ピースワンパラディ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ピースワンパラディ
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2016年1月24日生
調教師大竹正博(美浦)
馬主長谷川 成利
生産者高山牧場
生産地日高町
戦績13戦[5-4-2-2]
総賞金13,295万円
収得賞金4,600万円
英字表記Peace One Paradis
血統 ジャングルポケット
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
ダンスチャーマー
クリアソウル
血統 ][ 産駒 ]
アグネスデジタル
キャトルセゾン
兄弟 シゲルヒラマサクリアショット
前走 2021/01/05 スポニチ賞京都金杯 G3
次走予定

ピースワンパラディの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/01/05 中京 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 16243.622** 牡5 56.0 福永祐一大竹正博470(+4)1.33.2 0.133.9④④⑤ケイデンスコール
20/11/28 東京 11 キャピタルS (L) 芝1600 13453.211** 牡4 56.0 戸崎圭太大竹正博466(+4)1.32.8 -0.234.3⑤⑤ロードマイウェイ
20/10/04 中京 11 ポートアイS (L) 芝1600 166124.212** 牡4 56.0 丸山元気大竹正博462(-4)1.33.0 0.033.8⑪⑬⑬ドナウデルタ
20/09/06 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 18237.947** 牡4 55.0 池添謙一大竹正博466(+4)2.00.4 0.532.9⑪⑪ブラヴァス
20/06/14 東京 11 エプソムC G3 芝1800 18355.027** 牡4 56.0 津村明秀大竹正博462(-4)1.48.1 0.435.7⑫⑩⑩ダイワキャグニー
20/05/16 東京 10 湘南S 3勝クラス 芝1600 108103.211** 牡4 57.0 川田将雅大竹正博466(+4)1.33.2 -0.033.5アドマイヤスコール
20/03/08 中京 11 トリトンS 3勝クラス 芝1600 138122.112** 牡4 57.0 M.デムー大竹正博462(+2)1.38.8 0.236.4⑨⑤⑤ペプチドバンブー
19/11/24 東京 8 オリエンタル 2勝クラス 芝1800 12111.811** 牡3 55.0 C.スミヨ大竹正博460(0)1.48.6 -0.334.5⑥⑥⑥ジョブックコメン
19/10/27 東京 8 精進湖特別 2勝クラス 芝2000 8772.313** 牡3 55.0 丸山元気大竹正博460(-8)2.02.0 0.032.7⑤⑤⑤アトミックフォース
19/10/05 新潟 11 魚沼特別 2勝クラス 芝2000 7221.312** 牡3 55.0 丸山元気大竹正博468(+16)2.02.0 0.132.8⑥⑤エリティエール
19/04/27 東京 11 青葉賞 G2 芝2400 16356.733** 牡3 56.0 戸崎圭太大竹正博452(0)2.25.3 0.335.3⑥⑥⑦⑥リオンリオン
19/03/09 中京 10 Fウォーク賞 500万下 芝1600 11116.331** 牡3 56.0 丸山元気大竹正博452(-6)1.34.8 -0.233.0⑪⑩⑩ブルスクーロ
19/01/26 中京 5 3歳新馬 芝1600 168155.931** 牡3 56.0 丸山元気大竹正博458(--)1.37.3 -0.233.8⑦⑥⑥ノンストップ

ピースワンパラディの関連ニュース

 京都金杯は5日、中京競馬場で16頭によって争われ、岩田康騎乗で12番人気のケイデンスコールが、好位から抜け出して快勝。新潟2歳S以来の復活勝利で、岩田康騎手は5年連続でJRA重賞勝利となった。2着に2番人気のピースワンパラディ、3着に14番人気のエントシャイデンが入り、1番人気のシュリは5着。3連単122万8010円はレース史上最高払戻金額の波乱となった。

 新春の桶狭間で鮮やかな復活Vを決めた。12番人気のケイデンスコールが好位から抜け出し、2018年の新潟2歳S以来、2年4カ月半ぶりの勝利で重賞2勝目。17年から5年連続JRA重賞勝利で通算100勝目に王手をかけた岩田康騎手=円内=が、何度も拳を突き上げて喜びを爆発させた。

 「最高です。狙ったレースでした。枠も良かったし、最高のポジションでレースができて、馬が応えてくれました。ゴールまで本当に頑張ってくれました」

 (2)番枠からスタートを決めて、道中は好位のインをリズム良く追走。直線に向いて馬場の真ん中に持ち出すと、鞍上の右ムチに応えて力強く抜け出し、最後は猛追するピースワンパラディを3/4馬身差で振り切った。

 しばらく勝利から遠ざかっていたが、3歳春には、GI・NHKマイルCで2着に入った実力馬で、連対したすべてが左回りコースという“サウスポー”。例年行われる京都競馬場が改修工事のため、今年は左回りの中京開催という運も味方に、本来の走りを取り戻した。

 安田隆調教師は「左回りはいいですね。デビューの頃は小さい感じでしたが、最近馬がすごく大きくなりました」と、ロードカナロア産駒の成長した姿に喜びもひとしお。今後も左回りのマイル戦が目標となり、春には東京の安田記念(6月6日、GI、芝1600メートル)などの大舞台も見えてきそうだ。「いいきっかけをつかんだので、これから大活躍してほしいですね」とトレーナーは結んだ。

 得意条件で完全復活を遂げた重賞ウイナー。ケイデンスコールが、今年のマイル路線に新風をふかせる。(斉藤弘樹)



