ダンツキャッスル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ダンツキャッスル
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2016年4月2日生
調教師谷潔(栗東)
馬主山元 哲二
生産者折手牧場
生産地新ひだか町
戦績31戦[5-4-4-18]
総賞金11,242万円
収得賞金3,800万円
英字表記Dantsu Castle
血統 ルーラーシップ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
エアグルーヴ
ダンツクインビー
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
ダンツシュアー
兄弟 ライフトップガンエムテイフラッシュ
市場価格1,620万円(2017北海道セレクションセール)
前走 2022/08/07 エルムステークス G3
次走予定 2022/12/10 師走ステークス (L)

ダンツキャッスルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/08/07 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 1481424.61011** 牡6 56.0 吉田隼人谷潔B 474
(-2)
1.46.0 1.836.9⑬⑬⑫⑫フルデプスリーダー
22/07/09 函館 11 マリーンS OP ダ1700 145726.786** 牡6 56.0 菱田裕二谷潔 476
(-10)
1.44.4 0.436.2⑨⑨⑩⑨フルデプスリーダー
22/06/26 函館 11 大沼S (L) ダ1700 108107.646** 牡6 57.0 鮫島克駿谷潔B 486
(+6)
1.44.7 1.036.4⑨⑨⑨⑧アイオライト
22/05/21 中京 11 平安S G3 ダ1900 16815180.51511** 牡6 56.0 柴山雄一谷潔B 480
(-16)
1.58.8 1.836.8⑮⑮⑭⑭テーオーケインズ
22/05/01 福島 11 吾妻小富士S OP ダ1700 1571235.71113** 牡6 57.0 柴山雄一谷潔B 496
(+16)
1.45.4 2.138.1⑦⑥⑩⑬ラーゴム
21/08/08 函館 11 エルムS G3 ダ1700 141117.889** 牡5 56.0 菱田裕二谷潔B 480
(-6)
1.45.8 1.338.3⑪⑩⑨⑪スワーヴアラミス
21/07/10 函館 11 マリーンS OP ダ1700 14695.823** 牡5 56.0 菱田裕二谷潔B 486
(+6)
1.43.8 0.137.5⑨⑩⑧⑥スワーヴアラミス
21/06/27 札幌 11 大沼S (L) ダ1700 10223.721** 牡5 56.0 菱田裕二谷潔B 480
(-2)
1.45.5 -0.137.3⑧⑧⑧⑥スワーヴアラミス
21/05/08 東京 9 立夏S 3勝クラス ダ1600 166123.321** 牡5 57.0 M.デムー谷潔B 482
(0)
1.36.4 -0.135.8⑨⑨コラルノクターン
21/04/17 中山 10 下総S 3勝クラス ダ1800 168165.023** 牡5 57.0 丸山元気谷潔B 482
(+6)
1.51.9 0.137.1⑪⑪⑧⑨タイガーインディ
21/03/14 阪神 10 伊丹S 3勝クラス ダ1800 134414.872** 牡5 54.0 団野大成谷潔B 476
(-4)
1.51.4 0.035.9⑦⑦⑥④タマモサンシーロ
21/02/20 東京 10 金蹄S 3勝クラス ダ2100 164858.11114** 牡5 57.0 横山武史谷潔 480
(-2)
2.13.3 3.439.1④⑧⑨⑫バンクオブクラウズ
21/01/24 小倉 11 豊前S 3勝クラス ダ1700 1661215.4612** 牡5 55.0 横山和生谷潔 482
(-8)
1.43.5 1.237.4⑦⑦⑨⑩テオレーマ
20/12/27 阪神 10 フォーチュン 3勝クラス ダ1800 162346.41213** 牡4 56.0 太宰啓介谷潔 490
(+10)
1.54.5 1.739.5⑦⑥スズカフロンティア
20/08/15 札幌 11 TVh賞 3勝クラス ダ1700 148145.635** 牡4 57.0 菱田裕二谷潔 480
(+2)
1.43.1 0.737.1⑥⑥④⑥ソリストサンダー
20/07/26 札幌 11 報知杯大雪H 3勝クラス ダ1700 14583.319** 牡4 56.0 藤岡佑介谷潔 478
(0)
1.45.8 0.836.9シネマソングス
20/06/27 函館 12 檜山特別 2勝クラス ダ1700 14451.611** 牡4 57.0 菱田裕二谷潔 478
(+2)
1.43.3 -0.036.1オメガレインボー
20/05/31 京都 9 與杼特別 2勝クラス ダ1900 15581.913** 牡4 57.0 幸英明谷潔 476
(-4)
2.00.0 0.137.3ダノンスプレンダー
20/05/02 京都 12 4歳以上2勝クラス ダ1800 167132.514** 牡4 57.0 幸英明谷潔 480
(+2)
1.52.5 0.537.8ケイアイパープル
19/06/16 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 1561117.963** 牡3 56.0 幸英明谷潔 478
(-8)
1.36.0 0.537.3ワイドファラオ

⇒もっと見る


ダンツキャッスルの関連ニュース

◆富田騎手(ロードレガリス5着)「外枠だったので自分のレースができたとは思いますが、手綱を持つところがなかったです。本来の力を出し切れていません」

◆池添騎手(ヒストリーメイカー6着)「いいスタートが切れて位置を取れましたが、勝負どころからジリジリという感じになってしまいました」

◆角田和騎手(ブラックアーメット7着)「道中は楽で折り合いもついていい形だったので、(末脚が)爆発してくれと思っていましたが、最後は同じ脚いろに。少し湿ったダートの方がいいのかもしれません」

