カデナ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
カデナ
カデナ
カデナ
カデナ
カデナ
カデナ
カデナ
カデナ
カデナ
カデナ
写真一覧
現役 牡8 鹿毛 2014年3月30日生
調教師中竹和也(栗東)
馬主前田 幸治
生産者グランド牧場
生産地新ひだか町
戦績39戦[4-3-4-28]
総賞金23,081万円
収得賞金5,225万円
英字表記Cadenas
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
フレンチリヴィエラ
血統 ][ 産駒 ]
French Deputy
Actinella
兄弟 スズカコーズウェイクイーンリヴィエラ
市場価格3,780万円(2014セレクトセール)
前走 2022/05/21 平安ステークス G3
次走予定

カデナの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/05/21 中京 11 平安S G3 ダ1900 161135.098** 牡8 57.0 武豊中竹和也 488
(+6)
1.58.4 1.436.2⑯⑮⑯⑯テーオーケインズ
22/04/17 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 162328.986** 牡8 57.0 池添謙一中竹和也 482
(+8)
1.51.0 0.536.6⑭⑭⑭⑭オメガパフューム
22/03/27 中山 11 マーチS G3 ダ1800 1671317.985** 牡8 57.5 三浦皇成中竹和也 474
(-10)
1.51.2 1.037.3⑯⑮⑬⑫メイショウハリオ
22/02/20 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 164717.283** 牡8 57.5 泉谷楓真中竹和也 484
(-10)
1.49.5 0.335.1⑯⑯⑯⑮アリーヴォ
22/01/23 中京 11 東海S G2 ダ1800 164852.0125** 牡8 56.0 和田竜二中竹和也 494
(+16)
1.52.2 0.537.2⑭⑭⑫⑪スワーヴアラミス
21/10/31 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1612257.81516** 牡7 58.0 田辺裕信中竹和也 478
(+2)
1.59.7 1.833.8⑯⑯⑯エフフォーリア
21/10/10 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 135639.41010** 牡7 56.0 田辺裕信中竹和也 476
(-6)
1.45.8 1.033.8⑬⑬⑬シュネルマイスター
21/06/27 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 136874.087** 牡7 58.0 浜中俊中竹和也 482
(+2)
2.12.2 1.334.9⑬⑬⑬⑩クロノジェネシス
21/06/06 東京 11 安田記念 G1 芝1600 14610167.9146** 牡7 58.0 武豊中竹和也 480
(-4)
1.32.2 0.533.2⑫⑭ダノンキングリー
21/04/04 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 13710182.5116** 牡7 57.0 鮫島克駿中竹和也 484
(+8)
2.03.0 1.437.2⑫⑫⑪⑪レイパパレ
21/02/21 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 161112.556** 牡7 58.0 菅原明良中竹和也 476
(-4)
1.46.0 0.534.7⑮⑮⑬⑩テリトーリアル
21/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 173613.5611** 牡7 58.0 三浦皇成中竹和也 480
(+2)
2.01.8 0.934.6⑰⑰⑰⑬ヒシイグアス
20/11/01 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1222146.1118** 牡6 58.0 田辺裕信中竹和也 478
(+2)
1.59.2 1.433.9⑫⑪⑪アーモンドアイ
20/10/11 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 1181025.064** 牡6 56.0 三浦皇成中竹和也 476
(0)
1.46.1 0.634.2⑧⑦⑦サリオス
20/09/06 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 1871411.866** 牡6 58.0 鮫島克駿中竹和也 476
(-10)
2.00.2 0.332.3⑮⑰ブラヴァス
20/06/28 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 1881782.5912** 牡6 58.0 鮫島克駿中竹和也 486
(0)
2.16.8 3.338.5⑱⑱⑱⑮クロノジェネシス
20/04/05 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 1281168.2114** 牡6 57.0 鮫島克駿中竹和也 486
(+12)
1.58.6 0.233.5⑪⑪⑫⑫ラッキーライラック
20/02/23 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 142218.141** 牡6 57.0 鮫島克駿中竹和也 474
(0)
1.48.3 -0.335.1⑪⑩⑫⑨ドゥオーモ
20/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 1781520.1711** 牡6 57.0 鮫島克駿中竹和也 474
(+2)
2.00.1 0.634.8⑰⑰⑯⑮トリオンフ
19/10/27 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1611126.01013** 牡5 58.0 藤岡佑介中竹和也 472
(-6)
1.58.4 2.234.7⑯⑯⑯アーモンドアイ

⇒もっと見る


カデナの関連ニュース

皆さん、こんにちは。ウマニティ編集部です。本日は【回収率予報ニュース!2022/5/21(土)版】をお届けします。

登場してもらうのは、本年プロ予想家デビューし活躍中の回収率予報官プロ。その名の通り、回収率を予測(予報)するという予想スタイルの中枢を担う「予測回収率」にまつわる「危険馬」「穴馬」の紹介を当欄では行っていただきます。


≪2022/5/21(土) 買ってはいけない平安ステークス、メイステークスほか≫

「買ってはいけない」とは・・・予測回収率が低く、文字通り馬券購入の際には避けることをおすすめする馬。
なお、予測回収率が高い馬は「プロ予想MAX」提供予想の「一言コメント」および「コメント」欄に記載しています。

メインレースの予測回収率が低い馬です。
馬券購入の際には避けることをおすすめします。

■新潟11R ダート1200m 4歳上3勝クラス 15:25 八海山ステークス
 (該当なし)

■中京11R ダート1900m 4歳上オープン 15:35 G3 平安ステークス
 ① 60% 20.4倍(9) カデナ
 ⑭ 60% 112.3倍(14) ヒストリーメイカー
 ⑮ 50% 129.4倍(16) ダンツキャッスル

■東京11R 芝1800m 4歳上オープン 15:45 メイステークス
 ⑨ 50% 53.4倍(12) ソッサスブレイ
 ⑫ 60% 7.9倍(4) スライリー

・買ってはいけない 各レースの人気馬

各レースの出走馬で、単勝オッズ6.0以下かつ予測回収率60%以下の一覧です。

東京 04R ④ 60% 3.7倍(2) ミルヴィオ
新潟 05R ⑤ 60% 4.2倍(2) シエル
東京 07R ⑩ 60% 4.9倍(3) コスモノート
新潟 08R ⑩ 60% 3.6倍(2) ゴイゴイスー
中京 09R ⑬ 50% 4.6倍(1) グランアプロウソ
東京 10R ② 60% 2.2倍(1) スリートップキズナ
新潟 12R ⑫ 60% 4.5倍(1) キュン
中京 12R ⑥ 50% 5.5倍(3) メイショウツツジ

※表は左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成の前日夜時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf


≪2022/5/21(土) 単勝万馬券を狙え≫

「単勝万馬券を狙え」では、予測回収率90%以上の中で最もオッズの高い馬をご紹介いたします。単勝以外の券種でも、この馬を絡めるとオトクですよ。

東京 03R ⑧ 90% 118.2倍(15) トーセンリベロ

※左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf

【有名人の予想に乗ろう!】平安S2022 帝王賞へのステップレースとしての役割を担うダート中距離重賞!あの人の見解は!? 2022年5月21日() 05:30

※当欄では平安ステークスについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【原奈津子】
◎⑨サンライズホープ
○⑤メイショウハリオ
▲④テーオーケインズ

