カデナ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
カデナ
カデナ
カデナ
カデナ
カデナ
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2014年3月30日生
調教師中竹和也(栗東)
馬主前田 幸治
生産者グランド牧場
生産地新ひだか町
戦績25戦[4-3-3-15]
総賞金20,043万円
収得賞金5,225万円
英字表記Cadenas
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
フレンチリヴィエラ
血統 ][ 産駒 ]
French Deputy
Actinella
兄弟 スズカコーズウェイクイーンリヴィエラ
前走 2020/09/06 新潟記念 G3
次走予定

カデナの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/09/06 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 1871411.866** 牡6 58.0 鮫島克駿中竹和也476(-10)2.00.2 0.332.3⑮⑰ブラヴァス
20/06/28 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 1881782.5912** 牡6 58.0 鮫島克駿中竹和也486(0)2.16.8 3.338.5⑱⑱⑱⑮クロノジェネシス
20/04/05 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 1281168.2114** 牡6 57.0 鮫島克駿中竹和也486(+12)1.58.6 0.233.5⑪⑪⑫⑫ラッキーライラック
20/02/23 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 142218.141** 牡6 57.0 鮫島克駿中竹和也474(0)1.48.3 -0.335.1⑪⑩⑫⑨ドゥオーモ
20/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 1781520.1711** 牡6 57.0 鮫島克駿中竹和也474(+2)2.00.1 0.634.8⑰⑰⑯⑮トリオンフ
19/10/27 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1611126.01013** 牡5 58.0 藤岡佑介中竹和也472(-6)1.58.4 2.234.7⑯⑯⑯アーモンドアイ
19/09/01 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 183614.283** 牡5 57.0 武藤雅中竹和也478(+4)1.57.8 0.333.6⑰⑮ユーキャンスマイル
19/08/04 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 136916.862** 牡5 56.0 北村友一中竹和也474(-10)1.58.8 0.034.7⑫⑫⑪⑫メールドグラース
19/06/30 函館 11 巴賞 OP 芝1800 1661219.493** 牡5 56.0 藤岡佑介中竹和也484(+8)1.47.5 0.135.3⑭⑭⑭⑮スズカデヴィアス
19/04/14 福島 11 福島民報杯 (L) 芝2000 154733.7113** 牡5 56.0 鮫島克駿中竹和也476(-12)1.58.8 0.236.0⑬⑭⑭⑧レッドローゼス
19/03/03 阪神 11 大阪城S OP 芝1800 151121.51014** 牡5 56.0 藤岡佑介中竹和也488(+8)1.47.7 1.636.5④④スピリッツミノル
18/11/17 京都 11 アンドロメダ OP 芝2000 1561027.597** 牡4 56.0 北村友一中竹和也480(+10)2.01.0 0.633.9⑭⑭⑭⑬ドレッドノータス
18/07/15 函館 11 函館記念 G3 芝2000 152240.41111** 牡4 56.0 藤岡康太中竹和也470(0)2.00.6 0.834.8⑭⑭⑬⑬エアアンセム
18/04/22 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 1481383.7914** 牡4 56.0 幸英明中竹和也470(+8)1.33.4 2.135.7⑦⑤サングレーザー
18/02/04 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 1671343.31014** 牡4 56.0 福永祐一中竹和也462(-6)1.34.9 0.834.0⑬⑪リスグラシュー
18/01/06 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 1781715.7510** 牡4 56.0 福永祐一中竹和也468(+2)2.00.3 0.534.7⑬⑬⑬⑩セダブリランテス
17/10/29 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 18816147.41716** 牡3 56.0 福永祐一中竹和也466(+2)2.15.8 7.544.9⑪⑭⑮キタサンブラック
17/09/24 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 1471115.669** 牡3 56.0 福永祐一中竹和也464(+10)2.25.9 1.335.1⑥⑥⑧⑥レイデオロ
17/05/28 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 1871317.1811** 牡3 57.0 福永祐一中竹和也454(+2)2.27.7 0.833.5⑮⑮⑰⑯レイデオロ
17/04/16 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 18247.239** 牡3 57.0 福永祐一中竹和也452(-8)1.58.3 0.534.4⑯⑰⑪⑩アルアイン

⇒もっと見る


カデナの関連ニュース

 ★イエローマリンバ(栗・河内、牝5)は、登録している産経賞セントウルSを自重し、夕刊フジ杯オパールS(10月10日、京都、L、芝1200メートル)へ。

 ★七夕賞の勝ち馬クレッシェンドラヴ(美・林、牡6)は、産経賞オールカマー(27日、中山、GII、芝2200メートル)で重賞連勝を狙う。11着マイネルサーパス(美・高木、牡4)はオクトーバーS(10月18日、東京、L、芝2000メートル)を予定。

 ★丹頂S5着ウラヌスチャーム(美・斎藤誠、牝5)は新潟牝馬S(10月24日、新潟、OP、芝2200メートル)か、アルゼンチン共和国杯(11月8日、東京、GII、芝2500メートル)。9着ナイママ(美・武藤、牡4)は福島記念(11月15日、福島、GIII、芝2000メートル)へ。

 ★古町S1着エムオーグリッタ(美・古賀慎、牡6)は、シリウスS(10月3日、中京、GIII、ダ1900メートル)へ。

 ★新潟記念6着カデナ(栗・中竹、牡6)は毎日王冠(10月11日、東京、GII、芝1800メートル)に向かう。12着アイスストーム(栗・吉村、牡5)は毎日王冠富士S(10月24日、東京、GII、芝1600メートル)の両にらみ。僚馬で15着インビジブルレイズ(牡6)はオクトーバーSへ。16着アイスバブル(栗・池江、牡5)は京都大賞典(10月11日、京都、GII、芝2400メートル)へ。

 ★オークス7着後に休養していたミヤマザクラ(栗・藤原英、牝3)は秋華賞(10月18日、京都、GI、芝2000メートル)に参戦。糸魚川特別でデビュー3連勝を飾ったレイパパレ(栗・高野、牝3)も同レースに直行する。

