ソーグリッタリング(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ソーグリッタリング
ソーグリッタリング
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2014年2月19日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績24戦[7-5-3-9]
総賞金18,024万円
収得賞金5,050万円
英字表記So Glittering
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
ソーマジック
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
スーア
兄弟 マジックキャッスルマジックリアリズム
前走 2020/01/05 スポニチ賞京都金杯 G3
次走予定

ソーグリッタリングの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 188188.044** 牡6 56.0 川田将雅池江泰寿492(+10)1.34.8 0.835.1⑧⑧サウンドキアラ
19/11/23 東京 11 キャピタルS (L) 芝1600 17353.314** 牡5 56.0 L.デット池江泰寿482(-6)1.36.2 0.435.6⑥⑧ドーヴァー
19/10/27 京都 11 カシオペアS (L) 芝1800 17483.113** 牡5 58.0 浜中俊池江泰寿488(+8)1.47.5 0.035.3⑧⑤テリトーリアル
19/08/11 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 18367.143** 牡5 57.0 浜中俊池江泰寿480(-4)1.32.2 0.133.2ミッキーグローリー
19/06/09 東京 11 エプソムC G3 芝1800 14343.813** 牡5 57.0 浜中俊池江泰寿484(-4)1.49.4 0.332.8④⑤⑤レイエンダ
19/05/11 京都 11 都大路S (L) 芝1800 11333.521** 牡5 57.0 川田将雅池江泰寿488(+4)1.44.6 -0.334.1⑥⑤テリトーリアル
19/03/24 阪神 11 六甲S (L) 芝1600 1761111.161** 牡5 56.0 浜中俊池江泰寿484(-4)1.33.9 -0.033.5⑩⑩プロディガルサン
18/12/08 阪神 11 リゲルS OP 芝1600 118105.134** 牡4 56.0 J.モレイ池江泰寿488(+12)1.34.1 0.835.0⑤⑤パクスアメリカーナ
18/11/24 東京 11 キャピタルS OP 芝1600 14576.5412** 牡4 56.0 F.ベリー池江泰寿476(-4)1.34.0 1.433.8⑨⑨グァンチャーレ
18/10/08 京都 10 長岡京S 1600万下 芝1600 8441.311** 牡4 56.0 J.モレイ池江泰寿480(+10)1.34.1 -0.233.8⑤⑤ロライマ
18/07/21 中京 10 長久手特別 1000万下 芝1600 11551.611** 牡4 57.0 M.デムー池江泰寿470(-2)1.33.1 -0.234.5④④オーマイガイ
18/06/09 東京 10 江の島特別 1000万下 芝1600 9885.232** 牡4 57.0 内田博幸池江泰寿472(-12)1.32.8 0.133.8⑤⑤ミュージアムヒル
18/05/13 京都 10 錦ステークス 1600万下 芝1600 10445.022** 牡4 55.0 太宰啓介池江泰寿484(+8)1.38.3 0.037.5ワンダープチュック
18/03/18 中山 9 幕張S 1600万下 芝1600 12793.524** 牡4 57.0 M.デムー池江泰寿476(-12)1.34.4 0.134.8⑧⑦⑦ゴールドサーベラス
17/12/09 阪神 12 3歳以上1000万下 芝1600 12442.311** 牡3 56.0 M.デムー池江泰寿488(+2)1.35.5 -0.233.6⑥④ドゥーカ
17/11/25 京都 12 3歳以上1000万下 芝1600 12678.152** 牡3 56.0 H.ボウマ池江泰寿486(+12)1.34.7 0.034.4④④オブリゲーション
17/06/17 阪神 9 小豆島特別 1000万下 芝1600 8556.135** 牡3 54.0 M.デムー池江泰寿474(+6)1.33.3 0.332.9ラプソディーア
17/05/21 東京 6 3歳500万下 芝1600 17362.911** 牡3 56.0 M.デムー池江泰寿468(-8)1.33.4 -0.333.6④⑤ペイドメルヴェイユ
17/04/29 京都 9 あやめ賞 500万下 芝1800 13455.632** 牡3 56.0 浜中俊池江泰寿476(+8)1.47.2 0.034.5④④グラットシエル
17/01/29 東京 9 セントポーリ 500万下 芝1800 113317.788** 牡3 56.0 V.シュミ池江泰寿468(-12)1.48.4 0.733.7④⑤ダイワキャグニー

⇒もっと見る


ソーグリッタリングの関連ニュース

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、スポーツニッポン賞京都金杯の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
8歳以上馬の連対例は皆無(2009年以降)

マルターズアポジー

前走で1600m戦に出走、かつ0秒6以上の着差で敗れていた馬の好走例はゼロ(2009年以降)

エメラルファイト
オールフォーラヴ
メイケイダイハード
ダイアトニック
マイネルフラップ
タイムトリップ

前走がタイム差なしの1着だった馬の好走例はみられない(2009年以降)

ストロングタイタン

前走中山組の連対例はゼロ(2009年以降)

オールフォーラヴ

【人気】
4番人気以下、かつ牝馬の連対例は皆無(2009年以降)
※11時00分現在の4番人気以下の牝馬

オールフォーラヴ
メイショウショウブ

6番人気以下、かつ美浦所属馬の連対例はゼロ(2009年以降)
※11時00分現在の6番人気以下、かつ美浦所属馬

エメラルファイト
マルターズアポジー
ドーヴァー
タイムトリップ
ブレステイキング

14番人気以下の好走例は皆無(2009年以降)
※11時00分現在の14番人気以下

マルターズアポジー
メイケイダイハード
ボンセルヴィーソ
マイネルフラップ
タイムトリップ

単勝オッズ帯20.0~29.9倍の好走例はなし(2009年以降)
※11時00分現在の単勝オッズ20.0~29.9倍

エメラルファイト
オールフォーラヴ
ストロングタイタン

単勝オッズ50.0倍以上の連対例はゼロ(2000年以降)
※11時00分現在の単勝オッズ50.0倍以上

メイケイダイハード
ボンセルヴィーソ
マイネルフラップ
タイムトリップ

【枠順】
7~8枠を引いた1番人気馬の連対例は皆無(2009年以降)
※11時00分現在の1番人気、かつ7~8枠の馬

カテドラル

馬番枠11番、17番、18番の好走例はゼロ(1600m施行の2000年以降)

ハッピーグリン
メイショウショウブ
ソーグリッタリング


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
サウンドキアラ
モズダディー
エントシャイデン



ウマニティ重賞攻略チーム

【重賞データ分析】京都金杯2020 1、3番人気が好成績!1~4枠の伏兵に要注意! 2020年1月5日() 09:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、スポーツニッポン賞京都金杯のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
ハンデ55~57キロの馬が好成績(2008年以降)

エメラルファイト
マルターズアポジー
ダイアトニック
ドーヴァー
ストロングタイタン
ハッピーグリン
カテドラル
ブレステイキング
ソーグリッタリング

京都かつ芝1600m以上のレースで勝ち鞍がある馬の上位占有率が高い(2008年以降)

エメラルファイト
サウンドキアラ
オールフォーラヴ
ストロングタイタン
モズダディー
エントシャイデン
ソーグリッタリング

【人気】
1、3番人気が優秀な成績(1998年以降)
※9時00分現在の1、3番人気

サウンドキアラ
カテドラル

【脚質】
やや先行優勢(2000年以降)

マルターズアポジー
メイケイダイハード
ボンセルヴィーソ
タイムトリップ
ブレステイキング
モズダディー
メイショウショウブ
ソーグリッタリング

※近走の内容を参考に中団より前の位置取りになりそうな馬を想定

【枠順】
1~4枠が好成績(2000年以降)

エメラルファイト
マルターズアポジー
サウンドキアラ
オールフォーラヴ
メイケイダイハード
ダイアトニック
ボンセルヴィーソ
ドーヴァー

【血統】
サンデーサイレンス内包馬が強い(2008年以降)

