ジャングルポケット(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ジャングルポケット
写真一覧
抹消  鹿毛 1998年5月7日生
調教師渡辺栄(栗東)
馬主吉田 勝己
生産者ノーザンファーム
生産地早来町
戦績13戦[5-3-2-3]
総賞金70,425万円
収得賞金14,350万円
英字表記Jungle Pocket
血統 トニービン
血統 ][ 産駒 ]
Kampala
Severn Bridge
ダンスチャーマー
血統 ][ 産駒 ]
Nureyev
Skillful Joy
兄弟 カサノバダンディコマチエクスプレス
前走 2002/12/22 有馬記念 G1
次走予定

ジャングルポケットの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
02/12/22 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 14694.537** 牡4 57.0 藤田伸二渡辺栄476(-2)2.33.9 1.335.9⑧⑧⑥④シンボリクリスエス
02/11/24 中山 10 ジャパンC G1 芝2200 165104.235** 牡4 57.0 武豊渡辺栄478(+4)2.12.5 0.335.3⑯⑮⑮⑬ファルブラヴ
02/04/28 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 11673.532** 牡4 58.0 武豊渡辺栄474(-4)3.19.5 0.034.0⑦⑦⑦⑦マンハッタンカフェ
02/03/17 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 9882.222** 牡4 58.0 小牧太渡辺栄478(+8)3.08.2 0.334.6⑤⑤④④ナリタトップロード
01/11/25 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 15464.221** 牡3 55.0 O.ペリエ渡辺栄470(0)2.23.8 -0.034.9⑩⑨⑪⑩テイエムオペラオー
01/10/21 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 157132.314** 牡3 57.0 角田晃一渡辺栄470(0)3.07.6 0.434.2⑦⑧⑨⑨マンハッタンカフェ
01/08/19 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 9771.313** 牡3 54.0 角田晃一渡辺栄470(0)2.00.5 0.434.6⑦⑥⑤エアエミネム
01/05/27 東京 9 東京優駿 G1 芝2400 188182.311** 牡3 57.0 角田晃一渡辺栄470(-4)2.27.0 -0.235.6⑪⑪⑬⑩ダンツフレーム
01/04/15 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 18113.723** 牡3 57.0 角田晃一渡辺栄474(0)2.00.6 0.335.3⑭⑬⑩⑦アグネスタキオン
01/02/04 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 12681.411** 牡3 56.0 角田晃一渡辺栄474(+8)1.47.9 -0.334.8⑤⑤プレジオ
00/12/23 阪神 11 ラジたん3S G3 芝2000 12444.832** 牡2 54.0 角田晃一渡辺栄466(0)2.01.2 0.434.5④⑤⑤⑥アグネスタキオン
00/09/23 札幌 11 札幌3歳S G3 芝1800 13579.251** 牡2 53.0 千田輝彦渡辺栄466(+10)1.49.6 -0.235.8⑤④④⑤タガノテイオー
00/09/02 札幌 5 2歳新馬 芝1800 8669.851** 牡2 53.0 千田輝彦渡辺栄456(--)1.52.0 -0.135.9タガノテイオー

ジャングルポケットの関連ニュース

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はアメリカジョッキークラブカップ2021・血統予想をお届けします!


中山競馬場の外回りコースで施行されることからロングスパート勝負になりやすく、トニービンを筆頭に欧州血脈の持続力が活きやすい。また、2200mという非根幹距離、トリッキーな小回りコースであることからネヴァブション(09年1着、10年1着、11年3着)やトウショウシロッコ(09年3着、10年3着)のようなリピート好走も目立ち、18年ダンビュライトにおいては12年ルーラーシップとの父仔制覇を果たしている。これら4頭からはMill ReefまたはRiverman(どちらも父Never Bend×母の父Princequillo系)も強調できそうで、昨年の1~3着(ブラストワンピースステイフーリッシュラストドラフト)もラストタイクーン経由でMill Reefの血を引いていた。

アリストテレスは、父エピファネイア×母ブルーダイアモンド(母の父ディープインパクト)。リンカーンヴィクトリーの甥にあたる血統で、牝系はフサイチコンコルドアンライバルドが出たバレークイーンに遡る。父系も母系も晩成傾向の強い血統で、本馬も菊花賞-G1では同世代最強と謳われるコントレイルを追い詰めるほどに成長していた。父トニービン×母の父Sadler's Wellsの 2代母グレースアドマイヤもレース傾向から強調しやすく、中山に良績が集まる近親の成績を踏まえても不動の中心と見るべきだろう。

サトノフラッグは、父ディープインパクト×母バラダセール(母の父Not for Sale)。母は11年に亜1000ギニー-亜G1、亜オークス-亜G1を制したアルゼンチン3歳牝馬チャンピオンで、全妹サトノレイナスは20年阪神ジュベナイルフィリーズ-G1でハナ差2着の惜敗。本馬は持続力を活かしたいタイプなので休み明けに一抹の不安を残すが、中山では惚れ惚れするような立ち回りを見せる。なお、父の産駒は本競走で2勝を挙げるほか、初出走となった12年から8年連続で掲示板を確保していた(昨年は不出走)。

ラストドラフトは、父ノヴェリスト×母マルセリーナ(母の父ディープインパクト)。グランデッツァの甥にあたる血統で、母は11年桜花賞-G1と13年マーメイドS-G3の勝ち馬。本馬は昨年に不利がありながらも3着に好走しており、1・2着馬が内々を立ち回っていたことを考慮すれば、大外から末脚を伸ばしていた内容にも目を見張るものがあった。非根幹距離では「1-1-1-0」と底を見せていない魅力もあり、リピーターの活躍が目立つ傾向からも注目しておきたい。

(文・シンヤカズヒロ)


【血統予想からの注目馬】
アリストテレス サトノフラッグ ラストドラフト

【血統アナリシス】京都金杯2021 今年は急坂コースに舞台替わり、ノーザンテーストやトニービンの血に注目 2020年12月28日(月) 12:15

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はスポーツニッポン賞京都金杯・血統予想をお届けします!


今年は京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、京都金杯-G3は中京芝1600mに舞台を移して施行される。同コースでは7月末に中京記念-G3が古馬重賞として施行されているが、昨年はリステッド競走のポートアイランドS-Lも振替開催されていた。それらのレースで目に留まるのは、ノーザンテースト、トニービン、Nijinsky、Danzigといったパワーや持続力に長けた血統。中京記念-G3を12・13年と2連覇したフラガラッハ、同じく13・14年と二桁人気で2年連続2着となったミッキードリームの2頭においてはトニービンとノーザンテーストを併せ持つほか、サンデーサイレンスとNureyevの血を引く点でも共通していた。

ロードマイウェイは、父ジャスタウェイ×母フェリス(母の父ジャングルポケット)。シンメイフジの甥にあたる血統で、3代母シンコウラブリイは93年マイルチャンピオンシップを制するなど重賞6勝の活躍。本馬は父系からも母系からもトニービンの血を引くために晩成傾向が強く、3歳時の活躍だけで枯れるようなタイプではない。牝系に目を向けても、近親のロードクロノスは6歳、ムイトオブリガードは5歳で重賞初制覇を飾っており、3代母においては引退レースで初めてG1を制している。

ピースワンパラディは、父ジャングルポケット×母クリアソウル(母の父アグネスデジタル)。近親にホエールキャプチャパクスアメリカーナがいるエミネントガールに遡る牝系。本馬は距離や馬場を問わないオールラウンダーではあるが、近親の成績を踏まえてもデビューから連対を外していない芝1600mがベストだろう。ジャングルポケットやNashwanといった成長力に富む血統を抱えているため、明け5歳となる今年はさらなる飛躍が期待される。

ケイデンスコールは、父ロードカナロア×母インダクティ(母の父ハーツクライ)。フェイムゲームバランスオブゲームの甥にあたる血統で、ステイゴールドショウナンパンドラが出たダイナサツシユに遡る牝系。本馬は3走前のポートアイランドS-Lが58kgを背負い、直線でスムーズさも欠いていたことを思えば悪くない内容だった。冒頭で取り上げたフラガラッハミッキードリームと共通する血統も多く、近走成績からは復調気配も示せているだけに、穴馬として一考する価値があるかもしれない。

