ソリストサンダー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ソリストサンダー
ソリストサンダー
ソリストサンダー
ソリストサンダー
ソリストサンダー
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2015年5月2日生
調教師高柳大輔(栗東)
馬主村上 稔
生産者村田牧場
生産地新冠町
戦績34戦[6-6-4-18]
総賞金17,231万円
収得賞金8,870万円
英字表記Soliste Thunder
血統 トビーズコーナー
血統 ][ 産駒 ]
Bellamy Road
Brandon's Ride
ラヴソースウィート
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
キソティックラヴ
兄弟 イチゴヒトフリ
市場価格1,188万円(2016北海道オータムセール)
前走 2023/05/04 かしわ記念 G1
次走予定

ソリストサンダーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
23/05/04 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 13--------5** 牡8 57.0 松山弘平高柳大輔 484
(--)
1.40.2 0.9----メイショウハリオ
23/02/19 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1661129.998** 牡8 58.0 菅原明良高柳大輔 482
(-2)
1.36.9 1.337.1⑪⑪レモンポップ
22/10/10 盛岡 12 MCS南部杯 G1 ダ1600 16--------7** 牡7 57.0 吉田隼人高柳大輔 484
(--)
1.36.2 1.6----カフェファラオ
22/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 14--------2** 牡7 57.0 戸崎圭太高柳大輔 483
(--)
1.39.2 0.3----ショウナンナデシコ
22/03/26 アラ 2 ゴドルフィン G2 ダ1600 16--------4** 牡7 57.0 C.デムー高柳大輔 --0000 ------バスラットレオン
22/02/20 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 167139.064** 牡7 57.0 戸崎圭太高柳大輔 486
(0)
1.34.3 0.534.6⑤⑥カフェファラオ
22/01/30 東京 11 根岸S G3 ダ1400 16593.919** 牡7 57.0 戸崎圭太高柳大輔 486
(+4)
1.23.8 0.736.3⑨⑨テイエムサウスダン
21/11/13 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 168166.631** 牡6 56.0 戸崎圭太高柳大輔 482
(+2)
1.35.0 -0.236.0⑦⑦エアスピネル
21/10/11 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 16--------3** 牡6 57.0 戸崎圭太高柳大輔 480
(--)
1.35.7 0.4----アルクトス
21/08/08 函館 11 エルムS G3 ダ1700 14573.9210** 牡6 56.0 戸崎圭太高柳大輔 478
(-4)
1.45.9 1.438.9⑥⑦⑤④スワーヴアラミス
21/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 12--------2** 牡6 57.0 戸崎圭太高柳大輔 482
(--)
1.39.3 0.0----カジノフォンテン
21/02/21 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1671311.058** 牡6 57.0 北村宏司高柳大輔 494
(+8)
1.35.4 1.035.9⑫⑪カフェファラオ
21/01/17 小倉 11 門司S OP ダ1700 166113.931** 牡6 58.0 吉田隼人高柳大輔 486
(+6)
1.44.5 -0.238.2⑤④クリノフウジン
20/11/14 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 1661254.9112** 牡5 56.0 北村宏司高柳大輔 480
(0)
1.35.1 0.135.6⑩⑩サンライズノヴァ
20/11/01 福島 11 福島民友C (L) ダ1700 127104.433** 牡5 56.0 鮫島良太高柳大輔 480
(-4)
1.45.0 0.537.4⑨⑨⑦⑤オーヴェルニュ
20/08/15 札幌 11 TVh賞 3勝クラス ダ1700 14113.811** 牡5 57.0 横山武史高柳大輔 484
(+6)
1.42.4 -0.335.9⑨⑨⑨④ライジングドラゴン
20/07/26 札幌 11 報知杯大雪H 3勝クラス ダ1700 14225.023** 牡5 55.0 横山武史高柳大輔 478
(-4)
1.45.1 0.136.1⑤⑤シネマソングス
20/07/19 函館 10 駒場特別 2勝クラス ダ1700 12687.141** 牡5 57.0 横山武史高柳大輔 482
(-4)
1.44.3 -0.637.6④④シャルロッテミノル
20/06/27 函館 12 檜山特別 2勝クラス ダ1700 1471110.735** 牡5 57.0 大野拓弥高柳大輔 486
(-2)
1.44.0 0.736.2⑨⑪⑩⑨ダンツキャッスル
20/05/30 京都 12 4歳以上2勝クラス ダ1400 163610.459** 牡5 56☆ 岩田望来高柳大輔 488
(+8)
1.25.1 0.837.6⑧⑩ヨハン

