ダイメイフジ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ダイメイフジ
ダイメイフジ
ダイメイフジ
ダイメイフジ
写真一覧
現役 牡7 鹿毛 2014年3月27日生
調教師森田直行(栗東)
馬主宮本 昇
生産者横井 哲
生産地日高町
戦績47戦[7-8-4-28]
総賞金22,545万円
収得賞金5,000万円
英字表記Daimei Fuji
血統 アグネスデジタル
血統 ][ 産駒 ]
Crafty Prospector
Chancey Squaw
ダイメイダーク
血統 ][ 産駒 ]
ダンスインザダーク
スノーペトレル
兄弟 ダイメイプリンセスダイメイサツキ
前走 2021/10/09 夕刊フジ杯オパールS (L)
次走予定

ダイメイフジの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/10/09 阪神 11 オパールS (L) 芝1200 163625.61016** 牡7 57.0 藤懸貴志森田直行 530
(-2)
1.09.6 1.435.2サヴォワールエメ
21/03/28 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 1835164.21811** 牡7 57.0 菱田裕二森田直行 532
(+10)
1.09.8 0.634.6⑮⑮ダノンスマッシュ
21/03/06 中山 11 オーシャンS G3 芝1200 1681522.486** 牡7 56.0 田辺裕信森田直行 522
(-2)
1.08.8 0.434.5⑤④コントラチェック
21/01/31 東京 11 根岸S G3 ダ1400 1624151.11614** 牡7 56.0 柴田大知森田直行 524
(0)
1.24.0 1.737.1⑥⑦レッドルゼル
21/01/16 中山 11 カーバンクル OP 芝1200 165916.862** 牡7 57.0 田辺裕信森田直行 524
(+6)
1.09.3 0.134.1⑥⑤レジェーロ
20/12/27 阪神 11 ギャラクシー OP ダ1400 16239.1616** 牡6 57.0 松若風馬森田直行 518
(+12)
1.26.4 2.938.7⑦⑧デザートストーム
20/12/13 中山 11 カペラS G3 ダ1200 164794.9134** 牡6 56.0 横山和生森田直行 506
(0)
1.10.2 0.435.5⑪⑩ジャスティン
20/10/04 中山 11 スプリンター G1 芝1200 1648156.21314** 牡6 57.0 菱田裕二森田直行 506
(-14)
1.09.7 1.435.4⑪⑪グランアレグリア
20/08/30 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 165921.467** 牡6 56.0 菱田裕二森田直行 520
(-14)
1.11.9 1.336.5⑧⑤エイティーンガール
20/06/21 函館 11 函館SS G3 芝1200 1681634.4102** 牡6 56.0 菱田裕二森田直行 534
(+2)
1.07.8 0.334.4ダイアトニック
20/05/17 京都 11 栗東S (L) ダ1400 16248.3414** 牡6 57.0 秋山真一森田直行 532
(+2)
1.23.2 1.338.0サクセスエナジー
20/04/25 東京 11 オアシスS (L) ダ1600 16477.039** 牡6 58.0 北村宏司森田直行 530
(+2)
1.36.8 0.937.3ブルベアイリーデ
20/03/28 中京 11 名鉄杯 OP ダ1400 141128.9101** 牡6 58.0 菱田裕二森田直行 528
(-2)
1.23.1 -0.535.5テーオージーニアス
20/02/23 京都 11 大和S OP ダ1200 1671438.0810** 牡6 56.0 高倉稜森田直行 530
(+18)
1.10.7 0.936.0⑧⑨スズカコーズライン
19/11/24 京都 12 京阪杯 G3 芝1200 184817.8816** 牡5 56.0 池添謙一森田直行 512
(+4)
1.10.6 1.835.8ライトオンキュー
19/11/10 東京 11 オーロカップ (L) 芝1400 1871335.6117** 牡5 56.0 武士沢友森田直行 508
(-16)
1.20.4 0.334.2⑥⑧テトラドラクマ
19/08/25 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 1661255.91214** 牡5 56.0 L.オール森田直行 524
(0)
1.11.0 1.837.4④⑤ダノンスマッシュ
19/08/04 札幌 11 UHB賞 OP 芝1200 161110.253** 牡5 56.0 松岡正海森田直行 524
(+10)
1.08.1 0.234.2④④リナーテ
19/06/16 函館 11 函館SS G3 芝1200 13577.444** 牡5 56.0 松岡正海森田直行 514
(+6)
1.08.7 0.333.8カイザーメランジェ
19/05/11 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 16815152.21410** 牡5 56.0 松岡正海森田直行 508
(-6)
1.19.8 0.434.1タワーオブロンドン

⇒もっと見る


ダイメイフジの関連ニュース

 ★毎日王冠8着ヴァンドギャルド(栗・藤原英、牡5)は15日に検疫厩舎に移動。米GIBCマイル(11月6日、デルマー、芝1600メートル)への参戦は慎重に検討する。

 ★栗東・音無厩舎の動向は以下の通り。京都大賞典2着アリストテレス(牡4)は放牧を挟んでジャパンC(11月28日、東京、GI、芝2400メートル)を視野に。9着ダンビュライト(セン7)はみやこS(11月7日、阪神、GIII、ダ1800メートル)へ。南部杯7着サンライズノヴァ(牡7)はJBCスプリント(11月3日、金沢、交流GI、ダ1400メートル)。東京盃7着サイクロトロン(牡4)は、大阪スポーツ杯(23日、阪神、OP、ダ1200メートル)に駒を進める。