【長岡一也】
◎②オーヴェルニュ
○④テーオーケインズ
▲⑤メイショウハリオ
△③ケイアイパープル
△⑥ブルベアイリーデ
△⑧スワーヴアラミス
△⑨サンライズホープ

【杉本清】
◎④テーオーケインズ
○⑧スワーヴアラミス
▲②オーヴェルニュ
☆⑨サンライズホープ
△①カデナ
△⑤メイショウハリオ

【佐藤哲三(元JRA騎手)】
◎④テーオーケインズ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑥ブルベアイリーデ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【乗り替わり勝負度チェック!】平安S 隠れコース巧者のレジェンドが最内枠からしっかりインを捌く! 2022年5月20日(金) 16:00



当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2018年以降の結果をもとに集計


編集部(以下、編) 先週はちょっといいところがなかったので、気持ちを切り替えてお願いします。

新良(以下、新) 不甲斐ない結果ですみませんでした。引きずらないようにします。

編 鮮やかなV字回復に期待しております。

新 そうなるように頑張ります。

編 今週の平地重賞は2レース構成で、土曜日には中京で平安Sが行われます。帝王賞に向けての重要なステップレースですが、狙ってみて面白そうな乗り替わりの馬はいますか?

新 池添謙一騎手から武豊騎手に乗り替わる①カデナを買いたいですね。

編 まだ芝馬の印象が強いですが、徐々にダートにも慣れてきている感じですかね。

新 そうですね。今年に入ってからダートを使われるようになりましたが、レースぶりを見る限り合っていないとは思えません。

編 これまで3戦走って掲示板が2回。まだ馬券には絡めていませんが、確かにダメ出しをするのはかわいそうな成績ですね。

新 芝と大きく変わらないパフォーマンスを見せていますし、個人的には予想以上に頑張っていると評価しています。

編 そして今回は武豊騎手。これまで以上の着順は望めそうでしょうか?

新 その可能性はおおいにあるでしょう。カデナは鞍上に恵まれてこなかった馬で、これまでほとんどのレースでリーディング20位以下の騎手が跨ってきました。地味な若手や中堅どころが中心で、決して悪くはないけどワンパンチ足りない、というラインナップがずっと続いていたんです。

編 そんななかでの武豊騎手の騎乗は、起爆剤になり得ると?

新 私はそうみています。なにせ、初勝利を挙げたときの鞍上ですしね。

編 中京ダ1900mという舞台はプラスに働きそうですか?

新 大幅プラスと言っていいんじゃないでしょうかね。武豊騎手は2019年以降、このコースでは勝率30.4%、複勝率65.2%と、ともにメンバー中トップの成績を残していますから。

編 それはすごい。中京ダートに強いイメージのジョッキーではないので、それは意外でした。めちゃくちゃ乗れているじゃないですか。

新 そうなんです。ファンのみなさんの印象もおそらく同じで、過剰人気にならないからか、回収率は単複ともに100%を超えています。おそらく今回も妙味のあるオッズを示してくれることになるでしょう。

編 馬のほうは条件的に合っていますか?

新 これまでのダートの3戦はいずれも1800m戦で、もう一歩届かないという内容でした。芝での戦績的にも距離延長はまったく問題ありませんし、この距離のほうがタフな競馬になって差しが届きやすい展開になるかもしれません。

編 そうなれば、脚質的にもカデナにはおあつらえ向きですね。

新 ぜひ流れが向いてほしいと思います。最内枠ですので、馬群をさばきつつ、直線でインを突くのが最適解になるでしょう。

編 相手は前走以上に強力な感じがしますが……。

新 重い斤量を背負う馬や、先を見据えた仕上げで臨んでくるであろう馬がけっこういますので、付け入る隙はあると思います。テーオーケインズオーヴェルニュサンライズホープといった人気馬は前に行くタイプですので、やり合ってカデナ向きの流れをつくってくれるかもしれないですしね。

編 展開がハマれば、アタマまで突き抜ける可能性も……。

新 なくはないでしょう。一発の魅力を秘めていますので、買い目にはしっかり加えておいてください。


★その他の注目乗り替わり★
新潟11R ⑦ナイスプリンセス宮崎北斗川須栄彦
東京11R ⑩シュヴァリエローズ松山弘平→ルメール)
東京12R ①ティケイプルメリア伊藤工真→レーン)


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。
最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】平安S2022 左回りダ1900m×血統指数による算出結果は、上位6頭が引き離す構図に 2022年5月20日(金) 15:36



こんにちは!ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの孫権です。
本日は21(土)に行われるG3平安ステークスを予想していきたいと思います。


まず、孫権のROBOTIP設定は「血統」の能力指数を100%重視しています。レース条件に応じて、必要な場合には他の能力指数(競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者)を配合しますが、基本的には「血統」指数オンリーで展開します。
そして、適性については、血統の「距離適性」「トラック適性」「周回方向適性」「G前の坂の有無適性」を配合します。
以上が、私孫権のROBOTIP設定の基本方針です。


今週の平安Sは、設定に関してはいたってシンプル。ダ1900mと左回り、これにアジャストするべく「距離適性50%」「トラック適性35%」「周回方向適性15%」と配合して、中京ダ1900mに極力寄せた血統指数評価をベースに臨みます。そして、補正については別定戦ということで、斤量補正のみONとします。
これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。


孫権ROBOTIPが弾き出した平安S全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑭ヒストリーメイカー    11.18%
2 ①カデナ          10.65%
3 ⑩スマッシングハーツ    9.68%
4 ⑧スワーヴアラミス     9.13%
5 ⑫グレートタイム      9.05%
6 ③ケイアイパープル     8.67%

7 ⑤メイショウハリオ      5.42%
8 ⑥ブルベアイリーデ      5.22%
9 ⑮ダンツキャッスル      5.07%
10 ⑪サンダーブリッツ     5.04%
11 ⑦デルマルーヴル      4.81%
12 ⑨サンライズホープ     4.01%
13 ⑯ペルセウスシチー     3.88%
14 ②オーヴェルニュ      3.70%
15 ④テーオーケインズ     2.50%
16 ⑬ダノンファラオ      2.00%


ROBOTIPの基本的な考え方として、平均勝率(16頭立ての場合は6.25%)を上回る馬のみを馬券対象にしますので、今回の平安Sでは上位6頭までが馬券の対象ということに。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

 ⑭①>⑩⑧⑫③

上位は比較的なだらかな各順位間の差ですが、むしろ購入対象の6頭から下に大きな差が見られる配置となりました。
想定人気も加味して単勝6点勝負……、としたい気持ちをここはグッとこらえて、とりあえず人気はしないであろう上位2頭からのワイドを中心に計32点(10,000円)で勝負とします。
馬券の中心となる⑭ヒストリーメイカー、①カデナは、ともに本格的にタフな良馬場になってどうかも、前者には積極策で、後者には差しで期待をかけてみたいと思います。


【孫権の平安S勝負馬券】


ワイドフォーメーション
①⑭-①③⑧⑩⑫⑭
9点×600円=5,400円

ワイドボックス
③⑧⑩⑫
6点×400円=2,400円

馬連ボックス
①③⑧⑩⑫⑭
15点×100円=1,500円

単勝⑭
1点×300円=300円

単勝①
1点×400円=400円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【重賞データ分析】平安S2022 スワーヴアラミス、テーオーケインズ、オーヴェルニュ、ケイアイパープル、メイショウハリオの5頭が減点無し 2022年5月20日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は平安ステークス・データ分析をお届けします!


