カイザーメランジェ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
カイザーメランジェ
カイザーメランジェ
写真一覧
現役 牡9 鹿毛 2015年4月29日生
調教師中野栄治(美浦)
馬主ライフエンタープライズ 株式会社
生産者谷岡スタット
生産地新ひだか町
戦績51戦[6-2-3-40]
総賞金15,742万円
収得賞金5,750万円
英字表記Kaiser Melange
血統 サクラオリオン
血統 ][ 産駒 ]
エルコンドルパサー
サクラセクレテーム
サクラジュレップ
血統 ][ 産駒 ]
サクラプレジデント
サクラブルース
兄弟 サクラリゲル
市場価格
前走 2024/01/28 シルクロードS G3
次走予定 2024/03/02 夕刊フジオーシャンS G3

カイザーメランジェの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/01/28 京都 11 シルクロード G3 芝1200 1811377.21818** 牡9 56.0 津村明秀中野栄治 486
(+6)
1.10.6 2.936.7ルガル
23/12/10 中山 11 カペラS G3 ダ1200 16815180.61612** 牡8 57.0 江田照男中野栄治 480
(-8)
1.11.0 1.735.9⑬⑭テイエムトッキュウ
23/10/29 新潟 11 ルミエAD (L) 芝1000 1871424.4131** 牡8 55.0 菊沢一樹中野栄治 488
(+14)
0.57.3 -0.134.0--ファイアダンサー
23/10/08 京都 11 オパールS (L) 芝1200 18816201.91817** 牡8 55.0 荻野極中野栄治 474
(-6)
1.09.6 1.535.2⑨⑪メイショウゲンセン
23/08/27 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 1647233.61515** 牡8 57.0 江田照男中野栄治 480
(0)
1.11.7 1.836.5⑬⑪ナムラクレア
23/07/23 札幌 11 しらかばS OP 芝1200 1661138.11312** 牡8 55.0 江田照男中野栄治 480
(-10)
1.08.2 0.833.1⑮⑮シュバルツカイザー
23/06/24 函館 11 青函S OP 芝1200 1671318.9811** 牡8 59.0 黛弘人中野栄治 490
(-4)
1.10.2 0.935.2④④ゾンニッヒ
23/06/11 函館 11 函館SS G3 芝1200 162443.6124** 牡8 57.0 吉田隼人中野栄治 494
(0)
1.08.6 0.434.8⑫⑮キミワクイーン
23/04/16 中山 10 春雷S (L) 芝1200 1647128.7165** 牡8 55.0 田中勝春中野栄治 494
(+4)
1.09.2 0.435.0⑥④マッドクール
23/03/04 中山 11 オーシャンS G3 芝1200 1648380.7167** 牡8 57.0 黛弘人中野栄治 490
(-2)
1.08.1 0.734.1⑥⑧ヴェントヴォーチェ
23/01/29 中京 11 シルクロード G3 芝1200 15712432.01511** 牡8 55.0 荻野極中野栄治 492
(-2)
1.08.8 1.534.9ナムラクレア
23/01/14 中山 11 カーバンクル OP 芝1200 1659113.01612** 牡8 56.0 江田照男中野栄治 494
(+2)
1.09.8 0.834.9⑦⑦ジュビリーヘッド
22/05/08 中京 11 鞍馬S OP 芝1200 18714160.51818** 牡7 58.0 高倉稜中野栄治 492
(+2)
1.08.2 1.133.7⑧⑪シゲルピンクルビー
22/04/10 中山 11 春雷S (L) 芝1200 163630.5126** 牡7 55.0 津村明秀中野栄治 490
(0)
1.07.5 0.733.5⑦⑦ヴェントヴォーチェ
22/02/13 小倉 11 北九州短距離 OP 芝1200 1811105.61611** 牡7 58.0 柴山雄一中野栄治 490
(-6)
1.09.2 0.535.2ビオグラフィー
22/01/15 中山 11 カーバンクル OP 芝1200 164822.1814** 牡7 55.0 三浦皇成中野栄治 496
(+12)
1.09.7 1.036.0⑥⑥サンライズオネスト
21/08/29 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 1671432.4104** 牡6 56.0 菱田裕二中野栄治 484
(+2)
1.09.3 0.235.0レイハリア
21/08/15 札幌 11 UHB賞 OP 芝1200 1671495.3163** 牡6 55.0 菱田裕二中野栄治 482
(-12)
1.08.9 0.134.1アヌラーダプラ
21/01/31 中京 11 シルクロード G3 芝1200 1836279.81813** 牡6 55.0 太宰啓介中野栄治 494
(0)
1.09.1 0.834.5⑧⑧シヴァージ
21/01/16 中山 11 カーバンクル OP 芝1200 163543.3136** 牡6 55.0 木幡巧也中野栄治 494
(+6)
1.09.5 0.334.1⑪⑨レジェーロ

⇒もっと見る


カイザーメランジェの関連ニュース

【4歳以上次走報】シーズンリッチは金鯱賞で復帰予定 2024年2月7日(水) 16:15

菊花賞12着シーズンリッチ(美・久保田、牡4)は、金鯱賞(3月10日、中京、GⅡ、芝2000メートル)を予定。

シルクロードS18着カイザーメランジェ(美・中野、牡9)は、夕刊フジ賞オーシャンS(3月2日、中山、GⅢ、芝1200メートル)を視野に入れる。

★令月S8着ボイラーハウス(美・竹内、牡6)は、大和S(18日、京都、OP、ダ1200メートル)へ。

★アルデバランS6着ヴィジョンオブラヴ(美・新開、牡9)は、仁川S(24日、阪神、L、ダ2000メートル)に向かう。

[もっと見る]

【4歳以上次走報】ジャパンC8着のスタッドリーがネオムターフカップの招待受諾 2024年1月30日(火) 20:16

根岸S4着ヘリオス(栗・西園正、騸8)は、武豊騎手でかきつばた記念(2月29日、名古屋、JpnⅢ、ダ1500メートル)へ。8着アルファマム(栗・佐々木、牝5)は、コーラルS(3月9日、阪神、L、ダ1400メートル)へ。11着アイオライト(美・武藤、牡7)も、かきつばた記念を予定し、除外の場合はコーラルSに向かう。13着タガノビューティー(栗・西園正、牡7)は、石橋騎手でフェブラリーS(2月18日、東京、GⅠ、ダ1600メートル)へ。

