今週の重賞レース

2021年10月30日( MBS賞スワンS G2 アルテミスステークス G3
2021年10月31日( 天皇賞(秋) G1
マーメイドステークス G3   日程:2021年6月20日() 15:35 阪神/芝2000m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 1 1

シャムロックヒル

牝4 50.0 藤懸貴志  佐々木晶 490(0) 2.00.4 20.5 10 35.3 ①①①①
2 7 13

クラヴェル

牝4 51.0 横山典弘  安田翔伍 450(0) 2.00.4 クビ 9.7 5 34.6 ⑭⑬⑪⑬
3 3 5

シャドウディーヴァ

牝5 55.0 福永祐一  斎藤誠 476(-2) 2.00.5 クビ 10.1 6 35.1 ⑥⑥⑥⑤
4 6 12

アンドラステ

牝5 55.0 岩田望来  中内田充 476(+6) 2.00.8 1 3/4 6.9 3 35.4 ⑥⑤④②
5 2 3

ホウオウエミーズ

牝4 50.0 丸田恭介  池上昌和 446(-2) 2.00.8 アタマ 36.1 12 35.2 ⑨⑨⑪⑨
6 1 2

アブレイズ

牝4 56.0 浜中俊  池江泰寿 494(+10) 2.01.1 13.7 9 35.6 ③③④⑤
7 5 9

イズジョーノキセキ

牝4 52.0 西村淳也  石坂公一 456(-2) 2.01.2 クビ 5.7 2 35.7 ⑥⑥⑥⑤
8 4 8

ソフトフルート

牝4 54.0 横山和生  斉藤崇史 480(+10) 2.01.2 クビ 5.3 1 35.9 ④③②②
9 5 10

キングスタイル

牝4 50.0 高倉稜  田中克典 412(+2) 2.01.4 1 1/4 58.1 14 35.4 ⑯⑮⑭⑭
10 4 7

レッドベルディエス

牝5 53.0 幸英明  鹿戸雄一 472(-4) 2.01.5 クビ 20.9 11 35.6 ⑭⑮⑭⑭
11 7 14

サンクテュエール

牝4 55.0 川田将雅  藤沢和雄 468(-2) 2.01.5 クビ 9.5 4 36.2 ②②②②
12 2 4

カセドラルベル

牝5 54.0 和田竜二  西村真幸 552(-4) B 2.01.5 ハナ 11.1 7 35.8 ⑨⑨⑧⑨
13 8 16

アッシェンプッテル

牝5 54.0 太宰啓介  奥村豊 522(+6) 2.01.6 1/2 98.9 16 35.5 ⑬⑬⑯⑯
14 3 6

フィリアプーラ

牝5 54.0 菊沢一樹  菊沢隆徳 460(-2) 2.01.7 1/2 53.8 13 36.0 ④⑥⑧⑨
15 8 15

ミスニューヨーク

牝4 53.0 加藤祥太  杉山晴紀 464(+8) 2.01.9 1 1/4 11.2 8 36.3 ⑨⑨⑪⑧
16 6 11

パッシングスルー

牝5 54.0 荻野極  黒岩陽一 480(-10) 2.01.9 アタマ 60.2 15 36.3 ⑨⑨⑧⑨
ラップタイム 12.6 - 11.1 - 12.4 - 12.4 - 12.3 - 12.3 - 12.0 - 11.7 - 11.6 - 12.0
前半 12.6 - 23.7 - 36.1 - 48.5 - 60.8
後半 59.6 - 47.3 - 35.3 - 23.6 - 12.0

■払戻金

単勝 1 2,050円 10番人気
複勝 1 650円 11番人気
13 340円 4番人気
5 350円 5番人気
枠連 1-7 1,960円 8番人気
馬連 1-13 11,970円 46番人気
ワイド 1-13 3,060円 45番人気
1-5 4,120円 53番人気
5-13 1,960円 27番人気
馬単 1-13 21,960円 92番人気
3連複 1-5-13 51,190円 175番人気
3連単 1-13-5 330,150円 1,107番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:322,117人(10月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【マーメイドステークス2021予想】過末一手の馬には厳しい状況!経済コースを上手に立ち回る馬が優位!

