ジャスパージャック(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2016年4月26日生
調教師森秀行(栗東)
馬主加藤 和夫
生産者Camas Park Stud
生産地
戦績 7戦[1-0-0-6]
総賞金700万円
収得賞金400万円
英字表記Jasper Jack
血統 Declaration of War
血統 ][ 産駒 ]
War Front
Tempo West
Crescent Moon
血統 ][ 産駒 ]
Seeking the Gold
Wandering Star
兄弟
前走 2019/07/07 3歳以上1勝クラス
次走予定

ジャスパージャックの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/07/07 中京 12 3歳以上1勝クラス 芝1400 188189.4516** 牡3 54.0 M.デムー森秀行516(+6)1.22.6 1.535.6⑭⑯メリーメーキング
19/06/11 川崎 10 ジューンS賞 ダ1600 14--------5** 牡3 55.0 戸崎圭太森秀行510(--)1.45.0 1.1----キクノゼファー
19/05/12 東京 10 プリンシパル (L) 芝2000 1457160.71314** 牡3 56.0 松岡正海森秀行516(+6)2.00.8 2.536.7ザダル
19/03/31 中山 6 3歳500万下 芝1600 10339.059** 牡3 56.0 内田博幸森秀行510(0)1.36.4 1.436.3インテンスライト
19/03/16 阪神 11 若葉S OP 芝2000 101147.389** 牡3 56.0 松若風馬森秀行510(-8)2.04.5 2.437.9ヴェロックス
18/09/23 中山 9 芙蓉S OP 芝2000 8224.928** 牡2 54.0 武豊森秀行518(-4)2.04.2 2.938.0⑧⑧④ミッキーブラック
18/09/02 新潟 5 2歳新馬 芝1800 168152.921** 牡2 54.0 M.デムー森秀行522(--)1.51.1 -0.033.3ジャストアジゴロ

ジャスパージャックの関連ニュース

 プロキオンSの追い切りが4日、栗東トレセンで行われた。昨年の覇者マテラスカイは、坂路での併せ馬でラスト1ハロン11秒9(4ハロン51秒8)と鋭い伸びを披露。秋に米GIブリーダーズカップ(BC)スプリント(11月2日、サンタアニタ、ダ1200メートル)挑戦を予定する快速馬が、世界制覇へのステップを軽やかに駆け上がる。

 直前までの雨によって不良となった馬場も、なんのその。午前5時の開門直後に登場したマテラスカイが、強めに追われて坂路4ハロン51秒8-11秒9の好時計。連覇へ万全の態勢をアピールした。

 「乗っていて迫力、躍動感がありました。ぶれずに走っていたし、動きはすごくいいですね」

 高野助手が、にこやかに好感触を伝えた。ジャスパージャック(3歳1勝クラス)の外を3馬身ほど追いかける形でスタート。前進気勢をあふれさせながら、ラスト1ハロンで抜群の加速で差を詰めた。フィニッシュは半馬身遅れも「追いかけて併入のイメージでしたし、時計も含めて予定通り。体調はすこぶる良いですね」と納得の表情だ。

 不良馬場だった昨年のプロキオンSでは2着に4馬身差の圧勝。時計も従来の記録を1秒2も更新する1分20秒3のJRAレコードと、この舞台なら力は一枚上。週中に中京競馬場にまとまった雨が降ったことで、今年も馬場は向きそうだ。

 昨年はドバイ(ゴールデンシャヒーン5着)から、花のみちS(1600万下)を勝っての一戦だったが、今年はドバイ(同2着)からの国内復帰初戦。放牧先では疲れを取ることに専念し、5月から栗東で入念に乗り込んできた。

 「去年と違って今年はリフレッシュした状態で帰ってきて、ここを目標に順調に来ています。秋以降もっと良くなりそうですが、現状でもパンプアップしていると感じます」と高野助手がいうように、調整過程は昨年より上。秋には武豊騎手を鞍上にBCスプリント挑戦の予定で「そこに行くためには大事な一戦になる」と森調教師の口調にも力がこもっていた。

 31年ぶりに函館に滞在して夏を戦う武豊騎手も、日曜はマテラスカイに乗るために中京へ。「ドバイで走っていた馬たちが世界のトップですから。どこに行っても通用する馬。アメリカの馬場は日本よりも合うかもしれないし、条件はめちゃくちゃ合うと思います。いい結果を出してアメリカに行きたい」と、世界に向けて青写真を描く。

