ソーヴァリアント(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ソーヴァリアント
ソーヴァリアント
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2018年2月28日生
調教師大竹正博(美浦)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績 8戦[3-2-1-2]
総賞金6,535万円
収得賞金2,600万円
英字表記So Valiant
血統 オルフェーヴル
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
ソーマジック
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
スーア
兄弟 ソーグリッタリングマジックキャッスル
前走 2021/09/20 朝日セントライト記念 G2
次走予定

ソーヴァリアントの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/09/20 中山 11 セントライト G2 芝2200 147123.522** 牡3 56.0 戸崎圭太大竹正博 510
(+4)
2.12.4 0.135.1⑤⑥⑥アサマノイタズラ
21/08/15 札幌 12 藻岩山特別 2勝クラス 芝2000 9661.411** 牡3 54.0 横山武史手塚貴久 506
(+4)
2.00.5 -0.634.8プロース
21/06/19 札幌 10 利尻特別 1勝クラス 芝2000 8221.311** 牡3 54.0 大野拓弥大竹正博 502
(+4)
1.59.8 -1.033.0サトノハンター
21/03/07 中山 11 ディープ記念 G2 芝2000 107841.484** 牡3 56.0 大野拓弥大竹正博 498
(-2)
2.02.5 0.534.2⑦⑦⑥⑥タイトルホルダー
21/01/24 中山 5 3歳未勝利 芝2200 16472.311** 牡3 56.0 戸崎圭太大竹正博 500
(-4)
2.21.8 -0.337.8アルビージャ
21/01/10 中山 5 3歳未勝利 芝2200 16241.712** 牡3 56.0 戸崎圭太大竹正博 504
(+10)
2.17.0 0.134.9⑮⑮⑩⑤グローリアスサルム
20/11/07 東京 4 2歳未勝利 芝2000 10331.71** 牡2 55.0 戸崎圭太大竹正博 494
(0)
-- --34.9⑦⑦⑧セルジュ
20/10/11 東京 5 2歳新馬 芝2000 13337.633** 牡2 55.0 戸崎圭太大竹正博 494
(--)
2.04.9 0.434.2⑫⑬⑨レインフロムヘヴン

ソーヴァリアントの関連ニュース

 セントライト記念が20日、中山競馬場で14頭によって争われ、田辺騎乗で9番人気のアサマノイタズラが、後方待機からゴール前で強襲して差し切り。重賞初制覇を飾った。2着ソーヴァリアント、3着オーソクレースまでが菊花賞(10月24日、阪神、GI、芝・内3000メートル)の優先出走権を獲得。1番人気タイトルホルダーは13着に敗れた。

 ◇

 展開の“いたずら”も味方につけて、伏兵がラスト1冠へ名乗りを上げた。東の菊花賞トライアルを制したのは9番人気のアサマノイタズラ。4コーナー11番手からの豪快な追い込み劇に、「正直(前の馬を)全部とらえてくれるとは思わなかった。能力の高さに驚かされました」と初コンビで鮮やかに決めた田辺騎手も開口一番、愛馬のガッツをたたえた。

 レースは有力各馬が好位でひしめき合い、前半1000メートル通過60秒5のラップ以上にタフな流れ。「序盤からポジション取りが激しかったけど、参加してムキになってもいけない」と鞍上が冷静にチョイスした後方待機策が正解だった。出入りが激しくなった3角過ぎの攻防にも、われ関せずとばかりにじっくりと進出を開始。直線は馬群の外から末脚一閃だ。

 「ゴーサインを出してからの反応がすごく良かった。きょうは正直、余裕残しの状態だったし、いい形で本番に行けると思う。今までも一線級と戦ってきて、いつ勝っても不思議じゃないと思っていたし、もう一つ大きいところを狙っていきたい」。想像を上回るパフォーマンスに、殊勲の腕達者から堂々の菊取り宣言も飛び出した。