◆菱田騎手(アイオライト8着)「戦法の選択肢が幾つかあり、逃げる競馬で道中はいい感じで運べましたが、手応えが早めになくなってしまって…。目に見えない疲れがあったのかもしれません」

◆松田騎手(スワーヴアラミス9着)「スタートして少したってからつまずいてしまい、スピードに乗れませんでした。それでももうちょっと頑張ってほしかったです」

◆鮫島駿騎手(バティスティーニ10着)「外枠でもロスなく行けたと思います。前に上位馬がいて、これはと思いましたが、急に脚がなくなりました。コーナー4つの舞台が合わないのか、距離なのか、分かりません」

◆吉田隼騎手(ダンツキャッスル11着)「ゲートは良く、そこから他馬を行かせて下げる形になって、ちょっともったいなかったです。砂ぼこりがすごくて前が見づらく、馬も走りにくそうでした」

◆柴山騎手(アメリカンシード12着)「ゲート内でガチャガチャしてタイミングが合いませんでした。キックバックも嫌がって上に飛ぶ感じになっていましたし、まだ難しいところがありますね」

◆石川騎手(ロードエクレール13着)「スタートして一歩目が出なくて、苦しい競馬になってしまいました」

【馬場の有利不利、教えます!】エルムS2022 3角先頭馬は劣勢!メンバー上位の上がりを求められるコンディション! 2022年8月7日() 09:22


ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はエルムS・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


土曜日の札幌ダートのレース結果、近年のエルムSの結果をもとに、馬場のバイアスなどを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間は月曜日にまとまった雨が降ったものの、火曜日以降は雨量計にあがる降雨はなし。JRA発表の6日早朝における測定含水率はゴール前2.7%、4角3.4%。前週の日曜日早朝がゴール前2.2%、4角2.0%だったので、それに近い水準まで回復している。

土曜日施行のダート1700m戦4鞍における勝ち馬の最終4角通過順位は3、2、3、1番手。これだけを見ると前有利のように思えるが、3角先頭馬の複勝圏入りは1頭のみ。対照的に上がり3ハロン最速馬は【2.0.2.0】の好成績を収めている。メンバー上位の上がりを出せる馬が優位という捉え方が、もっとも適切だろう。

日曜日の予報(7日8時の時点)は下り坂で微妙な空模様。ただ、予報通りであれば降り出しが早まったとしても、開催中の雨量はそれほどでもなさそう。良(JRA発表)を維持できれば、土曜日の傾向を踏襲する可能性は高いものと思われる。

従って前日に引き続き、長くいい脚を使える馬が有利とみたほうがベター。枠順にはあまり執着せず、好位で溜めが利くタイプや早め進出のマクリ型、それに追随する差し馬を優先したほうがいいだろう。

となれば、頼りになるのは末脚のしっかりしたタイプ。近2走内に上位(3位以内が一応の目安)の上がり3ハロンタイムを記録している馬は、人気の有無にかかわらず押さえておきたいところだ。

なお、近年のエルムSはダート1700~1800mのオープンクラスで連対(2着以内)歴を持つ馬が優勢。札幌で行われた過去5回(2016~2020年)の1~2着馬延べ10頭中9頭が、この条件をクリアしている。該当馬は今年も要注目といえよう。

今回の出走馬で要点(近2走の上がり3ハロン順位+過去実績)を満たしているのは、②アイオライト、③オメガレインボー、⑦ヒストリーメイカー、⑭ダンツキャッスル。よって当欄では、これら4頭を連複の軸候補として推奨する。


【馬場予想からの注目馬】
アイオライト ③オメガレインボー ⑦ヒストリーメイカー ⑭ダンツキャッスル

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】エルムS2022 大久保先生、ジャンポケ・斉藤さんなどズラリ!競馬通の芸能人・著名人が全力ジャッジ! 2022年8月7日() 05:30


※当欄ではエルムSについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎③オメガレインボー
○⑨フルデプスリーダー
▲⑥ウェルドーン
△①ロードエクレール
△②アイオライト
△④ブラッティーキッド

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
注目馬
ダンツキャッスル
オメガレインボー
ワイド
③-⑭

【キャプテン渡辺】
◎②アイオライト
単勝

馬連流し・ワイド流し
②-①⑦

【DAIGO】
◎②アイオライト

【粗品(霜降り明星)】
◎③オメガレインボー
馬連流し
③-②④⑥⑦⑨⑪⑫

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎①ロードエクレール
ワイド流し
①-②③⑤⑨⑫
ワイド流し
⑨-②③⑤⑥⑫

【長岡一也】
◎③オメガレインボー
○②アイオライト
▲④ブラッティーキッド
△①ロードエクレール
△⑨フルデプスリーダー
△⑪ロードレガリス
△⑫スワーヴアラミス

