会員登録はこちら
関屋記念 G3   日程:2019年8月11日() 15:45 新潟/芝1600m

レース結果

関屋記念 G3

2019年8月11日() 新潟/芝1600m/18頭

本賞金:3,900万 1,600万 980万 590万 390万


レコード:1分31秒5
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 13

ミッキーグローリー

牡6 56.0 C.ルメー  国枝栄 554(0) 1.32.1 3.8 1
2 7 14

ミエノサクシード

牝6 54.0 川島信二  高橋亮 474(0) 1.32.2 1/2 11.7 6
3 3 6

ソーグリッタリング

牡5 57.0 浜中俊  池江泰寿 480(-4) 1.32.2 アタマ 7.1 4
ラップタイム 12.6 - 10.9 - 11.2 - 11.8 - 11.5 - 11.8 - 10.8 - 11.5
前半 12.6 - 23.5 - 34.7 - 46.5 - 58.0
後半 57.4 - 45.6 - 34.1 - 22.3 - 11.5

■払戻金

単勝 13 380円 1番人気
複勝 13 170円 1番人気
14 260円 5番人気
6 240円 4番人気
枠連 7-7 2,360円 8番人気
馬連 13-14 2,360円 8番人気
ワイド 13-14 840円 7番人気
6-13 630円 2番人気
6-14 1,150円 16番人気
馬単 13-14 3,790円 11番人気
3連複 6-13-14 5,580円 16番人気
3連単 13-14-6 26,410円 58番人気

関屋記念のニュース&コラム

【関屋記念】グローリー、父ディープに捧げる手向け星!
 サマーマイルシリーズ2戦目の関屋記念が11日、新潟競馬場で17頭によって争われ、ルメール騎乗のディープインパクト産駒ミッキーグローリーが後方から鋭く伸びて優勝し、1番人気に応えた。今後はシリーズ最終戦の京成杯AHには出走せず、マイルCS(11月17日、京都、GI、芝1600メートル)を大目標にしたローテーションが組まれる。 偉大な父に贈る手向けのVだ。1番人気に推されたディープインパクト産駒のミッキーグローリーが、先月30日に父がこの世を去ってから初の重賞ウイナーに輝いた。 「休み明けでなかなかリズムが戻ってこなくてエンジンがかかるのが遅かった。でも、大外に出してからはよく伸びて前を捕まえてくれました」 ルメール騎手は自身初の新潟重賞制覇を振り返った。直線では前に壁ができて万事休すかと思われたが、残り1ハロンで外に進路を取ると強烈な瞬発力を発揮。先に抜け出していたミエノサクシードを一気にのみ込んだ。 土日で6勝を挙げたルメール騎手は今年89勝とし、英シャーガーC騎乗のために不在だったリーディングトップの川田騎手との差を“7”まで詰めた。1カ月前(7月14日時点)には21勝差だっただけに驚異的な追い上げだ。「リーディング? もちろん、もちろん。このペースでいければ」と“奪首”をはっきりと視界に捉えている。 国枝調教師は2週連続での重賞V。レパードSはディープを所有していた金子真人オーナー(名義は金子真人ホールディングス(株))のハヤヤッコで勝ち、今度はディープ産駒で決めた。「もたもたしているから『ルメール、やる気あるのか?』と思ったけど、さすがだね。レベルの高い馬だよ」と、骨折休養明けでも最高の結果を出した愛馬をたたえた。 今後の最大目標はマイルCSに置かれ、サマーマイルシリーズ最終戦の京成杯AHには向かわない。富士Sなどの前哨戦を挟むかは、今後の状況を見て決められる。「秋はまたGIレベルでいい結果を出せる馬だと思います」と鞍上は今後の活躍に太鼓判を押す。ディープ産駒のJRA重賞205勝目を飾った大器が、父の名をさらに高めていく。(漆山貴禎)ミッキーグローリー 父ディープインパクト、母メリッサ、母の父ホワイトマズル。青鹿毛の牡6歳。美浦・国枝栄厩舎所属。北海道新ひだか町・岡田スタツドの生産馬。馬主は野田みづき氏。戦績13戦7勝。獲得賞金1億4981万円。重賞は2018年GIII京成杯AHに次いで2勝目。関屋記念は国枝栄調教師、クリストフ・ルメール騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+名誉」。
2019年8月12日(月) 05:10

