ラインシュナイダー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ラインシュナイダー
写真一覧
現役 牡7 鹿毛 2012年3月23日生
調教師松永昌博(栗東)
馬主大澤 繁昌
生産者畠山牧場
生産地新ひだか町
戦績39戦[6-14-1-18]
総賞金13,502万円
収得賞金3,500万円
英字表記Rhein Schneider
血統 ヴァーミリアン
血統 ][ 産駒 ]
エルコンドルパサー
スカーレットレディ
トウジュ
血統 ][ 産駒 ]
テンビー
セイメイ
兄弟 シンゼンマオーアシガル
前走 2019/02/10 バレンタインS OP
次走 2019/08/18 TV西日本北九州記念 G3

ラインシュナイダーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/08/18 小倉 11 北九州記念 G3 芝1200 -- 1847339.5----** 牡7 55.0 藤井勘一松永昌博-- --------
19/02/10 東京 10 バレンタイン OP ダ1400 1624112.21410** 牡7 57.0 柴田大知沖芳夫474(+2)1.25.0 0.436.5サングラス
18/12/23 阪神 12 ギャラクシー OP ダ1400 1648104.01310** 牡6 57.0 松若風馬沖芳夫472(0)1.22.7 1.236.2⑦⑧ゴールドクイーン
18/12/08 阪神 11 リゲルS OP 芝1600 1144182.51111** 牡6 57.0 太宰啓介沖芳夫472(0)1.36.7 3.437.5パクスアメリカーナ
18/11/10 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 1636499.31613** 牡6 56.0 柴田大知沖芳夫472(+6)1.36.3 1.636.8⑤⑦サンライズノヴァ
18/10/08 東京 11 グリーンCC OP ダ1400 1611127.31515** 牡6 57.0 津村明秀沖芳夫466(-17)1.26.1 2.739.1サンライズノヴァ
18/03/20 高知 5 黒船賞 G3 ダ1400 11--------4** 牡6 57.0 幸英明沖芳夫483(--)1.27.7 0.5----エイシンヴァラー
18/03/10 阪神 11 ポラリスS OP ダ1400 1471211.058** 牡6 57.0 武豊沖芳夫484(+4)1.23.6 1.237.8⑤④サトノファンタシー
18/02/11 東京 10 バレンタイン OP ダ1400 166126.835** 牡6 57.0 武豊沖芳夫480(0)1.23.8 0.336.4⑤④レッドゲルニカ
18/01/20 京都 11 すばるS OP ダ1400 168154.924** 牡6 57.0 武豊沖芳夫480(+2)1.24.8 1.037.3⑤⑤ドライヴナイト
17/12/24 阪神 12 ギャラクシー OP ダ1400 16369.454** 牡5 56.0 国分恭介沖芳夫478(+8)1.24.0 0.337.7アキトクレッセント
17/10/09 東京 11 グリーンCC OP ダ1400 16596.832** 牡5 57.0 石橋脩沖芳夫470(0)1.22.4 0.235.5サンライズノヴァ
17/08/16 佐賀 8 サマーチャン G3 ダ1400 11--------1** 牡5 54.0 武豊沖芳夫470(--)1.26.1 -0.0----タムロミラクル
17/06/10 東京 11 アハルテケS OP ダ1600 16118.735** 牡5 54.0 石川裕紀沖芳夫474(0)1.36.9 0.336.5メイショウウタゲ
17/05/28 東京 11 薫風S 1600万下 ダ1600 1671310.151** 牡5 57.0 武豊沖芳夫474(-2)1.35.8 -0.235.8ヒデノインペリアル
17/04/30 京都 12 高瀬川S 1600万下 ダ1400 16363.314** 牡5 57.0 武豊沖芳夫476(+4)1.24.6 0.236.8イーデンホール
17/03/04 阪神 10 播磨S 1600万下 ダ1400 156103.622** 牡5 57.0 武豊沖芳夫472(+2)1.23.2 0.036.2サウススターマン
17/02/11 東京 10 銀蹄S 1600万下 ダ1400 163614.762** 牡5 55.0 石川裕紀沖芳夫470(-4)1.23.8 0.136.2④⑥ポイントブランク
17/01/29 中京 12 伊良湖特別 1000万下 ダ1400 16592.611** 牡5 57.0 国分恭介沖芳夫474(+10)1.24.8 -0.035.9アイアムナチュラル
16/11/13 京都 12 ドンカスター 1000万下 ダ1400 167133.624** 牡4 56.0 武豊沖芳夫464(+4)1.24.1 0.336.3イーデンホール

