プルパレイ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
プルパレイ
プルパレイ
プルパレイ
プルパレイ
プルパレイ
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2019年2月10日生
調教師須貝尚介(栗東)
馬主株式会社 Gリビエール・レーシング
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績12戦[3-2-0-7]
総賞金7,259万円
収得賞金2,900万円
英字表記Purpur Ray
血統 イスラボニータ
血統 ][ 産駒 ]
フジキセキ
イスラコジーン
マイジェン
血統 ][ 産駒 ]
Fusaichi Pegasus
Mekko Hokte
兄弟 サトノゴールドネルソンタッチ
市場価格5,940万円(2020セレクトセール)
前走 2022/11/27 京阪杯 G3
次走予定 2022/12/10 リゲルステークス (L)

プルパレイの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/11/27 阪神 12 京阪杯 G3 芝1200 162320.21112** 牡3 55.0 岩田康誠須貝尚介B 492
(+2)
1.08.4 1.233.2⑮⑮トウシンマカオ
22/11/13 東京 11 オーロカップ (L) 芝1400 182411.8610** 牡3 55.0 三浦皇成須貝尚介 490
(+6)
1.21.1 0.534.2④④ウインシャーロット
22/06/25 函館 11 青函S OP 芝1200 16593.8212** 牡3 53.0 武豊須貝尚介 484
(-6)
1.09.8 1.235.6ヴァトレニ
22/06/12 函館 11 函館SS G3 芝1200 161110.7515** 牡3 52.0 M.デムー須貝尚介 490
(-6)
1.08.2 1.034.8⑥⑥ナムラクレア
22/05/08 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 1881617.8815** 牡3 57.0 M.デムー須貝尚介 496
(+2)
1.33.9 1.635.6⑫⑪ダノンスコーピオン
22/03/19 中京 11 ファルコンS G3 芝1400 18114.621** 牡3 56.0 M.デムー須貝尚介 494
(+2)
1.20.9 -0.335.9⑨⑦タイセイディバイン
22/01/29 東京 10 クロッカスS (L) 芝1400 10774.932** 牡3 56.0 M.デムー須貝尚介B 492
(+2)
1.22.0 0.232.5⑨⑨トウシンマカオ
21/12/19 阪神 11 朝日杯FS G1 芝1600 155821.868** 牡2 55.0 M.デムー須貝尚介B 490
(+2)
1.34.6 1.135.9ドウデュース
21/11/13 阪神 11 デイリー2S G2 芝1600 7775.134** 牡2 55.0 M.デムー須貝尚介 488
(0)
1.35.4 0.334.1セリフォス
21/09/11 中山 9 アスター賞 1勝クラス 芝1600 8331.811** 牡2 54.0 M.デムー須貝尚介 488
(+2)
1.36.2 -0.333.7ハイアムズビーチ
21/07/25 新潟 1 2歳未勝利 芝1600 9114.021** 牡2 54.0 M.デムー須貝尚介 486
(-2)
1.33.3 -0.134.6ラクスバラディー
21/06/19 東京 5 2歳新馬 芝1600 16599.242** 牡2 54.0 M.デムー須貝尚介 488
(--)
1.37.2 0.434.5アライバル

プルパレイの関連ニュース

こんにちは!ROBOTIP開発プロジェクトメンバーの曹操です。

今回の担当は 京阪杯 G3です。今年同様に阪神で行われた近2年はエイティーンガールフィアーノロマーノと差し馬が台頭。ただ、今年は昨年と異なり今週からBコース使用となるため、過去の傾向と同じく後方勢有利と一概に決めつけてしまうのは少々危険かもしれません。予想の際は、競走馬の能力比較とあわせて当日の馬場傾向も要チェックですね。

曹操ROBOTIPの基本設定は「競走馬」の能力指数を100%とし、適性は「距離適性」と「周回方向適性」のみを配合、補正は「斤量」「調教評価」「厩舎評価」の補正をONにします。

これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。

曹操ROBOTIPが弾き出した京阪杯全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑭トウシンマカオ   15.06%
2 ⑩サンライズオネスト 14.23%
3 ⑥キルロード     9.97%
4 ④スマートクラージュ 8.66%
5 ⑤テイエムスパーダ  7.83%
6 ⑦ファストフォース  6.53%

7 ⑪タイセイビジョン  5.96%
8 ⑫ヴァトレニ     5.96%
9 ①ライトオンキュー  5.23%
10 ⑬ジュビリーヘッド  4.26%
11 ⑧マリアズハート   3.99%
12 ⑨エイティーンガール 3.86%
13 ⑯ビアンフェ     3.76%
14 ③プルパレイ     2.00%
15 ②ビリーバー     1.43%
16 ⑮ダイメイフジ    1.27%

勝率予測では⑭トウシンマカオと⑩サンライズオネストの2頭が、3位以下に少し差をつけている印象です。
平均勝率(16頭立ての場合は6.25%)を上回る馬のみを馬券対象にするので、上位頭がその対象になります。上位頭の勝率の差を鑑みて隊列にすると以下の通りです。

 ⑭⑩ > ⑥④⑤⑦

馬券は⑭トウシンマカオを軸に、人気の具合を見計らって強弱をつけた馬連5点、合計10,000円で勝負します。

馬連(ながし)
⑭ー⑤⑩ 3,500円
⑭ー④⑥⑦ 1,000円
合計10,000円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

【重賞データ分析】京阪杯2022 首位タイセイビジョン、次点ジュビリーヘッドに、ほか2頭が減点無しで続く構図 2022年11月26日() 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!京阪杯・データ分析 をお届けします!