 「展開が向いたところもあったけど、うまくいった。やっぱり走るね」

 今年重賞5勝目と絶好調の手塚調教師はこの日が57歳の誕生日。大きな夢も見られる最高のバースデープレゼントに「今までスタートして位置を取ろうとして、リズムを崩したところもあったのかもしれない。道中も引っ掛からないし、これだったら距離ももちそうだからね。田辺はウチの馬でよくヘグって(失敗して)いるから、今日は勝てて良かった」といたずらっぽくほほ笑んだ。

 ユニークな馬名の由来となっている上毛かるた。“浅間のいたずら”に続く言葉は“鬼の押出し”だ。春の強豪を押し切る地力を身に着けた実戦派。コンビ継続で挑む菊の舞台も楽しみだ。(内海裕介)

★20日中山11R「セントライト記念」の着順&払戻金はこちら

アサマノイタズラ 父ヴィクトワールピサ、母ハイタッチクイーン、母の父キングヘイロー。黒鹿毛の牡3歳。美浦・手塚貴久厩舎所属。北海道日高町・前野牧場の生産馬。馬主は星野壽市氏。戦績7戦2勝。獲得賞金8570万2000円。重賞は初勝利。セントライト記念は手塚貴久調教師が初勝利。田辺裕信騎手は2018年ジェネラーレウーノに次いで2勝目。馬名は「浅間のいたずら」。

【セントライト】ソーヴァリアントは悔しい2着 2021年9月21日(火) 04:58

 連勝で挑んだ2番人気のソーヴァリアントは、好位から4コーナーで外を回って進出。直線は先頭に立って押し切るかに見えたが、勝ち馬の決め手に屈した。「1~2コーナーでごちゃついて、ハミを取ったけど、その後はリズムよく運べました。押し切れると思ったんですけどね。最後は切れる馬にやられてしまいました」と戸崎騎手は悔しそうに振り返った。菊花賞に向かうかはオーナーと協議することになるが、大竹調教師は「前に行って残ったのはこの馬だけ。春にGIで戦ってきた相手に食い込めたし、期待どおりの内容でした」と前向きだった。

★20日中山11R「セントライト記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【セントライト】“夏の上がり馬”ソーヴァリアントがクビ差の2着 戸崎「最後は切れ味のある馬にやられてしまいました」 2021年9月20日(月) 19:03

 9月20日の中山11Rで行われた第75回セントライト記念(3歳オープン、GII、芝2200メートル、馬齢、14頭立て、1着賞金=5400万円)は、田辺裕信騎手騎乗の9番人気アサマノイタズラ(牡、美浦・手塚貴久厩舎)が後方追走からゴール前差し切り勝ちで重賞初制覇。牡馬クラシックの最終戦・菊花賞へ名乗りを上げた。タイムは2分12秒3(良)。



 夏の札幌で利尻特別(1勝クラス)→藻岩山特別(2勝クラス)を連勝した上がり馬ソーヴァリアントは、12番の外枠スタートから内へと進路を取り好位を追走。勝負どころから進出を開始し、楽な手応えで直線に入り急坂を駆け上がったが、ゴール寸前で強襲した勝ち馬にクビ差交わされ悔しい2着となった。



 ◆戸崎圭太騎手「1~2コーナーでゴチャついたときに気が入ってハミを取ってしまいました。その後はリズム良く運べましたし、4コーナーでもいい感じで押し切れるかと思ったんですが、最後は切れ味のある馬にやられてしまいました。」

★20日中山11R「セントライト記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【セントライト】長期休養明けのオーソクレースは3着で菊切符獲得 ルメール「休み明けでもいい競馬ができました」 2021年9月20日(月) 19:02

 9月20日の中山11Rで行われた第75回セントライト記念(3歳オープン、GII、芝2200メートル、馬齢、14頭立て、1着賞金=5400万円)は、田辺裕信騎手騎乗の9番人気アサマノイタズラ(牡、美浦・手塚貴久厩舎)が後方追走から直線で先に抜け出したソーヴァリアントをゴール前で差し切って重賞初制覇。牡馬クラシックの最終戦・菊花賞へ名乗りを上げた。タイムは2分12秒3(良)。



