クリノガウディー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
クリノガウディー
クリノガウディー
クリノガウディー
クリノガウディー
クリノガウディー
クリノガウディー
クリノガウディー
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2016年3月17日生
調教師藤沢則雄(栗東)
馬主栗本 博晴
生産者三輪牧場
生産地日高町
戦績27戦[3-2-2-20]
総賞金17,114万円
収得賞金5,200万円
英字表記Kurino Gaudi
血統 スクリーンヒーロー
血統 ][ 産駒 ]
グラスワンダー
ランニングヒロイン
クリノビリオネア
血統 ][ 産駒 ]
ディアブロ
オプトライアン
兄弟 クリノサンレオクリノカサット
前走 2021/11/21 マイルチャンピオンS G1
次走予定

クリノガウディーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/11/21 阪神 11 マイルCS G1 芝1600 1612175.01414** 牡5 57.0 岩田望来藤沢則雄 494
(+4)
1.33.9 1.334.4グランアレグリア
21/10/30 阪神 11 MBSスワン G2 芝1400 185107.3415** 牡5 56.0 岩田康誠藤沢則雄 490
(+2)
1.21.8 1.135.3⑫⑫ダノンファンタジー
21/10/03 中山 11 スプリンター G1 芝1200 165915.668** 牡5 57.0 岩田康誠藤沢則雄 488
(0)
1.08.0 0.933.8⑦⑩ピクシーナイト
21/09/12 中京 11 セントウルS G2 芝1200 1771410.343** 牡5 56.0 岩田康誠藤沢則雄 488
(0)
1.07.4 0.233.8④④レシステンシア
21/05/30 中京 10 安土城S (L) 芝1400 18595.331** 牡5 57.5 岩田康誠藤沢則雄 488
(-2)
1.19.2 -0.134.2⑤⑤シヴァージ
21/05/09 中京 11 鞍馬S OP 芝1200 156104.321** 牡5 56.0 岩田康誠藤沢則雄 490
(-6)
1.07.1 -0.133.3⑥⑥ナランフレグ
21/03/27 中京 11 名鉄杯 OP ダ1400 168154.8215** 牡5 57.0 幸英明藤沢則雄 496
(-4)
1.26.0 2.740.7④④ペプチドバンブー
21/02/28 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 174730.779** 牡5 56.0 岩田望来藤沢則雄 500
(-2)
1.20.1 0.934.5レシステンシア
21/01/31 中京 11 シルクロード G3 芝1200 1881813.0616** 牡5 58.0 鮫島克駿藤沢則雄 502
(0)
1.09.6 1.335.7シヴァージ
20/12/26 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 161119.975** 牡4 57.0 幸英明藤沢則雄 502
(+12)
1.20.2 0.534.3⑧⑦ダノンファンタジー
20/10/04 中山 11 スプリンター G1 芝1200 1681546.195** 牡4 57.0 三浦皇成藤沢則雄 490
(0)
1.09.0 0.734.6⑬⑬グランアレグリア
20/09/13 中京 11 セントウルS G2 芝1200 1781513.767** 牡4 56.0 森裕太朗藤沢則雄 490
(-2)
1.08.5 0.633.5⑫⑫ダノンスマッシュ
20/08/16 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 186119.3518** 牡4 56.0 横山典弘藤沢則雄 492
(0)
1.36.7 3.638.3サトノアーサー
20/07/05 阪神 11 CBC賞 G3 芝1200 16472.6112** 牡4 58.0 横山典弘藤沢則雄 492
(-2)
1.10.0 1.335.8⑨⑦ラブカンプー
20/03/29 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 1861164.6154** 牡4 57.0 和田竜二藤沢則雄 494
(-2)
1.08.7 -0.033.8モズスーパーフレア
20/03/01 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 18356.137** 牡4 56.0 森裕太朗藤沢則雄 496
(0)
1.20.7 0.435.1ベストアクター
20/02/09 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 167138.753** 牡4 56.0 横山典弘藤沢則雄 496
(+8)
1.33.1 0.133.9④④プリモシーン
19/11/17 京都 11 マイルCS G1 芝1600 175968.4127** 牡3 56.0 藤岡佑介藤沢則雄 488
(+4)
1.33.6 0.634.4⑥⑤インディチャンプ
19/10/19 東京 11 富士S G3 芝1600 1881711.764** 牡3 54.0 戸崎圭太藤沢則雄 484
(+4)
1.33.3 0.333.3⑭⑮ノームコア
19/09/08 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 16244.527** 牡3 54.0 戸崎圭太藤沢則雄 480
(0)
1.31.2 0.934.1⑤⑦⑨トロワゼトワル

⇒もっと見る


クリノガウディーの関連ニュース

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は朝日杯フューチュリティステークス2021・血統予想をお届けします!


昨年はFrankel産駒の7番人気グレナディアガーズが2歳コースレコードを更新する1分32秒3のタイムで勝利。阪神芝1600mに舞台を移してからサンデーサイレンスの血を全く引かない馬の勝利、ひいては連対も初めてのことだった。

また、近年はデインヒルの血脈を持つ馬の好走が目立ち、勝ち馬においては16年サトノアレス、17年ダノンプレミアム、19年サリオス、20年グレナディアガーズが該当。ほか、欧州色の強いタイプも存在感を示しており、昨年もFrankel産駒のグレナディアガーズ、バゴ産駒のステラヴェローチェの2頭でワンツー決着を果たしている。

オタルエバーは、父リオンディーズ×母ルージュクール(母の父Redoute’s Choice)。父は15年朝日杯フューチュリティSの勝ち馬で、エピファネイアの半弟、サートゥルナーリアの半兄にあたる良血。近年は距離延長で臨む馬が台頭しており、一昨年には同じキングカメハメハ直系のグランレイが14番人気3着と大駆け。今年のメンバーのなかでは唯一デインヒルの血を引く馬という意味でも大いに注目してみたい。

