ノンコノユメ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ノンコノユメ
ノンコノユメ
ノンコノユメ
ノンコノユメ
ノンコノユメ
ノンコノユメ
写真一覧
現役 セ6 栃栗毛 2012年3月28日生
調教師加藤征弘(美浦)
馬主吉田 千津
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績24戦[8-4-1-11]
総賞金35,161万円
収得賞金13,725万円
英字表記Nonkono Yume
血統 トワイニング
血統 ][ 産駒 ]
Forty Niner
Courtly Dee
ノンコ
血統 ][ 産駒 ]
アグネスタキオン
レディータイクーン
兄弟 マイネノンノオメガアドーネ
前走 2018/11/04 JBCクラシック Jpn1
次走予定

ノンコノユメの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/11/04 京都 11 JBCクラシ Jpn1 ダ1900 165912.254** セ6 57.0 内田博幸加藤征弘446(+2)1.57.1 0.436.3⑯⑯⑯⑮ケイティブレイブ
18/10/08 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 14--------4** セ6 57.0 内田博幸加藤征弘444(--)1.36.7 1.4----ルヴァンスレーヴ
18/05/02 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 12--------4** セ6 57.0 内田博幸加藤征弘455(--)1.39.6 0.4----ゴールドドリーム
18/02/18 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1661210.741** セ6 57.0 内田博幸加藤征弘450(-6)1.36.0 -0.036.1⑭⑬ゴールドドリーム
18/01/28 東京 11 根岸S G3 ダ1400 1481410.561** セ6 58.0 内田博幸加藤征弘456(+10)1.21.5 -0.034.2⑪⑪サンライズノヴァ
17/12/03 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 162410.869** セ5 57.0 C.デムー加藤征弘446(-6)1.50.7 0.635.5⑬⑬⑬⑬ゴールドドリーム
17/11/11 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 164818.774** セ5 58.0 C.デムー加藤征弘452(0)1.35.9 0.435.2⑭⑩インカンテーション
17/02/19 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 166117.147** セ5 57.0 C.ルメー加藤征弘452(+8)1.35.7 0.636.0⑪⑩ゴールドドリーム
16/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 14--------4** セ4 57.0 C.ルメー加藤征弘444(--)2.06.9 1.1----アポロケンタッキー
16/12/04 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 15597.546** セ4 57.0 R.ムーア加藤征弘446(+8)1.50.5 0.436.6⑩⑪⑬⑬サウンドトゥルー
16/11/03 川崎 11 JBCクラシ G1 ダ2100 14--------4** セ4 57.0 C.ルメー加藤征弘438(--)2.15.8 0.5----アウォーディー
16/06/29 大井 11 帝王賞 G1 ダ2000 12--------2** セ4 57.0 C.ルメー加藤征弘453(--)2.04.2 0.7----コパノリッキー
16/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 12--------4** セ4 57.0 C.ルメー加藤征弘447(--)1.40.2 1.0----コパノリッキー
16/02/21 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16472.412** 牡4 57.0 C.ルメー加藤征弘454(+2)1.34.2 0.234.7⑬⑫モーニン
15/12/06 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 16113.832** 牡3 56.0 C.ルメー加藤征弘452(0)1.50.6 0.236.7⑭⑭⑮⑮サンビスタ
15/11/14 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 146103.921** 牡3 58.0 C.ルメー加藤征弘452(+4)1.34.7 -0.035.2⑩⑪タガノトネール
15/07/08 大井 11 ジャパンDD G1 ダ2000 13--------1** セ3 56.0 C.ルメー加藤征弘448(--)2.05.6 -0.5----クロスクリーガー
15/06/21 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 165104.621** 牡3 56.0 C.ルメー加藤征弘448(0)1.35.9 -0.435.5⑮⑭ノボバカラ
15/05/17 東京 10 青竜S OP ダ1600 12447.751** 牡3 56.0 C.ルメー加藤征弘448(0)1.36.4 -0.134.7⑩⑨アルタイル
15/04/05 中山 10 伏竜S OP ダ1800 1481410.955** 牡3 56.0 横山典弘加藤征弘448(+4)1.53.6 0.637.4⑬⑫⑩⑦クロスクリーガー

⇒もっと見る


ノンコノユメの関連ニュース

 ★アルゼンチン共和国杯4着ウインテンダネス(栗・杉山、牡5)は、内田騎手でジャパンC(25日、東京、GI、芝2400メートル)に向かう。9着ノーブルマーズ(栗・宮本、牡5)も同レースへ。

 ★JBCクラシック2着オメガパフューム(栗・安田翔、牡3)、4着ノンコノユメ(美・加藤征、セン6)は、チャンピオンズC(12月2日、中京、GI、ダ1800メートル)に進む。11着センチュリオン(美・田村、牡6)、15着クリソライト(栗・音無、牡8)は、浦和記念(23日、交流GII、ダ2000メートル)を予定。

 

【武蔵野S】レース展望 2018年11月5日(月) 19:58

 土曜の東京メインは武蔵野S(10日、GIII、ダート1600メートル)。1着馬にチャンピオンズC(12月2日、中京、GI、ダート1800メートル)の優先出走権が与えられる重要な一戦だ。過去の優勝馬を見ても、古くは2001年クロフネが続くジャパンCダートを圧勝、近年も13年ベルシャザールが同レースをV、15年ノンコノユメがチャンピオンズC2着と活躍しており、秋のダート頂上決戦に向けても見逃せない一戦だ。

 中心はサンライズノヴァ(栗東・音無秀孝厩舎、牡4歳)になるだろう。今年は一貫して東京ダートを使われ、春にフェブラリーSで4着に好走。近2走もアハルテケS-グリーンチャンネルCと連勝中だ。その2戦ともに出遅れながら後方一気の末脚で、決め手の鋭さに磨きがかかってきた。1番人気に支持された昨年はちぐはぐなレースとなって12着に敗れただけに、陣営も力が入っているはずだ。

