トーラスジェミニ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
トーラスジェミニ
トーラスジェミニ
トーラスジェミニ
トーラスジェミニ
トーラスジェミニ
トーラスジェミニ
トーラスジェミニ
トーラスジェミニ
トーラスジェミニ
トーラスジェミニ
トーラスジェミニ
トーラスジェミニ
写真一覧
抹消  鹿毛 2016年4月30日生
調教師小桧山悟(美浦)
馬主柴原 榮
生産者川上牧場
生産地新冠町
戦績43戦[8-0-1-34]
総賞金19,751万円
収得賞金8,450万円
英字表記Taurus Gemini
血統 キングズベスト
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
Allegretta
エリモエトワール
血統 ][ 産駒 ]
マンハッタンカフェ
ステラーオデッセイ
兄弟 ステラグレイスアエレオ
市場価格
前走 2023/07/09 七夕賞 G3
次走予定

トーラスジェミニの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
23/07/09 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 1647194.81516** 牡7 57.0 木幡育也小桧山悟 464
(+6)
2.03.5 3.738.1⑤④⑧⑮セイウンハーデス
23/06/11 東京 11 エプソムC G3 芝1800 17713348.01717** 牡7 57.0 木幡育也小桧山悟B 458
(-14)
1.50.1 4.639.2⑤⑥⑧ジャスティンカフェ
23/05/07 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 1611107.91515** 牡7 58.0 木幡育也小桧山悟 472
(+4)
2.08.4 4.639.7⑬⑬カラテ
23/04/01 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 16510328.71516** 牡7 58.0 佐藤翔馬小桧山悟 468
(-4)
1.37.3 4.136.0⑯⑯⑯インダストリア
23/02/26 中山 11 中山記念 G2 芝1800 1458337.41214** 牡7 57.0 原優介小桧山悟 472
(+10)
1.49.2 2.136.8⑦⑨⑧⑪ヒシイグアス
22/07/10 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 1671473.01516** 牡6 57.5 原優介小桧山悟 462
(-2)
2.01.1 3.338.3エヒト
22/06/12 東京 11 エプソムC G3 芝1800 1271038.4911** 牡6 58.0 原優介小桧山悟 464
(-4)
1.47.7 1.036.1ノースブリッジ
22/04/02 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 1661299.41512** 牡6 57.5 原優介小桧山悟 468
(-1)
1.33.1 0.835.7タイムトゥヘヴン
22/03/16 高知 4 黒船賞 G3 ダ1400 11--------8** 牡6 57.0 西川敏弘小桧山悟 469
(--)
1.32.9 2.6----イグナイター
22/02/27 中山 11 中山記念 G2 芝1800 161266.31016** 牡6 56.0 西村淳也小桧山悟B 472
(-4)
1.50.7 4.341.1パンサラッサ
22/02/06 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 153541.51014** 牡6 58.0 横山武史小桧山悟B 476
(-2)
1.34.8 2.536.8イルーシヴパンサー
22/01/05 中京 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1671449.81313** 牡6 57.5 原優介小桧山悟 478
(+6)
1.34.0 1.135.8⑤④④ザダル
21/10/10 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 1381327.7611** 牡5 56.0 丸山元気小桧山悟 472
(0)
1.45.9 1.135.7シュネルマイスター
21/08/22 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 134516.4710** 牡5 57.0 横山和生小桧山悟 472
(+6)
2.00.8 1.336.5ソダシ
21/07/11 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 16245.921** 牡5 57.0 戸崎圭太小桧山悟 466
(-6)
2.02.2 -0.037.0ロザムール
21/06/06 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1469153.6135** 牡5 58.0 戸崎圭太小桧山悟 472
(-4)
1.32.1 0.434.2ダノンキングリー
21/04/03 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 1671315.976** 牡5 57.0 原優介小桧山悟 476
(-4)
1.33.3 0.736.0テルツェット
21/03/14 中山 10 東風S (L) 芝1600 14338.541** 牡5 58.0 原優介小桧山悟 480
(-6)
1.34.4 -0.036.6ボンセルヴィーソ
21/02/21 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 164817.1714** 牡5 56.5 吉田豊小桧山悟 486
(-2)
1.46.7 1.237.1テリトーリアル
20/12/20 中山 11 ディセンバー (L) 芝1800 157139.341** 牡4 57.0 吉田豊小桧山悟 488
(0)
1.49.2 -0.236.0サトノダムゼル

⇒もっと見る


トーラスジェミニの関連ニュース

2021年のGⅢ七夕賞を勝ったトーラスジェミニ(美・小桧山、牡7)が12日付で競走馬登録を抹消された。今後は馬事公苑で乗馬になる予定。通算43戦8勝(うち地方1戦0勝)。総獲得賞金1億9751万8000円(すべてJRA)。9日の七夕賞16着が最後のレースとなった。

21年の七夕賞を制したトーラスジェミニが引退 2023年7月12日(水) 14:46

2021年のGⅢ七夕賞を制したトーラスジェミニ(美・小桧山、牡7、父キングズベスト)が、9日の七夕賞(16着)を最後に現役を引退する。通算成績は43戦8勝(うち地方は1戦0勝)。

「12日に美浦TCから退厩します。2歳のときから長く頑張ってくれたし、多くの方々に応援してもらいました。今後は去勢手術を行ってから、福島競馬場で誘導馬(乗馬)になることになっています」と小桧山調教師はトーラスの〝第2の馬生〟を明らかにした。

[もっと見る]