 ★メルボルンTを勝ったアイアンバローズ(栗・角居、牡3)は、引き続き池添騎手で神戸新聞杯(27日、中京、GII、芝2200メートル)で始動する。僚馬で京都新聞杯3着ファルコニア(牡3)も引き続き川田騎手で同レースへ。

 ★上越Sを勝ってオープン入りしたウルトラマリン(栗・今野、牝3)は、ながつきS(26日、中山、OP、ダ1200メートル)へ。

 ★小倉日経オープン11着セラピア(栗・藤岡、牝4)は、ポートアイランドS(10月4日、中京、L、芝1600メートル)へ。

【新潟記念】レースを終えて…関係者談話 2020年9月7日(月) 04:58

 ◆荻野極騎手(サンレイポケット3着)「外枠でゴチャつかず、リズム良く走れた。直線が長いコースも合っている」

 ◆坂井騎手(サトノガーネット4着)「リズム良く運んで手応えも良かった。(直線で)内の馬が外に出てくるプレッシャーがなければもっと伸びたと思う」

 ◆岩田康騎手(サトノダムゼル5着)「素直で走る気がすごくて、どこからでも競馬ができる。一気に動ける器用さもある」

 ◆鮫島駿騎手(カデナ6着)「結果には満足していませんが、58キロのハンデを背負いながらでも、直線はこの馬の走りができた」

 ◆池添騎手(ピースワンパラディ7着)「勝ち馬の後ろで流れに乗っていけたが、この上がり(レース全体で3ハロン33秒1)だと切れ味に磨きをかけないと。今後に期待したいですね」

 ◆三浦騎手(ウインガナドル8着)「向こう正面はいいところを走らせて、内から(ジナンボーが)来たけど、気にせず自分のリズムで走らせた。最後まで頑張っている」

 ◆武藤騎手(ゴールドギア9着)「直線でみんな外に出てきたので、内へ行かされたぶん、厳しくなった」

 ◆ルメール騎手(ワーケア10着)「いいポジションでリラックスして、手応えも良かった。ただ、直線でギアが上がらず加速できなかった」

 ◆津村騎手(リープフラウミルヒ11着)「器用さを生かせる舞台の方が合っている」

 ◆長岡騎手(アールスター14着)「淡々と流れて瞬発力勝負になったのが厳しかったです」

 ◆戸崎騎手(アイスバブル16着)「新潟コースで“ヨーイドン”の瞬発力勝負では、分が悪かった」

[もっと見る]

サンスポ連載企画『四天王の決断!』今週は豚ミンCプロが登場(G3新潟記念2020) 2020年9月6日() 11:59

 
     


毎週日曜のサンケイスポーツ(関東版)競馬面で展開中の、ウマニティ「プロ予想MAX」とのタイアップ企画『プロ予想MAX四天王の決断!』。

今週は、豚ミンCプロG3新潟記念予想が掲載されています。

それでは早速、予想をご覧いただきましょう。


シーズンの大半が雨もしくは猛暑という過酷で極端な状況のなか行われてきた今年の夏競馬が、いよいよ最終週を迎えます。本日登場してもらうのは、ウマニティ公認プロ予想家の豚ミンCさんです。ターゲットは、攻略しがいのある18頭立てのハンデ重賞・新潟記念。新潟芝2000mで、的中率45%・回収率178%、新潟芝重賞で的中率22%・回収率123%という実績を誇る、この条件のスペシャリストが下した結論に注目しましょう。

本命は⑨アイスストーム。「前走は特殊な馬場でいちばん伸びないところを走ってしまったためノーカウントでOK。今の差せる馬場を味方にすれば巻き返せる」と期待を寄せます。対抗は「昨年好走した舞台で見直したい」⑭カデナ。単穴は「差し馬場でパフォーマンスアップが見込める」⑬ゴールドギア。シルシを打つのはこの3頭とし、馬券は単勝⑨&⑬、馬連・ワイドボックス⑨⑬⑭で勝負します。

本レース以外の豚ミンCプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください。(ウマニティ編集長・岡田大)



※なお、こちらの予想は『四天王の決断!』企画用の特別予想となっており、最終的にウマニティで販売する予想とは買い目・内容が異なる場合が御座います(締切などの都合上)。
最新見解は、ウマニティ「プロ予想MAX」をご覧ください。

------------------------------------------------
「プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ(関東版)競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】新潟記念2020 徳光さん、ジャンポケ斉藤さんほかズラリ!競馬大好き芸能人・著名人が真剣予想! 2020年9月6日() 05:30


※当欄では新潟記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
◎⑨アイスストーム
ワイド流し
⑨-①③④⑤⑧⑩⑪⑬⑭⑰

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑭カデナ
単勝


【DAIGO】
◎⑰ブラヴァス

【林修】
注目馬
サトノガーネット

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑰ブラヴァス
○⑤ジナンボー
▲③ピースワンパラディ
△①インビジブルレイズ
△⑨アイスストーム

【細江純子(元JRA騎手)】
◎④サトノダムゼル

【カンニング竹山】
◎⑪ワーケア

【橋本マナミ】
◎⑰ブラヴァス
○⑧サトノガーネット
▲⑪ワーケア
△②アイスバブル
△③ピースワンパラディ
△④サトノダムゼル
△⑤ジナンボー
△⑯サンレイポケット

【酒井一圭(純烈)】
◎⑧サトノガーネット

【神部美咲】
◎⑪ワーケア

【小木茂光】
注目馬
ブラヴァス
サンレイポケット
ピースワンパラディ
3連単フォーメーション
③⑯⑰→②③④⑤⑧⑪⑬⑯⑰⑱→③⑯⑰

【キャプテン渡辺】
◎⑯サンレイポケット
ワイド・馬連
⑯-⑤ジナンボー

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑰ブラヴァス
3連単2頭軸流しマルチ
⑰→⑦→②③④⑤⑧⑩⑪⑫⑬⑭⑯
⑰→⑧→②③④⑤⑦⑩⑪⑫⑬⑭⑯