 ケイデンスコール…父ロードカナロア、母インダクティ、母の父ハーツクライ。鹿毛の牡5歳。栗東・安田隆行厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績は15戦3勝。獲得賞金1億3207万5000円。重賞は2018年のGIII新潟2歳Sに次いで2勝目。京都金杯は安田隆行調教師が初勝利、岩田康誠騎手は08年エイシンデピュティ、10年ライブコンサートに次いで3勝目。馬名は「軍隊で訓練時に唱和される行進曲、訓練歌」

【スポ京都金杯】ピースワンパラディ素質見せた2着 2021年1月6日(水) 04:54

 2番人気のピースワンパラディは、5、6番手の追走から2着。初騎乗の福永騎手は「いいところで競馬ができた。勝負どころの手応えが今ひとつで、追ってからも反応しきれないところがあったけど、力をつけていけば…」と辛口ながらも素質を感じ取っていた。大竹調教師は「着実にステップアップしているし、賞金加算ができたことは大きかった」と語った。



★5日中京11R「京都金杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スポ京都金杯】ピースワンパラディがあと一歩の2着 福永「これから力をつけていけば…」 2021年1月5日(火) 18:40

 1月5日の中京11Rで行われた第59回京都金杯(4歳以上オープン、GIII、芝1600メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、岩田康誠騎手騎乗の12番人気ケイデンスコール(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)が直線抜け出し勝利。2018年新潟2歳S以来の復活勝利を挙げた。タイムは1分33秒1(良)。



 福永祐一騎手と初めてコンビを組んだピースワンパラディは、スタートを決めると道中は4、5番手を追走。直線に入り勢いよく坂を駆け上がるも3/4馬身届かず、あと一歩タイトルには手が届かなかった。



 ◆福永祐一騎手「いいポジションで競馬ができました。勝負どころでの手応えがもうひとつで、追ってからも反応し切れないところがありましたけど、これから力をつけていけば…」



★【京都金杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【スポ京都金杯】3連単120万超の大波乱!12番人気の伏兵ケイデンスコールが復活V 2021年1月5日(火) 16:02

 1月5日の中京11Rで行われた第59回京都金杯(4歳以上オープン、GIII、芝1600メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、岩田康誠騎手騎乗の12番人気ケイデンスコール(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)が好位の内をロスなく追走すると直線抜け出し勝利。今年のマイル戦線を占う重要な一戦で、2018年新潟2歳S以来の復活Vを挙げた。タイムは1分33秒1(良)。



 3/4馬身差の2着にはピースワンパラディ(2番人気)、さらに1馬身遅れた3着にエントシャイデン(14番人気)が入り、3連単120万円超の大波乱となった。



 ◆岩田康誠騎手(1着 ケイデンスコール)「最高の気分ですね。狙ったレースでした。枠も良かったし、最高のポジションでレースができて、馬が応えてくれました。ゴールまで本当に頑張ってくれました」



 京都金杯を勝ったケイデンスコールは、父ロードカナロア、母インダクティ、母の父ハーツクライという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は15戦3勝。重賞は18年新潟2歳S(GIII)に次いで2勝目。京都金杯は管理する安田隆行調教師は初勝利、騎乗した岩田康誠騎手は08年エイシンデピュティ、10年ライブコンサートに次いで3勝目。



★【京都金杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【スポーツニッポン賞京都金杯】入線速報(中京競馬場) 2021年1月5日(火) 15:48

中京11R・スポーツニッポン賞京都金杯(1回中京1日目 中京競馬場  芝・左1600m サラ系4歳以上オープン)は、1番手2番ケイデンスコール(単勝43.3倍/12番人気)、2番手4番ピースワンパラディ(単勝3.6倍/2番人気)、3番手13番エントシャイデン(単勝93.6倍/14番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連2-4(89.5倍) 馬単2-4(247.4倍) 3連複2-4-13(1359.0倍) 3連単2-4-13(12280.1倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2021010507010111
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】京都金杯2021 競馬通の芸能人・著名人が年頭から全力予想!あの人の見解は!? 2021年1月5日(火) 06:30


※当欄ではスポーツニッポン賞京都金杯について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【大道典良(福岡ソフトバンクホークス・2軍打撃コーチ)】
注目馬
ピースワンパラディ
レッドガラン
馬連
④-⑧
馬連流し
④-①③⑫⑭⑮⑯
⑧-①③⑫⑭⑮⑯
3連複2頭軸流し
④-⑧-①③⑫⑭⑮⑯

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑪ボンセルヴィーソ
○⑧レッドガラン
▲④ピースワンパラディ
△③ロードマイウェイ
△⑩シュリ
△⑭タイセイビジョン
△⑯トリプルエース
3連単1頭軸流しマルチ
⑪→③④⑧⑩⑭⑯

【横山ルリカ】
◎⑩シュリ

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎④ピースワンパラディ
○⑧レッドガラン
▲⑥レッドアネモス
△⑯トリプルエース
△⑮サトノアーサー
△⑪ボンセルヴィーソ
△⑬エントシャイデン
△①ケイアイノーテック
△②ケイデンスコール
△⑩シュリ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑫ラセット

【目黒貴子】
◎⑩シュリ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ピースワンパラディの関連コラム

閲覧 1,534ビュー コメント 0 ナイス 2

中央競馬開幕となった金杯デーは東西とも波乱のスタート。とりわけ大波乱となったのは、中京で行われた京都金杯。

まったく想定していなかったエントシャイデンの逃げで始まったが、隊列はすんなり落ち着き先行イン有利の競馬に。結果逃げた14番人気のエントシャイデンが3着に逃げ粘り、1枠2番の12番人気ケイデンスコールが好位から差して勝利、2着は4番枠のピースワンパラディ