 ★栗東・須貝厩舎の動向は以下の通り。府中牝馬Sに登録しているブランノワール(牝5)は今週の信越Sへ。戎橋Sを制してOP入りしたリレーションシップ(牡4)は、スワンS(30日、阪神、GII、芝1400メートル)に挑戦する。白山大賞典3着スワーヴアラミス(牡6)はみやこSへ。

 ★南部杯2着ヒロシゲゴールド(栗・北出、牡6)はJBCスプリントに登録。3着ソリストサンダー(栗・高柳大、牡6)は武蔵野S(11月13日、東京、GIII、ダ1600メートル)へ。4着インティ(栗・野中、牡7)はチャンピオンズC(12月5日、中京、GI、ダ1800メートル)へ。

 ★マイラーズC13着ルフトシュトローム(美・堀、牡4)はスワンS参戦を検討。

 ★レディスプレリュード2着テオレーマ(栗・石坂、牝5)はJBCレディスクラシック(11月3日、金沢、交流GI、ダ1500メートル)へ。

 ★昨年の阪神C9着後は休養しているフィアーノロマーノ(栗・高野、牡7)はスワンSで復帰する。僚馬で小倉記念6着ファルコニア(牡4)はカシオペアS(31日、阪神、L、芝1800メートル)に向かう。

 ★帝王賞7着オーヴェルニュ(栗・西村、牡5)は和田竜騎手でみやこSに参戦する。

 ★京都大賞典7着ステイフーリッシュ(栗・矢作、牡6)は福島記念(11月14日、福島、GIII、芝2000メートル)を視野。

 ★スプリンターズS9着ミッキーブリランテ(栗・矢作、牡5)は京阪杯(11月28日、阪神、GIII、芝1200メートル)や阪神C(12月25日、阪神、GII、芝1400メートル)を視野に入れる。10着ラヴィングアンサー(栗・石坂、牡7)は京阪杯へ。

 ★ポートアイランドS4着ガゼボ(栗・石坂、牡6)はスワンS。

 ★グリーンチャンネルC3着デュードヴァン(美・加藤征、牡4)は、霜月S(11月21日、東京、OP、ダ1400メートル)へ。7着スマッシャー(栗・吉岡、牡3)は武蔵野S。10着バティスティーニ(栗・池添学、牡8)はオータムリーフS(31日、阪神、OP、ダ1400メートル)を視野。

 ★札幌日経OP7着ジェットモーション(栗・藤岡、セン5)はアルゼンチン共和国杯(11月7日、東京、GII、芝2500メートル)かアンドロメダS(11月20日、阪神、L、芝2000メートル)を見据える。

 ★夕刊フジ杯オパールS7着ヒロイックアゲン(美・加藤和、牝7)、16着ダイメイフジ(栗・森田、牡7)はルミエールオータムダッシュ(31日、新潟、L、芝1000メートル)に向かう。

 ★ラジオ日本賞2着ホウオウトゥルース(美・高木、セン5)は福島民友C(11月21日、福島、L、ダ1700メートル)へ。

 ★毎日王冠4着ダイワキャグニー(美・菊沢、セン7)、エプソムC18着後に戦列を離れていたニシノデイジー(美・高木、牡5)は武蔵野Sへ。

 ★六社S勝ちのコトブキテティス(美・田島俊、牝4)はエリザベス女王杯(11月14日、阪神、GI、芝2200メートル)、福島記念などが視野に。

【古馬次走報】トーセンスーリヤは天皇賞・秋に直行 2021年10月1日(金) 04:44

 ★テレ玉杯オーバルS7着サクセスエナジー(栗・北出、牡7)は引き続き松山騎手で東京盃(6日、大井、交流GII、ダ1200メートル)に向かう。僚馬で桶狭間S1着レディバグ(牝3)はJBCレディスクラシック(11月3日、金沢、交流GI、ダ1500メートル)に登録する。除外なら武蔵野S(11月13日、東京、GIII、ダ1600メートル)へ。

 ★札幌記念3着ペルシアンナイト(栗・池江、牡7)は30日に栗東トレセンに帰厩。予定通り天皇賞・秋(31日、東京、GI、芝2000メートル)に向かう。新潟記念2着トーセンスーリヤ(美・小野、牡6)は毎日王冠を予定していたが、天皇賞・秋に直行する。

 ★新潟記念13着ザダル(美・大竹、牡5)は富士S(23日、東京、GII、芝1600メートル)を視野。

 ★スプリンターズSに登録していたダイメイフジ(栗・森田、牡7)は夕刊フジ杯オパールS(9日、阪神、L、芝1200メートル)へ。

 ★サンスポ杯阪神牝馬S3着ドナウデルタ(栗・高野、牝5)は信越S(17日、新潟、L、芝1400メートル)で復帰予定。京成杯AH10着スマイルカナ(美・高橋祥、牝4)は1日に帰厩。信越Sへ。

 ★ケフェウスS4着ブラックマジック(美・戸田、牡4)はオクトーバーS(17日、東京、L、芝2000メートル)に向かう。

[もっと見る]

【スプリンターズステークス】特別登録馬 2021年9月20日(月) 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】オウケンムーンはアルゼンチン共和国杯へ 2021年9月9日(木) 04:43

 ★丹頂S4着オウケンムーン(美・国枝、牡6)は、アルゼンチン共和国杯(11月7日、東京、GII、芝2500メートル)へ。

 ★新潟記念6着プレシャスブルー(美・相沢、牡7)は、オクトバーS(10月17日、東京、L、芝2000メートル)から福島記念(11月14日、福島、GIII、芝2000メートル)の路線。

