カフェファラオ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
カフェファラオ
カフェファラオ
カフェファラオ
カフェファラオ
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2017年3月3日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主西川 光一
生産者Paul P. Pompa
生産地
戦績 8戦[5-0-0-3]
総賞金20,180万円
収得賞金10,150万円
英字表記Cafe Pharoah
血統 American Pharoah
血統 ][ 産駒 ]
Pioneerof the Nile
Littleprincessemma
Mary's Follies
血統 ][ 産駒 ]
More Than Ready
Catch the Queen
兄弟
前走 2021/05/05 かしわ記念 G1
次走予定

カフェファラオの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 12--------5** 牡4 57.0 C.ルメー堀宣行518(--)1.40.4 1.1----カジノフォンテン
21/02/21 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16233.311** 牡4 57.0 C.ルメー堀宣行514(+10)1.34.4 -0.135.6エアスピネル
20/12/06 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 16476.026** 牡3 56.0 C.ルメー堀宣行504(-6)1.50.2 0.937.1⑩⑦⑧⑨チュウワウィザード
20/10/03 中京 11 シリウスS G3 ダ1900 168151.711** 牡3 54.0 C.ルメー堀宣行510(+2)1.57.8 -0.136.9⑧⑧⑦⑧サクラアリュール
20/07/08 大井 11 ジャパンDD G1 ダ2000 13--------7** 牡3 56.0 D.レーン堀宣行508(--)2.08.4 2.5----ダノンファラオ
20/06/21 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 168162.011** 牡3 56.0 D.レーン堀宣行512(+8)1.34.9 -0.836.4デュードヴァン
20/02/23 東京 9 ヒヤシンスS (L) ダ1600 14332.111** 牡3 56.0 M.デムー堀宣行504(-2)1.37.7 -0.235.2⑫⑧タガノビューティー
19/12/14 中山 6 2歳新馬 ダ1800 14112.011** 牡2 55.0 R.ムーア堀宣行506(--)1.54.7 -1.637.3バーナードループ

カフェファラオの関連ニュース

 かしわ記念が5日、船橋競馬場で12頭によって争われ、張田昂騎乗で2番人気のカジノフォンテン(船橋)が4コーナーで先頭に立つと、ソリストサンダー(JRA)の追撃をハナ差で振り切り、3連勝でGI2勝目を飾った。タイム1分39秒3(稍重)。3着にインティ(JRA)が入り、1番人気のカフェファラオ(JRA)は5着に敗れた。

 この強さは本物だ。川崎記念を制したカジノフォンテンが、地元・船橋でGI2勝目を挙げた。

 「いつもだったら勝ったと分かるけど、がむしゃらに追っていたから分からなかった」

 ハナ差の勝利に、張田昂騎手は大きく息を吐きながら振り返った。12秒台前半のよどみないペースのなか、早めに先頭に立つ強気な競馬。「馬にはありがとうと言いたいですし、こうしてひと皮むかせてもらえたのは厩務員さんのおかげです」と感謝の言葉を並べた。

 カジノフォンテンを担当するのは、かつてフリオーソも手掛けた波多野敬二厩務員。「あのときは7歳だったけど、(カジノは)5歳で勝つのだから楽しみだね」と、その2011年フリオーソ以来の地方馬Vを担当馬で成し遂げ、誇らしげな表情を見せた。

 山下貴之調教師は「またオメガパフュームに挑戦したい。今年のこの馬の目標は負けないこと」と力を込める。次走は帝王賞(6月30日、大井、交流GI、ダ2000メートル)の予定。そこでオメガの2着に敗れた東京大賞典の無念を晴らすつもりだ。 (大貫師男)



 ◆戸崎騎手(ソリストサンダー2着)「向こう正面で挟まれてもよく我慢してくれた。手応え、反応とも良く、しっかり伸びた」 ◆武豊騎手(インティ3着)「スタートがもったいなかったが、砂をかぶっても問題なかったし、この形の競馬で初めて折り合いがついた。まだ良くなるよ」=帝王賞(6月30日、大井、交流GI、ダ2000メートル)を視野 ◆福永騎手(ワイドファラオ4着)「コーナーワークが上手。きょうは追ってから、よく踏ん張ってくれた」 ◆ルメール騎手(カフェファラオ5着)「深い砂でスタートから進んでいかなかった。道中は忙しかったし、きついコーナーも合っていなかった」



 ■カジノフォンテン 父カジノドライヴ、母ジーナフォンテン、母の父ベストタイアップ。栗毛の牡5歳。船橋・山下貴之厩舎所属。北海道登別市・登別上水牧場の生産馬で、馬主は吉橋興生氏。戦績21戦12勝。獲得賞金2億4685万円。重賞は2020年SIII京成盃グランドマイラーズ、SII勝島王冠、21年交流GI川崎記念、SII京成盃グランドマイラーズに次いで5勝目。かしわ記念は山下貴之調教師、張田昂騎手ともに初勝利。

【かしわ記念】10年ぶり地方馬V!カジノフォンテンが早め先頭抜け出し再度のJRA勢撃破 2021年5月5日(水) 16:23

 5月5日の船橋11Rで行われた第33回かしわ記念(4歳以上オープン、定量、選定馬、交流GI、ダート・左1600メートル、12頭立て、1着賞金=7000万円)は、張田昂騎手騎乗の2番人気カジノフォンテン(牡5歳、船橋・山下貴之厩舎)が好位追走から勝負どころで先頭に並びかけると、直線で早めに抜け出しソリストサンダーの猛追をしのいで優勝。1月の川崎記念に続く再度のJRA勢撃破で、2011年フリオーソ以来10年ぶりとなる地方所属馬Vを果たした。タイムは1分39秒3(稍重)。



