サトノアーサー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サトノアーサー
サトノアーサー
サトノアーサー
サトノアーサー
サトノアーサー
写真一覧
現役 牡6 青鹿毛 2014年3月1日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主株式会社 サトミホースカンパニー
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績15戦[4-4-2-5]
総賞金15,557万円
収得賞金3,850万円
英字表記Satono Arthur
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
キングスローズ
血統 ][ 産駒 ]
Redoute's Choice
Nureyev's Girl
兄弟 スワーヴシャルルダノンレガーロ
前走 2020/02/09 東京新聞杯 G3
次走予定

サトノアーサーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/02/09 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 16357.734** 牡6 56.0 田辺裕信池江泰寿494(+10)1.33.2 0.234.0④④プリモシーン
19/11/23 東京 11 キャピタルS (L) 芝1600 175103.426** 牡5 56.0 C.ルメー池江泰寿484(+2)1.36.4 0.635.9⑨⑥ドーヴァー
19/09/29 阪神 11 ポートアイS (L) 芝1600 156103.522** 牡5 57.0 松山弘平池江泰寿482(-2)1.32.7 0.034.4⑩⑨ロードマイウェイ
18/10/07 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 13444.726** 牡4 56.0 戸崎圭太池江泰寿484(+4)1.45.1 0.633.6⑨⑨⑧アエロリット
18/06/10 東京 11 エプソムC G3 芝1800 168165.621** 牡4 56.0 戸崎圭太池江泰寿480(0)1.47.4 -0.135.2⑥⑥ハクサンルドルフ
18/05/19 東京 11 メイS OP 芝1800 15593.123** 牡4 57.0 H.ボウマ池江泰寿480(-10)1.45.8 0.234.1⑫⑫⑩ダイワキャグニー
18/02/10 京都 11 洛陽S OP 芝1600 12333.211** 牡4 56.0 R.ムーア池江泰寿490(+4)1.36.2 -0.036.6⑦⑦グァンチャーレ
17/12/09 阪神 11 リゲルS OP 芝1600 13682.812** 牡3 55.0 川田将雅池江泰寿486(+4)1.33.4 0.233.7⑨⑧レッドアンシェル
17/10/22 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 184814.0511** 牡3 57.0 川田将雅池江泰寿482(+2)3.20.9 2.041.4⑮⑮⑬⑦キセキ
17/09/24 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 14226.933** 牡3 56.0 川田将雅池江泰寿480(+14)2.25.1 0.534.4④⑤⑤⑤レイデオロ
17/05/28 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 18368.0510** 牡3 57.0 川田将雅池江泰寿466(-6)2.27.6 0.733.4⑩⑩⑬⑯レイデオロ
17/03/25 阪神 11 毎日杯 G3 芝1800 8111.212** 牡3 56.0 川田将雅池江泰寿472(-2)1.46.6 0.133.3⑧⑦アルアイン
17/02/05 京都 11 きさらぎ賞 G3 芝1800 8111.412** 牡3 56.0 川田将雅池江泰寿474(+6)1.50.4 0.336.0⑤⑥アメリカズカップ
16/12/04 阪神 9 シクラメン賞 500万下 芝1800 9551.611** 牡2 55.0 川田将雅池江泰寿468(+4)1.50.8 -0.632.7⑥⑤シゲルボブキャット
16/10/01 阪神 5 2歳新馬 芝2000 11791.111** 牡2 55.0 川田将雅池江泰寿464(--)2.04.8 -0.035.3⑦⑦⑦⑥スズカフロンティア

サトノアーサーの関連ニュース

 ◆藤沢則調教師(クリノガウディー3着) 「最後は内を突いて、一瞬“勝ったか”と思うぐらいのいい内容。きょうの感じなら右回りでも左回りでも関係ないですね」

 ◆田辺騎手(サトノアーサー4着)「いい形でレースは運べたが、少し馬場が渋ってくれた方がよかった」

 ◆フォーリー騎手(クルーガー5着)「馬場が硬かったので、もう少し軟らかい馬場がいい」

 ◆福永騎手(ヴァンドギャルド6着)「両サイドが牝馬でゲートに入ったときからそわそわしていた。スタートを決められず、内枠を生かせなかった」

 ◆大野騎手(スウィングビート7着)「初芝でしたが、ワンターンのマイルはいいですね」

 ◆丸山騎手(レイエンダ8着)「やりたい競馬はできたが、残り100メートルでピタッと止まった」

 ◆吉田豊騎手(ロワアブソリュー10着)「直線で前がバラけなかったのがもったいなかった」

 ◆津村騎手(ケイアイノーテック11着)「先入観を持ちすぎて後ろからの競馬になり、うまく乗れませんでした」

 ◆石橋騎手(ケイデンスコール12着)「無理せずにいい位置につけられたが、追い出しての反応がまだ戻っていなかった」

 ◆北村宏騎手(ドーヴァー13着)「ペースが遅く、縦長の展開になって難しかった」

 ◆内田騎手(ゴールドサーベラス14着)「休み明けだったし、使って良くなりそう」

 ◆ミナリク騎手(キャンベルジュニア15着)「硬い馬場を気にし、あまり伸びなかった」

 ◆江田照騎手(モルフェオルフェ16着)「道中から外にモタれていた。右回りの方がいいかも」



★9日東京11R「東京新聞杯」の着順&払戻金はこちら

【馬場の有利不利、教えます!】東京新聞杯2020 路盤と芝の状態は上々!内枠または中より内めで運びそうな馬を優先! 2020年2月9日() 10:00

1回東京開催ならびに土曜日の東京芝のレース結果、近年の東京新聞杯の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。


この中間はパラつく程度の雨が1度降っただけ(降水量はゼロ)。おおむね天気に恵まれたこともあって、土曜日の芝コースは終日良馬場(JRA発表)でレースが行われた。メインの節分S(芝1600m・4歳以上3勝クラス)の勝ち時計は1分33秒5。上位5頭の上がり3ハロンタイムは33秒4~34秒1の好水準。路盤、芝ともに上々のコンディションであることは間違いない。