【ギャロップ林】
◎⑭カデナ
馬連流し
⑭-②⑧⑨⑰

【こいで(シャンプーハット)】
◎②アイスバブル
3連単2頭軸流しマルチ
②→⑤→③④⑪⑬⑭

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑬ゴールドギア
単勝

3連単1頭軸流しマルチ
⑬→②③⑤⑧⑩⑭

【浅越ゴエ】
◎⑧サトノガーネット
ワイド流し
⑧-⑬⑯
3連単1頭軸流しマルチ
⑧→④⑤⑬⑯⑰

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑬ゴールドギア
3連複フォーメーション
④⑬-④⑤⑪⑮-①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱

【リリー(見取り図)】
◎⑨アイスストーム
3連複2頭軸流し
⑨-⑧-①②③④⑤⑥⑦⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱

【船山陽司】
◎⑨アイスストーム

【鷲見玲奈】
◎⑰ブラヴァス

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑭カデナ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑯サンレイポケット
○⑤ジナンボー
▲⑦アールスター
△⑰ブラヴァス
△⑧サトノガーネット
△⑩ウインガナドル

【皆藤愛子】
◎②アイスバブル

【高田秋】
◎⑤ジナンボー

【守永真彩】
◎⑰ブラヴァス
3連複フォーメーション
⑰-③⑦⑧⑯-③④⑤⑦⑧⑭⑮⑯

【目黒貴子】
◎⑯サンレイポケット



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【新潟記念】厩舎の話 2020年9月4日(金) 04:58

 ◆アイスストーム・吉村師 「切れ味を生かすためにも良馬場で」

 ◆アイスバブル・池江師 「少し動かなくなっていますね。叩き良化タイプなので…」

 ◆アールスター・杉山晴師 「以前のような苦しがる面を、今は見せていません」

 ◆インビジブルレイズ・吉村師 「思った通りの調整。体調に大きな波のない馬です」

 ◆ウインガナドル・上原師 「状態は上向いている。気分良く走ればしぶとい」

 ◆カデナ・中竹師 「調教で動くタイプだけど、変わらずに良かった」

 ◆ゴールドギア・田辺騎手 「2000メートルで流れに乗れるかが鍵。少し時計がかかってほしい」

 ◆サトノクロニクル・池江師 「小回りより、直線が長く平坦の方がいい」

 ◆サトノダムゼル・森助手 「前走後はスクミを見せず、硬さもありません」

 ◆サンレイポケット・高橋忠師 「順調です。力もつけています」

 ◆ジナンボー・森助手 「口向き、体のバランスが良くなり、出走態勢は整ったと思います」

 ◆ピースワンパラディ・大竹師 「2000メートルなら位置取りはこだわらなくていい」

 ◆ブラヴァス・友道師 「順調。奥手で確実に力をつけています」

 ◆プレシャスブルー・相沢師 「熱中症で時計を出せなかった先週のぶんもしっかりとやった」

 ◆メートルダール・斎藤助手 「しまい重点の調整。コースは合う」

 ◆リープフラウミルヒ・相沢師 「今週はサッと。うまくかみ合えば」

 ◆ワーケア・手塚師 「春先から馬がしぶくなっていて、追われていれば伸びる」



新潟記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【新潟記念】厩舎の話 2020年9月3日(木) 11:34

 アイスストーム・吉村調教師「前走は馬場が敗因。決め手のある馬だけに良馬場でやりたい」

 アイスバブル・池江調教師「叩き良化型。目黒記念(2着)の内容からも少し距離は短いかも」

 アールスター・長岡騎手「追い切りではしっかり反応した。長い直線で集中が途切れなければ」

 インビジブルレイズ・吉村調教師「太りやすいので長めからこなしてきた。良馬場でやりたい」

 ウインガナドル・上原調教師「先週ビッシリ追ったので軽めにした。気分良く走ればしぶとい」

 カデナ・中竹調教師「迫力ある動き。決め手を生かすタイプなので、いい馬場で走らせたい」

 ゴールドギア・田辺騎手「追い切りでは真面目に走らない。この距離で流れに乗れるかがカギ」

 サトノクロニクル・池江調教師「平坦で長い直線が合うとみて新潟へ。仕上がりはまずまず」

 サトノダムゼル・森助手「前走後はスクミを見せず、硬さもない。新潟に実績があるので期待」

 サンレイポケット・高橋忠調教師「もともと体幹は強かった。ここへきてさらにしっかりした」

 ジナンボー・森助手「体調は上向きで、態勢は整った。相性のいい舞台なので期待している」

 ピースワンパラディ・大竹調教師「動きはいつもどおり。2000メートルなら位置はこだわらない」

 ブラヴァス・友道調教師「暑さは大丈夫。成長してきたし、何とかタイトルを取らせたい」

 プレシャスブルー・相沢調教師「前走はスタートが悪かった。新潟大賞典(3着)だけ走れば」

 メートルダール・斎藤助手「輸送もあるのでしまい重点。一昨年は2着。このコースは合う」

 リープフラウミルヒ・相沢調教師「先週しっかり追ったので今週はサッと。うまく噛み合えば」

 ワーケア・手塚調教師「古馬との力差がカギだが、53キロは恵まれた。直線の長いコースはいい」

(夕刊フジ)

新潟記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

カデナの関連コラム

閲覧 1,664ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は札幌&新潟でダート重賞が行われた。

新潟で行われたレパードSは、ケンシンコウが積極策から逃げ切り勝ち。行く馬がいなかったため、最内枠を利してスッとハナを奪えたのが勝利んだった。鞍上の丸山騎手は「逃げたくはなかった」と語るようにスタート直後は譲り合うような状況だったが、意を決してハナを奪ったのが勝利に繋がった。またパイロ産駒はコーナーが上手な馬が多く、3着のブランクチェックも含め、新潟のキツイコーナーの立ち回り戦への対応能力も高かった。

一方、残念だったのはタイガーインディの鮫島駿騎手。スッとスタートを決めて難なくハナ…かと思いきや、そこで引いてしまった。明らかに逃げたくなかったようなのだが、新潟のダートの状況や展開を考えれば逃げ先行有利は明白だっただけに、千載一遇のチャンスを逃した印象が強い。未だに陣営コメントでよく目にする「逃げなくても競馬はできるよ」というのを見るたびに、逃げが悪いことではないのに…という気持ちになる。何はともあれ、とても残念な騎乗だった。

もちろん我々馬券を買うファンは、だからこそ「迷ったら前」という意識は忘れないでおきたいし、買う場合は前に行ってくれる騎手かどうかを判断する必要もある。特に夏のローカルは馬場さえよければ前が強い。先行できる馬、前で勝負してくれる騎手が特に重宝する時期だ。

~変則開催で小倉重賞の傾向は変わるか?