【原奈津子】
◎②アイオライト
○⑪ロードレガリス
▲⑫スワーヴアラミス

【杉本清】
◎⑭ダンツキャッスル
○⑫スワーヴアラミス
▲③オメガレインボー
☆⑥ウェルドーン
△④ブラッティーキッド
△⑨フルデプスリーダー

【船山陽司】
◎⑩ブラックアーメット

【矢作麗】
◎⑨フルデプスリーダー

【成瀬琴】
◎⑦ヒストリーメイカー

【武藤彩未】
◎②アイオライト

【神部美咲】
◎⑧ダノンファラオ

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎①ロードエクレール
馬単流しマルチ
①→②③④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫

【ギャロップ林】
◎①ロードエクレール
単勝

3連複2頭軸流し
①-⑪-②③④⑥⑦⑩⑫⑭

【恋さん(シャンプーハット)】
◎④ブラッティーキッド
3連単フォーメーション
④→③⑨→①②③⑤⑨⑪

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑨フルデプスリーダー
3連単2頭軸流しマルチ
⑨→③→①②④⑤⑥⑦⑪⑫
3連単1着軸流し
⑨→①②③④⑤⑥⑦⑪⑫

【浅越ゴエ】
◎⑥ウェルドーン
馬連流し
⑥-②③
3連単2頭軸流しマルチ
⑥→②→③⑨⑩⑪⑫

【月亭八光】
◎①ロードエクレール
3連単フォーメーション
①→②③④⑥⑧⑬⑭→②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭
②③④⑥⑧⑬⑭→①→②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎②アイオライト
ワイド
②-⑪ロードレガリス
3連単2頭軸流しマルチ
②→③→①④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑩ブラックアーメット
3連単2頭軸流しマルチ
⑩→③→①②④⑥⑦⑨⑪⑫⑬⑭

【下田真生(コウテイ)】
◎④ブラッティーキッド
3連単フォーメーション
①⑥→④→⑫
⑫→④→⑥⑦⑪
⑥→④→⑦⑨⑪
3連単
①→④→⑪
⑪→④→⑦

【九条ジョー(コウテイ)】
◎④ブラッティーキッド
複勝


【小木茂光】
◎⑪ロードレガリス
3連単フォーメーション
⑥⑪⑫→②③④⑥⑨⑩⑪⑫⑭→⑥⑪⑫

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
アイオライト
オメガレインボー
ロードレガリス
スワーヴアラミス

【田中裕二(爆笑問題)】
◎④ブラッティーキッド
○⑨フルデプスリーダー
▲⑪ロードレガリス
△①ロードエクレール
△②アイオライト
△⑦ヒストリーメイカー
△③オメガレインボー
3連単1頭軸流しマルチ
④→①②③⑦⑨⑪

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑨フルデプスリーダー

【旭堂南鷹】
◎⑪ロードレガリス
○⑫スワーヴアラミス
▲⑬バティスティーニ
△⑨フルデプスリーダー
△⑭ダンツキャッスル

【稲富菜穂】
◎⑫スワーヴアラミス
○②アイオライト
▲⑪ロードレガリス
△③オメガレインボー
△⑥ウェルドーン
△⑦ヒストリーメイカー
△⑧ダノンファラオ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑤アメリカンシード

【天童なこ】
◎⑦ヒストリーメイカー
○②アイオライト
▲⑫スワーヴアラミス
☆⑩ブラックアーメット
△①ロードエクレール
△③オメガレインボー
△⑨フルデプスリーダー
△⑪ロードレガリス
△⑬バティスティーニ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】エルムS2022 騎手重視予測からは前走で波乱を演出したヒストリーメイカーに再度期待! 2022年8月6日() 12:00

こんにちは。ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの劉備です。
日曜重賞のエルムS(G3)は、わたくし劉備が担当させていただきます。

わたくし劉備ROBOTIP設定は騎手を重視しますので「競走馬」30%、「騎手」70%を基本ベースとしています。適性については、レース条件に応じて、騎手の「距離」、「トラック」、「周回方向」、「G前の坂の有無」の各適性を配合していきます。補正は、レース条件に関係なく「斤量」「調教評価」の2点を補正ONにします。
これが劉備のROBOTIP設定の基本方針となります。

さて、今回のエルムSの舞台となる札幌ダート1700mはコーナーを4つ回る平坦なコース。ここはそんな舞台を考慮して、距離適性50%、トラック適性50%のセッティングといたしました。

この設定によって算出された勝率予測は以下の通りとなります。

劉備ROBOTIPが弾き出したエルムS全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑦ヒストリーメイカー 16.64%
2 ⑬バティスティーニ  10.78%
3 ⑥ウェルドーン    10.30%
4 ②アイオライト    9.18%
5 ⑫スワーヴアラミス  8.41%
6 ③オメガレインボー  7.29%
7 ⑭ダンツキャッスル  7.08%
8 ⑪ロードレガリス   6.96%
9 ⑧ダノンファラオ   5.74%
10 ⑩ブラックアーメット 5.73%
11 ⑨フルデプスリーダー 3.73%
12 ①ロードエクレール  3.34%
13 ⑤アメリカンシード  2.93%
14 ④ブラッティーキッド 1.90%

ROBOTIPの基本的な考え方は、平均勝率(14頭立ての場合は7.14%)を上回る馬のみを馬券対象としますので、今回のエルムSでは上位6頭までが対象馬となります。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

⑦>>⑬⑥>②⑫>③

ご覧の通り⑦ヒストリーメイカーが2位に5.86差を付けてトップ評価と相成りました。ヒストリーメイカーは前走プロキオンSで14番人気で2着と波乱を演出。ここでも再度を期待して軸馬に指定したいと思います。馬券はヒストリーメイカーの単勝と馬券対象馬5頭への馬連の計10,000円(6点)で勝負いたします。

【劉備のエルムS勝負馬券】

単勝

2,000円

馬連ながし
⑦-⑥⑬
2点×各1,000円=2,000円

馬連ながし
⑦-②③⑫
3点×各2,000円=6,000円

**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【重賞データ分析】エルムS2022 注目ローテのフルデプスリーダーを1番手に、ほか2頭が全条件クリア 2022年8月6日() 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!エルムS・データ分析 をお届けします!


