タマモメイトウ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
タマモメイトウ
写真一覧
現役 牡5 黒鹿毛 2016年3月25日生
調教師藤岡健一(栗東)
馬主タマモ 株式会社
生産者対馬 正
生産地新冠町
戦績30戦[5-2-1-22]
総賞金8,172万円
収得賞金3,600万円
英字表記Tamamo Meito
血統 エイシンフラッシュ
血統 ][ 産駒 ]
King's Best
ムーンレディ
チャームアンサー
血統 ][ 産駒 ]
メジロライアン
アンサーミー
兄弟 タマモグラツィエタマモアーサー
前走 2021/07/25 アイビスサマーD G3
次走予定

タマモメイトウの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/07/25 新潟 11 アイビスSD G3 芝1000 17487.947** 牡5 56.0 津村明秀藤岡健一 494
(-2)
0.55.0 0.832.2--オールアットワンス
21/05/23 新潟 11 韋駄天S OP 芝1000 163659.3141** 牡5 53.0 津村明秀藤岡健一 496
(0)
0.56.5 -0.033.4--ケイアイサクソニー
21/04/11 中山 11 春雷S (L) 芝1200 1671331.1117** 牡5 53.0 内田博幸藤岡健一 496
(-4)
1.08.1 0.833.9⑬⑬ジャンダルム
21/02/28 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 1759560.11710** 牡5 56.0 古川吉洋藤岡健一 500
(+10)
1.20.2 1.033.9⑮⑯レシステンシア
20/12/26 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 16510541.01511** 牡4 57.0 藤岡康太藤岡健一 490
(0)
1.20.8 1.134.5⑭⑬ダノンファンタジー
20/12/06 中山 11 ラピスラズリ (L) 芝1200 161151.1128** 牡4 56.0 藤田菜七藤岡健一 490
(+2)
1.09.2 0.334.8⑮⑮アストラエンブレム
20/10/10 京都 11 オパールS (L) 芝1200 181126.9125** 牡4 53.0 藤岡康太藤岡健一 488
(-2)
1.09.3 0.734.7⑭⑬リバティハイツ
20/09/05 小倉 11 テレQ杯 3勝クラス 芝1200 1761220.2111** 牡4 54.0 藤岡康太藤岡健一 490
(+2)
1.08.2 -0.033.8⑦⑥アダムバローズ
20/05/31 京都 12 朱雀S 3勝クラス 芝1200 1681643.6129** 牡4 57.0 古川吉洋藤岡健一 488
(-2)
1.09.7 0.534.4⑬⑫ミッキースピリット
20/05/17 京都 10 渡月橋S 3勝クラス 芝1400 154738.5128** 牡4 57.0 秋山真一藤岡健一 490
(+6)
1.22.6 0.935.3⑧⑪アンリミット
20/05/03 福島 11 バーデンBC 3勝クラス 芝1200 161234.71310** 牡4 57.0 藤田菜七藤岡健一 484
(0)
1.08.8 0.434.0⑯⑬アリンナ
20/03/01 中京 11 豊明S 3勝クラス 芝1200 183614.089** 牡4 57.0 藤岡康太藤岡健一 484
(-4)
1.08.7 0.533.6⑫⑪タイセイアベニール
20/02/09 京都 10 山城S 3勝クラス 芝1200 162317.5810** 牡4 57.0 北村友一藤岡健一 488
(+2)
1.09.9 0.333.9⑭⑯プリディカメント
20/01/19 中山 12 4歳以上2勝クラス 芝1200 166128.261** 牡4 56.0 C.ルメー藤岡健一 486
(+2)
1.09.8 -0.034.8⑩⑧ヴェルスパー
19/12/15 阪神 9 北摂特別 2勝クラス 芝1200 1681669.7146** 牡3 56.0 古川吉洋藤岡健一 484
(+10)
1.09.3 0.234.3⑥④ショウナンアリアナ
19/10/14 東京 10 国立特別 2勝クラス 芝1400 162354.4118** 牡3 55.0 藤田菜七藤岡健一 474
(0)
1.21.9 0.534.4⑤⑦アンリミット
19/09/28 阪神 9 戎橋特別 2勝クラス 芝1400 18818152.7158** 牡3 55.0 藤岡康太藤岡健一 474
(+4)
1.21.4 0.634.4⑬⑯メリーメーキング
19/08/17 小倉 10 戸畑特別 2勝クラス 芝1200 141125.577** 牡3 54.0 酒井学藤岡健一 470
(+2)
1.09.3 0.635.5④⑤キラーコンテンツ
19/07/27 小倉 10 由布院特別 2勝クラス 芝1200 143321.8512** 牡3 54.0 武豊藤岡健一 468
(-4)
1.09.1 1.134.3⑪⑪ジュランビル
19/07/14 中京 10 フィリピンT 2勝クラス 芝1200 10784.027** 牡3 54.0 藤岡佑介藤岡健一 472
(+2)
1.09.4 1.034.6⑨⑨フェルトベルク

