インダストリア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
インダストリア
インダストリア
インダストリア
インダストリア
インダストリア
インダストリア
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2019年4月23日生
調教師宮田敬介(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績12戦[4-1-0-7]
総賞金10,680万円
収得賞金4,550万円
英字表記Industria
血統 リオンディーズ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
シーザリオ
インダクティ
血統 ][ 産駒 ]
ハーツクライ
ホールオブフェーム
兄弟 ケイデンスコールケイデンシーマーク
市場価格
前走 2023/10/28 MBS賞スワンS G2
次走予定

インダストリアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
23/10/28 京都 11 MBSスワン G2 芝1400 1871418.598** 牡4 57.0 丸山元気宮田敬介 492
(-2)
1.20.4 0.534.1⑪⑪ウイングレイテスト
23/09/10 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 11552.917** 牡4 58.0 C.ルメー宮田敬介 494
(-6)
1.32.1 0.533.7⑧⑧⑧ソウルラッシュ
23/06/11 東京 11 エプソムC G3 芝1800 17234.927** 牡4 58.0 C.ルメー宮田敬介 500
(+2)
1.46.0 0.535.2⑤⑥⑦ジャスティンカフェ
23/04/01 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 16488.131** 牡4 56.0 戸崎圭太宮田敬介 498
(-8)
1.33.2 -0.133.4⑦⑥⑥ジャスティンカフェ
23/02/05 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 16359.957** 牡4 57.0 戸崎圭太宮田敬介 506
(+2)
1.32.3 0.533.9⑩⑩ウインカーネリアン
22/12/28 中山 12 カウントDS 3勝クラス 芝1600 16362.311** 牡3 56.0 戸崎圭太宮田敬介 504
(+14)
1.34.7 -0.134.8⑨⑩⑩ダンテスヴュー
22/06/19 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 156108.7513** 牡3 56.0 D.レーン宮田敬介 490
(+4)
1.37.1 1.937.3⑬⑬ペイシャエス
22/05/08 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 186114.025** 牡3 57.0 D.レーン宮田敬介 486
(-2)
1.32.7 0.434.6⑩⑧ダノンスコーピオン
22/03/06 中山 11 ディープ記念 G2 芝2000 11795.125** 牡3 56.0 戸崎圭太宮田敬介 488
(-6)
2.00.8 0.334.9⑨⑨⑨⑧アスクビクターモア
22/01/05 中山 10 ジュニアC (L) 芝1600 9443.121** 牡3 56.0 戸崎圭太宮田敬介 494
(+10)
1.34.9 -0.434.3④⑤④ベルウッドブラボー
21/10/30 東京 3 2歳未勝利 芝1800 9221.211** 牡2 55.0 C.ルメー宮田敬介 484
(+2)
1.47.6 -0.133.5⑥⑧⑧ユイノゴトク
21/10/09 東京 5 2歳新馬 芝1800 166121.712** 牡2 55.0 C.ルメー宮田敬介 482
(--)
1.48.3 0.033.4⑥⑤④モカフラワー

インダストリアの関連ニュース

★香港C8着ローシャムパーク(美・田中博、牡5)は、大阪杯(3月31日、阪神、GⅠ、芝2000メートル)へ向かう。

★洛陽S1着ドゥアイズ(栗・庄野、牝4)は、サンスポ杯阪神牝馬S(4月6日、阪神、GⅡ、芝1600メートル)を視野に入れる。東京新聞杯9着ウンブライル(美・木村、牝4)も同レースへ。

スワンS8着インダストリア(美・宮田、牡5)は、ダービー卿CT(3月30日、中山、GⅢ、芝1600メートル)へ。同17着サブライムアンセム(栗・藤原、牝5)は、東風Sからサンスポ杯阪神牝馬Sを予定。

東京新聞杯8着のルージュリナージュ(美・宗像、牝5)は引き続き横山和騎手とのコンビで中山牝馬Sに向かう。

★カタールのアミールTに出走するゼッフィーロ(栗、池江、牡5)は次走、招待されているドバイシーマCは見送り、国内で調整される。

ターコイズS8着ヒップホップソウル(美・木村、牝4)は中山牝馬Sに向かう。

★北山S勝ちのゴーゴーユタカ(美・武井、牡5)は、名古屋城S(3月17日、中京、OP、ダ1800メートル)が有力。

★栗東・小林厩舎に転厩したレッドジェネシス(騸6)は角田和騎手とのコンビで仁川S(24日、阪神、L、ダ2000メートル)へ。

★バレンタインS4着ベジャール(美・田中博、牡5)は、オアシスS(4月20日、東京、L、ダ1600メートル)などが選択肢に。

★洛陽S3着アサヒ(美・金成、牡5)は、谷川岳S(4月28日、新潟、L、芝1600メートル)が視野に。

【4歳以上次走報】ローシャムパークは大阪杯へ 2024年1月28日() 18:04

香港カップ8着ローシャムパーク(美・田中博、牡5)は、大阪杯(3月31日、阪神、GⅠ、芝2000メートル)へ。

菊花賞15着ノッキングポイント(美・木村、牡4)は、金鯱賞(3月10日、中京、GⅡ、芝2000メートル)を予定。

スワンS8着インダストリア(美・宮田、牡5)は、ダービー卿CT(3月30日、中山、GⅢ、芝1600メートル)へ。

★ディセンバーS13着ガンダルフ(美・国枝、牡6)は、総武S(3月3日、中山、OP、ダ1800メートル)に向かう予定。




[もっと見る]