⇒もっと見る


ラインシュナイダーの関連ニュース

北九州記念の近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証


<ポイント①>
2017年こそ低指数馬が1~3着を占めたが、基本的に指数上位馬の好走頻度が高いレース。指数1~5位のなかから2頭以上が馬券に絡むケースが多く、ワンツーフィニッシュも珍しくはない。

指数5位以内

アレスバローズ
アンヴァル
モズスーパーフレア
カラクレナイ
ミラアイトーン

<ポイント②>
指数95.0未満の馬が2頭以上絡んだ年はない。指数95.0未満の馬同士の2連勝馬券、指数95.0未満を2頭以上含む組み合わせの3連勝馬券は推奨できない。

指数95.0未満

クインズサリナ
ディアンドル
ラブカンプー
ラインシュナイダー
ファンタジスト
ディープダイバー
ナインテイルズ
シャドウノエル

<ポイント③>
指数94.0未満で馬券に絡んだ馬は、斤量面で恵まれやすい3歳馬のみ。低指数の古馬は割引が必要となる。

指数94.0未満の4歳以上

クインズサリナ
ラブカンプー
ラインシュナイダー



ウマニティ重賞攻略チーム

【斬って捨てる!】北九州記念 高齢馬は苦戦傾向!前走ふたケタ着順馬の深追いは危険!NEW!2019年8月18日() 09:20

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去の北九州記念の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。



【全般】
8歳以上の好走例は皆無(2008年以降)

ラインスピリット
ナインテイルズ

近2走内にオープンクラスで3着以内の経験がない、7歳馬の好走例はみられない(2009年以降)

ラインシュナイダー

斤量56キロ超の牡馬の連対例はゼロ(2008年以降)

アレスバローズ
ミラアイトーン

前走でCBC賞に出走、かつ敗退馬の連対例はなし(2008年以降)

アレスバローズ

1200m戦未勝利馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ラインシュナイダー

【人気】
前走重賞戦で敗退、かつ今回1~2番人気に支持された馬の好走例はなし(2008年以降)
※8時00分現在の1~2番人気、かつ前走重賞戦敗退馬

モズスーパーフレア

1番人気、かつ単勝オッズ3.0倍以上の連対例は皆無(2008年以降)
※8時00分現在の1番人気、かつ単勝オッズ3.0倍以上

ミラアイトーン

15番人気以下の連対例はゼロ
※8時00分現在の15番人気以下

ラインスピリット
ラインシュナイダー
キングハート
ナインテイルズ

前走1番人気だった馬を除くと、前走10着以下敗退馬の連対例はみられない(2008年以降)

ラインスピリット
イエローマリンバ
ラブカンプー
ラインシュナイダー
ファンタジスト
エントリーチケット
モズスーパーフレア
ナインテイルズ

【脚質】
前走(新潟芝1000mを除く)の4角通過順が5番手以降、かつ5着以下敗退馬の連対例は皆無(4角で不利を受けた馬を除く/2008年以降)

ファンタジスト
エントリーチケット

【枠順】
馬番枠2番、10番、17番の好走例はゼロ(2008年以降)

クインズサリナ
エントリーチケット
カラクレナイ

【血統】
キングマンボを経由しない父ミスプロ系の好走例は皆無(2008年以降)

ラインスピリット
モズスーパーフレア


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ディアンドル
アンヴァル
ディープダイバー
シャドウノエル
ダイメイプリンセス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】北九州記念 昇級の外国産馬に見せ場以上のシーンも!昨年の優勝馬も好状態!2019年8月17日() 16:30

日曜日に行われる北九州記念の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ラインスピリット
最終追いは栗東CWで単走。序盤からハイラップを刻み、6F80秒近辺、5F64秒台半ばを記録したが、最後は踏ん張り切れずにタレてしまった。行きっぷりの良さは認めるにしても、もう少しメリハリをつけて欲しい印象。前走からの上積みは見込みづらい。