 ハナ差の2着にはソリストサンダー(6番人気)、さらに1馬身半差遅れた3着にはインティ(4番人気)が入った。なお、フェブラリーS覇者のカフェファラオは5着に敗れた。



 かしわ記念を勝ったカジノフォンテンは、父カジノドライヴ、母ジーナフォンテン、母の父ベストタイアップという血統。北海道登別市・登別上水牧場の生産馬で、馬主は吉橋興生氏。通算成績は21戦12勝。重賞は20・21年京成盃グランドマイラーズ、20年勝島王冠、今年の川崎記念に次いで5勝目。かしわ記念は管理する山下貴之調教師、騎乗した張田昂騎手ともに初勝利。



★【かしわ記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【かしわ記念】カフェファラオWコースでラスト12秒7 2021年4月30日(金) 04:49

 5月5日に船橋で行われる交流GIかしわ記念(ダ1600メートル)へ向け、フェブラリーSの覇者カフェファラオ(美・堀、牡4)が29日、美浦Wコースで追い切られた。5ハロン68秒0-12秒7を馬なりでマークし、「先週の追い切りで心肺とフィジカルはできたので、それを維持するイメージで。前走よりも状態はいい」と堀調教師。

[もっと見る]

【フローラS】決めた!クールキャット重賞初V 2021年4月26日(月) 04:55

 サンスポ賞フローラSが25日、東京競馬場で17頭によって争われ、ルメール騎乗で5番人気のクールキャットがゴール前で抜け出して重賞初勝利を飾った。1馬身差の2着に14番人気スライリーが入り、この2頭がオークス(5月23日、東京、GI、芝2400メートル)の優先出走権を獲得。2番人気ユーバーレーベンは3戦連続の3着、1番人気のオヌールは8着に終わった。

 オークスに出るためにはクールでなんかいられない。緊急事態宣言の発令で、この日から再び無観客となった東京競馬場。直線、外から一気に抜け出したクールキャットが、1馬身差の快勝劇でクラシックへの扉をこじ開けた。

 「超ひさしぶりです」

 意外にもフェブラリーSカフェファラオで勝って以来、約2カ月ぶりの重賞Vに、ルメール騎手は笑顔を見せた。

 スタートしてすぐにコーナーがある東京芝2000メートルでは、外枠不利が定説だ。が、(15)番枠からスッと好位の外めにつけると、直線までは折り合いに専念してジッと我慢させる。直線で馬群の外に進路を取ると脚を伸ばし、内で粘るスライリーをゴール前かわした。

 「きょうは前の方で乗りたかったので、スタートで少し出していきました。大跳びであまり切れないけど、いい脚を長く使えるから、直線は外に出してだんだん加速してくれましたね」

 まさに鞍上が思い描いたとおりのレースぶりだった。デビュー戦(東京芝1400メートル1着)以来2度目のコンビで「経験を積んでパワーアップ。体の大きい馬ですけど、筋肉が大きくなっていました」とレース史上最高馬体重Vとなった506キロの好馬体から成長を実感していた。

 2017年フェアリーS(ライジングリーズン)以来の重賞2勝目となった奥村武調教師は「期待していた馬だし、なかなか結果が出なかったからホッとした」と胸をなでおろした。

 「跳びが大きくてきれいだから、ゴチャゴチャしない外枠の方がいいかな、と思っていました。うまくスタートを出てくれたし、今回はコースも距離も向いていました。窮屈な中山では競馬が難しかったですから」

 デビュー当時から重賞で通用すると信じていたトレーナーにとっては今回、馬の成長に加え、広い東京でこそ真価を発揮できるという思いが強かった。それだけに、この勝利はまた感慨深いものとなったに違いない。

 ただ、殊勲のルメール騎手は、オークスアカイトリノムスメとコンビを組むことが決まっている。「これからジョッキーは探さなくちゃいけませんね」と奥村武調教師は苦笑いを浮かべつつ、「切れる脚はないぶん、スタミナはあるから」と期待を膨らませる。

 無敗の女王ソダシには東京マイルのアルテミスSで完敗(5着)しているが、次の舞台は2400メートル。距離を味方にしたクールキャットが、大逆転劇を演じるかもしれない。 (柴田章利)

 ■クールキャット 父スクリーンヒーロー、母メジロトンキニーズ、母の父ダンスインザダーク。青鹿毛の牝3歳。美浦・奥村武厩舎所属。北海道洞爺湖町・レイクヴィラファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績5戦2勝。獲得賞金6659万円。重賞は初勝利。サンスポ賞フローラS奥村武調教師が初勝利、クリストフ・ルメール騎手は2016年チェッキーノに次いで2勝目。馬名は「素敵な人。母名より連想」。

★25日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【かしわ記念】JRA出走予定馬の発表 2021年4月18日() 17:57

 5月5日(水)に船橋競馬場で行われるかしわ記念のJRA出走予定馬が18日、次の通り発表された。

 「第33回かしわ記念」(船橋競馬場、交流GI、4歳上オープン、ダート・左1600メートル)

 【JRAの出走予定馬】6頭インティ(牡7歳、栗東・野中賢二厩舎、騎手未定)カフェファラオ(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎、クリストフ・ルメール騎手)サンライズノヴァ(牡7歳、栗東・音無秀孝厩舎、松若風馬騎手)タイムフライヤー(牡6歳、栗東・橋口慎介厩舎、川田将雅騎手)テーオーケインズ(牡4歳、栗東・高柳大輔厩舎、騎手未定)ワイドファラオ(牡5歳、栗東・辻野泰之厩舎、騎手未定)

 【JRAの補欠馬】4頭(出走順位順)1.ソリストサンダー2.エアアルマス3.ナムラカメタロー4.ケンシコウ

[もっと見る]