 ★関屋記念13着ソッサスブレイ(美・粕谷、セン7)は、産経賞オールカマー(26日、中山、GII、芝2200メートル)へ。

 ★高松宮記念11着以来休養しているダイメイフジ(栗・森田、牡7)は、スプリンターズS(10月3日、中山、GI、芝1200メートル)に登録する。

 ★ルスツ特別(1勝クラス)1着のモンテディオ(栗・四位、牡3)は、神戸新聞杯(26日、中京、GII、芝2200メートル)へ。

 ★西日本スポーツ杯を制したメイショウダジン(栗・松永昌、牡4)は、太秦S(10月16日、阪神、OP、ダ1800メートル)へ向かう。

 ★エニフSに登録しているバレッティ(美・久保田、セン7)は除外ならラジオ日本賞(19日、中山、OP、ダ1800メートル)へ。

 ★小倉日経OP5着のレインボーフラッグ(栗・小崎、牡8)はケフェウスS(18日、中京、OP、芝2000メートル)が視野に。

[もっと見る]

【高松宮記念】レースを終えて…関係者談話 2021年3月29日(月) 04:57

 ◆鮫島駿騎手(トゥラヴェスーラ4着)「中京は合うと思っていました。直線もうまくさばけたと思います」

 ◆松若騎手(モズスーパーフレア5着)「質のいいスタートを決めたし、よく頑張ってくれています」

 ◆松山騎手(サウンドキアラ6着)「この枠(〔8〕枠(17)番)で、これだけ力のいる馬場で最後まで踏ん張ってくれたと思います」

 ◆酒井騎手(エイティーンガール7着)「こういう馬場は苦にしない」

 ◆田辺騎手(マルターズディオサ8着)「ちょっとしか脚を使えなかった。馬場の影響もあった」

 ◆幸騎手(セイウンコウセイ9着)「最後は脚があがってしまいました」

 ◆和田竜騎手(ミッキーブリランテ10着)「1200メートルも悪くないと思う」

 ◆菱田騎手(ダイメイフジ11着)「トモが空回りしてダッシュがつきませんでした」

 ◆藤岡佑騎手(ダノンファンタジー12着)「脚がたまりきらなかった」

 ◆杉原騎手(アストラエンブレム13着)「重たい馬場でもしっかり走ってくれました」

 ◆M・デムーロ騎手(ラウダシオン14着)「馬場に脚を取られて、かわいそうでした」

 ◆中井騎手(カツジ15着)「文句のない内容でした。悔いはありません」

 ◆吉田隼騎手(アウィルアウェイ16着)「追ってから馬場を気にしていた」

 ◆池添騎手(レッドアンシェル18着)「馬場に脚をとられた」

★28日中京11R「高松宮記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【高松宮記念】前走後の談話 2021年3月28日() 04:59

 〔1〕アウィルアウェイ「3~4コーナーで馬場が掘れたところを上がっていって脚を使った」(三浦騎手)

 〔2〕レッドアンシェル「テンションが高かったのが影響したのかも」(幸騎手)

 〔3〕ライトオンキュー「枠順の差が出た。ハンデも重かった」(古川吉騎手)

 〔4〕モズスーパーフレア「(今の荒れた)中京は条件的に厳しかった」(北村友騎手)

 〔5〕ダイメイフジ「時計が速かったので、余裕がなかった」(田辺騎手)

 〔6〕ダノンファンタジー「ゲートで座ってしまい、うまく出せませんでした」(川田騎手)

 〔7〕アストラエンブレム「ゲートのタイミングが良くなかった」(石川騎手)

 〔8〕エイティーンガール「前の馬で決まってしまい、展開が厳しかった」(大野騎手)

 〔9〕インディチャンプ「止まったのは休み明けの影響かな」(福永騎手)

 〔10〕ラウダシオン「久々の1200メートルだったが、スピードを見せてくれた」(Mデムーロ騎手)

 〔11〕カツジ「思っていた位置を取れなかった」(武豊騎手)

 〔12〕セイウンコウセイ「前に行った馬の中では頑張っている」(幸騎手)

 〔14〕ダノンスマッシュ「成績を見てGIを勝てる力はあると思っていた」(ムーア騎手)

 〔15〕マルターズディオサ「1400メートルや1600メートルでは持ち味を生かせる」(田辺騎手)

 〔16〕レシステンシア「スピードの違いで自然にハナへ行ったので、逆らうことなく乗った」(北村友騎手)

 〔17〕サウンドキアラ「もう少し内めの枠が欲しかった」(松山騎手)

 〔18〕ミッキーブリランテ「枠が良かったので、いい位置を取れた」(和田竜騎手)



高松宮記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイメイフジの関連コラム

閲覧 1,292ビュー コメント 0 ナイス 9

今年も秋のG1シーズンがやってきました。13週のうち11週がG1という、まさにほぼ毎週G1の楽しい時期でもあります(最終週は有馬記念とホープフルSのG1 2つの週です)。やはり金額的にも大きく投じることの多いG1で好成績をおさめて、病院も、看護学校、普段の生活も何かと大変だったこの2020年、頑張ったぶん馬券的には良かったと言えるようにしていきたいと思っています。そして、このコラムでは分析や下調べにも励み、読んでいただいている皆さんに貢献をと考えています。それでは恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 グランアレグリア安田記念で単勝1.3倍のアーモンドアイに2馬身半差をつける圧勝をしてしまったぶん、このメンバーならものすごい人気になりそう。後方から鋭く差してきた高松宮記念では、ここでもぶつかることになったモズスーパーフレアの2着好走を果たし、1200mの流れにも慣れが見込める(本質的には1400mがベストだと思うが)。ただ、ものすごく高い能力がある一方で、もまれたり寄られたりして、これまで負けがある馬。高松宮記念で、斜行により1着から4着降着となったクリノガウディーの隣を走らないよう、要注意か(笑)