終わってみれば”逃げ馬&内枠”という、現代競馬の波乱パターンのセオリー通りの結末となった。予想としてはかすりもせず…のスタートになってしまったので、今週末の3日間開催で改めて仕切り直しをしたい。

~東西金杯で改めて見えた騎手の特徴

そして、年が明けても変わらないのは騎手の特徴だ。驚きの逃げを見せた川須騎手は、決して上手くはないがとにかく積極性が武器のジョッキー。今回も持ち味を引き出す思い切った好騎乗だった。

勝った岩田騎手は昨年のカツジでも見せたような思い切った騎乗で健在ぶりをアピール。インを回ってズバッと差して来るパターンには、まだまだ注意が必要だ。白髪の上に白帽子(1枠)の岩田騎手には要注意だ。

エントシャイデンにハナを譲る形になったボンセルヴィーソ鮫島克駿騎手も、特徴通り。カデナ小倉大賞典を制した時のように、溜めて差す競馬では上手さを見せるが、反面積極性が足りないところがある。昨年のレパードSでも、楽に行けそうだったタイガーインディで控えてしまい惨敗を喫している。

東の中山金杯に目を転じても、ヒシイグアスの松山騎手は乗れる騎手としてさらに腕に磨きをかけているし、3着ウインイクシードは、やはり追う力においてはJRAの中ではトップクラスの力があるところを改めて見せてくれた。

5着に敗れたとはいえ、昨年プチ・ブレイクしたアールスターの長岡騎手の自在な立ち回りも目を引いたし、カデナの三浦騎手のある意味自分の馬のことだけを考えた騎乗も変わらなかった。

2021年に変わっても、基本的に何かが極端に変わることはない。上手い騎手は上手いし、積極的な騎手は積極的だし、逆に若手でもない限りはイマイチな騎手が劇的に上手くなることもないだろう。我々は騎手に過度な期待をすることなく、どう動くかを観察し、上手く予想に取り入れて行きたい。

なお、騎手の特徴については『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』を見て頂けると理解が進むと思うので、興味のある方は是非読んでみてほしい。

シンザン記念展望

さて、今週末は京都金杯が行われた中京芝1600mでシンザン記念が行われる。天候にも恵まれ、引き続き先週同様の馬場状態で行われば、再び紛れが生じる可能性もある。

昨年のアルテミスSソダシの2着に好走し、さらにルメール騎手が騎乗するククナ朝日杯FSで差のない競馬をしたバスラットレオンあたりに人気が集まりそうだが、伏兵の出番もありそうだ。

現時点での注目はセラフィナイト。デビュー戦は不良馬場で全く持ち味を生かせなかったが、良馬場だった2戦目では馬群を縫って鋭く伸びて勝利。多頭数の競馬にも対応できそうな器用さもあり、立ち回りひとつでチャンスがありそう。丸山騎手は中山金杯でもココロノトウダイで2着に突っ込むなど好調なスタートを切っており、ココでも手綱捌きに注目したい。

シンザン記念の本命馬は、『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年1月4日(月) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】2021年も印や点数を絞らず狙い続ける/東西金杯展望
閲覧 1,608ビュー コメント 0 ナイス 6

読者の皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

昨年は有馬記念で見せ場が作れず少々残念な締め括り。サラキアのような馬をキッチリ買える2021年にしたいものです…。

それはさておき、2020年のJRAの某大手競馬ポータルサイトN(大人の事情で一応伏せる)での公開予想は最終的に、

的中率 21%
回収率 117%

にて終了。プラスで終われたことには満足しているが、前述の有馬記念もそうだがビッグレースでの的中が少なく、その点では消化不良であった。野球でいえば得点圏や目立つところでヒットが打てず、打率は良くても印象には残らない…という感じだろうか。2021年は記録にも記憶にも残る予想を目指したいが、あまり力んでも仕方ないのでこれまでのやり方を踏襲したい。

これまでの私のやり方、それをひとことで言えば、

「より難解なレースを見つけ、そこで大きく勝負する」

というものだ。

通常であれば難解なレースよりわかりやすいレースを選びたくなるが、わかりやすいレースは多くのその他大勢のファンにもわかりやすいので、優位性を持ちづらい。一方、難解なレースを自分だけが多少でも読み解ければ優位性を持てる、さらに大きな配当も期待できるというのがその理由だ。

そして、難解なレースで馬券を買う上で心がけることは、

1、予想印だけでなく買い方を精査し
2、無理に印や点数を絞らない

という2点である。

現時点で回収率を上げるにはこの方法が自分のスタイルには合っている。理由はいくつかあるが、性格的に能力通りで決まる堅いレースにドカンと張ることや、単勝や複勝に大きく張ることは自分に”合わない”ためである。

この”合わない”というのはとても大事で、したがって私がこの場で述べていることは必ずしもあなたにとっての正解ではない。なぜなら、馬券における正解というのは馬券を買うプレイヤーの数だけあるためだ。

