クラリティシチー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
クラリティシチー
写真一覧
抹消  鹿毛 2011年3月9日生
調教師上原博之(美浦)
馬主株式会社 友駿ホースクラブ
生産者パカパカファーム
生産地新冠町
戦績31戦[3-5-4-19]
総賞金12,769万円
収得賞金1,800万円
英字表記Clarity City
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
タイキクラリティ
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
タイキダイヤ
兄弟 クラリティスカイフィールドシャルム
前走 2018/04/29 谷川岳ステークス OP
次走予定

クラリティシチーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/04/29 新潟 11 谷川岳S OP 芝1600 1681626.71116** 牡7 56.0 川須栄彦上原博之496(+2)1.41.5 9.043.4⑩⑩スターオブペルシャ
18/03/11 中山 10 東風S OP 芝1600 123341.3105** 牡7 56.0 勝浦正樹上原博之494(-4)1.35.6 0.334.2⑩⑨⑨ミュゼエイリアン
18/01/07 中山 10 ポルックスS OP ダ1800 1661288.71415** 牡7 56.0 柴山雄一上原博之498(+8)1.54.7 2.339.7⑪⑪⑪⑪アルタイル
17/10/29 京都 11 カシオペアS OP 芝1800 132213.6612** 牡6 56.0 松田大作上原博之490(0)1.56.0 2.640.4⑧⑩アメリカズカップ
17/10/21 東京 11 富士S G3 芝1600 1561045.21213** 牡6 56.0 吉田隼人上原博之490(-2)1.36.6 1.836.7エアスピネル
17/06/25 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 1144188.51110** 牡6 58.0 松山弘平上原博之492(-6)2.12.9 1.537.1④④サトノクラウン
17/06/11 東京 11 エプソムC G3 芝1800 1871343.5124** 牡6 56.0 川田将雅上原博之498(0)1.46.1 0.234.2⑤⑤ダッシングブレイズ
17/05/13 京都 11 都大路S OP 芝1800 111120.772** 牡6 56.0 和田竜二上原博之498(-4)1.49.2 0.234.6⑦⑥ダノンメジャー
17/04/01 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 1612101.91511** 牡6 55.0 松岡正海上原博之502(+6)1.35.4 0.735.1ロジチャリス
16/11/19 京都 11 アンドロメダ OP 芝2000 1871518.0618** 牡5 56.0 松田大作上原博之496(0)2.00.4 1.334.9⑱⑱⑰⑰レッドソロモン
16/10/30 京都 11 カシオペアS OP 芝1800 121121.782** 牡5 56.0 松田大作上原博之496(+10)1.46.3 0.234.2⑧⑦ヒルノマテーラ
16/10/02 阪神 11 ポートアイS OP 芝1600 1471241.9128** 牡5 56.0 菱田裕二上原博之486(-6)1.35.3 0.934.0⑨⑪ウインプリメーラ
16/03/27 阪神 11 六甲S OP 芝1600 161213.6414** 牡5 56.0 菱田裕二上原博之492(-4)1.34.0 0.933.6⑯⑮ダノンリバティ
16/03/13 中山 10 東風S OP 芝1600 13565.437** 牡5 56.0 内田博幸上原博之496(+2)1.34.7 0.234.8⑨⑫⑫インパルスヒーロー
16/01/10 中山 11 ニューイヤー OP 芝1600 9776.646** 牡5 56.0 三浦皇成上原博之494(+4)1.34.6 0.333.2⑧⑧⑦ダイワリベラル
15/12/20 中山 11 ディセンバー OP 芝2000 10224.328** 牡4 56.0 三浦皇成上原博之490(+2)1.59.8 0.734.1⑩⑩⑩⑧トーセンレーヴ
15/05/16 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 1881712.5616** 牡4 56.0 三浦皇成上原博之488(0)1.22.4 0.833.4⑰⑱サクラゴスペル
15/04/05 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 16599.042** 牡4 56.0 三浦皇成上原博之488(+2)1.32.8 0.633.7⑪⑬⑧モーリス
15/03/15 中山 10 東風S OP 芝1600 14698.131** 牡4 56.0 田辺裕信上原博之486(+6)1.33.8 -0.133.7⑪⑪⑩シャイニープリンス
14/11/30 東京 9 キャピタルS OP 芝1600 161210.3610** 牡3 55.0 戸崎圭太上原博之480(-4)1.34.2 0.634.3⑬⑫シェルビー