2番人気想定 モズスーパーフレア高松宮記念は繰り上がってではあるが1着となりG1制覇。前走北九州記念をやや太目で逃げ粘って(2着)のひと叩きを経て、狙いすましたローテでこのレースを迎える。今回の中間は、音無厩舎らしく、栗東坂路で50秒台の時計が1週前に出ている。ハナを叩かれそうなライバルも居らず、割と楽に逃げられそうで最短距離をぴったり回れる公算も。スプリントG1春秋制覇は十分ある。

3番人気想定 ダノンスマッシュ:G2までは強く安定した成績なのだが、なぜかG1となると、毎度人気でイマイチと、ちょっと足りないまま5歳秋を迎えてしまった。ひと叩きの前走セントウルSが強い内容で、本番で川田騎手に戻り、余分に人気となりそう。強そうに見えたが前走で倒した2着はメイショウグロッケでもあり、相手関係が楽でもあった。

4番人気想定 ダイアトニック:3月の阪急杯は降着となり、逆に高松宮記念では不利を受け繰り上がり3着。函館SSで1着となり1番人気で迎えた前走キーンランドCは札幌の悪天候での特殊馬場だったとはいえ15着と惨敗。安田隆厩舎にしては調教時計が出ておらず、3月の好調時ほどのデキに無いのでは。

5番人気想定 ミスターメロディ:芝、ダート兼用馬で、昨年の高松宮記念馬だが以降は低迷が続いていた。前走のセントウルSでは久々に3着と好走した。ただ直線の伸びはジリジリで、重馬場にでもならないと瞬発力不足は補えないかも。

6番人気想定 レッドアンシェル北九州記念ではブリンカー効果があったようで、モズスーパーフレアを差し切ってみせた。あとは鞍上。何年か前ならテン乗りのM.デムーロ騎手はG1で期待できたが、近年そうでもなくなってきていて……。

7番人気想定 ライトオンキュー:シャマーダル×レイヴンズパスという配合のダーレーの馬で、じわじわと力をつけてきた。昨年11月の京阪杯勝ちの後は長く休んだが、夏の札幌でオープン特別で楽勝、G3キーンランドC2着と好走してここへ。頭は無いがヒモはあって良いレベルに力をつけてきていて、穴として狙いたい馬。

8番人気想定 クリノガウディー:2歳時には、ここで断然人気のグランアレグリアアドマイヤマーズに寄られて3着に負けた朝日杯FSで2着と同馬に対して先着。今年3月の高松宮記念でも、15番人気ながら激走(斜行して降着)をみせたが。ここではあまり期待できず。

9番人気想定 エイティーンガール:重賞初制覇となった前走キーンランドCは、特殊馬場を外から追い込んできてのもので坂井騎手の好騎乗の要素が大きい。連続激走は難しいのでは。

10番人気以下想定
アウィルアウェイ:鋭い末脚をもつ短距離の追い込み馬だが、G3くらいまでなら良いが、ここでは荷が重い。

ビアンフェ:前走は逃げない競馬でも折り合えたとのことだが、3歳馬でまだこれからの存在では。

メイショウグロッケ:牝馬重賞を使っていたが、前走1200mを使ってみたところ距離短縮で鋭い末脚をみせた。ただG1でどうこういう存在ではないのでは。

ダイメイフジ:今年はG3の函館SS2着止まりと力が落ちてきている感あり。

ダイメイプリンセス:新潟直千の得意な快速牝馬も、7歳秋を迎え以前ほどのスピードは無い。新潟直千でもオープン特別3着止まりでは……。

ラブカンプー:7月のCBC賞は久々の逃げ切り勝利だったが、それ以降2桁着順続きで、体力的にももうお釣りが無いのでは。

キングハート:2年半前のG3オーシャンS勝ち以降は、オープン特別すら勝てず低迷続きで、期待できず。



<まとめ>
有力:モズスーパーフレアグランアレグリア

ヒモに:ダノンスマッシュレッドアンシェル

穴で:ライトオンキュー


登録済みの方はこちらからログイン

2020年7月24日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】荒れる重賞、12レース連続3連複万馬券継続中/アイビスサマーダッシュ展望
閲覧 3,221ビュー コメント 0 ナイス 6

重賞の波乱が止まらない。スイッチは安田記念でのアーモンドアイの敗退だっただろうか。その後の重賞はなんとすべて3連複から万馬券。

マーメイドS  18,460円 125,270円 7番人気サマーセントが勝利
エプソムカップ 739,440円 4,219,320円 9番人気ダイワキャグニーが勝利、18番人気トーラスジェミニが3着
函館スプリントS  13200円 64550円 10番人気ダイメイフジが2着
ユニコーンS  14,320円 36,360円 11番人気ケンシンコウが3着
宝塚記念  51,240円 183,870円 人気のサートゥルナーリアが4着、12番人気モズベッロが3着
CBC賞 242,890 2,444,630 13番人気ラブカンプーが勝利、11番人気アンヴァルが2着
ラジオNIKKEI賞  22,480円 173,020円 8番人気バビットが勝利
プロキオンS  140,380円 826,670円 8番人気エアスピネルが2着、9番人気ヤマニンアンプリメが3着
七夕賞  19,850円 111,330円 7番人気ブラヴァスが2着
函館2歳S  49,250円 577,430円 11番人気リンゴアメが勝利
函館記念  283,880円 3,432,870円 15番人気アドマイヤジャスタが勝利、13番人気ドゥオーモが2着
中京記念  382,480円 3,302,390円 18番人気メイケイダイハードが勝利、9番人気エントシャイデンが3着