 その昨年の優勝馬がインカンテーション(栗東・羽月友彦厩舎、牡8歳)。今年もフェブラリーS3着、かしわ記念3着、プロキオンS2着と、8歳ながら衰えを知らない。鉄砲が利くタイプで、4カ月ぶりでも連覇の可能性は十分ありそうだ。

 ウェスタールンド(栗東・佐々木晶三厩舎、セン6歳)はダートに転戦して1、1、2着と、底知れない魅力がある。前走のシリウスSでは、ダート重賞初挑戦ながらクビ差2着に好走。その勝ち馬オメガパフュームが、先週のJBCクラシックで2着に入ったことで、この馬の地力の高さも分かる。400メートルの距離短縮に対応できれば、初タイトルも期待できそうだ。新コンビのコルム・オドノヒュー騎手は先週のアルゼンチン共和国杯でJRA重賞初勝利。2週連続のVも十分に考えられる。

 ユラノト(栗東・松田国英厩舎、牡4歳)は、昨年暮れの1000万下Vから5戦4勝と充実ぶりが顕著。前走のマリーンSも、ハイペースで逃げる2頭を好位で見ながら力強く抜け出した。当時の2着馬ハイランドピークは続くエルムSを快勝しており、能力は折り紙付きだ。鼻出血の影響でエルムSは回避したが、その後はここに向けて順調。クロフネベルシャザールと過去2勝の松田厩舎から新星登場となるか。

 他では、前走のグリーンチャンネルC2着馬でクリストフ・ルメール騎手と初コンビを組むナムラミラクル(栗東・杉山晴紀厩舎、牡5歳)、川崎記念4着以来だが、地力上位のグレンツェント(美浦・加藤征弘厩舎、牡5歳)、エニフS1着-マイルチャンピオンシップ南部杯3着と好走が続くメイショウウタゲ(栗東・安達昭夫厩舎、牡7歳)なども上位争いが可能。一昨年のマイラーズC勝ち馬で、ダートはデビュー2戦で2、1着以来のクルーガー(栗東・高野友和厩舎、牡6歳)の参戦も興味深い。

 なお、マルターズアポジー(美浦・堀井雅広厩舎、牡6歳)は福島記念との兼登録だが、こちらに出走してくれば、ダート戦初出走でも面白い存在になる。

[もっと見る]

【JBCクラシ】レースを終えて…関係者談話2018年11月5日(月) 05:09

 ◆内田騎手(ノンコノユメ4着) 「前回もだけど、きょうもゲートがね。最後は伸びていたし、馬はどんどん良くなっている」

 ◆大野騎手(サウンドトゥルー5着) 「インからの競馬で、よく辛抱して走ってくれました」

 ◆太宰騎手(アスカノロマン6着) 「4コーナーまでスムーズでしたし、自分の脚は使ってくれています。安定して走れるようになっていますね」

 ◆岩田騎手(テーオーエナジー7着) 「スッと2番手を取れたのはよかった。最後は止まってしまった」

 ◆戸崎騎手(マイネルバサラ8着) 「思った通りの位置で競馬をできましたが、3、4コーナーの手応えがもうひとつでした」

 ◆下原理騎手(タガノゴールド9着) 「直線は止まってしまいましたが、3、4コーナーではどこを割るかという手応えでした」

 ◆C・デムーロ騎手(オールブラッシュ10着) 「スタートはうまく切れましたが、最後は疲れてしまった」

 ◆幸騎手(センチュリオン11着) 「使うごとに良くなる馬だと思います。次は良くなると思いますよ」

 ◆大畑雅騎手(カツゲキキトキト12着) 「もう少し前の位置で競馬ができていればよかったです。ジリジリ伸びていました」

 ◆古川騎手(テイエムジンソク14着) 「2コーナー過ぎで口が利かなくなり、ハミをかんでしまいました。調子は上がっていたのですが」

 ◆武豊騎手(クリソライト15着) 「体はできていたけど、スピードに対応できなかった。久しぶりのぶんかな。次は良くなると思います」

 ◆的場文騎手(シュテルングランツ16着) 「いい位置を取れたんだけどね。3コーナーを過ぎて手応えがなくなった」

★4日京都11R「JBCクラシック」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【みんなの反省会】中央で初戴冠したケイティブレイブ 2018年11月4日() 21:11

デスク 初めてJRAの競馬場で開催されたJBC競走(3レース)のうち、JBCクラシックは3番人気のケイティブレイブが制しました。交流重賞で8勝を挙げていたつわものですが、中央ではこれまで無冠。対抗(○)に挙げていた関西競馬エイトの藤岡敬司トラックマン(TM)も、勝ちっぷりに驚いたのでは。

藤岡敬司TM 僕自身も、この馬はパワー型で(地方の)深いダートが合うイメージでしたし、(中央のダートの)適性という点では他の馬の方に分があるかなとみていました。それにプラスして、前に行った方が持ち味が生きるというイメージもありました。どういう競馬をするのかなと思っていたら、前には行かず、中団くらいでスムーズにレースを進めていましたね。

デスク 福永祐一騎手はお立ち台で「思ったより前が速くて置かれる形になりましたが、ああいう形でもGIを勝ったことがあるので、心配していませんでした」と話していました。

