今週の重賞レース

2021年9月26日( 産経賞オールカマー G2 神戸新聞杯 G2
関屋記念 G3   日程:2021年8月15日() 15:45 新潟/芝1600m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 3 6

ロータスランド

牝4 54.0 田辺裕信  辻野泰之 462(-8) 1.32.7 9.7 4 34.1 ②②
2 7 13

カラテ

牡5 56.0 菅原明良  高橋祥泰 520(-6) 1.32.9 1 1/4 18.0 6 34.0 ⑦⑦
3 6 11

ソングライン

牝3 51.0 池添謙一  林徹 486(+6) 1.32.9 クビ 1.8 1 34.0 ⑦⑦
4 8 17

マイスタイル

牡7 57.0 横山典弘  昆貢 470(+4) 1.32.9 アタマ 57.2 10 34.8 ①①
5 1 1

グランデマーレ

牡4 56.0 藤岡佑介  藤岡健一 508(-2) 1.33.0 1/2 18.2 7 33.8 ⑪⑪
6 7 14

クリスティ

牝4 54.0 M.デムー  杉山晴紀 488(0) 1.33.1 クビ 10.6 5 34.3 ④④
7 2 3

シャドウディーヴァ

牝5 54.0 福永祐一  斎藤誠 480(+4) 1.33.2 3/4 8.2 2 34.2 ⑦⑦
8 4 8

アンドラステ

牝5 55.0 岩田望来  中内田充 478(+4) 1.33.2 クビ 9.5 3 34.1 ⑩⑩
9 8 18

パクスアメリカーナ

牡6 56.0 内田博幸  中内田充 484(+22) 1.33.4 30.4 9 34.6 ④④
10 3 5

アトミックフォース

牡5 56.0 武藤雅  武藤善則 472(-8) 1.33.4 ハナ 59.8 11 34.6 ⑥④
11 6 12

サトノアーサー

牡7 57.0 戸崎圭太  池江泰寿 492(+10) 1.33.4 アタマ 25.3 8 33.9 ⑭⑭
12 5 10

ブランノワール

牝5 54.0 丸山元気  須貝尚介 462(-2) 1.33.4 クビ 70.7 13 34.0 ⑪⑬
13 5 9

ソッサスブレイ

セ7 56.0 柴田大知  粕谷昌央 448(0) 1.33.5 クビ 158.9 16 33.9 ⑭⑭
14 4 7

ハッピーアワー

牡5 56.0 丸田恭介  杉山佳明 446(-6) 1.33.5 ハナ 268.6 17 33.9 ⑰⑰
15 2 4

ラセット

牡6 56.0 秋山真一  庄野靖志 490(-4) 1.33.6 1/2 68.0 12 34.2 ⑭⑭
16 1 2

ベストアクター

セ7 56.0 柴田善臣  鹿戸雄一 450(-6) 1.33.9 98.4 15 34.7 ⑪⑪
17 7 15

ミラアイトーン

牡7 56.0 津村明秀  菊沢隆徳 554(0) 1.34.0 クビ 73.9 14 35.4 ②②
取消 8 16

プールヴィル

牝5 55.0 三浦皇成  庄野靖志 -- -- -- --    
ラップタイム 12.7 - 11.0 - 11.3 - 11.6 - 11.5 - 11.4 - 11.2 - 12.0
前半 12.7 - 23.7 - 35.0 - 46.6 - 58.1
後半 57.7 - 46.1 - 34.6 - 23.2 - 12.0

■払戻金

単勝 6 970円 4番人気
複勝 6 270円 4番人気
13 380円 7番人気
11 120円 1番人気
枠連 3-7 1,910円 8番人気
馬連 6-13 6,710円 22番人気
ワイド 6-13 2,430円 29番人気
6-11 500円 3番人気
11-13 700円 6番人気
馬単 6-13 11,940円 36番人気
3連複 6-11-13 4,600円 12番人気
3連単 6-13-11 46,820円 141番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:320,352人(09月26日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【関屋記念2021予想】脚質不問!中~外枠が恵まれやすいコンディション!