【皐月賞】陣営は好感触!アドマイヤハダル(1)番 2021年4月16日(金) 04:57

 皐月賞の枠順が15日、確定し、連勝中のアドマイヤハダルは〔1〕枠(1)番に決まった。今回は、昨年JRA・GI8勝を挙げたルメール騎手と初コンビ。昨年のコントレイルに続き、最内枠からクラシック1冠へ突き進む。

 昨年に続いて“イチバン”となるか。エリカ賞、若葉Sと連勝中のアドマイヤハダルが、昨年の勝ち馬コントレイルと同じ、最内の〔1〕枠(1)番に決定。18頭立てとなった1990年以降では2勝を挙げている。

 「極端な枠ですね」と切り出した山口助手だが「競馬が上手な馬なので、枠にこだわりはなかった。距離ロスが少なくて済むし、鞍上(ルメール騎手)は上手なジョッキーですからね。大丈夫でしょう」と気にする様子はなかった。

 前走の若葉Sは、それまでの2勝で見せた“少しだけ勝つ”イメージを払拭する3馬身差の圧勝。このときで馬体重は前走比プラス8キロで、山口助手は「成長分でしょうね。今回も同じくらいの体重で出走することになると思います。関東までの輸送も経験済み。前回の関東遠征(アイビーS4着)では負けていますが、あの時とは馬が違います」と目を細める。

 今回、初コンビとなるルメール騎手は昨年、JRA・GIで秋の4連勝を含む8勝と自己最多タイ記録。今年も初戦のフェブラリーSカフェファラオ)を制したGI請負人だ。1週前追い切りで「乗りやすかったし、手応えもフットワークも良かった」と好感触を確認。皐月賞では2019年(サートゥルナーリア)に勝っており、Vイメージを描いているはずだ。

 中山競馬場周辺は土曜から雨の予報。馬場が多少、重くなる可能性があるが、稍重の新馬戦を勝っており、よほど悪くならない限り大きなネックにはならない。

 グレード制が導入された84年以降、中山で行われた皐月賞を〔1〕枠(1)番で勝ったのは、コントレイルナリタブライアンの2頭。アドマイヤハダルが勝つようなら、秋には今年もトリプルクラウンフィーバーがわき起こっているかもしれない!?(片山和広)

皐月賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

カフェファラオの関連コラム

閲覧 672ビュー コメント 0 ナイス 3

21(日)に行われたG1フェブラリーSほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
G1フェブラリーSでは、「これだけもまれたら嫌なのが印象付けられているので人気が下がる。正直、世間に言われているほどもまれてサッパリとは思っていない。チャンピオンズC当時に、積極的に狙うなら来年のフェブラリーS、とした通り狙う」と評した◎カフェファラオから3連単300円分を的中。しめて30万5130円払戻しのスマッシュヒットをマークしました。G3京都牝馬Sでも◎▲的中を記録した先週は、土日2日間トータル回収率345%、収支23万7330円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
大波乱決着となった20(土)の東京4R3歳1勝クラスで、「前走はチグハグな競馬。変わり身があってもいい」とした◎マイグレーション(単勝188.0倍)から▲ハコダテブショウ(同53.3倍)との馬連218,040円馬券を的中。計40万6250円を払戻す(8125%回収)圧巻の一撃をマーク! 21(日)のG1フェブラリーS小倉5R3歳未勝利阪神12R4歳以上1勝クラスなどでも好調予想を披露した先週は、土日2日間トータル回収率236%、収支31万4370円の大幅プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
20(土)の2重賞をG3京都牝馬SイベリスG3ダイヤモンドSグロンディオーズで的中。他にも、21(日)小倉2R3歳未勝利クインズセージ、同阪神11R大和S◎○的中、G1フェブラリーS○◎的中などの活躍ぶり。土日2日間ともにプラスで終え、週間回収率148%、的中率40%、収支10万7450円のハイパフォーマンスを記録。2週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
先週は、20(土)G3京都牝馬Sでの○イベリスギルデッドミラーブランノワール的中や、21(日)阪神3R3歳未勝利的中、東京3R3歳新馬的中、阪神10R斑鳩S的中などでヒットを連発。そして迎えたG1フェブラリーSでは、「一番良い頃と遜色ない出来。元々涼しい冬場の方がパフォーマンスを上げていた馬でもあり、今年のメンバーならば勝ち負けまで意識して良い」とした◎エアスピネルから、3連複含め計94,680円払戻しをマーク。週間トータル回収率131%、収支11万3680円プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、セイリュウ1号プロ(181%)、いっくんプロ(165%)、織本一極プロ(123%)、導師嵐山プロ(113%)、岡村信将プロ(110%)、ゼット1号プロ(105%)、エース2号【予想MC限定】プロ(102%)らがプラス収支をマークしています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年2月26日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】【買い方を考える】オッズを見て欲張るとロクなことがない/中山記念の穴馬
閲覧 1,410ビュー コメント 0 ナイス 3



今週も馬券の買い方の話をしようと思う。先週のフェブラリーSは、当コラムでも穴馬としてイチオシした◎ワンダーリーデルで初志貫徹…だったのだが、馬券はというとハズレた。

印は合計8頭。私の予想としては決して多くなく、通常なら1頭軸を押さえた上で、上位に重ねていく、2列目を絞っていく、という重ね買い(※同じ買い目をどんどん絞って買い足して行くこと)をするのだが、先週に限っては1頭軸を買わず、馬連+2列目を絞った3連複にしてしまった。結果ハズレた。

考えた末なので、それは仕方ない。ただヘタクソというだけである。

~オッズを見て欲に目が眩んだ

ただ、配当を見て失敗したなと思った。人気のカフェファラオが絡んだ割に3連複は2万馬券。いつも通り1頭軸にしておけばそれなりの配当にもなっただけに…とレース後はタラレバ炒め定食を脳裏で炒めながら、心を痛めていた。