 スピード勝負なら負けるわけにいかない。力の違いを見せて、世界へ羽ばたく足掛かりとする。 (渡部陽之助)

【プロキオンS】連覇へマテラスカイ道悪坂路で51秒8 2019年7月4日(木) 10:39

 昨年レコードで逃げ切ったマテラスカイが、連覇へ態勢を整えてきた。

 雨で走りにくい栗東坂路で、ジャスパージャックを4~5馬身追走。前半2Fは楽なペースで差は詰まらなかったが、後半2Fは一気にペースを上げ11秒8-11秒9。前半の差が大きすぎたため半馬身遅れのフィニッシュだったが、馬場を思えば4F51秒8は掛け値なく速い。先週の一番時計(50秒5)に続き、活気あふれる動きだ。

 「前走のドバイゴールデンシャヒーン(2着)は勝ち馬が一枚も二枚も上だったが、よく頑張ってくれた。帰国初戦になるが、しっかりと乗り込んできて元気。去年は日本レコード(1分20秒3)。今年も雨が降って同じような速い馬場になれば有利だ。秋はBCスプリントに向かいたいので大事な一戦になる」と森調教師。今年も“圧逃劇”となるか。(夕刊フジ)



プロキオンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ジャパンダートダービー】JRAの出走予定馬発表 2019年6月23日() 17:24

 7月10日に大井競馬場で行われるジャパンダートダービーのJRA出走予定馬および補欠馬が23日、次の通り発表された。

 「ジャパンダートダービー」(大井競馬場、交流GI、3歳オープン、別定、ダート・右2000メートル)

 【JRA出走予定馬】7頭クリソベリル(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎、川田将雅騎手)デアフルーグ(牡3歳、美浦・鈴木伸尋厩舎、騎手未定)デルマルーヴル(牡3歳、美浦・戸田博文厩舎、戸崎圭太騎手)トイガー(牡3歳、美浦・高市圭二厩舎、騎手未定)ドウドウキリシマ(牡3歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)メスキータ(牡3歳、栗東・山内研二厩舎、騎手未定)ロードグラディオ(牡3歳、栗東・西浦勝一厩舎、騎手未定)

 【JRA所属の補欠馬】4頭(補欠順位順)1.ウラノメトリア2.セントウル3.ジャスパージャック4.コパノカーリング

[もっと見る]

【プリンシパル】厩舎の話2019年5月10日(金) 05:05

 ◆アトミックフォース・武藤師 「テンションが上がっているが、カイバは食べている。馬体重が減らなければ」

 ◆インテンスライト・菊沢師 「延期の影響はなく元気いっぱい。成長した今なら2000メートルでもやれる」

 ◆ヴァッシュモン・栗田師 「体つきやレースぶりから2000メートルがどうかですが、血統面からはこなせそう。新味を期待したい」

 ◆エングレーバー・猿橋助手 「(1週間延期になったが)今のところ問題は見せていません。なんとか(日本ダービーに)行ければと思っています」

 ◆クリスタルバローズ奥村武師 「瞬発力勝負になると分が悪いですが、持久力を生かせる展開になってくれれば」

 ◆ザダル・大竹師 「先週より硬さはあるけど、動きはいいし許容範囲。2週続けて輸送するのがどうかですね」

 ◆ジャスパージャック・高野助手 「ピリッとしてきた。あとはこのメンバーでどこまで」

 ◆シークレットラン・田村師 「前走は置かれてしまって不完全燃焼。広い東京の方が走りやすいし、改めて期待」

 ◆スカーフェイス・橋田師 「粗削りな面はありますが、いいものは持っています。あとは、このメンバーでどこまでやれるかですね」

 ◆トーセンギムレット・萱野師 「休養前より後肢もしっかりしてきた。レースで掛かる面があるので、2000メートルへの対応が鍵になる」

 ◆ヒシゲッコウ・森助手 「先週より約10キロほど体は減っているが、乗った感じは精神的なダメージもなく順調。力を出せる条件で期待」

 ◆マイネルサーパス・高木師 「今週の調教では随分とハミをかんでいたのがどう出るか。先頭に立つと行儀が悪くなるし、距離も考慮してじっくり乗りたい」

 ◆ルヴォルグ・藤沢和師 「前走は休み明けでいくぶん余裕があった。期待の3歳馬だし、1週延びたけど頑張ってくれると思う」

 ◆レターオンザサンド・藤岡師 「思ったより時計が速くなったが、状態は変わりなくいい。相手なりに走れるタイプだと思う」

プリンシパルSの出馬表はこちら

[もっと見る]

