今週の重賞レース

2022年10月1日( シリウスS G3
2022年10月2日( スプリンターズS G1

関屋記念 G3

日程:2022年8月14日() 15:45 新潟/芝1600m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 7 12

ウインカーネリアン

牡5 57.0 三浦皇成  鹿戸雄一 514(+4) 1.33.3 3.8 1 32.9 ②②
2 4 6

シュリ

牡6 57.0 津村明秀  池江泰寿 512(-4) 1.33.4 3/4 62.2 12 33.1 ①①
3 5 8

ダノンザキッド

牡4 57.0 川田将雅  安田隆行 526(0) 1.33.4 クビ 3.8 2 32.6 ⑥⑥
4 5 7

スカイグルーヴ

牝5 54.0 C.ルメー  木村哲也 464(+2) 1.33.6 1 1/4 6.0 4 33.0 ⑤④
5 8 14

ピースワンパラディ

牡6 56.0 石橋脩  大竹正博 474(+4) 1.33.7 1/2 42.4 11 33.2 ③②
6 4 5

リアアメリア

牝5 54.0 菅原明良  中内田充 498(0) 1.33.9 1 1/4 18.1 7 32.9 ⑧⑧
7 6 10

ワールドバローズ

牡4 56.0 和田竜二  石坂公一 460(+4) 1.34.0 クビ 29.7 10 33.1 ⑧⑧
8 3 4

ザダル

牡6 58.0 戸崎圭太  大竹正博 496(-8) 1.34.0 クビ 28.6 9 33.1 ⑥⑥
9 2 2

エアファンディタ

牡5 56.0 田辺裕信  池添学 462(+4) B 1.34.1 クビ 23.9 8 32.9 ⑪⑪
10 6 9

エンデュミオン

牡5 56.0 秋山真一  清水久詞 462(+2) 1.34.2 67.7 13 33.3 ⑫⑪
11 1 1

イルーシヴパンサー

牡4 56.0 木幡巧也  久保田貴 474(-2) 1.34.3 クビ 5.0 3 33.4 ⑩⑩
12 8 13

レッドライデン

牡5 56.0 吉田豊  鹿戸雄一 490(-4) 1.34.3 アタマ 164.1 14 33.2 ⑭⑭
13 7 11

ディヴィーナ

牝4 54.0 武豊  友道康夫 428(+8) 1.34.4 1/2 13.8 5 33.4 ⑫⑪
14 3 3

ゴールデンシロップ

牡4 56.0 M.デムー  木村哲也 538(+6) 1.35.0 3 1/2 15.0 6 34.4 ③④
ラップタイム 12.7 - 11.4 - 12.1 - 12.2 - 11.9 - 10.8 - 10.6 - 11.6
前半 12.7 - 24.1 - 36.2 - 48.4 - 60.3
後半 57.1 - 44.9 - 33.0 - 22.2 - 11.6

■払戻金

単勝 12 380円 1番人気
複勝 12 170円 2番人気
6 940円 12番人気
8 160円 1番人気
枠連 4-7 1,900円 8番人気
馬連 6-12 11,190円 34番人気
ワイド 6-12 2,770円 34番人気
8-12 350円 1番人気
6-8 2,980円 35番人気
馬単 12-6 17,230円 58番人気
3連複 6-8-12 11,030円 39番人気
3連単 12-6-8 77,540円 264番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:341,661人(10月01日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【関屋記念2022特集】包まれにくい位置から運ぶ馬が優位!中~外枠が恵まれやすいコンディション!

【関屋記念2022特集】包まれにくい位置から運ぶ馬が優位!中~外枠が恵まれやすいコンディション!