【所属】
開催時期が5月に移動して距離も1900mに変更された、2013年以降(2020年以前は京都で施行)の所属別成績は、美浦【0.0.0.29】、栗東【9.9.9.85】。関東馬は疑ってかかるべきだろう。

(減点対象馬)
デルマルーヴル ⑪サンダーブリッツ ⑯ペルセウスシチー

【前走クラス】
2013年以降の2着以内馬延べ18頭の前走をクラスで分けると、G1(JRA以外の国際G1を含む)、G3、オープン特別、地方交流重賞(国際G1を除く)の4パターン。G2組、および条件クラスを勝ち上がったばかりの馬は劣勢の傾向にある。

(減点対象馬)
ペルセウスシチー

【前走人気】
国内戦を経由してきた馬の前走における単勝人気については、JRA重賞なら9番人気以内、JRAのオープン特別の場合は5番人気以内、地方交流重賞(国際G1を含む)であれば2番人気以内がひとつの目安。2013年以降、この条件を満たしていなかった国内組は、いずれも3着以下に敗れている。

(減点対象馬)
デルマルーヴル ⑨サンライズホープ ⑬ダノンファラオ ⑮ダンツキャッスル

【近走成績】
前走掲示板外からの巻き返しも珍しくないレースだが、2013年以降の3着以内馬を振り返ると、近2走とも7着以下に敗れていた馬の好走(3着以内)例は皆無。該当馬が上位争いに食い込むのはかなり難しい。

(減点対象馬)
デルマルーヴル ⑮ダンツキャッスル

【重賞実績】
2013年以降の2着以内馬延べ18頭中14頭がダートの重賞ウイナー。例外の4頭はすべて5歳以下の馬だった。ダート重賞において勝ち鞍がないベテラン馬の過信は禁物だ。

(減点対象馬)
カデナ ⑥ブルベアイリーデ ⑩スマッシングハーツ ⑫グレートタイム ⑭ヒストリーメイカー ⑮ダンツキャッスル


【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、②オーヴェルニュ、③ケイアイパープル、④テーオーケインズ、⑤メイショウハリオ、⑧スワーヴアラミスの5頭。最上位には⑧スワーヴアラミスを挙げたい。2013年以降、前走フェブラリーS組は【2.1.1.2】と優秀な成績。そのうち、同年の東海Sで3着以内に好走していた馬は【2.1.0.1】のハイパフォーマンスを示している。高く評価したい1頭だ。

海外遠征明けのサンプルが少なく絶対視はできないものの、一連の実績を鑑みれば④テーオーケインズも当然侮れない存在。ほか、当レースと比較的相性がいい前走アンタレスS組の②オーヴェルニュと③ケイアイパープル、オープンクラス昇格後はG1を除けば4戦4連対の⑤メイショウハリオらもぞんざいには扱えない。

<注目馬>
スワーヴアラミス ④テーオーケインズ ②オーヴェルニュ ③ケイアイパープル ⑤メイショウハリオ

[もっと見る]

【平安S】厩舎の話 2022年5月20日(金) 04:56

オーヴェルニュ・梅内助手「左回りは上手だと思う。渋った馬場の方が得意ですね」

カデナ・中竹師「1900メートルのほうが流れがゆっくりになって、それなりの位置に付けられるだろう。しまいはきてくれるからね」

グレートタイム・荻野助手「距離はいいと思う。充実してきているし、うまく調整ができています」

ケイアイパープル・村山師「左回りより右回りの方がよさそうですが、なんとか克服してくれれば」

サンダーブリッツ・久保田師「距離は微妙に長い印象だが、今の勢いと立ち回りのうまさで好勝負を期待」

サンライズホープ・山下助手「1600メートルは短かったし、芝スタートの部分で進んでいかず。中間もジョッキーが乗ってやっています」

スマッシングハーツ・新谷師「中京は勝っているし、問題ないです。メンバーが強くなるが力を出せれば」

スワーヴアラミス・須貝師「雨が降ると駄目なので、天気には左右されます」

ダノンファラオ・岡助手「状態は上がっているし、しっかりやってきてよかった。あとはゲートが鍵」

ダンツキャッスル・谷師「叩いて良くなるタイプでいいと思います」

デルマルーヴル・斎藤助手「前走は着順こそひと息だったが、ジョッキーが早めに気合をつけたら直線で伸びる構えを見せていた。あの競馬がいい刺激になれば」

テーオーケインズ・高柳大師「一回使った方が良くなる馬なので(目標の帝王賞の前に)ここを使います。馬体重は500キロとか502キロでの出走とかじゃないかな」

ヒストリーメイカー・新谷師「左回りがどうかですが、調教では駄目という感じはないです」

ブルベアイリーデ・杉山晴師「状態はいいし、条件もいいと思います。ミルコ(デムーロ騎手)も手の内に入れてくれている」

ペルセウスシチー・池上師「ゆったり構えられる1900メートルが合う。馬も充実している感じ」

メイショウハリオ・岡田師「この前は輸送で馬体が減っていたので、今回の方がいいと思います」

[もっと見る]

⇒もっと見る

カデナの関連コラム

閲覧 1,867ビュー コメント 1 ナイス 3



先週の東京芝は当コラムで指摘した通り、引き続き外有利傾向が顕著。

・先週の東京芝枠別成績

1~4枠 2勝 複勝率11.5% 複勝回収値30円
5~8枠 9勝 複勝率30.6% 複勝回収値123円

こういった傾向は結果論でなく事前にカンタンに読めるのだから、予想する上では知らないと損である。当然エプソムカップでも外を回った組が優勢だった。

そんな中でレースを制したのはノースブリッジ。先行馬だからむしろ外有利は関係ないだろう…といわれそうだが、それは全くの誤解。レースは最後の直線だけでなくスタート地点の馬場状態も重要で、外が荒れて来る馬場になると内枠の馬は加速がつきにくい。

よく開催後半で外枠の馬が先行して直線インを粘ると、

「前が止まらない馬場」

というような解説に触れることがあるが、実際は外伸びだから外先行→イン粘りが利くケースがほとんど。やはりレースはスタートからゴールまですべてが大事なポイントであって、最後の直線はその一部でしかない。

ノースブリッジはこれで芝非良馬場で4戦3勝3着1回とパーフェクト戦績。タフな馬場であればもうワンランク上で戦えそうだ。

なお、今週から東京芝はDコースに替わるが、恐らく外有利は変わらない。傾向を掴んで狙って行きたい。

~直線だけ見ても何も見えないに等しい

直線だけしか見ていないといえば一部ファンも一緒。先週の函館スプリントSではタイセイアベニール=鮫島駿騎手が見事なイン突きで3着を確保。ある意味奇跡のようなコース取りだったが、同騎手の意識の高さが生んだ激走だった。