【3歳以上次走報】ビッグシーザーは淀短距離Sへ 2023年11月27日(月) 19:27

京阪杯5着ビッグシーザー(栗・西園正、牡3)は、淀短距離S(1月13日、京都、L、芝1200メートル)へ向かう。

エリザベス女王杯を勝ったブレイディヴェーグ(美・宮田、牝3)は年内休養することになった。ノーザンファーム天栄で放牧中で、来年の出走に備えて調整している。僚馬でスワンS8着インダストリア(牡4)は中山金杯(1月6日、中山、GⅢ、芝2000メートル)か京都金杯(1月6日、京都、GⅢ、芝1600メートル)へ。

京阪杯5着ビッグシーザー(栗・西園正、牡3)は、淀短距離S(1月13日、京都、L、芝1200メートル)へ向かう。

七夕賞4着バトルボーン(美・林、牡4)は、白富士S(1月27日、東京、L、芝2000メートル)で復帰する。

秋華賞8着コナコースト(栗・清水久、牝3)は引き続き鮫島駿騎手とのコンビでターコイズS(12月16日、中山、GⅢ、芝1600メートル)へ。

[もっと見る]

【スワンS】レースを終えて…関係者談話 2023年10月29日() 08:44

◆菅原明騎手(ララクリスティーヌ2着)「1400メートルのほうが競馬がしやすいです。抑えずに気分よく行けました。しまいも堅実ですね。枠が外(❼枠⑮番)だったので、内に入れられなかったです。この枠でよく頑張ってくれています」

◆岩田康騎手(ロータスランド3着)「枠順(❽枠⑱番)が悪すぎました。それでもこのパフォーマンスでしたからね。返し馬の雰囲気も良かった。3、4コーナーの坂の下りでグッときましたが、(直線で)切れ味が止まってしまいました」

武豊騎手(ルガル4着)「ゲート内で力んでいいスタートを切れなかったので、切り替えました。直線はいい伸びだったけど、ラストは同じ脚いろになってしまいました」

◆西村淳騎手(ウインマーベル5着)「前に壁を作って脚をためたかったのですが、作れませんでした」

◆岩田望騎手(グレナディアガーズ6着)「状態は良かったです。競馬に参加できず、しまいだけになってしまいました。もう少しいいポジションに付けられたら、いいレースになったと思います」

◆丸山騎手(インダストリア8着)「枠が枠だった(❼枠⑭番)ので…。1400メートルでスムーズでしたが、もう少し内の枠だったら」

◆横山和騎手(トウシンマカオ9着)「元気が良かった。1400メートルが長いというわけじゃないと思う。またここからですね」

◆松若騎手(デュガ10着)「ゲートを出過ぎて、周りを気にして怖がりながら走っていましたね。能力を出し切れませんでした」

◆モレイラ騎手(エクセトラ11着)「いいスタートを切って、中団より前で満足するポジションで競馬ができました。最終コーナーまで手応えはよかったけど、伸びなかった」

◆角田和騎手(タマモブラックタイ12着)「理想的な競馬はできました。最後の感じも悪くなかったです。距離というよりは力負けという感じがします。乗りやすい馬だし、これから頑張ってくれると思います」

◆坂井騎手(ルージュスティリア13着)「少しゴチャついて、この馬のリズムで運べませんでした。展開がかみ合えばやれると思います」

◆角田河騎手(メイショウソラフネ14着)「スタートが良かったので、前につけました。ペースは良かったのですが…。4歳なので、まだ成長できると思います」

◆柴田善騎手(スマートリアン15着)「3、4コーナーでおさまりがつかなかった。それに尽きますね」

◆池添騎手(サブライムアンセム17着)「この枠(❽枠⑰番)とペースで、タメが利かなかった。道中はなし崩しに脚を使ってしまいました」

◆和田竜騎手(ミッキーブリランテ18着)「休み明けで、動ききれませんでした」

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】スワンS2023 実力伯仲戦!? 血統指数×右回り芝1400m直線平坦条件で上位評価の穴馬は…… 2023年10月27日(金) 17:00


こんにちは!ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの孫権です。
本日は28(土)に行われるG2スワンSを予想していきたいと思います。

まず、孫権のROBOTIP設定は「血統」の能力指数を100%重視しています。レース条件に応じて、必要な場合には他の能力指数(競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者)を配合しますが、基本的には「血統」指数オンリーで展開します。
そして、適性については、血統の「距離適性」「トラック適性」「周回方向適性」「G前の坂の有無適性」を配合します。
以上が、私孫権のROBOTIP設定の基本方針です。

今週は、JRA唯一の「右回り×芝1400m×直線平坦」条件ということで、「距離適性」「トラック適性」「周回方向適性」「G前の坂の有無適性」各25%配合のセッティングで臨みます。
これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。


孫権ROBOTIPが弾き出したスワンS全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑫ルージュスティリア    9.58%
2 ③ウイングレイテスト    8.91%
3 ⑦デュガ          7.93%
4 ⑥スマートリアン      6.76%
5 ⑪カイザーミノル      6.14%
6 ①エクセトラ        5.80%
7 ⑬ミッキーブリランテ    5.59%
8 ⑰サブライムアンセム    5.58%