土曜日の新潟芝のレース結果、近年の関屋記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間、新潟競馬場で観測された雨量はゼロ。土曜日の芝コースは良馬場(JRA発表)でスタートするも、9R・湯沢特別の終了後から降り出した雨の影響で、10R・新発田城特別は稍重(JRA発表)での施行。11R・稲妻S発走前に雨は一旦止んだものの、同レースは重(JRA発表)で行われた。

土曜日施行の芝競走6鞍(千直を除く)の結果を振り返ると、中~外枠が優勢。内がまったくダメというわけではないが、3着以内馬18頭のうち13頭が4枠より外。中~外枠が恵まれやすいコンディションとみて差し支えない。

脚質については、やや差し有利といった印象。勝ち馬6頭の最終4角通過順位は6、1、7、8、6、1番手となっている。逃げ、先行勢がそれなりに踏ん張る一方で、上がり3ハロン最速馬が【4.2.0.0】と抜群のパフォーマンスを示しているように、メンバー上位の上がりを出せる馬が幅を利かせていた。

日曜日の天気は不安定。だが、開催中における雨量の大小にかかわらず、前日の夜から朝方にかけて降った雨が与える影響は少なくないはず。たとえJRA発表が良に持ち直したとしても、緩んだ路盤の完全回復までは見込めないだろう。

加えて、レースが重なるにつれ、内と中~外の状態差が大きくなる可能性もある。となれば、土曜日に増して包まれにくい位置から運ぶ馬に有利な状況と化すかもしれない。脚質は都度見直す必要もありそうだが、枠順に関しては引き続き、中~外(4~8枠あたり)を優先したほうが好結果につながりやすいのではないか。

血統的には過去5年の関屋記念を参考にすると、父もしくは母の父にノーザンダンサー系種牡馬を持つ馬が攻勢。馬場レベルに関係なく、勝ち馬5頭すべてが該当。連対馬10頭のうち8頭を占めている。今回も条件を満たす馬には警戒の目を光らせたい。

今年の出走メンバーで、血統面および先述した馬場傾向(4~8枠)の要点をクリアしているのは、⑥シュリ、⑧ダノンザキッド、⑩ワールドバローズ。よって当欄では、この3頭を注目株として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
シュリ ⑧ダノンザキッド ⑩ワールドバローズ
プロ
予想

【関屋記念2022特集】競馬プロファイラー「キムラヨウヘイ」×「スガダイ」の関屋記念注目馬大公開!

【関屋記念2022特集】競馬プロファイラー「キムラヨウヘイ」×「スガダイ」の関屋記念注目馬大公開!

プロ予想MAXが誇る予想神「スガダイ」×競馬プロファイラー「キムラヨウヘイ」が関屋記念を大展望!トッププロ予想家のハイレベルトークをお届けいたします!

出演:スガダイ(予想神) キムラヨウヘイ(競馬プロファイラー) MC:岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

調教
予想

【関屋記念2022特集】リアアメリアが最上位!僅差でダノンザキッドらが続く!-追い切りチェック(最終版)

【関屋記念2022特集】リアアメリアが最上位!僅差でダノンザキッドらが続く!-追い切りチェック(最終版)

日曜日に行われる関屋記念の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

①イルーシヴパンサー【B】
美浦南W併走。手前替えを拒んだり、前を向かず集中力を欠くような場面も。とはいえ、スピードに乗ってからの回転鋭い脚さばきや、脚力ある併走相手に体勢有利でフィニッシュする姿をみるに、体調は悪くないのだろう。それなりに動ける態勢と判断したい。

②エアファンディタ【B】
栗東坂路単走。上体が高めの走法はいつものこと。適度な活気を示し、鞍上の仕掛けに対する反応も悪くない。もう少し躍動感が欲しいが、体重のありそうな鞍上を考慮すれば酌量の余地はある。この馬なりに順調とみていいのではないか。

③ゴールデンシロップ【C】
美浦南W併走。直線を向いてから手前替えを促されるも、すんなりと替わらず。その後、鞍上が大きなアクションで手前替えを試みると、頭をあげて嫌がる素振り。脚元自体の動きは悪くないのだが、何かしら不安を覚える内容なのは確か。評価は上げづらい。

