ギルデッドミラー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ギルデッドミラー
ギルデッドミラー
ギルデッドミラー
ギルデッドミラー
ギルデッドミラー
ギルデッドミラー
写真一覧
現役 牝6 鹿毛 2017年2月19日生
調教師松永幹夫(栗東)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績22戦[4-5-3-10]
総賞金18,239万円
収得賞金6,350万円
英字表記Gilded Mirror
血統 オルフェーヴル
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
タイタンクイーン
血統 ][ 産駒 ]
Tiznow
Ensnare
兄弟 ミラアイトーンリアド
市場価格
前走 2023/01/29 根岸ステークス G3
次走予定

ギルデッドミラーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
23/01/29 東京 11 根岸S G3 ダ1400 16365.122** 牝6 55.0 三浦皇成松永幹夫 496
(+6)
1.22.6 0.135.0⑩⑪レモンポップ
22/11/12 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 166116.021** 牝5 54.0 三浦皇成松永幹夫 490
(-6)
1.35.6 -0.034.8⑦⑦レモンポップ
22/10/10 東京 11 グリーンCC (L) ダ1600 162311.152** 牝5 55.0 三浦皇成松永幹夫 496
(0)
1.33.6 0.134.1⑦⑦デシエルト
22/08/21 新潟 11 NST賞 OP ダ1200 157128.751** 牝5 53.0 三浦皇成松永幹夫 496
(+10)
1.10.1 -0.035.9⑧⑦ノンライセンス
22/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 123311.969** 牝5 54.0 D.レーン松永幹夫 486
(+2)
1.20.7 0.533.5⑪⑪メイケイエール
22/04/02 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 163513.985** 牝5 53.0 石橋脩松永幹夫 484
(-10)
1.32.7 0.434.7⑤⑨⑦タイムトゥヘヴン
22/02/19 阪神 11 京都牝馬S G3 芝1400 186116.136** 牝5 54.0 福永祐一松永幹夫 494
(+8)
1.20.5 0.834.1⑨⑪ロータスランド
21/12/18 中山 11 ターコイズS G3 芝1600 1681538.0133** 牝4 54.0 戸崎圭太松永幹夫 486
(-2)
1.33.1 0.335.6⑨⑦⑥ミスニューヨーク
21/10/30 阪神 11 MBSスワン G2 芝1400 184820.5711** 牝4 54.0 団野大成松永幹夫 488
(-2)
1.21.2 0.534.6⑮⑭ダノンファンタジー
21/06/26 札幌 11 TVh賞 OP 芝1200 14454.315** 牝4 54.0 池添謙一松永幹夫 490
(+10)
1.08.1 0.334.1⑦⑦ロードアクア
21/04/10 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 12228.757** 牝4 54.0 池添謙一松永幹夫 480
(+2)
1.32.4 0.433.2⑤⑤デゼル
21/02/20 阪神 11 京都牝馬S G3 芝1400 1681510.052** 牝4 54.0 福永祐一松永幹夫 478
(+4)
1.20.3 0.333.9⑪⑩イベリス
20/12/12 阪神 11 リゲルS (L) 芝1600 178176.9314** 牝3 53.0 福永祐一松永幹夫B 474
(+4)
1.34.0 0.934.1⑦⑤シュリ
20/10/18 新潟 11 信越S (L) 芝1400 167143.5112** 牝3 52.0 岩田望来松永幹夫 470
(-8)
1.21.7 0.834.8⑩⑧ジャンダルム
20/07/19 阪神 11 中京記念 G3 芝1600 187153.616** 牝3 51.0 北村友一松永幹夫 478
(+10)
1.33.0 0.335.3メイケイダイハード
20/05/10 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 183619.063** 牝3 55.0 福永祐一松永幹夫 468
(0)
1.32.8 0.334.2⑥⑤ラウダシオン
20/04/18 阪神 11 アーリントン G3 芝1600 127106.242** 牝3 54.0 岩田望来松永幹夫 468
(-2)
1.34.6 0.336.8⑥④タイセイビジョン
20/03/07 阪神 6 3歳1勝クラス 芝1400 10222.811** 牝3 54.0 福永祐一松永幹夫 470
(0)
1.20.6 -0.433.9⑥⑥グランレイ
20/02/16 京都 9 こぶし賞 1勝クラス 芝1600 7772.712** 牝3 54.0 福永祐一松永幹夫 470
(+2)
1.38.9 0.035.6サトノインプレッサ
19/10/26 京都 9 萩ステークス (L) 芝1800 7334.835** 牝2 54.0 A.シュタ松永幹夫 468
(-4)
1.51.4 0.634.9⑥⑦ヴェルトライゼンデ