【霧プロの重賞レースおさらい帳】七夕賞2023 セイウンハーデス独壇場! 冥王が夏王も目指して進撃開始 2023年7月10日(月) 13:00


逃げて重賞連続好走中のフェーングロッテンと、同じく逃げで新潟大賞典連対を果たしたセイウンハーデス。逃げの形で上昇のきっかけを作ってきたテーオーソラネル、前向きな気性ゆえに逃げに近い戦法になりやすいバトルボーンショウナンマグマ、古豪の逃げ馬トーラスジェミニシフルマンの名前もあり、先行争いがどのような形になるのかという点が大きな鍵になると思われた今年の七夕賞
各馬の出方によっては"激流天の川★七夕大決戦☆2023"的なエキサイティングな争いになりそうだったが、スタート後すぐに展開されたのは、まさかの先行勢による"譲り合い"。
「どうぞどうぞ」と頑なに前に行こうとしないテーオーソラネルセイウンハーデスを見て、「あ、すいません、じゃあ……」という控えめな姿勢でバトルボーンがハナに立っていく。結果、形成されたのは激流どころかかなりの緩流。重賞にしては極めて穏やかで平和な流れの中でレースが進んでいった。
こうなってしまうと、後方で差し・追い込みに構えた馬はノーチャンス。好位で運ぶことができていても、外を回すなど少しのロスがあっただけでも不利になる。道中最内に進路を取り、巧みなコーナーリングでロスなく直線を向いた馬達が2〜4着に飛び込んだ辺り、位置取りが大きく結果を左右したレースだと言えるだろう。

そんな展開の中、道中常に外を回りながら、ねじ伏せるような押し切り勝ちを決めたのがセイウンハーデス。好位で運んでいたとはいえ、前述の通り外を回すだけでかなりの負荷が掛かったはずだが、それで2着を1馬身以上離したのは圧勝と表現してもいいレベル。今回のメンバーの中では力が一枚も二枚も上だった。
小回りやローカルの流れに強く、馬場が渋ってもプラスに転化できるという、シルバーステート産駒のモデルケースのような馬で、他の同父産駒と同様、G1での好勝負が意識できるだけの大物感にはまだ乏しいものの、G3級の相手関係ならば番人的な存在感を発揮してきそうだ。
次走は新潟記念を予定しているようだが、近年の新潟は直線の長さのイメージに反して、そう簡単に差しや追い込みは決まらない。本馬のように好位から長く脚を使える馬が最も適していると思われるので、重賞2連勝、そしてサマーチャンピオンの座も十分に期待できるはずだ。

2着と3着には牝馬のククナホウオウエミーズが入り、波乱を演出。
ククナは人気先行型で、なかなか実戦でのパフォーマンスが変わってこない馬だったが、今年に入ってからは一皮剥けたと思えるほどにレースレベルを上げている。
比較的長めの距離を使われていたここ2走よりも終いの脚はしっかりしていたし、今後の中距離路線や牝馬路線で無視できない存在となるか。
ホウオウエミーズは大激流のマーメイドSを走った直後ということもあってか、本馬としてはかなり前目での競馬が叶った。元々小回りの走りは上手なタイプなので、流れにさえ乗れればこのくらいは走れる馬だが、今回は展開や枠に助けられた部分も大きい。

初の重賞挑戦で一番人気に推されたバトルボーンは4着。
展開を考えればもう少し粘りが利いても良さそうだったが、ここに至るまでのレースレベルを踏まえると、現状の力は出している感じ。安定して重賞で好走するにはもう一段上のレベルアップを果たす必要がありそうだ。

ヒンドゥタイムズエヒトカレンルシェルブルらの差し馬勢は、この展開では全く良さが出ず。
ヒンドゥタイムズはこうした戦法しか取れない上に58.5kgのトップハンデ。エヒトはスタート直後にバランスを崩すようなシーンがあったし、カレンルシェルブルは戦前から陣営がじっくり控える競馬を示唆。それぞれに今回の流れと噛み合わなかった面があるだけに、仕方ないと思うほかない。展開が変われば一気に巻き返す力はある馬達なので、またどこかで狙い時が来るだろう。

先行すると思われた馬の中では、フェーングロッテンテーオーソラネルが想定以上の苦戦を強いられた。
フェーングロッテンはスタートも序盤の行きっぷりも悪く、全く見せ場を作れず。元々スムーズな競馬でないと脆い面はあるが、今回は状態も万全ではなかったのかもしれない。
テーオーソラネルは道中セイウンハーデスに近い位置におり、本馬の方が内目にいたことを考えれば、もう少し粘れても良さそうなものだったが、現状の力の差と見るべきか。阪神と中京でしか好走していない辺り、単純に舞台を選ぶ馬、もしくは輸送にあまり強くない馬という可能性もあり、不透明な部分が多く残る一戦だった。

その他の馬で目を引いたのはレッドランメルト
気性の難しさがあったり、馬場状態に恵まれなかったりと、近走は苦戦が続いていたが、終始かなり外を回りながら直線で見せ場を作ってきたのは評価できる。調教の動きからも素材の良さは十分に窺えるので、落ち着きが増して軌道に乗ってくれば重賞好走のチャンスはありそうだ。


○霧(きり)プロフィール
ウマニティ公認プロ予想家。レース研究で培った独自の血統イメージに加え、レース戦績や指数等から各馬の力関係・適性を割り出す”予想界のファンタジスタ”。2023年1月には、長年の活躍が認められ殿堂プロ入りを果たす。

霧プロの最新予想ページはこちら
※週末の枠順発表までは直前週結果ページへ遷移します。

[もっと見る]

