ヴィント(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ヴィント
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2016年4月20日生
調教師千田輝彦(栗東)
馬主平山 靖
生産者坂東牧場
生産地平取町
戦績 9戦[2-3-0-4]
総賞金1,945万円
収得賞金900万円
英字表記Wind
血統 モンテロッソ
血統 ][ 産駒 ]
Dubawi
Porto Roca
シャッツ
血統 ][ 産駒 ]
グラスワンダー
セイクリッドオース
兄弟 スウィートラヴァー
前走 2019/05/26 東京優駿 G1
次走予定

ヴィントの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/05/26 東京 11 東京優駿 G1 芝2400 1812317.91614** 牡3 57.0 竹之下智千田輝彦524(0)2.24.5 1.935.0⑬⑮⑯⑯ロジャーバローズ
19/04/28 京都 6 3歳500万下 芝1800 7443.931** 牡3 56.0 竹之下智千田輝彦524(0)1.46.9 -0.034.5ロードマイウェイ
19/04/21 京都 5 3歳未勝利 芝1800 13562.511** 牡3 56.0 竹之下智千田輝彦524(+2)1.46.7 -0.234.4⑤⑤シャドウアロング
19/03/30 阪神 4 3歳未勝利 芝2000 15594.222** 牡3 56.0 竹之下智千田輝彦522(-8)2.01.9 0.135.9⑦⑦⑤ダンスディライト
19/01/27 京都 5 3歳未勝利 芝2200 8777.942** 牡3 56.0 竹之下智千田輝彦530(0)2.15.5 0.035.7ニューポート
19/01/12 京都 5 3歳未勝利 芝1800 1661222.282** 牡3 56.0 竹之下智千田輝彦530(-2)1.50.4 0.035.6⑪⑩アンクルテイオウ
18/12/16 阪神 4 2歳未勝利 芝1800 1381225.165** 牡2 55.0 四位洋文千田輝彦532(+6)1.49.1 1.135.2⑦⑥ミッキーブリランテ
18/12/01 阪神 7 2歳未勝利 芝1800 1022504.2104** 牡2 55.0 竹之下智千田輝彦526(-6)1.48.8 0.434.6④⑤ハギノアップロード
18/09/16 阪神 5 2歳新馬 芝1800 933278.089** 牡2 54.0 竹之下智千田輝彦532(--)1.52.1 1.235.8⑦⑦ルモンド

ヴィントの関連ニュース

 ◆勝浦騎手(ニシノデイジー5着)「距離はいいですね。折り合いも大丈夫でスムーズに競馬ができて頑張ってくれました」

 ◆三浦騎手(クラージュゲリエ6着)「速い時計を追いかけて、勝負にいった。しっかりと競馬をしてくれました」

 ◆福永騎手(ランフォザローゼス7着)「いいフットワークで4コーナーの手応えもよかった。最後も差を詰めているし、これからよくなる」

 ◆酒井騎手(レッドジェニアル8着)「馬群で競馬ができて、動きたいところで反応してくれた。直線も最後まで脚を使っている」

 ◆田辺騎手(タガノディアマンテ9着)「馬群の中で壁をつくりたかったが、外枠で理想のところが取れなかった。後半は馬群を縫って伸びている」

 ◆武豊騎手(メイショウテンゲン10着)「自分の競馬をしてラストはよく伸びている」

 ◆丹内騎手(マイネルサーパス11着)「いい競馬はできたが、距離が少し長いかな」

 ◆石川騎手(エメラルファイト12着)「好位で流れに乗って、やりたい競馬はできた。馬が頑張ったが、最後は距離がこたえた感じ」

 ◆柴田大騎手(ナイママ13着)「時計が速くてついていくのが大変だった。精いっぱい頑張ってくれました」

 ◆竹之下騎手(ヴィント14着)「ゲートを出て進んでいかず、後ろからになったが、いい経験になったと思う」

 ◆横山武騎手(リオンリオン15着)「少し速くても、リードを取っておきたかったのであの形(逃げ)に。悔いのないレースはできました」

 ◆石橋騎手(シュヴァルツリーゼ16着)「今のスピード競馬はフィットしない。ひと雨が降って力のいる馬場の方が合いそう」

 ◆池添騎手(サトノルークス17着)「積極的にいっての競馬なので、仕方がないですね」

 ◆M・デムーロ騎手(アドマイヤジャスタ18着)「この馬らしくなかった。一瞬ハミは取ったが、向こう正面で頭を上げて終わった」

★26日東京11R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら

【U指数的分析の結論!】日本ダービー 指数上位馬を信頼!低指数馬同士の組み合わせは期待薄!2019年5月26日() 09:30

G1開催週に公開されるコラム「U指数的分析」の内容をもとに、ピックアップした条件に合致する馬や買い目を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2012年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
U指数下位の人気薄が1頭絡んでのちょい荒れはたまにあるが、基本的に指数上位馬を信頼できるレース。毎年必ず3位以内の馬が1頭以上3着以内に入っており、2018年以外は1位か2位のいずれかあるいは両方が馬券に絡んでいる。U指数上位総崩れは想定しないほうがいい。

1位→⑦ダノンキングリー
2位→⑥サートゥルナーリア
3位→⑬ヴェロックス

<ポイント②>
低指数馬の激走はほとんどない。指数90.0未満は【0.0.0.15】。指数10位以下は【0.1.2.60】。指数10位以下の低指数馬同士の組み合わせは期待薄。絡めるとしてもヒモまで。

指数90.0未満

ヴィント
マイネルサーパス
レッドジェニアル

指数10位以下

ロジャーバローズ
ヴィント
エメラルファイト
サトノルークス
マイネルサーパス
メイショウテンゲン
ニシノデイジー
レッドジェニアル
タガノディアマンテ

<ポイント③>
ちょい荒れの年は3着に指数下位の人気薄が食い込むパターンが多く、上位2頭は指数上位が占める傾向にある。指数1~2位+指数1~5位というフォーメーションを購入した際の馬連回収率167.3%、馬単回収率207.1%。

指数1~2位+指数1~5位の馬連・馬単フォーメーション買い目

⑥⑦→⑥⑦⑩⑬⑭



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】日本ダービー 1勝馬は劣勢!JRA重賞未勝利馬も苦戦傾向!2019年5月26日() 09:20

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去の日本ダービーの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
キャリア3戦以下の好走例はゼロ(2008年以降)

シュヴァルツリーゼ

1勝馬の好走例は皆無(2008年以降)

ランフォザローゼス
タガノディアマンテ
シュヴァルツリーゼ

JRA重賞未勝利馬の連対例はなし(2008年以降)

ロジャーバローズ
ヴィント
サトノルークス
マイネルサーパス
アドマイヤジャスタ
ヴェロックス
ランフォザローゼス
タガノディアマンテ
ナイママ
シュヴァルツリーゼ

前走でG3以下のクラスに出走していた馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ヴィント
マイネルサーパス

同年の4月以降、未出走だった馬の好走例は皆無(2008年以降)

エメラルファイト

前走の馬体重が510キロ以上だった馬の連対例はなし(2008年以降)

ヴィント

【人気】
前走で皐月賞に出走、かつ当日の単勝オッズ50.0倍以上の馬の好走例は皆無(2008年以降)
※8時30分時点の単勝オッズ50.0倍以上、かつ前走皐月賞出走馬