⇒もっと見る


ギルデッドミラーの関連ニュース

単勝160円の断然人気に支持されたレモンポップが、直線半ばで抜け出し完勝。重賞初制覇を飾った。戸崎圭太騎手(42)=美・田島=は中山金杯に次ぐ今年の重賞2勝目。これでフェブラリーS(2月19日、東京、GⅠ、ダ1600メートル)の優先出走権を獲得したが、参戦するかどうかは馬の状態も含めて検討される。

砂の大器が待望の初タイトル獲得だ。単勝1・6倍の断然人気に支持されたレモンポップが、ハイペースもお構いなしに残り300メートルで堂々と先頭へ。負け知らずの東京ダ1400メートルでは主役を譲らんとばかりに、力強く押し切った。

「勝ててほっとしました。スタートはいつもより遅れたのですが、二の脚も、センスもあり、ポジションもいいところを取れました」

デビューから全ての手綱を取る戸崎騎手が、10戦目での重賞初制覇に笑みを浮かべた。終わってみれば正攻法の競馬で、「直線に向いての手応えも十分で、追い出しをどこから行くかなという感じ。他馬に早めに来られてそのぶん早く脚を使いましたが、よくしのいでくれました」と前走の武蔵野S(2着)で先着を許したギルデッドミラーにリベンジ。走破タイム1分22秒5も良馬場の根岸Sでは2020年モズアスコットの1分22秒7を上回る過去最速だ。

管理する田中博康調教師は「最後はいっぱいいっぱいでしたが、よくしのいでくれました」と人馬の奮闘に感謝。レモン同様に自身も開業6年目での重賞初制覇で「周りの開業同期も優秀で早くそこに入っていきたいと思っていました。レモンポップで達成できてうれしい。管理馬の質が上がり、一生懸命頑張ってくれるスタッフともビジョンを共有できています」と喜びを語った。

「まだ前がかりの重心だったり成長がほしい部分もある。そこが改善してくれば、もっといいパフォーマンスができると思う。5歳ですが、まだ変わってきそうな雰囲気がありますね」

3週後のフェブラリーS参戦については状態を慎重に見極めてからの判断だが、目を輝かせて期待馬の将来性を語るトレーナーの言葉には、さらなる上のステージで戦う手応えが感じられた。(板津雄志)

レモンポップ 父レモンドロップキッド、母アンリーチャブル、母の父ジャイアンツコーズウェイ。栗毛の牡5歳。美浦・田中博康厩舎所属。米国産。馬主はゴドルフィン。戦績10戦7勝。獲得賞金1億6503万6000円。重賞は初勝利。根岸S田中博康調教師が初勝利。戸崎圭太騎手は2016年モーニンに次いで2勝目。馬名は「レモンスカッシュ」。

【根岸S】ギルデッドミラー、追い込み届かず2着で重賞連勝ならず 三浦「スタートで少し滑らせてしまった」 2023年1月30日(月) 04:59

武蔵野Sに次ぐ重賞連勝を狙った2番人気のギルデッドミラーは、中団追走から直線は自慢の末脚を繰り出して猛然と追い込んできたが、半馬身届かずに2着。「初めてのダートスタートなので気をつけていたが、少し(後肢を)滑らせてしまった。追い出すと素晴らしい反応で、差し切れるかと思いましたが、勝った相手にもうひと伸びされてしまった」と三浦騎手は悔しさをにじませた。

[もっと見る]

【根岸S】ギルデッドミラー前走の再現ならず2着 三浦「勝ち切れずに申し訳ありません」 2023年1月29日() 18:00

1月29日の東京11Rで行われた第37回根岸ステークス(4歳以上オープン、別定、GⅢ、ダート1400メートル、16頭立て、1着賞金=4000万円)は、戸崎圭太騎手の1番人気レモンポップ(牡5歳、美浦・田中博康厩舎)が好位から抜け出し重賞初制覇。フェブラリーS(2月19日、東京、GI、ダート1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分22秒5(良)。

重賞連勝を狙った2番人気ギルデッドミラーは、中団後方を追走すると、直線で外に持ち出しメンバー上がり最速35秒0の末脚で前走武蔵野Sの再現を狙ったが半馬身届かず2着に敗れた。

三浦皇成騎手「初めてのダートスタートなので気をつけていたのですが、少し(後肢を)滑らせてしまった。追い出すと素晴らしい反応で差し切れるかと思いましたが、勝った相手にもうひと伸びされた。勝ち切れずに申し訳ありません」

[もっと見る]

【根岸S】レモンポップが直線堂々と抜け出し重賞初V!東京ダート千四は5戦5勝 2023年1月29日() 16:44

1月29日の東京11Rで行われた第37回根岸ステークス(4歳以上オープン、別定、GⅢ、ダート1400メートル、16頭立て、1着賞金=4000万円)は、戸崎圭太騎手の1番人気レモンポップ(牡5歳、美浦・田中博康厩舎)が前4頭を見る絶好の位置でレースを進めると、直線では抜群の手応えで堂々と抜け出し、外から猛追してきたギルデッドミラー(2番人気)を半馬身差振り切って重賞初制覇を果たした。フェブラリーS(2月19日、東京、GI、ダート1600メートル)の優先出走権を獲得、これで東京ダート1400メートルは5戦5勝となった。開業6年目、37歳の田中博康調教師はJRA重賞初制覇。タイムは1分22秒5(良)。

