今週の重賞レース

2020年10月24日( 富士ステークス G2
2020年10月25日( 菊花賞 G1
マーメイドステークス G3   日程:2020年6月14日() 15:35 阪神/芝2000m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 7 13

サマーセント

牝4 50.0 酒井学  斉藤崇史 452(0) 2.01.1 14.7 7 36.4 ②②②②
2 3 6

センテリュオ

牝5 55.0 福永祐一  高野友和 472(+2) 2.01.2 3/4 6.6 2 35.3 ⑫⑪⑪⑪
3 1 1

リュヌルージュ

牝5 53.0 団野大成  斉藤崇史 478(+8) 2.01.4 1 1/4 8.1 3 36.1 ⑥⑥⑥⑤
4 2 3

ナルハヤ

牝6 51.0 藤田菜七  梅田智之 510(+6) 2.01.5 クビ 8.2 4 36.9 ①①①①
5 4 7

エアジーン

牝4 52.0 川田将雅  堀宣行 458(+8) 2.01.6 3/4 4.2 1 35.7 ⑪⑪⑪⑪
6 8 15

マルシュロレーヌ

牝4 50.0 高倉稜  矢作芳人 460(+2) 2.01.7 1/2 29.2 13 37.0 ②③③②
7 3 5

フィリアプーラ

牝4 54.0 菊沢一樹  菊沢隆徳 450(-2) 2.01.8 3/4 44.2 15 35.6 ⑭⑭⑮⑮
8 5 10

レッドアネモス

牝4 54.0 北村友一  友道康夫 468(+8) 2.01.8 ハナ 15.8 9 36.7 ④③④④
9 7 14

ミスマンマミーア

牝5 53.0 小崎綾也  寺島良 466(0) 2.01.9 クビ 9.6 5 35.6 ⑭⑭⑯⑮
10 1 2

サトノワルキューレ

牝5 54.0 幸英明  角居勝彦 476(+8) 2.02.1 1 1/4 29.1 12 36.6 ⑦⑧⑧⑧
11 4 8

リープフラウミルヒ

牝5 54.0 国分優作  相沢郁 420(-4) 2.02.3 1 1/2 10.1 6 36.8 ⑩⑩⑧⑧
12 2 4

リンディーホップ

牝5 50.0 藤懸貴志  金成貴史 474(0) 2.02.5 1 1/2 24.2 11 37.0 ⑦⑧⑧⑧
13 8 16

レイホーロマンス

牝7 52.0 鮫島克駿  橋田満 436(+10) 2.02.7 1 1/4 18.5 10 37.4 ⑦⑥⑥⑤
14 5 9

サラス

牝5 54.0 松若風馬  西村真幸 534(+10) 2.02.7 クビ 15.0 8 36.7 ⑫⑬⑬⑪
15 6 12

パルクデラモール

牝5 50.0 川又賢治  鹿戸雄一 470(0) 2.03.1 2 1/2 88.4 16 37.0 ⑭⑭⑬⑭
16 6 11

オスカールビー

牝5 49.0 泉谷楓真  矢作芳人 506(-8) 2.03.7 3 1/2 42.3 14 38.4 ④⑤④⑤
ラップタイム 12.4 - 11.2 - 12.7 - 12.5 - 12.0 - 12.1 - 11.7 - 11.4 - 12.2 - 12.9
前半 12.4 - 23.6 - 36.3 - 48.8 - 60.8
後半 60.3 - 48.2 - 36.5 - 25.1 - 12.9

■払戻金

単勝 13 1,470円 7番人気
複勝 13 430円 7番人気
6 270円 2番人気
1 290円 4番人気
枠連 3-7 2,130円 10番人気
馬連 6-13 8,070円 37番人気
ワイド 6-13 2,460円 34番人気
1-13 1,990円 24番人気
1-6 1,350円 10番人気
馬単 13-6 14,890円 67番人気
3連複 1-6-13 18,460円 61番人気
3連単 13-6-1 125,270円 452番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:293,578人(10月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【マーメイドステークス2020予想】外々を回る後方待機勢には辛いコンディション!意識を真ん中より内に寄せたほうがベター!

