会員登録はこちら
阪神ジャンプS J G3   日程:2018年9月15日() 13:50 阪神/障害3140m

レース結果

阪神ジャンプS J G3

2018年9月15日() 阪神/障害3140m/9頭

本賞金:2,900万 1,200万 730万 440万 290万


レコード:3分24秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 4

アップトゥデイト

牡8 62.0 白浜雄造  佐々木晶 530(-2) 3.27.2 1.1 1
2 8 9

ラヴアンドポップ

牡5 60.0 高田潤  安田隆行 478(-2) 3.27.3 1/2 14.7 4
3 3 3

メイショウダッサイ

牡5 60.0 森一馬  飯田祐史 502(-2) 3.30.3 大差 35.8 6
ラップタイム
前半
後半

■払戻金

単勝 4 110円 1番人気
複勝 4 110円 1番人気
9 200円 4番人気
3 440円 8番人気
枠連 4-8 490円 3番人気
馬連 4-9 610円 3番人気
ワイド 4-9 290円 3番人気
3-4 630円 6番人気
3-9 1,680円 15番人気
馬単 4-9 790円 3番人気
3連複 3-4-9 2,780円 11番人気
3連単 4-9-3 6,840円 22番人気

阪神ジャンプSのニュース&コラム

【阪神ジャンプ】アップトゥデイト連覇!
 第20回阪神ジャンプステークス(15日、阪神8R、J・GIII、障害3歳上オープン(混)、別定、芝3140メートル、1着本賞金2900万円 =出走9頭)白浜雄造騎乗で1番人気のアップトゥデイトがレース序盤から先頭に立って押し切り、連覇達成。単勝1・1倍の圧倒的支持に応え、障害重賞6勝目を挙げた。白浜騎手は障害重賞単独最多の20勝目。3分27秒2(良)。1/2馬身差2着は4番人気のラヴアンドポップで、同馬に騎乗した高田潤騎手はこのレース9年連続連対となった。 1コーナーでハナを奪うとひとり旅。最後は、2着馬に詰め寄られたが半馬身差で振り切った。 「強かった。62キロを背負ってしのいでくれたわけだし、強い馬だと思います」と白浜騎手が汗をぬぐった。次のターゲットは、もちろん中山大障害(12月22日、中山、J・GI、芝4100メートル)。佐々木調教師は「なんとか決めたいね。もう8歳だし、今回がラストチャンスだろうからね」と、3年ぶりのJ・GI制覇へ意欲を示した。 断然人気馬を1/2馬身差まで追い詰めたのは4番人気ラヴアンドポップ。「強いメンバーと走るのは初めて。きょうはキャリアの差と、勝ち馬の意地を感じました」と振り返る高田騎手は、自身が持つJRA同一重賞連続連対記録を9年に伸ばした。「乗り馬がないとできないですし、ありがたいなと思います」。ジャンプ界の第一人者は関係者への感謝を口にした。★15日阪神8R「阪神ジャンプS」の着順&払戻金はこちら
2018年9月16日() 05:03

 138

【阪神ジャンプ】アップトゥデイトが圧倒的人気に応えて連覇
 9月15日の阪神8Rで行われた第20回阪神ジャンプステークス(障害3歳以上オープン、J・GIII、芝3140メートル、別定、9頭立て、1着賞金=2900万円)は、白浜雄造騎手騎乗のアップトゥデイト(牡8歳、栗東・佐々木晶三厩舎)が単勝1.1倍の圧倒的人気に応えるとともに、連覇を果たした。タイムは3分27秒2(良)。これで史上7頭目となる障害重賞6勝目。また、白浜騎手は史上初の障害重賞通算20勝を達成した。 アップトゥディトは序盤に先頭に立って“独り旅”。最後の直線を前に一気に肉薄してきたラヴアンドポップ(4番人気)を、辛くも1/2馬身差で退けた。さらに大差の3着はメイショウダッサイ(6番人気)。 アップトゥデイトは、父クロフネ、母リニアミューズ、母の父トニービンという血統。北海道新冠町・(株)ノースヒルズの生産馬で、馬主は今西宏枝氏。通算成績は34戦10勝(うち障害21戦8勝)。重賞は2015年・中山グランドジャンプ・JGI、小倉サマージャンプ・JGIII、中山大障害・JGI、17年阪神ジャンプS・JGIII、18年阪神スプリングジャンプ・JGIIに次いで6勝目。阪神ジャンプSは、佐々木晶三調教師は17年アップトゥデイトに次いで2勝目。白浜雄造騎手は00年テイエムダイオー、03年ウインマーベラス、05年アズマビヨンドに次いで4勝目。 ◆白浜雄造騎手「前走(小倉サマージャンプ2着)は勝つ気持ちが強すぎて空回り。負けて僕自身、いい勉強になりました。馬は強いですし、きょうはこの馬で勝てて本当にうれしいです。2着の馬も強かったですが、よくしのいでくれました」★15日阪神8R「阪神ジャンプS」の着順&払戻金はこちら
2018年9月15日() 14:23