実は鮫島駿騎手は土曜にも同様のチャレンジを何度かしている。結果詰まってしまったのは、駒ケ岳特別のタイラーテソーロ。しかし外枠から道中ラチ沿いに入れて直線でも内を突く判断は馬場傾向を考えれば素晴らしかったし、ファインプレーとも紙一重の騎乗だった。直線だけしか見ていないと詰まるシーンが目立ってしまうが、スタートから道中の運びを総合的に考えればむしろナイスチャレンジでナイス騎乗。

しかし一部ファンはやはり直線しか見ていないので、素晴らしい騎乗を認めることができない。騎手に的外れな文句を言う暇があるならばきちんとパトロールビデオくらい見るべきで、そういった積み重ねがファンと騎手との信頼関係にも繋がっていくのだと思う。もちろん、謙虚に自戒を込めて。付け加えるならば、土曜のナイスチャレンジを見ていれば、日曜のタイセイアベニールの最高のコース取りもある程度読むこともできる。そして記憶力の良いファンならば、例えば2020年の大阪杯においてカデナをあわやの4着に持って来た同騎手のパフォーマンスを思い出すはずだ。

では、今回も先週の競馬から次走狙えそうな馬を一頭。

【次走狙い馬】メモリーエフェクト(土曜中京11レース・桑名S/6着)

今回は勝負所で少し仕掛け遅れたが脚は使えていた。かなりメンバーが揃った一戦だったがまずまずの内容で、普通の相手ならすぐに巻き返せる。もともと超堅実派でセンスの良さと追っての良さを兼ね備えたタイプでもあり、2走連続凡走で人気落ちれば次走は狙いどころ。

マーメイドS展望

では、いつも通り週末の注目馬で締めたい。今週末もG1ひと休みで、阪神ではマーメイドSが行われる。注目馬はコチラ。

ウインマイティー和田竜二騎手)

近走はまったく走れていないが久々に復調気配を見せたのが前走メトロポリタンS4着。分の悪い決め手比べだったが、積極策から直線もしぶとさを見せていた。今回は先行勢が手薄で、強気な和田騎手ならば上手く先行してくれる可能性が高い。阪神芝2000mは3歳時に忘れな草賞を制した舞台。しぶとさが生きる得意条件&荒れるハンデ重賞と、一発の条件は揃った。是非加えたい一頭だ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年2月16日(水) 19:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック フェブラリーS2022 
閲覧 1,298ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



2月20日(日) 東京11R 第39回フェブラリーS(4歳以上G1・ダート1600m)

【登録頭数:24頭】(フルゲートト:16頭)


<優先出走馬>

スワーヴアラミス(前走492kg(+6kg)、中3週)<D>
前走Vも昨春から使い詰めで、マイル戦も今回が初めて。この中間、2週前1週前とCWを長めから追われているが、1週前の動きを見ると終い脚が上がり気味で、前走時のような勢いがない。

テイエムサウスダン(前走554kg(+10kg)、中2週)<B>
大型馬で前走時(+10kg)のパドックでは腹周りに余裕がある感じだった。この中間は1週前の金曜日に坂路で追われて終い好時計も、切れすぎるところがありマイル実績もなく距離の面で不安は残る。


<賞金上位馬>

テーオーケインズ ※出走回避予定

ソダシ(前走470kg(-4kg)、中10週)<B>
乗り込み豊富も、追い切りでは好時計の出る馬が、1週前追い切りでは仕掛けられてからの反応が遅い印象の動き。物足りなさが残る。

ケイティブレイブ(前走537kg(+11kg)、中2週)<D>
川崎記念から間隔が詰まっており、日曜日に坂路で追われたが併走遅れで時計も平凡。

マルシュロレーヌ ※出走回避予定

アルクトス(前走544kg(-1kg)、4ヵ月半)<C>
休み明け。この中間は、1週前追い切り(南W)では直線でステッキが何度も入りと、反応が良くない。暖かい時期のようには馬体が絞れてきていないのかもしれない。

ミューチャリー(前走466kg(+6kg)、中7週)<C>
この中間は速い時計で3本追い切られている。1週前追い切りでは先着をはたしてきたが、この馬にとしては時計が遅い。

レッドルゼル(前走488kg(+2kg)、3ヶ月半)<A>
今年は休み明けでの参戦となるが、鉄砲駆けするタイプで問題はない。坂路で好時計の出る馬で、1週前追い切りでは重心が低い走りで抜群の伸び脚を披露。出来はかなり良さそうで、昨年以上の走りも期待できそう。

カフェファラオ(前走520kg(-4kg)、中10週)<B>
追い切りの時計は、自動計測になっているので昨年よりもかなり速い今回。その動きからも、昨年の勝ち馬が前走を一度使われて良化してきたという印象を受ける。

エアスピネル(前走486kg(+4kg)、中10週)<B>
乗り込み豊富で坂路で好時計。1週前追い切りでも、デムーロ騎手が騎乗して上々の動きをアピールしている。

サンライズノヴァ(前走527kg(-7kg)、中7週)<A>
この中間は2週前、1週前と併せ馬で先着。動きを見ても終いグッとひと伸びしてみせており、昨年よりは出来は良さそう。

テオレーマ(前走472kg(-4kg)、中3週)<A>
ここ3戦レースを使われるごとに体重が減っている点は気がかりだが、それでも中3週と間隔が詰まっている中で1週前追い切りでは終いしっかり伸びて併せて先着を決めてきた。引き続き調子は良さそう。

ソリストサンダー(前走488kg(+4kg)、中2週)<B>
前走時のパドックでは腹周りに余裕を感じさせていたので、前走を一度使われて馬体が締まってくれば上積みを期待できそう。

インティ(前走516kg(-10kg)、中10週)<B>
この中間も乗り込み豊富。1週前追い切りは武豊騎手が騎乗して気分良さそうに馬なりでの調整となったが、やや硬さはあるものの前走時よりも動きは良い。

ダイワキャグニー(前走500kg(+8kg)、中6週)<C>
この中間、1週前追い切りでは南Bコースで追われ好時計で先着。ただ、内めを回ってのもので時計はそれほど目立つ部類でもない。


<除外対象馬>

サンライズホープ(前走552kg(-2kg)、中3週)<B>
前走時は追い切り内容好感で◎にしたが、ゴール前でのもうひと伸びが足りなかった。大型馬でこの中間も追い切りで好時計が出ているあたりからは上積みが見込めそうだが、距離短縮がポイントになりそう。長めの距離の方が良い印象はぬぐえない。

タイムフライヤー(前走480kg(+4kg)、中2週)<C>
休み明けの前走時は、追い切りでは良い動きを見せていたがレースでは物足りない内容。この中間は軽めの調整となっていて、上積みはありそうだが大きな変わり身まではどうか。