クインズサリナ
この中間は栗東坂路で順調にメニューを消化。最終追いでは、フェアリーポルカを相手に追走先着を果たした。ただ、走りそのものに躍動感はなく、非力な印象。元気はいいが、あまり上昇した感じはしない。相手強化の重賞では厳しい戦いが予想される。

アレスバローズ
2週前、1週前と2週続けて、栗東坂路で速い上がりタイムを記録。今週の坂路追いでも、折り合い良く加速ラップをマークした。いい意味で落ち着きが出てきたのか、鞍上の指示に対して従順。動きも至ってスムーズ。これといったマイナス要素は見当たらない。いい状態で臨めそうだ。

イエローマリンバ
1週前に栗東坂路でラスト2F24秒7-12秒1のラップを余力残しでマーク。今週の坂路追いでは、終いだけを伸ばす内容ながら、ラスト1Fは12秒3を記録した。ただ、攻め巧者の同馬にとってこの程度は日常茶飯事。その点を考慮すると、変わり身を予感させる材料は少ない。

ディアンドル
栗東坂路で行われた1週前追いでは、ラスト2F23秒7-11秒5の好ラップを悠々と記録。今週の坂路追いは軽く流す程度ながら、キレイな後傾ラップを記録した。若さが目立つ見映えの悪い走りではあるが、前回の最終追いと比べればマシになったほう。順調とみていいのではないか。

ラブカンプー
最終追いは栗東坂路で併せ馬を実施。後れをとったとはいえ、追われてからの重心は低く、体もまっすぐ向いている。ただ、現状のレースぶりをみるに、調教がどうのこうのというよりも、メンタル面が大きく影響している印象。動き自体は良くなっているものの、それが実戦につながるかどうかについては疑問符が付く。

ラインシュナイダー
1週前に栗東坂路でビッシリと攻め、4F51秒8をマーク。ここまでは良かったのだが、今週の坂路追いの気配は今ひとつ。控えめな内容にもかかわらず、ラスト1Fは13秒8と大失速。もともと終いが甘い馬とはいえ、ここ目標の仕上げとは言い難いものがある。苦戦必至だろう。

ファンタジスト
2週前と1週前に栗東坂路で好タイムを計時。今週の坂路追いでも上々の時計をマークした。併せ馬を消化していない点は気になるが、首をしっかりと使って登坂するさまは見映えがいい。乗り込み量の不足もなく、及第点のデキにある。あとは久々の激流に耐えられるかどうか。そのあたりが焦点となろう。

キングハート
美浦で併せ馬中心に攻め馬を積んだあと、小倉へ移動。ダートコースで実施した最終追いは、終いだけ伸ばす内容ながら、6Fから時計を出している。順調にメニューをこなしている点は評価できるが、その一方で上がりのタイムがなかなか詰まってこない印象。まだ良化途上、といったところか。

エントリーチケット
この中間は栗東坂路で併せ馬主体の調整。最終追いでは2勝クラスを相手に、手応え優勢で追走先着を果たした。とはいえ、この程度のパフォーマンスは常に示している馬。それほど悪い感じはないが、重賞で巻き返しが利くほどの大きな上積みがあるとは思えない。今回は足りないだろう。

アンヴァル
1週前に栗東坂路で、4F自己ベストを更新する49秒7をマーク。ラスト1Fも12秒2でまとめた。今週の坂路追いは確認程度の内容ながら、ラスト2F25秒3-12秒3の好ラップを記録。攻め巧者なので過分な評価はできないが、追われてからの力強い脚取りは見応え十分。好調とみてよさそうだ。

ディープダイバー
2週前、1週前と栗東坂路でラスト1F12秒台前半のラップを計時。今週の坂路追いは終いの反応を確かめる程度ながら、マズマズの伸び脚を見せた。派手なパフォーマンスを示しているわけではないが、テンポのいい走りで駆け上がる姿をみるに、いい調整を積んでいる印象。自身の力は出せる態勢とみる。