藤岡TM 追い上げる脚も楽に見えて、勝つ雰囲気がありました。すごくパワーアップしています。

デスク やはりスムーズなレース運びが勝因の一つですか。

藤岡TM 変にもまれず、外めを気分良く運べましたからね。

デスク 充実の5歳馬。

藤岡TM 3歳時からダートで能力の高さを見せていましたが、ここにきて完成されてきました。

デスク 確かに3歳時に交流重賞で3勝を挙げて、ジャパンダートダービーで2着でしたね。次走はチャンピオンズC(12月2日、中京、GI、ダート1800メートル)。福永騎手は交流GIで3勝の3歳馬ルヴァンスレーヴと、2017年度の最優秀ダートホースで今年は交流GIで2勝しているゴールドドリームの名を挙げたうえで、「(2頭に)立ち向かうためにも、結果を出したかった」と明かしています。

藤岡TM きょうの競馬なら、そんなに心配しなくてもいいかもしれません。今回以上のレベルで、戦っていない強敵も出てきますが、確実にいいレースをするでしょう。

デスク 2着は2番人気のオメガパフューム。底を見せていない3歳馬です。

藤岡TM 僕自身の本命でした。スムーズなレース運びだったケイティブレイブとは対照的に、(鞍上が)気合を入れて押しながらジワジワ伸びてきました。それで3/4馬身差ですから、能力が高いですね。今年の3歳のダート馬はレベルが高いです。ルヴァンスレーヴグリムレパードS、白山大賞典の勝ち馬)、オメガパフュームが(トップ)スリーかなとみていますが、オメガも(他の2頭と同様に)古馬相手の重賞で勝っていますし、伸びる余地もあります。

デスク 道中は中団で勝ち馬をマークしているように映りましたが…。

藤岡TM いや、ジョッキー(和田竜二騎手)は必要以上に意識はしていなかったと思いますよ。前走(シリウスS1着)もゲートの出が悪くて、中団後方から仕掛けていきました。

デスク そのシリウスSで3着だったサンライズソアは、斤量が0.5キロ減った今回は巻き返しが期待されて1番人気に推されていましたが、3着でした。

藤岡TM 内枠からハナに行きましたね。スローとはいかないまでも、マイペースで行きかけたところへ、テイエムジンソクが掛かり気味に追ってきて、レースがきつくなるところがありました。それでも(最後に)もうひと押しを利かせていましたから、力をつけていますね。

デスク 4着は5番人気のノンコノユメ。ここ2戦は今までと比べたら前めというか、中団でレースを進めていましたが、今回は最後方でレースを進めて、上がり3ハロン最速をマークして突っ込んできました。

藤岡TM スタートがひと息だったと思うんです。

[もっと見る]

【JBCクラシ】ノンコノユメ上がり最速も4着 内田博「馬は良くなっている」2018年11月4日() 19:37

 11月4日(日)の京都競馬11Rで行われた第18回JBCクラシック(交流GI、3歳以上オープン、選定馬、定量、ダート・右1900メートル、16頭立て、1着賞金=9000万円)は、福永祐一騎手騎乗の3番人気ケイティブレイブ(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が快勝。地方競馬が舞台だった交流重賞で8勝を挙げていた馬が、中央の競馬場で初めてビッグタイトルを獲得した。

 今年のフェブラリーSを制したノンコノユメは、道中最後方で脚をためると、上がり最速の脚で追い込むも4着までだった。

 内田博幸騎手「前走もですが、きょうもスタートが悪かったですね。前回ほどは出遅れませんでしたけど…。最後は伸びていましたし、馬はドンドン良くなっていると思います」



★【JBCクラシック】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【JBCクラシ】ケイティブレイブが中央の競馬場でついに戴冠 2018年11月4日() 15:53

 11月4日(日)の京都競馬11Rで行われた第18回JBCクラシック(交流GI、3歳以上オープン、選定馬、定量、ダート・右1900メートル、16頭立て、1着賞金=9000万円)は、福永祐一騎手騎乗の3番人気ケイティブレイブ(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が快勝。地方競馬が舞台だった交流重賞で8勝を挙げていた馬が、中央の競馬場で初めてビッグタイトルを獲得した。タイムは1分56秒7(良)。

 中団を追走していたケイティブレイブは直線でグングンと脚を伸ばして、逃げていたサンライズソア(2番人気)を捕らえる、トップでゴールを駆け抜けた。道中は勝ち馬の直後につけていたオメガパフューム(2番人気)が外から伸びてきて、3/4馬身差の2着。サンライズソアはさらに1馬身差の3着に粘った。最後方から一気に追い込んできたノンコノユメ(5番人気)が4着で、アポロケンタッキー(4番人気)は13着。

 JBCクラシックを勝ったケイティブレイブは、父アドマイヤマックス、母ケイティローレル、母の父サクラローレルという血統。北海道新ひだか町・岡野牧場の生産馬で、瀧本和義氏の所有馬。通算成績は31戦11勝(うち地方15戦8勝)。重賞は2016年兵庫チャンピオンシップ・交流GIII=園田、白山大賞典・交流GIII=金沢、浦和記念・交流GII=浦和、17年名古屋大賞典・交流GIII=名古屋、帝王賞・交流GI=大井、18年川崎記念・交流GI=川崎、ダイオライト記念・交流GII=船橋、日本テレビ盃・交流GII=船橋に次いで9勝目。JBCクラシック杉山晴紀調教師、福永祐一騎手ともに初優勝。

 ◆福永祐一騎手「久しぶりの京都のダートでしたが、トップコンディションだったので自信を持って乗りました。この馬のリズムを守ることを第一に考えましたね。思ったより前が速くて置かれる形になりましたが、ああいう形でもGIを勝ったことがあるので、心配していませんでした。ルメールの馬(サンライズソア)が前にいたので、早めに捕まえにいこうとしたので、(最後は)際どくなっていしまいましたけど。コンビを組ませてもらってきて、馬が完成されて心身ともに充実しているので、最高の結果を出せてよかったです」