土曜日の結果をみると、枠順における内外の大きな偏りがない一方で、内めを通った先行勢の粘り腰や、内~中めに進路をとった差し馬の伸び脚が目を引いた。その反面、道中外、直線も外という差し・追い込み馬は、届きそうで届かないケースが目立つ。よって、内~中をうまく立ち回った馬に有利な馬場状態という捉え方がベターと思われる。

日曜日の12~18時の降水確率はゼロで雨の心配は無用。従って、土曜日の傾向を踏襲する可能性は高い。加えて、今開催は幅員が狭いDコースを使用。よほどの能力差や適性差、風の影響でもない限りは、中より内めで運びそうな馬、あるいは内めの枠(1~3枠あたり)を優先したほうがいいだろう。

血統的には、近5年の東京新聞杯を振り返ると、ディープインパクトを筆頭にサンデーサイレンス系の主流どころの産駒が攻勢。ほかでは、父キングマンボ系や父ロベルト系、ノーザンダンサー系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬の上位進出が多い。ちなみに、3着以内の15頭は例外なくサンデーサイレンスを内包していた。押さえておきたいポイントのひとつといえよう。

また、1回東京開催における芝1600mの結果を検証すると、父方ではロベルト系、キングマンボ系、サンデーサイレンス系が優勢。とりわけ、ディープインパクトの血脈を持つ馬が頭ひとつ抜けている。3クラしか施行されてないとはいえ、1勝、2着2回、3着2回の好結果を残しているのだから、該当馬は積極的に狙っていく価値がある。

近年の当レースおよび直近の東京開催の傾向を合わせて考えると、シンプルにディープインパクトの血脈を持つ馬を上に取るのが賢明といえそう。そのなかでも、近年の連対馬の多くに共通する前走ひとケタ着順の馬を重視したい。

今回の出走メンバーで、血統面ならびに先述した馬場傾向の要点(1~3枠)をともに満たしているのは、②ヴァンドギャルド、⑤サトノアーサー。当欄では、この2頭を注目株として推奨する。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】東京新聞杯2020 前走大敗馬の深追いは危険!前走の単勝人気も要確認! 2020年2月9日() 09:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、東京新聞杯の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
8歳以上の好走例はゼロ(2009年以降)

クルーガー
キャンベルジュニア
ゴールドサーベラス

前走でG1以外のレースに出走、かつ10着以下敗退馬の連対例は皆無(2009年以降)

モルフェオルフェ
ケイデンスコール

前走2秒0以上大敗馬の連対例はゼロ(2009年以降)

モルフェオルフェ
ケイデンスコール

前走芝1800m組ならびに芝1200m組の好走例はみられない(2009年以降)

ヴァンドギャルド
シャドウディーヴァ

【人気】
前走でG1以外の重賞戦に出走、かつ前走7番人気だった馬の連対例はゼロ(2009年以降)

モルフェオルフェ
キャンベルジュニア

前走で非重賞戦に出走、かつ前走4番人気以下だった馬の好走例はなし(2009年以降)

ケイデンスコール
スウィングビート
ロワアブソリュー
ゴールドサーベラス

【枠順】
1~4枠、かつ単勝オッズ30.0倍以上の連対例は皆無(東京競馬場リニューアルの2004年以降)
※8時30分現在の単勝オッズ30.0倍以上、かつ1~4枠馬

モルフェオルフェ
クルーガー
スウィングビート

東京芝重賞で3着以内の経験がある馬を除くと、大外馬番の好走例はゼロ(東京競馬場リニューアルの2004年以降)

ドーヴァー

【血統】
父ナスルーラ系の好走例はみられない(2009年以降)

スウィングビート

キングマンボを経由しない父ミスプロ系の好走例は皆無(2009年以降)

ドーヴァー

7番人気以下のディープインパクト産駒の好走例はゼロ(産駒初出走以降)
※8時30分現在の7番人気以下、かつディープインパクト産駒

ケイアイノーテック


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
プリモシーン
サトノアーサー
レイエンダ
レッドヴェイロン
クリノガウディー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】東京新聞杯2020 こじはる、徳光さんほかズラリ!競馬大好き芸能人・著名人が全力予想! 2020年2月9日() 07:00


※当欄では東京新聞杯について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【小嶋陽菜(こじはる)】
◎⑨レッドヴェイロン

【徳光和夫】
3連単ボックス
サトノアーサー
ケイデンスコール
レッドヴェイロン
シャドウディーヴァ
ケイアイノーテック
ワイド1頭軸流し
⑫-①②④⑤⑦⑨⑬⑮

【DAIGO】
◎②ヴァンドギャルド

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑮ケイアイノーテック
○⑫シャドウディーヴァ
▲②ヴァンドギャルド
△⑨レッドヴェイロン
△⑬クリノガウディー
△⑤サトノアーサー
△③モルフェオルフェ
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑮→②③⑤⑨⑫⑬

【杉本清】
◎⑥レイエンダ

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎⑨レッドヴェイロン

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑨レッドヴェイロン
○⑤サトノアーサー
▲②ヴァンドギャルド
△①プリモシーン
△⑬クリノガウディー
△⑯ドーヴァー

【橋本マナミ】
◎②ヴァンドギャルド

【横山ルリカ】
◎⑨レッドヴェイロン

【小木茂光】
注目馬
サトノアーサー
プリモシーン
クリノガウディー
3連単フォーメーション
①⑤⑬→①②⑤⑥⑦⑨⑫⑬⑮→①⑤⑬

【キャプテン渡辺】
◎③モルフェオルフェ
ワイド・馬連
③-⑨レッドヴェイロン

【安田和博(デンジャラス)】
◎②ヴァンドギャルド

【船山陽司】
◎⑫シャドウディーヴァ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑥レイエンダ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎①プリモシーン
○②ヴァンドギャルド
▲⑨レッドヴェイロン
△⑤サトノアーサー
△⑬クリノガウディー
△⑫シャドウディーヴァ

【皆藤愛子】
◎⑤サトノアーサー

【高田秋】
◎①プリモシーン

【目黒貴子】
◎⑨レッドヴェイロン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【血統アナリシス】東京新聞杯2020 魅力大のキングカメハメハ牝駒!最内のディープインパクト産駒に反撃の余地あり! 2020年2月8日() 14:00

