ダイワキャグニー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ダイワキャグニー
ダイワキャグニー
ダイワキャグニー
ダイワキャグニー
ダイワキャグニー
ダイワキャグニー
写真一覧
現役 セ8 黒鹿毛 2014年2月25日生
調教師菊沢隆徳(美浦)
馬主大城 正一
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績33戦[8-2-3-20]
総賞金29,113万円
収得賞金9,000万円
英字表記Daiwa Cagney
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
トリプレックス
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
トリプルワウ
兄弟 ミエノワンダーアイアムイチバン
前走 2022/01/05 スポニチ賞京都金杯 G3
次走予定

ダイワキャグニーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/01/05 中京 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1661126.4112** セ8 57.5 幸英明菊沢隆徳B 500
(+8)
1.33.0 0.135.0ザダル
21/11/13 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 1681516.388** セ7 56.0 内田博幸菊沢隆徳B 492
(0)
1.35.9 0.937.3ソリストサンダー
21/10/10 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 136833.784** セ7 56.0 石橋脩菊沢隆徳B 492
(0)
1.45.1 0.334.6シュネルマイスター
21/06/06 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1433123.91211** セ7 58.0 石橋脩菊沢隆徳 492
(-2)
1.32.7 1.034.9ダノンキングリー
21/04/25 阪神 11 マイラーズC G2 芝1600 164834.7114** セ7 56.0 幸英明菊沢隆徳 494
(-6)
1.31.6 0.234.5⑤⑤ケイデンスコール
21/02/07 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 161112.9614** セ7 58.0 内田博幸菊沢隆徳B 500
(-2)
1.33.6 1.235.5カラテ
21/01/17 中京 11 日経新春杯 G2 芝2200 16116.8312** セ7 57.5 内田博幸菊沢隆徳B 502
(+6)
2.13.3 1.537.2ショウリュウイクゾ
20/11/01 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 123389.8106** セ6 58.0 内田博幸菊沢隆徳B 496
(-2)
1.59.0 1.234.5アーモンドアイ
20/10/11 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 115510.642** セ6 56.0 内田博幸菊沢隆徳B 498
(-2)
1.46.0 0.534.9サリオス
20/06/14 東京 11 エプソムC G3 芝1800 183622.191** 牡6 56.0 内田博幸菊沢隆徳B 500
(-16)
1.47.7 -0.236.1ソーグリッタリング
20/05/10 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 16489.4614** 牡6 57.5 内田博幸菊沢隆徳B 516
(+2)
2.00.1 1.536.4④④トーセンスーリヤ
20/03/15 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 124424.363** 牡6 56.0 内田博幸菊沢隆徳B 514
(+6)
2.02.0 0.434.2サートゥルナーリア
20/02/01 東京 11 白富士S (L) 芝2000 14223.417** 牡6 58.0 内田博幸菊沢隆徳B 508
(0)
1.59.7 0.635.3インビジブルレイズ
19/11/24 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 1547120.9146** 牡5 57.0 石橋脩菊沢隆徳B 508
(+6)
2.26.6 0.737.9スワーヴリチャード
19/10/21 東京 11 オクトーバー (L) 芝2000 137119.151** 牡5 57.0 内田博幸菊沢隆徳B 502
(0)
1.59.2 -0.033.7トリコロールブルー
19/09/01 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 182318.31016** 牡5 57.5 内田博幸菊沢隆徳 502
(+2)
1.58.9 1.435.0⑥⑦ユーキャンスマイル
19/05/18 東京 11 メイS OP 芝1800 15223.821** 牡5 57.0 内田博幸菊沢隆徳B 500
(-6)
1.45.8 -0.333.5カラビナ
19/03/30 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 164814.089** 牡5 57.0 石橋脩菊沢隆徳B 506
(+6)
1.32.2 0.534.2⑧⑫⑬フィアーノロマーノ
19/03/10 中山 10 東風S OP 芝1600 148138.033** 牡5 56.0 内田博幸菊沢隆徳B 500
(0)
1.34.4 0.234.0⑦⑪⑩ジョーストリクトリ
19/01/26 東京 11 白富士S OP 芝2000 9333.624** 牡5 56.0 横山典弘菊沢隆徳 500
(0)
1.59.9 0.633.6⑧⑨⑨ブラックスピネル