土曜日の新潟芝のレース結果、近年の関屋記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間はカラッと晴れた日がなく、雨量ゼロは木曜日の1度だけ。土曜日も雨がパラつくあいにくの空模様で、芝コースは終日稍重(JRA発表)でレースが行われた。

土曜日施行の芝競走6鞍(千直を除く)の結果を確認すると、中~外枠優勢。内がまったく来ないわけではないが、3着以内18頭のうち14頭が4枠より外。中~外枠が恵まれやすいコンディションとみて差し支えない。

脚質については、先行・差し互角といった印象。勝ち馬6頭の4角通過順位は4、3、11、9、1、11番手となっている。コース取りや展開次第で、どの脚質でも上位進出可能な馬場と捉えてもいいだろう。

日曜日の降水確率は20%。だが、開催中の雨の有無にかかわらず、土曜日の道悪開催ならびに、前日夜から明け方までの降雨が与える影響は少なくないはず。いかに水はけの良い新潟芝コースとはいえども、緩んだ路盤が完全に回復するとは思えない。

加えて、レースが重なるに連れ、内と外の状態差が拡大する可能性もある。となれば、土曜日に増して揉まれにくい位置から運ぶ馬に有利な状況と化すかもしれない。枠順についても同様で、真ん中より外の枠(5~8枠あたり)に対する意識を強めたほうがいいのではないか。

血統面に関しては、過去5年の関屋記念を振り返ると、血統表の3代内にノーザンダンサー系種牡馬を抱える馬が攻勢。とりわけ、サンデーサイレンスの血を併せ持つ馬の上位占有率が高い。条件を満たす馬は積極的に狙っていきたいところだ。

ただ、今回の出走メンバーと照らし合わせてみると該当馬が多い印象。もうひとつフィルターをかけて、過去5年の2着以内全馬に共通する、芝1600mと左回りの双方で勝利歴がある6歳以下の馬に的を絞りたい。

今年の出走馬で、血統面および先述した馬場傾向(5~8枠)の要点をクリアしているのは、⑪ソングライン、⑬カラテ、⑭クリスティ。従って当欄では、この3頭を連軸候補として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
ソングライン ⑬カラテ ⑭クリスティ
プロ
予想

【関屋記念2021予想】先週のスウィープザボードに続け!「スガダイ」と単勝マイスター「夢月」の注目馬大公開!

プロ予想MAXが誇る予想神「スガダイ」と単勝スペシャリスト「夢月」が小倉記念の特注馬を大公開!トッププロ予想家のハイレベルG1トークをお届けいたします!

出演:スガダイ(ウマニティ公認予想家) 夢月(ウマニティ公認予想家) 岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

調教
予想

【関屋記念2021予想】2週連続好追い切り消化のクリスティをトップ評価-追い切りチェック(最終版)

日曜日に行われる関屋記念の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

①グランデマーレ【B】
栗東坂路併走。ハミ受けが良くなく、鞍上と息が合わない場面もあったが、その後は力強い動きを示した。抜け出してからも集中を切らさず、脚を伸ばしている点は評価できる。まずまずの仕上がり具合ではないか。

②ベストアクター【C】
美浦坂路併走。中盤まではリズム良く駆け上がっていたが、鞍上の仕掛けに対する反応が薄く、弾けそうで弾け切れない印象。こんな感じでも結果を出す馬ではあるが、調教観点的に評価は上げづらい。

③シャドウディーヴァ【B】
美浦坂路併走。最後まで手前を替えず、体勢不利の形でゴールしたが、この馬にはよくあることなので、深刻に捉える必要はない。ムキになって僚馬を追いかけることなく、落ち着きを保っている点は評価できる。ぞんざいには扱えないだろう。

④ラセット【B】
栗東坂路単走。ゆったりとしたリズム重視の調整。最後まで集中を切らすことなく走り抜いた。リラックスしているし、この馬とすれば口向きも安定している。気配自体は悪くないので、あとは実戦で常識にかかるかどうか。その1点に尽きよう。

⑤アトミックフォース【C】
美浦南W併走。仕掛けに対して素直に反応を返し、力強い脚どりで駆け抜けた。ただ、馬格の割にアクションが小さく、こぢんまりとした走りに見えるのは相変わらず。良くも悪くも平行線といったところか。