★【JBCクラシック】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ノンコノユメの関連コラム

閲覧 673ビュー コメント 0 ナイス 2

本日は史上初めて、JRAの競馬場でJBCが開催されます。表記上はJpn Iながら、実質的なG1が3レース。京都競馬場はお祭り騒ぎでしょう。そのなかで、メインを張るのはJBCクラシック。このダート中距離路線の王者を決める一戦を、ウマニティ公認プロ予想家のサラマッポプロに予想してもらいます。前回登場時に菊花賞を◎フィエールマン、▲エタリオウというほぼ完璧な予想で的中させた相馬のスペシャリストが下した結論がこちらです。

本命は⑭オメガパフューム「前走は古馬相手に完勝。初めて馬群で競馬ができたのも収穫で、ここも力を出せる。前に行きたい馬が多く、展開利も見込める」とこの馬の潜在能力を高く評価しました。対抗は「スンナリ運べればしぶといタイプで、もまれないポジションを取れれば面白い」サンライズソア。単穴は⑨ノンコノユメ。印を回すのはここまでとし、馬券は単勝⑭、馬連流し⑭→④⑨で勝負します。本レース以外のサラマッポプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください。

(ウマニティ編集長・岡田大)


------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<


登録済みの方はこちらからログイン

2018年7月10日(火) 13:20 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~ジャパンダートダービー2018~
閲覧 1,441ビュー コメント 0 ナイス 12

 3歳馬のダートチャンピオンを決めるジャパンダートダービー。このレースは、南関東馬にとっては羽田盃、東京ダービーから続く、3歳クラシックの最終関門です。東京ダービーと同距離コースで行われることや、中央馬は8月のレパードSを目標にしていることも多いため、意外と南関東馬の活躍が目立っているのが特徴。

 過去10年で南関東馬が優勝したのは、昨年のヒガシウィルウィンと2010年マグニフィカ。2014年にはハッピースプリントが2着したのみですが、中央馬が圧倒的なダートグレードの傾向を考えると、十分がんばれていると言えるでしょう。2007年には中央の強豪を抑えて、南関東のフリオーソ、アンパサンドがワン、ツーを決めたこともありました。これらの共通項は、マグニフィカを除いては前走の東京ダービーで2着以内ということ。マグ二フィカは東京ダービーの3着馬でした。

 しかし、マグニフィカが優勝した2010年は、東京ダービーの優勝馬マカニビスティーが主催元のルールにひっかかり出走叶わず、さらに東京ダービーの2着馬ガナールは枠順決定後に疾病で発走除外。2010年は東京ダービーの1,2着馬でしたから、基本的に南関東馬は、「東京ダービー2着以内なら、チャンスがある」と考えたほうが良さそうです。

 逆に中央馬は、どのような馬が有力かというと、当たり前だと言われてしまいそうですが、デビューからこれまでのダート戦で連対を外したことがない馬です。しかし、地方馬よりもキャリアが浅い中央馬は、例年そのタイプが何頭か出走しています。例えばダートで2戦2勝だったとしても、G1のこの舞台でオープン勝ちの実績さえもない馬を本命にするのはさすがに危険でしょう。

 しかし、「デビューからダートの連対率100%で、一度は中央のダ1800mのオープン勝ち」という条件を加えると、対象馬はかなり絞れます。前記の該当馬の過去10年のこのレースでの成績は【4・0・0・1】。1着の該当馬は2013年クリソライト、2012年ハタノヴァンクール、2011年グレープブランデー、2008年サクセスブロッケン。遡れば2006年のフレンドシップもこのパターンで優勝しています。

 唯一の4着以下馬は、昨年のストロングバローズでこのレースでは7着に凡退しました。前記した勝ち馬との大きな違いは、前走ユニコーンSに出走して連対したこと。重賞レースを大目標とし、そこで好走すれば当然、疲れが出るもの。確かに2015年のノンコノユメのように、ユニコーンSの勝ち馬でありながら、このレースで強い勝ち方をする場合もあります。

 しかし、その半面で昨年のサンライズノヴァ、2016年のゴールドドリーム、2013年ベストウォーリア、2012年のストローハット、2010年のバーディバーディは、ユニコーンSの優勝馬でありながら、このレースでは大きく人気を裏切りました。サンライズノヴァは7着、ゴールドドリームは3着、ベストウォーリアは5着、ストローハットは7着、バーディバーディは6着です。

 これまでダ1600m路線を中心に使われている馬は、おおむねユニコーンSが目標。ダ1800m路線を中心に使われている馬は、おおむねジャパンダートダービーが目標。ノンコノユメのように両方勝つには、その世代において断然の実力馬である必要性があります。ユニコーンSの勝ち馬は毎年人気になりますが、意外と人気に応えることができず、それらがぶっ飛ぶことで、波乱の結果になっている年もあります。

 実はこのレースのもっとも手堅い狙い方は、中央のダ1800m路線を中心に使われて来た馬を本命馬にすること。特にダ1800mのオープンを含むダ1800m以上で3勝以上をあげた馬のこのレースでの成績は、過去10年で過去10年で【5・1・0・2】。1着の該当馬は、2016年のキョウエイギア、2014年のカゼノコ、2013年のクリソライト、2012年のハタノヴァンクール、2011年のグレープブランデー。2着の該当馬は、2015年のクロスクリーガーです。

 4着以下に敗れたのは、昨年のリゾネーターと2010年のトーセンアレスですが、リゾネーターは、休養明けでオープンの伏流Sを勝利した後の一戦で、二走ボケを起こしたもの。また、トーセンアレスは皐月賞日本ダービーに出走してズルズルの競馬をした後の一戦でした。要するに休養明けでオープン勝利後か、芝のクラシックを使われた馬でなければ信頼できることになります。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・デビューからダートの連対率100%で、一度は中央のダ1800mのオープン勝ちを含む馬。
  (前走ユニコーンS出走馬を除く)
 ・一度は中央のダ1800mのオープンを含む、ダ1800m以上で3勝以上をあげた馬。
  (休養明けの前走でオープンやグレードレースを優勝した馬や、前走で芝のクラシックに出走していた馬を除く)