⇒もっと見る


ソリストサンダーの関連ニュース

サンマルブーケは近親にソリストサンダー武蔵野S)がいるダート向きの血統だ。除外で1週スライドになったが、乗り込み量に関しては十分すぎるほど消化してきた。「坂路主体で乗り込んで仕上がりはまずまず。シュッとした脚が使えるかどうかだけど、持っているものは悪くないよ」と篠島助手。前々で流れに乗れればチャンスはある。

ソリストサンダーが大井へ移籍 2021年のGⅢ武蔵野S覇者 2023年7月22日() 16:26

2021年のGⅢ武蔵野Sを勝ったソリストサンダー(栗・高柳大、牡8)が22日付で競走馬登録を抹消した。今後は大井競馬に移籍する予定。通算34戦6勝(うち地方5戦0勝、海外1戦0勝)で獲得賞金は2億4656万2600円(うち地方6850万円、海外575万1600円)。

[もっと見る]

【平安S】ソリストサンダーは前走使って上昇中 2023年5月16日(火) 18:30

かしわ記念5着ソリストサンダーは、約3カ月ぶりのレースを使って調子を上げている。高柳大調教師は「疲れもなく雰囲気はいい。初めての1900メートルになるが、距離が短くなるよりはいいと思う。うまく道中で脚をためられれば…」とコメント。武蔵野S以来となる1年半ぶりのVに向けて意欲を見せた。




[もっと見る]

【平安ステークス】特別登録馬 2023年5月14日() 17:30

[もっと見る]

【4歳以上次走報】セイウンハーデスはサマー2000シリーズを目指す 2023年5月9日(火) 13:55

新潟大賞典2着セイウンハーデス(栗・橋口、牡4)は、サマー2000シリーズを目指す。

かしわ記念5着ソリストサンダー(栗・高柳大、牡8)は、さきたま杯(31日、浦和、JpnⅡ、ダ1400メートル)か、平安S(20日、京都、GⅢ、ダ1900メートル)へ。僚馬で平城京S12着ディパッセ(牡4)は、欅S(27日、東京、OP、ダ1400メートル)か、アハルテケS(6月3日、東京、OP、ダ1600メートル)に向かう。

★鞍馬Sを勝ったエイシンスポッター(栗・吉村、牡4)は、CBC賞(7月2日、中京、GⅢ、芝1200メートル)に向かう。同3着スマートクラージュ(栗・池江、牡6)も同レースへ。同2着スノーテーラー(栗・飯田雄、牝6)は、函館スプリントS(6月11日、函館、GⅢ、芝1200メートル)で重賞初挑戦。

新潟大賞典4着モズベッロ(栗・森田、牡7)は、鳴尾記念(6月3日、阪神、GⅢ、芝2000メートル)か、宝塚記念(6月25日、阪神、GⅠ、芝2200メートル)を目標にする。

★湘南Sを勝ってオープンに昇級したカワキタレブリー(栗・杉山佳、牡4)は、安田記念(6月4日、東京、GⅠ、芝1600メートル)に登録する。

サンスポ杯阪神牝馬S9着ママコチャ(栗・池江、牝4)は、荻野極騎手との新コンビで安土城S(28日、京都、L、芝1400メートル)に向かう。ダービー卿CT11着ルプリュフォール(栗・松永幹、騸7)も同レースへ。

★難波Sを勝ってオープン入りしたマテンロウスカイ(栗・松永幹、騸4)は、メイS(20日、東京、OP、芝1800メートル)へ。

★越後Sを勝ったスワーヴシャルル(栗・安田隆、牡7)は、放牧を挟んでNST賞(8月20日、新潟、OP、ダ1200メートル)に向かう。

★越後S3着クロジシジョー(栗・岡田、牡4)は、青函S(6月24日、函館、OP、芝1200メートル)で、一昨年8月29日の新馬戦(8着)以来の芝に挑戦する。

[もっと見る]

【4歳以上次走報】ダノンスコーピオンは京王杯SCで復帰 2023年4月18日(火) 15:48

★昨年の香港マイル6着のあと休養しているダノンスコーピオン(栗・安田隆、牡4)は、京王杯SC(5月13日、東京、GⅡ、芝1400メートル)で復帰する。鞍上は川田騎手。