【馬齢】
2012年以降(2013年と2021年は函館で施行)の3着以内馬延べ30頭の馬齢を確認すると、4歳から9歳まで幅広い。その一方、7歳以上の好走(3着以内)は前走が重賞で5着以内だった馬に限られる。頭に入れておきたいポイントだ。

(減点対象馬)
スワーヴアラミス ⑬バティスティーニ

【前走使用競馬場】
2012年以降の1~3着馬延べ30頭の前走使用競馬場をみると、中央・地方を問わずバラエティに富んでいる。ただし、関東圏の中央2場(東京・中山)をステップに臨んだ馬の好走(3着以内)例は皆無。該当馬は疑ってかかるべきだろう。

(減点対象馬)
アメリカンシード

【前走人気】
2012年以降、前走1着馬を除くと、前走の単勝人気が7番人気以下だった馬が2着連対圏入りを果たしたケースはゼロ。相応の勢いがないと、前走が低評価だった馬の上位進出は難しい。

(減点対象馬)
ウェルドーン ⑦ヒストリーメイカー ⑧ダノンファラオ ⑪ロードレガリス ⑫スワーヴアラミス ⑬バティスティーニ ⑭ダンツキャッスル

【前走北海道エリア組】
2012年以降、前走北海道エリア(函館・札幌)戦4着以下敗退から巻き返しに成功(3着以内)した馬は、2019年2着のハイランドピーク1頭のみ。同馬は前年のエルムSを制していた。当レースでの勝利経験がない、前走北海道エリア凡走馬は狙いづらい印象を持つ。

(減点対象馬)
オメガレインボー ⑩ブラックアーメット ⑬バティスティーニ ⑭ダンツキャッスル

【間隔】
2012年以降の1~2着馬延べ20頭はいずれも、前走からの間隔が中3週以上だった。中2週以内の臨戦馬は劣勢を強いられている。

(減点対象馬)
ブラッティーキッド


【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、①ロードエクレール、②アイオライト、⑨フルデプスリーダーの3頭。

最上位には⑨フルデプスリーダーを挙げたい。2012年以降、前走が北海道エリア、かつダート1700mのオープン特別で2着以内だった馬は【4.2.2.7】と活躍。マリーンS2着以内からの臨戦馬が、目下5年連続連対中である点も好印象だ。

過去10年【4.1.2.10】の4歳馬に該当する、①ロードエクレールを2番手評価。北海道エリアかつダート1700mの大沼S1着から臨む、②アイオライトに対するケアも怠れない。

<注目馬>
フルデプスリーダー ①ロードエクレール ②アイオライト

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断(最終版)】エルムS2022 1番手はオメガレインボー!ロードエクレールも上位評価! 2022年8月5日(金) 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はエルムS・調教予想(最終版)をお届けします!


日曜日に行われるエルムステークスの出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

ロードエクレール【A】
札幌ダ併走。上がり重点の内容。頭の位置が高めなのはいつものこと。適度な活気を示し、鞍上の仕掛けに対する反応も悪くない。先行していたフルデプスリーダーがしぶとく粘ったため、見た目は地味だが、この馬のほうが脚いろは良く、手ごたえも互角以上だった。上々の仕上がりだろう。

アイオライト【B】
函館W単走。頭の位置こそ高めだが、それはこれまでも同様。折り合いはスムーズについていて、脚元の回転は鋭い。適度な前進気勢もある。中5週の割に中間の速い攻めが少なめなのは気がかりも、稽古の雰囲気自体は悪くない。好調キープとみてよさそうだ。

オメガレインボー【A】
札幌ダ単走。折り合い重視の内容。ゆったりとリズム良く運び、バランスのいい安定した脚さばきでコーナーを回る。直線に入ってからの手前替えも、この馬とすればスムーズ。直線半ばで軽く促された際の反応も良かった。いい仕上がり具合ではないか。

ブラッティーキッド【B】
札幌ダ単走。直線を向いてから手前を替えず、鞍上が強引に切り替えさせる場面も。ただ、その後はこの馬なりにキビキビと駆けていた。もう少し躍動感が欲しいが、もとより稽古映えしないタイプ。それを思えば許容範囲だろう。順調とみていいのではないか。

アメリカンシード【C】
函館W単走。頭をあげるなど気難しい点は相変わらず。上半身と下半身の連動を欠き、脚力だけで進んでいるような印象を受ける。気性的に抑えるよりも、馬の気分に任せて運んだほうがいいのかも。上位争いに加わるには、ジョッキーの巧みな誘導が不可欠と言えよう。