エメラルファイト
サウンドキアラ
オールフォーラヴ
メイケイダイハード
ダイアトニック
ボンセルヴィーソ
ドーヴァー
マイネルフラップ
ハッピーグリン
カテドラル
ブレステイキング
エントシャイデン
メイショウショウブ
ソーグリッタリング

2400m以上のG1を自身が勝利しているサンデーサイレンス系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬が好相性(2008年以降)

エメラルファイト
サウンドキアラ
オールフォーラヴ
マイネルフラップ
カテドラル
ブレステイキング
エントシャイデン
ソーグリッタリング

父もしくは母父にミスプロ系種牡馬を持ち、かつサンデーサイレンスを内包している馬の好走例が多い(2008年以降)

サウンドキアラ
オールフォーラヴ
メイケイダイハード
ダイアトニック
ドーヴァー
ブレステイキング
メイショウショウブ


【5項目以上該当馬】
サウンドキアラ(6項目)
エメラルファイト(5項目)
オールフォーラヴ(5項目)
ブレステイキング(5項目)
ソーグリッタリング(5項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】京都金杯2020 一年の計は金杯にあり!制するのはダレ!? 2020年1月5日() 08:00


※当欄ではスポーツニッポン賞京都金杯について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【田中裕二(爆笑問題)】
◎④オールフォーラヴ
○③サウンドキアラ
▲⑬カテドラル
△⑱ソーグリッタリング
△⑥ダイアトニック
△⑧ドーヴァー
△⑨ストロングタイタン
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
④→③⑥⑧⑨⑬⑱

【橋本マナミ】
◎⑱ソーグリッタリング

【小木茂光】
注目馬
サウンドキアラ
オールフォーラヴ
ダイアトニック
3連単フォーメーション
③④⑥→①③④⑥⑪⑬⑭⑮⑰⑱→③④⑥

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑥ダイアトニック

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑥ダイアトニック
3連単フォーメーション
⑥→⑧⑬→①③④⑧⑨⑪⑬⑭⑮⑯⑰⑱
⑥→①③④⑧⑨⑪⑬⑭⑮⑯⑰⑱→⑧⑬
③⑧⑨⑬⑭⑯⑱→⑥→①③④⑧⑨⑪⑬⑭⑮⑯⑰⑱
③⑧⑨⑬⑭⑯⑱→①③④⑧⑨⑪⑬⑭⑮⑯⑰⑱→⑥

【ギャロップ林】
◎③サウンドキアラ
馬連1頭軸流し
③-⑬⑮⑯⑱

【こいで(シャンプーハット)】
◎③サウンドキアラ
3連単2頭軸流しマルチ
③→⑪→④⑥⑬⑭⑮⑯⑰⑱

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑬カテドラル
単勝


【浅越ゴエ】
◎⑮モズダディー
3連単1頭軸マルチ
⑮→③⑥⑨⑪⑬⑭

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑥ダイアトニック
3連単2頭軸流しマルチ
⑥→⑬→③⑧⑪⑫⑭⑮⑰⑱

【リリー(見取り図)】
◎⑰メイショウショウブ
3連単2頭軸流しマルチ
⑰→③→①④⑧⑪⑭⑯

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑰メイショウショウブ

【目黒貴子】
◎⑬カテドラル



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】京都金杯2020 内~中枠の指数上位馬が有力!5歳以上の低指数馬は苦戦傾向! 2020年1月5日() 06:30

スポーツニッポン賞京都金杯の近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
毎年必ず指数97.0以上の馬が最低1頭は馬券に絡んでいる。好配当を演出することもあるので、近走の成績にかかわらず、徹底マークが必要だ。

指数97.0以上

ダイアトニック
ドーヴァー
カテドラル
ブレステイキング
ソーグリッタリング

<ポイント②>
軸馬を絞り込む際に頼れるのは、内~中枠を引いた高指数馬。なかでも、指数5位以内かつ馬番枠1~9番の好走率が高い。

指数5位以内かつ馬番枠1~9番

ダイアトニック
ドーヴァー

<ポイント③>
明け4歳馬を除くと、2014年以降で馬券に絡んだ馬はすべて指数95.5以上。指数95.5に満たない5歳以上馬を外せば、検討対象をかなり絞り込める。

指数95.5未満かつ5歳以上

メイケイダイハード
ボンセルヴィーソ
ストロングタイタン
エントシャイデン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【血統アナリシス】京都金杯2020 警戒を怠れないアドマイヤムーン産駒!前年2着馬と同族のディープインパクト牝駒が能力全開のシーンも! 2020年1月4日() 19:30

1月5日に行われるスポーツニッポン賞京都金杯の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。


エメラルファイト
クロフネ×スペシャルウィーク×ストームバード系という組み合わせ。これまでの戦績と配合の字面が示すように、持続力に長けたパワー&スピードタイプと判断できる。父は昨年の勝ち馬パクスアメリカーナを輩出しており、それなりの舞台適性を備えているとみていいだろう。ただ、マイルCSでは後手を踏んだとはいえ、2秒0差のブービー負け。相手が軽くなるぶん、多少なりとも差は詰まるかもしれないが、複勝圏内まで届くかどうか。

マルターズアポジー
父は2007年の朝日杯FS(中山開催)を逃げ切ったゴスホークケン。母は1200mで行われていた旧フェアリーSの勝ち馬で、近親には米ダート短距離のG1馬が複数並ぶ。スピードとパワーに特化した血統構成だ。ただし、加齢とともに持ち味の加速力が鈍ってきている点は懸念材料。重賞3勝の実績は認めても、盛りを過ぎた明け8歳馬。大きな変わり身を臨むのは酷かもしれない。ここは様子見が賢明だろう。

サウンドキアラ
父は当レースと好相性のディープインパクト。母にフィリーズレビューの勝ち馬、3代母に”鉄の女”レディーズシークレットを擁する牝系についても上質といえよう。本馬と同じ3代母を持つマイスタイルが昨年の当レースで2着。同馬とは、父・サンデーサイレンス系×母の父・米国ミスプロ系の配合面でも共通する。スピードの持続力に秀でた構成から、長くいい脚を使える馬が幅を利かせやすい京都外回りのマイル戦は悪くないはず。能力全開のシーンがあっても驚けない。

オールフォーラヴ
母のレディアルバローザ中山牝馬Sを2勝、ヴィクトリアマイル3着と活躍。叔母には重賞ホースのキャトルフィーユとエンジェルフェイスがいる。セカンドクラスの重賞なら十分間に合う血統背景ではあるのだが、母方のパワー&持続力優位の構成をみるに、タフなコンディションのほうがベター。速い上がりを求められると確度は落ちる。上位争いに加わるには、ソフトな馬場の出現、あるいは自身から早めに動いて後続の脚を封じることが不可欠といえよう。

メイケイダイハード
ハードスパン×キングカメハメハ×フジキセキの組み合わせ。配合および過去の戦績が示すとおり、短めの距離で厳しいペースを追走しながら、しぶとく最後まで脚を使うタイプだろう。ただ、パワーと持続力が強調された構成ゆえに、外回りのマイルで速い脚を求められると、キレ負けする可能性が高い。加えて、2戦連続2ケタ着順と精彩を欠く近走。相手強化の重賞ではいかにも分が悪い。

ダイアトニック
父のロードカナロアは一昨年のマイルCS勝ち馬ステルヴィオを輩出。父×サンデーサイレンスの配合はアーモンドアイと共通する。父産駒の冬季開催における当該コース成績も上等の部類で、字面の構成についてはケチのつけどころがない。きょうだいと近い親族にセカンドクラスの重賞で活躍した面々が並んでいることを踏まえると、G1→G3の臨戦過程も好材料。巻き返しがあっても何らおかしくはない。