土曜日の阪神芝のレース結果、近年のマーメイドステークスの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

水曜日から金曜日にかけての降雨、そこに当日の雨も重なり、土曜日の芝コースは稍重(JRA発表)の力を要するコンディションでスタート。馬場の重さがこたえたのか、内めを進んだ逃げ馬が最後まで脚が続かない場面が続出。好位~中団で立ち回る馬に有利な状況と化した。

だが、クラスが上がるにつれ、内め~中を通る馬、先行~好位差しの好走例が増加。9Rでは4角4番手以内の馬が上位を独占、10Rでも4角3番手以内の馬が複勝圏に2頭入っている。ゆえに先行~好位差しが幅を利かせていた、先週に近いコンディションと捉えたほうがいいかもしれない。

日曜日は朝から雨が降ったり止んだりの空模様。引き続き、タフな馬場状態になることが予想される。とすれば、道中外めから追走、直線も外、という後方待機勢は展開利や力量差がないと体力的に不利。走りやすい部分を先んじてキープする馬の優位性が増してくるはずだ。

よって、内め~中を回り、なおかつスムーズに加速可能な位置を確保できそうな馬を優先してチョイスすべき。真ん中より内の枠(1~4枠あたり)から、そうした競馬ができれば言うことはない。

血統面については、近5年のマーメイドステークスの好走馬を振り返ると、父にサンデーサイレンス系種牡馬を配する馬が優勢。とりわけ、母の父にパワー型の米国系種牡馬を持つ馬が攻勢を強めている。該当馬はプラスに評価したい。

今回の出走馬で、血統面および上述した馬場傾向(1~4枠)の要点を満たしているのは、②サトノワルキューレ、⑥センテリュオ、⑧リープフラウミルヒ。この3頭のうち、最低1頭は馬券に絡むという前提で、フォーメーションを構築するのもひとつの手だ。

プロ
予想

【マーメイドステークス2020予想】グランアレグリア的中!予想神「スガダイ」の特注馬を大公開!

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

出演:スガダイ(予想神) 岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

 ウマニティの会員数:293,578人(10月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【マーメイドステークス2020予想】サトノワルキューレ「ピリッとしている」レイホーロマンス「馬場が渋るのもいい」

 ◆エアジーン・森助手 「順調。体つきがふっくらして動きも良かった。初の関西圏への輸送をクリアしてほしい」

 ◆オスカールビー・岡助手 「相変わらず動きます。ハンデが49キロなので自分の競馬ができれば。雨はこなしてくれると思います」

 ◆サトノワルキューレ・小滝助手 「いい雰囲気。ピリッとしている」

 ◆サマーセント・斉藤崇師 「以前は頼りない面がありましたが、しっかりとしてきました。阪神の2000メートルという条件はいい」

 ◆サラス・西村師 「ちょっと時計は速くなったけど、指示通り。脚を生かせるようにペースが流れてほしい」

 ◆センテリュオ・高野師 「ここを目標に仕上がりがすごく良く、息の入り、体などもいい。雨が降るという予報なのが心配」

 ◆パルクデラモール・鹿戸師 「前走はペースが遅すぎた。軽ハンデを生かしたい」

 ◆フィリアプーラ・菊沢騎手 「思っていたよりもいい時計。繊細なところがあるので気分良く走らせたい」

 ◆マルシュロレーヌ・岡助手 「状態はキープ。体も成長していますし、50キロのハンデもいい」

 ◆ミスマンマミーア・寺島師 「いい感じで筋肉がついてきました。悪い馬場でも勝っているので雨が降るのはいい。2000メートルがどうか」

 ◆リュヌルージュ・斉藤崇師 「変わらずに状態を維持できている。雨降りは影響しない馬。阪神も問題ない」

 ◆リンディーホップ・金成師 「具合は平行線。道悪は下手じゃないし、スムーズな競馬ができれば」

 ◆リープフラウミルヒ・相沢師 「単走でも、いい感じで動いていた。54キロのハンデは見込まれたが、うまく前に壁を作って進めれば」

 ◆レイホーロマンス・村井助手 「先週、しっかりとやっているので、しまい重点。斤量が軽くなり、馬場が渋るのもいい」

 ◆レッドアネモス・北村友騎手 「しまいの動きがいい。精神的に大人になり、きゃしゃだった体がしっかりしてきました」



マーメイドSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【マーメイドステークス2020予想】減点ナシは3頭!トップ評価はリュヌルージュ!