2着馬から3/4差遅れた3着には、川田将雅騎手のバトルクライ(4番人気)が入った。なお、連覇を狙ったテイエムサウスダンは14着、昨年2着のヘリオスは15着に敗れた。

戸崎圭太騎手(1着 レモンポップ)「勝ててほっとしました。この馬はすごく乗りやすい馬なのでどういうレースでも対応できると思っていました。スタートはいつもより遅れたのですが、二の脚も、センスもあり、ポジションもいいところを取れましたし、リズム良く走ってくれました。直線に向いての手応えも十分で、追い出しをどこから行くかなという感じでした。(他馬に)ちょっと早めに来られてそのぶん早く脚を使いましたが、よくしのいでくれました。レモンポップはパワーもスピードもレースセンスもあって、申し分ないですね。(優先出走権を得たフェブラリーSについて)1600メートルは前走でも走れていますし、ギリギリなところはありますが、この馬なら走ってくれると思いますね。初重賞を取れたことで勢いがつきますし、またさらに大きいところを取ってもらいたいです」

根岸Sを勝ったレモンポップは、父Lemon Drop Kid、母Unreachable、母の父Giant’s Causewayという血統。アメリカ・ Mr. & Mrs. Oliver S. Taitの生産馬で、馬主はゴドルフィン。通算成績は10戦7勝。重賞は初制覇。田中博康調教師は根岸S初勝利、戸崎圭太騎手は2016年モーニンに次いで2勝目。




[もっと見る]

【根岸ステークス】入線速報(東京競馬場) 2023年1月29日() 15:49

東京11R・根岸ステークス(1回東京2日目 東京競馬場  ダート・左1400m サラ系4歳以上オープン)は、1番手13番レモンポップ(単勝1.6倍/1番人気)、2番手6番ギルデッドミラー(単勝5.1倍/2番人気)、3番手14番バトルクライ(単勝12.8倍/4番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連6-13(3.9倍) 馬単13-6(5.3倍) 3連複6-13-14(10.7倍) 3連単13-6-14(26.1倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2023012905010211
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】根岸S2023 徳光和夫さん、ジャンポケ・斉藤さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2023年1月29日() 06:30


※当欄では根岸Sについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【徳光和夫】
3連複ボックス
ホウオウアマゾン
アドマイヤルプス
ギルデッドミラー
タガノビューティー
レモンポップ
バトルクライ
ワイド流し
③-①②⑤⑥⑧⑩⑬⑭

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎④セキフウ
複勝


【DAIGO】
◎⑥ギルデッドミラー

【林修】
注目馬
ギルデッドミラー

【神部美咲】
◎⑬レモンポップ

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑬レモンポップ
○②ヘリオス
▲①オーロラテソーロ
△⑤アドマイヤルプス
△⑦レディバグ
△⑧テイエムサウスダン

【キャプテン渡辺】
◎⑥ギルデッドミラー
3連複2頭軸流し
⑥-⑬-①⑤⑦⑮
3連単フォーメーション
⑥⑬→⑥⑬→①⑤⑦⑮

【長岡一也】
◎⑬レモンポップ
○⑥ギルデッドミラー
▲⑭バトルクライ
△②ヘリオス
△④セキフウ
△⑧テイエムサウスダン
△⑩タガノビューティー

【原奈津子】
◎⑥ギルデッドミラー
○⑧テイエムサウスダン
▲②ヘリオス

【船山陽司】
◎②ヘリオス

【皆藤愛子】
◎⑭バトルクライ

【高田秋】
◎⑥ギルデッドミラー

【粗品(霜降り明星)】
◎②ヘリオス
馬連流し
②-④⑥⑧⑩⑬⑭

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑥ギルデッドミラー
ワイド流し
⑥-①⑤⑧⑩⑬
ワイドボックス
オーロラテソーロ
アドマイヤルプス
テイエムサウスダン
タガノビューティー
レモンポップ

【杉本清】
◎⑥ギルデッドミラー

【小木茂光】
◎④セキフウ
3連単フォーメーション
④⑩⑬→②④⑤⑥⑧⑩⑬⑭→④⑩⑬

【田中裕二(爆笑問題)】
◎④セキフウ

【橋本マナミ】
◎⑬レモンポップ

【酒井一圭(純烈)】
◎⑬レモンポップ

【横山ルリカ】
◎⑬レモンポップ

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑬レモンポップ

【中野雷太】
◎⑬レモンポップ

【清水久嗣】
◎⑩タガノビューティー

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑬レモンポップ

【熊切あさ美】
◎⑬レモンポップ

【天童なこ】
◎⑩タガノビューティー
○⑬レモンポップ
▲⑤アドマイヤルプス
☆⑧テイエムサウスダン
△④セキフウ
△⑥ギルデッドミラー
△①オーロラテソーロ
△②ヘリオス
△⑭バトルクライ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ギルデッドミラーの関連コラム