⇒もっと見る


タマモメイトウの関連ニュース

 ◆田辺騎手(トキメキ4着)「連闘で格上挑戦だったが、うまくタメが利いたぶん、最後は脚を使ってくれた」

 ◆松若騎手(ジュランビル5着同着)「スタートが決まったし、この距離でもそこそこついて行けた」

 ◆丸山騎手(グレイトゲイナー5着同着)「ゲートで待たされたぶん、スタートのタイミングが悪かった。その後は挽回できたが、スタートが決まっていればもっとやれた」

 ◆津村騎手(タマモメイトウ7着)「馬場が速くて前が止まらなかった」

 ◆斎藤騎手(ルドラクシャ8着)「外のいい枠でライオンボスの後ろで脚をためられた。見せ場は作ってくれました」

 ◆荻野極騎手(ヒロイックアゲン9着)「望んでいた枠ではなかったが、外のいいところで、タメが利いたので脚は使ってくれた」

 ◆柴田大騎手(アルミューテン10着)「年齢的な衰えは感じないが、もう少し時計がかかってほしかった」

 ◆杉原騎手(ビリーバー11着)「前回よりも落ち着きがあって我慢も利いたが、途中から一杯一杯になった」

 ◆川田騎手(モントライゼ12着)「勝ち馬の後ろでレースを進めましたが、レース後には熱中症の症状がありました。この後も無事にいってほしいです」

 ◆松山騎手(ロードエース15着)「スタートは決まったが、速い馬場がこたえて最後は苦しくなってしまいました」

★25日新潟11R「アイビスSD」の着順&払戻金はこちら

【アイビスSD】韋駄天S制覇のタマモメイトウは7着に終わる…津村「前が止まってくれなかったです」 2021年7月25日() 19:55

 7月25日の新潟11Rで行われた夏の名物重賞・第21回アイビスサマーダッシュ(GIII、3歳以上オープン、別定、芝・直線1000メートル、16頭立て=ロジクライが出走取消、1着賞金=3900万円)は、1番人気に支持されたオールアットワンス(牝3歳、美浦・中舘英二厩舎)が持ち前のスピードを存分に発揮して勝利。2006年のサチノスイーティー以来、15年ぶりに3歳牝馬によるVを果たした。勝ちタイムは54秒2(良)。



 春の新潟開催で同舞台の韋駄天Sを制覇。初の直線競馬で大きな変わり身を見せたタマモメイトウ(4番人気)だったが、3キロ増の斤量や馬場状態の違いが影響したのか、レース序盤から後方を追走するのが精一杯。最後は勝ち馬に次ぐ上がり(3F32秒2)で挽回するも、上位争いには加われず7着に終わった。



 ◆津村明秀騎手「(時計の)速い馬場だったこともあり、前が止まってくれなかったですね」

★25日新潟11R「アイビスSD」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

サンスポ連載企画『「予想コロシアム」凄腕予想家の重賞診断』今週は2rakiさんが登場!<アイビスSD 2021> 2021年7月25日() 12:00

毎週日曜のサンケイスポーツ(関東版)競馬面で展開中の、ウマニティとのタイアップ企画『「予想コロシアム」凄腕予想家の重賞診断』
今週は、2rakiさんのアイビスSD予想が掲載されています。
<ウマニティ運営註>
前回エプソムC登場時にこちらのミスにより一部買い目の表記が入稿原稿と異なる内容で掲載となってしまいました。このため異例ではございますが再登場となります。2rakiさんにはこの場を借りてお詫びいたします。大変申し訳ございませんでした。


それでは早速、予想をご覧いただきましょう。

今週は唯一の千直重賞となるアイビスSDが行われます。現役屈指のスピード自慢が揃ったこの大注目の一戦を予想してくれるのは、ウマニティユーザー予想家の2rakiさんです。「25年の一口馬主経験をもとにした<一口馬主ひとひねり馬券>」という一風変わったスタイルで、これまで数々のヒットを飛ばしてきました。新潟の名物重賞で、その経験を活かしてもらいましょう。

2rakiさんは「数少ない千直重賞に有力馬2頭を送り出してきた対馬正牧場に大注目」とこのレースを分析。「前走は荒れた馬場が敗因と考えられる」⑫ライオンボスを◎に抜てきし、「前走は遅いタイムながらも優勝し、勢いのある」⑧タマモメイトウに〇を打ちました。以下、⑦グレイトゲイナー、③ヒロイックアゲン、⑭オールアットワンスの順に押さえ、馬券は単勝⑫、複勝⑧、馬単・3連複流し⑫→③⑦⑧⑭で勝負します。

ウマニティの予想コロシアムでは、さまざまなタイプの凄腕予想家の予想を閲覧することができます。ぜひチェックしてくださいね!
(ウマニティ編集長・岡田大)




===================
本レース以外の2rakiさんの予想は、ウマニティの予想コロシアムでご確認ください。
===================

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】アイビスSD2021 笹川翼騎手、徳光和夫さんなど多士済々!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ! 2021年7月25日() 05:30


※当欄ではアイビスSDについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【笹川翼(大井競馬騎手)】
◎⑫ライオンボス
単勝


【徳光和夫】
3連複ボックス
ヒロイックアゲン
タマモメイトウ
ロードエース
ライオンボス
オールアットワンス
ルドラクシャ
ワイド流し
⑪-③⑥⑦⑧⑩⑫⑭⑯

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑪ロードエース
○⑭オールアットワンス
▲⑥モントライゼ
△③ヒロイックアゲン
△⑧タマモメイトウ
△⑩アルミューテン