フェブラリーS8着ソリストサンダー(栗・高柳大、牡8)は、かしわ記念(5月4日、船橋、JpnⅠ、ダ1600メートル)に松山騎手で参戦する。

★福島民報杯1着カレンルシェルブル(栗・安田翔、牡5)は、新潟大賞典(5月7日、新潟、GⅢ、芝2000メートル)に進む。9着バイオスパーク(栗・浜田、牡8)は、都大路S(5月13日、京都、L、芝1800メートル)かメイS(5月20日、東京、OP、芝1800メートル)へ。

アンタレスS2着ヴァンヤール(栗・庄野、牡5)は、平安S(5月20日、京都、GⅢ、ダ1900メートル)、3着キングズソード(栗・寺島、牡4)は、三宮S(6月11日、阪神、OP、ダ1800メートル)を視野に入れる。

サンスポ杯阪神牝馬S3着コスタボニータ(栗・杉山佳、牝4)は、松山騎手でメイSに向かう。

★サンシャインS1着ビジン(栗・武英、牝4)は、マーメイドS(6月18日、阪神、GⅢ、芝2000メートル)を視野に入れる。

★立雲峡S1着アナゴサン(栗・牧田、牡5)は、谷川岳S(30日、新潟、L、芝1600メートル)へ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ソリストサンダーの関連コラム

閲覧 2,509ビュー コメント 0 ナイス 7



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 フェブラリーステークス 2023年02月19日(日) 東京ダ1600m


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ左回り、かつ1900m未満、かつ重賞のレース”において1着となった経験の有無別成績(2018年以降)】
○あり [5-4-4-31](3着内率29.5%)
×なし [0-1-1-32](3着内率5.9%)

 東京ダ1600mのレースが合いそうな馬を素直に重視したい一戦。2018年以降の3着以内馬15頭中13頭は、左回りのJRA重賞を勝ったことがある馬でした。右回りのレースや地方のダートグレード競走を主戦場としてきた馬は扱いに注意するべきでしょう。

主な「○」該当馬→ソリストサンダーレッドルゼル
主な「×」該当馬→ショウナンナデシコスピーディキックヘリオスメイショウハリオ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「父がミスタープロスペクター系種牡馬」の馬は2018年以降[4-2-1-15](3着内率31.8%)
主な該当馬→スピーディキックレッドルゼル

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2022年11月11日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】日常と異なる競馬は波乱度が高い/エリザベス女王杯展望
閲覧 1,911ビュー コメント 0 ナイス 4


アルゼンチン共和国杯ブレークアップが好位から抜け出して勝利。田辺騎手らしい、道中リラックスさせる技術が詰まった一戦だった。

田辺騎手は馬のリズムを重視するタイプのジョッキーで、ゆえにスタミナを温存することが上手い。アスクビクターモア菊花賞制覇も同騎手の技術の賜物だったと思うが、続いての長距離重賞制覇となった。昨年のステイヤーズSも制しており、今や“長丁場の田辺”はひとつの格言になりつつある。

さて、今週末は再び4重賞。エリザベス女王杯も当然注目だが、それは最後に取り上げるとしてココでは武蔵野Sの話を少ししたい。

というのも、武蔵野ステークスは波乱度の高い重賞だ。過去5年で見ても、3連単100万超が2回、20万超が1回。1番人気の馬券圏内は4年前のサンライズノヴァ(1着)ただ一頭のみとなっている。なぜよく荒れるのかということになるが、それはいわゆる「非日常の競馬」だからだろう。

非日常とは何か、もう少しわかりやすく表現すると、普段とは異なる適性を問われる競馬…といえば良いだろうか。ダート競馬で普段問われる適性とは、いわゆる先行力、立ち回り力、パワーといった、とにかく前に行って踏ん張る力だ。基本的にダートは常に前有利。いかに上手に立ち回って粘り込めるか…というのがダート競馬だ。

しかし、武蔵野ステークスはJRAにおける唯一のダート1600mを舞台に行われる。芝スタートに加えて直線も長く、通常のダート競馬における先行力よりも直線の決め手や末脚が重要になる。つまり日常問われている適性とはまったく異なる適性が重要になる。日常と違うのだから、近走の成績などアテにならず、むしろ前年の好走馬や、同コースの実績馬が幅を利かせることになる。前述した4年前の覇者サンライズノヴァは2年前にも当レースを制覇。ソリストサンダーは一昨年11番人気で2着、昨年は3番人気で1着。エアスピネルは一昨年8番人気で3着、昨年は2番人気で2着。

