ケイアイノーテック(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ケイアイノーテック
ケイアイノーテック
ケイアイノーテック
ケイアイノーテック
ケイアイノーテック
ケイアイノーテック
ケイアイノーテック
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2015年4月7日生
調教師平田修(栗東)
馬主亀田 和弘
生産者隆栄牧場
生産地新冠町
戦績21戦[3-2-1-15]
総賞金20,147万円
収得賞金7,250万円
英字表記Keiai Nautique
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ケイアイガーベラ
血統 ][ 産駒 ]
Smarty Jones
アンナステルツ
兄弟 クインズローズケイアイリア
前走 2020/07/19 トヨタ賞中京記念 G3
次走予定

ケイアイノーテックの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/07/19 阪神 11 中京記念 G3 芝1600 18476.734** 牡5 57.0 岩田望来平田修472(+8)1.32.8 0.134.7⑫⑫メイケイダイハード
20/06/07 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1458177.6115** 牡5 58.0 津村明秀平田修464(-4)1.32.3 0.734.3⑫⑦グランアレグリア
20/05/16 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 133316.386** 牡5 57.0 石橋脩平田修468(-2)1.20.3 0.532.5⑬⑪ダノンスマッシュ
20/04/04 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 1661113.064** 牡5 57.0 津村明秀平田修470(-4)1.33.2 0.434.9⑭⑫⑫クルーガー
20/02/09 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 1681520.9811** 牡5 58.0 津村明秀平田修474(0)1.33.6 0.633.2⑯⑮プリモシーン
19/11/30 阪神 11 チャレンジC G3 芝2000 125611.767** 牡4 57.0 幸英明平田修474(+6)1.59.4 0.333.8⑫⑫⑫⑩ロードマイウェイ
19/10/27 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1623257.8149** 牡4 58.0 幸英明平田修468(-2)1.57.5 1.334.2⑭⑮⑮アーモンドアイ
19/10/06 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 101134.379** 牡4 57.0 幸英明平田修470(+4)1.45.8 1.435.4ダノンキングリー
19/06/02 東京 11 安田記念 G1 芝1600 161164.5107** 牡4 58.0 幸英明平田修466(-4)1.31.3 0.432.7⑬⑫インディチャンプ
19/04/21 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 108938.666** 牡4 58.0 A.シュタ平田修470(+2)1.33.2 0.632.1⑦⑦ダノンプレミアム
19/01/27 東京 11 根岸S G3 ダ1400 162418.4710** 牡4 58.0 藤岡佑介平田修468(-8)1.24.7 1.236.3⑪⑩コパノキッキング
18/12/22 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 167137.236** 牡3 56.0 藤岡佑介平田修476(-2)1.21.9 0.835.1⑧⑧ダイアナヘイロー
18/11/18 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1881834.8911** 牡3 56.0 藤岡佑介平田修478(+12)1.33.8 0.534.6④④ステルヴィオ
18/10/07 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 13227.545** 牡3 56.0 藤岡佑介平田修466(+10)1.44.9 0.433.6⑧⑥⑤アエロリット
18/05/06 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 1861112.861** 牡3 57.0 藤岡佑介平田修456(0)1.32.8 -0.033.7⑰⑮ギベオン
18/04/07 中山 11 NZT G2 芝1600 158143.212** 牡3 56.0 戸崎圭太平田修456(-12)1.34.2 0.034.5⑧⑧⑤カツジ
18/03/11 阪神 6 3歳500万下 芝1600 9551.211** 牡3 56.0 川田将雅平田修468(0)1.34.2 -0.733.9⑥⑦ナリタハーデス
18/02/10 京都 9 こぶし賞 500万下 芝1600 14222.112** 牡3 56.0 福永祐一平田修468(-2)1.35.9 0.236.7⑪④パクスアメリカーナ
17/12/17 阪神 11 朝日杯FS G1 芝1600 163526.354** 牡2 55.0 幸英明平田修470(-2)1.33.9 0.633.8⑩⑩ダノンプレミアム
17/11/11 京都 11 デイリー2S G2 芝1600 9555.233** 牡2 55.0 川田将雅平田修472(+22)1.36.9 0.635.1ジャンダルム

⇒もっと見る


ケイアイノーテックの関連ニュース

 ★アイビスSD1着ジョーカナチャン(栗・松下、牝5)は、引き続き菱田騎手で北九州記念(8月23日、小倉、GIII、芝1200メートル)へ。7着イベリス(栗・角田、牝4)も北九州記念を視野。14着ワンアフター(美・武市、牡7)は朱鷺S(8月30日、新潟、L、芝1400メートル)か、キーンランドC(8月30日、札幌、GIII、芝1200メートル)へ。

 ★ヴィクトリアマイル8着のプリモシーン(美・木村、牝5)は、福永騎手で関屋記念(8月16日、新潟、GIII、芝1600メートル)へ。同厩舎で京王杯SC2着のステルヴィオ(牡5)は29日に美浦に帰厩。ルメール騎手でキーンランドCへ。

 ★プロキオンS5着トップウイナー(栗・鈴木孝、牡4)は、クラスターC(8月10日、盛岡、交流GIII、ダ1200メートル)へ。北海道スプリントC8着のショーム(美・鈴木伸、牡5)も、横山典騎手で同レースに向かう。

 ★葵S8着マイネルグリット(栗・吉田、牡3)は北九州記念へ。

 ★宝塚記念5着メイショウテンゲン(栗・池添兼、牡4)は、秋はジャパンC(11月29日、東京、GI、芝2400メートル)を目標にローテが組まれる。

 ★中京記念4着ケイアイノーテック(栗・平田、牡5)は予定していた関屋記念をやめて、京成杯AH(9月13日、中山、GIII、芝1600メートル)からマイルCS(11月22日、阪神、GI、芝1600メートル)へ向かう予定。14着プリンスリターン(栗・加用、牡3)は、朱鷺Sへ。