【DAIGO】
◎⑫ライオンボス

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑦グレイトゲイナー
○⑥モントライゼ
▲⑪ロードエース
△⑫ライオンボス
△⑭オールアットワンス
△⑨トキメキ
△⑯ルドラクシャ
3連単1頭軸流しマルチ
⑦→⑥⑨⑪⑫⑭⑯

【杉本清】
◎⑥モントライゼ
○⑫ライオンボス
▲⑭オールアットワンス
☆③ヒロイックアゲン
△⑦グレイトゲイナー
△⑧タマモメイトウ
△⑪ロードエース
△⑬ビリーバー

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎③ヒロイックアゲン

【林修】
注目馬
ロードエース

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
オールアットワンス
タマモメイトウ
グレイトゲイナー
ビリーバー

【カンニング竹山】
◎⑭オールアットワンス

【橋本マナミ】
◎⑫ライオンボス
○⑥モントライゼ
▲⑭オールアットワンス
△③ヒロイックアゲン
△⑦グレイトゲイナー
△⑧タマモメイトウ
△⑪ロードエース

【横山ルリカ】
◎⑭オールアットワンス

【神部美咲】
◎⑫ライオンボス

【旭堂南鷹】
◎⑮セピアノーツ
○⑫ライオンボス
▲⑬ビリーバー
△③ヒロイックアゲン
△⑥モントライゼ

【稲富菜穂】
◎⑫ライオンボス
○⑭オールアットワンス
▲⑧タマモメイトウ
△⑬ビリーバー
△⑪ロードエース
△⑮セピアノーツ

【小木茂光】
◎⑮セピアノーツ
3連単フォーメーション
⑧⑮⑯→③④⑥⑧⑨⑪⑫⑭⑮⑯→⑧⑮⑯

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑬ビリーバー
単勝


【キャプテン渡辺】
◎⑮セピアノーツ
単勝

馬連・ワイド
⑮-⑫ライオンボス

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑫ライオンボス

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑪ロードエース

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑫ライオンボス
3連単1着軸流し
⑫→①③④⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑬⑭⑮

【ギャロップ林】
◎⑪ロードエース
単勝

馬連流し
⑪-⑦⑧⑬⑭

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑮セピアノーツ
3連単2頭軸流しマルチ
⑮→⑭→③④⑥⑦⑧⑨⑪⑫⑬⑯

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑪ロードエース
3連単フォーメーション
⑪→⑦⑧→⑦⑧

【浅越ゴエ】
◎⑫ライオンボス
馬連
⑫-⑭オールアットワンス
3連単フォーメーション
⑫⑭→⑫⑭→⑧⑬
⑫⑭→⑧⑬→⑫⑭

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎④ジュランビル
3連単フォーメーション
④→③⑬⑮→①②③⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑭オールアットワンス
3連単2頭軸流しマルチ
⑭→⑪→③④⑥⑦⑧⑨⑩⑫⑬⑮⑯

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑫ライオンボス
3連複フォーメーション
⑫-③④⑬⑮⑯-①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑬⑭⑮⑯

【リリー(見取り図)】
◎⑭オールアットワンス
3連複フォーメーション
⑭-⑦⑧-④⑥⑪⑫⑬⑮⑯

【船山陽司】
◎④ジュランビル

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎③ヒロイックアゲン

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑪ロードエース
○⑫ライオンボス
▲⑭オールアットワンス
△⑧タマモメイトウ
△⑬ビリーバー
△⑯ルドラクシャ

【高田秋】
◎⑭オールアットワンス

【守永真彩】
◎⑫ライオンボス
3連複2頭軸流し
⑫-⑭-①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑬⑮⑯

【天童なこ】
◎⑭オールアットワンス
○③ヒロイックアゲン
▲⑪ロードエース
△⑫ライオンボス
△④ジュランビル
△⑥モントライゼ
△⑦グレイトゲイナー
△⑧タマモメイトウ
△⑬ビリーバー
△⑰ロジクライ

※⑰ロジクライは出走取消

【目黒貴子】
◎⑧タマモメイトウ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】アイビスサマーダッシュ2021 減点なし4頭からロードエースをトップに 2021年7月24日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はアイビスサマーダッシュ・データ分析 をお届けします!


【馬齢】
2011年以降の3着以内延べ30頭の馬齢をみると、3歳から7歳の間で収まっている。なお、7歳の馬券絡みは牡馬だけで、3歳の好走は牝馬のみ。その点には注意したい。

(減点対象馬)
ヒロイックアゲン ⑥モントライゼ ⑩アルミューテン ⑰ロジクライ

【前走着順】
2011年以降、前走が6着以下敗退、なおかつ今回の負担重量が前回よりも増えていた馬の連対例はなし。また、斤量に関係なく、前走が芝競走で10着以下の大敗を喫していた馬が2着連対圏に入ったケースはゼロ。該当馬は評価を控えめにしたほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
モメチョッタ ③ヒロイックアゲン ⑤リッチクレマチス ⑩アルミューテン ⑬ビリーバー ⑮セピアノーツ ⑯ルドラクシャ

【前走人気】
2011年以降の2着以内延べ20頭の前走人気を確認すると、いずれも単勝9番人気以内。前走で2ケタ人気の低評価を受けていた馬は、2着連対圏に達していない。

