉恵未】
◎⑯ヴァンケドミンゴ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑨クレッシェンドラヴ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎②ロザムール
○⑨クレッシェンドラヴ
▲⑯ヴァンケドミンゴ
△⑦カウディーリョ
△⑫ツーエムアロンソ
△⑬プレシャスブルー

【高田秋】
◎⑧アールスター

【原奈津子】
◎⑨クレッシェンドラヴ
○③ワンダープチュック
▲②ロザムール

【守永真彩】
◎④トーラスジェミニ
3連複2頭軸流し
④-⑧-①②③⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯

【天童なこ】
◎⑬プレシャスブルー
○⑯ヴァンケドミンゴ
▲④トーラスジェミニ
☆③ワンダープチュック
△①マウントゴールド
△②ロザムール
△⑤ブラックマジック
△⑥ショウナンバルディ
△⑧アールスター
△⑨クレッシェンドラヴ
△⑪スカーフェイス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【今日のキラ星】フォアランナー 2021年7月11日() 04:48

 【函館5R】ハービンジャー産駒の(12)フォアランナーは全兄プロフェットが2015年に札幌で新馬戦を勝って札幌2歳Sで2着、半兄クラージュゲリエ(父キングカメハメハ)が18年に札幌で新馬戦を制して札幌2歳Sで3着と、洋芝中距離の適性は極めて高い。「跳びが大きくて長くいい脚を使えそう。仕上がりは悪くないし、ハービンジャーの血が騒げば」と梅内助手も血統背景に期待を寄せる。

[もっと見る]

【うわさの2歳馬】洋芝が得意な一族~フォアランナー 2021年7月10日() 15:33

 【函館5R】フォアランナーは、半兄に札幌で新馬勝ち、札幌2歳S3着のクラージュゲリエ(父キングカメハメハ)がいる。一族は洋芝が得意で、父がハービンジャーに代わった弟はその特徴がさらに強まった印象だ。「ワンペースの走りだが、いいものは持っている。血統的に洋芝も合うからね」と西村調教師。七夕賞に挑む兄にVエールを送るか。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【重賞データ分析】七夕賞2021 全6項目をクリアした連候補は舞台巧者のアノ2頭のみ 2021年7月10日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は七夕賞・データ分析 をお届けします!


【性別】
2回福島4日目に固定された2013年以降(今年は1回福島4日目)の1~3着馬の性別をみると、いずれも牡・せん馬。中山開催だった2011年の優勝馬イタリアンレッド、3着馬のアニメイトバイオを最後に牝馬の好走は途絶えている。

(減点対象馬)
ロザムール

【ハンデ】
2013年以降の3着以内延べ24頭の斤量を確認すると、50キロから58キロまで幅広い。ただし、54キロ未満の最高着順は3着止まり。その点には注意を払いたい。

(減点対象馬)
ロザムール ⑪スカーフェイス ⑫ツーエムアロンソ ⑮トラストケンシン

【前走馬体重】
2013年以降の1~2着馬の前走馬体重(国内戦出走馬に限る)に着目すると、458キロから508キロの範囲で収まっている。500キロ以上、ならびに458キロ未満だった馬は過信禁物とみるべきだろう。

(減点対象馬)
ブラックマジック ⑥ショウナンバルディ ⑦カウディーリョ ⑪スカーフェイス ⑫ツーエムアロンソ ⑬プレシャスブルー ⑮トラストケンシン

【前走通過順位】
2013年以降、前走で国内戦に出走し、その時の3コーナー通過順位が2番手以内だった馬の連対例は皆無。前傾ラップからのロングスパート戦になりやすいレース傾向もあってか、前走で先行策をとっていた馬には厳しい状況が続いている。

(減点対象馬)
マウントゴールド ②ロザムール ④トーラスジェミニ ⑤ブラックマジック ⑥ショウナンバルディ ⑦カウディーリョ ⑩クラージュゲリエ

【前走人気】
2013年以降、前走で国内戦に出走、なおかつ当時の単勝人気順が9番手以降だった馬の連対はゼロ。該当馬は評価を控えめにしたい。

(減点対象馬)
ワンダープチュック ④トーラスジェミニ ⑥ショウナンバルディ ⑦カウディーリョ ⑧アールスター ⑬プレシャスブルー ⑮トラストケンシン

【重賞・距離実績】
2013年以降の1~2着全馬に、芝の重賞1着、もしくは芝の2000m戦で複数回の連対経験があった。この条件を満たしていなかった馬は、例外なく3着以下に敗れている。

(減点対象馬)
ロザムール ④トーラスジェミニ ⑤ブラックマジック ⑪スカーフェイス ⑫ツーエムアロンソ ⑭ワーケア ⑮トラストケンシン


【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、⑨クレッシェンドラヴ、⑯ヴァンケドミンゴの2頭。最上位には⑨クレッシェンドラヴを推す。2013年以降、ハンデ58キロの馬は【0.2.1.3】と未勝利ながらも、半数が馬券に絡んでいる。ここは一連の福島実績を素直に評価したい。

差のない2番手に⑯ヴァンケドミンゴ。昨年の七夕賞3着、福島記念2着を含め、当地の芝では【4.1.1.0.】の良績を残している。近走不振でも、福島適性の高さを思えば侮れない存在だ。

<注目馬>
クレッシェンドラヴ ⑯ヴァンケドミンゴ

[もっと見る]

【血統アナリシス】七夕賞2021 梅雨時の開催でパワーと底力に秀でたNorthern Dancer系種牡馬の血脈が幅を利かせる 2021年7月10日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は七夕賞2021・血統予想をお届けします!