シルクロードSを勝ったルガル(栗・杉山晴、牡4)は、高松宮記念(3月24日、中京、GⅠ、芝1200メートル)へ。14着テイエムスパーダ(栗・木原、牝5)も同レースに向かう。18着カイザーメランジェ(美・中野、牡9)は、北九州短距離S(2月11日、小倉、OP、芝1200メートル)が視野に。

中日新聞杯4着のキラーアビリティ(栗・斉藤崇、牡5)、ジャパンC8着のスタッドリー(栗・奥村豊、牡6)は、ネオムターフカップ(2月24日、キングアブドゥルアジーズ、GⅡ、芝2100メートル)の招待を受諾。

AJCC10着カラテ(栗・辻野、牡8)は、フェブラリーSに参戦する。鞍上は引き続き菅原明騎手。

チャンピオンズC5着メイショウハリオ(栗・岡田、牡7)は、サウジカップ(2月24日、キングアブドゥルアジーズ、GⅠ、ダ1800メートル)で引き続き浜中騎手が手綱を取る。

東京大賞典5着キングズソード(栗・寺島、牡5)の、フェブラリーSの鞍上は岩田望騎手。

★巌流島Sを勝ってオープン入りしたヤクシマ(栗・寺島、牡4)は、北九州短距離Sに駒を進める。

★2022年の日経新春杯1着から休養しているヨーホーレイク(栗・友道、牡6)は、ゲート試験次第で金鯱賞(3月10日、中京、GⅡ、芝2000メートル)を視野に入れる。

★神奈川記念6着のバーデンヴァイラー(栗・斉藤崇、牡6)は、近日中に中央競馬登録を抹消され、南関東へ移籍。川崎・内田厩舎への転居を予定。

★白富士S8着シルトホルン(美・新開、牡4)は、東風S(3月10日、中山、L、芝1600メートル)へ。

★銀嶺S勝ちのハチメンロッピ(美・矢野、牡4)は、バレンタインS(2月11日、東京、OP、ダ1400メートル)へ。

菊花賞8着ナイトインロンドン(美・大竹、牡4)は、松籟S(2月25日、阪神、3勝、芝3000メートル)で始動予定。

[もっと見る]

【4歳以上次走報】ヘリオスは武豊騎手でかきつばた記念へ 2024年1月30日(火) 16:50

根岸S4着ヘリオス(栗・西園正、騸8)は、武豊騎手でかきつばた記念(2月29日、名古屋、JpnⅢ、ダ1500メートル)へ。11着アイオライト(美・武藤、牡7)も同レースを予定。除外の場合はコーラルS(3月9日、阪神、L、ダ1400メートル)に向かう。13着タガノビューティー(栗・西園正、牡7)は、石橋騎手でフェブラリーS(2月18日、東京、GⅠ、ダ1600メートル)へ。

シルクロードS18着カイザーメランジェ(美・中野、牡9)は、北九州短距離S(2月11日、小倉、OP、芝1200メートル)が視野に。

中日新聞杯4着のキラーアビリティ(栗・斉藤崇、牡5)は、ネオムターフC(2月24日、キングアブドゥルアジーズ、GⅢ、芝2100メートル)への招待を受諾。

★神奈川記念6着のバーデンヴァイラー(栗・斉藤崇、牡6)は、近日中に競走馬登録を抹消され、南関東へ移籍する。川崎・内田勝義厩舎への転厩を予定。

★白富士S8着シルトホルン(美・新開、牡4)は、東風S(3月10日、中山、L、芝1600メートル)へ。

★銀嶺S勝ちのハチメンロッピ(美・矢野、牡4)は、バレンタインS(2月11日、東京、OP、ダ1400メートル)へ。

菊花賞8着ナイトインロンドン(美・大竹、牡4)は、松籟S(2月25日、阪神、3勝、芝3000メートル)で始動予定。

[もっと見る]

【回収率予報ニュース! 2024/1/28(日)版】G3根岸S、G3シルクロードSほか 2024年1月28日() 09:18


皆さん、こんにちは。ウマニティ編集部です。本日は【回収率予報ニュース!2024/1/28(日)版】をお届けします。

登場してもらうのは、22年のプロ予想家デビュー以来活躍中の回収率予報官プロ。その名の通り、回収率を予測(予報)するという予想スタイルの中枢を担う「予測回収率」にまつわる「危険馬」「穴馬」の紹介を当欄では行っていただきます。


≪2024/1/28(日) 買ってはいけない G3根岸S、G3シルクロードSほか≫

「買ってはいけない」とは・・・予測回収率が低く、文字通り馬券購入の際には避けることをおすすめする馬。
なお、予測回収率が高い馬は「プロ予想MAX」提供予想の「一言コメント」および「コメント」欄に記載しています。

メインレースの単勝の予測回収率が低い馬です。
馬券購入の際には避けることをおすすめします。

■小倉11R 芝1200m 4歳上3勝クラス 15:25 巌流島S
 ③ 60% 14.1倍(5) スリーアイランド
 ④ 60% 14.9倍(6) イラーレ
 ⑤ 50% 23.5倍(13) トレンディスター
 ⑨ 50% 19.8倍(10) ダンツイノーバ
 ⑩ 50% 48.8倍(17) アジアノジュンシン
 ⑮ 60% 23.5倍(13) タツリュウオー
 ⑰ 50% 21.0倍(11) ジョニーズララバイ

■京都11R 芝1200m 4歳上オープン 15:35 G3シルクロード
 ① 50% 252.7倍(18) カイザーメランジェ
 ② 50% 137.3倍(17) リバーラ
 ⑥ 50% 113.3倍(16) サトノラムセス
 ⑦ 60% 18.7倍(6) ジューンオレンジ
 ⑧ 60% 101.2倍(15) ディヴィナシオン
 ⑩ 60% 87.4倍(14) カワキタレブリー
 ⑮ 60% 8.7倍(4) バースクライ

■東京11R ダート1400m 4歳上オープン 15:45 G3根岸S
 ⑧ 50% 310.1倍(16) ピアシック
 ⑪ 60% 12.0倍(5) パライバトルマリン
 ⑬ 60% 103.9倍(13) オマツリオトコ