(減点対象馬)
モメチョッタ ⑤リッチクレマチス ⑧タマモメイトウ ⑩アルミューテン ⑬ビリーバー ⑮セピアノーツ ⑯ルドラクシャ ⑰ロジクライ

【近走成績】
2011年以降、前走が重賞3着以内、もしくは前走が千直のオープン特別で2着以内だった馬を除くと、近3走とも負担重量54キロ以下で2着以下に敗れていた馬の連対例は皆無。該当馬は疑ってかかるべきだろう。

(減点対象馬)
ヒロイックアゲン ⑬ビリーバー ⑮セピアノーツ

【近走下級クラス出走馬】
2011年以降、前走で2勝クラス(旧1000万下)より下のクラスに出走していた馬の最高戦績は3着止まり。また、近2走内に3勝クラス(旧1600万下)以下のレースで、斤量55キロ以下かつ0秒4以上の敗退歴があった馬は連対ゼロと、今ひとつの結果に終わっている。

(減点対象馬)
バカラクイーン ②モメチョッタ ④ジュランビル ⑤リッチクレマチス ⑨トキメキ ⑩アルミューテン ⑮セピアノーツ ⑯ルドラクシャ


【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、⑦グレイトゲイナー、⑪ロードエース、⑫ライオンボス、⑭オールアットワンスの4頭。最上位には⑪ロードエースを推す。アイビスSDと相性がいい韋駄天S経由馬であることに加え、近年の当レースで活躍顕著なストームバードの血を引く馬に該当する点も心強い。

2番手は⑫ライオンボス。韋駄天Sが創設された2014年以降、同レースで掲示板を逃していた馬の成績が冴えないのはネックも、同組は57キロを超えるハンデを課せられていた馬が【0.2.0.0】の好パフォーマンスを示している。軽く扱うことはできないだろう。以下は、⑭オールアットワンス、⑦グレイトゲイナーの2頭横並びの評価とする。

<注目馬>
ロードエース ⑫ライオンボス ⑭オールアットワンス ⑦グレイトゲイナー

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】アイビスサマーダッシュ2021 外枠に入ったU指数も人気も上位の馬に逆らえないレース! 2021年7月24日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はアイビスサマーダッシュ・U指数予想をお届けします!


U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

外枠断然有利のコース形態。リピーターが強いというレース傾向。これらの要素が相まって、アイビスサマーダッシュは外寄りの枠に入った上位人気の実績馬が毎年コンスタントに好走している。1番人気は8年連続連対中(6勝、2着2回)。大穴党にとっては歓迎できない傾向かもしれないが、このレースで過度に穴を狙うのは禁物である。

U指数も同様に上位優勢の構図ができあがっており、2019年、2020年と2年連続して1~2位の2頭がワンツーを決めた。今年も馬券の中心は人気サイドの指数上位勢という認識で問題ない。指数二桁順位の馬券絡みはちらほら見られるが、過去5年間の該当馬はすべて一桁人気。指数下位の人気薄を大胆にカットしていくことで、スムーズに購入対象馬を絞り込むことができるだろう。

前走の韋駄天S3着で千直適性を見せたU指数1位の⑪ロードエース(98.3)と、2年前1着、昨年2着で今年も3位と高い評価を得ている⑫ライオンボス(96.5)。この2頭は指数、人気、枠順と条件が揃ったので外すわけにはいかない。以下、初の千直で変わり身に期待できる5位の⑰ロジクライ(95.4)と、枠は微妙ながらこのレースと好相性の同年韋駄天S勝ち馬で4位の⑧タマモメイトウ(95.6)まで押さえておく。

【U指数予想からの注目馬】
ロードエース ⑫ライオンボス ⑰ロジクライ ⑧タマモメイトウ

[もっと見る]

⇒もっと見る

タマモメイトウの関連コラム

閲覧 977ビュー コメント 0 ナイス 1



先週の当コラムで「直線競馬で工夫できる騎手」について書いたが、アイビスサマーダッシュで誰よりも見せ場を作ったのは3着の菅原明騎手=バカラクイーンということで満場一致ではないだろうか。明らかに不利とされる最内枠だったが、開幕週の馬場状態も見越して、スタートから一目散に内ラチを目掛けて進むと、最後の最後まで粘り通した。

パトロールビデオを見るとわかるが、ラチから1頭分だけ馬場状態が良いところに意識的に入れようとしていた。前開催で保護されていたAコース部分は開幕週ということもあり荒れていなかったのも大きい。何にせよ、勇気ある戦略とその後押しをした陣営&騎手の勝利だろう。

~穴馬としてどうにかしようとした姿勢が素晴らしい

もっとも、結果として14番人気3着という激走に繋がったわけだが、私自身は結果が出たから素晴らしいというわけではない。仮に内ラチ沿いに突っ込んで行って失敗、最下位に敗れたとしても、その姿勢が素晴らしいと思うのだ。

バカラクイーンは戦績だけ見れば明らかに格下、それも不利とされる最内枠。この条件下でまともな勝負を挑んでは、劣勢なのは明らかであろう。だからこそ、何かしなくてはならない。その何かこそが、内ラチ沿いに向かって走っていくという、セオリーに反する戦略だったのだ。

もしこのチャレンジが失敗し大敗したら、ファンから非難を浴びたのだろうか? それともナイスチャレンジと喝采をされただろうか? 真相はわからないが、ファンの側も良いチャレンジは結果論ではなく、その過程こそ素晴らしいと賞賛できるだけの目を養っておきたい、と自戒を込めて感じたレースだった。

