ブラックホーク(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 1994年5月14日生
調教師国枝栄(美浦)
馬主金子 真人
生産者Watership Down Stud
生産地
戦績28戦[9-8-6-5]
総賞金65,267万円
収得賞金13,035万円
英字表記Black Hawk
血統 Nureyev
血統 ][ 産駒 ]
Northern Dancer
Special
Silver Lane
血統 ][ 産駒 ]
Silver Hawk
Strait Lane
兄弟
前走 2001/06/03 安田記念 G1
次走予定

ブラックホークの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
01/06/03 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1881720.191** 牡7 58.0 横山典弘国枝栄528(0)1.33.0 -0.234.8⑪⑮ブレイクタイム
01/05/13 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 186122.513** 牡7 59.0 横山典弘国枝栄528(-2)1.20.2 0.134.8④④スティンガー
01/03/25 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 187134.032** 牡7 57.0 横山典弘国枝栄530(-2)1.08.5 0.134.6⑦⑧トロットスター
01/02/25 阪神 11 阪急杯 G3 芝1200 14332.312** 牡7 59.0 横山典弘国枝栄532(-6)1.08.8 0.134.3⑥⑦ダイタクヤマト
00/12/16 中京 11 CBC賞 G2 芝1200 16484.522** 牡6 59.0 横山典弘国枝栄538(+6)1.08.1 0.234.2④⑤トロットスター
00/11/19 京都 11 マイルCS G1 芝1600 188184.928** 牡6 57.0 横山典弘国枝栄532(+8)1.33.2 0.635.5⑦⑧アグネスデジタル
00/10/01 中山 11 スプリンタS G1 芝1200 16124.223** 牡6 57.0 横山典弘国枝栄524(+2)1.08.8 0.235.3⑧⑧ダイタクヤマト
00/09/10 阪神 11 セントウルS G3 芝1200 167142.412** 牡6 59.0 横山典弘国枝栄522(0)1.07.6 0.033.4⑩⑩ビハインドザマスク
00/06/04 東京 11 安田記念 G1 芝1600 18484.929** 牡6 58.0 横山典弘国枝栄522(-4)1.34.6 0.735.1⑪⑪フェアリーキングプ
00/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 187134.422** 牡6 59.0 横山典弘国枝栄526(-8)1.21.3 0.334.8スティンガー
00/03/26 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 178162.214** 牡6 57.0 横山典弘国枝栄534(+10)1.08.7 0.135.2④⑥キングヘイロー
00/02/27 阪神 11 阪急杯 G3 芝1200 12331.611** 牡6 58.0 横山典弘国枝栄524(-10)1.08.7 -0.234.3ディヴァインライト
99/12/19 中山 11 スプリンタS G1 芝1200 165103.821** 牡5 57.0 横山典弘国枝栄534(+10)1.08.2 -0.034.7⑤④アグネスワールド
99/11/21 京都 11 マイルCS G1 芝1600 187153.823** 牡5 57.0 武豊国枝栄524(+4)1.33.2 0.434.9⑥⑤エアジハード
99/10/30 京都 11 スワンS G2 芝1400 12681.611** 牡5 57.0 蛯名正義国枝栄520(-4)1.20.2 -0.333.6ブロードアピール
99/09/12 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 16231.813** 牡5 57.0 柴田善臣国枝栄524(-6)1.32.9 0.135.6サンライズアトラス
99/08/08 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 187145.832** 牡5 56.0 蛯名正義国枝栄530(+12)1.32.0 0.435.7リワードニンファ
98/06/14 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1771311.5211** 牡4 58.0 後藤浩輝国枝栄518(0)1.39.5 2.038.8⑦⑩タイキシャトル
98/05/16 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 167138.643** 牡4 56.0 後藤浩輝国枝栄518(0)1.20.7 0.635.0⑤⑥タイキシャトル
98/04/11 中山 11 ダービー卿T G3 芝1600 11223.821** 牡4 56.0 岡部幸雄国枝栄518(-6)1.34.3 -0.334.6⑤④ケイワンバイキング