日曜日に行われる東京新聞杯の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。


プリモシーン
父は東京新聞杯で毎年のように上位入線馬を送り出しているディープインパクト。母は豪G1を4勝した女傑で、近い親族には香港マイルの勝ち馬など、多数の活躍馬が並ぶ。スピードとパワーだけでなく、底力をも兼ね備えた良質の牝系だ。スタート難や反応の悪さを抱えているゆえに過信は禁物だが、スイッチが入った際の末脚は強烈。メンタルバランスさえ失っていなければ、得意とする東京芝1600mで反撃のシーンもありえる。

ヴァンドギャルド
父のディープインパクトは、東京新聞杯で多数の好走馬を輩出。母父に欧州ノーザンダンサー系種牡馬を持つ馬の相性も上々だ。その点を踏まえると、相応の適性を持ち合わせているものと考えられる。ただ、母父、祖母の父がともに英ダービー馬という重厚な構成。軽い芝のマイル戦で極端に速い上がりを求められると、勝負どころで後手を踏む可能性もある。4連勝を成すには、前半から適度にペースが締まる競馬、あるいは自身から早めに動いて持続質勝負に持ち込むなど、欧州血脈由来のしぶとさを活かせる展開がほしい。

モルフェオルフェ
3代母のウィッチフルシンキングを起点とするファミリーには、祖母ロフティーエイムのほか、サングレーザーやメーデイアなど重賞活躍馬が多数。今後のさらなる発展が期待される牝系だ。その母方にサンデーサイレンス、キングカメハメハオルフェーヴルを重ねて生まれたのが本馬である。芝の持続力勝負で能力を発揮するタイプだろう。ただし、馬力優位の構成ゆえに、速い脚に欠けるのが難点。府中のマイルではキレ負けする可能性が高い。加えて、前走は勝ち馬から3秒0差の14着。牡馬相手の別定重賞ではいかにも分が悪い。

クルーガー
母のアディクティドはドイツのマイル重賞勝ち馬で、その父ディクタットは安田記念の2着馬。マイル指向の強い構成に加え、本馬自身も富士Sで3着の実績があるように、東京芝1600mのコース自体に不安はない。キングカメハメハ産駒の当レースにおけるパフォーマンスも悪くなく、走ってもおかしくない下地はある。とはいえ、明け8歳を迎えた高齢馬。なおかつ、久々の国内マイル戦とあっては追走に窮する可能性が高い。今回は様子見が賢明だろう。

サトノアーサー
母のキングスローズは、オセアニアでG1を含む重賞6勝の名牝。近親には北米やオセアニアの重賞ホースが数多くいる。活力に満ちた牝系にディープインパクトを組み合わせることで、ハイレベルのスピード持続力を実現。大箱コースに適した資質の持ち主といえよう。反面、持続力が強調されているぶん、高速上がりの瞬発力勝負になると後れをとりやすい。勝ち負けを演じるには、適度に上がりを要する差し比べの展開が望ましい。

レイエンダ
レイデオロの全弟で、叔父にゴルトブリッツ、祖母の半弟にディープインパクトがいる良血馬。母父ロベルト系の重厚さと、スピードに優れたミスプロのインブリードがミックスされた、バランスの良さが特徴だ。ただ、浮き沈みの激しい戦績が示すように、現状はポテンシャルを活かしきれてない印象。いずれにせよ、高速馬場の決め脚比べでは分が悪そう。首位争いに加わるには、ソフトな馬場の出現、あるいは自ら積極的に動いて後続の脚を封じることが必須といえよう。

ケイデンスコール
4代母にダイナサッシュを擁する名門一族。祖母の仔にバランスオブゲームフェイムゲーム、遠縁にはサッカーボーイステイゴールドの名がある。ムラ駆け指向が強い一方で、ハマッたときの破壊力は抜群、成長力にも優れている。その牝系にロードカナロアを重ね、軽さとスピードをミックス。均整のとれた構成といえよう。本馬自身、NHKマイルCで2着好走しているように、コース適性は問題なし。得意とする外伸びの決め手勝負になれば、一変の余地はある。

スウィングビート
エーピーインディ系×ミスプロ系の組み合わせ。前向きなスピードに秀でた北米配合であることがみてとれる。母のバックシートリズムは北米芝G1の勝ち馬、タピット産駒の芝成績も悪くなく、一概に芝がダメと言い切れないのは確か。その一方で、父エーピーインディ系の当該コース成績が奮わないのは心配材料。加えて、米国色が濃い血統構成のため、東京芝マイルに適したキレや加速力を搭載しているかどうかについては疑問符が付く。相手強化の重賞では割り引きが必要だろう。

レッドヴェイロン
キングカメハメハの産駒は東京新聞杯でマズマズのパフォーマンス。母父にリファール系種牡馬を持つ馬の相性も良い。兄姉にはマイルレンジの重賞活躍馬がズラリと並び、潜在適性については文句なし。さらに、昨年は半姉のレッドオルガが当レースで2着、富士Sで3着好走するなど、活力に関しても申し分がない。本馬自身も東京芝マイルでは、NHKマイルC3着を含む【2.1.1.0】の良績を残している。魅力度の高い1頭だ。

ロワアブソリュー
父のゼンノロブロイはパワーと持久力に優れたサンデーサイレンス系で、息の長い末脚が持ち味。それゆえ、直線が長くゴール前までダラダラ坂が続き、一定の持久力を要求される形態の東京芝コースは悪くないはず。半妹にデアレガーロ、一族にG1級がズラリと並ぶ牝系の底力に関しても不足はない。とはいえ、明け7歳を迎えた本馬に底上げを望めるかは甚だ疑問。近走の成績からも旬を過ぎた感は否めず、厳しいレースが予想される。

キャンベルジュニア
母は豪州のG1を2つ制覇。父と母父は豪州のトップサイアーという、オセアニアの本格派血統。父は2010年のスプリンターズSを制したウルトラファンタジーなど、息の長い活躍馬を多数輩出している。ゆえに、数え8歳馬だからといってピークアウトと判断するのは早計かもしれない。反面、過去の戦績が示すとおり、東京芝マイルの決め手勝負では分が悪そう。馬場や展開の恩恵がないと苦戦必至とみる

