会員登録はこちら
富士ステークス G3   日程:2019年10月19日() 15:45 東京/芝1600m

レース結果

富士ステークス G3

2019年10月19日() 東京/芝1600m/18頭

本賞金:4,100万 1,600万 1,000万 620万 410万


レコード:1分30秒5
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 16

ノームコア

牝4 56.0 C.ルメー  萩原清 470(0) 1.33.0 4.8 2
2 5 9

レイエンダ

牡4 57.0 C.スミヨ  藤沢和雄 486(-6) 1.33.1 1/2 8.9 3
3 1 2

レッドオルガ

牝5 54.0 福永祐一  藤原英昭 454(+4) 1.33.1 アタマ 10.2 4
ラップタイム 12.2 - 10.9 - 11.9 - 12.0 - 11.9 - 11.3 - 11.1 - 11.7
前半 12.2 - 23.1 - 35.0 - 47.0 - 58.9
後半 58.0 - 46.0 - 34.1 - 22.8 - 11.7

■払戻金

単勝 16 480円 2番人気
複勝 16 200円 2番人気
9 310円 5番人気
2 250円 3番人気
枠連 5-8 1,010円 4番人気
馬連 9-16 2,720円 11番人気
ワイド 9-16 1,000円 11番人気
2-16 820円 7番人気
2-9 1,520円 17番人気
馬単 16-9 4,520円 17番人気
3連複 2-9-16 7,610円 27番人気
3連単 16-9-2 33,510円 102番人気

富士ステークスのニュース&コラム

【富士S】ノームコア、男勝りV
 富士S(芝1600メートル)が19日、東京競馬場で18頭によって争われ、ルメール騎乗で2番人気のノームコアが差し切って快勝。ヴィクトリアマイルに続く重賞連勝を飾った。今後はマイルCSなどを視野に入れて調整される見込み。 究極のレコード決着もタフな重馬場も何でもござれ。“究極の普通”を意味するノームコアが、極めて普通ならざる超絶パフォーマンスで牡馬一線級を斬って捨てた。 「彼女は大人になりました。すごく強くなった。すごくいい馬になりました」 コンビ復活でいきなり答えを出したルメール騎手が、優勝インタビューで愛馬の走りに目を丸くする。自身、8~10Rの3連勝で迎えたメインは斤量56キロ、(16)番枠、そして稍重馬場とただでさえ過酷なシチュエーション。加えてスタート直後には左前脚を落鉄と“四重苦”の厳しい試練が与えられたが「前のポジションには行きたくない。後ろから、前の人気馬を見る競馬で」。冷静に1番人気のアドマイヤマーズをマークして揺さぶりをかけつつ、直線は鮮やかに抜け出して快勝。さらに名手は12Rもレッドベルローズで勝ち、騎乗機会5連勝で締めた。 前週の秋華賞でGIホースの仲間入りを果たした半妹クロノジェネシス(父バゴ)に続く姉妹重賞V。生産者の吉田勝己ノーザンファーム代表は「(母馬の)クロノロジストはすごい馬」と偉大な母をたたえ、池谷誠一オーナーは「うちのが先にGIホースになって驚いていたけど、今日の走りを見ると本当に強くなったんですね」と笑みを浮かべた。 今後のローテは未定だが、マイルCS(11月17日、京都、GI、芝1600メートル)、さらに香港マイル(12月8日、シャティン、GI、芝1600メートル)挑戦も視野に入ってくる。マイルの女王から真のマイル王へ、究極の野望がにわかに現実味を帯び始めた。 (内海裕介)ノームコア 父ハービンジャー、母クロノロジスト、母の父クロフネ。芦毛の牝4歳。美浦・萩原清厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は池谷誠一氏。戦績10戦5勝。獲得賞金2億4988万8000円。重賞は2018年GIII紫苑S、19年GIヴィクトリアマイルに次いで3勝目。富士Sは萩原清調教師が初勝利、クリストフ・ルメール騎手は18年ロジクライに次いで2勝目。馬名は「究極の普通」。
2019年10月20日() 05:04