セリフォスは、父ダイワメジャー×母シーフロント(母の父Le Havre)。デイリー杯2歳Sを勝って臨むダイワメジャー産駒というと18年の勝ち馬アドマイヤマーズを想起させるが、同馬とは母系にGlorious Songの血を引くという共通点があり、2歳離れしたレースセンスのよさにも通ずるものがある。また、母の父Blushing Groom系との配合からは16年3着ボンセルヴィーソが出た。気性面に課題がある血統でもあるため、当日のテンションの高さには気を配りたい。

アルナシームは、父モーリス×母ジュベルアリ(母の父ディープインパクト)。父系祖父スクリーンヒーローは18年2着クリノガウディーを出しているが、その父グラスワンダーは97年朝日杯3歳Sの勝ち馬。また、グラスワンダーは母Amerifloraがデインヒルと相似な血統構成であることにも注目したい。本馬はアルアインシャフリヤールの甥にあたる血統馬でもあり、折り合いを欠いた前走内容からも距離を詰める臨戦で見直したい。


【血統予想からの注目馬】
オタルエバー ④セリフォス ③アルナシーム

20年高松宮記念Vのモズスーパーフレアが引退、繁殖入り 2021年12月15日(水) 17:06

 2020年の高松宮記念を制したモズスーパーフレア(栗・音無、牝6)の引退が15日、JRAから発表された。同日に競走馬登録を抹消され、今後は北海道浦河町の谷川牧場で繁殖馬となる予定。

 20年の高松宮記念では2位入線だったが、1位入線のクリノガウディーが降着となり、繰り上がりでGI初勝利を挙げた。同年11月の交流GI・JBCスプリントでダートに初挑戦して4着。連覇を狙った今年の高松宮記念では5着に敗れ、12日のカペラS4着が最後のレースになった。音無調教師は「芝、ダートを問わずに走ってくれた。いい子を出してほしい」とねぎらった。

モズスーパーフレアの競走成績はこちら

[もっと見る]

【マイルCS】レースを終えて 2021年11月22日(月) 04:56

 ◆福永騎手(インディチャンプ4着)「もう少しペースが流れてほしかった。決め手勝負になってしまったね。その中で脚は使ってくれています」

 ◆坂井騎手(ホウオウアマゾン5着)「状態はすごく良かったです。成長の余地を残す段階で頑張ってくれました」

 ◆松山騎手(サリオス6着)「押し出される形になりました。何とか結果を出したかったですが…」

 ◆和田竜騎手(ダーリントンホール7着)「流れが遅かったので、切れ味勝負になって分が悪かったです。マイルはいいですね」

 ◆武豊騎手(サウンドキアラ8着)「レースはスムーズでしたが、最後の決め手の差が出たかな」

 ◆戸崎騎手(カテドラル9着)「スタートで少し遅れてしまい、ペースも落ち着きました。最後はじりじりと伸びていました」

 ◆安田隆師(ケイデンスコール10着)「岩田康騎手は『まだ本調子じゃないかな』と。今後は短い距離を使うかもしれません」

 ◆小崎騎手(レインボーフラッグ11着)「ためてしっかりと脚を使う作戦通りの競馬ができました」

 ◆田辺騎手(ロータスランド12着)「他を行かせる競馬になりました。リズムよく運べていましたが、相手が強かったですね」

 ◆池添騎手(グレナディアガーズ13着)「壁を作れなくてだいぶ力んでいました。レース前は落ち着いていましたが、うまく乗れませんでした」

 ◆岩田望騎手(クリノガウディー14着)「課題のゲートは出てくれました。それが今後につながってくれればと思います」

 ◆幸騎手(リプレーザ15着)「4コーナーあたりで勝ち馬が外からきて抵抗できませんでした」

 ◆藤岡康騎手(サウンドカナロア16着)「控える競馬というオーダーで、いい経験になればと思います」

★21日阪神11R「マイルCS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】マイルCS2021 カンニング竹山さん、ジャンポケ・斉藤さんなどズラリ!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2021年11月21日() 05:30


※当欄ではマイルCSについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【カンニング竹山】
◎③シュネルマイスター
○④サリオス
馬単
③→④
3連単フォーメーション
③④→③④→①⑦⑨⑩⑪⑫⑬

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎④サリオス
単勝


【徳光和夫】
3連複ボックス
ホウオウアマゾン
シュネルマイスター
サリオス
グレナディアガーズ
グランアレグリア
リプレーザ
ワイド流し
⑫-①③④⑤⑦⑨⑩⑬

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑫グランアレグリア
○③シュネルマイスター
▲⑨グレナディアガーズ
△①ホウオウアマゾン
△④サリオス
△⑪カテドラル

【キャプテン渡辺】
◎⑩ロータスランド
単勝

馬連流し・ワイド流し
⑩-③⑬
3連単フォーメーション
⑩→③⑫⑬→③⑫⑬
⑬→⑩→③⑫
⑬→③⑫→⑩

【DAIGO】
◎⑫グランアレグリア
ワイド
③-⑫
⑨-⑫
⑫-⑬

【粗品(霜降り明星)】
◎⑫グランアレグリア

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑪カテドラル

【レッド吉田(TIM)】
◎⑦インディチャンプ

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑬ダノンザキッド
○⑨グレナディアガーズ
▲③シュネルマイスター
△⑫グランアレグリア
△①ホウオウアマゾン
△⑥ケイデンスコール
△⑪カテドラル
3連単1頭軸流しマルチ
⑬→①③⑥⑨⑪⑫

【杉本清】
◎⑫グランアレグリア
○③シュネルマイスター
▲⑦インディチャンプ
☆④サリオス
△⑨グレナディアガーズ
△⑩ロータスランド
△⑪カテドラル
△⑬ダノンザキッド

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎⑫グランアレグリア

【林修】
注目馬
グランアレグリア

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑫グランアレグリア

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑫グランアレグリア

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎③シュネルマイスター

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎③シュネルマイスター
○⑫グランアレグリア
▲⑨グレナディアガーズ
△⑦インディチャンプ
△④サリオス
△⑬ダノンザキッド
△⑪カテドラル

