会員登録はこちら
京王杯スプリングC G2   日程:2019年5月11日() 15:45 東京/芝1400m

レース結果

京王杯スプリングC G2

2019年5月11日() 東京/芝1400m/16頭

本賞金:5,900万 2,400万 1,500万 890万 590万


レコード:1分19秒5
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 9

タワーオブロンドン

牡4 56.0 D.レーン  藤沢和雄 518(-8) R1.19.4 3.6 1
2 4 7

リナーテ

牝5 54.0 武豊  須貝尚介 488(-2) 1.19.5 3/4 13.8 6
3 3 6

ロジクライ

牡6 56.0 戸崎圭太  須貝尚介 514(-2) 1.19.5 ハナ 4.1 2
ラップタイム 12.3 - 10.9 - 11.0 - 11.3 - 11.0 - 11.1 - 11.8
前半 12.3 - 23.2 - 34.2 - 45.5 - 56.5
後半 56.2 - 45.2 - 33.9 - 22.9 - 11.8

■払戻金

単勝 9 360円 1番人気
複勝 9 150円 1番人気
7 310円 6番人気
6 180円 2番人気
枠連 4-5 1,510円 7番人気
馬連 7-9 2,590円 9番人気
ワイド 7-9 960円 9番人気
6-9 410円 1番人気
6-7 980円 10番人気
馬単 9-7 4,160円 14番人気
3連複 6-7-9 3,780円 6番人気
3連単 9-7-6 20,940円 41番人気

京王杯スプリングCのニュース&コラム

【京王杯SC】タワーオブロンドン、東京でレコードV!
 京王杯SC(芝1400メートル)が11日、東京競馬場で15頭によって争われ、レーン騎乗で1番人気のタワーオブロンドンが差し切り勝ち。3度目の重賞勝ちを決めた。藤沢和調教師は8度目の同レース制覇。勝ちタイム1分19秒4は従来の記録を0秒1更新するコースレコードだった。優先出走権を獲得した安田記念への出走は流動的。 1番人気を背負ったタワーオブロンドンは、難攻不落の要塞のごとく揺るがなかった。馬場の真ん中を堂々と抜け出し、1年1カ月ぶりの勝利が重賞3勝目。前年に僚馬ムーンクエイクが記録したタイムを0秒1更新するコースレコードで、藤沢和厩舎を連覇&8度目Vへ導いた。鞍上のレーン騎手も興奮気味だ。 「好スタートを決めて道中で折り合い、しまいも素晴らしい脚。本当にいいリズムで運べた。調教にまたがって力強い馬と感じていたが、強い勝ち方。GIで好勝負できる力がある馬だと思う」 普段から行きっぷりが良すぎるくらいの馬だが、初コンビの人馬の呼吸はまるで長くコンビを組んだ戦友かのよう。中団追走から残り400メートルで満を持して追い出されると、一歩一歩力強く伸び、余裕を持ってゴールで前へ出た。これで芝7ハロンは3戦全勝。今回も盤石の立ち回りを見せた。 今後の路線は流動的だが、優先出走権を得た安田記念(6月2日、東京、GI、芝1600メートル)に参戦する可能性もある。藤沢和調教師は「東京のマイルではキャピタルS(2着)でまずまずいい競馬をしているし、ギリギリ大丈夫だと思う」と話し、動向が注目されるところだ。 それにしても、オーストラリアの若手有望株として来日したレーン騎手の活躍は華々しい。この日は4勝の固め打ち。6日間の騎乗で早くも10勝を挙げ、重賞も新潟大賞典(メールドグラース)に次いで2勝目だ。 「グレイトデー。アリガトウゴザイマス」と喜びを伝えた25歳は、この先のビッグレースでも引っ張りだこ。GIII→GIIと来たら、次はGIだ。きょうのヴィクトリアマイルで騎乗するノームコアをはじめ、その手綱さばきから目が離せない。 (板津雄志)タワーオブロンドン 父レイヴンズパス、母スノーパイン、母の父ダラカニ。鹿毛の牡4歳。美浦・藤沢和雄厩舎所属。北海道・日高町のダーレー・ジャパン・ファーム(有)の生産馬。馬主はゴドルフィン。戦績10戦5勝。獲得賞金1億9805万9000円。重賞は2017年GII京王杯2歳S、18年GIIIアーリントンCに次いで3勝目。京王杯SCは藤沢和雄調教師が1997年タイキブリザード、98年タイキシャトル、00&01年スティンガー、04年ウインラディウス、14年レッドスパーダ、18年ムーンクエイクに次いで8勝目。ダミアン・レーン騎手は初勝利。馬名は「ロンドン塔」
2019年5月12日() 05:05