9 ⑱ロータスランド       5.31%
10 ⑯ウインマーベル      5.04%
11 ⑭インダストリア      5.04%
12 ⑨アヴェラーレ       4.74%
13 ⑩メイショウソラフネ    4.68%
14 ②ルガル          4.43%
15 ⑧グレナディアガーズ    4.17%
16 ⑮ララクリスティーヌ    3.72%
17 ④トウシンマカオ      3.52%
18 ⑤タマモブラックタイ    3.06%


ROBOTIPの基本的な考え方として、平均勝率(18頭立ての場合は5.55%)を上回る馬のみを馬券対象にしますので、今回のスワンSでは上位8頭までが馬券の対象ということに。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

 ⑫③⑦>⑥⑪①⑬⑰


3位→4位間に1ポイント強の開きがあるものの、いくら18頭立てといえど1位で勝率10%割れの状況も示しての通り、上から下までほとんど差のない大混戦との見方が適切な配置に。
ここはまず機械的に購入対象を買うということと、余剰分で上位3頭のワイドを押さえる戦術としたいと思います。ちょうど、適度に上位人気想定勢を外せている部分もありますので、ボックスでのハマリ待ち作戦を展開します。
今回は、以下の3連複、馬連、ワイド計87点(10,000円)勝負とします。
もともとフルゲートの実力拮抗メンバーとの印象に加え、血統指数算出も波乱方向を示唆、ということでハイリターン狙いの今回となりましたが、結果は果たして!?


【孫権のスワンS勝負馬券】


3連複ボックス
①③⑥⑦⑪⑫⑬⑰
56点×100円=5,600円

馬連ボックス
①③⑥⑦⑪⑫⑬⑰
28点×100円=2,800円

ワイド通常
③-⑫
1点×600円=600円
⑦-⑫
1点×500円=500円
③-⑦
1点×500円=500円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】スワンS2023 U指数トップで千四スペシャリストのグレナディアガーズに注目! 2023年10月27日(金) 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!スワンS・U指数予想をお届けします!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

2020年はU指数15位で11番人気のカツジが1着、2022年は13位で10番人気のララクリスティーヌが2着と、近年は指数下位の伏兵の激走が見られるが、長いこのレースの歴史を振り返るとこれらは例外と考えていい。スワンSは基本的に人気の有無にかかわらずU指数上位馬が強いレースで、低指数ながらも馬券圏内に絡む馬はたいてい上位人気と相場が決まっている。現に2021年は、3位以内の2頭がワンツーを決め、古馬初対戦の3歳馬ゆえに18位に甘んじるも、3番人気と高い支持を集めていたホウオウアマゾンが3着に入った。ゆえに今年もセオリー通りのアプローチで予想に臨みたい。

まず注目するのはU指数1位になっている⑧グレナディアガーズ(100.0)。今年に入ってからの成績は冴えないが、千四における強さは文句なしで、G2なら能力的に主役級の評価を与えることができる。過剰に人気を集めることのない今回は、馬券的に絶好の狙い目になりそうだ。

3位⑭インダストリア(98.4)も警戒が必要な1頭。中山でのパフォーマンスが際立っているものの、右回り自体が得意な印象で、血統やレースぶりからも初となる千四はおそらく歓迎のクチ。前走はいいところなく敗れたが、巻き返しの可能性は十分にある。

ほかでは、今年に入って本格化した感のある6位タイ⑨アヴェラーレ(96.7)と、人気を集めることが予想される3歳馬の9位タイ②ルガル(96.3)の名前を挙げておく。

【U指数予想からの注目馬】
グレナディアガーズ ⑭インダストリア ⑨アヴェラーレ ②ルガル

[もっと見る]

⇒もっと見る

インダストリアの関連コラム

閲覧 2,671ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 ユニコーンステークス 2022年06月19日(日) 東京ダ1600m


<ピックアップデータ>

【前走のコースが国内だった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(2018年以降)】
×3番手以内 [1-0-1-19](3着内率9.5%)
○4~10番手 [3-4-3-15](3着内率40.0%)
×11番手以下 [0-0-0-13](3着内率0.0%)

 脚質が明暗を分けそう。2018年以降の3着以内馬12頭中10頭は、前走の4コーナー通過順が4~10番手でした。極端な競馬をした直後の馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→インダストリアバトルクライ
主な「×」該当馬→コンシリエーレハセドン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件がG1以外、かつ前走の着順が3着以内」だった馬は2018年以降[3-3-4-35](3着内率22.2%)
主な該当馬→コンシリエーレハセドンバトルクライ

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2022年5月6日(金) 15:30 TARO
【TAROの競馬研究室】ファン心理がオッズを作る~反省の天皇賞(春)/NHKマイルカップ展望
閲覧 2,033ビュー コメント 0 ナイス 4

天皇賞(春)は終わってみれば2強決着。ともに8枠に入ったことで少し穴党の心が揺さぶられたが、終わってみれば順当な決着だった。

予想の方はといえば、本命に◎テーオーロイヤル、対抗に○ディープボンド、3番手に▲タイトルホルダーとしたものの大ハズレ。印は打っても買い方までトータルで考えないと勝てない…と私自身よく話しているのだが、まさに自らの身をもってそれを証明してしまった。