ネット掲示板のような場所では常に「我こそが正解である」と言わんばかりの不毛な議論が繰り広げられているが、上記の理由から、その多くは時間の無駄である。議論は、同程度の思考力や価値観、考え方、何より相手への信頼があって初めて成り立つ。個人的な話になるが、東京大賞典の帰り道、友人と馬券の買い方や考え方について議論をしたが、その場が成り立つのはお互い同程度の理解力や思考力、そして信頼があるためである。それがない上での議論は成り立たないので、私の書いていることもあくまでも一つの選択肢に過ぎず、正解ではなく、かといって不正解でもない。合うか、合わないかだけである。合う方に少しでも届けば良いのである。

という長い前提の上で、2021年も難解なレース、荒れるレースを見つけ、そこで勝負することを続けて行きたい。馬券は絞ってナンボ…というのがどちらかといえば競馬予想の世界の定説になっているが、常に少数派が勝てるのがギャンブルの不変の法則であるから、その定説があるうちは反主流の方法で引き続き取り組んでいくつもりだ。

~東西金杯の注目馬

さて、2021年も東西金杯でスタート。ココでは東西の注目馬を一頭ずつ挙げてみたい。

テリトーリアル(中山金杯)

上がりが掛かる立ち回りに2000mがベスト条件。前走の中日新聞杯はこの馬には上がりが速すぎた。中山戻りで再び低速戦に戻る今回は、立ち回りひとつでチャンスがある。積極的な石川裕紀人騎手とも手が合う印象だ。

ピースワンパラディ(京都金杯)

今年は中京で行われる京都金杯だが、マイル戦にしては先行勢が多くない組み合わせ。そこでスローでも差せるピースワンパラディの決め手が有利。中京マイルでは(2-2-0-0)と崩れておらず、決め手を引き出せる福永騎手とは手が合いそうなタイプだ。

どちらかといえば中山金杯の方が波乱度が高そう。荒れるレースの見極めがテーマと書いたので、本稿執筆時点では中山金杯に重きを置いて買おうと考えている。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年12月27日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年12月27日号】特選重賞データ分析編(234)~2021年京都金杯~
閲覧 1,584ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 スポーツニッポン賞京都金杯 2021年01月05日(火) 中京芝1600m


<ピックアップデータ>

【“前年4月以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において9着以内となった経験の有無別成績(2016年以降)】
○あり [4-5-4-29](3着内率31.0%)
×なし [1-0-1-39](3着内率4.9%)

 今回より格の高いレースを主戦場としてきた馬が優勢。2016年以降に好走を果たした馬の大半は、前年4月以降に施行されたG1・G2で善戦したことのある馬でした。条件クラスのレース、オープン特別のレース、G3のレースばかり使ってきた馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→ケイアイノーテックサトノアーサータイセイビジョン
主な「×」該当馬→シュリトリプルエースピースワンパラディ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が1着、もしくは前走の1位入線馬とのタイム差が0.4秒以内」だった馬は2016年以降[5-2-5-21](3着内率36.4%)
主な該当馬→シュリトリプルエースピースワンパラディ

[もっと見る]

2019年4月30日(火) 18:30 覆面ドクター・英
NHKマイルC2019
閲覧 2,268ビュー コメント 0 ナイス 12



春の天皇賞は6番人気グローリーヴェイズが本命。最後の直線では一旦先頭に立つも、長い叩き合いでフィエールマンに競り負けて......と、これでG1・4戦連続で本命が2着。予想に「エタリオウにはネタでまた2着に」と書いたのですが、「お前の本命がネタでまた2着だよ」と言われそうな決着でした(笑) 今週も一応的中は残すことが出来たわけですが、毎度のことながら、1、2着が逆だったら馬券(3連単917倍)のほうをごっそり「持っていた」んですよねー。相変わらず「(運は)持っていない」みたいです。ただ、このコラムとしては、上位評価に挙げた6頭が上位1~5着と7着で、消した4番人気と5番人気が二桁着順と、またまたいい線いっていたのではと手応え。香港競馬は好調で、QE2世Cも当たり、予想家ランキングで1位まで登りつめましたし、JRAG1もそろそろ大爆発が来る頃か!?

それでは恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 グランアレグリア桜花賞を驚異的な時計で勝ったが、オークスはスピードがあり過ぎるタイプで微妙かなあと思っていたら、ここへ。得意のマイルでの変則2冠を狙う。もまれた際にどうか、という心配はあるにしても、相手の層が薄いここは好勝負必至。

2番人気想定 アドマイヤマーズ皐月賞は人気ほど強くない、という判断だったが、ここは相手が弱く、マイルだし通用するだろう。ただ、その安定感から常に人気になるので、妙味は無いタイプ。

3番人気想定 ダノンチェイサー:少頭数のきさらぎ賞では、きっちり2馬身差をつけて最後は抑える余裕で完勝してきた。行きたがるタイプだけに距離短縮は大歓迎だが、掛かって東京の長い直線で失速というのもありそう。気性面に課題。ただ、折り合えば頭まであっていい素質馬でもある。

4番人気想定 ファンタジスト皐月賞は距離というより内を回ったのが良くなかった感もある中での13着大敗。そして、今回マイルへと矛先を向けてきた。距離短縮で人気になりそうだが、疲れが残りそうな春2戦の後で、そろそろお釣りが無くなってくる頃では。

5番人気想定 ヴィッテルスバッハ:前哨戦のNZTが、スローで逃げ残りのレースを後方から差してきたので強く見えるが、レースレベルがかなり微妙で消して妙味か。

6番人気想定 カテドラル:こちらも、アーリントンCで絶望的な最後方からものすごい脚で追い込んできて2着した。イレ込むので惨敗2戦は輸送があった関東圏でのもので、去勢された半兄同様、能力発揮には様々な条件が揃わないといけなそう。