【性別】
2012年以降(2019年以前は京都で施行)の性別成績は、牡・せん馬【8.6.8.80】、牝馬【2.4.3.59】。前者が優位の状況にある。なお、後者の2着連対圏入りは、近2走内に5着以内歴のある馬に限定される。掲示板外が続いている牝馬は、連対(2着以内)候補から外したほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
テイエムスパーダ ⑧マリアズハート ⑨エイティーンガール

【所属】
2012年以降、栗東所属馬の【10.10.10.115】に対し、美浦所属馬は【0.0.1.24】と3着が1回あるのみ。上位人気の支持を受ける実力馬の出走が少なかったことを考慮しても、傾向的に関東馬は推しづらい印象を持つ。

(減点対象馬)
ビリーバー ⑥キルロード ⑧マリアズハート ⑭トウシンマカオ

【前走使用距離】
2012年以降の3着以内馬延べ31頭の前走使用距離をみると、1000m、1200m、1400mの3通りだけ。ただし、1000m組の好走(3着以内)は、前走で単勝1番人気の高支持を集めていた馬に限られる。その点には配慮が必要だろう。

(減点対象馬)
ビリーバー ⑮ダイメイフジ

【近走成績】
2012年以降、近4走内にG2以下のレースで9着以下敗退が複数回あった馬が、当レースで2着連対圏に入ったケースはゼロ。該当馬は評価を控えめにしたい。

(減点対象馬)
プルパレイ ⑦ファストフォース ⑯ビアンフェ

【休養明け】
2012年以降の1~3着馬延べ31頭は、いずれも同年の8月以降に1戦以上を消化していた。前走が同年の7月以前だった馬は、3着以内皆無と精彩を欠いている。

(減点対象馬)
ライトオンキュー ④スマートクラージュ ⑥キルロード ⑯ビアンフェ


【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、⑩サンライズオネスト、⑪タイセイビジョン、⑫ヴァトレニ、⑬ジュビリーヘッドの4頭。

トップには⑪タイセイビジョンを挙げたい。前年2着という舞台相性の良さもさることながら、父にノーザンダンサー系の種牡馬を持つ馬は、過去10年【5.3.5.19】と高値安定の成績を収めている。2年連続好走への期待は十分だろう。

2012年以降の前走レース別で最多3勝のキーンランドC組に該当する、⑬ジュビリーヘッドを2番手評価。以下、⑩サンライズオネスト、⑫ヴァトレニらが続く。

<注目馬>
タイセイビジョン ⑬ジュビリーヘッド ⑩サンライズオネスト ⑫ヴァトレニ

[もっと見る]

【乗り替わり勝負度チェック!】ジャパンC2022 東京芝2400mの舞台で輝く可能性の高いコンビを狙い撃ち! 2022年11月26日() 12:00


当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2019年以降の結果をもとに集計


編集部(以下、編) 日曜日の大注目レースはジャパンカップです。

新良(以下、新) 今年は日本勢がやや小粒ですが、外国馬が4頭参戦しますし、騎手はハイレベルな面々が揃いましたので、非常に楽しみですね。

編 外国人騎手を中心に、乗り替わりも多く発生しております。

新 まさに、この企画向きのレース。選択肢が少ないとか、言い訳ができない状況ですので、やりがいがあります。

編 腕の見せ所というやつですね。期待しております。

新 乗り替わりの最先着馬を是が非でも指名したいです。

編 では、早速結論をお聞かせください。

新 戸崎圭太騎手からレーン騎手に乗り替わる③ヴェルトライゼンデに期待しています。

編 先週、G1を勝ちたてほやほやのレーン騎手。当然、気持ちは乗っているでしょうね。

新 間違いなく、心身ともに最高のリズムで今週を迎えることになるでしょう。

編 2週連続のG1制覇に期待するわけですね。

新 その可能性はおおいにあると思っています。

編 ヴェルトライゼンデとコンビを組むのは2回目で、6月の鳴尾記念では勝利を収めています。やはり、相性の良さが強調材料になるのでしょうか?

新 それも要素のひとつです。一度跨って勝っている実績は大きいですからね。でも、それ以上に注目しているのはコースです。

編 東京芝2400mという舞台がプラス要素になると。

新 大きなプラス要素になります。レーン騎手はこのコースで今年すでに5勝を挙げていて、6月には連勝を記録。もし、土曜日の7Rを勝てば、3連勝でジャパンカップを迎えることになります。

編 得意中の得意コースじゃないですか。

新 以前の来日時にもちゃんと結果を残しているので、いい印象を持っているコースであることは間違いないでしょう。G1では惜しいレースが続き、まだ勝てていないことからも、期する思いは大きいはずです。

編 言われてみると、ダービーやオークスであと一歩の競馬が続いていますね。

新 そうなんです。初来日の2019年はサートゥルナーリアでダービー4着、その翌年はサリオスでダービー2着、そして今年はスタニングローズオークス2着と、もうひと押しのところで負けてしまっています。ジャパンカップは残された今年最後のチャンスですので、全身全霊で臨んでくるでしょう。

編 鞍上が申し分ないことはわかりました。となると、あとは馬ですね。

新 今年のメンバーレベルなら、馬券圏内に来てもまったくおかしくないと思います。コントレイルが勝ったダービーでは3着と、このコースでは結果を残していますし、左回りでは一度も馬券を外していません。ドリームジャーニー産駒なので右回り、とくに中山が得意そうなイメージですが、この馬はじつはサウスポーかもしれないんです。

編 であれば、変わり身が見込めそうですね。

新 前走のオールカマーは休み明けの叩き台かつ右回りなので、度外視していいでしょう。兄のワールドエースはケガを乗り越えて5歳で重賞勝利、ひとつ上の兄のワールドプレミアは、5歳で天皇賞(春)を制覇と、血統的にもさらなる成長に期待できます。

編 レーン騎手に大仕事をやってのけてほしいですね。

新 条件は完璧に揃いました。好枠も引きましたので、ロスなく立ち回って、上位争いに加わってもらいましょう。


★その他の注目乗り替わり★
東京10R ②ハイエストポイント菅原明良→マーカンド)
阪神11R ⑬グレートタイム戸崎圭太岩田望来
阪神12R ③プルパレイ三浦皇成岩田康誠


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。

[もっと見る]

【京阪杯】厩舎の話 2022年11月25日(金) 04:49

ヴァトレニ・長谷川師「馬場が少々荒れても問題ないと思う」

エイティーンガール・飯田祐師「阪神は相性がいい。56キロがどうか」

キルロード・高木助手「休み明けになるが、力は出せる仕上がり」

サンライズオネスト・河内師「ブリンカーを外すが、今は前向きさもあって問題はない」

ジュビリーヘッド・安田隆師「いい状態でレースにいけそう」

スマートクラージュ・池江師「間隔があいているぶん実戦でどうか」

タイセイビジョン・木下助手「脚質的に阪神はいいと思う」

ダイメイフジ・森田師「リズム良く行けば、最後で脚を使える」

テイエムスパーダ・五十嵐師「今回も自分の競馬をするだけ」

トウシンマカオ・高柳瑞師「雨馬場もあるのでPコースで。ダイナミックないい走りだった」

ビアンフェ・中竹師「中間に何度もゲート練習をしたので、もう大丈夫だと思う」

ビリーバー・石毛師「馬群をスムーズにさばければ」

ファストフォース・梛木助手「中山よりも阪神が合うと思う」

プルパレイ・山田助手「今回はブリンカーを着用。集中して走れば」

マリアズハート・菊沢師「順調ですね。状態は安定しています」

ライトオンキュー・古川吉騎手「動きは悪くないです。順調です」

[もっと見る]