【七夕賞】レースを終えて…関係者談話 2023年7月10日(月) 04:58

◆丸田騎手(ホウオウエミーズ3着)「枠も馬場も良くて、スタートが決まって取りたいポジションが取れました。うまくいっただけに悔しいです」

◆津村騎手(バトルボーン4着)「行く馬がいなくて、押し出されてしまいました。リズム良く行けたけど目標にされてしまって、逆の立場で運びたかったです」

◆田辺騎手(レッドランメルト5着)「自分のリズムで行けました。ただ、もう少し先行争いが激しくなって、体力を削り合う展開になってくれればよかったのですが…」

◆菅原明騎手(ショウナンマグマ6着)「外枠だったので、控えてほしいという指示でした。以前より乗りやすく、コントロールが利いて、我慢ができていました」

◆団野騎手(ヒンドゥタイムズ7着)「前残りの馬場でしたね。条件がかみ合わなかった中で、よく脚は使ってくれています」

◆田中勝騎手(エヒト8着)「スタートで出なくて、流れも良くなかったね。次は良くなると思います」

◆斎藤騎手(カレンルシェルブル9着)「脚をためてリズム良く運びました。この馬の脚は使っていて、この形がいいと思います」

◆永野騎手(ガロアクリーク11着)「3、4コーナーの反応がジリジリで、直線もそのままでした。まだ本調子ではないのかもしれません」

◆戸崎騎手(グランオフィシエ13着)「小回りを懸念していましたが、脚がたまらず伸びきれませんでした。馬の調子は良かったです」

◆松若騎手(フェーングロッテン14着)「前走くらいから行きっぷりが悪くなっていて、テンから進んで行かず、馬に気が乗っていない感じでした」

M.デムーロ騎手(サンレイポケット15着)「3コーナーでは内にモタれる感じで、怒っても馬がやる気を出してくれず、反応がありませんでした」

◆木幡育騎手(トーラスジェミニ16着)「ラストランみたいなので、無事に回って来られてよかったです」

[もっと見る]

【回収率予報ニュース! 2023/7/9(日)版】G3七夕賞、G3プロキオンSほか 2023年7月9日() 09:24


皆さん、こんにちは。ウマニティ編集部です。本日は【回収率予報ニュース!2023/7/9(日)版】をお届けします。

登場してもらうのは、22年のプロ予想家デビュー以来活躍中の回収率予報官プロ。その名の通り、回収率を予測(予報)するという予想スタイルの中枢を担う「予測回収率」にまつわる「危険馬」「穴馬」の紹介を当欄では行っていただきます。


≪2023/7/9(日) 買ってはいけない G3七夕賞、G3プロキオンSほか≫

「買ってはいけない」とは・・・予測回収率が低く、文字通り馬券購入の際には避けることをおすすめする馬。
なお、予測回収率が高い馬は「プロ予想MAX」提供予想の「一言コメント」および「コメント」欄に記載しています。

メインレースの単勝の予測回収率が低い馬です。
馬券購入の際には避けることをおすすめします。
(2022年実績:894件中/1着24件/払戻31,950円/回収率36%)

■函館 11R 芝1800m 3歳上3勝クラス 15:25 五稜郭S
 ① 60% 50.4倍(12) ターキッシュパレス
 ③ 60% 29.4倍(11) マジカルステージ
 ⑤ 60% 12.3倍(7) アンダープロット
 ⑦ 60% 52.4倍(13) イイネイイネイイネ
 ⑧ 60% 9.8倍(6) ジャスティンエース
 ⑩ 50% 14.9倍(9) ミスフィガロ

■中京11R ダート1400m 3歳上オープン 15:35 G3プロキオンS
 ① 50% 56.3倍(11) ケイアイターコイズ
 ② 50% 202.5倍(16) ロイヤルパールス
 ⑪ 60% 81.5倍(13) メイショウテンスイ
 ⑭ 50% 197.8倍(15) アティード

■福島11R 芝2000m 3歳上オープン 15:45 G3七夕賞
 ⑦ 50% 112.7倍(15) トーラスジェミニ
 ⑪ 50% 6.1倍(3) フェーングロッテン
 ⑯ 60% 124.9倍(16) シフルマン

・買ってはいけない 各レースの人気馬

各レースの出走馬で、単勝オッズ6.0以下かつ予測回収率60%以下の一覧です。
(2022年実績:705件中/1着113件/払戻41,300円/回収率59%)

中京08R ⑤ 60% 5.6倍(3) ブリタニア
函館10R ⑨ 60% 5.4倍(3) ジェンヌ
中京10R ⑦ 60% 2.6倍(1) ノボリクレバー
福島10R ⑫ 60% 5.3倍(2) カフェプリンセス
福島12R ⑪ 60% 4.5倍(1) ブーケファロス

※表は左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成の前日夜時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf


≪2023/7/9(日) 単勝万馬券を狙え≫

対象レースの単勝の予測回収率90%以上の出走馬で最もオッズの高い馬です。
単勝以外の券種でも、この馬を絡めるとオトクですよ。
(2022年7月30日札幌11R、1着フォーワードアゲン/単勝払戻13,420円)

中京02R ⑬ 90% 134.4倍(16) タイガーミノル

※表は左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf

[もっと見る]

【逃げ馬の作る展開から勝ち馬を見極める】七夕賞2023 サマー2000シリーズ開幕戦!波乱の名物ハンデ重賞で狙うべきは逃げか?差しか? 2023年7月8日() 17:00

サマー2000シリーズのひとつに位置付けられる七夕賞はよく荒れる。シリーズ中、定量戦は札幌記念だけなので、どのレースもよく荒れるが、過去10年10万馬券以上が6度というのはなかなか。

前走のステップは多様で、ハンデ戦だけにクラスを問わず好走例がある。今年は昨年の勝ち馬エヒトが前年比で4キロ増、前に行きたい馬が多い組み合わせも相まって波乱の匂いがする。

10年分のデータを使用し、勝ち馬を見極めたい。

逃げ馬の成績は【0-0-2-8】。内訳は2014年5番人気1着メイショウナルト、2021年7番人気2着ロザムール。直線の短いローカル小回りで、一見逃げ馬に利のありそうな感じはするが苦戦している。