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ダノンザキッド
グランアレグリア

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑫グランアレグリア

【東信二(元JRA騎手)】
◎⑫グランアレグリア

【吉沢宗一(元JRA騎手)】
◎⑫グランアレグリア

【橋本マナミ】
◎⑫グランアレグリア
○③シュネルマイスター
▲⑨グレナディアガーズ
△⑦インディチャンプ
△④サリオス
△⑪カテドラル
△⑬ダノンザキッド

【神部美咲】
◎⑫グランアレグリア
単勝

3連単1頭軸流しマルチ
⑫→①②⑦⑪⑬

【旭堂南鷹】
◎⑥ケイデンスコール
○⑫グランアレグリア
△⑦インディチャンプ
△⑧ダーリントンホール
△③シュネルマイスター

【嵐(横浜銀蝿)】
◎③シュネルマイスター

【稲富菜穂】
◎⑦インディチャンプ
○⑫グランアレグリア
▲④サリオス
△③シュネルマイスター
△②クリノガウディー
△⑨グレナディアガーズ
△⑭リプレーザ

【やべきょうすけ】
◎③シュネルマイスター
○⑫グランアレグリア
▲⑦インディチャンプ
△④サリオス
△⑨グレナディアガーズ
△⑪カテドラル
△⑬ダノンザキッド

【小木茂光】
◎⑬ダノンザキッド
3連単フォーメーション
⑪⑫⑬→①③④⑤⑦⑨⑩⑪⑫⑬→⑪⑫⑬

【津田麻莉奈】
◎⑫グランアレグリア

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑫グランアレグリア
○⑦インディチャンプ
▲④サリオス
△③シュネルマイスター
△⑨グレナディアガーズ
△⑬ダノンザキッド

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎③シュネルマイスター
○④サリオス
▲⑫グランアレグリア
☆⑪カテドラル
△⑬ダノンザキッド
△⑩ロータスランド

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎④サリオス
○⑦インディチャンプ
▲③シュネルマイスター
△⑥ケイデンスコール
△⑨グレナディアガーズ
△⑪カテドラル
△⑫グランアレグリア

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑨グレナディアガーズ
馬連流し
⑨-③④⑦⑩⑪⑬
3連単2頭軸流しマルチ
⑨→③→①④⑤⑥⑦⑧⑩⑪⑫⑬
⑨→⑪→①③④⑤⑥⑦⑧⑩⑫⑬

【ギャロップ林】
◎④サリオス
3連単フォーメーション
④⑫→④⑤⑪⑫→③④⑤⑪⑫

【恋さん(シャンプーハット)】
◎⑦インディチャンプ
3連単2頭軸流しマルチ
⑦→③→①④⑤⑧⑨⑩⑪⑫

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑨グレナディアガーズ
馬単
⑨→⑫グランアレグリア
⑫→⑨
3連単フォーメーション
⑨→①③⑦⑫⑬→①③⑦⑫⑬
⑨⑫→⑨⑫→③

【浅越ゴエ】
◎⑫グランアレグリア
ワイド
⑫-⑨グレナディアガーズ
3連単1頭軸流しマルチ
⑫→③⑥⑨⑪

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑦インディチャンプ
馬単
⑦→⑫グランアレグリア
⑫→⑦
3連単フォーメーション
⑦⑫→①③④⑤⑨⑪⑬→⑦⑫
①③④⑤⑨⑪⑬→⑦⑫→⑦⑫
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑬ダノンザキッド
3連複2頭軸流し
⑬-③-①④⑤⑥⑦⑨⑪⑫

【下田真生(コウテイ)】
◎③シュネルマイスター
3連単フォーメーション
③→⑦→①②④⑤⑥⑨⑩⑪⑫⑬
③→①②④⑤⑥⑨⑩⑪⑫⑬→⑦

【九条ジョー(コウテイ)】
◎④サリオス
複勝


【岡野陽一】
◎⑫グランアレグリア
○⑪カテドラル
▲⑥ケイデンスコール
△③シュネルマイスター
△⑤サウンドキアラ
△⑦インディチャンプ
△⑨グレナディアガーズ

【船山陽司】
◎⑪カテドラル

【上村彩子】
◎⑨グレナディアガーズ

【篠原梨菜】
◎⑫グランアレグリア

【曽田麻衣子】
◎③シュネルマイスター

【小泉恵未】
◎④サリオス

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑬ダノンザキッド

【大島麻衣】
◎⑫グランアレグリア

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑨グレナディアガーズ
○⑫グランアレグリア
▲⑬ダノンザキッド
△①ホウオウアマゾン
△③シュネルマイスター
△⑧ダーリントンホール

【皆藤愛子】
◎⑫グランアレグリア

【高田秋】
◎④サリオス

【原奈津子】
◎③シュネルマイスター
○⑨グレナディアガーズ
▲①ホウオウアマゾン

【ほのか】
◎⑦インディチャンプ
○⑫グランアレグリア
▲③シュネルマイスター
△⑪カテドラル
△⑥ケイデンスコール
単勝

3連単フォーメーション
⑦→③⑫→③⑥⑪⑫

【守永真彩】
◎⑨グレナディアガーズ
3連複2頭軸流し
③-⑨-①②④⑤⑥⑦⑧⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯

【天童なこ】
◎③シュネルマイスター
○⑫グランアレグリア
▲①ホウオウアマゾン
☆⑨グレナディアガーズ
△④サリオス
△⑦インディチャンプ
△⑩ロータスランド
△⑪カテドラル
△⑬ダノンザキッド



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【マイルCS】前走後の談話 2021年11月21日() 05:00

 〔1〕ホウオウアマゾン「年長馬を相手にバタッとは止まらなかった」(坂井騎手=スワンS3着)

 〔2〕クリノガウディー「右回りだと前に行けないし、スローだと引っ掛かる」(藤沢則師=スワンS15着)

 〔3〕シュネルマイスター「すごくいい脚を使ってくれた。ラスト300メートルはいい瞬発力を使ってくれた」(ルメール騎手=毎日王冠1着)

