会員登録はこちら
ホープフルステークス G1   日程:2019年12月28日()  中山/芝2000m

ホープフルステークスのニュース&コラム

【2歳次走報】ブラックホール、放牧を挟んでホープフルSへ
 ★札幌2歳S快勝のブラックホール(美・相沢、牡)は、放牧を挟んでホープフルS(12月28日、中山、GI、芝2000メートル)へ。同厩で1日の新潟未勝利(芝2000メートル)快勝のサぺラヴィ(牡)は、芙蓉S(22日、中山、OP、芝2000メートル)へ。同じく、1日札幌の未勝利戦(芝1500メートル)を同着で勝ち上がったイッツアワターン(牝)はカンナS(28日、中山、OP、芝1200メートル)へ。 ★小倉2歳S2着トリプルエース(栗・斉藤崇、牡)は、放牧を挟んでD杯2歳S(11月9日、京都、GII、芝1600メートル)へ。 ★新潟2歳S4着クリアサウンド(栗・杉山、牝)は、引き続き松山騎手でファンタジーS(11月2日、京都、GIII、芝1400メートル)に向かう。 ★6月2日に東京新馬戦(芝1600メートル)を勝ったサリオス(美・堀、牡)は8月末に放牧先から帰厩。サウジアラビアRC(10月5日、東京、GIII、芝1600メートル)へ向けて調整される。
2019年9月5日(木) 05:01

 225

【関屋記念&エルムS】レースの注目点
★昨年は22年ぶりに3歳馬が優勝 今年はNHKマイルC2着ケイデンスコールが登録/関屋記念 昨年の関屋記念は、プリモシーンが1996年のエイシンガイモン以来22年ぶりの3歳馬による同レース制覇を果たした。今年の関屋記念に登録している3歳馬は、NHKマイルC2着のケイデンスコール(牡、栗東・安田隆行厩舎)1頭だけだが、今年も3歳馬が関屋記念を制すことができるだろうか。 なお、関屋記念はサマーマイルシリーズの第2戦だが、同シリーズ初戦の中京記念では、3歳馬のグルーヴィット、クリノガウディーがワンツーフィニッシュを決めている。 また、昨年の関屋記念では1~3着をディープインパクト産駒が占めた。今年は、米子S勝ち馬のオールフォーラヴ(牝4歳、栗東・中内田充正厩舎)、昨年のマイルCS5着以来の出走となるミッキーグローリー(牡6歳、美浦・国枝栄厩舎)など7頭のディープインパクト産駒が登録しているが、昨年に続いて好成績を挙げることができるだろうか。★JRA重賞騎乗機会4連勝中の田辺裕信騎手 関屋記念ではロシュフォールに騎乗予定/関屋記念 田辺裕信騎手は、ラジオNIKKEI賞(ブレイキングドーン)、プロキオンS(アルクトス)、アイビスSD(ライオンボス)、レパードS(ハヤヤッコ)と目下JRA重賞騎乗機会4連勝中。JRA重賞における騎乗機会最多連勝は、1998年9月27日(ローズS)~10月25日(秋華賞)に武豊騎手が記録した「6」だが、田辺騎手はどこまで記録を伸ばすことができるだろうか。 なお、田辺騎手は2回新潟競馬で6勝を挙げ、同開催の騎手成績では2位となっており、11日の関屋記念ではロシュフォール(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)に騎乗する予定。Vなら、同馬を管理する木村調教師は、プリモシーンで制した昨年に続く関屋記念連覇となる。 また、2回新潟競馬で田辺騎手と並ぶ6勝を挙げ、2着回数の差で騎手成績トップとなっている戸崎圭太騎手は、関屋記念でディメンシオン(牝5歳、栗東・藤原英昭厩舎)に騎乗する予定。戸崎騎手は2回新潟競馬で実施された芝1600メートル戦で7戦3勝、2着1回(勝率.429、連対率.571)という成績を挙げているが、関屋記念でも好成績を挙げることができるだろうか。★函館で4戦4勝のリアンヴェリテが札幌初参戦 前年の覇者ハイランドピークも出走予定/エルムS 大沼S→マリーンSを連勝したリアンヴェリテ(牡5歳、栗東・中竹和也厩舎)が、エルムSで重賞初制覇を狙う。同馬は、JRAで通算20戦6勝という成績を挙げているが、このうち函館では4戦4勝という成績を誇り、今回は初の札幌での出走となる。7月28日に実施されたクイーンSでは、函館・札幌で無敗のミッキーチャームが勝ち、北海道シリーズでの通算成績を4戦4勝としたが、リアンヴェリテも北海道シリーズでの連勝を伸ばすことができるだろうか。なお、同馬には国分恭介騎手が騎乗する予定。 また、昨年の覇者ハイランドピーク(牡5歳、美浦・土田稔厩舎)もエルムSに登録している。同馬は前走の大沼Sでは6着に敗れたが、北海道シリーズでは4戦2勝、2着1回という成績を挙げている。ハイランドピークは昨年のエルムS以降は未勝利で、今回は1年ぶりの勝利がかかるが、初の重賞タイトルを手にした舞台で復活の勝利を挙げることができるだろうか。★GI馬タイムフライヤーがダート初挑戦 芝の重賞3勝馬マルターズアポジーも登録/エルムS 2017年のホープフルSを制したタイムフライヤー(牡4歳、栗東・松田国英厩舎)が、エルムSに登録している。同馬はデビュー以来、芝のレースに出走を続けており、三冠レースでは皐月賞10着、ダービー11着、菊花賞6着という成績を残した。タイムフライヤーは、ホープフルS以降は勝利から遠ざかっており、今回はデビュー13戦目にして初のダート戦出走となるが、新天地で久々の勝利を挙げることができるだろうか。 なお、タイムフライヤーは父がハーツクライ、母がタイムトラベリングで、統ーダートGI5勝を挙げたタイムパラドックスの甥にあたる血統。同馬が勝てば、ハーツクライ産駒はJRAダート重賞初制覇となる。 また、マルターズアポジー(牡7歳、美浦・堀井雅広厩舎)も、エルムSで初のダート戦に挑む予定。同馬は35戦8勝という成績で、重賞は福島記念、小倉大賞典、関屋記念の3勝を挙げている。マルターズアポジーは今年の小倉大賞典を除く34戦でレース序盤から逃げる戦法を取っているが、初のダート戦となる今回はどんな戦法で挑むだろうか。なお、同馬には菱田裕二騎手が騎乗する予定となっている。★関屋記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★エルムSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年8月7日(水) 16:39