 ★七夕賞3着ヴァンケドミンゴ(栗・藤岡、牡4)は予定していた小倉記念をやめて、福島記念(11月15日、福島、GIII、芝2000メートル)へ。

 ★函館記念8着ミスマンマミーア(栗・寺島、牝5)は、丹頂S(9月6日、札幌、OP、芝2600メートル)へ。

 ★福島テレビOP4着ダイシンバルカン(栗・吉田、牡8)は、UHB賞(8月16日、札幌、OP、芝1200メートル)からキーンランドCを予定。

 ★名鉄杯14着エイコーン(栗・吉田、牡5)は、阿蘇S(8月15日、小倉、OP、ダ1700メートル)へ。

【古馬次走報】ケイアイノーテックは京成杯AHからマイルCSを目指す 2020年7月29日(水) 10:04

 中京記念4着のケイアイノーテック(栗・平田、牡5)は、京成杯AH(9月13日、中山、GIII、芝1600メートル)からマイルCS(11月22日、阪神、GI、芝1600メートル)に向かう。平田調教師は「めずらしく疲れが出たので、(予定していた)関屋記念はやめます。復調してきているからね」と語った。

ケイアイノーテックはの競走成績はこちら

[もっと見る]

【古馬次走報】アドマイヤジャスタが札幌記念に参戦へ 2020年7月23日(木) 04:45

 ★函館記念勝ちのアドマイヤジャスタ(栗・須貝、牡4)は札幌記念(8月23日、札幌、GII、芝2000メートル)に参戦予定。鞍上は未定。5着レイホーロマンス(栗・橋田、牝7)は小倉記念(8月16日、小倉、GIII、芝2000メートル)に向かう。6着ランフォザローゼス(美・藤沢和、牡4)は中1週で関越S(8月2日、新潟、OP、芝1800メートル)を視野。同厩で11着のレイエンダ(牡5)は放牧に出された。 9着プレシャスブルー(美・相沢、牡6)は新潟記念(9月6日、新潟、GIII、芝2000メートル)へ。

 ★目黒記念2着アイスバブル(栗・池江、牡5)、8着の僚馬サトノクロニクル(牡6)はともに新潟記念に向かう。さらに僚馬ステイインシアトル(牡9)は小倉日経オープン(8月30日、小倉、OP、芝1800メートル)へ。

 ★鳴尾記念8着サトノルークス(栗・池江、牡4)は小倉記念へ。

 ★中京記念4着ケイアイノーテック(栗・平田、牡5)は、津村騎手とのコンビで関屋記念(8月16日、新潟、GIII、芝1600メートル)に向かう。同レースにはCBC賞12着クリノガウディー(栗・藤沢則、牡4)、エプソムC6着サトノアーサー(栗・池江、牡6)、僚馬でダービー卿CT10着ジャンダルム(牡5)も参戦する。

 ★福島テレビOP2着プリディカメント(栗・吉村、牝5)、14着メイショウキョウジ(栗・藤岡、牡5)、CBC賞9着ジョイフル(栗・吉村、牡6)は北九州記念(8月23日、小倉、GIII、芝1200メートル)に向かう。

 ★中京記念7着同着ストーミーシー(美・斎藤誠、牡7)は朱鷺S(8月30日、新潟、L、芝1400メートル)へ。

 ★ジュライS5着オーヴ ェ ル ニ ュ(栗・西村、牡4)、同10着アードラー(栗・音無、牡6)はともに阿蘇S(8月15日、小倉、OP、ダ1700メートル)へ。

 ★オークス8着ホウオウピースフル(美・大竹、牝3)は紫苑S(9月12日、中山、GIII、芝2000メートル)で始動する。

 ★七夕賞12着オセアグレイト(美・菊川、牡4)は夏は休養に充て、アルゼンチン共和国杯(11月8日、東京、GII、芝2500メートル)で復帰の予定。

[もっと見る]

【中京記念】レースを終えて…関係者談話 2020年7月20日(月) 04:55

 ◆川須騎手(エントシャイデン3着)「外、外を回るより、一瞬の脚を生かす意味でラストは中へ入れました。流れひとつでチャンスのある馬です」

 ◆岩田望騎手(ケイアイノーテック4着)「後方から運びましたが、もっと早めに押し上げた方が良かったかもしれません」

 ◆福永騎手(ミッキーブリランテ5着)「無理して上がっていったわけでないですが、あまりに手応えが良くて…。結果的にはもう少しためるべきでした」

 ◆北村友騎手(ギルデッドミラー6着)「直線に向くと右に逃げていました。右回りだと内ラチ沿いを走らせた方がいいのかも」

 ◆川田騎手(ソーグリッタリング7着同着)「人気馬の真後ろから進めたんですが、これだけ伸びなかったのは特殊な馬場が影響したのだろうと思います」

 ◆幸騎手(ストーミーシー7着同着)「早めに外から来られて、ひるんでしまいました」

 ◆鮫島駿騎手(ディメンシオン9着)「(直線で)内に切り替えたのは僕のミス。進路取りの差ですね」

 ◆藤井騎手(ブラックムーン10着)「外に出したとき、はまったかと思ったんですが…」

 ◆松若騎手(ロードクエスト11着)「前半に進んで行きませんでした」

 ◆原田騎手(プリンスリターン14着)「行きたがる面は我慢してくれましたが、切れませんでした」

 ◆三浦騎手(トロワゼトワル17着)「ゲート裏からゴネて行きっぷりにも余裕がなく、後続に来られると抵抗できませんでした」

 ◆松山騎手(ベステンダンク18着)「今の馬場では厳しいのかもしれません」

★19日阪神11R「中京記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】中京記念2020 徳光さん、かまいたち・山内さんほか多数!競馬通の芸能人・著名人が真剣ジャッジ! 2020年7月19日() 06:30


※当欄では中京記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
3連複ボックス
ロードクエスト
ペプチドバンブー
ケイアイノーテック
プリンスリターン
ストーミーシー
エントシャイデン
ワイド流し
⑥-③⑤⑦⑧⑨⑪⑰⑱