【京阪杯】追って一言 2022年11月24日(木) 04:46

ヴァトレニ・長谷川師「無理なく坂路を上がってきた。動きは良かった」

エイティーンガール・飯田祐師「重たい馬場でも負荷をかけることができたと思います」

キルロード・田村師「夏負け気味だったので、ここまで待った。稽古の動きは申し分ない」

サンライズオネスト・河内師「いつも通りに単走。順調にきています」

ジュビリーヘッド・安田隆師「追い切りは良かった。シャープに動いていましたね」

タイセイビジョン・木下助手「いつも通りの調教。変わらず順調に来ている」

ダイメイフジ・森田師「坂路で強め。涼しくなってきて、調子は良くなっている」

テイエムスパーダ・今村騎手「追い切りはしっかり走ってくれました」

トウシンマカオ・高柳瑞師「見た目にもダイナミックないい走りだった」

ビアンフェ・中竹師「先週しっかりやっているので、このひと追いで仕上がったと思います」

ビリーバー・石毛師「変わらずいい状態。折り合いをうまくつけられれば」

ファストフォース・梛木助手「今週もしまいまで動けていました」

プルパレイ・山田助手「動きは十分。具合も変わらずいいです」

マリアズハート・菊沢師「サラっとした。状態は安定しています」

ライトオンキュー・古川吉騎手「やり過ぎないように乗った。悪くないですよ」

[もっと見る]

【京阪杯】特別登録馬 2022年11月20日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

プルパレイの関連コラム

閲覧 1,925ビュー コメント 1 ナイス 9



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


5月8日(日) 東京11R 第27回NHKマイルC(3歳G1・芝1600m)


【登録頭数:21頭】(フルゲート:18頭)


<前走:ニュージーランドT出走馬>(中3週)

ジャングロ(1着、460kg(-4kg))<B>【優先出走馬】
2走前のパドックでは緩い感じもあったが、前走時は締まりがあり好馬体。この中間は、1週前は金曜日に速い時計が出ていて引き続き状態は良さそう。

マテンロウオリオン(2着、486kg(±0kg))<B>【優先出走馬】
2戦目からパドックでテンションが高く、2人引きでの周回が続いている馬。この中間も、中3週であまり強くは追いたくないところだが、馬なりでの調整でCW、坂路と好時計も出ている。休み明け2戦目での上積みが窺える。

デルマグレムリン(7着、434kg(-4kg))<C>※除外対象馬
この中間も追い切りでは好時計が出ていて、強めに追われた1週前の動きからも出来は悪くなさそう。




<前走:アーリントンC出走馬>(中2週)

ダノンスコーピオン(1着、458kg(±0kg))<A>【優先出走馬】
前走時は乗り込み豊富で、直前の坂路での追い切り時計も良かった。中2週とこれまで経験したことがない間隔でのレースになる今回。前走時にしっかり乗り込まれていてこの中間も土曜日に坂路で終い好時計が出ていることから、出来は引き続き良好だろう。

タイセイディバイン(2着、516kg(+2kg))<C>【優先出走馬】
もともと坂路で速い時計の出る馬だったが、ここ2戦短い距離にシフトして良さが出た。ただ1週前追い切りは軽めの調整となっていて、疲れも残っているかもしれない。

キングエルメス(3着、494kg(+2kg))<B>【優先出走馬】
骨折明けの前走時は、これまで以上に入念な乗り込みで坂路での時計もしっかり出ていた。間隔も詰っているので1週前は金曜日に軽めの調整。前走のパドックでは太め感なく仕上がり良く見せていたので、反動はなさそう。

ディオ(5着、480kg(+2kg))<C>※除外対象馬
前走時のパドックでは、後ろを歩いていた勝ち馬と比べるとまだまだの馬体に映った。一気に良くなることはないとは思うが、そんな中でもここ2戦は、重賞で勝ち馬からそれほど離されず連続掲示板と悪くない成績。能力はそこそこありそう。

カワキタレブリー(11着、432kg(±0kg))<E>【収得賞金順⑬】
2歳時に使い込まれての前走休み明けだったが、馬体も細くイレ込んでいて馬体の成長は感じられず。この中間は間隔も詰まり、小柄な馬で速い時計もなく、変わり身なし。




<前走:ファルコンS出走馬>(中2週)

プルパレイ(1着、494kg(+2kg))<C>【収得賞金順②】
前走から中6週とこれまでとほとんど変わらないローテーションでのレースとなるが、この中間はこれまでと比べると少し乗り込み量に乏しい。間隔に余裕がある割にといった感じのこの調整というのは、プラスよりはマイナスに働きそう。

オタルエバー(3着、470kg(+14kg))<D>【収得賞金順⑫】
休み明けの前走時は、馬体増もパドックでは太め感はなく馬体が戻った感じだった。ただ、乗り込み量が少ない中での3着好走明けとなるこの中間、間隔がそこそこある割にこの馬としては平凡な時計が並ぶ。上積みよりは反動のほうが出ているような感じ。

トウシンマカオ(5着、452kg(+2kg))<C>【収得賞金順③】
この中間も南Wで好時計が出ているが、長めからになるとかなり行きたがる面を見せている。速い時計が出ているというよりは、出てしまっていると言ったほうが正解か。短い距離が向く馬なので、調教で抑えが効かないとレースではさらにコントロールが難しくなるだろう。




<前走:その他のレース出走馬>

ソネットフレーズ(デイリー杯2歳S:2着、466kg(±0kg)6ヶ月)<D>【収得賞金順⑨】
クイーンCを使えず、半年ぶりのレースがここと調整の狂いはかなりマイナス。1週前の時計も平凡で、行きたがる感じで力みもあり不安材料が多い。