 952

【京王杯SC】リナーテ2着!武「よく伸びた」
 6番人気のリナーテが直線外に出してから脚を伸ばし、屈強な牡馬勢に割って入る2着に健闘。京都牝馬S(2着)に続いて手綱を取った武豊騎手は「きょうはポジションを取りにいく競馬をしたけど、最後までよく伸びてくれた」と力走をねぎらった。この後は放牧を挟んで、函館スプリントS(6月16日、函館、GIII、芝1200メートル)を目指す。
2019年5月12日() 05:04

 457

【京王杯SC】アレス、左前肢を跛行…競走除外
 前年の3着馬サトノアレスは、馬場入場後に左前肢跛行を発症。競走除外となった。藤沢和調教師は「ツメ(蹄の不安)のようだね。安田記念に出走できるかどうかは今後の様子を見てから」と語った。
2019年5月12日() 05:04

 583

【京王杯SC】レースを終えて…関係者談話
 ◆戸崎騎手(ロジクライ3着)「早めに広いスペースへ出したかったけど、そこでスムーズさを欠いた。進路があいてからはしぶとい脚を使ってくれた」 ◆福永騎手(トゥザクラウン4着)「ブリンカーを外したことでリラックスして走れた。初めての重賞でも走破時計は優秀」 ◆石橋騎手(キャナルストリート5着)「競馬が上手で、手応え通り反応してくれた」 ◆坂井騎手(リライアブルエース6着)「枠順を生かしてロスなく乗れました」 ◆池添騎手(スマートオーディン7着)「脚質的にはまるかはまらないかのタイプ。レコード決着では分が悪かった」 ◆三浦騎手(ドーヴァー8着同着)「仕掛けどころで離されたけど、ラストでしぶとく食らいついてくれた」 ◆大野騎手(ストーミーシー8着同着)「レコード決着でも差のないところまできてくれた」 ◆松岡騎手(ダイメイフジ10着)「一発を狙って積極策。ただ、暑さが苦手な馬なので」 ◆田辺騎手(エントシャイデン11着)「1400メートルはやや忙しい」 ◆M・デムーロ騎手(ロードクエスト12着)「行くところ行くところで前が狭くなった」 ◆田中勝騎手(タイムトリップ13着)「反応は良かったが、ラストで止まった」 ◆蛯名騎手(スターオブペルシャ14着)「時計が速く、最後は余力がなくなった」 ◆杉原騎手(ブロワ15着)「自分の競馬はできました」
2019年5月12日() 05:03

 504

京王杯スプリングCのニュースをもっと見る >

【京王杯SC】厩舎の話
 エントシャイデン・矢作調教師「動きは悪くない。東京なら7Fでも」 キャナルストリート・大竹調教師「左回り7Fは最適。牡馬相手でも」 サトノアレス・藤沢和調教師「気難しいけど具合はいい。東京は向く」 スターオブペルシャ・藤沢和調教師「前走はゴチャついた。舞台合う」 ストーミーシー・斎藤誠調教師「動きはいい。流れが速くなれば」 スマートオーディン・池江調教師「距離はベストだし、脚元も安定」 タイムトリップ・菊川調教師「しまい重点でいい動き。長い直線向く」 ダイメイフジ・森田調教師「前走は気温が高く走れていないから連闘」 タワーオブロンドン・レーン騎手「仕上がりは良く、反応も力強い」 トゥザクラウン・池江調教師「動ける状態だ。7Fはマイルよりいい」 ドーヴァー・伊藤圭調教師「6歳でも元気。うまく脚をためられれば」 ブロワ・大江原調教師「中1週。けいこはそれほどやらなくていい」 リナーテ・須貝調教師「具合がいいから好時計が出た。血統的に期待」 リライアブルエース・矢作調教師「いい感じで帰厩。うまくはまれば」 ロジクライ・須貝調教師「動きはいい。東京7Fはレースがしやすい」 ロードクエスト・小島調教師「サラッとした仕上げ。はまるかどうか」(夕刊フジ)★京王杯SCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年5月9日(木) 10:48