⑥ロータスランド【
栗東坂路単走。派手な時計こそ出ていないが、脚元の動きは力強く、集中力も十分。混雑する時間帯で馬が密集するなか、ブレの少ない好フォームを保ってハツラツと駆け登る姿は見映えがいい。デキは高いレベルで安定している。

⑦ハッピーアワー【C】
栗東CW併走。ラストまで集中を切らさず、僚馬2頭に体勢有利でゴールした。ただ、頭の位置が高く、右前肢の蹴り込む方向もバラつき気味で、安定感という面では今一歩。前回よりも相手関係が強化される重賞では厳しいか。

⑧アンドラステ【B】
栗東CW単走。行きたがるところを見せるも、スピードに乗ったあとの脚どりは力強く、ストライドもしっかり伸びている。大きな上積みまではどうかも、雰囲気は決して悪くない。この馬なりに順調だろう。

⑨ソッサスブレイ【C】
美浦坂路単走。脚元の動きは悪くないのだが、時計を抑えた調整にもかかわらず、乗り手に促されつつの登坂。距離短縮のマイル重賞に臨むにしては、活気を欠くようにも映る。よほど展開が向かないと、出番は回ってこないかもしれない。

⑩ブランノワール【B】
栗東坂路単走。8月初頭から3~4日の間隔で攻め馬を施し、8日に及第点のタイムをマーク。今週もまずまずのラップを計時した。本数こそ少なめだが、おおむね自身のパフォーマンスは示している印象。一応の態勢は整ったとみたい。

⑪ソングライン【B】
美浦南W併走。やや前肢のさばきが硬く映るものの、仕掛けに対する反応は鋭く、鞍上の手ごたえに見合った走りはできている。よりピッチの利いた走法に傾きつつある点は気になるが、動きの質は高く、杞憂に終わる可能性もある。警戒を怠れない1頭だ。

⑫サトノアーサー【B】
栗東坂路単走。この馬とすれば、落ち着いて走れているし、気難しい面も出ていない。前年1着時の最終追いに比べて、力感こそ薄れているが、鞍上の指示に対する反応は悪くなく、四肢の運びもスムーズ。状態は持ち直してきている。

⑬カラテ【C】
美浦坂路単走。前回よりも前後のバランスが良くなっており、脚元の力強さも増している。ただ、少し促した程度で抜群の反応を示していた、東京新聞杯当時の動きに比べると物足りなさを感じてしまう。善戦はできても勝ち負けまではどうか。

⑭クリスティ【
栗東坂路単走。頭の位置こそ高めだが、それはいつものこと。鞍上に促されると前後の連動性が高いフォームに変わり、中盤以降の伸び脚は目を引くものがあった。ひと頃のピリピリした面がなくなったことも好感が持てる。上々の仕上がりだろう。

⑮ミラアイトーン【B】
美浦南B単走。テンションこそ高めだが、この馬にとっては平常運転の域。フォームに崩れはなく、制御もしっかり利いている。最後まで低い重心を保っている点も好印象。少なくとも、前回のデキを下回るということはない。

⑯プールヴィル【C】
栗東坂路単走。軽めの調整ながら、加速ラップを計時。1日と8日にも速い上がりタイムを記録している。ただ、抜群の気配を示していた春先の内容に比べると、やや劣る感。上位進出には、道悪や展開など何らかの恩恵がほしいところだ。

⑰マイスタイル【C】
栗東坂路単走。加速ラップを計時したものの、いい頃と比べて迫力を欠いているように映る。物見がちで走りに集中できていないように見えるのも気になるところ。今回は期待よりも不安のほうが先立つ。

⑱パクスアメリカーナ【C】
栗東CW併走。それなりの上がり時計を刻んだ一方で、追われてからの反応は今ひとつ。力むことなく走れている点は評価できるが、もう少し覇気を出してほしいのも確か。積極的には手が出ない。