昨年は曇り空のもと重馬場として施行され、勝ちタイムも2分02秒5と時計を要する決着となっていた。勝利した3番人気クレッシェンドラヴステイゴールド産駒で、母の父はSadler's Wellsという重厚な血統構成。なお、Sadler's WellsやNureyev、ノーザンテーストといったパワーと底力に秀でたNorthern Dancer系種牡馬の血脈は、梅雨時の開催でタフな馬場状態になりやすい七夕賞で強調しやすい。

ほか、ブライアンズタイムを筆頭にRobertoの血を引く馬も存在感を示しており、18年に12頭中11番人気、単勝100.8倍の人気薄で勝利したメドウラークはブライアンズタイム直仔のタニノギムレット産駒だった。

クラージュゲリエは、父キングカメハメハ×母ジュモー(母の父タニノギムレット)。プロフェットの半弟で、近親には福島重賞実績のあるメドウラークフェアリーポルカがいる血統。なお、タニノギムレット産駒の母ジュモーは、メドウラークと3/4同血の間柄。小回りや内回りをパワーで立ち回ることに長けたファミリーなので、梅雨時の福島は条件として申し分ないだろう。また、キングカメハメハ産駒は昨年ブラヴァスが7番人気2着と善戦しており、同馬とは母系にサンデーサイレンスとNureyevの血を引く点でも共通する。

クレッシェンドラヴは、父ステイゴールド×母ハイアーラヴ(母の父Sadler's Wells)。DubawiやIn The Wingsが出たSunbitternに遡る牝系で、母ハイアーラヴの血統構成はIn The Wingsを彷彿とさせる。本馬は昨年の七夕賞勝ち馬なので適性については疑いようがなく、19年七夕賞2着、20年福島記念1着など、福島競馬場で「2-3-0-0」という実績を残していることには一目置きたい。また、昨年の七夕賞は6か月ぶり、トップハンデの57kgで快勝していたので、今回の3か月ぶり、58kgの斤量も杞憂だろう。

ヴァンケドミンゴは、父ルーラーシップ×母アンフィルージュ(母の父アグネスタキオン)。サンリヴァルの全弟、ヴェルデグリーンの従弟にあたる血統で、2代母ウメノファイバーは99年優駿牝馬など重賞3勝。本馬は全4勝を福島競馬場で挙げる福島巧者で、昨年の七夕賞でも6番人気3着と健闘するほか、20年福島記念ではクビ差2着の惜敗。どちらかと言えば晩成型の血筋でもあるので、得意の舞台で重賞初制覇となる可能性は大いにありそうだ。なお、本馬は父ルーラーシップを介してNureyevとノーザンテーストの血を引く。


【血統予想からの注目馬】
クラージュゲリエ ⑨クレッシェンドラヴ ⑯ヴァンケドミンゴ

[もっと見る]

⇒もっと見る

クラージュゲリエの関連コラム

閲覧 2,000ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 七夕賞 2021年07月11日(日) 福島芝2000m


<ピックアップデータ>

【前走の4コーナー通過順別成績(2017年以降)】
○2番手以内 [0-1-0-11](3着内率8.3%)
×3番手以下 [4-3-4-33](3着内率25.0%)

 先行力の高さを活かしたいタイプは過信禁物。ゴール前の直線が短い福島芝2000mのレースであるにもかかわらず、前走の4コーナーを2番手以内で通過していた馬はあまり上位に食い込めていません。今年は該当馬が多いので、例年以上に不利と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→クラージュゲリエクレッシェンドラヴワーケア
主な「×」該当馬→トーセングラントーラスジェミニマウントゴールド


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“福島、かつ出走頭数が13頭以上のレース”において2着以内となった経験がある」馬は2017年以降[3-3-2-11](3着内率42.1%)
主な該当馬→クレッシェンドラヴマウントゴールド

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2021年2月21日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年02月21日号】特選重賞データ分析編(242)~2021年中山記念
閲覧 2,126ビュー コメント 0 ナイス 7



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 中山記念 2021年02月28日(日) 中山芝1800m内


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2014年以降)】
○17戦以内 [7-7-5-17](3着内率52.8%)
×18戦以上 [0-0-2-40](3着内率4.8%)

 2014年以降の中山記念で連対を果たした14頭は、いずれも出走数が17戦以内。一方、出走数が18戦以上だった馬は3着内率も4.8%にとどまっていました。たとえ実績上位であっても、キャリア18戦以上の馬は評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→クラージュゲリエバビットビターエンダーフランツ
主な「×」該当馬→ウインイクシードゴーフォザサミット


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が9着以内」だった馬は2014年以降[7-7-6-34](3着内率37.0%)
主な該当馬→ウインイクシードクラージュゲリエビターエンダーフランツ

[もっと見る]

2020年2月9日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年02月09日号】特選重賞データ分析編(189)~2020年京都記念~
閲覧 2,213ビュー コメント 0 ナイス 1



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 農林水産省賞典 京都記念 2020年02月16日(日) 京都芝2200m外


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2012年以降)】
○23戦以内 [7-8-8-37](3着内率38.3%)
×24戦以上 [1-0-0-29](3着内率3.3%)

 キャリアの浅い馬を重視したい一戦。2012年以降の3着以内馬24頭中、2014年1着のデスペラードを除く23頭は、出走数が23戦以内でした。ちなみに、この2014年は、キャリア24戦以上だった馬の割合(50%)が2012年以降でもっとも高かった年です。

主な「○」該当馬→クラージュゲリエクロノジェネシスステイフーリッシュ
主な「×」該当馬→アルメリアブルームドレッドノータスノーブルマーズ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験がある」馬は2012年以降[8-8-8-28](3着内率46.2%)
主な該当馬→クロノジェネシスノーブルマーズ

[もっと見る]

2019年7月3日(水) 11:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2019) ~第6回早期デビューの未出走馬~
閲覧 3,883ビュー コメント 0 ナイス 2

