今週の重賞レース

2024年7月28日() クイーンS G3 アイビスSD G3

マーチS G3

日程:2024年3月24日() 15:30 中山/ダート1800m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 1 1

ヴァルツァーシャル

牡5 57.0 斎藤新  高木登 504(0) B 1.50.7 11.4 7 36.2 ⑦⑦⑦⑦
2 8 13

ミトノオー

牡4 57.5 木幡巧也  牧光二 520(+16) 1.50.8 1 1/4 7.5 4 37.8 ①①①①
3 8 14

ペイシャエス

牡5 58.0 横山和生  小西一男 500(+2) 1.51.3 5.9 2 37.6 ②②②②
4 3 3

キタノヴィジョン

牡7 57.0 石川裕紀  萱野浩二 496(-2) 1.51.5 3/4 44.3 9 36.7 ⑨⑩⑪⑦
5 4 6

ラインオブソウル

牡5 54.0 松若風馬  音無秀孝 522(+14) 1.51.5 アタマ 68.7 12 37.2 ⑥⑤⑥⑤
6 7 12

ブライアンセンス

牡4 57.0 横山武史  斎藤誠 514(0) 1.51.7 1 1/4 2.8 1 37.7 ③④④④
7 5 8

ダノンブレット

牡6 54.0 岩田望来  菊沢隆徳 516(+8) B 1.51.9 52.6 11 37.2 ⑨⑨⑨⑨
8 5 7

ゴールドハイアー

牡6 57.0 津村明秀  大久保龍 500(-2) 1.51.9 ハナ 9.8 6 37.4 ⑦⑦⑦⑩
9 4 5

ニューモニュメント

牡8 58.0 小崎綾也  小崎憲 496(+5) 1.52.0 3/4 44.9 10 37.0 ⑪⑪⑫⑫
10 6 9

クリノドラゴン

牡6 57.0 田口貫太  大橋勇樹 488(0) 1.52.0 クビ 160.7 14 36.6 ⑬⑬⑬⑬
11 7 11

キリンジ

牡4 57.0 和田竜二  佐々木晶 490(-1) 1.52.0 アタマ 17.1 8 37.8 ⑤⑤⑤⑤
12 2 2

キタノリューオー

牡6 57.0 原優介  萱野浩二 470(-6) 1.52.3 8.4 5 37.6 ⑪⑪⑨⑩
13 3 4

ウェルカムニュース

牡5 57.0 戸崎圭太  池江泰寿 508(-4) B 1.53.0 7.2 3 39.3 ③③②②
14 6 10

ホウオウルバン

牡6 56.0 内田博幸  池上昌和 526(-4) B 1.53.5 3 1/2 118.5 13 37.6 ⑭⑭⑭⑭
ラップタイム 12.9 - 11.6 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 12.1 - 12.5 - 12.3 - 12.9
前半 12.9 - 24.5 - 36.8 - 49.0 - 60.9
後半 61.7 - 49.8 - 37.7 - 25.2 - 12.9

■払戻金

単勝 1 1,140円 7番人気
複勝 1 360円 7番人気
13 330円 6番人気
14 240円 2番人気
枠連 1-8 2,260円 10番人気
馬連 1-13 4,570円 21番人気
ワイド 1-13 1,990円 26番人気
1-14 1,260円 16番人気
13-14 1,160円 15番人気
馬単 1-13 10,380円 46番人気
3連複 1-13-14 13,130円 49番人気
3連単 1-13-14 102,040円 349番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:370,302人(07月22日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【マーチS2024特集】包まれにくい位置から進出する馬が優位!真ん中より外の枠を引き当てた馬の台頭に警戒!

【マーチS2024特集】包まれにくい位置から進出する馬が優位!真ん中より外の枠を引き当てた馬の台頭に警戒!