さて、今週からはようやく夏の小倉開催が始まる。例年ならば札幌&新潟と同時にスタートする夏の小倉だが、今年は変則日程で、今週末から4週間限定となる。そのため、重賞の日程もいつもとは異なる。毎年Aコース2週目となる小倉記念が開幕週に、Aコース4週目となる北九州記念が同2週目の開催となっている。

この変化がなぜ重要かというと、上記の2レースはともに毎年ローカル小倉の割に差し追い込みが届いていたレースだからである。昨年の小倉記念メールドグラースが外から差し切り、2着には追い込みのカデナ北九州記念ダイメイプリンセスが外差しをズバッと決めて9番人気で勝利と、いずれのレースでも差し馬が活躍している。

しかし、今年に関していえばまだ馬場の良い時期に行われるため、傾向が大きく変わる可能性がある。特に今週末の小倉記念は逃げ先行馬があまり多くない上に、メンバーもかなり手薄。何でもありの状況なので、今年の夏の重賞のトレンド通り、思い切って穴をねらっても面白い、波乱含みの一戦とみている。

関屋記念展望

今週末は小倉記念ともうひとつ、新潟競馬場では関屋記念が行われる。こちらはなかなか好メンバーが揃った印象で、馬券はもちろん、今後秋のマイル戦線に向けても注目すべき一戦になりそうだ。

ポイントは展開だろうか。今回多くの出走馬がステップにしてくる前走中京記念組だが、中京記念はかなりのハイペースに加えて、最終週の馬場で完全な外差し競馬。メイケイダイハード以下、上位勢は外枠の差し勢が独占した。逆にアンドラステサトノアーサーのステップとなるエプソムカップは、逃げたトーラスジェミニが内枠のダイワキャグニーソーグリッタリングを連れてきた、完全な先行レース。そこで差して来たアンドラステサトノアーサーは見直す手がある。

というわけで、ココでは2頭注目馬を挙げておきたい。

アンドラステ

前述通り展開が全く合わなかったエプソムカップでもよく差してきて4着確保。もともと1800mよりはマイル向きで、荒れ馬場も問題ないタイプ。条件好転のココは、重賞初制覇のチャンス到来だろう。もともと素質は早くから注目されていた馬で、今回のレースぶり次第では秋に向けて楽しみが広がりそうだ。

ミッキーブリランテ

完全な外差し競馬となった中京記念で絶好の外枠からの差しを選択したまでは良かったが、福永騎手にしては珍しく早仕掛けで末脚を失ってしまった。同騎手自身もミスを認める騎乗で、それで5着なら上々と言って良い。乗り難しいタイプではあるが、差しが届く馬場&展開になれば改めて重賞で出番があるはず。岩田騎手の溜めるスタイルもフィットしそうだ。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年6月28日() 07:00 覆面ドクター・英
宝塚記念・2020
閲覧 2,707ビュー コメント 0 ナイス 10

昔は、ここがG1初勝利となることの多い、先行馬のレースだった宝塚記念。最近はやたらと牝馬が来るようにもなってきました。私個人としては、牡牝混合のG1でマイルまでならいざ知らず、なかなか中距離以上だと牝馬に本命を打ちづらかったのですが、最近はもう牡牝関係なく強ければ本命を打つように切り替えました。

上半期の締めのG1、しかもグランプリは何としても当てたいものですが、馬券的には結構悩ましいメンバーです。




<全頭診断>

1番人気想定 サートゥルナーリア:4連勝でホープフルS皐月賞のG1ふたつ勝ったあたりでは、どれだけ強くなるんだろうと思わせつつ、断然1番人気の1.6倍で臨んだダービーで4着に負け、秋の天皇賞6着と残念な結果。その後は有馬記念で2着と距離は保つことも示しつつ、金鯱賞は貫禄勝ちで左回り不安を払拭した。本来、古馬の牡馬を引っ張っていく立場の馬なのだが、倒した相手がいかにも弱くて、サトノソルタスダイワキャグニーギベオンラストドラフトとG2とは言ってもかなり層の薄い感じ(ダイワキャグニーは先週の道悪で前で粘ってエプソムCを勝ったが)で、1番人気で買える馬かというと微妙か。

2番人気想定 ラッキーライラック阪神JFを勝ち、1番人気で臨んだ桜花賞アーモンドアイに敗れてからはメンタル的にまいったのか、しばらく不振気味だったが昨秋から復活傾向。エリザベス女王杯を勝ち、香港でも2着、大阪杯も勝ち、しかも馬体を増やしつつ更に強くなってきた。成長力を示していて、ここも非常に楽しみ。

3番人気想定 クロノジェネシス:たまに大物を出すバゴ産駒で、昨秋の秋華賞を勝ち、今年は京都記念勝ち、大阪杯2着と充実している。ただ前走もラッキーライラックには完敗で、ここで逆転は難しいのでは。

4番人気想定 ブラストワンピース:ドタドタした感じの巨漢馬で、強さを見せたり、凡走したりと扱いの難しい馬。能力は高いのだが、大外を引いてしまった今回は、立ち回り下手だけに妙味薄いか。

5番人気想定 グローリーヴェイズ:香港でも期待通り勝ってくれたステイヤーだが、距離不足と思われて人気を落としそうなここは、レース上手だけに楽しみ。

6番人気想定 キセキ:昨年の2着馬だが、その後は不振気味で気難しさが増してきている。敢えてここで買う必要は無いのでは。

7番人気想定 ワグネリアン大阪杯5着と期待ほど走ってくれなかったが、福永騎手はもっと長い距離がいいと、世間の評価とら逆の発言をしている。ただそう器用な感じでなく、東京で瞬発力を生かすのが合っているタイプなので、内回りで好走するかというと違うのでは。