【プリンシパル】厩舎の話2019年5月10日(金) 05:05

 ◆アトミックフォース・武藤師 「テンションが上がっているが、カイバは食べている。馬体重が減らなければ」

 ◆インテンスライト・菊沢師 「延期の影響はなく元気いっぱい。成長した今なら2000メートルでもやれる」

 ◆ヴァッシュモン・栗田師 「体つきやレースぶりから2000メートルがどうかですが、血統面からはこなせそう。新味を期待したい」

 ◆エングレーバー・猿橋助手 「(1週間延期になったが)今のところ問題は見せていません。なんとか(日本ダービーに)行ければと思っています」

 ◆クリスタルバローズ奥村武師 「瞬発力勝負になると分が悪いですが、持久力を生かせる展開になってくれれば」

 ◆ザダル・大竹師 「先週より硬さはあるけど、動きはいいし許容範囲。2週続けて輸送するのがどうかですね」

 ◆ジャスパージャック・高野助手 「ピリッとしてきた。あとはこのメンバーでどこまで」

 ◆シークレットラン・田村師 「前走は置かれてしまって不完全燃焼。広い東京の方が走りやすいし、改めて期待」

 ◆スカーフェイス・橋田師 「粗削りな面はありますが、いいものは持っています。あとは、このメンバーでどこまでやれるかですね」

 ◆トーセンギムレット・萱野師 「休養前より後肢もしっかりしてきた。レースで掛かる面があるので、2000メートルへの対応が鍵になる」

 ◆ヒシゲッコウ・森助手 「先週より約10キロほど体は減っているが、乗った感じは精神的なダメージもなく順調。力を出せる条件で期待」

 ◆マイネルサーパス・高木師 「今週の調教では随分とハミをかんでいたのがどう出るか。先頭に立つと行儀が悪くなるし、距離も考慮してじっくり乗りたい」

 ◆ルヴォルグ・藤沢和師 「前走は休み明けでいくぶん余裕があった。期待の3歳馬だし、1週延びたけど頑張ってくれると思う」

 ◆レターオンザサンド・藤岡師 「思ったより時計が速くなったが、状態は変わりなくいい。相手なりに走れるタイプだと思う」

[もっと見る]

【若葉S】追って一言2019年3月14日(木) 05:08

 ◆アンクルテイオウ高橋亮師 「動きはいい。前走はフワフワしたが、着差以上に強かった」

 ◆オオエフォーチュン・濱田厩務員 「馬体は戻った。あとは相手関係がどうか」

 ◆ジャスパージャック・高野助手 「乗り込めているし、動き自体は悪くない。あとは距離がどうか」

 ◆ミッキーブラック・音無師 「いい感じの仕上がり。タメを利かせて自分の走りがしたい」

 ◆モズベッロ・森田師 「馬なりだけど動く。普通に走ればいい勝負ができると思う」

★若葉Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジャスパージャックの関連コラム

閲覧 2,497ビュー コメント 0 ナイス 13



※特別無料公開中!※

 先週の桜花賞では、昨年のアーモンドアイ同様に、グランアレグリアのぶっつけ本番が決まりました。美浦で追い切るよりも、ノーザンF天栄で追い切るほうが走るのだから恐れ入ります。これでさらに、ノーザンファームしがらきからのぶっつけ本番のサートゥルナーリアの人気に拍車が掛かりますが…正直、どうなんでしょうか?

 デビューから3連勝目でホープフルSを制した、サートゥルナーリアは、一昨年のレイデオロと同じローテーション。レイデオロもぶっつけ本番でしたが、皐月賞では5着に敗れました。レイデオロはローテーションがダメということ以前に、皐月賞の時点では指数不足。そこが桜花賞アーモンドアイグランアレグリアと異なるところです。

 つまり、今回の皐月賞を予想するにあたって、サートゥルナーリアは、レイデオロか、それ以下の存在なのか? それともレイデオロを飛び越える存在なのかを吟味することが重要。最後までお読み頂ければ、きっと決断が下せることでしょう。それでは皐月賞出走馬が経由したレベルの高いレースをご紹介します!


