シゲルピンクルビー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
シゲルピンクルビー
シゲルピンクルビー
シゲルピンクルビー
シゲルピンクルビー
シゲルピンクルビー
写真一覧
現役 牝4 栗毛 2018年1月26日生
調教師渡辺薫彦(栗東)
馬主森中 蕃
生産者天羽牧場
生産地日高町
戦績12戦[3-0-0-9]
総賞金9,922万円
収得賞金4,200万円
英字表記Shigeru Pink Ruby
血統 モーリス
血統 ][ 産駒 ]
スクリーンヒーロー
メジロフランシス
ムーンライトベイ
血統 ][ 産駒 ]
High Chaparral
ムーンライトダンス
兄弟 シゲルピンクダイヤシゲルローズマリー
市場価格3,024万円(2019北海道セレクションセール)
前走 2022/08/28 キーンランドカップ G3
次走予定

シゲルピンクルビーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/08/28 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 163620.0108** 牝4 54.0 和田竜二渡辺薫彦 472
(+6)
1.09.8 0.734.9⑥⑦ヴェントヴォーチェ
22/06/12 函館 11 函館SS G3 芝1200 16367.5410** 牝4 54.0 和田竜二渡辺薫彦 466
(-4)
1.07.8 0.634.6ナムラクレア
22/05/08 中京 11 鞍馬S OP 芝1200 187136.231** 牝4 55.0 和田竜二渡辺薫彦 470
(-6)
1.07.1 -0.233.2ダディーズビビッド
22/02/19 阪神 11 京都牝馬S G3 芝1400 18486.244** 牝4 54.0 和田竜二渡辺薫彦 476
(+6)
1.20.1 0.433.9⑤④ロータスランド
21/11/28 阪神 12 京阪杯 G3 芝1200 1671320.375** 牝3 53.0 高倉稜渡辺薫彦 470
(+4)
1.09.1 0.334.6エイティーンガール
21/09/12 中京 11 セントウルS G2 芝1200 1781752.4911** 牝3 52.0 和田竜二渡辺薫彦 466
(+4)
1.08.0 0.833.5⑩⑩レシステンシア
21/08/22 小倉 11 北九州記念 G3 芝1200 18599.164** 牝3 52.0 和田竜二渡辺薫彦 462
(0)
1.08.4 0.234.4⑦⑥ヨカヨカ
21/06/13 札幌 11 函館SS G3 芝1200 16236.329** 牝3 50.0 泉谷楓真渡辺薫彦 462
(0)
1.08.1 0.534.3⑬⑬ビアンフェ
21/04/11 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 1871556.01016** 牝3 55.0 和田竜二渡辺薫彦 462
(-2)
1.33.5 2.436.0ソダシ
21/03/14 阪神 11 Fレビュー G2 芝1400 183513.981** 牝3 54.0 和田竜二渡辺薫彦 464
(-6)
1.20.7 -0.135.1⑥⑦ヨカヨカ
20/12/13 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 1851056.91117** 牝2 54.0 幸英明渡辺薫彦 470
(-10)
1.34.7 1.635.7⑤④ソダシ
20/11/15 阪神 4 2歳新馬 芝1400 17123.411** 牝2 54.0 幸英明渡辺薫彦 480
(--)
1.22.3 -0.234.5⑦⑥ゼリア

シゲルピンクルビーの関連ニュース

マーキュリーCを制したバーデンヴァイラー(栗・斉藤崇、牡4)は、シリウスS(10月1日、中京、GⅢ、ダ1900メートル)に進む。鞍上は引き続き福永騎手。僚馬のプロキオンS12着ラーゴム(牡4)は、白山大賞典(10月4日、金沢、JpnⅢ、ダ2100メートル)へ。

さきたま杯5着ヘリオス(栗・寺島、騸6)は、南部杯(10月10日、盛岡、JpnI、ダ1600メートル)へ向かう。

ヴィクトリアマイル14着アンドヴァラナウト(栗・池添学、牝4)は府中牝馬S(10月15日、東京、GⅡ、芝1800メートル)へ向かう。鞍上は引き続き福永騎手。

札幌記念14着ケイデンスコール(栗・安田隆、牡6)はスワンS(10月29日、阪神、GⅡ、芝1400メートル)へ。

★エニフS2着アーバンイェーガー(美・高橋文、牡8)は、ながつきS(24日、中山、OP、ダ1200メートル)を予定。

関屋記念5着ピースワンパラディ(美・大竹、牡6)は、富士S(10月22日、東京、GⅡ、芝1600メートル)を視野に入れる。

キーンランドC8着シゲルピンクルビー(栗・渡辺、牝4)は、夕刊フジ杯オパールS(10月9日、阪神、L、芝1200メートル)へ。

★ラジオ日本賞で除外となったレッドヴェイロン(美・鹿戸、牡7)は、北村宏騎手とのコンビでグリーンチャンネルC(10月10日、東京、L、ダ1600メートル)へ。

京成杯AH8着コムストックロード(美・中野、牝3)は、信越S(10月16日、新潟、L、芝1400メートル)に向かう。キーンランドC11着の僚馬マウンテンムスメ(牝4)は、ルミエールAD(10月30日、新潟、L、芝直線1000メートル)へ。

【有名人の予想に乗ろう!】キーンランドC2022 徳光和夫さん、ジャンポケ・斉藤さんなどズラリ!競馬大好き芸能人・著名人が全力予想! 2022年8月28日() 05:30


※当欄ではキーンランドCについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
3連単ボックス
ヴァトレニ
マウンテンムスメ
ジュビリーヘッド
マイネルジェロディ
メイショウミモザ
ワイド流し
⑫-①②⑤⑥⑦⑨⑪⑯

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑯トウシンマカオ
単勝


【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑨ジュビリーヘッド
○⑭エイティーンガール
▲⑤ウインマーベル
△⑫マイネルジェロディ
△⑮レイハリア
△⑯トウシンマカオ

【キャプテン渡辺】
◎⑯トウシンマカオ
単勝

馬連流し・ワイド流し
⑯-⑭⑮
3連複
⑬→⑮→⑯
②→⑬→⑮
②→⑮→⑯
②→⑬→⑯

【DAIGO】
◎⑯トウシンマカオ

【神部美咲】
◎①ヴァトレニ

【原奈津子】
◎①ヴァトレニ
○⑬メイショウミモザ
▲⑥シゲルピンクルビー

【長岡一也】
◎⑤ウインマーベル
○⑨ジュビリーヘッド
▲⑭エイティーンガール
△①ヴァトレニ
△⑩ロードマックス
△⑪オパールシャルム
△⑮レイハリア

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑧ヴェントヴォーチェ
馬単流し
⑧→①③⑤⑥⑨⑩⑪⑬⑭⑮⑯
3連単フォーメーション
⑤⑨⑩⑪⑭⑯→①③⑤⑥⑨⑩⑪⑬⑭⑮⑯→⑧
⑤⑨⑩⑪⑭⑯→⑧→①③⑤⑥⑨⑩⑪⑬⑭⑮⑯

【ギャロップ林】
◎⑯トウシンマカオ
馬連流し
⑯-②⑤⑧⑨⑩⑪⑭
3連単フォーメーション
⑯→⑤⑧⑩→①②⑤⑧⑨⑩⑪⑭
⑤⑧⑩→⑯→①②⑤⑧⑨⑩⑪⑭

【恋さん(シャンプーハット)】
◎⑨ジュビリーヘッド
3連単2頭軸流しマルチ
⑨→⑧→①⑤⑥⑦⑩⑪⑭⑯

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑥シゲルピンクルビー
馬単
⑥→⑭エイティーンガール
⑭→⑥
3連単2頭軸流しマルチ
⑥→⑭→⑤⑬