 ●穴馬候補
 ・東京ダービーで2着以内だった馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2018年6月26日(火) 15:20 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~帝王賞2018~
閲覧 1,586ビュー コメント 0 ナイス 14

 いよいよ明日に迫った、上半期の総決算・帝王賞。帝王賞は時期的にドバイ帰りの馬でも出走可能。さらに2016年度から中央馬が7頭も出走できるため、最上級レベルのメンバーが集います。まさに「グランプリ決定戦」と呼ぶにふさわしいレースでしょう。それだけに2011年度以降は地方馬の連対ゼロと、地方馬が苦戦しており、3着馬を見ても、2015年のハッピースプリント(大井)が最高着順です。

 帝王賞の歴史を振り返ると、2006年・アジュディミツオ―、2007年・ボンネビルレコード、2008年・フリオーソと南関東勢が帝王賞を制したこともありました。しかし、その後、地方馬がどんどん影を潜めてしまったのは、(1)地方の中距離番組が減ったこと、(2)中央のダートの番組が充実し、早い時期からダートを目指す馬が多くなったことが影響しているでしょう。このままだと中央馬が地方に移籍する形でしか、活躍が見込めないような気がしてなりません。

 さて、中央馬の独占状態が続く帝王賞。最有力は日本代表として、ドバイワールドCに挑戦した馬たち。昨年、ドバイワールドC・5着のアウォーディーが1番人気を裏切ったことから、ドバイワールドC上位馬には素直に飛びつけない方も多いかもしれません。しかし、世界のトップクラスが相手のドバイワールドCで5着以内だった馬は、2015年のホッコ―タルマエが1着、遡れば2006年のカネヒキリが2着と、このレースで結果を残せています。昨年のアウォーディーもなんだかんだで3着でした。

 それに帝王賞に出走しなかった、ドバイワールドC5着以内の2011年のトラセンドや2007年のヴァーミリアンも、その次走のJBCクラシックやマイルCSを優勝していますから、少なくとも他の路線馬よりは信頼できるでしょう。ドバイワールドC5着以内が前提条件になるので、出走してくることは稀ですが、素直に本命馬にしても良さそうです。

 また、同年のフェブラリーS・3着以内の馬も有力。同年のフェブラリーSで3着以内だった馬のこのレースでの成績は、過去10年で【0・2・2・1】。勝てないまでも安定した走りを見せています。2着の該当馬は、2016年のノンコノユメ、2014年のコパノリッキー。3着の該当馬は、2011年のバーディバーディ、2010年のテスタマッタ

 唯一の着外は2010年のサクセスブロッケン。この年は豪華メンバー構成で、新旧王者の差し馬ヴァーミリアンカネヒキリを意識したのか、まさかの逃げの手に出て8着に沈みました。戦前の段階ではフリオーソが逃げると目されていた中での逃げは、明らかに騎手が冷静ではなかったような? 騎手が普通に乗ってさえくれれば、フェブラリーSで3着以内の馬は上位争いが濃厚と考えてもいいでしょう。

 しかし、2006年のフェブラリーSの勝ち馬カネヒキリも帝王賞では2着、2007年のフェブラリーSでワン、ツーを決めたサンライズバッカスブルーコンコルドも3着と2着で終わっており、1着馬ゼロの歴史は続いています。中距離実績のあるフェブラリーS上位馬でも、このレースでは勝てていないのです。競走馬の大きなピークは1年あれば6ヵ月、残りの6ヵ月は楽をさせてあげなければ馬が壊れますから、フェブラリーSの頃にピークを持ってくると、夏場のこの時期は楽をさせるタイミングになるのかもしれません。

 では、帝王賞の勝ち馬は、どのようなタイプかというと、距離1800m以上で高いパフォーマンスを見せている馬ばかりです。その中でも前年のJBCクラシックか東京大賞典の連対馬が大半を占めます。2010年に前年のJBCクラシック1着、東京大賞典2着のヴァーミリアンがこのレースで9着に凡退したこともありましたが、同馬は休養明けでした。

 しかし、前年のJBCクラシック、東京大賞典でともに連対かつ、同年の2月以降に出走していた馬に限れば、過去10年で勝率100%を誇ります。該当馬は、2014年ワンダーアキュート、2011年スマートファルコン、2009年ヴァーミリアン。この3頭はそもそも中距離では常に3着以内を死守するタイプでしたが、このタイプも本命馬として一考する価値はあるでしょう。

 逆に穴馬は、4番人気以下で連対した2017年クリソライト(2着)、2015年クリソライト(2着)、2010年フリオーソ(1着)、2010年カネヒキリ(2着)の直近の成績を見れば一目瞭然。同年の川崎記念の連対馬かダイオライト記念の勝ち馬でした。特に前走で、距離が短いかしわ記念で2着以下に敗れてのこのレースでの巻き返しが目立っています。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・同年のドバイワールドCで5着以内だった馬。
 ・同年のフェブラリーSで3着以内だった馬。
 ・前年のJBCクラシック、東京大賞典で連対かつ、同年の2月以降に出走していた馬。

 ●穴馬候補
 ・同年の川崎記念の連対馬かダイオライト記念の優勝馬。
  (理想は、前走かしわ記念などの距離の短いレースを使われて2着以下に敗れていること)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2018年2月20日(火) 15:40 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(2/17~2/18)日曜総額177万超払戻のサウスプロをはじめ、サラマッポプロ、スガダイプロ、いっくんプロら計12名が週末プラス達成!
閲覧 1,379ビュー コメント 0 ナイス 11



