ベストアクター(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ベストアクター
写真一覧
現役 セ6 芦毛 2014年2月28日生
調教師鹿戸雄一(美浦)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績12戦[6-1-1-4]
総賞金11,373万円
収得賞金4,500万円
英字表記Best Actor
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ベストロケーション
血統 ][ 産駒 ]
クロフネ
ダイナアクトレス
兄弟 グレンフィナンランドスケープ
前走 2020/03/01 阪急杯 G3
次走予定

ベストアクターの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/03/01 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 1871422.361** セ6 56.0 浜中俊鹿戸雄一448(-6)1.20.3 -0.034.0⑩⑩フィアーノロマーノ
20/02/15 東京 10 雲雀S 3勝クラス 芝1400 16234.111** セ6 55.0 武豊鹿戸雄一454(+4)1.20.8 -0.033.4⑮⑭チカノワール
19/10/26 東京 9 神奈川新聞杯 2勝クラス 芝1400 11662.811** セ5 57.0 C.ルメー鹿戸雄一450(-2)1.20.6 -0.233.4カルリーノ
19/10/14 東京 10 国立特別 2勝クラス 芝1400 16248.755** セ5 57.0 柴田善臣鹿戸雄一452(+8)1.21.8 0.434.5アンリミット
19/06/29 中京 10 知多特別 2勝クラス 芝1400 18489.433** セ5 57.0 柴田善臣鹿戸雄一444(0)1.20.5 0.234.2⑫⑩ミッキーブリランテ
19/06/01 東京 10 由比ヶ浜特別 2勝クラス 芝1400 15588.252** セ5 54.0 柴田善臣鹿戸雄一444(0)1.20.3 0.033.3④④レノーア
19/05/04 新潟 12 五泉特別 500万下 芝1400 164812.561** セ5 57.0 柴田善臣鹿戸雄一444(-10)1.21.7 -0.134.8⑧⑧ロジムーン
18/06/23 東京 12 3歳以上500万下 芝1400 1661213.179** 牡4 57.0 田中勝春鹿戸雄一454(-6)1.25.4 1.036.1⑩⑨ウィンドライジズ
17/08/27 新潟 9 五頭連峰特別 1000万下 芝1600 175106.5410** 牡3 54.0 蛯名正義鹿戸雄一460(+10)1.35.4 0.933.1④④メイショウオワラ
17/07/30 新潟 9 新発田城特別 500万下 芝1400 188185.631** 牡3 54.0 田中勝春鹿戸雄一450(-4)1.20.4 -0.033.9⑪⑪コスモヨハネ
17/05/21 東京 6 3歳500万下 芝1600 17593.626** 牡3 56.0 蛯名正義鹿戸雄一454(+2)1.34.0 0.634.2⑥⑤ソーグリッタリング
17/04/29 東京 5 3歳未勝利 芝1400 18369.931** 牡3 56.0 蛯名正義鹿戸雄一452(--)1.21.9 -0.334.3⑨⑨タックボーイ

ベストアクターの関連ニュース

 ★阪急杯を快勝したベストアクター(美・鹿戸、セン6)は、京王杯SC(5月16日、東京、GII、芝1400メートル)を視野。4着スマートオーディン(栗・池江、牡7)は、放牧を挟んで同レースへ。7着クリノガウディー(栗・藤沢則、牡4)は、高松宮記念(29日、中京、GI、芝1200メートル)に登録する。

 ★フェブラリーS9着アルクトス(美・栗田徹、牡5)は、田辺騎手でかしわ記念(5月5日、船橋、交流GI、ダ1600メートル)へ。

 ★中山記念2着ラッキーライラック(栗・松永幹、牝5)は引き続きM・デムーロ騎手で大阪杯(4月5日、阪神、GI、芝2000メートル)へ、4着インディチャンプ(栗・音無、牡5)はチャンピオンズマイル(4月26日、シャティン、GI、芝1600メートル)に向かう。5着ペルシアンナイト(栗・池江、牡6)は、ドバイターフ(28日、メイダン、GI、芝1800メートル)へ。同レースに参戦するアドマイヤマーズ(栗・友道、牡4)の鞍上は、前走の香港マイルに続いてスミヨン騎手に決まった。