 ★レベル1位 2018年 朝日杯フューチュリティS (PP指数18pt)

 前半4F47秒7-後半4F46秒2のスローペースではあったものの、前週の阪神ジュベナイルFよりも馬場が悪化し、各馬がラスト1Fで失速するなか、アドマイヤ―マーズがラスト1Fでグランアレグリアを突き放し、クリノガウディーを寄せつかなかったのは、十分に褒められる内容でした。

 決着指数もハイレベルと言われた昨年の朝日杯フーチュリティS(優勝馬:ダノンプレミアム)と同等です。つまり、アドマイヤ―マーズが現時点の3歳世代の中では、№1の存在。同馬が次走NHKマイルCに向かうことや、1F距離が伸びた共同通信杯で2着に敗れたことから、マイラー説が浮上し、人気大暴落の現状ですが、これをどう見るか?


 ★レベル2位 2019年 共同通信杯 (PP指数17pt)

 逃げ馬不在。断然の1番人気に支持されたアドマイヤマーズがスピードの違いでデイリー杯2歳S同様にハナに立ち、前半4F49秒5のスローペース。しかし、後半45秒3でまとめて1分46秒8の平均ペースレベルの決着タイムに持ち込んだことがすごく、レースは当然、ハイレベル戦。上がり3F32秒9でまとめた勝ち馬ダノンキングリーの末脚は高い評価ができるでしょう。ダノンキングリーはこのレースを制して3戦3勝。字面上、サートゥルナーリアと並ぶ存在になりました。


 ★レベル3位タイ 2018年 ホープフルS (PP指数16pt)

 戦前の段階では、阪神芝2000mの新馬戦で逃げて5馬身差の圧勝を飾った3番枠のキングリスティアが逃げると思われていました。しかし、同馬は出遅れ。好発を切ったサートゥルナーリアが様子を見ながら一旦先頭も、大外からコスモカレンドゥラがハナを主張してきたので、同馬を行かせてサートゥルナーリアは2番手から。

 コスモカレンドゥラは無理なくハナを主張して、楽に逃げられたため、レースは前半5F通過が62秒5のスローペースになりました。これは過去のホープフルSと比較をすると、珍しいほど遅いペース。ただし、その分、コスモカレンドゥラは向こう上面でリードを奪う意識が働き、ラスト5F目から11秒8-11秒8が連発。3~4コーナーで一旦12秒2まで落として、再び11秒5の加速で、ラスト1Fで着順が入れ替わる形。

 3~4コーナーでペースダウンしたことで内にいたサートゥルナーリアニシノデイジーなどは包まれて直線序盤では進路を失ったものの、一瞬、開いたスペースを見逃さずにサートゥルナーリアが突いて、ニシノデイジーはその直後を狙う形。もちろん、窮屈なスペースをしっかりとつけるのは、馬に脚力があるからこそですが、鞍上がM.デムーロ騎手でなければ、前が詰まって着順が入れ替わっていた可能性は十分あります。

 しかし、スタートで目標を失いながらも、コスモカレンドゥラを先に行かせ、位置取りを下げてロスのない3~4コーナーの内を選択し、しっかりと末脚を生かしたサートゥルナーリアは、鞍上が上手く乗った面があったのも確か。ただし、ハイペースで前が崩れたところを差したレイデオロよりも内容が良く、指数も3pt上回るものでした。あとは、今年のメンバーのほうが手強いので、その辺がどうかでしょう?


 ★レベル3位タイ 2018年 弥生賞 (PP指数16pt)

 朝から雨が降り続いて、後半になるほどタフな馬場。今年の弥生賞は雨の中の決戦となりました。逃げたのは最内枠のラストドラフト。昨秋の菊花賞以降、田辺騎手の大スランプを象徴するかのように、緩みないペースでの逃げ。騎手の想定以上に馬場が悪化していたにせよ、明確なオーバーペースで外差しが決まる結果となりました。

 また、この日の最終レースの芝1600mでは、本来、内枠有利のコースにもかかわらず、多くの騎手が内を避けていたあたりから、弥生賞ではすでに内の馬場が悪化していたことが推測されます。つまり、前に行った馬、内々を立ち回った馬は不利なレースをしていたということです。