【浅越ゴエ】
◎⑭エイティーンガール
ワイド流し
⑭-⑨⑩
馬連流し
⑭-⑨⑩
3連単ボックス
⑨⑩⑭

【月亭八光】
◎①ヴァトレニ
3連単フォーメーション
①→⑤⑧⑨⑩⑯→②⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯
⑤⑧⑨⑩⑯→①→②⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑩ロードマックス
3連単2頭軸流しマルチ
⑩→⑨→①②③④⑤⑥⑦⑧⑪⑫⑬⑭⑮⑯
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑧ヴェントヴォーチェ
馬連流し
⑧-①③⑤⑥⑨⑩⑪⑭⑯
3連単フォーメーション
⑧→⑩→①③⑤⑥⑨⑪⑭⑯
⑧→①③⑤⑥⑨⑪⑭⑯→⑩

【下田真生(コウテイ)】
◎⑭エイティーンガール
3連単フォーメーション
⑨→⑭→②③④⑦⑫
⑨→⑭→⑥⑧⑪⑬
⑧⑩⑪⑬→⑭→⑨

【九条ジョー(コウテイ)】
◎⑭エイティーンガール
複勝


【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ロードマックス
ウインマーベル
ジュビリーヘッド
ヴァトレニ

【粗品(霜降り明星)】
◎⑯トウシンマカオ
馬連流し
⑯-①③⑤⑧⑨⑩⑪⑬⑭⑮

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑪オパールシャルム
ワイド流し・馬連流し
⑪-①②⑤⑫⑬
⑩-①②⑤⑫⑬

【杉本清】
◎⑤ウインマーベル
○⑨ジュビリーヘッド
▲⑭エイティーンガール
☆⑧ヴェントヴォーチェ
△①ヴァトレニ
△⑮レイハリア

【船山陽司】
◎⑩ロードマックス

【皆藤愛子】
◎①ヴァトレニ

【小木茂光】
◎⑨ジュビリーヘッド
3連単フォーメーション
⑨⑫⑬→①⑤⑧⑨⑩⑫⑬⑭⑮⑯→⑨⑫⑬

【守永真彩】
◎①ヴァトレニ
3連複フォーメーション
①⑨⑭-①⑨⑭-①⑤⑨⑭⑮⑯

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑪オパールシャルム
○⑤ウインマーベル
▲①ヴァトレニ
△⑩ロードマックス
△③サヴォワールエメ
△⑨ジュビリーヘッド
△⑬メイショウミモザ
3連単1頭軸流しマルチ
⑪→①③⑤⑨⑩⑬

【橋本マナミ】
◎⑤ウインマーベル
○⑭エイティーンガール
▲⑮レイハリア
☆①ヴァトレニ
△⑨ジュビリーヘッド
△⑩ロードマックス
△⑯トウシンマカオ

【稲富菜穂】
◎⑮レイハリア
○⑤ウインマーベル
▲⑬メイショウミモザ
△⑨ジュビリーヘッド
△⑥シゲルピンクルビー
△⑭エイティーンガール
△②ビリーバー

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎①ヴァトレニ

【中野雷太】
◎⑭エイティーンガール

【清水久嗣】
◎⑯トウシンマカオ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑮レイハリア

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑩ロードマックス
○⑯トウシンマカオ
▲①ヴァトレニ
△⑨ジュビリーヘッド
△⑬メイショウミモザ
△⑭エイティーンガール

【天童なこ】
◎⑪オパールシャルム
○①ヴァトレニ
▲⑨ジュビリーヘッド
☆⑭エイティーンガール
△⑩ロードマックス
△⑮レイハリア
△⑥シゲルピンクルビー
△⑧ヴェントヴォーチェ
△⑬メイショウミモザ
△⑯トウシンマカオ
△⑤ウインマーベル



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】キーンランドC2022 6項目で減点なし5頭の中からエイティーンガールを挙げる 2022年8月27日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!キーンランドC・データ分析 をお届けします!

【馬齢】
札幌で行われた直近9回(2012、2014~2021年)における1~3着馬の馬齢を確認すると、3歳から9歳まで実に幅広い。一方、7~9歳の2着連対圏入りは、せん馬のエポワス(2017年1着)1頭のみ。ベテランの牡・牝馬は安定感を欠いている。

(減点対象馬)
ビリーバー ④ジェネラーレウーノ

【性別】
札幌施行の直近9回における性別成績は、牝馬【6.4.5.37】、せん馬【1.0.0.9】、牡馬【2.5.4.64】。牝馬が優位の状況にある。なお、牡馬の2着連対圏入りはすべて前走4着以内馬。前走5着以下敗退の牡馬は疑ってかかるべきだろう。

(減点対象馬)
ジェネラーレウーノ ⑧ヴェントヴォーチェ ⑫マイネルジェロディ ⑯トウシンマカオ

【前走使用競馬場】
札幌で行われた直近9回における1~2着馬延べ18頭の前走使用競馬場を検証すると、札幌、函館、新潟、東京、中京の5パターンに集約される。これ以外のステップで臨んだ馬は2着連対圏に達していない。

(減点対象馬)
オパールシャルム

【前走使用距離】
札幌施行の直近9回における2着以内馬延べ18頭の前走使用距離をみると、芝1000m、芝1200m、芝1600mの3通りに絞られる。ただし、1000m組の2着連対圏入りは前走重賞1着馬のみ。1600m経由の連対は前走G1 1ケタ着順馬に限られる。頭に入れておきたい傾向だ。

(減点対象馬)
ジェネラーレウーノ ⑦マウンテンムスメ ⑧ヴェントヴォーチェ ⑬メイショウミモザ

【サマーシリーズ敗退組】
前走がサマースプリントシリーズ対象レース敗退の場合、函館SSなら勝ち馬からタイム差0秒2以内、CBC賞であれば同0秒5以内がひとつの目安。札幌施行の直近9回、この条件を満たしていなかった馬は2着連対圏に届いていない。また、アイビスSD組の連対は前走1着馬のみとなっている。

(減点対象馬)
シゲルピンクルビー ⑦マウンテンムスメ ⑧ヴェントヴォーチェ ⑮レイハリア

【前走非重賞組】
札幌施行の直近9回、非重賞戦経由で2着連対圏入りを果たした馬は7頭。うち4頭は前走1着、残りの3頭は前走で単勝5番人気以内の支持を集めていた。前走で非重賞戦に出走し、6番人気以下かつ2着以下に敗れていた馬は強調できない。

(減点対象馬)
サヴォワールエメ

【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、①ヴァトレニ、⑤ウインマーベル、⑨ジュビリーヘッド、⑩ロードマックス、⑭エイティーンガールの5頭。

最上位には⑭エイティーンガールを挙げたい。2年前1着かつ前年2着という舞台相性の良さもさることながら、前走G1出走の栗東所属牝馬は、札幌施行の直近9回【1.1.0.2】と上々の成績を収めている。要注目の1頭だ。

3歳かつ芝1200mの重賞ウイナーは、札幌施行の直近9回【2.1.0.3】。それに該当する、⑤ウインマーベルを2番手評価。以下、①ヴァトレニ、⑨ジュビリーヘッド、⑩ロードマックスらが続く。