モズスーパーフレア
最終追いは栗東坂路で単走。行きっぷり良く、4F51秒9、ラスト1F12秒4のタイムを楽々とマークした。2週前と1週前にも好時計を出しているように、相変わらず調教は抜群に走る。前肢のさばきが硬めに映るが、それ以上にスピード感満点の動きが目を引いた。好気配。

ナインテイルズ
今週の追い切りは栗東坂路で単走。しっかりと攻め、4F51秒7、ラスト2F24秒3-12秒0のタイムを記録した。ただ、ステッキを入れたメイチ追い。坂路巧者の同馬とすれば、もう少しラストが伸びてほしいところだ。一定の上積みは見込めそうだが、激変まではどうか。

シャドウノエル
1週前こそ手緩い内容だったが、それまでは栗東坂路で好時計を連発。今週のCW追いでは、コーナーから積極的に攻め、6F79秒台の好タイムをマークした。終いは少し疲れたものの、しっかり追えば踏ん張れそうな手応えだったので、不安視する必要はなさそう。軽ハンデを活かせるようなら、見せ場以上のシーンがあっても驚けない。

ダイメイプリンセス
最終追いは栗東坂路で併せ馬を実施。パートナーの2歳未勝利馬を楽々と突き放した。ただ、ラスト2Fは25秒0-12秒4。今回と同じような調整を施した、昨年(2着)の最終追い時のラスト2Fは24秒6-12秒2。その点を鑑みると、まだ良化の余地を残しているように感じてしまう。圏内には届かないのではないか。

カラクレナイ
前走後は放牧に出さず、自厩舎で調整。1週前と当該週に栗東CWで半マイルから追うスタイルは、前回と同様。ズルさを出し、最後の伸びを欠いたが、道中の回転鋭い脚さばきは見どころがあった。実戦タイプになりつつあるので、負荷をかけた調教を消化していれば、見映えの悪さを深刻にとらえる必要はない。軽んじて扱えない1頭だ。

ミラアイトーン
7月中旬から栗東CWとプールを交えて、じっくりと調整。毎週のように速い上がりタイムをマークするなど、いい調教を積み上げている印象を受ける。最終追いは4Fから確認程度の内容だったが、少し気合をつけると素早く反応を返し、鋭い伸び脚を披露。気勢の乗りも良く、久々をまったく感じさせない。好仕上がり。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】北九州記念 どんな人気からでも入れるレース!斤量減の牝馬に妙味あり!2019年8月17日() 16:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われる北九州記念のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走から斤量減の馬がやや優勢(2008年以降)

ラインスピリット
ディアンドル
ラブカンプー
ラインシュナイダー
ファンタジスト
ディープダイバー
ナインテイルズ
シャドウノエル

前走から斤量減かつ、52~53キロの牝馬が好成績(2008年以降)

ディアンドル
ラブカンプー
シャドウノエル

【人気】
2008年以降、5~9番人気が8勝
※土曜日15時30分現在の5~9番人気

アレスバローズ
アンヴァル
ディープダイバー
ダイメイプリンセス
カラクレナイ

2桁人気の激走例が目につく
※土曜日15時30分現在の10番人気以下

ラインスピリット
クインズサリナ
イエローマリンバ
ラブカンプー
ラインシュナイダー
キングハート
エントリーチケット
ナインテイルズ
シャドウノエル

【脚質】
連対率と複勝率は先行勢が優勢(2008年以降)

クインズサリナ
イエローマリンバ
ラブカンプー
アンヴァル
モズスーパーフレア
シャドウノエル

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

上がり3ハロン1~3位馬が好成績(2008年以降)

アレスバローズ
ディアンドル
ファンタジスト
ディープダイバー
ミラアイトーン

※近走の内容を参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
ほぼフラット(2008年以降)

※枠順による有利・不利についてはあまり考慮しなくていい

【血統】
近年は、芝1200mのG1(国内)を自身が勝利、あるいは産駒を輩出している種牡馬を父もしくは母父に持つ馬の活躍が目立つ

ラインスピリット
クインズサリナ
ラブカンプー
ファンタジスト
キングハート
アンヴァル
ダイメイプリンセス

ナスルーラ系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬の相性が良く、毎年のように上位を賑わせている(2008年以降)

ラインスピリット
アレスバローズ
ラブカンプー
エントリーチケット
シャドウノエル

サクラバクシンオー産駒(直仔種牡馬を含む)が好調(2012年以降)