 ★レベル5位タイ 2019年 きさらぎ賞 (PP指数15pt)

 きさらぎ賞前日の土曜日の時点でも雨の影響があり、日曜日も10レース終了後に雨が降ったことで、今年のきさらぎ賞は、良馬場発表ながら、力の要る馬場で行われました。好発を決めて大逃げを打ったのはランスオブプラーナ。前半4F通過は48秒6で、一見スローペースにも思えるかもしれませんが、当日の馬場状態を考慮する平均ペースよりもやや速い流れ。前へ行った馬には厳しい展開でした。

 それを証明するかのように、きさらぎ賞3着のランスオブプラーナは次走の毎日杯で巻き返しV。同レースで出遅れ、向こう正面から位置を上げて行く競馬になったメイショウテンゲンも弥生賞で巻き返しVを決めています。このことからも前が厳しいレースをしていたことをご理解いただけるでしょう。きさらぎ賞メイショウテンゲンとともに動いて行ったアガラスこそ、先週のニュージーランドTで4着と巻き返し切れませんでしたが、これは先週の中山が急に馬場が高速化し、円状コースの終始外々を追い上げることになったのが敗因です。


 レベル5位タイ 2019年 若葉S (PP指数15pt)

 レース当日の雨の影響で稍重発表で行われた若葉S。ややタフな馬場状態で行われ、ジャスパージャックシフルマンに突っつかれて淡々としたペースで逃げましたが、それでもレースは前半5F62秒2-後半59秒9でまとめたように、けっして速いペースでありません。スローペースでした。

 勝ったのは前に行く2頭を見ながら3番手でレースを進めたヴェロックス。4コーナー序盤で先頭に立つシフルマンを目標に動いて、、ラスト1Fで突き抜けての3馬身差の完勝でした。立ち回りが完璧だったにせよ、指数も上々。東京スポーツ杯2歳Sでは、直線序盤で下がってくるナイママをよけきれず、外に弾かれる不利がありながら、ジリジリと盛り返して接戦の4着に食い込んでいるあたりからも、底を見せ切っていない一頭と言えるでしょう。


 ○まとめ

 サートゥルナーリアは、昨年のPOGで1断然番人気だった馬。昨年のちょうど今頃、キャロットクラブさんを取材させて頂いた時も、「名札を付けなくてもシーザリオの仔とわかる馬、文句のつけようがない馬」と大絶賛でした。あくまでも育成の時点の話ですが、心肺機能が高く、半兄のエピファネイアと比較しても、見劣らない馬だったようです。

 しかし、やや指数不足のサートゥルナーリアが、単勝オッズ1.0倍台まで支持するのは、狂酔のレベルではないでしょうか? 確かにレースセンスが良く、底を見せていない怖さもあります。休養中にグンと成長している可能性もあるでしょう。しかし、競馬はオッズとの戦い。サートゥルナーリアを本命にするのは、長い目で負けに行く打ち回しです。

 今回は逃げ馬のランスオブプラーナが内枠を引き当て、出遅れさえしなければ楽に逃げられるはず。ラストドラフトは前走での逃げを陣営が明確に批判し、乗り替わりになっているので、今回は逃げないはず。また、クリノガウディ―は、前走のスプリングSで内枠を引いたことと、叩き台のつもりで逃げているので、今回はハナを主張しない可能性が高いでしょう。

 ランスオブプラーナが逃げて、指数上位馬がけん制しあいながら2列目につけて行くことになるので、例年の皐月賞ほどペースが上がらず、ほぼ能力どおりの決着となると見ています。しかし、能力のある馬でも、前哨戦で力を出し切ったタイプは、桜花賞ダノンファンタジーのように、本番でドボンするのが常。最終結論は、レース当日の皐月賞予想でご確認ください<(_ _*)>。


⇒山崎エリカプロの最終結論は、レース当日のプロ予想MAXでチェック!(予想をアップする時間帯はレースによって異なります。)
※週末の枠順発表までは直前週結果ページへ遷移します。


○執筆者プロフィール
山崎エリカ(やまざき・えりか)
 独自で開発したパワーポイント(指数)を利用した予想がベース。そこに、状態、ローテーション、展開(馬場)、適性などを加味し、その馬にとってベストな条件を見破り実力上位馬との逆転を狙う穴予想が武器。各雑誌、メディアで活躍する傍ら16年9月には最新刊『山崎エリカの逃げ馬必勝ナビゲーション』(ガイドワークス)が発売された。ウマニティでは創設当初の07年より公認プロ予想家として活躍中。