(文・シンヤカズヒロ)


【血統予想からの注目馬】
ロードマイウェイ ピースワンパラディ ケイデンスコール

[もっと見る]

【ジャパンC】ペリエぞっこん!アーモンドアイは「日本のエネイブル」 2020年11月28日() 05:00

 ジャパンCがあす29日、東京競馬場で行われる。史上初めて3冠馬3頭が激突する歴史的一戦を前に、フランスのトップジョッキー、オリビエ・ペリエ騎手(47)が本紙に登場。凱旋門賞4勝など世界屈指の実績を誇り、日本でもこのジャパンC2勝を含めてGI12勝している名手は、“最も注目する馬”に今回がラストランの(2)アーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎、牝5歳)を挙げた。(取材構成・沢田康文)

  

 日本のみなさん、コンニチハ!! オリビエ・ペリエです。ジャパンCはこれまでの長い騎手生活で、2度勝つことができました(注(1))。ウイニングランでの観客からの『ペリエコール』は、今も忘れられません。今年は3冠馬3頭が激突。ワクワクする出走馬がそろいました。世界中のホースマンが注目する素晴らしいレースになると思います。

 その中で、僕が最も注目しているのはアーモンドアイです。この馬のことは3歳時から知っています。日本が世界に誇るスーパー牝馬。タイプは異なりますが、長くトップを牽引(けんいん)する姿は、日本のエネイブル(注(2))だと思っています。

 主戦のクリストフ(ルメール騎手)は僕にとって、弟のような存在です。ポニー競走に夢中だった14歳の頃、「プロの騎手にならないか?」と最初に声を掛けてくれたのが、他ならぬクリストフの父パトリス氏(注(3))。クリストフがまだ8歳の時で、以来、家族ぐるみでいつも一緒に行動をしていたのです。前走でアーモンドアイの芝GI8勝という新記録を達成して、今回はプレッシャーなく臨めるはず。ファンの方に最高の形でサヨナラのメッセージを届けてもらいたいと思います。

 最大のライバルはコントレイル。ネットでレースを見ましたが、(同舞台の)日本ダービーが本当に強かったので、舞台替わりはプラス。中4週と間隔は詰まっていますが、僕が勝ったジャングルポケット菊花賞からの(中4週での)参戦でした。

 デアリングタクトはキャリアが少ないですが素晴らしい牝馬で、3歳牝馬は斤量も有利です。エピファネイア産駒なので、2代父がシンボリクリスエス(注(4))。競馬に携わっていると、時間の経つのが本当に早いと思います。

 3強はどの馬も素晴らしい末脚を秘めているので、道中のポジションや細かい部分が勝敗を分けると思います。騎手の駆け引きや騎乗に注目してもらいたいですね。

 その他では、カレンブーケドールグローリーヴェイズ、フランスに遠征したキセキ、ユタカ(武豊騎手)の騎乗するワールドプレミアの走りも楽しみにしています。フランスから参戦するウェイトゥパリスはちょっと難しい。同じレースで何度も走っていますが、“GI馬中のGI馬”ではないですし、フランスの馬がジャパンCを勝ったのは過去ルグロリュー(注(5))の1度だけ。外国の馬がジャパンCを勝つのは大変なことです。

 僕自身は、またジャパンCに遠征できるようなお手馬と出会い、来年、日本のファンの皆さまに会いたいと思っています!! 新型コロナに気をつけて、元気にお過ごしください。



 注(1)=2勝2001年ジャングルポケット、04年ゼンノロブロイで制覇。 注(2)=エネイブル 英国産。父ナサニエル、母コンセントリック、母の父サドラーズウェルズ。17、18年凱旋門賞などGI11勝の名牝。今年の凱旋門賞6着で引退した。通算19戦15勝。 注(3)=パトリス・ルメール氏 フランスの障害競走の元騎手。 注(4)=シンボリクリスエス 02、03年の年度代表馬。GIは4勝で、天皇賞・秋有馬記念をともに連覇。そのうちペリエ騎手とのコンビで3勝した。04年に種牡馬入り。主な産駒にエピファネイアルヴァンスレーヴがいる。 注(5)=ルグロリュー1987年のジャパンCを3番人気で制覇。この年の日本馬最先着はダイナアクトレスの3着だった。



 ■オリビエ・ペリエ(Olivier Peslier)…1973年1月12日生まれ、47歳。フランス出身。89年に同国でデビュー。96~98年、2012年に凱旋門賞4勝、フランスのリーディングを4回獲得。欧州以外でも活躍する、世界を代表する騎手の一人。日本には94年以降、短期免許などで来日して騎乗。JRA通算379勝、GI12勝。

ジャパンCの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【関屋記念&小倉記念】レースの注目点 2020年8月13日(木) 12:09

★2回新潟でトップの9勝を挙げた福永祐一騎手はプリモシーンに騎乗予定/関屋記念



 先週で2回新潟競馬が終了し、今週は3回新潟競馬が開幕する。3週にわたって開催された2回新潟競馬では、福永祐一騎手がトップの9勝を挙げた。同騎手は、16日に行われる関屋記念ではプリモシーン(牝5歳、美浦・木村哲也厩舎)に騎乗予定だが、3回新潟競馬の開幕を飾る重賞を制すことができるか。Vなら、福永騎手は歴代最多タイの関屋記念4勝目となる。なお、プリモシーンは2018年の関屋記念勝ち馬で、ダイワテキサス(1998・2000年)以来2頭目の関屋記念隔年Vがかかる。



 また、アストラエンブレム(セン7歳、美浦・小島茂之厩舎)に騎乗予定の北村宏司騎手は、関屋記念をこれまでに4勝しており、歴代単独トップの同レース5勝目を目指す。アストラエンブレムは前走の谷川岳Sを制すなど、関屋記念の舞台となる新潟芝1600メートル戦で3戦3勝という成績を挙げているが、7歳にして初の重賞タイトルを手にすることができるか。



中京記念を制したメイケイダイハードの“サマーマイル”対象レース連勝なるか/関屋記念



 今年で創設9年目を迎えたサマーマイルシリーズは、新たに米子Sが構成レースに加わり、全4戦で争われる。8月10日現在の順位を見ると、シリーズ第2戦の中京記念を制したメイケイダイハードが10ポイントを獲得してトップに立っている。獲得ポイント上位5位までの馬のうち、シリーズ第3戦の関屋記念には、首位を走るメイケイダイハード(牡5歳、栗東・中竹和也厩舎)、米子S3着、中京記念5着で4位(5ポイント)のミッキーブリランテ(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)、中京記念3着で5位(4ポイント)のエントシャイデン(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎)の3頭が登録してるが、関屋記念を制してシリーズチャンピオンの座に前進することができるか。



 なお、メイケイダイハードには石橋脩騎手、ミッキーブリランテには岩田康誠騎手、エントシャイデンには川須栄彦騎手が騎乗する予定となっている。



★JRA10場重賞制覇なるか ジャングルポケット産駒のノーブルマーズに注目/小倉記念



 ジャングルポケット産駒は、小倉を除く9場でJRA重賞を制しており、小倉記念でJRA全10場重賞制覇がかかる。同産駒は昨年3着のノーブルマーズ(牡7歳、栗東・宮本博厩舎)が登録しているが、小倉でも重賞を制して、グレード制が導入された1984年以降では11頭目となる全10場重賞制覇を決めることができるか。なお、ノーブルマーズには高倉稜騎手が騎乗する予定。



 また、ノーブルマーズは2015年のJRAブリーズアップセールで1100万円(税抜)で取引された。同馬が小倉記念を勝てば、JRAブリーズアップセール取引馬としては10頭目のJRA重賞勝ち馬となるが、通算44戦目にして重賞初制覇を遂げることができるか。