⇒もっと見る


ブラックホークの関連ニュース

 第49回ダービー卿チャレンジトロフィー(1日、中山11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・外1600メートル、1着本賞金3900万円 =出走16頭)ハンデ56キロを背負った5番人気のロジチャリスが、スローペースを味方に2番手から力強く抜け出し、重賞初制覇を飾った。タイム1分34秒7(稍重)。今後は安田記念(6月4日、東京、GI、芝1600メートル)に向かう公算が大きい。1/2馬身差の2着が1番人気キャンベルジュニア。さらにハナ差の3着には2番人気グランシルクが入った。

 モーリスが去った後の戦国マイル界に巨漢の新星が現れた。560キロの馬体に大物感を漂わせるロジチャリスが、2番手から鮮やかに抜け出し、4度目の挑戦でついに重賞タイトルをゲットだ。

 「大きな走りをするので、前に行けば最後まで止まらない。先行グループで競馬をしようと思っていたし、行く馬がいなければ、ハナでもいいという気持ちだった」

 初コンビながらプラン通りのレース運びで持ち味を引き出した、内田騎手は誇らしげな表情だ。

 内枠(3)番からトップスタートを決め、手綱を押して2番手をキープ。前半3ハロン36秒2の遅い流れでも、折り合いはぴたりとつき、余力十分で直線へ向いた。1番人気のキャンベルジュニアが外から並びかけてきても鞍上は自信満々。「並んでもらった方がやる気を出してくれるし、競り負けはしないと思った」と右ムチを振るうと、逆にグイッと引き離した。

 国枝調教師は「うまく乗ってくれた。最後も追い負けなかったし、気迫なんじゃないの」と鞍上の手綱さばきを絶賛した。トレーナーにとってダービー卿チャレンジTは縁の深いレース。「(1998年)ブラックホークで初重賞だったんだよ」と、今では39勝まで積み重なったJRA重賞勝利の一歩目を思い出す。そのブラックホークが近親にあたるロジチャリスで勝てたのも、感慨ひとしおだ。

 「マイルで勝てたし、次は安田記念になるんじゃないかな。まだ成長するし、これからだよ」

 国枝厩舎の礎を築いたブラックホークは春の中山のGIII制覇を足掛かりにGI2勝を挙げるまで名を上げた。5歳を迎えたロジチャリスも、満を持してGIロードに向かう。 (板津雄志)

★1日中山11R「ダービー卿チャレンジトロフィー」の着順&払戻金はこちら

ロジチャリス 父ダイワメジャー、母プラチナチャリス、母の父ロックオブジブラルタル。栗毛の牡5歳。美浦・国枝栄厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は久米田正明氏。戦績16戦6勝。獲得賞金1億4527万2000円。重賞初勝利。ダービー卿CTは国枝栄調教師が1998年ブラックホーク2008年サイレントプライドに次いで3勝目、内田博幸騎手は初勝利。馬名は「冠名+母名の一部」。

【メイクデビュー東京】プレジール2012年10月27日() 05:00

 ◆プレジール(牝、父ブラックホーク、母ミザンセーヌ、母の父コマンダーインチーフ、美浦・粕谷昌央)=27日、東京6R、芝1400メートル、武士沢友治騎手

 【6R】目下、4週連続で勝ち星をマークしている粕谷厩舎。今週は? と尋ねると「勝負ですから、そんなにうまく行きませんよ」と控えめだが、少数精鋭で好勝負が計算できるラインナップ。そのうちブラックホーク産駒の注目の新馬は「あまり強く攻めていませんが、雰囲気はいいですよ。初戦からやれそうなムード」と、上々の感触。速い時計こそないが、併走を中心に丹念な乗り込み。力は出せる状態だ。

[もっと見る]

【京都牝馬S】チェレブリタ、重賞初V 2009年2月1日() 15:52

 1日、京都競馬場で「第44回京都牝馬S」(GIII、芝1600メートル)が行われ、武豊騎手騎乗で6番人気のチェレブリタが、直線で内からスルスルと脚を伸ばし、嬉しい重賞初制覇を飾った。