 168

【重賞データ分析(特別編)】阪神ジャンプステークス 小倉サマージャンプ組の2頭が高評価!
阪神ジャンプステークスの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。 【全般】 前走ステップでは、障害オープン組あるいは障害重賞組が圧倒(2013年以降) ②マイネルフィエスタ ④アップトゥデイト ⑥サムライフォンテン ⑦シゲルクロカジキ ⑧シゲルスズキ 前走小倉サマージャンプ組が好パフォーマンス(2013年以降) ②マイネルフィエスタ ④アップトゥデイト 近2走内に障害オープンあるいは障害重賞で勝ち鞍のある馬が攻勢(2013年以降) ⑦シゲルクロカジキ 1週前~当該週の追い切りで好時計を記録した馬の好走が目立つ(2013年以降) ②マイネルフィエスタ 【人気】 1~2番人気が堅実な成績(1999年以降) ※10時00分現在の1~2番人気 ④アップトゥデイト ⑦シゲルクロカジキ 5~9番人気の複勝回収率が好水準(1999年以降) ※10時00分現在の5~9番人気 ①リノリオ ③メイショウダッサイ ⑥サムライフォンテン ⑧シゲルスズキ ⑨ラヴアンドポップ 前走で1番人気に支持されていた馬が好成績(2013年以降) ④アップトゥデイト ⑤ハルキストン ⑨ラヴアンドポップ 【脚質】 先行勢が圧倒(1999年以降) ①リノリオ ③メイショウダッサイ ④アップトゥデイト ⑤ハルキストン ⑧シゲルスズキ ※近3走の走りを参考に先行策をとりそうな馬を想定 【枠順】 2、5、7、8枠の期待値が高い(1999年以降) ②マイネルフィエスタ ⑤ハルキストン ⑦シゲルクロカジキ ⑧シゲルスズキ ⑨ラヴアンドポップ 【血統】 父も母父も非サンデーサイレンス系種牡馬という配合馬の上位占有率が高い(2013年以降) ②マイネルフィエスタ ④アップトゥデイト ⑨ラヴアンドポップ 父あるいは母父にノーザンダンサー系種牡馬を持つ馬の活躍が顕著(2013年以降) ②マイネルフィエスタ ④アップトゥデイト 父もしくは母父にロベルト系種牡馬を持つ馬の好走例が多い(2013年以降) ②マイネルフィエスタ 【4項目以上該当馬】 ②マイネルフィエスタ(7項目) ④アップトゥデイト(7項目) ⑦シゲルクロカジキ(4項目) ⑧シゲルスズキ(4項目) ⑨ラヴアンドポップ(4項目) ウマニティ重賞攻略チーム
2018年9月15日() 10:45

 252

【U指数的考察】阪神ジャンプステークス 指数上位が高信頼度!なかでも狙いどころはアノ2頭!
阪神ジャンプステークスの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。 ※2013年以降の結果をもとに検証 <ポイント①> 2013年以降で2着連対した10頭のうち9頭が指数5位以内。指数上位の馬を中心に手堅く攻めるのがベターと言える。 1位→④アップトゥデイト 2位→②マイネルフィエスタ 3位→⑤ハルキストン 4位→⑥サムライフォンテン 5位→⑦シゲルクロカジキ <ポイント②> 指数1~2位がともに2着連対を逃がしたケースはゼロ。なかでも、近2走内に障害オープンあるいは障害重賞で2着以内の経験がある馬の好走率が高い。 指数1~2位、かつ条件を満たす馬 ②マイネルフィエスタ ④アップトゥデイト <ポイント③> 低指数馬の激走はほとんどない。指数7位以下かつ指数98.0未満の2着連対はゼロ。指数9位以下の好走例は皆無。 指数7位以下かつ指数98.0未満 ①リノリオ ③メイショウダッサイ ⑨ラヴアンドポップ 指数9位以下 ①リノリオ ウマニティ重賞攻略チーム
2018年9月15日() 09:09