先週は、18(日)に東京競馬場でG1フェブラリーSが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1フェブラリーSは、昨年の覇者で17年最優秀ダートホースのゴールドドリームが単勝2.1倍で1番人気。以下は、2番人気テイエムジンソク、3番人気サンライズノヴァと単勝ひと桁台、10倍台には4番人気ノンコノユメ、5番人気ケイティブレイブが続き、良馬場でスタートを迎えます。
好発は内枠3頭とテイエムジンソクあたりが決め、この中から1枠両頭が積極策の姿勢。ニシケンモノノフがハナを取りきると、2番手にケイティブレイブ、3番手にノボバカラ、4番手テイエムジンソク、直後にララベルが続き、ここまでが先団を形成。馬群が途切れて、中団グループにベストウォーリアロンドンタウンインカンテーションが続き、後方勢はベストウォーリアアウォーディーメイショウスミトモレッツゴードンキゴールドドリームノンコノユメサウンドトゥルーとなって、最後方キングズガードの隊列で3コーナーへ。前半3F34.1秒(推定)のハイペースとなる中、依然縦長の馬群は先行勢と中団以降の間でポッカリと途切れる隊列を保ちながら4コーナーに掛けて展開。テイエムジンソクは3番手から徐々に促され、ゴールドドリームは後方から外々を回るように早めの進出を開始します。
先頭をキープするニシケンモノノフに、ケイティブレイブが並び掛けるようにして4コーナーを出ると、外からテイエムジンソクも懸命の伸びを見せますが、これら先行3頭の脚色はすぐに一杯に。後続勢が一気に差を詰めるなか、ゴールドドリームが力強い脚色で坂を駆け上がり、そのまま一気に先頭へ。連れて伸びたインカンテーション、インを割るレッツゴードンキあたりが目立つ伸びを見せると、さらに後方から大外を通ってはノンコノユメがエンジン点火。一旦は、完全に抜け出したゴールドドリームと、その内で応戦する6番人気インカンテーションを、まとめて差し切る勢いのノンコノユメ。ゴール直前で横並びとなりますが、この争いを勢いで完全に勝った外ノンコノユメがクビ差抜け出しV。嬉しいJRA・G1初勝利を挙げています。2着はゴールドドリーム、そこからクビ差の3着にインカンテーションが入っています。
公認プロ予想家では、dream1002プロきいいろプロ霧プロ西野圭吾プロKOMプロ伊吹雅也プロマカロニスタンダーズプロほか計11名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
18(日)は東京1Rでの3連単的中、計45万3,880円払戻しのビッグヒットを皮切りに、京都8Rの69万2,400円払戻し、東京12Rの41万670円払戻しなど、総払戻額170万オーバーの大活躍!!週末トータル回収率285%、収支133万4,630円プラスの大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
17(土)東京8Rでは、◎ピックミータッチから3連単・3連単・馬単全的中計12万5,750円を払戻し!18(日)にも、京都5Rでの◎○▲パーフェクト的中などの好調予想を披露した先週は、2日連続のプラス収支をマーク。週末トータル回収率215%、収支11万1,040円プラスの好成績を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
18(日)のG1フェブラリーSを△◎○3連単的中で仕留め、払戻し8万オーバーを記録。他にも小倉10Rなどの的中を披露し、週末トータル回収率187%をマークしています。
 
 
 
この他にも、ジョアプロ(141%)、KOMプロ(131%)、おかべプロ(121%)、【U指数】3連単プリンスプロ(120%)、伊吹雅也プロ(120%)、スガダイプロ(120%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(116%)、イータン育成プロ(105%)、いっくんプロ(105%)、岡村信将プロ(105%)、蒼馬久一郎プロ(101%)、【U指数】馬単マスタープロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
また、現在開催中の『プロテスト最終予想審査(2/3~25)』挑戦者の中からは、ゴッツァンゴールさん(314%)、馬侑迦さん(112%)、福福777さん(106%)、内田の予想さん(103%)らがトータルプラスの活躍を披露しています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想に加え、『プロテスト』ラストウィークでの正真正銘ファイナルバトルの行方にもぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2018年2月20日(火) 12:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』2/17,18の結果(フェブラリーS,ダイヤモンドS)
閲覧 733ビュー コメント 0 ナイス 2



2月18日(日)に行われました東京11Rの「フェブラリーS G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】ノンコノユメ(10.7倍)
2着:総合ポイント【1位】○ゴールドドリーム(2.1倍)
3着:総合ポイント【6位】△インカンテーション(20.0倍)

第2グループ・総合ポイント3位のノンコノユメが1着、第1グループ・総合ポイント1位のゴールドドリームが2着、第3グループ・総合ポイント6位のインカンテーションが3着という結果でした。


なんと言っても△ニシケンモノノフ(横山典騎手)ですね。やられました。積極策や逃げまでは当然想定していたのですが、あの馬場で34.1秒(推定)で行くとは......。ただ、◎テイエムジンソクはそのハイペースが無くても、あのパドックや返し馬を見た感じでは厳しかったかなと。初競馬場、関東圏への長距離輸送という環境でこの馬を過信してしまったのは、痛恨でした。


【3連複軸2頭流し】
◎○=印
10,14=1,2,4,5,6,7,15(7点)

【馬単】
◎→○
10→14(1点)

計8点 払い戻し0円


続いて、2月17日(土)に行われました東京11Rの「ダイヤモンドS G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】▲フェイムゲーム(2.7倍)
2着:総合ポイント【7位】△リッジマン(7.5倍)
3着:総合ポイント【11位】△ソールインパクト(11.7倍)

第1グループ・総合ポイント1位のフェイムゲームが1着、第3グループ・総合ポイント7位のリッジマンが2着、第3グループ・総合ポイント11位のソールインパクトが3着という結果でした。