<注目馬>
エイティーンガール ⑤ウインマーベル ①ヴァトレニ ⑨ジュビリーヘッド ⑩ロードマックス

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】キーンランドC2022 血統指数評価首位ロードマックスの妙味と相手5頭に期待 2022年8月27日() 12:00


こんにちは!ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの孫権です。
本日は28(日)に行われるG3キーンランドCを予想していきたいと思います。

まず、孫権のROBOTIP設定は「血統」の能力指数を100%重視しています。レース条件に応じて、必要な場合には他の能力指数(競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者)を配合しますが、基本的には「血統」指数オンリーで展開します。
そして、適性については、血統の「距離適性」「トラック適性」「周回方向適性」「G前の坂の有無適性」を配合します。
以上が、私孫権のROBOTIP設定の基本方針です。

今週のキーンランドCに関しては、「距離適性25%」「トラック適性25%」「周回方向適性25%」「G前の坂の有無適性25%」としたバランス配合とします。そして、補正は別定戦ということで斤量補正のみオンで臨みます。
これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。


孫権ROBOTIPが弾き出したキーンランドC全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑩ロードマックス   10.38%
2 ⑯トウシンマカオ    9.60%
3 ⑧ヴェントヴォーチェ  8.56%
4 ⑤ウインマーベル    7.88%
5 ⑫マイネルジェロディ  7.10%
6 ①ヴァトレニ      6.85%

7 ③サヴォワールエメ   5.92%
8 ⑥シゲルピンクルビー  5.77%
9 ⑨ジュビリーヘッド   5.75%
10 ④ジェネラーレウーノ  5.63%
11 ⑬メイショウミモザ   5.02%
12 ⑭エイティーンガール  4.93%
13 ⑪オパールシャルム   4.29%
14 ⑮レイハリア      4.22%
15 ⑦マウンテンムスメ   4.09%
16 ②ビリーバー      3.99%


ROBOTIPの基本的な考え方として、平均勝率(16頭立ての場合は6.25%)を上回る馬のみを馬券対象にしますので、今回のキーンランドCでは上位6頭までが馬券の対象ということに。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

 ⑩⑯>⑧⑤⑫①

ロードマックスが若干の差での首位。そして、次点には斤量補正が効いた格好の⑯トウシンマカオがつけ、その下に今回最大の差という構図。
(金曜執筆時点では)おそらく上位人気4頭+2頭、になるかというイメージの上位で、少し人気妙味のあるうちの1頭が、トップ⑩ロードマックスという様相ですので、ここは期待値的にも素直に。
今回は以下の単勝、3連複計11点(10,000円)で勝負とします。
アタマ一発まではともかくとして軸としての⑩ロードマックスへの注目と、3歳2騎含む相手どころの好走にも同等かそれ以上に期待して、レースを見守りたいと思っています。


【孫権のキーンランドC勝負馬券】

単勝

1点×2000円=2,000円

3連複ながし
⑩-①⑤⑧⑫⑯
10点×800円=8,000円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断(最終版)】キーンランドC2022 1番手はヴァトレニ!エイティーンガール、ロードマックスも上位評価! 2022年8月26日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はキーンランドC・調教予想(最終版)をお届けします!

日曜日に行われるキーンランドカップの出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

ヴァトレニ【A】
札幌芝単走。集中した様子でリズミカルな走り。馬場に対するアプローチもいい。直線で仕掛けられた際の反応も悪くなく、鞍上の手ごたえに見合った動きができている。ここでの力関係はさておき、連勝で青函Sを制した勢いを十分に窺わせる好内容だった。

ビリーバー【F】
木曜日の段階で、当該週における時計(15-15より速い時計)はなし。このまま臨むのか、それとも直前に軽くでも時計を出してくるのかは不透明(本稿執筆時点)。ゆえに判断しかねるものがある。いずれにせよ、当日の気配はしっかり確認しておいたほうがいいだろう。

サヴォワールエメ【C】
札幌ダ単走。間隔が詰まるので控え気味の調整。脚さばき自体は悪くないのだが、好調時はもっと伸びやかなフットワークで駆けていたような気も。ダートでの追い切りゆえに致し方ない面もあろうが、調教観点的に評価は上げづらい。

ジェネラーレウーノ【C】
札幌芝単走。コーナーまでの走りは悪くないのだが、直線に入ってからの気配はひと息。体を使い切れていないし、右前肢の振り出しも弱いように映る。元来稽古では良く見せる馬。その点を考慮すると、期待よりも不安のほうが先立つ。

ウインマーベル【B】
札幌芝併走。しまい重点の内容。ムキになることはなく、スナップも効いている。推進力が上に逃げ気味の完歩が時折見られる点は気がかりも、トータル的にはキビキビと動けている印象。まずまずの仕上がりではないか。

シゲルピンクルビー【B】
札幌芝単走。しまい重点の内容ながら、まずまずの伸び脚を示した。軸がブレ気味でフォームの安定性に欠けるが、適度な荒々しさがあり活気は十分。馬場をきっちり掴んでパワフルに走れている。現状の力を出せる態勢とみたい。

マウンテンムスメ【C】
函館芝併走。僚馬2頭に対し体勢有利の形でフィニッシュしたことは評価できる。一方で、全体的にこぢんまりと映り、走り自体にさほど余裕は感じられない。良くも悪くも平行線といった印象。評価を上げるには躊躇してしまう。

ヴェントヴォーチェ【B】
函館W単走。タイトなローテーションとあって、セーブ気味の内容。とはいえ、頭をグッと下げて余力十分の走り。きちんと折り合いがついているし、脚元の動きも力強い。大きな上積みまではどうかも、この馬なりにいい状態を維持している印象を持つ。

ジュビリーヘッド【B】
札幌芝単走。単走表記だが実質的に3頭併せの形。落ち着きがあるし、最後まで集中して走れている。もう1本欲しい中間履歴ではあるものの、稽古の雰囲気自体は悪くない。しっかりと負荷をかけた、このひと追いで仕上がりは間に合いそうだ。

ロードマックス【A】
札幌芝単走。コーナーで行きたがる面こそ変わらないが、ひと頃に比べて口向きは随分と良くなった。直線でも折り合いがついていたし、鞍上の軽い促しにも素早く対応。直後の回転鋭い脚さばきは見ごたえがあった。デキは高いレベルで安定している。

オパールシャルム【B】
札幌ダ単走。ダート調教ということもあってか、ひと蹴りでの進みが若干小さく映るものの、ハミ受け自体はスムーズ。ひと頃のモタれ癖が薄れ、落ち着いた姿で走れているのも好感。急上昇とはいかないまでも、デキは決して悪くない。

マイネルジェロディ【C】
札幌ダ単走。顔を時折右に向ける癖は相変わらずも、この馬とすればまとまったフォームで走れている。ただ、調教場所の違いはあれど、いい頃はもっと躍動感があったような気も。その点を踏まえると、前回を超える成績を望めるかどうかについては疑問符がつく。

メイショウミモザ【B】
札幌芝単走。頭の位置こそ高めも、持ち前の安定したフットワークは健在。体を柔らかく使えているし、仕掛けに対する反応も悪くなかった。もう少し重心が沈めば文句なしだが、大きく割り引くほどではない。穴候補として一考の余地はある。