閲覧 1,357ビュー コメント 0 ナイス 5


AJCCは岩田康誠騎手騎乗のノースブリッジが勝利。道中は内でじっくりと脚を溜めて抜け出す、ジョッキーの得意パターンだった。

岩田康誠騎手は、継続騎乗で手の内に入れていくのが最近の勝負パターン。ノースブリッジには2歳時から騎乗しており、今回も2週連続で調教にまたがっていた。まさに「満を持して」の一戦だった。ノースブリッジ自身も最近にしては珍しく2年以上放牧に出さず在厩調整を続けている。これで重賞2勝目、成長力のあるモーリス産駒だけに、今年はG1戦線でも期待できそうだ。

敗れた中ではユーバーレーベンが久々に好走。東京でG1を制したことで東京を使われる機会が多かったが、本来は上りが掛かる中山の方が合うタイプ。これをキッカケに再浮上できれば面白い。

期待した◎ラーゴムは、4コーナーで外から上がって来た際にはやったかと思ったが、あとひと伸びを欠いてしまった。昨年ほど外が伸びる馬場にはならなかった点も痛かった。

また、1倍台の支持を集めたガイアフォースは5着どまり。すっかり白くなった馬体の美しさに画面越しとはいえ目を奪われたが、同コースで行われたセントライト記念の時のような伸びが見られなかった。そんなガイアフォースに絡めて、今回は配当の話を少ししてみたい。

今回1倍台のガイアフォースが飛んだことにより、上位3頭の複勝配当は、

ノースブリッジ 300円
エヒト 380円
ユーバーレーベン 270円

ご覧の通り、人気を考えればなかなかの高配当だった。複勝オッズは1倍台の馬が4着以下に敗れると期待値以上に跳ねる傾向にあり、今回もまさにその傾向通り。

さらに象徴的だったのは、土曜小倉の3R。このレースでは単勝1.3倍という断然の支持を集めたカンフーダンスが6着に敗れる波乱が起こり、複勝が大波乱。

勝った2番人気のメタマックスは、なんと単勝340円、複勝400円という理論上は考えれない逆転現象が起こった。2着のクリーデンスも、単勝オッズ17.5倍ながら複勝配当は1,160円、3着コスモジョセフも同様に、単勝オッズ22.8倍ながら、複勝配当1,220円。

単勝1倍台の馬が4着以下に敗れると、複勝は期待値以上に跳ねるケースが多い。心情的には逆転を期待できるほかの馬の単勝を買いたくなるが、相手筆頭1番手の単勝は逆に売れ過ぎになることが多い。

様々なファン心理を反映した結果の、単複逆転現象だった。こういう配当をピンポイントで狙うのは現実的ではないかもしれないが、単勝1倍台の馬が飛ぶと、途端に他の馬の複勝は跳ねる、ということくらいはアタマに入れておけば生かせるシーンがあるはずだ。

~今週末の注目馬~

というわけで、最後は根岸Sの注目馬で締めたい。現時点での狙いはコチラ。

レモンポップ戸崎圭太騎手)

レモンポップに注目。フェブラリーSに向けて好メンバーが揃ったが、その中でも安定感ならこの馬。戦績通りレースセンスが高く抜群の安定感を誇る馬。正攻法の戸崎騎手とも手が合っており、本番のマイルよりも、前哨戦でこそのタイプだ。この舞台なら武蔵野Sで敗れたギルデッドミラーを逆転することも可能とみる。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

栃木県出身、競馬予想家。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』(ガイドワークス)など著書多数。最新刊は『馬券力の正体 収支の8割は予想力以外で決まる』(オーパーツ・パブリッシング)。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年11月11日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】日常と異なる競馬は波乱度が高い/エリザベス女王杯展望
閲覧 1,659ビュー コメント 0 ナイス 4


アルゼンチン共和国杯ブレークアップが好位から抜け出して勝利。田辺騎手らしい、道中リラックスさせる技術が詰まった一戦だった。

田辺騎手は馬のリズムを重視するタイプのジョッキーで、ゆえにスタミナを温存することが上手い。アスクビクターモア菊花賞制覇も同騎手の技術の賜物だったと思うが、続いての長距離重賞制覇となった。昨年のステイヤーズSも制しており、今や“長丁場の田辺”はひとつの格言になりつつある。

さて、今週末は再び4重賞。エリザベス女王杯も当然注目だが、それは最後に取り上げるとしてココでは武蔵野Sの話を少ししたい。

というのも、武蔵野ステークスは波乱度の高い重賞だ。過去5年で見ても、3連単100万超が2回、20万超が1回。1番人気の馬券圏内は4年前のサンライズノヴァ(1着)ただ一頭のみとなっている。なぜよく荒れるのかということになるが、それはいわゆる「非日常の競馬」だからだろう。