それにしても直線競馬は面白い。今回は見せ場がなかったとはいえタマモメイトウ=津村騎手も相変わらずやれることはやった、というよく考えた騎乗だったし、鮫島駿騎手は土日ともに勝てなかったが好騎乗を見せてくれた。一方、土曜日の直線レース、内田騎手などは本当に何も考えていないんだなという力任せの騎乗だった。

騎手の考え方、思惑がよくわかるのがこのコースの面白さなのかもしれない。

クイーンSの注目馬

というわけで、ココでは現時点の週末の重賞の注目馬を一頭取り上げる。

ドナアトラエンテ

重賞2度目のチャレンジだった福島牝馬Sでは、最後追い上げて来てあと一歩の2着と好走。不良馬場だった中山牝馬S以外はデビュー以来崩れておらず、センスが良く安定感のある走りが武器。今回は函館芝1800mと小回りが舞台になるが、もともと素軽い走りでコースも問わないタイプ。堅軸として信頼したい。

クイーンSの最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年7月23日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】直線競馬で工夫できる騎手/アイビスサマーダッシュ展望
閲覧 1,464ビュー コメント 0 ナイス 2



函館記念は2番人気のトーセンスーリヤが勝利も、2着に14番人気アイスバブル、3着に12番人気バイオスパークが入り、またしても波乱の決着に。夏のローカル競馬らしい難解な重賞が続いている。

~直線競馬のポイント

さて、今週末は一年を通して唯一の直線重賞、アイビスサマーダッシュが行われる。個人的にも直線競馬は好きなので、とても楽しみな一戦だ。

直線競馬を読み解くポイントは大きく2つ。

1つは言うまでもなく、外枠有利という点である。これに関しては、

「そんなの知ってる」

と言われてしまうのだが、知っていてもなお外枠有利が顕著なのである。自戒を込めて書くが、実際、競馬においてわかっていることと馬券を買い切れることの距離はそれなりにあって、わかっていてもいざ馬券を買うとなるとためらってしまうことが多々ある。

2021年になり直線競馬は7レース行われたが、そのうち6レースで6~8枠の馬が勝利。回収率も外枠の方が優秀なのだから、”わかっているがそれでもまだ妙味は外枠にあり”というのが現状である。

事実、私も今年最初の直線競馬のレースでは7枠12番のタピオカを本命にした。当然外枠有利とみて相手にも外枠勢を選んだのだが、結果的には◎タピオカが勝利したものの3着の12番人気リュッカが抜けて取り逃してしまった。

なお、リュッカは6枠11番。枠順のセオリーから行けば押さえるべきなのだが、「さすがにこの馬は…」という気持ちが働いて消してしまったのだ。傾向に即して狙うことはカンタンなようだが、実はそうカンタンではない。むしろあまり詳しくない時期の方がこういうものは買えたりするから、いろいろ知ってしまうということは時には的中から遠ざかることでもあるのだ。

長くなったがそろそろ2つ目のポイントへ。それは騎手である。

かつては直線の村田や、直線の西田などと言われたこともあるように、騎手による得手不得手があるのものこの舞台の特徴。現在は特に直線の○○というのはあまり聞かないのだが、それでも工夫をするジョッキーとしないジョッキーの違いは開催を通してみているとよくわかる。

前開催唯一の直線オープン、韋駄天ステークスを14番人気で制したタマモメイトウに騎乗していた津村騎手は、直線コースで工夫をできるジョッキーだ。運よくこのレースでは本命にできたので、当時の記述をご覧頂きたい。

「◎6タマモメイトウ→内枠狙いはやや無理筋を覚悟で…今回は直線の逆転を期待したい。津村騎手は直線競馬で外への意識があり、外に持っていけるところではキッチリ持って行ってくれるのが特徴。今回は本馬の外にいるのがほとんど逃げ先行系で、外に持ち出すのにつっかえる可能性があるとすれば隣のヒロイックアゲン、10番のワンモアバイト、11番のレジェーロくらい。それでもテンに行けない本馬よりも速い馬ばかりで恐らくガラッと空いた外側に一気に進路を切り替えて行ける可能性が高い。あとは前がガリガリやり合うのを待つ他力本願レースにはなるが、近走重賞でもそこそこやれている脚があれば能力は通用する。初直線&内枠でまったく人気はないが、上がり掛かれば出番あるはず」

津村騎手は直線競馬で内枠からでも外に持っていく意識が強く、例えば5番枠から3着に持って来たリュウールドレ騎乗の際にも工夫が見て取れた。だからこそ、タマモメイトウを内枠でも本命にすることができたわけだ。直線競馬を見続けていると、外への意識づけがある騎手とない騎手の差が顕著に見えて来る。仮に馬券に絡めなくても、そういった工夫が実を結ぶこともあるのだ。

ちなみに津村騎手は前開催の直線競馬で(1-1-2-0)とパーフェクト。数字的には目立たないが、菱田騎手なども工夫の跡がよく見えた。結果を問わず、そういったプロセスを見ておくと、直線競馬で買うべき騎手が見えて来る。

アイビスサマーダッシュの注目馬

というわけで、ココでは現時点の注目穴馬を一頭取り上げる。

ビリーバー(杉原騎手)

昨年の当レース3着馬だが以後2度使われた直線競馬はいずれも内枠で持ち味を出せず。それでも韋駄天ステークスでは内枠からひと脚使えており、今年も枠順次第で通用の余地はありそう。上手く外で溜める競馬ができる枠順を引ければ好勝負になる。