ウェルドーン【B】
函館W併走。スパッと切れる感じこそないものの、水分を多く含んだコンディションとすれば及第点の動き。鞍上の合図に対する反応も悪くなく、集中して走れている。持ち味のしぶとさを活かせる競馬になれば、見せ場があるかもしれない。

ヒストリーメイカー【B】
札幌ダ併走。この馬らしい安定感のあるフットワークで進む。内から僚馬が迫ると、脚いろを上げて最後は同入の形でゴール。勢いや手ごたえ的には相手にパスされてもおかしくなかったが、それを許さなかった勝負根性は評価できる。及第点のデキとみたい。

ダノンファラオ【B】
札幌ダ併走。手前の切り替えが不器用な点はいつもと同じ。とはいえ、気合乗りは悪くなく、ひと頃に比べて反応も良くなってきた。完璧には至らないまでも、徐々に状態は持ち直してきている。あとは実戦でストレスのかからない位置取りが叶うか否か。それが好凡走の鍵を大きく握る。

フルデプスリーダー【B】
札幌ダ併走。追走のロードエクレールが内から猛然と馬体を併せると、ハミを取って抵抗。しぶとく食らいついた。体を持て余し気味ではあるが、硬さは許容範囲の部類。気合乗りも良く、続戦の疲れは見られない。いい意味での平行線だろう。

ブラックアーメット【B】
札幌ダ単走。首の角度が良く、安定感のあるフットワーク。気合をつけられたぶんだけ、脚を伸ばしているし、体の使い方も悪くなかった。絶好の動きを見せた川崎記念当時の中間に比べると、反応が若干鈍いようにも思えるが、このひと追いで気配はかなり上向きそう。ぞんざいには扱えない。

ロードレガリス【B】
函館W単走。リズム重視の軽めの調整。頭が高めで前肢の出も若干窮屈に映るが、それは長期休養前の好調時も同様。深刻に捉える必要はない。後肢の使い方は悪くなく、この馬自身のパフォーマンスは示している。現状の力を出せる態勢と判断したい。

スワーヴアラミス【B】
札幌ダ併走。首の振り幅にバラつきがあるものの、脚元の動きは力強く、重心もそれなりに低い位置を維持している。ズブいなりに自分から前へ出ようとする気持ちを見せているのも好印象。58キロの斤量は課題だが、デキ自体は悪くない。消耗戦の体力比べになれば、巻き返しの余地は十分にある。

バティスティーニ【C】
札幌ダ単走。キビキビと走れているが、この程度はいつも動く馬。頭の位置が高くピッチ気味の走法から、短距離指向の強いタイプであるのは確か。1回叩いた上積みを多少なりとも見込めるにせよ、すでに9歳の高齢馬。1700m大敗後の同距離重賞で善戦を超えるイメージは浮かんでこない。

ダンツキャッスル【C】
函館W単走。馬場を考慮して無理をさせなかったのか、内めを回って最後に少し仕掛ける程度の内容。首が短めということもあるが、全体的にこぢんまりと映り、走り自体に余裕を感じない。このままでは追走に苦労しそう。上位進出には、展開面の恩恵が必須のように思える。


【調教予想からの注目馬】
A判定は2頭。③オメガレインボーを1番手とする。首と四肢の連動性が高いフォーム、そして弾力性十分のフットワークが印象的。遊び癖や掛かる面を見せず、集中して走れていることも好感が持てる。反撃を見込める態勢と判断したい。

次位は①ロードエクレール。今週の追い切りでは、フルデプスリーダーを相手に追走から脚いろ優勢でゴール。間もなく完全に抜け出した。仕上がりに不足はなく、自身のリズムで運ぶことができれば、ここでも台頭の余地は十分にある。

<注目馬>
オメガレインボー ①ロードエクレール

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダンツキャッスルの関連コラム

閲覧 4,661ビュー コメント 0 ナイス 8

先週のユニコーンSは、ヘニーヒューズ産駒のワイドファラオが逃げ切り勝ち。初ダートに加えて最内枠と条件は厳しいかと思われたが、スンナリ先手を取り砂を被らず運べたことが第一の勝因だろう。もちろん、それに応えるだけの適性と能力があったのも間違いなく、出世レースを制したことで今後に希望が広がった。

もっとも、ベストウォーリアノンコノユメゴールドドリームルヴァンスレーヴといった過去の面々と比較すると現状はまだ団栗の背比べ状態という印象を拭えない。あと一歩で5連勝を逃した2着デュープロセス、直線伸びなかった1番人気のデアフルーグを含めて、今後の成長待ちというところだろうか。

この世代のダートにはクリソベリルという逸材がいる。さらには米国クラシックで健闘を見せたマスターフェンサーもいるので、最近は芝以上に盛り上がりを見せるダート路線に、さらなる厚みを加えてほしい。

一方、函館スプリントSは、156頭という大量の出走取り消しが発生した影響がモロに出て低調なレースになってしまった。勝ったカイザーメランジェは鞍上の好判断での逃げ切り勝ちとなったが、レース自体のレベルは高くない。初のスプリント挑戦となったタワーオブロンドンは直線伸び切れず、人気が予想されたものの出走できずに終わったダノンスマッシュも含め、ただでさえ主役不在のスプリント路線がより一層混迷の色を濃くする結末となった。