この理屈だと同コースのフェブラリーSも荒れなくては道理に合わないことになるが、フェブラリーSは仮にもG1。トップホースが集まる目標の一戦だけに、紛れは少なくなる。位置づけとしては中途半端になる前哨戦のG3である武蔵野ステークスは、その分紛れも多い。

今年は恐らくレモンポップが人気を集めそうだが、馬券的な妙味はこれまでの話の流れからすれば過去2年既に好走実績があるエアスピネルサンライズノヴァも過去2度当レースを制しており、適性的には申し分ない。新興勢力ならダートに替わって底を見せていないギルデッドミラーあたりだろうか。いずれにしても、武蔵野ステークスは非日常の競馬。今年も穴馬の台頭に期待してみたい。

エリザベス女王杯展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末はエリザベス女王杯。注目馬はコチラ。

ウインマイティー和田竜二騎手)

これまでの話の続きになるが、実はエリザベス女王杯も非日常の競馬。数少ない「牝馬のスタミナ戦」である。通常牝馬限定戦はスピードと切れ味が重要になる。ところが長距離のこのレースはむしろスタミナや持久力を問われる。とりわけ阪神開催になると、スタミナ色は強くなる。
というわけで、注目はウインマイティー。牝馬のスタミナホースを多数輩出するゴールドシップ産駒。ウインマイティー自身も前走は長距離の京都大賞典で好走。根性のある和田騎手、追い比べでしぶとさを問われれば浮上してくるはずだ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年10月9日() 09:25 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~マイルチャンピオンシップ南部杯2022~
閲覧 1,266ビュー コメント 0 ナイス 4

 マイルチャンピオンシップ南部杯は、JBCスプリントJBCクラシックの前哨戦。さすがGⅠだけあって、昨年のこのレースやフェブラリーS、かしわ記念の上位馬が出走してくる。主な対戦図式は休養明けの実績馬vs上がり馬で、実績馬の活躍が目立つ一方で、2017年にノボバカラ、2021年にヒロシゲゴールドがともに7番人気で2着と好走し、高配当を演出している。人気の実績馬が勝って、人気薄馬が2着に来るというのが、このレースの総体的なイメージである。

 まず、最有力は同年のかしわ記念の連対馬かつ、前走でも連対と順調さを欠かなかった馬で、過去10年のこのレースでの成績は【4・2・1・0】と複勝率100%。1着の該当馬は、2012年のエスポワールシチー、2015年のベストウォーリア 、2016年、2017年のコパノリッキー。2着の該当馬は、2013年のホッコータルマエ、2018年のゴールドドリーム。3着の該当馬は、2019年のゴールドドリームだ。近2年はこのタイプが出走していなかったために、波乱の結果となっている。

 また、同年のフェブラリーSとかしわ記念で連対していた馬も有力で、過去10年のこのレースでの成績は【1・1・1・0】。1着の該当馬は2013年のエスポワールシチー(同馬は2010年も前記に該当で1着)、2着の該当馬は2018年のゴールドドリーム、3着の該当馬は2019年のゴールドドリームだ。このレースはかしわ記念からの直行で取りこぼす実績馬が多いが、GⅠを連続連対できるような実力かつ安定感がある馬は、休養明けでも信頼できる。

 さらに前走でダ1400m組の活躍が目立ち、同年のプロキオンS(昨年と今年は1700m)で連対か、さきたま杯を優勝した馬が活躍している。それらの過去10年のこのレースでの成績は【3・1・3・3】。1着の該当馬は、2014年、2015年のベストウォーリア、2020年のアルクトス。2着の該当馬は、2019年のアルクトス、3着の該当馬は、2012年のアドマイヤロイヤル、2013年のセイクリムズン、2017年のキングズガード。4着以下は、2013年のアドマイヤロイヤル(5着)と2017年のカフジテイク(4着)、2020年のサンライズノヴァ(4着)。

 2013年のアドマイヤロイヤル、2017年のカフジテイク、2021年サンライズノヴァプロキオンSで3角12番手以下と、差して好走した馬。3角11番手以内というのを条件に加えると、その成績は【3・1・3・0】とデーダ上は完璧なものとなる。つまり、前走で展開に恵まれて好走した馬が、逃げ、先行馬が有利なレースになりやすい盛岡ダ1600mの変わって苦戦していることの証明である。今年はプロキオンSがダ1700mで行われていることから、その他の1400m路線馬が出走してくることが予想される。その場合はなるべく前の位置でレースをしている馬を狙いたい。