7番人気想定 クリノガウディー:距離短縮は歓迎なのだろうが体調面のピークが昨年末だったようで、調教も朝日杯FSの時のようには動けていない。

8番人気想定 ヴァルディゼール:新馬勝ちして2戦目でいきなりシンザン記念も勝ってしまった素質馬。前走のアーリントンCは挟まれる不利もあり8着に敗れたが内容は悪くなく、ロードカナロア×ハーツクライという新時代象徴する配合で、激走を期待できる一頭。

9番人気想定 トオヤリトセイト:数少ないドリームジャーニー産駒。アーリントンCでは、後方から鋭い末脚で3着まで来ており、ゲートが悪くアテにならない反面、ヒモにはありではというタイプ。

10番人気以下想定 
ケイデンスコール毎日杯が今年はかなり低レベルだったのもあり、朝日杯で13着というのが正しい力関係では。

グルーヴィット:ダートで新馬、500万下と連勝して迎えた初芝のファルコンSを2着と、人気がなくてもここもやれて良い能力がある。

プールヴィル桜花賞で14番人気6着と頑張った。ジワジワ強くなってきている社台F購入のマル外で、通用していい能力はある。

マイネルフラップ:500万下を11番人気で勝って、10番人気のシンザン記念を2着と健闘し、毎日杯も5着とそれなりだが、正直相手に恵まれた面が大きいのでは。

イベリス:逃げて12番人気で1着だったアーリントンCはうまく行き過ぎた感が強い。ロードカナロア産駒だけに、余分に人気になりそうで消して妙味か。

ハッピーアワー:ハービンジャー産駒にしては短距離向きで、母父ディープインパクト色が強くでているのかもしれない。ファルコンSでもしっかりした末脚を披露と、1400mまでということは無さそうで、楽しみな穴馬。

セリユーズ:6戦すべて1番人気というディープインパクト産駒らしい支持を集めてきたが、スイートピーS3着からの連闘は無いのでは。

ワイドファラオ:本来は前哨戦であるNZT勝ち馬なのだが、スローを逃げ切っただけでかなりの低レベルレースだったこともあり、要らないのでは。

ピースワンパラディ:新馬、500万下と豪快な差し切りを見せて、青葉賞では本命を打って3着だった馬。さすがに連闘では使ってこないのでは。

ミッキーブラック:新馬、オープンと2連勝した後に4連敗と典型的な伸び悩みで、買えない。

インテンスライト:前走500万下を、人気の金子さん所有馬であるブーザーを下して勝利。ただ、さほどインパクト無く、トップレベルのマイラーとはまだ差があるという印象。

ロードグラディオ:5番人気で500万下を勝ち上がったが、アーリントンCではやはり力が足りない感じの13番人気7着はいた。スローだったぶん差は少ないが、厳しいのでは。

アフランシール:前哨戦のNZTは不利だらけでノーカウントにしても、チューリップ賞もいまいちで、激走は期待薄。



<まとめ>

有力:ヴァルディゼールグランアレグリアダノンチェイサー

ヒモに:グルーヴィットプールヴィルハッピーアワートオヤリトセイト

[もっと見る]

2019年4月25日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019天皇賞(春)&青葉賞
閲覧 2,250ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


~~4月28日(日) 第159回天皇賞(春)(G1、4歳以上・芝3200m)~~


<優先出走馬>

メイショウテッコン(A)中4週
休み明けの日経新春杯時は、最終追い切りも軽くパドックではお腹のあたりに余裕もあったが、前走の日経賞時は最終追い切りで坂路をビッシリと追われ、しっかり仕上げてきた感じだった。この中間は、いつも通り1週前にCWを長めから併せ馬で追い切られていて、直線内からスッと伸びていた。前走から、引き続き良い状態をキープできている印象を受けた。出来は良さそうなので、あとは内枠に入って前走のような自分の競馬ができれば、しぶとい。


<賞金上位順>

リッジマン(C)中5週
この中間もCWで本数を多めに乗られているが、長めからの追い切りがない。1週前追い切りの動きを見ても、内を回っている割に外を走る他厩舎の馬たちとは勢いが違い、物足りなく映った。

パフォーマプロミス(C)中10週
今回騎乗予定の北村友騎手とはレースでは初めてのコンビとなるが、調教では17年グレイトフルS(1着)の1週前追い切り、昨年のアルゼンチン共和国杯(1着)の1週前と最終追い切り、そして昨年の有馬記念(14着)の最終追い切りと、何度も跨っており、この馬の騎乗自体初めてではない。調教とはいえ、2回勝っているレースの直前に調教をつけていることを考えると手は合っているのかも。この中間は2週前、1週前と同騎手騎乗で追われている。1週前は、併せ馬で遅れていてやや不安な点はあるが、最終追い切りでどんな感じに仕上げてくるか最終追い切りの動きを見て判断したい。

ヴォージュ(D)中5週
この中間も坂路で乗られているが、前走時よりも時計がかかっていて動きを見ても前に伸びきれてなく力強さがない。

ユーキャンスマイル(B)中9週
間隔に余裕があり、毎週のように長めから併せ馬で追い切られて順調に調整されている。1週前には岩田騎手騎乗で追い切られて、内に併せても右にササる面も見せず真っすぐ走れており、状態面の不安はない。