土曜日の中山ダートのレース結果、近年のマーチSの結果をもとに、馬場のバイアスなどを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間は、水曜日に2.5ミリの降水を観測。土曜日の開催中も小雨が降ったりやんだりと、はっきりしない天気で推移したが、まとまった降水はなく、ダートコースは終日良馬場(JRA発表)でレースが行われた。

土曜日の結果を振り返ると、ペースや力関係を抜きにしても、中団より前めに位置した馬の活躍が目を引いた。その一方で、待機組は大苦戦。最終4角7番手以下通過馬の2着連対圏入りは1頭のみ。8番手以下通過馬に至っては3着以内ゼロという、低調な結果に終わっている。

枠順に関しては、真ん中より外が優勢。1~3着馬21頭中15頭が5枠より外、勝ち馬7頭はいずれも6枠より外となっている。要は距離ロスなく走れるメリットよりも、インで揉まれるなどのデメリットのほうが大きいということだ。

日曜日は雲の多い天気になる見通し(24日7時の時点)。ただ、予報通りであれば雨が降ったとしても、量はそれほどでもなさそう。まとまった雨さえ降らなければ、前日と大差ない馬場コンディション、状況になるだろう。

脚質についてはメンバー構成などの関係で、都度見直す必要もありそうだが、枠順に関しては前日とそう変わりない傾向に落ち着く可能性が高いように思える。ゆえに引き続き、真ん中より外(5~8枠あたり)を優先したほうが、好結果につながりやすいのではないか。

なお、近年のマーチSは、前走が重賞(着順不問)、もしくは前走2着以内から臨む馬の活躍が顕著。過去5年の1~2着全馬が、この条件をクリアしている。連対候補を選定する際に活用したい傾向といえよう。

今年のマーチSの出走馬で、先述した要点(5~8枠+前走ステップ)を満たしているのは、⑦ゴールドハイアー、⑪キリンジ、⑫ブライアンセンス、⑬ミトノオー。従って当欄では、この4頭を注目株として推奨したい。

【馬場予想からの注目馬】
ゴールドハイアー ⑪キリンジ ⑫ブライアンセンス ⑬ミトノオー
厩舎
の話

【マーチS2024特集】ブライアンセンス「うまく流れに乗って運べればチャンスはある」 ヴァルツァーシャル「脚抜きのいい馬場でも問題ない」

【マーチS2024特集】ブライアンセンス「うまく流れに乗って運べればチャンスはある」 ヴァルツァーシャル「脚抜きのいい馬場でも問題ない」

ヴァルツァーシャル・高木師「動きは上々。脚抜きのいい馬場でも問題ない」

ウェルカムニュース・池江師「前走も馬群に沈みそうなところから再加速した」

キタノヴィジョン・萱野師「動きが滑らかで好調キープ。中山は相性がいい」

キタノリューオー・萱野師「いい動きだったし、あとは展開が向いてくれれば」

キリンジ・佐々木師「ハンデは問題ないし、坂のあるコースもこなしている」

ダノンブレット・菊沢師「格上相手で胸を借りる立場になるが、末脚を生かせる流れなら」

ブライアンセンス斎藤誠師「うまく流れに乗って運べればチャンスはあると思う」

ペイシャエス・小西師「60キロを背負った前走の疲れは取れた」

ホウオウルバン・池上師「だいぶ立ち直ってきた感じ。得意の中山で良さが出ないか」

ミトノオー・牧師「前走は競り込まれて厳しかった。この舞台で勝っている」

ラインオブソウル・音無師「前走を見る限り、2000メートルよりは1800メートルがいい」




出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【マーチS2024特集】ゴールドハイアー、ヴァルツァーシャル、ウェルカムニュース、ペイシャエスが4項目オールクリア

【馬齢】

2014年以降(過去10年)の1~3着馬延べ31頭の馬齢を検証すると、4歳から8歳までの間。ただし、4歳の2着連対圏入りは、近2走内にOPクラスで1着歴がある馬のみ。7~8歳馬の2着連対圏確保は、前走G1・G2組に限られる。気にとめておきたい傾向といえよう。

(減点対象馬)
③キタノヴィジョン ⑤ニューモニュメント ⑪キリンジ ⑫ブライアンセンス ⑬ミトノオー

【前走着順】

前走の着順についてはJRA重賞なら問わないが、JRAのOP特別であれば6着以内、地方の国際G1(東京大賞典)は4着以内、それ以外の場合は1着が理想。2014年以降、この条件を満たしていなかった非JRA重賞組は、みな3着以下に敗れている。