 昨年のホープフルS2着以来、約9カ月ぶりの出走となったオーソクレースは、中団追走から勝機をうかがうと、直線では休み明けを感じさせない走りを見せ3着に入線し、菊花賞の優先出走権を獲得した。



 ◆C.ルメール騎手「休み明けでもいい競馬ができました。反応が少し遅れてしまったのは9カ月ぶりのコンディションのぶんだと思います」

★20日中山11R「セントライト記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【セントライト】良血馬ルペルカーリアは7着 福永「いつもの感じではなかったです」 2021年9月20日(月) 19:01

 9月20日の中山11Rで行われた第75回セントライト記念(3歳オープン、GII、芝2200メートル、馬齢、14頭立て、1着賞金=5400万円)は、田辺裕信騎手騎乗の9番人気アサマノイタズラ(牡、美浦・手塚貴久厩舎)が後方追走から直線で先に抜け出したソーヴァリアントをゴール前で差し切って重賞初制覇。牡馬クラシックの最終戦・菊花賞へ名乗りを上げた。タイムは2分12秒3(良)。



 2005年のオークス、アメリカンオークスを制したシーザリオを母に持つ良血馬ルペルカーリアは、ゲートを出ると徐々に行きたがって一気に2番手まで位置を上げる。直線入り口で一旦は先頭に立つも、直線勝負にかけたライバル馬たちに続々交わされ7着に敗れた。



 ◆福永祐一騎手「2番手に押し上げてからは落ち着いてくれましたが、これからというところでいつもの感じではなかったです。」

★20日中山11R「セントライト記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【セントライト】1番人気のタイトルホルダーは脚余し13着 横山武「うまく導くことができませんでした」 2021年9月20日(月) 19:00

 9月20日の中山11Rで行われた第75回セントライト記念(3歳オープン、GII、芝2200メートル、馬齢、14頭立て、1着賞金=5400万円)は、田辺裕信騎手騎乗の9番人気アサマノイタズラ(牡、美浦・手塚貴久厩舎)が後方追走から直線で先に抜け出したソーヴァリアントをゴール前で差し切って重賞初制覇。牡馬クラシックの最終戦・菊花賞へ名乗りを上げた。タイムは2分12秒3(良)。



 春のクラシックで皐月賞2着、ダービー6着のタイトルホルダーは1番人気に支持されるもまさかの13着に敗退。スタートをしっかり決めるとノースブリッジの番手追走も、向こう正面でルペルカーリアが一気に押し上げてきて前2頭を見る位置につけ、ペースが上がったところでもしっかりとついていき直線に向いたが、前が壁になり追い出せず後退、脚を余した格好となってしまった。



 ◆横山武史騎手「マークされる立場で厳しい展開になり、直線も進路がありませんでした。うまく導くことができませんでした。」

★20日中山11R「セントライト記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ソーヴァリアントの関連コラム

閲覧 1,042ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


9月20日(祝・月)中山11R 第75回セントライト記念(3歳G2・芝2200m)

【登録頭数:15頭】(フルゲート:18頭)

タイトルホルダー(B)4ヶ月
ダービーからの休み明けで乗り込み量も豊富。1週前の動きを見ると特に大きく変わった感じはないが、最終追い切りで気合いが乗ってくれば仕上がりそう。

ヴィクティファルス(B)4ヶ月
ダービー以来の休み明けで、この中間は新馬、2戦目当時のように2週前、1週前とコース追いを消化。1週前の動きを見ると、終いの伸びが足りない。

オーソクレース(C)9ヶ月
昨年のホープフルSからの休み明けで乗り込み量は豊富。ただ、1週前追い切りの動きを見ると追われてからの伸びが物足りず。

グラティアス(C)4ヶ月
こちらもダービーからの直行組。この中間は自動計測になって時計は速くなっているものの、1週前は併走相手に手応え劣勢、併走遅れと特に成長の痕はうかがえない。