セリフォス(朝日杯FS:1着、486kg(±0kg)4ヶ月半)<A>【収得賞金順①】
2歳時は新馬戦から朝日杯FSまで4戦したが、デビューも早く無理のないローテーションでレースを使ってきていて、消耗は抑えられていたと思う。今回はぶっつけでのG1挑戦となるが、詰めて使うよりは良いパフォーマンスが出せるはずとみている。この中間も乗り込み豊富で、2週前、1週前と長めから強く追われていて仕上がりは良さそう。



ステルナティーアチューリップ賞:11着、440kg(+8kg)中8週)<B>【収得賞金順⑩
前走(チューリップ賞)は、馬体こそ増えていたが全体的には細い感じで、パドックでもうるさい面が出ていた。桜花賞には向かわずこちらに回ってきたが、関西への輸送もなく間隔も空いているのでプラス材料は多い。1週前追い切りではスピード感のあるきれいな走りを見せていて好状態を感じさせる。

インダストリア(弥生賞:5着、488kg(-6kg)中8週)<B>【収得賞金順⑥】
弥生賞から少し間隔を空けてマイル路線にシフトしてきた。1週前追い切りでは、レーン騎手が騎乗して最後手前を替えてからもうひと伸びして時計も優秀と、仕上がりの良さが伝わってくるものだった。



ドーブネ(スプリングS:6着、472kg(-8kg)中6週)<C>【収得賞金順⑪】
前走時は馬体が減っていて、パドックでの落ち着きもなかった。プリンシパルSに出走する予定のようだが、この中間も1週前に強めに追われて前走時と同じような時計は出ていて、調子落ちはなさそう。

ソリタリオ(スプリングS:10着、478kg(-4kg)中6週)<C>【収得賞金順④】
未勝利勝ち後は、こうやまき賞(1週前CW)、シンザン記念(最終追いCW)と追い切り内容を変えていたが、前走時は坂路(1週前)、坂路(最終追い)ともとに戻していた。この中間は、1週前を再びCWに変更してきたが、併走遅れもありまだ調子は戻っていないか。

アルーリングウェイ桜花賞:8着、454kg(±0kg)中3週)<D>【収得賞金順⑤】
前走の桜花賞では◎にした馬だが、馬体が増えておらずトモも寂しく、成長力がない感じだった。この中間、間隔は詰まるが前走の馬体を見るに上積みは厳しそう。

フォラブリューテ桜花賞:14着、442kg(+2kg)中3週)<D>【収得賞金順⑦】
前走(桜花賞)時は、休み明けにもかかわらず馬体増も少なく、非力で力強さが感じられなかった。この中間も間隔が詰まっていて、上積みは期待できない。

ダンテスヴュー皐月賞:10着、456kg(+6kg)中2週)<C>【収得賞金順⑧】
皐月賞から中2週での参戦となるが、前走時でまだ締まりそうな馬体。この中間は、木曜日に坂路で追い切られていて動きは悪くなかったが、ガラッと変わった感じもない。

セイクリッド(未勝利:1着、452g(-2kg)中2週)<D>※除外対象馬
前走ダートで未勝利勝ち。中2週での芝替わりだが、速い時計も出しておらず、好走する条件がない。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、セリフォスダノンスコーピオンの2頭をあげておきます。



◇今回は、NHKマイルC編でした。
コロナ過になる前、NHKマイルC当日にはその年の大河ドラマに出演している俳優さんが、表彰式に来場するという場面が毎年のように見られていました。今年は私の好きな三谷幸喜さん脚本の『鎌倉殿の13人』( https://www.nhk.or.jp/kamakura13/index.html )が放送されていて、毎週楽しみに観ています。競馬とはあまり関係ありませんが、『鎌倉殿の13人( https://youtu.be/af67R0bHCgw )』では、第1話から馬に乗るシーンが多くあり、主演の小栗旬さんも乗馬クラブにかなり多く通い、インストラクターからは「特技:乗馬と答えても良いですよ」と言われるほど乗りこなせるようになったと、インタビューで答えていました。他にもドラマの語りを今年のJRAのCMに出演している長澤まさみさんが務めていたり、昨年までイメージキャラクターを務めていた中川大志さん、マツケンアリマの松平健さん、ほかにも競馬好きな俳優さんたちも多く出演していて、どこか競馬との繋がりを感じてしまいます。何と言っても、主演がオグリさんですから(^^;
今年のNHKマイルCでは、『鎌倉殿の13人』の⑬、三谷幸喜さんの③とこのあたりの数字は予想以外でも遊びで買って楽しむのも……、なんて思ってみたりして!?

※NHKマイルC出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年5月1日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年05月01日号】特選重賞データ分析編(304)~2022年NHKマイルカップ
閲覧 2,276ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 NHKマイルカップ 2022年05月08日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【前走の条件がG1以外だった馬の、前走の着順ならびに前走の1位入線馬とのタイム差別成績(2019年以降)】
×着順が1着  [0-0-0-14](3着内率0.0%)
○着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.3秒以内 [2-1-3-8](3着内率42.9%)
×着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.4秒以上 [0-0-0-18](3着内率0.0%)

 前走の条件がG1だった馬は2019年以降[1-2-0-5](3着内率37.5%)。一方、前走の条件がG1以外だった馬のうち、その前走を勝ち切った馬、その前走で1位入線馬に0.4秒以上のタイム差をつけられていた馬は上位に食い込めていません。大敗直後の馬はもちろん、前哨戦を勝ち切った馬も扱いに注意すべきでしょう。

主な「○」該当馬→インダストリアマテンロウオリオン
主な「×」該当馬→ダノンスコーピオンプルパレイ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「生産者がNorthern Farm・ノーザンファーム」の馬は2019年以降[2-3-3-19](3着内率29.6%)
主な該当馬→インダストリアダンテスヴュー

[もっと見る]

2022年3月25日(金) 10:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(3/19~3/21) 豚ミンCプロがG3ファルコンS◎タイセイディバイン、日曜中山10R▲◎○的中などの活躍で回収率トップに
閲覧 360ビュー コメント 0 ナイス 2