(減点対象馬)
⑤ニューモニュメント ⑥ラインオブソウル ⑧ダノンブレット ⑨クリノドラゴン ⑩ホウオウルバン ⑪キリンジ ⑬ミトノオー

【前走大敗馬】

2014年以降、近3走内に重賞3着以内または非重賞1着の経験がなく、前走でタイム差1秒5以上の大敗を喫していた馬が、マーチSで3着以内に入った事例はゼロ。該当馬は評価を下げるべきだろう。

(減点対象馬)
⑤ニューモニュメント ⑩ホウオウルバン

【前走馬体重】

近年のマーチSは馬格のある馬が優勢。2014年以降の1~2着馬はいずれも、前走の馬体重が480キロ以上だった。この条件に合致しない馬は、連対(2着以内)候補として推奨しづらい。

(減点対象馬)
②キタノリューオー

【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、①ヴァルツァーシャル、④ウェルカムニュース、⑦ゴールドハイアー、⑭ペイシャエスの4頭。

まず推奨したいのは、⑦ゴールドハイアー。2014年以降、5~6歳馬は7勝を含む3着以内20頭と主力を形成。そのなかでも、前走の上がり3Fタイム順位が1~2位だった馬は【3.3.2.7】の好成績を残している。引き続き要警戒の1頭だ。

同じく5~6歳馬に当てはまる、①ヴァルツァーシャル、④ウェルカムニュース、⑭ペイシャエスらも軽くは扱えない。

<注目馬>
ゴールドハイアー ①ヴァルツァーシャル ④ウェルカムニュース ⑭ペイシャエス

このレースの傾向やデータをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:370,302人(07月22日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

U指数
予想

【マーチS2024特集】中山ダ1800m巧者のU指数上位勢をセットで買う戦術を推奨!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

U指数上位勢が壊滅という結果に終わったり、二桁順位の馬が激走して波乱を巻き起こしたりと難解な側面がある一方、2021年2着のヒストリーメイカー(2位、2番人気)のように指数、人気ともに上位の馬が順当に結果を残すこともあるのがこのマーチS。頭数を絞り込んで決め打ち勝負を成功させることは難しいので、信頼できそうなU指数上位馬に注目し、手広く穴を狙うことを念頭に置いて馬券を組み立てるのがベターと言えるだろう。2023年1着のハヤブサナンデクン(2位、5番人気)のような、妙味のある狙い目を探り当てたいところだ。

馬券的に面白そうなのは、U指数1位の評価を獲得している⑤ニューモニュメント(97.4)。近走は目立った結果を残せていないが、中山ダ1800mはオープンで2戦2連対を誇る得意コースで、一気の変わり身に期待できる。展開が向けば鋭い差し脚で突き抜けても不思議ではない。

2位タイの2頭、④ウェルカムニュース(96.7)と③キタノヴィジョン(96.7)も無視はできない存在。この2頭も舞台適性に不安はなく、押さえておいて損はないと言える。もう1頭、中山ダ1800mのオープンを連続好走中の4位①ヴァルツァーシャル(96.5)にも警戒の目を光らせたい。

出走予定馬のU指数をチェックする

血統
予想

【マーチS2024特集】A.P. Indy直系の大駆けに要注意、Raja BabaやKris S.内包馬も上位を賑わす

【マーチS2024特集】A.P. Indy直系の大駆けに要注意、Raja BabaやKris S.内包馬も上位を賑わす

近年の穴パターンとなっているのがA.P. Indyの直系で、2017年1着インカンテーション(10番人気)、2018年2着クインズサターン(5番人気)、2022年2着ケンシンコウ(12番人気)などが該当。なお、同系統は渋った馬場で開催された年に波乱を演出しやすい傾向にある。一方、種牡馬としてはシンボリクリスエスが3勝(2012年サイレントメロディ、2014年ソロル、2019年サトノティターン)と存在感を放ち、同馬を母の父に配された23年ウィリアムバローズもハナ差2着と勝ちに等しい内容で好走していた。

ほか、Raja BabaやKris S.の血を引く馬も毎年のように上位争いを繰り広げているが、Raja Babaの近親にあたるA.P. Indy、Kris S.の直仔であるシンボリクリスエスの血を引く馬が活躍していることからもぞんざいには扱えない血脈といえるだろう。