④ザダル【B】
美浦南W併走。後肢の蹴りが実にパワフルで迫力十分。ただ、コーナーからラストまで手前は左のまま。最後の直線で手前が替わらず敗れた前走を思うと、適度なところできっちり決めて欲しかったような気も。今回は動きの質を評価してのB判定にとどめておきたい。

⑤リアアメリア【A
栗東CW併走。気の強いところを見せる場面もあったが、この馬とすれば落ち着いている部類。首の使い方が良く、前躯と後躯のバランスもいい。状態が上向きであることを十分に感じさせる内容だった。ゲートを決めて気分を損ねず運べるようなら、一撃あっても不思議はない。

⑥シュリ【B】
栗東坂路単走。やや左に顔を向け、手前は最後まで替わらず右手前のまま。それでも、集中を切らすことなく真っすぐ登坂。ストライドは広く、スナップも効いている。最近の成績が案外な点は気がかりも、稽古の動き自体は悪くない。

⑦スカイグルーヴ【B】
美浦南W併走。3頭併せの真ん中で両サイドから圧を受けながらも、嫌気を出すことなく折り合いはスムーズ。前肢のかき込みも鋭い。1週前追い切りで見られた、硬さや反応の鈍さが緩和されているのも好印象。このひと追いで仕上がりは間に合いそうだ。

⑧ダノンザキッド【A
栗東坂路単走。さきの日曜日に念押しのような攻めを消化しているので、整える程度の内容。姿勢がやや高めなのはいつものこと。最後こそ脚いろを緩めたが、道中の動きにはキレと素軽さがあり、フットワークの弾力性も高い。中間の気配だけなら前回よりも上の段階にある。

⑨エンデュミオン【C】
栗東坂路単走(映像なし)。稽古で刻んでいる、しまいのラップは好走時の中間と大差ない。ただ、中8週の割に速い攻めが少なめなのは気がかり。この馬なりに順調なのかもしれないが、まだ良化余地を残しているようにも思える。いずれにせよ、当日の気配はしっかり確認しておいたほうがいいだろう。

⑩ワールドバローズ【B】
栗東坂路単走。ジリ脚気味ではあるものの、最後まで低い姿勢を保って登坂。厳しく見ればもう少し鋭さが欲しい気もするが、ひたむきに前へ進もうとする真面目さは好感が持てる。雰囲気は決して悪くなく、侮れない存在だ。

⑪ディヴィーナ【B】
栗東坂路単走。前日に時計を出しており、緩めの調整。頭の位置こそブレ気味だが、気負いが過ぎるという感じはなく、適度な気合乗り。ゴールに向かうにつれ、徐々に重心が下がり、脚を伸ばしてきた。この馬なりに仕上がりは順調。あとは牡馬一線級との力関係が鍵となろう。

⑫ウインカーネリアン【A
美浦南W併走。安定感のあるコーナリングで直線に入る。その後、手綱が緩むと伸びやかな走りに。ゴール前で軽く促された際の反応も良かった。遊ぶような仕草を出すのは相変わらずだが、掛かる様子はなく、以前に比べて操縦性が随分と良くなった印象。上々の仕上がり。

⑬レッドライデン【C】
美浦南W単走。気難しい面を出して、鞍上は抑えるのにひと苦労。その一方、動き自体に硬さはなく、四肢のさばきも力強い。判断に悩ましいが、前回よりもデキが劣るということはなさそう。当欄の判定はCにとどめておくが、当日の気配を注視したい1頭ではある。

⑭ピースワンパラディ【C】
美浦南W併走。3頭併せの真ん中から直線で先に抜け出すも、口が割れ気味で首の可動域も狭く、しまいの伸びは今一歩。休養前と比較して、全体的な動きの伸びやかさを欠いている印象。徐々に上向いているのは確かだが、本当に良くなるのはもう少し使ってからかもしれない。

【調教予想からの注目馬】
A判定は3頭。最上位は⑤リアアメリアとする。前後のバランスがとれたフォーム、首をしっかり使って力強く進む姿は目を引くものがあった。ムキになって掛かることなく、折り合いがついていた点も好感が持てる。高く評価したい1頭だ。