ラブカンプー


【3項目以上該当馬】
ラブカンプー(7項目)
シャドウノエル(5項目)
ラインスピリット(4項目)
クインズサリナ(3項目)
アレスバローズ(3項目)
ディアンドル(3項目)
ファンタジスト(3項目)
アンヴァル(3項目)
ディープダイバー(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【北九州記念】厩舎の話2019年8月16日(金) 05:04

 ◆アレスバローズ・角田師 「今週は手応えよくいい回転力。良馬場でやりたい」

 ◆イエローマリンバ・河内師 「輸送があるので今週は軽め。体も減っていないし状態はいい」

 ◆エントリーチケット・宮師 「前に馬を置いていい動き。小倉は一番得意だし、馬場が渋ってもいい」

 ◆カラクレナイ・松下師 「いい状態をキープ。スタートが安定してきた」

 ◆キングハート・星野師 「放牧明けがいい方向に出て、スタートが決まれば通用していい」

 ◆クインズサリナ・西村師 「(4ハロン)55秒くらいのイメージだったが、動くね。小回りの平坦は走りやすい」

 ◆シャドウノエル・小滝助手 「コントロールも利いて予定通りの動き。ハンデ52キロなら」

 ◆ダイメイプリンセス・森田師 「少し体が硬い。ただ、昨年のよかった頃の状態に戻りつつある」

 ◆ディアンドル・奥村豊師 「先週に動けていたので今週は馬なりで。小倉でも勝っており長距離輸送も問題ない」

 ◆ディープダイバー・大久保師 「しまいもグンと来ていたし、動きはよかった。強いメンバーにどれだけやれるか」

 ◆ナインテイルズ・長谷川師 「状態はいい。競馬に行って、いい面を引き出せれば」

 ◆ファンタジスト・梅田師 「久々だが、動きも息遣いもいい。やはり馬体、血統、気性からも短距離向き」

 ◆ミラアイトーン・池江師 「先週が実質追いで、今週もゆったり走れて状態はいい。小倉のスパイラルカーブも合う」

 ◆モズスーパーフレア・音無師 「常に全力で走るから、間隔が詰まらない方がいい。ハイペースでも行けるだけ行く形が合う」

 ◆ラインシュナイダー・松永昌師 「ここまでうまく調整できている。雨が降って馬場が緩くなるようなら」

 ◆ラインスピリット・松永昌師 「この馬なりに状態は悪くないけど、年齢的なものもあるかもしれない」

 ◆ラブカンプー・森田師 「併せたが、それほど無理をしていない。ここにきて筋肉も戻ってきた」

★北九州記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【サマーチャンピオン】レース展望 2019年8月12日(月) 11:44

ヒザクリゲが3連勝の勢いで重賞初挑戦



 お盆シーズン真っ最中の14日(水)に佐賀競馬場で、恒例の交流重賞・第19回サマーチャンピオン(交流GIII、3歳以上オープン、ハンデ、ダート・右1400メートル)が行われる。昨今の交流重賞戦では珍しくJRA勢に交流重賞タイトルを保持する馬がおらず、例年以上に混戦模様のメンバーとなった一戦を展望していきたい。



 傑出馬不在のJRA勢5頭の中でも一番手に取り上げておきたいのは、500万下(現1勝クラス)から一気の3連勝でオープン入りを果たしたヒザクリゲ(栗東・牧浦充徳厩舎、牝4歳)。



 4歳とはいえキャリアはわずか10戦で、馬体重を増やしつつ連勝を伸ばしてきたように、ここにきての充実度は目を見張るものがある。初オープン挑戦で53キロのハンデはやや見込まれた印象を受けるが、相手には恵まれた印象で、いきなり通用する可能性がありそうだ。



武豊騎手とのコンビで挑むスマートレイチェル



 2017年にラインシュナイダーに騎乗してこのレースを制している名手・武豊騎手が、昨秋以来のコンビ再結成となるスマートレイチェル(栗東・西園正都厩舎、牝5歳)とのコンビで登場する。