 373

阪神ジャンプSのニュースをもっと見る >

【セントライト記念&ローズS&阪神ジャンプS】レースの注目点
★春のクラシックで好走した実力を示すか コズミックフォース&ジェネラーレウーノがセントライト記念で始動 セントライト記念に、ダービー3着のコズミックフォース(牡、美浦・国枝栄厩舎)が登録している。同馬はダービートライアルのプリンシパルSを勝ち、ダービーヘの出走権を獲得すると、ダービーでは16番人気で3着に入り、3連単の払戻金は同レース史上最高の285万6300円となった。コズミックフォースにはダービーに続き石橋脩騎手が騎乗する予定だが、秋初戦を制してGI戦線へ向け弾みをつけることができるだろうか。 また、皐月賞3着のジェネラーレウーノ(牡、美浦・矢野英一厩舎)もセントライト記念が秋初戦となる。同馬はダービーでは16着に敗れたが、中山競馬場では葉牡丹賞(500万下)→京成杯を連勝し、皐月賞でも3着に好走している。2015年には皐月賞3着→ダービー14着だったキタサンブラックがセントライト記念を制し、続く菊花賞でも勝利を挙げたが、ジェネラーレウーノは秋初戦でどのような走りを見せてくれるか注目だ。★デビューから負け知らずの3戦3勝 ダービー馬の弟レイエンダがセントライト記念で重賞初挑戦 セントライト記念に登録しているレイエンダ(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)は、昨年のダービー馬レイデオロの弟にあたる。同馬は昨年の7月30日に札幌の新馬戦を勝ったが、その後骨折が判明し長期休養を余儀なくされ、春のクラシックへの出走は叶わなかった。レイエンダは復帰戦となった5月12日の夏木立賞(500万下)を制し、古馬と初対戦となった前走の松前特別(1000万下)も勝って通算成績を3戦3勝としているが、重賞初挑戦となるセントライト記念を制してデビューからの連勝をさらに伸ばすことができるだろうか。なお、同馬に騎乗予定のC・ルメール騎手は、4回中山開幕週となった先週は紫苑S(ノームコア)、京成杯AH(ミッキーグローリー)と2日連続で重賞を制している。 2007年に牝馬として64年ぶりにダービーを制したウオッカを母にもつタニノフランケル(牡、栗東・中竹和也厩舎)も、セントライト記念に登録している。同馬は通算9戦3勝という成績で、3勝はいずれも“逃げ切り勝ち”で挙げている。タニノフランケルには前走に続き幸英明騎手が騎乗予定だが、重賞タイトルを手にして母子2代のGI制覇へ前進することができるだろうか。★5度目のローズS制覇なるか ディープインパクト産駒が大挙10頭登録 16日の阪神では秋華賞トライアル・ローズSが実施される。今年のローズSには18頭の登録があるが、フローラSを勝ち、オークス6着のサトノワルキューレ(栗東・中竹和也厩舎)、フラワーCを勝ち、オークス13着のカンタービレ(栗東・中竹和也厩舎)、桜花賞4着のトーセンブレス(美浦・加藤征弘厩舎)など、ディープインパクト産駒が大挙10頭登録している。 ディープインパクト産駒は、2012、13、15、16年にローズSを制しているが、5度目のローズS制覇を遂げることができるだろうか。ちなみに、ローズSの最多勝種牡馬は6勝を挙げているサンデーサイレンスである。★紫苑Sはクラシック不出走のノームコアがV ローズSには“クラシック不出走組”が10頭登録 今年のローズSには、オークスの1~3着馬が出走しない。オークスの1~3着馬が出走しないローズSは1993年以来25年ぶり3回目で、過去2回は春のクラシックに出走していなかった馬が勝利を挙げている。ローズSの登録馬18頭のうち、クラシック不出走組は10頭を占めるが、今年のローズSはどのような結果になるだろうか。なお、先週実施された秋華賞トライアルの紫苑Sでは、クラシック不出走のノームコアがオークス5着馬マウレアなどを破り、重賞初制覇を遂げている。 また、7年ぶりにサマージョッキーズシリーズのチャンピオンとなった福永祐一騎手は、桜花賞(12着)以来の出走となるフィニフティ(栗東・藤原英昭厩舎)に騎乗する予定。フィニフティは通算3戦1勝という成績で、ローズSを勝てば、2002年のファインモーションと並ぶ同レース史上最少キャリア優勝となるが、福永騎手は同馬を勝利に導くことができるだろうか。★阪神ジャンプS連覇がかかるアップトゥデイトが登場 8年連続連対中の高田潤騎手にも注目 阪神ジャンプSにJ・GI2勝馬アップトゥデイト(牡8歳、栗東・佐々木晶三厩舎)が登録している。同馬は2015年の中山グランドジャンプ、中山大障害を勝ち春秋J・GI制覇を達成するなど障害重賞5勝を挙げており、阪神ジャンプSを勝てば、史上7頭目の障害重賞6勝馬となる。アップトゥデイトには、白浜雄造騎手が騎乗する予定となっており、Vなら同騎手は史上初の障害重賞通算20勝達成となるが、J・GI馬の実力を示すことができるだろうか。 白浜騎手と同様に障害重賞通算20勝がかかる高田潤騎手は、ラヴアンドポップ(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)に騎乗する予定。同騎手は阪神ジャンプSで2010年から8年続けて連対を果たしており、同一JRA重賞の実施機会連続連対記録を更新中だが、今年も記録を伸ばすことができるだろうか。★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★ローズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★阪神ジャンプSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年9月12日(水) 13:27