福島芝2000mのスタートはスタンド前直線のポケット地点で、発送後は下る形になるためペースが上がりやすく、かつ1コーナーまでの距離が約500mと長い。先行志向の強い組み合わせになると、よりハイペースが助長される。

実際、七夕賞の1000m通過タイムをみると、10回中7度で58秒以下。これほどペースの傾向が明確なレースもめずらしいかもしれない。

その後、隊列が決定すると流れは落ち着くものの、短い直線を意識してか、レースは早めに動きやすい。3コーナーからラップが加速していくため、瞬発力より持続力が求められ、例年上がりがかかっている。

今年の逃げ馬に注目すると、まず、目がいくのはフェーングロッテン。今年は3走はいずれもハナを切り、馬券内に好走している。ただ、毎回楽に行ける組み合わせだった。

テン1ハロンは、中山金杯12秒8、金鯱賞12秒7、鳴尾記念12秒7だから遅い。キャリアで逃げたレースがもう一戦あり、その白百合Sも少頭数の競馬で12秒8。

無理な感じでマークしたラップではなく、その気ならもう少し速いはずだが、今回の組み合わせで逃げられるかどうか。

隣にはショウナンマグマがいて、この2頭は昨年のラジオNIKKEI賞に出走し、その時はフェーングロッテン1着、ショウナンマグマ2着。

逃げたのはショウナンマグマで、テン1ハロンは12秒3。過去に踏んだラップからはショウナンマグマが速く、同時にフェーングロッテンは控えてもいいとわかる。

ショウナンマグマは溜めてどうにかなる馬ではないので後続の脚を削りたい。そのうえ、当馬の内にバトルボーントーラスジェミニレッドランメルト、外にテーオーソラネルセイウンハーデスシフルマンとなれば、緩い流れは考えにくい。

仮にすっとハナを切れたとしても、道中どの馬かが早めに動くはず。前崩れの展開のなか、差し脚を伸ばせる馬を狙いたい。

カレンルシェルブル。前々走、同じコースの福島民報杯を勝利。渋った馬場のなか、中団後方から4角までに位置を上げ、外を回して差し切る強い競馬。速い上がりを使える馬ながらスパッと切れるタイプでなく、わりとじりじり伸びる。小回りは問題ない。

3勝クラスの緑風Sでは、後にジャパンCを制するヴェラアズールに先着しており、3走前の白富士Sでは、次走G2の目黒記念で3着に走るサリエラに0秒2差4着。戦歴的にもローカルG3なら通用する。なんといっても、私と馬券相性の良い数少ない馬の内の1頭だし、ここもなんとか。馬券は単複のみ。

(文・垣本大樹)

[もっと見る]

⇒もっと見る

トーラスジェミニの関連コラム

閲覧 4,013ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 七夕賞 2022年07月10日(日) 福島芝2000m


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2019年以降)】
○21戦以内 [2-3-2-17](3着内率29.2%)
×22戦以上 [1-0-1-22](3着内率8.3%)

 馬齢が7歳以上の馬は2007年以降まで集計対象を広げても[1-1-2-66](3着内率5.7%)と不振。また、過去3年の3着以内馬9頭中7頭は出走数が21戦以内でした。比較的若い世代の馬、キャリアが浅い馬を重視すべきでしょう。

主な「○」該当馬→アンティシペイトフォルコメン
主な「×」該当馬→サンレイポケットショウナンバルディトーラスジェミニモズナガレボシ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件がG1以外、かつ前走の距離が1800~2000m」だった馬は2019年以降[2-3-2-22](3着内率24.1%)
主な該当馬→アンティシペイトサンレイポケットショウナンバルディトーラスジェミニ

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2022年2月25日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】しばらくイン有利が続きそうな阪神芝/中山記念展望
閲覧 1,910ビュー コメント 0 ナイス 2



フェブラリーSは前日夕方から降り始めた雨の影響により馬場がスピード化。前年に引き続き、先行馬、インを通った馬に有利な結果となった。

勝ったカフェファラオは前年の覇者。福永騎手は初騎乗だったが、スムーズに包まれない位置で先行すると、直線楽に抜け出した。さすが福永騎手という、綿密な準備が実った一戦だった。今年はテーオーケインズマルシュロレーヌチュウワウィザードといった面々が海外遠征のために不在で手薄なメンバー構成だったことも連覇のアシストになったように思える。終わってみれば前年の覇者と、勢いのあるベテランと、唯一の4歳馬という決着だった。

~開幕2週は想定通りイン有利でスタートした阪神芝

さて、今回は阪神の芝について少し触れておきたい。京都改修工事の影響もあり、今年も阪神競馬は天皇賞(春)までのロングラン開催となる。ロングラン開催の場合は通常以上に馬場保全していく必要があるために、イン有利になりやすいというのが、昨年から続いている傾向だ。

現状2週が過ぎた阪神芝だが、やはり当初想定していた通りイン有利が続いている。先週の京都牝馬ステークスも先行馬と内枠馬の決着で、外枠の差し馬勢にはほとんど出番がなかった。

京都牝馬S 結果】

1着 7番ロータスランド 2番手抜け出し
2着 2番スカイグルーヴ 内枠先行
3着 15番タンタラス 3番手追走
4着 8番シゲルピンクルビー 好位追走
5着 1番サンクテュエール 最内枠ラチ沿い追走

今週は3週目の開催。現時点では雨の心配も少なく好天に恵まれそうなので、引き続きイン有利が想定される。とりわけ隊列がスンナリ決まりそうなレースでは、先行馬、そして内枠の馬を重視することで、馬券の組み立てはしやすくなるはずだ。

中山記念の注目馬

さて、一方で開幕週となるのが中山開催。そのメインレースは中山記念。というわけで、最後はいつも通り、今週末の注目馬で締めたい。今回は中山記念からこの馬。

トーラスジェミニ西村淳也騎手)