 2歳暮れのデビューから一貫してダートの短距離戦を使い続けると、前走のシドニーTを制して待望のオープン入り。3歳春以来のオープン挑戦となるが、52キロのハンデなら通用してもいいのではないか。



 過去の成績を見ると、3カ月ぶりの実戦復帰になるのはややマイナス要素と言えるかもしれないが、惜しまれつつもこの世を去った父キングカメハメハの思いも乗せて奮闘してもらいたい。



グランドボヌールが久々のダートで一変なるか



 2走前のCBC賞(GIII)は6着、前走の中京記念(GIII)で5着と、芝の重賞でもまずまずの走りを見せていたグランドボヌール(栗東・鈴木孝志厩舎、牡5歳)が、さらなるステップアップを狙って3歳春以来となるダート戦に挑む。



 ダートは1800m戦を2度使って13、6着と結果は出ていないが、当時は未勝利の身で適性を探っている段階だったといえる。短距離戦で成績が安定してきた今なら、違った結果が出てもいいのではないか。



 JRAからは他に2頭が参戦する。田中勝春騎手とのコンビで挑むシャインヴィットゥ(美浦・小野次郎厩舎、牡5歳)は、オープン昇級後の2戦が13、15着だけに過度な期待はかけづらい。



 もう一頭は、中央でオープン特別2勝がありこのメンバーでは実績上位の存在と言えるナンチンノン(栗東・中竹和也厩舎、牡8歳)だが、トップハンデの56キロを背負う上に目下6戦連続2ケタ着順と往年の勢いを失っている。8歳の高齢馬でもあり、全盛期の走りをどこまで見せることができるか気になるところだ。



★兵庫勢の回避で地元・佐賀勢に出番があるか



 例年なら主役級の能力を持つ馬がズラリと並ぶJRA勢だが、今年に関しては全馬が重賞未勝利。交流重賞Vの実績があるエイシンバランサー、エイシンヴァラーなどが名を連ねていた兵庫勢も揃って回避となると、地元・佐賀勢に出番が回ってきても不思議ではなさそうだ。



 とはいえ今年は、上位2頭に優先出走権が与えられる地元・佐賀のトライアルレース・吉野ヶ里記念が大雨の影響で中止になっている。例年ならここで結果を出した好調馬が出走表に名を連ねるが、今年に限れば実績、勢いに勝る面々が揃ったとは言い切れない。



 一応、仕切り直しとなった池田湖賞で2、3着しているハクユウスターダム(佐賀、東眞市厩舎、牡6歳)、マサヤ(佐賀、東眞市厩舎、牡8歳)を推したいが、果たしてどのような走りを見せてくれるだろうか。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラインシュナイダーの関連コラム

閲覧 707ビュー コメント 1 ナイス 7

 お盆に行われる交流重賞の第2弾は、佐賀のダ1400mのハンデ戦で行われるサマーチャンピオン。この時期は交流重賞のクラスターカップサマーチャンピオン、さらに翌週には中央でNST賞(新潟ダ1200m)と、オープン馬が出走できるレースが多数。しかし、秋のJBCスプリントを目指す実績馬は、ハンデを背負わされることを嫌って、クラスターカップに出走することが多く、こちらはメンバーが手薄になりがちです。

 しかし、ハンデ戦ながら、過去10年の連対馬20頭中18頭が斤量55kg以上の馬という成績。ハンデ54㎏以下で連対したのは、2014年のピッチシフター(斤量52㎏)と2017年のラインシュナイダー(斤量54Kg)のみ。基本的には斤量55kg以上の実績馬が優勢と言えます。

 その中でも本命馬として信頼できるのは、近2走以内に中央のダ1400mのオープン勝ちの実績がある馬。中央のオープンは、地方で行われるG3と同等か、もしくはそれ以上にレベルの高い場合もあるので、能力面で見劣りません。実際に過去10年のこのレースでの成績は、【3・1・1・0】と優秀。1着の該当馬は、2010年セレスハント、2014年のエーシンビートロン、2016年のグレイスフルリープ。2着の該当馬は、2011年トーホウドルチェ、3着の該当馬は、2015年のレーザーバレットです。