土曜日の阪神芝のレース結果、近年のマーメイドSの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

水曜日の降雨、そこに金曜日から降り続く雨も重なり、土曜日の芝コースは力を要するコンディションでスタート。馬場の重さがこたえたのか、道中外から追走、直線も外、という馬が脚をなくす場面が続出。経済コースを上手に立ち回った馬の活躍が目を引いた。

土曜日の結果を振り返ると、脚質に関してはおおむね先行優勢。枠順は内めが優位。外めの枠もそれなりに頑張っているが、展開や進路取りによるものが大きく、過度の外枠依存は危険と言わざるを得ない。

日曜日の予報は曇りのち晴れ。馬場の乾きが進めば、多少なりとも外差しの優位性が増す可能性はある。とはいえ、マーメイドSが行われる阪神内回り芝2000mは、勝負どころの3角過ぎから加速がしづらく、末一手の馬には厳しいコース形態。

よほどの力量差もしくは適性差でもなければ、道中外から追走、直線も外、という馬は、土曜日と同様に苦しい競馬を強いられることが予想される。

ただでさえ、前開催では高速決着が頻発していた阪神芝コース。そのうえ開幕週でもある。ゆえに道中で内めを先んじて通る馬、あるいはロスが少ない内寄りの枠(1~3枠あたり)を引いた馬を優先したほうが、好結果につながりやすいのではないか。

血統面については、近3年のマーメイドSの好走馬をみると、父にサンデーサイレンス系種牡馬を配する馬が優勢。なかでも、母の父または祖母の父にパワー型の米国系種牡馬を持つ馬が攻勢を強めており、連対馬6頭中5頭が該当する。条件を満たす馬はプラスに評価したい。

今年の出走メンバーで、血統面と先述した馬場傾向(1~3枠)の要点をともに満たしているのは、①シャムロックヒル、②アブレイズ、④カセドラルベル。従って当欄では、この3頭を狙いどころとして推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
シャムロックヒル ②アブレイズ ④カセドラルベル
厩舎
の話

【マーメイドステークス2021予想】ソフトフルート「良馬場で競馬をさせたい」 アブレイズ「折り合いが鍵」

 ◆アブレイズ・池江師「距離が長くなるので折り合いが鍵。いい馬場でやらせてあげたい」

 ◆アンドラステ・片山助手「精神面で落ち着きがあって、古馬らしい雰囲気にもなってきた」

 ◆イズジョーノキセキ・石坂師「チャンスはあると思っています。体が増えて芯が入ってきた」

 ◆カセドラルベル・西村師「調子の波はないタイプ。前走は、浅いブリンカーに替えて気持ちがかみ合った」

 ◆クラヴェル・安田翔師「初めて在厩で続けて使いますが、コンディションは良好。この時期が合っています」

 ◆サンクテュエール・津曲助手「前走はいい位置から惜しい競馬。状態はいいし、距離が1ハロン延びるのは問題ない」

 ◆シャドウディーヴァ斎藤誠師「前走は出遅れが響いた。脚元を考えて坂路での調整だが動きも体つきもいい」

 ◆ソフトフルート・斉藤崇師「能力は評価できるものがあります。緩い馬場だと走りづらくなりそうなので、良馬場で競馬をさせたい」

 ◆パッシングスルー・黒岩師「前走は位置取りが後ろになって厳しかった。中間も順調で、今の暑い時期が良さそう」

 ◆フィリアプーラ・菊沢師「前走はしぶとい内容。体調はいいし、馬自身も成長している」

 ◆ミスニューヨーク・杉山晴師「右回りの2000メートルはいい。最近は調子の波が小さくて、調整がしやすい」

 ◆レッドベルディエス・鹿戸師「使っても馬体が減らなくなったし、状態はいい。折り合いは心配ない」



マーメイドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【マーメイドステークス2021予想】減点無し5頭の中から、イズジョーノキセキを最上位評価

【馬齢】

2011年以降の3着以内30頭の馬齢をみると、4歳から7歳の間で収まっている。その一方、7歳の最高着順は3着まで。4歳の2着連対圏入りは、前走条件クラス出走かつ前走3着以内の馬に限られる。そのあたりには配慮が必要だろう。

(減点対象馬)
①シャムロックヒル ②アブレイズ ⑬クラヴェル ⑭サンクテュエール ⑮ミスニューヨーク

【前走位置取り】

2011年以降、前走の初角通過順が1番手だった馬の好走例はなし。また、前走の4角通過順が10番手以降、かつ2ケタ着順だった馬(4角で不利を受けた馬を除く)の連対例もゼロ。該当馬は評価を控えめにしたい。