前走の東京新聞杯では積極的に逃げたが、イルーシヴパンサー他、外からの差しが届く競馬になり直線は失速。決め手が生きる競馬ではさすがにしんどかった。もともとオープン4勝は函館、中山、中山、福島という完全な小回り巧者。同型馬が多いのは気になるが、昨年は七夕賞を2番手追走で制しているように逃げが絶対というタイプではない。開幕週の馬場を利しての粘り込みに期待したい。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年10月7日(木) 09:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 毎日王冠2021 
閲覧 1,192ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


10月10日(日)東京11R 第72回毎日王冠(3歳以上G2・芝1800m)


【登録頭数:13頭】(フルゲート:18頭)

ダノンキングリー(A)4ヶ月
安田記念からの休み明け。この中間は南Wで乗り込まれて、自動計測になったとはいえこの馬としても安定して好時計連発の状況と状態は良さそう。1週前追い切りの動きを見ても、持ったまま直線で前に出てそのまま併せ馬になることなくビッシリ追われて伸びており仕上り順調に映る。

ヴァンドギャルド(C)6ヵ月半
ドバイターフからの休み明け。9月は毎週馬なりではあるものの、速い時計が出ていて入念な乗り込み。昨年秋のレース時と比べても速い時計が出ていて出来は良さそうだが、動きに関して1週前は前脚と後ろ脚の力のバランスが悪く、終い伸びきれず止まるのが早い感じがした。

シュネルマイスター(C)4ヶ月
安田記念からの休み明けとなるが、3週前から速い時計を出していて乗り込み量は豊富。ただ、1週前は舌を出しながらの走りで、直線での伸び脚は前走時や前々走時と比べると物足りなく見えた。

ケイデンスコール(B)4ヶ月
3週前、2週前と終いの時計がかかっていたが、1週前はジョッキー騎乗で終いまで好時計で伸びており、休み明け初戦から仕上りは良さそう。

トーラスジェミニ(D)中6週
夏場も七夕賞札幌記念と休みなく使われていて、この中間の乗り込み量は少ない。1週前(南W)の時計も、自動計測で安田記念当時とそれほど変わらないタイムということはかなり今回は時計がかかっているということでプラス材料が見当たらない。

ダイワキャグニー(C)4ヶ月
昨年は、エプソムカップからの休み明けで、3週前に併せ馬で追い切られていてそれ以外は単走だったこの馬。今年は、安田記念からの休み明けで、2週前、1週前と併せ馬で追い切られている。馬体の大きな馬で、ここ2週が併せ馬ということは昨年よりも馬体を絞るのに苦労しているのかもしれない。

ポタジェ(B)5ヶ月
休み明けで2週前までは目立つ時計が出ていなかったが、1週前追い切りでは手応え抜群で上々の伸び脚。残り1週あるのでさらに良くなりそうな雰囲気を感じる。

マイネルファンロン(B)中4週
夏場3戦を使われて馬体も使われるごとに減ってきている点は気になるが、この中間も1週前追い切りでは強めに追われて速いタイム。引き続き良い状態をキープできている印象。

サンレイポケット(C)4ヶ月
休み明けで、この中間は坂路、CWと豊富に乗り込まれて好時計が出ている。ただ1週前追い切りは、内めを走っているので速いタイムこそマークできているが、一杯に追われて持ったままの外の併走相手に先着できずという内容で。

ヴェロックス(A)中7週
小倉記念からの参戦となるが、この中間も引き続き坂路で好時計が出ている。坂路では終いの時計がかなり良く、調教通りなら終いしっかり伸びてくれそう。

カイザーミノル(C)中5週
休み明けの前走時は入念な乗り込みで坂路での伸び脚も良かった。この中間も坂路で乗り込まれているが、終いの時計がかかっていて前走時と比べるとやや物足りない。

ラストドラフト(D)6ヶ月半
半年ぶりの休み明けにしては乗り込み量は少ない。この中間2週前、1週前と併せ馬では先着を果たすも、1週前追い切りの映像からは動きが重く時計も自動計測としては物足りない印象を受けた。

カデナ(D)3ヶ月半
休み明けとなるが、こちらも乗り込み量が少ない。1週前追い切りでは、走りに体がついて行けていない感じでバランスが崩れたりして走りに力強さが感じられない動きだった。


※このコラムからの推奨馬はダノンキングリーヴェロックスポタジェの3頭をあげておきます。



◇今回は、毎日王冠編でした。
重賞競走となると出走馬のほとんどの馬の最終追い切りの映像を観られるようになっている昨今ですが、当該馬の追い切りよりも気になってしまうのが抜群の手応えの併走相手の馬だったり、坂路だと画面から見切れそうな位置を持ったまま駆け上がってきている馬だったり、ということがあります。
“主役”の馬の動きが悪い場合もありますが、1週前や最終追い切りになるとほぼ仕上がっている状態なので、重賞に出走する馬以上の良い動きを見せている馬は狙ってみたくなってしまうというもの。ただ、重賞出走予定馬の併走相手であれば、競馬新聞の調教欄で何という馬かすぐに分かるのですが、坂路で併走相手ではない馬の場合は時間帯、鞍上、ゼッケン(番号、色)、調教時計から探し出すのでそれはなかなか大変な作業に。最終的に、合っているのかも分からないこともありますが、目星がついてその馬がデビュー前の2歳馬だったりした時には、非常にワクワクするものです。1頭につき数十秒しかない調教VTRには、そうしたお宝が隠れている場合もあるのです。
ちなみに、毎日王冠の1週前追い切りの映像の中で出走馬以外で目についたのがルチェカリーナ(牝3)、ココロノトウダイ(牡4)の2頭。前者はサンレイポケットと、後者はシュネルマイスターと併せて上々の動き。2頭とも休み明けとなりますが、近いうちに良い状態で出走してきそうなので、次走と叩き2戦目あたりは狙ってみたいものです。