タイムトゥヘヴン(B)4ヶ月
ダービーからの休み明け。春当時からトレセンでは何本も時計を出す馬ではなく、この中間2週前、1週前と併せて先着していて状態は変わりなく順調そう。

ワールドリバイバル(C)中10週
ラジオNIKKEI賞からの休み明け。春と比べるとこの中間は坂路、CWと時計がかかっており、大型馬でもあり使われてからのほうが良さそう。

ヴェイルネビュラ(C)中10週
休み明けも、この中間は乗り込み量が少ない。1週前の動きには力強さはあるものの、終い伸びきれていない印象で、重い感じ。

アサマノイタズラ(D)中10週
ラジオNIKKEI賞からの休み明けで、この中間本数は乗られているが時計は休み前とそれほど変わらず。気難しそうな面を覗かせた1週前内容からも、変わり身はどうか。

ソーヴァリアント(A)中4週
札幌で2連勝。その札幌での2戦もしっかり乗り込まれていたが、この中間も入念な乗り込みで状態は良さそう。1週前追い切りでも気合い乗り抜群で楽に先着していて、まさに連勝中の勢い止まるところ知らずの感。

ルペルカーリア(C)4ヶ月半
京都新聞杯からの休み明けで乗り込み量は豊富。1週前の動きを見ると、終いモタモタして併せ遅れと、まだエンジンがかかっていない感じ。それでも坂路での時計は良化を果たしており成長はありそう。

カレンルシェルブル(B)中4週
ここ4戦月一ペースで使われているが、大きな馬で前走時のパドックでもまだ少し余裕を感じたほど。調教に関しても、前走時までは併せ馬で遅れることの多かった馬だが、この中間は1週前には併せ先着。使われるごとに時計も良くなっていて、上積みも期待できそう。

ノースブリッジ(A)中10週
ラジオNIKKEI賞からの休み明け。この中間は、自動計測になって時計が速くなっている南Wコース状況を考慮しても好時計判定の内容と、上積みがありそう。

レインフロムヘヴン(D)4ヶ月半
青葉賞からの休み明け。乗り込み量は豊富も、終いの伸びが悪く物足りない動き。

レッドヴェロシティ(C)中9週
7月に福島を使われての休み明け。1週前追い切りは、3頭併せの外に併せて力強さはあるがもうひと伸びほしい感じ。大きな馬で一度使われてからのほうが良いか。

ベルウッドエオ(B)中8週
7月の福島戦からの休み明けも、この中間も坂路、南Wと好時計が出ていて順調そう。


※このコラムからの推奨馬はソーヴァリアントノースブリッジの2頭をあげておきます。



◇今回は、セントライト記念編でした。
今年のセントライト記念のメンバーを見渡すと、休み明けの馬がかなり多いように感じます。過去10年の成績からは、日本ダービー出走組の成績がかなり良いレースとはいえ、昔のように夏の上がり馬と呼ばれる存在は少なくなってきているのかもしれません。
ただ、出走メンバーの調教内容を見てみると、休み明けで乗り込み量が多くても大型馬の中にはなかなか時計が詰まってこないという馬もいるように思えますし、加えて今年は、美浦南Wコースが例によって自動計測化に伴う好時計状態もあって、春よりも調子が良さそうに見えていても実は、ジックリ見てみるとそうでもなかったりというケースもチラホラ。詰まるところ、今年は夏の上がり馬を中心に、休み明けの組に関しては最終追い切りの動きまでしっかり見届けて調子の良し悪しを判断したほうが良いと考えています。

セントライト記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年3月5日(金) 22:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 報知杯弥生賞ディープインパクト記念 2021
閲覧 1,270ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


3月7日(日) 中山11R 第58回報知杯弥生賞ディープインパクト記念(3歳G2・芝2000m)