非日常とは何か、もう少しわかりやすく表現すると、普段とは異なる適性を問われる競馬…といえば良いだろうか。ダート競馬で普段問われる適性とは、いわゆる先行力、立ち回り力、パワーといった、とにかく前に行って踏ん張る力だ。基本的にダートは常に前有利。いかに上手に立ち回って粘り込めるか…というのがダート競馬だ。

しかし、武蔵野ステークスはJRAにおける唯一のダート1600mを舞台に行われる。芝スタートに加えて直線も長く、通常のダート競馬における先行力よりも直線の決め手や末脚が重要になる。つまり日常問われている適性とはまったく異なる適性が重要になる。日常と違うのだから、近走の成績などアテにならず、むしろ前年の好走馬や、同コースの実績馬が幅を利かせることになる。前述した4年前の覇者サンライズノヴァは2年前にも当レースを制覇。ソリストサンダーは一昨年11番人気で2着、昨年は3番人気で1着。エアスピネルは一昨年8番人気で3着、昨年は2番人気で2着。

この理屈だと同コースのフェブラリーSも荒れなくては道理に合わないことになるが、フェブラリーSは仮にもG1。トップホースが集まる目標の一戦だけに、紛れは少なくなる。位置づけとしては中途半端になる前哨戦のG3である武蔵野ステークスは、その分紛れも多い。

今年は恐らくレモンポップが人気を集めそうだが、馬券的な妙味はこれまでの話の流れからすれば過去2年既に好走実績があるエアスピネルサンライズノヴァも過去2度当レースを制しており、適性的には申し分ない。新興勢力ならダートに替わって底を見せていないギルデッドミラーあたりだろうか。いずれにしても、武蔵野ステークスは非日常の競馬。今年も穴馬の台頭に期待してみたい。

エリザベス女王杯展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末はエリザベス女王杯。注目馬はコチラ。

ウインマイティー和田竜二騎手)

これまでの話の続きになるが、実はエリザベス女王杯も非日常の競馬。数少ない「牝馬のスタミナ戦」である。通常牝馬限定戦はスピードと切れ味が重要になる。ところが長距離のこのレースはむしろスタミナや持久力を問われる。とりわけ阪神開催になると、スタミナ色は強くなる。
というわけで、注目はウインマイティー。牝馬のスタミナホースを多数輩出するゴールドシップ産駒。ウインマイティー自身も前走は長距離の京都大賞典で好走。根性のある和田騎手、追い比べでしぶとさを問われれば浮上してくるはずだ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年2月16日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年02月16日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(293)
閲覧 2,001ビュー コメント 0 ナイス 2



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、京都牝馬ステークスダイヤモンドステークス・ヒヤシンスステークス・小倉大賞典・大和ステークス・フェブラリーステークスの6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2022年02月19日(土) 阪神11R 京都牝馬ステークス
【“前年以降、かつ中央場所、かつ1400~1600m、かつ3勝クラス以上のレース”において“着順が2着以内、かつ4コーナー通過順が3番手以下”となった経験の有無別成績(2016年以降)】
●あり [5-5-6-23](3着内率41.0%)
●なし [1-1-0-57](3着内率3.4%)
→コース適性や脚質が明暗を分けそう。特別登録を行った馬のうち“2021年以降、かつ中央場所、かつ1400~1600m、かつ3勝クラス以上のレース”において“着順が2着以内、かつ4コーナー通過順が3番手以下”となった経験があるのは、アクアミラビリスギルデッドミラーシゲルピンクルビースカイグルーヴハッシュゴーゴーロータスランドの6頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
阪神芝1400m内×オルフェーヴル×前走中央場所
→3着内率40.7%、複勝回収率129%


▼2022年02月19日(土) 東京11R ダイヤモンドステークス
【前走のコースがJRAだった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2016年以降)】
●3位以内 [4-3-3-15](3着内率40.0%)
●4位以下 [2-2-3-52](3着内率11.9%)
→前走の末脚に注目したい一戦。なお、前走のコースがJRA、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が4位以下だったにもかかわらず3着以内となった7頭のうち5頭は、前走の馬体重が490kg以上、かつ父がサンデーサイレンス系種牡馬でした。


▼2022年02月20日(日) 東京09R ヒヤシンスステークス
【前走との間隔別成績(2016年以降)】
●中3週以内 [0-0-0-27](3着内率0.0%)
●中4週以上 [6-6-6-36](3着内率33.3%)
→前走との間隔に余裕がない馬は不振。さらに、前走の馬体重が480kg未満だった馬も2016年以降[0-0-1-25](3着内率3.8%)と苦戦しています。


▼2022年02月20日(日) 小倉11R 小倉大賞典

[もっと見る]