 339

【富士S】スミヨンの手綱、レイエンダ2着
 約5年ぶりに来日したスミヨン騎手と初コンビを組んだ3番人気レイエンダは、後方から上がり最速の3ハロン33秒0を駆使して追い込んだが、ノームコアに半馬身及ばす2着に惜敗。「マイルのぶん、ペースは速かったが、リラックスして走れた。最後もいい脚を使ってくれたが、もう1ハロン長い方がいい。1800メートルがベスト」とスミヨン騎手。藤沢和調教師は「一瞬、勝てるかと思ったが、千六ではちょっと忙しいね」と悔しさをにじませた。
2019年10月20日() 05:03

 266

【富士S】レースを終えて…関係者談話
 ◆福永騎手(レッドオルガ3着)「コースロスなくうまく立ち回れた。直線はこの馬も伸びているけど、上位2頭が上だった」 ◆戸崎騎手(クリノガウディー4着)「直線は内をついて、少しスムーズじゃなかったけど、それでも最後はいい脚を使った」 ◆シュタルケ騎手(カテドラル5着)「脚もためられたし、最後は馬場も気にせずいい脚を使った」 ◆石橋騎手(キャンベルジュニア6着)「直線も1回抜け出すところを見せたし、頑張っています」 ◆石川騎手(エメラルファイト7着)「直線の短いコースなら、一瞬の脚を生かせると思う」
2019年10月20日() 05:03

 373

【富士S】1番人気アドマイヤマーズ、反応悪く9着
 マイルGI2勝馬で1番人気に推された3歳馬アドマイヤマーズは、9着に完敗。道中は中団の外を進んだが、追い出してからの反応が悪く、本来の走りを見せられなかった。M・デムーロ騎手は「(稍重)馬場は気にしていなかったけど、直線はずっと左にモタれて反応がなかった。きょうは久々だったし、使って良くなってほしい」と今後の巻き返しに期待を込めた。
2019年10月20日() 05:03

 253

富士ステークスのニュースをもっと見る >

【富士S】追って一言
 ◆アドマイヤマーズ・友道師 「ひと夏を越して古馬の風格が出てきた。背も高くなった。香港マイルに登録したので、いい形で向かえれば」 ◆アンノートル・柴田大騎手 「久々ですが、動きは悪くない。週末は雨が降りそうなので、道悪を他馬が苦にするようなら」 ◆エメラルファイト・相沢師 「久々でもここを目標にきたし好仕上がり。動きはすごく良かった。距離もベスト」 ◆カテドラル・池添学師 「動き自体は相変わらずいい。休み明けで輸送も含めて馬体重6キロ増くらいで出られれば」 ◆キャンベルジュニア・森助手 「順調にきている。ここ最近の中ではいい状態なので巻き返したい」 ◆クリノガウディー・田島助手 「調教は動くし、予定通り上がりだけ。リラックスしていたし、いい意味で変わりなく来ている」 ◆ジャンダルム・池江師 「先週にしっかりやったので相手に合わせる調整でも動きは良かった。中団でうまく脚をためられればはじけそう」 ◆ストロングタイタン・池江師 「調教の動きは相変わらずいい。やめてしまうところがあるのであとはメンタル面。マイルならもう少しポジションを下げられる」 ◆ダッシングブレイズ・斉藤崇師 「しまいはかかったけど全体時計は速いし、前走よりは動けている。馬に活気が戻ってきた」 ◆リコーワルサー・荒山師 「このレースを目標に、思うような調教ができた。相手がかなり強くなるのでどうか」 ◆レイエンダ・藤沢和師 「ゴールを過ぎてからも1ハロンくらい行ったし、いい伸びだった。力を出し切ってくれれば」 ◆レッドオルガ・藤原英師 「前走は使い詰めだったし、休養をしっかり挟んだ。このコースは走るし、改めて」 ◆ロジクライ・須貝師 「騎乗者が軽いのはあるけど、単走でこの時計(4ハロン51秒9)。動きはいい。馬はできている」
2019年10月17日(木) 05:06