 早くも開幕から1か月が経過した「ウマニティPOG 2019」。JRAでは先週までに362頭の馬がデビューを果たし、32頭が新馬を、7頭が未勝利を勝ち上がりました。今後は7月20日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1600m)、7月21日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)を皮切りに、重賞やオープン特別のレースも施行されるようになります。

 もちろん、まだゲームとしては序盤の段階ですし、最終的な順位を左右するようなビッグレースが施行されるのはだいぶ先。いまからエントリーする方でも優勝を狙えるのが「ウマニティPOG」ならではの醍醐味です。ただ、既にクラシック戦線での活躍を期待されるような評判馬が勝ち上がっているうえ、2勝目を目指す馬が増えてくる今後は、入札の状況にもいろいろな変化があるはず。相応の対策を踏まえたうえで戦略を練るべきでしょう。

 入札の参考にしていただくべく、今回はデビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬をまとめてみました。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月1日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「東西のトレーニングセンターで6月1日から7月1日までの期間中に坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む)」を抽出。今回はその中から注目すべきファクターごとに該当馬をご紹介します。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは「注目POG馬ランキング(2019/07/02 00:00更新)」で100位以内に入っていた該当馬をご覧いただきましょう。末尾に付記したのは「注目POG馬ランキング(2019/07/02 00:00更新)」の順位、並び順は父名順→母名順です。

ギルデッドミラー(牝 父オルフェーヴル/母タイタンクイーン 松永幹夫厩舎) ※35位
オーソリティ(牡 父オルフェーヴル/母ロザリンド 木村哲也厩舎) ※83位
ルリアン(牡 父キズナ/母フレンチバレリーナ 佐々木晶三厩舎) ※56位
ジュンライトボルト(牡 父キングカメハメハ/母スペシャルグルーヴ 友道康夫厩舎) ※20位
ゴールドティア(牝 父キングカメハメハ/母ヒストリックスター 池添学厩舎) ※39位
ヒートオンビート(牡 父キングカメハメハ/母マルセリーナ 松田国英厩舎) ※72位
レーヴドゥロワ(牡 父キングカメハメハ/母レーヴディソール 池江泰寿厩舎) ※22位
サトノゴールド(牡 父ゴールドシップ/母マイジェン 須貝尚介厩舎) ※73位
ヴェルテックス(牡 父ジャスタウェイ/母シーイズトウショウ 厩舎未登録) ※47位
ヴァーダイト(牡 父ディープインパクト/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※58位
スパングルドスター(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※42位
リズムオブラヴ(牝 父ディープインパクト/母ミュージカルウェイ 藤原英昭厩舎) ※18位
タイミングハート(牡 父ディープインパクト/母リッスン 武幸四郎厩舎) ※85位
ダノングロワール(牡 父ハーツクライ/母ソーメニーウェイズ 国枝栄厩舎) ※70位
マイラプソディ(牡 父ハーツクライ/母テディーズプロミス 友道康夫厩舎) ※32位
ヴァンタブラック(牡 父ブラックタイド/母プチノワール 須貝尚介厩舎) ※25位
エレガントチャーム(牝 父ルーラーシップ/母オリエントチャーム 菊沢隆徳厩舎) ※65位
ヴィクターバローズ(牡 父ロードカナロア/母モスカートローザ 堀宣行厩舎) ※53位

 ほぼ同様の方法でピックアップした昨年の一覧には、カテドラルクラージュゲリエコントラチェックシェーングランツダノンチェイサーあたりがいました。3回東京や3回阪神でデビューする評判馬はどうしても注目を集めてしまいますが、現5歳世代のソウルスターリング、現4歳世代のワグネリアンなど、この時期にデビューした活躍馬もたくさんいます。
 なお、ヴェルテックスシーイズトウショウの2017)はまだJRAに登録されていないものの、この馬はシルクレーシングの所属馬で、池江泰寿厩舎に入厩予定とのこと。6月末から栗東の坂路に入っていますので、近いうちに登録されるでしょう。血統からも非常に楽しみな一頭です。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「POG的データ分析」を参考に、有力と思われる馬をピックアップしてみました。
 気になるディープインパクト産駒は下記の通り。

レイドバックライフ(牝 父ディープインパクト/母アルーリングライフ 矢作芳人厩舎)
オムニプレゼンス(牝 父ディープインパクト/母ヴァレリカ 国枝栄厩舎)
スマイルカナ(牝 父ディープインパクト/母エーシンクールディ 高橋祥泰厩舎)
サマービート(牡 父ディープインパクト/母オータムメロディー 藤原英昭厩舎)
サトノパシュート(牡 父ディープインパクト/母キャンディネバダ 厩舎未登録)
ヴァーダイト(牡 父ディープインパクト/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※58位
スパングルドスター(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※42位
サクラジマテソーロ(牡 父ディープインパクト/母ステラマドレード 田中博康厩舎)
ソフトフルート(牝 父ディープインパクト/母ストロベリーフェア 厩舎未登録)
マジックキャッスル(牝 父ディープインパクト/母ソーマジック 国枝栄厩舎)
ディープキング(牡 父ディープインパクト/母ダリシア 藤原英昭厩舎)
ゴールデンレシオ(牡 父ディープインパクト/母ディヴィナプレシオーサ 国枝栄厩舎)
ブラックマジック(牡 父ディープインパクト/母ナイトマジック 戸田博文厩舎)
シャドウブロッサム(牝 父ディープインパクト/母ヒアトゥウィン 厩舎未登録)
ジュヌヴィエーブ(牝 父ディープインパクト/母プラスヴァンドーム 中内田充正厩舎)
アトリビュート(牝 父ディープインパクト/母ブラックエンブレム 高野友和厩舎)
イースセティクス(牝 父ディープインパクト/母プリティカリーナ 萩原清厩舎)
ブルーミングスカイ(牡 父ディープインパクト/母ブルーミンバー 角居勝彦厩舎)
サンデーミラージュ(牡 父ディープインパクト/母ミセスリンゼイ 宮本博厩舎)
リズムオブラヴ(牝 父ディープインパクト/母ミュージカルウェイ 藤原英昭厩舎) ※18位
マテンロウディーバ(牝 父ディープインパクト/母ライトニングパール 厩舎未登録)
タイミングハート(牡 父ディープインパクト/母リッスン 武幸四郎厩舎) ※85位
リリーピュアハート(牝 父ディープインパクト/母リリーオブザヴァレー 藤原英昭厩舎)
ランクリッツ(牝 父ディープインパクト/母レインボーダリア 浅見秀一厩舎)
マンドゥ(牡 父ディープインパクト/母レディジョアン 加藤征弘厩舎)