クリンチャー(C)中5週
昨年の有馬記念時のパドックではまん丸い感じで、前走時のパドックではお腹のあたりに余裕がある感じと、まだまだ本来の出来まで戻ってきていないという印象だった。前走時は最終追い切りで強めに追われていたが、この中間は1週前追い切りで強めに追われている。動きも前走時よりは良くなっている印象で、これで最終追い切りもビッシリと追ってくるようなら変わり身もありそう。

カフジプリンス(A)中5週
前走時のパドックでは、ここ2戦とは違ってスッキリした感じの馬体に見えたので、だいぶ馬体が締まってきていたのではないかと思う。この中間も、坂路で好時計が出ていて上積みが期待できそう。

ロードヴァンドール(A)中5週
近走は調教で目立つ時計が出ていなかったり、併走で遅れたりと物足りない内容が多かった。前走時は、併せ馬で3週連続先着していて、坂路での時計も良く、好走時の調教内容に近いものがあった。この中間も引き続き好時計が出ていて、1週前追い切りの動きを見ると、楽な手応えで重心が低い走りになってきている。馬がガラッと変わった感じで、今回は前走よりもかなり良さそう。

ケントオー(F)中5週
10月の京都大賞典から月1ペースでレースを使われてきていて、この中間は坂路での時計がかなりかかっている。どちらかというと調教では速い時計の出る馬なので、疲れが出ているのかもしれない。

チェスナットコート(D)中4週
海外帰りで休み明けの前走時。追い切りの動きは重い感じはなかったが、パドックではまだ緩い感じに見えた。この中間は、1週前追い切りの動きをみると時計は出ているが併せ馬では遅れていて、まだピリッとした感じがない。

プリンスオブペスカ(C)中3週
ここ2戦とも最終追い切りでは併せ馬で先着。この中間は間隔もないので軽めの調整となっている。最終追い切りでここ2戦のように併せ馬で先着してくるようなら、良い状態で出走できそう。


フィエールマンエタリオウグローリーヴェイズの3頭に関しては「プロ予想最前線ニュース」にて公開予定です。



~~4月27日(土) 第26回青葉賞(3歳G2・芝2400m)~~


ウーリリ(D)中4週
休み明けの前走時は、+16kgでパドックでもやや余裕がある感じにも見えた。この中間はそれほど間隔が詰まっている訳ではないのに、前走馬体が大きく増えていたわりに調教内容が軽め。コース追い中心の厩舎だが2週前、1週前と坂路での追い切りで、前走を一度使われてさらに上積みを期待という調教内容ではない。

ランフォザローゼス(B)3ヶ月半
休み明けの今回は、1ヶ月ほどトレセンで乗り込まれていて1週前追い切りの動きも前走時よりは行きっぷりが良い感じで仕上りは良さそう。

アドマイヤスコール(B)中8週
この中間も、これまでと同じように併せ馬での調教をこなしており、2週前、1週前と遅れることなく時計も優秀。状態もいつも通り良さそう。

カウディーリョ(C)中3週
休み明けの前走時は馬体も大きく増えていたが太め感はなく、レースでは後方で折り合いもつき直線での追い比べを制して2勝目。ただパドックではイレ込みがかなりきつかったので、新馬戦、アイビーS時のように落ち着きがほしい。

サトノラディウス(B)中7週
前走の弥生賞時は、パドックで雨を気にしている感じで集中力がなかった。調教内容は良かったので、当日の雨で集中力を欠いた面がレースでも悪いほうに出てしまった感じ。この中間も、入念に乗り込まれていて調教内容は悪くなく、状態面の不安はなさそう。

タイセイモナーク(C)中6週
休み明けの前走時(1着)はかなり入念に乗り込まれていて、パドックでも毛艶が良く出来はかなり良かったと思う。この中間は坂路での調整で、前走時の調教内容と比べると物足りないので、反動が出ているのかもしれない。

ピースワンパラディ(B)中6週
この中間もこれまでと同じような調教内容で、時計も優秀。1週前追い切りでは力強い走りで、引き続き調子は良さそう。

リオンリオン(D)中4週
前走時のパドックでは、外めを周回していて出来も良かった。この中間は1週前に坂路で軽めの調整。これ以上馬体は減らしたくないはずで、今回は関東圏への輸送が控えている。大きく馬体が減る可能性があるので、その辺りを考慮しての調整という可能性あり。

アルママ(B)中4週
この中間も柴田大騎手が騎乗し、いつも通りの調教内容。引き続き調子は良さそう。

キタサンバルカン(A)3ヶ月
この中間も坂路での調整。それほど時計の出る馬ではないが、今回の1週前追い切りではかなり速い時計が出ている。動きも、ラスト突き放すかなり良好なもので、休み明けでも出来は前走以上かもしれない。

セントウル(D)中4週
調教では時計の出る馬だが、この中間はこの馬にしては乗り込み本数が少なく、1週前の坂路での時計も物足りず。

ディバインフォース(B)中4週
ここ2戦はかなり入念に乗り込まれていたが、この中間も追い日以外も坂路でそこそこの時計で乗られていて、引き続き調子は良さそう。まだトモの筋肉が寂しい印象を残すので、その辺りに筋肉がついてくればもっと走ってきそう。

トーセンカンビーナ(C)中7週
角居厩舎所属のわりには、CW中心にしたり、坂路主体に変えたりと、調整内容が定まらない感じがある馬。この中間はCW中心の内容に再度変えてきた。角居厩舎流の調教内容だが、これまでこの内容で結果が出ていないので、時計は出ていても動きを見てみないと判断が難しい。