 1,595

【京王杯SC】ロジクライ、坂路鋭伸11秒9!
 GI・高松宮記念8着から臨戦するロジクライが、坂路で絶品の動きを披露。前の2頭を追いかける形から、パワフルな推進力で抜き去って単走で4ハロン51秒7-11秒9。他馬が時計を要していたゴール前もシャープに駆け抜け、調教評価は最上級の『S』となった。 「男馬だからこれぐらいはやっておかないと。けさの動きもいいね」と須貝調教師も満足げ。さらに「前走の1200メートルは速い馬もいたが、東京の1400メートルなら直線も長いのでレースもしやすい」と大変身を見込む。★京王杯SCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年5月9日(木) 05:05

 905

【京王杯SC】追って一言
 ◆エントシャイデン・矢作師 「動きは悪くない。東京なら1400メートルでもいい」 ◆キャナルストリート・大竹師 「左回りの1400メートルはベスト。得意の条件なら牡馬が相手でも」 ◆サトノアレス・藤沢和師 「少し気難しいけど具合はいい。東京は向いている」 ◆スターオブペルシャ・藤沢和師 「状態はいい。前走はごちゃついた場面があったし、東京の1400メートルはいい」 ◆ストーミーシー・斎藤誠師 「動きはいい。流れも速くなるだろうし、かみ合えば面白い」 ◆スマートオーディン・池江師 「上がり重点で、しっかり先着した。1400メートルはベストだし、体も引き締まって脚元も安定している」 ◆タイムトリップ・菊川師 「しまい重点で動きはよかった。直線の長いコースの1400メートルが一番合う」 ◆ダイメイフジ・森田師 「前走は時計も速く、気温が高くて走れていないから連闘する。気分よく運べれば」 ◆タワーオブロンドン・レーン騎手 「仕上がりはとてもよく、力強い反応。楽しみだ」 ◆トゥザクラウン・池江師 「少し遅れたが、動ける状態。マイルでは少し止まるので、1400メートルはいい」 ◆ドーヴァー・伊藤圭師 「6歳でもエネルギッシュ。うまく脚をためられれば」 ◆ブロワ・大江原師 「中1週なので、それほどやらなくていい。“千直”より、今回の方がいい」 ◆リナーテ・須貝師 「具合がいいから好時計が出たが、無理はしていない。血統的には重賞でも勝てる馬」 ◆リライアブルエース・矢作師 「いい感じで放牧から帰ってきた。うまくハマッてくれれば…」 ◆ロードクエスト・小島師 「サラッとした。状態は前走以上だね。位置取りはどこでもいいし、はまるかどうか」★京王杯SCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年5月9日(木) 05:05