 ★仁川S2着クリンチャー(栗・宮本、牡6)はマーチS(29日、中山、GIII、ダ1800メートル)へ。

 ★日経新春杯を勝ったモズベッロ(栗・森田、牡4)は、日経賞(28日、中山、GII、芝2500メートル)に向けて来週中に帰厩する。同レースに出走するエタリオウ(栗・友道、牡5)は岩田康騎手と新コンビを組む。AJCC8着スティッフェリオ(栗・音無、牡6)は、田辺騎手とのコンビ再結成で参戦。サンシャインSを勝ったサンアップルトン(美・中野、牡4)も同レースへの参戦が有力。

 ★ダイヤモンドS2着メイショウテンゲン(栗・池添兼、牡4)は、阪神大賞典(22日、阪神、GII、芝3000メートル)へ。同レースで始動するムイトオブリガード(栗・角田、牡6)は藤岡佑騎手で臨む。

 ★ブラッドストーンSを勝ったノーフィアー(美・佐藤吉、牡6)は、千葉S(21日、中山、OP、ダ1200メートル)が有力。

 ★バレンタインS4着ドリュウ(美・土田、牡5)は、ポラリスS(14日、阪神、OP、ダ1400メートル)へ。僚馬のトウショウピスト(牡8)は春雷S(4月12日、中山、L、芝1200メートル)を予定。

ベストアクターの競走成績はこちら

【阪急杯】浜中復帰!ベストアクター重賞初Vエスコート 2020年3月2日(月) 05:07

 阪急杯は1日、阪神競馬場でフルゲート18頭によって争われ、6番人気のベストアクターが差し切って重賞初挑戦Vを飾った。浜中騎手は、昨年の京阪杯での落馬負傷から前日の2月29日にレース復帰したばかりで重賞制覇。6Rでの復帰V、8Rに続き、1日3勝の活躍で完全復活をアピールした。1番人気で2位入線のダイアトニックは斜行により3着へ降着、3位入線した2番人気のフィアーノロマーノが2着となった。

 静かなスタンドに蹄音を響かせ、ベストアクターが突き抜けた。JRA史上初の“無観客重賞”で重賞初挑戦V。浜中騎手が笑みを浮かべた。

 「直線は“進路を見つけられれば”と思っていた。反応も良かったので、何とか差し切ってくれと思いました」

 中団を追走。直線では馬群に包まれたが、残り1ハロン地点で前があくと鋭く伸び、3連勝のゴールへ飛び込んだ。

 昨年11月24日の京阪杯で落馬負傷した鞍上は復帰2日目での重賞V。鎖骨、胸椎、両肩甲骨、左右肋骨、左手甲と計12本の骨折で、入院後1週間は体を動かせなかった。「痛くて寝られない」と苦しんだが、競馬番組を見ることはやめなかった。

 「落馬が怖い思いはある。でも、乗る楽しみのほうが大きい。早く戻ってあの中に入りたい」

 12月23日に退院。筋力回復のリハビリ、調教騎乗再開を経て、ターフへ戻ってきた。この日の阪神6Rで復帰後初Vを飾ると「勝てば苦労も飛びます。勝つのが一番の薬です」。8Rで2勝目を挙げ、メインも制覇。“良薬”が効いて、ターフの主役へ返り咲いた。

 復活したダービージョッキーに導かれたベストアクターにとって、3月1日は祖母の重賞5勝馬ダイナアクトレスの命日。鹿戸調教師は「運命かな。そういう日に勝ててよかった」と目を細めた。