(減点対象馬)
⑦レッドベルディエス ⑪パッシングスルー

【近走人気】

2011年以降、近3走とも1600~2200mのG3より下のクラスに出走し、いずれも6番人気以下だった馬の連対例は皆無。G3以下のレースで低評価続きの馬は苦戦を強いられている。

(減点対象馬)
⑥フィリアプーラ ⑩キングスタイル

【距離実績】

2011年以降の2着以内20頭のうち19頭に、芝1800mまたは芝2000mで勝ち鞍があった。例外は2013年の1着馬マルセリーナのみ。同馬は桜花賞ウイナー。相応の実績がないと、芝中距離で未勝利の馬が勝ち負け争いに加わることは難しい。

(減点対象馬)
⑥フィリアプーラ ⑭サンクテュエール ⑯アッシェンプッテル

【休養明け】

2011年以降の3着以内馬30頭は、例外なく同年の3月以降に1戦以上を消化していた。前走が同年の2月以前だった馬は、今ひとつの結果に終わっている。

(減点対象馬)
①シャムロックヒル ⑫アンドラステ

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、③ホウオウエミーズ、④カセドラルベル、⑤シャドウディーヴァ、⑧ソフトフルート、⑨イズジョーノキセキの5頭。最上位には⑨イズジョーノキセキを推す。近3年続けて勝利を収めている前走3勝クラス(旧1600万下)組であることに加え、【0.2.1.0】の当該コース成績も好感が持てる。

2011年以降、7勝を含む13連対の前走1800m組に該当する、③ホウオウエミーズと⑤シャドウディーヴァも侮れない存在。ほか、④カセドラルベル、⑧ソフトフルートらにも相応の警戒が必要だろう。

<注目馬>
イズジョーノキセキ ③ホウオウエミーズ ⑤シャドウディーヴァ ④カセドラルベル ⑧ソフトフルート

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【マーメイドステークス2021予想】実力伯仲のメンバーが揃ったが中心は“凄馬”のアンドラステ!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

牝馬限定のハンデ重賞という字面のイメージ通り、一筋縄ではいかないレースだが、だからといって超大穴がバンバン出ているわけではなく、中位人気の穴馬の好走が多いのが特徴。過去5年間の3着以内馬15頭中、U指数の二桁順位は1頭、二桁人気は1頭となっているので、能力的に上位とそん色のない“隠れた実力馬”をいかにピックアップできるかが、このレースの攻略の鍵を握ると考えていい。
 
最初に指名するのは、1位にランクされている⑫アンドラステ(99.0)。U指数上位勢の安定感に乏しいレースだが、2位に2.5の指数差を付けて“凄馬”の評価を受けているこの馬をさすがに外すわけにはいかないだろう。鉄砲実績は文句なしなので、半年ぶりのレースでも不安はない。
 
ダート路線で高値安定の走りを見せている2位の⑯アッシェンプッテル(96.5)も魅力十分。初芝ということが嫌われてまったく人気を集めなければ、面白い穴馬になってくれそうだ。
 
そのほかでは、重賞でコンスタントに上位に好走している4位の⑤シャドウディーヴァ(95.4)、51キロの軽ハンデを活かした一発が怖い9位の⑬クラヴェル(94.2)にも注目したい。

【U指数予想からの注目馬】
アンドラステ ⑯アッシェンプッテル ⑤シャドウディーヴァ ⑬クラヴェル

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:322,117人(10月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【マーメイドステークス2021予想】内回りらしい持続力勝負になることで、瞬発力よりもスタミナや底力が問われやすい

昨年はハービンジャー産駒の7番人気サマーセントが50kgの軽ハンデも味方に重賞初制覇を達成。なお、同種牡馬の産駒は過去にも19年ウインクルサルーテが16番人気5着、18年ヴァフラームが13番人気4着と二桁人気ながらに上位を賑わせていたが、いずれもハンデ50kgで大駆けしていたことも特徴と言えるだろう。

ほか、トニービンやSeattle Slewといった持続力に優れた血統を評価しやすく、いずれにしても牝馬らしい一瞬の切れ味は問われないため、パワーやスタミナに長けた少し泥臭いタイプが狙い目となる。3勝、2着3回と好相性を示すディープインパクト産駒においても連対した半数が7番人気以下なので、やはり世間の思い描くディープインパクトらしさを感じさせないタイプのほうが好走しやすい。