8番人気想定 スティッフェリオ:前走の春の天皇賞で11番人気2着と激走した。私自身は期待していて11番人気というのが意外だったが、今回は北村友騎手がクロノジェネシスに乗るため幸騎手への乗り替わりで、その点はマイナスか。ただ、正直そう難しいタイプでなさそうで、この人気なら楽しみ。

9番人気想定 カデナ:3年前の弥生賞馬が前々走の小倉大賞典で激走して、期待していた大阪杯でも11番人気ながら4着と好走した。引き続き調教では元気で、充実期間はまだ持続している様子で、それなりに期待できそう。ただ、前走4着は正直勝負がついたあたりでの差しで、激走は難しいか。



10番人気以下想定

ダンビュライト:去勢後に約半年間休んで臨んだ前走の天皇賞春は、楽に先行できそうで期待したがイマイチ。鉄砲駆けするが叩いても上向かないタイプで、今回はあまり期待できないか。

トーセンカンビーナ阪神大賞典2着、春の天皇賞でも5着とだんだん強くなってきている。京都のほうがより良いのかもしれないが、距離はこのくらいが良さそうで、人気ほど差は無いのでは。

モズベッロ:今年は、日経新春杯勝ち、日経賞2着と充実していて、春の天皇賞はディープブリランテ産駒には距離が長く、しかも掛かっていた。巻き返しがあって不思議ない。

ペルシアンナイト:だんだんマイルでのスピード勝負がきつくなってきており、衰えもあるが、ハービンジャー産駒らしくこのくらいの距離で、もうひと花咲かせる激走というのはあるかも。

メイショウテンゲン:数少ない本格的ステイヤーだけに、ダイヤモンドS(2着)と阪神大賞典(3着)に比べ軽いスピードを問われる春の天皇賞では着順を落とした。距離は少し足りないがスタミナを問われる流れになったら出番も。

レッドジェニアル:昨年の京都新聞杯勝ちの後は着順こそ冴えないものの大阪杯鳴尾記念とそう負けておらず、人気以上にやれるタイプでは。

トーセンスーリヤ:前走は10番人気でG3新潟大賞典を制したが、まだここでは厳しそう。

アフリカンゴールド:昨秋のアルゼンチン共和国杯(3着)頃までは頑張っていたのだが、今年は3戦ともに二桁着順であり、激変は期待できなさそう。

アドマイヤアルバ:もう1年以上、ここ8戦中7戦で二桁着順のスランプ状態で、この大一番では期待薄。


<まとめ>
有力:ラッキーライラックサートゥルナーリアクロノジェネシス

ヒモに:グローリーヴェイズスティッフェリオ

穴で:レッドジェニアルモズベッロ

[もっと見る]

2020年6月25日(木) 14:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020宝塚記念
閲覧 1,843ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


6月28日(日) 第61回 宝塚記念(3歳以上G1・芝2200m)


ラッキーライラック [動きB時計A] 3ヶ月
この中間も2週前、1週前とCWを長めから好時計が出ている。順調に調整されていて、引き続き調子は良さそう。

サートゥルナーリア [動きA時計A] 3ヶ月半
5月下旬からトレセンで速い時計を出し始め、乗り込み量は豊富。1週前追い切りではルメール騎手が騎乗し、迫力満点の力強い走りを披露。この時点でも、かなり良い仕上がり。

クロノジェネシス [動きB時計A] 3ヶ月
この中間もCWを長めから乗り込まれていて、1週前追い切りでは北村友騎手騎乗で力強く伸びた。前走時と同じような動きで状態は良さそう。

キセキ [動きA時計B] 中7週
この中間は日曜日の追い切りを、2回CWに変えてきているが坂路とCWで入念な乗り込み。1週前追い切りを見るとコーナーリングがスムーズで、直線の伸び脚も良く、動きに関しては前走時よりも良い印象。

ワグネリアン [動きB時計A] 3ヶ月
これまで、中間に芝コースやDPコースで追われることもあったが、この中間は追い日はCW一本でそれ以外の日は坂路と、調教内容がしっかり固まってきた感じ。それだけ馬がしっかりしてきたとみて良さそうで、動きに関しても気合いが乗って調子は良さそう。

ブラストワンピース [動きB時計A] 3ヶ月
この中間も牧場で調整されて、トレセンでは2週前、1週前と南Wで速い時計を出している。動きを見ると、左回りでの追い切りでいつもと比べると迫力に欠ける印象だが、時計はしっかり出ていて仕上りは良さそう。

スティッフェリオ [動きB時計A] 中7週
この中間も坂路で乗り込まれて1週前はCWで併せ馬と、前走時とほぼ同じ調教内容。ただこの中間のほうが速い時計が出ていていて、引き続き好状態だろう。

グローリーヴェイズ [動きB時計A] 7ヶ月
ドバイ遠征もレースが中止となり、7ヶ月ぶりのレースとなる。この中間は、2週前、1週前とレーン騎手騎乗で追い切られて遅れもなく体はできている感じ。これまでで一番間隔が空いている点はマイナスになりそうだが。

ペルシアンナイト [動き映像なし時計D] 中2週
久しぶりの中2週での競馬で、1週前は軽めの調整。近走は間隔を空けて使ってきていた馬で、今回の中2週ローテがプラスになるような感じはない。

ダンビュライト [動きB時計C] 中7週
この中間は2週前、1週前と併せて先着を果たすも終いの時計は掛かっている。動きは悪くないが、走りやすそうな馬場でこの時計は物足りない。

モズベッロ [動きC時計B] 中7週
前走時の最終追い切りでは、使い詰めでの疲れがあるような動きに映った馬。今回は、中7週と間隔が空いているが、1週前の動きを見るとまだ重たい印象でガラッと良くなった感じはない。

カデナ [動き映像なし時計C] 3ヶ月
この中間も坂路で乗り込まれて2週前、1週前と速い時計を出している。映像がなく動きは判断できないが、終いを要していて、小倉大賞典時の好時計までは至らず。大きな上積みはなさそう。

トーセンスーリヤ [動きC時計B] 中6週
連勝中と勢いがあり、追い切りでも速い時計の出る馬。それでも、1週前の動きを見ると力みがあり特に凄く良い動きという印象は受けない。