20(日)に行われたG2スプリングS、G2阪神大賞典、19(土)G3ファルコンS、21(祝月)G3フラワーCほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
19(土)阪神1R3歳未勝利で好発進を切ると、G3ファルコンSでは◎タイセイディバインを本命に指名。○プルパレイとのパーフェクト的中を披露し、3万1010円払戻し(1,240%回収)の一撃をマークしています。阪神11R若葉Sデシエルト的中などと合わせ土曜大勝で折り返すと、翌20(日)には勝負予想中山10R千葉Sを▲◎○で鮮やかに的中! 馬連・ワイド・3連複計7万880円払戻し(2,362%回収)のスマッシュヒットを記録しています。週末3日間のトータルでは、回収率トップの181%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →イレコンデルパサープロ
19(土)に中京1R3歳未勝利中京6R4歳以上1勝クラス中京7R4歳以上1勝クラス阪神11R若葉Sなどの的中で大幅プラスを達成。ほか、20(日)阪神2R3歳未勝利、21(月)中京7R4歳以上1勝クラスなどで活躍をアピールした先週は、トータル回収率148%、収支10万1580円プラスの好成績をマークしています。
 
 
 
この他にも、にしのけいごプロ(131%)、エース2号【予想MC限定】プロ(114%)、馬侑迦プロ(104%←3週連続週末プラス)、いっくんプロ(101%)が回収率100%超をマークしています。
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2021年12月16日(木) 10:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 朝日杯フューチュリティステークス2021 
閲覧 1,599ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


12月19日(日) 阪神11R 第73回朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・芝1600m)


【登録頭数:19頭】(フルゲート:18頭)

セリフォス(前走486kg(±0kg)、中4週)<A>
新馬、新潟2歳Sと使われてきて、前走時のパドックでは毛艶が良く気合いも乗ってこれまでで一番良い出来だった。この馬はこれまで、1週前に併せ馬でビッシリ追われて直前は軽めという調整でレースに臨んできているが、この中間も1週前にC.デムーロ騎手騎乗で一杯に追われている。迫力満点の伸び脚で併走馬を一気に突き離して大きく先着と、出来はここ2戦よりもさらに良くなった感じで仕上りは万全。

ジオグリフ(前走492kg(+2kg)、3ヶ月半)<A>
500kg近くある馬だが新馬、前走とパドックでは太め感がなく見せていて、それだけしっかり仕上がっていたということだろう。この中間も、間隔は空いたが1週前追い切りでは素軽い動きを披露、日曜日には坂路でビッシリと順調にメニューを消化。関西への輸送を考えると、この2本でほぼ仕上がっていていると判断でき、直前は馬なりで十分といったところか。

ダノンスコーピオン(前走462kg(+6kg)、中6週)<B>
これまでの2戦とも追い切りでは良い動きを見せていたが、パドックでは馬体がまだ緩い印象を受けた。それでいて、レースではゴール前でキッチリ差し切るあたりは素質の高さであり、これからさらに強くなっていくものとみられる。この中間も2週前、1週前とCWを長めから好時計が出ていて、叩き2戦目での上積みが期待できそう。

ドウデュース(前走506kg(+12kg)、中7週)<B>
前走のレースを見ると、ワンターンのコースだと前半に行きたがってしまう感じがあるので、本来は新馬戦のようにコーナー4つのコースが向いている馬だとは思う。武豊騎手がまだ勝っていないG1レースということもあって、こちらに回ってきたのかもしれない。この中間も間隔がたっぷりありしっかり乗り込まれていて、1週前追い切りでも武豊騎手が騎乗して重心の低い走りを披露。単走でもしっかりと伸びていて状態は良さそうで、上積みにも期待が持てる。

トウシンマカオ(前走452kg(+6kg)、中5週)<A>
新馬戦でも◎にした馬で、調教では毎回好時計が出る馬。この中間は、1週前に戸崎騎手が騎乗して南Wで併せて先着を果たしてきた。レースでも力みが見られるなど、血統的には1200mのほうが良いのかもしれないが、新馬戦では1600mを勝っていて戸崎騎手がガッチリと押さえることで折り合いもつくタイプ。今の時期ならこの距離の重賞でも好走しても不思議なく、出来に関してもそう思えるくらい良さそう。

ヴィアドロローサ(前走446kg(+2kg)、中5週)<B>
前走は出負けして後方から。直線最速の脚を使って伸びてはいたが、1400m戦であの流れだと厳しかった。1週前追い切りでは鮫島駿騎手が騎乗して、終いしっかり伸びていて出来は前走以上に良さそう。距離延長も追走が楽になって悪くない。

カジュフェイス(前走476kg(-2kg)、中8週)<D>
スピードがありで坂路での走りを見ると短い距離が良さそうな馬。この中間は間隔が空いている割に乗り込み量は少なめで、目立つ時計も少ない。

ドーブネ(前走468kg(+4kg)、中10週)<D>
前走時のパドックでは、毛艶こそ良かったものの緩さが残る馬体であまりいい印象は受けなかったが、レースでは先行してそのまま直線で突き離す強い内容。ただこの中間は間隔が空いた割には調教内容が物足りず。1週前の動きを見ても、重心が高めでまだまだ素質だけで走っている感が拭えず、ここを目標に調整されてきた感じがない。

ベルウッドブラボー(前走456kg(-4kg)、中5週)<D>※回避予定。
右回りだと右にササるようなところを見せる馬で1週前の追い切りでもジョッキーが押さえるのに苦労すれいる感じだった。走りを見ても力んで走るようなところもある距離延長と右回りに長距離輸送とマイナス材料が多い。

オタルエバー(前走462kg(-8kg)、中3週)<A>
新潟、東京と輸送時間のかかる競馬場だとパドックでテンションが高くなるところがあるが、前走の阪神では程良い気合いで好印象だった。2走前の東京を取りこぼしたことで、前走を使うことになったとは思うが、調教以外で右回りを使えたことは逆に良かった。左回りだとどうしても終い甘くなってしまうところがある馬で、右回りだと待って追い出せる余裕がみられることから、断然今回のほうが向いていると思われる。出来に関しても、幸騎手が騎乗した1週前追い切りでは、併走馬が来るのを待って追い出す余裕を覗かせるなど上昇中。馬体はこれ以上減らしたくないので、最終追い切りは軽めで十分。

デュガ(前走482kg(±0kg)、中3週)<->※中京2歳Sに出走予定のため出走回避。

プルパレイ(前走488kg(±0kg)、中4週)<B>
使われつつ良くなってきた馬だが、前走時は馬体も緩く追い切りでも時計がかかっていて仕上り途上だった。乗り込み量はこの中間も十分で、坂路と1週前のCWでの時計が前走時とは別馬かと思うくらい良化を果たしていて、変わり身が期待できそう。


