ソーグリッタリング(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ソーグリッタリング
ソーグリッタリング
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2014年2月19日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績28戦[7-7-3-11]
総賞金20,611万円
収得賞金5,850万円
英字表記So Glittering
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
ソーマジック
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
スーア
兄弟 マジックキャッスルマジックリアリズム
前走 2020/11/28 キャピタルステークス (L)
次走予定

ソーグリッタリングの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/11/28 東京 11 キャピタルS (L) 芝1600 137115.5312** 牡6 56.0 横山武史池江泰寿482(-4)1.33.9 1.135.1⑦⑦ピースワンパラディ
20/07/19 阪神 11 中京記念 G3 芝1600 186115.027** 牡6 57.0 川田将雅池江泰寿486(0)1.33.2 0.535.3⑥⑦メイケイダイハード
20/06/14 東京 11 エプソムC G3 芝1800 18119.852** 牡6 57.0 藤井勘一池江泰寿486(+8)1.47.9 0.236.0⑥⑤④ダイワキャグニー
20/05/23 東京 11 メイS OP 芝1800 13685.232** 牡6 56.0 川田将雅池江泰寿478(-14)1.44.3 0.033.9④④アイスストーム
20/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 188188.044** 牡6 56.0 川田将雅池江泰寿492(+10)1.34.8 0.835.1⑧⑧サウンドキアラ
19/11/23 東京 11 キャピタルS (L) 芝1600 17353.314** 牡5 56.0 L.デット池江泰寿482(-6)1.36.2 0.435.6⑥⑧ドーヴァー
19/10/27 京都 11 カシオペアS (L) 芝1800 17483.113** 牡5 58.0 浜中俊池江泰寿488(+8)1.47.5 0.035.3⑧⑤テリトーリアル
19/08/11 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 18367.143** 牡5 57.0 浜中俊池江泰寿480(-4)1.32.2 0.133.2ミッキーグローリー
19/06/09 東京 11 エプソムC G3 芝1800 14343.813** 牡5 57.0 浜中俊池江泰寿484(-4)1.49.4 0.332.8④⑤⑤レイエンダ
19/05/11 京都 11 都大路S (L) 芝1800 11333.521** 牡5 57.0 川田将雅池江泰寿488(+4)1.44.6 -0.334.1⑥⑤テリトーリアル
19/03/24 阪神 11 六甲S (L) 芝1600 1761111.161** 牡5 56.0 浜中俊池江泰寿484(-4)1.33.9 -0.033.5⑩⑩プロディガルサン
18/12/08 阪神 11 リゲルS OP 芝1600 118105.134** 牡4 56.0 J.モレイ池江泰寿488(+12)1.34.1 0.835.0⑤⑤パクスアメリカーナ
18/11/24 東京 11 キャピタルS OP 芝1600 14576.5412** 牡4 56.0 F.ベリー池江泰寿476(-4)1.34.0 1.433.8⑨⑨グァンチャーレ
18/10/08 京都 10 長岡京S 1600万下 芝1600 8441.311** 牡4 56.0 J.モレイ池江泰寿480(+10)1.34.1 -0.233.8⑤⑤ロライマ
18/07/21 中京 10 長久手特別 1000万下 芝1600 11551.611** 牡4 57.0 M.デムー池江泰寿470(-2)1.33.1 -0.234.5④④オーマイガイ
18/06/09 東京 10 江の島特別 1000万下 芝1600 9885.232** 牡4 57.0 内田博幸池江泰寿472(-12)1.32.8 0.133.8⑤⑤ミュージアムヒル
18/05/13 京都 10 錦ステークス 1600万下 芝1600 10445.022** 牡4 55.0 太宰啓介池江泰寿484(+8)1.38.3 0.037.5ワンダープチュック
18/03/18 中山 9 幕張S 1600万下 芝1600 12793.524** 牡4 57.0 M.デムー池江泰寿476(-12)1.34.4 0.134.8⑧⑦⑦ゴールドサーベラス
17/12/09 阪神 12 3歳以上1000万下 芝1600 12442.311** 牡3 56.0 M.デムー池江泰寿488(+2)1.35.5 -0.233.6⑥④ドゥーカ
17/11/25 京都 12 3歳以上1000万下 芝1600 12678.152** 牡3 56.0 H.ボウマ池江泰寿486(+12)1.34.7 0.034.4④④オブリゲーション

⇒もっと見る


ソーグリッタリングの関連ニュース

 ★スワンS1着カツジ(栗・池添兼、牡5)は、マイルCS(22日、阪神、GI、芝1600メートル)に挑む。3着アドマイヤマーズ(栗・友道、牡4)、8着ベステンダンク(栗・安達、牡8)、10着サウンドキアラ(栗・安達、牝5)、天皇賞・秋9着スカーレットカラー(栗・高橋亮、牝5)も同レースへ向かう。

 ★キタサンブラックメモリアルを勝ってOP入りしたトライン(栗・浜田、牡5)は、キャピタルS(28日、東京、L、芝1600メートル)を視野に入れる。中京記念7着のあと休養しているソーグリッタリング(栗・池江、牡6)は、同レースで復帰する。