現在重賞12レース連続波乱決着、その中で3連単100万馬券が3回と、歴史的波乱の真っ只中にいる。

関東甲信越の梅雨入りが6月11日だったことを考えると、ちょうど梅雨入りと同時に波乱が始まったことになる。これはただの偶然ではなく、現代競馬では「荒れ馬場=非日常」となる。

先週のメイケイダイハードの外からの差し切りも内が全く伸びなくなった最終週の馬場の影響が大いにあった。高速馬場、立ち回り戦が常態化した現代競馬では、外が伸びる馬場は波乱の一因となる。トーラスジェミニラブカンプーなど「人気薄の逃げ馬」はいつの時代も穴の主役だが、荒れ馬場になると「外枠の差し馬」にも注目したい。

アイビスサマーダッシュ展望

さて、今週末は年に一度の直線重賞・アイビスサマーダッシュ。このレースこそ枠順が大いに影響を与える一戦で、言うまでもなく外枠が断然有利。波乱が続く重賞戦線だが本レースは比較的堅めの決着が多く、過去5年で1番人気(4-1-0-0)とパーフェクト連対。今年は恐らく人気が予想されるライオンボスが断然の支持を集めそうだが、果たして今年も堅めの決着となるのか。はたまた、昨今の傾向通り波乱が続くのか。ココでは注目の穴馬を2頭挙げておきたい。

モンペルデュ
今回が初ダートとなるが、テンのスピードの速さは直線競馬では魅力的。ダート馬としては軽さのあるタイプなので芝もこなせそうだし、絶好の15番枠を追い風にスッと先行できれば侮れない存在になる。

ナランフレグ
差し追い込み型だけに展開待ちの面はあるが溜めた時の末脚は強烈。昨夏には直線競馬で差して連勝を決めたように適性は証明済みで、少し前がやり合う、あるいは上がりが掛かるような流れになれば侮れない面もある。週末の雨予報は追い風。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年6月26日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】穴連発の酒井学・「お買い得」の菱田/宝塚記念展望
閲覧 2,874ビュー コメント 0 ナイス 1

函館スプリントSは人気のダイアトニックが堂々の抜け出しで勝利したが、2着に大外枠から逃げたダイメイフジが入り、3連複は万馬券の波乱。

菱田騎手は今年、”買い時”のジョッキーだ。重賞での騎乗機会は多くないが、今年4度目の騎乗でファルコンSヴェスターヴァルト(8番人気3着)に次いで2度目の穴。オープン特別でもジョーカナチャンで複数回馬券に絡むなど、上級条件でも地味ながら活躍を見せている。

もともとあの安藤勝己元騎手をして、「乗れる若手」と言わしめた腕達者。以前ほど存在感はなくなっているが、その分、馬券的な妙味は増している。これから夏のローカルが本格化すれば、まだまだ穴をあけてくれそうだ。”お買い得”な今のうちに先物買いしておきたい。

ユニコーンSでも人気のカフェファラオが勝利したが、こちらもヒモ穴で波乱。その立役者がケンシンコウ酒井学騎手。同騎手は、鳴尾記念レッドジェニアルマーメイドSサマーセントに次いで、重賞で3週連続の馬券圏内となった。いずれのレースを見ても、位置取りやコース取りなど、騎手の判断が光っている。

もともとハンデ戦や中長距離戦で強みを発揮するベテラン騎手。こちらも夏のローカルシリーズで引き続き注目したいジョッキーだ。

夏競馬は小回りが中心の上に、力差の少ない混戦になりやすい。騎手の判断や腕一つでどうにかなるレースも多いので、通常の中央場所以上に騎手の特徴や買いどころについてはチェックしておきたい。

買いどころを探る上では、拙著『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』が参考になるはずだ。


宝塚記念展望

さて、今週末はいよいよ上半期の総決算、宝塚記念が開催される。今年は海外遠征ができない分、頭数も揃い楽しみなメンバーが揃った。

その中でも注目はサートゥルナーリア金鯱賞以来の実戦となるが、ルメール騎手が乗れる上にパワーを問われる急坂コースもプラスで、死角は少ないのではないか。今回は信頼の軸で良いだろう。

問題は相手。大阪杯を制したラッキーライラックは、最内を完璧に立ち回ったメリットも大きかった。今回はその大阪杯で外枠からキッチリ2着に好走したクロノジェネシスが逆転する可能性が高いとみる。

またその大阪杯ではまったく力を出せずに終わったブラストワンピースが、開催後半の阪神2200mなら怖い存在。タフな馬場でスタミナを問われれば、よりこの馬向きのレースになりそうだ。

近走は不発続きながら昨年2着好走のキセキも、スタートさえ決めることができれば一連の内容からもまだ見限れない。タフな阪神コースは間違いなく合うし、今回は展開面の恩恵もありそうだ。

あとは週末の馬場に注目。今季の阪神芝は非常に内の状態が良く、今週はBコース替わり。通常の宝塚記念は外枠の方が良いレースなのだが、今年はどうなるか。週末は雨予報も出ているので、馬場のチェックはキッチリしておきたい。

宝塚記念の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年6月26日(金) 13:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(6/20~6/21)先週の回顧~(6/20~6/21) ユニコーンS◎○×的中のnigeプロが週間回収率トップ! スガダイプロは函館SS○▲◎的中などで回収率141%達成
閲覧 757ビュー コメント 0 ナイス 2