 最後に穴馬候補を紹介しよう。前走1200mのグレードレースを使われていたスピードタイプが、ここで1~2番手に行くことで穴を開けている。そう、冒頭で紹介した2017年のノボバカラと2021年のヒロシゲゴールドがこれに該当する。ノボバカラは前走で芝のキーンランドCにヒロシゲゴールドクラスターCに出走し、敗退していたために人気薄。ともに7番人気での2着だった。

 このレースは2010年に日本テレビ盃に出走して8着だったグランシュヴァリエが11番人気で3着と好走し、3連単131万越えの大波乱になったことがあったが、近年は前走で短い距離を使われている馬が穴メーカーとなっている。

 しかし、2012年に前走の日本テレビ盃で9着だったダイショウジェットが6番人気で2着、2021年は前走のエルムSで10着だったソリストサンダーが2着に好走していることから、前走でダ1700m以上のGⅡ、GⅢを使われて敗退している馬の一発にも注意したい。中距離で結果を出せていないことが、短距離馬である要素を残しているからだ。ただし、2頭とも1600m以下のダートグレードで連対実績があったことから、それを条件で狙いたい。



 まとめるとこうなる!

 ●本命候補
 ・同年のかしわ記念で連対かつ、前走でも連対している馬。
 ・同年のフェブラリーSとかしわ記念で連対していた馬。
 ・前走で同年のダ1400mのプロキオンS(昨年と今年は1700m)で連対か、さきたま杯で優勝していた馬。
  (プロキオンS組は3角11番手以内が条件)

 ●穴馬候補
 ・前走で1200mのグレードレースに出走していた馬。
 ・前走で距離1700m以上のダートグレードに出走していた馬。
  (連対圏内を狙うのであれば、同年のダ1600m以下で連対実績があることが条件)

[もっと見る]

2022年2月18日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】騎手のアタマの中を少し覗ける小倉の荒れ馬場/フェブラリーS展望
閲覧 1,986ビュー コメント 0 ナイス 3



京都記念アフリカンゴールドが強気に先手を奪って、そのまま逃げ切り。2着にも最内枠の伏兵馬・タガノディアマンテが入り大波乱の決着となった。

勝ったアフリカンゴールドは7歳にして重賞初制覇。京都記念といえば、かつてはジャパンカップ有馬記念出走馬が始動戦に選ぶことも多く、もう22年前になるがテイエムオペラオーナリタトップロードステイゴールドらが挙って出走してきたレースでもある。

だが近年は有力馬がそもそも多くのレースを使わなくなっており、厳寒期に行われる京都記念はメンバーが手薄になることも増えた。そんな背景もあっての大波乱だった。

~連続穴激走の陰に菅原明騎手の頭脳プレーアリ!

さて、先週引き続き外有利が継続しそうと書いた小倉芝だったが、やはりBコース替わりでも荒れ馬場は変わらなかった。加えて日曜は雨の影響も大いに受けるタフな馬場に変貌した。各馬が外に出し始めることで外差しがバシバシ決まるという状態ではなかったが、内枠の先行馬が不利には変わりなく、最終週も傾向が継続しそうだ。

先週のような馬場は、騎手の頭の中を知る上でも非常に面白い。コース取りによってまるで結果が変わってくるので、考えている騎手と考えていない騎手の差が出やすいし、いろいろ工夫していることも見えてくる。

例えば多くの騎手が外有利だと思っていた日曜の小倉7レースで2番枠から内をスルスルと上がり抜け出してきた11番人気のエンジェルサークル。鞍上の菅原明騎手は、おそらく直前の6レース、13番人気のベンガンで穴をあけた際のコース取りにヒントを得たのではないか。今の小倉のような荒れた芝になると、騎手の工夫の余地があるので、やはり考える騎手は有利になるし、逆に言えば、あまり考えずに乗っている騎手も見えてくる。

今回は具体的に誰がどうということまでは書かないが、ぜひ最終週もそういう視点で見てみると、今後にも役立つ特徴が見えてくるはずだ。余談ではあるが新潟の直線コースを見ていると、やはり馬場状態をよく考えている騎手とそうでない騎手がハッキリと見えてくる。そこで得た知見は他の舞台でも生かすことができるので、最終週の小倉も楽しみにしたい。

フェブラリーSの注目馬

さて、今週末は今年最初のJRA・G1であるフェブラリーステークスが行われる
最後はいつも通り今週末の注目馬で締めたい。

今回はフェブラリーステークスからこの馬。

ソリストサンダー(戸崎圭太騎手)