 〔4〕サリオス「もう少しいい位置で脚をためたかった」(松山騎手=安田記念8着)

 〔5〕サウンドキアラ「スタートは決まったけど、ポジション争いでゴチャついた」(松若騎手=スワンS2着)

 〔7〕インディチャンプ「力んだ。何とか我慢させて直線へ向いたが、もう少しだった」(福永騎手=安田記念4着)

 〔8〕ダーリントンホール「しまいはジリジリと来ている」(横山武騎手=富士S5着)

 〔9〕グレナディアガーズ「性格が難しい馬なので、また違う準備をして競馬に臨めればと思います」(川田騎手=京成杯AH3着)

 〔10〕ロータスランド「最後は思いの外、頑張れなかった」(田辺騎手=富士S10着)

 〔11〕カテドラル「直線では進路を探すのが大変だったが、手応えもあったのでうまくさばいてくれた」(戸崎騎手=京成杯AH1着)

 〔12〕グランアレグリア「軟らかい馬場で反応がいつもと違った。やはりマイルの方がいいと思う」(ルメール騎手=天皇賞・秋3着)

 〔13〕ダノンザキッド「ここから改めて準備して次に向かえるいい内容でした」(川田騎手=富士S4着)

マイルCSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マイルCS】直前気配 2021年11月21日() 04:59

(1)ホウオウアマゾン 栗東坂路を駆け上がり、気配は上々だ。池田厩務員は「予定通り。怖いぐらい順調にきている。あとはジョッキーに任せます」と力を込めた。

(2)クリノガウディー 栗東DPコースを1周。軽快なフットワークで駆け抜けた。丸田助手は「引き続き状態はいいです。太め感なく仕上がりました」と胸を張った。

(3)シュネルマイスター 2度目のGI取りに挑むキングマン産駒は午後2時52分に阪神競馬場に到着。「安田記念(3着)時よりもパワーアップしているので楽しみ」と手塚調教師。

(4)サリオス 午後2時52分に阪神競馬場に到着した。「馬具を着用して走りのバランスが良くなり、息の面も今週は改善されていた。いい状態に持ってこられている」と堀調教師。

(5)サウンドキアラ 栗東坂路をゆったりと大きなストライドで駆け上がった。「順調にこられています。前走と同じくらいの馬体重で出走できそうです」と安達調教師。

(6)ケイデンスコール 栗東坂路を小気味いいリズムで駆け上がった。安田隆調教師は「変わりなく順調です。良馬場になりそうですが、馬場が重くなりそうだからね」と浮かない表情だった。

(7)インディチャンプ 栗東坂路をゆったりしたリズムで上がった。軽く気合も乗って準備は万端だ。音無調教師は「展開的には逃げ馬が粘ってくれるといいんだけどな。状態はいいよ」とうなずいた。

(8)ダーリントンホール 19日に阪神入りしたニューアプローチ産駒は、馬場入りせずに軽めの調整。「今の阪神は後ろからいく馬も届く印象があって、合っていると思います」と太田助手。

(9)グレナディアガーズ 栗東坂路で活気ある動きを見せた。福永助手は「全体的な気配は上向いてきています。あとは当日のテンションがどうなるかですね」と語った。

(10)ロータスランド サマーマイル王は栗東坂路で頭のぶれない走り。橋本助手は「馬体に張りが出てきましたし、一度使って気が乗ってきています」と好気配を伝えた。

(11)カテドラル 栗東角馬場でハッキング。落ち着いていていい雰囲気だ。池添学調教師は「馬体重は少し増えるくらいで出られれば。相手が強いので、自分の競馬に徹すれば」と結んだ。

(12)グランアレグリア 引退レースで連覇を目指す女傑は、午後2時47分に決戦の地に到着した。「うちで過去にマイルCSを勝った馬と比べてもトップクラスだと思う」と藤沢和調教師は自信を持って送り出す。

(13)ダノンザキッド 栗東角馬場で体をほぐしてから坂路1本。力みのない走りだった。安田隆調教師は「変わりないですよ。現状の力でどこまでやれるかですね」と語った。

(14)リプレーザ 栗東角馬場からCWコースを伸び伸びと1周した。大根田調教師は「内を見ながら外めで運べれば。しまいでどれだけくるかだね」と笑顔で語った。

(15)サウンドカナロア 栗東角馬場で入念に乗り込んだ。村山調教師は「(中1週でも)うまく調整ができていて、状態も変わらずいいですよ」と語った。

(16)レインボーフラッグ 栗東角馬場で運動。8歳でも活気十分だ。小崎調教師は「短期放牧明けでしっかり乗り込んでいる。万全の態勢で挑める」と語った。

マイルCSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

クリノガウディーの関連コラム

閲覧 1,230ビュー コメント 0 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


11月21日(日)阪神11R 第38回マイルチャンピオンシップ(3歳以上G1・芝1600m)


【登録頭数:18頭】(フルゲート:18頭)

グランアレグリア(A)中2週
安田記念時は、レース後10日目からだった乗り出し(坂路)、今回は5日後からと早めの立ち上げで、それだけ回復が早いのではないかと思う。1週前は軽めの調整も、動きを見ると気負うことなく集中してゆっくりと走れていた。このままいけば、良い状態で出走できそう。

インディチャンプ(B)5ヶ月半
休み明けで乗り込み量は豊富。2週前の動きを見ると終いの伸び脚が良い。1週前、最終追い切りになるとオーバーワークにならないように調整してくるので抑え気味になるところもあると思うが、2週前の軽快な走りを見ると調子は良さそう。

シュネルマイスター(A)中5週
1週前追い切りでは、ラストで追い出されると一気に突き離し、出来はかなり良さそう。毎日王冠のパドックではお腹のあたりにまだ余裕がある感じだったあたりからも、叩き2戦目での上積みが感じられる。

サリオス(B)5ヶ月半
休み明けで、1週前の動きを見ると終いの伸び脚は良いが仕掛けられてからの反応は少し鈍い感じにも見えた。かなり大きな馬なので、馬体に余裕がまだあるかもしれない。