⇒もっと見る


ダイワキャグニーの関連ニュース

 《古馬》

 ★栗東・寺島厩舎勢の動向は以下の通り。ステイヤーズS1着ディバインフォース(栗・寺島、牡6)は、日経賞(3月26日、中山、GII、芝2500メートル)から天皇賞・春(5月1日、阪神、GI、芝3200メートル)へ。霜月S1着ヘリオス(セン6)は、武豊騎手との新コンビで根岸S(30日、東京、GIII、ダ1400メートル)へ。ターコイズS5着ジュランビル(牝6)は、松若騎手で京都牝馬S(2月19日、阪神、GIII、芝1400メートル)に向かう。

 ★ニューイヤーSを勝ったカラテ(美・高橋祥、牡6)は東京新聞杯(2月6日、東京、GIII、芝1600メートル)で連覇を狙う。

 ★京都金杯2着ダイワキャグニー(美・菊沢、セン8)はフェブラリーS(2月20日、東京、GI、ダ1600メートル)が濃厚。

 ★中央再転入後、3連勝でシャングリラ賞を勝ったクロパラントゥ(美・藤沢和、セン4)は根岸Sで重賞取りに挑む。同厩でディセンバーS2着のヴァンランディ(牡6)は東京新聞杯へ。ランフォザローゼス(セン6)とレッドサイオン(セン6)はともに白富士S(29日、東京、L、芝2000メートル)へ向かう。

 ★淀短距離S2着ダディーズビビッド(栗・千田、牡4)は北九州短距離S(2月13日、小倉、OP、芝1200メートル)か、洛陽S(同12日、阪神、L、芝1600メートル)。3着タイセイアベニール(栗・西村、牡7)はシルクロードS(30日、中京、GIII、芝1200メートル)。6着ビオグラフィー(栗・藤岡、牝5)は北九州短距離SとシルクロードSの両にらみ。10着リンゴアメ(美・菊川、牝4)は北九州短距離Sが視野に。

 ★福島記念3着アラタ(美・和田勇、牡5)は、金鯱賞(3月13日、中京、GII、芝2000メートル)か日経賞へ。有馬記念12着シャドウディーヴァ(美・斎藤誠、牝6)も金鯱賞へ。

 ★菊花賞15着グラティアス(美・宮田、牡4)は、白富士Sへ。

 ★すばるS5着レッドヴェイロン(美・鹿戸、牡7)、10着コパノマーキュリー(栗・村山、牡5)はバレンタインS(2月13日、東京、OP、ダ1400メートル)へ。

 ★名古屋GP2着ケイアイパープル(栗・村山、牡6)は、藤岡康騎手で佐賀記念(2月8日、佐賀、交流GIII、ダ2000メートル)へ。招福S勝ちのヴィーダ(美・堀井、セン7)、白山大賞典6着ヒストリーメイカー(栗・新谷、牡8)、新潟記念17着ギベオン(栗・藤原、牡7)も同レースへ。

 ★JBCスプリント7着サクセスエナジー(栗・北出、牡8)は、石川騎手で根岸Sへ。僚馬でラピスラズリS1着エーポス(牝4)は、亀田騎手でシルクロードSに進む。

 ★JBCレディスクラシック3着レーヌブランシュ(栗・橋口、牝5)は、松山騎手でTCK女王盃(26日、大井、交流GIII、ダ1800メートル)へ。ここには、クイーン賞8着リネンファッション(栗・坂口、牝5)も武豊騎手とのコンビで参戦する。

 ★ポルックスS8着ダノンファスト(美・菊沢、牡5)は、総武S(3月6日、中山、OP、ダ1800メートル)か名古屋大賞典(同10日、名古屋、交流GIII、ダ1900メートル)。

 ★京都金杯12着ヴィジュネル(栗・渡辺、牡4)は阪急杯(2月27日、阪神、GIII、芝1400メートル)を視野。すばるS4着の僚馬アヴァンティスト(牡6)はポラリスS(3月12日、阪神、OP、ダ1400メートル)へ。

 ★師走S15着バーナードループ(美・高木、牡5)もバレンタインSへ。

【スポ京都金杯】ザダルが末脚炸裂で重賞2勝目! 2022年1月6日(木) 04:56

 京都金杯は松山騎乗で7番人気のザダルが、後方から末脚を伸ばして快勝。鞍上の松山騎手は史上初となる金杯3連覇の偉業を達成した。2着に11番人気のダイワキャグニーが入り、1984年のグレード制導入後では史上初となる関東馬のワンツー。3着は2番人気のカイザーミノル、1番人気のエアロロノアは6着に終わった。