エイティーンガール【A】
札幌芝単走。徐々にピッチを上げ、しまいまでしっかりと脚を伸ばした。首の動きが少し硬く映るものの、それはいつものこと。この馬とすれば適度に力が抜けて安定した走り。軽く気合をつけられてからの鋭い脚さばきは目を引くものがある。上々の仕上がり。

レイハリア【B】
函館W単走。四肢の可動域こそ狭めも、力みなく折り合いをつけて走れていた。体重のありそうな鞍上を背に、最後まで気勢を落とさず、しっかりと脚を伸ばしていたことも評価できる。いい頃の状態を取り戻しつつあるので、あとは実戦での集中力次第。その1点に尽きよう。

トウシンマカオ【B】
札幌芝併走。四肢の可動域が広く、脚さばきも力強い。状態は良さそうだが、僚馬を突き放す際に手前を戻したあたり、右手前を好む馬なのは間違いない。ようは実戦に行って、効果的な手前の変換および使い方ができるか否か。ジョッキーの手腕に委ねるほかない。


【調教予想からの注目馬】
A判定は3頭。①ヴァトレニを1番手とする。前後のバランスがとれた好フォーム、そして力強いフットワークは目を引くものがあった。乗り込み量の不足もなく、高く評価したい1頭だ。

気配の良さが目立つ、⑭エイティーンガールを次位に。スピードに乗ってからの躍動感ある走りが印象深い、⑩ロードマックスも上位評価に値する。

<注目馬>
ヴァトレニ ⑭エイティーンガール ⑩ロードマックス

[もっと見る]

【キーンランド】厩舎の話 2022年8月26日(金) 04:52

ヴァトレニ・長谷川師「重厚感があっていかにも洋芝が合う走り。体調も非常にいい」

ウインマーベル・芝崎助手「ブリンカーを着けて走りが変わった。同じ休み明けでもファルコンSのときよりいい」

ヴェントヴォーチェ・高橋助手「ソフトな調整にしています。スムーズな競馬ができれば」

エイティーンガール・飯田祐師「弾むような走りで休み明けとしてはいい状態」

オパールシャルム・会田助手「落ち着いていて体調はとてもいい」

サヴォワールエメ・宮下助手「チークピーシズ着用効果を感じる」

ジェネラーレウーノ・矢野師「以前の迫力にはもうひとつ」

シゲルピンクルビー・野元助手「前走は脚をためられなかった」

ジュビリーヘッド・横山和助手「常に力は出し切ってくれている」

トウシンマカオ・小峯助手「マイルは長かった。成長を感じる」

ビリーバー・石毛師「疲れはない。差し向きの流れになってほしい」

マイネルジェロディ・中二助手「前走は本来の走りではなかった」

マウンテンムスメ・中野助手「状態は戻っていて順調にきています」

メイショウミモザ・丹内騎手「反応が良かった。チャンスはある」

レイハリア・田島師「洋芝は問題ないです。斤量は大丈夫だと思う」

ロードマックス・田中博助手「ペースが速いほうが競馬はしやすい」

[もっと見る]

⇒もっと見る

シゲルピンクルビーの関連コラム

閲覧 1,231ビュー コメント 0 ナイス 1



先週末の金鯱賞ジャックドールが勝利。

スンナリ先手を取ると、直線も余力十分に抜け出しこれまで通りの完勝、5連勝で重賞初制覇を成し遂げた。2着は昨年の大阪杯覇者レイパパレレイパパレは昨年、破竹の連勝で大阪杯に挑みコントレイルを完封する圧勝だったが、今年は新たなスター候補が勢いのまま大阪杯に挑むことになりそうだ。

もっとも、大阪杯には圧倒的な主役として現役最強馬・エフフォーリアが控えている。今から直接対決が楽しみになって来た。

~父同様に3歳夏以降に上昇するモーリス産駒

ジャックドールは血統的にも注目。父はモーリスモーリス自身はデビュー戦で素質の高さを見せる圧勝を飾り、2戦目の京王杯2歳Sでは1.5倍という支持を集めた馬。だがそこで敗れると、3歳春時点では1勝を上積みしたのみ、本格化たのは古馬になってからだった。

モーリス産駒を見ていると父同様に3歳夏を過ぎてから、あるいは古馬になって一気に成長するタイプが多い。

現時点での代表産駒といえるピクシーナイトも、3歳早々にシンザン記念を制したものの、NHKマイルCでは12着と惨敗。本格化したのは秋になってからで、重賞2着を続けた後スプリンターズSを制した。母ジェンティルドンナの産駒としても期待が大きいジェラルディーナも、やはり本格化は3歳夏以降。3歳前半までは6戦1勝という平凡な戦績だったが、夏の小倉で1勝クラスを脱出すると、そこから3連勝。今や重賞戦線で勝ち負けまであと一歩のところまで来ている。

シゲルピンクルビールークズネストといった面々も3歳春G1では通用しなかったがまだ成長の余地がありそうだし、ノースブリッジルペルカーリアなど、今後が楽しみな素質馬も多く控えている。基本的に初年度産駒は育成が難しくなかなか大物が出にくいのが通例だが、モーリスに関していえばノウハウが蓄積された段階でまだ成長の余地を残しているタイプが多く、今後の飛躍にも期待できそうだ。馬券的には本格化のサインを見逃さないことだろう。モーリスがそうだったように、ある時期から急激に力をつけて行く印象があり、これはその父スクリーンヒーローや、そのもう一頭の代表産駒・ゴールドアクターにも通ずる特徴でもあった。

阪神大賞典展望

さて、今週末は3日間開催。4つの重賞が行われる盛りだくさんの週末となるが、こちらでは阪神大賞典を取り上げたい。注目はこの馬。

ユーキャンスマイル藤岡佑介騎手)

注目はユーキャンスマイル藤岡佑介騎手。もうずいぶんベテランの印象もあるがまだ7歳。一昨年の覇者、昨年は2着。しかも、まったく異なる馬場状態で結果を出しているのは心強い。さすがに秋のG1では通用しなかったが、自分の能力分だけはキッチリ毎回走る馬。今年はディープボンド以外はこれといった強敵はいないので、この馬の実績を素直に評価したい。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年2月25日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】しばらくイン有利が続きそうな阪神芝/中山記念展望
閲覧 1,554ビュー コメント 0 ナイス 2



フェブラリーSは前日夕方から降り始めた雨の影響により馬場がスピード化。前年に引き続き、先行馬、インを通った馬に有利な結果となった。

勝ったカフェファラオは前年の覇者。福永騎手は初騎乗だったが、スムーズに包まれない位置で先行すると、直線楽に抜け出した。さすが福永騎手という、綿密な準備が実った一戦だった。今年はテーオーケインズマルシュロレーヌチュウワウィザードといった面々が海外遠征のために不在で手薄なメンバー構成だったことも連覇のアシストになったように思える。終わってみれば前年の覇者と、勢いのあるベテランと、唯一の4歳馬という決着だった。

~開幕2週は想定通りイン有利でスタートした阪神芝

さて、今回は阪神の芝について少し触れておきたい。京都改修工事の影響もあり、今年も阪神競馬は天皇賞(春)までのロングラン開催となる。ロングラン開催の場合は通常以上に馬場保全していく必要があるために、イン有利になりやすいというのが、昨年から続いている傾向だ。