21(日)のG3函館SS、G3ユニコーンSほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
21(日)G3ユニコーンSを◎カフェファラオデュードヴァン×ケンシンコウで的中。20(土)阪神10R安芸Sなどの活躍で土日両日プラス達成の先週は、週間回収率トップの197%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
20(土)東京8R3歳以上1勝クラス阪神11R三宮S、21(日)阪神6R3歳以上1勝クラス函館9R3歳以上1勝クラスなどで高精度予想を幾度となく披露。迎えたG3函館SSでは、○ダイアトニックダイメイフジジョーマンデリンで的中! さらには、続く函館12R津軽海峡特別を▲レンブランサスパイスマジックソルトイブキ的中とし、週間トータル回収率141%、収支8万5560円プラス、的中率46%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →イレコンデルパサープロ
先週は、20(土)函館1R3歳未勝利◎○▲的中、21(日)函館1R3歳未勝利◎○的中、阪神11R米子S▲◎△的中などの活躍で、週間トータル回収率168%、収支21万7590円の大幅プラスをマーク。3週連続プラス収支を達成してします。
 
☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
20(土)函館5R2歳新馬での21万6840円、21(日)函館3R3歳未勝利函館6R3歳未勝利的中などの活躍で、週間トータル回収率129%、収支20万8620円を達成。こちらはプラス収支4週連続マークとしています。
 
 
 
この他にも、KOMプロ(137%)、金子京介プロ(134%)、新参者プロ(134%)、山崎エリカプロ(129%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(129%←2週連続週末プラス)、あおまるプロ(126%←3週連続週末プラス)、ゼット1号プロ(112%)、馬侑迦プロ(111%←2週連続週末プラス)、暴君アッキープロ(106%←7週連続週末プラス)、【U指数】3連単プリンスプロ(104%)、きいいろプロ(102%)、蒼馬久一郎プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年3月29日(金) 10:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(3/23~3/24)山崎エリカプロがG1高松宮記念◎ミスターメロディ-△セイウンコウセイで的中!
閲覧 1,678ビュー コメント 0 ナイス 16



先週は、24(日)に中京競馬場でG1高松宮記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1高松宮記念は、単勝2.5倍の1番人気にダノンスマッシュ、以下2番人気モズスーパーフレア(単勝4.1倍)、3番人気ミスターメロディ(同7.8倍)、4番人気ロジクライ(同9.2倍)、5番人気レッツゴードンキ(同9.8倍)と、上位5頭が単勝ひとケタ台で続く状況。
迎えたスタート。好発を決めてまず出を窺うセイウンコウセイに、ラブカンプーが競り掛ける序盤の先手争い。近走よりも主導権を握るのに時間を要した格好の2番人気モズスーパーフレアは、3番手となってこれを追います。3コーナーまでかかってようやく先頭に立ったモズスーパーフレアが、2番手ラブカンプーに対し2馬身ほどリードを築き始めると、以下はセイウンコウセイダノンスマッシュナックビーナスアレスバローズミスターメロディティーハーフペイシャフェリシタダイメイフジラインスピリットショウナンアンセムロジクライデアレガーロレッツゴードンキスノードラゴンダイメイプリンセスヒルノデイバローの態勢で、4コーナーを回って直線勝負へ。
先頭で粘り込みを目論むモズスーパーフレアでしたが、手応えが悪くすぐに後続に並び掛けられる展開。ここで代わって先頭は、12番人気のセイウンコウセイ。外からは1番人気ダノンスマッシュ、内を捌いてはミスターメロディラインスピリットショウナンアンセムティーハーフレッツゴードンキといったところが、これを追って残り300mを通過。これらの中から、ミスターメロディが、セイウンコウセイの内を通って勢いよく並び掛け、さらに内を突いては17番人気ショウナンアンセムも目立つ伸び脚で3番手へと浮上。外から迫るダノンスマッシュも懸命に内の3頭を追いますが、なかなか差を詰め切れず。
結局、内3頭による叩き合いから、残り100m手前で抜け出したミスターメロディが制して初G1V。春のスプリント王に輝いています。1/2馬身差の2着にセイウンコウセイが入り、アタマ差の3着にショウナンアンセムが入っています。
公認プロ予想家では、山崎エリカプロ田口啄麻プロジョアプロマカロニスタンダーズプロ豚ミンCプロ蒼馬久一郎プロら計6名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
24(日)G1高松宮記念を◎ミスターメロディ-△セイウンコウセイで的中!馬連305.3倍的中、計168,650円の払戻しに成功しています。週間トータルでは、回収率190%をマーク。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
23(土)の中京1Rで○◎▲的中の好発進。同日阪神10RG2日経、また24(日)には中京9R中山10R阪神12Rなどの活躍を披露!週末トータルでは回収率106%の好成績をマークし、前週・前々週に続きこれで3週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
23(土)阪神2R中京3R中山7R中京9R中山12Rなどで高精度予想を連発。24(日)も中山1Rでの○◎▲3連複190.2倍、馬単106.8倍ほか計8万1,600円払戻しなどの活躍を披露しました。土日トータル回収率143%、収支14万7,700円プラスをマークし、2週連続の週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
23(土)阪神9Rでパーフェクト予想を披露!◎フェアリーポルカサムシングジャストビックピクチャー的中で、一撃76万2,800円払戻しのホームランとなりました。週間トータルでは回収率105%を達成しています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(185%←2週連続週末プラス)、豚ミンCプロ(146%)、馬っしぐらプロ(141%)、ゼット1号プロ(133%)、マカロニスタンダーズプロ(126%)、蒼馬久一郎プロ(125%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(108%)、ース1号プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年3月20日(水) 18:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019高松宮記念
閲覧 2,069ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


3月24日(日) 第49回 高松宮記念(G1、4歳以上、芝1200m)

【登録頭数:22頭】(フルゲート:18頭)