ケイデンスコール(C)中5週
追い切りでは速い時計の出る馬。叩き2戦目となるが、1週前の坂路での動きを見るに走りに勢いがなく迫力を感じない。

サウンドキアラ(D)中2週
この中間は中2週と間隔が詰まり、1週前は日曜日に坂路で速い時計をマーク。昨年もスワンSからのローテーションで、1週前の水曜に速い時計を出していたことを思うと、今年は回復が遅いのかもしれない。間隔が空いているほうが成績は良く、休み明け2戦目は5戦して3着までが最高とあまり良い材料がない。

ダノンザキッド(C)中3週
長期休養明けの前走は、+22キロで0.5秒差の4着。この中間、1週前追い切りの動きを見るに前走時のような気合い乗りや迫力が感じられず、上積みよりは反動のほうが気になるところ。

グレナディアガーズ(B)中9週
この中間は2週前、1週前とCWで速い時計が出ている。1週前はジョッキー騎乗で強めに追われて先着を果たし、順調な仕上がりが窺える。

カテドラル(D)中9週
この中間は、乗り込まれてはいるもののこの馬としては終いの時計がかかっている感じ。1週前追い切りで見せた動きも、追われている割に伸びきれていない。

ロータスランド(B)中3週
前走は少し間隔が空いて馬体に余裕があったかもしれない。この中間も、乗り込み豊富で坂路では好時計が出ている。阪神の外回りコースで這い上がってきた馬なので、ここは変わり身もあるかもしれない。

サトノウィザード(-)中3週※出走回避
脚元に張りが出たため、大事を取って出走を取り止め。

クリノガウディー(D)中2週
坂路で速いタイムをマークしてくる馬だが、この中間はこの馬らしい時計を出しておらず坂路で軽く乗られているだけ。この秋は馬体に締まりがない感じで、春と比べると出来自体に問題がありそう。

ホウオウアマゾン(B)中2週
休み明けの前走時は、追い切りでは直前でやっと好時計が出たくらいでパドックでも明らかに太め残りと分かる馬体で、仕上り途上だった。この中間も1週前追い切りではまだ重たい感じの動きで、レースまでにもうひと絞りほしい印象を受ける。

リプレーザ(D)中2週
坂路では好時計の出る馬。叩き2戦目となるが、1週前追い切りでは終いの時計がかかっていて大きな上積みは期待できそうにない。芝でこのメンバーに入ると見劣りしてしまう。

クリノプレミアム(D)3ヶ月
休み明けも乗り込み本数少なく、1週前追い切りでも馬場の5分どころを回り、時計も伸び脚もそれほど目立たず。連勝中の勢いは感じられない。

レインボーフラッグ(B)中6週
追い切りでは速い時計の出る馬で、今回も1週前追い切りは硬さは覗かせたものの重心の低い走りで大きく先着を果たしている。レースでは勝ち星から遠ざかっているが、出来は良さそう。

ダーリントンホール(A)中3週
休み明けの前走時も乗り込み豊富で、大きな馬だがパドックでも気合い乗り抜群、好馬体をアピールと仕上りは良かった。今回1週前追い切りでは、抑えきれないくらいの気合い乗りで直線の伸び脚もしっかり。上積みに期待がもて、デキ前走以上か。

サウンドカナロア(D)中1週
この中間は間隔が詰まっていて軽めの調整。中1週での叩き2戦目も、前走時の調教内容が特に良かった訳でもなく大敗後の巻き返しは厳しそう。


※このコラムからの推奨馬は、グランアレグリアシュネルマイスターダーリントンホールインディチャンプの4頭をあげておきます。



◇今回は、マイルチャンピオンシップ編でした。
マイルチャンピオンシップで思い出すのが、オグリキャップが勝った1989年。直線に向いて武豊騎手騎乗のバンブーメモリーが抜け出して突き離した時には、誰もが勝利を確信したと思いますが、そこに内から差を詰めてきた南井克己騎手騎乗のオグリキャップとの追い比べは非常に見ごたえがありました(言葉で表現するよりも映像を観てもらった方がその凄さが分かると思いますので、よろしければこちら↓をどうぞ)。



2走前の毎日王冠でも、イナリワンとの大接戦をハナ差制していて勝負根性という言葉はオグリキャップのためにあるようなもの。強い馬が圧勝する競馬は安心して観ることができますが、大接戦の競馬もハラハラドキドキがあってまたそれも競馬の楽しみだと、オグリキャップには教えてもらったような気がします。


マイルチャンピオンシップ出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年9月5日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年09月05日号】特選重賞データ分析編(270)~2021年セントウルS
閲覧 2,125ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 産経賞セントウルステークス 2021年09月12日(日) 中京芝1200m


<ピックアップデータ>

【“同年、かつJRA、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [7-7-5-22](3着内率46.3%)
×なし [1-1-3-70](3着内率6.7%)

 年明け以降の戦績を素直に評価したい一戦。しばらく好走から遠ざかっている馬はもちろん、オープン特別や条件クラスのレースを主戦場としてきた馬も過信禁物と見るべきでしょう。なお“同年、かつJRA、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験がない、かつ“同年の北九州記念”において5着以内となった経験のない馬は2013年以降[0-1-1-66](3着内率2.9%)でした。

主な「○」該当馬→ジャンダルムラウダシオンレシステンシア
主な「×」該当馬→クリノガウディーベストアクターメイショウチタン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件がG1・G2」だった馬は2013年以降[4-2-2-10](3着内率44.4%)
主な該当馬→ラウダシオンレシステンシア

[もっと見る]

2021年7月2日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】函館開幕週はベタにイン狙い/CBC賞展望
閲覧 1,528ビュー コメント 0 ナイス 4



春G1の締め括り、宝塚記念は期待した◎ユニコーンライオンが粘り込んで2着と健闘。期待通りの走りを見せてくれた。

坂井瑠星騎手はこれまで芝重賞を5勝しているが、そのうち4勝が逃げorイン立ち回りの競馬。サトノガーネットノーワンはイン差し、ドレッドノータスはイン立ち回り、ユニコーンライオンで挑んだ前走もラチ沿い逃げ切り、今回も最内枠を生かしての逃げ粘りだった。個人的に贔屓にしている若手騎手なので、これからさらなる飛躍に期待したい。