アイビスサマーダッシュの最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年9月11日(金) 13:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(9/5~9/6) サラマッポプロが日曜札幌10Rで57万オーバーのホームラン!
閲覧 392ビュー コメント 0 ナイス 3


 
5(土)のG3札幌2歳S、6(日)のG3小倉2歳S、G3新潟記念ほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
6(日)の札幌10Rすずらん賞で、○ラストリージョ◎クローリスノキセキからの3連単46万1000円馬券含む、計57万3290円払戻しの一発をマーク! プロデビュー以降の1レース最高払戻し額記録を更新しています。他、5(土)小倉7R3歳未勝利などでも魅せた先週は、週間トータル回収率断トツの562%、収支55万4420円プラスを記録しています。2週連続週末プラスを達成。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
5(土)は勝負予想G3札幌2歳S◎○本線的中、札幌6R3歳以上1勝クラスなどの的中で大幅プラスを達成。6(日)はG3小倉2歳S的中、G3新潟記念的中を披露し、3重賞全的中(◎○全馬券対象)の活躍を披露。土日2日間トータル回収率118%を達成し、4週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →田口啄麻プロ
先週は5(土)に新潟6R3歳未勝利での45万1440円払戻し、新潟8R3歳以上1勝クラス的中、小倉11RテレQ杯タマモメイトウ単勝1万円1点勝負的中をマークすると、6(日)にも札幌10Rすずらん賞ラストリージョなどを仕留める活躍ぶり。週間回収率287%、収支トップとなる59万990円プラスのハイアベレージで終え、2週連続週末プラスとしています。
 
 
 
この他にも、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(178%)、マカロニスタンダーズプロ(150%)、イレコンデルパサープロ(150%)、伊吹雅也プロ(135%←2週連続週末プラス)、エース1号プロ(134%←2週連続週末プラス)、nigeプロ(121%)、【U指数】3連単プリンスプロ(120%)、導師嵐山プロ(118%)、金子京介プロ(118%)、くりーくプロ(105%←3週連続週末プラス)、織本一極プロ(113%)、ゼット1号プロ(107%)、あおまるプロ(104%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2020年1月24日(金) 12:15 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(1/18~1/19)佐藤洋一郎プロが土曜中山5R◎ラインストリーム的中などで週間113万オーバーのプラス!
閲覧 889ビュー コメント 0 ナイス 5


 
18(土)に行われたG3愛知杯、19(日)G2日経新春杯、G3京成杯ほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
18(土)中山5R3歳未勝利で◎ラインストリーム(単勝148.7倍)から仕留め3連複5999.4倍を200円分的中、119万9880円のホームランをマーク!さらに、同日中山7R4歳上1勝クラスでの◎ショーテンシ(単勝41.1倍)-△レディグレイ(同20.0倍)-▲シャインカメリア(同10.2倍)的中、19(日)京都1R3歳未勝利的中、京都4R障害オープン的中などのスマッシュヒットを幾度となく披露。週間トータルでは、回収率291%、収支113万5840円の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
G3愛知を▲レイホーロマンスで仕留めた18(土)は、他にも京都11R羅生門Sバティスティーニラプタス的中などを記録。19(日)にも京都8R4歳上1勝クラススマートランウェイアナザーラブソング的中などで連日のプラスを達成しています。土日2日間トータルでは回収率163%をマーク。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
18(土)は中山5R3歳未勝利での◎アラタ(単勝20.1倍)的中、同京都7R4歳上1勝クラスクリノビッグサージメイショウアワジでのワイド的中計10万6080円払戻し、同G3愛知レイホーロマンス複勝的中などで大幅プラスを達成。19(日)には京都4R障害オープンアズマタックンG2日経新春杯モズベッロ中山12R4歳上2勝クラスタマモメイトウなどをズバリ的中させ、週間トータル回収率149%、収支16万3260円をマーク。これで4週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
18(土)G3愛知を「タフなタイプ。(今の)小倉の馬場は合う」と評価した◎レイホーロマンス(単勝40.4倍)からデンコウアンジュとのワイドを的中。19(日)G2日経新春杯では、「前傾走法で京都コース向き。パワータイプで馬場も合う」とした◎モズベッロできっちりと的中をマークするなどの活躍を披露。週間トータルでは、回収率117%を達成しています。
 
 
 
この他にも、山崎エリカプロ(113%)、セイリュウ1号プロ(112%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(111%←2週連続週末プラス)、金子京介プロ(108%)、新参者プロ(106%)、スガダイプロ(105%)、エース1号プロ(102%←2週連続週末プラス)、【U指数】3連複プリンセスプロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
また、プロテスト最終審査参加者からは、akiさん(504%)、Diavelさん(295%)、クレイジーチケットさん(278%)、馬っしぐらさん(108%)、西野圭吾さん(103%←2週連続週末プラス)、暴君アッキーさん(102%)、ジャンヌさん(102%)らが、2週目プラス収支で折り返しています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

タマモメイトウの口コミ


口コミ一覧
閲覧 204ビュー コメント 0 ナイス 6

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

“TOKYO2020” オリンピックが活況ですね!?
前半での日本メダルラッシュの勢いは、期待以上の活躍!!
TV観戦でも十分、ワクワクドキドキ感が止まりません。
暑さに負けず、頑張りましょう!?