★2回小倉競馬が15日に開幕!“夏の小倉”で好成績挙げる池江泰寿調教師



 2回小倉競馬が15日に開幕する。過去5年の“夏の小倉競馬”リーディングジョッキーを見ると、2015・16年に川田将雅騎手が2年連続で開催リーディングに輝いたが、その後は毎年変わっており、昨年は松山弘平騎手がリーディングとなった。今年の2回小倉競馬は例年より短い4週間の日程で開催されるが、どのジョッキーが活躍するだろうか。なお、16日に実施される小倉記念では、川田騎手がサトノルークス(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)、松山騎手がサトノガーネット(牝5歳、栗東・矢作芳人厩舎)に騎乗予定だ。



 ちなみに、サトノルークスを管理する池江泰寿調教師は過去5年の“夏の小倉競馬”で好成績を挙げており、2016・17年と2年連続で開催リーディングトレーナーを獲得。昨年の2回小倉競馬でも5勝を挙げ、調教師成績で3位になっている。

関屋記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★小倉記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】京都大賞典 音無厩舎のルーラーシップ産駒が休み明けから好勝負!最内枠のジャングルポケット産駒に穴ムード! 2019年10月5日() 16:30

日曜日に行われる京都大賞典の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ノーブルマーズ
2日に行われた栗東坂路の追い切りでは、コースの真ん中をしっかりとした脚取りで駆け上がり、終い2Fを24秒7-12秒2でまとめた。前走の小倉記念で3着と、久しぶりに馬券対象になった勢いをキープしている。内枠の時に好走するケースが多く、今回は願ってもない1番枠を引き当てた。状態の良さを活かしてアッと言わせるシーンもありそうだ。

アルバート
昨年12月のステイヤーズSを取り消し後の休み明け、かつ栗東への転厩初戦。それもあってか、中間の時計は坂路のみと、調教パターンが明らかに変わっている。2日の併せ馬では4F52秒9、ラスト1F12秒3を刻み、4歳1勝クラスに先着したが、走りは重苦しく完調手前の印象。今回は手探りな部分が多く、大望まではどうか。

クリンチャー
新潟記念から中4週という臨戦過程。1週前にレースで騎乗予定の池添謙一騎手がまたがり、CWで馬場の内めを通って6F81秒前後を記録した。ただ、終い1Fが13秒近辺と要している点はいただけない。まだ、昨年のフランス遠征の影響が残っているようで変わり身に乏しい現状。強くは推せない。

エタリオウ
9月26日の1週前追い切りは、レースで手綱を取る予定の横山典弘騎手が栗東に駆けつけ、CWで併せ馬を行なった。鞍上が促すと即座に反応して6F80秒台前半の時計をマーク。春の疲れも癒えて、いい状態で秋初戦を迎えられそうである。悲願の重賞タイトルに手が届いてもおかしくない。

チェスナットコート
2日に栗東坂路で京都大賞典に出走予定のドレッドノータスと併せ馬を実施。鞍上が大きなアクションでしっかり追ったものの、アッサリと突き放されて終い1Fは13秒1を要した。攻めを確認する限り、近走の低迷から抜け出せるとは考えにくく、今回も厳しい戦いになりそうだ。

シルヴァンシャー
目下条件戦を3連勝中のディープインパクト産駒。9月上旬から栗東CWで4週続けて併せ馬を行い、いずれも6F82秒前後、終い1Fを12秒ソコソコでまとめている。約6カ月ぶりのレース、かつ重賞初挑戦と条件は楽ではないが、それを克服できるだけの期待をもてる状態とみる。

ドレッドノータス
2日に栗東坂路で、同じく京都大賞典に出走予定のチェスナットコートと併せ馬を行ない、ラスト1Fを12秒9で収めて先着。この馬なりに状態は良さそうだが、その一方で別定のG2戦で勝ち負けを期待できるだけのアピール度には欠ける。連下争いに食い込めれば上出来ではなかろうか。

パリンジェネシス
帰栗後はCW中心に丹念に乗り込まれてきた。2日の本追い切りでは、レースでも手綱を取る予定の松山弘平騎手がまたがり、終い1Fを12秒前後にまとめている。一応の態勢は整ったようだ。ただ、春先は6F80秒ソコソコのタイムを刻んでいたのに対し、今回は6F85秒台と抑え気味のあたりは気になるところ。まだ本調子に届いていないのではないか。

エアウィンザー
9月上旬から栗東CWと坂路を織り交ぜて、調整を進めてきた。2日にCWで行われた本追い切りは、6F85秒程度ではあったが、終い1Fを11秒台半ばでまとめて好仕上がりをアピール。大阪杯は0秒2差の5着。G1でも通用するポテンシャルは示している。その力を出せる態勢にはありそうだ。

ウラヌスチャーム
15日に美浦坂路で流したあとは栗東へ移動し、そのまま滞在調整。2日のCW追いでは6F83秒台のタイムをマーク。併走遅れを喫したものの、気負いなく走っている姿は長丁場を走るうえで、好感が持てる。今回のメンバーでは紅一点の存在となるが、条件戦とはいえ長丁場で結果を出している。侮れない1頭といえよう。

アドマイヤジャスタ
9月中旬から栗東坂路を中心にじっくりと調整を進め、2日の追い切りではレースでも騎乗予定の北村友一騎手がまたがり、4F51秒7をマークした。その一方で、終い1Fが13秒0を要している点はおおいに不満。順調ならばセントライト記念か神戸新聞杯のどちらかを使っていたと思われる。今回は割引が必要ではないか。

リッジマン
9月上旬から栗東CWで入念な乗り込み。最終追い切りは4Fから軽く流す程度で、52秒台半ばのタイムを記録した。それなりに順調そうだが、昨年の有馬記念以降は精彩を欠いている現状。一変をアピールするほどの内容には至っていない。良くなるのは、もう少し使ってからだろう。

メートルダール
中間は美浦Wで調整を積み、いずれも終い重点ながら、ラスト1Fをマズマズのラップで収めているように、この馬なりのデキはキープしている。しかし、1月のAJCC3着時ほど、活発に動いているわけではなく、上昇度の面で物足りなさが残る。今回は厳しいレースになりそうだ。

ダンビュライト
1週前、今週と栗東坂路で毎日王冠に出走予定のインディチャンプをパートナーに併せ馬を消化。1週前は4F50秒7の時計で先着。今週は遅れたものの、4F51秒2を記録し、骨折明けを感じさせない気配の良さを示している。G1ウイナーの胸を借りて、質の高い調整を重ねている点は好感度が高い。3つ目の重賞タイトルを狙えるデキにある。

レノヴァール
9月中旬から栗東坂路で調教を重ねている。2日の追い切りではラスト1F12秒2のラップを刻み、順調度をアピールした。しかし、札幌日経オープンで5着止まり。重賞では家賃が高い印象を受ける。掲示板に載ることができれば、御の字ではなかろうか。

グローリーヴェイズ
帰厩後は美浦W中心に、じっくりと調整。先週と今週はリズミカルな走りで5F66秒ソコソコのタイムをマーク。ほぼ陣営の思惑通りに調整が進んでいるものと推察される。休み明けから好勝負に持ち込めそうな状態にはあるが、問題は17頭立ての16番枠。道中の立ち回りがキーポイントになるだろう。

ウインテンダネス
9月上旬から栗東CWで調整を進めているものの、速い攻めが少なめなのは気がかりな材料。1週前に6F80秒近辺のタイムを刻んでおり、自身のパフォーマンスは示しているが、昨年の目黒記念以降はパッとしない現況。それを覆すまでには至らない。上位争いを望むのは厳しいか。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【レパードS&小倉記念】レースの注目点 2019年7月31日(水) 16:18

★ダート路線の出世レース 今年はデルマルーヴルなど20頭が登録/レパードS



 レパードSは、過去の優勝馬にJRAダートGIで4勝を挙げたトランセンド、統一ダートGIで10勝を挙げたホッコータルマエなどが名を連ねている。また、優勝馬以外からもワンダーアキュート(2009年5着)、ケイティブレイブ(2016年2着)などが後に統ーダートGIを制しており、ダート路線を占う重要なレースとなっている。