ダノンザキッド(B)中9週
この中間もCWを中心に長めから追われていて2週前、1週前と追われるごと反応は良くなっている感じ。1週前追い切りでは終い軽く追われただけで併走相手を一気に突き放して先着と、トライアル戦とはいえ仕上がりは良さそう。

タイムトゥヘヴン(C)中6週
新馬戦以外は中2週で使われてきた馬で、今回は中6週と間隔に余裕があって2週前、1週前と南Wで強めに追われている。動きを見ると南Wではモタモタするような感じもあり、併走相手の手応えと比べても動きは物足りないように見える。

タイトルホルダー(A)中9週
ホープフルSからの中9週でこの中間は乗り込み量も豊富。坂路、南Wとともに好時計をマークしている。1週前の動きを見ても素軽さがあり、楽に先着していて仕上がり良好。

シュネルマイスター(B)中10週
休み明けの前走時は、+14キロでも太いというよりはまだ緩いといった印象。この中間も間隔が空いたが、1週前に強めに追われて楽に先着しており、これで馬体が締まってくればさらに良くなりそう。

ワンデイモア(A)中8週
大きな馬でこの中間も1ヶ月ほどの入念な乗り込み。終いの脚に見どころのあるタイプで、1週前の併せ馬での動きも力強く順調な仕上がりに映る。

ゴールデンシロップ(B)中2週
前走時が休み明けでかなり入念に乗り込まれていた一方、1週前、最終追い切りと強めに追われていたこともあってか、かなりテンションが高くレースでもかなり行きたがっていた。それでも直線先頭で押し切るのだから能力は相当だが、今回距離延長で同じようにイレ込むとスタミナ切れが心配。この中間は間隔も詰まることから、日曜日に坂路で強めに追われ速い時計を出してきているが、直前はソフトに仕上げたいところ。

ソーヴァリアント(B)中5週
3走前に1位入線も失格で予定は狂ったところもあるとは思うが、前走で勝ち上り能力のあるところは見せた。この中間も、1週前に併せ馬で先着と、間隔が詰まっていた前走時よりは順調な内容。

タイセイドリーマー(C)中5週
前2走時のパドックでは、まだ緩さのある馬体でこれから良くなっていく途上といった感。この中間も坂路で乗り込まれ、使われるごとに速い時計も出るようになってはいるもののガラッと良くなったという印象はまだない。

テンバガー(C)中6週
前走時の追い切りもそうだったが、1週前の動きを見てもまだフワフワした走りをしていて力強さがない。速い時計は出る馬なので、そのあたりが変わってくればもっと上でもやれそうだが。

ホウオウサンデー(D)中9週
新馬戦以来の出走で、この中間も坂路で乗り込まれ速い時計をマークしてきている。ただ、併せ馬を行った1週前追い切りの動きを見ると終いもうひと伸びがほしい感じ。一気の相手強化に対応できるか不安が残る。


このコラムからの推奨馬はワンデイモアタイトルホルダーダノンザキッドの3頭をあげておきます。


◇今回は報知杯弥生賞ディープインパクト記念編でした。
3月に入り今週から新人騎手がデビューします。今年デビューの騎手たちは、3年前の競馬学校の説明会に参加した時に1年生だった子たち。実際に会って質疑応答に応えてくれたこともあり、個人的には親近感がとてもあります。その時のことは、以前コラムでも触れたように、想像以上にみんな夢や希望に満ち溢れていて、目標のある人間というのは年齢に関係なく素晴らしくて見習わなくてはと思うほど関心したものでした。ちなみにその時の学校説明会で質問に答えてくれた子たちは4名だったのですが、今年デビューする騎手の名前のなかにその4名全員の名前がありました。
人を見る目があるかどうかはいざ知らず、あの時感じた情熱はたしかなものだったのだと思います。そして何より、みんな頑張って乗り越えてここまでたどりつけたのだと拍手を送りたいと思っています。彼らにとってはまだスタート地点に立ったばかりだと思いますが、存在感があって華のある、彼らを見てジョッキーになりたいと思われるような、そんなジョッキーになってもらいたいものです。
怪我には気をつけて、それぞれの大きな目標に向かって頑張って下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=rOvROSWCOMc&list=PLhZFZK9xnQ3-kXfrDPkD1MKVCSaZaL78m