ボンセルヴィーソ
ダイワメジャー×サクラローレル×トニービンという配合。母方の馬力および持久力に父の機動力をミックスした、まとまり系とみてとれる。視点を変えると突出した要素を欠き、詰めの甘さが目につく現状。条件クラスをなかなか勝ち上がれなかった要因のひとつだろう。そのあたりを鑑みると、1ハロンの距離延長+相手強化の重賞で上位圏内に足りるかどうか。善戦の域を超えるイメージまでは思い浮かばない。

ドーヴァー
父は2018年の勝ち馬ブラックムーンを輩出。祖母の半兄に愛ナショナルステークスなどを制し、種牡馬としても活躍したデインヒルダンサーがいる。スピード指向の強い欧州牝系に、ダーレー御用達のアドマイヤムーンを重ねることで、速力と底力を兼ね備えたマイラータイプに仕上がっている印象。エンジンのかかりが遅いぶん、安定感には欠けるものの、型にハマッたときの破壊力は生半可なものではない。警戒を怠れない1頭だ。

ストロングタイタン
父はフォーティナイナー系のリーガルランサム、母父はティズナウという米国色の濃い配合馬。ゆえに、スピードの持続力とパワーに優れている反面、自在に立ち回れる器用さは備えていない。つまり、自分のリズムで運べないと力を発揮できないタイプ。前につけるのなら後続勢がキレを削がれる馬場の出現、控えるのであれば縦長の展開、あるいは馬群がバラけるなど揉まれない競馬が理想だろう。

マイネルフラップ
ヴィクトワールピサ×ロージズインメイの組み合わせ。サンデーサイレンス系種牡馬にヘイローの多重クロス、マキャヴェリアン、グローリアスソングなどを内包している点は、ヴィルシーナシュヴァルグランヴィブロスのきょうだいと共通する。ただ、本馬は母方の影響が強く、パワーを要する馬場がベター。軽い馬場で速い上がりを求められると確度は落ちる。持ち味を発揮するには、展開や馬場など何らかの恩恵がほしい。

ハッピーグリン
父はサドラーズウェルズ系のローエングリン。その父に、アグネスタキオン×ブライアンズタイム配合の母を掛け合わせることで、均整のとれた好バランスを生み出している。近い親族に重賞級がおらず、活力的に推しづらい面はあるものの、ヘイローとノーザンダンサーのインブリードが潜在する父産駒、なおかつ社台ファーム生産馬という点はロゴタイプと共通。それゆえ、今回の距離短縮はプラスに働く可能性もある。軽んじて扱えない1頭だ

タイムトリップ
本馬を含めたきょうだいに重賞勝ち馬はいないものの、近い親族の活躍馬としては、マーメイドS勝ちのディアチャンスがいる。ハンデのG3ならば足りる血統背景といえよう。ただ、父はゴーンウエストの半弟でスピードタイプ。その父に短距離指向の強い母を重ねており、京都の外回りマイルがベストディスタンスとは言い難い。前回より相手が軽くなるぶん、着順は上げてくるかもしれないが、馬券圏内には至らないのではないか。

カテドラル
半兄のジェベルムーサエルムS勝ち馬。祖母は仏2400mのG2勝ち馬で、その親族には海外の重賞級が数多く並ぶ。その母方にハーツクライを重ねることで、持続力とパワーをより強調している印象。視点を変えると、レース全体の上がりが速くなる競馬では後手を踏みやすい。その点を鑑みれば、適度に上がりを要する冬季の京都芝コースは悪くないはず。持ち味を存分に発揮できる体力勝負になれば、チャンスはおおいにある。

ブレステイキング
父であるディープインパクトの産駒は、スポーツニッポン賞京都金杯で及第点以上の成績。冬季の京都外回り芝1600mはスピードの持続力を要求されるケースが増すことを踏まえると、持続力と機動力が持ち味の母父メディシアン(父マキャヴェリアン)、祖母の父デインヒルの血脈もマッチする。母シユーマは現役時にG1を2勝、叔父は仏2歳チャンピオンと、近い親族の実績についても申し分がない。上位争いに割って入れるだけの下地はある。

モズダディー
父はスキャットダディ。本馬と同世代の産駒には、高松宮記念を制したミスターメロディや米三冠馬のジャスティファイなどがいる。他世代でもトラックを問わず、マルチにG1勝ち馬を送り出しており、種牡馬としての質は文句のつけようがない。ただし、ダート色が濃い構成ゆえに、速い上がりを求められると厳しい面も出てくる。勝ち切るには、自身から早めに動くなどの積極策、あるいは適度に上がりを要する展開や馬場が必須となろう。

エントシャイデン
全姉のブランボヌール阪神JF3着、芝1200m重賞2勝と活躍。半弟には昨年の函館2歳Sを制したビアンフェがいる。姉弟の戦績から早熟と思われがちだが、叔父には重賞戦線で息長く活躍したダコールの名があり、成長力がないと決めつけるのは早計だろう。反面、相手強化で一変のケースが少ない父産駒の特徴を鑑みると、OP特別8着→G3の臨戦過程は大きな不安材料。評価を上げるまでには至らない。

メイショウショウブ
祖母を基点とする親族に重賞級はいないが、3代母から広がる一族にはアドマイヤムーンなど活躍馬の名が多数並ぶ。それゆえ、牝系の活力面についてはマイナスにとらえる必要はない。京都金杯におけるダイワメジャー産駒の成績が芳しくない点は不安材料も、パワーマイラーの粘り込みがしばしば見られるレースだけに、捨てがたい面があるのも確か。勝ち切るまではどうかも、連下争いなら出番はある。

ソーグリッタリング
母のソーマジック桜花賞で3着と奮闘。母系にスペシャルを内包するステイゴールド産駒という点は、クロコスミアインディチャンプと共通する。いい脚を長く使えるマイラータイプで、持続力勝負になりがちなスポーツニッポン賞京都金杯のレース質は歓迎のクチだろう。煮え切らない着順が続いているが、成長力に優れた父産駒の特徴を踏まえると、老け込むにはまだ早い。立ち回りひとつで前進可能とみる。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】京都金杯2020 スワンSの覇者が好気配!池江厩舎のステイゴールド産駒に初重賞ゲットの好機! 2020年1月4日() 17:00

1月5日に行われるスポーツニッポン賞京都金杯の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


エメラルファイト
25日に美浦Wでビッシリと攻め、4F51秒台の時計を記録したのが事実上の本追い切り。今週のW追いでも終いを伸ばして負荷をかけているように、この中間の調整に余念はない。前走はG1の厚い壁に泣いたが、相手関係は幾分軽くなる。G2ウイナーの意地を見せるシーンがあるかもしれない。

マルターズアポジー
31日に美浦Wで行われた追い切りでは躍動感のある走りを披露。その動きは年齢を感じさせないものがある。しかし、レースに行くとサッパリの結果が続いているうえに、ここ3走は自分のかたちにすら持ち込めていない。大望まではどうか。

サウンドキアラ
レース前々日の3日に栗東坂路で、しっかり追って4F53秒1の時計を出してきた。除外対象ではないにもかかわらず、2日に速い攻めを行わなかった点に違和感は残るものの、動き自体は至ってスムーズ。金曜追いの反動さえなければ、チャンスはありそうだ。

オールフォーラヴ
初の中2週と間隔が詰まるにもかかわらず、26日に栗東坂路でラスト2F24秒8-12秒1の加速ラップをマーク。状態は決して悪くない。2走前、4走前のように自分のリズムで運ぶことができれば、オープンでも力は足りる。軽くは扱えない。

メイケイダイハード
2日に栗東坂路で4F52秒3を計時。前走の最終追い切り時も4F51秒5を記録するなど、坂路巧者ではあるが、オープン昇格後は調教の良さが結果につながっていない。ここに入ると力不足の感は否めず、厳しい戦いが予想される。