バラックパリンカ(D)中3週
小柄な馬だが、前走時のパドックではそれほど細い感じもなく見えたが、これ以上馬体は減らしたくない感じ。今回も関東への輸送があり、この中間は軽めの調整で上積みはどうか。

ピンシェル(C)3ヶ月
前走で芝2400mの未勝利戦を勝っての参戦も、1月からの休み明け。能力はあると思うが、前走時のパドックではまだまだ絞れそうな感じにも見えた。この中間は乗り込まれてはいるものの、坂路での時計がこの馬としては少しかかっている印象。大きな馬の休み明けでもあり、まだ体に余裕がありそうで使われてからのほうが良さそう。

マコトジュズマル(C)中3週
年末から使い詰めできているが、安定した成績で前走時のパドックでもかなり良さそうな感じだった。調教ではそれほど走る馬ではないので、1週前の遅れも気にしなくても良さそう。再度の関東圏輸送もあり、上積みを望むのは酷かもしれないが、調子自体は悪くはなさそう。


◇今回は天皇賞(春)青葉賞編でした。
前にもこのコラムで、現代競馬においては馬の調教に関して外厩が占める割合がかなり高くなってきている、という点について触れました。実際に、桜花賞皐月賞とトライアルを使わない、「休み明けの馬」が勝ちました。そして、今週の天皇賞(春)でも「休み明けの馬」が人気になりそうです。今後もこのようなケースはかなり増えていくと思います。調教方法は、オーナー、厩舎、馬によってもそれぞれ違うので、これが正しいと決めつけてしまうことは良くないと思います。頭を柔らかくして柔軟に対応できるようにしてくことが、大事だと思います。
そして最終追い切り、パドックで好状態の馬を見抜く力をつけていくことが、我々予想する側にとって大切だと考えています。“良い馬”を見抜くために誰にでもできることは、まずそれを見る人間が良い状態であること。これが一番大事です。経験や知識を頭に詰め込む前に、良いコンディションで馬を眺めてみて、自分なりの発見や発想を積み重ねていくことが、本当のナレッジとなっていくのではないかと思います。

それでは次回NHKマイルC&京都新聞杯編(予定)でお会いしましょう。


天皇賞(春)青葉賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

ピースワンパラディの口コミ


口コミ一覧
閲覧 561ビュー コメント 0 ナイス 14

1月第2週も、いい週にしたい!!

先週の金杯はハンデ戦らしい結果になりましたね!!

中山金杯のディープボンドは惨敗でしたが、京都金杯のピースワンパラディは2着とがんばってくれました。

次はシンザン記念とフェアリーステークスですね!!

何としても当てたいところです!

それでは、私の本命馬を発表します!!


フェアリーステークスの本命馬

迷わず、テンハッピーローズです。

ファインルージュと1番人気を争うとは思いますが、実績はテンハッピーローズが断トツですからね。

ファインルージュの圧勝もあるかもしれませんが、安定感はテンハッピーローズに軍配かな?と思っています。

単勝オッズ2.5倍以上なら期待値高いですね!!


シンザン記念の本命馬

シンザン記念は・・・迷いましたね。

迷った結果、少し人気薄になりそうな馬を本命視したいと思います。

その馬は・・・?


続きは私のブログ『嶋山@webライター』でお楽しみください!!
https://shimayama-teru.com/2021/01/08/jusyou-3/


私が運営しているワードプレスブログ『嶋山@webライター』、ウマニティ競馬ブログランキングで総合1位を獲得しました!!

ありがとうございます!!
https://umanity.jp/blog/


私が執筆した記事が電子書籍になりました!!


『副業競馬 家でスマホでポチッとするだけ副業競馬必勝法: 勝ち馬がわかる競馬の説明書 Kindle版』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08MCZ1Z65?ie=UTF8

『100万円稼ぐための必勝競馬術【改訂版】 Kindle版』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08L8S2NX8?ie=UTF8


これからもどうぞ、よろしくお願いします!!

 DEEB 2021年1月7日(木) 15:39
恥ずかしい馬予想2021.01.05[結果]
閲覧 35ビュー コメント 0 ナイス 8

中山 6R 3歳1勝クラス(混合)(特指)
◎ 7 ビップランバン…8着
☆ 9 バニシングポイント…10着
[結果:ハズレ×]

中山 9R 招福ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)
◎ 4 ★オーケストラ…10着
○12 エクリリストワール…7着
▲ 2 ブライトンロック…4着
△ 1 ダンツエリーゼ…2着
×15 キーフラッシュ…3着
[結果:ハズレ×]

中山10R ジュニアカップ (L) 3歳オープン(国際)(特指)
◎ 4 ヴィルヘルム…6着
○ 5 ヴェイルネビュラ…1着
▲ 8 ☆ジャンカズマ…2着
△ 7 ヒストリアノワール…4着
× 3 トーホウボルツ…5着
× 1 ビゾンテノブファロ…3着
[結果:アタリ△ 複勝 8 150円、馬連 5-8 650円]

中山11R 日刊スポーツ賞中山金杯 GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎17 バイオスパーク…10着
○ 9 ヒシイグアス…1着
▲11 ☆ディープボンド…14着
△14 ヴァンケドミンゴ…11着
×16 ウインイクシード…3着
× 2 テリトーリアル…6着
[結果:ハズレ×]