 ★体調が整わず札幌記念を回避したマカヒキ(栗・友道、牡7)はジャパンC(29日、東京、GI、芝2400メートル)に向かう。

 ★天皇賞・秋6着ダイワキャグニー(美・菊沢、セン6)は近日中に宮城・山元トレセンに移動して放牧。次走は未定。10着ウインブライト(美・畠山、牡6)は連覇が懸かる香港C(12月13日、シャティン、GI、芝2000メートル)を予定。

 ★ブラジルCを勝ったハヤヤッコ(美・国枝、牡4)は東海S(1月24日、中京、GII、ダ1800メートル)へ。

【中京記念】レースを終えて…関係者談話 2020年7月20日(月) 04:55

 ◆川須騎手(エントシャイデン3着)「外、外を回るより、一瞬の脚を生かす意味でラストは中へ入れました。流れひとつでチャンスのある馬です」

 ◆岩田望騎手(ケイアイノーテック4着)「後方から運びましたが、もっと早めに押し上げた方が良かったかもしれません」

 ◆福永騎手(ミッキーブリランテ5着)「無理して上がっていったわけでないですが、あまりに手応えが良くて…。結果的にはもう少しためるべきでした」

 ◆北村友騎手(ギルデッドミラー6着)「直線に向くと右に逃げていました。右回りだと内ラチ沿いを走らせた方がいいのかも」

 ◆川田騎手(ソーグリッタリング7着同着)「人気馬の真後ろから進めたんですが、これだけ伸びなかったのは特殊な馬場が影響したのだろうと思います」

 ◆幸騎手(ストーミーシー7着同着)「早めに外から来られて、ひるんでしまいました」

 ◆鮫島駿騎手(ディメンシオン9着)「(直線で)内に切り替えたのは僕のミス。進路取りの差ですね」

 ◆藤井騎手(ブラックムーン10着)「外に出したとき、はまったかと思ったんですが…」

 ◆松若騎手(ロードクエスト11着)「前半に進んで行きませんでした」

 ◆原田騎手(プリンスリターン14着)「行きたがる面は我慢してくれましたが、切れませんでした」

 ◆三浦騎手(トロワゼトワル17着)「ゲート裏からゴネて行きっぷりにも余裕がなく、後続に来られると抵抗できませんでした」

 ◆松山騎手(ベステンダンク18着)「今の馬場では厳しいのかもしれません」

★19日阪神11R「中京記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】中京記念2020 徳光さん、かまいたち・山内さんほか多数!競馬通の芸能人・著名人が真剣ジャッジ! 2020年7月19日() 06:30


※当欄では中京記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
3連複ボックス
ロードクエスト
ペプチドバンブー
ケイアイノーテック
プリンスリターン
ストーミーシー
エントシャイデン
ワイド流し
⑥-③⑤⑦⑧⑨⑪⑰⑱

【山内健司(かまいたち)】
◎⑫ミッキーブリランテ

【DAIGO】
◎⑪ソーグリッタリング

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑪ソーグリッタリング
○⑦ケイアイノーテック
▲⑮ギルデッドミラー
△⑫ミッキーブリランテ
△⑯リバティハイツ
△③ロードクエスト
△⑥ペプチドバンブー
馬連流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑪→③⑥⑦⑫⑮⑯

【杉本清】
◎⑮ギルデッドミラー
○⑪ソーグリッタリング
▲⑦ケイアイノーテック
☆④トロワゼトワル
△①ベステンダンク
△⑩プリンスリターン
△⑬ラセット
△⑫ミッキーブリランテ

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑮ギルデッドミラー
○⑱エントシャイデン
▲⑪ソーグリッタリング
△⑩プリンスリターン
△⑫ミッキーブリランテ
△⑬ラセット

【細江純子(元JRA騎手)】
◎⑩プリンスリターン
○⑮ギルデッドミラー

【橋本マナミ】
◎⑮ギルデッドミラー
○⑪ソーグリッタリング
▲④トロワゼトワル
△⑦ケイアイノーテック
△①ベステンダンク
△③ロードクエスト
△⑩プリンスリターン
△⑫ミッキーブリランテ

【横山ルリカ】
◎⑦ケイアイノーテック

【神部美咲】
◎⑮ギルデッドミラー

【旭堂南鷹】
◎①ベステンダンク

【稲富菜穂】
◎⑦ケイアイノーテック
○⑮ギルデッドミラー
▲④トロワゼトワル
△①ベステンダンク
△⑫ミッキーブリランテ
△⑰ストーミーシー

【キャプテン渡辺】
◎⑬ラセット
単勝


【船山陽司】
◎⑬ラセット

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑮ギルデッドミラー

【守永真彩】
◎①ベステンダンク
3連複フォーメーション
①-④⑦⑬-④⑦⑨⑩⑪⑬⑮

【目黒貴子】
◎⑪ソーグリッタリング



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【乗り替わり勝負度チェック!】函館記念 印象は鞍上弱化でも実は戦力アップをもたらす腕利きが魅せる! 2020年7月17日(金) 16:40

当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2016年以降の結果をもとに集計




編集部(以下、編) 今週は夏競馬シーズンには珍しく、平地重賞が3つ組まれています。まったく息が抜けません。

新良(以下、新) しかも、日曜日は難解なハンデ重賞のダブル施行ですからね。いったいどうなることやら(苦笑)。

編 それでもしっかり結果を残すのが新良さんだと信じています。まずは函館記念の見解からお聞かせいただけますか?