シャドウディーヴァ
父のハーツクライは、2018年の勝ち馬リスグラシューを輩出。北米で活躍したスピードタイプを母に持ち、母父のダンシリはハービンジャーの父でもある。日本の馬場に適した構成といえよう。加えて、サンデーサイレンス系×欧州ノーザンダンサー系の組み合わせは当レースの活躍配合のひとつ。上位争いを演じるだけのベースは整っている。あとは、落ち着いて走れるかどうかがカギ。当日の気配には十分な注意を払いたい。

クリノガウディー
スクリーンヒーロー×ディアブロの配合馬。パワーと持続力に優れた牝系に、ロベルト系を配した血統構成からして馬力勝負がベスト。上がりを要するコース向きのマイラーとみていいだろう。つまり、パワーに寄っているぶん、後半のスピード勝負になるとパンチが足りない。勝ち切るには馬場悪化や消耗戦など、多くの馬が苦にするシチュエーションがほしいところだ。

ゴールドサーベラス
父のスクリーンヒーローが属するロベルト系の東京新聞杯における成績は上等の部類。反面、母父にネイティヴダンサー系種牡馬を持つ馬は勝ちみに遅いタイプが多く、エンジンのかかりが悪い本馬も同様の傾向にある。その点を踏まえると、良馬場なら上がり3ハロン32~33秒台の速い脚を要求される当レースは適性外の印象。道悪になったとしても、脚質的に好材料とは言い難い。昨年は13着大敗。年齢をひとつ重ねた今回、上位進出を望むのは酷だろう。

ケイアイノーテック
スピードとパワーが強調された牝系に、ディープインパクトを重ねた血統構成をみるに、マイルレンジがベター。自身がNHKマイルCの勝ち馬であることや、東京の芝マイル重賞において父産駒の好走例が多いことも評価できる。その一方、世代限定戦以外で好走がない点は気がかり。成長度の面で足りない可能性も考えられる。そのあたりを踏まえると、展開利があったとしても圏内まで届くかはおおいに疑問。積極的には手が出ない。

ドーヴァー
祖母の半兄に愛ナショナルステークスなどを制し、種牡馬としても活躍したデインヒルダンサーがいる筋の通った牝系。速力と持久力を兼ね備えた欧州牝系に、ダーレー御用達のアドマイヤムーンを配し、速力と底力を併せ持つマイラーに仕上がっている。少し遊びグセがあり安定感には欠けるが、ハマッたときの爆発力は生半可なものではない。極端に時計が速くなると辛い面がある一方で、適度に上がりを要する展開と化せば、上位圏内まで視野に入る。無印にはできない存在だ。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】東京新聞杯2020 1~4枠優勢!ディープインパクト産駒が6年連続連対中! 2020年2月8日() 13:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われる東京新聞杯のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走ローテ別成績では秋のG1もしくはG2の阪神カップ、同距離のスポーツニッポン賞京都金杯、ニューイヤーS組がほぼ互角(2008年以降)

プリモシーン
クルーガー
レイエンダ
クリノガウディー
ドーヴァー

【人気】
5番人気の好走が目立つ(2008年以降)
※土曜日12時30分現在の5番人気

クリノガウディー

当日5番人気以内の支持を集めた前走3勝クラス(旧1600万下)の勝ち馬が3勝(2008年以降)
※土曜日12時30分現在の5番人気以内、かつ前走3勝クラス1着馬

ヴァンドギャルド

【脚質】
先行勢が侮れない(2008年以降)

モルフェオルフェ
クルーガー
スウィングビート
キャンベルジュニア
クリノガウディー

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
2008年以降、1~4枠が11勝

プリモシーン
ヴァンドギャルド
モルフェオルフェ
クルーガー
サトノアーサー
レイエンダ
ケイデンスコール
スウィングビート

【血統】
2012年以降の3着以内馬はすべてサンデーサイレンスを内包

プリモシーン
ヴァンドギャルド
モルフェオルフェ
サトノアーサー
ケイデンスコール
ロワアブソリュー
シャドウディーヴァ
クリノガウディー
ゴールドサーベラス
ケイアイノーテック
ドーヴァー

ディープインパクト産駒に注目(近年の傾向)

プリモシーン
ヴァンドギャルド
サトノアーサー
ケイアイノーテック


【3項目以上該当馬】
プリモシーン(4項目)
ヴァンドギャルド(4項目)
クリノガウディー(4項目)
モルフェオルフェ(3項目)
クルーガー(3項目)
サトノアーサー(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノアーサーの関連コラム

閲覧 2,143ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 東京新聞杯 2020年02月09日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ1600m、かつG1のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2010年以降)】
○あり [6-2-5-29](3着内率31.0%)
×なし [4-8-5-90](3着内率15.9%)

 長期間に渡って好走馬の傾向が変わっていないレース。今回と同じ距離のビッグレースで上位に食い込んだことのある馬は比較的堅実でした。一方“JRA、かつ1600m、かつG1のレース”において4着以内となった経験がない、かつ馬番が7~18番だった馬は2010年以降[0-1-4-60](3着内率7.7%)。実績不足で内寄りの枠も引けなかった馬は強調できません。

主な「○」該当馬→クリノガウディーケイアイノーテックレッドヴェイロン
主な「×」該当馬→サトノアーサーシャドウディーヴァドーヴァー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5歳以下」だった馬は2010年以降[6-8-9-53](3着内率30.3%)
主な該当馬→ケイアイノーテックシャドウディーヴァ