 今年のレパードSには、ジャパンダートダービー2着のデルマルーヴル(牡、美浦・戸田博文厩舎)、前走で2勝クラスを勝ち上がったアッシェンプッテル(牝、栗東・奥村豊厩舎)、サトノギャロス(牡、栗東・西園正都厩舎)、ブラックウォーリア(牡、栗東・西村真幸厩舎)、ブルベアイリーデ(牡、栗東・杉山晴紀厩舎)など20頭が登録しているが、ダート路線の出世レースを制すのはどの馬だろうか。



★収得賞金900万円組の抽選確率は「12分の8」 ハヤヤッコ白毛馬初のJRA重賞Vなるか/レパードS



 レパードSはフルゲート15頭で争われるが、7月29日現在、収得賞金上位のアッシェンプッテル(牝、栗東・奥村豊厩舎)、ヴァイトブリック(牡、美浦・和田正一郎厩舎)、サトノギャロス(牡、栗東・西園正都厩舎)、デルマルーヴル(牡、美浦・戸田博文厩舎)、ビルジキール(牡、栗東・安達昭夫厩舎)、ブラックウォーリア(牡、栗東・西村真幸厩舎)、ブルベアイリーデ(牡、栗東・杉山晴紀厩舎)の7頭は出走可能となっており、残る8頭の出走馬は収得賞金900万円の12頭による抽選で決定する。



 抽選対象馬のうち、ハヤヤッコ(牡、美浦・国枝栄厩舎)には白毛馬初のJRA重賞制覇がかかる。同馬の母マシュマロはJRA重賞には出走していないが、交流重賞の関東オークスで5着に入っている。



 なお、ハヤヤッコの鞍上にはラジオNIKKEI賞プロキオンSアイビスSDとJRA重賞騎乗機会3連勝中の田辺裕信騎手が予定されている。また、ゲンパチルシファー(牡)を管理する佐々木晶三調教師は、新潟を除く9場でJRA重賞を制しており、「12分の8」の抽選を突破して史上7人目のJRA全10場重賞制覇を成し遂げられるか注目される。



★今年4戦4勝のメールドグラース 3勝目狙う池江泰寿調教師にも注目/小倉記念



 重賞3連勝を狙うメールドグラース(牡4歳、栗東・清水久詞厩舎)が、サマー2000シリーズ第3戦の小倉記念に登録している。同馬は昨年まで12戦2勝という成績だったが、今年は4戦4勝という成績を残しており、4月29日の新潟大賞典→6月1日の鳴尾記念と芝2000メートル戦の重賞を連勝している。メールドグラースはトップハンデの57.5キロを背負うが、連勝を伸ばすことができるだろうか。なお、同馬には川田将雅騎手が騎乗する予定。



 また、現役トップタイの小倉記念2勝を挙げている池江泰寿調教師は、アイスバブル(牡4歳)、カフェブリッツ(牡6歳)、ストロングタイタン(牡6歳)の3頭を登録している。池江調教師は、小倉記念で2勝、2着4回(勝率.133、連対率.400)と好成績を挙げているが、歴代トップの柳田次男元調教師に並ぶ小倉記念3勝目を挙げることができるだろうか。



ディープインパクト産駒は3頭登録 天国の父に捧げる勝利を挙げられるか/小倉記念



 7月30日、社台スタリオンステーション(北海道安平町)で繋養されていた種牡馬ディープインパクト(牡17歳)が死亡した。同馬は現役時代、史上6頭目の三冠馬となるなど、歴代最多タイのJRA・ GI7勝を挙げ、2005・06年のJRA賞年度代表馬に選出された。種牡馬としても牝馬三冠馬のジェンティルドンナなど多くの活躍馬を出しており、ディープブリランテキズナマカヒキワグネリアンロジャーバローズでダービー5勝を記録している。



 8月4日の小倉記念には、アイスバブル(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)、カデナ(牡5歳、栗東・中竹和也厩舎)、レトロロック(牡7歳、栗東・角居勝彦厩舎)と3頭のディープインパクト産駒が登録しているが、天国の父に捧げる勝利を挙げることができるだろうか。なお、アイスバブルレトロロックディープインパクトを所有した金子真人ホールディングス(株)の所有馬。



ジャングルポケット産駒&ハーツクライ産駒 JRA全10場重賞制覇なるか



 ジャングルポケット産駒は、小倉を除く9場でJRA重賞を制しており、小倉記念でJRA全10場重賞制覇がかかる。同産駒はクリノヤマトノオー(牡5歳、栗東・高橋義忠厩舎)、ノーブルマーズ(牡6歳、栗東・宮本博厩舎)の2頭が登録しているが、小倉でも重賞を制して、グレード制が導入された1984年以降では10頭目となる全10場重賞制覇を決めることができるだろうか。なお、クリノヤマトノオーには和田竜二騎手、ノーブルマーズには高倉稜騎手が騎乗する予定。



 また、ハーツクライ産駒は、新潟を除く9場でJRA重賞を制しており、全10場重賞制覇がかかるレパードSには、ロードリバーサル(牡、栗東・藤岡健一厩舎)が登録している。同馬は7月29日現在では抽選対象となっているが、抽選を突破してハーツクライ産駒初の新潟重賞制覇を果たすことができるだろうか。



レパードSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載



小倉記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジャングルポケットの関連コラム

閲覧 2,200ビュー コメント 2 ナイス 7

先週の宝塚記念は、マリアライトが史上3頭目の牝馬による宝塚記念制覇を達成。1番人気のドゥラメンテは強さをみせましたが、ゴール後に故障を発生し引退…。彼は左手前が得意な馬で、1度も「直線の長い右回り」での走りをみれずにターフを去ることになったのが心残りです。

今週から夏競馬が本格化。
福島の開幕を飾るのは、3歳・ハンデ戦・フルゲートの1戦となったラジオNIKKEI賞。非常に考察し甲斐があるレースです。

開幕週の小回り1800mですから、当然のように先行力や枠の恩恵といったものが大きく結果に影響します。そのあたりも含めて、有力馬を中心にみていきましょう。


●大外枠とハンデをどうみるか
白百合Sを制しトップハンデとなったブラックスピネルは、アロンダイトやクリソプレーズ(マリアライトリアファルらの母)を送り出す3代母キャサリーンパーの牝系。父タニノギムレット、母父アグネスデジタルだから、血統表を4分割したとき、父父、父母、母父、母母と全てにRibotの血を持つことが特徴(Ribot5・6×6・5)。パワーや底力に秀でているから、緩急ある流れになりやすい小回り1800mという条件は京都外回りよりは合っているはず。そんな中、京都新聞杯で4着、白百合Sを勝ち切っているのだからここでは力は頭半分くらい抜けているといえ、ハンデと大外枠をどう判断するか。外目3番手くらいなら許容範囲だが、差しに回ると厳しそうだ。

●父×牝系は好相性、この距離で位置を取れるか
プリンシパルS3着のゼーヴィントは、古馬OPのモンドインテロの全弟で、キズナラストインパクトらと同じディープインパクト×Pacific Princess牝系(ファレノプシスナリタブライアンらの牝祖)という組み合わせ。母母父DayjurはDanzigに母父がRound Table×Nasrullahというナスキロ血脈だからディープとの相性の良さには納得できる。本馬もディープ産駒らしい切れ味ももちろんあるが、母父がブライアンズタイムだから小回りでも大きく評価を落とそうと思わない走法をしている。前が開けば確実に脚は使ってくるだろうが、1800mではさほどポジションが取れなさそうな点が気がかりだ。

●急成長が期待できる配合ではあるが・・・
NHKマイルでは16着に終わったアーバンキッドだが、ハイペースの中、逃げたメジャーエンブレムを3番手から捕まえに行ったのだから仕方なく、着順ほど悲観する必要はないだろう。シュヴァルグランロジクライのようにHalo≒Red God3×5とNasrullah+Tom Fool的な血を増幅させていて、母父SwainがHyperion7・7・6×6・6、母母父NureyevがHyperion4×4で、3代母→母母父→母父とNasrullahも継続交配されているから、NasrullahとHyperionという父ハーツクライの母父トニービンの血を増幅した配合といえ、ジャスタウェイ的、シュヴァルグラン的、シュンドルボン的成長を遂げる可能性がある馬といえる。しかし母がRibot5×5を持つから体質がそこまで柔らかくうつらないのが気になる。内回り替わりはプラスで、先行力があるのも魅力だが、距離延長というローテーションは気掛かりだ。