新 このレースは面白い狙い目があります。レーン騎手から藤岡佑介騎手に乗り替わる⑤カウディーリョです。

編 字面のイメージでは、戦力アップとは言えないような気もしますが……。

新 多くのファンはそう思いますよね。でも、そこに妙味が生まれるのではないかと期待しています。この乗り替わりは、むしろ鞍上強化と言えるかもしれませんから。

編 おお、その根拠をぜひ伺いたいです。

新 前走の東京芝2400mにおけるレーン騎手のコース勝率は、2019年以降17.4%
(2018年以前は騎乗なし)。それに対し、今回の函館芝2000mにおける藤岡佑騎手は、2016~2018年が26.1%、2019年以降が27.8%となっています。単純なコース実績を比較すれば、その差は一目瞭然です。

編 藤岡佑騎手の高値安定ぶりはすさまじいですね。

新 そうなんです。藤岡佑騎手は距離ロスが致命的となる小回りコースをさばくのが非常にうまい。結果を残している函館の二千となれば、今回も自信を持って乗ってくれるでしょう。

編 カウディーリョも北海道の実績は文句ナシです。

新 はい。札幌と函館の馬場やコースのレイアウトは違うものの、洋芝実績がプラスになることは間違いありません。気候的に合うという可能性もありますしね。一戦おきに好走と凡走を繰り返すタイプで、今回は好走の順番というのも歓迎材料だと思います。

編 了解しました。続きまして、今年は変則的に阪神で行われる中京記念のほうをお願いします。

新 こちらは藤井勘一郎騎手から川田将雅騎手に乗り替わる⑪ソーグリッタリングに注目しています。

編 先ほどとは打って変わって、わかりやすい鞍上強化ですね。

新 藤井騎手には申し訳ないですが、そうなってしまいますね。リーディング順位もさることながら、コース実績の差も大きいです。前走の東京芝1800mにおいて藤井騎手はこれまで勝利ゼロ。一方、川田騎手は阪神芝1600mで2019年以降、32.7%という圧倒的な勝率を記録しています。

編 藤井騎手がコツをつかんでいないコースで前走2着ということは、今回は……。

新 その上があってもおかしくないと考えるべきでしょう。

編 馬は相手なりに安定して走るタイプですし、今回も期待できそうですね。

新 デビュー以来26戦して、掲示板を外したのは2回だけ。近10走はオール4着以内と、まったく崩れていません。ここも上位争い必至とみるのが賢明です。人気でも外せないですね。

編 わかりました。的中すれば好配当確実の2つのハンデ重賞をポンポンと仕留めたいですね。


★その他の注目乗り替わり★
土曜函館11R ⑩レディステディゴー鮫島克駿岩田康誠
土曜阪神11R ⑦グレートタイム(レーン→福永祐一


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。

[もっと見る]

【中京記念】厩舎の話 2020年7月17日(金) 04:57

 ◆エントシャイデン・川須騎手 「1600メートルになるのはプラス」

 ◆ギルデッドミラー・松永幹師 「感触を確かめてもらう程度。ハンデを生かしたい」

 ◆ケイアイノーテック・岩田望騎手 「すごく乗りやすくて、楽に時計が出ていました。調子は非常に良さそう」

 ◆ストーミーシー・相田助手 「状態はかなりいい。荒れた馬場でうまく先行できれば」

 ◆ソーグリッタリング・岩崎助手 「息もできていて体も素軽い。使った上積みがあります」

 ◆ディメンシオン・田代助手 「中1週でも元気。今回は条件が合うと思う」

 ◆トロワゼトワル・安田隆師 「カナロアの子にしては暑い時期も辛抱しています」

 ◆ハッピーアワー・上籠助手 「ゲートに課題があるので展開の助けは必要です」

 ◆ブラックムーン・西浦師 「仕上がりはいいので流れ次第。理想は良馬場」

 ◆プリンスリターン・原田騎手 「全体的にふっくらして状態はいいですね」

 ◆ベステンダンク・安達師 「いつも通りの感じ。斤量は問題ないけど周りが軽いのがどうか」

 ◆ミッキーブリランテ・宮内助手 「しまい強めでこの時計ならいい」

 ◆メイケイダイハード・中竹師 「パワータイプなので、荒れた馬場でも速い時計が出た。条件はいいと思う」

 ◆ラセット・庄野師 「いい動き。タメた方がしっかり伸びる。今が充実期」

 ◆リバティハイツ・高野師 「状態はいい。ブリンカーで気持ちに刺激を与えて、奮起を促したい」

 ◆レッドレグナント・大竹師 「順調にきている。ハンデは思ったより1キロ軽かった」

 ◆ロードクエスト・小島師 「稽古では最近になく体を使えていた。今の走りなら、馬場が悪くても走れていい」

中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中京記念】厩舎の話 2020年7月16日(木) 11:16