2021年4月7日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年04月07日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(248)
閲覧 2,251ビュー コメント 0 ナイス 5



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、阪神牝馬ステークス・ニュージーランドトロフィー・忘れな草賞・大阪-ハンブルクカップ・春雷ステークス・桜花賞の6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2021年04月10日(土) 阪神11R サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス
【血統別成績(2016年以降)】
●父がサンデーサイレンス系種牡馬 [5-5-5-38](3着内率28.3%)
●父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [0-0-0-19](3着内率0.0%)
→サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が優勢。特別登録を行った馬のうち、父がサンデーサイレンス系種牡馬なのは、エーポスギルデッドミラーデゼルマジックキャッスルメイショウショウブリアアメリアの6頭だけです。


▼2021年04月10日(土) 中山11R ニュージーランドトロフィー
【前走の4コーナー通過順別成績(2016年以降)】
●1番手 [0-0-0-10](3着内率0.0%)
●2~8番手 [5-5-5-38](3着内率28.3%)
●9番手以下 [0-0-0-14](3着内率0.0%)
→脚質に注目したい一戦。極端な競馬をした直後の馬は上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
中山芝1600m外×スクリーンヒーロー×前走馬体重460kg以上
→3着内率37.1%、複勝回収率170%


▼2021年04月11日(日) 阪神09R 忘れな草賞

[もっと見る]

2021年2月26日(金) 16:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(2/20~2/21) nigeプロがG1フェブラリーS 30万5130円払戻し! シムーンプロは土曜東京4R▲ハコダテブショウ◎マイグレーション的中!
閲覧 889ビュー コメント 0 ナイス 3

21(日)に行われたG1フェブラリーSほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
G1フェブラリーSでは、「これだけもまれたら嫌なのが印象付けられているので人気が下がる。正直、世間に言われているほどもまれてサッパリとは思っていない。チャンピオンズC当時に、積極的に狙うなら来年のフェブラリーS、とした通り狙う」と評した◎カフェファラオから3連単300円分を的中。しめて30万5130円払戻しのスマッシュヒットをマークしました。G3京都牝馬Sでも◎▲的中を記録した先週は、土日2日間トータル回収率345%、収支23万7330円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
大波乱決着となった20(土)の東京4R3歳1勝クラスで、「前走はチグハグな競馬。変わり身があってもいい」とした◎マイグレーション(単勝188.0倍)から▲ハコダテブショウ(同53.3倍)との馬連218,040円馬券を的中。計40万6250円を払戻す(8125%回収)圧巻の一撃をマーク! 21(日)のG1フェブラリーS小倉5R3歳未勝利阪神12R4歳以上1勝クラスなどでも好調予想を披露した先週は、土日2日間トータル回収率236%、収支31万4370円の大幅プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
20(土)の2重賞をG3京都牝馬SイベリスG3ダイヤモンドSグロンディオーズで的中。他にも、21(日)小倉2R3歳未勝利クインズセージ、同阪神11R大和S◎○的中、G1フェブラリーS○◎的中などの活躍ぶり。土日2日間ともにプラスで終え、週間回収率148%、的中率40%、収支10万7450円のハイパフォーマンスを記録。2週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
先週は、20(土)G3京都牝馬Sでの○イベリスギルデッドミラーブランノワール的中や、21(日)阪神3R3歳未勝利的中、東京3R3歳新馬的中、阪神10R斑鳩S的中などでヒットを連発。そして迎えたG1フェブラリーSでは、「一番良い頃と遜色ない出来。元々涼しい冬場の方がパフォーマンスを上げていた馬でもあり、今年のメンバーならば勝ち負けまで意識して良い」とした◎エアスピネルから、3連複含め計94,680円払戻しをマーク。週間トータル回収率131%、収支11万3680円プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、セイリュウ1号プロ(181%)、いっくんプロ(165%)、織本一極プロ(123%)、導師嵐山プロ(113%)、岡村信将プロ(110%)、ゼット1号プロ(105%)、エース2号【予想MC限定】プロ(102%)らがプラス収支をマークしています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2020年7月12日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年07月12日号】特選重賞データ分析編(210)~2020年中京記念~
閲覧 2,321ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 トヨタ賞 中京記念 2020年07月19日(日) 阪神芝1600m外


<ピックアップデータ>

【“同年3月以降、かつJRAのレース”において2着以内となった経験の有無別成績(2015年以降)】
○あり [3-4-5-23](3着内率34.3%)
×なし [2-1-0-42](3着内率6.7%)

 近走成績を素直に評価したい一戦。格の高いレースばかり使っていた馬を含め、同年3月以降のレースで連対のない馬は期待を裏切りがちでした。該当馬はたとえ実績上位でも評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→ギルデッドミラーソーグリッタリングベステンダンク
主な「×」該当馬→ディメンシオンハッピーアワープリンスリターン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5歳以下」だった馬は2015年以降[4-5-4-33](3着内率28.3%)
主な該当馬→ギルデッドミラーハッピーアワープリンスリターン

[もっと見る]

⇒もっと見る

ギルデッドミラーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 117ビュー コメント 0 ナイス 4

おはようございます!(=^・^=)
いつも訪問される方々、ありがとうございます。

私的な事ですが、先月末”Biglobeウェブリブログ”が終了…残念。19年間、お世話になったことで、いろいろ学んだ?? と思う。お疲れ様でした。

明日「2月3日」は「節分」。しかし、一昨年(2021年)の節分の日は2月2日でした。これは124年ぶりの出来事。何故、日にちが動いたのでしょうか? それには太陽と地球の動きが関係??