 657

【関屋記念】ソーグリッタリング、直線切れ負け3着
 ソーグリッタリングがエプソムCに続く3着。3番手を進み、残り400メートルあたりで先頭に立ったが、上位2頭には切れ負けした。「スタートを上手に出て、いい位置を取れすぎてしまったね。直線は頑張ったが、見えないところから勝ち馬に来られてしまった」と浜中騎手。リーチが掛かっていた自身のJRA通算1000勝も、次週以降に持ち越しとなった。
2019年8月12日(月) 05:09

 415

【関屋記念】レースを終えて…関係者談話
 ◆戸崎騎手(ディメンシオン4着)「上手に競馬をしてくれて、一瞬“おっ”と思うぐらいだったが、(最後は)脚いろが一緒になった」 ◆丸山騎手(サラキア5着)「スタートはうまく出たが、いくらか伸び負けした感じで最後は離された」 ◆M・デムーロ騎手(ロードクエスト6着)「ラストはいい脚を使ったが、前が止まらなかった」 ◆中谷騎手(エントシャイデン7着)「スタートが決まっていい競馬はできたと思う」 ◆吉田豊騎手(リライアブルエース8着)「後ろからの競馬になったが、いい感じだった。最後は外に出したかった」 ◆田辺騎手(ロシュフォール9着)「ある程度の位置で流れに乗せたぶん、脚がたまらなかった感じ」 ◆和田騎手(オールフォーラヴ10着)「リズムよく走れたが、縦長の展開になってしまい、なし崩しに脚を使わされた」 ◆木幡巧騎手(ハーレムライン11着)「元気はあったし、しっかりと走れていた」 ◆三浦騎手(フローレスマジック12着)「リズム重視で乗ったが、最後は脚いろが一緒になった」 ◆石橋騎手(ケイデンスコール14着)「いつもは徐々に加速するのに、きょうはステッキを入れても反応しなくて…。暑さが影響したのかも」 ◆野中騎手(マイネルアウラート17着)「逃げるならあの形(大逃げ)だと思っていた」
2019年8月12日(月) 05:09

 911

【関屋記念】ミエノサクシード2着、川島騎手「よくなってる」
 5~6番手を進んだミエノサクシードが2着。直線も脚を伸ばしたが、外から追い込んだ勝ち馬の決め手に屈した。「新潟の馬場は平坦で一番合うと思っていたので自信を持って乗った。馬がよくなっているし、どこかでチャンスがあると思う」と川島騎手はパートナーをねぎらった。
2019年8月12日(月) 05:09

 338

関屋記念のニュースをもっと見る >

【関屋記念】キーマンズトーク・サラキア池添学師
 サマーマイルシリーズ第2戦「第54回関屋記念」は、フルゲートで大激戦の様相を呈している。前走のエプソムCで2着の4歳牝馬サラキアは、昨夏の小倉で飛躍したように夏に調子を上げるタイプ。待望の重賞初制覇へ、池添学調教師の胸の内は-。 --最終追い切りは坂路単走で4F53秒5、ラスト1F11秒9 池添学調教師「しまいだけ少し気合をつけた。時計的にもこれで十分だと思う」 --約2カ月ぶりの実戦 「放牧から帰厩したあとも、セーブせずに調整している。馬体が大きくなって戻ってきたからね」 --夏場には実績がある 「冬場に比べると馬体の張りが全然違う。内側から張っているような感じがする」 --東京の前走は逃げ粘って2着 「今までで一番のスタートを切れたからね。(丸山)ジョッキーがゲートの感じをつかんでくれたようだ。今回、続けて乗ってくれるのは心強い」 --今回の作戦は 「できれば中団からの競馬をと思っている。左回りも軽い馬場も合うからね。いい競馬を期待している」(夕刊フジ)★関屋記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年8月8日(木) 11:03