 エントシャイデン・川須騎手「前走を勝っていい形で重賞へ臨める。マイルに延びるのも歓迎」

 ギルデッドミラー・松永幹調教師「掛かることなく、いい動き。前走はいい位置で我慢できていた。51キロで楽しみだ」

 ケイアイノーテック・佐々木助手「いい動きだった。チークピーシズを着用してから、長くいい脚を使えている」

 スイーズドリームス・浜中騎手「前走が好内容。大きな上積みこそないが、動きは悪くない」

 ストーミーシー・相田助手「反応が良く、状態はかなりいい。荒れた馬場でうまく先行すれば」

 ソーグリッタリング・岩崎助手「久々を2走した上積みはある。馬場は良でも重でも気にならない。マイルも大丈夫」

 ディメンシオン・田代助手「馬は元気。前走は初の6Fで戸惑ったが、今回は条件が合う」

 トロワゼトワル・安田隆調教師「サッと伸ばした。昨夏は充実。ここを勝って勢いに乗りたい」

 ハッピーアワー・上籠助手「使って良化した。脚はあるが、ゲートが課題。展開の助けが必要」

 ブラックムーン・西浦調教師「先週に負荷をかけているので坂路でサッと。良馬場でやりたい」

 プリンスリターン・前田厩務員「馬なりでいい動きをしてくれた。ぜひ抽選をクリアしたい」

 ベステンダンク・安達調教師「状態はいい意味で平行線。前走を58キロで勝って今回は57キロだが、周りが軽いので」

 ペプチドバンブー・武英調教師「1週前にビシッとやったのでこれでいい。雨が残ってほしい」

 ミッキーブリランテ・宮内助手「しまい強めでこの時計なら上々。最後に併せる形になれば」

 メイケイダイハード・中竹調教師「状態はいい。道悪も苦にしない」

 ラセット・庄野調教師「しまいをしっかり。今は充実期だし、状態の良さでどこまでやれるか」

 リバティハイツ・高野調教師「もどかしい競馬が続くが、状態はいい。ブリンカーを着用する」

 レッドレグナント・大竹調教師「中間も順調にきている。ハンデは思ったより1キロ軽かった」

 ロードクエスト・小島調教師「けいこでは最近になく体を使えた。馬場が悪くても走れていい」

(夕刊フジ)



中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ソーグリッタリングの関連コラム

閲覧 1,731ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は札幌&新潟でダート重賞が行われた。

新潟で行われたレパードSは、ケンシンコウが積極策から逃げ切り勝ち。行く馬がいなかったため、最内枠を利してスッとハナを奪えたのが勝利んだった。鞍上の丸山騎手は「逃げたくはなかった」と語るようにスタート直後は譲り合うような状況だったが、意を決してハナを奪ったのが勝利に繋がった。またパイロ産駒はコーナーが上手な馬が多く、3着のブランクチェックも含め、新潟のキツイコーナーの立ち回り戦への対応能力も高かった。

一方、残念だったのはタイガーインディの鮫島駿騎手。スッとスタートを決めて難なくハナ…かと思いきや、そこで引いてしまった。明らかに逃げたくなかったようなのだが、新潟のダートの状況や展開を考えれば逃げ先行有利は明白だっただけに、千載一遇のチャンスを逃した印象が強い。未だに陣営コメントでよく目にする「逃げなくても競馬はできるよ」というのを見るたびに、逃げが悪いことではないのに…という気持ちになる。何はともあれ、とても残念な騎乗だった。

もちろん我々馬券を買うファンは、だからこそ「迷ったら前」という意識は忘れないでおきたいし、買う場合は前に行ってくれる騎手かどうかを判断する必要もある。特に夏のローカルは馬場さえよければ前が強い。先行できる馬、前で勝負してくれる騎手が特に重宝する時期だ。

~変則開催で小倉重賞の傾向は変わるか?