それでは次回、フジテレビ賞スプリングS編でお会いしましょう。


弥生賞ディープインパクト記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

ソーヴァリアントの口コミ


口コミ一覧
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 4

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。 
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。
80パーセント複勝馬券に絡む馬をウマニティの読者予想で公開しています。

http://umanity.jp/coliseum/registration_list2.

9月25日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

中山4R  △⑮アヴァノス

中京6R  ○⑭トーセンアラン

< 好勝負 >

< 上位争い >

中山7R  △⑯シュルードアイズ

中京12R ○⑥クリノホノウ

【 特注高確馬 】

中山1R  ◎⑪パスポートチェック
中山11R ◎⑬アポロビビ

中京1R  ◎④デュガ
中京5R  ◎⑫ヴァレッタカズマ
中京7R  ◎⑧エルモドーロ
中京9R  ◎⑧マテンロウスカイ
中京11R ◎ロードベイリーフ

9月20日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

< 上位争い >

中京7R  ○⑧シュルレアリスト 2着、2番人気
中京8R  △③ブレーヴジャッカル 3着、2番人気
中京10R ▲⑩ペールエール 9着、4番人気

【 特注高確馬 】

中山2R  ◎⑥ショウナンアメリア 9着、1番人気
中山11R ◎⑫ソーヴァリアント 2着、2番人気

中京4R  ◎⑤ディスケガウデーレ 6着、1番人気
中京6R  ◎①カズロレアート 2着、1番人気
中京9R  ◎③コンバスチョン 1着、1番人気


本年までの実積


< 勝ち負け >

1着 24回  2着 21回  3着 13回  着外43回
勝率 23.8% 連対率 44.6%、複勝率 57.4%

< 好勝負 >

1着 51回  2着 40回  3着 40回  着外 130回
勝率 19.5% 連対率 34.9% 複勝率 50.2%

< 上位争い >

1着 99回  2着 88回  3着 58回  着外 343回
勝率 16.8% 連帯率 31.8% 複勝率 41.7%

 Haya 2021年9月23日(木) 07:00
【~術はある~】(2021.9.23.)(オールカマー、神戸新聞杯) 
閲覧 147ビュー コメント 0 ナイス 7

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

天候不順が続く中、秋の深まりを実感しています。
本日は、9月最後の祝日「秋分の日」。
ようやくしのぎやすい季節となりました。

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 検討中??(具体的には?? 予定は未定)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第9期途中経過】
第9期(9/12~10/4)7日間(紫苑S~スプリンターズS)9戦

週末は、当てる事ができたのか!?

日曜、G2ローズSでは、14番アールドヴィーヴルに注目!
ワイドBOX( 2 - 7 - 14 ) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「G2 ローズS」で注目したアールドヴィーヴル(1人気)は、中団追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、何とか3着死守して入線…残念。もう1頭、ストゥーティ(7人気)はスタート良く先行3番手追走から、前々で粘り込み4着入線。あともう1頭、エンスージアズム(13人気)は後方(12、13番手)追走から直線で突き抜けてきて7着までが精一杯。レースは、好位集団の後ろでレースを進めたアンドヴァラナウト(4人気)が、直線でスムーズに外に出されると、逃げ粘るエイシンヒテン(12人気)を差し切って、最後はこれに1.1/4馬身差をつけ優勝。 注目した馬は 3-4-7着では、当然ながら馬券はハズレ…。 反省点として、注目した馬の選択?? 結果的に3着(アールドヴィーヴル)、4着(ストゥーティ)、7着(エンスージアズム)と、あと一歩みたいな感じ!? ただ、ハズレたのは事実。唯一、馬券に絡んだアールドヴィーヴル(3着)の複勝160円だけを狙うのがベターだったのかもしれない…残念。