 現在の日本競馬界を代表する種牡馬ということもあり、当然ながら入厩先もなかなか豪華なラインナップになっています。いわゆる“POG本”などで大きく取り上げられた馬もいますが、この中から穴っぽいところを狙ってみても面白そうです。

 ノーザンファームの生産馬はかなり多かったので、ディープインパクト以外の有力種牡馬、すなわちキングカメハメハダイワメジャーロードカナロアの産駒のみをご覧いただきましょう。

ジュンライトボルト(牡 父キングカメハメハ/母スペシャルグルーヴ 友道康夫厩舎) ※20位
ゴールドティア(牝 父キングカメハメハ/母ヒストリックスター 池添学厩舎) ※39位
コスミックエナジー(牝 父キングカメハメハ/母ミクロコスモス 高野友和厩舎)
ミアマンテ(牝 父キングカメハメハ/母ミスエーニョ 木村哲也厩舎)
レーヴドゥロワ(牡 父キングカメハメハ/母レーヴディソール 池江泰寿厩舎) ※22位
ペールエール(牡 父ダイワメジャー/母アピール2 安田隆行厩舎)
シャレード(牝 父ダイワメジャー/母ヴィヤダーナ 藤原英昭厩舎)
ショコラブリアン(牝 父ダイワメジャー/母カトマンドゥ 尾関知人厩舎)
ミュアウッズ(牝 父ダイワメジャー/母カリフォルニアネクター 尾関知人厩舎)
キャルハーフムーン(牡 父ダイワメジャー/母フィエラメンテ 萩原清厩舎)
フォーテ(牡 父ロードカナロア/母エノラ 藤原英昭厩舎)
サトノヴィーナス(牝 父ロードカナロア/母サトノユリア 平田修厩舎)
ビオグラフィー(牝 父ロードカナロア/母チアズメッセージ 藤岡健一厩舎)
ラフマニノフ(牡 父ロードカナロア/母ハッピーテレサ 石坂正厩舎)
ヴィクターバローズ(牡 父ロードカナロア/母モスカートローザ 堀宣行厩舎) ※53位
エルサフィーロ(牡 父ロードカナロア/母ローガンサファイア 厩舎未登録)

 調教師別成績の上位組を見ると、下記の馬たちが入厩済みでした。

池江泰寿調教師>
レザネフォール(牡 父キングカメハメハ/母ラナンキュラス 池江泰寿厩舎)
レーヴドゥロワ(牡 父キングカメハメハ/母レーヴディソール 池江泰寿厩舎) ※22位

藤沢和雄調教師>
スパングルドスター(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※42位

中内田充正調教師>
ノクターンノーツ(牝 父Medaglia d'Oro/母サマーソワレ 中内田充正厩舎)
フリークアウト(牝 父キンシャサノキセキ/母ラスティックフレイム 中内田充正厩舎)
ジュヌヴィエーブ(牝 父ディープインパクト/母プラスヴァンドーム 中内田充正厩舎)
クラヴァシュドール(牝 父ハーツクライ/母パスオブドリームズ 中内田充正厩舎)
ヴァリッドブラック(牡 父ブラックタイド/母ヴァリディオル 中内田充正厩舎)

友道康夫調教師>
ジュンライトボルト(牡 父キングカメハメハ/母スペシャルグルーヴ 友道康夫厩舎) ※20位
マイラプソディ(牡 父ハーツクライ/母テディーズプロミス 友道康夫厩舎) ※32位
アドマイヤリゲル(牡 父ハービンジャー/母アドマイヤキュート 友道康夫厩舎)

角居勝彦調教師>
ヴェニュセマース(牝 父Siyouni/母スターズアンドクラウズ 角居勝彦厩舎)
ブルーミングスカイ(牡 父ディープインパクト/母ブルーミンバー 角居勝彦厩舎)

堀宣行調教師>
ヒシエレガンス(牡 父ハービンジャー/母ヴェルザンディ 堀宣行厩舎)
ヴィクターバローズ(牡 父ロードカナロア/母モスカートローザ 堀宣行厩舎) ※53位