【山内健司(かまいたち)】
◎⑫ミッキーブリランテ

【DAIGO】
◎⑪ソーグリッタリング

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑪ソーグリッタリング
○⑦ケイアイノーテック
▲⑮ギルデッドミラー
△⑫ミッキーブリランテ
△⑯リバティハイツ
△③ロードクエスト
△⑥ペプチドバンブー
馬連流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑪→③⑥⑦⑫⑮⑯

【杉本清】
◎⑮ギルデッドミラー
○⑪ソーグリッタリング
▲⑦ケイアイノーテック
☆④トロワゼトワル
△①ベステンダンク
△⑩プリンスリターン
△⑬ラセット
△⑫ミッキーブリランテ

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑮ギルデッドミラー
○⑱エントシャイデン
▲⑪ソーグリッタリング
△⑩プリンスリターン
△⑫ミッキーブリランテ
△⑬ラセット

【細江純子(元JRA騎手)】
◎⑩プリンスリターン
○⑮ギルデッドミラー

【橋本マナミ】
◎⑮ギルデッドミラー
○⑪ソーグリッタリング
▲④トロワゼトワル
△⑦ケイアイノーテック
△①ベステンダンク
△③ロードクエスト
△⑩プリンスリターン
△⑫ミッキーブリランテ

【横山ルリカ】
◎⑦ケイアイノーテック

【神部美咲】
◎⑮ギルデッドミラー

【旭堂南鷹】
◎①ベステンダンク

【稲富菜穂】
◎⑦ケイアイノーテック
○⑮ギルデッドミラー
▲④トロワゼトワル
△①ベステンダンク
△⑫ミッキーブリランテ
△⑰ストーミーシー

【キャプテン渡辺】
◎⑬ラセット
単勝


【船山陽司】
◎⑬ラセット

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑮ギルデッドミラー

【守永真彩】
◎①ベステンダンク
3連複フォーメーション
①-④⑦⑬-④⑦⑨⑩⑪⑬⑮

【目黒貴子】
◎⑪ソーグリッタリング



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【中京記念】原田Jとの絆を信頼プリンスリターン 2020年7月18日() 11:12

 どれだけ好走しても人気にならない、狙いがいのある馬がいる。今回でいえば◎プリンスリターンがそれだ。函館2歳S3着、朝日杯FS5着、シンザン記念2着、アーリントンC3着と、これまで何度も重賞で善戦してきたにもかかわらず、NHKマイルC15着の大敗だけで一気に評価は急落した。

 その前走にしても敗因は明らかだ。加用調教師は「4コーナーでぶつかる場面があったし、チグハグな競馬になった」と悔しがるが、初めての左回りで道中の走りのリズムが悪かったことも事実だろう。

 一転、右回りの1400~1600メートルでは【1・1・1・1】とすべて5着以内の安定感。変則日程で今年は中京から阪神に替わるが、その恩恵を最も受けるのは“右利き”のこの馬といえよう。

 多くの支持を集めそうな同世代の牝馬ギルデッドミラーとは、2走前のアーリントンCで0秒1差の接戦。先着を許した当時はギルデッドのほうが2キロ軽かったが、ハンデ戦の今回はその差が1キロに縮まる。それでいて人気の差は格段に広がったのだから、そんな今こそが絶好の狙いどきだ。

 もちろんデキも上々で、CWコースの最終仕上げでは馬なりのまま5歳2勝クラスに3馬身先着した。「いい時計が出ました。全体的にふっくらして状態はいいですね」と原田騎手。ここはテン乗りの人気どころより、全8戦をともに戦ってきた馬と鞍上の“絆”を信頼すべきシーン。人馬ともに悲願の重賞初制覇だ。

 “究極の3連単”はプリンスを1着に固定。安田記念で5着と復調を示したケイアイノーテックを2、3着に据えた12点で勝負する。(夕刊フジ)



中京記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ケイアイノーテックの関連コラム

閲覧 3,570ビュー コメント 0 ナイス 12

ダービーは、馬券的にはメインである3連単がダメで稼げませんでしたが、見ごたえのあるいいレースだったと思います。断然人気とはいえ、勝ったコントレイルへの「相当な不利など無ければ、この相手にまず負けない、サリオスは善戦するも逆転はない」というところまでは良かった当コラム内容。が、しかし3着ヴェルトライゼンデが10番人気(執筆時点5番人気想定)なら、買っておけば良かったなあという結果に。ヴェルトライゼンデは、皐月賞コラムの際に「スミヨン騎手が、『道悪は良くない』とコメントしていた」ということに触れましたが、今回その通り、良馬場で巻き返してきました。やはり、スミヨン騎手レベルになると言っていることはきっと正しいのでしょうね。皐月賞の走りががっかりで、巻き返しよりは人気で消して妙味かと思ったのですが……。3番人気8着のワーケアや、4番人気11着のサトノフラッグの評価を下げられていただけに、惜しい結果となってしまいました。まあこればかりは仕方がないですかね、コロナで辛い日々が続きますが、5月はWIN5の分も含めて月間過去最高くらいに稼げたので、切り替えて安田記念で頑張ります(WIN5は、3週連続「4」止まりで、もうちょとやれたのではと正直思っていますが)。


今年の安田記念はフルゲート割れの14頭立てとなったが、なかなかの好メンバー。
ただアーモンドアイインディチャンプは強く、馬券的には3着で穴を狙う程度か。

<全頭診断>
1番人気想定 アーモンドアイヴィクトリアマイルが楽勝だったので、間隔は詰まるがここを使ってきた。中2週でも前走のダメージは、ほとんど無いだろうから、さっさと稼いで休ませるのが確かに正解かも。秋も、天皇賞とJCの東京限定の2戦というのが作戦的に一番良いのでは。安田記念は、ヴィクトリアマイルよりは重い斤量56kgを背負って、厳しいペースでの粘り合いとなる一戦。昨年のコラムでも書いたように、本質的にはアーモンドアイにとって適性はいまひとつなレースだが、マイル戦にも慣れが見込め、今年のメンバーならそう苦労しないで勝ってしまうのではとみる。昨年も1800mなら楽勝、というか1620mでも差し切っていた感じで(笑)、G1での勝ち星をもう一つ積むチャンス。