⇒もっと見る


クラリティシチーの関連ニュース

【富士S】クラリティシチー上原師「道悪は鬼」 2017年10月20日(金) 11:13

 有力どころが良馬場を望むなか、悪天候を大歓迎しているのがクラリティシチー陣営だ。3走前の都大路Sはドロドロの不良馬場のなかで2着と好走しており、「道悪は鬼といっていいよ」と、上原調教師はニンマリ。

 4カ月の休み明けになるが、先週12日にWコース5F65秒8をマークするなど動きは活発だ。「ここを目標にきっちりと仕上がった。広いコースのほうが合うタイプだし、マイルも守備範囲。はまれば重賞を獲って不思議ない爆発力がある」と、一発を狙っている。(夕刊フジ)

富士Sの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【富士S】厩舎談話2017年10月19日(木) 11:59

 イスラボニータ・栗田博調教師「すこぶる順調に調整。道悪がどうか」

 エアスピネル・笹田調教師「しまい重点にやって、いい動きだった。きっちり仕上がった」

 ガリバルディ・藤原英調教師「動きは悪くない。使ったアドバンテージでどれだけやれるか」

 クラリティシチー・上原調教師「動きはいい。重賞を勝つ力もある」

 グランシルク・戸田調教師「疲れもなく元気いっぱい。折り合いがつく今なら東京マイルでも」

 クルーガー・高野調教師「本当に良くなるここまで待っていた。いい動きだし、初の東京でも」

 サトノアレス・藤沢和調教師「驚くほど良化。極端に悪化しなければ道悪はこなせる」

 ジョーストリクトリ・清水久調教師「久々でも申し分のない動き。あとは年長馬との力関係か」

 ダイワリベラル・菊沢調教師「状態はいい。滑らないくらいの時計がかかる馬場が理想」

 ブラックムーン・西浦調教師「遅れたが、しっかり動けた。雨がカギ」

 ペルシアンナイト・Mデムーロ騎手「いつもどおり動きはいい。マイルは久々だが合うはず」

 マイネルアウラート高橋裕調教師「追い切りで軽快に動いた。涼しくなって体調は上向きだ」

 ミュゼエイリアン・黒岩調教師「馬体は回復。気負う面がポイント」

 レッドアンシェル・庄野調教師「輸送もあるので馬なり。東京は合う」

 ロードクエスト・小島茂調教師「追い切りは直線でいい伸び脚。着実に馬は良くなっている」

(夕刊フジ)

富士Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【富士S】追って一言2017年10月19日(木) 05:03

 ◆ガリバルディ・藤原英師 「悪くない動き。1回使ったアドバンテージでどれだけやれるか」

 ◆クラリティシチー・上原師 「好仕上がり。道悪は問題ない」

 ◆グランシルク・戸田師 「順調。折り合いが良くなり、東京の千六でも」

 ◆クルーガー・高野師 「いい動き。本当に良くなるのを待っていた」

 ◆ジョーストリクトリ・清水久師 「休み明けでも申し分のない動き」

 ◆ダイワリベラル・菊沢師 「滑らず、時計のかかる馬場がいい」

 ◆ブラックムーン・西浦師 「時計的にはしっかり動けていた。雨馬場がどう影響するか」

 ◆ペルシアンナイト・Mデムーロ騎手 「いつも通り動きはよかった。競馬はマイルが合う」

 ◆マイネルアウラート高橋裕師 「状態は上向いている」

 ◆ミュゼエイリアン・黒岩師 「動きは良かった。態勢は整いました」

 ◆レッドアンシェル・庄野師 「テンションが上がりやすく、輸送もあるので馬なりで」

 ◆ロードクエスト・小島茂師 「ラストはいい伸び。良くなっている」

[もっと見る]