何故でしょう?? わが懐だけ、冷え冷えで寒さが止まりません。 

【週間スケジュール 変更あり】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 検討中??(具体的には?? 予定は未定)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
ラップに関する予想をやめて、現在検討中??
(具体的には?? 予定は未定)

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第7期最終結果】
第7期(7/3~7/25)5日間(ラジオNIKKEI賞~アイビスSD)8戦

最終週末は、当てる事ができたのか!?

日曜、G3アイビスサマーダッシュでは、12番ライオンボスに注目!!
ワイド(11-12) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「G3 アイビスSD」で注目していたライオンボス(2人気)は、スタート良く外ラチ沿いに逃げて優勝…のはずが、好位につけたオールアットワンス(1人気)が、追い比べから抜け出し、ライオンボスに3/4馬身差をつけ優勝。さらに1馬身差の3着にバカラクイーン(14人気)が入った。注目していたもう1頭、ロードエース(5人気)は序盤ライオンボスと並走していたが、後半力尽き馬群に沈み込み15着惨敗。当然ながら馬券はハズレ。 反省点として、相手馬の選択!? っていうより、メンタル面の弱さがでた結果?? 馬連で狙うなら優勝したオールアットワンスと思いながら、ロードエースの3着狙い(ワイド)を選択したのが失敗…残念。何故なら過去5年でハイブリッド新聞(指数)の推定前半3F(1位-2位)の組合せ、3回(2年連続中)と高確率。ちなみに、今年の推定前半3F 1位ライオンボス(2着)、2位オールアットワンス(1着)だった。


【第7期 総評】
最終週末、1戦1敗…完敗。 最後に、メンタル面の弱さが出てしまい攻める姿勢が、守りへ…残念。第7期を振り返って、8戦1勝7敗の厳しい結果。的中率12.5%/回収率119.6% と何とかプラス収支で終了。前期に続きプラスで終われて、結果オーライ!! 来期(8/1~9/5)12戦7日間の長期戦もプラス収支を目標に頑張りましょう!?



【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(アイビスサマーダッシュ)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4位"
該当馬=4位指数値57(8番タマモメイトウ)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。(6着)


【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(クイーンステークス)
注目(単勝/複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1位"

*無条件
過去10年内(6-2-0-2/10)
勝率60%/連対率80%/複勝率80%
/的中率80%/回収率(単勝170%/複勝117%)

近5年内 (3-1-0-1/5)
勝率60%/連対率80%/複勝率80%
/的中率80%/回収率(単勝174%/複勝122%)

昨年(6着)外れているだけに、今年は期待大!?

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 組合長 2021年7月26日(月) 23:34
重賞回顧 アイビスサマーダッシュ
閲覧 49ビュー コメント 0 ナイス 8

終わってみれば混戦も人気同士の決着となった。今まではCBC賞組、韋駄天S組だけ検討していれば馬券になっていたレースでしたが、今後は別定戦が続く限り、重賞となった葵S組も注意しなければならないという戒めにもなりました。

優勝したオールアットワンスは2勝馬。それでも外枠という有利さを考慮しても強い内容でした。葵Sが9番人気で今回が1番人気。競馬ファンの洞察力には恐れ入りました(^^;今後は更に強い相手と斤量さなく戦わなければなりませんが、馬体重を見ても成長力もあり更なる自力強化も期待したいです。

 2着には前走の敗因が馬場だったことを印象付けたライオンボス。実績は断トツでしたが6歳という年齢と、前走内容で評価が下がり今回は2番人気での出走でしたが、しっかり自力上位は印象付けました。

 3着は菅原騎手のファインプレーで掟破りの内ラチでの競馬で粘り切ったバカラクイーン。この馬も2勝馬。次走自己条件なら人気になりそうですが、馬体重を増やすことが好走のバロメーターとなりそうです。

 所長◎のタマモメイトウは勝負所での進路変更でジエンド。前走は馬場にも助けられたかもしれませんが、次走も調教次第では、もう一度狙ってみたいと思います。

[もっと見る]

 ken1 2021年7月25日() 17:18
アイビスSDは開幕週ならではの1番枠から内ラチ沿いの激走...
閲覧 109ビュー コメント 1 ナイス 8

★アイビスSD

過去10年のデータから

★A……前走が芝千二以下(9/10/10/107)それ以外(1/0/0/22)※15年ベルカント
はCBC賞取り消しで前々走はコーラルS千四ダート
⇒×13ビリーバー、2モメチョッタ、

★B……前走4着以内(8/8/7/39)5着以下(2/2/3/90)5着以下で当日1~6枠(0/0/1/69)
※3着は12年エーシンヴァーゴウで前年の勝ち馬、7,8枠(2/2/2/21)
⇒○14オールアットワンス、7グレイトゲイナー、4ジュランビル、8タマモメイトウ、
11ロードエース
⇒▲13、15、16番

※C……3歳 (0-2-1-8) 0.0% 18.2% 27.3%
   4歳 (4-1-1-12)22.2% 27.8% 33.3%
   5歳 (4-7-4-31) 8.7% 23.9% 32.6%
   6歳 (0-0-3-34) 0.0% 0.0% 8.1%
   7歳上(2-0-1-44) 4.3% 4.3% 6.4%
5才以下(8/10/6/51)、6才以上(2/0/4/78)⇒3着以内馬6頭とも前走4着以内
※7才3頭は、14年セイコーライコウ(韋駄天OP1)17年ラインミーティア
(邁進特別千万1)18年ナインテイルズ(駿風S準OP3)と当該コース適性あり
⇒▲11ロードエース、3ヒロイックアゲン
 ×10アルミューテン、13ビリーバー、12ライオンボス、

