今週の重賞レース

2021年4月17日( アーリントンカップ G3
2021年4月18日( アンタレスステークス G3 皐月賞 G1
ダービー卿チャレンジ G3   日程:2021年4月3日() 15:45 中山/芝1600m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 5 9

テルツェット

牝4 53.0 M.デムー  和田正一 418(-6) 1.32.6 6.3 3 34.7 ⑪⑩⑧
2 6 11

カテドラル

牡5 56.0 田辺裕信  池添学 484(-4) 1.32.8 7.8 4 34.2 ⑬⑬⑪
3 1 2

ボンセルヴィーソ

牡7 55.0 木幡巧也  池添学 484(0) 1.32.8 クビ 8.4 5 35.3 ②⑤⑤
4 5 10

マイスタイル

牡7 57.0 横山和生  昆貢 458(0) 1.33.0 3/4 101.4 12 35.9 ①①①
5 7 14

アトミックフォース

牡5 55.0 武藤雅  武藤善則 480(-2) 1.33.2 1 1/4 54.3 11 35.4 ⑧⑧⑤
6 7 13

トーラスジェミニ

牡5 57.0 原優介  小桧山悟 476(-4) 1.33.3 1/2 15.9 7 36.0 ②②②
7 3 5

ブラックムーン

牡9 55.0 吉田豊  辻野泰之 498(-4) 1.33.3 1/2 122.3 13 35.0 ⑫⑫⑪
8 6 12

メイショウチタン

牡4 54.0 津村明秀  本田優 468(-2) 1.33.4 1/2 16.9 8 36.0 ⑤③③
9 4 8

ショウナンライズ

牡8 54.0 内田博幸  上原博之 470(-8) 1.33.6 1 1/4 259.3 15 35.8 ⑨⑧⑧
10 4 7

ベステンダンク

牡9 56.0 北村宏司  安達昭夫 518(+6) 1.33.7 1/2 180.5 14 36.0 ⑤⑥⑪
11 8 15

エメラルファイト

牡5 55.0 丹内祐次  相沢郁 474(+2) 1.33.7 ハナ 46.2 10 34.5 ⑭⑭⑭
12 2 3

ソーグリッタリング

牡7 57.0 川田将雅  池江泰寿 486(+4) 1.33.8 1/2 12.9 6 36.1 ⑤⑥⑤
13 2 4

ルフトシュトローム

牡4 56.0 C.ルメー  堀宣行 506(0) 1.33.9 1/2 4.5 2 36.0 ⑨⑩⑩
14 1 1

スマイルカナ

牝4 55.0 柴田大知  高橋祥泰 426(-10) 1.34.2 1 3/4 3.0 1 36.8 ②③③
15 3 6

レイエンダ

牡6 57.0 丸山元気  藤沢和雄 494(0) 1.54.9 大差 30.7 9 50.1 ⑭⑮⑮
取消 8 16

ウインカーネリアン

牡4 55.0 三浦皇成  鹿戸雄一 -- -- -- --    
ラップタイム 12.3 - 11.0 - 11.0 - 11.3 - 11.5 - 11.8 - 11.8 - 11.9
前半 12.3 - 23.3 - 34.3 - 45.6 - 57.1
後半 58.3 - 47.0 - 35.5 - 23.7 - 11.9

■払戻金

単勝 9 630円 3番人気
複勝 9 230円 4番人気
11 250円 5番人気
2 220円 3番人気
枠連 5-6 1,590円 8番人気
馬連 9-11 2,220円 8番人気
ワイド 9-11 880円 10番人気
2-9 940円 12番人気
2-11 810円 9番人気
馬単 9-11 3,860円 15番人気
3連複 2-9-11 5,210円 16番人気
3連単 9-11-2 26,010円 76番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:309,149人(04月13日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【ダービー卿チャレンジトロフィー2021予想】スマイルカナ「初めて寒い時期に牧場で休んだのがどう出るか」 カテドラル「そろそろ外差しも効いてくる」