メイショウテンゲン
ニシノデイジー
クラージュゲリエ
シュヴァルツリーゼ

前走の単勝人気が6番人気以下、かつ6着以下敗退馬の馬券絡みはゼロ(2008年以降)

サトノルークス
マイネルサーパス
メイショウテンゲン
ニシノデイジー
アドマイヤジャスタ
シュヴァルツリーゼ

京都新聞杯で3番人気以下だった馬の連対例はなし(2008年以降)

レッドジェニアル
ナイママ

【脚質】
近2走内に重賞2着以内の経験がある馬を除くと、前走の4角通過順が10番手以降だった馬の連対例は皆無(2008年以降)

サトノルークス
ニシノデイジー
アドマイヤジャスタ

【枠順】
7~8枠、かつ6番人気以下馬の連対例はゼロ(2008年以降)
※8時30分時点の6番人気以下、かつ7~8枠馬

リオンリオン
タガノディアマンテ
ナイママ
シュヴァルツリーゼ

【血統】
父キングマンボ系を除くと、父も母父も非サンデーサイレンス系種牡馬を配する馬の連対例はなし(2008年以降)

ヴィント
マイネルサーパス


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
サートゥルナーリア
ダノンキングリー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【日本ダービー】最新ナマ情報 2019年5月26日() 05:04

◆未知の距離も不安なし〔6〕サートゥルナーリア

 前売り断然人気の無敗の皐月賞馬は、午後2時43分に決戦の地へ。ゆったりと馬房に収まると、用意されたカイバおけに顔を突っ込んだ。

 「輸送は慣れているし、カイバも食べながら来た。見ての通り、落ち着いている」と担当の滝川助手。前走の皐月賞時は調教で攻めたぶん、輸送中のカイバを残したが、今回は完食し「精神的にも強くなった」と笑みを浮かべた。

 今回の輸送では、初めて背中にテーピングも施す念の入れよう。「背腰に疲れが残らないよう、筋肉と皮膚をほぐす意味で」、スポーツ選手も採用しているという。暑さ対策として、扇風機も1つ余分に用意。「一切不安なくきた。体重は少しプラスか同じくらいだと思うけど、中身は前走と全然違う」と調整過程とデキに自信を持つ。

 挑むのは未知の東京2400メートル。「ロードカナロア産駒らしい(詰まった)体形だけど、きょうだいはみんな走っているし、ジョッキーも“距離に不安はない”と。どんな競馬でもできる馬。最大限に能力を引き出してくれれば」とレーン騎手に託す思いだ。

◆初の前日輸送〔7〕ダノンキングリー

 逆転を狙う皐月賞3着馬は、午前7時13分に東京競馬場に到着。馬運車から降りた直後はジャンプするようなやんちゃなしぐさも見せたが、すぐにおとなしく馬房に入っていった。

 「前日に輸送したのは初めてなのでこれまでとの比較はできないが、無事に到着して特に変わりないようです」と萩原調教師。「追い切り後の調整も順調にきたし、馬体重も変わりない感じで出走できそう。ダービーなので、周囲に関わる人たちのためにもいいレースをしてほしいですね」と期待を語った。

◆前走踏まえ早めの輸送〔13〕ヴェロックス

 皐月賞2着馬は、25日午前11時43分に東京競馬場へ到着。輸送はスムーズに終え、馬房でもリラックスムードだ。

 「馬運車でもいつも通り落ち着いていました」と猿橋助手。道中は前走時同様にカイバを食べなかったそうだが、それを踏まえて今回は早い時間帯の輸送を選択。「皐月賞はそれでも走ったけど、着いてから食べてほしいということで最善を尽くしました」と説明した。

 厩舎としては昨年、ダノンプレミアムが1番人気で6着と苦杯をなめた一戦。「他の厩舎を見ても、調教で攻めていたイメージ。あの経験を生かさなければ、と今回は馬が耐えられるギリギリのところまで負荷をかけてきました。サートゥルナーリアを逆転できるうちの1頭だと思っています」と自信のデキで送り出す。

◆「かなり上積み」〔1〕ロジャーバローズ

 京都新聞杯2着馬は馬房に入るとすぐ、カイバに口をつけた。米林助手は「すごく落ち着いていて、1つ目の課題はクリアできました。この感じなら、明日も大丈夫そうです。腰回りが強くなって、前回よりかなり上積みがあるので楽しみですね」と力を込めた。

◆馬房でソワソワ〔2〕ヴィント

 初めての長距離輸送だったこともあり、馬房ではソワソワした様子でいななく場面も。植平助手は「いつもこんな感じ。元気いいのが取りえなんでね。相手は一気に強くなるけど、力をつけていて体調もいい」と結んだ。

◆張り増し好馬体〔3〕エメラルファイト

 朝一番にWコースをキャンターで1周半。追い日よりも馬体の張りが増した印象だ。「ここまで順調に来られました。馬が競馬が近いことを分かっているみたいです。枠もいいところだし、無事に出走させたい」と2度目のダービー出場になる石川騎手は気を引き締めていた。

◆まだ能力秘める〔4〕サトノルークス

 到着後に約20分の引き運動を行って体をほぐした。中澤助手は「前走と比べると前脚がしっかり出るようになってよくなっています。前回は能力を出し切っていないと思うので、ここでどこまでやれるかですね」と語った。

[もっと見る]

【血統アナリシス】日本ダービー 首位争い必至の皐月賞馬!青葉賞2着馬も魅力大!2019年5月25日() 16:00

日曜日に行われる日本ダービーの出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。


ロジャーバローズ
母のリトルブックは未勝利ながら、伯母に英G1勝ち馬のドナブリーニ、その仔として7冠牝馬ジェンティルドンナがいる筋が通った牝系の出自。母父のリブレティスト(ダンチヒ系)は仏G1を2つ制したマイラータイプで、スピードの持続力に優れた血統構成と言えよう。父・トップサイアー×母父・マイルG1馬の組み合わせは、近年の日本ダービーにおける活躍配合のひとつ。持ち味を存分に活かせる持続力勝負になれば、上位進出の可能性は十分にある。

ヴィント
4代母にオークス馬のシャダイアイバーがいる確かな牝系の出身。母はグラスワンダー×サンデーサイレンスの配合馬で、ロベルトとヘイルトゥリーズンのインブリードを持つ点が大きな特徴。同系配合パターン(逆を含む)から、数多くの重賞ウイナーが生まれている。その母にドバイワールドカップ勝ちのモンテロッソを重ね、パワーをさらに増強しているのが本馬。それなりのポテンシャルを秘めているものと推察される。ただし、パワー優先のぶん速い上がりを求められるとイマイチ。持ち味を活かすには、自身から動いて持続質勝負に持ち込みたい。

エメラルファイト
クロフネ×スペシャルウィーク×ストームバード系という組み合わせ。これまでの戦績および配合の字面が示すように、瞬発力よりも持続力に長けたスピードタイプと判断できる。一方で近親の活躍馬をみると、ビッグバイキングや英G2勝ちのビントアライールが目立つ程度。ここに入ると活力の面で物足りない。クロフネ産駒の東京芝2400mにおけるパフォーマンスも芳しくなく、今回の舞台は適性外の印象を受ける。ここは静観が賢明だろう。