アナザートゥルース(前走479kg(-3kg)、中7週)<C>
この中間の追い切り時計を見ると、いつもよりも時計がかかっていてやや物足りない感じあり。

タガノビューティー(前走518kg(-4kg)、中2週)<C>
この中間は間隔が詰まっていて軽めの調整。そもそも大柄な馬が強めに追われていない点はマイナス材料。

ブルベアイリーデ(前走488kg(+6kg)、中3週)<C>
1週前追い切りでは、走りやすそうな馬場も時計平凡。

カデナ(前走494kg(+16kg)、中3週)<B>
1週前追い切りでは時計は平凡も重心が低い走りで力強さがあり、前走からの上積みがありそう。

クロパラントゥ(前走522kg(-2kg)、連闘)<E>
乗り込み豊富でしっかり乗りこまれ臨んだ先週大敗。

ゲンパチフォルツァ(前走522kg(+8kg)、連闘)<E>
先週出走も見せ場なし。


※今回のこのコラムからの推奨馬は、レッドルゼルテオレーマサンライズノヴァの3頭をあげておきます。


<東京ダート1600mVR動画>



◇今回は、フェブラリーS編でした。
今年最初のJRAでのG1レースが行われます。トップクラスの馬たちがサウジカップやドバイワールドカップに向かうため、やや寂しいメンバー構成となってしまいました。この時期にこの距離となると、チャンピオンズ_Cのように豪華メンバーになることはなかなか難しそうですが、南部杯、武蔵野S、東海Sあたりのステップレースを中心にこの路線の底上げ、充実を図っていけばダートのマイル路線の頂点としてもう少し盛り上がり方も違ってくるのかもしれません。

フェブラリーステークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2022年1月14日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】出遅れてマクる”デムスペ”連続炸裂は好調の証/京成杯展望
閲覧 2,030ビュー コメント 0 ナイス 1



バカンス明けでまだ眠っているルメール騎手と比べ、年明けからデムーロ騎手が目立っている。月曜のフェアリーSではライラックに騎乗し、お得意のマクリ戦法で外から差し切りを決めた。

先月の阪神JFをサークルオブライフで制すると、翌週にはミスニューヨークターコイズSを制覇、そして今回はライラックフェアリーSを制覇と、短期間で重賞3勝の固め打ち。地方にはなるが東京大賞典ではオメガパフュームで4連覇の偉業を達成しており、好調期に突入しているとみて良さそうだ。

~デムーロ騎手はむしろ出遅れた方が良い

筆者はしばしば、「デムーロ騎手は出遅れた方が良い」と言うのだが、別に冗談ではなく本当の話。デムーロ騎手がなぜよく出遅れるのかはわからないが、本来であればネガティブな出遅れも、デムーロ騎手にとっては決して悪い話ではない。

なぜなら、デムーロ騎手は馬群の中ではなく、オープンなスペースで馬と呼吸を合わせるのが得意だからだ。したがって、(特に内枠で)キレイにスタートを決めてしまうと馬群の中に入ることになってしまい、上手くコンタクトを取れない。一方で、出遅れることにより馬群に入らず、スタートから上手く馬との呼吸を整えることができる。前半でリラックスできるので、後半の伸びに繋がる。

こんなジョッキーは他にはいないのでかなり特殊ではあるのだが、実際ミスニューヨークライラックの2頭で、中山マイル戦としてはかなり非常識と思える最後方から外を押し上げる競馬で重賞を2勝。人馬一体というか、馬と友達という感じのデムーロ騎手の騎乗ぶりは、JRAの中では唯一無二と言える。

なお、月曜日は他のレースでも連続で馬券に絡んでおり、フェアリーSを含め6戦して5回馬券圏内。

1レースのレオンラファールでは、スタートで立ち遅れて呼吸を整えると、そこからマクって4角先頭から押し切り、5番人気1着。5レースのルールオブルーラーこそスタートを決めて内枠を生かし8番人気3着と好走したが、10レースの迎春Sではやはりスタートで行き脚がつかず後方からの競馬となり外から押し上げて3着。11レースは前述通りライラックで最後方からマクって重賞制覇。最終レースのコスモアディラートでも、やはり出遅れ。4コーナーで一気に動く得意パターンで3着を確保した。

いわば出遅れて外から動くデムーロスペシャル。これがよくハマるときは「好調のデムーロ騎手」と判断して良い。デムーロ騎手は好不調が割とハッキリとした、バイオリズム重視ジョッキー。見極めが大事になるので、今は買いの時期とみて良さそうだ。

(各騎手の詳細な特徴については『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』をご覧下さい)

京成杯の注目馬

最後はいつも通り今週末の注目馬で締めたい。今回は京成杯からこの馬を。

テンダンス和田竜二騎手)

前走の東スポ杯ではスローの好位から上手く立ち回って3着を確保。東スポ杯は勝ったイクイノックス他比較的メンバーが揃っており、5着だったレッドベルアームが先週のシンザン記念で3着と好走、テンダンスの走りも評価して良い。半兄はカデナで、本馬も器用さを感じるので中山2000m替わりも問題ない。位置を取りに行く和田騎手も中山2000mにおいてはプラスで、引き続き好勝負になるはずだ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年10月28日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 天皇賞(秋)2021 
閲覧 1,606ビュー コメント 0 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


10月31日(日) 東京11R 第164回天皇賞(秋)(3歳以上G1・芝2000m)

【登録頭数:16頭】(フルゲート:18頭)


グランアレグリア(B)5ヶ月
手術後の休み明けだが、乗り込み量は豊富で、動きを見ても引っかかるところはなく出来も仕上がりも良さそう。

コントレイル(A)7ヶ月
大阪杯以来の休み明け。2週前、1週前と併せて先着をはたした。春と比べると動きに切れがみられ、反応も良く出来はかなり良さそう。

エフフォーリア(A)4ヶ月
ダービーからの休み明け。これまでと違い、早めにトレセンに戻していて追い切り本数もかなり多く、坂路とCWで好時計をマークしている。動きに関しても、1週前は3頭併せの中で手応え抜群のまま先着と、気合いも入って戦闘モードに突入。

ワールドプレミア(D)6ヶ月
天皇賞(春)からの休み明けの今回、中間は坂路中心の調整となっている。CWを長めから本数を乗り込まれる友道厩舎の馬だが、坂路中心の調整は何かが違う感じ。1週前のCWででも併走遅れと、出来に関して不安が残る。

カレンブーケドール(B)4ヶ月
宝塚記念からの休み明けで、乗り込み量は豊富。追われるごと時計を詰めていて、坂路での動きも力強く仕上がりは良さそう。

ヒシイグアス(C)8ヶ月
中山記念からの休み明け。2週前に速い時計を出したことで少し反動が出てしまったらしく、1週前追い切りでは馬なりで軽めの調整。動きにも力強さがなく、休み明けで息が持つかどうか。

モズベッロ(D)中2週
調子の良し悪しが追い切りの動きに出る分かりやすい馬。前走の京都大賞典では追い切りの動きが物足りず、前走から中2週でガラッと変わってくる感じでもなさそう。

ユーキャンスマイル(A)中9週
同じ友道厩舎の馬でも、こちらはCW中心で乗り込み本数も多い。前走札幌記念を使われているため、中9週でも追い切りの動きや仕掛けられてからの反応が良く、得意の左回りでさらに期待が持てそう。

トーセンスーリヤ(A)中7週
この中間は、2週前、1週前とジョッキー騎乗で追い切られ追われるごと時計を詰めている。1週前追い切りでは併せ馬にならないくらい、直線で追われると一気に突き放して状態はかなり良く映る。