【抽選対象馬(6/7)】

アネゴハダ(前走440kg(-6kg)、連闘)<->※阪神JFに出走したため回避予定。

アルナシーム(前走438kg(+20kg)、中3週)<C>
これまでの2戦ともパドックではうるさい面を見せていて、前走は前半押さえきれず途中で先頭の競馬といろいろな面で難しい馬。出来に関しては、小柄な馬でも1週前にCWで好時計をマーク、折り合いもしっかりついてと悪くない印象だが。

エーティーマクフィ(前走438kg(+2kg)、3ヶ月半)<C>
休み明けで乗り込み量はそれほど多くはないが、小柄な馬で坂路、CWと好時計が出ていて出来は悪くはなさそう。

シンリミテス(前走478kg(-2kg)、3ヶ月)<D>
休み前の2戦は、若さやズブさを見せるところが多くジョッキーもかなり強く追っていた。休み明けとなるが、乗り込み量も少なく1週前の動きを見てもガラッと良くなったという動きでもなく、いきなりこのメンバーで勝ち負けというレベルまではまだ遠い。

スプリットザシー(前走392kg(-2kg)、中7週)<B>
先週の阪神JFを除外され、結果1本でも多く追えた点はプラスになりそう。動きも悪くなく状態面は合格点を与えられそうだが、先週と比べると出走馬のレベルがかなり高くなり、それでいて好調勢も多くここに入ると見劣ってしまう。

セッカチケーン(前走502kg(±0kg)、中2週)<D>
デビューからの2戦とも東京ダート1600m戦を使われた。スタート後の芝ではダッシュもついて悪くない走りを見せているが、ダートで特に強い競馬をしてきている訳でもなく、1週前追い切りは時計平凡で強調材料に乏しく......とくれば、ここは相手が強すぎるだろう

トゥードジボン(前走472kg(-4kg)、中5週)<C>
新馬戦ではセリフォスベルクレスタとともに直線で伸びてきた馬の1頭で、レベルの高い3着。その後休養を挟んで休み明けで迎えた2走前は、出遅れて途中で脚を使って直線では余力ナシの大敗。前走は、内枠から好スタートを決めてゴールまでしぶとく粘り込んで初勝利をあげた。前走でまだ馬体に余裕があり良化余地こそ感じるものの、レースでは終い首が高くなるところがありしぶとさの反面伸びきれないところも。つまるところ、新馬戦でのセリフォスとの差は広がってしまった印象がある。


※今回のこのコラムからの推奨馬はセリフォスジオグリフトウシンマカオオタルエバーの4頭をあげておきます。


<出走予定馬の近走追い切り参考VTR(新潟2歳S/札幌2歳S/京王杯2歳S/デイリー杯2歳S)>







◇今回は朝日杯フューチュリティステークス編でした。
6月から2歳戦が始まり、新馬戦そして未勝利戦、オープン、重賞と約半年行われてきて、レースの数としては2歳戦だけで500レース以上。2勝以上している馬を含めてもJRAだけで500頭ほどの2歳馬が勝ち上がっているということになります。それでもこのレースに登録してきた馬は19頭。条件が向かない馬もいますし、出走したくても状態が整わない馬もいるとは思いますが、そう考えると少ない感じがします。それだけ馬を目標のレースに良い状態で出走させるということが大変だとも言える部分ではないでしょうか。そんな思いをはせつつ、今回登録してきた馬たちをいつものように1頭1頭状態面チェックを行いましたが、総論として状態の良い馬が多かったとの印象を強く感じています。なかなか高レベルのレースが期待できるのではないでしょうか。

※朝日杯FS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年10月6日(水) 17:45 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2021) ~第8回注目馬ランキング上位馬の近況
閲覧 3,622ビュー コメント 0 ナイス 3

 秋季競馬の開幕戦にあたる4回中山・5回中京が先週いっぱいで幕を閉じ、今週末からは4回東京・4回阪神・5回新潟がスタート。ちなみに、阪神競馬はここから11月6日開幕の5回阪神、12月4日開幕の6回阪神と、3か月連続で開催されます。6回阪神では12月12日に阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・阪神芝1600m外)が、12月19日に朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・阪神芝1600m外)が施行される予定。連続開催でダメージを受けた馬場への適性もポイントになりそうです。
 例年と同じく、9月中旬から10月中旬までの間に施行されるJRAの2歳重賞は、今週末10月9日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳G3・東京芝1600m)のみ。G1シーズンのスタートと重なっていることもあり、一時的にPOGへの関心を失っている方も少なくないでしょう。しかし、スペシャル以外の各ワールドでは今後も仮想オーナー募集枠が順次解放される予定。現状のラインナップを見直し、改めて手駒を揃えるのにはちょうど良いタイミングかもしれません。

 今回は、2歳戦が開幕する直前の時点における注目POG馬ランキング(2021/06/05 01:00更新)の上位100頭を対象として、各馬の近況をまとめてみました。今後の入札を検討するうえでの参考資料としてご活用ください。

 既にJRAのレースで勝ち上がりを果たしている馬は32頭。ちなみに、注目POG馬ランキングでベスト10入りを果たしていた馬は3頭だけです。まだまだ序盤戦の最中とはいえ、早期勝ち上がりの難しさを改めて実感しますね。

●2位 コマンドライン(コンドコマンドの2019) 1戦1勝
●3位 ダンテスヴュー(クロウキャニオンの2019) 2戦1勝
●6位 レッドベルアーム(レッドファンタジアの2019) 1戦1勝
●14位 ベルクレスタ(ベルアリュール2の2019) 2戦1勝
●21位 フィデル(ラッキートゥビーミーの2019) 1戦1勝
●22位 リアグラシア(リアアントニアの2019) 3戦1勝
●24位 ハイアムズビーチ(ユキチャンの2019) 2戦1勝
●25位 トゥデイイズザデイ(キトゥンズクイーンの2019) 1戦1勝
●26位 ソネットフレーズ(ボージェストの2019) 1戦1勝
●29位 キラーアビリティ(キラーグレイシスの2019) 2戦1勝
●32位 アライバル(クルミナルの2019) 2戦1勝
●35位 ブラックボイス(ソングライティングの2019) 2戦1勝
●36位 ホウオウプレミア(アドマイヤテンバの2019) 1戦1勝
●39位 クレイドル(オーマイベイビーの2019) 2戦1勝
●44位 リューベック(ライツェントの2019) 2戦1勝
●50位 グランディアディアデラノビアの2019) 2戦1勝
●51位 サトノヘリオス(エアマグダラの2019) 2戦1勝
●53位 メリトクラシー(メリオーラの2019) 2戦1勝
●55位 スタニングローズ(ローザブランカの2019) 3戦1勝
●59位 プルパレイ(マイジェンの2019) 3戦2勝
●61位 ヴァーンフリート(ロスヴァイセの2019) 1戦1勝
●64位 アバンチュリエ(パンデイアの2019) 1戦1勝
●66位 ステルナティーア(ラルケットの2019) 1戦1勝
●67位 モンゴリアンキング(Minoretteの2019) 1戦1勝
●69位 セリフォス(シーフロントの2019) 2戦2勝
●73位 スリーパーダ(シンハリーズの2019) 2戦1勝
●74位 ロムネヤ(ヤンキーローズの2019) 1戦1勝
●78位 ルージュラテール(レッドメデューサの2019) 2戦1勝
●84位 グランアプロウソ(Fiduciaの2019) 1戦1勝
●87位 ミント(ビートマッチの2019) 1戦1勝
●89位 フェズカズマ(シナジーウィスパーの2019) 2戦1勝
●100位 コラリン(モルジアナの2019) 3戦2勝