 ◆アトミックフォース・武藤師「一時のスランプは脱した印象。マイルも2戦目で流れに乗りやすいと思う」

 ◆ウインカーネリアン・鹿戸師「きちんと併せ馬ができたし、ハンデの55キロも想定内。重賞でもやれる力はある」

 ◆エメラルファイト・相沢師「前走はしまいに脚を使った。丹内騎手とも手が合う印象。動きは相変わらずいい」

 ◆カテドラル池添学師「そろそろ外差しも利いてくると思う。今回も楽しみです」

 ◆ショウナンライズ・上原師「今ならマイルも大丈夫。展開などに恵まれて最後のひと頑張りができればいいが…」

 ◆スマイルカナ・高橋祥師「もともと調教では動くし、まずまずの時計が出ている。初めて寒い時期に牧場で休んでいたのがどう出るか」

 ◆ソーグリッタリング・池江師「集中力を高めるためにチークピーシズを着けることも考えています」

 ◆テルツェット・和田郎師「中山のマイル戦でも対応できるし、ハンデが53キロならチャンスはあると思います」

 ◆トーラスジェミニ・原騎手「57キロはいいし、コース替わりも歓迎。最後にダラッとする面が解消されていれば」

 ◆ブラックムーン・辻野師「9歳になったけど、体の張り、つやはいい。展開などがかみ合えば」

 ◆ベステンダンク・安達師「前走の1800メートルは長かった。今はマイルがベストだと思います」

 ◆ボンセルヴィーソ池添学師「中山に実績がありますし、斤量が軽くなるのもいいですね」

 ◆マイスタイル・昆助手「1年の休み明けを考慮すれば、仕上がりは悪くないですよ」

 ◆メイショウチタン・本田師「動きはまずまず。リラックスして走れれば楽しみ」

 ◆ルフトシュトローム・ルメール騎手「休み明けでもコンディションはいい。重賞を勝っているし、切れそうな馬」

 ◆レイエンダ・藤沢和師「調整は順調。昨年3着のレースなので頑張ってほしい」



★ダービー卿CTの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【ダービー卿チャレンジトロフィー2021予想】ウインカーネリアン、カラテ、スマイルカナ、トーラスジェミニの4頭が6項目オールクリア

【馬齢】

中山競馬場で行われた、2012年以降の1~3着馬延べ27頭の馬齢をみると、4歳から8歳まで幅広い。ただし、7歳以上の好走は前走重賞5着以内馬のみ。覚えておきたい傾向だ。

【前走人気】

2012年以降の1~2着馬延べ18頭のうち17頭は、前走の単勝人気が6番人気以内だった。例外の1頭はG1連対歴かつ芝マイルG2で勝利経験を持つ実績上位馬。相応の戦歴がないうえに、前走で低評価を受けていた馬は強調できない。

【前走使用距離】

2012年以降の2着以内馬の前走使用距離を検証すると、芝1400m、芝1600m、芝1800mの3パターン。これ以外のステップで臨んだ馬の最高着順は3着止まりとなっている。

【マイル実績】

2012年以降の2着以内延べ18頭中17頭が芝1600mの1着経験馬。残りの1頭には芝マイル重賞での連対歴があった。勝ち鞍ならびに重賞好走歴が1600m以外の距離に偏っている馬は疑ってかかりたい。

【中山芝実績】

2012年以降の2着以内延べ18頭全馬に、中山芝かつ3勝クラス(旧1600万下)より上のレースにおいて、5着以内またはタイム差0秒4以内の善戦・好走経験があった。中山適性が高そうな馬を重視する一戦と言えよう。

【休養明け】
2012年以降の3着以内馬はいずれも、前年の12月以降に1戦以上を消化していた。前走が前年の11月以前だった馬は割引が必要となる。

【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、ウインカーネリアンカラテスマイルカナトーラスジェミニの4頭。トップにはウインカーネリアンを推す。昨春の皐月賞で4着に健闘しており、ここへ入っても能力は見劣らない。2012年以降、前走3勝クラス(旧1600万下)組が【4.1.1.9】と活躍していることも心強い限りだ。

3連勝で東京新聞杯を制したカラテ、中山芝マイルで【3.1.0.0】と抜群の相性を誇るスマイルカナも上位評価に値する存在。58キロの斤量を克服した前走(東風S1着)から1キロ減のハンデで臨む、トーラスジェミニも軽くは扱えないだろう。

<注目馬>
ウインカーネリアン カラテ スマイルカナ トーラスジェミニ

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【ダービー卿チャレンジトロフィー2021予想】人気の盲点になりそうなU指数上位馬に人気馬を絡めれば万全!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

直近5年以内にU指数二桁順位の馬が5頭馬券に絡んでおり、指数順通りに買いづらいレース。しかしながら、5頭中4頭は5番人気以内であり、ピックアップするのが難しい指数も人気も低い馬が激走を繰り返しているわけではない。ゆえに有力馬の絞り込みは比較的容易だ。狙い目となるのは、2018年2着のキャンベルジュニア(1位、6番人気)や、2019年3着のマイスタイル(1位、7番人気)のような、高指数ながらも人気の盲点になっている馬たち。この手のタイプをうまく絡めることができれば、思わぬ好配当を手にできるかもしれない。

1頭目の注目馬は、前出のマイスタイル(98.5)だ。U指数は1位ながらも3戦連続二桁着順に終わっていることから、さらなる人気落ちは必至。もともと安定して走るタイプではないので、ここで一発があってもなんら驚けないだろう。同様に、2位のソーグリッタリング(97.9)も人気はなさそうなので、しっかり押さえておきたい。

12位タイのスマイルカナ(95.9)、登録馬中21位のカラテ(92.5)は、指数はまったく伸びていないものの上位人気確実なので、外すのは危険と判断する。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:309,149人(04月13日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【ダービー卿チャレンジトロフィー2021予想】急坂を力強く駆け上がれるデインヒルやRoberto、ノーザンテーストに注目