【調教予想からの注目馬】
A判定は2頭。最上位は⑭クリスティとする。1週前にCW、今週は坂路で好内容の追い切りを展開。行きっぷりの良さと回転鋭いフットワークは目を引くものがあった。自分のリズムで運ぶことができれば、反撃の場面も十分にあり得る。

気配の良さが目立つ⑥ロータスランドも侮れない。馬混みを意に介さず、低い重心を保って滑らかに加速する姿が印象的。コンスタントに使われているが、中間の攻め過程は至って順調。いいムードでレースに臨めそうだ。

<注目馬>
クリスティ ⑥ロータスランド

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:320,352人(09月26日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【関屋記念2021予想】ソングライン「動き良く、暑さも大丈夫」 アンドラステ「マイルの方が競馬がしやすい」

 ◆アトミックフォース・武藤騎手「今はマイルくらいがいい。馬場は悪くならない方が…」

 ◆アンドラステ・片山助手「少し力んで走るのでマイルの方が競馬がしやすい」

 ◆カラテ・高橋祥師「態勢は整った。この暑さと3歳馬との斤量差がどうか」

 ◆グランデマーレ・藤岡師「前向きすぎるが、競馬にいけば問題ない」

 ◆クリスティ・杉山晴師「折り合えば、直線が長い新潟もこなしてくれると思う」

 ◆サトノアーサー・兼武助手「ある程度ペースが流れて脚を使えれば」

 ◆シャドウディーヴァ斎藤誠師「54キロで左回り。前走よりやれる感触はある」

 ◆ソッサスブレイ・粕谷師「マイルは問題ない。噛み合えば前走のように頑張れる」

 ◆ソングライン・林師「動きはいいし、暑さも大丈夫。心技体ともに成長した」

 ◆パクスアメリカーナ・片山助手「レース勘がどうかですが、調教通りに走れれば」

 ◆ハッピーアワー・杉山佳師「1600メートルの方がいいし、左回りでもいい脚を使っています」

 ◆ブランノワール・須貝師「もうワンパンチが利けば。具合はいい」

 ◆プールヴィル・庄野師「1400メートルがベストだけど、平坦な新潟ならマイルでも」

 ◆マイスタイル・田代助手「直線が長い新潟ならマイルの方がいい」

 ◆ミラアイトーン・津村騎手「動きは悪くない。好位からしぶとさを生かしたい」

 ◆ラセット・庄野師「しまいは確実。展開の助けがあれば」

 ◆ロータスランド・辻野師「体調はキープできています。ワンターンになるのはいい」

関屋記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【関屋記念2021予想】オールクリアは、ロータスランド、アンドラステ、ソングライン、ラセット、ブランノワール、パクスアメリカーナの6頭

【馬齢】

サマーマイルシリーズが創設された、2012年以降の1~3着馬の馬齢をみると、3歳から7歳の間で収まっている。一方、7歳の2着連対圏入りはマイル重賞ウイナーのみ。また、近3走内にG3以下のレ-スで6着以下敗退が複数回ある、6歳以上は連対皆無となっている。その点には注意したい。

(減点対象馬)
②ベストアクター ⑨ソッサスブレイ ⑫サトノアーサー ⑮ミラアイトーン ⑰マイスタイル

【性別】

2012年以降の性別成績は、牡・せん【7.5.6.94】、牝【2.4.3.24】。前者よりも後者の好走率が高くなっている。ただし、2着連対圏に入った牝馬は、いずれも前走で牡牝混合戦に出走していた。前走が牝馬限定戦だった馬は過信禁物とみるべきだろう。

(減点対象馬)
③シャドウディーヴァ ⑭クリスティ ⑯プールヴィル

【斤量増減】

2012年以降の3着以内延べ27頭中26頭は、前走より斤量減あるいは同斤量だった。例外は牝馬のワントゥワン(2018年2着・前走比2キロの斤量増)1頭のみ。前走比で斤量増の牡・せん馬は狙いづらい印象を持つ。

(減点対象馬)
①グランデマーレ

【近走大敗歴】

2012年以降、近3走内にG3より下のクラスで、10着以下敗退が2回以上ある馬の好走例は見られない。該当馬は評価を下げたほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
⑦ハッピーアワー ⑰マイスタイル