2番人気想定 インディチャンプ:昨年の東京新聞杯勝ち、安田記念勝ち、マイルCS勝ち、今年は読売マイラーズCで圧勝と、現役マイラーの最強クラスにはいる馬。前走マイラーズCは2馬身差の楽勝で、唯一アーモンドアイを逆転する可能性があるとすればこの馬か(とはいえ、逆転は厳しそうだが)。崩れるのは考えにくい、充実期間に入っている。

3番人気想定 ダノンキングリー:昨年は皐月賞3着、ダービー2着と活躍し、秋も毎日王冠勝ち、今年も中山記念勝ち、大阪杯3着と1600~2000mあたりでは大崩れなく走っている。前走大阪杯は逃げて3着だったが、それなりにはやれそう。いつも力通りには走るタイプで、大物喰いの激走はあまりないタイプでは。

4番人気想定 グランアレグリア:昨年の桜花賞馬で、前走の高松宮記念で2着したが、東京マイルは昨年のNHKマイルCで1番人気5着止まりだったように、あまり適性は感じない。ただ、もまれず気分よく走りさえすれば激走はあるタイプで(頭もあるが大凡走もあるタイプ)、枠や展開次第の側面も大きそう。もまれ弱いだけに、今回フルゲートとならないのは良いのでは。

5番人気想定 ダノンプレミアム:昨秋のマイルCSではインディチャンプに1馬身半負けた。ちょっと長いであろう豪クイーンエリザベスS3着と地味な結果だったが、日本の高速マイルは向いている印象。巻き返しはあり得る存在で、ここは妙味もありそう。

6番人気想定 アドマイヤマーズ:私と相性の悪い馬で、グランアレグリアに寄せてのラフプレー気味の朝日杯FS勝ちにしろ、人気のグランアレグリアがヨレて降着となったNHKマイルC勝ちにしろ、昨秋の同舞台富士Sで1番人気9着だったように、全く強いと思ったことのない馬。だが、今年は香港でG1を勝ってきた。日本でイマイチながら香港で強かったエイシンプレストンのように、時計の遅い決着が向くのかもしれない。「並ぶと耳を絞ってもうひと頑張りする」とM.デムーロ騎手が言っており、勝ち馬に並ぶと頑張るのかもしれないが、今の時計の速い東京で買おうとは今回も思わないし、アーモンドアイにラフプレー気味に寄せていくのは、日本国中誰も見たくないのではないだろうか。

7番人気想定 ノームコア:昨年のヴィクトリアマイルを勝ち、昨秋の富士Sも勝ち、今年のヴィクトリアマイルも3着と、東京マイルは最適舞台。アーモンドアイは強いにしても、好走が期待できる。

8番人気想定 ダノンスマッシュ:NHKマイルC以来の1400m以上戦だった前走の京王杯SCを逃げて勝ってきた。ただ、更に200m延びて、逃げの上手くない三浦騎手(内枠の逃げはそれなりの数値を出ているようだが、馬の力より下の騎乗ばかりと私自身は思っている)だけに、ちょっと厳しいのでは。ここまでそれなりにチャンスのある馬にも乗ってのG1での全敗は、偶然でなく必然という状況だけに、何でこの騎手指名?という印象

9番人気想定 ミスターメロディ:昨年の高松宮記念はかなり巧く乗ってのラッキーパンチ的な勝利ではあったものの、芝ダート兼用の馬で、以降いろいろと稼ぎどころはあるかと思ったが……。芝でもダートでもさっぱり。東京マイル向きではなく、激走は期待薄。

10番人気以下想定
ペルシアンナイト:昨秋のマイルCSはマーフィー騎手の力で3着にねじこんできたが、以前より力が落ちており、ここでの激走は厳しいか。

ヴァンドギャルド:前走のマイラーズCはゲートは悪かったが3着まで差してはきた。ただ爆発力のあるタイプではなさそうで、ここで上位は難しいとみる。

クルーガー:前走のダービー卿CTは、8歳ながら4番人気の支持を集め、2馬身差をつけて1着と激走を果たした。芝ダート兼用馬で、ここにきての充実で穴馬にはいいのでは。

ケイアイノーテック:前走京王杯SCはやれるのではと期待したが、8番人気6着とイマイチ。大外をまわして差し届く馬場にはならなそうで、期待できない。

セイウンコウセイ:加齢でズブくなってきても、芝マイル以上実績ゼロでの激走は期待できない。


<まとめ>
最有力:アーモンドアイ

有力:インディチャンプ

ヒモに:ダノンキングリーダノンプレミアムノームコア


登録済みの方はこちらからログイン

2020年2月2日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年02月02日号】特選重賞データ分析編(188)~2020年東京新聞杯~
閲覧 2,315ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 東京新聞杯 2020年02月09日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ1600m、かつG1のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2010年以降)】
○あり [6-2-5-29](3着内率31.0%)
×なし [4-8-5-90](3着内率15.9%)

 長期間に渡って好走馬の傾向が変わっていないレース。今回と同じ距離のビッグレースで上位に食い込んだことのある馬は比較的堅実でした。一方“JRA、かつ1600m、かつG1のレース”において4着以内となった経験がない、かつ馬番が7~18番だった馬は2010年以降[0-1-4-60](3着内率7.7%)。実績不足で内寄りの枠も引けなかった馬は強調できません。

主な「○」該当馬→クリノガウディーケイアイノーテックレッドヴェイロン
主な「×」該当馬→サトノアーサーシャドウディーヴァドーヴァー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5歳以下」だった馬は2010年以降[6-8-9-53](3着内率30.3%)
主な該当馬→ケイアイノーテックシャドウディーヴァ

[もっと見る]

2019年10月24日(木) 14:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019天皇賞(秋)
閲覧 1,964ビュー コメント 0 ナイス 11