さて、今週からはようやく夏の小倉開催が始まる。例年ならば札幌&新潟と同時にスタートする夏の小倉だが、今年は変則日程で、今週末から4週間限定となる。そのため、重賞の日程もいつもとは異なる。毎年Aコース2週目となる小倉記念が開幕週に、Aコース4週目となる北九州記念が同2週目の開催となっている。

この変化がなぜ重要かというと、上記の2レースはともに毎年ローカル小倉の割に差し追い込みが届いていたレースだからである。昨年の小倉記念メールドグラースが外から差し切り、2着には追い込みのカデナ北九州記念ダイメイプリンセスが外差しをズバッと決めて9番人気で勝利と、いずれのレースでも差し馬が活躍している。

しかし、今年に関していえばまだ馬場の良い時期に行われるため、傾向が大きく変わる可能性がある。特に今週末の小倉記念は逃げ先行馬があまり多くない上に、メンバーもかなり手薄。何でもありの状況なので、今年の夏の重賞のトレンド通り、思い切って穴をねらっても面白い、波乱含みの一戦とみている。

関屋記念展望

今週末は小倉記念ともうひとつ、新潟競馬場では関屋記念が行われる。こちらはなかなか好メンバーが揃った印象で、馬券はもちろん、今後秋のマイル戦線に向けても注目すべき一戦になりそうだ。

ポイントは展開だろうか。今回多くの出走馬がステップにしてくる前走中京記念組だが、中京記念はかなりのハイペースに加えて、最終週の馬場で完全な外差し競馬。メイケイダイハード以下、上位勢は外枠の差し勢が独占した。逆にアンドラステサトノアーサーのステップとなるエプソムカップは、逃げたトーラスジェミニが内枠のダイワキャグニーソーグリッタリングを連れてきた、完全な先行レース。そこで差して来たアンドラステサトノアーサーは見直す手がある。

というわけで、ココでは2頭注目馬を挙げておきたい。

アンドラステ

前述通り展開が全く合わなかったエプソムカップでもよく差してきて4着確保。もともと1800mよりはマイル向きで、荒れ馬場も問題ないタイプ。条件好転のココは、重賞初制覇のチャンス到来だろう。もともと素質は早くから注目されていた馬で、今回のレースぶり次第では秋に向けて楽しみが広がりそうだ。

ミッキーブリランテ

完全な外差し競馬となった中京記念で絶好の外枠からの差しを選択したまでは良かったが、福永騎手にしては珍しく早仕掛けで末脚を失ってしまった。同騎手自身もミスを認める騎乗で、それで5着なら上々と言って良い。乗り難しいタイプではあるが、差しが届く馬場&展開になれば改めて重賞で出番があるはず。岩田騎手の溜めるスタイルもフィットしそうだ。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年7月12日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年07月12日号】特選重賞データ分析編(210)~2020年中京記念~
閲覧 1,919ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 トヨタ賞 中京記念 2020年07月19日(日) 阪神芝1600m外


<ピックアップデータ>

【“同年3月以降、かつJRAのレース”において2着以内となった経験の有無別成績(2015年以降)】
○あり [3-4-5-23](3着内率34.3%)
×なし [2-1-0-42](3着内率6.7%)

 近走成績を素直に評価したい一戦。格の高いレースばかり使っていた馬を含め、同年3月以降のレースで連対のない馬は期待を裏切りがちでした。該当馬はたとえ実績上位でも評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→ギルデッドミラーソーグリッタリングベステンダンク
主な「×」該当馬→ディメンシオンハッピーアワープリンスリターン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5歳以下」だった馬は2015年以降[4-5-4-33](3着内率28.3%)
主な該当馬→ギルデッドミラーハッピーアワープリンスリターン

[もっと見る]

2020年6月19日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】馬場は生き物・迷ったら内枠/函館スプリントS展望
閲覧 1,159ビュー コメント 0 ナイス 5

私はよく”馬場は生き物”というのだが、先週のエプソムカップではまさにそのことを痛感した。

前の週の安田記念グランアレグリアの外差しが決まり、先週も雨の中の競馬で外が伸びていたように思えた。しかし、府中の芝は時々刻々と変化する。土曜日から各馬外に出して内が案外使われていなかったこと、また日曜になり天候が回復してきたこともあったのか、気づけばインが伸びる馬場に戻っていたようだ。

ヒントを与えてくれたのは東京10レースのサトノフウジン。レーン騎手が内を突くと、そのまま最後まで伸び切って抜け出し、それを見て各騎手もインが生きていることを確信したのかもしれない。

メーンのエプソムカップでは逃げたシンガリ人気のトーラスジェミニが粘り込み大波乱を演出。勝ったのは内枠から好位につけたダイワキャグニー、2着にも最内枠のソーグリッタリングが入り、3連複70万超の大万馬券だが、種を明かせば逃げ馬が内枠を連れて来るという決着だった。だからといって獲れたわけではないのだが、回顧とはある意味で言い訳を見つける作業なので、適切な言い訳をできることは重要だ。今回は差しに回った、あるいは外を回した、という言い訳できる馬を覚えておくだけでも今後に向けては十分価値がある。


〜迷ったら先行&内枠

現代の芝の馬場整備技術は発達しているので、かつてのような外伸びはレアケース。基本的には内枠に張っていた方が確率が高く、”迷ったら先行&内枠”というのが鉄則だ。

エプソムカップの10分前、マーメイドSもやはり先行内枠決着。2番手から抜け出したサマーセントに追いすがったのは、道中インを立ち回り直線も最内を突いたセンテリュオと、最内枠のリュヌルージュだった。これで3連複は万馬券。阪神芝は開幕週、2週目ともにインの状況が良く、引き続き今週末もイン狙いが正解か。