【近走人気】

2012年以降、近3走とも1800m以下のレースを使用し、いずれも単勝5番人気以下だった馬が2着連対圏に入ったケースはゼロ。マイル近辺のレースで低評価続きの馬は劣勢の傾向にある。

(減点対象馬)
⑨ソッサスブレイ ⑬カラテ

【距離実績】

2012年以降の2着以内全馬が芝1600mで勝ち星を挙げていた。芝のマイル戦で未勝利の馬に手を出すのはリスクが高い。

(減点対象馬)
②ベストアクター ③シャドウディーヴァ ⑤アトミックフォース ⑦ハッピーアワー ⑨ソッサスブレイ ⑮ミラアイトーン ⑯プールヴィル

【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、④ラセット、⑥ロータスランド、⑧アンドラステ、⑩ブランノワール、⑪ソングライン、⑱パクスアメリカーナの6頭。

トップには⑥ロータスランドを挙げたい。2012年以降、前走がG3、かつ3番人気以内で掲示板を確保していた馬は【0.2.1.0】の好パフォーマンス。近年の当レースで活躍顕著な中京記念組に該当する点も心強い。

2番手は⑧アンドラステ。前走比で斤量増となる馬の戦績が冴えないのはネックも、前走が芝1800mのG3で1番人気の支持を集めていた馬は、近9回【1.0.1.0】の好成績を残している。軽く扱うことはできない。

NHKマイルCで2着好走の⑪ソングラインも上位評価に値する存在。ハマった時の末脚は目を見張るものがある、④ラセットと⑩ブランノワールにも相応の警戒が必要だろう。対照的に⑱パクスアメリカーナは、近9回好走ゼロの同年未出走馬ゆえに強調しづらい感を受ける。


<注目馬>
ロータスランド ⑧アンドラステ ⑪ソングライン ④ラセット ⑩ブランノワール

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【関屋記念2021予想】U指数拮抗の大激戦で上位~中位勢はどの馬にもチャンスあり!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

このレースは、U指数上位勢があまり振るわず、5~7位ゾーンの活躍が顕著(過去5年間の3着以内馬15頭中7頭が該当)という点が大きな特徴になっている。おそらく、U指数の差にあまり開きのない実力拮抗のメンバー構成になりやすく、一定以上の指数を持っていればどの馬にもチャンスのある状況が出来上がっているのだろう。今年も上位のみならず下位に至るまで指数差の少ない大激戦の様相を呈しているので、上位~中位のなかから人気妙味のありそうな馬を狙っていくスタンスをとりたい。

まず注目するのは昨年の5着馬で5位の⑮ミラアイトーン(97.0)。前走のエプソムCは出遅れて惨敗したが、その前の3戦は連続して3着に好走している。常に人気以上に頑張ってくれるタイプゆえに、ここも人気を覆す一発に期待したい。

加えて、左回りで走りが安定している6位の③シャドウディーヴァ(96.6)にも警戒する。牡馬相手に重賞で好走した実績もあり、流れひとつで上位に浮上してくるだろう。

以下、昨年の勝ち馬で3位の⑫サトノアーサー(97.9)と、長期休養明けながらも底知れぬポテンシャルを感じさせる4位の⑱パクスアメリカーナを押さえておきたい。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:320,352人(09月26日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【関屋記念2021予想】ディープインパクト産駒が3連覇中、Alzaoやダンシングブレーヴが好相性を示す

昨年はディープインパクト産駒の4番人気サトノアーサーが馬場の真ん中から追い込みを決めて2着に1.1/4馬身差をつける快勝。同産駒は18年プリモシーン、19年ミッキーグローリーに続いて3連覇を達成してみせた。なお、18年はディープインパクトの牝駒が1~3着を独占しており、同じく牝駒のドナウブルーが12年関屋記念で新潟芝1600mのコースレコードを更新するなど、牝駒の活躍が目立つことも特徴と言えるだろう。

また、14・15年にはクラレント・レッドアリオンが兄弟で連覇を果たしており、好相性を示すディープインパクトとの共通点を探れば、ダンシングブレーヴやAlzaoの血脈を強調できそうだ(どちらも父Lyphard×母の父Sir Gaylord系)。