ペルシアンナイト(B)中9週
札幌記念から中9週と間隔に余裕があり乗り込み量豊富。1週前追い切りでは直線仕掛けられてから力強く伸びており、出来は前走以上の印象。

ポタジェ(B)中2週
休み明けの前走時にしっかり乗り込まれていたため、前走から中3週となるこの中間も、1週前には長めから追われていて動きも素軽く調子は良さそう。

サンレイポケット(C)中2週
調教駆けする馬ではあるが1週前の追い切りの動きを見ると硬さがあり、伸び脚はイマイチ。

ムイトオブリガード(C)中2週
大きな馬で、休み明けの前走時のパドックでは馬体が絞り切れていなかった。この中間は、金曜日に坂路で追われ速い時計を出していて、最終追い切りでも時計が詰まってくるようなら変わり身もありそう。

カイザーミノル(D)中2週
毎日王冠からの中2週で軽めの調整。前走時のパドックではトモが寂しく細く見せていて、叩き3戦目でこれ以上馬体は減らしたくない状態。

ラストドラフト(B)中2週
前走時の追い切りでは重さが残る動きだったが、ひと叩きしたことで追われてからの動きが良化。変わり身は十分。

カデナ(B)中2週
前走時は休み明けで動きも時計も物足りなかったが、この中間は1週前に坂路で好時計をマーク。重心が低くしっかりした伸び脚を示し、前走を使われての上積みに期待がもてる。


※このコラムからの推奨馬はコントレイルエフフォーリアユーキャンスマイルトーセンスーリヤの4頭をあげておきます。



◇今回は、天皇賞(秋)編でした。
過去には断然人気の馬が敗れることも多かった天皇賞(秋)ですが、近年は主役級の馬がキッチリ結果を出すことが多くなっているように思います。そのあたりは、過去のコラムでも書いたことがあるように、天皇賞(秋)ジャパンカップ有馬記念と秋の主要3レースを無理して使わず、狙ったレースに目標を定めてくる馬が多くなったからだと思います。今年も、コントレイル天皇賞(秋)ジャパンカップの2戦で引退予定。グランアレグリアエフフォーリアはこの後は未定。ワールドプレミアも、この後はジャパンカップか香港の予定と、今年の出走メンバーの主役級で先の3戦“皆勤賞”で使ってくる予定の馬は見当たりません。時代の流れとはいえ、これにはどこか物足りない感じがするというのも正直なところです。
というのも、私が競馬を観るようになった最初の年の秋が、オグリキャップスーパークリークイナリワンという3強をメインに、ヤエノムテキメジロアルダンレジェンドテイオーランニングフリーなどの個性のある馬たちが脇役を固め、それらが秋の3戦で対決するという年でした。当時は、連続ドラマを観ているような感覚で次回がとても楽しみだったような記憶があります。今は主役が毎回変わるスペシャルドラマが毎週行われているような感覚と言えるのかもしれませんが、「次回はどうなるんだろう」という大河ドラマとまではいかずとも連ドラぐらいのワクワクするような競馬も久し振りに見てみたいものです。









天皇賞(秋)出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年10月7日(木) 09:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 毎日王冠2021 
閲覧 866ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


10月10日(日)東京11R 第72回毎日王冠(3歳以上G2・芝1800m)


【登録頭数:13頭】(フルゲート:18頭)

ダノンキングリー(A)4ヶ月
安田記念からの休み明け。この中間は南Wで乗り込まれて、自動計測になったとはいえこの馬としても安定して好時計連発の状況と状態は良さそう。1週前追い切りの動きを見ても、持ったまま直線で前に出てそのまま併せ馬になることなくビッシリ追われて伸びており仕上り順調に映る。

ヴァンドギャルド(C)6ヵ月半
ドバイターフからの休み明け。9月は毎週馬なりではあるものの、速い時計が出ていて入念な乗り込み。昨年秋のレース時と比べても速い時計が出ていて出来は良さそうだが、動きに関して1週前は前脚と後ろ脚の力のバランスが悪く、終い伸びきれず止まるのが早い感じがした。

シュネルマイスター(C)4ヶ月
安田記念からの休み明けとなるが、3週前から速い時計を出していて乗り込み量は豊富。ただ、1週前は舌を出しながらの走りで、直線での伸び脚は前走時や前々走時と比べると物足りなく見えた。

ケイデンスコール(B)4ヶ月
3週前、2週前と終いの時計がかかっていたが、1週前はジョッキー騎乗で終いまで好時計で伸びており、休み明け初戦から仕上りは良さそう。

トーラスジェミニ(D)中6週
夏場も七夕賞札幌記念と休みなく使われていて、この中間の乗り込み量は少ない。1週前(南W)の時計も、自動計測で安田記念当時とそれほど変わらないタイムということはかなり今回は時計がかかっているということでプラス材料が見当たらない。

ダイワキャグニー(C)4ヶ月
昨年は、エプソムカップからの休み明けで、3週前に併せ馬で追い切られていてそれ以外は単走だったこの馬。今年は、安田記念からの休み明けで、2週前、1週前と併せ馬で追い切られている。馬体の大きな馬で、ここ2週が併せ馬ということは昨年よりも馬体を絞るのに苦労しているのかもしれない。

ポタジェ(B)5ヶ月
休み明けで2週前までは目立つ時計が出ていなかったが、1週前追い切りでは手応え抜群で上々の伸び脚。残り1週あるのでさらに良くなりそうな雰囲気を感じる。

マイネルファンロン(B)中4週
夏場3戦を使われて馬体も使われるごとに減ってきている点は気になるが、この中間も1週前追い切りでは強めに追われて速いタイム。引き続き良い状態をキープできている印象。

サンレイポケット(C)4ヶ月
休み明けで、この中間は坂路、CWと豊富に乗り込まれて好時計が出ている。ただ1週前追い切りは、内めを走っているので速いタイムこそマークできているが、一杯に追われて持ったままの外の併走相手に先着できずという内容で。

ヴェロックス(A)中7週
小倉記念からの参戦となるが、この中間も引き続き坂路で好時計が出ている。坂路では終いの時計がかなり良く、調教通りなら終いしっかり伸びてくれそう。

カイザーミノル(C)中5週
休み明けの前走時は入念な乗り込みで坂路での伸び脚も良かった。この中間も坂路で乗り込まれているが、終いの時計がかかっていて前走時と比べるとやや物足りない。

ラストドラフト(D)6ヶ月半
半年ぶりの休み明けにしては乗り込み量は少ない。この中間2週前、1週前と併せ馬では先着を果たすも、1週前追い切りの映像からは動きが重く時計も自動計測としては物足りない印象を受けた。

カデナ(D)3ヶ月半
休み明けとなるが、こちらも乗り込み量が少ない。1週前追い切りでは、走りに体がついて行けていない感じでバランスが崩れたりして走りに力強さが感じられない動きだった。