 いてつく寒さを吹き飛ばすように、尾張の直線を切り裂いた。7番人気のザダルが直線で力強く伸びて、重賞2勝目をゲット。初騎乗でVへと導いた松山騎手が相好を崩した。

 「一瞬の脚が速くて、いいものを持っていましたし、すごい脚だったなと思います。強かったです」

 スタートで飛び上がり後手に回る形となったが、後方で折り合いじっくりと脚をためた。直線はメンバー最速となる上がり3ハロン34秒2の末脚を披露。馬群の間からグイグイ伸びて、鮮やかに突き抜けた。「思ったより後ろにはなりましたが、それでも馬は対応してくれました。すごくいい脚を使ってくれました」とパートナーをたたえた。

 デビュー14年目の松山騎手は2020年の京都金杯(サウンドキアラ)、21年の中山金杯(ヒシイグアス)に続く勝利で、史上初となる東西金杯3連覇を達成。昨年はキャリアハイの130勝を挙げ、全国リーディング3位と名実ともに一流ジョッキーの仲間入りを果たした鞍上はこの日、1Rでいきなり勝利すると、10、11、12Rと3連勝。計4勝の固め打ちでリーディングトップに立った。「金杯を勝ててうれしいです。いいスタートを切れたので、ここからもっともっと頑張っていきたいですね」と表情を引き締めた。

 ザダル富士S(7着)に続く1600メートル戦で、昨年のエプソムC以来のタイトル奪取に成功。今後の選択肢が広がる勝利に、「仕掛けてからの瞬発力はいいですよね。1800メートルぐらいがいいかなと思っていたのでマイルで勝てたのも大きいですね」と大竹調教師は笑みを浮かべた。

 開幕ダッシュを飾った松山騎手とザダル。人馬ともに、今年はさらなる飛躍が期待できそうだ。(長田良三)

 ■ザダル 父トーセンラー、母シーザシー、母の父レモンドロップキッド。栗毛の牡6歳。美浦・大竹正博厩舎所属。北海道新冠町・新冠橋本牧場の生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績13戦6勝。獲得賞金1億6996万4000円。重賞は2021年GIIIエプソムカップに次いで2勝目。京都金杯は大竹正博調教師が初勝利。松山弘平騎手は2020年サウンドキアラに次いで2勝目。馬名は「世界一の夕日が見られるクロアチア西部の都市名。父名、母名より連想」。

★5日中京11R「京都金杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スポ京都金杯】8歳ダイワキャグニー粘った2着 2022年1月6日(木) 04:55

 11番人気のダイワキャグニーが、3番手追走から2着に粘った。ザダルの末脚には屈したが、ラスト1ハロンでは先頭に立つ積極的な走り。幸騎手は「57・5キロでも最後までしっかり走ってくれましたね」と納得した表情で語った。菊沢調教師は「3コーナーで集中力を欠くようなところはあったけど、8歳でもまだやれるところを見せてくれました」と健闘をたたえた。

★5日中京11R「京都金杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スポ京都金杯】カイザーミノルは久々響いて3着 2022年1月6日(木) 04:54

 6回目の重賞挑戦で初勝利を目指した2番人気のカイザーミノルは、好位追走から直線で脚を伸ばしたものの3着止まり。ゴール前の2着争いもダイワキャグニーにアタマ差、及ばなかった。横山典騎手は「休み明け(2カ月ぶり)のぶん、力んでいたね。ゲートの駐立はよくなかったが、それを含めて頑張っていたんじゃないかな」と振り返った。

★5日中京11R「京都金杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スポ京都金杯】8歳セン馬ダイワキャグニー2着激走 幸「最後までしっかりと走ってくれました」 2022年1月5日(水) 18:37

 1月5日の中京11Rで行われた第60回京都金杯(4歳以上オープン、ハンデ、GIII、芝1600メートル、16頭立て、1着賞金=4300万円)は、松山弘平騎手騎乗の7番人気ザダル(牡6歳、美浦・大竹正博厩舎)が中団から鋭く伸びて勝利。2度目の重賞制覇を果たした。タイムは1分32秒9(良)。

 11番人気の8歳セン馬ダイワキャグニーが2着争いを制した。道中は3番手を追走、残り200メートルで先頭に躍り出たが、すぐ外から伸びてきた勝ち馬の切れ味に1馬身屈した。

 ◆幸英明騎手(2着 ダイワキャグニー)「57・5キロでも最後までしっかりと走ってくれました」

★5日中京11R「京都金杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スポ京都金杯】7番人気ザダルが鋭く伸びて重賞2勝目 2022年1月5日(水) 16:14