現状2週が過ぎた阪神芝だが、やはり当初想定していた通りイン有利が続いている。先週の京都牝馬ステークスも先行馬と内枠馬の決着で、外枠の差し馬勢にはほとんど出番がなかった。

京都牝馬S 結果】

1着 7番ロータスランド 2番手抜け出し
2着 2番スカイグルーヴ 内枠先行
3着 15番タンタラス 3番手追走
4着 8番シゲルピンクルビー 好位追走
5着 1番サンクテュエール 最内枠ラチ沿い追走

今週は3週目の開催。現時点では雨の心配も少なく好天に恵まれそうなので、引き続きイン有利が想定される。とりわけ隊列がスンナリ決まりそうなレースでは、先行馬、そして内枠の馬を重視することで、馬券の組み立てはしやすくなるはずだ。

中山記念の注目馬

さて、一方で開幕週となるのが中山開催。そのメインレースは中山記念。というわけで、最後はいつも通り、今週末の注目馬で締めたい。今回は中山記念からこの馬。

トーラスジェミニ西村淳也騎手)

前走の東京新聞杯では積極的に逃げたが、イルーシヴパンサー他、外からの差しが届く競馬になり直線は失速。決め手が生きる競馬ではさすがにしんどかった。もともとオープン4勝は函館、中山、中山、福島という完全な小回り巧者。同型馬が多いのは気になるが、昨年は七夕賞を2番手追走で制しているように逃げが絶対というタイプではない。開幕週の馬場を利しての粘り込みに期待したい。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年2月16日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年02月16日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(293)
閲覧 1,893ビュー コメント 0 ナイス 2



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、京都牝馬ステークスダイヤモンドステークス・ヒヤシンスステークス・小倉大賞典・大和ステークス・フェブラリーステークスの6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2022年02月19日(土) 阪神11R 京都牝馬ステークス
【“前年以降、かつ中央場所、かつ1400~1600m、かつ3勝クラス以上のレース”において“着順が2着以内、かつ4コーナー通過順が3番手以下”となった経験の有無別成績(2016年以降)】
●あり [5-5-6-23](3着内率41.0%)
●なし [1-1-0-57](3着内率3.4%)
→コース適性や脚質が明暗を分けそう。特別登録を行った馬のうち“2021年以降、かつ中央場所、かつ1400~1600m、かつ3勝クラス以上のレース”において“着順が2着以内、かつ4コーナー通過順が3番手以下”となった経験があるのは、アクアミラビリスギルデッドミラーシゲルピンクルビースカイグルーヴハッシュゴーゴーロータスランドの6頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
阪神芝1400m内×オルフェーヴル×前走中央場所
→3着内率40.7%、複勝回収率129%


▼2022年02月19日(土) 東京11R ダイヤモンドステークス
【前走のコースがJRAだった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2016年以降)】
●3位以内 [4-3-3-15](3着内率40.0%)
●4位以下 [2-2-3-52](3着内率11.9%)
→前走の末脚に注目したい一戦。なお、前走のコースがJRA、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が4位以下だったにもかかわらず3着以内となった7頭のうち5頭は、前走の馬体重が490kg以上、かつ父がサンデーサイレンス系種牡馬でした。


▼2022年02月20日(日) 東京09R ヒヤシンスステークス
【前走との間隔別成績(2016年以降)】
●中3週以内 [0-0-0-27](3着内率0.0%)
●中4週以上 [6-6-6-36](3着内率33.3%)
→前走との間隔に余裕がない馬は不振。さらに、前走の馬体重が480kg未満だった馬も2016年以降[0-0-1-25](3着内率3.8%)と苦戦しています。


▼2022年02月20日(日) 小倉11R 小倉大賞典

[もっと見る]

2021年8月27日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】荒れ馬場の小倉芝は騎手の特徴を確認しやすい/キーンランドカップ展望
閲覧 1,319ビュー コメント 0 ナイス 1



雨の影響を大いに受けた北九州記念は、外枠から先行したヨカヨカが力強く抜け出して勝利。デビュー当初から熊本産馬として注目されていた同馬だが、待望の重賞初制覇となった。

2着には内寄りの枠から上手く外に持ち出したファストフォース、3着には外枠から思い切って逃げたモズスーパーフレアが粘り込んだ。

8月の小倉開催は開幕週の土曜日に大雨が降り、2週目の今回、再び雨が降った。2週目の土曜段階でかなり荒れて内が悪くなっていたが、日曜になるとさらに悪化、内が悪いことが明らかになり過ぎてしまい、各馬が外に出すことが難しい馬場となった。

まさに”馬場は生き物”であった。

~面白かった福永騎手と和田騎手のコース取り

内が荒れて各馬が内外に広がる馬場になると、騎手の性格や個性を通常時以上に確認することができて面白い。象徴的だったのは日曜小倉5レースの新馬戦だ。

このレースで最内枠に入ったのが福永騎手のデヴィルズマーブル。同騎手は馬場を綿密に読むことで知られており、この日は既に内が悪いことを察して、スタートからできる限り外に持ち出す作戦。最内枠ながら4コーナーでは大外から押し上げて行くコース取りとなった。

一方、8番枠のシャイニーダイヤに騎乗した和田騎手は、基本的に常に強気にインを突いていくジョッキー。このレースでも、各馬が外に意識的に出して行く中で、ただ一頭むしろインに寄せて行き、ラチ沿いをロスなく追走。4コーナーでは各馬が避ける内を突いて押し上げてきた。

結果は福永騎手が5着、和田騎手が8着。別にどちらが正しいかを論じたいわけではなく、またそれ自体は時と場合にもよるし運にも左右されるのだが、いずれにしてもこれだけ明確に騎手によってコース取りが異なるということである。

福永騎手はメインのジャンダルムでもやはり外に持ち出す作戦、和田騎手のシゲルピンクルビーは中枠からさすがに内には行かず、かといって外にも出さず真ん中をそのまま突いて来た。結果的にメインレースでは皆が外に出したため、福永騎手のコース取りはやや外過ぎて、ココでは和田騎手に軍配が上がった。

各馬がバラける荒れた馬場は、騎手の特徴が出やすい。内を突くタイプなのか、外を回すタイプなのか、あるいは綿密に馬場を読んで臨機応変に対応するタイプなのか、あまり考えないタイプなのか。これらを知っておくだけでも、予想する上で大いに役に立つ。

ちなみに今回の北九州記念に騎乗していた騎手の中では、福永騎手意外だと、松山騎手、鮫島駿騎手、岩田望騎手などはよく馬場を見ているなと感じることが多い。

キーンランドカップの注目馬

さて、今週末は先週に引き続きスプリント重賞・キーンランドカップが行われる。ココではいつも通り注目馬を一頭挙げておきたい。

ミッキーブリランテ(和田騎手)

函館スプリントSはゲートでやや後手を踏み、必ずしもうまく行ったレースではなかったが、それでも直線差を詰めて3着。和田騎手はとにかくどんなときでも諦めずに追ってくれるので、フルゲートのスプリント戦では大きなアドバンテージになる。同じ舞台でも前回より開催が進んでパワーを要する馬場状態になりそうなのもプラスだろう。引き続き好勝負可能とみている。

キーンランドカップの最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年4月9日(金) 21:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 桜花賞2021
閲覧 1,768ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月11日(日) 阪神11R 第81回桜花賞(3歳G1・牝馬・芝1600m)

【登録頭数:24頭】(フルゲート:18頭)

<以下、優先出走馬>(7頭)