●舞台替わりはプラス
メルボルンTを逃げ切ったロードヴァンドールは、叔父にタバスコキャットがいる底力に富んだ血統で、ナスキロ+Tom Fool的な血であるTerlingua(Storm Catの母)を取り込んだのもダイワメジャー産駒の王道。先述したように母母父Sauce Boadが底力に富んでおり、これまでみせた先行力は1800mでも十分に通用するように思える。今回に関しては距離短縮のローテーションもプラスに働きそうで、昨年のマルターズアポジー的な粘り込みが期待できそうだ。

●小回りは◎も1800mだとやや忙しいか
すみれSを逃げ切ったジョルジュサンクは、母系にMill Reelが入るから、Nasrullah+Count Fleetという父の持つMr.Prospectorの母Gold Diggerの血を増幅した走るヴィクトワールピサ産駒の配合(フローラS2着のパールコードもMill Reel持ち)。母母父ミルジョージの影響か、肩が立っていて掻き込んで走るから追っても味がなく、逆にいえば小回りで急激にパフォーマンスを上げるタイプでもある。ここは2枠4番という好枠、そして田辺騎手と強調材料が多いが、1800mはやや忙しそうにも思える。ここをどうみるかだろう。

●好配合だが、外回り向きのストライド
早苗賞を制したアップクォークは、3勝馬ストレンジクォークの半弟で、ベーカバド産駒。母系にMiswakiを持つので、Foreign Courier≒Hopespringseternal4×4という世界的に活躍馬を輩出しているナスキロ+Tom Fool+War Amiral+La Troienneのニアリークロスを持つからベーガバド産駒の出世頭となったのも当然といえる配合。
(今年の英愛仏各国2000ギニー馬も、英愛ダービー馬も同じニアリークロスを持っていました。ブログでまとめてあります。→http://derby6-1.hatenablog.com/entry/2016/06/14/163759)
2枠3番という好枠である程度先行も出来るだろうから、大崩れはなさそうだが、どちらかというと外回り向きにうつるため勝ち切るとなるとどうか。ハンデは恵まれたといえよう。

●4角まで下り、直線平坦な福島は〇
NZT2着、NHKマイルでは9着だったストーミーシーは、母父ゼンノエルシドを通じるRound Tableの影響か、母系のPrincely Giftの影響か、非常に前脚が伸びる走法。こういうタイプは下り坂を巧く下る(マイネルキッツキタサンブラック)ので4角に向けて下り、直線が平坦という意味では福島1800mはプラスではある(逆にきついコーナーはマイナス)。だからクラリティシチー的、クォークスター的好走まではありそうだが勝ち切るイメージは湧かない。

ジャングルポケットドゥラメンテと同質の斬れ
オークス8着のダイワドレッサーは、クイーンCでも4着に好走しているように母母がジャングルポケットと同じトニービン×Nureyevという配合だから、トニービン的な持続性ある斬れというべきだが、母父がエンドスウィープだから同じトニービン的な斬れを持った馬でも、ルーラーシップのように無駄にストライドは大きくなく俊敏に動くことができる。だから小回りでもさほど割り引く必要はなく、3枠6番という好枠からも今回は十分に狙いが立つ。

●小回り適性高い牝系
ピックミータッチはRiot≒Fair Trial5・5×6、Forliのスピード、機動力を伝えるハピートレイルズ(ハッピーパスシンコウラブリイなど)の牝系だから、今回の小回り替わりは歓迎。外枠がカギだが、人気次第ではヒモで入れておきたい1頭。


【まとめ】
人気どころでは、ブラックスピネルは大外枠で先行できなったときに不安があるし、ゼーヴィントアップクォークもどちらかというと外回り向きの差し馬にみえるから不安はある。
アーバンキッドは初めてのコーナー4つの競馬は問題ないだろうが、距離延長というローテは気掛かりだ。
それならばダイワメジャー産駒の好配合で、コース替わりがプラスに出そうなロードヴァンドールの先行力に期待してみたい。
他では同じく小回り適性が高そうなジョルジュサンクピックミータッチ、GI好走のダイワドレッサー


----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)


「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------


登録済みの方はこちらからログイン

2015年11月28日() 10:00 みんなの競馬コラム
【ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス】<京都最終週>土曜開催の馬場バイアス分析by葵
閲覧 766ビュー コメント 0 ナイス 2

ニックネームを「K-MCS」から「葵」に変更致しました。
宜しくお願い致します。


さて、今週で今年の東京・京都の開催も終了。最終週に突入します。

そしてなんと言っても今週はジャパンC

11月の締めくくりに、スパッと的中させたいものです。

が、その前にそのJCの資金調達をせねばならない今日この頃。

ここはひとつ、前日開催の京都2歳SでJCの軍資金作りと行きたいところ。

土曜開催の馬場バイアスは非常に出しにくいですが、この秋開催の土曜のレース結果から馬場バイアスを探っていこうと思います。


<11/27 正午時点での馬場情報(京都)>

芝・ダート、共に稍重の発表。

<11/28(土)の淀周辺の天気予報>

晴れ時々曇り。降水確率20%(にわか雨に注意)

<使用コースのおさらい(京都)>

10/10~11/01までAコース
11/07~11/15までBコース
11/21~11/29までCコース

この天気予報では、良馬場への回復は見込めない可能性も。

近畿では金曜朝にみぞれが降ったところもあるようなので、土曜の早朝にもみぞれが降る可能性も無きにしも非ず。

京都2歳Sの発走時点では馬場は「稍重」であると推測し、考えていきます。


では日付を追って順番に土曜開催の芝中距離戦に的を絞って見てみます。

10/10 8R500万下 2000m 1.59.8 良→良 Aコース
1着ジェネラルゴジップディープインパクト×ダイナフォーマー(牝系にキングマンボ))
2着ピースオブジャパンダイワメジャー×トニービン)
3着フローレスダンサー(ハービンジャー×サンデーサイレンス)
※全て3歳馬

10/17 9R紫菊賞 2000m 2.01.2 良→良 Aコース
1着シルバーステートディープインパクト×シルヴァーホーク)
2着ジョルジュサンクヴィクトワールピサ×ラムタラ)
3着パールフューチャーネオユニヴァース×カーネギー)

10/24 10R古都S 2200m 2.13.2 良→良 Aコース
1着フェリーチェレガロマンハッタンカフェ×リファーズウィッシュ)
2着ダノンマックインハーツクライ×ノーザンテースト)
3着ペンタトニックジャングルポケット×サンデーサイレンス)

10/31 8R萩S 1800m 1.47.6 良→良 Aコース
1着ブラックスピネルタニノギムレット×アグネスデジタル
2着スマートオーディンダノンシャンティ×アルザオ)
3着レインボーラインステイゴールド×フレンチデピュティ)

11/07 9R近江特別 1800m 1.47.7 良→良 Bコース
1着ムーンクレストアドマイヤムーン×シングスピール
2着サウンドバーニングハーツクライ×モスコーバレット)
3着エイシンエルヴィン(シャーマーダル×モンズン)

11/14 11Rデイリー杯 1600m 1.35.9 稍重→稍重 Bコース
1着エアスピネルキングカメハメハ×サンデーサイレンス)
2着シュウジキンシャサノキセキ×キングマンボ)
3着ノーブルマーズジャングルポケット×シルヴァーホーク)

11/21 11RアンドロメダS 2000m 2.00.6 良→良 Cコース
1着トーセンレーヴディープインパクト×カーリアン)
2着トラストワンマイネルラヴ×デヒア)
3着アルバートドックディープインパクト×アンユージュアルヒート)

これらのデータを見てパッと思った印象は以下の4つ。
・AコースではSS系の天下だった。
・Bコースになるとキングマンボ・トニービン内包重視へと傾向が変化した。
・Cコースになって、AコースとBコースの要素が混ざったような傾向になった。
・2歳戦ではシルヴァーホーク内包に注目。