前走の根岸ステークスでは一番人気の支持を集めたが、直線伸び切れず9着と惨敗。追走に苦労していたことからも1400mのペースに戸惑った印象が強かった。内容的にはノーカウントでOK。本番へのステップという意味合いも強かったので、むしろ消耗せずに終われたことは良かったかもしれない。今回はベストといえる東京1600mが舞台。昨年は、穴人気を集めたが8着。しかし当時は、内しか伸びないダートだった。昨年のような極端な傾向にならなければ、今年は激走を見られるはずだ。人気も落ちそうなので楽しみにしたい。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年2月16日(水) 19:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック フェブラリーS2022 
閲覧 1,860ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



2月20日(日) 東京11R 第39回フェブラリーS(4歳以上G1・ダート1600m)

【登録頭数:24頭】(フルゲートト:16頭)


<優先出走馬>

スワーヴアラミス(前走492kg(+6kg)、中3週)<D>
前走Vも昨春から使い詰めで、マイル戦も今回が初めて。この中間、2週前1週前とCWを長めから追われているが、1週前の動きを見ると終い脚が上がり気味で、前走時のような勢いがない。

テイエムサウスダン(前走554kg(+10kg)、中2週)<B>
大型馬で前走時(+10kg)のパドックでは腹周りに余裕がある感じだった。この中間は1週前の金曜日に坂路で追われて終い好時計も、切れすぎるところがありマイル実績もなく距離の面で不安は残る。


<賞金上位馬>

テーオーケインズ ※出走回避予定

ソダシ(前走470kg(-4kg)、中10週)<B>
乗り込み豊富も、追い切りでは好時計の出る馬が、1週前追い切りでは仕掛けられてからの反応が遅い印象の動き。物足りなさが残る。

ケイティブレイブ(前走537kg(+11kg)、中2週)<D>
川崎記念から間隔が詰まっており、日曜日に坂路で追われたが併走遅れで時計も平凡。

マルシュロレーヌ ※出走回避予定

アルクトス(前走544kg(-1kg)、4ヵ月半)<C>
休み明け。この中間は、1週前追い切り(南W)では直線でステッキが何度も入りと、反応が良くない。暖かい時期のようには馬体が絞れてきていないのかもしれない。

ミューチャリー(前走466kg(+6kg)、中7週)<C>
この中間は速い時計で3本追い切られている。1週前追い切りでは先着をはたしてきたが、この馬にとしては時計が遅い。

レッドルゼル(前走488kg(+2kg)、3ヶ月半)<A>
今年は休み明けでの参戦となるが、鉄砲駆けするタイプで問題はない。坂路で好時計の出る馬で、1週前追い切りでは重心が低い走りで抜群の伸び脚を披露。出来はかなり良さそうで、昨年以上の走りも期待できそう。

カフェファラオ(前走520kg(-4kg)、中10週)<B>
追い切りの時計は、自動計測になっているので昨年よりもかなり速い今回。その動きからも、昨年の勝ち馬が前走を一度使われて良化してきたという印象を受ける。

エアスピネル(前走486kg(+4kg)、中10週)<B>
乗り込み豊富で坂路で好時計。1週前追い切りでも、デムーロ騎手が騎乗して上々の動きをアピールしている。

サンライズノヴァ(前走527kg(-7kg)、中7週)<A>
この中間は2週前、1週前と併せ馬で先着。動きを見ても終いグッとひと伸びしてみせており、昨年よりは出来は良さそう。

テオレーマ(前走472kg(-4kg)、中3週)<A>
ここ3戦レースを使われるごとに体重が減っている点は気がかりだが、それでも中3週と間隔が詰まっている中で1週前追い切りでは終いしっかり伸びて併せて先着を決めてきた。引き続き調子は良さそう。

ソリストサンダー(前走488kg(+4kg)、中2週)<B>
前走時のパドックでは腹周りに余裕を感じさせていたので、前走を一度使われて馬体が締まってくれば上積みを期待できそう。

インティ(前走516kg(-10kg)、中10週)<B>
この中間も乗り込み豊富。1週前追い切りは武豊騎手が騎乗して気分良さそうに馬なりでの調整となったが、やや硬さはあるものの前走時よりも動きは良い。

ダイワキャグニー(前走500kg(+8kg)、中6週)<C>
この中間、1週前追い切りでは南Bコースで追われ好時計で先着。ただ、内めを回ってのもので時計はそれほど目立つ部類でもない。