また、勝ったクロノジェネシス凱旋門賞に向けて期待を持てる内容だった。今年はスノーフォールやラヴを筆頭にライバルも豊富と言われているが、実際どれだけ本番にコマを進めて来るかは未知数。もともとこの路線の日本馬は世界でもトップクラスのレベルで、馬群を苦にせず荒れ馬場もこなすクロノジェネシスは、凱旋門賞でもチャンスがありそうだ。今週末はドバイでクロノジェネシスを破ったミシュリフが、サンダウンのエクリプスSに出走、仏2冠馬のセントマークスバシリカと激突する。今年は凱旋門賞路線にも注目していきたい。

~特に多頭数の芝レースに注目

さて、国内競馬は今週末から函館開催がスタート。いつもとは異なる変則の北海道開催だが、西では小倉開催も始まり、季節はまだ梅雨ながらいよいよ夏のローカル競馬本番という気分だ。

というわけで、今回は函館芝に注目。開幕週なので傾向を完全に読むことはできないが、やはり過去の開幕週を見ると内有利の可能性が高い。実際私自身がつけている馬場の伸びどころチェックでも、内有利を示す【B】になることが多く、基本的に函館開幕週の芝はインが良い。

単純に過去3年、函館開幕週で芝1枠の馬を買い続けると単複回収率ともにプラス、単勝回収率が50%強、複勝回収率が30%強しかない8枠とは大きな差が出ている。

また好走率で見ても1枠は34.5%。一方で8枠は17.3%とほぼダブルスコア、データ的にも内枠有利、極端な外枠不利と見て取れる。

とりわけフルゲートの16頭立てになるとこの傾向は顕著になるので、開幕週は頭数が揃う芝戦で内枠を狙ってみたい。

木曜登録段階で、函館芝で16頭フルゲートになりそうなのは…

土曜函館6R 芝1800m
土曜函館7R 芝1200m
日曜函館4R 芝2000m
日曜函館9R 芝1200m

以上の4レース。この中から、狙いを定めて行きたい。

CBC賞の注目馬

今週末はG1も終わり、夏のローカル重賞がスタート。例年中京で開催される重賞が今年は小倉開催になるので注意が必要だ。芝1200mのCBC賞も今年は小倉芝1200mでの開催となる。

ココでは例によって伏兵馬を推奨したい。

メイショウチタン

前走はラストで差されたが上位2頭はクリノガウディーシヴァージと、相手関係も揃っており、前半やや行きたがるそぶりを見せていたように、今は1400mより1200mの方が良さそうなレースぶりだった。2走前は先行馬に厳しい流れを4着とまずまず粘れており、行きたがる気性からも再度の距離短縮はプラスになりそう。4走前の阪急杯では道中やや行きたがりながらもレシステンシア以下好メンバー相手に6着と善戦しており、今回の相手関係なら十分好勝負可能だろう。

※CBC賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年3月26日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】今は内枠有利が顕著な中京芝千二/高松宮記念展望
閲覧 1,565ビュー コメント 0 ナイス 1



先週の日曜は各場とも雨の影響を大いに受ける中での開催となった。

阪神大賞典は結果として超スタミナ競馬となり、気合が武器の和田騎手が騎乗したディープボンドが抜け出し勝利。アリストテレスはガス欠を起こし伸び切れず、1.3倍の断然人気を裏切る形となり、2~3着には後方待機のユーキャンスマイル、そして伏兵のナムラドノヴァンが突っ込んで来る波乱。

スプリングSもタフな馬場となり、8枠14番のヴィクティファルスが外からの差し切りを決めた。最内枠のランドオブリバティは見せ場なく惨敗。

雨が降ってタフな芝になればスタミナを問われ、通常よりは外が伸びるようになるのは当然といえば当然なのだが…。

~近年の高松宮記念は内枠勢が大活躍

そんなセオリーに反するのが最近の中京芝。先週の日曜は中京も例外ではなく雨の影響を受けたが、結果外が伸びたかといえばそうではなかった。むしろ土曜よりもインがよく粘った印象すらあり、特に短距離はイン有利が顕著。9レースの芝千二では1枠2番のワンダーカタリナが6番人気2着、1枠1番のショウナンバービーが5番人気3着。最終レースの芝千四では11番人気のビオグラフィーがサッと先手を取ると逃げ切り、2着には2枠2番のムーンライトが5番人気で2着。3着に4番枠、4着に3番枠の馬が入線した。

考えてみれば高松宮記念も最近は内枠有利傾向。過去5年はいずれも18頭立てだったが、1~3着馬の馬番は以下の通り。

2016年 4番→6番→8番
2017年 6番→3番→7番
2018年 9番→8番→7番
2019年 3番→4番→7番
2020年 16番→8番→3番

ご覧の通り2ケタ馬番で馬券に絡んだのはたった一頭だけ、それもラチ沿いを逃げたモズスーパーフレアだ。もちろん昨年は11番枠のクリノガウディーが好位から抜け出して勝利してはいるが、それでもトータルで考えれば内枠~中枠が有利で、外枠不利というのが顕著な傾向として出ている。

中京芝千二全体のデータを見ても、やはり内枠が有利で、2020年から先週終了時点までを見ても、1~2枠の馬をベタ買いするだけで複勝はプラス収支になる。その他は、5枠が71%で幾分マシだが、あとはすべて50%以下という散々な成績だ。

もちろん所詮データに過ぎないし、私はこういった数字を扱うときはむしろ最近の流れに注意しているが、いずれにしても控え目に言って外がやや不利というのは間違いない。今週は週明け段階の予報ではあるが、再び日曜の天気が怪しい模様。雨での馬場悪化時もこの傾向は特に変わらないので、予想する際はいつも以上に枠順を考慮したい。