 中内田充正厩舎はまだJRAの2歳戦を1回しか使っていませんが、ここからデビューラッシュとなりそう。しっかり注目しておきたいところです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2019年5月29日(水) 14:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/25~5/26)2週連続週末プラスの新参者プロが日本ダービー△◎○で3連単的中39万オーバー!!
閲覧 1,203ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、26(日)に東京競馬場でG1日本ダービーが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1日本ダービーは、詰めかけた11万人超がどよめく“波乱”の幕開け。スタート直後に起こったそのハプニングの中心にいたのは、単勝1.6倍の断然人気サートゥルナーリアでした。2冠を目指した大本命馬はゲートのタイミングが合わず、大きく立ちあがっての発馬となってしまい、出遅れ。2番人気ヴェロックス(単勝4.3倍)、3番人気ダノンキングリー(単勝4.7倍)が、まずまずのスタートを決めて各馬の出方を見ながら位置取りを選択する運びを見せる一方、序盤からサートゥルナーリアは鞍上の促しによる挽回を余儀なくされるまさかの展開。3強から離された4番人気アドマイヤジャスタ(単勝25.9倍)は行きっぷりが悪く最後方、5番人気ランフォザローゼス(単勝33.3倍)は中団外目となって1コーナーを目指します。
最内枠から積極策のロジャーバローズを、押して1コーナーで交わしていったリオンリオンがハナへ。後続を離しての逃げの態勢を徐々に築いていくと、2番手にロジャーバローズが収まり、以下はサトノルークスエメラルファイトダノンキングリークラージュゲリエヴェロックスマイネルサーパスシュヴァルツリーゼランフォザローゼスと続き、ちょうど中団11番手あたりにサートゥルナーリアニシノデイジーナイママレッドジェニアルタガノディアマンテアドマイヤジャスタヴィントと後方にかけて続き、最後方にメイショウテンゲンといった位置取りで向こう正面へ。
リオンリオンに急遽代打騎乗となった横山武史騎手は、ここからさらに積極的な運び。ペースを維持したまま後続を引き離すようにして、前半1000mを57.8秒で通過していきます。2番手ロジャーバローズの態勢は変わらずも、その差は12~13馬身ほどに拡がり、そのロジャーバローズから後続にかけても徐々に開き始める隊列。3番手以下は、ほぼ継ぎ目のない大きな集団を形成しながら、早くも先頭のリオンリオンは、3コーナーに差し掛かっていきます。
徐々に2番手からロジャーバローズが押上げにかかると、連れて3番手サトノルークスダノンキングリー以下も、前との差を詰めながら3コーナー~4コーナーにかけて回っていきます。ヴェロックスは6~7番手の外、サートゥルナーリアはさらに後方から大外を回しての追撃態勢となって直線へ。
想定外の後方からになったものの、手応え抜群に4コーナーを出たサートゥルナーリア。直線で追い出されると鋭い伸びを披露し、内のヴェロックスをはじめ数頭を交わして7~8番手辺りまで進出。先頭に躍り出たロジャーバローズを目標に、ここからさらにエンジンを点火していきます。
単独2番手をダノンキングリーが窺い、残り300mを迎える頃には、サートゥルナーリアは自慢の瞬発力で単独4番手→3番手へとさらに差を詰め、鞍上も決死のアクション。
前では、12番人気ロジャーバローズと、これに1完歩ごとに迫る3番人気ダノンキングリーの2頭による、接近戦が開始。激しい叩き合いが繰り広げられます。残り100mを過ぎてもなお、内ラチ沿いで先頭を懸命にキープのロジャーバローズに、クビ差ほどのところまで迫るダノンキングリー。そして、3~4馬身後方からサートゥルナーリア。その直後からは、ヴェロックスクラージュゲリエランフォザローゼスニシノデイジーらも連れて脚を伸ばしてきます。
出遅れに始まり、大外を挽回してさすがの伸びを見せてきたサートゥルナーリアは、ここで限界を迎え、他馬と同じ脚色に。追撃空しく、3馬身前方に2頭の勝ち負け争いを見る形となったところで万事休す。
世代頂点を巡る、ロジャーバローズダノンキングリーによる手に汗握る叩き合いは長く続き、最後まで際どい争い。内ラチ沿いで浜中騎手の右ムチに懸命に脚を伸ばすロジャーバローズに対し、戸崎騎手の左ムチが飛ぶ外ダノンキングリー。2頭が鼻面を併せる状態でゴールラインを迎えますが、カメラがオーロラビジョンに映し出した第86代日本ダービー馬はロジャーバローズでした。クビ差ダノンキングリーを下して、見事、日本ダービー制覇を達成。7071頭の頂点に立っています。
3着争いからは、最後まで力強く伸びた2番人気ヴェロックスが、サートゥルナーリア以下を交わしてゴール前で抜け出し、2着ダノンキングリーから2馬身1/2差の3着に入線しています。
公認プロ予想家では、新参者プロスガダイプロら計4名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →新参者プロ
26(日)G1日本ダービーでは、△◎○で3連単200円分を仕留める“ファインプレー”を披露!! 398,120円払戻しのスマッシュヒットをマークしています。他にも、25(土)東京11R◎○▲パーフェクト的中や、京都4Rアモローサ(単勝50.4倍)からの的中等を記録した先週は、週末回収率112%を達成。2週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
先週は、26(日)京都2Rでの▲コパノケネディーカフジローズ予想(3連複ほか的中計23万9,080円払戻し)や、勝負予想京都11Rなどで好調をアピール。土日トータルで回収率212%、収支19万7,140円プラスをマークし、2週連続プラス収支で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
26(日)京都12Rで◎○▲的中を披露すると、続くG2目黒記念では◎ルックトゥワイスアイスバブルからの3連単本線的中を披露し、一撃90万5,000円払戻しのホームラン!週間トータルでは、回収率300%、収支66万3,000円プラスを記録し、トップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →、佐藤洋一郎プロ
25(土)勝負予想の東京1Rグロリアスホープ(単勝25.6倍)的中、同京都12Rでの◎ドリームソルジャー(単勝35.1倍)からの3連複的中、26(日)東京7Rでの◎ミフトゥーロ(単勝40.6倍)からの3連単的中などの活躍を披露。週末トータル回収率135%、収支16万9,840円プラスをマークし、2週連続プラス収支で終えています。
 
 
 