こちらは▲フェイムゲームが、去年ほどの上り勝負にはならずラスト1Fが掛かるちょうど14年・15年のような展開になって強さを見せましたね。一方、本命◎ホウオウドリームは、やはり現状は上りの速い瞬発戦でないと厳しそうですね。そもそもが、◎ホウオウドリームがもう少し人気が落ち着いてくれて、スローからの瞬発力勝負なら▲フェイムゲームが危ういだろう、というのが予想の中心としてあったので、完敗当然の結果でした(+_+)反省です。


【馬連流し】
◎=○▲☆
5=7,8,14(3点)

【馬単流し】
◎→印
5=1,3,6,7,8,14(6点)

計9点 払い戻し0円

[もっと見る]

2018年2月18日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第337回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~フェブラリーS G1
閲覧 997ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「フェブラリーS G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ゴールドドリームのみ1頭。
第2グループ(黄)は、アウォーディーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のノンコノユメベストウォーリアまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、テイエムジンソクから1.0ポイント差(約1馬身差)内のインカンテーションサンライズノヴァレッツゴードンキまで4頭となっていて、以下は第4Gとなっています。

凄馬出馬表を見渡すと、ゴールドドリームアウォーディー間に1.9ポイントと比較的大きな開きが見られ、以下は第4G半ばにかけて“溝”が生じない配置となっています。また、昨年の当コラムでも触れた点ですが、ダート重賞の場合、直近の戦歴に地方交流重賞が含まれるケースが多々あり、これらU指数が算出されないレース結果が今回の予想U指数に与える影響もポイントです。

今回は◎テイエムジンソク、○ゴールドドリームの人気2頭を素直に評価。近3走の安定したハイレベル指数が光る前者と、東京マイルがベストである点が指数にも明確に表れている後者。迷いに迷いましたが、昨年のチャンピオンズCで勝ちに等しい2着だったとみている◎テイエムジンソクのほうを上にとりました。初のマイルではありますが、何が何でも逃げなければという馬でもないですし、近走逃げ・先行好走馬が例年以上に少ないメンバー構成とかなりタフな今の馬場から、この馬の脚質は今回大いに武器になるとみています。チャンピオンズCの雪辱を果たしてくれると期待。
ゴールドドリームは、昨年のフェブラリーSのようなラスト3F35秒台で上がってこれるレースにはならなそうな点が気掛かり。出遅れの危険性とともに、そうでなくても前を捕まえきれない可能性がある点、チャンピオンズCは8番人気という気楽な立場での一発であったことなどを鑑み、G1で初の1番人気を背負うことになるであろう今回、過信禁物とみて2番手評価に。
その対抗評価に止めた○ゴールドドリームが、この凄馬出馬表で下位に差をつけてのトップという状況からも、ここまでの2頭が3番手以下を少し引き離しているのでは、というのが今回の見立て。◎→○の馬単を厚めに、馬券作戦的に◎○2頭軸から配当の安いところは蹴って穴っぽいところへの3連複で勝負としたいと思います。
中でも、臨戦過程はマイナスでもきっちりルメールが仕事をしてくれることを期待しての▲ベストウォーリア、差しにくい馬場でもその交流重賞実績から「終わってみれば、タフな馬場が合った」というシーンやミナリクでの一変を警戒して☆サウンドトゥルーあたりに注目しています。


【3連複軸2頭流し】
◎○=印
10,14=1,2,4,5,6,7,15(7点)

【馬単】
◎→○
10→14(1点)

計8点

[もっと見る]

⇒もっと見る

ノンコノユメの口コミ


口コミ一覧

真価問われる!?

 辻四蔵 2018年11月12日(月) 11:26

閲覧 49ビュー コメント 1 ナイス 6

戸崎圭太
サンライズノヴァで武蔵野ステークス制覇
スタート出遅れるも直線で豪快な鬼脚を披露。

チャンピオンズカップの優先出走権を確保した。

来月のチャンピオンズカップで
ケイティブレイブ(JBCクラシック、川崎記念)
ゴールドドリーム(かしわ記念、帝王賞)
ノンコノユメ(フェブラリーS)

新興勢力の
ルヴァンスレーヴ(ジャパンダートダービー、南部杯)
オメガパヒューム(シリウスステークス)

と言った強者に挑む!
まさに戦国ダートというが、ここで結果出さないと本当に
『戸崎のバカ』
一生言われるよ。

菊花賞でエポカドーロ惨敗

天皇賞秋でダンビュライト(競争除外)に振り落とされるなんて馬にまでナメられてるんじゃない?

まさに
彼にとっては今年の
チャンピオンズカップはまさに正念場と言ってもいいのでしょうね。

ここでやらなきゃどこでやる!?

 ミッドナイトホーセズ 2018年11月5日(月) 19:49
先週の回顧
閲覧 36ビュー コメント 0 ナイス 5

京王杯2歳ステークス

ファンタジストが内から伸びて快勝(´-`).。oO
アルィルアウェイは後方から差して2着(´-`).。oO
ファンタジストは朝日杯でも有力でしょうね(´-`).。oO
アルィルアウェイは差して2着(´-`).。oO上がりも強烈(´-`).。oO

ファンタジーステークス

ダノンファンタジーが中段から差して快勝(´-`).。oO
他の人気所はあまり良い所無く(´-`).。oO
勝ち馬の力際立つ(´-`).。oO


アルゼンチン共和国杯

スローになりました(´-`).。oO
ほぼ全馬が極限の上がり(´-`).。oO
パフォーマプロミスは中段から差して快勝(´-`).。oO
オドノヒュー騎手は上手さが目立ちますが(´-`).。oO
やはり外国人騎手か(´-`).。oO
ムイトオブリガードは予想通り状態が良く差して来ました(´-`).。oO
位置取りですな(´-`).。oO
マコトガラハッドは先行して3着(´-`).。oO
ウインテンダネスは逃げて(´-`).。oOもう少しペースが速くても良かったが?