~展開を考える上で重要な”隊列”という考え方

さて、重賞がともに逃げ切り勝ちとなった先週だったが、その中でもユニコーンSは展開と隊列を考える上でとても興味深いレースだった。というのも逃げ切ったワイドファラオだが、5F通過は58秒4と数字だけ見れば決して楽な逃げではなかった。しかしながら、レースはワイドファラオが逃げ切り、2着に好位のデュープロセス、3着には3番手に控えた6番人気の伏兵ダンツキャッスル、4着にも2番手につけたヴァニラアイスが粘り、結果だけを見れば明らかに逃げ先行馬が有利だった。

ここで大事なのが、”隊列”という考え方である。競馬における展開とは、実質的なペース以上にこの隊列がかなりの部分を占めている。ざっくり言えば、逃げ先行馬が内枠に入り、スッと先手を取ればいくらペースが上がっても実質的には前が楽になり、逆に逃げ先行馬が外から前の馬を交わす形で先手を取りに行くと、ペースは緩やかであっても、マクリや差しが決まりやすくなる。

ユニコーンSと逆のパターンでいえばマーメイドSが好例だろう。今年のマーメイドSの5F通過は59秒8。馬場を考えても決して速いものではないが、結果的にはほぼ最後方の馬と外枠の馬たちで決着した。これは逃げた馬、先手を取った馬がほぼ中~外枠だったため、隊列が決まるまでに時間を要し、出入りが激しくなったことでマクリや差しが台頭しやすい流れになったためだ。

展開を考える上では、当然ペースや逃げ先行馬の頭数を考えることも重要だが、それ以上に逃げ先行馬がどの枠に入り、どういう隊列になるかを考えることが重要になる。逃げ先行馬が揃ったとしても、それらが内枠に集まれば案外隊列はすぐに決まり、逃げ先行、イン有利の流れになりがちで、逆もまた然りである。

この展開と隊列の考え方は基本的にトラック競馬であればどこの国にでも応用可能だ。騎手や調教師といったファクターは国が変わればまた一から学ぶ必要があるが、展開や隊列といった考え方は、競馬である限り(というより競馬以外でも)基本は同じ。そういう意味では”労力対効果”の高い考え方なので、ぜひ上記のレースを参考に頭に叩き込んで、予想に役立ててほしい。


~春のグランプリ宝塚記念展望

さて、今週末はいよいよ春G1を締めくくる宝塚記念である。

もっとも、今年に関して言えば本来出走してきてもおかしくない上位勢が軒並み出てこなかったことが一つのポイントとなる。パッと思いつくだけでも…

アーモンドアイ
ブラストワンピース
フィエールマン
ワグネリアン

これらの馬たちは早々に回避を表明、札幌記念や秋のG1に備えることが発表されている。上位の層が薄くなればなるほど能力差は縮まり、天気や馬場、騎手の判断といったちょっとしたことによって大きく着順が変わる結果となる。

前述した隊列の考え方で行くと、今回は逃げる可能性が高いキセキが最内枠に入り、同じく先行策を打つであろうアルアインも4番枠に入った。開催後半の馬場状態がどうなるかだがスンナリ前が粘る展開になれば、これらの馬たちはセットで考えられる。

逆に、開催後半特有のタフな馬場になりスタミナを問われる展開になれば8枠に入ったスワーヴリチャードリスグラシューといった面々の差しが怖くなる。マカヒキも、どちらかといえばタフな流れを希望するタイプだろうし、長丁場を経験してきたエタリオウも同様だろう。

・隊列がスンナリ決まる先行有利の流れ(2018ミッキーロケット・パターン)
キセキ アルアイン スティッフェリオ ノーブルマーズ

・タフな差しが決まる流れ(2006年マリアライト・パターン)
スワーヴリチャード リスグラシュー エタリオウ マカヒキ ショウナンバッハ

大まかにグループ分けすると以上のような感じになるだろうか。人気想定のレイデオロは基本的にどんな流れにも対応できるタイプなので、レイデオロから買う場合の相手は、上記の分類でどちらになるかを参考にすれば良いし、レイデオロ以外から買う場合は、やはり軸馬と同じグループに属する馬たちを相手候補として重視すると良いかもしれない。

どちらのパターンになるか…。土曜日の馬場状態や騎手のコメントなどを参考に、もう少し頭を悩ませたいと思う。

※一部重賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』 (KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年6月20日(木) 14:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(6/15~6/16)はははふほほほ、きいいろ、あおまる、夢月、霧、豚ミンCら6名が10万オーバーの大幅プラス! 週末回収率プラスは17名がマーク!
閲覧 1,174ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、16(日)に函館競馬場でG3函館スプリントS、東京競馬場でG3ユニコーンSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3函館スプリントSは、競走除外6頭により7頭立てとなるなか、スタートを決めたカイザーメランジェがハナへ。2番手には3歳馬アスターペガサスが続き、1番人気タワーオブロンドンは後方の外を追走する形で直線へ。1馬身半ほどのリードを保つカイザーメランジェはまだまだ余力十分といった感じで、2~3番手以下よりもむしろ手応えは楽。結局、前半34.4秒-後半34.0秒(稍重)で、少頭数レースをまとめた5番人気カイザーメランジェがそのまま振り切って優勝。2番人気2着のアスターペガサスに1馬身1/2差をつける快勝で、重賞初制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、シムーンプロジョアプロ豚ミンCプロ覆面ドクター・英プロろいすプロおかべプロ馬侑迦プロら計8名が的中をマークしています。
 