本来の走りを取り戻しつつある、⑧ダノンザキッドを差のない2番手に。1週前追い切りの内容が秀逸だった、⑫ウインカーネリアンも上位評価に値する。

<注目馬>
リアアメリア ⑧ダノンザキッド ⑫ウインカーネリアン

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:341,661人(10月01日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【関屋記念2022特集】ダノンザキッド「1600メートルがベスト」 イルーシヴパンサー「道悪も駄目とは思わない」

【関屋記念2022特集】ダノンザキッド「1600メートルがベスト」 イルーシヴパンサー「道悪も駄目とは思わない」

イルーシヴパンサー・久保田師「この暑さでも順調。道悪も駄目とは思わない」

ウインカーネリアン・鹿戸師「蹄の不安はないし、気持ちの面も成長したので」

エアファンディタ池添学師「直線の長いコースはいい」

エンデュミオン・清水久師「現状はマイルのほうがいい」

ゴールデンシロップ・木村師「左回りは実績があるし、マイルも合う」

ザダル・戸崎騎手「新潟は走っている舞台なので、そのイメージを持って乗りたい」

シュリ・兼武助手「力はあると思うので、うまくかみ合えば」

スカイグルーヴ・木村師「前走を見ると距離が延びても大丈夫」

ダノンザキッド・安田隆師「距離は現時点で1600メートルがベスト」

ディヴィーナ・友道師「そんなに力差はないと思う。スムーズなら」

ピースワンパラディ・柴田善騎手「休み明けは割引だけど、動ける態勢ではある」

リアアメリア・片山助手「ゲートさえ五分に出れば、距離短縮がプラスに働くだけのスピードはある」

レッドライデン・鹿戸師「極端に馬場が悪くならなければ。改めて期待したい」

ワールドバローズ・石坂師「左回りの1600メートルはいいですね」

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【関屋記念2022特集】6項目で減点なし4頭からイルーシヴパンサーをトップ評価

【馬齢】

2012年以降の1~3着馬延べ30頭の馬齢をみると、3歳から7歳の間で収まっている。一方、7歳馬の2着連対圏入りはマイル重賞ウイナーのみ。また、近3走内にG3以下のレ-スで6着以下敗退を複数回喫していた、6~7歳馬が連対したケースは1度もなし。その点には注意したい。

(減点対象馬)
④ザダル ⑥シュリ

【性別】

2012年以降の性別成績は、牡・せん馬【7.6.6.106】、牝馬【3.4.4.29】。前者よりも後者の好走(3着以内)率が高くなっている。ただし、2着連対圏に入った牝馬はいずれも前走で牡牝混合戦に出走していた。牝馬限定戦を経由してきた馬は過信禁物とみるべきだろう。

(減点対象馬)
⑤リアアメリア ⑪ディヴィーナ

【斤量増減】

2012年以降の3着以内馬延べ30頭中29頭は、前走より斤量減または同斤量だった。例外は牝馬のワントゥワン(2018年2着・前走比2キロの斤量増)1頭のみ。前走比で斤量増の牡・せん馬は評価を下げたほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
⑬レッドライデン

【近走大敗歴】

2012年以降、近3走内にG3より下のクラスで10着以下敗退を2回以上喫していた馬が、関屋記念で複勝圏入りした例はゼロ。前走着順に比較的寛容なレースとはいえ、先述した傾向に当てはまる馬は推奨しづらい。

(減点対象馬)
⑬レッドライデン

【オープン実績】

2012年以降の1~2着全馬に芝のオープンクラスで2着以内の連対経験があった。連対実績が条件クラスやダート戦に偏っていた馬は安定感を欠いている。

(減点対象馬)
③ゴールデンシロップ ⑨エンデュミオン ⑩ワールドバローズ ⑪ディヴィーナ ⑬レッドライデン

【マイル実績】

2012年以降の3着以内馬延べ30頭すべてが芝1600mで勝ち星を挙げていた。芝のマイル戦で未勝利の馬に手を出すのはリスクが高い。

(減点対象馬)
⑦スカイグルーヴ ⑧ダノンザキッド

【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、①イルーシヴパンサー、②エアファンディタ、⑫ウインカーネリアン、⑭ピースワンパラディの4頭。