血統傾向のみで言えば、京都2歳Sキングカメハメハ×シルヴァーホークという配合の馬がとても好相性か?という感じ。

出走馬を見渡してみると…

…と、そんなにうまく合致する馬なんかおりません。

なので「キングカメハメハ×SS系」という血統背景と、「SS系×ダート向きの母父」という血統背景の馬に注目してみたいと思います。

血統背景を見た結果、以下の5頭に注目です。

ハーツクライ×フレンチデピュティの3アドマイヤエイカン
ワークフォース×サンデーサイレンスの6キャノンストーム
ブライアンズタイム×マンハッタンカフェの7ダンツプリウス
サムライハート×ティンバーカントリーの9オンザロックス
キングカメハメハ×サンデーサイレンスの11ロライマ

私が特に注目したのは父系にキングマンボ、母系にロベルトが入っている6キャノンストーム
新馬勝ちからの参戦でどのような位置取りになるかが不明確ではあるが、折り合い面に不安はなさそう。
また新馬戦のラップタイムを見てみると重馬場の2歳戦にも関わらずかなりタフなラップ構成だったと感じます。
それを外目で追走し最後突き抜けたのだから力は相当あると見ていいでしょうし、2走目でさらに上積みがあってもおかしくありません。

ここは6キャノンストームが軸とみて馬券を組み立てたいと思います。

逆に、個人的に疑ってかかりたいのが注目馬として挙げてはいるものの3アドマイヤエイカン

重い馬場での良績は評価すべきだとは思うのですが、少し鈍重すぎるのではないでしょうか。

重賞勝ち馬であり人気に推されるのは確実でしょうが、全幅の信頼を置けるかと言われると、ちょっとアヤシイ気がしてなりません。


さて、ここできっちり馬券を的中させて翌日のジャパンCを晴れやかな気持ちで迎えたいものでございます。

結果や、如何に。


執筆者:(MYコロシアム>最新予想にリンク)


------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2011年8月17日(水) 21:30 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第130話札幌記念(謎解き編)~
閲覧 398ビュー コメント 0 ナイス 3

第130話 「札幌記念

06年 36.0-50.0-34.3 =2.00.3 ▼6▼2▼1 瞬発戦
07年 35.5-49.8-34.8 =2.00.1 ▼4▼3△3 平坦戦
08年 34.7-48.1-35.8 =1.58.6 △2▼8△2 瞬発戦
09年 35.6-48.9-36.2 =2.00.7 ▼2▼1△7 平坦戦
10年 34.6-49.2-35.6 =1.59.4 ▼1▼1△4 平坦戦

中盤溜めての瞬発戦だった06年やロングスパート平坦戦だった10年など展開的には多少ブレがあり、これといった傾向はない。
脚質的にも有利不利があまりないイーブンのレースだと思われます。
とはいってもやはりローカルコース。
ヤマニンキングリーブエナビスタに先着して勝利できるコースということです。
但し、ブエナビスタもクビ差まで詰めているので能力よりも適性が絶対的に上位だとは言い切れないかもしれません。

札幌コースというのは函館や福島とは違って実は小回りではありません。
コーナーのR(きつさ)は断然緩くなっています。
(1~2コーナーで比較すれば東京の次に緩いRとなっています)
その一方で直線はかなり短く函館に次いで2番目に短くなっています(函館とは僅か4m差)
つまり札幌コースは楕円ではなく円形に近い形状となっています。
なのでトビの大きすぎる馬はマイナスでしょうけど大きすぎなければこなせるコースだと思います。

次にこのレースは定量GⅡ戦ということが非常に大きい。
サマー2000シリーズの一つのレースですが秋のGⅠを見据えた馬がスポット参戦してくるケースが多い。
昨年の2着3着馬ロジユニヴァースアクシオンは前走宝塚記念では13着、15着から巻き返してきました。
単純に前走GⅠ出走馬というのは要注意でしょう。
→今年の登録馬で前走GⅠだったのはトーセンジョーダンレッドディザイア

これらのことから言えることは札幌記念適性と格(能力)が対等に勝負できるレースだと思います。
流石に夏のローカルGⅡといったところでしょうか。

さて、今年のメンバーに目を向けるとアーネストリーがいない・・・。
出走回避だそうで残念です(ちょっと盛り上がりに欠けるかも・・・)
代わって1番人気に支持されそうなのがトーセンジョーダン
宝塚記念は9着と惨敗でしたが阪神大賞典を故障で回避しての休養明けで度外視はできる。
札幌コースは初だが中山函館福島で合計5勝を挙げているだけに適性も格も問題なし。
ジャングルポケットは08年の勝ち馬タスカータソルテの父でもあるし、先週のクイーンSで勝ったアヴェンチュラも父ジャングルポケットで血統的にも○。
きちんと走れる状態にあるかどうかの1点かと思われます。

きちんと走れる状態にあるかどうかというともう1頭注目なのはレッドディザイア
馬の能力はブエナビスタに引けは取らないはずで内回りになればブエナにも勝てる馬である。
ドバイでの勝利もあって洋芝に必要なパワーも十分。
以降スランプに陥っているものの復活が最も期待されている馬ではないだろうか。
格では最上位のはず。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
レッドディザイアトーセンジョーダンヤングアットハート
今週は「復活」に期待したい。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2010年12月28日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2010年12月28日号
閲覧 444ビュー コメント 0 ナイス 2

▼1月5日(水)中山11R 日刊スポーツ賞 中山金杯
【前走がJRA、かつ芝1800m以下のレースだった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2001年以降)】
●5位以内 〔5・5・5・24〕(複勝率38.5%)
●6位以下 〔2・1・0・32〕(複勝率8.6%)
→基本的に距離延長組が強いレース。前走着順の良かった馬や、前走で出走メンバー中5位以内の上がり3ハロンタイムをマークしていた馬はより信頼できます。特別登録を行った馬のうち、前走がJRAで芝1800m以下のレース、かつ前走の上がり3ハロンタイムが出走メンバー中5位以内だったのは、アクシオンアポロドルチェイケトップガンゴールデンダリアシャインモーメントセイクリッドバレートーセンキャプテンマッハヴェロシティミステリアスライトの9頭です。

▼1月5日(水)京都11R スポーツニッポン賞 京都金杯
【前走がJRAのレースだった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2001年以降)】
●2位以内 〔4・7・6・20〕(複勝率45.9%)
●3位以下 〔6・3・4・106〕(複勝率10.9%)
→京都芝外回りへの適性が明暗を分けている印象。コース実績のある馬はもちろん、前走で出走メンバー中上位の上がり3ハロンタイムをマークした馬にも注目しておきましょう。特別登録を行った馬のうち、前走の上がり3ハロンタイムが出走メンバー中2位以内だったのは、スマートステージダノンカモンタマモクリエイトダンツホウテイリクエストソングの5頭だけでした。

▼1月9日(日)京都11R 日刊スポーツ賞 シンザン記念
【枠番別成績(2001年以降)】
●1~3枠 〔7・4・3・32〕(複勝率30.4%)
●4~8枠 〔3・6・7・76〕(複勝率17.4%)
→どちらかというと外枠勢よりも内枠勢の方が、後方待機勢よりも先行勢の方が有利。上手く立ち回れそうな馬を連軸に据えたいところです。

▼1月10日(月)中山11R フェアリーステークス
【種牡馬別成績(2009年以降)】
●サンデーサイレンス系種牡馬 〔2・1・1・10〕(複勝率28.6%)
ジャングルポケット 〔0・1・1・0〕(複勝率100.0%)
●その他の種牡馬 〔0・0・0・16〕(複勝率0.0%)
→2009年以降にフェアリーステークスで3着以内となった産駒を輩出した種牡馬は、アグネスタキオンジャングルポケットゼンノロブロイネオユニヴァースマンハッタンカフェジャングルポケット以外はサンデーサイレンス系ですし、ゼンノロブロイ以外は現役時代にクラシックを勝っています。今後も同様の傾向が続くとすれば、ダンスファンタジア(父ファルブラヴ)あたりも確勝とは言えません。

■お知らせ
 伊吹雅也も「班員」のひとりとして全面監修している競馬王新書の最新刊『ウルトラ回収率 本当に使える回収率だけを集めた馬券の裏技200』(競馬王データ特捜班/白夜書房)が好評発売中! 「期待値(≒回収率)の高い馬」を多角的に分析した、競馬ファン必携の一冊です!