高松宮記念展望

というわけで、今週末からスタートする春G1戦線。昨年の高松宮記念は◎クリノガウディーで天国から地獄…を味わったので、今年は1年前の忘れ物を取りに行きたい。

というわけで、穴馬を2頭挙げてみたい。

ミッキーブリランテ

別に昨年の悔しさを晴らしてくれ! というような期待を和田騎手に背負わせているわけではなく、単純に近走の内容を評価してのこと。前走は千四への距離短縮だったが掛かるくらいのスピードを見せ、最後は馬群を割って伸びて来た。とにかくパワーがあるので急坂コースも荒れ馬場も問題ないし、多頭数の混戦になれば根性で馬群を割れる和田騎手は頼もしい存在だ。ゴール前冷静さを失わずに、今度こその気持ち(って結局ちょっと去年のリベンジ期待してるじゃん。笑)。

インディチャンプ

こちらは穴ってこともないだろうが、ピッチ走法でとにかくタフな馬場は上手いと思うので雨が降れば追い風。千二は初になるが千四でも掛かるスピードがあるので短縮は問題ないだろう。馬群を割って一瞬で脚を使えるので、とにかく枠順が重要になる。かつては内枠ばかり引く超ラッキーホースだったが、ココ2走は12番、10番と枠順に恵まれていない。なんとか8番より内寄りの枠を引いて、馬群で溜める形でチャンスをうかがいたい(※枠順確定前執筆)。

高松宮記念の本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年10月2日(金) 10:00 覆面ドクター・英
スプリンターズS・2020
閲覧 1,320ビュー コメント 0 ナイス 9

今年も秋のG1シーズンがやってきました。13週のうち11週がG1という、まさにほぼ毎週G1の楽しい時期でもあります(最終週は有馬記念とホープフルSのG1 2つの週です)。やはり金額的にも大きく投じることの多いG1で好成績をおさめて、病院も、看護学校、普段の生活も何かと大変だったこの2020年、頑張ったぶん馬券的には良かったと言えるようにしていきたいと思っています。そして、このコラムでは分析や下調べにも励み、読んでいただいている皆さんに貢献をと考えています。それでは恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 グランアレグリア安田記念で単勝1.3倍のアーモンドアイに2馬身半差をつける圧勝をしてしまったぶん、このメンバーならものすごい人気になりそう。後方から鋭く差してきた高松宮記念では、ここでもぶつかることになったモズスーパーフレアの2着好走を果たし、1200mの流れにも慣れが見込める(本質的には1400mがベストだと思うが)。ただ、ものすごく高い能力がある一方で、もまれたり寄られたりして、これまで負けがある馬。高松宮記念で、斜行により1着から4着降着となったクリノガウディーの隣を走らないよう、要注意か(笑)

2番人気想定 モズスーパーフレア高松宮記念は繰り上がってではあるが1着となりG1制覇。前走北九州記念をやや太目で逃げ粘って(2着)のひと叩きを経て、狙いすましたローテでこのレースを迎える。今回の中間は、音無厩舎らしく、栗東坂路で50秒台の時計が1週前に出ている。ハナを叩かれそうなライバルも居らず、割と楽に逃げられそうで最短距離をぴったり回れる公算も。スプリントG1春秋制覇は十分ある。

3番人気想定 ダノンスマッシュ:G2までは強く安定した成績なのだが、なぜかG1となると、毎度人気でイマイチと、ちょっと足りないまま5歳秋を迎えてしまった。ひと叩きの前走セントウルSが強い内容で、本番で川田騎手に戻り、余分に人気となりそう。強そうに見えたが前走で倒した2着はメイショウグロッケでもあり、相手関係が楽でもあった。

4番人気想定 ダイアトニック:3月の阪急杯は降着となり、逆に高松宮記念では不利を受け繰り上がり3着。函館SSで1着となり1番人気で迎えた前走キーンランドCは札幌の悪天候での特殊馬場だったとはいえ15着と惨敗。安田隆厩舎にしては調教時計が出ておらず、3月の好調時ほどのデキに無いのでは。

5番人気想定 ミスターメロディ:芝、ダート兼用馬で、昨年の高松宮記念馬だが以降は低迷が続いていた。前走のセントウルSでは久々に3着と好走した。ただ直線の伸びはジリジリで、重馬場にでもならないと瞬発力不足は補えないかも。

6番人気想定 レッドアンシェル北九州記念ではブリンカー効果があったようで、モズスーパーフレアを差し切ってみせた。あとは鞍上。何年か前ならテン乗りのM.デムーロ騎手はG1で期待できたが、近年そうでもなくなってきていて……。

7番人気想定 ライトオンキュー:シャマーダル×レイヴンズパスという配合のダーレーの馬で、じわじわと力をつけてきた。昨年11月の京阪杯勝ちの後は長く休んだが、夏の札幌でオープン特別で楽勝、G3キーンランドC2着と好走してここへ。頭は無いがヒモはあって良いレベルに力をつけてきていて、穴として狙いたい馬。

8番人気想定 クリノガウディー:2歳時には、ここで断然人気のグランアレグリアアドマイヤマーズに寄られて3着に負けた朝日杯FSで2着と同馬に対して先着。今年3月の高松宮記念でも、15番人気ながら激走(斜行して降着)をみせたが。ここではあまり期待できず。

9番人気想定 エイティーンガール:重賞初制覇となった前走キーンランドCは、特殊馬場を外から追い込んできてのもので坂井騎手の好騎乗の要素が大きい。連続激走は難しいのでは。