<除外対象馬>

サンライズホープ(前走552kg(-2kg)、中3週)<B>
前走時は追い切り内容好感で◎にしたが、ゴール前でのもうひと伸びが足りなかった。大型馬でこの中間も追い切りで好時計が出ているあたりからは上積みが見込めそうだが、距離短縮がポイントになりそう。長めの距離の方が良い印象はぬぐえない。

タイムフライヤー(前走480kg(+4kg)、中2週)<C>
休み明けの前走時は、追い切りでは良い動きを見せていたがレースでは物足りない内容。この中間は軽めの調整となっていて、上積みはありそうだが大きな変わり身まではどうか。

アナザートゥルース(前走479kg(-3kg)、中7週)<C>
この中間の追い切り時計を見ると、いつもよりも時計がかかっていてやや物足りない感じあり。

タガノビューティー(前走518kg(-4kg)、中2週)<C>
この中間は間隔が詰まっていて軽めの調整。そもそも大柄な馬が強めに追われていない点はマイナス材料。

ブルベアイリーデ(前走488kg(+6kg)、中3週)<C>
1週前追い切りでは、走りやすそうな馬場も時計平凡。

カデナ(前走494kg(+16kg)、中3週)<B>
1週前追い切りでは時計は平凡も重心が低い走りで力強さがあり、前走からの上積みがありそう。

クロパラントゥ(前走522kg(-2kg)、連闘)<E>
乗り込み豊富でしっかり乗りこまれ臨んだ先週大敗。

ゲンパチフォルツァ(前走522kg(+8kg)、連闘)<E>
先週出走も見せ場なし。


※今回のこのコラムからの推奨馬は、レッドルゼルテオレーマサンライズノヴァの3頭をあげておきます。


<東京ダート1600mVR動画>



◇今回は、フェブラリーS編でした。
今年最初のJRAでのG1レースが行われます。トップクラスの馬たちがサウジカップやドバイワールドカップに向かうため、やや寂しいメンバー構成となってしまいました。この時期にこの距離となると、チャンピオンズ_Cのように豪華メンバーになることはなかなか難しそうですが、南部杯、武蔵野S、東海Sあたりのステップレースを中心にこの路線の底上げ、充実を図っていけばダートのマイル路線の頂点としてもう少し盛り上がり方も違ってくるのかもしれません。

フェブラリーステークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2022年2月13日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年02月13日号】特選重賞データ分析編(293)~2022年フェブラリーステークス
閲覧 2,034ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 フェブラリーステークス 2022年02月20日(日) 東京ダ1600m


<ピックアップデータ>

【“東京ダ1600m・中京ダ1800m、かつ重賞のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2016年以降)】
○あり [5-6-6-43](3着内率28.3%)
×なし [1-0-0-33](3着内率2.9%)

 コース適性が最大のポイント。JRAのビッグレースが施行される東京ダ1600mや中京ダ1800mの重賞で好走したことのない馬は、ほとんど上位に食い込めていません。右回りのレースや1マイル未満のレースを主戦場としてきた馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→インティスワーヴアラミスソリストサンダー
主な「×」該当馬→アルクトスソダシテオレーマ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が2着以内」だった馬は2016年以降[4-4-4-18](3着内率40.0%)
主な該当馬→アルクトススワーヴアラミステオレーマ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ソリストサンダーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 137ビュー コメント 0 ナイス 2

平安ステークス

5月20日 土曜日 京都競馬場 右回り
ダート1900M GⅢ 4歳以上

過去8年(京都コースダート1900Mのみ)
ミスタープロスペクター系   4-1-2 登録馬 4頭
サンデーサイレンス系     1-4-3     9頭
ナスルーラ系         1-2-1     3頭
ヘイルトゥリーズン系     1-1-1     1頭
ノーザンダンサー系      1-0-1     6頭 計23頭

このレースの傾向として(競馬ブック参考)

○ 1900M以上で勝ちがある。
○ 前走より斤量減。1Kgより2Kg以上ならもっと良いかも。
○ 重賞勝ち+OP2勝以上
○ 前走 OP入着以上。前々走入着以上有ればもっといい。
○ 6歳以下。若い方がいい。7歳以上はGⅠ/Jpn1で入着以上有る。
○ 重賞出走経験2走以下。

実績

GⅠ        ノットゥルノ
GⅠ2着      ソリストサンダー
GⅡ        グロリアムンディ メイショウテンゲン(芝) メイショウカズサ デルマルーヴル 
GⅢ        カテドラル(芝) サンライズホープ ゲンパチルシファー カフジオクタゴン テリオスベル ハギノアレグリアス 
OP(L)       タイセイドレフォン ホウオウルバン メイショウフンジン 
重賞2着      ヴァンヤール 
昇級初戦      テンカハル
オープンクラス   アンセットヴァウ ハイエンド フィロロッソ マリオマッハ― メイショウユズルハ ロードヴァレンチ

 ゼファー 2023年5月4日(木) 14:22
第35回 かしわ記念(指定交流)JpnI
閲覧 237ビュー コメント 0 ナイス 16

ダートグレート競争のJpnIなので、予算:25 !