では、なぜいつもと違う買い方をしたかとうと、その理由は「オッズ」だ。◎ワンダーリーデルからの3連複のオッズが思ったほどつかず、それならば持って来る時は連対圏まで来ることが多い横山典騎手の手腕に賭けて、馬券の買い方を、1頭軸の3連複out→馬連inにしたのである。これが大失敗。

つくづく思った。

「オッズを見て欲を出すとロクなことがない」

オッズはあくまでも結果。オッズのために買うのではなく、買った結果のオッズなのだ。わかっちゃいるけど、それでも同じ失敗を繰り返すのがギャンブルの難しさ。今回の教訓は胸に留めて、今後に生かしていきたい。いや、生かさなければ。

中山記念展望

気を取り直して、今週末の話を。開催替わり、中山記念阪急杯が行われる。

ココでは中山記念を取り上げたい。今回は本命候補を1頭挙げておく。

トーセンスーリヤ

昨年の新潟大賞典で重賞初制覇を成し遂げ、その勢いで挑んだ宝塚記念だったが7着。ただ、当時は終盤開催に加えて雨が降るタフな馬場状態での開催で、それを考えればよく粘って健闘と言える内容だった。今回は久々になるが、相手関係にはかなり恵まれた一戦。JRAでの4勝中3勝がコーナー4回の1800mで、そのうち2勝が今回と同じ中山芝1800mという舞台巧者。適性を生かしての激走に期待したい。

中山記念の本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年2月19日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】【買い方を考える】3連複や3連単は適当に買った方が良い!?/フェブラリーSの穴馬
閲覧 2,191ビュー コメント 0 ナイス 7



たまに馬券の買い方の話をしようと思う。というのも、現代競馬はとにかく買い方が大事。予想力と買い方力のトータルが収支に繋がるとすると、その重要度の割合は低く見積もっても既にイーブンくらいだろう。つまり予想と同じくらい買い方が大事なのだ。

どんなに素晴らしい予想をしても買い方がダメだと、儲からない。ところが、多くのファンは予想についてはアレコレと考えるが、買い方はあまり深く考えていない。印をつけて、終わり、これは意味がない。◎○▲で決まっても大して儲からないこともあるし、◎△△で決まっても儲かることもある。単複勝負なら買い方の介在する余地は(なくはないとはいえ)小さいが、3連系馬券は買い方が大事なのである。

私は買い方までトータルで考えて予想している。これがあまり理解されないのだが、例えば断然人気でも2~3着付けで面白そうなら本命を付けることがある。

「2~3着付けは邪道」
「勝ち馬を当ててこそプロ」

という声は10数年前から断続的に頂くのだが、私自身は何とも思わない。別に邪道だろうが、プロらしからなくても一向に構わないからだ。

邪道だろうが何だろうが、勝利にこだわるのがプロだと信じている。私自身は、”男の一点勝負”とか”プロは〇〇”、このようなことはすべて自己満足だと思っている。馬券に生き様だの男だのといったことは正直誰も求めてないし、自分に酔い過ぎだとすら思う。ギャンブルに人生だとか生き様だとか言い出すと依存症の兆候だろう、むしろ気を付けた方が良い。

~3頭も当てるのは奇跡に近い

というわけで、3連複の買い方の話だが、表題の通り3連系馬券は少し適当で良いと考えている。

何しろ3頭を当てる、3連単に至っては順番通り当てるのだ。そんなの、無理に決まってる(笑)。競馬は生き物が生き物を操作する競技で、不利や不測の事態はつきもの。ビシッと仕留める3連複や3連単など年に数回だろうし、そういうものを狙うより多少偶然性というスパイスに頼っていい。これは運任せや偶然性頼みとは違う。むしろ偶然という必然を狙う(紛らわしい)のだ。

多頭数で人気の3連複に「ぶち込む」ようなことも、基本的にはあまり意味ない。そうそう思い通りに行かないのだから、馬券を買う際はそういうことを理解して現実に即して買うと良い。

例えば先週の京都記念では、最終的に◎ステイフーリッシュ、○ラヴズオンリーユー、▲ワグネリアン、という予想だったが、この上位3頭の組み合わせはほとんど買わなかった。大して配当を期待できない上に、そこまでカンタンに上位で決まるとまでは思えなかったからだ。ならば○▲の2頭のうちどちらかには飛んでもらって、1頭変なのに割って入ってもらおう…という魂胆の「◎~○▲~○▲以外」という買い方をした。

結果的には変なの……の中では最もまともなダンビュライトが入ってしまったことで大した配当にはならなかったのだが、配当はある種の結果論。大した回収ができなくても、このスタンスを貫くことでたまに超伏兵が突っ込んで来たり、高めが来たりしてドカンと跳ねる。これが3連系馬券の醍醐味だ。自分自身でどういう期待値のゲームをしているかわかっていれば、大して儲からなかろうが、トリガミだろうが何とも思うことはない。だから”後追い”というギャンブルをやる上での悪手を選ぶような愚かなプレーをすることもない。

…といったことを書いても、なかなか伝わらないというか、支持は得られないのだが、それはそれで良いのかもしれない。なぜなら、多くの人がやはり本線で当てたいといった欲望や、真面目な馬券の買い方をするのだから、少数派が勝つギャンブルにおいてはそういう人がいるうちは、むしろ私のやり方で正解に近づけるともいえる。

もちろん予想にも馬券の買い方にも正解はない。なので特にマネしてほしいとは思わないが、こういう考え方もあるということを頭の片隅にでも入れておいていただけたらと思う。

フェブラリーS展望

今週末は遂に今年最初のJRA・G1、フェブラリーSが行われる。

なぜ買い方の話をしたかというと、今年のフェブラリーSもアテになる馬が少なそうで、適当に手広く買ってもプラスに持って行けそうな気がするからだ。もちろんそれは予想がそれなりに的中すれば…の話ではあるが。