エリザベスタワー(B)中4週(新馬512キロ→前走506キロ)
大きな馬だが前走時のパドックでは無駄肉が取れ、かなり締まった好馬体に。この中間も、坂路で乗り込まれて力強い動きを披露と、仕上りは良さそう。

シゲルピンクルビー(B)中3週(新馬480キロ→前走464キロ)
休み明けの前走時はしっかり乗り込まれて、馬体も絞れてかなりの好仕上がりに見せた。中3週となるこの中間は、1週前追い切りでは疲れは感じられず動きも力強かった。ただ切れる脚を使う馬で、仕掛けるタイミングが難しい。外回りよりも内回りのほうが乗りやすいのではないか。

ジネストラ(A)中3週(新馬430キロ→前走440キロ)
2走前には細く見せていたが、休み明けの前走時はふっくらとした好馬体に。追い切りでも速い時計が出ていて、しっかりと身になっていた印象。この中間も、1週前には南Wで追われ力強い動きで楽に先着、日曜も坂路で好時計と出来はさらに上昇中。

ストゥーティ(D)中4週(新馬426キロ→前走422キロ)
小柄な馬でパドックでは元気に周回しているが、トモが寂しく映る。この中間の追い切りの動きを見ても、出来自体は良さそうだが力強さに欠ける印象がある。

ミニーアイル(D)中3週(新馬500キロ→前走480キロ)
この中間も坂路で乗り込まれているが、良くも悪くも(時計的に)変わってこない。走りを見ると、短い距離のほうが向いている感じがする。

メイケイエール(B)中4週(新馬462キロ→前走462キロ)
前走時の調教では、抑え込もうとする内容の追い切りが目についたが、この中間は無理に抑え込むよりも気分よく走らせるような内容に変えてきている。レース内容も変えてくる可能性もありそう。土曜の坂路では、前走以上の好時計が出ており、出来に関して上昇が窺える。

ヨカヨカ(E)中4週(新馬452キロ→前走458キロ)
この中間も1週前にCWを長めから追い切られているが、終い伸びきれず動きも重い。


<以下、収得賞金順(9頭)>

ソダシ(A)4ヶ月(新馬472キロ→前走472キロ)
4ヶ月ぶりの休み明け。2月中旬から坂路で乗り込まれていて、3週前からはジョッキー騎乗で本格的な調整に入っている。3週前が、コースで3頭併せの真ん中に併せて抜け出す内容。2週前は、坂路でビッシリと併せ馬で追われてこの時点で馬体もほぼ仕上がった感じ。1週前は、前に馬を置いて終い抜け出すというレースでの折り合いを重視した内容できている。トライアルを使わない代わりに、かなり入念に乗り込まれ、課題をクリアするための調整が施されていて仕上り良好。

ホウオウイクセル(D)中2週(新馬422キロ→前走414キロ)
小柄な馬で前走のフラワーCがギリギリの馬体だった。今回中2週となり、1週前も時計にならないくらいの軽めの調整。関西への輸送もあるので、強めの追い切りができない点はマイナスになるか。

アカイトリノムスメ(B)中7週(新馬440キロ→前走450キロ)
使われるごとに良くなっている感じはあるが、まだまだ良くなりそうな気配。追い切りの時計も使われる度に良くなっていて、1週前追い切りの動きも見栄えがして好雰囲気。右回りも追い切りの動きを見ると問題なさそうなので、あとは関西への輸送をクリアできれば。

サトノレイナス (A)4ヶ月(新馬472キロ→前走474キロ)
休み明けで、乗り込み豊富なこの中間。2歳時よりも追い切りで時計が出るようになっていて上積みも感じられる。1週前追い切りの動きを見ても、出来上昇を伝える力強さがある。

ファインルージュ(C)3ヶ月(新馬482キロ→前走492キロ)
こちらは、休み明けでも乗り込み量控えめ。1週前の動きを見ても、反応が鈍い印象が残りやや物足りない。

エンスージアズム(C)中2週(新馬420キロ→前走416キロ)
この中間は金曜日に坂路で軽めの調整。小柄な馬で、休み明けの前走時にしっかり乗り込まれ仕上がっていた反面、関東への輸送を挟んでもうこれ以上馬体を減らせない感じ。さらに今回中2週となり、良い時計は出ているので調子落ちはなさそうだが、上積みまではどうか。

ストライプ(B)中9週(新馬500キロ→前走514キロ)
クロッカスSからの休み明けでここへ。乗り込み量は豊富で、いつものように南W、坂路と好時計が出ていて、順調。ただ、やはり追い切りで力強さがあってスピードに勝る動きを見せていて、短い距離のほうが向きそうな感じがする。

ソングライン(B)3ヶ月(新馬468キロ→前走480キロ)
休み明けを2連勝しているが、それでもここ2戦は調教時計としては物足りず、能力で勝ち切ってきた。今回も休み明けだが、この中間のほうが速い時計が出ており、やや動きに硬さはあるものの上積みが見込めるデキ。

アールドヴィーヴル(A)中7週(新馬446キロ→前走428キロ)
強烈な勝ち方をした新馬戦以来の前走は、-18キロでの出走でもパドックでは細い印象はなく、二人引きで気合いも乗ってかなり良い出来に見えた。この中間もしっかり乗り込まれて、1週前追い切りも坂路で好時計をマークと引き続き高状態。今回は長距離輸送もなく、前走で減った馬体も増えてくるだろう。坂路での走りを見ると、捌きが柔らかく素質自体かなり高そう。

ククナ(D)中7週(新馬448キロ→前走452キロ)
人気になりながら、なかなか勝ち切れないレースが続いている。この中間は近走に比べると時計が掛かり、1週前追い切りの反応も鈍い印象を受けた。

ブルーバード(D)中3週(新馬414キロ→前走430キロ)
休み明けを一度使われてのこの中間も、坂路で乗り込まれる。1週前の動きを見ると、首が上がり気味で伸び脚が物足りない。


このコラムからの推奨馬は、ジネストラソダシアールドヴィーヴルの3頭をあげておきます。



◇今回は桜花賞編でした。
桜花賞は牝馬クラシック一戦目。3歳牝馬にとっては一生に一度しか出走するチャンスがなく、距離適性や状態面に不安があっても使えるものなら使いたいというのが関係者の気持ちではないかと思います。まだ成長段階で小柄な馬も多く、関東馬に関しては慣れない長距離輸送も。そういった意味で、各陣営馬体重の増減も考慮しながらの調整となります。
2歳時に重賞で勝ち負けして万全の状態で出走してくる馬たちと、直前で権利を取って出走してくる馬たち。調教内容を重視して予想していると特に、これらの馬たちの間には、調整過程における大きな差があるように、毎年感じています。

それでは次回、皐月賞編(予定)でお会いしましょう。

桜花賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年4月4日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年04月04日号】特選重賞データ分析編(248)~2021年桜花賞
閲覧 2,402ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 桜花賞 2021年04月11日(日) 阪神芝1600m外


<ピックアップデータ>

【前走との間隔別成績(2016年以降)】
○中3週以内 [1-0-1-38](3着内率5.0%)
×中4週以上 [4-5-4-35](3着内率27.1%)

 2016年以降の3着以内馬15頭中13頭は、前走との間隔が中4週以上。フィリーズレビュー・アネモネステークス・フラワーカップを使った馬は強調できません。これらのレースとは異なる資質を求められるだけでなく、余裕のない臨戦過程になる点も影響しているのでしょう。