実は地球が太陽の周りを1周するのに、実際には365日と約6時間。この6時間が4年で1日になるため、閏年(うるうどし)で調整。しかし、二十四節気の場合は閏年では追いつかず、45分ほどずれ続けている。この調整のため2021年は立春が1日ずれて2月3日となり、その前日である節分も2月2日となった。ちなみに、2025年には再びは2月2日になります。

【2023週間スケジュール】

一週間の基本的な更新スケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : 今週末 土、日曜の重賞(日刊馬番コンピ指数 等)
火曜日 : 先週末 土、日曜の重賞回顧(日刊馬番コンピ指数 等)
水曜日 : 先週末 土、日曜の重賞回顧(血 統 等)
木曜日 : 先週末 土、日曜の重賞回顧(日記)等
金曜日 : 検討中??
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(当日07時ごろ更新予定)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧(当日19時ごろ更新予定)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(当日07時ごろ更新予定)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧(当日19時ごろ更新予定)

noteのアドレス: https://note.com/haya00  

宜しくお願い致します。

【重賞レース予想 第2期途中経過】
第2期(1月28日~2月19日)6日間(根岸S~フェブラリーS)11戦

週末競馬は、当てる事ができたのか!?

29日(日)根岸ステークス(G3)では8番テイエムサウスダンを推奨!
複勝(8番テイエムサウスダン) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

29日(日)根岸ステークス(G3)で推奨馬テイエムサウスダン(3人気)は、スタート良く3,4番手追走のまま直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、追い出されても反応鈍く馬群へと沈み込み14着惨敗…残念。

レースは、好位集団でレースを進めたレモンポップ(1人気)が、直線で馬なりのまま先頭に立つと、追い込むギルデッドミラー(2人気)を振り切って1/2馬身差で優勝。さらに3/4馬身差の3着にバトルクライ(4人気)が入り、本命決着!! 当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。

反省点として、推奨馬の選択!? あくまで言い訳だが、昨年(1着)のイメージ(残像)が残ってる為か? 前日(土曜)のルメール騎手の成績(6勝)もあり選択…反省。検証後、過去データに「前年好走馬(リピーター)は評価を下げよ!(苦戦必至)」があり、要注意!! また、前走が東京ダート1400㍍だった馬4頭が3着以内を占め、東京ダート1600㍍だった馬は根岸Sの2頭。つまり、東京ダートは同距離か距離短縮を狙う。さらにいえば、東京ダート1600㍍は前走東京ダート1400㍍組を疑え!?

29日(日)シルクロードS(G3)では8番マッドクールを推奨!
単勝(8番マッドクール) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

29日(日)シルクロードS(G3)で推奨馬マッドクール(1人気)は、スタート良くそのまま先頭に立って逃げて直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、ゴール手前で接戦になり最後差されて3着…残念。

レースは、中団馬群でレースを進めたナムラクレア(2人気)が、直線で内目を突いて伸びると、その外から伸びたファストフォース(10人気)との接戦を制して、これにアタマ差をつけ優勝。さらにクビ差の3着に逃げ粘ったマッドクール(1人気)が入り、中波乱決着!? 当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。

反省点として、推奨馬の選択!? まさか推奨馬マッドクールが逃げるとは? が正直なところで、逆に2着馬ファストフォースが逃げてれば…残念。本番と同じ舞台を経験するという意味で、右回り中心だったナムラクレアにとってこの勝利は大きい!! 古馬の前哨戦は競馬場か距離が異なるよう設定されているので、変則日程によって誕生した中京のシルクロードSは貴重な存在!? ちなみに、昨年高松宮記念を勝ったナランフレグは2走前がシルクロードS3着だった。

【短 評】
週末、2戦2敗…完敗みたいな感じ。2レース共に、古馬G1戦(フェブラリーS/高松宮記念)の前哨戦(同競馬場)だったこともあり、個人的にマーク?? まず、G3根岸ステークス(ダ1400㍍)からは、2着馬ギルデッドミラー。そして、G3シルクロードS(芝1200㍍)からは、1着馬ナムラクレア。両頭共に、人気上位馬になると思われるが、軸馬として推奨!! 

