会員登録はこちら
ホープフルステークス G1   日程:2019年12月28日()  中山/芝2000m

ホープフルステークスのニュース&コラム

【2歳次走報】ブラックホール、ホープフルSへ
 ★札幌2歳Sに優勝したブラックホール(美・相沢、牡)は、来週放牧から帰厩、ホープフルS(12月28日、中山、GI、芝2000メートル)へ。★ブラックホールの競走成績はこちら
2019年11月21日(木) 05:00

 100

15年ホープフルSの覇者ハートレーが引退、乗馬に
 JRAは20日、2015年ホープフルS・GII優勝馬ハートレー(騙6歳、美浦・手塚貴久厩舎)が競走馬登録を抹消したと発表した。今後は福島県天栄村のノーザンファーム天栄で乗馬となる予定。JRA通算8戦2勝、JRA獲得賞金8331万1000円(付加賞含む)。 同馬は父ディープインパクト、母ウィキッドリーパーフェクトという血統で、今年2月の京都記念・GII(11着)がラストランとなった。★ハートレーの競走成績はこちら
2019年11月20日(水) 16:15

 413

【東スポ2歳S】コントレイル、2歳日本レコード!
 東スポ杯2歳Sが16日、東京競馬場で8頭によって争われ、ムーア騎乗で1番人気のコントレイルが5馬身差で圧勝。1分44秒5という破格の2歳日本レコードをマークして、無傷のV2を飾った。今後はホープフルS(12月28日、中山、GI、芝2000メートル)に向かう。2着は2番人気のアルジャンナだった。 瞬時に抜け出し、みるみる差が開く。5馬身の着差もさることながら、1分44秒5のタイムに場内がどよめいた。1番人気のコントレイルが名手ムーアに導かれて圧勝。従来の記録を一気に1秒1も塗り替える2歳日本レコードに、誰もがとてつもない大物の誕生を確信した。 「いやあ…。想像を超えていました。やれるとは思っていたけど、まさかここまでとは…」 多くのGI馬を管理してきた矢作調教師も思わず絶句したほど。1000メートル58秒8というよどみない流れを中団で追走すると、直線は同じ父を持つ2頭をあっさりと置き去りにした。 アクシデントはレース前のこと。ゲート裏の輪乗りで暴れ、ムーアが振り落とされた。鞍上は左肩を強打。ほぼ右手でしか追えない状態にもかかわらず、怪物級のパフォーマンスを演出した。レース後は医務室へ行ったためインタビューをキャンセルしたが、「強かった。いい位置で我慢できて最後も伸びてくれた。こんなトップクラスの馬に乗れてうれしい」と賛辞を惜しまなかった。 東京芝1800メートルは、古馬のレコードが1分44秒2(2007年・チョウサン)。先月の毎日王冠を勝ったダノンキングリーでも、1分44秒4だった。この時期の2歳馬がそれに迫るタイムをマークした価値は絶大だ。 「前進気勢が強いから距離が延びるとどうかと思ったけど、これなら2000メートルは大丈夫。馬の状態を見てホープフルSへ向かいます」 矢作調教師にとって東スポ杯は、11年にディープブリランテで勝ったレース。その後、同馬はダービー馬に上り詰めた。「王道の弥生賞、皐月賞へ行きたい。ディープブリランテも難しい馬だったから、それを考えれば(ダービーの)2400メートルも大丈夫かも。大事に育てていかないとね」と期待は膨らむばかりだ。 飛行機雲という意味のコントレイル。こんな音速の飛行機雲についていける馬はいるのか。年末から来春、さらにはその先まで、新怪物の走りに大注目だ。 (柴田章利)★16日東京11R「東スポ杯2歳S」の着順&払戻金はこちらコントレイル 父ディープインパクト、母ロードクロサイト、母の父アンブライドルズソング。青鹿毛の牡2歳。栗東・矢作芳人厩舎所属。北海道新冠町・(株)ノースヒルズの生産馬。馬主は前田晋二氏。戦績2戦2勝。獲得賞金4030万1000円。重賞初勝利。東スポ杯2歳Sは、矢作芳人調教師が2011年ディープブリランテに次いで2勝目、ライアン・ムーア騎手は14年サトノクラウンに次いで2勝目。馬名は「飛行機雲」。
2019年11月17日() 05:02

 365

【デイリー2S】代打「武」でベルジュール無傷連勝
 デイリー杯2歳Sが9日、京都競馬場で11頭によって争われ、3番人気で武豊騎乗のレッドベルジュールが、デビューから連勝で重賞を制覇した。次走は朝日杯FS(12月15日、阪神、GI、芝1600メートル)とホープフルS(同28日、中山、GI、芝2000メートル)の両にらみ。2着に7番人気のウイングレイテスト、3着に1番人気のペールエールが入った。 レッドベルジュールが、内ラチ沿いを突き抜けた。武豊騎手の好判断もあっての差し切り。名手が笑みを浮かべた。 「急きょの代打騎乗になりましたが、勝ててうれしいです。まだデビュー2戦目で、6月以来の競馬でこの勝ち方。能力はあると思います」 スタートはひと息ながら、慌てずに後方2番手を追走。直線入り口で「外に出せればと思っていましたがスペースがなく、苦し紛れ(のイン突き)でしたが、よく反応してくれました」。上がり最速3ハロン33秒8の末脚で、外の馬をなで切った。 デットーリ騎手が騎乗停止で来日できなくなったことによる巡り合わせ。藤原英調教師は「(武)豊じゃないと勝てなかった。あいていてよかった。100点の騎乗や」と絶賛。6月阪神の新馬戦以来4カ月半ぶりで、28キロ増の馬体重478キロが成長分であることを結果で証明した。 「しっかり成長してくれた。能力はあるし、年末のGIを目指す」と指揮官。朝日杯FSとホープフルSの両にらみにはなるが、華々しく主役候補に躍り出た。 (山口大輝)レッドベルジュール 父ディープインパクト、母レッドファンタジア、母の父アンブライドルズソング。鹿毛の牡2歳。栗東・藤原英昭厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(株)東京ホースレーシング。戦績2戦2勝。獲得賞金4540万6000円。重賞初勝利。デイリー杯2歳Sは藤原英昭調教師が初勝利、武豊騎手は1989年ヤマニングローバル、96年シーキングザパール、98年エイシンキャメロン、2006年オースミダイドウ、15年エアスピネルに次いで6勝目。馬名は「冠名+美しい日(仏語)」。★9日京都11R「デイリー杯2歳S」の着順&払戻金はこちら
2019年11月10日() 05:04