・買ってはいけない 各レースの人気馬

各レースの出走馬で、単勝オッズ6.0以下かつ予測回収率60%以下の一覧です。

小倉02R ⑪ 50% 4.1倍(2) コスモララバイ
京都02R ① 60% 1.8倍(1) ベラジオラオウ
京都06R ⑦ 50% 2.9倍(1) ミスズサンダスノー
東京06R ⑥ 60% 3.1倍(1) ベランジェール
小倉08R ⑬ 60% 5.3倍(2) ウインアステロイド
東京08R ⑪ 60% 5.8倍(2) ラックスアットゼア
小倉09R ③ 60% 4.2倍(2) カンジ
小倉10R ⑮ 60% 3.4倍(1) ノレッジビューティ

※表は左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成の前日夜時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf


≪2024/1/28(日) 単勝万馬券を狙え≫

対象レースの単勝の予測回収率90%以上の出走馬で最もオッズの高い馬です。
単勝以外の券種でも、この馬を絡めるとオトクですよ。

小倉06R ⑦ 90% 169.2倍(15) キングプリンス


※表は左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】シルクロードS2024 競走馬勝率予測は明け4歳のルガルが首位 2024年1月27日() 12:00

こんにちは!ROBOTIP開発プロジェクトメンバーの曹操です。

今回の担当はシルクロードS G3です。高松宮記念の最重要ステップレースですが、今年は2020年以来となる京都での開催に戻る点は注意ですね。

曹操ROBOTIPの基本設定は「競走馬」の能力指数を100%とし、適性は「距離適性」と「周回方向適性」のみを配合、補正は「斤量」「調教評価」「厩舎評価」の補正をONにします。

これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。

曹操ROBOTIPが弾き出したシルクロードS全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)
ルガル       22.16%
トゥラヴェスーラ  15.07%
アグリ       10.17%
エターナルタイム  8.47%
サンライズオネスト 8.24%
メイショウソラフネ 5.91%

バースクライ    5.01%
ホープフルサイン  3.59%
サンライズロナウド 3.54%
ショウナンハクラク 3.54%
オタルエバー    3.29%
テイエムスパーダ  2.95%
ジューンオレンジ  2.17%
ディヴィナシオン  2.02%
サトノラムセス   1.90%
カイザーメランジェ 1.28%
カワキタレブリー  0.47%
リバーラ      0.23%

重賞で堅実な走りを続けている明け4歳の④ルガルが、18頭立てとしてはやや抜けた首位となりました。これに、今回は永島まなみ騎手が騎乗する古豪の9歳馬⑯トゥラヴェスーラが続きます。平均勝率(18頭立ての場合は5.55%)を上回る馬のみを馬券対象にするので、上位6頭がその対象です。

上位6頭の勝率の差を鑑みて隊列にすると以下の通りです。
  ④ > ⑯ > ⑬⑤⑪⑫

馬券は④ルガルから対象馬への馬連5点、金額に強弱をつけた合計10,000円で勝負します。

馬連(ながし)
④-⑤⑬  各3,500円
④-⑪⑫⑯ 各1,000円

合計10,000円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

⇒もっと見る

カイザーメランジェの関連コラム

閲覧 1,663ビュー コメント 0 ナイス 4



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、青函ステークス・天保山ステークス・大沼ステークス・パラダイスステークス・宝塚記念の5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2023年06月24日(土) 函館11R 青函ステークス
【前走の着順別成績(2021年のTVh賞、2022年の青函ステークス)】
●10着以内 [2-2-1-9](3着内率35.7%)
●11着以下 [0-0-1-15](3着内率6.3%)
→同時期に施行された2021年のTVh賞と2022年の青函ステークスは、大敗直後の馬が不振。特別登録を行った馬のうち、前走の着順が10着以内なのは、カイザーメランジェクロジシジョーシュバルツカイザーショックアクションゾンニッヒドグママウンテンムスメルッジェーロの8頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【当該コース要注目種牡馬】
函館芝1200m×Dark Angel×無条件
→3着内率80.0%、複勝回収率212%


▼2023年06月24日(土) 阪神11R 天保山ステークス
【前走の着順別成績(2017年以降)】
●5着以内 [6-5-3-26](3着内率35.0%)
●6着以下 [0-1-3-47](3着内率7.8%)
→こちらも前走好走馬が優勢。直近のパフォーマンスを素直に評価しましょう。

<<さらにプラス1!>>
【当該コース要注目種牡馬】
阪神ダ1400m×トランセンド×4~8枠
→3着内率52.4%、複勝回収率277%


▼2023年06月25日(日) 函館11R 大沼ステークス

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2022年3月24日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 高松宮記念2022  
閲覧 1,526ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


3月27日(日) 中京11R 第52回高松宮記念(4歳以上G1・芝1200m)

【登録頭数:20頭】(フルゲート:18頭)

<優先出走馬>

ジャンダルム(前走510kg(-4kg)、中2週)<B>
前走が叩き2戦目で抜群の出来。この中間は軽めの調整で、当時の出来をどれだけキープできているかがテーマに。最終追い切りの動きに注目したい。

ダイアトニック(前走478kg(-2kg)、中3週)<A>
元来坂路で速い時計の出る馬だが、前走時は入念な乗り込みで仕上りは良かった。この中間も、1週前にはジョッキー騎乗で追われ、右にモタれる面を気にしながらではあるものの、終いまでしっかりと伸びていて、引き続き好仕上がりをアピールしている。


<以下、賞金上位馬>

レシステンシア(前走498kg(-8kg)、3ヵ月)<A>
休み明けも2週前、1週前と追われるごとに時計を詰めてきている。1週前の動きを見ると力強い走りで、仕上りは良好。

サリオス(前走542kg(-4kg)、3ヵ月)<A>
かなり大きな馬だが間隔を空けて使ってくることの方が多いタイプ。1週前の動きを見ても重さは感じさせず、重心が低い走りで仕上りは良さそう。

グレナディアガーズ(前走468kg(+2kg)、3ヵ月)<B>
休み明け。CWコースを、ジョッキー騎乗で長めから強めに追われた1週前は、好時計で先着と、いつも通りの調整で仕上りは順調。