さらに内が狙いという意味では、先週開幕した函館の芝コースだろう。開幕週だった先週は、芝で14レース施行され、

1枠の馬(4-0-3-11)
8枠の馬(2-0-1-25)

と明らかにイン有利。1枠の馬の単複を買い続けたら、結果的には楽々プラスだった。競馬予想とは目の前の馬のことを考える、ミクロ予想も大事だが、全体像を掴むという意味でマクロ予想も重要なのである。

…なんて偉そうに言って、私は最内枠のリュヌルージュに自信の本命を打ちながらも、サマーセントを消してしまう愚か者なのである。悲しいかな、わかることと当たることは違うのだ。


函館スプリントS展望

気を取り直して今週末、重賞は2レースだが、内枠を重視したいのはやはり函館芝で開催される函館スプリントステークスだろう。開幕2週目芝1200m重賞にフルゲートの16頭が揃い、先行勢が多くない組み合わせを考えれば、やはりイン重視がセオリー。

先週の函館芝1200mでは7レース行われ、2ケタ馬番の馬は35頭が出走して(0-3-2-30)と未勝利。2ケタ馬番から人気薄で好走した馬は2頭いたが、そのうち1頭は逃げ馬なので、外からの差しを決めた人気薄は日曜メインのインスピレーションのみ。細かいことを考えるよりは、インを狙えということをまずはアタマに入れておきたい。

本稿執筆時点でまだ枠順は出ていないのだが、内枠を条件に狙ってみたいのはエイティーンガールジョーマンデリングランドボヌールの3頭。

エイティーンガールの坂井騎手は言わずと知れた内枠巧者で、初重賞制覇となった昨年フィリーズレビューでのイン突きや、京都大賞典でのドレッドノータスでのイン突きは記憶に新しいところだ。

ジョーマンデリンは先週のレースが好内容で能力的に引けは取らない。病み上がりとはいえやはりイン突きの名手である岩田康誠騎手が騎乗する。

グランドボヌールオーシャンSで大健闘の4着。鞍上の城戸騎手は知名度こそ高くないがスタートは上手で、短距離の先行ではしばしば好騎乗を見せてくれる。

今週末はシンプルにイン重視で、上記の馬たちを中心に狙ってみるつもりだ。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年12月28日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年12月28日号】特選重賞データ分析編(183)~2020年京都金杯~
閲覧 3,071ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 スポーツニッポン賞京都金杯 2020年01月05日(日) 京都芝1600m外


<ピックアップデータ>

【前走との間隔別成績(2015年以降)】
○中4週以内 [4-3-5-35](3着内率25.5%)
×中5週以上 [1-2-0-33](3着内率8.3%)

 臨戦過程が明暗を分けそう。好走馬の大半は前走との間隔が中4週以内でした。ちなみに、前走との間隔が中5週以上、かつ“京都芝1600m外、かつ重賞のレース”において優勝経験のない馬は2015年以降[0-0-0-28](3着内率0.0%)と、まったく上位に食い込めていません。

主な「○」該当馬→オールフォーラヴサウンドキアラモズダディー
主な「×」該当馬→ソーグリッタリングダイアトニックドーヴァー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が1着、もしくは前走の1位入線馬とのタイム差が0.4秒以内」だった馬は2015年以降[4-3-5-23](3着内率34.3%)
主な該当馬→サウンドキアラドーヴァー

[もっと見る]

2019年8月9日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】改めて考える「上手い騎手よりわかる騎手」/関屋記念&エルムS展望
閲覧 1,565ビュー コメント 0 ナイス 3

先週末は新潟でレパードS、小倉では夏の名物重賞、小倉記念が行われた。

レパードSは、田辺騎手騎乗のハヤヤッコが直線鮮やかに差し切り、10番人気の低評価を覆しての重賞制覇となった。これで田辺騎手は重賞騎乗機会4連勝。年明け当初は人気馬を飛ばすことが多かったが、ココに来てエンジンが掛かってきたようだ。もっともレース自体はやや低調な印象で、打倒クリソベリルといえるほどの存在は見当たらなかった。

一方、小倉記念メールドグラースが重賞3連勝で秋に向けての飛躍を予感させた。2着カデナとの着差は僅かにクビ差ではあったが、内容的には完勝といえるもの。今後はさらに強い相手と激突することになるだろうが、今の勢いと充実ぶりならば十分互角の戦いを挑めそうだ。

その小倉記念は馬券的にもほぼ思い通りの決着となった。最終的に本命にしたのは6番人気の◎カデナだったが、相手は力上位のメールドグラース。先週当コラムでも取り上げたノーブルマーズもキッチリ押さえており、3連複本線、3連単までキレイに当てることができた。