【富士ステークス】特別登録馬2017年10月15日() 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】ウインガニオン、中京記念を目指す2017年6月28日(水) 05:01

 ★宝塚記念2着ゴールドアクター(美・中川、牡6)は近日中に放牧へ出る。今後は未定。3着ミッキークイーン(栗・池江、牝5)は右回りの中距離戦をステップにエリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)へ。4着シャケトラ(栗・角居、牡4)、6着ミッキーロケット(栗・音無、牡4)、10着クラリティシチー(美・上原、牡6)は放牧へ。

 ★パラダイスSを逃げ切ったウインガニオン(栗・西園、牡5)は中京記念(7月23日、中京、GIII、芝1600メートル)を目指す。5着ロードクエスト(美・小島茂、牡4)は予定通り関屋記念(8月13日、新潟、GIII、芝1600メートル)へ。7着ショウナンアチーヴ(美・国枝、牡6)はバーデンバーデンC(7月16日、福島、OP、芝1200メートル)。

 ★稲城特別を逃げ切ったサンデームーティエ(美・谷原、牡3)はセントライト記念(9月18日、中山、GII、芝2200メートル)を目指す。

 ★ユニコーンS2着ハルクンノテソーロ(美・高木、牡3)、25日東京の500万下(ダ1600メートル)を圧勝したサンチェサピーク(美・加藤征、牡3)はともにレパードS(8月6日、新潟、GIII、ダ1800メートル)へ。

 ★函館スプリントS2着キングハート(美・星野、牡4)は北九州記念(8月20日、小倉、GIII、芝1200メートル)へ。

 ★大沼Sを圧勝したテイエムジンソク(栗・木原、牡5)、7着タガノエスプレッソ(栗・五十嵐、牡5)はマリーンS(7月9日、函館、OP、ダ1700メートル)へ。

 ★平安S12着ロンドンタウン(栗・牧田、牡4)はエルムS(8月13日、札幌、GIII、ダ1700メートル)へ。

 ★アハルテケS5着ラインシュナイダー(栗・沖、牡5)はサマーチャンピオン(8月16日、佐賀、交流GIII、ダ1400メートル)が視野に。

 ★花のみちSを勝ってオープン入りしたトウショウカウント(美・萱野、牡5)は流動的だが、NST賞(8月20日、新潟、OP、ダ1200メートル)に出走する可能性も。

 ★東京ジャンプS2着グッドスカイ(栗・松元、牝4)は新潟ジャンプS(8月26日、新潟、J・GIII、3250メートル)へ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

クラリティシチーの関連コラム

閲覧 1,079ビュー コメント 0 ナイス 11



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「富士ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、エアスピネル1頭のみ。
第2グループ(黄)は、グランシルクイスラボニータの2頭。
第3グループ(薄黄)は、ガリバルディクルーガーの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

私の本命は◎エアスピネルとしたいと思います。以前から言われていたことですが、気性的にも完全にマイルがベスト、前走の敗戦を経て陣営も確実にマイル仕様に仕上げてきています。東京の2戦はともに力を出していませんし、得意の重馬場で馬券内は相当堅いと見ています。馬場的には内が壊滅的でスタミナとタフさが要求される状態ですので○グランシルク、▲クラリティシチー、△マイネルアウラートイスラボニータクルーガーと印を打ちます。