クラヴェルは、父エピファネイア×母ディアデラマドレ(母の父キングカメハメハ)。ドレッドノータスやディアデルレイの姪にあたる血統で、母ディアデラマドレは牝馬限定の中距離重賞を3勝した。本馬はデアリングタクトを筆頭に好成績を残す母の父キングカメハメハとなるエピファネイア産駒。デビュー時から20kg以上体重が増えていることに好感を抱けるが、ポトリザリスに遡る牝系は古馬になってから本格化を果たすところがあり、母ディアデラマドレも14年マーメイドSで重賞初制覇を飾っていた。

シャムロックヒルは、父キズナ×母ララア(母の父Tapit)。半姉サラス、半姉セラピア、ともにJRAで4勝を挙げた実績があり、どちらかといえばきょうだいは牝馬の活躍が目立つ傾向にある。また、半姉サラスは19年マーメイドSの勝ち馬なので、本馬は姉妹制覇のかかった一戦となるが、半姉同様に阪神競馬場では底を見せていない戦歴には気を配る必要がありそうだ。ほか、ディープインパクト系のなかでもパワーやスタミナ方向に振れやすいキズナ産駒ということも強調しやすい。

ミスニューヨークは、父キングズベスト×母マンハッタンミート(母の父マンハッタンカフェ)。牝系を遡ると6代母YetiveがGraustarkの全妹、His Majestyの全姉にあたる血統馬。なお、Graustark=His Majesty全兄弟と言えば、スタミナや底力を伝える種牡馬として周知されている。そういった牝系のイメージに加え、本馬は父がキングズベスト、母の父がマンハッタンカフェなので瞬発力は皆無と言っても過言ではなく、やはり道悪や内回りのタフな展開で強みを発揮するタイプと言えるだろう。

【血統予想からの注目馬】
クラヴェル ①シャムロックヒル ⑮ミスニューヨーク

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【マーメイドステークス2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年6月14日() 阪神/芝2000m
天候: 馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 13 サマーセント 酒井学 2:01.1 14.7 7 36.4 98.0
2 6 センテリュオ 福永祐一 2:01.2 3/4 6.6 2 35.3 97.4
3 1 リュヌルージュ 団野大成 2:01.4 1 1/4 8.1 3 36.1 96.2
4 3 ナルハヤ 藤田菜七子 2:01.5 クビ 8.2 4 36.9 95.6
5 7 エアジーン 川田将雅 2:01.6 3/4 4.2 1 35.7 95.0
2019年6月9日() 阪神/芝2000m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 3 サラス 松若風馬 2:00.3 14.2 7 34.6 99.6
2 16 レッドランディーニ 池添謙一 2:00.3 ハナ 26.8 10 35.0 99.6
3 15 スカーレットカラー 岩田康誠 2:00.4 3/4 10.6 5 35.2 99.1
4 4 センテリュオ 北村友一 2:00.7 1 3/4 4.6 1 35.2 97.3
5 8 ウインクルサルーテ 高倉稜 2:00.8 1/2 89.3 16 35.2 96.7
2018年6月10日() 阪神/芝2000m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 3 アンドリエッテ 国分恭介 1:59.1 17.1 10 34.4 100.6
2 1 ワンブレスアウェイ 津村明秀 1:59.1 クビ 14.2 9 34.6 100.6
3 12 ミエノサクシード 川島信二 1:59.4 7.4 4 35.1 98.8
4 10 ヴァフラーム 富田暁 1:59.5 クビ 30.1 13 34.7 98.2
5 4 ミリッサ 岩田康誠 1:59.6 1/2 6.2 2 35.3 97.6

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【マーメイドステークス2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2013年の優勝馬マルセリーナ

1996年に新設された牝馬限定重賞。当初は実績馬の参戦しやすい別定戦だったことから、歴代の勝ち馬には第2回(1997年)のエアグルーヴ、第5回(2000年)のフサイチエアデール、第9回(2004年)のアドマイヤグルーヴ、第10回(2005年)のダイワエルシエーロなど、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。ハンデ戦となった2006年以降はメンバーの質は落ちたが、時に大物が出走することもあり、第18回(2013年)は2年前の桜花賞マルセリーナが復活勝利を挙げている。

歴史と概要をもっと見る

 ウマニティの会員数:322,117人(10月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

マーメイドステークス特集 バックナンバー