 418

ホープフルステークスのニュースをもっと見る >

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

ホープフルステークス過去10年の結果

2018年12月28日(金) 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2017年12月28日(木) 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2016年12月25日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ホープフルステークスのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝2000m

皐月賞と同じコースでの施行されるレースということもあり、2013年までのオープン特別時代から関東の有力2歳馬だけでなく、関西馬が遠征してくることも珍しくなかった。2014年の重賞格上げ後はシャイニングレイ、ハートレーとノーザンF期待のディープインパクト産駒が連勝も故障のため翌年のクラシックは不出走。しかし、2016年1着のレイデオロが1992年のウイニングチケット以来となるこのレースの勝ち馬によるダービー制覇を果たし、流れが変わりつつある。2017年からはG1に昇格し、これまで以上に関西の素質馬の参戦が期待でき、翌年の皐月賞とも直結しやすいレースになることが予想される。出走ボーダーラインの上昇で1勝馬の出走枠が減るかもしれないが、それはやむを得ないところだろう。舞台となる中山芝2000mは直線入口からのスタートで直線の急坂を2度上るコースで、距離適性に加えタフさも求められる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

ホープフルステークスステップレース

2019年11月23日() 京都競馬場/芝2000m
あと1日
2019年11月16日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 6 コントレイル R.ムーア 1:44.5 2.5倍 97.7
2着 5 アルジャンナ 川田将雅 3.0倍 92.3
3着 1 ラインベック W.ビュイック 4.6倍 87.6
4着 3 オーロラフラッシュ C.ルメール 1 1/4 11.0倍 86.3
5着 2 リグージェ O.マーフィー 2 1/2 12.5倍 83.6
2019年11月9日() 京都競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 1 レッドベルジュール 武豊 1:34.5 7.7倍 94.0
2着 10 ウイングレイテスト 松岡正海 1 1/2 30.9倍 92.4
3着 3 ペールエール M.デムーロ 3/4 2.5倍 91.7
4着 7 トリプルエース 和田竜二 1/2 11.4倍 90.9
5着 8 ライティア 北村友一 クビ 7.7倍 90.1

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

ホープフルステークスの歴史と概要


2016年の優勝馬レイデオロ

2歳牡馬・牝馬の中距離チャンピオン決定戦。のちに皐月賞馬となり、無敗のまま引退するアグネスタキオン日本ダービージャパンカップに勝つジャングルポケットNHKマイルカップとジャパンカップダート(現チャンピオンズカップ)に勝つクロフネの三つ巴となった第17回(2000年)は、2歳戦とは思えない密度の濃さだった。その他の年も、アドマイヤベガ(第15回・1998年)、ザッツザプレンティ(第19回・2002年)、ワンアンドオンリー(第30回・2013年)など、勝ち馬にはクラシックホースがずらりと並ぶ。第33回(2016年)はレイデオロが余裕たっぷりの競馬で勝利。翌年の日本ダービー制覇を予感させる大物ぶりを見せつけた。

歴史と概要をもっと見る >

ホープフルステークス昨年のBIGヒット予想家

去年のホープフルステークスを見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2018年12月28日(金) 15:28更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 86 
1,130円 113,000円
Lv 81 
1,130円 113,000円
Lv 122 
3,650円 73,000円
Lv 106 
1,130円 62,150円
Lv 97 

3,650円
3,650円
58,400円
Lv 99 
1,130円 56,500円
Lv 103 
1,130円 56,500円
Lv 96 
560円 56,000円
Lv 82 
3,650円 54,750円
Lv 89 
3,650円 54,750円
Lv 97 
640円 51,200円
Lv 105 
3,650円 43,800円
Lv 91 

3,650円
640円
42,900円
Lv 96 
640円 38,400円
Lv 95 
3,650円 36,500円
Lv 101 
3,650円 36,500円
Lv 116 
3,650円 36,500円
Lv 92 
3,650円 36,500円
Lv 109 
1,130円 33,900円
Lv 94 
840円 33,600円

ホープフルステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年11月23日(
ラジオN杯京都2歳S  G3
2019年11月24日(
ジャパンカップ  G1
京阪杯  G3

競馬番組表

2019年11月23日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2019年11月24日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 レイデオロ 牡5
88,155万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 ヴェロックス 牡3
21,907万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
8 グランアレグリア 牝3
19,878万円
9 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
10 リオンリオン 牡3
13,748万円
» もっと見る