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


10月27日(日) 東京11R 第160回 天皇賞(秋)(3歳以上G1・芝2000m)

【登録頭数:17頭】(フルゲート:18頭)


<優先出走馬>

スティッフェリオ(C)中4週
休み明けの前走時は坂路でかなり良い時計を連発していて、当日のパドックでも太め感は全くなく、トモの踏み込みもしっかりしていて休み明けとは思えない良い仕上がりだった。この中間は前走時と比べると坂路での時計が物足りず、前走以上と言えるほどの上積みは感じない。

ドレッドノータス(B)中2週
4月から休みなく使われてきていての前走京都大賞典では、馬体が大きく絞れてパドックでの仕上がりはかなり良く見えた。この中間は間隔も詰っているが、先週金曜日に坂路で速い時計を出せているので良い状態をキープできているのではないか。


<賞金上位順>

アーモンドアイ(B)5ヶ月
5ヶ月間空いた休み明け初戦となる今回は、これまでと同じような時期にトレセンに戻り3週前から時計を出している。1週前の動きに関しては5ヶ月ぶりとなるためレースを使っている時と比べると迫力が少し足りない感じに見えるが、軽く先着していて動きは悪くない。あとは気合いが乗ってくれば。

ウインブライト(D)中4週
休み明けの前走は距離も長かったかもしれないが調教の動きも重く感じられ、本調子といえる動きではなかった。この中間も乗り込まれてはいるが、1週前追い切りの動きからは良い頃のような手応え抜群でコーナーを回ってくる動きにはなく、変わり身は感じられない。

サートゥルナーリア(B)中4週
前走の神戸新聞杯時と同じようにこの中間も単走で乗り込まれている。動きに関しても2週前の坂路、1週前のCWと折り合いもしっかりついていて、休み明けを一度使われてガス抜きができた感じ。行きたがるぐらいの気合い乗りがほしい感じもするが、レース前にテンションが上がり過ぎてしまうよりは落ち着きがある方が、レースでも乗りやすい。そういう意味で、これはこれで良い。

ワグネリアン(C)中9週
札幌記念を使われているので1週前追い切りの動きを見ても素軽く、仕掛けられてからの反応も良い。ただ首が上がり気味の走りで、良い時のような力強さがない。

アルアイン(D)4ヶ月
宝塚記念からの休み明けでかなり乗り込まれているが、1週前追い切りの動きが重い。良い時のような、持ったまま速い時計が出るくらいの走りにはまだない。

ダノンプレミアム(C)5ヶ月
安田記念からの休み明けで、3週前からCWを長めから追い切られている。動きのほうは、1週前追い切りでは、格下馬に楽な手応えで差し返されていて走りに力強さと迫力がない。

アエロリット(A)中2週
毎日王冠のコラムでもかなり高い評価を与えていた馬で、レース当日も現地観戦の私の目の前を気分よく周回していてかなり良い出来に映った。この中間も、先週金曜日に南Wでしっかり時計を出しているので疲れはなさそう。中2週、中3週では3戦3連対。東京コースも相性の良い競馬場と好条件が揃っており、あとは距離の2000mが良い方に向けばレース展開を左右する馬だけに怖い存在になりそう。

スワーヴリチャード(A)4ヶ月
宝塚記念からの休み明けだが、昨年とは違って坂路、CW、坂路、CWと内容が良く、時計もしっかり出ていて今年の方が内容は良い。1週前には横山典騎手が騎乗して追い切られたが、初騎乗でも動きも良くしっかりコントロールできていて、相性も良さそうに映った。

ケイアイノーテック(C)中2週
この中間、1週前に時計を出している点は良いが、時計は平凡。最終追い切りでどこまで変わってくるか。

スカーレットカラー※出走回避予定。

ユーキャンスマイル(A)中7週
新潟記念を勝っての参戦で、この中間は乗り込み量も豊富で1週前追い切りでは3頭併せの内に併せてしぶとく先着。右回りの追い切りで動きにぎこちなさはあったが、これはいつものことなので問題ない。左回りは断然良く、長距離戦を勝つスタミナ、新潟の速い馬場にも対応できる馬で、オーナー3頭出しのなかでも最も適性がありそう。

マカヒキ(B)4ヶ月
前走の宝塚記念ではかなり乗込まれていて好評価した馬だったが、レースでは後方のまま見せ場なく終わってしまった。休み明けの今回もしっかり乗り込まれていて、1週前追い切りの動きも良いので、状態は良さそうだが……。

ランフォザローゼス(C)中2週
使われつつ良くなってはいると思うが、この中間も間隔が詰まっていてガラッと変わった感じはない。

カデナ(B)中7週
前走からは間隔が空いていてこの中間も乗り込み量は豊富。坂路での時計もしっかり出ていて、良い状態をキープできている感じ。

ゴーフォザサミット(C)中4週
乗り込み量豊富なこの中間だが、1週前追い切りの動きを見ると、首が高く走りに力強さがない。



◇今回は天皇賞(秋)編でした。
残念ながらベスト8で敗れてしまいましたが、日本チームの大活躍によりラグビーワールドカップが予想以上に盛り上がっています。今大会によってたくさんの人たちがラグビーに興味を持ったと思いますし、何よりも超満員のスタジアムで試合ができた選手、関係者たちはとてもうれしかったのではないかと思います。
私の地元静岡県でもラグビーワールドカップの試合が何戦か行われたのですが、ウマニティでもおなじみの競馬評論家・伊吹雅也さんが『スコットランド対ロシア』戦を観に、埼玉から静岡まで来てくれました。伊吹さんとは東京では何度もお会いしていていて、会うたびに静岡に行きたいという話をしてくれていたので、私の方も「お越しの際は観光案内しますよ」と約束していたのですが、今回念願叶ってご案内(というか、一緒に観光^^;)をさせていただきました。普段、一人でゆっくり観光することが多いと思われる伊吹さんを、半日で10ヶ所くらい車で連れ回してしまって疲れたのではないかと思いますが、ラグビーも食事も楽しんで頂けたようなので、またこちらに遊びに来て頂きたいです。静岡は競馬の施設がほとんどないのでこちらに競馬関係の人が来る機会はほとんどなく、私にとっても“ホーム”でお迎えする貴重な体験となりました。伊吹さんいろいろとありがとうございました。