 2着は外から追い込んだ7番人気レインダンス、3着は1番人気ザレマ

 チェレブリタは、父ブラックホーク、母アカプルコ、母の父アンバーシャダイ。牝4歳で、栗東・荒川義之厩舎所属。通算15戦4勝、2着3回。

 ブラックホーク産駒は2007年のクーヴェルチュールキーンランドC)に続き重賞2勝目。武豊騎手は08年の天皇賞・秋(ウオッカ)以来のJRA重賞制覇。

[もっと見る]

ブラックホークの関連コラム

閲覧 20,086ビュー コメント 0 ナイス 5



安定Cの種牡馬は、一発大物が期待できるけど“ハズレ”も多い……というイメージがあります。





実際に安定Cの種牡馬で生産をしてみると、母の能力を下回る仔が大半で、そうそう“アタリ”の産駒には出会えません。生まれた仔を片っ端から走らせて牧場経営をしていると、ハズレの多い安定Cより、全体的に活躍する仔の多い安定BやAを使いたくなります。

安定Cの産駒は実際のところどれくらい期待できるのか、データを採ってみました。



安定C・実績Bの種牡馬では……

まず一般的なケースで、安定C・実績Bの種牡馬での産駒データです。★3のブラックホークを使って生産をしました。配合の環境は、完璧な配合+速力クロス1本です。

4頭の繁殖牝馬にブラックホークを付けて、各9頭ずつ産駒を生産しています。


※コメント1
スピード:スピードタイプの馬ですね
万能  :万能型の馬ですね

※コメント2
タイトル:将来はいくつかのタイトルも狙えるでしょうね
重賞  :将来は重賞も狙えると思いますよ
良い馬 :良い馬に育ってくれそうですね
割と  :将来は割と期待できるかもしれませんね



大半の仔は母の能力(スピードD・スタミナC~D)を下回っています。が、その中で2頭ほど、スピードが爆発したと思われる仔が、繁殖牝馬CとDから生まれています。

代重ね中で確実に跡継ぎを作りたい……というような目的には向きませんが、じっくりと生産を繰り返せる状況なら、大物を狙う楽しみがありそうです。



安定C・実績Aの種牡馬では……

もうひとつ、実績Aの種牡馬でもデータを採ってみました。安定C・実績Aの種牡馬は5頭だけで、その中で★4オペラハウスを使って生産をしています。

配合環境は前述の実績Bと同じく完璧な配合。それに底力クロスが1本成立しています。


※コメント1
スピード:スピードタイプの馬ですね
凄い素質:これはすごい素質の馬ですね

※コメント2
タイトル:将来はいくつかのタイトルも狙えるでしょうね
GⅠ   :将来はGⅠも狙えるでしょう



実績Bのときとはだいぶ違います。スピードD・スタミナDという平凡な能力の母から、スピードBの仔が安定して生まれています。

能力がやや高い繁殖牝馬Aからは「凄い素質」のコメントの馬も生まれました。





安定Cとは思えない安定っぷりですね。これは実績Aの恩恵なのか、★4と★3の違いなのか。

こうした結果も踏まえ、安定Cで能力の爆発した産駒を狙いたいところです。



★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版




○執筆者プロフィール
横井 顕(よこい・けん)
 ゲームが趣味かつ仕事のフリーライター。1994年に『ダービースタリオンⅡ』の公式全国大会で優勝し、以後ゲーム攻略記事に携わる。『ダービースタリオンⅢ全書』(アスキー出版)、『ダービースタリオン96全書』(アスペクト)など90年代の作品から、最近の『ダービースタリオンGOLD全書』(KADOKAWA)まで、シリーズ全般の攻略記事を執筆。現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年12月21日(水) 19:12 横井顕
【徹底攻略13】完璧な配合の実践~ブラックホークで2代配合
閲覧 21,065ビュー コメント 0 ナイス 1



