会員登録はこちら
ダービー卿チャレンジ G3   日程:2019年3月30日() 15:45 中山/芝1600m

レース結果

ダービー卿チャレンジ G3

2019年3月30日() 中山/芝1600m/16頭

本賞金:3,900万 1,600万 980万 590万 390万


レコード:1分30秒7
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 2

フィアーノロマーノ

牡5 55.0 川田将雅  高野友和 540(-4) 1.31.7 6.0 2
2 6 12

プリモシーン

牝4 55.0 福永祐一  木村哲也 498(-2) 1.31.7 クビ 7.1 3
3 7 13

マイスタイル

牡5 56.0 横山典弘  昆貢 454(-2) 1.31.7 ハナ 13.6 7
ラップタイム 12.1 - 10.8 - 11.0 - 11.2 - 11.4 - 11.4 - 11.6 - 12.2
前半 12.1 - 22.9 - 33.9 - 45.1 - 56.5
後半 57.8 - 46.6 - 35.2 - 23.8 - 12.2

■払戻金

単勝 2 600円 2番人気
複勝 2 250円 2番人気
12 260円 3番人気
13 400円 9番人気
枠連 1-6 1,390円 5番人気
馬連 2-12 2,350円 3番人気
ワイド 2-12 1,140円 6番人気
2-13 2,040円 30番人気
12-13 1,830円 20番人気
馬単 2-12 4,550円 7番人気
3連複 2-12-13 13,120円 30番人気
3連単 2-12-13 59,280円 109番人気

ダービー卿チャレンジのニュース&コラム

【ダービーCT】フィアーノ、レースレコードで重賞初V
 ダービー卿CTが30日、中山競馬場で16頭によって争われ、川田騎乗で2番人気のフィアーノロマーノがゴール前の混戦を制して重賞初V。マイル路線の主役に名乗りを上げた。今後は安田記念(6月2日、東京、GI、芝1600メートル)を視野に入れて調整される。クビ差2着が3番人気のプリモシーン。1番人気ドーヴァーは7着に終わった。 肌を刺す寒さの中山で、レースレコードの大熱戦が繰り広げられた。3着マイスタイルまでクビ、ハナ差で飛び込んだスリリングなゴール。がっちりと先頭を死守したのは、川田騎手に導かれたオーストラリア産馬フィアーノロマーノだった。 中山のマイルはこう勝つんだ-。この日、見学に訪れていた競馬学校の生徒たちに、腕達者が“お手本”を実践してみせた。積極的に好位4番手のポジションを奪い、前に後ろにプレッシャーをかける強気の立ち回り。それでいて、きっちり勝てるだけのおつりを残すのだから、心憎い。 「内枠なので少しだけ位置を取りにいき、そこから他の馬を行かせて、この馬のリズムで走らせました。少し人気し過ぎている(2番人気)感じだし、外から来ている馬も強い馬ですが、よく頑張ってくれました」 今年早くも5度目となった重賞のお立ち台で、クールに喜びを伝える鞍上。競馬の求道者というムードをかもし出す33歳のリーディングジョッキーは、いつもの自然体で大阪杯のパートナー・キセキの待つ阪神へと向かった。 「乗り役さんがこの馬の気性を熟知していて、ハイペースでも自分から攻める競馬をしてくれた。レース前は1400メートルの方がいいと思っていたけれど、マイルでも十分やれる。自分の思い込みでした」 デビュー11戦目で重賞ウイナーへ上り詰めた愛馬のおなかを叩いてねぎらった高野調教師。鞍上の好判断をたたえつつ、夢舞台への野望も打ち明けた。 「負けても本当に一生懸命に走るので、レース後のケアが大変。使おうと思った阪急杯も使えなかったですから。ただ、まだ日にちもあるし、よくケアして大丈夫なら安田記念に使いたい」 混戦模様のマイル界。ビルドアップされた異色の南半球産が、戦国統一に乗り出した。 (内海裕介)フィアーノロマーノ 父ファストネットロック、母ハートアシュレイ、母の父ライオンハート。鹿毛の牡5歳。栗東・高野友和厩舎所属。豪州産。馬主は吉田和美氏。戦績11戦6勝。獲得賞金1億1330万3000円。重賞初勝利。ダービー卿CTは高野友和調教師、川田将雅騎手ともに初勝利。馬名は「イタリアのコムーネの一つ」。
2019年3月31日() 05:03