低調なメンバー構成だが、馬券的には面白そうな一戦。チャンピオンズカップ組がほとんど出走してこず、最先着は6着カフェファラオ東京大賞典組も不在だ。

というわけで、ココでは穴馬候補を1頭挙げておきたい。

ワンダーリーデル

久々の根岸ステークスでは内で溜めて直線大外に持ち出すと鋭く伸びて勝ち馬にあと一歩まで迫った。本来は休養明け初戦は走らないタイプだが、驚きの激走だった。今回は叩いての上積みを見込めそうな上に、背腰が強くなくテンで脚を使わない方が良いだけに1Fの距離延長はプラス。主戦の横山典騎手に戻り、前走同様に前半は何もせず溜めて行く作戦だろう。昨年は先行争いが激化し直線差しが届いたが、今年も昨年先行争いをしたインティワイドファラオサクセスエナジーの3頭が出走してきた。そして昨年よりメンバーレベルは昨年より低く。というわけで、昨年4着からさらなる前進に期待できるとみている。

フェブラリーSの本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年2月18日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック フェブラリーS2021 
閲覧 1,084ビュー コメント 0 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


2月21日(日) 東京11R 第38回フェブラリーステークス(4歳以上G1・ダート1600m)


【登録頭数:23頭】(フルゲート:16頭)


<優先出走馬>

オーヴェルニュ(A)中3週
前2走馬体を増やしながらの今回中3週。1週前に坂路でしっかり追い切られ、動きも前走以上に良く連勝中の勢いを感じる好内容だった。

レッドルゼル(C)中2週
これまでの調教内容を見るとスプリンター色が強い感じがする馬の初となる1600m参戦。調整面からは、これまで1週前追い切りでは強めに追われることがほとんどだったが、今回は中2週で関東への輸送ということもあって、上積みを期待するほどの余裕は感じられない。


<賞金上位馬>

サンライズノヴァ(C)中10週
3年連続出走してきて、4着(3人気)、7着(6人気)、3着(3人気)。後方から行く馬で展開がハマれば勝ち切れる力はあるが、その逆も多く同じ東京のこの条件でもムラがある成績。状態に関しては、大型馬の休み明けで1週前追い切りの動きを見るとやや重たい感じ。終いの伸び脚が物足りない印象を受けた。

インティ(E)中3週
2年前にこのレースを制してから勝ち星がなく、たまに好走することはあっても展開が向いた時ぐらいで2年前の連勝してきていた時の勢いはない。調教に関しても、調子の良かった頃は坂路でビシビシと強めに追われていたが、近走はCW馬なり調整主流と控えめな内容が多く、自力で勝ち切るだけのムードは感じられない。

サクセスエナジー(D)中2週
2年前にこのレースに出走したことはあるが、主にスプリント路線を使われてきている馬。前走結果から、この距離で急に好走するという印象は沸きづらい。1週前追い切りも、首が上がり気味で伸び脚もイマイチ。

アルクトス(A)中2週
かなり大きな馬で、前走根岸Sではしっかり乗り込まれていたものの、調教内容、レース内容といかにもフェブラリーSに向けての叩き台といった感じだった。その前走のパドックでは思いのほか締まった馬体で、今回の1週前追い切りでは軽めの調整ながら気合乗り良くしっかりと前肢を前に運んでの軽快な走りを披露。一度使われての上積みが窺え、状態はかなり良さそう。

ワイドファラオ(D)3ヶ月半
みやこSからの休み明け。乗り込み量は豊富でこれまでと同じような時計は出ている。ただ、1週前の動きを見ると良い時のような全身を使った走りができておらず、力強さがない。

ヤマニンアンプリメ(D)中2週
前走時の調教では乗り込み量は多かったものの、物足りない内容だった。中2周のこの中間も、1週前軽めの調整で動きも平凡と、特に良くなった感じはない。

カフェファラオ(C)中10週
チャンピオンズカップから間隔は空いたが、乗り込み量は豊富。ただ併せ馬で遅れていて、1週前追い切りの動きを見ても昨年のユニコーンS時のような迫力はみられない。

エアスピネル(B)中10週
もともと間隔を空けて使うことが多かった馬なので、今回の中10週も特に問題はない。この中間も乗り込み量は豊富で、坂路でも速い時計は出ていて仕上りは良さそう。

ソリストサンダー(A)中4週
前走も馬体増での快勝で勢いのある馬で、この中間もしっかり乗り込まれている。1週前には強めに追われて好時計をマークしてきており、最終追い切りで坂路・馬なり・好時計でくることができれば理想的。

エアアルマス(C)中10週
チャンピオンズカップでも◎にした馬で、この中間も2週前に坂路、1週前にCWで好時計。ただし、強めに追われていない点と左回りでの成績が悪いところが気になる。

スマートダンディー(C)中2週
1400m戦を中心に使われてきた馬で1600mは何度か走っているが勝ち鞍はない。1週前にCWを長めから強めに追われていて、調子自体は悪くなさそうだが。

[地]ミューチャリー(C)中3週
南関東では上位の馬で、調教でも好時計が出る馬。ただかなり良い状態で出走しても中央のトップクラスとはなかなか差が詰まってこない。厳しい流れになるこの距離も、極端な競馬でハマらないと上位争いはまではどうか。

ワンダーリーデル(B)中2週
休み明けの前走は、馬体も増えていたが乗り込み量は豊富で坂路で好時計もでていた。流れが向いたとはいえ直線の伸び脚は良く、今回は前走を使われての上積みも期待できそう。