JBCスプリント

マテラスカイが逃げて突き放す(´-`).。oO
グレイスフルリープは先行して武豊騎手マーク(´-`).。oO
見事差し切り(´-`).。oO
キタカサンミカヅキも中段から差して(´-`).。oO
地方の意地を見せる(´-`).。oO


JBCクラシック

サンライズソアが逃げ(´-`).。oO
テイエムジンソクは逃げず番手失速(´-`).。oO
ケイティブレイブは中段から自信満々に差して(´-`).。oO
オメガパフュームも中段から差して(´-`).。oO
勝ち馬が横綱相撲過ぎて(´-`).。oO
サンライズソアは良く粘るも3着(´-`).。oO
ノンコノユメ、サウンドトゥルーが4、5着(´-`).。oO


JBCレディスクラシック

ラビットランとアンジュデジールの叩き合い(´-`).。oO
ファッショニスタが差して3着(´-`).。oO
クイーンマンボ、フォンターナリーリ、プリンシアコメータは伸びず(´-`).。oO
前の叩き合い2頭が伸びて(´-`).。oO
後ろで溜めたファッショニスタが差す(´-`).。oO


ルメール騎手、福永騎手、横山騎手(´-`).。oO
入着している騎手も、いわゆるG1で入着出来る騎手(´-`).。oO

JBCとしては売り上げ、レースのレベルも高い物を獲たと思います(´-`).。oO

ケイティブレイブ、オメガパフュームはチャンピオズカップでも有力(´-`).。oO

[もっと見る]

 DEEB 2018年11月4日() 21:03
恥ずかしい馬予想2018.11.04[結果]
閲覧 41ビュー コメント 1 ナイス 5

東京11R アルゼンチン共和国杯 GⅡ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 ムイトオブリガード…2着
○ 8 ルックトゥワイス…8着
▲ 9 アルバート…10着
△ 6 パフォーマプロミス…1着
×10 ウインテンダネス…4着
[結果:アタリ○ 馬連6-7 910円]


京都 7R 3歳以上1000万下牝[指定]
◎ 8 タガノヴェローナ…1着
○ 3 レッドディオーサ…4着
▲ 2 グアン…2着
△ 4 エオリア…6着
× 6 スペクター …3着
[結果:アタリ○ 馬連2-8 610円]


京都 8R 醍醐特別 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎12 キラーコンテンツ…5着
○17 イサチルホープ…10着
▲11 ワンダーアマービレ…14着
△10 イノバティブ…17着
×14 イエローマリンバ…1着
[結果:ハズレ×]

京都 9R 清水ステークス 3歳以上1600万下(混合)[指定]
◎ 4 ボールライトニング…6着
○ 5 ロライマ…3着
▲ 2 フローレスマジック…1着
△ 6 ドゥーカ…4着
× 1 シャルルマーニュ…2着
[結果:ハズレ×]

京都10R JBCスプリント JpnⅠ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 3 キングズガード…6着
○ 5 マテラスカイ…2着
▲15 テーオーヘリオス…7着
△ 4 キタサンミカヅキ…3着
×14 モーニン…4着
[結果:ハズレ×]

京都11R JBCクラシック JpnⅠ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎14 オメガパフューム…2着
○ 1 センチュリオン…11着
▲ 9 ノンコノユメ…4着
△ 4 サンライズソア…3着
×15 テーオーエナジー …7着
[結果:ハズレ×]

京都12R JBCレディスクラシック JpnⅠ 3歳以上オープン(国際)牝(指定)
◎16 ★アンジュデジール…1着
○15 ファッショニスタ…3着
▲ 3 クイーンマンボ…4着
△ 4 ラビットラン…2着
×11 ☆リエノテソーロ…13着
[結果:アタリ○ 単勝16 1,310円、複勝16 300円、馬連4-16 2,090円、ワイド15-16 1,830円]

福島 7R 3歳以上500万下[指定]
◎ 1 トーセンアンバー …1着
○ 7 ☆エヴァイエ…2着
▲ 8 シエルブラン…3着
△ 4 センショウユウト…11着
×11 ラッシュハート…8着
[結果:アタリ○ 複勝7 150円、馬連1-7 710円]

福島10R きんもくせい特別 2歳500万下(混合)(特指)
◎ 2 ★ダディーズマインド…3着
○ 3 ダノンチェイサー …2着
▲ 7 ☆ディキシーナイト…4着
△ 1 マイネルサーパス…1着
×11 アトミックフォース…7着
[結果:アタリ△ 複勝2 270円]

福島11R みちのくステークス 3歳以上1600万下(混合)(特指)
◎16 ファミーユボヌール…6着
○13 カイザーメランジェ…7着
▲15 レーヴムーン…13着
△ 1 ショウナンアエラ…4着
×12 エイシンデネブ…9着
[結果:ハズレ×]

ギリギリで、京都競馬場の指定席が予約できました。
それも、昨日と同じ席です。
でも、今日は妻さんはいません、一人です。
中央の競馬場で初のJBCを観てきます。

[今日の結果:10戦4勝5敗1分]
今日も何故だか、プラスでした。
JBCの最終戦のレディスクラシックで、逆転できました。
横典、ありがとうございました。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ノンコノユメの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  zerolink8810   フォロワー:0人 2018年2月18日() 23:10:21
素晴らしい夢を見ぜて貰った!

ノンコノユメの写真

ノンコノユメの厩舎情報 VIP

2018年11月4日JBCクラシック Jpn14着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ノンコノユメの取材メモ VIP

2018年11月4日 JBCクラシック Jpn1 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。