もっとも、テーオーロイヤルは2着までに来ると信じて馬連をメインで買ったので後悔はない。後悔はないのだが…改めてレース後にオッズを見て、少し詰めが甘かったかと反省することとなった。

~人気2頭が8枠に入り心がざわついたのは自分だけではない

冒頭で、

「8枠に入ったことで少し穴党の心が揺さぶられた」

と書いたが、それは私だけではなかったようだ。当初は2強対決、3頭目探しが焦点…と考えられていたと思うが、ともに8枠に入ったことで少し揺らぎ始めた。それはオッズにも反映されたようで、終わってみれば2頭に加えて4番人気のテーオーロイヤルという堅い決着にもかかわらず、3連複は15.8倍、3連単は69.7倍。このオッズをどう感じるかは人それぞれだろうが、個人的には結構ついたなという印象を持った。

さらに驚いたのはテーオーロイヤルからのワイドの配当だ。ディープボンドとのワイドは5.0倍、タイトルホルダーとのワイドはなんと9.5倍”も”ついた。これもまたどう感じるかは人それぞれだろうが、人気2頭と、そして穴馬でもなく、むしろ2頭に対抗する筆頭候補と考えていたテーオーロイヤルでこれだけつけたのは少々意外でもあった。

しかし、オッズが直前で大きく動く平場ならともかく、G1においては前日段階である程度わかるものだ。それを見落としてしまったのだから自己責任としか言いようがない。今後への反省として胸に刻んでおきたいのは、オッズはファン心理が作るということだ。

わかりやすいところでいえば、ソダシが挙げられる。ソダシは白毛ということもあり非常に人気も知名度もある馬だが、だからこそ単勝が売れ、逆に複勝やワイドは売れない傾向が強い。フェブラリーSを見ても明らかに単勝だけが売れており、単勝は4番人気ながら、複勝は7番人気。カフェファラオからのワイドに至っては、上位から7番目の組み合わせ、つまり実質8番人気だったのだ。

今回の天皇賞(春)でも、2頭がともに8枠に入ったことがファンの心理に与えた影響は大きく、結果的には当初予想されていた以上についた印象だ。もちろんそれだけ8枠はロスを被るリスクがあったのも事実で、一概にすべてつきすぎたと言えるわけではなく、むしろ嫌われることが正しいケースも多々あるのだが、少なくとも今回に関しては当初のイメージ以上につくのだから、普通に購入する手もあった。

もう過ぎてしまったことは仕方ないが、競馬におけるタラレバは、回顧をする上で重要な要素。同じような失敗をしないように、ファン心理を想像しながらオッズを眺める習慣をつけたい。それができた時に初めて、今回のハズレも無駄ではなかったと自分でも消化できる気がする。

では、今回も先週の競馬から次走狙えそうな馬を一頭挙げておきたい。

【次走狙い馬】グランオフィシエ(土曜東京10レース・府中S/4着)

今回は明らかに大外枠が響いた形で、力負けではない。これまでのパフォーマンスからも能力は明らかに現級上位。加えてセンスもあり不発が少ないのは強み。順調ならば、次走は順当に巻き返す可能性が高いはずだ。

~NHKマイルカップ展望

さて、今週末はNHKマイルカップ。かつてはシーキングザパールエルコンドルパサークロフネキングカメハメハといった名馬を輩出したレースだが、今年は近年の傾向通り混戦模様。ココでは、例によって注目馬を一頭挙げて締めたい。

インダストリアダミアン・レーン騎手)

狙いたいのはインダストリア。前走の弥生賞は距離延長で掛かってしまい、4コーナーでは大きく外に張り出すロスがあった。もともと掛かるタイプで距離延長よりも短縮向き。今回ジュニアカップを快勝したマイルに戻るのは大きなプラスだろう。加えてレーン騎手が乗れるのも強みで、追い比べに強く多少ズブいくらいの馬を動かせるタイプなので本馬とは手が合うはず。スタートを決めて流れに乗れれば、好勝負になるはずだ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年5月4日(水) 16:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック NHKマイルC2022
閲覧 2,197ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


5月8日(日) 東京11R 第27回NHKマイルC(3歳G1・芝1600m)


【登録頭数:21頭】(フルゲート:18頭)


<前走:ニュージーランドT出走馬>(中3週)

ジャングロ(1着、460kg(-4kg))<B>【優先出走馬】
2走前のパドックでは緩い感じもあったが、前走時は締まりがあり好馬体。この中間は、1週前は金曜日に速い時計が出ていて引き続き状態は良さそう。

マテンロウオリオン(2着、486kg(±0kg))<B>【優先出走馬】
2戦目からパドックでテンションが高く、2人引きでの周回が続いている馬。この中間も、中3週であまり強くは追いたくないところだが、馬なりでの調整でCW、坂路と好時計も出ている。休み明け2戦目での上積みが窺える。

デルマグレムリン(7着、434kg(-4kg))<C>※除外対象馬
この中間も追い切りでは好時計が出ていて、強めに追われた1週前の動きからも出来は悪くなさそう。




<前走:アーリントンC出走馬>(中2週)