【優先出走馬】

モズスーパーフレア(C)中2週
ここ2戦は中山で、昨年のこのレースで3着のナックビーナスを押さえての2連勝。勢いはあるが、この中間は間隔が詰まっていることもあり軽めの調整。これまでの勝ち鞍すべてが前走から1ヶ月以上間隔が空いていた時のもの。そして、それもあって1週前に速い時計を出すことができていた。今回それができていない点は不安材料である。


【以下、出走馬決定賞金順】

レッツゴードンキ(B)中3週
前走時のパドックでは、乗り込まれてはいたもののまだお腹のあたりに余裕がある感じの馬体だった。この中間もしっかり乗り込まれ、1週前に岩田騎手で強めに追われて順調に調整されている。叩き2戦目での上積みが期待できそう。

セイウンコウセイ(E)中7週
2年前の勝ち馬も近走は大敗続きで勢いがない。特に調教での動きに勢いがなく、一杯に追われても時計が出なくなっている。

スノードラゴン(D)中2週
調子の良い時はパドックよりも調教の動きが良く見える馬で、近走は年齢的なこともあり調教ではバネがない感じの走りになっている。この中間は間隔が詰まっていることもあり、金曜日に藤田菜七子騎手騎乗で追い切られているが、終いの時計が掛かっていて上積みがある感じではない。

ラブカンプー(E)中2週
もともと調教では目立つ時計の出る馬ではないが、この中間も良くなった感じもなく平凡な時計しか出ていない。ここ2戦のパドックでもこれまで以上にトモが寂しく、動きに勢いも感じられない。それでいて中2週の競馬となるとさらに厳しいくなるのではないか。

ダノンスマッシュ(AA)中7週
もともと調教では1週前にビッシリ追ってくる馬で、前2戦もかなり良い調教内容だった。この中間も間隔に余裕があり豊富な乗り込み量で、1週前には併走相手を終い突き放して好時計と勢いは止まらない。

ダイメイプリンセス(C)中2週
この馬は新潟の直線競馬での馬という印象が強く、昨年の夏から秋は勢いで1200m戦でも好走していた感じがある。今年に入ってからは、パドックでも調教の時計もそれほど悪い感じはないが、良い時は調教で結構な好時計が出る馬なので、最終追い切りでかなり速い時計をマークしてくるようなら注意が必要。

ナックビーナス(B)中2週
昨年の3着馬で、調教では南Wで内めを回るのでかなり好時計の出る馬。今年もオーシャンS2着からの参戦で、前走時のパドックを見てもまだ余裕のある馬体だった。最終追い切りで、終いだけでも追って好時計が出ているようなら上積みが期待できそう。

ロジクライ (B)中3週
大きな馬で休み明けの今年2戦はパドックではまた余裕のある馬体に見えた。この中間は、2週前、1週前と坂路で速い時計を出してきた。特に1週前には、ビッシリ追ってかなり速い時計を出しているところを見ると、やはりそれだけ前走後でも余裕のある馬体だったということだと思う。今回は叩き3戦目の上積みが期待できる。また、初の1200m戦だが、坂路でこれだけ速い時計を普通に出せる馬は、スプリンターに近いのではないかと思う。

アレスバローズ(B)中7週
同じ中京のこのコースで行われた昨年のCBC賞では、かなり速い時計で1着。どちらかというと時計のかかる馬場で行われる傾向にあるこのレースだが、3年前のように極端に速い馬場にしてくることもある。そのような馬場になれば、持ち時計は最速なので怖い存在に。状態に関しても、前走時のパドックでは迫力のある馬体でここを目標に使われているローテーションで仕上りは良い。

デアレガーロ(D)中4週
前走時は+32kgだったが、パドックでは太め感はなくバランスの良い馬体に見えた。ただ、前走後に放牧に出てギリギリまで厩舎に戻ってこなかったところを見ると、かなり反動が出たのではないかと思う。調教では時計が出る馬なので、前走も調教内容以上に走り過ぎてしまって反動が出たと考えると、今回は状態を戻すことで精一杯かもしれない。

ティーハーフ(D)中7週
前走から間隔に余裕がある割には追い切り本数が少なく、1週前追い切りの動きを見ても終い伸びきれずと物足りない動きだった。

ヒルノデイバロー(E)中3週
調教では時計の出る馬だが、1週前追い切りでは終い伸びきれず。動きがかなり物足りない。

ショウナンアンセム(D)中2週
使い詰めできていて今回も中2週と厳しいローテーション。この中間は軽めの調整で、1週前追い切りはなく状態面での上積みは期待できない。

ラインスピリット(D)中2週
前走時のパドックでは細く映り、あまり良く見えなかった。1週前追い切りの動きも軽い感じではあるが、一方で力強さがなく伸び脚も物足りなかった。

ミスターメロディ(B)中3週
パドックではテンションが高いところがある馬だが、調教に関してはしっかり乗り込まれ時計も出ていて、調整内容は悪くない。1週前追い切りの動きも、重心が低い走りで動きも良く、調子自体は良さそう。

ダイメイフジ (D)中2週
使い詰めできていて前走は連闘だったが、大きな馬でパドックではちょうど良いくらいの馬体だった。この中間も間隔がなく、上積みは厳しそう。

キングハート(B)中2週
昨年と同じくオーシャンSから中2週での参戦も、今年は1週前に併せ馬で強めに追われて、日曜日にも坂路で速い時計を出してと、間隔が短い割には入念な乗り込み。動きもやや首は高めだが、力強い動きで出来は前走よりも良さそう。


【以下、除外対象馬】

ペイシャフェリシタ(C)中2週
休み明けの3戦とも調教では坂路で良い時計が出ていて、状態は悪くなかったと思う。この中間も水、日と速い時計を出していて、引き続き状態をキープできている感じ。