ロータスランド(前走484kg(+18kg)、中4週)<B>
前走時は休み明けでもすべて馬なりでの調整だったが、この中間は1週前に強めに追われている。大きく先着もはたし、叩き2戦目での上積みに期待がもてる。

エイティーンガール(前走456kg(+2kg)、中3週)<C>
CWで調整されている馬で、休み明けの前走時は気分よく走らせながらも目立つ時計はでていなかった。この中間は、1週前追い切りでは行きたがるところを抑えながらの好時計。気合いが乗りすぎている面があるので、直前はテンションを上げ過ぎない調整ができれば。

メイケイエール(前走472kg(+2kg)、中7週)<C>
気性的に難しいところのある馬。この中間も、ジョッキー騎乗で追われた1週前は、力みと硬さが感じられる走りだった。

レイハリア(前走446kg(-6kg)、4ヵ月)<D>
休み明け。この中間は南Wでの調整に変えてきた。いつもと調教内容を変えてきた時点で何らかの不安があり。

トゥラヴェスーラ(前走492kg(+22kg)、中3週)<B>
前走は長期休養明けで+22キロ。反動も心配になるところだが、前走時にしっかり乗り込まれていたこともあってか、この中間も1週前にはジョッキー騎乗でスピード感ある走りを披露。上積みが期待できそう。

クリノガウディー(前走494kg(±0kg)、中3週)<A>
近走凡走が続いているが、中京コースは(降着の1昨年も含め)かなり相性が良い馬。この中間も坂路で好時計が出ていて、変わり身があってもおかしくない。

キルロード(前走506kg(+2kg)、中2週)<C>
大型馬の叩き2戦目で迎えるこの中間は、1週前に坂路で馬なりの調整。輸送もあるので、中2週で上積みまではどうか。

ライトオンキュー(前走512kg(+2kg)、4ヵ月)<D>
休み明けで、しっかりと乗り込まれて坂路で好時計も出ている。ただ、1週前追い切りでは、前半から速い時計でびっしり追われているので仕上がりに余裕はない感じ。

ファストフォース(前走518kg(-12kg)、中2週)<D>
この中間は中2週で軽めの調整。1週前は軽めだったとはいえ走りに勢いがなく、変わり身なし。

ナランフレグ(前走498kg(+4kg)、中2週)<C>
この中間は坂路で軽めの調整。最終追い切りを南Wで良い動きを見せてくれば、上積みも期待できそう。

サンライズオネスト(前走480kg(+10kg)、中3週)<C>
1週前追い切りでは、終い追われてバランスを崩すところも見せたが、しっかり伸びており、引き続き出来良好。

ダイメイフジ(前走528kg(-8kg)、中2週)<D>
この中間は軽めの調整。前走時のパドックでも元気がない印象を受けた。使い詰めでの疲れがあるかもしれない。

シャインガーネット(前走480kg(±0kg)、中7週)<A>
この中間は坂路でも好時計が出ていて、前走時よりも調教内容が良い。気合い乗り抜群に南Wコースで終いまでしっかりと伸びた1週前内容からも、上積み期待が高まる。


<以下、除外対象馬>

カイザーメランジェ(前走490kg(-6kg)、中5週)<D>
休み明けを2度使われているが、この中間も乗り込み量は豊富でも坂路での時計が良化せず。

ヴェントヴォーチェ(前走518kg(+6kg)、中5週)<D>
前走から間隔が空いているが坂路での時計がかなりかかっていて、出来はイマイチ。



※今回のこのコラムで中間の状態からの推奨馬は、ダイアトニックサリオスレシステンシアシャインガーネットクリノガウディーの5頭をあげておきます。



<出走予定馬の前走時の追い切りVTR>









◇今回は高松宮記念編でした。
先月サウジアラビアで行われたサウジカップデーでは、日本から遠征した馬が大活躍。特にルメール騎手の積極的な競馬が目立ちました。個人的に印象に残っているレースは、ステイフーリッシュの勝ったレッドシーターフハンデキャップ(G3)。2006年に新婚旅行で行ったドバイワールドカップツアーの日に行われた、ドバイシーマクラシックでのハーツクライを思い出すレース内容でした。同じ勝負服で同じような逃げる競馬で、鞍上もルメール騎手。当時は、武豊騎手がユートピアで勝利していて、初めての海外競馬観戦で日本の馬が2勝するところを観ることができました。あの興奮は今でも蘇ってきますし、日本では味わえない経験でした。今週はそのドバイワールドカップデーに日本の馬が多数参戦します。今回現地に行くことはできませんが、グリーンチャンネルで生中継されますし馬券も買うことができます。16年前の興奮を思い出させてくれるような熱戦を期待しています。そして、日本馬の応援に、高松宮記念にと、前夜から存分に楽しんでいきたいと思っています。

高松宮記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年9月3日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】新潟記念展望/近くの枠の馬が一緒に走りやすいレース
閲覧 2,192ビュー コメント 0 ナイス 2



先週行われたキーンランドカップは、3歳牝馬レイハリアが好位から抜け出し重賞連勝。初の古馬との対戦だったが、相変わらずの立ち回りの上手さを見せつけた。

父はロードカナロアロードカナロア産駒は馬群を苦にしない器用なタイプが多く、アーモンドアイダノンスマッシュといった一流馬にも共通する特徴だ。レイハリアもスタートが上手く自在に立ち回れるのは、多頭数のスプリント戦で大きな武器になる。

個人的には最終的に本命にした◎カイザーメランジェが粘ってくれれば最高だったのだが、思いのほか先頭に立っていたメイケイエールが早めにバテてしまったのが誤算だった。

もっとも、決してメンバーレベルは高くなく、キーンランドカップの組がスプリンターズSでも通用するかというと微妙なところ。どうやらレイハリアは出走しない公算が高いようだが、その他の敗戦組も、本番では苦戦を強いられるかもしれない。

~近くの枠の馬がまとめて来て波乱になりやすい

さて、今週末は新潟記念。いよいよ夏のローカル開催最終週となる。このレースにはもう何年も前からずっと指摘し続けている、変わらない特徴がある。それは、

「近くの枠の馬がまとめて来る」

ということである。過去の上位3頭を馬番で並べると…

2013年 4番→9番→8番
2014年 13番→16番→15番
2015年 3番→6番→4番
2016年 17番→14番→12番
2017年 1番→11番→7番
2018年 1番→5番→4番
2019年 7番→5番→6番
2020年 17番→5番→16番