< 馬券ポイント >
船橋は2022年3月に砂を入替えて10cmが12cmへ、時計が掛かるタフな馬場状態。
前残りが目立っているので、前で踏ん張って粘る戦法が良くて、後ろからでは良い脚が活きないダートか
1600m:1.39.0 を決着時計と想定し、上位馬の上がり3ハロン:38.5 !
1400m換算:1.26.6
1800m換算:1.51.4
前半からタイトに流れ、深いダートを追走するので、脚を残せる馬を狙いたい!

< 馬券 >
◎・☆・鼻 は、穴馬として全力予想! △ は3着ならギリギリ可能性の有る馬へ
○・▲・押 は、世間の馬券達人の集約であるオッズ上位馬から選定
注 は、注目している予想家・ブロガー・ユーチューバーから気づきが有った馬へ

◎:ソリストサンダー
年齢と共に速い時計への対応が厳しく、ここ2戦には目をつぶってみる
時計の掛かるかしわ記念では連続2着と好走、5番枠で松山 弘平騎手なら前半に位置を獲れる!

☆:該当無し

鼻:イグナイター
前走の第25回 黒船賞で「スタートの一歩目で躓いた感じで、外の馬と接触して、
位置取りが後ろになってしまいました。悔しいです」
笹川 翼騎手へ乗り替わりで12番枠だが、勝つ為に思い切った戦法「ハナ」の匂いがする。

○:ハヤブサナンデクン

▲:シャマル

△:ヴァレーデラルナ
△:メイショウハリオ
△:スピーディキック
△:カジノフォンテン
△:タガノビューティー

[もっと見る]

 赤萬坊 2023年5月4日(木) 11:33
かしわ記念 おおざっぱ予想
閲覧 220ビュー コメント 0 ナイス 5

【かしわ記念】

◎2 メイショウハリオ
◯7 ハヤブサナンデクン
▲12 イグナイター
△1 ヴァレーデラルナ
△3 スピーディキック
△5 ソリストサンダー

三連複2流し→1.3.5.7.12

昨日はこっそり兵庫CSを少額買って三連単的中(^^)
お小遣い増えたので、かしわ記念も参戦

基本的にフェブラリーS組を中心に
◎メイショウハリオ △スピーディキックと△ソリストサンダー
スピーディキックはちと人気し過ぎな気がして▲からの降格
◯はハヤブサナンデクン ▲はイグナイターを抜擢

地方無双の川田シャマルを買わないのは無謀だけど
兵庫CSで浮いた分なのでまぁ良いだろう

中央競馬では「浜中」表記も
地方競馬では本来の「濱中」表記でフェブラリーSの悔しい敗戦を取り返す(`・ω・´)タブン

レースは夜なので馬券はまだ買ってない
馬体重の発表とオッズにより相手馬は変更するかも知れません

[もっと見る]

⇒もっと見る

ソリストサンダーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  HELPRO   フォロワー:2人 2022年1月31日(月) 11:17:35
JRAの意図的元地方鞍上操作にはヤラセにしても性質が悪すぎ。これも全ては武豊が劣化して満足に馬を操作出来なくなったから。
「年は取りたくないもんだ。」とは正に彼の事。だがこの根本的な悪因は彼のせいでは無い。原因は福永以降の鞍上の成長が滞っているから。要は「三浦皇成」と言うニセモノにJRAが振り回されてしまったのが最大の悪因。
だが、これも遠からず改善されるだろう。何しろ先週は三浦を誰も使わなかったから!

1:
  HELPRO   フォロワー:2人 2022年1月30日() 16:01:47
戸崎の人気に騙された。見事な引っかけにJRAに拍手!

ソリストサンダーの写真

ソリストサンダーの厩舎情報 VIP

2023年2月19日フェブラリーS G18着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ソリストサンダーの取材メモ VIP

2023年2月19日 フェブラリーS G1 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。