サトノルークス
重賞戦線で活躍したタッチングスピーチムーヴザワールドの全弟。母は英マイルG1の勝ち馬、その全姉に愛7FのG1勝ち馬、近親にも欧米のG1馬が名を連ねる良血だ。ただし、母父にサドラーズウェルズそのものが配されているぶん、皐月賞のようなスピード決着になると分が悪い。加えて、やや晩成色の濃い母系の血統ゆえに完成度の面でも見劣りする。スタンダードな馬場や展開では苦しく、道悪あるいは上がりを要する流れなど、何らかの恩恵が欲しい。

マイネルサーパス
父であるアイルハヴアナザーは、1800mあたりを得意とする産駒を輩出する傾向が強く、東京芝が得意とも言い難い。加えて、父フォーティナイナー系の当該コース成績も芳しくなく、東京芝2000m→東京芝2400mの臨戦過程は大きな不安材料。きょうだいと近い親族の顔ぶれもインパクトを欠き、オープンクラスで活躍したマイネルクラリティが最たる存在。ゆえに、活力面の後押しも見込めそうにない。ここは様子見が正解とみる。

サートゥルナーリア
父のロードカナロアアーモンドアイを輩出。同馬と本馬は、母方にスペシャル牝系を有した、ノーザンダンサー系種牡馬を内包している点で共通する。加えて、本馬の母父は日本ダービー馬、母はオークス馬、半兄はジャパンカップ勝ち馬というように、東京芝2400mをこなせる下地は整っている印象。完成が近づくに連れ、スピード色が濃くなる可能性はあるものの、速力を含めた総合力が重んじられる日本ダービーの舞台なら問題はない。まともであれば、首位争いに絡んでくるはずだ。

ダノンキングリー
ディープインパクト×ストームキャットの組み合わせは、キズナエイシンヒカリなど、成功例が後を絶たないニックス配合。祖母は米2歳女王、その仔のウエストコーストは米G1を2勝、昨年のドバイワールドカップでも2着に奮闘した。ゆえに、牝系の活力と底力についても不足はない。ただ、脚が短く寸詰まりのコンパクトな体型をみるに、本質はマイルレンジがベター。上質のスピードが求められる日本ダービーとはいえ、勝ち切れるかどうかについては疑問符が付く。皐月賞のパフォーマンスをそのまま評価しての連下扱いが妥当ではないか。

メイショウテンゲン
2016年の優勝馬マカヒキなど、多数の重賞ウイナーを輩出している、ディープインパクト×フレンチデピュティ配合馬。母は重賞2勝、エリザベス女王杯2着のメイショウベルーガというように、額面上の血統構成だけならここでも足りる。一方で、サドラーズウェルズ×ドローンの配合馬である祖母の影響が濃いせいか、現状はパワーと持久力が強く出ている印象。それゆえ、スピード勝負になると後手を踏みやすい。圏内に食い込むには、タイトな展開、あるいは上がりを要する馬場の出現が不可欠と言えよう。

ニシノデイジー
アグネスタキオンを母父に持ち、祖母はセイウンスカイ×ニシノフラワーの配合馬。母方に中山のG1ウイナーが並んでいる点が大きな特徴だ。ゆえに、東京スポーツ杯2歳S勝ちがあるとはいえ、中山→東京のコース替わりがプラスに作用するとは言い難い。パフォーマンスが頭打ちになっている現状ではなおさらだ。加えて、近い親族に確たる活躍馬はおらず、活力面の後押しも期待できない。今回の舞台で大変身を望むのは厳しいのではないか。

クラージュゲリエ
父のキングカメハメハは現役時に日本ダービーを制し、産駒から2頭の優勝馬を輩出。母父のタニノギムレット日本ダービー馬で、父としては2007年の優勝馬ウオッカを送り出している。3代母のフェアリードールを基点とする一族には、トゥザヴィクトリーほか、クラシック戦線の活躍馬が多数いるように、牝系の質も上等。血統構成はここに入ってもヒケをとることはない。最も得意とする体力勝負になれば、浮上の余地は十分にある。

レッドジェニアル
さかのぼると、1907年に輸入されたフロリースカップに辿り着く在来牝系。代々重ねられてきた種牡馬として、本馬の父キングカメハメハなど、5頭の日本ダービー馬が名を連ねる。母のレッドアゲートはフローラSを制し、近親には統一G1ダービーグランプリの勝ち馬がいることから、時代に即さないクラシカル血統と結論付けるのは早計。本馬自身、京都新聞杯を優勝しているように、重賞戦線でまだまだ活躍が見込める血筋と言えよう。父×重賞勝利経験を持つサンデーサイレンス系牝馬の組み合わせは、当レースにおける活躍配合のひとつ。一角崩しの場面があっても驚けない。

アドマイヤジャスタ
トニービンとリファールの血を引く父ジャスタウェイに、フェアリーキング系×ボールドルーラー系というスピード型の肌馬を掛け合わせ、スピードの持続力とパワーを強調している血統構成。ゆえに、最後の直線が長い東京コースは歓迎のクチだろう。ただ、豪コーフィールドC勝ち馬である半兄アドマイヤラクティの4分の3同血とあって、軽い馬場でスピードを求められると分が悪い。上位争いに加わるには、力を要する馬場、あるいは消耗戦など、持ち味のしぶとさを活かせる競馬が望ましい。

ヴェロックス
ジャスタウェイの2~3歳時は、レースで勝ち切れないケースが多かった。だが、本馬の年明け以降の成績をみると、父の現役時や他の父産駒より早めの成長期が訪れている可能性もある。母はドイツ屈指の名門牝系の出自。母父は持久力と底力を伝えることに長けたモンズーン。血統構成的に距離延長に対する不安はない。ただし、欧州色が濃いぶん、速い上がりの決め手比べはイマイチ。とりわけ、軽い芝の瞬発力勝負では後れをとりやすい。一定以上の持久力を要求される競馬、あるいは自身から動いて持続力勝負に持ち込むことが戴冠の条件となる。

ランフォザローゼス
父であるキングカメハメハは、2頭の日本ダービー馬を輩出。母父のディープインパクトは、父として4頭の日本ダービー馬を送り出している。祖母のエアグルーヴは、牝馬ながら年度代表馬に選出された女傑。そのライン経由で重賞ウイナーが後を絶たないことから、”国内屈指の名牝系”と称しても過言ではない。さらに、本馬の構成は2015年の優勝馬ドゥラメンテと酷似しており、相応のレース適性と底力を秘めているものと推察される。血統魅力度の高い1頭だ。

リオンリオン
キングカメハメハ×エアグルーヴの配合馬であるルーラーシップを父に持ち、祖母にトゥザヴィクトリーを擁する良血馬。持続力に優れ、いい脚を長く使える中距離型とみてとれる。一方で、母父のクロフネが影響しているせいか、母アゲヒバリの仔は総じて瞬発力に乏しい印象。それゆえ、軽い馬場で速い上がりを求められると確度は落ちる。ここで上位争いに絡むには、上がりを要する展開や馬場の出現、あるいは自身から積極的に動いて体力勝負に持ち込むことが肝要となろう。