ソングラインは、父キズナ×母ルミナスパレード(母の父シンボリクリスエス)。好相性を示すディープインパクトの直系となるが、父キズナは母系にSir Gaylordの半弟にあたるSecretariatの血を引くこともポイントだろう。種牡馬としてのコース相性も折り紙付きで、とくに牝駒の活躍が目覚ましい。本馬は前走NHKマイルカップで2着。近親にロジユニヴァースやディアドラがいる血統背景からも重賞タイトルに手が届く下地は十二分にある。

クリスティは、父キズナ×母ホワイトアルバム(母の父クロフネ)。父キズナについては上記ソングラインを参照。本馬は母の父クロフネらしいパワーとスピードを兼ね備えたタイプで、芝の道悪では[2-2-0-0]と底を見せておらず、20年関東オークス・3着とダートをこなした実績もある。新潟競馬場は週中から雨が続いているため、馬場次第では一考する価値が大いにありそうだ。

サトノアーサーは、父ディープインパクト×母キングスローズ(母の父Redoute's Choice)。目下3連覇中と勢いのあるディープインパクト産駒で、本馬自身も2連覇のかかる一戦。母の父デインヒル系のディープインパクト産駒という点においては18年の勝ち馬プリモシーンと同じ。また、母の父Redoute's Choiceは直系のヤングマンパワー(父スニッツェル)が15年3着・16年1着・17年4着・18年4着とリピート好走していた。

【血統予想からの注目馬】
ソングライン ⑭クリスティ ⑫サトノアーサー

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【関屋記念2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年8月16日() 新潟/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 17 サトノアーサー 戸崎圭太 1:33.1 7.5 4 33.7 102.5
2 18 トロワゼトワル 三浦皇成 1:33.3 1 1/4 17.0 8 35.5 100.9
3 3 アンドラステ 岩田望来 1:33.5 1 1/4 4.1 1 34.7 99.4
4 8 ミッキーブリランテ 岩田康誠 1:33.5 クビ 19.8 9 34.2 99.4
5 10 ミラアイトーン 横山和生 1:33.5 アタマ 27.8 10 35.2 99.4
2019年8月11日() 新潟/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 13 ミッキーグローリー C.ルメール 1:32.1 3.8 1 32.2 100.1
2 14 ミエノサクシード 川島信二 1:32.2 1/2 11.7 6 32.9 99.4
3 6 ソーグリッタリング 浜中俊 1:32.2 アタマ 7.1 4 33.2 99.4
4 9 ディメンシオン 戸崎圭太 1:32.2 クビ 19.1 8 32.5 99.4
5 5 サラキア 丸山元気 1:32.4 1 1/4 9.1 5 32.9 97.8
2018年8月12日() 新潟/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 12 プリモシーン 北村宏司 1:31.6 4.1 1 33.4 102.3
2 10 ワントゥワン M.デムーロ 1:31.6 クビ 8.3 5 32.8 102.3
3 4 エイシンティンクル 和田竜二 1:31.8 1 1/4 6.9 3 34.6 100.7
4 14 ヤングマンパワー 大野拓弥 1:32.0 1 1/2 32.6 11 34.2 99.2
5 8 ロードクエスト 三浦皇成 1:32.1 3/4 15.9 8 34.0 98.4

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【関屋記念2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2012年の優勝馬ドナウブルー

夏の新潟開催を彩る伝統のマイル重賞。この時期の新潟を得意とするリピーターの活躍が多く、第31~32回(1996~1997年)をエイシンガイモンが、第36~37回(2001~2002年)をマグナーテンが、それぞれ連覇。また、施行舞台は異なるが、ダイワテキサスが第33回(1998年)、第35回(2000年)と、2度このレースを制している。第42回(2007年)はのちにマイルG1馬となるカンパニーが優勝。第47回(2012年)はドナウブルーが、1分31秒5という衝撃のコースレコードを叩き出した。

歴史と概要をもっと見る

 ウマニティの会員数:320,352人(09月26日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

関屋記念特集 バックナンバー