「完璧な配合」をまたひとつ攻めてみます。

ドリームジャーニー×メゾンフォルティーでの産駒の当たり具合を見ると、完璧な配合には何か秘密がありそうに思えます。

そこで、比較的簡単にできて配合理論も良さそうな完璧な配合をひとつ試してみました(友人に試してもらいました)。

ブラックホーク × (ティンバーカントリー × キャバルリーシング)

2代でできて、種牡馬はどちらも★3で実績B、繁殖牝馬は「良」のスタミナ型。手軽ながらそれなりに能力は揃っている配合です。

そして最終的に完璧な配合+速力クロス1本が成立します。ブラックホークの1200~1800mという短めの距離適性もあり、スピードはけっこう期待できそうです。

■血統表




初代で繁殖牝馬作り

まずティンバーカントリー×キャバルリーシングで繁殖牝馬を作ります。ここでは面白い配合+速力・底力クロス各1本が成立します。

粘ればいい産駒が出るかもしれませんが、繁殖牝馬の年齢的に数回しか生産できないので、とりあえず牝馬が生まれればヨシとしました。





幸い4頭の牝馬が生まれてくれました。能力は以下のとおりです。左からスピード、スタミナ、根性、気性、体質の解析評価です。あまり高くはありませんが、この馬たちを繁殖入りさせて次の代に進みます。
D C B C C
D D C C C
D D C C C
D D C C C



完璧な配合の結果は……

そしてブラックホークを付けて完璧な配合の完成!





4頭の繁殖牝馬に片っ端からブラックホークを付け、合計36頭の産駒をチェックしました。以下がその36頭の能力です。





期待を込めての生産だったのですが、大半の仔はスピードD・スタミナD~Eという残念な結果に。

母の能力が低めだったのが原因でしょうか。母の能力が産駒の能力のベースになるのは、過去のシリーズからの伝統ですしね。完璧な配合を狙いすぎて繁殖牝馬の質が下がってしまっては、元も子もないということになりますか。


一応、1頭だけスピードAも生まれました。能力の低い仔が続く配合でも、粘ればそのうち“アタリ”産駒に出会える……という望みを持っていいかもしれません。


完璧な配合を成立させつつ母の能力も高い配合……それが今後の課題ですね。



★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版




○執筆者プロフィール
横井 顕(よこい・けん)
 ゲームが趣味かつ仕事のフリーライター。1994年に『ダービースタリオンⅡ』の公式全国大会で優勝し、以後ゲーム攻略記事に携わる。『ダービースタリオンⅢ全書』(アスキー出版)、『ダービースタリオン96全書』(アスペクト)など90年代の作品から、最近の『ダービースタリオンGOLD全書』(KADOKAWA)まで、シリーズ全般の攻略記事を執筆。現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。

[もっと見る]

ブラックホークの口コミ


口コミ一覧
閲覧 165ビュー コメント 3 ナイス 30

POGで超人気で超話題!!

◎プロディガルサン(リアルスティールの全弟)

<ディープインパクト×ラヴズオンリーミー(母父)ストームキャット>


早くも6月20日(土)の本日、
東京5R新馬戦を戸崎圭太騎手でデビューです。

単勝1,2倍(複勝1,1~1,1倍)の断トツ1番人気!!
(7時30分現在)

生産は『ノーザンファーム』

馬主はディープインパクト、キングカメハメハ、クロフネ、アパパネ、カネヒキリ、トゥザヴィクトリー、ピンクカメオ、ブラックホーク等を所有していた『金子真人HD』(個人名義時も含む)がセレクトセールで、1億9440万円(税込)で購入。

『金子真人HD』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%AD%90%E7%9C%9F%E4%BA%BA

管理はブラックホーク、マツリダゴッホ、アパパネ、マイネルキッツ、ダノンプラチナの国枝栄先生。

『金子真人HD』&国枝栄先生のコンビは、
・ブラックホーク(スプリンターズS、安田記念)
・アパパネ(牝馬3冠、阪神JF、ヴィクトリアマイル)
・ピンクカメオ(NHKマイルカップ)
・カミノタサハラ(弥生賞)