【馬連】
6

7,10,11,13,15

【ワイド】
6

7,10,13

【3連複流し】
6

7,10,11,13,15

計18点


登録済みの方はこちらからログイン

2017年6月30日(金) 13:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(6/24~6/25)夢月プロが高精度予想を披露!収支プラスは49万超え!
閲覧 988ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、25(日)に阪神競馬場でG1宝塚記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1宝塚記念の1番人気はキタサンブラックで1.4倍、続いてシャケトラが8.5倍、サトノクラウンが9.0倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートは好スタートを決めたシュヴァルグランが先手を奪って第1コーナーへと差しかかります。先頭のシュヴァルグランのリードは1馬身、2番手にシャケトラ、続いてキタサンブラッククラリティシチーミッキーロケットと先団を形成。中団からはゴールドアクターサトノクラウンスピリッツミノルミッキークイーンと続いて最後方にヒットザターゲットの態勢。
 
前半の1000m通過は1分0秒6の平均ペース、ここで外からサトノクラウンがポジションを押し上げるとキタサンブラックら先行グループもこれに反応、ペースは緩むことなく直線コースへ差し掛かります。
 
シュヴァルグランを交わして先頭に立ったシャケトラのリードは半馬身!内からクラリティシチースピリッツミノル、外からは1番人気キタサンブラックが並びかけて横一線!
 
残り200mを通過、ここで外から力強い脚で追い込んできたサトノクラウンが先行各馬をまとめて交わして先頭!2番手には内から経済コースを通って脚を伸ばすゴールドアクター!1番人気キタサンブラックは抵抗することなく、ズルズル後退!
 
残り100m、内ゴールドアクター、外サトノクラウン、ゴール前まで激しい追い比べとなりましたが、先に抜け出したサトノクラウンがそのままリードを保って1着!国内G1初制覇となりました!勝ちタイムは2分11秒4(稍)。3/4差の2着にゴールドアクター、そこから1馬身半差の3着にゴール前で追い込んできたミッキークイーンが入っています。
  
公認プロ予想家ではきいいろプロ他7名が的中させています。
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
勝負レースに選んだ24(土)東京6Rで◎カネトシユキミの単勝を8800円的中!33万880円を払い戻しました!さらに翌日の阪神1Rでは○プリンセスタイムデロングスターの馬連210.4倍を1200円的中させ、25万2480円を払い戻し!週末トータル回収率176%、収支プラス49万8960円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
24(土)東京6Rで『21日の南Wで併せて先着と調教の動きも上々。今回も内枠から積極先行策。』と狙った◎ジッテの複勝12.2倍、馬連465倍、ワイド74.3倍を本線的中!35万5050円を払い戻しました!25(日)函館3Rでは◎サンライズフォルテの単複を的中させ、10万4400円払い戻し!週末トータル回収率127%、収支プラス19万9150円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
24(土)東京12Rで『前走は2番ゲートから好スタートを切ったものの、押えて位置を下げたら直線で2度も前が塞がる不利。普通に乗ってくれれば巻き返せるでしょう。』と本命に推した◎ショウナンアンセムプラトリーナの馬連52.6倍を2000円的中させ、10万5200円を払い戻しました!週末トータル回収率180%、収支プラス7万2300円をマークしています。

この他にも馬券生活プロ(164%)、伊吹雅也プロ(130%)、河内一秀プロ(116%)、岡村信将プロ(107%)、きいいろプロ(102%)が回収率100%超の活躍を見せています。

今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年6月23日(金) 08:30 km
【kmのG1データブレイカー】~2017宝塚記念~
閲覧 2,522ビュー コメント 0 ナイス 8



みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。

このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝ち馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を”データブレイカー”と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします。
データ競馬全盛期の今だからこそ、”逆張り”が効果的です。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


G1データブレイカー
宝塚記念

・前走3人気以下【0.2.2.36】

クラリティシチー→前走12人気
ゴールドアクター→前走5人気
サトノクラウン→前走3人気
シャケトラ→前走3人気
シュヴァルグラン→前走4人気
ミッキーロケット→前走6人気
レインボーライン→前走7人気