ダノンスコーピオン(1着、458kg(±0kg))<A>【優先出走馬】
前走時は乗り込み豊富で、直前の坂路での追い切り時計も良かった。中2週とこれまで経験したことがない間隔でのレースになる今回。前走時にしっかり乗り込まれていてこの中間も土曜日に坂路で終い好時計が出ていることから、出来は引き続き良好だろう。

タイセイディバイン(2着、516kg(+2kg))<C>【優先出走馬】
もともと坂路で速い時計の出る馬だったが、ここ2戦短い距離にシフトして良さが出た。ただ1週前追い切りは軽めの調整となっていて、疲れも残っているかもしれない。

キングエルメス(3着、494kg(+2kg))<B>【優先出走馬】
骨折明けの前走時は、これまで以上に入念な乗り込みで坂路での時計もしっかり出ていた。間隔も詰っているので1週前は金曜日に軽めの調整。前走のパドックでは太め感なく仕上がり良く見せていたので、反動はなさそう。

ディオ(5着、480kg(+2kg))<C>※除外対象馬
前走時のパドックでは、後ろを歩いていた勝ち馬と比べるとまだまだの馬体に映った。一気に良くなることはないとは思うが、そんな中でもここ2戦は、重賞で勝ち馬からそれほど離されず連続掲示板と悪くない成績。能力はそこそこありそう。

カワキタレブリー(11着、432kg(±0kg))<E>【収得賞金順⑬】
2歳時に使い込まれての前走休み明けだったが、馬体も細くイレ込んでいて馬体の成長は感じられず。この中間は間隔も詰まり、小柄な馬で速い時計もなく、変わり身なし。




<前走:ファルコンS出走馬>(中2週)

プルパレイ(1着、494kg(+2kg))<C>【収得賞金順②】
前走から中6週とこれまでとほとんど変わらないローテーションでのレースとなるが、この中間はこれまでと比べると少し乗り込み量に乏しい。間隔に余裕がある割にといった感じのこの調整というのは、プラスよりはマイナスに働きそう。

オタルエバー(3着、470kg(+14kg))<D>【収得賞金順⑫】
休み明けの前走時は、馬体増もパドックでは太め感はなく馬体が戻った感じだった。ただ、乗り込み量が少ない中での3着好走明けとなるこの中間、間隔がそこそこある割にこの馬としては平凡な時計が並ぶ。上積みよりは反動のほうが出ているような感じ。

トウシンマカオ(5着、452kg(+2kg))<C>【収得賞金順③】
この中間も南Wで好時計が出ているが、長めからになるとかなり行きたがる面を見せている。速い時計が出ているというよりは、出てしまっていると言ったほうが正解か。短い距離が向く馬なので、調教で抑えが効かないとレースではさらにコントロールが難しくなるだろう。




<前走:その他のレース出走馬>

ソネットフレーズ(デイリー杯2歳S:2着、466kg(±0kg)6ヶ月)<D>【収得賞金順⑨】
クイーンCを使えず、半年ぶりのレースがここと調整の狂いはかなりマイナス。1週前の時計も平凡で、行きたがる感じで力みもあり不安材料が多い。

セリフォス(朝日杯FS:1着、486kg(±0kg)4ヶ月半)<A>【収得賞金順①】
2歳時は新馬戦から朝日杯FSまで4戦したが、デビューも早く無理のないローテーションでレースを使ってきていて、消耗は抑えられていたと思う。今回はぶっつけでのG1挑戦となるが、詰めて使うよりは良いパフォーマンスが出せるはずとみている。この中間も乗り込み豊富で、2週前、1週前と長めから強く追われていて仕上がりは良さそう。



ステルナティーアチューリップ賞:11着、440kg(+8kg)中8週)<B>【収得賞金順⑩
前走(チューリップ賞)は、馬体こそ増えていたが全体的には細い感じで、パドックでもうるさい面が出ていた。桜花賞には向かわずこちらに回ってきたが、関西への輸送もなく間隔も空いているのでプラス材料は多い。1週前追い切りではスピード感のあるきれいな走りを見せていて好状態を感じさせる。

インダストリア(弥生賞:5着、488kg(-6kg)中8週)<B>【収得賞金順⑥】
弥生賞から少し間隔を空けてマイル路線にシフトしてきた。1週前追い切りでは、レーン騎手が騎乗して最後手前を替えてからもうひと伸びして時計も優秀と、仕上がりの良さが伝わってくるものだった。



ドーブネ(スプリングS:6着、472kg(-8kg)中6週)<C>【収得賞金順⑪】
前走時は馬体が減っていて、パドックでの落ち着きもなかった。プリンシパルSに出走する予定のようだが、この中間も1週前に強めに追われて前走時と同じような時計は出ていて、調子落ちはなさそう。

ソリタリオ(スプリングS:10着、478kg(-4kg)中6週)<C>【収得賞金順④】
未勝利勝ち後は、こうやまき賞(1週前CW)、シンザン記念(最終追いCW)と追い切り内容を変えていたが、前走時は坂路(1週前)、坂路(最終追い)ともとに戻していた。この中間は、1週前を再びCWに変更してきたが、併走遅れもありまだ調子は戻っていないか。