ダイアトニック
2週連続で栗東坂路を4F52秒台で駆け上がり、終いはともに12秒0でフィニッシュ。キビキビとした走りから、コンディションの良さが伝わってくる。気配の良さだけなら、メンバー最上位とみていい。首位争いの中心を担える存在だ。

ボンセルヴィーソ
2日に行われた栗東坂路の追い切りでは、終い2F25秒0-12秒3の加速ラップをマーク。馬場の真ん中を軽やかな脚取りで駆け上がるさまをみるに、自身の力を出せる状態にはありそう。2~3歳時にG1で好戦していたことを踏まえると、決して侮れない1頭といえよう。

ドーヴァー
中間は美浦Wで調整を積み、31日の併せ馬では僚馬の粘りに手を焼く場面もあったものの、確かな脚取りでゴールした。寒い時期が得意なだけあって、動きの良さが一段と目立つ。キャピタルS優勝の余勢を駆って、ここでも争覇圏内に加わってくる可能性は十分にあり得る。

ストロングタイタン
25日に栗東坂路で4F50秒8、ラスト1F11秒9の好タイムを記録。リゲルSで久しぶりの勝利を飾った勢いを感じさせる。2日の坂路追いでは上がり重点の内容ながら、雄大な馬体を駆使して終い1F12秒0をマーク。これといったマイナス要素は見当たらず、いい状態で臨めそうだ。

マイネルフラップ
この中間はいつもと同様に栗東坂路で調整。ケイコ駆けしないタイプではあるが、4F55秒を割る時計がないのはおおいに不満。ただでさえ近2走は2ケタ着順。劣勢を覆す材料に乏しいと言わざるを得ない。復調にはもう少し時間が必要だろう。

ハッピーグリン
25日に栗東坂路で記録した4Fタイム52秒7は、見せ場のあった前走(チャレンジC4着)の1週前追いとほぼ同水準。自身の力を出せる状態にはありそう。これまで長めの距離を使ってきただけに、距離短縮のマイル戦に対応できるか否かがカギとなるが、流れに乗り切るようであれば、浮上の目もありそうだ。

タイムトリップ
関西への輸送を控えていることもあり、31日に美浦Wで行われた追い切りは、5F72秒近辺の軽い内容。馬場の外めを集中して走っていた点は好感が持てるものの、オープン入り後はワンパンチ足りないレース内容が続いている。そのあたりを鑑みると、大幅な変わり身まではどうか。積極的には手が出ない。

カテドラル
1週前に栗東CWで強い攻めを消化し、当週は坂路で終い重点の内容を施すのは、この馬の調整パターン。2日の坂路追いでは馬場の真ん中を軽快に駆け上がって、ラスト2F24秒8-12秒2の好ラップをマーク。状態面に憂いはなさそうだ。前崩れの注文が叶えば、重賞タイトルに手が届いてもおかしくはない。

ブレステイキング
1週前、当週と美浦Wで行われた併せ馬では、ゴール板を過ぎても緩めることなく負荷をしっかりとかけていた。その内容からデキ落ちや疲れは感じられない。加速時の反応に少しズブいところはあるものの、集中した走りを見せており、気配自体は及第点を与えることができる。もつれる展開になれば、出番があってもいい。

モズダディー
栗東坂路で行われた1週前追いでは、抑えたぶん口向きの悪さが出たものの、4F53秒6、ラスト1F12秒6と及第点のタイムを記録。31日のCW追いでは終い重点ながらも、ラスト1F11秒台半ばをマークした。ひと追いごとに内容がよくなっている点は好印象。上位を狙えるデキとみたい。

エントシャイデン
中1週が続いた後の中3週と少し間隔があいたことで、乗り込み量を増やしているように元気はいい。G1を除くと大きく負けてはいないが、後方からの競馬が多いため、状態の良さを活かしきれていない印象。上位進出には展開の助けが欲しいところだ。

メイショウショウブ
中1週のタイトなローテーションのなか、3日に栗東坂路でラスト2F24秒1-11秒8の好ラップをマーク。坂路巧者かつ終い重点とはいえ、目を引く数字であるのは確か。実戦を使って順当に上向いている。争覇圏内にいる1頭だ。

ソーグリッタリング
1週前追い切りは栗東CWでラストまでしっかりと負荷をかけ、6F82秒台前半のタイムを計時。当週はCWで4Fから終いを伸ばす内容だったが、馬場の外めを力強く駆け抜け活気のあるところを見せた。気配の良さを活かすことができれば、初重賞ゲットの場面があっても不思議はない。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ソーグリッタリングの関連コラム

閲覧 2,780ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 スポーツニッポン賞京都金杯 2020年01月05日(日) 京都芝1600m外


<ピックアップデータ>

【前走との間隔別成績(2015年以降)】
○中4週以内 [4-3-5-35](3着内率25.5%)
×中5週以上 [1-2-0-33](3着内率8.3%)

 臨戦過程が明暗を分けそう。好走馬の大半は前走との間隔が中4週以内でした。ちなみに、前走との間隔が中5週以上、かつ“京都芝1600m外、かつ重賞のレース”において優勝経験のない馬は2015年以降[0-0-0-28](3着内率0.0%)と、まったく上位に食い込めていません。

主な「○」該当馬→オールフォーラヴサウンドキアラモズダディー
主な「×」該当馬→ソーグリッタリングダイアトニックドーヴァー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が1着、もしくは前走の1位入線馬とのタイム差が0.4秒以内」だった馬は2015年以降[4-3-5-23](3着内率34.3%)
主な該当馬→サウンドキアラドーヴァー

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2019年8月9日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】改めて考える「上手い騎手よりわかる騎手」/関屋記念&エルムS展望
閲覧 1,213ビュー コメント 0 ナイス 3

先週末は新潟でレパードS、小倉では夏の名物重賞、小倉記念が行われた。

レパードSは、田辺騎手騎乗のハヤヤッコが直線鮮やかに差し切り、10番人気の低評価を覆しての重賞制覇となった。これで田辺騎手は重賞騎乗機会4連勝。年明け当初は人気馬を飛ばすことが多かったが、ココに来てエンジンが掛かってきたようだ。もっともレース自体はやや低調な印象で、打倒クリソベリルといえるほどの存在は見当たらなかった。

一方、小倉記念メールドグラースが重賞3連勝で秋に向けての飛躍を予感させた。2着カデナとの着差は僅かにクビ差ではあったが、内容的には完勝といえるもの。今後はさらに強い相手と激突することになるだろうが、今の勢いと充実ぶりならば十分互角の戦いを挑めそうだ。

その小倉記念は馬券的にもほぼ思い通りの決着となった。最終的に本命にしたのは6番人気の◎カデナだったが、相手は力上位のメールドグラース。先週当コラムでも取り上げたノーブルマーズもキッチリ押さえており、3連複本線、3連単までキレイに当てることができた。




もっとも、札幌のWINSで購入したこの追加馬券が当たればさらに楽しいことになったのだが…。



そこまで求めては贅沢というものか。この楽しみは次回以降に取っておこう。


~騎手は上手くなくて良い、大事なのは”わかる”こと

それにしても、先週改めて感じたのは騎手の重要性だ。

前述の小倉記念で本命にしたカデナにしても、北村友騎手が騎乗していたことは大きな後押しになった。北村友騎手は、馬をリラックスさせて脚を溜めるのが非常に上手い。これは派手に内を突くとか、あるいはオーバーアクションでガシガシ追うようなものではないためわかりづらいのだが、馬上でのバランスが良く、道中で余計なスタミナをロスしない。だからこそ切れる馬に騎乗した際には、ラストで鋭い伸びを引き出すことができる。これはライアン・ムーアなど海外勢にはあまり感じられない、”JRA的な”技術力である。

このことに気づいたのはもう10年近くも前になるのだが、興味があるならば、同騎手の過去の重賞制覇のレースを見直してみてほしい。上手く溜めて外から脚を伸ばして来るレースが非常に多いはずだ。