ディープ×ストームキャットは、今さら説明するまでもないほど有名なニックス配合で、
(ノーザンダンサー5×4×5)

ダービー馬キズナ、桜花賞馬アユサン、エリ女馬(大阪杯でキズナを完封した)ラキシスと同配合。


母がラヴズオンリーミーなので、
今年、2冠馬ドゥラメンテとクラシックを争ったリアルスティールの全弟。
(栗東・矢作芳人厩舎・サンデーレーシング)皐月賞2着、ダービー4着。

ついでに大器と言われながら未だに1600万条件馬のラングレー
(栗東・矢作芳人厩舎・サンデーレーシング)
の全弟でもありますが…。

※ちなみに、ラングレーも本日、東京11RジューンS(1600万下)に出走します。
1番人気ですが、単勝は4,8倍(複勝1,6~2,2倍)
(7時30分現在)


社台の大手『サンデーレーシング』のクラブ馬だった全兄の2頭と違い、
馬主は『金子真人HD』で管理は国枝栄先生(美浦)

牡馬3冠、牝馬3冠、ジャパンカップ、天皇賞春、有馬記念、宝塚記念などG1を勝ちまくる馬ばかり所有している『金子真人HD』

アパパネは、G1を5勝していますが、新馬戦(3着)、G2、G3は全て負けています。
(全7勝中、未勝利→500万以外の5勝がG1)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%91%E3%83%8D

ダノンプラチナも新馬戦は負けていて(2着)その後3連勝でG1朝日杯FS優勝。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%8A

国枝栄先生に管理を任せたということは『金子真人HD』の方針として、
『サンデーレーシング』のような大手クラブ馬と違い、
新馬戦を勝つことに重きを置かず(負けても良い?)
あくまでG1優勝が目的ということなのでしょうか。

※ちなみに社台の大手クラブ『サンデーレーシング』所属の全兄ラングレー、リアルスティールは
ともに新馬戦を勝っています。


ってことは、
◎プロディガルサンは無理に新馬戦を勝たなくてもいい?

ま、ライバルは
2番人気(単勝9,2倍)トレンティーノ(キャプテントゥーレ×エアジハード)
3番人気(単勝13,0倍)マイネルリプケン(ダイワメジャー×フォーティナイナー)
4番人気(単勝18,9倍)サトノオマージュ(ダイワメジャー×ティズナウ)

素質、能力の差だけで楽勝でしょう。

国枝栄先生も
「ゲートを含めて全てに不安のないタイプ。乗り込みは入念だし反応も抜群。期待の大きな血統だけに初戦から結果を出したい」とコメントしてますし。

ま・さ・か…ねえ…。



で、
3回目の落札ポイント(ミリオネアワールド)は、6億4000万ポイント

自分が入札したのは、5億2610万ポイント

良い落としどころだと思ったけど、
1億ポイント以上、足りませんでした…( ;∀;)

http://pog.umanity.jp/search/horse.php?code=2013106128


1人1頭の『スペシャルワールド』は、7億5750万ポイント

最高落札額は『アベレージワールド』3回目で、何と20億ポイント!!!!

マジですか!!∑(*゚ェ゚*)(゜ロ゜)

 TERAMAGAZI 2013年9月26日(木) 21:11
タイキシャトル、デュランダルも負けた!!連覇はバクシンオ... 
閲覧 31ビュー コメント 0 ナイス 2

絶対王者ロードカナロアに勝てる馬はいるのか?