ラインオブソウルは、父シニスターミニスター×母ファーストレディ(母の父スマートボーイ)。同産駒からは17年1着インカンテーションが出ており、A.P. Indyの直系であることからも注目したい血統となる。また、本馬においては叔父のイッシンドウタイが15年2着&16年4着と上位入線を果たしており、母の父に配されたスマートボーイも00年2着&02年2着&03年1着と3度の連対実績を持つ。血統背景からも軽視できない存在だ。

キリンジは、父キズナ×母タイムピース(母の父ルーラーシップ)。エアシャカールを筆頭に活躍馬は枚挙にいとまがない一族だが、その牝祖となるアイドリームドアドリームがRaja Baba直系のWell Decorated産駒であることを意識しやすい。なお、同血脈を保持する馬としては、20年3着&21年1着とリピート好走したレピアーウィットが挙げられる。小回りを苦にしない器用さがあり、中山巧者を多く出す一族であることにも留意したい。

ブライアンセンスは、父ホッコータルマエ×母ヒラボクビジン(母の父ブライアンズタイム)。「父キングカメハメハ系×母の父ブライアンズタイム」の組み合わせは、13年1着グランドシチーを想起させる配合であり、ブライアンズタイム自体が種牡馬としても母の父としても多くの好走馬を出していることを強調しやすい。また、本馬の叔父には10番人気で勝利をつかんだ17年インカンテーションがいることも見逃せないポイントだろう。

【血統予想からの注目馬】
ラインオブソウル ⑪キリンジ ⑫ブライアンセンス

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【マーチS2024特集】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2023年3月26日() 中山/ダ1800m
天候:雨 馬場:不良
マーチステークス2023
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 12 ハヤブサナンデクン 津村明秀 1:51.4 8.8 5 37.5 100.6
2 8 ウィリアムバローズ 横山武史 1:51.4 ハナ 3.1 1 37.6 100.6
3 6 キタノヴィジョン 江田照男 1:51.5 38.5 11 36.5 100.2
4 3 ロードヴァレンチ 永野猛蔵 1:51.6 クビ 8.7 4 37.9 99.8
5 15 カフジオクタゴン 北村宏司 1:51.7 1/2 21.6 9 37.7 99.3
2022年3月27日() 中山/ダ1800m
天候:曇 馬場:
マーチステークス2022
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 12 メイショウハリオ 浜中俊 1:50.2 5.8 2 36.5 102.5
2 10 ケンシンコウ 丸山元気 1:50.3 1/2 39.3 12 37.1 102.1
3 6 ブルベアイリーデ 戸崎圭太 1:50.9 3 1/2 5.8 3 37.5 99.6
3 11 ヒストリーメイカー 内田博幸 1:50.9 同着 5.0 1 37.5 99.6
5 13 カデナ 三浦皇成 1:51.2 1 1/2 17.9 8 37.3 98.4
2021年3月28日() 中山/ダ1800m
天候:曇 馬場:稍重
マーチステークス2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 3 レピアーウィット 石橋脩 1:51.0 21.4 6 37.6 103.2
2 12 ヒストリーメイカー 内田博幸 1:51.1 1/2 11.5 2 37.6 102.8
3 14 メモリーコウ 古川吉洋 1:51.6 13.4 3 37.8 100.7
4 13 オメガレインボー 横山和生 1:51.7 1/2 117.4 14 36.7 100.3
5 8 ハヤヤッコ 三浦皇成 1:51.8 3/4 13.5 4 37.7 99.9

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【マーチS2024特集】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2017年の優勝馬インカンテーション
2017年の優勝馬インカンテーション

荒れることで有名なダートのハンデ重賞で、これまで数々の波乱劇が演じられてきた。第3回(1996年)は14頭立て最低人気のアミサイクロンが大駆けを見せ、馬連8万馬券(当時は馬単、3連複、3連単の発売はなし)の高配当。ほか、第23回(2016年)のショウナンアポロンと第26回(2019年)のサトノティターンは8番人気、第4回(1997年)のワイルドブラスターと第6回(1999年)のタヤスケーポイント、第14回(2007年)のクワイエットデイは9番人気、第24回(2017年)のインカンテーションは10番人気と、人気薄の優勝例は枚挙にいとまがない。1番人気は不振を極めるものの、第16回(2009年)においては、その後ダート王者に登り詰めるエスポワールシチーが力の違いを見せつけている。

歴史と概要をもっと見る

マーチS特集 バックナンバー

トップへ