タガノディアマンテ
父のオルフェーヴルは初年度産駒から、日本ダービー2着馬、オークス3着馬を輩出。母父のキングカメハメハは当レースにおける重要サイアーのひとつ、祖母の父は東京巧者のトニービンというように、額面上の構成だけなら、相応の適性を秘めているものと推察できる。一方、祖母を基点とする親族をみると堅実ながらも、G1で足りないタイプが多く、クラシックの舞台ではパンチ力に欠ける。それなりの走りを見せるかもしれないが、馬券圏内までは届かないのではないか。

ナイママ
母にコレといった繁殖実績はなく、近い親族にも目立つ活躍馬はなし。ここに入ると、活力・底力ともに大きく見劣る感は拭えない。母父のジャングルポケット日本ダービー馬であることや、父の父ディープインパクトが当レースにおける重要サイアーである点を加味しても、前進を見込めるだけの根拠に欠ける。いずれにせよ、今回の舞台は適性外の印象。展開や馬場に恵まれたとしても、複勝圏内には至らないだろう。

シュヴァルツリーゼ
母は独オークス2着馬、叔父をはじめ近親には独の中・長距離G1級が数多く名を連ねる上質の牝系の出自。その牝系にハーツクライを重ねることで、より持久力を強調している。ただ、スタミナ要素が強いタイプゆえに、タフな競馬質でこそ力を発揮するタイプ。皐月賞みたく水準以上の時計を求められるとパンチが足りない。血筋の良さを活かすには、相応の持久力を必要とする競馬になるか、あるいは早めに動いて我慢比べに持ち込むことが必須と言えよう。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】日本ダービー 皐月賞惜敗のジャスタウェイ産駒が好ムード!上位を脅かす存在になりそうな皐月賞5着馬!2019年5月25日() 13:30

日曜日に行われる日本ダービーの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ロジャーバローズ
中2週かつ東上を控えていることもあってか、この中間は栗東CWで追い切りを行わず坂路で調整。とはいえ、間断なく15-15未満の時計を出し、1週前追いでは及第点のラップを刻んでいるように、乗り込み量の不足はない。最終追いでは終い重点ながらも、ラスト2F24秒7-12秒3のラップをマーク。1週前は仕掛けられると、頭を上げてフラつくシーンもあったが、今週は不得手の左手前でもスムーズに走れていた。及第点の仕上がりとみる。

ヴィント
最終追いは栗東CWで半マイルから併せ馬を実施。余力残しでマズマズのタイムを刻んだものの、頭の位置が高く見映えは今ひとつ。口元から泡を吹いてるあたりも感心しない。追走先着を果たした点は評価できるが、攻めの様子を確認する限り、上積みを望めるかどうかについては疑問符がつく。今回はマイナス評価としたい。

エメラルファイト
皐月賞回避後も引き続き在厩して調整。南W主体に調教本数を積んでいたが、気合乗りがイマイチということもあって、今週の本追い切りは長めからメイチ追いを敢行。好時計をマークしたうえ、併走相手を圧倒。ゴール後も他の関係ない馬を目標に緩めず追われ、しっかりと脚を伸ばしていた。走り自体も悪くなく、このひと追いでスイッチが入ってくれば、といった仕上がり具合ではないか。

サトノルークス
1週前に栗東CWで実施した3頭追いでは、マズマズの時計を刻んだ一方で、鞍上の合図に対する反応が悪いところは相変わらず。頭の位置が高く、舌を出すなど見映えも悪かった。同じくCWで行われた今週の3頭併せは半マイルから追われ、1週前に見られた緩慢な動きは解消されたものの、力強さという点では今ひとつ。この馬なりに順調なのかもしれないが、大きな変わり身まではどうか。

マイネルサーパス
中1週ということもあり、1週前は時計を出さず軽めの調整。今週の本追い切りはポリトラックで4Fから併せ馬を行い、手応え優勢でゴールした。ただし、折り合い重点のセーブした内容で上積みまではどうか。動き自体は悪くないが、攻め過程を検証する限り、激変を求めるのは酷かもしれない。ましてや、G1となればなおのこと。今回は見送りが正解だろう。

サートゥルナーリア
この中間はひと追いごとに負荷を強める調教を消化。栗東CWで行われた今週の本追い切りは、タニノフランケルを前に置いて序盤は我慢させるかたち。直線に入ると手綱を絞ったまま並んで折り合いをつけ、鞍上のゴーサインに素早く反応。キッチリと先着を果たし、ゴール後もグイグイと脚を伸ばしていた。道中のハミ抜けが少し悪いような気もするが、仕掛けられてからの俊敏な身のこなしを見る限り、杞憂に終わりそう。好仕上がり。

ダノンキングリー
南Wで実施した1週前追いでは、6Fからビッシリと攻めて好時計をマーク。併走相手の年長馬を圧倒した。一方、ポリトラックで行われた今週の本追い切りは、折り合い重点の内容を施し、いつもより時計は抑えめ。何とか我慢は利いていたものの、ハミを強く噛んでいる姿をみるに、前進気勢が過ぎるような気がする。脚元の動き自体は悪くないので、バッサリとはいかないが、勝ち切るまではどうか。連下評価が妥当だろう。

メイショウテンゲン
1週前に栗東CWで実施した併せ馬では、長めから追われて及第点のタイムを記録&追走同入(やや優勢)。自発的に脚を伸ばさないところは変わらないが、最後まで脚いろが鈍ることはなかった。同じくCWで行われた今週の併せ馬では、この馬にしては良い反応を示し、キッチリと先着。切れ味こそ感じないものの、集中を切らさず最後までしっかりと脚を伸ばしている点は評価できる。前進を見込めるデキではないか。

ニシノデイジー
この中間は近2走と調教パターンを変え、南Wの1週前追いを併せ馬に戻し、しっかりと攻めてきた。ただ、口向きの悪さは相変わらずで、活気があるというよりも、無理やり動かしているように見えた。今週の本追いはポリトラックに場所を移し、1週前と打って変わって調整色の濃い内容。脚元の動きは悪くないものの、走りやすいトラックの割にスピードの乗りが物足りない印象を受ける。積極的には手が出ない。

クラージュゲリエ
1週前に栗東CWで行われた3頭併せでは、終いをビシッと追われ追走同入(1頭は途中脱落)。エンジンのかかりが悪いところは相変わらずだが、気難しさを出さずに落ち着いて走れていた点は好感が持てる。今週のCW追いでも上々の反応を示し、アッサリと追走先着。以前のように追い出してから頭が高くなる場面もなく、ここにきて走りが大人びてきた印象。テンションを維持できれば、上位を脅かす存在になりそうだ。

レッドジェニアル
この中間は前回同様に栗東坂路オンリーの仕上げ。1週前の併せ馬では、しっかりと追われてマズマズのラップを記録&追走先着。最終追いは終い重点の内容ながら、ラスト1Fを12秒4でフィニッシュした。ややズブいところはあるが、加速がついてからの伸び脚はなかなかのもの。デキ自体は良さそうなので、あとはレースまで気持ちの高ぶりを抑えらえるかどうか。それが焦点となる。

アドマイヤジャスタ
栗東CWで実施した1週前追いは、アドマイヤエイカンを相手に併せ馬を実施。手応えが良かったパートナーをパスするまでに時間を要したが、最後はキッチリと同入(ほぼ先着)。上々のタイムをマークした。今週の坂路追いではアディラートを相手に優勢。ラストは少し疲れたものの、フォームが乱れていない点は評価できる。行きっぷりだけなら前回より上。力を出せる状態とみていい。