グランドボヌール(C)中1週
2週前の前走時には坂路でかなり良い時計を連発していて、パドックでも毛艶が良く状態も良かったと思う。この中間は中1週のため時計は出ていないが、中京芝3戦3勝で勢いもありそう。

カイザーメランジェ(C)中2週
前走のオーシャンSでは◎にした馬で、前走時の調教内容はかなり良くパドックでも素軽い感じで出来は悪くなかったと思うが、レースでは流れに乗れずに力を出し切れなかった感じ。最終追い切りでの動きが良く、出走できた場合には注意したい1頭。

フミノムーン(D)中7週
休みなく使われていて、この中間は間隔が空いている割に日曜日に速い時計を出しているのみ。出走態勢にない。



◇今回は高松宮記念編でした。「早起きは三文の徳」という言葉がありますが、私も平日は仕事があるので、早い時間に起きて地方競馬の予想をしたり、調教を見たりする日が多くあります。出勤時間の何時間も前に起き、予想に頭を使っているので、午前中は頭が冴えてミスも少なく仕事も他の人よりもはかどります。午前中の仕事がスムーズだと、1日の流れというのも快調に運んでいくもので、早起きして競馬の予想をするということは、私の場合『三文の徳』、いや『四文』『五文』の徳になっているのかもしれません。

それでは次回大阪杯編(予定)でお会いしましょう。\(^o^)/


高松宮記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイメイフジの口コミ


口コミ一覧
閲覧 118ビュー コメント 0 ナイス 5

まずは夕刊フジ…フジ…ダイメイフジ

夕刊フジ…オレンジ色のにくいヤツ…昔のCM…オレンジで7枠狙い(^^)

あとは出走馬が確定してから検討します(^^)

 グラニースミス 2021年6月9日(水) 10:03
お祭り定番のスイーツ ~函館スプリントステークス~ 
閲覧 474ビュー コメント 9 ナイス 90

スイーツに限定されると
鯛焼き チョコレートバナナ かき氷 揚げ餅 いちご大福 わらび餅 綿菓子
といろいろ
遠回りしたけれど、リンゴアメ 牝3 馬名意味

先週から未勝利戦以上は、
4歳以上→3歳以上に変更になった
軽い3歳馬に減量騎手が騎乗して勝つケースが多い印象

そして今週からサマーシリーズが開幕
トップバッターはサマースプリント 函館SS
昨年は1回函館4日目
今年は1回札幌2日目
競馬場も日程も変更です

そして西の重賞がない
2020年 東 エプソムC GⅢ 西 マーメイドS GⅢ
2021年 東 エプソムC GⅢ 東 函館SS GⅢ
どちらも GⅢ賞金別定戦

【昨年の函館SSの結果】
1着 ダイアトニック (注目馬)→ 2kg増、毎日放送賞スワンS1着
2着 ダイメイフジ (ノーマーク)
3着 ジョーマンデリン (ノーマーク)

今年の札幌SSいやいや函館SS
オーシャンSGⅢの1~3着馬の登録
コントラチェック、カレンモエ、ビアンフェ
高松宮に行かずに春全休でここに登場して注目馬
おまけは、アルビニズム 2人気で惨敗して登録してきた
オーシャンSの再現かなぁ

ノーマークの3歳牝馬 リンゴアメ
新馬デビューは6/13 函館SSと同日
2歳最初のスプリント重賞勝ち
3歳限定最後のスプリント重賞→2着同枠

なんだかビアンフェと似ている(元POG馬)
しかしいつのまにか騙馬になっていた

先週は、ゴドルフィン = ロイヤルブルー大旋風
ケープコッド(元POG馬)  ジャスティンはドバイ帰り初戦

そういえば昨年1着ダイアトニック毎日放送賞スワンS
カツジ ねぇ
でも MBS賞スワンSに突如名称変更

いろいろ悩むこと満載
やはり夏祭りのスイーツの同枠対角でしょうかぁ?

では

[もっと見る]

 ドキドキ 2021年6月8日(火) 09:01
【エプソムC 】【函館スプリントS】 
閲覧 404ビュー コメント 0 ナイス 33

去年は辛うじて的中出来ました
(ゝω・´★)

◎○どちらかの人気薄が来ると
思うんだけど
どちらか一頭に絞って
単複買いたなと
最後の最後まで悩みました

最終的に当てにいく形で
致し方なく複勝2点買いにしました
どちらも人気薄なのでガミる心配は
全くなく楽しめるかなと

その結果
◎○どちらか一頭馬券に絡み的中
当てにいく馬券でしたf(^ー^;

エプソムC
◎ダイワキャグニー 【的中】
○インビジブルレイズ

函館スプリントS
◎メイショウショウブ
○ダイメイフジ【的中】

今年は狙いたい馬を一頭に絞って
単複で楽しみたいな
狙いたい馬が人気薄でありますように

因みに函館スプリントSは
3年連続的中してるので
4年連続的中させたいです

従って自己満を目標に

P (計画)
狙いたい馬を一頭に絞る

D(実行)
人気薄なら迷わず単複

C(評価)
結果出てから

A(改善)
結果出てから




ドキドキ( ・ω・')

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイメイフジの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
5:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月28日(金) 19:02:21
jp重賞、爆穴
4:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月27日(木) 22:12:44
全、逃げ切り、前残り可能性
3:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年6月20日() 19:05:40
前走ダート 消し要素

⇒もっと見る

ダイメイフジの写真

ダイメイフジの厩舎情報 VIP

2021年10月9日夕刊フジ杯オパールS (L)16着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダイメイフジの取材メモ VIP

2021年3月6日 夕刊フジオーシャンS G3 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。