この他にも、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(122%)、岡村信将プロ(118%←2週連続週末プラス)、エース1号プロ(117%)、dream1002プロ(110%)、覆面ドクター・英プロ(107%)、ゼット1号プロ(105%)、馬っしぐらプロ(104%)、馬侑迦プロ(102%←2週連続週末プラス)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年5月22日(水) 16:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019日本ダービー(東京優駿)
閲覧 2,850ビュー コメント 0 ナイス 13



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



5月26日(日) 東京11R 第86回日本ダービー東京優駿)(G1、3歳、芝2400m)


【登録頭数:25頭】(フルゲート:18頭)


<優先出走>

ヴェロックス(A)中5週
この中間はCW中心の調教を施され、週2回は速い時計を出していてこれまでと特に変わらず順調に調整されている。今回は中5週あるので1週前はCWを併せ馬で追い切られていて、強めに追われると併走相手を一気に突き放しており、順風満帆。

クラージュゲリエ(B)中5週
1週前にはCWを3頭併せの内に併せてしぶとく食い下がって前走時よりも仕掛けられてからの反応、動きともに良くなっていた。

ザダル(-)中1週※出走回避

サートゥルナーリア(A)中5週
この中間は放牧先から戻って順調に乗り込まれていて、1週前にはレーン騎手騎乗でCWを3頭併せの大外に併せて追い切られた。重心の低い走りを披露し、楽に併走相手を突き放しと、1週前時点でほとんど仕上がっている感じ。

ダノンキングリー(B)中5週
1週前はこれまで通り南Wを併せ馬でかなりハードに追われて先着。やや重い感じはあったが、これで最終追い切りで馬なりでスッと楽に伸ばしてくるようなら、いつも通りの仕上がり。

ランフォザローゼス(C)中3週
1週前は福永騎手騎乗で南Wを内に併せて追い切られ、持ったまま相手に並び掛ける内容。前走が京成杯からの休み明けで、今回が中3週となるのでやり過ぎないような調整内容ではあるが、本数自体は乗られている。

リオンリオン(D)中3週
1週前は坂路で併せて特に目立つ動きでもなく、迫力も感じないというもの。2戦連続逃げ切り勝ちで、疲れが取れるかが課題。


<賞金順上位>

エメラルファイト(D)中9週
1週前は南Wを併せ馬の内に併せて素軽い動きを見せていたが、力強さには欠ける感じ。

ニシノデイジー(A)中5週
この中間は、ここ2戦と違い1週前追い切りを併せ馬に戻してきていて、かなりビッシリと追われて気合いを入れた感じ。これでスイッチが入ってくれそうで、最終追い切りの動きが良くなってくれば。

メイショウテンゲン(D)中5週
1週前は武豊騎手騎乗でCWを併せ馬の内に併せての追い切り。外の併走相手が持ったままに対し、こちらは武豊騎手が押して押して何とか先着というもの。動きは重いが、それでも調教ではいつもこんな感じなので、先着したことは良かったと思う。

レッドジェニアル(C)中2週
年明けデビューで休みなく使われてきているが、この中間も中2週と間隔が詰まっている割に、1週前には坂路一杯と勢いがある感じ。パドックでうるさい面を見せる馬なので、1週前にビッシリ追えたので直前は軽めで良さそう。見た目に疲れはなさそうなので、初めての関東輸送と、当日の落ち着きが課題になりそう。

ダノンチェイサー(E)中2週
休み明けの前走時はスッキリした馬体で、きさらぎ賞時よりも良く見せた。この中間は中2週で、1週前は軽めの調整も終いは首が上がり気味。再度の関東輸送もあり、なかなか調整が難しそう。前走は不利があったとはいえ、高速馬場を走り切ったことによる疲れがあるのかもしれない。

アドマイヤジャスタ(A)中5週
今年3戦目だが、ゆったりしたローテーションで使われていて1週前追い切りの動きを見ると前走時までのような重い感じがなくなり、素軽さと反応が良くなった印象。上積みがありそう。

サトノルークス(E)中5週
前走時の1週前追い切りはモタモタしたところがあったが、今回は1週前追い切りでの行きっぷりは良かった。ただ舌を出して首が高い走りと、追っている割に伸び脚はイマイチ。

ロジャーバローズ(E)中2週
間隔も詰っており1週前にCWで追い切れなかった時点で、いつも通りではない。坂路での動きを見ても終いフラフラして首も上がってしまっていて、時計は出ているが馬に疲れが出ている感じ。

ナイママ(C)中2週
JRA転入後に調教の動きが良くなって、状態面の良化が窺えたた前走は差のない4着に好走したが、今回も厳しいローテーション。1週前の動きも軽めで、状態を維持するので精一杯という感じ。

シュヴァルツリーゼ(C)中5週
1週前追い切りの動きを見ると、これまでと同じような感じで内にササる面を見せていたが、弥生賞時のようなササリながらもしぶとく伸びる感じがなく、1週前時点では良い頃の勢いはない感じ。

タガノディアマンテ(D)中2週
前走時のパドックでは細く見えて硬さもある感じで、近走の詰まったローテーションで疲れが出ているかもしれない。


<以下抽選対象で1頭出走可能>

ヴィント(C)中3週
大きな馬で連闘の前走時でも、ガッチリした馬体で力強さがあった。1週前にはいつも通りジョッキー騎乗で追い切られていて、状態面での変化はなさそう。関東への輸送に相手強化と、クリアしなくてはならない壁はたくさんありそうだが。

トーラスジェミニ(F)6ヶ月半
東スポ杯2歳Sでは逃げて12着。そこから半年以上の休み明けはかなりのハンデで、普通に考えれば息が持たない。

ヒルノダカール(D)中1週
前走2勝目。ホープフルSにも出走していて、強豪相手の経験も豊富だが、前走時にかなりビッシリ仕上げていたので今回はお釣りがなさそう。

ヒーリングマインド(E)中2週
使い詰めできており、1週前の時計は前走時よりもかかっている。映像を見ても伸び脚がなく、動きに関しても前走時と比べ物足りない。

マイネルサーパス(D)中1週
休み明けの前走時は、追い切り、パドックと、いずれをとってもそれほど悪くない仕上がりという印象だったが負け過ぎな感じ。中1週で疲れがあるか変わり身があるか、最終追い切りの動きで判断したいところ。ただ、その前に抽選を突破できるか。