全体に近くの枠の馬が一緒に来ているのがよくわかると思う。特に2015年は3→6→4で3連単は38万馬券、2019年は7→5→6で3連単10万馬券と穴馬券もしばしば発生している。

これは新潟外回りの特徴で、とりわけ2000mの場合は隊列次第で内有利にも外有利にもなり得る。内の馬が外に張り出してくれば、外枠の馬は大きく外に振られて絶望的なロスを被るし、逆に外の馬が馬場の良いところをスムーズに通ると、内の馬は終始馬場の悪いところを通らされてしまう。

これは新潟記念のみならず同コースの新潟大賞典などでも見られる特徴で、少々古い話だが2004年の同レースでは外ラチ沿いしか伸びない今の直線競馬のようなレースになり、16番→15番→13番の決着。当時も今もコースの傾向は変わらないというわけだ。

今週末の新潟芝の馬場状態がどのようになるかはわからないが、馬券を買う際は近くの枠の馬をヒモに入れる…といった工夫をすると良いかもしれない。

新潟記念の注目馬

さて、ココではいつも通り週末の重賞の注目馬を一頭挙げておきたい。今回は新潟記念

ヤシャマル(菅原明騎手)

初の重賞挑戦となった前走のエプソムカップは、出負け気味のところから仕掛けてしまい、直線は伸び切れず。細かい出し入れをできる騎手でなかったことから荒っぽいレースになってしまったが、それでも0秒7差の9着ならまずまずといえるだろう。距離延長はプラスで、今回は菅原明騎手にスイッチされるのもプラス材料。もう少しゆったり運べれば、持ち味のしぶとい末脚が生きるはずだ。

新潟記念の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年10月8日(木) 17:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 毎日王冠2020
閲覧 1,303ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


10月11日(日)東京11R 第71回毎日王冠(3歳以上G2・芝1800m)

【登録頭数:11頭】(フルゲート:18頭)

サリオス(B)4ヶ月半
ダービー以来の休み明け。これまで1週前追い切りはすべて木曜日に追い切られてきていたが、今回は初めて水曜日に追ってきた。ルメール騎手の予定に合わせたのかもしれないが、前倒しで追い切れるくらいなので悪く捉える必要はないだろう。動きを見ても、前哨戦の1週前の動きとしては上々の内容。大型馬さながらの多少重い感じはあるが、終いはしっかりと伸び、先着している。

ダイワキャグニー(A)4ヶ月
勝ち鞍の8戦すべてが東京競馬場で、芝1800mに関しても5勝と相性が良いようにも見えるが、24戦のうち16戦が東京競馬場でのレース。得意というよりは経験が多いと言ったほうが良いかもしれない馬。それでもこの中間は乗り込み量も多く、1週前追い切りの動きには力強さがあり、出来はかなり良さそうに見えた。

カデナ(D)中4週
この中間は乗り込み量が少なく、1週前の動きを見ると終い脚が上がりフラフラしているところが見られ、物足りなさが残る。

トーラスジェミニ(D)中6週
中6週と間隔は空いてはいるものの、坂路での時計がこの馬としては終い掛かっている。夏場も休みなく使われていて、疲れが残っているかもしれない。

コントラチェック(C)中9週
1週前の坂路を見ると、動きは良いものの力みが感じられる走り。そういったタイプなので、コーナー2つのコースよりはコーナ4つのコースのほうが向いているように思う。

サトノインプレッサ(C)4ヶ月半
ダービーから休み明けでここを迎える、矢作厩舎にしてはトレセンでの追い切り本数が多いタイプの馬。1週前追い切りでは時計こそ出ているものの鞍上の手が動いていて、まだダービー前のような余裕の手応えといった感じではない。

アイスストーム(B)中4週
この中間は中4週での出走になるが、2週前、1週前と坂路で好時計が出ていて追い切りの内容は前走時よりも良い。道悪が向かない馬なので、良馬場なら好走が期待できるかもしれない。

ザダル(B)中9週
1週前追い切りでは3頭併せの外に併せて先着を果たすも、馬なりの内2頭に終いやっと先着した感じでやや重たい感じが残る走り。

サンレイポケット(B)中4週
好走が続く近走は追い切りでも好時計が出ていた。この中間は、1週前に併せ馬で先着と引き続き良い状態をキープできている感じ。

カイザーメランジェ(D)1年1ヶ月
長期休養明けでこの中間は乗り込み量豊富。休み前よりも好時計が出ていて、字面上は悪くない印象を受ける。ただ、休み前にはスプリント戦を走っていた馬で戸惑ってしまいそう。

ワンダープチュック(B)中4週
叩き2戦目の前走時は追い切りの時計も良化し、状態は良かった。この中間は引き続き坂路で同じような時計を出せており、大きな馬の叩き3戦目でさらに良くなってきそう。


このコラムからの推奨馬は、ダイワキャグニーサリオスザダルの3頭を挙げておきます。


◇今回は毎日王冠編でした。
毎日王冠京都大賞典というと、レース名を聞くだけで秋のG1レースに向けて「さあこれから!!」と胸が高鳴る思いや、期待が膨らむという方も少なくないと思います。近年は育成牧場での調整が主流となり、前哨戦を使わずいきなり本番というスタイルも多くみられ、本番前のひと叩きのシーンも少なくなってきたように思います。個人的には、オグリキャップイナリワンの壮絶な追い比べや、エルコンドルパサーグラスワンダーに影をも踏ませないサイレンススズカの逃げ切りなど、記憶に残るレースが多いこの毎日王冠京都大賞典には、本番でも人気になるようなトップホースに1頭でも出走してきてもらいたい――そんな風に毎年願いつつ出走馬を眺めてしまうレースでもあります。

それでは次回、菊花賞編(予定)でお会いしましょう。

毎日王冠出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年7月25日(木) 14:15 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019アイビスサマーダッシュ
閲覧 1,812ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


7月28日(日) 新潟11R 第19回アイビスサマーダッシュ(3歳以上G3・芝1000m)

【登録頭数21頭】(フルゲート18頭)