中山12R 4歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 7 ヴィクターバローズ…4着
○12 ブルーエクセレンス…2着
× 4 ☆ダディーズマインド…3着
[結果:アタリ○ 複勝 4 150円、ワイド 4-12 380円]

中京 9R 門松ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎11 メイショウベンガル…3着
○ 9 ハッピーゴラッキー…8着
× 3 ☆クリノサンレオ…9着
☆16 ホウオウカトリーヌ…11着
[結果:ハズレ×]

中京11R スポーツニッポン賞京都金杯 GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎11 ボンセルヴィーソ…7着
○15 サトノアーサー…12着
▲10 シュリ…5着
△16 トリプルエース…8着
× 4 ピースワンパラディ…2着
× 3 ロードマイウェイ…16着
[結果:ハズレ×]

今年も中央競馬が始まりますね。
今日は仕事ですが、仕事が終われば、多く馬券がズバッと当たっていますように。

[今日の結果:7戦1勝5敗1分]
一年のスタートが、これではね。

[もっと見る]

 Haya 2021年1月7日(木) 07:00
【~術はある~】(2020.1.7.)(シンザン記念、フェアリーS) 
閲覧 235ビュー コメント 0 ナイス 6

いつもブログ、日記に訪問される方々、
明けましておめでとうございます。
遅~い年始のご挨拶で申し訳ありません。

☆ 今年もよろしくお願いします。  ☆

年末から襲い始めた年越し寒波。
今年も例年にない寒さ?

そして、一昨日5日(東西金杯の火曜日)は “小寒”(寒の入り)!
ますます寒くなり、我が懐も…。(@_@;)

<“小寒”(寒の入り)とは?>
寒さが最も厳しくなる時期の前半。この日から節分(立春の前日)までを「寒(かん。寒中・寒の内とも)」と言い、この日を「寒の入り」とも言う。冬の寒さが一番厳しい時期となる。この日から寒中見舞いを出し始める。

【週間スケジュール 変更あり】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 検討中??(具体的には春頃更新?? 予定は未定)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
ラップに関する予想をやめて、現在検討中??
(具体的には春頃更新?? 予定は未定)

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第1期途中経過】
第1期(1月5日~1月24日)6日間(中山金杯~東海S)9戦

東西金杯は、当てる事ができたのか!?

火曜、G3中山金杯では、9番ヒシイグアス軸で勝負!
馬連(9-2,3,5,8,13) 
結果は、的中!(馬連1990円)

火曜「中山金杯」の軸馬ヒシイグアス、中団前でレースを進め直線で外から前の各馬を差し切り、内から迫ったココロノトウダイ(5人気)をクビ差振り切って優勝!! 3着ウインイクシード(11人気)が入り波乱決着!? 反省点として、相手馬の選択!? 当ててはいるが、他に選択した馬(内枠)が惨敗していて、意外と外枠の馬が上位入線している。血統から検証すると、やはり父欧州型(タフなスタミナ自慢)が強かった。


火曜、G3京都金杯では、8番レッドガラン軸で勝負!
馬連(8-1,4,5,6,10) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

火曜「京都金杯」の軸馬レッドガラン、痛恨の出遅れ!? 直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、最後伸びているが6着まで。優勝ケイデンスコール(12人気)、2着ピースワンパラディ(2人気)、3着エントシャイデン(14人気)が入り大波乱!? 北村友一騎手のコメントより「ポジションを取れず後ろからになってしまいました。マイルではいい脚を使っていますが、こういう形になったのが悔やまれます。申し訳ありません」 反省点として、相手馬の選択!? 確かに軸馬レッドガラン(6着)は外れたが、出遅れではなかった。仮に2着以内に入線していても、優勝したケイデンスコールを選択していない。後から血統を検証すると、父キングマンボ系等トリプル該当馬?? さらに、2着ピースワンパラディも該当馬?? …残念。


週末、2戦1勝1敗…みたいな感じ。軸馬に関しては、年末までとは違い、ブレていない!! まだ、相手馬の選択に迷いがあり難点だが、徐々に修正していきたい。

【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(中山金杯)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
ただし、指数値67以上のみ対象。
11番ディープボンドが該当=結果14着 ハズレ…(ノД`)・゜・。

(京都金杯)
注目(馬連)したのは、"日刊馬番コンピ指数1~5位"
ただし、指数1位の指数値80以上のみ対象。(馬連BOX10点)
1位指数値74=見送り 
ちなみに結果(12位→2位→13位)でした。

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(シンザン記念)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4位"

ただし、指数値61~56に限定。

過去10年内(8回出現6回的中)的中率75%/回収率211%
近5年内 (5回出現4回的中)的中率80%/回収率216%

4年連続出現中だけに、今年は期待薄!?

(フェアリーS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4~5位"

ただし、指数値59~57に限定。

過去10年内(12回中6回的中)的中率50%/回収率159%
近5年内 (7回中4回的中)的中率57%/回収率187%

3年連続出現だけに、今年は期待薄!?

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ピースワンパラディの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
7:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年9月5日() 23:21:59
十郎、抑え、
6:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年9月5日() 23:13:29
夢、気性△、池添が巧く制御してくれれば
5:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年9月5日() 01:44:58
ラップ、4位

⇒もっと見る

ピースワンパラディの写真

ピースワンパラディ

ピースワンパラディの厩舎情報 VIP

2021年1月5日スポニチ賞京都金杯 G32着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ピースワンパラディの取材メモ VIP

2021年1月5日 スポニチ賞京都金杯 G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。