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2018年10月10日(水) 18:15 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(10/6~10/8)サウスプロを筆頭に、3日間連続プラスのスガダイプロらが回収率上位!
閲覧 574ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、6(土)に東京競馬場でG3サウジアラビアRC、7(日)に東京競馬場でG2毎日王冠、8(祝月)には京都競馬場でG2京都大賞典がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3サウジアラビアRCは、単勝1.3倍の圧倒的1番人気に支持されたグランアレグリアが出遅れて最後方から。後れを挽回しようと外を回って進出すると、アタマを上げてやや掛かり気味に中団へ。ここから徐々になだめながら引き続きポジションを上げていき、3コーナーまでには先頭のトーラスジェミニから1馬身差の2番手をキープします。2番人気シャドウエンペラー、3番人気ドラウプニルの2頭は後方からの追走となって直線へ。ほとんど追うところなく残り400m過ぎでグランアレグリアが単独先頭へ。後続勢からは、懸命に追われてアマーティシャドウエンペラーといったところが内を伸びて追撃を見せますが、差は詰まるどころか広がる一方。ここでようやくムチが入り本格的に追い出されたグランアレグリアに、他馬が付け入る隙はなく......。結局、3馬身1/2差をつけてグランアレグリアが圧勝。無傷の重賞初制覇を飾っています。2着には7番人気ドゴールが入り、そこから1馬身差の3着には4番人気アマーティが入っています。
公認プロ予想家では、☆まんでがんプロ伊吹雅也プロマカロニスタンダーズプロ金子京介プロ西野圭吾プロら計15名が的中しています
 
G2毎日王冠は、好スタートを決めた1番人気アエロリットがそのまま先頭に立って、前半4F47.3秒(推定)のマイペースで運びます。2番手にはインから積極策のキセキ。中団に、2番人気サトノアーサー、3番人気ステルヴィオの人気どころが位置し、手ごろな頭数でもやや縦長の隊列となって4コーナーへ。徐々に2番手からキセキがプレッシャーをかけ始め、2頭の直後にステファノスレアリスタと続き、直線を迎えます。先頭のアエロリットは、鞍上が後続を確認するように振り返ってから満を持しての追い出し。内を通って、キセキステファノスが併せ馬でこれを追いますが、その差はなかなか詰まらず。逆に、後続からケイアイノーテックステルヴィオの3歳勢が追い上げを見せて、2~3着争いに顔を覗かせます。外からまとめて交わして2番手浮上のステルヴィオの伸びが目立つゴール直前でしたが、アエロリットをとらえるまでは至らず。詰め寄られそうで詰め寄られず、そこから盛り返してまた突き放しの競馬で、結局スタートから1度も先頭を譲らなかったアエロリットが快勝。重賞3勝目をあげています。1馬身1/4差の2着にステルヴィオ。さらにそこからクビ差の3着には、ステファノスとの頭の上げ下げの接戦をものにした6番人気キセキが入っています。
公認プロ予想家では、西野圭吾プロ☆まんでがんプロKOMプロ導師嵐山プロ岡村信将プロスガダイプロサラマッポプロ奥野憲一プロら計15名が的中しています
 
G2京都大賞典は、G1馬シュヴァルグラン(1番人気/単勝2.2倍)、サトノダイヤモンド(2番人気/単勝2.3倍)の2頭による競演に注目が集まる中、各馬一斉のスタート。大外からウインテンダネスがハナを奪って、前半1000mを61.2(秒)で通過。そのスローな流れの中でも、2番手以下は10馬身以上離れた位置を追走する形となり大逃げの構図でレースは展開していきます。シュヴァルグランはその2番手グループ集団の中団、その直後にサトノダイヤモンドが続きます。3コーナーで徐々に、先頭ウインテンダネスと2番手スマートレイアーの差が詰まり、連れて外を通ってシュヴァルグランも3、4番手まで浮上。サトノダイヤモンドアルバートといったところも外を回して先団を窺い、4コーナーを回って直線へ。ここで抜群の伸びを見せたのはサトノダイヤモンド。勢いのままに直線半ばで完全に抜け出した後は、やや後続に詰められるシーンもあったものの1/2馬身差を保ち先頭でゴール。復活を印象付ける重賞6勝目をあげています。2着にはインから縫うように伸びてサトノダイヤモンドに迫った4番人気レッドジェノヴァが入り、そこから1馬身3/4馬身差の3着に外を伸びた3番人気アルバートと入っています。アルバートに最後に交わされたシュヴァルグランは4着に終わっています。
公認プロ予想家では、蒼馬久一郎プロ馬っしぐらプロスガダイプロら計7名が的中しています
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
先週は、6(土)の京都10R、7(日)東京2R、8(祝月)東京2Rなどで的中を積み重ねると、東京8Rでは52万7,400円払戻しのホームランを披露!週間トータルでは、回収率165%、収支46万9,110円トップ成績を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
6(土)京都10R、7(日)G2毎日王冠、8(祝月)京都1Rなど、3日間ともに随所に好調予想を披露!3日連続プラス収支を達成しています。週間トータル成績では、的中率47%、回収率120%の高水準をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
6(土)の京都12Rでの◎デンコウケンジャ的中、7(日)G2毎日王冠(◎キセキ)、京都6R(▲サンマルペンダント)などの的中を披露した先週。8(祝月)東京12Rでは週間プラスを決める一撃◎ヴィジョンオブラヴからの11万1,930円払戻しを決め、週末トータル回収率111%で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
7(日)のG2毎日王冠を◎○△で的中し、101,700円の払戻しをマーク!他にも、8(祝月)京都1Rでの▲セロシア-◎タニノマイカ的中など活躍を披露しました。週末3日間のトータルでは、回収112%を達成しています。
 
 
 
この他にも、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(143%)、シムーンプロ(116%)、きいいろプロ(109%)、馬侑迦プロ(104%←2週連続週末プラス)、おかべプロ(104%←3週連続週末プラス)、ース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(103%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2018年10月7日() 13:26 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/毎日王冠 G2(豚ミンCプロ)
閲覧 917ビュー コメント 0 ナイス 7

秋の東京・京都の開幕週で恒例となった3日間開催の中日。本日最大の注目レースは毎日王冠です。予想を担当してくれるのは、今年のG2重賞の回収率136.6%、芝2000m以下戦の回収率103.4%の実績を誇る、ウマニティ公認プロ予想家の豚ミンCプロ。G2、芝千八と条件的にピタリとハマるこのレースをしっかり攻略してもらおうと思います。

本命は①キセキ「前走は内々を通った馬が有利な馬場で大外枠では厳しかった。それでも終いは来ていたので、ロスなく乗って捌ければ巻き返しは十分可能」と評価しました。対抗は「積極的に行きそうな馬がいないメンバー構成なので、先行するこの馬には有利な展開になりそう」な⑨アエロリット。単穴は「着実に力を付けてきており、極端に後方に置かれなければ勝ち負けのチャンスはある」サトノアーサー。馬券は単複①、馬連・ワイド流し①→④⑨で勝負します。本レース以外の豚ミンCプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください。