その中でひとつだけわかりやすい例を挙げるならば、2017年のCBC賞だろうか。シャイニングレイで制したこのレースにおける末脚の伸び方は、まさに北村友騎手ならではのものだった。今年はアルアインでG1初制覇を飾ったが、より北村友騎手らしさが出ていたのは今回のカデナや、上述のシャイニングレイ、あるいは今年の重賞でいえばヴァルディゼールシンザン記念ダノンスマッシュでの一連のレース、またあるいはクロノジェネシスでのレースぶりだろう。

北村友騎手が上手いかどうかは、正直なところそれぞれの感じ方にもよると思う。ただ、大事なことは、

「ある程度パターン化し理解できるかどうか」

である。騎手も生きものではあるが、個性やクセ、パターンがあるので、それを理解できれば別に上手い必要などない。


~上手くはないが最近買えるのはアノ

上手い必要はないが買いやすい、という例でいえば、最近は田中勝騎手がお気に入りである。個人の感想を遠慮なく述べるならば決して上手い騎手だとは思わないが、それでも買いどころはある。ちょっと感覚的なものなので言語化が難しいが、

「やることが決まっている」

というレースになるとそこそこ頼りになるイメージだ。好例は函館記念マイスタイルだろうか。函館記念におけるマイスタイルは、とにかく逃げるだけ、相手関係を見ても楽に先手が奪えそうだった。ある意味、得意パターンでの逃げ切り勝ちといえるだろう。

他にもレッドルチアとのコンビでは毎回折り合いにとりあえず専念して外から脚を伸ばすスタイルに特化している。なので外枠を引いても不利にならない状況下ではキッチリ伸びて来る。

先週の越後Sで本命にした◎ヴォーガもやはり田中勝騎手の騎乗が大きな後押しになった。なぜなら同騎手の進言によりブリンカーを着用してきた上に外枠を引けたのだから、もう行くしかないというレースだろう。まさにやることが決まっている田中勝騎手である。

しかも、同騎手は最近全く人気にならない。人気にならないなりの理由がもちろんあるのだが、函館記念での久々の重賞制覇以後バイオリズムも上がっており、穴をあけるケースが増えている。何度も言うように、別に騎手が上手い必要などない。我々馬券を買う立場からすれば、大事なことは上手いことよりもわかることである。極論すれば、毎回出遅れて外を回す超下手だけど人気馬によく乗る騎手がいるならば、それはそれで人気馬に乗ってきたら消せば良いわけで、馬券的には重宝するはずだ。

その騎手がどんな騎乗をするのか、ある程度パターン化して理解できるようになれば、予想をする際にも大いに役に立つはずだ。”わかる騎手”や”パターン化できる騎手”をどんどん増やしていきたい。命賭けの仕事に対してリスペクトをしつつ、馬券という意味では少しドライに付き合っていけるのが理想だろう。


~エルムSはハナ争いに注目!

さて、今週も2重賞、新潟では関屋記念、そして札幌ではエルムSが行われる。どちらもフルゲートになりそうで、なかなか面白そうな一戦だ。

関屋記念は3歳馬ケイデンスコールとエプソムC上位組に加え、久々のミッキーグローリーなども加わり混戦模様となりそうだが、現時点での注目はエプソムCの上位組、サラキアソーグリッタリングだ。

エプソムCは雨の中でのレースとなったが、本質的には軽い馬場の方が向くタイプ。ともに距離短縮もプラスで、先週まで同様に好天が続くようなら注目したい。

一方、エルムSは逃げ争いに注目が集まる一戦。7歳にして初ダートとなるマルターズアポジーの参戦により、例年以上に先行争いが激化しそうだ。

ドリームキラリ陣営はハナにこだわることを示唆、人気を集めそうなリアンヴェリテも積極策でオープンを連勝してきただけに、これらの馬たちがどのような流れを刻むのか。それ次第でレースの様相はかなり変わってきそうだ。

前がやり合う流れになれば、決め手秘めるモズアトラクションレッドアトゥあたりの待機組が怖いと考えているが、元来札幌ダートは先行有利のコースでエルムSも先行馬が活躍する舞台。馬場状態や陣営のコメントなどを見た上で、もう少し悩んでみるつもりだ。

※重賞の最終結論は、『TAROの競馬』にて一部無料公開しますので、是非当日のブログをご覧ください。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2019年8月4日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年08月04日号】特選重賞データ分析編(162)~2019年関屋記念~
閲覧 1,797ビュー コメント 0 ナイス 1



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 関屋記念 2019年08月11日(日) 新潟芝1600m外


<ピックアップデータ>

【“前年以降、かつ中央場所、かつ1600mのレース”における優勝経験の有無別成績(2014年以降)】
○あり [5-3-5-29](複勝率31.0%)
×なし [0-2-0-33](複勝率5.7%)

 距離適性を重視したい一戦。前年以降に中央場所、かつ今回と同じ距離のレースを勝ち切っていない馬は苦戦しています。サマーマイルシリーズの2戦目という位置付けを考えても、この傾向はそうそう覆らないはず。他路線組は思い切って評価を下げた方が良さそうです。

主な「○」該当馬→オールフォーラヴソーグリッタリングミッキーグローリー
主な「×」該当馬→サラキアブレスジャーニーリライアブルエース


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5歳以下」だった馬は2014年以降[5-4-5-38](複勝率26.9%)
主な該当馬→オールフォーラヴサラキア

[もっと見る]

2016年12月7日(水) 12:15 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) ~第8回 U指数で見る条件別高パフォーマンス馬
閲覧 3,805ビュー コメント 0 ナイス 2

 2016年の2歳戦もいよいよ大詰め。12月11日には阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)が、12月18日には朝日杯フューチュリティステークス(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)が施行される予定で、既に両レースとも特別登録馬が発表されました。朝日杯フューチュリティステークスを牝馬(ビーカーリーミスエルテ)が勝たない限り、おそらくJRA賞最優秀2歳牡馬やJRA賞最優秀2歳牝馬のタイトルは両GⅠの優勝馬が受賞することになるでしょう。出馬投票後の抽選を含め、POGプレイヤーの多くが指名馬の動向に一喜一憂する時期ですね。ウマニティPOG2016の参加者にとってはシーズンB(9月10日~12月25日)の最終盤であり、向こう3週のレース結果はシーズン表彰争いにも大きく係わってきます。

 もちろん「GⅠの2鞍に登録した馬がいない」「ランキングの上位にいるわけでもない」という皆さんは寂しい思いをしていらっしゃるでしょうが、そうした方々にも逆転のチャンスがないわけではありません。GI、GII、GIII、オープンの各ワールドは12月5日に今シーズン最後の仮想オーナー募集枠開放が行われ、既にデビューした馬を含むすべての2歳馬が入札可能な状態となりました。指名枠がまだ残っており、なおかつ他のプレイヤーよりも高いポイントを入札すれば、阪神ジュベナイルフィリーズ朝日杯フューチュリティステークスの有力候補を自身のラインナップに加えることができるのです。そもそも、2016-2017シーズン全体からすると、この時期はまだ中盤戦。最終順位に影響してくるようなビッグレースはだいぶ先ですから、年明け以降の重賞で活躍してくれそうな馬を今のうちに確保しておくという手もあります。

 今回はそんなプレイヤーのニーズに応えるべく、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」を参考に、過去のレースで見せたパフォーマンスを順位付けしてみました。なお、以前の当コラムでも指摘した通り、「U指数」は新馬のレースがもっとも高い数値になりにくく、格の高いレースほど高い数値が出やすい指標です。こうした特性や施行レース数を考慮し、今回は「新馬/芝1400m以下」「新馬/芝1500m以上」「新馬/ダート」「未勝利/芝1400m以下」「未勝利/芝1500m以上」「未勝利/ダート」「500万下から上のクラス/芝1400m以下」「500万下から上のクラス/芝1500m以上」「500万下から上のクラス/ダート」の9カテゴリーについて、「U指数」ベスト10のランキングを作成。集計対象は2016年11月27日までに施行されたJRA、かつ2歳限定のレースとしています。