 1月5日の中京11Rで行われた第60回京都金杯(4歳以上オープン、ハンデ、GIII、芝1600メートル、16頭立て、1着賞金=4300万円)は、松山弘平騎手騎乗の7番人気ザダル(牡6歳、美浦・大竹正博厩舎)が中団から鋭く伸びて勝利。2度目の重賞制覇を果たした。タイムは1分32秒9(良)。

 1馬身差の2着に好位追走のダイワキャグニー(11番人気)が粘り込み、さらにアタマ差の3着は人気の一角だったカイザーミノル(2番人気)が確保。1番人気に支持されたエアロロノアは中団から伸び切れず6着、3番人気のルークズネストは後方待機で一発を狙ったものの見せ場なく11着に終わった。

 ◆松山弘平騎手(1着 ザダル)「馬の一瞬の脚が速くていいものを持っていましたし、すごい脚だったなと思います。強かったです。すごい脚をもっている馬だとイメージしていたので、しっかり脚をためて持ち味を引き出せればと思っていました。思ったより後ろにはなりましたが、それでも馬は対応してくれてすごいいい脚を使ってくれました。金杯を勝ててうれしいですし、いいスタートを切れたのでここからもっともっと頑張っていきたいですね」

 ◆大竹正博調教師(同)「(スタートで)タイミングが合わず上にジャンプするような形になりましたね。作戦としては前のほうでという話だったんですけどね。(最後は)どこに行くのかなと思って見ていましたが、松山騎手自身は内はそんなに悪くはないと思っていたから、そのイメージを持っていたみたいですね。仕掛けてからの瞬発力はいいですよね。1800メートルぐらいがいいかなと思っていたのでマイルで勝てたのも大きいですね。(去年2着で)勝ちたかったですし、そういった意味でもうれしいですね」

 京都金杯を勝ったザダルは、父トーセンラー、母シーザシー、母の父Lemon Drop Kidという血統。北海道新冠町・新冠橋本牧場の生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は13戦6勝。重賞は21年エプソムC(GIII)に次いで2勝目。管理する大竹正博調教師は京都金杯初勝利、騎乗した松山弘平騎手は20年サウンドキアラに次いで2勝目。

★【京都金杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイワキャグニーの関連コラム

閲覧 235ビュー コメント 0 ナイス 1



5(水)に行われた東西金杯、9(日)G3シンザン記念ほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
5(水)は中山10RジュニアC、8(土)は中山1R3歳未勝利中山9R黒竹賞。9(日)は中山9R朱竹賞、10(月)は中京2R3歳未勝利などの的中を筆頭に、年末からの好調モードを継続させ連日大暴れ。5日~10日の開催4日間トータルでは、回収率142%、収支20万5360円プラスと、2022年好発進を決めています。4週連続プラスを達成しています(12/25~28,1/5~10を各1週として)。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
5(水)のG3中山金杯で馬単的中を決めると、9(日)はG3シンザン記念マテンロウオリオン、10(月)中山4R3歳新馬◎×的中など連日安定したパフォーマンスを披露。4日間トータル回収率132%で終え、4週連続週末プラスとしています(同上)。
 
☆☆☆注目プロ →イレコンデルパサープロ
10(月)G3フェアリーSを、◎○馬連1点含むパーフェクト的中。他にも、9(日)中山8R4歳以上1勝クラス中山9R朱竹賞的中などで存在感をアピールしました。4日間トータルでは、回収率115%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →にしのけいごプロ
5(水)G3京都金杯で、○×◎3連複的中計10万1240円のスマッシュヒットを達成。ほか、9(日)中京4R4歳以上1勝クラス的中などをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
5(水)G3京都金杯ダイワキャグニー、8(土)中京8R4歳以上1勝クラスメリディアン、9(日)中京12R4歳以上2勝クラス▲○◎的中、10(月)G3フェアリーS○◎▲的中などの好調予想を披露。4日間トータル回収率115%をマークしています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」ならびにプロテスト最終審査の動向にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年1月7日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】上手いけどなぜか地味な松山騎手/シンザン記念展望
閲覧 1,194ビュー コメント 0 ナイス 4



東西の金杯で今年もスタートした中央競馬。西の京都金杯は、松山騎手騎乗のザダルが制した。

道中は後方からの競馬となったザダル。もともと中距離路線を歩んでいた馬だから、やはりテンのスピードという点ではマイルだとやや劣るのは仕方ない。だが、そこからのリカバリーが上手かった。4コーナーでは外に出さず馬群で我慢させると、直線は抜けて来たダイワキャグニーの作った進路を突いてスムーズに脚を伸ばし、最後は1馬身抜け出した。

マイルでの勝利は新馬戦以来。松山騎手の好騎乗も光った。

~なぜか地味な松山騎手の買い条件とは?