ラブカンプー(D)
今年の春は調教内容も動きも悪く、調子がイマイチだった。この中間は回復の兆しは感じられるが、昨年のような勢いはない。

ダイメイプリンセス(A)
昨年の勝ち馬で直線1000mは3戦3勝。この中間は坂路での時計が良くなってきており、得意の条件に向けて調子も上がってきている感じ。

カイザーメランジェ(C)
前走重賞勝ちも、6頭が除外となったレースでのもの。函館からの輸送もあり、マイナス材料は多い。

ナインテイルズ(C)
昨年3着馬。調教では速い時計の出る馬だが、この中間はこの馬にしてはやや時計がかかり気味で、物足りないところあり。

ビップライブリー(C)
前走時は坂路、CWでかなりの好時計が出ていて調子が良さそうだったものの、パドックではまだ馬体に余裕がある感じ。その意味で今回は、上積みがありそう。

ラインスピリット(B)
このレースへは2年連続出走していて6着、5着の成績。休み明けのCBC賞時は3週連続強めに追われていたが、終いの時計がかかっている印象で、パドックでも動きが硬く映った。この中間は、1週前に好時計が出ていて上積みを感じさせた。前走を使われての硬さが取れてくるようなら、好走も期待できる。

ライオンボス(C)
今年春の新潟では直線競馬2連勝、それまでの2勝もダート1000mでのもので、直線競馬と言うよりは1000m戦自体が向いているのかもしれない。前走後は、ここを目標に調整されているが、工事中のため南Wでの調教ができずPコースでの調整。もともとそれほど目立つ時計の出る馬ではないが、連勝中の勢いを感じるほどの内容でもない。

トウショウピスト(F)
栗東所属時はCWでは好時計が出ていても、坂路ではそれほど目立つ時計は出せていなかった馬。美浦転厩後は坂路中心に調教されてきているが、終いの時計がかかってしまっている。今回初の千直参戦となるが、このコースに向いているようなタイプではなさそう。

ミキノドラマー(D)
毎年出走したレースの半分以上が直線競馬というくらい、舞台経験豊富な一頭。休み明けのこの中間は、北Cコースでの追い切りということもあるとは思うが、物足りない調教内容。休み明けでの勝利もあるが、どちらかと言えば叩き2戦目の千直での好走のイメージが強い。

アルマエルナト(D)
5月の韋駄天S4着以来と直線競馬を待っての出走も、南Wコース工事中のため芝コースで追われての調整過程。普段南Wで好時計の出る馬がマークした内容としては今回の芝コースでの時計はかなり物足りなく、前走の走りは期待できない。

オールポッシブル(D)
近走は前に行ってもバッタリ止まってしまうレースが続いている。前走時は坂路でかなり良い時計が出ていたが、この中間は中1週とはいえ時計になるところを出しておらず調子が良いと言える感じはない。今回1000m戦も直線競馬も初めてだが、適性の前に調子が良くならないと厳しそう。

シベリアンスパーブ(B)
前々走、前走時と南W、坂路で好時計が出ていて、調子自体は悪くなさそう。この中間も、中1週でもレース翌週の火曜日から坂路で軽めに乗られていて、速い時計こそ出していないが疲れは感じさせない。最終追い切りで好時計が出るようなら注意したい。

レジーナフォルテ(B)
休み明けの春雷S時は、パドックでもかなり良く見えて2着に好走。2走前の新潟ではかなりイレ込んでいて、前走バーデンバーデンC時はパドックでお腹のあたりが緩く映った。ここ2戦は、そのあたりが影響していたかもしれない敗戦内容。ただ前走時は調教では好時計が出ており、叩かれての中1週で今回馬体が締り、最終追い切りで好時計が出ているようなら、ここ2年3着、4着と好走しているレースなので軽視はできない。

アンフィトリテ(F)
デビューから3連勝した馬だが、その後2度の長期休養を挟んでの2戦消化でここへ。ただ、調教時計も良化に乏しく、パドックでの歩様もぎこちない。今回中1週でのレースだが、まだまだ時間はかかりそう。

ショウナンアエラ(D)
この中間は栗東で調整されており、小倉の佐世保Sに出走する予定。ただこの間隔なら1週前に速い時計を出していても良さそうなところ、栗東坂路で軽めの調整なので、まだビッシリ追える状態にはないのかもしれない。

フェルトベルク(E)
3月から使い詰めできていて、前走時もこの中間も物足りない時計しか出ていない。状態面での不安あり。

ブロワ(E)
直線競馬には5回出走しているが8着が1回であとは2桁着順で、全て勝ち馬から0.8秒以上離されている状況。この中間も間隔が空いている割に、速い時計は1週前のPコースでの追い切り1本のみと少なく、ガラッと変わる感じはない。


<以下、抽選対象馬(1/2)>


カッパツハッチ(A)
今年4戦は好成績で、昨年の調教時計との比較でも今年は南W、坂路と好時計が出ていて調子がかなり良さそう。この中間も乗り込み豊富で、3週前から速い時計で追い切られている。勢い、状態と、今年のメンバーでは一番。

レッドラウダ(A)
直線競馬の常連と言っても良いくらい、このコースで多く走っている馬だが、かなりムラがある。ただこの中間は坂路で良い時計が多数みられていて、近走の中では最も良い状態で出走できるかもしれない。


<以下、除外対象馬>


ゲンキチハヤブサ(D)
長期休養明けの韋駄天Sでは初めての直線競馬で5着の好走。ただその後の2戦、この中間と目立つ時計は出ておらず、その時よりも良くなっている感じはない。

プッシュアゲン(F)
先週函館で出走して15着。出走するにしても北海道から新潟への輸送があり、普通に考えても移動するだけで疲れてしまう。



◇今回はアイビスサマーダッシュ編でした。今週からは札幌、新潟、小倉と3場すべて開催場が変わります。とりわけ新潟開催のひとつの魅力であり、今回のアイビスサマーダッシュの舞台でもある直線芝1000m戦に関しては、現在発売中の『競馬の天才!8月号』でも取り上げたように、私個人としても気合の入る条件。誌面では、限られたスペースの都合上調教面から狙える馬についてシンプルにまとめていますが、好走する馬たちの特徴などを掴んで頂ける内容になっているのではないかと思っていますので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。千直競馬は、新馬戦以外の2歳未勝利戦からG3アイビスサマーダッシュまで、1日1レース限定で様々な条件で行われていきますので、陸上の100m走を見るような感覚で、あの独特の雰囲気を楽しんで頂きたいと思っています。