もっとも、札幌のWINSで購入したこの追加馬券が当たればさらに楽しいことになったのだが…。



そこまで求めては贅沢というものか。この楽しみは次回以降に取っておこう。


~騎手は上手くなくて良い、大事なのは”わかる”こと

それにしても、先週改めて感じたのは騎手の重要性だ。

前述の小倉記念で本命にしたカデナにしても、北村友騎手が騎乗していたことは大きな後押しになった。北村友騎手は、馬をリラックスさせて脚を溜めるのが非常に上手い。これは派手に内を突くとか、あるいはオーバーアクションでガシガシ追うようなものではないためわかりづらいのだが、馬上でのバランスが良く、道中で余計なスタミナをロスしない。だからこそ切れる馬に騎乗した際には、ラストで鋭い伸びを引き出すことができる。これはライアン・ムーアなど海外勢にはあまり感じられない、”JRA的な”技術力である。

このことに気づいたのはもう10年近くも前になるのだが、興味があるならば、同騎手の過去の重賞制覇のレースを見直してみてほしい。上手く溜めて外から脚を伸ばして来るレースが非常に多いはずだ。

その中でひとつだけわかりやすい例を挙げるならば、2017年のCBC賞だろうか。シャイニングレイで制したこのレースにおける末脚の伸び方は、まさに北村友騎手ならではのものだった。今年はアルアインでG1初制覇を飾ったが、より北村友騎手らしさが出ていたのは今回のカデナや、上述のシャイニングレイ、あるいは今年の重賞でいえばヴァルディゼールシンザン記念ダノンスマッシュでの一連のレース、またあるいはクロノジェネシスでのレースぶりだろう。

北村友騎手が上手いかどうかは、正直なところそれぞれの感じ方にもよると思う。ただ、大事なことは、

「ある程度パターン化し理解できるかどうか」

である。騎手も生きものではあるが、個性やクセ、パターンがあるので、それを理解できれば別に上手い必要などない。


~上手くはないが最近買えるのはアノ

上手い必要はないが買いやすい、という例でいえば、最近は田中勝騎手がお気に入りである。個人の感想を遠慮なく述べるならば決して上手い騎手だとは思わないが、それでも買いどころはある。ちょっと感覚的なものなので言語化が難しいが、

「やることが決まっている」

というレースになるとそこそこ頼りになるイメージだ。好例は函館記念マイスタイルだろうか。函館記念におけるマイスタイルは、とにかく逃げるだけ、相手関係を見ても楽に先手が奪えそうだった。ある意味、得意パターンでの逃げ切り勝ちといえるだろう。

他にもレッドルチアとのコンビでは毎回折り合いにとりあえず専念して外から脚を伸ばすスタイルに特化している。なので外枠を引いても不利にならない状況下ではキッチリ伸びて来る。

先週の越後Sで本命にした◎ヴォーガもやはり田中勝騎手の騎乗が大きな後押しになった。なぜなら同騎手の進言によりブリンカーを着用してきた上に外枠を引けたのだから、もう行くしかないというレースだろう。まさにやることが決まっている田中勝騎手である。

しかも、同騎手は最近全く人気にならない。人気にならないなりの理由がもちろんあるのだが、函館記念での久々の重賞制覇以後バイオリズムも上がっており、穴をあけるケースが増えている。何度も言うように、別に騎手が上手い必要などない。我々馬券を買う立場からすれば、大事なことは上手いことよりもわかることである。極論すれば、毎回出遅れて外を回す超下手だけど人気馬によく乗る騎手がいるならば、それはそれで人気馬に乗ってきたら消せば良いわけで、馬券的には重宝するはずだ。

その騎手がどんな騎乗をするのか、ある程度パターン化して理解できるようになれば、予想をする際にも大いに役に立つはずだ。”わかる騎手”や”パターン化できる騎手”をどんどん増やしていきたい。命賭けの仕事に対してリスペクトをしつつ、馬券という意味では少しドライに付き合っていけるのが理想だろう。


~エルムSはハナ争いに注目!

さて、今週も2重賞、新潟では関屋記念、そして札幌ではエルムSが行われる。どちらもフルゲートになりそうで、なかなか面白そうな一戦だ。

関屋記念は3歳馬ケイデンスコールとエプソムC上位組に加え、久々のミッキーグローリーなども加わり混戦模様となりそうだが、現時点での注目はエプソムCの上位組、サラキアソーグリッタリングだ。

エプソムCは雨の中でのレースとなったが、本質的には軽い馬場の方が向くタイプ。ともに距離短縮もプラスで、先週まで同様に好天が続くようなら注目したい。

一方、エルムSは逃げ争いに注目が集まる一戦。7歳にして初ダートとなるマルターズアポジーの参戦により、例年以上に先行争いが激化しそうだ。

ドリームキラリ陣営はハナにこだわることを示唆、人気を集めそうなリアンヴェリテも積極策でオープンを連勝してきただけに、これらの馬たちがどのような流れを刻むのか。それ次第でレースの様相はかなり変わってきそうだ。

前がやり合う流れになれば、決め手秘めるモズアトラクションレッドアトゥあたりの待機組が怖いと考えているが、元来札幌ダートは先行有利のコースでエルムSも先行馬が活躍する舞台。馬場状態や陣営のコメントなどを見た上で、もう少し悩んでみるつもりだ。