上半期を締めくくるグランプリを謳う宝塚記念ですから、チャンピオンに相応しい馬が勝ちます。
今年もキタサンブラックが王座を狙っていますから、チャレンジャーには厳しい闘いが待っています。
そのキタサンブラックシュヴァルグラン以下を圧倒した天皇賞(春)。どのような内容だったか覚えていますか?
1000m58秒台で逃げるヤマカツライデンの遥か後方をマイペースで走るキタサンブラック。それを淀の坂を越えて悠々と加速し終えるまでどの馬も追いかけなかった(追いかけられなかったとも言えますが)ら結果は判りきっていますよね。
阪杯を快勝したことで阪神内回りをも克服してしまったキタサンブラック。今回は少頭数でマークが厳しくなります。春古馬3冠を達成する姿を見たい気持ちはもちろんありますが、やる気のある伏兵馬が揃った宝塚記念は平穏決着とはならないでしょう。
近5年で宝塚記念勝ち馬を出している種牡馬は、ステイゴールドディープインパクトキングカメハメハの3頭のみ。いぶし銀レインボーライン、男勝りのミッキークイーン、人気がないと好走するクラリティシチーあたりが面白そうです!

[もっと見る]

2017年6月22日(木) 14:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2017宝塚記念
閲覧 2,246ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1出走予定馬の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回からはシンプルに前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください。


◇ファン投票上位順◇

シュヴァルグラン(D)
春3戦目になりますが前2走と比べると乗り込み量は多いものの物足りない内容。もともと調教駆けするタイプではないものの前2走は動きも良かったので今回は割引が必要かもしれません。距離もこの馬には少し短い感じもします。

ゴールドアクター(B)
1週前の追い切りでは横山典騎手騎乗で追い切られ前走時より動きが軽くなったような感じで良い動きに見えました。今回も輸送があるので直前は強くは追わないと思いますがリラックスして走れていれば前走よりは良いレースが期待できるかもしれません。

サトノクラウン(D)
前走の大阪杯から間隔があるので乗り込み量は豊富。ただ1週前の追い切りでは伸びきれない感じで物足りない動きに見えました。

レインボーライン(D)
この馬は1週前追い切りと1週前の日曜日で仕上げることが多い馬ですがどちらかというと終いの時計がかかっており前2走と比べても良い時計は出ていない。

ミッキーロケット(B)
阪杯から間隔を空けての出走となりしっかり乗り込まれて好時計が出ています。1週前追い切りではユニコーンSを圧勝したサンライズノヴァと併せて互角の動きを見せており出来は良さそうです。

ヒットザターゲット(E)
年齢的なこともあるかもしれませんが1週前追い切りの動きを見ても力強さがない感じで今回も厳しい感じ。

スピリッツミノル(D)
昨年秋から休みなく使われてきており1週前追い切りの動きを見ても伸びきれていない感じで迫力もない。

クラリティシチー(B)
今回休み明け4戦目になりますが前走時の追い切りの動きを見ても良い時の重心の低い走りができており調子は良さそう。


キタサンブラックシャケトラミッキークイーンについてはシューナカコラムにてコメントしていますので、そちらをご覧ください。


<デビュー前2歳馬の調教注目馬>

ジェネラーレウーノ(牡馬)美浦:矢野厩舎
美浦の坂路で好時計が出ておりスピードのありそうな馬。短い距離でスピードを活かすレースが向いていそう。

ローズベリル(牝馬)栗東:高野厩舎
まだ乗り込み量は少ないですが先週、今週と併せて先着で時計も優秀。あと1、2週乗り込んで出走すれば好勝負しそうな馬です。



 今回は宝塚記念編でした。
 今年から大阪杯もでき、秋には海外遠征を考えている馬もいるので、今後もファン投票上位の馬がすべて出走してくるということがますます困難なレースになっていきそうな宝塚記念。それでも、今年はファン投票1位のキタサンブラックが出走してくるというだけで、盛り上がりをみせています。JRAも売り上げ的には何とかしたいと思っているところがあると思いますが、強い馬が圧勝するような強いレースを見せてくれることも競馬の魅力でもあり、宝塚記念宝塚記念で独自の個性が出るレースであれば良いのではないかと思います。
 今年は函館の時計が異常に速くなっていたりしていますし、宝塚記念が行われるこの時期はどうしても馬場が悪くなることも多々ありますので、出走した馬が故障せずに秋の目標に無事に向かっていくことができるよう、とにかくその点(馬場)だけには気をつけてもらいたいものです。
 2017年春G1シーズンのコラムも今回が最終回となります。最後までお付き合い頂きありがとうございました。それではまた次回(秋の予定)お会いしましょう。(^_-)-☆