それでは次回、札幌記念編でお会いしましょう。(^_-)-☆


アイビスサマーダッシュ出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年7月21日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年07月21日号】特選重賞データ分析編(160)~2019年アイビスサマーダッシュ~
閲覧 2,331ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 アイビスサマーダッシュ 2019年07月28日(日) 新潟芝1000m直


<ピックアップデータ>

【前走の着順別成績(2015年以降)】
○4着以内 [2-4-4-14](複勝率41.7%)
×5着以下 [2-0-0-34](複勝率5.6%)

 2015年以降の3着以内馬12頭中、前走の着順が5着以下だったのは、2015年1着のベルカントと2018年1着のダイメイプリンセスのみ。いずれも枠番が8枠だったうえ、単勝1番人気の支持を集めていました。ちなみに、2014年以前の傾向もほぼ同様。特殊な条件のレースですが、まずは近走の勢いに注目すべきでしょう。

主な「○」該当馬→カイザーメランジェカッパツハッチライオンボス
主な「×」該当馬→ダイメイプリンセスナインテイルズビップライブリー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬」だった馬は2015年以降[4-3-4-36](複勝率23.4%)
主な該当馬→カイザーメランジェナインテイルズ

[もっと見る]

⇒もっと見る

カイザーメランジェの口コミ


口コミ一覧
閲覧 186ビュー コメント 0 ナイス 5

土曜日に馬券する準オープン以上のレースは、下の方に書いておく!

< 馬 場 状 態 > 詳細は、サークル>馬場研究会 を見て下さい!!
馬場:各騎手が「内」を避けるだけに4角での進路取りのロスが勝敗に大きく影響しそう
時計:1.08.7

< 逃げ馬・逃げる意識が強い騎手 >想定以上の力が発揮される可能性が高いので注目!
ハナ:テイエムスパーダ
番手:オタルエバー
3番:メイショウソラフネ
展開:テイエムスパーダが単騎で、番手以降は追いかけないのでミドルペース

< 馬券 >
◎:ルガル:出遅れは心配だが時計が掛かる馬場状態なので挽回も可能、不良馬場完勝も頼もしい
○:オタルエバー:北陸ステークス1着は時計が掛かる馬場の適性を示し、松山 弘平騎手も安心
注:アグリ:時計が掛かる馬場状態でも能力が損なわれないのか?
★:メイショウソラフネ:この人気なら単勝も買っておきます!!
☆:カイザーメランジェ:津村 明秀騎手なら全騎手が避ける「内」を一か八かを狙う!
鼻:テイエムスパーダ

△:3・11・15

<< 白富士ステークスリステッド >>
< 馬券 >
◎:シルトホルン
○:該当無し
注:ロードデルレイ

△:6・7・8・9・10・11

<< クロッカスステークスリステッド >>
馬場:開幕週で時計は速いはず、前が止まらない馬場状態
ハナ:イサチルシーサイド
番手:ジャスパーノワール
3番:オーキッドロマンス
展開:上記3頭が後続を大きく離す隊列、この3頭は粘り強く馬場も味方するので、差込む馬は少ない
< 馬券 >
◎:ダノンマッキンリー
○:オーキッドロマンス
注:該当無し
★:ジャスパーノワール
☆:スピリットガイド
鼻:イサチルシーサイド

△:エリカカリーナ
△:ロジリオン

<< 銀蹄ステークス >>
馬場:良馬場でも時計が速い東京のダート、速い脚が問われる特殊な舞台
ハナ:マニバドラ
番手:ニシノカシミヤ
3番:サトノルフィアン
展開:サトノルフィアンのスピードが上位で先行馬には厳しいハイペースを想定する
< 馬券 >
◎:サトノルフィアン
○:ハチメンロッピ
注:フォーチュンテラー
鼻:マニバドラ

△:プラチナジュビリー
△:バグラダス

<< 舞鶴ステークス >>
< 馬券 >
◎:バハルダール
○:レッドプロフェシー
注:クールミラボー
★:ハートオブアシティ
☆:マイネルクロンヌ

△:該当無し


< 馬券の組み立て >
1.馬 連:◎ = ○(1点)
2.馬 単:◎ → ○・★・☆(3点)
3.3連複:◎ = ○ = ★・☆(2点)
4.3連単:◎ → ○ → 注・★・☆・鼻・△・△(6点)
5.残りは、鼻 or サンドイッチ or 厚め(3点)

 軸馬狙い撃ち 2024年1月26日(金) 17:05
シルクロードステークス 外厩情報
閲覧 209ビュー コメント 1 ナイス 11

シルクロードステークスで帰厩初戦となる馬の外厩情報共有します。

 1番カイザーメランジェ(津村明秀騎手)KSトレセン

 4番ルガル(西村敦也騎手)チャンピオンヒルズ

 5番エターナルタイム(C.ルメール騎手)ノーザンF天栄

 7番ジューンオレンジ(横山和生騎手)チャンピオンヒルズ

 9番サンライズロナウド(横山典弘騎手)ノーザンFしがらき

14番テイエムスパーダ(富田暁騎手)ムロタHT

15番バースクライ(岩田望来騎手)エイシンステーブル

16番トゥラヴェスーラ(永島まなみ騎手)グリーンウッド

17番オタルエバー(松山弘平騎手)ノーザンFしがらき

以上になります。

[もっと見る]

 競馬が大好き(複勝男 2024年1月25日(木) 23:26
シルクロードステークス 2
閲覧 118ビュー コメント 0 ナイス 1

シルクロードステークス

1月28日 日曜日 京都競馬場

芝1200M GⅢ 4歳以上ハンデ戦

出走馬の個人的な評価

競馬ブックポイント ◎3ポイント ○2ポイント ▲1ポイント ◬0.5ポイント

ハンデ

58

アグリ 21ポイント 2位
(前走の阪神カップは相手も強かったが意外と距離も影響したかも。今回は1200Mなので差し脚も強烈になってきているし関西なら崩れずに走れている。ハンデは重いがここ2走も58Kgだったので他の馬との斤量差があるのでそこだけかなと不安は。)


トゥラヴェスーラ 0.5ポイント△4こ 着差1.2 9位
(58Kgでもいい脚で差してきているので時計が掛かる馬場にならばチャンスはあると思っている。永島騎手も差しは悪くないのでスタートが決まれば進め方は楽になると思う。)

57.5

ルガル 25ポイント 1位
(京阪杯2着で安定感は高い馬でただ前走から1.5Kg斤量増加になって他の馬に比べてどうなるかが不安。道悪も経験しているので時計のかかる馬場も気にならないけど今回は背負う立場になるのでいい脚が使えるかどうか?)