競馬の世界も各国それぞれ伝統的な国際レースが行われていて、それらのレースに挑戦する日本馬は多くなってきましたが、世界選手権やワールドカップのようなレースはまだ行われていません。検疫や馬場の違いなどの問題もあったりして、各国足並みを揃えるのが大変な面はあると思いますが、『競馬ワールドカップ』のような毎年もしくは数年に一度持ち回りで、いろいろな国で行うレースがあっても良いのではないかと思います。持ち回りなら日本で開催される年もあると思いますし、サッカーやラグビーのように日本馬を日本中で応援していつもの競馬とは違う盛り上がりがありそうですが、いかがでしょうか。
さて、今週は週前半には天皇陛下の『即位の礼』が行われた流れから、週末には絵にかいたようなスケジュールで天皇賞(秋)が行われます。豪華なメンバーが揃い、競馬場を初めて訪れるという方たちもたくさんいるのではないかと思います。そんな人たちがもう一度競馬場に行きたいと思ってくれるような、記憶に残るようなレースになることを期待しています。私もこの天皇賞(秋)の第100回をテレビで観て競馬が好きになったひとりなので、ダービーの次に競馬場で観戦することが多いレースですし、今年ももちろん東京競馬場に観戦に行く予定ですよ。

それでは次回、エリザベス女王杯編(予定)でお会いしましょう。


天皇賞(秋)出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年10月23日(水) 15:30 覆面ドクター・英
天皇賞(秋)・2019
閲覧 3,174ビュー コメント 0 ナイス 12

菊花賞ヴェロックスが勝ち切れないのは折り込み済みでしたが、やはり武豊騎手の通るところが京都ならではの内から最後の直線で少しずつ外に出すという勝ちパターンで、非常に巧かったです。一時期、騎乗馬の質が落ちて成績も下がっていましたが、やっぱり巧いですね。

ニシノデイジーがルメール騎手でも厳しいであろうことも、穴人気のホウオウもヒシも評価を下げ、「来ない比較的人気馬」たちの読みは当たっているのですが……。コーフィールドCも3着抜けで的中ならず、WIN5も4つ目まで当たっていて最後5つ目でハズレと、単勝は比較的好調な週末だったんですが波に乗り切れませんでした。切り替えて今週こそはドカンと当てたいです。

天皇賞(秋)菊花賞とは打って変わって非常に豪華メンバーとなり、今の日本競馬のオールスター戦のようなメンバーとなりました。アーモンドアイを筆頭にG1馬がゴロゴロいて、楽しみです。私が競馬を始めた30年くらい前も、マイラー(というかスプリンターまで)もステイヤーも、秋の天皇賞を使ってきて、そこからマイルCSやJCに行って、年末はスプリンターズSだったり有馬記念だったりというローテーションが多く見られました。当時は秋天にぶっつけというローテもほぼ無く、毎日王冠なり京都大賞典を前哨戦に使ってきていたので、秋4戦目となる有馬記念の頃には搾りかすのようにもう余力無し、という馬もちらほら。そういう意味で、各馬ベストコンディションで迎える秋天が一番面白かったのですが、四半世紀以上経ってまたその秋天が一番面白い時代に回帰、となってきたのかもしれませんね。

それでは恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 アーモンドアイ安田記念は、このコラムでも触れたように向かない条件を使われてしまっての敗戦(安田記念は、切れ味よりマッチョで重い斤量を序盤ハイペースで前に行っても粘り切れるノーザンダンサー系が好走するレース)で気にしなくて良さそう。ぶっつけ本番となったが、2000mあれば比較的ゆったりと追走し、ズキューンと末脚伸ばす形に持ち込めるのでは。

2番人気想定 サートゥルナーリア菊花賞に行っても能力でやれたんじゃないかと思うが、ここに出てきた。前走は強い勝ち方で夏を越して更に強さが増してきた印象。来年はこの馬の時代となるのでは、と予感させる神戸新聞杯での強さだったが、正直そう強くないこの世代代表で、3歳でここでいきなり通用するかと言えば微妙か。3歳だけに56kgなのは大きいが。

3番人気想定 ダノンプレミアム:不利もあったが、レース前からゴトゴトしていて脚元不安もあっての最下位と思われる前走の安田記念。マイラー色が強くここは距離も適性より長く、前哨戦も使わずで、消す予定。脚元が無事ならマイルCSならやれると思うが。

4番人気想定 ワグネリアン:最近多い「ダービー馬だが、その後イマイチ」というタイプ。ただ、適距離のここは一番向く条件で、JCや有馬記念より、ここに全力投球の仕上げなのでは。

5番人気想定 アエロリット:ほぼほぼ東京でしか走らない馬で、今年も安田記念毎日王冠で2着と頑張っている。ただ2000m実績も無く、それなりに人気になるだろうから消して妙味の馬では。

6番人気想定 アルアイン:今年の大阪杯を制した皐月賞馬。昨秋の天皇賞でも4着には来ており、そう切れるタイプではないが常に人気にそれほどならずともそれなりに好走するタイプで、ヒモには是非入れたいタイプ。

7番人気想定 スワーヴリチャード:東京2000mという条件は得意の左回りで、距離もこのくらいあれば適合条件だろう。ただ、以前のような荒々しさが無くなり、大人しくなってきたのは大人になったというより老化現象で、ちょっとずつ衰えていそうでヒモ程度の評価が妥当か。

8番人気想定 ユーキャンスマイル:同じ左回り2000mの新潟記念を好時計で勝ってきた。ダイヤモンドS勝ち馬でもありステイヤーかと思われたが、中距離でも厳しい流れになれば出番ありそう。本格化の兆しあるピークの4歳秋で楽しみな一頭。