毎日王冠出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年8月19日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 札幌記念2021
閲覧 1,379ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



8月22日(日) 第57回札幌記念(3歳以上G2・芝2000m)


【登録頭数:13頭】(フルゲート:16頭)


アイスバブル(C)中4週
前走時は札幌ダートで調整されていて併せ馬でも大きく先着していたが、この中間は函館Wでの調整。時計は目立たず前走時と比べると全体的に物足りない。

ウインキートス(A)4ヶ月
目黒記念からの休み明けとなるが、先週札幌芝コースを単走で追い切られて動きは素軽く仕上がり良好。札幌での成績も良く、好走に期待がかかる。

サトノセシル(C)中2週
クイーンSからの中2週でこの中間は軽めの調整。1週前は速い時計を出していない。(前走時に)馬体が増えていてパドックではまだ絞れそうだったので、1週前に速い時計を出していない点は気になる。

ステイフーリッシュ(D)6ヵ月半
半年ぶりのレースとなるが、栗東での追い切り本数が少なく、1週前の栗東坂路での追い切りでは持ったままの併走相手に遅れていてまだ物足りない動き。札幌移動も控え、ここからの1週間でガラッと変わる感じでもない。

ソダシ(A)3ヶ月
この中間は函館競馬場で調整され、3週連続併せ馬で追い切られている。1週前には芝コースでユーキャンスマイルに先着しており、終いの時計も速くここに向けて順調な調整過程。

ディアマンミノル(B)中4週
この中間は札幌での調整で、前走時と同じく1週前は金曜日に追い切られて終い好時計をマーク。調子落ちはなさそう。

トーラスジェミニ(C)中5週
この中間も美浦での調整。前走時の追い切りでは迫力を感じたが、今回は迫力に欠ける内容。1週前は、左回りということもあるのかフワフワしているような動きだった。

バイオスパーク(B)中4週
この中間も函館での調整。1週前には前走時と同じような時計が出ていて順調な仕上がり。

ブラストワンピース(B)中10週
この中間は函館競馬場で調整されていて2週前、1週前としっかり追い切られて好内容。

ペルシアンナイト(B)中10週
この中間は札幌、函館それぞれで調整され、乗り込み量は豊富。2週前、1週前と併せて先着と調子も良さそう。

マイネルウィルトス(B)中4週
この中間も函館競馬場での調整。1週前には芝コースで併せて先着。日曜日にもWコースで速い時計が出ていて、前走を一度使われての上積みが期待できる。

ユーキャンスマイル(C)3ヶ月半
この中間は栗東、函館と乗り込まれているが、良い時と比べるとまだ物足りない内容。1週前には、既出のソダシと併せて遅れていて、大きな馬で一度使ってからのほうが良いかもしれない。

ラヴズオンリーユー(A)4ヶ月
前走香港のレースから4ヶ月ぶりのレースを迎える。この中間は、函館競馬場での調整で2週前、1週前と併せて先着。4日の追い切りの動きを見ても重たさなどは感じさせず、持ったまま楽に先着していてかなり良い仕上がりで出走できそう。


※このコラムからの推奨馬はラヴズオンリーユーウインキートスソダシの3頭をあげておきます。



◇今回は札幌記念編でした。
美浦トレセンでは7月から南ウッドチップコースで自動計測システムがスタート。12月からは栗東トレセンでも運用が開始される予定となっています。これによりモヤで映像もタイムも計測できないという心配はなくなりますので、今後他のコースでも運用されていくことで、調教データがより充実したものになっていくと思われます。
馬が違えば調教内容もバラバラ。(たとえ自動計測データが揃ったとしても)すべてを同じまな板の上で通り一遍に“調理”できる、ということにはなりませんが、正確なデータがあればあるほど予想に役立つことには違いありません。あとは予想する側がいかに上手く使いこなすか。調教に限らず他のファクターにおいても同じことが言えますが、いずれにせよ「競馬予想」においては、それら材料(データ)を上手に料理して美味しく頂きたいものですね。

札幌記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年8月15日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年08月15日号】特選重賞データ分析編(267)~2021年札幌記念
閲覧 2,262ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 札幌記念 2021年08月22日(日) 札幌芝2000m


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつG1のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2016年以降)】
○あり [3-4-5-13](3着内率48.0%)
×なし [2-1-0-43](3着内率6.5%)

 実績馬が圧倒的に優勢。ビッグレースで上位に食い込んだ事のない馬は苦戦していました。一応“JRA、かつG1のレース”において3着以内となった経験がない、かつ前走のレースが函館記念、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が9位以内だった馬は2016年以降[2-1-0-7](3着内率30.0%)と健闘しているものの、今年のメンバー構成なら、格の高いレースで好走してきた馬を素直に重視すべきでしょう。

主な「○」該当馬→ステイフーリッシュブラストワンピース
主な「×」該当馬→アイスバブルウインキートスサトノセシルトーラスジェミニ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件が“国内のレース”、かつ前走の4コーナー通過順が5番手以下」だった馬は2016年以降[5-4-2-31](3着内率26.2%)
主な該当馬→アイスバブルサトノセシルブラストワンピース

[もっと見る]

2021年7月16日(金) 10:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(7/10~7/11) 岡村信将プロが土曜小倉2R◎イチザウイナー的中などで週末トータル34万プラス
閲覧 606ビュー コメント 0 ナイス 2