 今後は京王杯SC(5月16日、東京、GII、芝1400メートル)から安田記念(6月7日、東京、GI、芝1600メートル)へ。短距離界の主役を目指し、連勝街道を突き進む。 (渡部陽之助)

ベストアクター 父ディープインパクト、母ベストロケーション、母の父クロフネ。芦毛のセン6歳。美浦・鹿戸雄一厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は(有)社台レースホース。戦績12戦6勝。獲得賞金1億1373万8000円。重賞は初勝利。阪急杯鹿戸雄一調教師が初勝利、浜中俊騎手は2012年マジンプロスパー、14年コパノリチャードに次いで3勝目。馬名は「最高の男優。ターフで主役になれることを願って」。



★1日阪神11R「阪急杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【阪急杯】フィアーノロマーノは2着に繰り上がり 川田「しっかりと脚を使っています」 2020年3月1日() 18:50

 3月1日の阪神11Rで行われた第64回阪急杯(GIII、4歳以上オープン、芝1400メートル、別定、18頭立て、1着賞金=4100万円)は、浜中俊騎手騎乗の6番人気ベストアクター(セン6歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)が重賞初挑戦で初V。タイムは1分20秒3(良)。



 南半球産馬のフィアーノロマーノは、発馬後やや押して出していくと、中団やや前のインを確保。直線で内から抜け出しを図るもダイアトニックに進路を妨害され、長い審議の末に3位入選から繰り上がりの2着となった。



 川田将雅騎手「4コーナーまでいいリズムで走れていましたし、ああいうこと(進路妨害)があった後も、この馬としてはしっかりと脚を使っています」



★【阪急杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【阪急杯】1番人気のダイアトニックが進路妨害で3着に降着 北村友「迷惑をかけて申し訳ありません」 2020年3月1日() 18:49

 3月1日の阪神11Rで行われた第64回阪急杯(GIII、4歳以上オープン、芝1400メートル、別定、18頭立て、1着賞金=4100万円)は、浜中俊騎手騎乗の6番人気ベストアクター(セン6歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)が重賞初挑戦で初V。タイムは1分20秒3(良)。



 1番人気に支持されたダイアトニックは、まずまずのスタートも行き脚の速さで好位4番手を追走。直線内を突く形でフィアーノロマーノの進路を妨害したため2位入線から3着に降着となった。



 北村友一騎手「迷惑をかけて申し訳ありません。次が1200メートル(高松宮記念)ということで、ゲートを出れば前で運ぼうと思っていました。馬は頑張ってくれています」



★【阪急杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【阪急杯】スマートオーディン上がり最速で4着 秋山「この競馬がいいきっかけになれば」 2020年3月1日() 18:48

 3月1日の阪神11Rで行われた第64回阪急杯(GIII、4歳以上オープン、芝1400メートル、別定、18頭立て、1着賞金=4100万円)は、浜中俊騎手騎乗の6番人気ベストアクター(セン6歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)が重賞初挑戦で初V。タイムは1分20秒3(良)。



 昨年の覇者スマートオーディンは、大外枠スタートから焦らせずじっくりと後方を追走。直線ではメンバー上がり最速33秒8の末脚を発揮し4着まで追い上げた。



 秋山真一郎騎手「最後までよく伸びました。この競馬がいいきっかけになれば」



★【阪急杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【阪急杯】戦列復帰の浜中がベストアクターを重賞初挑戦初V導く! 2020年3月1日() 15:55

 3月1日の阪神11Rで行われた第64回阪急杯(GIII、4歳以上オープン、芝1400メートル、別定、18頭立て、1着賞金=4100万円)は、浜中俊騎手騎乗の6番人気ベストアクター(セン6歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)が中団から馬場の中央を一気に伸びて快勝、6歳にして重賞初挑戦で初Vを果たした。タイムは1分20秒3(良)。

 クビ差の2位にはダイアトニック(1番人気)が入線したが、直線でフィアーノロマーノ(2番人気)の進路を妨害したため降着となり、2着フィアーノロマーノ、3着ダイアトニックとなった。