アルーリングウェイ桜花賞:8着、454kg(±0kg)中3週)<D>【収得賞金順⑤】
前走の桜花賞では◎にした馬だが、馬体が増えておらずトモも寂しく、成長力がない感じだった。この中間、間隔は詰まるが前走の馬体を見るに上積みは厳しそう。

フォラブリューテ桜花賞:14着、442kg(+2kg)中3週)<D>【収得賞金順⑦】
前走(桜花賞)時は、休み明けにもかかわらず馬体増も少なく、非力で力強さが感じられなかった。この中間も間隔が詰まっていて、上積みは期待できない。

ダンテスヴュー皐月賞:10着、456kg(+6kg)中2週)<C>【収得賞金順⑧】
皐月賞から中2週での参戦となるが、前走時でまだ締まりそうな馬体。この中間は、木曜日に坂路で追い切られていて動きは悪くなかったが、ガラッと変わった感じもない。

セイクリッド(未勝利:1着、452g(-2kg)中2週)<D>※除外対象馬
前走ダートで未勝利勝ち。中2週での芝替わりだが、速い時計も出しておらず、好走する条件がない。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、セリフォスダノンスコーピオンの2頭をあげておきます。



◇今回は、NHKマイルC編でした。
コロナ過になる前、NHKマイルC当日にはその年の大河ドラマに出演している俳優さんが、表彰式に来場するという場面が毎年のように見られていました。今年は私の好きな三谷幸喜さん脚本の『鎌倉殿の13人』( https://www.nhk.or.jp/kamakura13/index.html )が放送されていて、毎週楽しみに観ています。競馬とはあまり関係ありませんが、『鎌倉殿の13人( https://youtu.be/af67R0bHCgw )』では、第1話から馬に乗るシーンが多くあり、主演の小栗旬さんも乗馬クラブにかなり多く通い、インストラクターからは「特技:乗馬と答えても良いですよ」と言われるほど乗りこなせるようになったと、インタビューで答えていました。他にもドラマの語りを今年のJRAのCMに出演している長澤まさみさんが務めていたり、昨年までイメージキャラクターを務めていた中川大志さん、マツケンアリマの松平健さん、ほかにも競馬好きな俳優さんたちも多く出演していて、どこか競馬との繋がりを感じてしまいます。何と言っても、主演がオグリさんですから(^^;
今年のNHKマイルCでは、『鎌倉殿の13人』の⑬、三谷幸喜さんの③とこのあたりの数字は予想以外でも遊びで買って楽しむのも……、なんて思ってみたりして!?

※NHKマイルC出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2022年5月1日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年05月01日号】特選重賞データ分析編(304)~2022年NHKマイルカップ
閲覧 2,436ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 NHKマイルカップ 2022年05月08日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【前走の条件がG1以外だった馬の、前走の着順ならびに前走の1位入線馬とのタイム差別成績(2019年以降)】
×着順が1着  [0-0-0-14](3着内率0.0%)
○着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.3秒以内 [2-1-3-8](3着内率42.9%)
×着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.4秒以上 [0-0-0-18](3着内率0.0%)

 前走の条件がG1だった馬は2019年以降[1-2-0-5](3着内率37.5%)。一方、前走の条件がG1以外だった馬のうち、その前走を勝ち切った馬、その前走で1位入線馬に0.4秒以上のタイム差をつけられていた馬は上位に食い込めていません。大敗直後の馬はもちろん、前哨戦を勝ち切った馬も扱いに注意すべきでしょう。

主な「○」該当馬→インダストリアマテンロウオリオン
主な「×」該当馬→ダノンスコーピオンプルパレイ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「生産者がNorthern Farm・ノーザンファーム」の馬は2019年以降[2-3-3-19](3着内率29.6%)
主な該当馬→インダストリアダンテスヴュー

[もっと見る]

2022年3月3日(木) 12:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 弥生賞ディープインパクト記念2022 
閲覧 1,340ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



3月6日(日) 中山11R 第59回報知杯弥生賞ディープインパクト記念(3歳 G2・芝2000m)


【登録頭数:12頭】(フルゲート:18頭)

ドウデュース(前走496kg(-10kg)、中10週)<B>
休み明けのこの中間は、併せ馬で内に併せて強めの調整。CW・坂路と終い速い時計は出ているが、追われてから重心が高い走りになっている。前走時のような状態までは、まだ出来てきていないか。本番前の叩き台で、やや余裕残しの印象。

マテンロウレオ(前走476kg(-2kg)、中3週)<A>
きさらぎ賞から中3週で迎える。1週前追い切りでは坂路をスイスイと駆け上がり、力強さはないもののバネがある感じで、出来は引き続き良さそう。

ジャスティンロック(前走488kg(-2kg)、3ヵ月半)<A>
休み明けで、この中間も乗り込み量は豊富。土曜日にしっかりした追い切りを行う厩舎で、3週連続併せ馬で先着。終いの時計も優秀で仕上りは良さそう。

インダストリア(前走494kg(+10kg)、中8週)<B>
前走は全体的にそれほど良くは見えなかったが、それでも直線一気の脚で力が違った。この中間も南Wで好時計が出ていて状態面での上積みは感じる。一瞬の切れる脚がある馬なので、早仕掛けにならなければ最後は伸びてきそう。