★★D……近6年、牝馬(4/3/4/33)※連対した7頭は5人気以内
牡セン馬(2/3/2/45)⇒3着以内馬7頭とも6~8枠
⇒▲11,12番
 ×6,7,8番

※E……近5年の勝ち馬は前年以降当該コース勝ちあり
⇒◎15セピアノーツ、8タマモメイトウ、3ヒロイックアゲン、12ライオンボス、
16ルドラクシャ

※F……1人気(7/2/0/1)着外1頭の12年ビウィッチアスは当該コース未経験
⇒14番は未経験

※G……前2走で韋駄天S出走組(5/4/4/35)※連対馬は5人気以内0.3差以内、52~57.5k
3着馬も10人気以内0.6差5着以内
⇒○1着14人8タマモメイトウ53K、3着0.2差9人11ロードエース54K、
4着0.4差7人10アルミューテン50K、7着0.9差16人13ビリーバー53K、
9着1.1差1人12ライオンボス58K、12着2.1差4人3ヒロイックアゲン
54K

H……1枠から4枠(3/3/1/64)3着以内の7頭は全て4番人気以内、5~8枠(7/7/9/65)
⇒○6番、8番

I……前走逃げた馬(5/4/1/15)
⇒○15セピアノーツ

★J……牝馬(5/5/6/56)で6才以上(0/0/1/24)3着は16年プリンセスムーンで
駿風Sと韋駄天Sを連勝中で3人気
⇒×10アルミューテン、13ビリーバー、3ヒロイックアゲン

★K……57K以上(0/1/0/18)2着は20年ライオンボスで19年勝ち馬
⇒▲12ライオンボス、
 
※L……2勝級(0/0/2/5)3勝級(0/1/2/20)3着以内5頭のうち15年シンボリディスコ
(は2走前に当該コース2着)以外は前走1着
20年3着ビリーバー以外は当該コース3着以内あり
⇒▲なし
 ×10アルミューテン、7グレイトゲイナー、4ジュランビル、15セピアノーツ、
9トキメキ、1バカラクイーン、2モメチョッタ、5リッチクレマチス、
16ルドラクシャ

★M……過去10年ZI値3-1-7、2-4-15、4-1-12、7-1-9、2-3-1,12-9-3、2-7-4、
1-3-5、2-6-10、1-3-10、と3位以内が連対9/10年で毎年3着以内
⇒○1位6番、2位14番、3位12番


最有力ステップレースの韋駄天Sが、今年は過去8回で一番勝ち時計の遅い56.5秒で
勝った8番は稍重馬場で追い込めたのは時計の掛かる馬場が味方したきらいあり
開幕週で土曜日の1勝級当該コースのレースの勝ち時計は54.6と想定タイムより速く
早い時計に対応出来るかどうかで例年の様な絶対視は出来無い
惨敗した12番は、58Kトップハンデで苦手な馬場が敗因で(4/2/0/1)
の実績からパンパンの良馬場なら巻き返しはあり得る

前走古馬重賞組が皆無(葵Sは3才限定OP重賞)と例年に比べて低調なメンバーで、
コース適性と近走調子、枠順、展開、年齢性別などの要素がより重要度増す

一方、条件戦上がりの好調馬が例年穴で要マークだが、今年は勝って臨む上がり馬は
皆無で、直千になって変わり身が期待出来そうな馬も見当たらない

そうなるとOP馬で直千に対応可能な馬となり、京王Sを番手追走で勝った6番
カンナSを逃げ切り勝ちで、前走葵Sで6番に先着の3着した14番

押さえに、直千で内枠からでも最速上がりで好走していた3番と、初芝でも韋駄天Sで
好位追走から0.2差3着に好走した11番

馬連(12,14)→6,8各五百円5点
三連複(12,14)1頭軸=(6,8)ー3,11各三百円14点
三連単(12,14)→(6,8,12,14)→(3,6,8,11,12,14)
フォーメーション各百円24点
複勝勝負は、超難解で絞りきれずお勧め出来無いが、コース未経験の14番が
1人気になるのなら、良馬場で期待値が高くなる12番へ少々
≫≫14-12-1
開幕週で内ラチでも良い馬場を見越して勇気を出して1番枠からそのまま飛ばした
菅原騎手に拍手!
まあそれしか言えない(;^_^A アセアセ・・・
カメラマンは外ラチアップのままに出来ず大変だったろうなあ(笑)
結局項目Dで6,8番は消しで正解だった訳で、そうなると買う馬がいない(笑)
低レベルの団子状態でも12番以外で上位は4,5才牝馬で、6才以上は苦しい
1番枠がここまで頑張れると、来年以降も開幕週なら要注意

[もっと見る]

⇒もっと見る

タマモメイトウの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

タマモメイトウの写真

タマモメイトウ

タマモメイトウの厩舎情報 VIP

2021年7月25日アイビスサマーD G37着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

タマモメイトウの取材メモ VIP

2021年7月25日 アイビスサマーD G3 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。