<新馬/芝1400m以下>

●8月7日 小倉06R レーヌミノル 84.7
●9月17日 阪神05R アグネスジュレップ 84.6
●6月25日 函館05R ロイヤルメジャー 84.3
●10月1日 中山05R マイネルアムニス 83.9
●6月19日 東京06R アエロリット 82.8
●8月14日 小倉05R メイソンジュニア 82.6
●6月5日 阪神05R アンジュシャルマン 82.6
●11月20日 京都06R サリネロ 82.5
●6月5日 阪神05R マイネルパラディ 81.7
●10月23日 東京04R ジョーストリクトリ 81.6


<新馬/芝1500m以上>

●11月26日 京都05R ミリッサ 86.1
●11月26日 京都05R パンサーバローズ 84.6
●11月26日 東京05R バリングラ 83.8
●11月19日 東京05R サーベラージュ 83.7
●11月20日 東京06R ハナレイムーン 83.6
●10月23日 新潟05R リカビトス 83.3
●11月6日 東京05R ダイワキャグニー 83.0
●11月5日 京都07R クリアザトラック 82.5
●11月26日 京都05R マイスタイル 82.4
●11月6日 東京05R パルフェクォーツ 82.3


<新馬/ダート>

●10月29日 京都04R ヒップホップスワン 87.7
●10月29日 京都04R スーパーモリオン 87.7
●11月5日 京都06R アップビート 85.5
●11月26日 京都06R ラビットラン 85.5
●11月6日 東京04R オールドベイリー 84.3
●11月6日 東京04R アースオブフェイム 84.3
●11月26日 東京06R サンライズノヴァ 84.2
●10月1日 阪神06R アイアンテーラー 83.4
●11月26日 東京06R ショウブニデル 83.2
●6月18日 阪神05R ディオスコリダー 83.1


<未勝利/芝1400m以下>

●8月28日 新潟02R レジーナフォルテ 91.6
●11月5日 京都03R アリンナ 87.7
●11月19日 京都02R イリスファルコン 87.1
●10月16日 新潟03R サンバダンサー 86.9
●10月15日 新潟05R ディアドラ 86.7
●11月19日 福島03R ファンタジーボール 86.6
●7月24日 福島01R ダイイチターミナル 86.6
●8月21日 新潟01R ディバインコード 86.5
●11月27日 東京01R トリリオネア 86.3
●10月9日 東京03R ドウディ 86.3


<未勝利/芝1500m以上>

●10月29日 京都03R ピスカデーラ 86.6
●11月12日 京都03R ヒロシゲグローリー 86.5
●11月12日 福島04R エンドゲーム 86.2
●9月3日 小倉02R ナムラライラ 86.1
●10月8日 京都03R プラチナヴォイス 86.0
●10月29日 京都03R スピリットソウル 85.9
●8月13日 小倉02R アダムバローズ 85.6
●10月16日 京都03R ハムレット 85.6
●11月13日 東京01R アルミレーナ 85.0
●11月6日 京都04R ソーグリッタリング 84.9


<未勝利/ダート>

●11月26日 京都02R ローズストリート 90.5
●11月6日 福島01R キンシノクリーン 88.9
●11月6日 福島01R サンタアズライト 88.9
●8月27日 札幌01R ハシルキセキ 88.5
●8月13日 札幌01R ハヤブサナンデダロ 87.6
●11月19日 福島01R サンタアズライト 87.6
●11月26日 京都02R ブルベアラクーン 87.2
●10月29日 京都01R メイショウジーク 86.7
●11月13日 福島01R スーパーモリオン 86.2
●11月12日 京都02R サトノクリエション 86.2
●11月12日 京都02R タガノディグオ 86.2


<500万下から上のクラス/芝1400m以下>

●9月4日 小倉11R 小倉2歳S レーヌミノル 99.0
●11月13日 福島10R 福島2歳S メイソンジュニア 97.0
●11月13日 福島10R 福島2歳S マイネルバールマン 94.9
●11月5日 東京11R 京王杯2歳S モンドキャンノ 94.0
●11月5日 東京11R 京王杯2歳S レーヌミノル 93.1
●11月20日 京都09R 秋明菊賞 アリンナ 91.9
●7月24日 函館11R 函館2歳S レヴァンテライオン 90.9
●11月13日 福島10R 福島2歳S ウランゲル 90.8
●10月1日 中山09R カンナS タイムトリップ 90.4
●10月30日 京都06R ビーカーリー 90.2


<500万下から上のクラス/芝1500m以上>

●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ジューヌエコール 94.5
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ボンセルヴィーソ 94.5
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S サングレーザー 93.7
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ディーパワンサ 93.7
●10月8日 東京11R サウジアラビアRC ブレスジャーニー 93.4
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ベルカプリ 93.0
●10月8日 東京11R サウジアラビアRC ダンビュライト 91.9
●10月29日 東京11R アルテミスS リスグラシュー 91.6
●10月22日 東京09R アイビーS ソウルスターリング 91.4
●11月27日 京都09R 白菊賞 ゴールドケープ 91.2


<500万下から上のクラス/ダート>

●10月23日 京都08R なでしこ賞 ハングリーベン 90.5
●10月15日 東京09R プラタナス賞 エピカリス 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 シゲルコング 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 シゲルベンガルトラ 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 レッドオーガー 89.0
●10月23日 京都08R なでしこ賞 ゲキリン 88.8
●10月23日 京都08R なでしこ賞 シゲルベンガルトラ 88.8
●11月12日 東京09R オキザリス賞 グッドヒューマー 88.4
●11月12日 東京09R オキザリス賞 サザンボルケーノ 87.9
●11月19日 京都09R もちの木賞 ブルベアバブーン 87.8
●11月19日 京都09R もちの木賞 シロニイ 87.8


 各馬の指名(入札)状況はワールドごとに異なるため、「募集馬を探す」のページからご確認ください。人気の盲点になっている素質馬を見つけられれば、残り半年のシーズンで大きな戦力となってくれるはずです。

※今シーズンのPOGコラムは今回が最終更新となります。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2016年11月26日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第227回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス G3
閲覧 953ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさんこんにちは!

本日は京都11R「ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、カデナから1.0ポイント差(約1馬身差)内のプラチナヴォイスまでの2頭。
第2グループ(黄)は、ヴァナヘイムから1.0ポイント差(約1馬身差)内のマイネルザウバアアダムバローズソーグリッタリングまでの4頭。
第3グループ(薄黄)は、ワンダープチュック1頭のみとなっていて、以下は第4G(灰)となっています。

第1G→第2G間に1.4ポイントの開きがあり、第4G以下にも2~4ポイントほどの差が生じています。ただ、いつも言うようにこの時期の2歳戦ですので、経験しているレース数や前走のクラスなどで上記程度の差は簡単についてしまう状況。ゆえに、いつも通り今回どれだけ跳ね上げるかといった部分が重要になってくると思われます。

そんな中、今回の私の◎はベストアプローチとしました。新馬勝ち上がり直後ですので指数は出ていませんが、その新馬戦で見せたポテンシャルに期待します。実際、デビュー戦の指数としてはメンバー中トップの値をマークしていますし、そこで下した2着馬も次走すぐに勝ち上がっており、決してレベルの低い新馬戦ではなかったと思います。中間の調整内容も中身の濃いものだと思っていますし、当日どの程度の人気妙味があるかは分かりませんが4、5番人気以下想定で本命視。
以下、相手にはOP時代のこのレース含む近12年で好成績となっている、

・前走上がり3位以内(10-10-10-40)
・札幌、函館、京都の新馬戦デビュー組(9-8-11-27)