トップには①イルーシヴパンサーを挙げたい。2012年以降、前走安田記念組は【1.2.0.6】と及第点の成績。過去10回中9回で連対を果たしている前走中京記念組が不在ゆえ、ステップ別で連対数次位の安田記念組を中心に据えるのが筋だろう。

谷川岳S→米子Sを連勝の⑫ウインカーネリアンを2番手評価。ハマッた時の末脚は目を見張るものがある、②エアファンディタに対するマークも怠れない。対照的に⑭ピースワンパラディは、過去10回好走(3着以内)ゼロの前走非G1組かつ同年未出走馬ゆえに強調しづらい印象を持つ。

<注目馬>
イルーシヴパンサー ⑫ウインカーネリアン ②エアファンディタ

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【関屋記念2022特集】重賞実績に勝るU指数上位勢の安定したパフォーマンスに期待!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

このレースは大波乱こそ少ないものの、U指数上位勢があまり振るわず、中位から下位勢の活躍が顕著(直近5年の3着以内馬15頭中11頭が6位以下で、うち8頭が二桁順位)という点が大きな特徴になっている。おそらく、U指数の差にあまり開きのない実力拮抗のメンバー構成になりやすく、一定以上の指数を持っていればどの馬にもチャンスのある状況が出来上がっているのだろう。今年も出走馬の指数差がわずかな一戦となったので、人気と指数のバランスを勘案しつつ、妙味のありそうな馬を狙っていくスタンスをとりたい。

最初にピックアップするのは、堂々トップの評価を獲得している重賞2勝馬の④ザダル(98.7)。左回りのマイルから千八でのパフォーマンスは安定していて、新潟で勝った経験もある。斤量の58キロは少々気になるが、能力的に切ることはできない。同様に、重賞実績が際立っている2位タイ⑧ダノンザキッド(98.4)もマークは外せないだろう。

以下、左回りのマイルではG1以外で崩れたことのない5位①イルーシヴパンサー(97.5)と、ここが昇級初戦ながらも新潟芝ではオール3着以内と安定している11位⑨エンデュミオン(94.1)までカバーしておく。

【U指数予想からの注目馬】
ザダル ⑧ダノンザキッド ①イルーシヴパンサー ⑨エンデュミオン

出走予定馬のU指数をチェックする

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:341,661人(10月01日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【関屋記念2022特集】後継種牡馬の活躍も目立つディープインパクト

【関屋記念2022特集】後継種牡馬の活躍も目立つディープインパクト

ディープインパクトは種牡馬として18年プリモシーン、19年ミッキーグローリー、20年サトノアーサーと3連覇を達成。なお、近年は21年3着ソングライン(父キズナ)、21年6着クリスティ(父キズナ)、20年4着ミッキーブリランテ(父ディープブリランテ)とディープインパクトの後継種牡馬たちも存在感を示している。

また、14・15年にはクラレント・レッドアリオンが兄弟で連覇を果たしており、ディープインパクトとの共通点を探れば、ダンシングブレーヴやAlzaoの血脈を強調できそうだ。これは21年1着ロータスランド、20年2着トロワゼトワル、19年2着ミエノサクシード、17年1着マルターズアポジーなど、Storm CatやA.P. Indyの血を引く馬が人気薄で健闘していることにも繋がりそうで、広義的にSir GaylordやSecretariat(ともに母Somethingroyal)の血脈を評価できるのだろう。

リアアメリアは、父ディープインパクト×母リアアントニア(母の父Rockport Harbor)。同産駒は4勝、2着2回、3着1回と好相性を示しているが、18年には1~3着を独占、12年にはドナウブルーがコースレコードを更新するなど、牝馬の活躍が目立つことも特徴のひとつ。本馬は母系からもSir GaylordやSecretariatの血を引くことを強調しやすく、実績からもスピードが活きる軽い馬場は申し分ない。折り合い面からは距離短縮も歓迎だろう。