 546

【ダービーCT】プリモシーン、収穫ある2着
 3番人気のプリモシーンは直線、馬場の真ん中から力強く伸びて2着。勝ったフィアーノロマーノにはクビ差及ばなかったが、55キロのハンデを背負いながらも、マイル路線なら牡馬相手で十分通用することを証明した。「いい位置で流れに乗って、やりたい競馬はできた。最後もいい脚を使っているけれど、勝ち馬がしぶとかったね」と福永騎手は残念そうな表情を浮かべた。
2019年3月31日() 05:02

 237

【ダービーCT】マイスタイル、ノリ魔術で3着
 マイスタイルが7番人気で3着に食い込んだ。外め(13)番枠も、好位の後ろから3~4コーナーで内ラチ沿いをロスなく周回。直線の追い比べでクビ+ハナ差及ばなかったが、鞍上の巧みなリードが光った。「ジョッキー(横山典騎手)がうまく乗ってくれた。ハンデ戦ながらメンバーがそろっていた中で、あれだけ差のない競馬。楽しみが広がった」と昆調教師も手応えをつかんだ様子だ。
2019年3月31日() 05:02

 232

【ダービーCT】レースを終えて…関係者談話
 ◆北村友騎手(ダイアトニック4着) 「ピッチ走法で外を回したくないので、もう少し内の枠がよかった。しまいを生かす競馬で最後もいい脚。さらによくなりそう」 ◆蛯名騎手(ギベオン5着) 「勝った馬の後ろでいい感じで運べた。最後で脚いろがいっしょになったのは斤量(57・5キロ)を背負っているぶんもあるかな。まだよくなる余地がある」 ◆三浦騎手(ロードクエスト6着) 「テンから流れていい感じで4コーナーまで来られたが、最後は外を通ったぶん、伸び切れなかった」 ◆田辺騎手(ドーヴァー7着) 「前半からペースが流れていたので、3~4コーナーぐらいから苦しくなっていた」 ◆ミナリク騎手(ヒーズインラブ8着) 「馬場状態が合わず、ベストの走りができなかった」 ◆石橋騎手(ダイワキャグニー9着) 「内に入れたかったが、なかなか入れず、そのうちに馬の気が抜けてポジションが下がった」 ◆松山騎手(カツジ11着) 「流れが速くて追走に苦労して、脚がたまらなかった」 ◆大野騎手(キャプテンペリー12着) 「外枠で外を回される苦しい展開でした」 ◆和田騎手(エイシンティンクル13着) 「スムーズに先行できたが、4コーナーまで力んで走って息が入らなかった」 ◆武士沢騎手(マルターズアポジー14着) 「自分の形で競馬はできたが、きょうは2番手に早めに来られたので仕方がない」 ◆戸崎騎手(ヤングマンパワー15着) 「最後は脚が残っていなかった」
2019年3月31日() 05:01

 323

ダービー卿チャレンジのニュースをもっと見る >

【ダービーCT】追って一言
 ◆エイシンティンクル・上村師 「状態は悪くないと思うし、ハンデもちょうどいい。ポテンシャルの高さを信じます」 ◆カツジ・池添兼師 「中2週だし、しまいだけ。暖かくなって体も柔らかくなってきた」 ◆ギベオン・蛯名騎手 「癖などをけいこでつかむことができた。いい馬ですね。走ることにまじめです」 ◆キャプテンペリー・岩戸師 「先週で仕上がっていたので軽め。抑える競馬が板についてきた。展開次第で出番も」 ◆ショウナンライズ・上原師 「硬さが抜けて状態が良くなり、精神面もしっかり。自分の競馬に徹し切れば」 ◆ジョーストリクトリ・清水久師 「予定通り順調。今の中山は馬場が悪くて、時計がかかっているのもいい」 ◆ダイアトニック・安田隆師 「輸送もあるし、ある程度セーブして予定通りです」 ◆ダイワキャグニー・菊沢師 「併せ馬でいい感じ。ハンデは見込まれたが、前走(東風S3着)の競馬が肥やしになっていれば…」 ◆ドーヴァー・伊藤圭師 「間隔があいたが、鉄砲は利く。動きもすごくいい。脚をためる競馬でどこまでやれるか」 ◆ハクサンルドルフ・西園師 「しっかりと伸びてくれた。叩き良化型だけど、状態はいいし力は出せる」 ◆フィアーノロマーノ・高野師 「先週、乗り役を乗せてしっかりとやっているし、いい仕上がり」 ◆プリモシーン・木村師 「いつも通りの質の高い動き。言い訳のきかない状態で、不利なく回ってこられるかどうか」 ◆マイスタイル・藤野助手 「ラストは軽く気合をつけた。体はできあがっているし、息もできています」 ◆マルターズアポジー・武士沢騎手 「躍動感が出てきた。昨年(9着)よりハンデが1キロ軽くなるのは大きい。同型との兼ね合いが鍵」 ◆ヤングマンパワー・手塚師 「年齢を感じさせず順調。ハンデも良く、中山のマイルは合う」 ◆ロードクエスト・小島師 「動きは実に良く、状態は前走以上。以前より、前々で競馬ができるようになっている」★ダービー卿CTの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月28日(木) 05:03