57

オタルエバー 11.5ポイント 3位
(連勝中で馬場もコースも問題ない馬になってきていて本格化かなと。重賞経験もあるし自在性もあるし先行力もあるのでレースの流れに乗れればチャンスはあると思う。相手強化になって地力でどこまで通用出来るかというところかなと。)

サンライズオネスト 0ポイント△6こ 12位
(1200Mでは安定した成績なので前走から1Kg減になってチャンスはあると思う馬かな。相手は揃うけど右回りの方が安定しているし中団から進めてどこまで伸びるかと思うからスムーズに進めたいですね。)

ホープフルサイン 0ポイント△1こ 着差 ハナ 13位
(前走のタンザナイトステークスで人気薄で2着と激走したので嵌まれば面白い馬ですが連続の好走が8歳だけにあるかどうか?時計のかかる馬場で前回同様に内枠に入ればもう1回の激走もあるかもですね。)

56

メイショウソラフネ 1ポイント 8位
(前走の淀短距離ステークスで2着に好走して昇級2戦目でこのクラスに目途はついて今回相手強化になるしローテーションはきついけど先行出来て上手く前残りの展開になれば前走同様いいレースが出来そうですが、前走淀短距離ステークス組は相性良くないんでね。)

テイエムスパーダ 0.5ポイント△4こ 着差1.2 10位
(前走はスプリンターズステークスだったので力的に展開的にしんどかったので、今回はGⅢということで逃げやすくはなると思う。直線も平坦だし56kgは重いけど上手く自分の流れになればGⅡも勝っている馬なので侮れないと思う。)

ディヴィナシオン 0ポイント△1こ 着差0.2 14位
(ここ2戦はいい脚は使っているので衰えはまだ小さいかなと思ってる。ただ展開が向かないとしんどいし京都は直線が平坦なので追い込むには厳しいコースなので出来るだけ時計のかかる状態になれば少しはあるかも。)

カイザーメランジェ 0ポイント 着差1.7 18位
(前走はダート重賞なので参考外と思う。前々走でリステッド勝利しているのでまだ終わった馬ではないと思う。最近は差す競馬しかできてないので条件的には時計が掛からないとしんどいと思う。)


55

サンライズロナウド 2ポイント 7位
(昇級初戦で中2週で状態がどうか?相手強化になるし逃げていた馬がここ2戦で差す競馬をしているので侮れないし前走から3Kg減になるのも差し脚的にももっといい脚を期待はする。ただ距離短縮1200Mのレースの流れでついていけなくなるか、逆に脚が溜まるか?直線で上手く進めれば期待はしてもいいのかなと。)

ショウナンハクラク 0.5ポイント△0こ 11位
(ここ2戦のOPと重賞で着外なので人気はないがそんなに負けていない馬。今回浜中騎手に乗り替わって前進があれば穴馬にはなるのかなと思っているが2kg減もあるし京都の1200Mが今回で4戦連続なのでそれが強みになればいいんですが。)

サトノラムセス 0ポイント 着差0.7 15位
(叩き2走目で状態が上がれば前走も淀短距離ステークスで4着に好走は出来ているので、相手は強くなるけど前走ぐらいの中団につければチャンスは出てくるかなと、2Kg減もあるし池添騎手で継続なので前進も見込んでなら。)

カワキタレヴリー 0ポイント 着差1.1 17位
(今回岩田康騎手になって1発を狙ってきたかなと、過去にNHKマイルカップ3着に来ている馬なので嵌まれば怖い印象もある。得意のイン突きでスペースがあればいいんですが、この距離では前には行けてない馬ですから追い込むのは間違いないのかなと。)

54

エターナルタイム 8.5ポイント 4位
(休み明けで距離短縮で輸送もあるので未知の部分が多い馬、鞍上が継続でルメール騎手になるので人気はするのは間違いないので。ずっと先行は出来た馬がこの距離でどの位置で競馬が出来るかもわからないし、差し脚はここでも上位とは思っているので上手く脚が溜まって直線上手く捌ければというところかなと。)

バースクライ 4ポイント 5位
(3連勝中でコースも別で勢いならこの馬。ハンデも54で背負いなれているし勝ち時計も速い方なのでここでも通用しそうと思う。京都コースが初めてだけで相手強化にもなるし今回試金石となりそう。差してくるイメージなので位置取りが重要かなと。)

ジューンオレンジ 3.5ポイント 6位
(連勝中で1400Mだから今回距離短縮でどうか?コースは初めてですが直線平坦の函館で勝利もしているし重賞経験も桜花賞出ているので格負けもなさそう。先行力があるので相手が揃ってもそれなりの位置で競馬が出来ればいい脚も使えている馬なので。)

リバーラ 0ポイント 着差0.8 16位
(叩き2走目ですが前走のカーバンクルステークスが16着以なので人気はかなり落ちそうですが0.8秒差で不利もあったのでそこまでは弱くはないかな。輸送ですが関西重賞を勝っているし上手く先行も出来ている馬なので展開が向けばチャンスはあってもいいのかなと。逃げれば面白そうだけどなぁ。)


現時点予想

◎ オタルエバー
○ アグリ
▲ バースクライ
△ ルガル
△ エターナルタイム
穴 ジューンオレンジ
大穴 リバーラ


[もっと見る]

⇒もっと見る

カイザーメランジェの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  HELPRO   フォロワー:2人 2018年7月21日() 15:58:36
比較的人気に応えた唯一の馬。
価値が高いのは武藤雅の存在価値が高まった事。
トンビが良い子を生んだ希少な例であるのは武藤雅にとって何より幸い。

カイザーメランジェの写真

カイザーメランジェ
カイザーメランジェ

カイザーメランジェの厩舎情報 VIP

2024年1月28日シルクロードS G318着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カイザーメランジェの取材メモ VIP

2024年1月28日 シルクロードS G3 18着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。