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
『JRAホームページ』(http://www.jra.go.jp/)、『競馬王』(白夜書房)、『サラブレ』(エンターブレイン)、『POGの達人』(光文社)などで活躍中の若手競馬ライター。「競馬」や「レース」の本質を見抜く的確なデータ分析力に定評があり、現在は騎手と騎乗馬の相性をロジカルに分析する予想理論『ザ・カンフルジョッキー』で注目を集めている。

[もっと見る]

2010年11月22日(月) 14:00 河内一秀
河内一秀の「カツラギ的」ジャパンカップ2010前走分析
閲覧 352ビュー コメント 0 ナイス 21

今年のジャパンカップで優勝する馬を「カツラギ指数」をベースに占ってみたい。

まずは、過去10年のジャパンカップ優勝馬が前走・前々走で記録したカツラギ指数の一覧をチェックしてみよう。

■2009年【優勝馬:ウオッカ
60.0 天皇賞(秋)(3着)
57.5 毎日王冠(2着)

■2008年【優勝馬:スクリーンヒーロー
57.3 アルゼンチン共和国杯(1着)
53.6 オクトーバーステークス(2着)

■2007年【優勝馬:アドマイヤムーン
54.3 天皇賞(秋)(6着)
58.9 宝塚記念(1着)

■2006年【優勝馬:ディープインパクト
---- 凱旋門賞(失格)
57.2 宝塚記念(1着)

■2005年【優勝馬:アルカセット
---- 英チャンピオンステークス(5着)
---- フォワ賞(2着)

■2004年【優勝馬:ゼンノロブロイ
59.6 天皇賞(秋)(1着)
56.5 京都大賞典(2着)

■2003年【優勝馬:タップダンスシチー
55.9 京都大賞典(1着)
58.4 宝塚記念(3着)

■2002年【優勝馬:ファルブラヴ
---- 凱旋門賞(9着)

■2001年【優勝馬:ジャングルポケット
54.1 菊花賞(4着)
56.5 札幌記念(3着)

■2000年【優勝馬:テイエムオペラオー
58.6 天皇賞(秋)(1着)
57.7 京都大賞典(1着)

見ての通り過去10年の勝ち馬の前走の指数は、

54.1~60.0

とばらつきが大きく、前走の指数レベルが必ずしも結果に繋がるとは限らない。

そこで、前走だけでなく前々走の指数を含めた勝ち馬の最高値を見ると、

56.5~60.0

となり、さらに3歳馬のジャングルポケットを除けば

57.2~60.0

と、指数レベルがグッと上がり、そのばらつきも小さくなる。

要は、過去2走以内にG1レベルの高い指数を記録していること、言い換えれば勢いと実績を兼ね備えていることがジャパンカップを勝つための条件であるということになる。

それでは、今年の出走予定馬でこの条件をクリアしている馬をピックアップしてみよう。

エイシンフラッシュ
57.0 神戸新聞杯(2着)
58.7 ダービー(1着)

ブエナビスタ
58.8 天皇賞(秋)(1着)
57.3 宝塚記念(2着)

ペルーサ
57.5 天皇賞(秋)(2着)
53.8 毎日王冠(5着)

以上の3頭が該当する。

また、過去2走を海外で出走しているナカヤマフェスタヴィクトワールピサに関して、例外的に3走前まで振り返ってみよう。

ナカヤマフェスタ
---- 凱旋門賞(2着)
---- フォア賞(2着)
57.7 宝塚記念(1着)

ヴィクトワールピサ
---- 凱旋門賞(7着)
---- ニエル賞(4着)
56.7 ダービー(3着)

ナカヤマフェスタ宝塚記念で条件を満たしているし、ヴィクトワールピサもダービーの指数は僅かに条件に満たないが、その後の成長を考慮すれば条件を満たしていると見なすことが出来る。

以上の考察により、今年のジャパンカップは、宝塚記念組のブエナビスタナカヤマフェスタに、3歳馬のエイシンフラッシュペルーサヴィクトワールピサを加えた5頭の優勝争いになると結論づけたい。

なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走・前々走に関する一考察であり、カツラギの最終結論ではないことをお断りしておきたい。

[もっと見る]

2009年11月26日(木) 20:00 河内一秀
河内一秀の「カツラギ的」ジャパンカップ2009前走分析
閲覧 346ビュー コメント 0 ナイス 0

今年のジャパンカップで優勝する馬を「カツラギ指数」をベースに占ってみたい。

まずは、過去10年のジャパンカップ優勝馬が前走・前々走で記録したカツラギ指数の一覧をチェックしてみよう。

■2008年【優勝馬:スクリーンヒーロー
57.3 アルゼンチン共和国杯(1着)
53.6 オクトーバーステークス(2着)

■2007年【優勝馬:アドマイヤムーン
54.3 天皇賞(秋)(6着)
58.9 宝塚記念(1着)

■2006年【優勝馬:ディープインパクト
---- 凱旋門賞(失格)
57.2 宝塚記念(1着)

■2005年【優勝馬:アルカセット
---- 英チャンピオンステークス(5着)
---- フォワ賞(2着)

■2004年【優勝馬:ゼンノロブロイ
59.6 天皇賞(秋)(1着)
56.5 京都大賞典(2着)

■2003年【優勝馬:タップダンスシチー
55.9 京都大賞典(1着)
58.4 宝塚記念(3着)

■2002年【優勝馬:ファルブラヴ
---- 凱旋門賞(9着)

■2001年【優勝馬:ジャングルポケット
54.1 菊花賞(4着)
56.5 札幌記念(3着)

■2000年【優勝馬:テイエムオペラオー
58.6 天皇賞(秋)(1着)
57.7 京都大賞典(1着)

■1999年【優勝馬:スペシャルウィーク
58.7 天皇賞(秋)(1着)
53.7 京都大賞典(7着)

見ての通り過去10年の勝ち馬の前走の指数は、

54.1~59.6

とばらつきが大きく、前走の指数レベルが必ずしも結果に繋がるとは限らない。

そこで、前走だけでなく前々走の指数を含めた勝ち馬の最高値を見ると、

56.5~59.6

となり、さらに3歳馬のジャングルポケットを除けば

57.2~59.6

と、指数レベルがグッと上がり、そのばらつきも小さくなる。

要は、過去2走以内にG1レベルの高い指数を記録していること、言い換えれば勢いと実績を兼ね備えていることがジャパンカップを勝つための条件であるということになる。

それでは、今年の出走予定馬でこの条件をクリアしている馬をピックアップしてみよう。

ウオッカ
59.3 天皇賞(秋)(3着)
57.6 毎日王冠(2着)

スクリーンヒーロー
59.3 天皇賞(秋)(2着)
57.4 宝塚記念(5着)

古馬では、この2頭しか該当しない。

では、3歳馬はどうだろう。

レッドディザイア
53.7 秋華賞(1着)
55.0 ローズステークス(2着)

リーチザクラウン
53.0 菊花賞(5着)
53.5 神戸新聞杯(2着)

指数レベルでは、古馬を一蹴したジャングルポケットのレベルに遠く及ばない。今年の3歳馬はハイレベルだと言われているが、この数字を見る限りでは眉唾物といっていい。

カツラギ的に前走・前々走を分析する限り、今年のジャパンカップは、ウオッカが念願のジャパンカップ制覇を果たすか、あるいはスクリーンヒーローが史上初の2連覇を達成するか、そのどちらかであるという結論が妥当といえる。

なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走・前々走に関する一考察であり、カツラギの最終結論ではないことをお断りしておきたい。

[もっと見る]