 本賞金額はセリフォス(シーフロントの2019)が3800万円で単独トップ。2220万円のコラリン(モルジアナの2019)が単独2位、1900万円のスリーパーダ(シンハリーズの2019)とアライバル(クルミナルの2019)が3位タイでした。4頭ともデビュー当初からそれなり注目を集めていましたが、人気の中心と言えるほどではなかったので、今後の入札においては面白い存在となりそう。伸びしろがありそうで、なおかつ実績のわりに手頃な価格で落札できそうな雰囲気なら、積極的に狙っていくべきかもしれません。

 デビュー済み、かつ未勝利の馬は35頭。デビュー戦で期待を裏切ってしまった評判馬など、入札における人気が急落した馬もいるので、あえてこの辺りを狙ってみるのもひとつの手でしょう。

●1位 コリエンテス(イスパニダの2019) 1戦0勝
●4位 アグリ(オールドタイムワルツの2019) 1戦0勝
●5位 レディナビゲーター(レディスキッパーの2019) 2戦0勝
●9位 グットディール(マリアヴァレリアの2019) 1戦0勝
●11位 ラクスバラディー(リッチダンサーの2019) 3戦0勝
●13位 スパイダーバローズ(マラコスタムブラダの2019) 1戦0勝
●15位 マイシンフォニー(テディーズプロミスの2019) 3戦0勝
●17位 アドマイヤラヴィ(アドマイヤミヤビの2019) 1戦0勝
●18位 ソクラテス(ブルーダイアモンドの2019) 1戦0勝
●23位 プルサティーラ(カヴァートラブの2019) 2戦0勝
●31位 フォーグッド(ウィキッドリーパーフェクトの2019) 1戦0勝
●38位 ママコチャ(ブチコの2019) 2戦0勝
●40位 ダノンアーリー(ファイネストシティの2019) 2戦0勝
●41位 メトセラ(ドナブリーニの2019) 1戦0勝
●42位 アカデミー(イサベルの2019) 1戦0勝
●45位 ダノンフォーナイン(タミーザトルピードの2019) 1戦0勝
●47位 ヴァラダムドラー(バラダセールの2019) 1戦0勝
●48位 サトノアヴァロン(サトノシュテルンの2019) 1戦0勝
●49位 セレブレイトガイズ(ライフフォーセールの2019) 1戦0勝
●58位 ティーガーデン(ルミナスパレードの2019) 1戦0勝
●60位 エルバリオ(インナーアージの2019) 3戦0勝
●62位 ローマンネイチャー(キューティゴールドの2019) 1戦0勝
●72位 ウラヤ(Wadiの2019) 1戦0勝
●75位 ナインティゴット(フルマークスの2019) 3戦0勝
●76位 ショウナンハクラク(Shonan Adelaの2019) 2戦0勝
●77位 グールドベルト(アナンジュパスの2019) 1戦0勝
●79位 ライラスターハープスターの2019) 1戦0勝
●81位 インプレス(ベアトリス2の2019) 1戦0勝
●88位 ソリダリティ(ミュージカルロマンスの2019) 1戦0勝
●91位 フォアランナー(ジュモーの2019) 1戦0勝
●92位 プレミアムスマイル(ジンジャーパンチの2019) 1戦0勝
●93位 アンジーニョ(ポルケテスエーニョの2019) 2戦0勝
●95位 ロジマギーゴー(ゴーマギーゴーの2019) 3戦0勝
●98位 ダグザ(タリサの2019) 2戦0勝
●99位 フェニックスループマルセリーナの2019) 1戦0勝

 残る32頭は現時点で未出走。もっとも、JRA-VANによると下記の13頭は10月5日時点で入厩済みとなっていました。おそらく近日中にデビューするでしょうし、ひと通りチェックしておいた方が良さそうです。

●8位 アルファヒディ(ドバイマジェスティの2019) 0戦0勝
●16位 スタニングスター(Stacelitaの2019) 0戦0勝
●19位 ショウナンアデイブ(シーヴの2019) 0戦0勝
●20位 サンセットクラウド(ロードクロサイトの2019) 0戦0勝
●27位 リアド(タイタンクイーンの2019) 0戦0勝
●30位 エリカヴィータ(マルシアーノの2019) 0戦0勝
●46位 チェルノボーグ(コンテスティッドの2019) 0戦0勝
●56位 ラスール(サマーハの2019) 0戦0勝
●65位 ダノンギャラクシー(ベネンシアドールの2019) 0戦0勝
●82位 エピファニー(ルールブリタニアの2019) 0戦0勝
●83位 グルアガッハ(マネーキャントバイミーラヴの2019) 0戦0勝
●90位 アートハウス(パールコードの2019) 0戦0勝
●96位 レイフル(シェルズレイの2019) 0戦0勝