松山騎手は直前の万葉ステークスでもマカオンドールとのコンビで勝利。直線は進路を最内枠に切り替えて抜け出して来た。恐らくこの時の感覚で、中京芝の内が悪くないことを確認していたのだろう。直前のレースでの予習を生かした京都金杯だった。

松山騎手と言えば昨年は130勝を挙げるなど、リーディング上位の常連。だが、なぜか川田騎手や福永騎手と比較すると地味な印象がある(あくまでも個人の感想)。

その是非はさておき、馬券的にはその”地味さ”こそが武器になる。なぜかというと、松山騎手はその技術の割に、特に重賞で人気になりづらいのだ。

昨年は重賞6勝を挙げ、年間を通して重賞で3回に1回以上馬券に絡んでいるが、それでいて複勝を買い続けたら楽にプラスになるなど妙味もある。秋のG1戦線でもテーオーケインズチャンピオンズカップを制した他、ステラリアダノンスコーピオンでも好走しているが、その割に派手な活躍をした印象はない。

その理由を考えると長くなりそうなので割愛するが、馬券を買う上では”地味”は”買い”である。走っても人気にならない馬がいるように、上手くてもあまり人気になりづらい騎手もいるということ。松山騎手の腕は間違いないレベルなので、今年も特に騎手人気が強く人気に反映されやすい重賞戦線では警戒したい。

シンザン記念の注目馬

最後はいつも通り今週末の注目馬で締めたい。今回はシンザン記念からこの馬を。

ビーアストニッシド岩田康誠騎手)

未勝利勝ち直後の重賞挑戦だった前走はまったくの人気薄ながら逃げ粘り、最後は勝ち馬に食い下がった。もちろん展開恩恵があったことは間違いないが、先行して直線はとにかくしぶといので相手なりに走れるのが強み。岩田康誠騎手は昨年ショウナンバルディで穴をあけるなど思い切った逃げ先行での一発が目立つようになってきており、本馬とのコンビでも上手く自分のペースに持ち込めれば侮れないのでは。キャリアの浅い良血馬に注目が集まるレースだからこそ、やや地味な印象を持つ本馬のようなタイプの一発に警戒したい。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年10月7日(木) 09:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 毎日王冠2021 
閲覧 770ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


10月10日(日)東京11R 第72回毎日王冠(3歳以上G2・芝1800m)


【登録頭数:13頭】(フルゲート:18頭)

ダノンキングリー(A)4ヶ月
安田記念からの休み明け。この中間は南Wで乗り込まれて、自動計測になったとはいえこの馬としても安定して好時計連発の状況と状態は良さそう。1週前追い切りの動きを見ても、持ったまま直線で前に出てそのまま併せ馬になることなくビッシリ追われて伸びており仕上り順調に映る。

ヴァンドギャルド(C)6ヵ月半
ドバイターフからの休み明け。9月は毎週馬なりではあるものの、速い時計が出ていて入念な乗り込み。昨年秋のレース時と比べても速い時計が出ていて出来は良さそうだが、動きに関して1週前は前脚と後ろ脚の力のバランスが悪く、終い伸びきれず止まるのが早い感じがした。

シュネルマイスター(C)4ヶ月
安田記念からの休み明けとなるが、3週前から速い時計を出していて乗り込み量は豊富。ただ、1週前は舌を出しながらの走りで、直線での伸び脚は前走時や前々走時と比べると物足りなく見えた。

ケイデンスコール(B)4ヶ月
3週前、2週前と終いの時計がかかっていたが、1週前はジョッキー騎乗で終いまで好時計で伸びており、休み明け初戦から仕上りは良さそう。

トーラスジェミニ(D)中6週
夏場も七夕賞札幌記念と休みなく使われていて、この中間の乗り込み量は少ない。1週前(南W)の時計も、自動計測で安田記念当時とそれほど変わらないタイムということはかなり今回は時計がかかっているということでプラス材料が見当たらない。

ダイワキャグニー(C)4ヶ月
昨年は、エプソムカップからの休み明けで、3週前に併せ馬で追い切られていてそれ以外は単走だったこの馬。今年は、安田記念からの休み明けで、2週前、1週前と併せ馬で追い切られている。馬体の大きな馬で、ここ2週が併せ馬ということは昨年よりも馬体を絞るのに苦労しているのかもしれない。