ザダルは、父トーセンラー×母シーザシー(母の父Lemon Drop Kid)。父はディープインパクトの後継種牡馬、母の父はA.P. Indyの従弟にあたる興味深い血統構成。本馬は勝つか負けるかハッキリした戦歴になりがちだが、馬場が渋ると能力を発揮できないきらいがあり、前走においても濡れた芝が影響してバランスを取れなかったことが敗因とされている。今週は台風の影響が懸念されるだけに、やはり当日の天候や馬場状態が焦点となりそうだ。

ダノンザキッドは、父ジャスタウェイ×母エピックラヴ(母の父Dansili)。父は現役時に新潟芝1600mでデビュー勝ちを果たし、当該コースでは11年新潟2歳Sで2着、13年関屋記念で2着と底を見せなかった。本馬は2年前に9番人気の人気薄ながら4着(3着とはクビ差)と健闘したミッキーブリランテの半弟でもあり、3代母の父がAlzaoであることをレース傾向からも強調できるだろう。G1でも大崩れしていないマイル戦で真価を問いたい。

【血統予想からの注目馬】
リアアメリア ④ザダル ⑧ダノンザキッド

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【関屋記念2022特集】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2021年8月15日() 新潟/芝1600m
天候:晴 馬場:
関屋記念2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 6 ロータスランド 田辺裕信 1:32.7 9.7 4 34.1 102.0
2 13 カラテ 菅原明良 1:32.9 1 1/4 18.0 6 34.0 100.5
3 11 ソングライン 池添謙一 1:32.9 クビ 1.8 1 34.0 100.5
4 17 マイスタイル 横山典弘 1:32.9 アタマ 57.2 10 34.8 100.5
5 1 グランデマーレ 藤岡佑介 1:33.0 1/2 18.2 7 33.8 99.7
2020年8月16日() 新潟/芝1600m
天候:晴 馬場:
関屋記念2020
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 17 サトノアーサー 戸崎圭太 1:33.1 7.5 4 33.7 102.5
2 18 トロワゼトワル 三浦皇成 1:33.3 1 1/4 17.0 8 35.5 100.9
3 3 アンドラステ 岩田望来 1:33.5 1 1/4 4.1 1 34.7 99.4
4 8 ミッキーブリランテ 岩田康誠 1:33.5 クビ 19.8 9 34.2 99.4
5 10 ミラアイトーン 横山和生 1:33.5 アタマ 27.8 10 35.2 99.4
2019年8月11日() 新潟/芝1600m
天候:晴 馬場:
関屋記念2019
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 13 ミッキーグローリー C.ルメール 1:32.1 3.8 1 32.2 100.1
2 14 ミエノサクシード 川島信二 1:32.2 1/2 11.7 6 32.9 99.4
3 6 ソーグリッタリング 浜中俊 1:32.2 アタマ 7.1 4 33.2 99.4
4 9 ディメンシオン 戸崎圭太 1:32.2 クビ 19.1 8 32.5 99.4
5 5 サラキア 丸山元気 1:32.4 1 1/4 9.1 5 32.9 97.8

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【関屋記念2022特集】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2012年の優勝馬ドナウブルー
2012年の優勝馬ドナウブルー

夏の新潟開催を彩る伝統のマイル重賞。この時期の新潟を得意とするリピーターの活躍が多く、第31~32回(1996~1997年)をエイシンガイモンが、第36~37回(2001~2002年)をマグナーテンが、それぞれ連覇。また、施行舞台は異なるが、ダイワテキサスが第33回(1998年)、第35回(2000年)と、2度このレースを制している。第42回(2007年)はのちにマイルG1馬となるカンパニーが優勝。第47回(2012年)はドナウブルーが、1分31秒5という衝撃のコースレコードを叩き出した。

歴史と概要をもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:341,661人(10月01日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

関屋記念特集 バックナンバー

トップへ