主な「○」該当馬→エリザベスタワーククナサトノレイナスソダシ
主な「×」該当馬→エンスージアズムシゲルピンクルビー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつG1のレース”において3着以内となった経験がある」馬は2016年以降[2-3-3-8](3着内率50.0%)
主な該当馬→サトノレイナスソダシ

[もっと見る]

⇒もっと見る

シゲルピンクルビーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 96ビュー コメント 0 ナイス 4

★キーンランドC

過去10年のデータから

★★A……ZI値4位以内が毎年連対
⇒○1位5ウインマーベル、2位2ビリ-バー、3位11オパールシャルム
4位9ジュビリーヘッド

★※B……3着以内馬は、a前走重賞3着以内10/30、bOP、3勝級勝ち7/30、
c2走前重賞3着以内3/30、前2走でOP、重賞3人気以内3/30
d例外7頭のうち、前2走でG1出走6頭(うち5頭は高松宮記念)でどちらかの重賞で
0.9差以内、残り1頭は前2走重賞で前走0.5差
⇒○a2、5番
  b1ヴァレトニ、10ロードマックス、11オパールシャルム、
 ▲cなし
  d14エイティーンガール、16トウシンマカオ、15レイハリア

★※C……a前走重賞3着以内7/10年、b残り3頭は、前走3勝級勝ちと2走前
重賞3着以内、前走OP勝ち有りで、aかbが必ず連対
⇒○a2番、5番
 ▲b9番、1番、10番、11番

★D……10人気以下(1/0/0/62)勝ったのは17年エポワス(2走前函館SS0.4差3着)
⇒×2,3,4,6,7,11,12番

★E……▲3才(2/2/0/21)◎4才(3/4/3/19)○5才(4/3/4/31)6才(0/1/1/27)
7才(0/0/1/14)8才(0/0/1/10)9才(1/0/0/1※エポワス)
※6才以上の3着以内馬の人気は、5,9,12,9,9で5~9人気
⇒◎1、6シゲルピンクルビー、7マウンテンムスメ、10番、12マイネルジェロディ
15番
 ○8ヴェントヴォーチェ、9番、11番、13メイショウミモザ
 ▲14番(5人気)

※F……牡セン馬(3/5/4/77)牝馬(7/5/6/46)※3才は51K、古馬54Kが16頭
例外55Kの2頭は、18年レッツゴードンキ(桜花賞1)21年エイティーンガール
(20年1)
⇒○3,6,7,11,14,15番
 ×2,13番

※G……1~3番(1/0/0/26)4~6番(0/2/2/23)○7~9番(2/3/1/21)
○10~12番(2/2/3/20)◎13~16番(4/2/3/20)
⇒◎13,14,15,16番

※★H……18年以降の勝ち馬は、年明け千二重賞連対あり
⇒◎5番、9番

★※I……近5年、前走比斤量、同斤◎(4/3/2/19)増△(0/0/2/27)減▲(1/2/1/16)
⇒◎1,6,7,8,11,14番
 △2,3,4,10,12,15番

★※J……3着以内馬の前走OP組7頭(全馬UHB賞)は、1着3頭、2着以下の
4頭のうち、2走前千二重賞(函館SS)3着以内2頭、残り2頭の
20年エイティーンガール(シルクロードS2着)21年エイティーンガールは
リピーター
⇒×3,12番
 ○10番
 ▲1,9,11番

※K……前走重賞組0.6差以上(0/0/1/22)※3着は18年ペイシャフェリシタ
(3走前千二OP勝ち)
⇒×4,7,8,13番

※L……ノーザンファーム生産馬(1/0/2/14)※勝ったのは14年ローブティサージュ
(前走函館SS2着)
⇒○9番(2走前函館SS2)

※M……休み明け2,3走目(2/6/1/32)牡馬(1/3/0/19)の3/4頭は4人気以内
牝馬(1/3/1/14)の4/5頭が7人気以下で4頭とも4~6才だから(1/3/1/7)
⇒○2,3,13番

★N……21年も3才以降千二重賞連対馬が6頭出走で4着以内独占
⇒○5、9、14,15番、

★O……前走UHB賞組から斤量増は消し
⇒×3,10,12番

★P……前2走函館SS組は、負けても前走なら0.2差、2走前なら0.7差以内
⇒×4,6番
 ▲8番、9番、15番(21年1)

★Q……a単勝オッズ50倍以上(0-0-0-47)
⇒×3,4番

★b3〜4歳馬で当日6番人気以下(0-0-0-30)
⇒×6,7,10,12,15番

★c関東馬で関東所属騎手騎乗、当日5番人気以下(0-0-3-28)
⇒△2,4,11,15番

※d1枠(0-0-0-15)※13年函館開催を除く
⇒×1番

★e前走10番人気以下且つ当日10番人気以下(0-0-0-23)
⇒×3,4番

★f前走OP特別で4番人気以下(0-0-0-27)
⇒×3,10番


先週の2勝級千二芝手稲山特別(牝馬限定)のラップと結果
33.8-45.6-57.8-47.6-36.4=1.10.2 4→8→3番(16頭立)4角位置8-5-1

土曜日のWSJ2勝級
34.0-45.7-57.6-46.7-35.5=1.09.5 12→11→13(14頭立)13-8-5
一流騎手が競うWSJでは後半の追い上げも厳しく、上がりが早くなっても
末脚が更に切れて差し追い込み決着
キーンランドも行きたい1,7,11番が揃って前傾ハイラップ必至
ただしWSJでも外枠から逃げた馬が4着に粘っていて、1番の粘り込みは洋芝
4戦4勝なだけに可能性あり

千二重賞連対馬は、5,9、14,15番で、その中でZI値4位以内は5,9番
ただし5番は洋芝で惜敗多く9番が優位
人気の16番は、過去の好走3才馬の様に千二重賞や北海道洋芝実績が無く
人気ならバッサリ消したい

後は函館SSで惜敗で洋芝実績ありルメール騎乗の8番と、マイルながら重賞勝ちあり
洋芝適性高く前走から距離短縮で適距離に戻った13番を押さえ

馬連(5,9,14,15)BOX各三百円
三連複(5,9,14,151頭軸)=1,8,13各二百円22点
三連単9→(5,14,15)→(1,5,8,13,14,15)
(5,15)→9→(1,5,8,13,14,15)フォーメーション各百円25点
複勝勝負は、超難解で絞れず見送り
≫≫8-5-1
11番が好発もラチから離して行くので徐々に1番が内から先頭に立って
直線に向いて粘り込む
15番は+10kのせいか1番の外目へ番手マーク行く想定が崩れた
11番の外に並んだまま4角も外々回り直線伸びず
34.5-46.3-57.6-46.0-34.6=1.09.1
と前傾どころか遅いMペースでは前が内が楽
11番の内を回って来た5番が抜けてくるも更に後ろから8番が差し切り
14番は最後方ではとても届かず
9番は近走より後ろの不可解な位置取りでそのまま
データ的には、コース実績と近走の天秤で難しい結果に、これも展開ラップ位置取り
の想定外からなのでやむを得ないか
前走比馬体重増減2桁はマイナスのデータが15番を評価下げ、6才で14番を
下げるなら5,9番中心で1,8番を14,15番と同等まで引き上げれば
買い目が届いてはいた
やはり洋芝実績のある函館SS惜敗組は圏内に評価しておくべき