ヘリオス(C)中2週
芝でもダートでもこの距離を使われていない馬で、ペースに戸惑いそう。出来に関しても1週前は軽めの調整で物足りない動き。


<除外対象馬>

[地]ワークアンドラブ(C)中7週
この中間も追い切りでは2週連続好時計が出ていて出来自体は悪くなさそうだが、ここは相手が強い。

ハイランドピーク(D)中5週
この中間は南Wで時計を出しているが、内めを回ってのもので時計的に物足りない。

デュードヴァン(D)中3週
前走◎で狙い、展開がハマった感じも最後のもうひと伸びといったところで止まってしまっての惜しい4着。この中間は、速い時計を出しておらず上積みはなさそう。

タガノビューティー(C)連闘
この条件は向いているがもうワンパンチ足りないところがあり、先週も状態が良さそうだったが勝ち切れなかっただけに・・・。

タイサイ(D)中1週
前走から中1週でこの中間は速い時計なし。前走時も特に好時計が出ていた訳でもなく、変わり身は感じられず。

サザンヴィグラス(B)中5週
この中間も1週前に好時計が出ていて状態は良好。2歳時門別の頃から能力を感じさせる馬なので、JRAでも経験を積んで行けばまだまだ良くなっていきそう。

ロードグラディオ(D)連闘
オープンではまだ力が足りない感じで、重賞で好走するようになってこないとここでは厳しい。


※このコラムからの推奨馬はアルクトスオーヴェルニュソリストサンダーの3頭をあげておきます。


◇今回はフェブラリーS編でした。
昨年から世界中で猛威をふるう新型コロナウイルスの影響が、競馬の世界にもかなり出ています。その中の一つ、短期免許で来日する外国人ジョッキーがみられなくなった点は大きいように思います。D.レーン騎手が帰国して以降、来日する外国人騎手はゼロ。いつもと何かが違うと感じていた点は、無観客とともにこのあたりがあったからかもしれません。ただ、見方を変えると日本人ジョッキーにはチャンス到来のシーンでもあり、特に若い騎手たちは経験を積んで行けばどんどん成長していく時期だと思うので、思い切った騎乗でぜひこのチャンスを活かしてもらいたいものです。

それでは次回、弥生賞編でお会いしましょう。


フェブラリーS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年2月14日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年02月14日号】特選重賞データ分析編(241)~2021年フェブラリーステークス~
閲覧 2,116ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 フェブラリーステークス 2021年02月21日(日) 東京ダ1600m


<ピックアップデータ>

【“東京ダ1600m・中京ダ1800m、かつ重賞のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [7-9-9-65](3着内率27.8%)
×なし [2-0-0-50](3着内率3.8%)

 コース適性が最大のポイント。2012年以降のフェブラリーステークスで3着以内となった馬の大半は、東京ダ1600mや中京ダ1800mのレースに十分な実績のある馬でした。JRAのダート、左回り、1600~1800mの距離にそれぞれ不安がない馬を重視すべきでしょう。

主な「○」該当馬→オーヴェルニュカフェファラオサンライズノヴァワンダーリーデル
主な「×」該当馬→アルクトスレッドルゼル


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「出走数が25戦以内」だった馬は2012年以降[9-6-7-61](3着内率26.5%)
主な該当馬→アルクトスオーヴェルニュカフェファラオレッドルゼル

[もっと見る]

2020年12月13日() 08:15 覆面ドクター・英
阪神JF・2020
閲覧 1,366ビュー コメント 0 ナイス 5

チャンピオンズCは、断然人気のクリソベリルが太くて(馬体重発表を受けて、年末に向けてお釣り残しかとも当初思ったのですが、状態が良くなかったようです)大凡走したため、1着クリソベリル、2着チュウワウィザード、3着手広くという作戦は不発の結果に。

WIN5も絞り過ぎたので3つまででしたが、2レース目ナルハヤ、3レース目アストラエンブレムは狙っていた馬たちで、チャンピオンズCのチュウワウィザードも2番手評価だっただけに...。いつも通りの額を投じていたら、獲るのが可能だった2800万馬券でした。まあこれも競馬。


<全頭診断>
ソダシ:母母がシラユキヒメの白毛馬であり、父は最近すっかり地味になってしまったクロフネで、母父キングカメハメハという、オーナーの金子さんの趣味ともいえる配合。正直、初戦を見た時はダート向きなのかと思われたが、2戦目の札幌2歳Sも勝ってしまい、アルテミスS(本命◎)も勝って3連勝とここまで負けなし。鞍上の吉田隼騎手が、(前走でも)「瞬発力勝負にしたくなかった」とコメントしているように、そこに弱点あるのかもしれないが、分かっているだけに早めのロングスパートなど対策を練ってくるのではないか。母系の白毛馬軍団は最近すごいことになっており、昔の芦毛ブームじゃないが、白毛ブームが来ている感すら漂わせる。

サトノレイナス:昨年の弥生賞馬サトノフラッグの下という良血馬で、今回当初二強みたいに言われていたりもしていたが、正直現段階ではソダシよりだいぶ力が落ちると思っている。テンハッピーローズを物差しとして、サフラン賞でサトノレイナスと0.2秒差、アルテミスSでソダシと0.4秒差。これを、それほど差がないと結論付けるのは少々乱暴で、サフラン賞でのテンハッピーローズは出遅れてのもの。よって、タイム差以上にソダシとの差は現段階ではあるとみている。サトノレイナスは初戦も2戦目も出遅れており、それで勝ち切ったのはすごいが、多頭数のG1で出遅れ癖は致命的。良血だけに上昇度はすごいのかもしれないが、(先週、カフェファラオが人気先行ということに触れたが)まだ人気先行では。