10番人気以下想定
アウィルアウェイ:鋭い末脚をもつ短距離の追い込み馬だが、G3くらいまでなら良いが、ここでは荷が重い。

ビアンフェ:前走は逃げない競馬でも折り合えたとのことだが、3歳馬でまだこれからの存在では。

メイショウグロッケ:牝馬重賞を使っていたが、前走1200mを使ってみたところ距離短縮で鋭い末脚をみせた。ただG1でどうこういう存在ではないのでは。

ダイメイフジ:今年はG3の函館SS2着止まりと力が落ちてきている感あり。

ダイメイプリンセス:新潟直千の得意な快速牝馬も、7歳秋を迎え以前ほどのスピードは無い。新潟直千でもオープン特別3着止まりでは……。

ラブカンプー:7月のCBC賞は久々の逃げ切り勝利だったが、それ以降2桁着順続きで、体力的にももうお釣りが無いのでは。

キングハート:2年半前のG3オーシャンS勝ち以降は、オープン特別すら勝てず低迷続きで、期待できず。



<まとめ>
有力:モズスーパーフレアグランアレグリア

ヒモに:ダノンスマッシュレッドアンシェル

穴で:ライトオンキュー

[もっと見る]

2020年9月27日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年09月27日号】特選重賞データ分析編(221)~2020年スプリンターズステークス~
閲覧 2,320ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 スプリンターズステークス 2020年10月04日(日) 中山芝1200m外


<ピックアップデータ>

【前走の着順ならびに前走の1位入線馬とのタイム差別成績(2015年以降)】
○着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.4秒以内 [5-3-5-33](3着内率28.3%)
×着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.5秒以上 [0-2-0-31](3着内率6.1%)

 近年は前走好走馬が優勢。大敗直後の馬は評価を下げるべきでしょう。ちなみに、前走の着順が2着以下、かつ前走の1位入線馬とのタイム差が0.5秒以上だったにもかかわらず3着以内となった2頭は、いずれも前走のコースが東京芝1600mでした。

主な「○」該当馬→ダノンスマッシュミスターメロディモズスーパーフレアレッドアンシェル
主な「×」該当馬→クリノガウディーダイアトニック


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年、かつ中央場所、かつオープンクラスのレース”において2着以内となった経験がある」馬は2015年以降[5-5-4-26](3着内率35.0%)
主な該当馬→ダイアトニックダノンスマッシュ

[もっと見る]

⇒もっと見る

クリノガウディーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 117ビュー コメント 0 ナイス 4

1枠 1番8番人気ホウオウアマゾン 2番14番人気クリノガウディー  最内の逃げ残りのホウオウアマゾンがあるかも。 3着ならあるか。

 ナリタブライアン 2021年11月20日() 19:32
2021年秋G1馬当て 第6戦マイルチャンピオンシップ
閲覧 416ビュー コメント 9 ナイス 42

エリザベスは、アカイは、アカイでもアカイイトには驚きました( ̄▽ ̄;)
大波乱の結果になりました。

今週は、マイル戦、去年の覇者、グランアレグリアが2連覇なるか?
自分は、グランアレグリア本命で行こうと思います。
明日も楽しみですねd(⌒ー⌒)!

<マイルチャンピオンシップ>
1枠1番 ホウオウアマゾン(牡3、栗東・矢作) 坂井
1枠2番 クリノガウディー(牡5、栗東・藤沢則) 岩田望

2枠3番 シュネルマイスター(牡3、美浦・手塚) 横山武
2枠4番 サリオス(牡4、美浦・堀) 松山

3枠5番 サウンドキアラ(牝6、栗東・安達) 武豊
3枠6番 ケイデンスコール(牡5、栗東・安田隆) 岩田康

4枠7番 インディチャンプ(牡6、栗東・音無) 福永
4枠8番 ダーリントンホール(牡4、美浦・木村) 和田竜

5枠9番 グレナディアガーズ(牡3、栗東・中内田) 池添
5枠10番 ロータスランド(牝4、栗東・辻野) 田辺

6枠11番 カテドラル(牡5、栗東・池添学) 戸崎
6枠12番 グランアレグリア(牝5、美浦・藤沢和) C.ルメール

7枠13番 ダノンザキッド(牡3、栗東・安田隆) 川田
7枠14番 リプレーザ(牡3、栗東・大根田) 幸

8枠15番 サウンドカナロア(牡5、栗東・村山) 藤岡康
8枠16番 レインボーフラッグ(牡8、栗東・小崎) 小崎

[もっと見る]

 マキト 2021年11月19日(金) 10:08
マイルチャンピオンシップ枠順
閲覧 407ビュー コメント 1 ナイス 9


1枠1番 ホウオウアマゾン(牡3、栗東・矢作) 坂井
1枠2番 クリノガウディー(牡5、栗東・藤沢則) 岩田望

2枠3番 シュネルマイスター(牡3、美浦・手塚) 横山武
2枠4番 サリオス(牡4、美浦・堀) 松山

3枠5番 サウンドキアラ(牝6、栗東・安達) 武豊
3枠6番 ケイデンスコール(牡5、栗東・安田隆) 岩田康

4枠7番 インディチャンプ(牡6、栗東・音無) 福永
4枠8番 ダーリントンホール(牡4、美浦・木村) 和田竜

5枠9番 グレナディアガーズ(牡3、栗東・中内田) 池添
5枠10番 ロータスランド(牝4、栗東・辻野) 田辺

6枠11番 カテドラル(牡5、栗東・池添学) 戸崎
6枠12番 グランアレグリア(牝5、美浦・藤沢和) C.ルメール

7枠13番 ダノンザキッド(牡3、栗東・安田隆) 川田
7枠14番 リプレーザ(牡3、栗東・大根田) 幸

8枠15番 サウンドカナロア(牡5、栗東・村山) 藤岡康
8枠16番 レインボーフラッグ(牡8、栗東・小崎) 小崎

[もっと見る]

⇒もっと見る

クリノガウディーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
11:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年10月2日(金) 17:07:58
キム、1発の可能性はゼロではない、堅い決着でしょう
なみへ、消し
10:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年9月7日(月) 19:15:31
関係、見直し、前走度外視、12が適正、騎手
9:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月16日() 01:14:20
郎、時計かかる馬場○、左回り○

⇒もっと見る

クリノガウディーの写真

クリノガウディーの厩舎情報 VIP

2021年11月21日マイルチャンピオンS G114着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

クリノガウディーの取材メモ VIP

2021年11月21日 マイルチャンピオンS G1 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。