最新競馬コラム

【TAROの競馬研究室】直線競馬で工夫できる騎手/アイビスサマーダッシュ展望

 1,585

【TAROの競馬研究室】直線競馬で工夫できる騎手/アイビスサマーダッシュ展望 | コラム | ウマニティ



函館記念は2番人気のトーセンスーリヤが勝利も、2着に14番人気アイスバブル、3着に12番人気バイオスパークが入り、またしても波乱の決着に。夏のローカル競馬らしい難解な重賞が続いている。

~直線競馬のポイント

さて、今週末は一年を通して唯一の直線重賞、アイビスサマーダッシュが行われる。個人的にも直線競馬は好きなので、とても楽しみな一戦だ。

直線競馬を読み解くポイントは大きく2つ。

1つは言うまでもなく、外枠有利という点である。これに関しては、

「そんなの知ってる」

と言われてしまうのだが、知っていてもなお外枠有利が顕著なのである。自戒を込めて書くが、実際、競馬においてわかっていることと馬券を買い切れることの距離はそれなりにあって、わかっていてもいざ馬券を買うとなるとためらってしまうことが多々ある。

2021年になり直線競馬は7レース行われたが、そのうち6レースで6~8枠の馬が勝利。回収率も外枠の方が優秀なのだから、”わかっているがそれでもまだ妙味は外枠にあり”というのが現状である。

事実、私も今年最初の直線競馬のレースでは7枠12番のタピオカを本命にした。当然外枠有利とみて相手にも外枠勢を選んだのだが、結果的には◎タピオカが勝利したものの3着の12番人気リュッカが抜けて取り逃してしまった。

なお、リュッカは6枠11番。枠順のセオリーから行けば押さえるべきなのだが、「さすがにこの馬は…」という気持ちが働いて消してしまったのだ。傾向に即して狙うことはカンタンなようだが、実はそうカンタンではない。むしろあまり詳しくない時期の方がこういうものは買えたりするから、いろいろ知ってしまうということは時には的中から遠ざかることでもあるのだ。

長くなったがそろそろ2つ目のポイントへ。それは騎手である。

かつては直線の村田や、直線の西田などと言われたこともあるように、騎手による得手不得手があるのものこの舞台の特徴。現在は特に直線の○○というのはあまり聞かないのだが、それでも工夫をするジョッキーとしないジョッキーの違いは開催を通してみているとよくわかる。

前開催唯一の直線オープン、韋駄天ステークスを14番人気で制したタマモメイトウに騎乗していた津村騎手は、直線コースで工夫をできるジョッキーだ。運よくこのレースでは本命にできたので、当時の記述をご覧頂きたい。

「◎6タマモメイトウ→内枠狙いはやや無理筋を覚悟で…今回は直線の逆転を期待したい。津村騎手は直線競馬で外への意識があり、外に持っていけるところではキッチリ持って行ってくれるのが特徴。今回は本馬の外にいるのがほとんど逃げ先行系で、外に持ち出すのにつっかえる可能性があるとすれば隣のヒロイックアゲン、10番のワンモアバイト、11番のレジェーロくらい。それでもテンに行けない本馬よりも速い馬ばかりで恐らくガラッと空いた外側に一気に進路を切り替えて行ける可能性が高い。あとは前がガリガリやり合うのを待つ他力本願レースにはなるが、近走重賞でもそこそこやれている脚があれば能力は通用する。初直線&内枠でまったく人気はないが、上がり掛かれば出番あるはず」

津村騎手は直線競馬で内枠からでも外に持っていく意識が強く、例えば5番枠から3着に持って来たリュウールドレ騎乗の際にも工夫が見て取れた。だからこそ、タマモメイトウを内枠でも本命にすることができたわけだ。直線競馬を見続けていると、外への意識づけがある騎手とない騎手の差が顕著に見えて来る。仮に馬券に絡めなくても、そういった工夫が実を結ぶこともあるのだ。

ちなみに津村騎手は前開催の直線競馬で(1-1-2-0)とパーフェクト。数字的には目立たないが、菱田騎手なども工夫の跡がよく見えた。結果を問わず、そういったプロセスを見ておくと、直線競馬で買うべき騎手が見えて来る。

アイビスサマーダッシュの注目馬

というわけで、ココでは現時点の注目穴馬を一頭取り上げる。

ビリーバー(杉原騎手)

昨年の当レース3着馬だが以後2度使われた直線競馬はいずれも内枠で持ち味を出せず。それでも韋駄天ステークスでは内枠からひと脚使えており、今年も枠順次第で通用の余地はありそう。上手く外で溜める競馬ができる枠順を引ければ好勝負になる。

アイビスサマーダッシュの最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬コラム

新着競馬コラム

人気競馬コラム

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

9月26日()
オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

9月20日(月)
セントライト G2
9月19日()
ローズS G2
9月18日()
阪神ジャンプ G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
102,623万円
2 グランアレグリア 牝5
90,189万円
3 コントレイル 牡4
83,051万円
4 オジュウチョウサン 牡10
78,846万円
5 キセキ 牡7
68,426万円
6 インディチャンプ 牡6
59,504万円
7 ブラストワンピース 牡6
58,942万円
8 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
9 マカヒキ 牡8
56,210万円
10 ワグネリアン 牡6
51,244万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
33,714万円
2 シャフリヤール 牡3
28,209万円
3 エフフォーリア 牡3
27,992万円
4 ユーバーレーベン 牝3
19,636万円
5 シュネルマイスター 牡3
18,181万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
15,816万円
7 タイトルホルダー 牡3
13,738万円
8 グレナディアガーズ 牡3
13,140万円
9 ヨカヨカ 牝3
12,711万円
10 ダノンザキッド 牡3
12,555万円
» もっと見る