メイケイエール:母母母がシラユキヒメで、母母父がクロフネだけに1番人気ソダシにハービンジャーやミッキーアイルディープインパクト×デインヒル系)を重ねたような配合。スタミナ寄りの白毛馬血統だけに、血統的にはこの距離もプラスだろうし、種牡馬としてのミッキーアイルも思った以上にスピード能力を伝え、繁殖牝馬レベルがそう高くない中で好結果を出してきている。前走も掛かり通しでも勝ち切ったように、能力は高い。あとは、もう少し落ち着いて走れかどうかだろう。

インフィナイトブラックスピネルやモーヴサファイヤの下で、新馬勝ちの後にサウジアラビアRCで2着と好走。ただ、3馬身差の完敗だったように、モーリス産駒だけに晩成傾向で良くなるのはもう少し先なのではないだろうか。

オパールムーン:新馬勝ちの後のファンタジーSでも2着と好走。兄5勝、姉3勝と優秀な母(ブライアンズタイム、リアルシャダイ、ノーザンテースト)と、オールドファンにはたまらない血統背景でもあり、やれて良い。

ジェラルディーナモーリス×ジェンティルドンナという良血馬だが、3戦目の未勝利戦でのハナ差勝ち上がりだったように、まだまだ人気先行な感あり。妙味なし。

ヨカヨカ:九州産馬だけに弱い相手に3連勝を達成したが、前走のファンタジーSで5着とまさに馬脚を現した感じ。マイル実績もなく、消して妙味のタイプでは。

ポールネイロン:POGで指名した馬だけあり頑張って欲しい馬。操縦性に心配な面を覗かせる2連勝ではあるが、能力は高そうで、激走があってもおかしくない。

ルクシオン:前走は福島2歳Sで豪快に追い込み勝ちを見せたが、正直オープンというにはかなりレベルが低く、要らないのでは。

ユーバーレーベン:新馬勝ち後の札幌2歳Sで2着と、ゴールドシップ産駒の得意な条件で頑張った。その後、アルテミスSで4番人気9着と今ひとつで、ここでの激走は難しいのではないだろうか。

シゲルピンクルビーモーリス産駒でシゲルピンクダイヤの下だが、新馬勝ちでいきなりここというのは厳しい。

リンゴアメ:新馬、函館2歳Sと連勝したが、秋になって京王杯2歳Sで4番人気12着とがっかりな結果。そもそも、10番人気で勝ってしまった函館2歳Sは巧くいきすぎたのでは。

エイシンヒテン:デビュー3戦までは今ひとつだったが、その後の2戦は父エイシンヒカリ同様に逃げての連勝と、やはり逃げてこその馬。思ったより人気はないようだが、穴で楽しみな一頭。

サルビア:新馬勝ち直後に1勝クラスでも5馬身をつけての連勝。3戦目のファンタジーSでは10着惨敗に終わったが、2戦目が強かったようにここでも楽しみ。

アオイゴールド:1800mの新馬勝ちに見るとおり、スタミナ寄りでスピードと瞬発力を問われるここ向きではない。

ウインアグライア:新馬、コスモス賞と連勝をはたすも、アルテミスSで6着。早い時期にさっさと稼ぐタイプでは。

ナムラメーテル:新馬勝ち後の1勝クラスでは10着最下位。やめた感があり、着順ほど弱くないのだろうが、激走期待は難しいか。

フラリオナ:前走はききょうSで鋭く伸びて2着にきたが、ここにきて調教の動きがさらに良化している。穴として激走を期待したい。


<まとめ>
最有力:ソダシ

ヒモに:メイケイエールサトノレイナスオパールムーンポールネイロン

穴で:エイシンヒテンフラリオナ

[もっと見る]

⇒もっと見る

カフェファラオの口コミ


口コミ一覧
閲覧 92ビュー コメント 4 ナイス 23


1着:⑥カジノフォンテン
2着:⑪ソリストサンダー
3着:⑩ インティ


1着の⑥カジノフォンテンは▲
2着の⑪ソリストサンダーは△
3着の⑩ インティは無印

でした。


私の注目馬の③カフェファラオは5着でした。


予想買い目は、

三連複フォーメーション
③①→③①⑥⑪⑫→③①⑥⑪⑫

でしたので、予想はハズレました。_| ̄|○


私が注目馬の③カフェファラオは5着でした。
スタートは、少し気持ち遅れた感じのスタートでした。
道中は中団やや前を追走。
勝負所でペースペースが上がらず直線へ。
直線でも、伸びきれず5着でした。
ちょっとこの負け方はどうなんでしょうか。
地方のダートが合わないってことでしょうね。
ジャパンダートダービーでも伸びきれませんでしたし、
今回も道中の行きっぷりも悪かったですからね。
左回りのマイルでのこの負け方はショックでしたね。
こうなると東京コースのダート専用機って感じなのでしょうか。(^^;
今日は勝負所で置いていかれたので、明らかにフェブラリーステークスとは違っていましたね。


1着の⑥カジノフォンテンについて。
好スタートから2番手を確保。
道中は2番手を追走。
勝負所で抑えきれない手ごたえで早めに並びかけて直線へ。
直線では、先頭に立ち、そのまま押し切りました。
強い内容でしたね。
少し先頭に立つのが早いかと思いましたが
しのぎ切りましたね。
このレースが出来れば、JRA勢とも良い勝負ができそうですね。
あとは、早めに競り掛けられたときにどうかってところだと思います。
今の充実度は目を見張るものがありますね。