※重賞の最終結論は、『TAROの競馬』にて一部無料公開しますので、是非当日のブログをご覧ください。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2019年8月4日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年08月04日号】特選重賞データ分析編(162)~2019年関屋記念~
閲覧 1,872ビュー コメント 0 ナイス 1



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 関屋記念 2019年08月11日(日) 新潟芝1600m外


<ピックアップデータ>

【“前年以降、かつ中央場所、かつ1600mのレース”における優勝経験の有無別成績(2014年以降)】
○あり [5-3-5-29](複勝率31.0%)
×なし [0-2-0-33](複勝率5.7%)

 距離適性を重視したい一戦。前年以降に中央場所、かつ今回と同じ距離のレースを勝ち切っていない馬は苦戦しています。サマーマイルシリーズの2戦目という位置付けを考えても、この傾向はそうそう覆らないはず。他路線組は思い切って評価を下げた方が良さそうです。

主な「○」該当馬→オールフォーラヴソーグリッタリングミッキーグローリー
主な「×」該当馬→サラキアブレスジャーニーリライアブルエース


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5歳以下」だった馬は2014年以降[5-4-5-38](複勝率26.9%)
主な該当馬→オールフォーラヴサラキア

[もっと見る]

⇒もっと見る

ソーグリッタリングの口コミ


口コミ一覧
閲覧 100ビュー コメント 0 ナイス 3

━━━━ 11月28日(土) ━━━━


東京11R
キャピタルS

◎ 5番 ピースワンパラディ
○ 10番 カテドラル
▲ 11番 ソーグリッタリング
△ 9番 ウーリリ
△ 1番 ミラアイトーン
△ 12番 トライン
△ 13番 ロードマイウェイ

三連複軸1頭流し

軸:5
相手:1, 9, 10, 11, 12, 13


---------------------------------------


阪神11R
京都2歳S(G3)

◎ 9番 ラーゴム
○ 5番 グロリアムンディ
▲ 8番 ワンダフルタウン
△ 1番 ビップランバン
△ 2番 バスラットレオン
△ 4番 グラティトゥー
△ 7番 ダノンドリーマー

三連複軸1頭流し

軸:9
相手:1, 2, 4, 5, 7, 8

 ゼファー 2020年11月28日() 10:52
第7回 ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスGⅢ
閲覧 116ビュー コメント 0 ナイス 10

<馬場状態>

内回り3コーナーから4コーナーに傷みが、向正面直線・外回り3コーナーから4コーナー・
正面直線に軽微な傷みがあります。

今週も馬場状態は良いはず、ただし、差し脚も効く馬場。

<馬券>

ビップランバン:★

バスラットレオン:◎

ワンダフルタウン:〇

ラーゴム:▲

△:
グラティトゥー
グロリアムンディ

【キャピタルステークスリステッド 】

馬場状態を把握したいので、東京のメインレースも馬券購入。

<馬場状態>

JRA発表
3コーナーから4コーナーおよび正面直線に傷みがあります。
野芝約10から12センチメートル、洋芝約14から18センチメートル
Cコース(Aコースから6メートル外に内柵を設置)
芝クッション値:9.0

<馬券>

クリストフ ルメール:1着

戸崎 圭太:2着

3着
ダノングレース
トーセンブレス
ソーグリッタリング
トライン
ロードマイウェイ

[もっと見る]

 しんすけ49 2020年11月28日() 07:02
キャピタルステークス
閲覧 39ビュー コメント 0 ナイス 14

おっは~♪

続いてはここにしてみましょ!

東京11R キャピタルステークス

◎⑧サトノフェイバー
△⑤ピースワンパラディ
△⑥トーセンブレス
△⑪ソーグリッタリング
△⑫トライン
△⑬ロードマイウェイ

馬連⑧ー⑤・⑥・⑪・⑫・⑬への5点。

去年は休み明けで3着。今年は一叩きしてからの参戦。前走は重賞並みのメンバーで掲示板確保。
今回は若干面子も落ちるしね。①と②の出方次第だけど競りは無さそうなんで展開も向きそう。
サトノフェーバーはサトミホースのお馬さんの割にはエリート臭無くて好きなんだよね。
地味なフルキチさんが主戦なのも宜しくてよ(^^♪

続けますわよ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ソーグリッタリングの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年7月19日() 03:54:05
デ検証、○先行力、安定成績、川田相性、騎手小回り○
2:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年7月19日() 01:46:01
win5data 125
1:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年7月16日(木) 03:50:01
ス神、安定、重賞勝ちなしなのにかせいでいる、騎手○
夢月、本命では無いが安定は魅力

ソーグリッタリングの写真

ソーグリッタリング
ソーグリッタリング

ソーグリッタリングの厩舎情報 VIP

2020年11月28日キャピタルステークス (L)12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ソーグリッタリングの取材メモ VIP

2020年7月19日 トヨタ賞中京記念 G3 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。