※このコラムからの推奨馬はダノンキングリーヴェロックスポタジェの3頭をあげておきます。



◇今回は、毎日王冠編でした。
重賞競走となると出走馬のほとんどの馬の最終追い切りの映像を観られるようになっている昨今ですが、当該馬の追い切りよりも気になってしまうのが抜群の手応えの併走相手の馬だったり、坂路だと画面から見切れそうな位置を持ったまま駆け上がってきている馬だったり、ということがあります。
“主役”の馬の動きが悪い場合もありますが、1週前や最終追い切りになるとほぼ仕上がっている状態なので、重賞に出走する馬以上の良い動きを見せている馬は狙ってみたくなってしまうというもの。ただ、重賞出走予定馬の併走相手であれば、競馬新聞の調教欄で何という馬かすぐに分かるのですが、坂路で併走相手ではない馬の場合は時間帯、鞍上、ゼッケン(番号、色)、調教時計から探し出すのでそれはなかなか大変な作業に。最終的に、合っているのかも分からないこともありますが、目星がついてその馬がデビュー前の2歳馬だったりした時には、非常にワクワクするものです。1頭につき数十秒しかない調教VTRには、そうしたお宝が隠れている場合もあるのです。
ちなみに、毎日王冠の1週前追い切りの映像の中で出走馬以外で目についたのがルチェカリーナ(牝3)、ココロノトウダイ(牡4)の2頭。前者はサンレイポケットと、後者はシュネルマイスターと併せて上々の動き。2頭とも休み明けとなりますが、近いうちに良い状態で出走してきそうなので、次走と叩き2戦目あたりは狙ってみたいものです。

毎日王冠出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年6月24日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 宝塚記念2021
閲覧 1,250ビュー コメント 0 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


6月27日(日) 阪神11R 第62回宝塚記念(3歳以上G1・芝2200m)

クロノジェネシス(A)3ヶ月
海外遠征後の休み明けとなるが、2週前が福永騎手、1週前はルメール騎手騎乗での追い切りを消化し、重め感はなく伸び脚もシッカリしていて仕上がりは良さそう。

レイパパレ(A)3ヶ月
この中間もこれまでと同じように、日曜、水曜、日曜と坂路で追われている。1週前追い切りでは、前走時同様に終いグッと前に伸びる推進力を見せていて、引き続き好状態。

カレンブーケドール(A)中7週
この中間は坂路調整で乗り込み量は豊富。1週前の動きも内めを回ったとはいえ手応え抜群で、終いも力強く伸びていて前走以上の動きを披露している。

キセキ(B)中8週
香港遠征以来の休み明け。動きに関しては終いの伸びが物足りなく映ったが、時計的にはここ2戦と比べてもかなり良く、出来自体は悪くなさそう。

アリストテレス(B)中7週
この中間は前走時よりも好時計が出ていて状態は悪くなさそう。ただ、1週前追い切りの動きを見ると、先着こそ果たしたもののもう少し力強さがほしい印象も。

モズベッロ(A)3ヶ月
前走時に追い切りの動きが良くなっていたこの馬だが、この中間も好時計が出せている。1週前追い切りは、終い重心が低くしっかりと伸びていて、この馬の良いときの状態をキープといった感じ。

メロディーレーン(F)中1週
小柄な牝馬でほぼ月一ペースで使われていて今回は中1週。この中間に速い時計もなく、疲れがない訳がないとは思うが。

ヨシオ※回避予定(D)中5週
ジャパンC以来の芝のレース。その間もダートG1、障害、ダート短距離と、何でもかんでも使えば良いというものでもないとは思うが・・・。

カデナ(B)中2週
勝ち馬からコンマ5秒と差のない競馬をみせた安田記念から中2週。前走時点で調教の動きも良く、この中間も1週前の金曜日に坂路で速い時計をマークしており、引き続き状態は良さそう。

シロニイ(D)中7週
この中間も乗り込み量は豊富で、時計も前走時と変わらない感じ。ただ動きを見ると、終い首が上がりかなり耳を絞って嫌がりながら走っていて、気持ち的に疲れがあるのかもしれない。

ユニコーンライオン(B)中2週
大型馬で連勝中と勢いあり。1週前追い切りの映像がないので動きに関しては何とも言えないが、最終追い切りで前走時のような重心の低い走りで終い伸びていれば、さらなる上積みも期待できそう。

ミスマンマミーア(C)中3週
この中間も2週前にCW、1週前にDPコースと、外めを走って速い時計が出ていて調子落ちはみられない。ただ、全体的に重心が高い動きになっていて高評価はどうか。加えて今回は、56キロと近走と比べて過酷な斤量で走らなくてはならずプラス材料が少ない。

ワイプティアーズ(D)中2週
オープン勝ちもなく、1週前追い切りの動きを見ても力強さや迫力、勢いを感じない。

キングニミッツ※回避予定(E)中5週
この中間は、18日に坂路でやっと時計になる程度のものしかマークしておらず、軽めの調整が続く。G1への出走態勢という感じはない。

アドマイヤアルバ(D)中3週
前走は、京都新聞杯2着以来の重賞好走を果たすも、大きく馬体が減っていた。今回は関西輸送も控えていることから、馬体を維持するだけでもギリギリだろう。上積みは期待できそうもない。


※このコラムからの推奨馬はレイパパレカレンブーケドールモズベッロクロノジェネシスの4頭をあげておきます。



◇今回は宝塚記念編でした。
近年牝馬が活躍している宝塚記念ですが、今年も主役候補に牝馬が揃い、その勢いは止まりそうもありません。
レイパパレのような小柄な牝馬が、あの大阪杯での力の要る馬場をものともせずに勝ち切ったあたりは、調教技術の進歩や血統の改良であったりと、これまで積み重ねてきた日本競馬関係者の努力の賜物でしょう。このレースには秋の凱旋門賞にも登録している馬も何頭か出走してきますし、1番人気になりそうな馬も日本生れのディープインパクト産駒の3歳牝馬。これだけ勢いのある馬たちがたくさんいるのなら、日本牝馬の強さを秋のパリロンシャン競馬場で見せつけてもらいたいものです。

宝塚記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

カデナの口コミ


口コミ一覧

第29回平安ステークスGⅢ

 ゼファー 2022年5月21日() 10:36

閲覧 163ビュー コメント 0 ナイス 8

<馬場状態>
小雨が振ってますが、午後から曇り予報で良馬場ダートを想定する。

<展開>
ハナ:ケイアイパープル
番手:オーヴェルニュ
3番:ダノンファラオ
サンライズホープ
テーオーケインズ
〇ケイアイパープルは後ろに脚を使わせる速い流れ、4角先頭から抜け出す戦法
 テーオーケインズの松山 弘平騎手は強気な積極騎乗で前に圧を掛けて飲み込む。

<馬券のポイント>
良馬場のダートでケイアイパープルが創る緩みの無い流れで、テーオーケインズが早目に動けば、
厳しい戦いで前は潰れ、地力・底力が有る差馬を狙いたい!!