的中された方々、おめでとうございます

 小高 2021年5月5日(水) 14:33
かしわ記念に 
閲覧 131ビュー コメント 0 ナイス 6

一石橋と西河岸橋の間、日本橋川に沿った雑居ビルの一室に「千」はある。
居並ぶビルの隙間、蒼然とした路地を進むと、変哲も無い硝子戸のエントランスが見える。
小高は腕で戸を押し開けると、デニムからカードキーを取り出し、
エレベータの横にある差込口にそれを読ませた。
程なくして、扉が開くと、定員2名程度の狭い空間は、化物の寝息のような音を立てて階下へと向かっていく。何が会員制だと、鉄扉のプレートの文字を読みながら、小高は防犯カメラに手をあげる。
解錠の音がすると、ここも一度の侵入を防ぐための引き戸になっており、背をエレベーターの扉に擦るようにしながら足を踏み入れた。
「お待ちしていました」
紺のシャツにジャケット姿の棒戸が顔を出す。
整った顔立ちの背後に覗く内装は、日本料理屋然とした造りだ。一枚板のカウンターには座席が8つ、薄闇の中で、木目調と白壁の組み合わせは
存分に調和を感じさせ、弱光を浴びた盆栽が隙間に立体感を与えている。奥の壁面にはたてがみをなびかせた馬の群れが草原を駆けている古い絵が掛かっており、小高はいつものようにこの絵画に向き合う位置に腰をおろした。
平和島に「千」があった時の名残があるとすれば、この絵画だけで、正面に座ると、当時の記憶が鹿威しの水のように、少しづつ流れおちてくる。この店の主人は「千ちゃん」と呼ばれる同性愛者の老人だ。「騸馬だから、せんちゃん」と小高とミチオに英さんが笑いながら耳打ちしたのは1997年で、サニーブライアンがダービーを逃げ切った年、初めて「千」に顔を出した時のことだった。



「カフェファラオを頭にすることにした」
意外そうな顔で、棒戸は小高を見つめた。
「ということは、今回こちらにいらした理由は?」まだ、三十路に届かない齢だろうが、物腰は柔らかく声は落ち着き払っている。
「これを千ちゃんに渡しておいてくれ」
四隅が煤けた古い写真をカウンターに置く。
一点買いの馬連馬券が大写しになっている。
棒戸の瞳孔が一瞬広がったように見えた。
「なるほど、わかりました」
目をそらし絵の中の草原に視線を投げた。そうしなければ、いつまでもこちらの目を見続けてくる気がする。不気味なガキだと思う。
「後学ですが、何故カフェファラオを?いつもの小高さんならディープボンドのようにベットすると思っていたのですが」写真と入れ替わるように、旬菜と日本酒が置かれた。「無観客でなければベットしていた。それだけ。」菜の花の歯ごたえに、顎骨が悦びの音色を重ねた。



「海外にサーバーがあるということが基準であり」
半年前に「千」で棒戸から聞いた説明は、エリーが当時語った構想そのものだった。
ITの時代。当時、平和島の日雇いからも聞こえてきた言葉。
「オッズコンパイラーはAIに置き換わっていくことが時代の流れですが」
ただのノミ屋だと小高は脳内で言葉を変換する。「そして、それは手段であり、目的は」
棒戸の声に熱がこもる前に、言葉を遮り、引き受けると伝えた。
絵の中の馬に若駒は少ない。草原はいまもあの時に見た景色と変わらないのだろうか。
記憶は雪片のように触れる度に融けていく。
自身の中の尤も冷えた箇所でそれを受け止める必要があった。
地上に出ると、逆流するように、俎橋に向かう。
感情の水位とは無縁に、川はいつも静かに流れていた。

[もっと見る]

 しんすけ49 2021年5月5日(水) 06:23
かしわ記念
閲覧 302ビュー コメント 0 ナイス 22

おはよ~♪

今日で黄金週間は最後となりました。

残念。

昨日は勝てなかったけど栗林クンが日本新記録を達成!

パチパチパチ(^^♪

と言う訳でこちらもここかしわ記念で5月&今年のGI初勝利!

と行きたいもんですね。

船橋11R かしわ記念

◎⑩インティ
〇①タイムフライヤー
△③カフェファラオ
△⑤ミューチャリー
△⑪ソリストサンダー

馬連⑩ー①・③・⑤・⑪への4点。
馬単⑩ー①・③・⑤・⑪への4点。
三連複①・⑩ー⑤・⑪への2点。

フェブラリーステークスは前目・内目でないと勝負にならない特殊な馬場。
カフェファラオに全てが上手くいったレース。揉まれるとダメだけど揉まれない位置も取れてたし。
今回はまた内枠引いたし今回は小回りなんで前走みたいに上手く運べるかな?ちょっと疑ってみよう。
地方で人気のカジノフォンテンもここまで同型多いと今までみたいに楽な競馬は出来ないと見て無印。
インティは前走は最悪の競馬。スタート直後は先団にいたけど道中は何故かソリストサンダーと同位置。
そこから直線は外に出して6着まで押し上げたね。外差しが効かない馬場だったのにね。
普通なら先行馬がああなると何処さも無いとこだけど良くあそこまで伸びて来たねって感じ。
そこら辺の経験が今回に活きて来ないかな?と。競馬し易い外枠引いたしね。
まあ気性的に難しいとこあるタイプなんでどうなるかは分かりまへんがね。

さて、最後の休日を楽しみますかね。

今日も無駄に3時起きでしたよぉ~。

[もっと見る]

⇒もっと見る

カフェファラオの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
7:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年12月4日(金) 22:38:19
関係、仕上がり抜群、古馬との力関係次第、
6:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年12月1日(火) 00:38:29
関係、前走は休み明け仕上がり途上、普段とは違う脚を溜める競馬であの内容はこの馬の成長力、1度使われた効果、中間の気配雲泥の差、距離短縮プラス、3走前の積極的な競馬で勝ち負け、
5:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年10月3日() 01:27:23
全レ、▲、

⇒もっと見る

カフェファラオの写真

カフェファラオの厩舎情報 VIP

2021年2月21日フェブラリーS G11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カフェファラオの取材メモ VIP

2021年2月21日 フェブラリーS G1 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。