ヴェロックス
この中間は栗東CW主体の調整。1週前追いでは6F79秒割れ、4F49秒台、ラスト1F11秒台前半の猛ラップを記録&僚馬を圧倒。今週の本追い切りでも好反応を示し、ラスト1F11秒台半ばの好ラップをマークした。単走とはいえ、首と四肢が連動したフォームは目を見張るものがある。前回の当該週は芝で本追い(併せ馬)を行ったあと、金曜日にCWで5Fから14-14程度の時計を出していた。その点を鑑みると、中間の順調度は今回のほうが上回っているかもしれない。好ムードで本番を迎えることができそうだ。

ランフォザローゼス
南Wで実施した1週前追いは、ゴーフォザサミットを追走し、並んだあとはそのままゴールまで我慢させる内容。ピタッと折り合いをつけ、ラストまで集中した走りを見せた。同じく南Wで行われた今週の併せ馬でも、低い重心を保ったまま安定感のある走りを披露。適度な気合乗りがあり、脚さばきの良さも目につく。好調キープとみていいだろう。

リオンリオン
コンスタントに使われているうえ、東上後の中3週にもかかわらず、1週前に栗東坂路で強く攻め、19日には栗東CWで長めから時計を出してきた。今週の本追いでは、メイチの併せ馬を行っており、そのタフさには頭が下がる。派手なタイムを叩いているわけではないが、ラストまで脚勢が乱れなかった点は評価すべき。勝ち切るまではどうかも、展開ひとつで残り目があってもおかしくない。

タガノディアマンテ
間隔が詰まることもあり、1週前は栗東坂路でキャンター調整。17日にCWで上がり重点の調教を施し、今週の坂路追いではマズマズの時計をマークした。ただ、いい頃と比べて前肢の伸びを欠いている印象。そのぶん、走りがこじんまりと映る。ラストまで集中力が途切れることなく、まっすぐ駆け上がっている点は評価できるのだが……。上り目に乏しく、劣勢は否めないだろう。

ナイママ
西下後の中2週とあって、1週前追いは南Wで長めから流す程度のメニューを消化。今週のW追いでは序盤をゆったり入って、ラストを伸ばす調教を施し、マズマズの反応を示した。ストライドを大きくとった走りをみるに、疲れはなさそう。その一方で、上積みを感じるまでには至らず、今回の舞台で好パフォーマンスを示せるかどうかについては疑問。ここは様子見が賢明とみる。

シュヴァルツリーゼ
1週前に南Wで実施した3頭併せでは、マズマズのタイムを記録した反面、口向きが悪く内にモタれる素振りを出すところは相変わらず。同じく南Wで行われた今週の併せ馬も先着こそ果たしたが、1週前と似たような動きで大きな改善点は窺えなかった。集中力を欠きながら及第点のラップを記録するあたり、高いポテンシャルを秘めているのは間違いない。だが、最高峰の舞台に臨むことを踏まえると、物足りない気配であることも確か。今回は期待よりも不安のほうが大きい。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴィントの関連コラム

閲覧 772ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、26(日)に東京競馬場でG1日本ダービーが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1日本ダービーは、詰めかけた11万人超がどよめく“波乱”の幕開け。スタート直後に起こったそのハプニングの中心にいたのは、単勝1.6倍の断然人気サートゥルナーリアでした。2冠を目指した大本命馬はゲートのタイミングが合わず、大きく立ちあがっての発馬となってしまい、出遅れ。2番人気ヴェロックス(単勝4.3倍)、3番人気ダノンキングリー(単勝4.7倍)が、まずまずのスタートを決めて各馬の出方を見ながら位置取りを選択する運びを見せる一方、序盤からサートゥルナーリアは鞍上の促しによる挽回を余儀なくされるまさかの展開。3強から離された4番人気アドマイヤジャスタ(単勝25.9倍)は行きっぷりが悪く最後方、5番人気ランフォザローゼス(単勝33.3倍)は中団外目となって1コーナーを目指します。
最内枠から積極策のロジャーバローズを、押して1コーナーで交わしていったリオンリオンがハナへ。後続を離しての逃げの態勢を徐々に築いていくと、2番手にロジャーバローズが収まり、以下はサトノルークスエメラルファイトダノンキングリークラージュゲリエヴェロックスマイネルサーパスシュヴァルツリーゼランフォザローゼスと続き、ちょうど中団11番手あたりにサートゥルナーリアニシノデイジーナイママレッドジェニアルタガノディアマンテアドマイヤジャスタヴィントと後方にかけて続き、最後方にメイショウテンゲンといった位置取りで向こう正面へ。
リオンリオンに急遽代打騎乗となった横山武史騎手は、ここからさらに積極的な運び。ペースを維持したまま後続を引き離すようにして、前半1000mを57.8秒で通過していきます。2番手ロジャーバローズの態勢は変わらずも、その差は12~13馬身ほどに拡がり、そのロジャーバローズから後続にかけても徐々に開き始める隊列。3番手以下は、ほぼ継ぎ目のない大きな集団を形成しながら、早くも先頭のリオンリオンは、3コーナーに差し掛かっていきます。
徐々に2番手からロジャーバローズが押上げにかかると、連れて3番手サトノルークスダノンキングリー以下も、前との差を詰めながら3コーナー~4コーナーにかけて回っていきます。ヴェロックスは6~7番手の外、サートゥルナーリアはさらに後方から大外を回しての追撃態勢となって直線へ。
想定外の後方からになったものの、手応え抜群に4コーナーを出たサートゥルナーリア。直線で追い出されると鋭い伸びを披露し、内のヴェロックスをはじめ数頭を交わして7~8番手辺りまで進出。先頭に躍り出たロジャーバローズを目標に、ここからさらにエンジンを点火していきます。
単独2番手をダノンキングリーが窺い、残り300mを迎える頃には、サートゥルナーリアは自慢の瞬発力で単独4番手→3番手へとさらに差を詰め、鞍上も決死のアクション。
前では、12番人気ロジャーバローズと、これに1完歩ごとに迫る3番人気ダノンキングリーの2頭による、接近戦が開始。激しい叩き合いが繰り広げられます。残り100mを過ぎてもなお、内ラチ沿いで先頭を懸命にキープのロジャーバローズに、クビ差ほどのところまで迫るダノンキングリー。そして、3~4馬身後方からサートゥルナーリア。その直後からは、ヴェロックスクラージュゲリエランフォザローゼスニシノデイジーらも連れて脚を伸ばしてきます。
出遅れに始まり、大外を挽回してさすがの伸びを見せてきたサートゥルナーリアは、ここで限界を迎え、他馬と同じ脚色に。追撃空しく、3馬身前方に2頭の勝ち負け争いを見る形となったところで万事休す。
世代頂点を巡る、ロジャーバローズダノンキングリーによる手に汗握る叩き合いは長く続き、最後まで際どい争い。内ラチ沿いで浜中騎手の右ムチに懸命に脚を伸ばすロジャーバローズに対し、戸崎騎手の左ムチが飛ぶ外ダノンキングリー。2頭が鼻面を併せる状態でゴールラインを迎えますが、カメラがオーロラビジョンに映し出した第86代日本ダービー馬はロジャーバローズでした。クビ差ダノンキングリーを下して、見事、日本ダービー制覇を達成。7071頭の頂点に立っています。
3着争いからは、最後まで力強く伸びた2番人気ヴェロックスが、サートゥルナーリア以下を交わしてゴール前で抜け出し、2着ダノンキングリーから2馬身1/2差の3着に入線しています。
公認プロ予想家では、新参者プロスガダイプロら計4名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →新参者プロ
26(日)G1日本ダービーでは、△◎○で3連単200円分を仕留める“ファインプレー”を披露!! 398,120円払戻しのスマッシュヒットをマークしています。他にも、25(土)東京11R◎○▲パーフェクト的中や、京都4Rアモローサ(単勝50.4倍)からの的中等を記録した先週は、週末回収率112%を達成。2週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
先週は、26(日)京都2Rでの▲コパノケネディーカフジローズ予想(3連複ほか的中計23万9,080円払戻し)や、勝負予想京都11Rなどで好調をアピール。土日トータルで回収率212%、収支19万7,140円プラスをマークし、2週連続プラス収支で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
26(日)京都12Rで◎○▲的中を披露すると、続くG2目黒記念では◎ルックトゥワイスアイスバブルからの3連単本線的中を披露し、一撃90万5,000円払戻しのホームラン!週間トータルでは、回収率300%、収支66万3,000円プラスを記録し、トップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →、佐藤洋一郎プロ
25(土)勝負予想の東京1Rグロリアスホープ(単勝25.6倍)的中、同京都12Rでの◎ドリームソルジャー(単勝35.1倍)からの3連複的中、26(日)東京7Rでの◎ミフトゥーロ(単勝40.6倍)からの3連単的中などの活躍を披露。週末トータル回収率135%、収支16万9,840円プラスをマークし、2週連続プラス収支で終えています。
 