 1,527

【関屋記念】厩舎の話
 エントシャイデン・中谷騎手「1回使ったのでサラッと。舞台はベスト」 オールフォーラヴ・福永助手「状態はいいし、あとは輸送だけ。直線の長い新潟マイルは合う」 ケイデンスコール・安田隆調教師「輸送もあるので流す程度。ベストの舞台で勝つレースを」 サンマルティン・国枝調教師「体調は変わらない。マイルでペースが速くなれば面白い」 ソーグリッタリング・兼武助手「左回りも苦手ではないし、平坦のほうが力を発揮できる」 ディメンシオン・藤原英調教師「しまい重点でしっかりやった。ここ目標に順調にきている」 トミケンキルカス・大和田調教師「力は出せそうだが、相手が強い。前半ゆっくり流れれば」 ハーレムライン・木幡巧騎手「動きすぎなぐらい。どこからでも競馬ができるので楽しみ」 ファストアプローチ・藤沢和調教師「小回りよりも、広いコースのほうが走りやすいだろう」 フローレスマジック・木村調教師「調整はこれぐらいでいい。距離短縮で変わり身があれば」 マイネルアウラート・高橋裕調教師「暑いので軽めに。条件は合うが、寒い時季のほうがいい」 ミエノサクシード・喜多助手「左回りに不安はあるが、まだ新潟は合っているほうだと思う」 ミッキーグローリー・国枝調教師「十分にいい動きだった。これならレースでも動けていい」 ヤングマンパワー・手塚調教師「相性のいいレース。年齢を重ねた分、どれだけやれるか」 リライアブルエース・池田厩務員「疲れを残さず、テンションを上げないように調整した」 ロシュフォール・木村調教師「レース後の歩様が良くなかった。疲れがなければいいが…」 ロードクエスト・土明助手「体の硬さが解消し、本来の姿に戻ってきた。良馬場でやりたい」(夕刊フジ)★関屋記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年8月8日(木) 11:02

 1,736

【関屋記念】ミッキーグローリー、復活V&父の弔い星へ
 サマーマイルシリーズ第2戦・関屋記念の追い切りが7日、東西トレセンと新潟競馬場で行われた。美浦ではマイルCS5着以来のミッキーグローリーが、坂路4ハロン51秒4と、この日2番目に速いタイムをマーク。併せ馬で1馬身半先着し、調教評価は最高の『S』となった。左前脚の剥離骨折を乗り越えての復活Vへ、態勢は整った。 骨折後のハンデも、最高気温35度超の熱波もはねのけてみせる。昨年11月のマイルCS5着以来となるミッキーグローリーが、坂路をド迫力のフットワークで猛進した。 「しまい重点にサッとという指示。予定よりちょっと速くなったけど、十分にいい動きだった。これならレースでも動けていいんじゃないか」 追い切りを見守った国枝調教師の口元が緩む。朝日が昇り切らない午前5時過ぎに、レッドオルバース(古馬3勝クラス)を2馬身ほど追走してスタート。青鹿毛の巨体を揺らしてラスト1ハロン地点で並びかけると、一気に1馬身半突き放した。4ハロン51秒4は、この日美浦で登坂した延べ654頭で2番目に速いタイム。調教評価は文句なしの『S』だ。 3月のダービー卿CTの1週前に左前脚の剥離骨折が判明して上半期を棒に振ったが、「程度は軽かったので大丈夫。馬体もむしろスラッとして映るくらい」と仕上がりは万全だ。昨秋は京成杯AHで重賞初Vを飾り、前走のGIも直線で大外を回される不利がありながら上がり3ハロン最速で0秒2差の5着に食い込んだ。GIIIなら実力は一枚上の存在だ。 陣営のムードも最高潮。先週4日に国枝厩舎がハヤヤッコでレパードSを勝てば、ルメール騎手は札幌で自身2度目のJRA最多タイ1日8勝をマークした。両者の強力タッグは今年【4・1・2・1】の好成績を誇る。 「ここからマイルCSを狙いたい。ルメールに『(本番でも)乗せてくれ』と言わせるような競馬をしてほしいね」と指揮官は言葉に力を込める。ディープインパクトの忘れ形見が越後路で飾る重賞2勝目は、さらなる栄光への架け橋だ。 (漆山貴禎)★関屋記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年8月8日(木) 05:06