尚、宝塚記念出走各馬の最終追い切り評価については最終予想でコメントする予定です。


※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2017年6月20日(火) 14:00 覆面ドクター・英
宝塚記念・2017
閲覧 4,743ビュー コメント 0 ナイス 23

11頭と少頭数となりましたが、メンバー自体はそれなりな上に、馬券的にも結構面白そうで、楽しみな春のグランプリになります。テーマはずばり「王者キタサンブラックを倒せる馬は居るのか?」でしょう。ポイントとしては、春に消耗し過ぎて、暑い時期でもあり、お釣りがなくなって下降線を辿っていないか、内回り2200mだけに後方一気の極端な脚質だと、なかなか差し切れない事(ただ今年くらい少頭数ならさばきやすいんでしょうが)、また斤量が案外こたえる馬もいること、ローテーション的な本気度はどうか?などでしょうか。そのあたりを含めて恒例の全頭診断を。

キタサンブラック:もはや距離・コース不問の王者で、非根幹距離のこの2200mは強力な先行力を生かせる絶好舞台で崩れる姿は想像できない。

シュヴァルグラン:連続2着だが負けた相手がサトノダイヤモンドキタサンブラックであり、現在の古馬の中では頂点近くの存在。ただスタミナ豊富でこの距離は少し忙しい可能性もあるのでは。昨年の宝塚記念9着は下がってくる馬と一緒に下がってしまったのもあり度外視可能だが、人気馬の中では前走サトノダイヤモンドに先着と頑張ってしまったこともあり、人気必至でもっとも妙味がないか。3着くらいを期待(笑)

シャケトラマンハッタンカフェ産駒は菊花賞と有馬記念を制した父と違い、長距離トップレベルでは実績さっぱりで、京都の3200mは向かないと思って前走では評価下げたがやはり凡走した。ここは巻き返し濃厚な舞台でルメール騎手込みで、期待大。キタサンブラックに食らいついていくのはこの馬では。

ゴールドアクター:前走は横山典騎手への乗り替わりで過剰に期待されたが、気性的な問題が出てきて低迷しており、結局関東か滞在でないと結果出せないままなのは相変わらずで、暑い時期の関西への輸送では買いにくい。人気次第でヒモに入れるか程度か。

サトノクラウン:昨年12月に香港でG1を勝ってきて京都記念も勝ったが、期待された前走大阪杯は6着と冴えず。ここは距離的には向くのだろうが1週前までの調教イマイチで、前走も12kg減だったりと体調安定せず、大一番で強いとはいえ最近乗れていないデムーロ騎手込みで正直狙いにくい。

ミッキーロケット:神戸新聞杯ではサトノダイヤモンドをひやっとさせる2着で、菊花賞5着の後に日経新春杯を勝ち、もう少しやるかと思いきや京都記念4着、大阪杯7着と「最強世代(私は全然そう思っていませんでしたが)」の上位メンバーとしては、やや物足りない状況。ただその2戦はゲートで身体をよじって出遅れてのもので末脚は悪くなかったし、調教の動きはなかなか良く、ゲートさえポンと出れば(出る保証は全くないんですが(笑))、上位争いする力は十分あり人気落としそうな今回は楽しみな一頭。

ミッキークイーン:1番人気を裏切ったヴィクトリアマイルより距離はこのくらいがいいのだろうが、牡馬相手の56kgは厳しいのでは。エリザベス女王杯や阪神牝馬Sでも56kgを背負ったことはあるが、牝馬相手だったし、久々やマイルが忙しかったこともあるのだろうが56kgが堪えていつもの反応無かったので、ここもそこそこ人気になりそうで妙味薄い。