(ウマニティ編集長・岡田大)


------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2018年10月3日(水) 18:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018毎日王冠&京都大賞典編
閲覧 1,750ビュー コメント 0 ナイス 13



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


10月7日(日) 東京11R 第69回毎日王冠(G2、3歳以上、芝1800m)

サウンズオブアース(C)
前走時は中間の調教内容が良かったものの、最終追い切りの動きが物足りず評価を下げてしまったが4着に好走。結果的に1週前、最終追い切りと併せ馬で先着していたので状態は悪くはなかったのだと思う。この中間は2週前に併せ馬で遅れていて1週前も時計がかかる馬場とはいえこの馬としては物足りない時計で、前走と比べると状態面での不安は残る。

ケイアイノーテック(E)
新馬戦こそ勝っているが本質的に使われて良くなる馬。休み明けでも調教で時計の出る馬だが、この中間はこの馬としてはかなり物足りない時計で、この調教内容だと最終追い切りで時計が出ても割引は必要。

アエロリット(C)
関東圏でのレースや滞在競馬では好走する馬で、今回は東京でのレースなので調整はしやすい。ただ、基本的に馬なりの追い切りが中心の馬。1週前に強く追われた新馬戦、フェアリーSヴィクトリアマイルの3戦は太め残りの心配があった時で、今回も1週前の追い切りで強めに追ってきている点が気掛かり。陣営としてはやや余裕のある馬体だということを意識しているのではないかと思う。

キセキ(E)
菊花賞以来凡走が続いているが、好走していた時にはCWで3F37秒台や1F11秒台の時計を出していて、近走は平均的な時計ばかり。この中間も目を引くような良い時計は出ておらず、変わり身が見込める気配はない。

ステファノス(C)
この中間は乗り込み量も多く、内容的にも時計的にも特に悪い感じはない。近走は道悪では勝ち馬から離されているが、馬場が良い時はそれほど大きくは負けていないので、乗り方ひとつで差は詰まる可能性がありそう。

ステルヴィオ(B)
皐月賞、ダービーと、道悪にスローペースと特殊なレースになった上に、この馬には距離も長かったのではないかと思う。今回はレースが流れそうな点が魅力。状態面に関してもこの中間は乗り込み量も多く速い時計が出ていて、良い状態で出走できるのではないかと思う。

スズカデヴィアス(E)
前走時もそうだったが、この中間も調教で時計の出る馬としてはかなり物足りない時計。栗東に戻っても調教面で変わってきている感じがなく、今回も状態面での不安は残る。

カツジ(A)
休み明けだが、この中間はかなりしっかり乗り込まれて時計も優秀。もともと時計の出る馬で、CWを中心にこれまでと同じように速い時計が出ていて、2週前追い切りでは併せて先着と仕上がりも良さそう。

サトノアーサー(A)
この中間は3週前、2週前、1週前とCWを長めから追われ好時計と、仕上りは良さそう。ここ2戦は今回と同じコースでのレースを経験して好走しており、相手が強くなっても好走が期待できそう。

サンマルティン(D)
もともとトレセンで乗り込んで出走する馬ではないが、この相手でこの調教内容だと厳しいだろう。

ダイワキャグニー(C)
昨年も出走していて、逃げたソウルスターリンングに絡んでいって4着。この中間は乗り込んではいるものの併せ馬での追い切りが少なく、時計もかかり気味で物足りない調教内容。

レアリスタ(D)
休み明けの前走時は併せ馬でも2週連続先着していて、状態面は良さそうだったがレースでは凡走。この中間は前走時との比較で物足りない内容、時計で、変わり身は感じられない。

アクションスター(F)
休み明けで乗り込んではいるものの調教での時計も物足りず、変わり身は見られない。距離短縮も特にこの馬に向いている感じはなく厳しい。


10月8日(祝月) 京都11R 第53回京都大賞典(G2、3歳以上、芝・外2400m)

シュヴァルグラン(A)
昨年と同様にこのレースから始動。もともとそれほど調教で時計の出る馬ではないが、この中間は乗り込み量も豊富で併せ馬では2週前、1週前と先着を果たした。遅れていない点は良い材料。

サトノダイヤモンド(B)
今年に入ってからこの馬としてはかなり物足りない結果が続いているが、前走の宝塚記念時の追い切りではほぼこれまでの調教内容に戻っていた。あとはキッカケさえ掴めればというところで、だいぶ戻ってきているのではないかと思う。この中間も2週前、1週前と併せ馬で一杯に追われて先着していて、内容的には気になるところはない。最終追い切りを馬なりで楽に先着できるくらいの内容になってくれば、良い頃の走りがまた見られそう。

スマートレイアー(B)
昨年は武豊騎手の好騎乗もあり1着。この中間も1週前に一杯に追われて先着していて、調教駆けタイプという点を差し引いても状態面は良さそう。あとは、昨年以上の好騎乗がないと能力的に勝ち負けまでは厳しいであろう相手関係が課題。

アルバート(C)
ここ3戦は関西圏での競馬で、調教では良い時計が出ていたものの結果はついてこなかった。今回も関西圏での競馬で、調教では先着しているものの、ここを叩いて関東圏の長距離戦で狙ったほうが良さそう。

ウインテンダネス(D)
2連勝中も休み明けの実績がなく、関西馬でありながら京都、阪神、小倉では3着にもきたことがない。9連対中7連対が左回りで、右回りは福島での2勝のみと条件的にも厳しそう。状態面に関しても、好走時は直前馬なりの時が多く、使われてある程度馬ができている時のほうが走るのかもしれない。

パフォーマプロミス(B)
前走時は追い切りの動きは悪くなかったが、結果的に伸びきれず9着。この中間も2週前、1週前と併せ馬で好時計が出ており、乗り込み量も多めと、休みを挟んだが引き続き仕上がりは良さそう。