 1,495

【関屋記念】ケイデンスコール、しまい重点で坂路12秒0
 NHKマイルC2着以来のケイデンスコールは坂路の単走追い。しまい重点でラスト1ハロン12秒0(4ハロン56秒4)と、ゴール前は鋭い伸び脚をみせた。リズミカルなフットワークで休み明けの重苦しさは全く感じられない。安田隆調教師は「先週、しっかりとやって、輸送もあるのでサーッと流す程度。これで十分」と順調ぶりをアピール。今回は年長馬との初対戦となるが、「まだトモの緩さなど成長の余地を残しますし、まだまだ立派になるんじゃないかと思います。今回は勝つレースをしたい」と意気込んだ。★関屋記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年8月8日(木) 05:05

 856

関屋記念の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


関屋記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

8月11日 15:51更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv120 
2,360円 59,000円
Lv113 

380円
170円
6,990円
Lv113 
380円 38,000円
Lv112 
260円 26,000円
Lv111 
1,150円 46,000円

的中情報をもっと見る >

関屋記念過去10年の結果

2018年8月12日() 新潟競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 プリモシーン 北村宏司 1:31.6 4.1倍 102.3
2着 ワントゥワン M.デムーロ クビ 8.3倍 102.3
3着 エイシンティンクル 和田竜二 1 1/4 6.9倍 100.7
2017年8月13日() 新潟競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2016年8月14日() 新潟競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

関屋記念のデータ分析とレース傾向

コース図新潟芝1600m

以前は半年以上の休養明けで臨んだ馬がロングシュートを決めることもあった関屋記念。しかし、サマーマイルシリーズが始まった2012年以降は様相が一変。連対馬は2018年1着のプリモシーン以外、同年6月以降に出走した馬で占められている。ローテ別では前走中京記念組が中心。なかでも、前走5番人気以内に支持されていた馬が強い。ほかでは、重賞実績も重視すべきファクターのひとつ。2008年以降、6番人気以下で連対を果たした馬は、例外なく重賞で複数回の連対経験があった。覚えておいて損はない傾向だ。レースが行われる新潟芝1600mは外回りコースを使用。最後の直線距離は約660mと日本で最も長く、スピードと瞬発力を兼ね備えた馬の好走率が高い。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

関屋記念の歴史と概要


2012年の優勝馬ドナウブルー

夏の新潟開催を彩る伝統のマイル重賞。この時期の新潟を得意とするリピーターの活躍が多く、第31~32回(1996~1997年)をエイシンガイモンが、第36~37回(2001~2002年)をマグナーテンが、それぞれ連覇。また、施行舞台は異なるが、ダイワテキサスが第33回(1998年)、第35回(2000年)と、2度このレースを制している。第42回(2007年)はのちにマイルG1馬となるカンパニーが優勝。第47回(2012年)はドナウブルーが、1分31秒5という衝撃のコースレコードを叩き出した。

歴史と概要をもっと見る >

関屋記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年10月26日(
毎日放送賞スワンS  G2
アルテミスステークス  G3
2019年10月27日(
天皇賞(秋)  G1

競馬番組表

2019年10月26日(
3回新潟5日目
4回東京8日目
4回京都8日目
2019年10月27日(
3回新潟6日目
4回東京9日目
4回京都9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
88,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
24,993万円
4 ダノンキングリー 牡3
24,181万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 ヴェロックス 牡3
21,907万円
7 グランアレグリア 牝3
19,878万円
8 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
9 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
10 リオンリオン 牡3
13,748万円
» もっと見る