レインボーライン:菊花賞2着以降はJCで6着、日経賞は4着、天皇賞(春)では12着と尻すぼみ状態。距離は本質的にこのくらいが良いのかもしれないが、距離コース不問の堅実頑張り屋さんタイプが一旦崩れ出すと復活が難しいことが多く、ここもあまり期待できない。

クラリティシチー:エプソムCで4着とここにきて復活の兆しはあるのかもしれないが、勝ち星は1800mまででマイル中心に使われてきており、11着と惨敗した3年近く前のセントライト記念以来となるこの距離でこの相手では狙えない。

スピリッツミノルディープスカイ産駒の数少ない芝馬で、古馬になってからのオープンでは、重賞ではさっぱりで、オープン特別しかも特殊条件の3000m戦である万葉Sでの3着が最高なだけに期待できない。

ヒットザターゲット:9歳まで走って馬主孝行な丈夫さだがここは参加賞で、夏の北海道の2600mならまだやれるのでは。


<まとめ>
最有力 キタサンブラック
有力 シャケトラシュヴァルグラン
ヒモで期待のやや人気薄馬 ミッキーロケット
人気で評価下げたい馬 ゴールドアクターサトノクラウンミッキークイーン

[もっと見る]

2017年6月11日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/エプソムC G3(河内一秀プロ)
閲覧 915ビュー コメント 0 ナイス 2

 本日はウマニティ公認プロ予想家軍団きっての安定感を誇り、的中率日本一とも噂される予想ソフト『カツラギ』の開発者でもある河内一秀さんに登場してもらいます。ターゲットはエプソムC。先週もキッチリとプラス収支を達成している安打製造機の渾身の予想に注目しましょう。
メイS組の4歳馬2頭対ベテラン勢の大混戦で、道中の立ち回りがポイントになる」とこのレースを分析した河内さんが本命を打ったのは⑩アストラエンブレム。「前走はOP特別2着も指数的にはGⅢなら通用するレベルで、京都金杯でも好指数を記録。どんな流れにも柔軟に対応できる脚質も魅力で、軸としての信頼性は高い」と太鼓判を押してくれました。
 対抗は②フルーキー。単穴は⑭タイセイサミット。以下、⑰レッドレイヴン、⑬クラリティシチー、④ヒストリカル、⑨クラリティスカイの順に押さえ、馬券は3連複1頭軸流し⑩→②④⑨⑬⑭⑰で勝負します。本レース以外の河内プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

⇒もっと見る

クラリティシチーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 110ビュー コメント 0 ナイス 8

今日の新潟11R谷川岳S本命は大外16番クラリティシチー

いい感じで上がってきていたんだけど最後の直線で急失速。。。。

躓いたのかなぁ????へんな失速の仕方だったけど大丈夫だろうか???

 浪花のクマ 2017年10月20日(金) 23:05
富士S 最終決断
閲覧 209ビュー コメント 0 ナイス 4


宝塚記念後放牧を挟んで休養、ここを目標
に仕上げられたクラリティシチー、陣営も
自信の一発宣言・・乗って見るか・・

第20回 富士ステークス(GⅢ)

◎ ⑩ クラリティシチー
○ ⑮ イスラボニータ
▲ ⑤ ペルシアンナイト
△ ⑥ エアスピネル
△ ⑪ グランシルク
☆ ⑧ ロードクエスト


単勝
 ⑩
馬連
 ⑩⇒⑮⑤⑥⑪⑧
3連複
 ⑩⑮⇒⑤⑥⑪⑧

[もっと見る]

 馬券のAエース 2017年10月18日(水) 18:08
富士S≪データ攻略ポイント≫ 
閲覧 406ビュー コメント 0 ナイス 5

【富士S】東京1600m

過去13年で3連単100万以上2回、10万以上7回と『荒れる』傾向

≪馬券内条件(3着以内)≫
☆過去、重賞連対経験or OP勝ち実績
※全馬クリア
☆近3走以内に重賞5着以内
×ロードクエスト×ミュゼエイリアン×クラリティシチー×サトノアレス

≪年齢≫
3歳【3-1-1-15】
4歳【1-2-2-6】
5歳【1-2-2-15】
近5年に関しては全馬5歳以下での決着!
近10年では6歳以上は【0-3-1-57】3着以内の馬は全て単勝10倍以上の穴馬
人気馬の6歳以上は危険かも!?