 
 
この他にも、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(122%)、岡村信将プロ(118%←2週連続週末プラス)、エース1号プロ(117%)、dream1002プロ(110%)、覆面ドクター・英プロ(107%)、ゼット1号プロ(105%)、馬っしぐらプロ(104%)、馬侑迦プロ(102%←2週連続週末プラス)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年5月22日(水) 16:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019日本ダービー(東京優駿)
閲覧 2,351ビュー コメント 0 ナイス 13



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



5月26日(日) 東京11R 第86回日本ダービー東京優駿)(G1、3歳、芝2400m)


【登録頭数:25頭】(フルゲート:18頭)


<優先出走>

ヴェロックス(A)中5週
この中間はCW中心の調教を施され、週2回は速い時計を出していてこれまでと特に変わらず順調に調整されている。今回は中5週あるので1週前はCWを併せ馬で追い切られていて、強めに追われると併走相手を一気に突き放しており、順風満帆。

クラージュゲリエ(B)中5週
1週前にはCWを3頭併せの内に併せてしぶとく食い下がって前走時よりも仕掛けられてからの反応、動きともに良くなっていた。

ザダル(-)中1週※出走回避

サートゥルナーリア(A)中5週
この中間は放牧先から戻って順調に乗り込まれていて、1週前にはレーン騎手騎乗でCWを3頭併せの大外に併せて追い切られた。重心の低い走りを披露し、楽に併走相手を突き放しと、1週前時点でほとんど仕上がっている感じ。

ダノンキングリー(B)中5週
1週前はこれまで通り南Wを併せ馬でかなりハードに追われて先着。やや重い感じはあったが、これで最終追い切りで馬なりでスッと楽に伸ばしてくるようなら、いつも通りの仕上がり。

ランフォザローゼス(C)中3週
1週前は福永騎手騎乗で南Wを内に併せて追い切られ、持ったまま相手に並び掛ける内容。前走が京成杯からの休み明けで、今回が中3週となるのでやり過ぎないような調整内容ではあるが、本数自体は乗られている。

リオンリオン(D)中3週
1週前は坂路で併せて特に目立つ動きでもなく、迫力も感じないというもの。2戦連続逃げ切り勝ちで、疲れが取れるかが課題。


<賞金順上位>

エメラルファイト(D)中9週
1週前は南Wを併せ馬の内に併せて素軽い動きを見せていたが、力強さには欠ける感じ。

ニシノデイジー(A)中5週
この中間は、ここ2戦と違い1週前追い切りを併せ馬に戻してきていて、かなりビッシリと追われて気合いを入れた感じ。これでスイッチが入ってくれそうで、最終追い切りの動きが良くなってくれば。

メイショウテンゲン(D)中5週
1週前は武豊騎手騎乗でCWを併せ馬の内に併せての追い切り。外の併走相手が持ったままに対し、こちらは武豊騎手が押して押して何とか先着というもの。動きは重いが、それでも調教ではいつもこんな感じなので、先着したことは良かったと思う。

レッドジェニアル(C)中2週
年明けデビューで休みなく使われてきているが、この中間も中2週と間隔が詰まっている割に、1週前には坂路一杯と勢いがある感じ。パドックでうるさい面を見せる馬なので、1週前にビッシリ追えたので直前は軽めで良さそう。見た目に疲れはなさそうなので、初めての関東輸送と、当日の落ち着きが課題になりそう。

ダノンチェイサー(E)中2週
休み明けの前走時はスッキリした馬体で、きさらぎ賞時よりも良く見せた。この中間は中2週で、1週前は軽めの調整も終いは首が上がり気味。再度の関東輸送もあり、なかなか調整が難しそう。前走は不利があったとはいえ、高速馬場を走り切ったことによる疲れがあるのかもしれない。

アドマイヤジャスタ(A)中5週
今年3戦目だが、ゆったりしたローテーションで使われていて1週前追い切りの動きを見ると前走時までのような重い感じがなくなり、素軽さと反応が良くなった印象。上積みがありそう。

サトノルークス(E)中5週
前走時の1週前追い切りはモタモタしたところがあったが、今回は1週前追い切りでの行きっぷりは良かった。ただ舌を出して首が高い走りと、追っている割に伸び脚はイマイチ。

ロジャーバローズ(E)中2週
間隔も詰っており1週前にCWで追い切れなかった時点で、いつも通りではない。坂路での動きを見ても終いフラフラして首も上がってしまっていて、時計は出ているが馬に疲れが出ている感じ。

ナイママ(C)中2週
JRA転入後に調教の動きが良くなって、状態面の良化が窺えたた前走は差のない4着に好走したが、今回も厳しいローテーション。1週前の動きも軽めで、状態を維持するので精一杯という感じ。

シュヴァルツリーゼ(C)中5週
1週前追い切りの動きを見ると、これまでと同じような感じで内にササる面を見せていたが、弥生賞時のようなササリながらもしぶとく伸びる感じがなく、1週前時点では良い頃の勢いはない感じ。

タガノディアマンテ(D)中2週
前走時のパドックでは細く見えて硬さもある感じで、近走の詰まったローテーションで疲れが出ているかもしれない。


<以下抽選対象で1頭出走可能>

ヴィント(C)中3週
大きな馬で連闘の前走時でも、ガッチリした馬体で力強さがあった。1週前にはいつも通りジョッキー騎乗で追い切られていて、状態面での変化はなさそう。関東への輸送に相手強化と、クリアしなくてはならない壁はたくさんありそうだが。