11(日)に行われたG3七夕賞、G3プロキオンSほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
小倉2R2歳未勝利イチザウイナー的中23万8200円払戻し、函館3R3歳未勝利アルムファーツリー的中10万6000円払戻し、小倉6R3歳未勝利ネグローニ的中6万9600円払戻し等の的中で、10(土)を大勝。すると11(日)は、函館4R3歳未勝利マンオブカレッジ函館8R3歳以上1勝クラスクリノドラゴンなどの予想で、コンスタントに的中を重ね連日のプラス収支を記録しました。週末トータルでは、いずれもトップの回収率165%、収支34万5000円プラスの優秀な成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
11(日)のG3七夕を、◎トーラスジェミニの単勝1点1万円勝負的中を決めてみせた先週。この日の函館2R3歳未勝利では◎ジュノエスク(単勝36.5倍)的中14万6000円払戻しをマークするなど、活躍をアピールしました。土日2日間のトータル回収率138%を達成し、3週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
11(日)の福島12R彦星賞では、◎グラスボイジャー(単勝45.6倍)的中9万1200円払戻しを達成。この他、同函館4R3歳未勝利マンオブカレッジ的中、同小倉2R3歳未勝利リオンジャック的中などをマークしています。
 
 
 
この他にも、金子京介プロ(129%)、暴君アッキープロ(129%←3週連続週末プラス)、新参者プロ(107%)が回収率100%超をマークしています。
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

トーラスジェミニの口コミ


口コミ一覧

福島11R七夕賞の短評

 藤沢雄二 2023年7月9日() 12:59

閲覧 140ビュー コメント 0 ナイス 4

WIN5向けに各馬の短評を書いてみました。
福島11R七夕賞です。

①エヒト…昨年覇者。右回り堅実。むしろ1番枠がカギ。
②ホウオウエミーズ…展開ハマれば大駆けも。
③バトルボーン…なぜルメールではないのか?
④ククナ…相手なりには走れるが…。
⑤カレンルシェルブル…2走前の当舞台でリステッド勝ち。
⑥サンレイポケット…相手関係は緩和されるが…。
⑦トーラスジェミニ…一昨年の覇者も往時の力なく。
⑧ガロアクリーク…1年ぶりのレースを叩いてどこまで。
⑨レッドランメルト…ベストは1800m。重賞の壁に当たって。
⑩グランオフィシエ…やや距離不足だが侮れず。
⑪フェーングロッテン…総合力高いが少しパンチが足りないか。
⑫ショウナンマグマ…2000mは長い。
⑬ヒンドゥタイムズ…位置取りがカギに。
⑭テーオーソラネル…3連勝中と勢いはある。
⑮セイウンハーデス…2000mはベスト。
⑯シフルマン…11ヶ月ぶりながら調教で一杯に追えず。

 ゼファー 2023年7月7日(金) 15:07
第59回七夕賞GⅢ
閲覧 300ビュー コメント 0 ナイス 5

累計:▲1235(内、WIN5他累計:▲165)
予算:100(今週は、土曜日3レース、日曜日3レース で勝負します!)
WIN5他:4(Club JRA-Net でカウントされない海外と地方競馬も含む)

投票成績をClubJRA-Netで確認したら、差額が▲100程あったので修正しました(泣
短冊へ ▲1235 が取り戻せます様に!!

< 馬 場 状 態 > 詳細は、サークル>馬場研究会 を見て下さい!!
土曜日の11レース:阿武隈ステークスで、戸崎 圭太騎手が「速過ぎないこういう馬場」
菅原 明良騎手が「強気に勝ちにいく競馬をしました。結果的には早かったのかもしれません」
1000m通過:59.5なので、それほど速くないが止まった印象
まだ3日目だったが、先週より時計が掛かっている、少なくとも前に有利な馬場状態では無いと想定

< 馬券ポイント >
1番人気で内枠なら津村 明秀騎手もゲートから出していく、外から松若 風馬騎手がハナへ
3番人気の幸 英明も離れずに追走し、田中 勝春騎手も58kgだけに早目にマクる
前半からしっかり流れて、道中も緩まずレースの動き出しも早い想定でハイペースと読む

< 馬券 >
△:エヒト:田中 勝春騎手が1番枠と58kgを意識して行く、ただ展開等を読まない騎手だけに裏目
○:ホウオウエミーズ:軽ハンデ54kg牝馬、丸田 恭介騎手は2番枠で溜めて末に賭ける戦法は得意
△:バトルボーン:津村 明秀騎手は悪くないがルメール騎手より劣る、そしてなぜこのレース?
X:ククナ:夏は牝馬だが、東京得意で石川 裕紀人騎手への乗り替わりは狙いづらい
△:カレンルシェルブル:福島民報杯リステッドな流れが再現されそうで
X:サンレイポケット:3200m後でタイトな流れの小回り、8歳牡馬で夏場も苦手では
----------------------------------
X:トーラスジェミニ:もう行ける脚も衰えては
△:ガロアクリーク:第80回皐月賞GⅠ3着馬、押さえておく
○:レッドランメルト:ここ2戦は雨で度外視、中山金杯GⅢ6着は力を示して、福島の田辺 裕信騎手!
△:グランオフィシエ:この人気で戸崎 圭太騎手なら押さえておく
----------------------------------
○:フェーングロッテン:第71回ラジオNIKKEI賞GⅢは逃げずに1着、この時期の暑さにも強そう
△:ショウナンマグマ:第71回ラジオNIKKEI賞GⅢ2着、右回りなら見限れない、菅原 明良騎手も魅力
△:ヒンドゥタイムズ:斉藤 崇史調教師と団野 大成騎手、ハイペースで前が崩れれば可能性ある
X:テーオーソラネル:3連勝は今回にリンクしない条件、人気なので外したい
○:セイウンハーデス:ブリンカー装着から出脚が速く強く、福島の印象がない幸 英明騎手が不安だが
X:シフルマン:長期休み明け、夏場も苦手では

さて、ここから更に評価を!