G3ユニコーンSは、前日からは一転晴天のもと、重馬場まで回復した状態でスタート。数頭横並びの態勢から、初ダート・初重賞挑戦の最内枠ワイドファラオが出ていき先頭へ。前半4Fを45.8秒で通過する流れを刻み、人気を分け合う形となった1~2番人気勢はデアフルーグは後方馬群、デュープロセスはその少し前の中団外目の位置取りでコーナーを通過していきます。直線を迎え、1馬身ほどのリードで逃げるワイドファラオ以下には、2番手でヴァニラアイス、3番手イメルと続き、外からは力強く坂を駆け上がってデュープロセス。一方のデアフルーグは、徐々にデュープロセスから離されて脱落。残り300mを過ぎてデュープロセスが単独2番手に迫って、ゴールにかけてはワイドファラオに並び掛けての叩き合い。2頭が鼻面を併せゴールに飛び込むと、最後はこの争いをワイドファラオがアタマ差振り切って勝利。4月のニュージーランドTに続き、重賞2勝目をあげています。
公認プロ予想家では、サラマッポプロ豚ミンCプロスガダイプロ蒼馬久一郎プロ他計7名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
15(土)は函館4R3歳未勝利メガディスカバリー(単勝121.9倍)的中で計40万2,860円払戻しを記録。他にもこの日は東京3R3歳未勝利東京12R3歳以上1勝クラス阪神9R鷹取特別阪神12R3歳以上1勝クラスなど、随所に冴えわたる予想を披露しました。週間トータルでは回収率151%、収支トップ37万40円の大幅プラスを記録しています。こちらも、2週連続プラスをマークし、収支トップも2週連続!
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
15(土)は阪神3R3歳未勝利東京11RジューンSでの◎的中などで前週土曜から続く開催日プラスを3に伸ばすと、16(日)にはG3ユニコーンS東京12R3歳以上1勝クラスの的中を披露。4日連続100%超をマークし、2週連続完全プラスを達成!土日2日間トータル成績は、回収率160%、収支6万9510円プラスで終えています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
15(土)阪神9R鷹取特別を▲◎○的中で仕留めると、阪神11R水無月Sでは◎○▲パーフェクト的中で計11万7,760円のスマッシュヒットを記録。16(日)は函館4R3歳未勝利での◎マイタイムオブデイ(単勝42.6倍)、東京4R3歳未勝利フラッフィーベアヤップヤップヤップ的中など連日の活躍を披露しています。土日トータルでは、回収率155%、収支18万2,640円の大幅プラスを達成、同時に3週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
15(土)は函館2R3歳未勝利での◎的中、東京7R3歳未勝利での◎的中、阪神12R3歳以上1勝クラスでの◎○的中などで大幅プラス。16(日)にも函館3R3歳未勝利での◎ニシノゴウウン(単勝34.3倍)的中、G3函館スプリントSでの◎カイザーメランジェG3ユニコーンSでは◎ダンツキャッスルデュープロセスでのワイド1点的中と好調を継続。週間回収率トップの229%、収支12万2,590円の大幅プラスをマークし、2週連続の週末プラス収支を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →あおまるプロ
15(土)は函館5R2歳新馬阪神11R水無月S東京12R3歳以上1勝クラスなどのスマッシュヒットで大幅プラスをマーク!16(日)も東京4R3歳未勝利東京12R3歳以上1勝クラスといった的中を披露した先週は、トータル回収率160%、収支33万1,500円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
15(土)は函館4R3歳未勝利で◎メガディスカバリー(単勝121.9倍)から計17万2,430円払戻しのスマッシュヒット。他にも、同阪神6R3歳未勝利、16(日)東京2R3歳未勝利などで好調予想を披露した先週は回収率108%をマーク!これで、3週連続の週末プラス収支を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
15(土)は阪神6R3歳未勝利の◎○パーフェクト的中、函館5R2歳新馬の◎的中などでプラス収支を記録。16(日)には東京8R3歳以上1勝クラス東京10R町田特別阪神3R3歳未勝利などで好配当を連発し、さらに好調をアピール。週間トータルでは、回収率154%、収支23万4,590円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
16(日)阪神5R2歳新馬で61万9,200円払戻しの一撃。また、この日の勝負予想阪神10R灘Sでは、○◎▲的中を披露するなどの活躍で大幅プラスを達成。土日2日間回収率は149%を記録し、収支35万6,000円の大幅プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、金子京介プロ(136%←2週連続週末プラス)、馬っしぐらプロ(131%←2週連続週末プラス)、シムーンプロ(122%)、イレコンデルパサープロ(116%)、マカロニスタンダーズプロ(115%)、馬侑迦プロ(110%)、おかべプロ(106%%←2週連続週末プラス)、岡村信将プロ(106%)、田口啄麻プロ(102%)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