 次いで信頼できるのは、前走プロキオンSを逃げ、先行した馬です。前走プロキオンSで3コーナー5番手以内だった馬のこのレースでの成績は、過去10年で【2・3・1・3】。1着の該当馬は、2012年のテイクアベット、2015年のタガノトネール。2着の該当馬は、2009年のランザローテ、2013年のガンジス、2016年のワンダーコロアール。3着の該当馬は、2016年のタガノトネールです。

 プロキオンSが阪神で行われていた頃は、プロキオンSの連対馬が、ここでも活躍する図式でしたが、中京で行われるようになってからは、下位着順からの巻き返しが目立ちます。2016年のタガノトネールプロキオンS11着大敗から、巻き返しての3着でした。これは中京ダ1400mは、芝スタートで直線が長く、超オーバーペースが発生しやすいからでしょう。

 一方、プロキオンSで3コーナー5番手以内でレースを運びながらも4着以下に敗れた2012年のトシキャンディ、2014年のガンジス、昨年のエイシンヴァラーは、プロキオンSが休養明けという共通項がありました。エイシンヴァラーはプロキオンSで2.3秒差の12着といくら何でも負け過ぎていた感はありますが、基本的に休養明けのプロキオンSで好走した馬は狙わないほうがいいでしょう。

 また、穴パターンは、やっぱり地方馬の一発。このレースの過去10年で5番人気で連対したのは、全て地方馬。また、連対した4頭中3頭は、過去1年以内の交流重賞で4着以内の実績がありました。また、3着の地方馬も4頭中3頭がそれに該当。唯一、該当しなかった連対馬は昨年のエイシンバランサーですが、同馬は兵庫へ移籍して2戦目の馬でした。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・近2走以内に中央のダ1400mのオープンを勝利している馬。
 ・前走のプロキオンSで3コーナー5番手以内の馬。
  (プロキオンSが休養明けで3着以内だった馬を除く)

 ●穴馬候補
 ・過去1年以内の交流重賞で4着以内の実績がある地方馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2016年7月27日(水) 18:20 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(7/23~7/24)dream1002プロが中京記念で17万超払い戻し!
閲覧 820ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、24(日)に函館競馬場でG3函館2歳ステークスが、中京競馬場でG3中京記念行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3函館2歳ステークスザベストエバーが先頭で直線コースへ。逃げるザベストエバーをすぐさま2番手のレヴァンテライオンが馬なりで並びかけると一気に交わして先頭に躍り出ます。後続からは内を突いたタイムトリップ、中からは1番人気モンドキャンノも脚を伸ばして3頭が抜け出す形に。残り100mを通過、ここで内のタイムトリップが一杯となると逃げるレヴァンテライオンモンドキャンノの2頭がムチを奮っての叩き合い!ゴール前まで脚色衰えなかったレヴァンテライオンが差を詰めるモンドキャンノを抑え込んで優勝しました!半馬身差の2着にモンドキャンノ、そこから1馬身1/4差の3着にタイムトリップが入っています。
 
公認プロ予想家では導師嵐山プロ他3名が的中しています。
 
 
G3中京記念カオスモスが先頭で直線コースへ。先頭はカオスモスでリードは1馬身、その後ろにマイネルアウラートスマートオリオンピークトラムタガノエトワール、後方各馬は大外に持ち出して直線勝負に賭けます。残り200mを通過、ここでカオスモスが一杯になると、内からタガノエトワールアルマディヴァン、大外ピークトラムの3頭が抜け出し、横一線の追い比べ!残り100m、ここでピークトラムが内2頭を交わして先頭に立つと、直後、さらに外からガリバルディが矢のような脚で猛追!ゴール前、並ぶ間もなくピークトラムを交わすと最後は流しての完勝!嬉しい初重賞制覇を飾りました!3/4差の2着にピークトラム、そこから半馬身差の3着にケントオーが入っています。
 