【馬齢】

2012年以降の3着以内30頭の馬齢をみると、4歳から7歳の範囲で収まっている。ただし、7歳の最高着順は3着まで。4歳の2着連対圏入りは前走条件クラス出走馬に限られる。その点には注意を払いたい。

【前走条件クラス組】

前走条件クラス出走馬の活躍が目立つレースだが、パールSの場合は4着、それ以外ならば1着がボーダーライン。2010年以降、当レースで2着連対圏入りを果たした前走条件クラス出走馬は、いずれもこの要点を満たしていた。

【前走位置取り】

2010年以降、前走の初角通過順が1番手だった馬の好走例はなし。また、前走の4角通過順が10番手以降、かつ2ケタ着順だった馬(4角で不利を受けた馬を除く)の連対例もゼロ。該当馬は評価を控えめにしたい。

【近走人気】

2010年以降、近3走とも1600~2200mのG3以下戦に出走し、いずれも6番人気以下だった馬の連対例は皆無。G3以下のレースで低評価続きの馬は苦戦を強いられている。

【距離実績】

2010年以降の2着以内20頭のうち19頭に、芝1800mまたは芝2000mで勝ちクラがあった。例外は2013年の1着馬マルセリーナのみ。同馬は桜花賞ウイナーだった。相応の実績がないと、芝中距離で未勝利の馬が勝ち負け争いに加わることは難しい。

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、センテリュオリュヌルージュリープフラウミルヒの3頭。最上位にはリュヌルージュを挙げたい。2010年以降、6勝を含む12連対の5歳馬、かつ5勝を含む8連対の斤量53キロ馬であることに加え、【1.1.0.0】の当該コース成績も好感が持てる。

当レースと比較的相性がいい、前走芝1800mオープン特別組のセンテリュオを2番手に。コーナー4回の競馬で頭角を現してきた、リープフラウミルヒも上位評価に値する1頭といえよう。

<注目馬>
リュヌルージュ センテリュオ リープフラウミルヒ

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【マーメイドステークス2020予想】低指数馬同士の決着は期待薄。連軸指名は指数6位以内から!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。

指数93.5未満同士のワンツー決着は期待薄

U指数下位の人気薄が絡んでの波乱は多いが、指数93.5未満同士のワンツー決着はゼロ。高配当を狙うにしても、低指数馬同士の2連勝馬券は推奨できない。

連複の軸は指数6位以内から

連複の軸には基本的に指数上位馬を選ぶべき。事実、2013年以降の勝ち馬7頭のうち5頭が指数6位以内。勝利を逃した年も最低1頭は複勝圏内を確保している。

指数7位以下かつ前走6着以下敗退馬は軽視

2013年以降、指数7位以下で馬券に絡んだ馬は7頭。いずれも前走で掲示板内に入っていた。指数7位以下かつ前走6着以下敗退馬の好走は難しい。

※データは2013年以降の傾向

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:293,578人(10月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【マーメイドステークス2020予想】内回りらしい持続力勝負になることで、切れ味よりも底力が問われやすい

昨年はオルフェーヴル産駒が初出走&初勝利を収めていたが、もともとステイゴールド産駒が好相性を示していることもあり、これからも後継種牡馬として活躍していくことが予想される。また、昨年の勝ち馬サラスは母の父Tapitらしい大味な外差しを決めていたが、トニービンやSeattle Slewといった持続力に優れた血統を評価しやすいことも特徴と言えるだろう。いずれにしても牝馬らしい一瞬の切れ味は問われないため、パワーやスタミナに長けた少し泥臭いタイプが狙い目となる。