 阪急杯を勝ったベストアクターは、父ディープインパクト、母ベストロケーション、母の父クロフネという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は(有)社台レースホース。通算成績は12戦6勝。

 ◆浜中俊騎手(1着 ベストアクター)「スタートが良くて理想的なポジションにつけられたので、直線は進路が見つけられればと思っていた。反応も良かったので、何とか差し切ってくれと思いました」

 ◆鹿戸雄一調教師(同)「初めてのオープン挑戦でいいメンバーだったし、不安はあったけど体調の良さでカバーできた。去勢してから体調が維持できるようになってきましたね。距離は1600メートルまでは大丈夫だと思っています」



★【阪急杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベストアクターの関連コラム

閲覧 821ビュー コメント 0 ナイス 1

先週末は東西でG1に繋がるG2が行われた。

東の中山記念ダノンキングリーが好位から抜け出し完勝。横山典騎手らしいインを自在に立ち回る隙のない競馬だった。3歳クラシックでは皐月賞3着、ダービー2着とあと一歩のところで涙を飲んだが、古馬初戦で順調なスタートを切り、このまま行けば大阪杯で改めて初のG1制覇に挑むことになりそうだ。

一方、西の阪急杯は連勝中の伏兵・ベストアクターが勝利。近走の勢いそのままに外からの差し切りを決めた。2位入線は人気のダイアトニック、さらにフィアーノロマーノと続いたが、直線抜け出すときの接触が審議になり降着処分となった。結果、2着フィアーノロマーノ、3着ダイアトニックの順番で決着。勝ったベストアクターは3連勝での重賞制覇となった。既に6歳になる同馬だがキャリアはまだ12戦と若い。順調に行くかどうかもポイントになるが、能力的にはまだ上積みも見込めそうだ。

余談ながら、地上波の中継ではゴール直後に川田騎手が北村友一騎手に怒りをぶつける音声が拾われていた。騎手同士のこういったやり取りが聞こえてくるのも現在の無観客競馬ならではであろう。もちろん、騎手は命がけ。危険なプレーに関して熱くなり、時に怒りをぶつけるのは当然だし、対する北村友騎手もあそこで突っ込むのは重賞で人気馬に騎乗する立場としてこれもまた当然の決断だったように思う。着順の入れ替わりが起きたのは正直なところ意外というか、過去との整合性という点を考えるとどうかとも思うが、なかなか興味深いシーンだった。


~ケガから復帰の浜中騎手の”馬場読み力”

さて、ベストアクターの重賞制覇でもうひとつ印象に残ったのは、鞍上・浜中騎手の手綱捌きだろう。昨年の11月以来約3カ月半ぶりのターフ復帰となったが、道中も直線のコース取りも外枠のロスを最大限に防いでおり、その余力がゴール前の伸びに繋がった印象だ。

浜中騎手の長所は馬場読み力の高さ。昨年のダービーではロジャーバローズで最内枠をロスなく立ち回って勝利しているが、その伏線は前日、同じ2400mの未勝利戦にあった。その時の騎乗馬ラクローチェでもやはり浜中騎手はロスなく好位から立ち回り勝利。ダービーの週末におけるイン有利を確認していた。

先週も阪急杯の3つ前のレースをナルハヤで逃げ切り勝ち。サッと先手を取り最内枠をロスなく立ち回っていた。開幕週らしくインが良い馬場状態を確認していたからこそ、ベストアクターでも極力ロスのない競馬を心掛けたのだろう。”馬場読みの浜中”は、故障明けでも健在を示した一戦だった。


~豪華メンバーが揃ったチューリップ

最後に週末の重賞展望を。今週末は東西で3つの重賞が行われる。

弥生賞は、今年から弥生賞ディープインパクト記念と称しての開催となる。ディープインパクトが当レースを制したのは今から15年前になるが、当時と比べると最近はメンバーが手薄になることが増えた。かつてほどクラシックへ直結…という雰囲気ではなく、今年もやや手薄なメンバー構成だろうか。その中で注目はオーソリティオルフェーヴル産駒としては非常に操縦性が高く安定感のあるトライアル型。上手く立ち回れば今年の相手ならば好勝負になりそうだ。