トーセンカンビーナ [動き映像なし時計B] 中7週
天皇賞(春)からの中7週で、この中間も入念な乗り込みと引き続き状態は良さそう。人気は落ちそうだが出来は悪くない。

メイショウテンゲン [動き映像なし時計B] 中7週
この中間は、中7週と間隔が空いている割に1週前までは馬なりでの追い切りのみで、強めに追われていない点が気がかり。

アフリカンゴールド [動きE時計D] 中3週
目黒記念から中3週で、この中間に速い時計を出したのは1週前のCWのみ。動きも硬く前に伸びない感じで、あまり良い動きには見えなかった。

レッドジェニアル [動きB時計B] 中2週
鳴尾記念からの中2週と間隔が詰まっているが、1週前に速い時計を出せており状態は良さそう。ここ2戦は無観客でパドックでも落ち着きがあり、今回も力を出せる環境は整っている感じ。

アドマイヤアルバ [動きA時計B] 中6週
乗り込み豊富で1週前追い切りの動きを見ても、併走相手を楽に突き放し出来自体は良さそう。近走の成績を見ると大きなことは言えないが、京都新聞杯ではステイフーリッシュの2着、グローリーヴェイズには先着している馬なので、キッカケを掴めばもっと走っても良さそうだが。



☆コラムからの推奨馬は、サートゥルナーリアキセキワグネリアンスティッフェリオの4頭と、穴でレッドジェニアルアドマイヤアルバの2頭を挙げておきます。


◇今回は宝塚記念編でした。
2020年の競馬も半年が過ぎようとしていますが、今年は無観客での競馬が3ヶ月も続いていて、これまでにない不思議な感覚で時間が過ぎてきた感じがします。移動制限が解除されて地方競馬の一部の場外馬券発売場では発売も再開されてきていますが、競馬場に観客を入れての開催はいつになるのか、まだ先が見えない部分もあります。
それでも、ここ3ヶ月、競馬関係者、そして競馬ファンが一丸となって努力してきたことで、競馬が無事に開催されてきたわけですから、きっとこの先も、皆で協力して競馬を盛り上げていけると思います。今後は検温だったり、マスク着用でないと競馬場には入場できなくなるのかもしれませんが、だいぶ近づいてきたその日までもう少し我慢して、テレビやラジオの前で競馬を楽しみましょう。

それでは次回、函館2歳S(予定)編でお会いしましょう。


宝塚記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年4月2日(木) 14:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020大阪杯
閲覧 1,351ビュー コメント 0 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月5日(日) 阪神11R 第64回大阪杯(4歳以上G1、芝2000m)


【優先出走馬】

ダノンキングリー(C)中4週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時と同じように追われている割に、伸び脚はそれほどでもない。ここを強く追われて、最終追い切りで馬なりでグイグイ伸びる動きに変わってくれば良いが……。


【以下、賞金順】

ブラストワンピース(A)中9週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時の力みが抜けて折り合いもしっかりついていて、一度使われての上積みがありそう。

ラッキーライラック(D)中4週
<1週前追い切り>
CW単走。もともと(映像から伝わってくる)こういった走りの馬だが、力強さがなく時計ほどの伸び脚はない。

クロノジェネシス(AA)中4週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。抜群の手応えで直線一気に伸び、併走馬を並ぶ間もなく抜き去り、大外を走っていた他厩舎の馬をもパス。

ワグネリアン(C)4ヶ月半
<1週前追い切り>
DPコース3頭併せの内。もともとこのコースでは良い動きは見せないが、前を走る2頭が速く追い抜けず。休み明けでまだ物足りなさが残る走り。

ヴェロックス※出走回避

ロードマイウェイ(B)中2週
<1週前追い切り>
坂路単走。前走時はおとなしく折り合いもついていたが、今回は押さえるのに苦労するくらい気合いが乗っている感じ。この気合いが良いほうに出れば。

マカヒキ(D)4ヶ月半
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。時計は出ているが動きに力強さがなく、伸び脚もイマイチ。

ステイフーリッシュ(C)中6週
<1週前追い切り>
坂路単走。手応えの割に終いの伸び脚がイマイチ。

クレッシェンドラヴ※出走回避

カデナ(C)中4週
<1週前追い切り>
坂路単走。勢いよく駆け上がってきたが、脚の回転の速さの割に伸びきれず。

レッドジェニアル(B)中10週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。押さえたままでも、最後まで抜かせず先着。

サトノソルタス(C)中2週
<1週前追い切り>
映像なし。中2週と間隔が詰まっていて、水、木、金、土、日と坂路で軽く乗られているが、追い切りと言えるのは日曜日の坂路くらい。ただそれも、終いの時計が少し出ている程度。