リューベック(前走490kg(+18kg)、中5週)<A>
休み明けの前走時は追い切りでも好時計が出ていて、パドックでもリラックスしている感じで仕上りは良かった。この中間も追い切りには池添騎手が騎乗して3週連続CWで好時計と、さらなる上積みが窺える。

ロジハービン(前走528kg(+2kg)、中6週)<C>
休み明け。追い切りの動きを見るとまだ重い感じで、終い伸びきれず。

ラーグルフ(前走496kg(+14kg)、中9週)<C>
前走は休み明けで追い切りでは好時計が出ていたが、パドックではまだ馬体に余裕がある感じだった。この中間も休み明けの一戦となるが、1週前の動きを見るとこちらも重さが抜けきらない動き。

アスクビクターモア(前走478kg(+10kg)、中8週)<A>
休み明けの前走を勝って、この中間も南Wで好時計が出ている。動きを見ても重心が低い走りで力強さもあり、前走以上の出来への期待感あり。

ボーンディスウェイ(前走494kg(+4kg)、中9週)<B>
間隔が詰まってのレースでは成績が良くないが、それでも前走はG1で勝ち馬から0.5秒差の5着と好走。この中間は中9週のローテとあって、2週前、1週前と南Wで併せて終い好時計で先着と、前走以上の内容。

アケルナルスター(前走454kg(±0kg)、中2週)<B>
前走時は追い切りもパドックも悪い感じはなかったが、終いの脚が使えなかったので道悪が影響したのかもしれない。中2週のこの中間は、日曜日に坂路で時計を出していて、調子落ちは感じられない。

ジャスパージェット(前走480kg(+6kg)、中1週)<D>
年明けから3戦使い詰めで前走から中1週と厳しいローテーション。芝で相手も強くなり、前走以上に厳しい戦いになる。

メイショウゲキリン(前走506kg(-4kg)、中3週)<B>
前走は急遽参戦もマイペースの競馬で粘り込み3着。大きな馬で前走時のパドックではまだ硬さも残した感じで、まだまだ良くなる余地はありそう。


※中間の状態からの本コラム推奨馬は、リューベックジャスティンロックアスクビクターモアマテンロウレオの4頭をあげておきます。



<出走予定馬の近走追い切り参考VTR(札幌2歳S/京都2歳S/朝日杯FS/ホープフルS/きさらぎ賞)>

<札幌2歳S>


<京都2歳S>


<朝日杯FS>


<ホープフルS>


<きさらぎ賞>




◇今回は、弥生賞編でした。
今年の弥生賞のメンバーを見ると頭数は12頭と多くはないものの朝日杯FSの勝ち馬ドウデュースを筆頭に京都2歳S、きさらぎ賞の重賞勝ち馬。オープン特別からもジュニアCに若駒Sの勝ち馬とホープフルS上位馬にその他の路線での好走馬と皐月賞、ダービー出走を目指してかなり激しい戦いになりそうです。中間の状態を見ると出来の良さそうな馬が多くトライアル戦はこうであってほしいと思う好メンバーで本番に向けて今年は楽しみな一戦となりそうです。

弥生賞ディープインパクト記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2022年2月27日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年02月27日号】特選重賞データ分析編(295)~2022年弥生賞ディープインパクト記念
閲覧 1,918ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 報知杯 弥生賞ディープインパクト記念 2022年03月06日(日) 中山芝2000m内


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2016年以降)】
×1戦以内 [0-1-0-6](3着内率14.3%)
○2~4戦 [5-5-6-23](3着内率41.0%)
×5戦以上 [1-0-0-18](3着内率5.3%)

 キャリアが豊富過ぎる馬は不振。条件クラスのレースを勝ち上がるのに時間がかかった馬など、出走数が5戦以上に達している馬は過信禁物と見るべきでしょう。なお、近年は新馬を勝ち上がった直後の馬もやや苦戦していました。

主な「○」該当馬→インダストリアジャスティンロックラーグルフロジハービン
主な「×」該当馬→ボーンディスウェイメイショウゲキリン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走のコースがJRA、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が4位以内」だった馬は2016年以降[5-6-5-27](3着内率37.2%)
主な該当馬→インダストリアジャスティンロックロジハービン

[もっと見る]

⇒もっと見る

インダストリアの口コミ


口コミ一覧

重賞回顧 スワンS

 競馬戦略研究所所長 2023年10月31日(火) 09:08

閲覧 90ビュー コメント 0 ナイス 1

2023年10月28日 京都 11RMBS賞スワンS(G2)

◎:5枠 9番 アヴェラーレ
◯:4枠 8番 グレナディアガーズ
△:1枠 2番 ルガル
△:5枠 10番 メイショウソラフネ
△:7枠 14番 インダストリア

大波乱となったレースですが、人気馬が全て差し馬となると、得てして今回のように前残りの競馬になることがあります。これは人気馬がけん制しあい、仕掛けが遅れてしまうこと。もう一つはマークした人気馬の凡走。今回は所長◎の人気馬アヴェラーレの仕掛け遅れが要因ではないか?テン乗りの川田騎手の間隔と、馬の間隔のずれで、思いのほか動かず、4角手前から動きはしたものの、コースロスもあり伸び切れず。番手で構えていた人気薄のウイングレイテストが、まんまと粘りこみ優勝。距離短縮も手伝い最後まで持たせました。