 末三 2022年8月28日() 10:22
八月の夏も終わりか・・・ 末三の第17回キーンランドCと第42...
閲覧 153ビュー コメント 0 ナイス 5

八月も残りわずか。

暑さも段々と秋に近づいて、少し寂しい感じのする末三です。

 (;^_^A アセアセ・・・


ちょっとたそがれてますが、そんなオヤジですが予想でも。

 ヽ( ´ ▽ ` )ノ 


日曜 11R 札幌 第17回 キーンランドCより

【末三調教評価】

A評価 ・・・ ヴァトレニ ヴェントヴォーチェ メイショウミモザ

B評価 ・・・ ウインマーベル シゲルピンクルビー トウシンマカオ

C評価 ・・・ ごめんなさい、その他の出走馬たち。


【末三予想】

◎  1 番 ヴァトレニ

○  8 番 ヴェントヴォーチェ

▲ 13番 メイショウミモザ

馬券は3連複6頭ボックス1-8-13-5-6-16番で


日曜 11R 新潟 第42回 新潟2歳Sより

【末三調教評価】

A評価 ・・・ タマモブラックタイ ピンクジン ロードディフィート

B評価 ・・・ アイスグリーン グラニット シーウィザード

C評価 ・・・ ごめんなさい、その他の出走馬たち。


【末三予想】

◎  6 番 タマモブラックタイ

○ 10番 アイスグリーン

▲  3 番 グラニット

馬券は3連複6頭ボックス6-10-3-11-2-8番で

さぁ、それでは張り切っていってみよっ

 (* ̄0 ̄*)ノ オォー!!

[もっと見る]

 しんすけ50 2022年8月28日() 08:19
小樽特別&五頭連峰特別&RKB賞&ワールドオールスタージ...
閲覧 173ビュー コメント 0 ナイス 26

おはよ~♪

8月28日ですね!

最近はちっとも当たらずですね。

昨日は見事にかすりもしなかった・・・。

今日こそはと思うんだけどどうですかね?

頑張ってはみますがね。

札幌9R 小樽特別

◎⑩ユキノエリザベス
△①ディオアステリア
△③スクリーンショット
△⑪キャニオソング
△⑬ヒルノローザンヌ

馬連⑩ー①・③・⑪・⑬への4点。

距離短縮した前走は見せ場有り。そこから更に距離短縮だけど楽について行ける様なら。
穴のエダテルさんの本領発揮ぃ~♪ 何故か単勝は売れてるけどね。

新潟9R 五頭連峰特別

◎①アトリビュート
〇⑩ロードカテドラル
▲⑥ショーヒデキラ
△⑪ルージュラテール

枠連①ー⑧と馬連①ー⑥・⑩への3点。

時計の掛かる馬場はピッタリですね。前走は小回りが堪えた感じなんで新潟替わりは好材料。
クラス実績は豊富だし手薄な関東の2勝クラスなら勝ち負け必至でしょ?

小倉10R RKB賞

◎⑫リアンクール
△②ラグラストシエル
△③ルドンカズマ
△⑨サンバデジャネイロ

馬連⑫ー②・③・⑨への3点。

限定戦だったけど早い時計で2着。牡馬相手でもこのメンバーなら十分通用。ハンデも手頃だし。

札幌10R ワールドオールスタージョッキーズ第3戦

◎①リファインドマナー
△②マイネルレンカ
△⑥メンアットワーク
△⑧サヴァビアン
△⑨アースライザー

馬連①ー②・⑥・⑧・⑨への4点。

2走前は限定戦だったけど2着確保。前走は展開が厳しかったのかな?今回は楽に番手取れそう。

新潟10R 朱鷺ステークス

◎③ルプリュフォール
△②アンコールプリュ
△⑤グレイイングリーン
△⑦テンハッピーローズ
△⑫タイセイディバイン

馬連③ー②・⑤・⑦・⑫への4点。

休み明けだけど鉄砲効くタイプ。仕上がりは良好だしね。エントシャイデンが引っ張る流れは合いそう。
前走でオープンで通用するところは見せているからね。

小倉11R 小倉日経オープン

◎⑦ナイママ
△③レッドフラヴィア
△⑥ヴァリアメンテ
△⑨シュヴァリエローズ

枠連⑥ー⑥と馬連⑦ー③・⑨への3点。

ここはオープンにしては相当手薄なメンバー。重賞では厳しいけどオープンでこのメンバーなら。
長欠明けを叩いた上積みも見込めるし。

札幌11R キーンランドカップ

◎⑬メイショウミモザ
△⑤ウインマーベル
△⑥シゲルピンクルビー
△⑨ジュビリーヘッド
△⑩ロードマックス
△⑯トウシンマカオ

馬連⑬ー⑤・⑥・⑨・⑩・⑯への5点。

前走は明らかに距離が長かったね。久々に得意の千二を使うんでね。しかも洋芝も大好物。
調教助手がかなり強気なのも可。ブリンカー効果があったにせよ、強い勝ち方させた丹内騎手も良か。
このレースは外枠が良い結果なのも良しですね。

新潟11R 新潟2歳ステークス

◎③グラニット
△①チカポコ
△⑥タマモブラックタイ
△⑧シーウィザード
△⑨ウインオーディン
△⑩アイスグリーン

馬連③ー①・⑥・⑧・⑨・⑩への5点。

重賞にしては申し訳ないけどかなり手薄なメンバー。同期が重賞勝ったんで嶋田クンも続いてね。
千直ではないけどミルファーム旋風を巻き起こそう。若干時計が掛かりそうなのも良いしね。
3戦目で今回が一番出来が良いみたいだしね。

札幌12R ワールドオールスタージョッキーズ第4戦

◎⑩メタルスパーク
△①スカイフォール
△⑦スズカノロッソ
△⑪ルーツドール
△⑫カフジアスール

馬連⑩ー①・⑦・⑪・⑫への4点。

速い脚が使えないんで前走の様に早めに上がって行く形が良いみたい。
ウィリアムズ騎手なら早めに動いても最後まで持たせてくれる気がするぅ~。

今日はここまでよぉ~。

11時33分に五頭連峰特別を追加購入しましたよ(^^♪

[もっと見る]

⇒もっと見る

シゲルピンクルビーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  HELPRO   フォロワー:0人 2022年2月19日() 15:43:47
和田が人気に成り過ぎ。穴鞍上の和田が人気に成ったら着外に成るのが彼の仕事。
4着はお見事!
2:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年9月12日() 15:45:39
何をしたいのか和田は訳分からない。
行き脚を付けた途端に馬を操作出来ずに後方馬群に。しかも馬を内に出したのにまた外に出すと言う下手極まりない騎乗。
流石はテイエムオペラオーの主戦鞍上。マグレと仕込みのオンパレード。君こそボンドラくん!
1:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年3月16日(火) 16:30:37
和田らしい穴好走。
これで桜花賞に出れる権利を得たけれども実力とは思えないのは何故だろう?
おそらく人気を背負った馬を満足に走らせられなかった者のお陰。
言い訳出来るならして欲しい、、、どうせ息子も同じ穴の狢でしかないただのボンクラ鞍上でしかない!

シゲルピンクルビーの写真

シゲルピンクルビーの厩舎情報 VIP

2022年8月28日キーンランドカップ G38着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

シゲルピンクルビーの取材メモ VIP

2022年8月28日 キーンランドカップ G3 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。