ジナンボー(B)中5週
<1週前追い切り>
南W3頭併せの内。終いもうひと伸びがほしい感じも、休み明けを一度使われての上積みはありそう。



◇今回は大阪杯編でした。
海外ではドバイワールドカップが中止になるなど、コロナウイルスの影響は日に日に増すばかり。このような状況下では、競馬開催中止という最悪の事態を避けるため(競馬関係者から感染者出てしまったら自粛しなくてはならないかもしれない)にも、観客を入れての競馬開催はなかなかできそうもなく、無観客競馬は長引くのではないかと思います。普段、競馬場で馬券を買っていてネット投票の術を持たない方もいると思いますが、このような人たちでも馬券が買えるように、これからはコンビニでも馬券を買えるようなシステムを考えたほうが良いのではないかと思います。実は、25年くらい前に私が東京で一人暮らしをしている時にコンビニを使った電話投票を試験的に行っていたことがあり、たまたま私が住んでいる家の近くのコンビニで会員を募集していたので申し込み、コンビニで馬券を買っていたことがありました。システムは、専用銀行口座を作りお金を入金しておき、コンビニに置かれている専用マークシートを塗り投票するとレシートが出てくる、とこんな感じだったと記憶しています。試験的だったので半年か1年で終わってしまいましたが、その後この“コンビニ投票システム”の話すら出てこないまま今に至っています。
現在、競馬場では『UMACA』というキャッシュレスで馬券が買えるシステムが出来上がっています。それを有効活用して、全国のコンビニに『UMACA投票機』を置くようにしたらどうかと思います。競馬場に毎週のようにきている年配の方たちで、『電話投票』は持っていないけど『UMACA』なら持っているという人たちもたくさんいると思います(競馬場を歩いていると、首から『UMACA』をぶら下げて歩いている年配の方たちを見かけることが思いの外多い感じがしています)。全国すべてのコンビニとはいかなくても、一つの市や町で3店舗(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンで1店ずつ、駅前のコンビニに投票機を置くとか)ぐらいあれば、競馬場まで足を運ぶことを考えれば近いものだと思います。
誰もが予想しなかったこのような事態が今後も起こる可能性はいくらでもあると思いますし、その時にコンビニで馬券が買えるようになっていれば、今回カバーできない層の売り上げを伸ばすことができるかもしれません。何よりも、昔から競馬場で馬券を買って日本の競馬を支えてきてくれた年配の方々も、引き続き競馬を楽しめるのではないかと思っています。スポーツくじがコンビニで買えるなら、馬券もコンビニで!なんとか農林水産省の方々には頑張ってもらいたいものです。もっとも、最良はこのような事態が収束し、今後起こらず、普通に競馬場で観戦できる平和で健康に生活できる日が続いていくことなのでしょうが(そして、“頼み”の(?)コンビニですら発症者が出ていたりするくらいの昨今ですしね^^;)。

それでは次回、桜花賞編でお会いしましょう。


大阪杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年3月30日(月) 18:00 覆面ドクター・英
大阪杯・2020
閲覧 1,722ビュー コメント 0 ナイス 9

高松宮記念は難しかったですね...。降着のクリノガウディーはG1になると張り切るんでしょうか。雨の後の内から乾くパターンともなると、栗東坂路48秒台という猛時計仕上げのモズスーパーフレアあたりも怖いなぁとは感じていましたが、コラムで要らないと記した手前もあって思い切れませんでした。まあ、常に逃げ馬というのは激走する可能性が高いわけで....。前にも書いたように、もし自分が騎手だったら、最短距離をある程度主導権を握って走れるので、逃げられる限り逃げの手を選ぶと思いますしね。

さて、大阪杯はフルゲートとならなそうですがG1馬が多数と上り馬が加わり楽しみな一戦です。阪神の内回り2000mというのはアンカツ騎手が得意としていたように、勝ちに行くと勝てないという難しいコースで、騎手の力量も結果にかなり関わってきそうです。


<全頭診断>
1番人気想定 ダノンキングリー:8戦5勝で前走の中山記念も快勝してきた。勝つ時はかなり強く見える勝ち方をするので、人気になりやすいタイプ。距離はもっと短い方が良いと思われ、前走でのその見た目のアピール度十分な勝ちっぷりを披露してしまっているぶん妙味は無く、ヒモ扱いが良いのではと考えている。

2番人気想定 ブラストワンピース新潟記念は相手が弱かったので大外というか外ラチ沿いをズコーンと差してきたが、基本的には直線は長くないほうが良い様子。距離的にもこのくらいが絶好の舞台では。メンタル的に海外は向かないと最初から思っていたので、凱旋門賞の惨敗はノーカウント。前走のAJCCも快勝したし、主役を張れる存在だろう。

3番人気想定 ラッキーライラック:昨秋はスミヨン騎手に乗り替わって迎えたエリザベス女王杯で、チューリップ賞以来となる勝ち星をあげた。香港でも2着して、中山記念でも2着と早熟というわけでなく、能力を高く維持し、好調を保ち続けてきているここまで。やや渋り気味な馬場も味方しそうで、好走は十分可能。

4番人気想定 クロノジェネシス:前走は相手がそれほどでなかったとはいえ、2馬身半差の完勝でまだまだ強くなってきている感じはある。馬場が渋っても平気で、ここもやれるのでは。

5番人気想定 ワグネリアン:昨秋のJCで3着と、本来長いであろう距離を友道厩舎の育成力でこなして好走した。距離はここの方が断然良く、5歳春という充実期間で頭まであるとみている一頭。

6番人気想定 ヴェロックス:昨年はクラシックで2着、3着、3着と好走したが、世代の王道路線の馬が、前走で小倉のハンデ戦G3小倉大賞典を使ってきたあたりで私としては「???」。そしてそこで1番人気9着と敗れ、成長力、状態に問題がある現状ではないだろうか。→回避予定のよう

7番人気想定 ロードマイウェイ:5連勝で昨年11月末のチャレンジCを制したが、休み明けの金鯱賞は2番人気10着と惨敗した。ひと叩きしたからといってここで通用はしないだろう。

8番人気想定 マカヒキ:3年前も昨年もこのレースでは4着と、そこそこやれる下地あるのだが……。瞬発力を生かす東京でも差し切れない現状で、7歳という年齢だけに上積みも期待できず、要らないとみる。

9番人気想定 ステイフーリッシュ:瞬発力は無いが先行してしぶといタイプで、G1の厳しい流れはいいのかもしれない。前に行って、もたせるのが得意なオーストラリア仕込みの坂井騎手が、自厩舎の馬で張り切って頑張るシーンに期待も。

10番人気以下想定
カデナ:前走の小倉大賞典での勝利が約3年ぶりとなるが、完勝でここに来ての本格化もあり得る。穴で狙う価値はありそう。5戦3勝で弥生賞を制したように、当時は世代トップレベルと目されていた馬の復活で、色々とかみ合わずに低迷が続いたが、ここでもやれるだけの器だと思うのだが。

サトノソルタス:ゆっくり強くなってきて昨秋に準オープン勝ち、前走金鯱賞サートゥルナーリアの2着と頑張っている。ただ2馬身差をつけられたように、まだトップレベルとは差があるのでは。

レッドジェニアル:昨春の京都新聞杯勝ちの後は結果を出せていないように、ここで激走というタイプではないか。

ジナンボーディープインパクト×アパパネという良血馬だが、まだ小倉大賞典で3着止まりというように力が足りないだろう。

クレッシェンドラヴ:もう6歳で、G3の福島ならやれるが、という馬でG1でどうこういう感じではないのでは。


<まとめ>
有力:ブラストワンピース

ヒモに:ダノンキングリーラッキーライラック

穴で:ステイフーリッシュカデナ

[もっと見る]