リュヌルージュは、父モンテロッソ×母ムーンハウリング(母の父メジロマックイーン)。父は2012年ドバイワールドC-首G1の勝ち馬で、牝系はローレルゲレイロやディープボンドを出したポイントメーカーのライン。非主流血統で固められた字面通りに、急坂や小回り、道悪でこそ持ち味のしぶとさが活きてくる。雨予報が続く今週の天気も追い風となりそうだ。

サラスは、父オルフェーヴル×母ララア(母の父Tapit)。母は2008年ハリウッドスターレットS-米G1の勝ち馬。昨年の勝ち馬なので適性については申し分なく、阪神芝2000mでは未だ末脚の底を見せていない。持続力勝負に強いことからも休み明けは一息で、長期休養明けを一叩きされた上積みが見込めれば。

パルクデラモールは、父ディープインパクト×母レディシャツィ(母の父Privately Held)。母は2009年のペルー3歳牝馬チャンピオンで、ペルー年度代表馬。コーナー4回の芝2000mでは「2-1-1-1」と堅実で、1度の凡走も直線で挟まれる不利があったことを思えば大目に見られるだろう。2代母はSeattle Slewの直系でもあり、捲り差しが板についてきたことにも好印象を抱ける。

マルシュロレーヌは、父オルフェーヴル×母ヴィートマルシェ(母の父フレンチデピュティ)。2代母キョウエイマーチは1997年桜花賞など、重賞を5勝。たびたびマーメイドSで激走の見られる四国新聞杯の好走馬で、オルフェーヴル産駒であることを踏まえてもノーマークにはできない。近2走も勝負所で不利を受ける不完全燃焼な競馬が続いているだけに、スムーズに立ち回れれば大駆けがあっても驚けないか。

(文・シンヤカズヒロ)

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【マーメイドステークス2020予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2019年6月9日() 阪神/芝2000m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 3 サラス 松若風馬 2:00.3 14.2 7 34.6 99.6
2 16 レッドランディーニ 池添謙一 2:00.3 ハナ 26.8 10 35.0 99.6
3 15 スカーレットカラー 岩田康誠 2:00.4 3/4 10.6 5 35.2 99.1
4 4 センテリュオ 北村友一 2:00.7 1 3/4 4.6 1 35.2 97.3
5 8 ウインクルサルーテ 高倉稜 2:00.8 1/2 89.3 16 35.2 96.7
2018年6月10日() 阪神/芝2000m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 3 アンドリエッテ 国分恭介 1:59.1 17.1 10 34.4 100.6
2 1 ワンブレスアウェイ 津村明秀 1:59.1 クビ 14.2 9 34.6 100.6
3 12 ミエノサクシード 川島信二 1:59.4 7.4 4 35.1 98.8
4 10 ヴァフラーム 富田暁 1:59.5 クビ 30.1 13 34.7 98.2
5 4 ミリッサ 岩田康誠 1:59.6 1/2 6.2 2 35.3 97.6
2017年6月11日() 阪神/芝2000m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 マキシマムドパリ 藤岡佑介 1:59.5 5.7 3 34.8 97.0
2 4 クインズミラーグロ 幸英明 1:59.6 3/4 4.9 2 34.7 96.4
3 1 アースライズ 中谷雄太 1:59.6 ハナ 8.2 6 34.5 96.4
4 6 キンショーユキヒメ 秋山真一郎 1:59.6 ハナ 21.3 9 34.3 96.4
5 11 ビッシュ 福永祐一 1:59.9 1 3/4 6.3 4 35.1 94.6

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【マーメイドステークス2020予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2013年の優勝馬マルセリーナ

1996年に新設された牝馬限定重賞。当初は実績馬の参戦しやすい別定戦だったことから、歴代の勝ち馬には第2回(1997年)のエアグルーヴ、第5回(2000年)のフサイチエアデール、第9回(2004年)のアドマイヤグルーヴ、第10回(2005年)のダイワエルシエーロなど、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。ハンデ戦となった2006年以降はメンバーの質は落ちたが、時に大物が出走することもあり、第18回(2013年)は2年前の桜花賞マルセリーナが復活勝利を挙げている。

歴史と概要をもっと見る

マーメイドステークス特集 バックナンバー