 1,505

【富士S】ノームコア仕上がった
 ヴィクトリアMをレコード勝ちしたノームコアはWコースで単走。しまい重点で馬なりだったが4ハロン54秒9-12秒6とラストの伸びは上々だ。「動きはよかった。ここまで順調にきたし、春に比べても変わりはない」とGI以来の実戦にも萩原調教師は仕上がりに合格点。「前走はジョッキーがうまく乗ってくれたにせよ、強い競馬をしてくれた。今回は牡馬相手がどうかだが、好レースを期待したい」と話した。★ 富士Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月17日(木) 05:06

 868

【菊花賞】サトノルークス余裕の併入
 セントライト記念2着の良血サトノルークスは、富士Sに挑むジャンダルムと栗東CWコースで併せた。鞍上には新コンビを組む福永騎手。2馬身追走する流れから3Fで1馬身差に詰め、4角で内へ。手応え上々の相手にゴール前で並びかけると、ともに余力たっぷりにゴールした。 「追いかけて、1Fで体を使わせて走らせてほしいと指示された。操作性は高そうだし、走りに重厚感がある。きょうだいにも乗っていたけど、(全姉の)タッチングスピーチは夏を過ぎて体が増え、ガラッと変わってきた。サイズは違うけど似ている面はあるかな」とジョッキー。3000メートルについては「いいリズムで走る馬だし、そのへんを尊重して乗れば最後はいい脚を使いそう」と勝機を探っていた。(夕刊フジ)★菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月16日(水) 11:59

 1,162

【富士S】エメラルファイト、Wでビシビシ
 《美浦》日本ダービー12着以来のエメラルファイト(相沢、牡3)はWコースで一杯に追われて5ハロン66秒8-12秒4。僚馬に半馬身遅れたが、相沢調教師は「ビッシリと併せていい感じだった。背丈も伸びて成長している」と前向きだった。
2019年10月10日(木) 05:02

 584

富士ステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


富士ステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

10月19日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv114 
2,720円 5,440円
Lv114 
200円 2,000円
Lv114 
480円 14,400円
Lv113 
480円 48,000円
Lv106 
250円 250円

的中情報をもっと見る >

富士ステークス過去10年の結果

2018年10月20日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2017年10月21日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:不良
1着 エアスピネル 武豊 1:34.8 3.9倍 105.3
2着 イスラボニータ C.ルメール 5.0倍 103.0
3着 クルーガー 内田博幸 1/2 35.7倍 102.3
2016年10月22日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

富士ステークスのデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1600m

1996年まではジャパンCに招待された外国馬が出走できるオープン特別として11月の東京芝1800mで行われていたが、1997年より1400mに距離変更。翌1998年には重賞に格上げされ、2000年から施行時期が10月に移り距離も1600mに変更された。以降、マイルCSへの前哨戦としておなじみとなっている。もっとも、有力馬の多くは別路線からのステップで本番へ向かうため、メンバーはやや小粒になりがち。上位入線馬のローテ的には秋緒戦の馬、秋に1走使われた馬、そして夏競馬に使われた馬がほぼ互角の成績を残しており、そのあたりの取捨が難解なレースと言える。舞台は決め脚比べになりやすい東京の芝1マイル。速い上がりの脚を持つことは必須の条件だ。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

富士ステークスの歴史と概要


2015年の優勝馬ダノンプラチナ

ジャパンカップの前哨戦となるオープン特別の国際招待競走として誕生し、現在は重賞化ののちにマイルチャンピオンシップの前哨戦に様変わりしたレース。オープン特別時代の1987年にトリプティクが繰り出した鬼脚はファンの間では語り草。マイル重賞になってからは、第7回(2004年)のアドマイヤマックス、第14回(2011年)のエイシンアポロン、第16回(2013年)のダノンシャーク、第18回(2015年)のダノンプラチナなど、多くのG1馬やのちのG1馬が勝利を収めている。

歴史と概要をもっと見る >

富士ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年11月23日(
ラジオN杯京都2歳S  G3
2019年11月24日(
ジャパンカップ  G1
京阪杯  G3

競馬番組表

2019年11月23日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2019年11月24日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 レイデオロ 牡5
88,155万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 ヴェロックス 牡3
21,907万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
8 グランアレグリア 牝3
19,878万円
9 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
10 リオンリオン 牡3
13,748万円
» もっと見る