一方、豪華メンバーが揃ったのは西のチューリップ賞。阪神JFの1~4着馬が挙って出走してきた。注目は当然レシステンシアだろうが、前走とは異なりマークされる側になるだけにスンナリとした競馬ができるかどうかがカギになりそうだ。

個人的な期待馬はウーマンズハート。デビュー戦の内容がとにかく濃く、能力的にはまだまだ上を目指せる器。前走の阪神JFは積極的に前を追い掛ける競馬をしたことがアダになった印象もあり、自分のリズムで運ぶ形ならばまだレシステンシアとの勝負付けは済んでいないとみている。


※東西重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

ベストアクターの口コミ


口コミ一覧
閲覧 83ビュー コメント 0 ナイス 5

3/22中山12Rで1番人気の北村コウジくん落馬したがケガ無かったんでしょうか。
ななこさん3/20から復帰しましたがどうも調子が良くありませんね。
それに比べて2/29に大怪我から復帰の浜中さんは翌日の阪急杯でベストアクターでいきなり勝利3/1は3勝もして絶好調の滑り出しでした。
どうすれば立ち直れるのか浜中さんナナコさんにアドバイスお願いします。
馬主の重圧とかあって女の子はメンタルが弱いのかな?

 最終の鬼の刃 2020年3月2日(月) 13:39
次に繋げる為に思った事を残して行く
閲覧 92ビュー コメント 2 ナイス 9

北村机は今年は絶不調、騎乗停止もあるがそれよりとにかく人気でいらない。
マーフィー神からの乗り代わりは消しかな?マーフィーで勝たした馬が階級上がって人気で飛んでる!ルメールだとどうなるか?

ベストアクターは唯一のディープ産駒 
中山、阪神どちらも上がりの脚が必要
ダート短距離はフォーティーナイナー。

[もっと見る]

 グラニースミス 2020年3月2日(月) 10:29
~若者たち~ 先週の競馬 
閲覧 202ビュー コメント 8 ナイス 81

~若者たち~ 坂本九
君の行く道は 果てしなく遠い
だのになぜ  歯を食いしばり 
君は行くのか そんなにしてまで


土曜の競馬は いつになく好調でプラスで終了
日曜の午前中まで好調は続いた
おかしくなったのは、
中山8R 4歳以上2勝クラス 
本命ラージヒル1着 
対抗 ロードリバーサル10着(まじかミルコ!!) ここから10R連敗で大幅マイナスになりました。

阪急杯は、クリノガウディーとベストアクターは、直前まで悩んで クリノガウディーにしてドボン
本命フィアーノロマーノが、繰り上がりで2着だったので悔やまれます

中山記念は、まさかのソウルスターリングに阻まれ、インディチャンプ4着
今年だけ4歳馬の斤量が56kgだったことをネガティブ捉えて、玉砕しました。

複勝1点勝負から券種を変更したことの一応の成果はでましたが、
まだまだ1頭凝視観戦の習慣が染み付いており、的中しても遅れた感動に戸惑っています。

しかし、改めて競馬が好きんなですねぇ
なぜこんなに予想しているんでしょうか?(笑)
中止にならないことを祈ります。

「若者たち」は、2014年に森山直太朗さんがカバーしたが、過去に色々な方が歌っている。
そういえば 新型コロナウィルス問題であちこちの知事が、TVに出でいるが
台風以来このお方の姿を観ていたないなぁ~


では

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベストアクターの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ベストアクターの写真

ベストアクター

ベストアクターの厩舎情報 VIP

2020年3月1日阪急杯 G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ベストアクターの取材メモ VIP

2020年3月1日 阪急杯 G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。