 2着も好位から進めたララクリスティーヌ。脚は残っていましたがクビ差まで詰めるのがやっと。それでも力があるところを見せてくれました。

 3着には後方から突っ込んできたロータスランド。この馬も人気馬を見切るのがもう少し早ければ際どかったかもしれません。

所長◎のアヴェラーレは次走、仕切り直しで狙いたい馬です。敗因はテン乗りで合わなかっただけで、次が川田騎手でも、元に戻っても習いたいと思います。

 DEEB 2023年10月28日() 17:29
恥ずかしい馬予想2023.10.28[結果]
閲覧 98ビュー コメント 0 ナイス 2

東京10R 紅葉ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)[指定]
◎ 3 ラスール…3着
○ 8 バルサムノート…5着
× 6 ☆シュヴェルトライテ…7着
[結果:ハズレ×]

東京11R アルテミスステークス GⅢ 2歳オープン(国際)牝(指定)
◎ 4 チェルヴィニア…1着
○ 2 ショウナンマヌエラ…5着
▲ 8 サフィラ…2着
[結果:アタリ△ 馬連 4-8 350円]

京都 8R 萩ステークス (L) 2歳オープン(国際)(特指)
◎ 7 ボルケーノ…除外
○ 1 デルシエロ…4着
▲ 5 ルシフェル…1着
[結果:ハズレ×]

京都10R 御陵ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 6 ミラクルティアラ…2着
○ 8 キュールエフウジン…4着
▲ 3 マルブツプライド…6着
△14 セイクリッドゲイズ…9着
× 2 ジュタロウ…7着
[結果:ハズレ×]

京都11R MBS賞スワンステークス GⅡ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 9 アヴェラーレ…7着
○15 ララクリスティーヌ…2着
▲14 インダストリア…8着
△ 2 ルガル…4着
× 1 エクセトラ…11着
×12 ルージュスティリア…13着
[結果:ハズレ×]

新潟 1R 障害3歳以上未勝利(混合)
◎ 7 ランドオブリバティ…中止
○ 2 プンタアレナス…1着
☆11 タケルラスティ…10着
[結果:ハズレ×]

新潟 4R 障害3歳以上オープン(混合)
◎ 9 ヴィアメント…6着
○10 ウィンドリッパー…1着
▲11 ディアマンミノル…7着
△ 8 キスラー…11着
× 7 アストラエンブレム…4着
[結果:ハズレ×]

新潟10R 清津峡特別 3歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎14 ウインモナーク…3着
○ 7 エールレヴリー…2着
▲15 リラックス…13着
△ 4 ヨール…6着
×10 ヤマニンアンフィル…5着
×18 ☆フラッシュアーク…16着
[結果:ハズレ×]

新潟11R 魚沼ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 2 エーデルブルーメ…5着
○ 6 ルドヴィクス…6着
▲10 マイネルモーント…4着
△ 1 バレエマスター…8着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:9戦0勝8敗1分]
ダメでした。

[もっと見る]

 末三 2023年10月28日() 11:36
ゆっくりまったりともういっちょ・・・ 末三の第66回スワン...
閲覧 113ビュー コメント 0 ナイス 4

今日の昼間はゆっくりまったりとしている末三です。

 (;^_^A


では、ゆるりと調教評価と予想でも。

 ''`ィ(´∀`∩


土曜 京都 11R 第66回 スワンステークスより

【末三調教評価】

A評価 ・・・ アヴェラーレ ウイングレイテスト タマモブラックタイ

B評価 ・・・ インダストリア グレナディアガーズ トウシンマカオ

C評価 ・・・ ごめんなさい、その他の出走馬たち。


【末三予想】

◎  3 番 ウイングレイテスト

○  8 番 グレナディアガーズ

▲  9 番 アヴェラーレ

馬券は3連複6頭ボックス3-8-9-5-14-4番で

さぁ、それでは張り切っていってみよっ

 (* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

[もっと見る]

⇒もっと見る

インダストリアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
4:
  HELPRO   フォロワー:2人 2023年9月10日() 15:49:42
宮田、分を知ってるね!
3:
  HELPRO   フォロワー:2人 2022年6月20日(月) 11:48:55
今回の出遅れは全くの想定外だったが外人騎乗でこの態では取り付く島もない。確かにレーンは両極端な騎乗をするのでやる気のある時と無い時では全く箸にも棒にも掛からぬ騎乗をするが今回の出遅れは馬の限界値を提示するモノ。良い馬が徐々に集まって来ている宮田厩舎にとっては良い意味で「試練」と成ってしまったが同馬よりも大事な馬を任される時が必ず来るので気負いせず頑張って欲しい。
2:
  HELPRO   フォロワー:2人 2022年5月8日() 15:48:55
厩舎の実力通りの結果。宮田如きが良い馬を育てられる技術がまだ足りない。分不相応なレーンが負ける事で日本人鞍上が下手じゃないとJRAが必死に宣伝してるのが憐れ。

⇒もっと見る

インダストリアの写真

インダストリアの厩舎情報 VIP

2023年10月28日MBS賞スワンS G28着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

インダストリアの取材メモ VIP

2023年10月28日 MBS賞スワンS G2 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。