ポタジェ(B)5ヶ月
休み明けで2週前までは目立つ時計が出ていなかったが、1週前追い切りでは手応え抜群で上々の伸び脚。残り1週あるのでさらに良くなりそうな雰囲気を感じる。

マイネルファンロン(B)中4週
夏場3戦を使われて馬体も使われるごとに減ってきている点は気になるが、この中間も1週前追い切りでは強めに追われて速いタイム。引き続き良い状態をキープできている印象。

サンレイポケット(C)4ヶ月
休み明けで、この中間は坂路、CWと豊富に乗り込まれて好時計が出ている。ただ1週前追い切りは、内めを走っているので速いタイムこそマークできているが、一杯に追われて持ったままの外の併走相手に先着できずという内容で。

ヴェロックス(A)中7週
小倉記念からの参戦となるが、この中間も引き続き坂路で好時計が出ている。坂路では終いの時計がかなり良く、調教通りなら終いしっかり伸びてくれそう。

カイザーミノル(C)中5週
休み明けの前走時は入念な乗り込みで坂路での伸び脚も良かった。この中間も坂路で乗り込まれているが、終いの時計がかかっていて前走時と比べるとやや物足りない。

ラストドラフト(D)6ヶ月半
半年ぶりの休み明けにしては乗り込み量は少ない。この中間2週前、1週前と併せ馬では先着を果たすも、1週前追い切りの映像からは動きが重く時計も自動計測としては物足りない印象を受けた。

カデナ(D)3ヶ月半
休み明けとなるが、こちらも乗り込み量が少ない。1週前追い切りでは、走りに体がついて行けていない感じでバランスが崩れたりして走りに力強さが感じられない動きだった。


※このコラムからの推奨馬はダノンキングリーヴェロックスポタジェの3頭をあげておきます。



◇今回は、毎日王冠編でした。
重賞競走となると出走馬のほとんどの馬の最終追い切りの映像を観られるようになっている昨今ですが、当該馬の追い切りよりも気になってしまうのが抜群の手応えの併走相手の馬だったり、坂路だと画面から見切れそうな位置を持ったまま駆け上がってきている馬だったり、ということがあります。
“主役”の馬の動きが悪い場合もありますが、1週前や最終追い切りになるとほぼ仕上がっている状態なので、重賞に出走する馬以上の良い動きを見せている馬は狙ってみたくなってしまうというもの。ただ、重賞出走予定馬の併走相手であれば、競馬新聞の調教欄で何という馬かすぐに分かるのですが、坂路で併走相手ではない馬の場合は時間帯、鞍上、ゼッケン(番号、色)、調教時計から探し出すのでそれはなかなか大変な作業に。最終的に、合っているのかも分からないこともありますが、目星がついてその馬がデビュー前の2歳馬だったりした時には、非常にワクワクするものです。1頭につき数十秒しかない調教VTRには、そうしたお宝が隠れている場合もあるのです。
ちなみに、毎日王冠の1週前追い切りの映像の中で出走馬以外で目についたのがルチェカリーナ(牝3)、ココロノトウダイ(牡4)の2頭。前者はサンレイポケットと、後者はシュネルマイスターと併せて上々の動き。2頭とも休み明けとなりますが、近いうちに良い状態で出走してきそうなので、次走と叩き2戦目あたりは狙ってみたいものです。

毎日王冠出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年10月3日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年10月03日号】特選重賞データ分析編(274)~2021年毎日王冠
閲覧 1,668ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 毎日王冠 2021年10月10日(日) 東京芝1800m


<ピックアップデータ>

【“前年以降、かつ東京、かつ1400m超、かつ2勝クラス以上のレース”において2着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [8-7-7-30](3着内率42.3%)
×なし [0-1-1-43](3着内率4.4%)

 コース適性が最大のポイント。2013年以降に好走を果たした馬の大半は、東京のレースに十分な実績のある馬でした。他場のレースを中心に使ってきた馬は評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→シュネルマイスターダイワキャグニーダノンキングリー
主な「×」該当馬→ヴェロックスケイデンスコールマイネルファンロン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年、かつJRA、かつ1600~2200m、かつG1・G2のレース”において5着以内となった経験がある」馬は2013年以降[6-7-4-26](3着内率39.5%)
主な該当馬→ケイデンスコールシュネルマイスターダイワキャグニーダノンキングリー

[もっと見る]