レッドジェノヴァ(B)
長距離戦で実績を残してきている上がり馬。調教面に関しては、特に速い時計が出るタイプではなく目立つところはないのだが、この中間も約1ヶ月間しっかりと乗り込まれていてる。順調に調整されているといった感じ。

モンドインテロ(D)
この中間は牧場で乗り込まれていた模様で、時計は1週前の南Wでの併せ馬1本のみとなっている。京都芝2400mでの好走実績はあるが、下級条件2戦と重賞3着で、その時にはもっと乗り込んでいた。さすがにもう少し乗り込みたい感じで、しかも相手が強くなる今回は厳しそう。

ケントオー(D)
マイルで好走していた馬だが、ここ1年は中距離路線を使われ成績はイマイチ。今回は芝2400mと初めての距離だが、調教内容に関して特にガラリ一変といった感じがないことからも変わり身はなさそう。

ブレスジャーニー(C)
1週前追い切りはCWを長めから好時計が出ていて悪くない内容。もともとそれほど乗り込んで出走する馬ではないが、やれば速い時計が出るタイプでもあり、もう1本長めから時計を出すくらいの余裕は欲しい。

プラチナムバレット(D)
競走中止後の一戦で、1週前の時計はあまり出ていない。併せ馬での遅れも気になる。

【地方馬1頭】
サンエイゴールド(D)
盛岡の芝では実績を残している馬だが、JRAでは実績がなく今回は前走からの間隔も詰まる。その上、京都への長距離輸送もあり、これまで以上に厳しい状況でのレースとなるので、プラス材料はほとんど見当たらない。



◇今回は毎日王冠京都大賞典編でした。
先週は台風の影響で、日曜日の阪神開催が最終的に火曜日に開催されるということで関係者の方々は慌ただしく大変な週だったと思います。特に、当初は翌日にスライドして行われる予定だった代替開催の再中止が発表された月曜は、競走馬を競馬場に輸送できないとの理由での中止で、いろいろと考えさせられるところがありました。普段当たり前のように競馬場で馬が走っていること、それはトレセンから馬を無事に送り届けてくれている方々がいるからこそできることなんだなあと、改めて実感を覚えた次第です。
話は前後しますが、そんな競走馬の輸送に携わっている方に先日たまたまお話を伺う機会があったので、今回はそこで聞いてきた話を少々。その方とは、栗東トレセンの近くにある乗馬苑で毎年行われている『馬に親しむ日』というイベントでお会いしました。馬運者ドライバーによる案内役を馬運車展示コーナーで務められていたその方は、関東と関西では馬運車の会社が違って形態も全く違うこと、どこの競馬場に行くためにはどこの道を通って行くのかといったことに始まり、競走馬輸送に関わるかなり踏み込んだ内容まで教えてくださいました。その1つ、馬ごとの輸送条件については、各厩舎に馬運車運営会社の営業マンが各馬を輸送する時の条件などを収集に伺い、それがデータとして保管されていて、この厩舎のこの馬はこういった条件で輸送するようになどの細かい情報が蓄積されているとのこと。ただ馬を乗せて競馬場に運んでいるのではなく、1頭1頭が最良の状態で競馬場に到着できるように、レースで結果を出せるようにと、こちらが思う以上に気を遣って輸送していることが伝わってきた瞬間でした。あとは、今の競走馬は基本的に何度か競馬を使えば馬がレースだと分かり、馬も輸送に慣れてくるといったことなんかもお聞きしつつ、非常に有意義な時間を過ごさせて頂きました。
他にも予想の際に役立ちそうな情報もいくつか聞くこともでき、輸送に関して今まではブラックボックスだった部分だけにクリアになってなんだかスッキリした気分になりました。何から何まで丁寧に教えていただき、本当にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。
そして、今度高速道路や競馬場の近くで馬運車を見かけたら少し違った目線で、無事に競馬場、トレセンに送り届けてくださいと手を振りたいと思っています。皆さんもぜひ、競馬界を陰で支えてくれているこうした人たちの活躍にも目を向けていただき、馬には変わらずの大声の声援を、馬運車には心のエールを送っていただけたらと思います。
今週末も3日間開催が控えている中、次の台風が週末に日本に接近しそうな感じもあります。自然が相手なのでどうしようもないのは分かっていても、いろいろな苦労を知った後だけに何とかならないものかと考えてしまいます。とにかく馬も、それに関わる人も、みな安全に順調にレースを迎えられるよう、そして開催の無事を祈るばかりです。

それでは次回、菊花賞編(予定)でお会いしましょう。

毎日王冠京都大賞典出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年9月30日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年09月30日号】特選重賞データ分析編(118)~2018年毎日王冠~
閲覧 2,064ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 毎日王冠 2018年10月07日(日) 東京芝1800m


<ピックアップデータ>

【“前年か同年、かつ東京芝1600~2000m、かつ1600万下から上のクラスのレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [5-5-5-22](複勝率40.5%)
×なし [0-0-0-26](複勝率0.0%)

 コース適性が高そうな馬を素直に重視したい一戦。2013年以降の3着以内馬は、前年か同年に東京芝1800m前後のレースで好走したことのある馬ばかりでした。東京のレースを避けてきた馬は思い切って評価を下げましょう。

主な「○」該当馬→ケイアイノーテックサトノアーサーダイワキャグニー
主な「×」該当馬→カツジキセキサウンズオブアース


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が4~5歳」だった馬は2013年以降[4-3-4-16](複勝率40.7%)
主な該当馬→キセキサトノアーサー

[もっと見る]