レース後の検証ならわかるように、レース前に何故? 気がつかないのか?? ことわざに「井の中の蛙、大海を知らず」とある。つまり、自分の狭い知識や考えにとらわれて、他の広い世界のあることを知らないで得々としているさまを言うらしいのだが、または、「木を見て森を見ず」(細かい部分にこだわりすぎて、大きく全体や本質をつかまないこと) 等々、どれも現在の心境にあてはまる。今週末(東京新聞杯、きさらぎ賞)も悩ましい??

【先週重賞レースの馬番コンピ 回顧篇】
(根岸ステークス)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1位"
13番レモンポップが該当=結果1着的中!(複勝110円)

(シルクロードS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
15番トウシンマカオが該当=結果4着ハズレ…(ノД`)・゜・。

【今週末重賞レースの馬番コンピポイント篇】

(東京新聞杯)
注目(複勝)したのは、”日刊馬番コンピ指数値55~54”

*無条件
過去10年内(6-2-1-6)
勝率40%/連対率53%/複勝率60%/単勝回収値310/複勝回収値141
近5年内 (2-2-1-4)
勝率22%/連対率44%/複勝率55%/単勝回収値215/複勝回収値132

人気上位馬の不安定さが目立つレース!?
昨年(8着/指数値55)外れているだけに、今年こそは期待大!?

(きさらぎ賞)
注目(複勝)したのは、”日刊馬番コンピ指数1位”

*無条件
過去10年内(2-4-1-3/10)
勝率20%/連対率60%/複勝率70%/単勝回収値29/複勝回収値80
近5年内 (0-2-1-2/5)
勝率0%/連対率40%/複勝率60%/単勝回収値0/複勝回収値74

出走馬が少ないだけに、低配当??
ただ、中京開催だけに絞ると複勝回収値130 まで跳ね上げる!?
2年連続出現中だが、今年も期待大!?

詳細は、noteまで訪問して下さい。
noteのアドレス: https://note.com/haya00  
宜しくお願い致します。

 軸うまおやじ 2023年1月30日(月) 19:35
かあちゃ~ん!【根岸S】ギルデッドミラーは2着ばってん!... 
閲覧 31ビュー コメント 0 ナイス 1

かあちゃ~ん!【根岸S】ギルデッドミラーは2着ばってん!よく頑張ったば~い!!ほんなこつ次回に期待ば~い!!

#根岸S  #ギルデッドミラー

『ま~た次回もよろしくば~い!ツイッターのフォロ~&ツイート&チャンネル登録よろしくば~い!何さまがんばるば~い!!

[もっと見る]

 競馬戦略研究所所長 2023年1月30日(月) 08:06
重賞回顧 根岸S
閲覧 57ビュー コメント 0 ナイス 3

2023年01月29日 東京 11R根岸ステークス(G3)

◎:3枠 6番 ギルデッドミラー

◯:7枠 13番 レモンポップ
△:1枠 1番 オーロラテソーロ
△:1枠 2番 ヘリオス
△:5枠 10番 タガノビューティー
-----------------------------------
馬券  :単勝
購入金額:3,000円
馬/組番:◎
◎ (6)
3,000円
-----------------------------------
馬券  :単勝160円 的中!
購入金額:3,000円
馬/組番:◯
◯ (13)
3,000円
-----------------------------------
馬券  :馬単550円 的中!
買い方 :1着ながし(マルチ)
購入金額:8,000円
1着:◎(6)
相手:◯, △(13, 1, 10, 2)
各1,000円(合計 8,000円)
-----------------------------------
馬券  :3連単
買い方 :ボックス
購入金額:6,000円
馬/組番:60組
◎, ◯, △(6, 13, 1, 10, 2)
各100円(合計 6,000円)



前半内枠2頭がハナを主張し早めの展開となりましたが、優勝したレモンポップは外目の中団でジックリ待機。直線で先行馬が下がってくる中、自分の進路を作るとあとは危なげなしの完勝。今回も馬体を増やしての勝利で本番の視界が良くなってきました。

 2着には所長◎のギルデッドミラー。馬郡でもまれ早めに外には出しましたが、その分届きませんでした。末脚はNO1.。ダートでは崩れ知らずで、次走も注目したいと考えております。

 3着はバトルクライ。川田騎手も権利取りに勝つか負けるかの競馬を選択しましたが、惜しくも3着。それでもまだ4歳馬で成長中。今後の成長に期待です。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ギルデッドミラーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
8:
  HELPRO   フォロワー:1人 2022年2月19日() 15:45:28
松永厩舎では惨敗してもおかしくない。
7:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年7月19日() 13:19:24
ラゴン ◉ 軸
6:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年7月19日() 04:01:00
デ検証、斤量有利

⇒もっと見る

ギルデッドミラーの写真

ギルデッドミラーの厩舎情報 VIP

2023年1月29日根岸ステークス G32着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ギルデッドミラーの取材メモ VIP

2023年1月29日 根岸ステークス G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。