 1,453

【ダービーCT】ヒーズインラブ、CW6ハロン78秒9
 連覇を目指すヒーズインラブはCWコースで3頭併せ。向こう正面では2頭を10馬身近く追走。3、4コーナーで内を通ったとはいえ、みるみる差を詰めると、余裕のある手応えで4馬身突き放した。6ハロン78秒9-12秒4と時計も上々で調教評価は最高の『S』だ。 藤岡調教師は「体に余裕があったので、しっかりとやる予定でした。硬さは出ているけど、いい時期の感じ」と納得の表情。7戦3勝の得意舞台だけに「中山だと脚がたまる。絶好の舞台やからね」と力をこめた。★ダービー卿CTの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月28日(木) 05:03

 833

プロ予想家の的中情報


ダービー卿チャレンジの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

3月30日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv114 
600円 36,000円
Lv109 
260円 13,000円
Lv107 
1,830円 183,000円
Lv106 

2,040円
400円
40,040円
Lv106 
2,350円 28,200円

的中情報をもっと見る >

ダービー卿チャレンジ過去10年の結果

2018年3月31日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2017年4月1日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
2016年4月3日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 マジックタイム A.シュタルケ 1:32.8 13.0倍 105.8
2着 ロゴタイプ 田辺裕信 クビ 10.7倍 105.8
3着 サトノアラジン C.ルメール 1 1/4 3.4倍 104.3

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ダービー卿チャレンジのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝1600m

安田記念につながる春のマイル戦線の主要ステップレース。2008年以降、ここが年明け緒戦だった馬は2018年2着キャンベルジュニアの1連対のみと不振を極めている。これに対し好調なのは、3勝、2着3回、3着3回の実績を残す同コース施行のオープン特別の東風S組。さらに前走1600万下勝ちから中3週以内だった馬も4勝、2着2回、3着1回と良績を収めている。間隔を開けずに使われている馬から入ったほうがよさそうだ。前走距離別では、距離短縮馬が2連対のみと分が悪い。年齢別では、3勝、2着4回、3着2回の4歳と、7勝、2着3回、3着6回の5歳が優勢を誇る。舞台となる中山芝1600mは1コーナーからスタートして、緩やかな部分を含めそのほとんどがコーナーであるトリッキーな外回りコースを進む設計。それだけに立ち回りの器用さが求められる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

ダービー卿チャレンジの歴史と概要


2005年の優勝馬ダイワメジャー

3月下旬~4月上旬に開催されるマイル戦として定着するようになった第28回(1996年)以降、上半期のマイル王決定戦・安田記念へのステップレースとして機能するようになった一戦。第30回(1998年)の勝ち馬ブラックホークは、翌年のスプリンターズステークスと2年後の安田記念を制覇。第37回(2005年)は前年の皐月賞ダイワメジャーが喘鳴症の手術を乗り越えてこのレースで復活し、のちにG1 4勝を挙げるに至った。また、第47回(2015年)の勝ち馬欄には、その後に国内外で圧倒的なパフォーマンスを披露するモーリスの名前が刻まれている。

歴史と概要をもっと見る >

ダービー卿チャレンジの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年6月23日(
宝塚記念  G1

競馬番組表

2019年6月22日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2019年6月23日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,977万円
6 マカヒキ 牡6
51,710万円
7 アルアイン 牡5
48,870万円
8 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
9 キセキ 牡5
46,841万円
10 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る