 1,345

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

ホープフルステークス過去10年の結果

2018年12月28日(金) 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2017年12月28日(木) 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2016年12月25日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ホープフルステークスのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝2000m

皐月賞と同じコースでの施行されるレースということもあり、2013年までのオープン特別時代から関東の有力2歳馬だけでなく、関西馬が遠征してくることも珍しくなかった。2014年の重賞格上げ後はシャイニングレイ、ハートレーとノーザンF期待のディープインパクト産駒が連勝も故障のため翌年のクラシックは不出走。しかし、2016年1着のレイデオロが1992年のウイニングチケット以来となるこのレースの勝ち馬によるダービー制覇を果たし、流れが変わりつつある。2017年からはG1に昇格し、これまで以上に関西の素質馬の参戦が期待でき、翌年の皐月賞とも直結しやすいレースになることが予想される。出走ボーダーラインの上昇で1勝馬の出走枠が減るかもしれないが、それはやむを得ないところだろう。舞台となる中山芝2000mは直線入口からのスタートで直線の急坂を2度上るコースで、距離適性に加えタフさも求められる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

ホープフルステークスステップレース

2019年11月23日() 京都競馬場/芝2000m
2019年11月16日() 東京競馬場/芝1800m
2019年11月9日() 京都競馬場/芝1600m

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

ホープフルステークスの歴史と概要


2016年の優勝馬レイデオロ

2歳牡馬・牝馬の中距離チャンピオン決定戦。のちに皐月賞馬となり、無敗のまま引退するアグネスタキオン日本ダービージャパンカップに勝つジャングルポケットNHKマイルカップとジャパンカップダート(現チャンピオンズカップ)に勝つクロフネの三つ巴となった第17回(2000年)は、2歳戦とは思えない密度の濃さだった。その他の年も、アドマイヤベガ(第15回・1998年)、ザッツザプレンティ(第19回・2002年)、ワンアンドオンリー(第30回・2013年)など、勝ち馬にはクラシックホースがずらりと並ぶ。第33回(2016年)はレイデオロが余裕たっぷりの競馬で勝利。翌年の日本ダービー制覇を予感させる大物ぶりを見せつけた。

歴史と概要をもっと見る >

ホープフルステークス昨年のBIGヒット予想家

去年のホープフルステークスを見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2018年12月28日(金) 15:28更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 82 
1,130円 113,000円
Lv 82 
1,130円 113,000円
Lv 110 
3,650円 73,000円
Lv 102 
1,130円 62,150円
Lv 98 

3,650円
3,650円
58,400円
Lv 101 
1,130円 56,500円
Lv 100 
1,130円 56,500円
Lv 99 
560円 56,000円
Lv 83 
560円 56,000円
Lv 84 
3,650円 54,750円
Lv 91 
3,650円 54,750円
Lv 97 
640円 51,200円
Lv 109 
3,650円 43,800円
Lv 94 

3,650円
640円
42,900円
Lv 96 
640円 38,400円
Lv 93 
3,650円 36,500円
Lv 91 
3,650円 36,500円
Lv 108 
3,650円 36,500円
Lv 84 
3,650円 36,500円
Lv 107 
1,130円 33,900円

ホープフルステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年9月22日(
産経賞オールカマー  G2
神戸新聞杯  G2

競馬番組表

2019年9月21日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2019年9月22日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 リオンリオン 牡3
13,748万円
10 ファンタジスト 牡3
13,439万円
» もっと見る