トーラスジェミニ(F)6ヶ月半
東スポ杯2歳Sでは逃げて12着。そこから半年以上の休み明けはかなりのハンデで、普通に考えれば息が持たない。

ヒルノダカール(D)中1週
前走2勝目。ホープフルSにも出走していて、強豪相手の経験も豊富だが、前走時にかなりビッシリ仕上げていたので今回はお釣りがなさそう。

ヒーリングマインド(E)中2週
使い詰めできており、1週前の時計は前走時よりもかかっている。映像を見ても伸び脚がなく、動きに関しても前走時と比べ物足りない。

マイネルサーパス(D)中1週
休み明けの前走時は、追い切り、パドックと、いずれをとってもそれほど悪くない仕上がりという印象だったが負け過ぎな感じ。中1週で疲れがあるか変わり身があるか、最終追い切りの動きで判断したいところ。ただ、その前に抽選を突破できるか。


<除外対象>

カフジジュピター(F)連闘
連闘になり、前走見せ場もなく......。

ディスモーメント(F)連闘
連闘。前走先行して伸びきれず。



◇今回は、日本ダービー編でした。今年も早いものでダービーがやってきます。福永騎手悲願のダービー制覇で幕を閉じた昨年は、そのワグネリアンを◎にすることができました。今年は令和に変わって初めてのダービーということで、新時代のスターが誕生するのか注目が集まりますが、このコラムもダービーのために昨年以上の多くのレースで連載し、たくさんの馬たちに注目し、チェックしてきました。
有力馬ともなればコラムでコメントする回数も多かったと思いますので、もし良かったら過去のコラムを見返してみてもらうと良いかもしれません。ダービー予想のヒントが隠れているかもしれませんよ!(^^)!

以下、有力馬が出走してきた参考レースのコラムです。

※2018札幌2歳S → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10849
※2018東京スポーツ杯2歳S → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11122
※2018ホープフルS → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11235
※2019きさらぎ賞 → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11307
※2019共同通信杯 → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11326
※2019弥生賞 → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11375
※2019スプリングS → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11404
※2019皐月賞 → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11501
※2019青葉賞 → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11547
※2019京都新聞杯 → https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11568


私は、今年も東京競馬場で観戦予定です。第60回から東京競馬場で連続観戦している白熱のダービー。今年も良いレースが観られることを期待しています。皆さまも良いダービーを!!

それでは次回、安田記念編でお会いしましょう。


日本ダービー出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年5月21日(火) 18:15 覆面ドクター・英
日本ダービー2019
閲覧 3,258ビュー コメント 0 ナイス 18

今年もいよいよダービーの時期ですね。POGの締めともなりますね。私のPOG馬としては、ノーヴァレンダダイワメジャー×クロフネなのに意外にもダート馬として、全日本2歳優駿を獲ってくれました。種牡馬の距離適性や傾向というのは当然ありますが、数少ない例外タイプを典型的なタイプ同様に考えて、消去法に使うと、的外れになってしまうケースがあるというのも競馬の難しさであり、面白さだと思っています。キタサンブラックが母父サクラバクシンオーだから距離がもたないだったり、古くは松永幹騎手(現調教師)が乗っていたニホンピロウイナー産駒のメガスターダムがダービー4着後に、菊花賞で3着に来たり......。後から振り返ると、かなり残念な経験もあります。
オークスは本命を打ったシゲルピンクダイヤは、輸送がダメだったようで撃沈。WIN5は当たるも、4万4千円と小さくてがっかり。

今年の日本ダービーは、皐月賞の3強が明らかに強すぎて、かつ皐月賞馬のサートゥルナーリアがぶっつけで年明け初戦に選んだ皐月賞を制覇し、当初からここダービーが照準......、と誰もが「堅いだろう」と思ってしまいがちな状況。ですが、最高峰のレースだから力通りかというと、そうとも限らないと歴史は示しています(特に3着あたりには穴馬来たり)。瞬発力勝負のレースでもあり、末脚が鈍い馬は粘って3着くらいが限界のレース。


それでは恒例の全頭診断へ

1番人気想定 サートゥルナーリアシーザリオの仔で4戦4勝の負け知らず。皐月賞がもっとも負けやすい状況かと思われたが、体当たり込みで勝ってしまっただけに、あと2つは変にスローにならなければ、3冠もあるのでは。

2番人気想定 ヴェロックス:本命を打った皐月賞はぶつけられたこともあり、惜敗の2着。成長力があり、ここも楽しみではあるが瞬発力はいまひとつで、勝ち切るには早めのスパートなど必要か。

3番人気想定 ダノンキングリー:3連勝で臨んだ皐月賞は3着止まりだったが、実力をつけてきておりここも十分圏内。アドマイヤマーズをずばっと差し切った共同通信杯が示すように、瞬発力自慢だけに皐月賞より東京の長い直線で良さが出そう。

4番人気想定 ランフォザローゼス:新馬戦勝ちの後に、500万下でも京成杯でも青葉賞でも3戦連続2着と、勝ち切れないが力をつけてきた。父キングカメハメハ、母がディープインパクト×エアグルーヴという血統的には現代競馬の最高峰とも言えるのでは。頭までは無いまでも、ヒモには十分圏内では。

5番人気想定 リオンリオン:出世レースの大寒桜賞を逃げ切り勝ちの次戦に、青葉賞も逃げ切ったが、ダービーで楽逃げは不可能で、サニーブライアンのように逃げ切るのは至難の業。

6番人気想定 アドマイヤジャスタ皐月賞は序盤でもたついて8着と負けたが、まだまだ伸びしろは有り。前半にのんびり走りつつ、好位をとれればヒモにはやれて良い。

7番人気想定 ダノンチェイサー:NHKマイルCは3番人気4着。ディープインパクト×ロックオブジブラルタルだが、母母父レインボウクエストで言われているほどマイル向きでなく、距離は融通が利きそうとみる。ただ、瞬発力不足で現代ダービー向きではない。

8番人気想定 メイショウテンゲンディープインパクト産駒だが母メイショウベルーガが強く出ているか。弥生賞は、道悪も良かったのか8番人気での勝利を果たしており、ここも道悪要員か。

9番人気想定 シュヴァルツリーゼ:11月の新馬勝ちから、休み明けで弥生賞を選択していきなり2着した。皐月賞では不利もあり12着と大敗したが、サンデーレーシングでものんびり育成気味の白老F生産だけに、今回大駆けがあっても良い。

10番人気以下想定
ニシノデイジー:母母がセイウンスカイ×ニシノフラワーという先代を含め西山家の思いが詰まった血統だが、皐月賞では17着と惨敗しており、頭打ち感もあり。昨秋までのような活躍は期待薄。

レッドジェニアル京都新聞杯を11番人気で勝ってきたし、まだ5戦しか使っていない社台F生産馬でここくらいから伸びてくるのかもしれない。ただ瞬発力はイマイチでもあり、夏のローカル重賞あたりが活躍の場か。

クラージュゲリエ:2歳時は新馬勝ち、札幌2歳S3着、ラジオNIKKEI杯京都2歳S勝ちと、ダービー候補の一角にいたのだが、成長力がいまいちなのか、年明け以降は共同通信杯3着、皐月賞5着と頂点から遠ざかりつつあるように見える。ただまだ頭打ちではなく、ローテにもゆとりがある状況で、上位に来ても全然おかしくない。人気を落とす今回は狙って面白い一頭か。