公認プロ予想家ではdream1002プロ他6名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
24(日)中京11R中京記念(G3)で▲○△の印で3連単877.9倍を200円的中させ、17万5580円を払い戻しました!勝負レースに指定した中京8Rでは『前走落鉄でも地力を魅せたラインシュナイダーを中心視。』と▲◎○の本線決着で3連単111.1倍を的中させました!週末トータル回収率148%、収支プラス14万5250円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
24(日)函館8Rで『差し追い込みが常識にかかってきたハッピーユニバンスがまとめて負かす可能性に期待』と本命に抜擢!◎▲○のパーフェクト予想を披露し、馬単143倍を1000円、3連単1179.8倍を100円的中させ、26万980円を払い戻しました!この他にも23(土)中京10Rで13万3850円、24(日)福島5Rで11万9750円を払い戻すなど好調予想を披露し、週末トータル回収率121%、収支プラス15万7390円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
勝負レースとした24(日)中京11R中京記念(G3)で◎ガリバルディピークトラムの印で単勝11.3倍、馬連51.1倍を仕留めました!続く中京12Rでも○×◎で単勝18.1倍、馬連172.5倍、3連複258.6倍を的中させ、7万4840円を払い戻しました!週末トータル回収率131%、収支プラス8万8980円をマークしています。
 
この他にも馬っしぐらプロ(122%)、スガダイプロ(101%)が回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
 
競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

ラインシュナイダーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 190ビュー コメント 0 ナイス 6

◎ラインシュナイダー
〇モズスーパーフレア
▲ディアンドル
△ミラアイトーン
✖ディープダイバー
 アンヴァル

 山崎エリカ 2019年8月14日(水) 02:27
サマーチャンピオンの予想
閲覧 92ビュー コメント 0 ナイス 16

昨年同様に重賞ウイナー不在
今年も波乱の可能性は十分
_____________

お盆に行われる交流重賞の第2弾は、佐賀のダ1400mのハンデ戦で行われるサマーチャンピオン。この時期は交流重賞のクラスターカップにサマーチャンピオン、さらに翌週には中央でNST賞(新潟ダ1200m)と、オープン馬が出走できるレースが多数。しかし、秋のJBCスプリントを目指す実績馬は、ハンデを背負わされることを嫌って、クラスターカップに出走することが多く、こちらはメンバーが手薄になりがちです。

しかし、ハンデ戦ながら、過去10年の連対馬20頭中18頭が斤量55kg以上の馬という成績。ハンデ54㎏以下で連対したのは、2014年のピッチシフター(斤量52㎏)と2017年のラインシュナイダー(斤量54Kg)のみ。基本的には斤量55kg以上の実績馬が優勢と言えます。


続きはこちら!
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11785

予想はこちら!
https://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2019081432100309


★この後の大井11R黒潮盃と12Rのドリームナイト賞も提供予定です♪

[もっと見る]

 ターフィーTD 2018年12月8日() 12:55
タフィスポ(12月8日号)
閲覧 102ビュー コメント 0 ナイス 3

12月8日(土)中山・阪神・中京
【★=今週一番】

中山11R師走S
◎2.アングライフェン 19
〇13.クインズサターン 17
▲3.クイーンマンボ 17
★14.リーゼントロック 17
△6.トップディーヴォ (16.5)
△8.コスモカナディアン 15.5
△16.テーオーエナジー 15

~レーティングについて~
 馬名右の数値は、該当馬の実力に騎手の巧拙、枠順やコーナーの有利不利を加味して算出した独自のレーティングです。1ポイント=0.2秒の差を示し、5ポイントで入線タイム差が約1秒と想定しています。(カッコ)付き数値は長期休養馬、もしくは8カ月以上前のレースぶりを見て算出したものです。予想の参考としてご覧ください。

【参考買い目】
<単勝>
◎=1点
<3連単>
◎↔〇▲★△△△(1頭軸マルチ)=90点
〇→▲★→▲★△△△=8点
◎→〇→▲★=2点

【本日の注目馬】
中山10R
5.ライジングリーズン
15.メイショウツレヅレ

中京11R中日新聞杯
2.アメリカズカップ
4.エテルナミノル
6.ハクサンルドルフ
10.ショウナンバッハ

阪神11R
4.ラインシュナイダー

◆勝負レース回収率◆
単勝 112%
三連単 46%

以上

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラインシュナイダーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ラインシュナイダーの写真

ラインシュナイダー

ラインシュナイダーの厩舎情報 VIP

2019年8月18日TV西日本北九州記念 G3
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ラインシュナイダーの取材メモ VIP

2018年11月10日 東京中日S杯武蔵野S G3 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。