Fastnet Rock産駒のフィアーノロマーノ、母の父Fastnet Rockのプリモシーンの2頭でワンツー決着となった2019年が最たる例と言えるが、オーストラリアに所縁ある血脈が存在感を示す傾向にあり、昨年の勝ち馬クルーガーにおいてもクイーンエリザベスS-豪G1で2着になった経歴の持ち主だった。

ほか、デインヒルやRoberto、ノーザンテーストといった中山の急坂を力強く駆け上がることに長けた血脈を評価しやすく、過去5年の勝ち馬5頭含め、3着以内に好走した15頭のうち11頭がいずれかの血脈を保持している。なお、昨年は1着クルーガーと3着レイエンダがRoberto、2着ボンセルヴィーソがノーザンテーストを血統表の5代以内で抱えていた。


ウインカーネリアンは、父スクリーンヒーロー×母コスモクリスタル(母の父マイネルラヴ)。父スクリーンヒーローはRobertoとノーザンテーストを保持しており、その父グラスワンダーの母Amerifloraがデインヒルと相似な配合であることも強調しやすい。なお、同種牡馬は15年の勝ち馬モーリスを出している。本馬も全4勝のうち3勝を中山競馬場で挙げるコース巧者で、20年皐月賞でも17番人気の低評価を覆す走りで4着に好走していたほど。使われつつ調子を上げる血統でもあり、短期放牧明け2戦目となる臨戦にも好感を抱ける。

ルフトシュトロームは、父キンシャサノキセキ×母ハワイアンウインド(母の父キングカメハメハ)。本馬は2代母の父にデインヒルを保持しているが、父キンシャサノキセキがオーストラリア産であることにも注目すべきだろう。中山芝1600mでデビューから3連勝した実績を持つが、ニュージーランドトロフィーでは4角で外に振られる不利がありながらも差し切ったように、その瞬発力には非凡な才を感じられる。前走の大敗は夏負けを敗因のひとつに挙げており、元より右トモに不安を抱えていたこともあるので、今回は成長した姿を見せられるか否か試金石の一戦となりそうだ。

カテドラルは、父ハーツクライ×母アビラ(母の父ロックオブジブラルタル)。母の父ロックオブジブラルタルがデインヒルの直仔となり、この母の父からは17年の勝ち馬ロジチャリスが出ている。なお、父ハーツクライも延べ3頭が出走して16年1着マジックタイム、19年3着マイスタイルと存在感を放つ。半兄ジェベルムーサは大味な捲り差す競馬を得意としていたが、本馬はあまり長く脚を使えるタイプではないので、直線の短い中山で一瞬の脚を活かせる展開になって欲しいところだろう。

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【ダービー卿チャレンジトロフィー2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年4月4日() 中山/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 4 クルーガー 石橋脩 1:32.8 10.2 4 35.2 103.2
2 5 ボンセルヴィーソ 木幡巧也 1:33.1 51.6 13 35.4 100.9
3 6 レイエンダ 丸山元気 1:33.1 ハナ 11.8 5 35.2 100.9
4 11 ケイアイノーテック 津村明秀 1:33.2 1/2 13.0 6 34.9 100.1
5 7 プリモシーン M.デムーロ 1:33.3 1/2 2.4 1 35.2 99.4
2019年3月30日() 中山/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 2 フィアーノロマーノ 川田将雅 1:31.7 6.0 2 34.8 105.4
2 12 プリモシーン 福永祐一 1:31.7 クビ 7.1 3 34.0 105.4
3 13 マイスタイル 横山典弘 1:31.7 ハナ 13.6 7 34.5 105.4
4 14 ダイアトニック 北村友一 1:31.9 1 1/4 10.2 5 33.4 103.9
5 5 ギベオン 蛯名正義 1:32.0 3/4 7.2 4 35.0 103.1
2018年3月31日() 中山/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 9 ヒーズインラブ 藤岡康太 1:32.2 6.5 4 34.1 104.2
2 3 キャンベルジュニア 石橋脩 1:32.3 1/2 13.4 6 34.7 103.4
3 15 ストーミーシー 大野拓弥 1:32.4 3/4 26.3 9 34.1 102.7
4 6 テオドール 吉田隼人 1:32.6 1 1/4 13.3 5 34.2 101.2
5 4 グレーターロンドン 田辺裕信 1:32.7 1/2 3.6 1 34.3 100.4

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【ダービー卿チャレンジトロフィー2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2005年の優勝馬ダイワメジャー

3月下旬~4月上旬に開催されるマイル戦として定着するようになった第28回(1996年)以降、上半期のマイル王決定戦・安田記念へのステップレースとして機能するようになった一戦。第30回(1998年)の勝ち馬ブラックホークは、翌年のスプリンターズステークスと2年後の安田記念を制覇。第37回(2005年)は前年の皐月賞ダイワメジャーが喘鳴症の手術を乗り越えてこのレースで復活し、のちにG1 4勝を挙げるに至った。また、第47回(2015年)の勝ち馬欄には、その後に国内外で圧倒的なパフォーマンスを披露するモーリスの名前が刻まれている。

歴史と概要をもっと見る

ダービー卿チャレンジ特集 バックナンバー