あたりのデータに該当する○プラチナヴォイス、▲ダノンディスタンスを選びます。
そして、今回の私の馬券は、◎から○▲への3複少点数勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
10=2,8=2,3,8,9(5点)

[もっと見る]

2016年7月5日(火) 11:44 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) ~第4回早期デビューの未出走馬
閲覧 3,429ビュー コメント 0 ナイス 8

 早いもので「ウマニティPOG 2016」も既に5週が経過。JRAだけで421頭の2歳馬がデビューを果たし、各ワールドのランキングにも少しずつ動きが出てきました。7月24日には函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)が行われ、世代最初のJRA重賞ウイナーが誕生する見込み。今シーズン最初の山場と言っていいかもしれません。

 もっとも、この時期の当コラムで再三繰り返しているように、「ウマニティPOG 2016」はまだまだ長い戦いが始まったばかり。仮想オーナー募集枠の開放スケジュールに合わせて有力馬を指名することができれば、上位進出は十分に可能です。そこで今回は、デビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬を紹介します。今週以降も続いていく入札の参考としていただければ幸いです。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月3日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「6月27日~7月3日の間に東西のトレーニングセンターで坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む)」を抽出。その中から、注目すべきファクターごとに該当馬をピックアップし、一覧としてまとめました。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは「注目POG馬ランキング(2016/07/03 23:00更新)」で100位以内に入っていた該当馬を紹介します。この項のみ、各馬の末尾に「注目POG馬ランキング」の順位を付記しました。なお、以下の一覧を含め、並び順は父名順→母名順です。

マジカルスペル(牡/父Creative Cause×母プラウドスペル) ※75位
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ) ※20位
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ) ※17位
エアウィンザー(牡/父キングカメハメハ×母エアメサイア) ※37位
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ) ※78位
ビッグディザイア(牡/父キングカメハメハ×母レッドディザイア) ※87位
コリエドール(牡/父クロフネ×母レクレドール) ※64位
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス) ※27位
オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス) ※51位
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン) ※45位
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール) ※25位
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド) ※86位
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ) ※35位
マイティドリーム(牡/父ディープインパクト×母ラグジャリー) ※62位
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン) ※13位
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン) ※57位
ピスカデーラ(牝/父ブラックタイド×母ドリームスケイプ) ※82位
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト) ※39位

 該当馬のうち「注目POG馬ランキング」の順位がもっとも高かったのはムーヴザワールド(リッスンの2014)。先週6月29日に入厩したばかりで、ゲート試験合格を目指していくとのことでした。個人的に指名候補として注目していたこともあり、「思ったよりも早かったな」という印象を受けたものの、順調そうなのは何より。このままデビューするのか、それともゲート試験合格後に一旦放牧を挟むのかはわかりませんが、引き続き注目しておきたいと思います。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「入札へ向けてのデータ分析」を参考に、有力と思われる馬を紹介しましょう。
 1頭あたり本賞金が900万円を超えていた調教師の管理馬は下記の通りです。

池江泰寿調教師>
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ)
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ)
ソーグリッタリング(牡/父ステイゴールド×母ソーマジック
クライムメジャー(牡/父ダイワメジャー×母クライウィズジョイ)
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン)
ビートフォーセール(牝/父ハーツクライ×母ライフフォーセール)

堀宣行調教師>
コリエドール(牡/父クロフネ×母レクレドール
オメガドラクロワ(牡/父ステイゴールド×母カチバ)

友道康夫調教師>
ラブフルーツ(牝/父キングカメハメハ×母アドマイヤトパーズ)
クラリティダイヤ(牝/父キングズベスト×母タイキダイヤ
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス)
ユアスイスイ(牝/父ダイワメジャー×母ケイティーズベスト)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
アドマイヤミヤビ(牝/父ハーツクライ×母レディスキッパー)
ルタンデュボヌール(牡/父マンハッタンカフェ×母アドマイヤハッピー

藤沢和雄調教師>
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ)
アルトリウス(牡/父キングカメハメハ×母レジネッタ
サトノアレス(牡/父ディープインパクト×母サトノアマゾネス)
ペイドメルヴェイユ(牝/父ローエングリン×母ミスティックリバー

 各馬の「注目POG馬ランキング」を確認したところ、ミスエルテ(ミスエーニョの2014)が17位、ソウルスターリング(スタセリタの2014)が20位と、Frankel産駒の2頭が上位にランクインしていました。先週7月2日の中京5R(2歳新馬・芝1400m)では同じFrankel産駒のライズイーグル(Rose of Summerの2014)がデビューし、単勝オッズ1.7倍の1番人気に支持されるなど、かなりの注目を集めていましたね。残念ながらライズイーグルは5着に敗れてしまったものの、この2頭の初陣も話題となりそうです。

 種牡馬別成績でダントツの数字をマークしていたのはディープインパクト。デビューが近いと思われる産駒は16頭います。

オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
サトノシャーク(牡/父ディープインパクト×母オジャグワ)
ワラッチャウヨネ(牝/父ディープインパクト×母クリームパフ)
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール)
サウンドラブリー(牝/父ディープインパクト×母サウンドバリアー
サトノアレス(牡/父ディープインパクト×母サトノアマゾネス)
クールデザイン(牝/父ディープインパクト×母シンディ)
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド)
ナンヨープルートー(牡/父ディープインパクト×母ハイカックウ)
サングレーザー(牡/父ディープインパクト×母マンティスハント)
メイショウテンシャ(牡/父ディープインパクト×母メイショウベルーガ
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ
マイティドリーム(牡/父ディープインパクト×母ラグジャリー)
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン)
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン)

 前述のムーヴザワールドを除くと、「注目POG馬ランキング」最上位はコケレールの2014。母がサンタラリ賞(仏GⅠ)を勝っている良血馬です。現3歳の全兄ラヴィエベールが6月11日の東京7R(3歳以上500万下・芝2400m)で2勝目をマークしたこともあり、指名した皆さんの期待度はますます高まっているはず。馬名はまだJRA-VANに登録されていないものの、今後の動向が楽しみな一頭と言えるでしょう。

 生産者別成績はノーザンファームの“一強”でしたが、こちらは該当馬が69頭もいるため、「注目POG馬ランキング」で1000位以内にランクインした馬のみを列挙しておきます。まぁ、それでも44頭ほどおり、注目度の高さを改めて実感しましたが……。気になる血統を見かけたら、ぜひチェックしてみてください。

マジカルスペル(牡/父Creative Cause×母プラウドスペル)
ランニングウインド(牡/父Discreetly Mine×母ランニングボブキャッツ)
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ)
フィアマロッサ(牝/父アイルハヴアナザー×母フィロンルージュ)
バレーロ(牡/父ヴィクトワールピサ×母ベルベットローブ)
ヴァンクールシルク(牡/父ヴィクトワールピサ×母ルシルク)
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ)
バルコラベーロ(牡/父クロフネ×母アペラシオン)
クルークハイト(牝/父クロフネ×母ヴァイスハイト)
ハッシュタグ(牡/父クロフネ×母サンデースマイル2)
ジューヌエコール(牝/父クロフネ×母ルミナスポイント
シャープシューター(牡/父ゴールドアリュール×母シャーペンエッジ)
クインズゴールド(牝/父ステイゴールド×母ストールンハート)
ディアマイラブ(牝/父ステイゴールド×母ディアジーナ
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス)
サトノマサムネ(牡/父ゼンノロブロイ×母エリドゥバビロン)
デクレアビクトリー(牡/父ゼンノロブロイ×母クーデグレイス
ラバピエス(牡/父タートルボウル×母サルスエラ)
シェルブルック(牡/父タートルボウル×母シャルルヴォア)
シャプレドサクレ(牝/父タートルボウル×母ピュアチャプレット)
ピンクスター(牝/父タートルボウル×母レアクラシック)
ミッキークルソラ(牝/父ダイワメジャー×母クルソラ)
ユアスイスイ(牝/父ダイワメジャー×母ケイティーズベスト)
オールポッシブル(牝/父ダイワメジャー×母シーズインポッシブル)
ピンクブリザード(牝/父ダイワメジャー×母ピンクリップス)
●マイティーキュート(牝/父ダイワメジャー×母マイティースルー
ポールヴァンドル(牝/父ダイワメジャー×母レディドーヴィル)
オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール)
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド)
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン)
カトリーヌ(牝/父ハーツクライ×母デビルズコーナー)
バラダガール(牝/父ハーツクライ×母バラダセール)
ビートフォーセール(牝/父ハーツクライ×母ライフフォーセール)
アドマイヤミヤビ(牝/父ハーツクライ×母レディスキッパー)
アドマイヤゲーム(牝/父ハービンジャー×母アドマイヤテンバ
●サンキューゴッド(牡/父ハービンジャー×母アンナヴァン)
キュイキュイ(牝/父ハービンジャー×母スナップショット)
ピスカデーラ(牝/父ブラックタイド×母ドリームスケイプ)
ルタンデュボヌール(牡/父マンハッタンカフェ×母アドマイヤハッピー
アトラーニ(牡/父ルーラーシップ×母アマルフィターナ)
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト)
アドマイヤウイナー(牡/父ワークフォース×母ソングバード)