<自分への提言>
主観を出来る限り入れない、癖が強い予想はしない、シンプルに予想する事

<馬券>

◎:テーオーケインズ
海外帰りは本来狙わないが、第22回チャンピオンズカップGⅠが圧巻で本調子でなくても負けられない
松山 弘平騎手が59kgを意識して早目に動けば、前を飲み込んで潰す。

○:グレートタイム
仁川ステークスリステッドのハイペース圧勝は、今回のタイトな厳しい戦いで活きる
2000mから1900mへの距離短縮でしっかり差し込む

▲:ブルベアイリーデ
第25回シリウスステークスGⅢと第39回東海テレビ杯東海ステークスGⅡより厳しい流れの今回
ミルコ デムーロ騎手が前を追い掛け過ぎなければ差し込める。

☆:カデナ
左回りで前が潰れる展開を待っていました!
中京ダート得意なレジェンド武 豊騎手が、馬に任せて後ろから差し込む

△:メイショウハリオ
昇馬でここでも好勝負になりそうだが、決脚の鋭さが武器でタイトな流れでも足が残るか?
左回りも少し不安で、評価を落とした。

注:スマッシングハーツ
(他力本願枠:ユーチューバーや注目ブログから1頭選定)
アルデバランステークスを評価する人が多く、12番人気なら3着候補として押さえておく。


<<レース回顧>>


<<出走馬 精査>>

◎:
○:
▲:
☆:
△:

1着:
2着:
3着:
4着:
5着:

特注:

 軸馬狙い撃ち 2022年5月20日(金) 18:15
平安ステークス 外厩情報
閲覧 162ビュー コメント 0 ナイス 13

平安ステークスで気になる馬の外厩情報共有します。

1番カデナ(武豊騎手)大山ヒルズ

4番テーオーケインズ(松山弘平騎手)チャンピオンヒルズ

6番ブルベアイリーデ(M.デムーロ騎手)チャンピオンヒルズ

8番スワーヴアラミス(松田大作騎手)山元トレセン

9番サンライズホープ(幸英明騎手)吉澤S-WEST

11番サンダーブリッツ(川田将雅騎手)松風馬事センター

12番グレートタイム(藤岡佑介騎手)山元トレセン

13番ダノンファラオ(坂井瑠星騎手)ノーザンFしがらき

14番ヒストリーメイカー(小崎綾也騎手)チャンピオンヒルズ

16番ペルセウスシチー(和田竜二騎手)吉澤S-EAST


以上になります。

さて結果はどうなるか。

[もっと見る]

 競馬が大好き(複勝男 2022年5月19日(木) 23:35
平安ステークス
閲覧 176ビュー コメント 0 ナイス 7

平安ステークス

5月21日 土曜日 中京競馬場 左回り
ダート1900M GⅢ 4歳以上 

今年も中京開催でということで

このレースの傾向として(競馬ブック参考)
○ 1900M以上で勝利ありがいい。例外は今回が1900M以上が初経験の馬
○ 前走から斤量2Kg減以上の成績がいい
○ OP2勝以上 重賞勝ち 例外は今回重賞が2回目以下
○ 前走入着以上
○ 4歳と5歳がいい 7歳以上は過去にGⅠJPNⅠで入着以上経験あり

出走馬の個人的な評価

テーオーケインズ 競馬ブック印◎○▲◬合計ポイント 35ポイント
(海外帰りで状態が重要となりそう59Kgも背負っているので楽な競馬にはならないと思いますが、コース実績、能力も高いのであとはスタートが上手くいくかどうかですね。)

スワ―ヴアラミス 13ポイント
(前走は距離も不足していたが重馬場で時計も速いし前が残る馬場だった。今回は距離延長とおそらく馬場が良と思うのでプ明日しかないかなと、斤量は背負うが問題はないが年齢だけかなと)

メイショウハリオ 12.5ポイント
(チャンピオンズカップ以外は安定していいるので、今回GⅢですが結構相手が揃ったのでどこまで出来るかになるのかなと、追い込みなので展開の助けはいるかなと思いますが、毎回差してきているので)

オーヴェルニュ 6.5ポイント
(全盛期は過ぎたけど得意なコースと福永騎手で前進は見込めると思っているので、前が有利の展開に進んでいけばチャンスはあると思う)

ブルベアイリーデ 6ポイント
(レースの安定感は高いと思うがここ数戦でメンバーが一番強くなったかなと、距離も長いと思っているので良馬場だとスタミナ面で心配はあると思う。56Kgとデムーロ騎手で上手く進めれば)

サンライズホープ 2.5ポイント
(G1では通用していないがGⅢではいい勝負はしているのでこのコースで重賞も勝っている分チャンスはあると思うけど少しその時より相手が強いかなと、先行して展開が向けば)

カデナ 2ポイント
(ダートでも追い込みになっているので、毎回いい脚は使っているから展開の助けがあれば1900Mだからチャンスもあるし今回武豊騎手で不気味な存在ですね)

グレートタイム 1ポイント
(前走でOP2勝したので勢いはまた出てきたのかなとただもう7歳で今回は重賞で相手も揃っている感じですからどこまで通用出来るか?1900Mならレースはしやすいはず)

ケイアイパープル 0.5ポイント
(今回も相手は強いと思うし左回りでどうかがこの馬にとって変わった部分かなと、入着以上の競馬は最近続いているので先行して踏ん張れるかになりそう。)

サンダーブリッツ 0ポイント
(前走OPリステッド勝利で勢いはついたけど今回は相手強化で距離延長と乗り替わり。結構条件が変わりすぎた感じがするのでどこまで出来るかですね。この距離なら前に行けそうなのでレースはしやすいかも)

スマッシングハーツ 0ポイント
(前走は大敗なので馬場か距離かというところ。今回距離短縮で良馬場になりそうだから巻き返しもありそうだが、前走よりも相手強化したので、この条件のOPを勝っているからコースと距離の心配はない)

ヒストリーメイカー 0ポイント
(8歳なので更に乗り替わりと強気にはなれないので、左回りは久しぶりだが問題はないので最近出来ている自在性に期待して流れに乗れば)

ダノンファラオ 0ポイント
(最近成績があまりいいとは言えないから更に2Kg増加もしんどいところ、上手く逃げか番手の競馬になれば1発はあると思うが)

ペルセウスシチー 0ポイント
(昇級初戦なので楽ではなさそうですがコース経験と距離経験でどこまで出来るか?強いところと初対戦になるから力の比較で時計しかないから人気もない分気楽で穴馬に浮上はしそうですね。)






○ 

[もっと見る]

⇒もっと見る

カデナの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
15:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年10月10日() 15:52:52
斜行人間浜中にも劣る田辺は鞍上のクズ。誰だって出遅れなら出来るので田辺の程度の低さがモロに顕著。カデナを末脚にしたボンクラ調教師と共に田辺も消えろ。ゴミクズ共。
14:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年1月4日(月) 17:21:22
みうらをのせるなんてじょうしきをうたがうね。
ちゅうおうけいばのみじゅくさのしょうちょうで、へたをうまくみせようとしてしっぱいしたてんけいてきなじれい。
かってもだれもじつりょくとはおもわれないのではあんじょうどころかじょしゅともいえない。
てんさいもちゅうおうけいばにのるとにっぽんじんはへたになる。なぜならすべてしこみなのだから!
13:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年10月8日(木) 23:48:41
安井、決めて高い
スガダ、道悪は消し

⇒もっと見る

カデナの写真

カデナの厩舎情報 VIP

2022年5月21日平安ステークス G38着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カデナの取材メモ VIP

2022年5月21日 平安ステークス G3 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。