 1,115

【京王杯SC】藤沢和厩舎、強力3頭出し
 <美浦トレセン> レース史上最多の7勝を誇る藤沢和厩舎は、サトノアレス、スターオブペルシャ、タワーオブロンドンの強力3頭出し。中でもタワーは芝1400メートルは2戦2勝で「(1400メートルでは)いい決め手が印象的。前走は1600メートルで流れに乗っていったら、思ったほどはじけなかった。この距離で違う面が出ればいい」と津曲助手は期待する。 ロードクエストは3戦2勝、2着1回と好相性のM・デムーロ騎手とのタッグが復活。「ミルコはずっと“乗りたい”と言ってくれていたので心強い。中間に乗った感じは前走時より明らかにいい。うまくいけばポンと勝つ力はある」と小島調教師は強気だ。 <栗東トレセン> スマートオーディンは前走の阪急杯で約2年9カ月ぶりのV。1400メートルへの距離短縮で折り合いに進境をみせ、末脚を爆発させた。池江調教師は「もともと、1400メートルはいいと思っていました。脚元が安定して乗り込めているのも大きい。体も引き締まってきた」と重賞連勝を期待する。僚馬トゥザクラウンは重賞初挑戦だが、母がGI馬できょうだいにも重賞勝ち馬がズラリ。1400メートルへ距離短縮後は【2・0・1・0】と崩れておらず「中距離の血統ですが、喉を2回も手術しているので(息が)もたない。力はいつでもOPに上がれる馬でした。まだ成長していますよ」と池江調教師は力を込めた。★京王杯スプリングCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年5月8日(水) 05:01

 2,177

プロ予想家の的中情報


京王杯スプリングCの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

5月11日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv129 

180円
150円
330円
Lv116 
3,780円 15,120円
Lv115 
3,780円 37,800円
Lv114 

3,780円
2,590円
31,850円
Lv113 
150円 750円

的中情報をもっと見る >

京王杯スプリングC過去10年の結果

2018年5月12日() 東京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
1着 ムーンクエイク C.ルメール 1:19.5 7.1倍 102.7
2着 キャンベルジュニア 石橋脩 アタマ 17.4倍 102.7
3着 サトノアレス 蛯名正義 ハナ 5.1倍 102.7
2017年5月13日() 東京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
2016年5月14日() 東京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京王杯スプリングCのデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1400m

2012年に179万馬券が出現するなど一筋縄でいかない一戦。前走レース別では高松宮記念、ダービー卿チャレンジトロフィー、マイラーズカップ、そして東京新聞杯組の好走が目立つ。だがこれらのステップは、いずれもコース変わりや距離短縮or延長を伴っており、2008年以降、前走からの連勝馬はいない。一方で5着以下だった馬が4勝、2着2回、3着4回と巻き返しているほか、前走オープン特別出走馬や昇級馬の激走も多い。年齢別では4歳が2勝、3着4回であるのに対し、5歳が6勝、2着3回、3着4回と優勢。また7歳以上も2勝、2着4回と奮闘している。東京芝1400mは向正面からのスタートとなるが、大回りなぶん他場の1400mに比べてコーナーまでの距離が短く、なおかつ最後の直線を控えていることからペースが落ち着き気味。テンからスピードに乗りやすい他場での1400m実績がアテにならないことも、波乱の一因になっていると考えられる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

京王杯スプリングCの歴史と概要


2016年の優勝馬サトノアラジン

グレード制導入以降、安田記念の3週前に組まれるようになった主要前哨戦。ニホンピロウイナーニッポーテイオーダイナアクトレスなど、昭和のころから各時代を代表する名馬が勝っており、平成に入ってもビッグネームの活躍が目立っている。第36回(1991年)のダイイチルビー、第38回(1993年)のヤマニンゼファー、第42回(1997年)のタイキブリザード、第43回(1998年)のタイキシャトル、第50回(2005年)のアサクサデンエン、第56回(2011年)のストロングリターンらが、ここと安田記念の連勝を達成。第39~41回(1994~1996年)は、スキーパラダイス、ドゥマーニ、ハートレイクと外国馬が3連覇を決めている。

歴史と概要をもっと見る >

京王杯スプリングCの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年11月23日(
ラジオN杯京都2歳S  G3
2019年11月24日(
ジャパンカップ  G1
京阪杯  G3

競馬番組表

2019年11月23日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2019年11月24日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 レイデオロ 牡5
88,155万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 ヴェロックス 牡3
21,907万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
8 グランアレグリア 牝3
19,878万円
9 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
10 リオンリオン 牡3
13,748万円
» もっと見る