 1,666

阪神ジャンプSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

9月15日 13:48更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv130 
110円 11,000円
Lv122 
200円 6,000円
Lv117 
290円 29,000円
Lv114 
110円 5,500円
Lv111 
1,680円 16,800円

的中情報をもっと見る >

阪神ジャンプS過去10年の結果

2017年9月16日() 阪神競馬場/障3140m 天候: 馬場:稍重
2016年9月17日() 阪神競馬場/障3140m 天候: 馬場:
2015年9月19日() 阪神競馬場/障3140m 天候: 馬場:
1着 オースミムーン 高田潤 3:31.9 1.3倍 107.9
2着 マキオボーラー 平沢健治 1 1/4 6.4倍 107.5
3着 ミヤコデラックス 五十嵐雄祐 44.7倍 105.9

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

阪神ジャンプSの歴史と概要

阪神ジャンプステークスは1998年の第62回競走を最後に廃止された阪神障害ステークス(秋)を機能的に引き継ぐ形で阪神競馬場の障害芝・3170mの4歳(現3歳)以上の別定混合重賞(J・GIII)「阪神ジャンプステークス」として1999年に施行された。

阪神ジャンプステークスは2006年に阪神競馬場の改修工事に伴い、中京競馬場で障害・芝3330mで施行され、2007年に現行の3140mに距離変更となった。
出走条件は、外国産馬を含む、サラ系3歳(旧4歳)以上のJRA所属の競走馬となっている。2010年にはコウエイトライ阪神ジャンプステークスで史上初となる4度目の優勝を果たし、中央競馬史上初の同一重賞4勝を達成している。


過去の優勝馬にはヒサコーボンバーテイエムダイオーアイディンサマーミレニアムスズカウインマーベラスロードプリヴェイルアズマビヨンドコウエイトライマヤノスターダムクランエンブレムテイエムハリアーオースミムーンが名を連ねる。

阪神ジャンプステークスの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

阪神ジャンプSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月29日(
シリウスステークス G3
2018年9月30日(
スプリンターズS G1

競馬番組表

2018年9月29日(
4回中山8日目
4回阪神8日目
2018年9月30日(
4回中山9日目
4回阪神9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る