スプリンターズSの考証(第2回)

過去30年で、スプリンターズS連覇を狙った馬の翌年の着順と【勝ち馬・人気】

92年ニシノフラワー→93年3着(3番人気)【サクラバクシンオー・2番人気】

93年サクラバクシンオー→94年1着(1番人気・単勝1,6倍)

95年ヒシアケボノ→96年4着(4番人気)【フラワーパーク・1番人気】

96年フラワーパーク→97年4着(3番人気)【タイキシャトル・1番人気】

97年タイキシャトル→98年3着(1番人気・単勝1.1倍)【マイネルラヴ・7番人気】

98年マイネルラヴ→99年4着(5番人気)【ブラックホーク・2番人気】

99年ブラックホーク→00年3着(2番人気)【ダイタクヤマト・16番人気】

00年ダイタクヤマト→01年3着(2番人気)【トロットスター・4番人気】

01年トロットスター→02年9着(6番人気)【ビリーヴ・1番人気】

02年ビリーヴ→03年2着(1番人気・単勝2,2倍)【デュランダル・5番人気】

03年デュランダル→04年2着(2番人気)→05年2着(2番人気)

04年カルストンライトオ→05年10着(8番人気)【サイレントウィットネス・1番人気】

05年サイレントウィットネス→06年4着(3番人気)【テイクオーバーターゲット・1番人気】

09年ローレルゲレイロ→10年14着(5番人気)【ウルトラファンダジー・10番人気】

11年カレンチャン→12年2着(1番人気・単勝2,5倍)

12年ロードカナロア→13年?

過去30年で15頭が連覇に挑戦→【1・3・4・7】

何と連覇はサクラバクシンオーだけ。

98年、仏G1ジャック・ル・マロワ賞を勝ち、仏エルメス賞(年度代表馬)最優秀古馬に選出され、同年はJRA年度代表馬にみなったタイキシャトルでさえ、単勝1,1倍で3着に負けています。

ちなみにタイキシャトルは重賞8連勝(テイエムオペラオーと並ぶ)のJRA連勝記録を持ち、
全成績→【10・1・1・0】で、フランスの格上マイルG1も勝っているし、
ロードカナロアよりも実績も成績も断然上です。

デュランダルはマイルCS連覇の実績を持つ一流馬でしたが、03年1着→04年2着→05年2着。
生涯最速究極上がり32秒7で追い込んでも2着止まり。

1番人気で連覇に挑戦した馬は、サクラバクシンオー、タイキシャトル、ビリーヴ、カレンチャンの4頭。
各々、1着、3着、2着、2着→【1・2・1・0】

ロードカナロアが、1番人気になるのは確実でしょうから、馬券圏外に落ちることはなさそうです。

でもタイキシャトルが、単勝1,1倍で、マイネルラヴ、シーキングザパールの2頭にアタマ、クビ差の3着と敗れてしまったのは厳然とした事実です。

タイキシャトルに勝ったのはマイネルラヴ

ビリーヴに勝ったのはデュランダル

カレンチャンに勝ったのはロードカナロア

3頭とも種牡馬になっている一流馬。
(ロードカナロアも成績だけでなく、キンカメ×ストームキャットの血統なのでサンデー牝馬に付けられるから
必ず種牡馬になれます。多分成功する)

今年、ロードカナロアに勝てる馬がいるなら種牡馬になれるような一流馬です!!

とすると、
リファール→ダンシングブレーヴ→キングヘイローのノーザンダンサー系の王道血統マヤノリュウジン

ミスタープロスペクター→マキャベリアン→ストーミングホーム×Danzig→グリーンデザートのサドンストーム

そして、牝馬ですが、最大の超爆アナは、
英仏伊愛香港でG1・8勝のあの馬ランフランコ・デットーリ騎乗でジャパンカップを勝ったファルブラヴ産駒フォーエバーマーク


僕のJRAと地方競馬の全レースの予想と買い目を公開しています
↓↓↓↓
【サンスポ・競馬エイト】】ウマニティ】予想コロシアムにて「中央競馬・全レース」買い目公開中
http://umanity.jp/coliseum/profile.php

【サンスポ・競馬エイト】【ウマニティ】予想コロシアムにて「地方競馬・全レース」買い目公開中
http://nar.umanity.jp/coliseum/profile.php?user_id=35fe1fee66

Twitterやってます。
https://twitter.com/tera_chaaaaan

【TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想!】で競馬の予想をしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine

[もっと見る]

ブラックホークの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ブラックホークの写真

投稿写真はありません。

ブラックホークの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ブラックホークの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。