ザダル:1週順延となったプリンシパルSを5番人気ながら差し切って勝ったが、脚元の疲れということで出走回避。

ロジャーバローズ:5戦2勝2着2回とそれなりに堅実にステップアップしてきたディープインパクト産駒だが、瞬発力が無いことから前走京都新聞杯も逃げて2着粘り込みという内容だった。ダービーは、ちょっとそれでは厳しい。

サトノルークスディープインパクト×リッスンという世代有数の良血馬と言えるのだろうが、新馬戦を2着に取りこぼす。その後は、未勝利、500万下、すみれSと派手に3連勝してきたが、皐月賞では14着と惨敗。もう少しやれる力はあるのだろうが、馬券には要らないか。

タガノディアマンテきさらぎ賞2着、スプリングS4着、皐月賞6着、京都新聞杯では1番人気を裏切ったものの5着と、それなりに頑張っているのだが、頂点からは次第に遠ざかっている印象。

ヴィント:4月末に連闘で未勝利と500万下を連勝してきたが、連闘明けで大一番というのはいかにも厳しい。

エメラルファイト:10番人気でスプリングSを制した馬。6戦3勝で力を少しずつつけてきているのだが、あまりダービー向きというタイプではなく、ローカル中距離重賞向きでは。

ナイママ:マル地で、数少ないダノンバラード産駒で、昨夏の札幌ではコスモス賞勝ち、+札幌2歳S2着と好成績。ただ以降は上位陣とは離されつつある印象。前走は京都新聞杯では10番人気4着と気を吐いたが、東京の瞬発力比べは向かない。

マイネルサーパス:アイルハヴアナザー産駒にしては珍しい芝馬で、昨秋に未勝利、500万下を連勝した。ただ、朝日杯FSでは10着、プリンシパルSは9着と、一線級とは瞬発力の差があり厳しい。

ヒーリングマインド:ゴドルフィン軍団のマル外、タニノギムレット産駒で3月に未勝利、500万下と連勝。ただ、次戦に選んだ前走京都新聞杯が7着と壁に当たり、ここで通用の力はまだ無さそう。

ディスモーメントディープインパクト産駒で母がクロフネ×トニービンという結構高そうな配合なのだが、瞬発力が無く、物見したり外に張ったりとまじめに走らない。4月末に逃げてようやく未勝利勝ち止まりでは、ここでは要らなそう。秋にはもう少し良くなってくるのかもしれないが。

カフジジュピターディープインパクト産駒で母がアンブライドルズソング×ストームキャットという、いかにも活躍しそうな血統なのだが、昨年11月の2000m新馬戦で勝ったきり、伸び悩みで2勝目すら上げられていない現状。出走も、好走も期待できず。

ヒルノダカール:5/11にようやく500万下を勝ったばかりの晩成傾向で、ようやく強くなってきた感のあるヴィクトワールピサ×メジロマックイーンという配合の馬。有力馬が回避する傾向にある菊花賞など、秋には楽しみな存在になっているかも。

トーラスジェミニ:キングズベスト産駒らしく瞬発力が無いのを、逃げてカバーしてきたが、そういう次元の相手でない。


<まとめ>
有力:皐月賞上位3頭のサートゥルナーリアヴェロックスダノンキングリー

ヒモで:ランフォザローゼスアドマイヤジャスタシュヴァルツリーゼクラージュゲリエ

[もっと見る]

ヴィントの口コミ


口コミ一覧

レース回顧

 競馬場の神様 2019年5月27日(月) 20:06

閲覧 68ビュー コメント 0 ナイス 3

■5/12 ヴィクトリアマイル
 1.私の本命の枠=重賞ウィナー同志で構成された枠
 2.重賞ウィナー同志で構成された枠=2枠・4枠・7枠
 3.勝ったのは、私が唯一押さえなかった2枠のノームコア

■5/19 優駿牝馬(オークス)
 1.私の本命は、フローラS1着のウィクトーリア
 2.フローラS組の枠=1枠・4枠・5枠・6枠・7枠
 3.勝ったのは、私が唯一押さえなかった7枠のラブズオンリーユー

【訂正】×2.それぞれのポイントに該当するのは以下の7頭 → 〇 …以下の6頭。もし、この6頭の3連単BOXを購入していたら、¥12,000が¥179,960円になったのかあ、、、

■5/26 東京優駿(ダービー)
 1.今回、ダービーに初めて騎乗するのは、竹之下J・レーンJ・横山武Jの3人
 2.愛知県出身の竹之下J=騎手歴22年
 3.勝ったのは、竹之下Jが騎乗するヴィントと同居した1枠①番のロジャーバローズ。なぜ、今回は、レーシングプロファイルに加え、スターティングラインナップなるものを用意したのか?それは、今回の締めのフレーズが馬ではなく、レーンJや横山武Jとは異なり、後何年騎乗できるか分からない竹之下Jの事を言っていたからですね。だったら、あのブランドCMは何だったのかという話になるが、もう、芸術性も何もないJRA競馬を好意的に解釈するのはやめにしよう。今週からテニスの全仏オープンが始まるので、しばらくは競馬から離れたいと思います(復帰時期は未定)。

【訂正】×ウチパクの単勝回収率は2935%と… → 〇 1467.5% 〔目黒記念〕
    

 Roger 2019年5月26日() 13:34
日本ダービー 適性指数&能力指数
閲覧 285ビュー コメント 0 ナイス 4

■R-INDEX(レース適性指数)
1.⑥サートゥルナーリア 216
2.⑬ヴェロックス 176
3.⑦ダノンキングリー 167
4.⑫アドマイヤジャスタ 125
5.⑭ランフォザローゼス 121
5.⑮リオンリオン 121
7.⑨ニシノデイジー 105
8.⑩クラージュゲリエ 94
9.①ロジャーバローズ 87
10.③エメラルファイト 81

■D-INDEX(距離能力指数)
1.⑥サートゥルナーリア 132
2.⑬ヴェロックス 129
3.⑦ダノンキングリー 128
4.⑩クラージュゲリエ 114
4.②ヴィント 114
6.⑯タガノディアマンテ 113
7.⑫アドマイヤジャスタ 110
8.⑤マイネルサーパス 109
9.⑪レッドジェニアル 107
10.⑰ナイママ 103

指数は4種類出していますが全て3強が1~3位!
しかもサートゥルナーリアが抜けて1位
マカヒキの年に近く他馬の出番は皆無か・・・
でもかぶる時ほど3強で決まらないのが競馬
1番人気を強引に負かしに行き有力馬の惨敗もある。
R指数の3強以下上位は厳しそうでD指数の上位組で穴狙い(可能性低いが😢)
大穴でヴィント、3強より前目で運び、高速馬場適性ありげで
チョコっと買ってみようかと
あとPOG馬3頭のBOXで夢を見ようかと

[もっと見る]

 ろくろくろく 2019年5月26日() 11:07
ダービーはワイドで。
閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 2

サートゥルからのヴィントがワイドでくれば、美味しい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴィントの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ヴィントの写真

ヴィント

ヴィントの厩舎情報 VIP

2019年5月26日東京優駿 G114着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヴィントの取材メモ VIP

2019年5月26日 東京優駿 G1 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。