2018年6月11日(月) 19:05 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(6/9~6/10)いっくんプロがエプソムC◎○▲28万、土曜阪神3R56万のビッグヒット2本を達成!
閲覧 1,617ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、10(日)に阪神競馬場でG3マーメイドSが、東京競馬場でG3エプソムCが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3マーメイドSは、トーセンビクトリーがハイペースでの逃げで序盤縦長の展開。3コーナー手前で緩めると一気に馬群が凝縮し、先頭から最後方まで5~6馬身圏内に連なる形で3~4コーナーを回ります。エマノンアンドリエッテミリッサあたりが内を捌いて先頭争いを繰りひろげると、後続からはミエノサクシードワンブレスアウェイといったところも迫ります。一旦は先頭に立ったエマノンを、内からアンドリエッテ、外からミエノサクシードが襲い掛かり、エマノンミエノサクシードの間の狭いところを割ってはワンブレスアウェイの強襲。この中から、残り200mでアンドリエッテワンブレスアウェイが軽快な脚取りで抜け出すと、勝負の行方は2頭による叩き合いに持ち込まれます。結局、内の10番人気アンドリエッテが、最後もうひと伸びで迫ったワンブレスアウェイにクビ差競り勝ち優勝。重賞初勝利を飾っています。9番人気2着ワンブレスアウェイから2馬身差の3着には4番人気ミエノサクシードが入っています。
公認プロ予想家では、マカロニスタンダーズプロ他、計8名が的中しています。
 
G3エプソムCは、雨中の重馬場コンディションでスタート。数頭横並びの中から、掛かり気味にスマートオーディンが出ていき先頭に立ってそのまま3コーナーへ。1番人気のダイワキャグニーは後方集団のイン、2番人気サトノアーサーは6~7番手の外を通る形で、各馬横に広がりながら4コーナーを回って直線に突入していきます。スマートオーディンマイネルフロストベルキャニオンと好位勢が横並びで直線序盤の先頭争いを展開。残り300mを通過したあたりで、外からサトノアーサーが際立つ伸び脚で迫り、これらをまとめて交して一気に先頭へ。インを捌いてはサーブルオール、外からはグリュイエールあたりも浮上。さらには、ゴール直前でハクサンルドルフが上がり最速の脚で鋭く伸びてきますが、先んじて抜け出した2番人気サトノアーサーが振り切ってV。こちらも嬉しい初重賞制覇の達成となりました。1/2馬身差の2着に4番人気ハクサンルドルフ、さらにそこから3/4馬身差の3着に5番人気グリュイエールが入っています。
公認プロ予想家では、いっくんプロdream1002プロはははふほほほプロKOMプロ他、計10名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
9(土)の阪神3Rでの3連単的中で計56万7,400円払戻しのビッグヒットを披露!10(日)には、G3エプソムCでの◎○▲3連単パーフェクト的中(28万200円払戻し)で、連日のビッグヒットをマークしました。週末トータルでは、回収率179%、収支トップの38万3,590円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
9(土)の東京6R的中でこの日のプラスを決めると、翌10(日)も勝負レース東京12Rの◎○▲パーフェクト的中などで好調をアピール。連日のプラス収支を達成し、週末トータル回収率116%を記録。さらに3週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
9(土)は東京7R東京10Rなどの的中でプラス収支を記録。10(日)は東京3Rなどで好調予想を披露。週末2日間トータルで、回収率トップの218%をマーク!2週連続の週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
先週は、9(土)東京6Rでの11万720円払戻しを筆頭に、10(日)東京6Rなどで活躍を披露。連日のプラス収支を達成し、週末トータル回収率124%を記録しています。
 
 
 
この他にも、くりーくプロ(145%)、dream1002プロ(115%)、蒼馬久一郎プロ(114%←2週連続週末プラス)、河内一秀プロ(112%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(111%←5週連続週末プラス)、岡村信将プロ(108%)、山崎エリカプロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノアーサーの口コミ


口コミ一覧

東京新聞杯ときさらぎ賞

 isobe1215 2020年2月9日() 23:58

閲覧 59ビュー コメント 0 ナイス 9

東京新聞杯
3連単2頭軸マルチ 各100円
◎サトノアーサー
◯プリモシーン
△クリノガウディー
▲ケイアイノーテック
▲ドーヴァー
▲モルフェオルフェ

きさらぎ賞
馬単 各500円
◎トゥルーヴィル
◯ギベルティ
◯グランレイ

東京新聞杯については、もう一歩。
穴を狙い過ぎたので反省。
きさらぎ賞は全く。
予想は難しいけど楽しい

 nomareni 2020年2月9日() 15:47
きさらぎ賞はいいけど東京がああ 
閲覧 67ビュー コメント 0 ナイス 9

クリスエスの仔かあああああ
ワイド流しなので負けてはいませんがぱっとしない…

後で感想追記します。
さあ東京だ!


3連複は散々。
15通りのうち
1ー2ー13
2ー12ー13
が近かったけど
↓ディーヴァきそう↓って書いといてこれかよおおお

◎○注目馬○◎
ヴァンドギャルド
レッドヴェイロン
シャドウディーヴァ
※ここからまだ切れない複勝圏(今から切る✂️)
プリモ デムーロさん
モルフェ 逃げ距離が微妙ではあるけど面白い
サトノアーサー
レイエンダ 丸山さんとの相性どうかな…
ガウディー 横典さん
ドーヴァー レッドヴェイロンに勝った事があり重得意

泣くしかない。


佐賀12Rのキツネちゃん(牡だけど)単勝300円で負け分取り返した!
セーーーーーフ!
サンデー系だからなんとなく買ったけどありがとう…

[もっと見る]

 藤沢雄二 2020年2月9日() 14:53
2月9日のWIN5予想
閲覧 82ビュー コメント 0 ナイス 7

締切間際につき買い目をメモ代わりに。

【京都10R 山城S】⑧ニシノキントウン ⑦グッドジュエリー ⑬プリディカメント
【東京10R 白嶺S】⑤ヴァイトブリック ①フォギーナイト ③バンブトンハート
【小倉11R 周防灘特別】⑬エレクトロニカ ⑨ナイママ
【京都11R きさらぎ賞】⑧アルジャンナ
【東京11R 東京新聞杯】⑨レッドヴェイロン ⑤サトノアーサー ②ヴァンドギャルド
3×3×2×1×3=54

当たりますように。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノアーサーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  花太郎   フォロワー:164人 2017年1月7日() 18:27:26
H28年12月4日(日)
前走のような渋った馬場は割引
1:
  World Tower   フォロワー:0人 2016年9月29日(木) 18:01:04
走る姿が一級品! 初戦から大いに期待している。

サトノアーサーの写真

サトノアーサーの厩舎情報 VIP

2020年2月9日東京新聞杯 G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サトノアーサーの取材メモ VIP

2020年2月9日 東京新聞杯 G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。