<除外対象>

カフジジュピター(F)連闘
連闘になり、前走見せ場もなく......。

ディスモーメント(F)連闘
連闘。前走先行して伸びきれず。



◇今回は、日本ダービー編でした。今年も早いものでダービーがやってきます。福永騎手悲願のダービー制覇で幕を閉じた昨年は、そのワグネリアンを◎にすることができました。今年は令和に変わって初めてのダービーということで、新時代のスターが誕生するのか注目が集まりますが、このコラムもダービーのために昨年以上の多くのレースで連載し、たくさんの馬たちに注目し、チェックしてきました。
有力馬ともなればコラムでコメントする回数も多かったと思いますので、もし良かったら過去のコラムを見返してみてもらうと良いかもしれません。ダービー予想のヒントが隠れているかもしれませんよ!(^^)!

以下、有力馬が出走してきた参考レースのコラムです。

※2018札幌2歳S → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10849
※2018東京スポーツ杯2歳S → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11122
※2018ホープフルS → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11235
※2019きさらぎ賞 → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11307
※2019共同通信杯 → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11326
※2019弥生賞 → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11375
※2019スプリングS → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11404
※2019皐月賞 → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11501
※2019青葉賞 → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11547
※2019京都新聞杯 → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11568


私は、今年も東京競馬場で観戦予定です。第60回から東京競馬場で連続観戦している白熱のダービー。今年も良いレースが観られることを期待しています。皆さまも良いダービーを!!

それでは次回、安田記念編でお会いしましょう。


日本ダービー出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

クラージュゲリエの口コミ


口コミ一覧
閲覧 206ビュー コメント 0 ナイス 6

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

今週も大気が不安定なのは仕方がありませんが、
各地での”ゲリラ豪雨” だけは避けたいですね!?

相変わらず、我が懐はカラッカラッですけど、何か?

【週間スケジュール 変更あり】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 検討中??(具体的には?? 予定は未定)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
ラップに関する予想をやめて、現在検討中??
(具体的には?? 予定は未定)

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第7期途中経過】
第7期(7/3~7/25)5日間(ラジオNIKKEI賞~アイビスSD)8戦

週末は、当てる事ができたのか!?

日曜、G3 七夕賞では、16番ヴァンケドミンゴ軸で勝負!
ワイド・馬連(10-16) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「G3 七夕賞」で注目していたヴァンケドミンゴ(4人気)は、中団後方追走のまま直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、馬群に沈み込み12着惨敗。もう1頭、クラージュゲリエ(6人気)は先団6番手のまま4角辺りで力尽きて馬群に沈み込み13着惨敗。レースは2番手で進めたトーラスジェミニ(2人気)が、逃げたロザムール(7人気)と直線で競り合い、最後にこれをクビ差下して優勝。さらに1.1/2馬身差の3着にショウナンバルディ(9人気)が入り中波乱決着!? 当然ながら馬券はハズレ…残念。 反省点として、軸馬選択の失敗!? 当然ながら相手馬選択も失敗!? 根本的な要因として展開か?? 例年なら差し&追込み馬が優勢のはずが、今年は逃げ&先行馬の上位独占?? 確かに近5年内のラップは前傾だけに、要注意レースだった。


日曜、G3プロキオンSでは、9番ウェスタールンド軸で勝負!
ワイド・馬連(9-16) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「G3 プロキオンS」で注目していたウェスタールンド(2人気)、痛恨の出遅れ!? 後方からマクリ気味に直線で一気に優勝…のはずが、追い上げるので精一杯で7着…。もう1頭、メイショウウズマサ(12人気)はスタートでつまずくアクシデントも関係なく先頭へ、最後の最後まで粘って3着入線。レースは好位で進めたメイショウカズサ(9人気)が、直線で先行2頭を交わして抜け出し、2着のトップウイナー(14人気)に2.1/2馬身差をつけ優勝し、大波乱決着?? 当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、軸馬選択の失敗!? 七夕賞と違うのは、相手馬メイショウウズマサが3着入線。ウェスタールンドが絶対的な中心馬とイメージしていただけに、ショック?? ”競馬に絶対は無い”の格言 どおりになりました。狙い方は間違っていないと自負?? 結果が鞆わない…残念。


【第7期 短評】
週末、2戦2敗…惨敗。さすがに、第7期に入り1レースも当ててないのは、非常にマズイ?? とりあえず、今週3レース(函館2歳S、中京記念、函館記念)内、1レースでも多く当てて、頑張ります。


【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(七夕賞)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数値57~56"
*福島競馬場開催のみ(11年中山競馬を省く)
該当馬=4位57(14番ワーケア)
該当馬=5位56(6番ショウナンバルディ)
結果は、ハズレ(14番ワーケア)=(15着)
結果は、的中!(6番ショウナンバルディ)=(3着520円)



(プロキオンS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
*無条件
該当馬=2位(12番ダノンスプレンダー)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。(4着)


【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(函館2歳S)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"

*無条件
過去10年内(4-2-1-3/10)
勝率40%/連対率60%/複勝率70%/的中率70%/回収率139%
近5年内 (2-1-0-2/5)
勝率40%/連対率60%/複勝率60%/的中率60%/回収率112%

昨年、出現していないだけに、今年は期待大!?