9番人気想定 ウインブライト:中山では非常にいい走りをするのだが東京は向かない。香港で頑張ったのがピークでゆっくりと下り坂では。

10番人気以下想定
カデナ:弥生賞勝ち馬だがしばらく低迷して、今年はG3なら好勝負できるところまで復調してきた。ただここで激走する感じでもない。

スティッフェリオ:前走はオールカマーで逃げ切り勝ちをおさめたが、東京2000m適性は高くないタイプと思われる。

マカヒキ:ダービー馬ながら4歳以降はひどく負けるわけでもないが、勝ち切れない状況が続いている。一昨年5着、昨年7着と東京2000mの適性はそれなりにあるのだろうが、衰えも少しずつみられ始めていそう。

ゴーフォザサミット:昨年の青葉賞以降勝てていない。瞬発力勝負以外のもう少し長ところでの活躍に期待の馬で、ステイヤーズSあたりが狙いか。

ドレッドノータス京都大賞典を11番人気ながら制し、自厩舎矢作厩舎の馬での坂井騎手による感動の勝利だったが、スタミナ寄りで瞬発力はあまり無く、秋の天皇賞向きではない。

ランフォザローゼス青葉賞勝ちがあるように東京だとわりといい走りを見せるのだが、ここでは実績が示す通りちょっと力がまだ足りない。

スカーレットカラー:府中牝馬Sを追い込んで勝って間隔が詰まっての参戦となる。本格化してきているがローテーションはきつい。

ケイアイノーテック毎日王冠では先行して失速したが、NHKマイルCを追い込んで勝っており、人気は落としているがうまくタメがきけばやれても良い。ただ頭打ち傾向のディープインパクト産駒の激走というのは、あまり見かけない。


<まとめ>
有力:アーモンドアイサートゥルナーリア

ヒモに:ワグネリアンアルアインユーキャンスマイル

[もっと見る]

2019年10月2日(水) 19:05 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019毎日王冠
閲覧 1,170ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



10月6日(日) 東京11R 第70回毎日王冠(3歳以上G2・芝1800m)


【登録頭数:10頭】(フルゲート:18頭)

インディチャンプ(C)4ヵ月
安田記念からの休み明けになるが、どちらかというと休み明けを使われてからの方が調教は走る馬で、この中間も坂路では終いの時計がかかっていて2週前、1週前と併せ馬では遅れている。調教で遅れているからといって走らない訳ではないが、調教で好時計が出ている時の方がレースでもしっかり走るところがあり、今回は本番前の叩き台といった感じがある。

アエロリット(AA)4ヵ月
昨年の勝ち馬で、今年も安田記念以来の休み明けとなるがほぼ同じような時期からトレセンで時計を出している。1週前追い切りの動きを見ると、昨年のような重たい感じはなく素軽さがあり、今年の方が断然良い動きに見えた。

ペルシアンナイト(B)中6週
昨年までは富士Sを休み明けに使っていたが、今年は8月に札幌記念を使って毎日王冠というローテーションで使ってきた。叩き2戦目ということで、1週前追い切りの動きを見ると行きっぷりがかなり良い感じで、仕掛けられてからの反応も良好。ただテンションがかなり高い様子だったので、残り1週で落ち着かせたいところはある。

ダノンキングリー(D)4ヵ月半
ダービー以来の休み明け。春と比べると早めにトレセンへ戻し、乗り込み本数が多い。ただ1週前追い切りの動きを見ると、終い一杯に追われても伸びきれず重い感じで、春の好走時のようなスピード感はまだない。

モズアスコット(B)4ヵ月
安田記念以来の休み明けではあるが、昨年のスワンS時よりは時計が出ている印象で仕上りは良さそう。

ケイアイノーテック(D)4ヵ月
こちらも安田記念以来の休み明けとなり、もともと坂路で好時計の出る馬にしては2週前、1週前とCWでの追い切りで時計は平凡。動きを見ても首が上がり気味で、なかなか良い時の走りが戻ってこない。

ギベオン(B)4ヵ月
鳴尾記念以来の休み明け。乗り込み豊富で2週前、1週前とCWで好時計が出ていて、仕上りは良さそう。

マイネルファンロン(C)3ヵ月
もともとトレセンでは本数は少なめでレースに使ってくる馬だが、今回はそれにしても坂路での乗り込み本数が少ないように思う。

ランフォザローゼス(E)中2週
今回は叩き3戦目も中2週で前走が大きく変わった感じもなく、上積みよりもローテーションがきついだけで終わってしまいそう。


<地方馬>
ハッピーグリン(C)中2週
休み明けの札幌日経オープンではクビ差の2着だったが前走の門別戦では凡走。どちらかというと、芝でも力のいる馬場向きで春の東京開催のような速い時計の馬場だと厳しい感じもある。



◇今回は毎日王冠編でした。
毎日王冠といえば、オグリキャップイナリワンの火花の散るような追い比べの第40回も印象深いレースでしたが、何と言ってもサイレンススズカが勝利した第49回が一番思い出に残っているレースです。
あの日は東京競馬場に観戦に行っていたのですが、G1並みに混み合っており、競馬場の雰囲気もいつもと違っていました。
それだけ多くの人たちがサイレンススズカグラスワンダーエルコンドルパサーの対決を楽しみにしていたのだと思います。
そんな東京競馬場で、とても印象に残っているシーンがあります。
それは、本馬場入場をしたサイレンススズカ武豊騎手が超満員の外ラチ沿いをゆっくりスタート地点に向かっていった場面。
まるで今日観にきてくれた人たちにゆっくりサイレンススズカを見てもらいたいと言わんばかりの粋な計らいに、スタート前とは思えない光景にこれは相当な自信があるのではないかと、サイレンススズカの勝利を確信したものでした。
このようなファンサービスができるからこそ、今でも日本の競馬の顔と言えば『武豊』なのだと思います。
今年の凱旋門賞の騎乗馬も直前で決まり、日本代表としてエネイブルを苦しめる競馬を期待したいと思います。