ダンツキャッスルの口コミ


口コミ一覧

R4第27回エルムS

 ゴンザレス・権蔵橋 2022年8月7日() 11:57

閲覧 125ビュー コメント 0 ナイス 1

ここは、穴狙いで、⑭ダンツキャッスルの無欲の一発を狙いたい(-。-)y-゜゜゜
①ロードエクレア、②アオイライト、⑤アメリカエクシードと、逃げたい馬だらけで、トドメに、⑧ダノンファラオも早めに動きたいので、乱ペース濃厚だろう(-。-)y-゜゜゜
差し&追い込み馬に、絶好の展開になるだろう(-。-)y-゜゜゜
⑭ダンツキャッスルは、昨年夏の北海道シリーズで、ブレイクした馬(-。-)y-゜゜゜
全く人気がないが、前走も上がり3F36.2と、最速をマークしている、ヤネも吉田隼人に変更と、面白い(-。-)y-゜゜゜
こここは、穴狙いの◎で、果敢に攻めたい(-。-)y-゜゜゜
相手本線には、①ロードエクレール、③オメガレインボー、④ブラッティーキッド、⑨フルデプスリーダー、⑪ロードレガリスを挙げたい(-。-)y-゜゜゜
押さえには、②アオイライト、⑫スワーヴアミラまで、挙げたい(-。-)y-゜゜゜



ゴンザレス・権蔵橋の買い目
三連複軸馬1頭流し
⑭➡️①②③④⑨⑪⑫

日記閲覧してくださいました競馬ファンのみなさんの馬券攻略の参考になればありがたいです(≧∀≦)



2022年8月7日(日曜) 1回札幌6日 発走時刻:15時35分
天候 晴
ダート 良
11レース
ウインファイヴ 4レース目
第27回エルムステークスGⅢ
3歳以上 オープン (国際)(指定) 別定 コース:1,700メートル(ダート・右)
本賞金(万円)
1着3,800 2着1,500 3着950 4着570 5着380
付加賞(万円)
1着49 2着14 3着7
レース結果
着順 枠 馬番 馬名 タイム
(着差)
1 枠6緑 9 フルデプスリーダー 1:44.2
2 枠4青 6 ウェルドーン クビ
3 枠3赤 3 オメガレインボー クビ
単勝
9 1,690円 9番人気
複勝
9 440円 9番人気
6 330円 6番人気
3 200円 1番人気
枠連
4-6 4,110円 20番人気
馬連
6-9 5,340円 30番人気
馬単
9-6 12,130円 63番人気
ワイド
6-9 1,650円 25番人気
3-9 1,380円 20番人気
3-6 1,070円 7番人気
3連複
3-6-9 9,490円 30番人気
3連単
9-6-3 61,530円 225番人気

 うま歴41 2022年8月7日() 07:59
エルムS オメガレインボー ダンツキャッスル
閲覧 100ビュー コメント 1 ナイス 5

逃げ先行得意の馬が多く、両者を マリーンSとは異なる展開になるはず。横山と吉田はマリーンSよりも向くはず。№54

[もっと見る]

 ゼファー 2022年8月6日() 16:20
第27回エルムステークスGⅢ
閲覧 225ビュー コメント 0 ナイス 7

<馬場状態> 詳細は、サークル>馬場研究会 を見て下さい!!

良馬場、気温は低めで馬へ優しい気候

<コース特徴>
コーナーの半径が大きく、カーブは緩やか、更に直線距離が264mと短いため、逃げ・先行馬が有利だが、
好位から長くいい脚を使った馬、緩いコーナーを利して一気にポジションを上げるマクリもよく決まる。
いずれにせよ、直線入口では前のポジションにいないと厳しいらしい。

<展開>
ハナ:ロードエクレール
番手:アメリカンシード
3番:アイオライト / ウェルドーン
ダノンファラオ / フルデプスリーダー / スワーヴアラミス
〇大沼ステークス・マリーンステークスより先行馬が揃い、この2戦よりペースは流れる

<馬券のポイント>
先行馬が揃い流れが速くなる想定、先行有利なコース形態だけに後ろからでは厳しい
前半抑えて、コーナーで押し上げるマクリが出来る馬と騎手を狙いたい!

<馬券>

◎:ヒストリーメイカー
第27回プロキオンステークスGⅢは展開もハマったが、しっかりマクリも魅せた
小沢 大仁騎手から、マクリ名人の池添 謙一騎手への乗り替わりは上積みが大きい!

○:スワーヴアラミス
58kgだが、北のダート巧者で、第39回東海テレビ杯東海ステークスGⅡの覇者で実力上位
7歳だが涼しい札幌なら、前に厳しい展開でも先行して粘る!

▲:オメガレインボー
マリーンステークスよりペースが上がり、前がキツくなると順位が上がる予想
地方の小回りコースでマクリ名人横山 和生騎手が土曜日の好調を継続する
内枠に入って外に出すロスの分、単穴とした。

☆:ウェルドーン
休み明けのマリーンステークスで2着、+18kgの成長と叩き2戦目で魅力
54kgを味方に、レジェンド武 豊騎手が4歳牝馬をエスコートする。

穴:アメリカンシード
(大穴の3着候補か、自分では狙えない他力本願枠、注目しているブロガー・ユーチューバーから)

△:ロードエクレール
△:アイオライト
△:ブラッティーキッド
△:ロードレガリス
△:ダンツキャッスル

<馬券の買い方>
馬単(12点)
3連複4頭回し(4点)
3連単:3着馬は手広く(14点)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダンツキャッスルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ダンツキャッスルの写真

ダンツキャッスル

ダンツキャッスルの厩舎情報 VIP

2022年8月7日エルムステークス G311着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダンツキャッスルの取材メモ VIP

2022年8月7日 エルムステークス G3 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。