 未出走、かつまだ入厩していない注目POG馬ランキング上位馬は下記の通り。

●7位 パラレルヴィジョン(アールブリュットの2019) 0戦0勝
●10位 ディーンズリスター(ラヴズオンリーミーの2019) 0戦0勝
●12位 アストロフィライト(ウェイヴェルアベニューの2019) 0戦0勝
●28位 ピエドラデルーナスイープトウショウの2019) 0戦0勝
●33位 サリエラ(サロミナの2019) 0戦0勝
●34位 カラパナブラック(ウリウリの2019) 0戦0勝
●37位 フィアレスデザイア(ヒルダズパッションの2019) 0戦0勝
●43位 ブレスク(パララサルーの2019) 0戦0勝
●52位 マリーナドンナジェンティルドンナの2019) 0戦0勝
●54位 サンドレス(ツルマルワンピースの2019) 0戦0勝
●57位 ヴァンガーズハート(ケイティーズハートの2019) 0戦0勝
●63位 ライラックワイン(ライラックスアンドレースの2019) 0戦0勝
●68位 ショショローザ(マンデラの2019) 0戦0勝
●70位 ダノンマイソウル(フォエヴァーダーリングの2019) 0戦0勝
●71位 ミッキーキング(ミッキークイーンの2019) 0戦0勝
●80位 デアリングオウカ(デアリングバードの2019) 0戦0勝
●85位 グラヴィタス(ヴィルシーナの2019) 0戦0勝
●86位 ルージュエクレール(マーブルケーキの2019) 0戦0勝
●94位 サラビ(ザズーの2019) 0戦0勝
●97位 アドマイヤカーム(アドマイヤシーマの2019) 0戦0勝

 このうちグラヴィタス(ヴィルシーナの2019)は残念ながら既にJRAの登録を抹消されているのでご注意ください。
 早い時期から注目を集めていたとはいえ、さすがに現時点で初陣のメドが立っていないとなると、入札を決断する心理的ハードルはだいぶ高いはず。その分、意外と手頃な価格で落札できるのではないかと思います。気になる馬は今のうちに確保しておきましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

プルパレイの口コミ


口コミ一覧

俺のジャパンカップ京阪杯

 uni0920 2022年11月27日() 15:58

閲覧 85ビュー コメント 1 ナイス 1

んなもん、これしかないんよ。

◎9エイティーンガール
○11タイセイビジョン
▲3プルパレイ
△4スマートクラージュ
△10サンライズオネスト
△13ジュビリーヘッド
△14トウシンマカオ

なんかこんな感じになるなーて思ったら、去年の結果とほぼ同じですね。うん。買ってから気づくっていうね。うん。

買い目
馬単
3-9
9-3
馬連
3-9
ワイド
3-9
三連複フォーメーション
9-3.10.11.14-3.4.10.11.13.14
三連単二頭軸マルチ
9-11-3.4.10.14


帰ってこい私のお金

 プラス1 2022年11月27日() 14:07
ジャパンカップGⅠ 馬券買ってきました(2022/11/27) 
閲覧 156ビュー コメント 0 ナイス 1

馬券買ってきました


今日は 2場開催で メインは12R ということで 余裕で帰って来られましたね

といいつつ 何か 混んでいる感じで 少しイラッとしましたけど


う~ん、割と コロナ前に近くはなってるんですかね

しかし、コロナみたいなのが 何年、場合によったら この先ずっと、みたいな感じで 影響を与え続ける、みたいなのは なる前には あんまり想像してなかったですけど 事実は小説より奇なり みたいな感じですかね


さて 馬券ですが

ジャパンカップGⅠ は 

6 ヴェラアズール

から買おうと思って出かけたんですけど

何故か

12 シャドウディーヴァ
から 買ってました


「あ…ありのまま 今 起こったことを話すぜ!」「な… 何を言っているのか わからねーと思うが おれも 何をされたのか わからなかった…」

みたいな感じですが 要は オッズの誘惑に 完全敗北しました


だって、

6 ヴェラアズール
10 ハーツイストワール
18 ボッケリーニ

の組み合わせで買っても 3連複 200倍いかないんですもん・・


まぁ 普通で考えれば 1~3番人気の内 2頭 を軸にして 2着か 3着に 穴馬でも入れておけば 良いような気がするんですけど

そんな 馬券 面白くないんで 買えないんですわ・・


まぁ 固い決着になったら諦めるということで とりあえず 自分の買いたい馬券を買うしかないですよね



京阪杯GⅢも一応買いましたけど

3 プルパレイ
11 タイセイビジョン

とかいう 組合せ狙いだったりで あんまりやる気はありません




WIN5も買ってみましたけど、多分 今日 当てるの難しい日の気がするんで 何処まで というところですかね



とりあえず レースが終わった後に アレ買っておけば良かった というのは無いようにしましたんで あとはレースをみるだけ ということで

(アレ買わなかったら 良かった(散財し過ぎて反省) というのはあるかも知れませんけど)

[もっと見る]

 赤萬坊 2022年11月27日() 10:07
ジャパンカップ@ & 京阪杯 おおざっぱ予想
閲覧 189ビュー コメント 0 ナイス 4

ジャパンカップ
◎6 ヴェラアズール←ローテ良+調子良+距離良+東京良+R.ムーア
◯14 ダノンベルーガ←東京良+斤量良+成績安定
▲10 ハーツイストワール←東京鬼+距離良+人気薄の武豊
△3 ヴェルトライゼンデ←左周り良+枠良+D.レーン
△8 デアリングタクト←距離良+T.マーカンド+期待枠
△13 テーオーロイヤル←距離良+見直し案件
△18 ボッケリーニ←ローテ良+調子良

こんな感じで◎◯▲の三頭から金額調整して流します
なんか調子悪そうなシャフリヤール(気のせい?)と外国馬は買いません

三連複6軸→3.8.10.13.14.18
三連複14軸→3.6.8.10.13.18
三連複10軸→3.6.8.13.14.18

重複ありもそこは厚めって事で♪
あと謎のお遊び馬券2-11ワイドも買う

京阪杯
◎10 サンライズオネスト
◯13 ジュビリーヘッド
▲14 トウシンマカオ
△3 プルパレイ
△4 スマートクラージュ

単勝10
馬連BOX→3.4.10.13.14
三連複BOX→3.4.10.13.14

岩田親子が並んでるの怪しい(´ー`)買うか

そんなこんなでW杯も賑わってますし、頑張れニッポンです!
ジャパンカップも日本人騎手の奮起も期待したいところですR.ムーア本命だけど(〃ω〃)

[もっと見る]

⇒もっと見る

プルパレイの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

プルパレイの写真

プルパレイの厩舎情報 VIP

2022年11月27日京阪杯 G312着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

プルパレイの取材メモ VIP

2022年11月27日 京阪杯 G3 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。