2021年1月31日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年01月31日号】特選重賞データ分析編(239)~2021年東京新聞杯~
閲覧 2,218ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 東京新聞杯 2021年02月07日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【馬齢別成績(2017年以降)】
○5歳以下 [4-4-4-21](3着内率36.4%)
×6歳以上 [0-0-0-24](3着内率0.0%)

 2017年以降の3着以内馬12頭は、いずれも馬齢が5歳以下。馬齢が6歳以上の馬は、単勝4番人気以内だった5頭を含め、すべて4着以下に敗れました。今年も高齢馬は思い切って評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→ヴェロックスカテドラルサトノインプレッサ
主な「×」該当馬→エントシャイデンダイワキャグニートライン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件が重賞、かつ前走の出走頭数が16頭以上」だった馬は2017年以降[3-2-4-17](3着内率34.6%)
主な該当馬→ヴェロックスエントシャイデンサトノインプレッサダイワキャグニー

[もっと見る]

2021年1月11日(月) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年01月11日号】特選重賞データ分析編(236)~2021年日経新春杯~
閲覧 1,799ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 日経新春杯 2021年01月17日(日) 中京芝2200m


<ピックアップデータ>

【前走の着順ならびに前走の1位入線馬とのタイム差別成績(2016年以降)】
○着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.5秒以内 [4-5-5-15](3着内率48.3%)
×着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.6秒以上 [1-0-0-38](3着内率2.6%)

 ハンデキャップ競走ということもあり、基本的には前走好走馬が優勢。前走が格の高いレースだった馬を含め、大敗直後の馬は苦戦していました。直近のパフォーマンスがいまひとつだった実績馬を信頼し過ぎないよう心掛けるべきでしょう。

主な「○」該当馬→アドマイヤビルゴヴェロックスサンレイポケット
主な「×」該当馬→サトノソルタスダイワキャグニーミスマンマミーア


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走との間隔が中8週以内」だった馬は2016年以降[3-5-5-31](3着内率29.5%)
主な該当馬→アドマイヤビルゴヴェロックスサトノソルタス

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイワキャグニーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 34ビュー コメント 0 ナイス 2

バスラットレオンが自分の展開に持ち込むレースをしましたが、今回の中京ではスピードが乗らず、突かれる展開となりました。それでも前が有利となった中で1頭だけ全く違う脚でザダルが直線一気で優勝。エプソムカップ以来の重賞2勝目となりました。大事に大事に使われている馬で、6歳とは言え、まだまだ若々しい馬体。これできっかけをつかめば有力馬が大挙引退したマイル路線では活躍できる下地がある馬です。 

 2着には所長◎の11番人気のダイワキャグニー。マイルならばいつでもこのくらいは走れる馬。今回はハナに拘らず、馬のペースでレースを進めたことが好結果の原因だと思います。左回りのマイル戦では常に注意を払いたい馬です。

 3着正攻法のレースで人気馬の中では唯一仕事をしたカイザーミノル。マイル前後にG2までなら、いつでも勝てる力をつけており、次走あたりが大チャンスかもしれません。

 期待されたハイレベル世代の4歳馬は2頭ともに見どころ無し。次走でしっかり見極めたいところです。

 皇帝世代 2022年1月6日(木) 10:56
謹賀新年
閲覧 65ビュー コメント 0 ナイス 6

【収支】

JRA +3900
南関 ー4600

競馬ファンの皆さん明けましておめでとうございます。

年明け開幕競馬の成績はいかがですか?

私はボチボチでした。

中山金杯、京都金杯のメインレースのみ購入。

中山金杯は的中~3連複7500円。

タガノディアマンテ惜しかった。一番人気ヒートオンビート消えてくれて良かったのに、、、

京都金杯は外しましたが、これも惜しかった。ダイワキャグニーはダートダメで出戻り戦できましたねぇ。目に入ったけど購入するまではいかなかった、、、ダイアトニックも頑張ってくれたのになぁ。

※占いでは最初の1月、2月でその年の運勢が決まってしまうらしいので今月の成績は大事ですよ~!

【本日は南関8Rと11Rに注目しています】

PS:1973年の本日にカーリー・サイモンの「You're So Vain」は、全米チャートで1位になりました。

https://youtu.be/mQZmCJUSC6g

この曲、何気にクレジットには明記されてませんが、バックボーカリストとしてミック・ジャガーが参加していました♪

[もっと見る]

 Haya 2022年1月6日(木) 07:00
【~術はある~】(2022.1.6.)(シンザン記念、フェアリーS)
閲覧 256ビュー コメント 0 ナイス 7

いつもブログ、日記に訪問される方々、
明けましておめでとうございます。
遅~い年始のご挨拶で申し訳ありません。

☆ 今年もよろしくお願いします。  ☆

年末から襲い始めた年越し寒波。
今年も例年にない寒さ?