2020年2月28日(金) 12:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(2/22~2/23)好調シムーンプロが◎コンセッションズ的中などの活躍で3週連続週末プラス! 洋一郎プロはフェブラリーS46万!
閲覧 544ビュー コメント 0 ナイス 3


 
23(日)のG1フェブラリーSほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
G1フェブラリーSでは、3連単フォーメーションで計46万4920円馬券的中を披露!22(土)小倉7R4歳上1勝クラス小倉11R帆柱山特別などでも活躍をアピールした先週は、週間トータル回収率113%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
小倉7R4歳上1勝クラスでの◎ラシェーラ的中、京都8R4歳上1勝クラスの◎コンセッションズ的中などの予想を披露した22(土)。翌23(日)にも、京都6R3歳1勝クラスメイショウベッピンG3小倉大賞典カデナなどの的中をマークし、週間回収率118%を記録。3週連続週末プラスを達成しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →織本一極プロ
先週は、22(土)小倉11R帆柱山特別での13万8520円払戻しのスマッシュヒットや、G3小倉大賞典などの予想を披露。週間トータル回収率149%をマークしています。
 
 
 
この他にも、サラマッポプロ(107%)、田口啄麻プロ(106%←3週連続週末プラス)、岡村信将プロ(105%)、覆面ドクター・英プロ(103%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

カデナの口コミ


口コミ一覧

9月6日のWIN5予想

 藤沢雄二 2020年9月6日() 14:48

閲覧 83ビュー コメント 0 ナイス 7

日曜日の昼間に電車で移動中のところでWIN5を考えておりましたが、今日は難しいですね。
現ナマを大量に投入できる人じゃないと勝機はないかもしれません。

【小倉10R 西日本スポーツ杯】⑥ナイトバナレット ④ナンヨープランタン
【新潟10R 古町S】⑩グランソヴァール ⑨ニューモニュメント
【札幌11R 丹頂S】⑫ウラヌスチャーム ⑤ボスジラ
【小倉11R 小倉2歳S】⑧メイケイエール ⑨モントライゼ
【新潟11R 新潟記念】 ⑭カデナ ⑤ジナンボー
2×2×2×2×2=32

とにかく新潟の2鞍が絞れない上に、小倉の西日本スポーツ杯もドングリの背比べでハッキリと切れる馬がいない。
なので、とりあえず各レースの買いたい馬の上位2頭を選んだ次第。
これが当たるようだと本当に運がいいことになるので、万が一、その暁にはドンチャン騒ぎですねw
そうなってほしいものですが。

 おじぽに 2020年9月6日() 09:40
ブラヴァスで!
閲覧 203ビュー コメント 0 ナイス 8

いよいよ今日が最後のローカル新潟開催

ラストを飾る新潟記念だが…ハンデ戦と
言ってもほとんどが55or56キロのハンデ
であり58キロのカデナを除けば、ほぼどの
馬もドングリ状態というのがハンデキャッ
パーの判断なのであろうか? 

ポイントは人気になっているワーケアの
取捨かもしれないが…涼しい札幌大好きな
ルメールがわざわざ新潟に乗りに来るとい
う状況を考えると簡単に消しは無謀だろう

ただこの馬、実際にはまだまだ能力は未知
数なので今回は△の評価にしたい

◎は福永騎乗のブラヴァス 小倉でもそこ
そこ人気のメイケイを捨ててこちらに乗り
に来てる訳だから手ぶらでは帰れないだろう

○カデナ 多分58キロが嫌われているのかも
だが、過去の実績を見ればこのメンバーなら
突き抜けても驚けない鬼脚を持つ

▲ピースワンパラディ 前走の騎乗に陣営が
激怒したという話も聞くが、今回池添に
代わってどう乗るかも興味深い 

以下△はワーケア、去年2着のジナンボー、
戸崎乗り替わりのアイスバブル、ここが
試金石のサンレイといったところか?

馬券は⑰単複
3連複フォーメーション
⑰-⑭③⑪②⑯⑤

ハンデ戦だけにどの馬が来ても驚けないので
馬連も⑰と⑭から手広く流しておきたい。

[もっと見る]

 マルチーズフォンデュ 2020年9月6日() 07:56
新潟記念はこれで決まり!
閲覧 310ビュー コメント 0 ナイス 8

◉13ゴールドギアで勝負します!
▽ガッチリ溜めるとしっかり伸びるタイプでワンターンで直線長い新潟外回りはベスト!
▽内目は荒れてきたのでスムーズに回って来れるこの枠は絶好!
▽開催最終日でタフな馬場になってきており、2400mにも対応できるスタミナが生きる!
▽前走は手応え抜群ながら前が開かず不完全燃焼。巻き返し必至!
▽条件戦快勝→重賞で善戦→間隔を空けてリフレッシュ→ローカルハンデ重賞のローテーション!
▽鞍上の武藤騎手は、昨年カデナで後方から追い込み8番人気3着。ゴールドギアも同じ脚質!
▽武藤騎手は今年の新潟大賞典も7番人気のアトミックホースで2着。重賞経験は少ないが、新潟2000mの重賞では激アツ!

※田辺騎手がケガで乗り替わりとなりギリギリまで迷っていましたが、武藤騎手に決まって安心しました。むしろ買い条件が増えました!武藤騎手は若いですが、フォームも綺麗(雅という名前なだけありますね)だし、進路の取り方もスムーズ。そして、最後まで一生懸命追ってくれるので好感が持てます!大好きなジョッキーです。

ゴールドギアに雅ジョッキー。華麗に金メダルを取ってもらいたいです!!

[もっと見る]

⇒もっと見る

カデナの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
11:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年9月5日() 23:25:48
ラップ、推奨
10:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年9月5日() 23:17:37
夢、馬体△
9:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年9月5日() 01:26:20
サクラ、対抗、差し、能力

⇒もっと見る

カデナの写真

カデナの厩舎情報 VIP

2020年9月6日新潟記念 G36着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カデナの取材メモ VIP

2020年9月6日 新潟記念 G3 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。