ジャングルポケットの口コミ


口コミ一覧

平成のメモ

 マリオおっさん 2019年4月30日(火) 18:02

閲覧 88ビュー コメント 0 ナイス 6

もうすぐ平成が終わって令和になります。
記録として書きます。これだけ押さえたら色々見えてくる。

平成元年→ダービー馬:ウィナーズサークル(24頭立て) 年度代表馬:イナリワン
2年→ダービー馬:アイネスフウジン(22頭立て) 年度代表馬:オグリキャップ
3年→ダービー馬:トウカイテイオー(20頭立て) 年度代表馬:トウカイテイオー
4年→ダービー馬:ミホノブルボン(以下基本は18頭立て、この年から馬連発売開始) 年度代表馬:ミホノブルボン
5年→ダービー馬:ウイニングチケット 年度代表馬:ビワハヤヒデ
6年→ダービー馬:ナリタブライアン(三冠馬!) 年度代表馬:ナリタブライアン
7年→ダービー馬:タヤスツヨシ 年度代表馬:マヤノトップガン
8年→ダービー馬:フサイチコンコルド 年度代表馬:サクラローレル
9年→ダービー馬:サニーブライアン 年度代表馬:エアグルーヴ
10年→ダービー馬:スペシャルウィーク 年度代表馬:タイキシャトル
11年→ダービー馬:アドマイヤベガ 年度代表馬:エルコンドルパサー
12年→ダービー馬:アグネスフライト(この年からワイドの発売開始) 年度代表馬:テイエムオペラオー
13年→ダービー馬:ジャングルポケット(この年から年齢表記が変更) 年度代表馬:ジャングルポケット
14年→ダービー馬:タニノギムレット 年度代表馬:シンボリクリスエス
15年→ダービー馬:ネオユニヴァース(この年から馬単、三連複発売開始) 年度代表馬:シンボリクリスエス
16年→ダービー馬:キングカメハメハ 年度代表馬:ゼンノロブロイ
17年→ダービー馬:ディープインパクト(三冠馬!、この年から三連単発売開始) 年度代表馬:ディープインパクト
18年→ダービー馬:メイショウサムソン 年度代表馬:ディープインパクト
19年→ダービー馬:ウオッカ(牝馬!) 年度代表馬:アドマイヤムーン
20年→ダービー馬:ディープスカイ 年度代表馬:ウオッカ
21年→ダービー馬:ロジユニヴァース 年度代表馬:ウオッカ
22年→ダービー馬:エイシンフラッシュ 年度代表馬:ブエナビスタ
23年→ダービー馬:オルフェーヴル(三冠馬!、この年からWIN5発売開始) 年度代表馬:オルフェーヴル
24年→ダービー馬:ディープブリランテ 年度代表馬:ジェンティルドンナ(牝馬三冠!)
25年→ダービー馬:キズナ 年度代表馬:ロードカナロア
26年→ダービー馬:ワンアンドオンリー 年度代表馬:ジェンティルドンナ
27年→ダービー馬:ドゥラメンテ 年度代表馬:モーリス
28年→ダービー馬:マカヒキ 年度代表馬:キタサンブラック
29年→ダービー馬:レイデオロ 年度代表馬:キタサンブラック
30年→ダービー馬:ワグネリアン 年度代表馬:アーモンドアイ(牝馬三冠!)

馬券的にみると、単複と枠連だけだった時代からWIN5まで、かなり高配当が狙いやすい時代になりました。
今月は地方競馬で多数の最高払い戻しが出てましたが、令和になったらさらに更新、またJRAでの更新はあるのでしょうか。
令和になってもぼちぼち日記を書いていきます。。

 ネアルコとハイペリオ 2019年3月24日() 15:00
やべえティーハーフ本命とかジャングルポケット斉藤と被った
閲覧 152ビュー コメント 0 ナイス 5

ジャンポケ斉藤日曜に至っては二年間当たってないという恐怖のデータ

[もっと見る]

 熊悶 2019年1月9日(水) 13:27
日経新春杯の注目穴馬
閲覧 589ビュー コメント 0 ナイス 12

金杯は完敗で、シンザン記念は惨敗(*_ _)

1週遅れで新春杯で乾杯と行きたいものでございますなぁ。


さて、いつものように、重賞レポートを書こうと思い、

血統傾向を調べておりますと・・・

「おー!コイツやコイツ!これしかない!」

と思いこむような馬が1頭。



まずは、京都2400mの血統傾向を。


◆種牡馬別集計
集計期間:2016. 1.17 ~ 2018.11.24

----------------------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------
ディープインパクト 9- 4- 7-35/55 16.4% 23.6% 36.4% 54 60
ステイゴールド 7- 5- 3-32/47 14.9% 25.5% 31.9% 220 88
ハーツクライ 7- 4- 5-33/49 14.3% 22.4% 32.7% 75 58
キングカメハメハ 7- 3- 5-31/46 15.2% 21.7% 32.6% 123 63
ハービンジャー 2- 5- 1-20/28 7.1% 25.0% 28.6% 38 62
----------------------------------------------------------------------

あともう一頭目立つのが


ジャングルポケット 1- 4- 3- 7/15 6.7% 33.3% 53.3% 14 171


そして、このコースは母父にかなり明確な傾向が出ておりますな。

◆母父馬別集計
集計期間:2016. 1.17 ~ 2018.11.24

----------------------------------------------------------------------
母父馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------
トニービン 5- 4- 5-20/34 14.7% 26.5% 41.2% 215 80
クロフネ 5- 2- 0- 8/15 33.3% 46.7% 46.7% 156 76
マンハッタンカフェ 3- 1- 0- 5/ 9 33.3% 44.4% 44.4% 313 112
メジロマックイーン 2- 2- 1- 5/10 20.0% 40.0% 50.0% 113 118
スペシャルウィーク 2- 2- 0- 5/ 9 22.2% 44.4% 44.4% 86 72
サツカーボーイ 2- 2- 0- 6/10 20.0% 40.0% 40.0% 217 98
----------------------------------------------------------------------


そして、、このレースは

前走条件戦を勝ち上がってきた馬が

非常によく馬券になるレース。


2018年

1着馬 パフォーマプロミス 前走1600万 1着

3着馬 ガンコ       前走1000万 1着



2017年

2着馬 シャケトラ     前走1000万 1着



2016年

2着馬 シュヴァルグラン  前走1600万 1着



2014年

2着馬 アドマイヤフライト 前走1600万 1着



このように、毎年のように昇級戦や格上挑戦馬が

軽ハンデを活かして、いきなり通用してしまうと言う

重賞初心者に非常に優しいレース。



そこで、このデータをご覧ください。


◆前走クラス別集計
種牡馬:ステイゴールド
集計期間:2016. 1.24 ~ 2018.11.24
--------------------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------
昇級戦 2- 1- 0- 5/ 8 25.0% 37.5% 37.5% 150 93
--------------------------------------------------------------


該当するのは、

netkeiba.comの予想人気9番人気

シュペルミエール


準OPのオリオンステークスを勝って、

ここに参戦して馬券になった馬には

2016年のシュヴァルグラン(2着)

2014年のアドマイヤフライト(2着)

の2頭がおります。


さらに後押しするデータが以下の2つ


◆前走脚質別集計
種牡馬:ステイゴールド
集計期間:2016. 1.24 ~ 2018.11.24
--------------------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------
平地・先行 4- 1- 2-11/18 22.2% 27.8% 38.9% 453 131
--------------------------------------------------------------

◆前走脚質別集計
種牡馬:ステイゴールド
集計期間:2016. 1.24 ~ 2018.11.24
--------------------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------
3F 2位 1- 1- 1- 2/ 5 20.0% 40.0% 60.0% 74 150
--------------------------------------------------------------


ハンデも6歳馬で55㌔ならば良い感じかと。



あともう1頭がジャングルポケット産駒の

ノーブルマーズ(netkeiba予想8番人気)


ジャングルポケット産駒は高速馬場は不向きで、

時計の掛かる馬場が本領というイメージ。


稍重の宝塚記念で3着に激走し、

世界レコードのジャパンカップで惨敗。


今の京都の馬場はこの馬に合いそうでございますな。


京都2400mは、とにかくトニービンの血が強いコース。

G1好走実績馬がこの人気なら、狙ってみたいですなぁ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジャングルポケットの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ジャングルポケットの写真

ジャングルポケット

ジャングルポケットの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ジャングルポケットの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。