≪好走条件≫
○前走1番人気⇒本番5番人気以内【3-4-2-10】複勝率45%
・イスラボニータ・グランシルク
◎『前走重賞連対』or『OP特別1着』
・ガリバルディ・グランシルク
◎前年の『マイルCS』勝ち馬から0.5秒差以内
・イスラボニータ・ガリバルディ・ロードクエスト
○堀厩舎【0-2-1-0】、戸崎【2-1-0-0】、ルメール【0-2-0-0】
戸崎:ブラックムーン ルメール:イスラボニータ

≪凡走条件≫
×前走1200m&2400m以上【0-0-0-14】 ×ジョーストリクトリ×ペルシアンナイト
×逃げ馬【0-0-0-13】
×7歳以上で前走2着以下【0-0-0-23】 ※今年は該当ナシ
▼前走安田記念組【1-2-0-12】 ▼イスラボニータ
×前走NHKマイル【0-0-0-5】  ×レッドアンシェル

【好走条件を含むマイナスの無い馬】
○エアスピネル
○クルーガー
○グランシルク(好走条件アリ)
○ブラックムーン(好走条件アリ)
昨年のリピーターでもあり、≪好走条件≫が3つもあるイスラボニータは
昨年も安田記念からの2着だったので、≪凡走条件≫も問題ないかも
しれませんが、近年傾向の3着以内は3・4・5歳からという点で取捨てが
難しいですね(^o^;)
逆に近5年毎年絡む3歳馬が、馬券内条件(3勝orGⅠで3着以内)の戦歴は
満たしているものの全頭≪凡走条件≫あり。
年齢にこだわるかどうかが今年の焦点となりそうです!
ただ、気付いちゃった点が1つ。
過去10年3着以内馬30頭で≪血統≫父ミスプロ系が1頭もいない(〃゚д゚〃)エ~ッ
ということは○エアスピネル○クルーガー×クラリティシチー○ブラックムーンにも
マイナス条件!?マイナスの無い馬は1頭しかいなくなりますけど…(焦)

【見解】
荒れるレースは決まったデータが少ないのも特徴なので、
データ通りという訳にはなかなかいかない。どの条件を重視するかもセンスですね^^
今年は特に人気馬にもマイナスデータがあり、一長一短という馬が多い。
データ的に強いのは≪好走条件≫2つのグランシルクかな?
ですが、私がこのレース毎年、軸に置く予想項目は
◎前年の『マイルCS』勝ち馬から0.5秒差以内
・イスラボニータ(6歳)・ガリバルディ(6歳)・ロードクエスト(近3走重賞5着以内ナシ)
該当する馬がいる年は
マルカシェンク⑪人気、ライブコンサート⑭人気、リアルインパクト⑨人気、
と、穴でも好走しているだけに頼もしいデータなのですが、
近5年6歳以上の馬は全滅【0-0-0-25】なので、傾向に負けてしまうのか?
にも注目です。1頭だけでも入って欲しいところ^^

≪超抜≫競馬の会員さんは
≪LAP一致度≫がハッキリしています。指数表の上りタイムが
1位or2位の馬のどちらかが毎年3着以内なので、2択の軸選びでもイイと思いますよ♪

[もっと見る]

⇒もっと見る

クラリティシチーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

クラリティシチーの写真

クラリティシチー

クラリティシチーの厩舎情報 VIP

2018年4月29日谷川岳ステークス16着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

クラリティシチーの取材メモ VIP

2018年3月11日 東風ステークス 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。