※次回のコラムは8/2(火)になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

ソーグリッタリングの口コミ


口コミ一覧
閲覧 317ビュー コメント 0 ナイス 8

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

お正月気分は抜けましたか?
新春とはいえまだまだ厳しい寒さが続いていますね。
ところで、新春競馬で完敗?いやいや乾杯できましたか?

我が家の懐に停滞し続けている寒波、
いまだに居座り続けています…(゚Д゚;)

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 週末の重賞(有力馬ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の分析を重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第1期 途中経過】
第1期(1月5日~26日)6日間(東西金杯~東海S:全9戦)

新春競馬は、当てる事ができたのか!?

日曜、G3中山金杯では、3番クレッシェンドラヴ軸で勝負!
馬連(3⇒5,8,9,15,17)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「中山金杯」の軸馬クレッシェンドラヴは、スタート悪く後方追走。直線で弾けて優勝…のはずが7着惨敗。反省点として、軸馬の選択に失敗!?過去のデータから導き出した2頭(クレッシェンドラヴ、トリオンフ)で、最後まで迷ってクレッシェンドラヴを選択。仮にトリオンフを選択していたら、馬連馬券(7-8 2550円)が当たっていた…残念。


日曜、G3京都金杯では、8番ドーヴァー軸で勝負!
ワイド(8⇒3,4,13,15,18)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「京都金杯」の軸馬ドーヴァーは、スタート良く中団追走。直線で弾けて優勝…のはずが7着惨敗。反省点として、軸馬の選択に失敗!?過去のデータから導き出した3頭(ボンセルヴィーソ、ドーヴァー、ソーグリッタリング)まで絞り込み、ドーヴァーを選択。仮にボンセルヴィーソを選択していたら、ワイド馬券(3-7 3160円)が当たっていた…残念。


過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
フェアリーS=中山(芝外)1600=B(76)偏りがない
シンザン記念=京都(芝外)1600=B(75)偏りがない

【ラップ分析試行錯誤中】
今年から始めた”ラップ分析”について、個人的なメモも含めて日々学んでいく過程を日記のようにカキコ(記録)していきます。

まず、第1回目は「ラップとは?」です。

競馬における”ラップ”とは、200m区間のタイム。競馬では、1ハロン当たりの走破時計をラップといいます。レースラップは、1ハロン、2ハロンとその測定地点毎に先頭馬が通過した時計を測定。

注意点として、このレースラップは勝ち馬の走破ラップではなく、そのハロン毎に先頭馬が走破した時計。JRAでは、ラスト3ハロン、つまり上がり3ハロン以外の各馬のラップは非開示で、測定もしていません。

【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数ポイント篇】

(フェアリーS)
注目したのは、馬番コンピ指数値50台の指数6~9位ゾーン!?毎年、馬券に絡んでいる。
昨年、馬番コンピ指数(3位→5位→7位)=指数値(61→58→55)だった。

(シンザン記念)
注目したのは、馬番コンピ指数3位&4位。
近5年内、必ずどちらかが馬券に絡んでいる。

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 DEEB 2020年1月5日() 16:35
恥ずかしい馬予想2020.01.05[結果]
閲覧 113ビュー コメント 0 ナイス 3

中山11R 日刊スポーツ賞中山金杯 GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 トリオンフ…1着
○ 3 クレッシェンドラヴ…7着
▲16 マイネルサーパス…6着
△ 9 ギベオン…10着
×17 ☆ザダル…8着
× 2 ☆ブラックスピネル…16着
[結果:ハズレ×]

京都 1R 3歳未勝利(混合)[指定]
◎ 4 アウトウッズ…1着
○ 8 スリーピート…2着
▲ 2 アスターホルン…6着
△14 ダッチマン…7着
×12 アイファーネイビー …15着
[結果:アタリ△ 馬連 4-8 330円]

京都 2R 3歳未勝利(混合)[指定]
◎ 6 ロードグリュック…1着
○12 ムーンベイビー …9着
▲ 2 スマートコマンダー …5着
△ 8 グランレミー …8着
×11 アンバウンディド…2着
[結果:アタリ○ ワイド 6-11 690円]

京都 3R メイクデビュー京都 3歳新馬牝[指定]
◎13 オレンジペコ…1着
○ 1 シゲルオトメザ…4着
▲10 レディオタイムズ…2着
× 8 セントクリーガー …3着
× 5 マイハート…9着
[結果:アタリ○ 馬連 10-13 1,310円、ワイド 8-13 430円]

京都 4R 4歳以上1勝クラス(混合)[指定]
◎ 1 アイキャンテーラー …5着
○10 アシャカリブラ…4着
▲ 3 アルムチャレンジ…6着
×11 ☆メイショウカクウン…7着
[結果:ハズレ×]

京都10R 門松ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎12 メイショウミライ…5着
○15 ジャスティン…1着
▲ 3 レッドルゼル…2着
×14 ☆クリノサンレオ…12着
×11 ☆ガンジー …7着
[結果:アタリ○ 馬連 3-15 720円]

京都11R スポーツニッポン賞京都金杯 GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 3 サウンドキアラ…1着
○18 ソーグリッタリング…4着
▲14 ブレステイキング…5着
△ 6 ダイアトニック…2着
×10 ☆マイネルフラップ…15着
×12 ☆タイムトリップ…13着
[結果:アタリ○ 馬連 3-6 1,260円]

一年の計は金杯にあり。
今年は指定席が取れなかったので、朝の4レースだけ、淀に運試しに行ってきます。

[今日の結果:7戦4勝2敗1分]
勝敗は勝ち越しでしたが、収支はトントン。
今年は、どうなんでしょう?

[もっと見る]

 きりのましゅう 2020年1月5日() 16:35
もう笑うしかない!?東西の金杯の結果
閲覧 50ビュー コメント 0 ナイス 1

中山金杯 
重要項目合計1位 ◎ノーブルマーズ  4着
重要項目合計2位 〇ウインイクシード 2着(しかも、記載時、名前誤表記だし・・・)
京都金杯
重要項目合計1位 ◎ソーグリッタリング 4着
重要項目合計2位 〇サウンドキアラ 1着

もう、言葉にならない・・・。(声だけは、出して叫んだ、「また、4着か~~~!!!」)
また、頑張ります。

   

[もっと見る]

⇒もっと見る

ソーグリッタリングの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ソーグリッタリングの写真

ソーグリッタリング
ソーグリッタリング

ソーグリッタリングの厩舎情報 VIP

2020年1月5日スポニチ賞京都金杯 G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ソーグリッタリングの取材メモ VIP

2020年1月5日 スポニチ賞京都金杯 G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。