☆☆山崎エリカプロを注目予想家に登録しておくと、山崎エリカプロの予想が登録されたことをいち早く教えてくれる「注目予想お知らせメール」機能がご利用頂けます。


▼「注目予想お知らせメール」機能の設定方法
各種メール設定(または各種メール設定(携帯側))で「注目予想お知らせメール:受信する」にする
注目予想家一覧ページで「メール(配信間隔)」欄で予想家毎のON/OFF、配信間隔の詳細設定を行う
※「注目予想お知らせメール」は地方競馬予想には対応しておりません。


■『重賞攻略』ページで出走予定馬の最新情報を随時情報更新中!

■その他のプロ予想家コラムは『新着競馬コラム』ページで!



競馬プロ予想MAX』では、買い目&資金配分付きの最終結論を1予想=100円(G)から販売しています!

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<


Presented by 『競馬プロ予想MAX


登録済みの方はこちらからログイン

ジャスパージャックの口コミ


口コミ一覧

日曜競馬

 爆音小僧 2019年5月12日() 09:39

閲覧 173ビュー コメント 0 ナイス 6

★京都HJ
やっぱりタマモは距離が持たなかったか。
不安はその一点だったけど、それが的中してしまうとは。

★プリンシパルS
新規に入った馬。
3スカーフェイス
7ジャスパージャック

★新潟障害未勝利
どっちもレベルは低いと思う。
今日に関してはあまり買いたくないかも。

★ヴィクトリアM
差しが決まっていた土曜東京後半。
それでも先行馬の7に◎を進呈。

今日も頑張りましょうね。

 ブルー☆ギラヴァンツ 2019年5月11日() 21:54
5/12 単複王 No. 54 ヴィクトリアマイル 
閲覧 323ビュー コメント 0 ナイス 4

こんばんは明日5/12単複王です
No.326 京都 9レース 白川特別(1000万下) ◎ チャロネグロ ◯ ドンアルゴス
No.327 京都 10レース 錦S(1600万下) ◎ クライムメジャー ◯ エクレアスパークル
No.328 京都 11レース 栗東S(L) ◎ ヌーディーカラー ◯ スマートダンディー
No.329 東京 8レース テレ玉杯(1000万下) ◎ アストラサンタン ◯ リンディーホップ
No.330 東京 9レース 青竜S(OP) ◎ デアフルーグ ◯ ハヤヤッコ
No.331 東京 10レース プリンシパルS(L) ◎ ジャスパージャック ◯ エングレーバー
No.332 東京 11レース ヴィクトリアマイル(G1) ◎ ラッキーライラック ◯ レッツゴードンキ
No.333 東京 12レース BSイレブン賞(1600万下) ◎ イーグルバローズ ◯ ハルクンノテソーロ
No.334 新潟 10レース 胎内川特別(500万下) ◎ カイザーヴェッター ◯ ヘッドストリーム
No.335 新潟 11レース 赤倉特別(1000万下) ◎ フィールインラヴ ◯ リリックドラマ
No.336 新潟 12レース 三条特別(500万下) ◎ コペルニクス ◯ カレン
つづいて
No. 54 ヴィクトリアマイル ◎ ラッキーライラック ○ ソウルスターリング △ アマルフィコースト ☆ レッドオルガ レッツゴードンキ
https://youtu.be/6kurlooD9z0
よろしくおねがいします

[もっと見る]

 フォーカスアンタレス 2019年3月16日() 03:00
今日の調教S馬
閲覧 121ビュー コメント 0 ナイス 7

中山10レース
8.エンヴァール

中山11レース
7.エールヴォア

阪神9レース
2.エイシンスレイマン

阪神10レース
3.メイショウオルソ
13.テーオージーニアス

阪神11レース
1.ジャスパージャック

中京12レース
12.ジュエアトゥー

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジャスパージャックの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ジャスパージャックの写真

ジャスパージャック

ジャスパージャックの厩舎情報 VIP

2019年7月7日3歳以上1勝クラス16着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ジャスパージャックの取材メモ VIP

2019年3月31日 3歳500万下 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。