◎:フェーングロッテン
○:セイウンハーデス
▲:レッドランメルト
★:ホウオウエミーズ
☆:ヒンドゥタイムズ

△:エヒト
△:バトルボーン
△:カレンルシェルブル
△:ガロアクリーク
△:戸崎 圭太騎手
△:菅原 明良騎手

<< 五稜郭ステークス >>
1番人気のオッズが5倍台の通り、一長一短あり難解
○4頭の優劣を付けられないので、その様な馬券を組み立てる
< 馬券 >
○:フィールシンパシー
○:マジカルステージ
○:サンストックトン
○:ダークエクリプス

△:ゴーゴーユタカ
△:クリストフ ルメール騎手
△:シルヴェリオ

[もっと見る]

 競馬が大好き(複勝男 2023年7月7日(金) 00:58
七夕賞 2
閲覧 230ビュー コメント 0 ナイス 3

七夕賞

芝2000M GⅢ 3歳以上 ハンデ戦

出走馬の個人的な評価
ハンデ

58.5
ヒンドゥタイムズ 競馬ブック印◎○▲◬合計ポイント 3.5ポイント 6位
(成績的にも状態的にも良いと思いますが、トップハンデなのできついと思います。ただ平坦コースになるのはこの馬にプラスなので、地力でこの相手をねじ伏せれるかどうか?夏も実績あるので。)

58
フェーングロッテン  22ポイント 1位
(逃げれば本当にしぶといし今回平坦コースになればもっと粘りやすいので、ただ今回58Kgを克服できるかどうかになりそう。あとはマークはきつくなると思うのでその辺りかなと、)

エヒト 10ポイント 4位
(去年勝っているが今回は海外帰りで状態が気になりますね。中距離なら新潟以外では最近崩れていないし、鞍上も田中勝騎手に戻るので期待できると思う。あとは58の斤量かな。前走より2.5Kg増になるので。)

サンレイポケット 0.5ポイント△6こ 8位
(ここ2戦は3000Mの距離だったのでベストではなかった。今回は中距離の戻るのはプラスで斤量も他も背負っている分問題なさそう。デムーロ騎手になるのも不気味と思います。)


57
セイウンハーデス 18.5ポケット 2位
(前走の新潟大賞典2着の道悪の競馬の反動は気になるので状態がどうか?小回り適正も高いと思うし57Kgもそんなに苦にしないと思う。上手く進めて揉まれない競馬が出来れば今回も好走出来ると思う。)

ガロアクリーク 6.5ポイント 6位
(叩き2走目で変わり身があるかどうか?小回りも問題はないと思う。永野騎手に乗り替わって上手く進めれるかが重要ですね。)

グランオフィシエ 0.5ポイント△3こ 10位
(前走東京で勝利して今回ハンデ重賞で距離短縮にもなる。まぁ2000Mでもせんこうはできているので流れに乗って進めればいい勝負が出来てもいいんですが、人気もまだあまりないと思うので穴馬かなと。)

カレンルシェルブル 0ポイント△7こ 11位
(今年の福島民報杯を勝っているので福島コースなら信頼できそう。前走は道悪適性の差と思うので、今回も極端に道悪にならなければ堅実に力を出してきたのでいい勝負は出来そう。)

ショウナンマグマ 0ポイント△2こ 13位
(広いコースから今回小回りに替わるのは大幅にプラス材料と思うので1発は警戒したいところ。あとはベストが1800Mと思うので距離を上手くロスなくして進めれるかどうか?)

シフルマン 0ポイント 14位
(休み明けなので状態がどうか?輸送もそんなに苦にはならないと思うし、小回り向きと思うので、ただ重賞では少し劣る感じはしている。先行有利の流れになれば。)

トーラスジェミニ 0ポイント 16位
(もう力的にはしんどい感じかな。もっとハンデが下がればいいんですが。)


56
バトルボーン 13.5ポイント 3位
(5戦4勝で内容も優秀。先行力もあるし時計もあるし能力も最上位と思う。ただ乗り替わりと小回りで出遅れたりするとしんどいし、キャリアが浅い分付け入る隙は十分あるのでそのリスクがあっても無視して信用できるかどうかですね、)

テーオーソラネル 2.5ポイント 7位
(3連勝中で一気に強くなっている馬で、今回輸送もあるし相手強化もするし楽な競馬にはならないと思うが、前走逃げなくても競馬は出来たし馬自身融通が利くようになっているので期待は出来そうかなとただ毎回乗り替わりになるので・・・)

レッドランメルト 0ポイント 15位
(ここ2戦は道悪なので今回も馬場が重要。良馬場なら金杯で0.3秒差の競馬をしているので穴馬に花十分なると思う。)

54

ククナ 0.5ポイント△4こ 9位
(今回距離短縮でどうなるか?いい脚は持っているし毎回いい勝負圏内にはきているので、2000Mも問題はないので1発は秘めていると思う。石川騎手が上手く進めれるかどうか?)

ホウオウエミーズ 0ポイント△3こ 12位
(2000Mなら今替わりでもいい勝負が出来ることを証明できた前走なので、今回牡馬もいて相手強化されるが追い込みが向く流れにならばチャン数は出てくると思う。)

[もっと見る]

⇒もっと見る

トーラスジェミニの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
16:
  HELPRO   フォロワー:2人 2020年11月15日() 15:27:19
木幡の余りものイクヤのレベルではG3ハンデ重賞でも荷が重いのは当然。
小桧山厩舎ももっとまともな鞍上を起用出来ないのか?
巧也の余りもの郁也では勝てるものも勝てないと言う良い証拠。
15:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年11月13日(金) 03:13:02
関係、好調教馬、坂路で再三好時計、変わり身、
14:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年8月23日() 07:58:14
郎、本命相手

⇒もっと見る

トーラスジェミニの写真

トーラスジェミニの厩舎情報 VIP

2023年7月9日七夕賞 G316着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

トーラスジェミニの取材メモ VIP

2023年4月1日 ダービー卿チャレンジ G3 16着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。