月曜、G2セントライト記念では、13番グラティアスに注目!
馬連・ワイド( 7 - 13 ) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

月曜「G2 セントライト記念」で注目したグラティアス(3人気)は、先行3番手追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、馬群に沈み込み9着…。もう1頭、タイトルホルダー(1人気)は、スタートから先頭に立てず先行5番手内追走のまま直線へ入り、馬群から抜け出せず13着惨敗…残念。レースは、後方でレースを進めたアサマノイタズラ(9人気)が、直線で外に出されて鋭く伸び、抜け出していたソーヴァリアント(2人気)をゴール前で差し切って、これにクビ差をつけ優勝。さらに1.3/4馬身差の3着にオーソクレース(5人気)が入り、波乱決着!? 当然ながら馬券はハズレ…。 反省点として、ローズS同様注目した馬の選択?? このレースで気付いた事、「ルメール騎手騎乗馬オーソクレース(3着=複勝360円)」。波乱決着のなか、キッチリと菊花賞出走権利を獲得している。ルメール騎手を無視していては、馬券にならない…反省。



【第9期 短評】
週末、2戦2敗…惨敗みたいな感じ。 レース前の見解として、ローズS=波乱、セントライト記念=本命 と予想。馬券の買い方も、ローズSは3頭ボックス狙い、一方でセントライト記念は馬連のみ1点買いで勝負…。ただ、当たらない時は、何をしても無駄!! 今週末(オールカマー、神戸新聞杯)も悩んでいます??



【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(ローズS)
注目(複勝)したのは、"馬番コンピ指数6~18位"
*馬番13~16番のみ対象馬
該当馬=8位(13番コーディアル)
該当馬=14位(15番オパールムーン)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。(13番=13着/15番=14着)

(セントライト記念)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1位"
*無条件
該当馬=1位(12番ソーヴァリアント)
結果は、的中! (12番=2着複勝180円)

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(オールカマー)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数6位"

*馬番9番以内のみ対象。(1~9馬番)
過去10年内(1-3-2-1/7)
勝率14%/連対率57%/複勝率86%/的中率86%/回収率294%
近5年内 (1-0-1-0/2)
勝率50%/連対率50%/複勝率100%/的中率100%/回収率280%

2年連続出現中、今年も期待したいが…薄。


(神戸新聞杯)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1位"

*無条件
過去10年内(8-1-1-0/10)
勝率80%/連対率90%/複勝率100%/的中率80%/回収率133%
近5年内 (5-0-0-0/5)
勝率100%/連対率100%/複勝率100%/的中率100%/回収率172%

今年も期待したいが、6年連続なるか…薄。


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

 ビバ競馬 2021年9月20日(月) 17:41
楽しむ競馬回収作戦・『今日の馬券』途中経過 直線後退 
閲覧 40ビュー コメント 0 ナイス 6

ふーっ、久し振りの3日間開催

疲れたというか、祭りの後の虚しさ感あり

今日は後半の3連敗が痛かった

セントライト記念はソーヴァリアントが2着に来たものの、勝ったのがアサマノイタズラとは……

正に、イタズラされた気分

今日の回収率 61.5%

3日間の回収率 106.8%

何とか土曜日の貯金で逃げ切った感じだが、嬉しさ半分悔しさ半分という感じ

今週は木曜日も祝日

また、すぐに競馬

お互いにコロナに気を付けて頑張りましょう✊‼️

[もっと見る]

⇒もっと見る

ソーヴァリアントの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ソーヴァリアントの写真

ソーヴァリアント
ソーヴァリアント

ソーヴァリアントの厩舎情報 VIP

2021年9月20日朝日セントライト記念 G22着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ソーヴァリアントの取材メモ VIP

2021年9月20日 朝日セントライト記念 G2 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。