それでは次回、菊花賞編(予定)でお会いしましょう。


毎日王冠出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年9月29日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年09月29日号】特選重賞データ分析編(170)~2019年毎日王冠~
閲覧 1,573ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 毎日王冠 2019年10月06日(日) 東京芝1800m


<ピックアップデータ>

【“前年以降、かつ東京芝1600~2000m、かつ3勝クラス以上のレース”における連対経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [6-5-5-22](複勝率42.1%)
×なし [0-1-1-36](複勝率5.3%)

 コース適性を素直に評価したい一戦。2013年以降の3着以内馬18頭中16頭は“前年以降、かつ東京芝1600~2000m、かつ3勝クラス以上のレース”において連対経験のある馬でした。他場のレースを主戦場としてきた馬は思い切って評価を下げましょう。

主な「○」該当馬→インディチャンプギベオンケイアイノーテック
主な「×」該当馬→ハッピーグリン、ペルシアンナイトランフォザローゼス


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が4~5歳」だった馬は2013年以降[5-3-5-18](複勝率41.9%)
主な該当馬→インディチャンプギベオン

[もっと見る]

⇒もっと見る

ケイアイノーテックの口コミ


口コミ一覧

【GⅢ】中京記念の結果

 ちびざる 2020年7月19日() 17:54

閲覧 101ビュー コメント 2 ナイス 12


1着:⑭メイケイダイハード
2着:⑬ラセット
3着:⑱エントシャイデン



私の◎にした⑦ケイアイノーテックは4着でした。
1着の⑭メイケイダイハードは無印
2着の⑬ラセットは△
3着の⑱エントシャイデンは無印

でした。

買い目は
馬連フォーメーション
⑦⑮⑪→④⑬⑰


でしたので、予想は、ハズレました。_| ̄|○


 まずはに⑦ケイアイノーテックに関して。
スタートは五分に出ました。
ただ。ダッシュはつかず後方からの競馬。
道中は中団やや後ろの外を追走。
3コーナー過ぎから外から徐々に進出。
直線では、外から脚を伸ばすも、4着が精いっぱいでした。
フルゲートの18頭立てで後方からの競馬では厳しいですね。
もう少し前で競馬出来れば・・・ってところですね。


1着の⑭メイケイダイハードについて
スタートは五分に出ました。
道中は中団を追走。
折り合いもついていました。
3コーナー過ぎからポジションを上げて行き
直線入り口では、絶好のポジションにいました。
直線では、ジリジリと脚を伸ばし最後に差し切りました。
今日はいろいろとこの馬向きのレースだったかと思います。


2着の⑬ラセットについて。
スタートは五分に出ました。
道中は、後方2番手を追走する形に。
直線入り口では、最後方から馬場の真ん中に進路を取りました。
直線では、直線半ばで徐々に外に出しながら脚を伸ばしていきました。
勝ち馬の後ろから伸びてきました。
もう少し前で競馬したかったですね。


的中された方々、おめでとうございます。

 DEEB 2020年7月19日() 16:15
恥ずかしい馬予想2020.07.19[結果]
閲覧 99ビュー コメント 0 ナイス 4

福島11R 福島テレビオープン 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 9 トゥラヴェスーラ…1着
○13 メイショウキョウジ…14着
▲ 2 レジェーロ…9着
△ 4 クライムメジャー…9着
×10 ☆トウショウピスト…4着
[結果:ハズレ×]

阪神 9R 神鍋特別 3歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎ 4 スリーグランド…4着
☆ 9 ドゥリトル…14着
[結果:ハズレ×]

阪神10R オークランドレーシングクラブトロフィー 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎13 ガゼボ…5着
○10 メイショウチタン…7着
▲ 5 ラテュロス…8着
△ 7 ☆タガノスカイハイ…4着
×14 シェパードボーイ…13着
[結果:ハズレ×]

阪神11R トヨタ賞中京記念 GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎13 ラセット…2着
○15 ギルデッドミラー…6着
▲ 7 ケイアイノーテック…4着
△10 プリンスリターン…14着
× 4 トロワゼトワル…17着
×11 ソーグリッタリング…7着
[結果:ハズレ×]

函館 8R 3歳以上1勝クラス(特指)
◎ 1 ★アウステルリッツ…10着
○ 5 コスモギンガ…7着
▲ 9 メリディアンローグ…1着
△ 2 ファントムグレイ…2着
[結果:ハズレ×]

函館11R 農林水産省賞典 函館記念 GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎10 トーラスジェミニ…4着
○ 5 カウディーリョ…7着
▲13 ☆ニシノデイジー…13着
△11 スズカロング…15着
×16 ☆マイネルファンロン…14着
[結果:ハズレ×]

夜明け前から予想しました。
さて、朝のウオーキングに行きましょうかな。

[今日の結果:6戦0勝6敗0分]
さっぱりとした負け具合でした。

[もっと見る]

 ブルースワン 2020年7月19日() 15:45
ワイド的中 中京記念 100円ですが
閲覧 113ビュー コメント 1 ナイス 13

マイコロで

メイケイダイハードからのワイド的中🎯

3着ケイアイノーテックならず

3連複不的中

残念😭

前走勝ってるから気になったことはなったけど

エントシャイデンまで印まわせなかったです。

無理っす(ヾノ・∀・`)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ケイアイノーテックの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
5:
  fc0703d559   フォロワー:1人 2020年7月19日() 13:20:31
ラゴン ○ 相手
4:
  fc0703d559   フォロワー:1人 2020年7月17日(金) 21:48:27
jp鉄、ディープ、先行力、阪神マイル3戦2勝、ハイレベル安田5着
3:
  fc0703d559   フォロワー:1人 2020年7月16日(木) 19:10:46
関係、調教○
坂路コースで軽快な動き

⇒もっと見る

ケイアイノーテックの写真

ケイアイノーテックの厩舎情報 VIP

2020年7月19日トヨタ賞中京記念 G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ケイアイノーテックの取材メモ VIP

2020年7月19日 トヨタ賞中京記念 G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。