(中京記念)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数7位"

*無条件
過去10年内(4-1-1-4/10)
勝率40%/連対率50%/複勝率60%/的中率60%/回収率279%
近5年内 (1-1-0-3/5)
勝率20%/連対率40%/複勝率40%/的中率40%/回収率112%

強いて言えば指数値53以外(54、52、51)だと的中率100%に上昇!?
近3年出現していないだけに、今年は期待大!?

(函館記念)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4位"

*無条件
過去10年内(4-1-0-5/10)
勝率40%/連対率50%/複勝率50%/的中率50%/回収率153%
近5年内 (1-1-0-3/5)
勝率20%/連対率40%/複勝率40%/的中率40%/回収率146%

近2年、出現していないだけに、今年は期待大!?

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 たぶお統括本部長 2021年7月12日(月) 19:39
今週の推奨馬+先週の◎成績
閲覧 63ビュー コメント 0 ナイス 2

《今週の推奨馬》

★土曜日・小倉10R・岩国特別(3歳以上2勝クラス・ダート1700m)
・タガノウィリアム
前走は2月に昇級初戦で今回と同じ小倉ダート1700m和布刈特別を2着に好走。
これで前々走の1勝クラス勝ちも含めて小倉ダート1700mは[1.1.0.1]となった。
今回は5ヶ月ぶりになるが、過去に3ヶ月半ぶりで2着した実績があるなら大丈夫だろう。
高速タイムが続いている小倉ダートで逃げ馬なら有利に働くはずで勝ち負け必至。

★日曜日・函館10R・渡島特別(3歳以上2勝クラス・ダート1700m)
・ショウリノカンパイ
前走は札幌ダート1700mの1勝クラス平場戦を3馬身差で圧勝して昇級してきた3歳馬。
勝ちタイム1.46.8は、同日の2勝クラスのポプラ特別より0.1秒速い優秀な時計であった。
前々走は4ヶ月ぶりだったので10着に惨敗したが、叩き2戦目で見事に変わり身を見せた。
叩き3戦目で同じダート1700mなら勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・小倉10R・インディアT
2着レプンカムイ
複勝150円

★日曜日・小倉10R・フィリピンT
3着ハーランズハーツ
複勝110円

これで今年の推奨馬成績は
成績・[22.10.8.28]
勝率・0.323
連対率・0.470
複勝率・0.588

単複回収率(68戦)
単勝・78.8%(5360円)
複勝・79.2%(5390円)
総合・79.0%

《先週の重賞レース◎成績》

★プロキオンS(GⅢ)
6着サンライズホープ

★七夕賞(GⅢ)
13着クラージュゲリエ

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔14.17.6.34〕
勝率・0.197
連対率・0.436
複勝率・0.521

単複回収率(71戦)
単勝・58.1%(4130円)
複勝・72.8%(5170円)
総合・65.4%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★マリーンS
3着ダンツキャッスル
複勝190円

★マレーシアカップ
1着ボンボヤージ
単勝500円
複勝280円

★阿武隈S
5着モズナガレボシ

★五稜郭S
1着モンブランテソーロ
単勝430円
複勝140円

成績・[19.13.12.43]
勝率・0.218
連対率・0.367
複勝率・0.505

単複回収率(87戦)
単勝・78.5%(6830円)
複勝・85.2%(7420円)
総合・81.8%

[もっと見る]

 DEEB 2021年7月11日() 17:24
恥ずかしい馬予想2021.07.11[結果]
閲覧 112ビュー コメント 0 ナイス 7

福島 8R 3歳以上1勝クラス(混合)(特指)
◎ 1 トモジャリア…1着
○ 9 ゴールドブリーズ…11着
☆ 8 ネオボーゲン…8着
[結果:ハズレ×]

福島11R 七夕賞 GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 8 アールスター…11着
○10 クラージュゲリエ…13着
▲ 7 カウディーリョ…6着
△16 ヴァンケドミンゴ…12着
× 3 ワンダープチュック…9着
[結果:ハズレ×]

小倉 7R 3歳以上1勝クラス(特指)
◎ 6 ミッキークイック…5着
○13 タイキドミニオン…3着
▲11 サンライズグリット…2着
△ 4 ブロフェルド…10着
× 1 ☆プラウドルック…15着
[結果:ハズレ×]

小倉11R プロキオンステークス GⅢ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 9 ウェスタールンド…7着
○15 スマートダンディー…9着
▲10 サンライズホープ…6着
△12 ダノンスプレンダー…4着
× 6 ☆トップウイナー…2着
[結果:アタリ○ 複勝 6 1,650円]

小倉12R シンガポールターフクラブ賞 3歳以上2勝クラス(混合)
◎ 6 ロードクラージュ…除外
○ 1 メイショウソウビ…4着
▲ 5 ヘルメット…1着
× 9 ☆ビートマジック…2着
[結果:アタリ△ 複勝 9 130円]

函館 8R 3歳以上1勝クラス
◎ 4 ★イグナーツ…4着
○ 5 サイモンルグラン…9着
▲ 1 カネコメノボル…2着
△12 クリノドラゴン…1着
×10 ☆ヒシタイザン…8着
[結果:ハズレ×]

函館11R 五稜郭ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎14 モンブランテソーロ…1着
○ 1 ルビーカサブランカ…3着
▲ 3 ☆ルナシオン…15着
× 6 ☆ロワマージュ…10着
× 2 ☆アールクインダム…9着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:7戦1勝5敗1分]
トホホな結果でした。

[もっと見る]

⇒もっと見る

クラージュゲリエの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
     フォロワー:0人 2018年6月15日(金) 11:52:27
クラージュゲリエ

クラージュゲリエの写真

クラージュゲリエの厩舎情報 VIP

2021年7月11日七夕賞 G313着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

クラージュゲリエの取材メモ VIP

2021年7月11日 七夕賞 G3 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。