そして、一昨日5日(東西金杯の水曜日)は “小寒”(寒の入り)!
ますます寒くなり、我が懐も…。(@_@;)

<“小寒”(寒の入り)とは?>
寒さが最も厳しくなる時期の前半。この日から節分(立春の前日)までを「寒(かん。寒中・寒の内とも)」と言い、この日を「寒の入り」とも言う。冬の寒さが一番厳しい時期となる。この日から寒中見舞いを出し始める。

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数20年分)
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : お休み
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第1期途中経過】
第1期(1月5日~1月23日)6日間(中山金杯~東海S)9戦

東西金杯は、当てる事ができたのか!?

水曜、G3中山金杯では、4番ヒートオンビートに注目!
複勝④ ・ ワイド(4-8) 
結果は、W的中!(複勝140円/ワイド630円)

水曜「中山金杯」で注目したヒートオンビート(1人気)は、中団追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、何とか3着確保!? もう一頭注目したレッドガラン(4人気)は、好位の後ろでレースを進めて残り200mを切ったところで抜け出し、外から追い込んだスカーフェイス(7人気))に2.1/2馬身差をつけ優勝。馬券は狙い通り複勝・ワイド馬券をW的中!🎯 反省点として、馬券の買い方(資金配分)?? 荒れる傾向が強く、あえて馬連を回避して成功。ただ、ワイド馬券1点買いまでは、自信も無かったので、複勝を保険にしたつもり…。


水曜、G3京都金杯では、5番ディアンドルに注目!
単勝・複勝(5番ディアンドル) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

水曜「京都金杯」で注目したディアンドル(6人気)は、先団後方追走のまま直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、伸びを欠き後退…16着惨敗。レースは、出負けして後方からとなったザダル(7人気)が、直線で馬の間を割って各馬を差し切り、先に抜け出して粘ったダイワキャグニー(11人気)に1馬身差をつけ優勝。さらにアタマ差の3着にカイザーミノル(2人気)が入り、大波乱決着?? 当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、軸馬選択の失敗!? 馬よりC.デムーロ騎手の手腕に期待した結果なので、あっさりと諦めもつく。ちなみに優勝したザダルは、ハイブリッド新聞推定後半3Fトップ馬だった…残念。


【短 評】
年始、2戦1勝1敗…みたいな感じ。終わってみれば、東西金杯が大波乱?? 予想通りの結果だったが、このパターンの場合は複勝がベター?? 無理に万馬券を狙わなくても、馬券は当てて損さえしなければ儲かる。ただ、複勝で外しているようでは本末転倒でもある…残念。個人的には、まぁまぁのスタートができたのでは!? 今週末(シンザン記念、フェアリーS)も頑張ります。


【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(中山金杯)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
7番トーセンスーリヤが該当=結果5着ハズレ…(ノД`)・゜・。

(京都金杯)
注目(馬連)したのは、"日刊馬番コンピ指数値53"
5番ディアンドルが該当=結果16着ハズレ…(ノД`)・゜・。 

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(シンザン記念)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4位"

*無条件
過去10年内(1-3-2-4/10)
勝率10%/連対率40%/複勝率60%/的中率60%/回収率173%
近5年内 (1-3-1-0/5)
勝率20%/連対率80%/複勝率100%/的中率100%/回収率304%

5年連続出現中だけに、今年は期待薄!?

(フェアリーS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数7位"

*無条件
過去10年内(2-1-2-5/10)
勝率20%/連対率30%/複勝率50%/的中率50%/回収率171%
近5年内 (2-0-1-2/5)
勝率40%/連対率40%/複勝率60%/的中率60%/回収率162%

3年連続出現中だけに、今年は期待薄!?

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイワキャグニーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
7:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年10月30日(金) 22:59:52
全レ、穴、調教、適正
6:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年10月8日(木) 23:45:13
安井、評価低
5:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年10月8日(木) 23:41:30
スガダ、調教今までにない良さ、去勢の効果ありそう

⇒もっと見る

ダイワキャグニーの写真

ダイワキャグニーの厩舎情報 VIP

2022年1月5日スポニチ賞京都金杯 G32着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダイワキャグニーの取材メモ VIP

2022年1月5日 スポニチ賞京都金杯 G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。